「超絶技巧を超えて 吉村芳生展」

2020年10月24日(土)から12月6日(日)まで、そごう横浜店 6F そごう美術館にて「超絶技巧を超えて 吉村芳生展」が開催されている。鉛筆による細密描写で知られる吉村芳生氏(1950〜2013年)の回顧展。初期から晩年までの代表作が展示され、同氏の創作活動が回顧されている。会期中無休、時間は10:00〜20:00(そごう横浜店の営業時間に準ずる/入館は閉館30分前まで)で、入場料は一般1,100円/高校・大学生900円/中学生以下無料。

吉村芳生氏は1950年に山口県で生まれ、山口芸術短期大学を卒業した。デザイナーとして広告代理店に5年にわたって勤務した後に、創形美術学校などで版画を学び、版画とドローイングの作家としてデビュー。初期は、身のまわりの物など日常のありふれた情景をモチーフにしたモノクローム作品で、国内外の多くの美術展で入選を重ねた。

1985年に山口県の徳地に移住してからは、鮮やかな色鉛筆で描かれた花がモチーフとして登場するようになる。また、初期の頃から一貫して描き続けてきたライフワークともいうべき主題の自画像でも、膨大な数の作品が残されている。2007年の森美術館での「六本木クロッシング:未来への脈動」展への出品で注目を集め、遅咲きの画家として現代アートの世界で広く知られるようになり、その後も精力的に制作を続けていたが、2013年に63歳で惜しまれつつ亡くなった。

本展では、初期のモノトーンによる版画やドローイング、後期の色鮮やかな花の作品、生涯を通じて描き続けた自画像など、約60点の代表作を展示。

■期間:
2020年10月24日(土)〜12月6日(日)

■開催場所:
そごう美術館
神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6F

■問い合わせ先:
そごう美術館
tel. 045-465-5515
url. https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/