明るくて親しみやすい女性はいい意味でモテますが、軽そうに見える女性には遊び目的で声をかけてくる男性がいっぱい! 知らないうちに勘違いされないように言動には注意して。

男性から誤解されやすいNGワード

1. 最近さみしい

職場や飲み会で「最近さみしい」なんて言っていませんか。仕事が忙しくて遊べない、趣味が無くてつまらないなど、女性は幅広い意味で「さみしい」を使います。ただ、それが口癖になっていたら要注意。“誰でもいいから誘ってほしいのかな”と男性は捉えるかも。簡単に落とせそうな女性だと勘違いされないように。

2. 男友達のほうがラク!

さっぱりした性格ゆえに、男性と遊ぶほうがラクで楽しいという女性もいます。しかし、初対面から「男友達が多い」なんてアピールするのは危険。“男慣れしてそうなタイプだな”なんてマイナスに思われてしまいます。“遊びならいいけど本命彼女には無理”なんてイメージにならないように。

3. 私、飽きっぽいんだよね

仕事や趣味を長続きさせるのって難しいですよね。そんな意味で「私って飽きっぽいんだよね」なんて冗談交じりにアピールすることもあるでしょう。ただし、その一言が誤解のもと。“飽きたらすぐ他の男に行きそう”なんてイメージになる場合もあります。自己紹介は慎重に。

4. 酔っちゃった〜

「酔っちゃった」と可愛い姿を見せるのは、好きな人をドキッとさせるテクニック。ただし、不特定多数に向けると逆効果。飲み会で隣の男性にベタベタしたり、ほろ酔い状態をSNSに投稿したり……。度が過ぎるアピールは“お持ち帰りできる女性なの?”と思われます。

5. 男運悪くて…

性格のいい彼氏に出会うって難しいですよね。ダメな彼氏が連続するとつい「私って男運悪くて」なんでグチってしまうことも。でも、そんな一言を男性は真に受けます。“この子なら俺でも相手してくれそう”なんて思われるかも。自虐っぽい口グセは、他の男性にも雑に扱われる原因なのでストップ!

6. 何時でもいいよ

「終電大丈夫?」と気を使ってくれる男性に、「何時でも」なんてアッサリ答えていませんか。相手に合わせるつもりが、“他の男性にもこうなの?”なんて不安に思われてしまいます。タクシーなど帰宅方法があったとしても、「終電は〇時だよ」と答えるほうが無難! とくに本命彼の前では気を付けて。

7. 二人で撮ろっ!

楽しい時間は残しておきたい! 食事も遊びも全部撮っておきたい気持ちはよくわかります。とはいえ、初対面で「こっち向いて、一緒に撮ろう」といきなりカップルのような自撮りをはじめたら男性もドン引き。“馴れ馴れしすぎだろ”と、お誘いの手口なのかと思われそう。親しくなるまではセーブして。