iPhoneの便利「メモ」アプリがさらに進化!レシートもスキャンして貼り付け可能になった

写真拡大 (全6枚)

iPhoneの「メモ」アプリがiOS 11へのバージョンアップにより進化を遂げて、さらに見やすく、使いやすくなった。
いつでもどこでも手軽に持ち歩けるiPhoneだからこそ、iPhoneをビジネス手帳代わりに使っている人は多い。
実際、筆者は買物や大事な用件をその場でメモりたいときに「メモ」アプリを利用している
その「メモ」アプリに
・表組
・書類スキャン
という新機能が追加されたのだ。

今回、表組と書類スキャンが新機能として加わったことで、今までとは比べものにならないほど情報を整理して見やすくすることができる。

しいて不満点をいえば、もう少し見やすくしてほしいというくらいか。

■表組を使ってみよう
表組はテキストを表にまとめられる機能だ。
Excelのような計算機能は備えていないが、交通費精算のための表をまとめるなど、今までにない使い方が可能だ。

ホーム画面から「メモ」アプリを起動したらカテゴリを選択後、左下のアイコンをタップして、新しいメモを作成しよう。


画面下に表示される「表組」アイコンをタップすると、表組が現れる。
Excelと同じ要領で、それぞれの表にテキストを入力していけばよい。

表組の上と左に表示される「…」(3つの点)は、表組の内容をコピー&ペーストしたり、行や列を追加&削除したりするときに利用する。



「…」(3つの点)をタップすると、このように表組の行や列を追加、または削除することができる。



■書類をスキャンしよう
バージョンアップした「メモ」には、書類をスキャンする機能がある。

画面下の「+」を選択後、「書類をスキャン」をタップしよう。


すると、カメラで書類をスキャンすることができる。
デフォルトでは、書類のスキャンは「自動」に設定されている。

四角い書類、今回の場合はレシートにカメラを近づけると、自動的に書類としてスキャンしてくれる。
スキャンした書類は、「メモ」アプリに追加される。


表組は「Excel」アプリを使わずに綺麗な表が作成できるので、新製品の発売日やスペック表を簡単にまとめたい時にも便利に使える。
一方、書類スキャンは紙の資料をiPhoneに保存してメモりたいときに利用できる機能だ。ビジネスユーザーであれば、出張先で代金を立て替えたときのレシートや、切符などを記録として保存しておくのに役に立つはずだ。
ITライフハック 関口哲司