前髪をあげたいけど跡をつけたくないときの方法

写真拡大

スタイリング以外にも、前髪を上げることは多くあると思います。

このとき、前髪の上げ方が適切でない場合、跡が付く場合があります。

今回は、前髪をあげたいけど跡をつけたくないときの方法を解説していきます。

前髪をあげると跡がつきやすいワケ

普段は前髪を下ろしている方でも、メイク時や洗顔の時には前髪を邪魔にならないように上げている場合が多いと思います。

このときに問題になるのが、前髪を上げた時の跡が髪に付いてしまうことです。

前髪をあげるときに跡がつきやすいのは、「髪を濡らしている」、「長時間固定している」、「髪留めの使い方を間違えている」ことが、理由になります。

髪を濡らしている

髪に最も跡が付きやすいのは、濡れている状態から乾くときです。

このとき、髪には水素結合が起こり、そのときの髪の状態がくせ付けされます。
そのため、ゴムやヘアピンで留めていた場合、その跡が残ってしまいます。

長時間固定している

前髪をあげているときに、長時間同じ状態で固定していることも、跡が残る原因になります。

ゴムやヘアピンなどで、髪を固定しているとき、一点に力が集中して入っています。
ですので、元々跡が付きやすいのですが、それが長時間になると、さらに跡が付きやすくなります。

髪留めの使い方を間違えている

髪をあげるためのアイテムには、ヘアゴム、ヘアピン、ヘアクリップなどがあります。

しかし、使い方を間違えると跡が付く原因になってしまいます。

特にゴムをきつく結びすぎることや、ヘアクリップをきつく留めすぎていることは跡が付く原因になります。

跡をつけずに前髪をあげたいときの方法

まず、髪が乾くときにおこる水素結合による跡をつけないために、髪は乾いた状態か濡れた状態でやると良いです。

しかし、髪が濡れている状態は髪が傷みやすく、クリップなどで傷つきやすいので注意してください。

また、髪留めの選び方も重要になります。
最近は、跡が付きにくいことをウリにした、跡が付きにくいヘアクリップやマジックテープなどもあります。

髪質との相性もありますので、色々試して理想のものを見つけてください。