「LINE Payカード」提供終了へ、Visaブランドに切り替え

LINE Payは、LINE Pay残高をJCB加盟店で使える「LINE Payカード」の新規発行を12月頃に終了します。

終了以降は、紛失による再発行を含め、カードを新規に発行(Google Payへの登録含む)できなくなります。発行済みのカードおよび登録済のGoogle Payは有効期限までは引き続き利用できます。

なお、代替として、12月よりVisaブランドの「Visa LINE Payプリペイドカード」を提供予定。これは、Visaブランドのバーチャルプリペイドカードで、LINEアプリから発行可能。Google PayおよびApple Payへ登録することで、全国の「iD」加盟店でFeliCa対応スマートフォンをかざしてのタッチ決済を利用できます。なお、物理カードではないため注意が必要です。

詳細な終了日程については今後発表するとしています。

Source:LINE Pay

関連
・LINE Payが「iD」タッチ決済に12月対応、iPhone / Androidで利用可能

外部サイト

「LINE Pay」をもっと詳しく

  • LINE PayがApple Payに対応 LINE Pay残高でかざして決済が可能に
  • 「Line Pay」、Apple Payに対応開始 iD端末にかざし決済可能に
  • Visa LINE Payプリペイドカード発…