Appleは20日(現地時間)、9月に登場したiOS14/iPadOS14のアップデート版となる、iOS14.1とiPadOS14.1をそれぞれリリースしました。

改めて正式版が登場

iOS14.1とiPadOS14.1の正式版は、もともと10月14日に配信されていましたが、公開直後に取り下げられており、20日までダウンロードできませんでした。したがって、今回は改めての正式版公開となります。設定>一般>ソフトウェアアップデートより、誰でもインストールが可能です。
 

 
Appleによると、今回のiOS14.1は主にバグの修正が中心となっています。間違った名前でメールが送られる不具合のほか、ホームスクリーン上でウィジェットやアイコンが誤ったサイズで表示される、「計算機」アプリでゼロが正しく表示されないといったバグが対処されているようです。

(iPhone Mania読者より提供いただきました。画像では「Stations」「英単語」「iBeer Free」のアイコンが通常より小さいサイズで表示されています)
 
バグ修正以外では、iPhone8以降のiOS端末において「写真」アプリで10-bit HDR動画のプレイバックや編集サポートが確認されています。
 
なお、23日に発売となるiPhone12/12 Proでは、iOS14.1がインストールされた状態で出荷されると考えられています。また、iOS14.2は現在、デベロッパー向けとなるベータ3まで登場しています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)