生理中のある日、下着やジーンズに赤いシミを見つけてしまった瞬間ほど気が滅入ることはありませんよね。生理というだけで憂鬱なのに、どうしてこんなことまで!? そんなあなたに、<セブンティーン>からシミ抜きの方法をお届けします。

実は、血液のシミは驚くほどかんたんに落とせます。憎きシミからあなたの大切な下着や洋服を救ってあげて!

【INDEX】


とにかく早めに洗う
おしゃれな着はていねいに洗う
洗剤以外でシミを落とす方法
時間が経ったシミを落とす

とにかく早めに洗う

シミに気づいたら、すぐに冷たい水で洗いながしましょう。ただし、 シミがそのまま定着してしまう可能性があるので、熱いお湯は厳禁です。

次に、シミ抜き用の洗剤を布の両面に塗り、そのまま10分ほど置いたあと、冷たい水ですすぎます。シミが消えるまで、この手順を繰り返して。その後、いつもと同じように洗濯機で洗えば完了です。

おしゃれな着はていねいに洗う

デリケート素材の下着にシミが付いてしまったら、ランドレスのような、おしゃれ着向けに作られたシミ抜き用洗剤を使いましょう。冷たい流水で洗ったあと、シミの部分に洗剤を十分染みこませます。30分ほど置いたら洗濯機で洗ってください。

洗剤以外でシミを落とす方法

シミ抜き用洗剤がないときは、家にあるものを利用してシミを落とすこともできます。

一つ目のおすすめは、ホワイトビネガー(とうもろこしや穀物を主原料にして作られた、無色透明の醸造酢)。シミの上にホワイトビネガーを注いで10分ほど置いた後、ペーパータオルで叩いてください。シミが見えなくなるまでこの手順を繰り返してみましょう。その後、いつもと同じように洗濯機で洗えばOK。

二つ目は、コンスターチと水を混ぜてペースト状にしたもの。これをシミに塗りつけ、日光に当てて乾かします。ペーストが乾いたらブラシで払い落とし、シミが消えるまで繰り返しましょう。

時間が経ったシミを落とす

何度洗ってもシミがついて取れないけれど、捨てられずにいる…そんな下着はありませんか? もしあれば、まずは6〜12時間、冷たい水に浸しましょう。そこでホウ砂の出番です。パッケージの指示に従い、ホウ砂と水でつけ置きの溶液を作ったら、さらに6〜12時間浸してください。

ただし、ホウ砂は刺激性の薬品なので、直接触れないようにして、使用後は石けんで手を洗って。冷水でよくすすげば、きっときれいな下着に再会できるはず!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:中尾眞樹(Office Miyazaki Inc.)

Seventeen