カチューシャをしても頭が痛くならない方法

写真拡大

カチューシャを付けていると頭が痛くなる…なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、カチューシャを頭が痛くならずに付けられる方法と痛みの原因や頭皮への影響についてご紹介します。

カチューシャをすると頭が痛くなる原因

まずカチューシャをつけ続けていると頭痛が生じる原因を説明します。
頭痛の原因は頭皮の血流に関係しています。
頭部の横のにある飛び出ている部分にカチューシャがかかり、締め付けられると頭皮の神経を圧迫してしまいます。神経の圧迫は血流の悪化を引き起こし、筋肉が緊張した状態になります。この状態が長続きするとしだいに頭痛の症状が出てしまうのです。

カチューシャをしても頭が痛くならない方法

カチューシャを付けているときの頭の痛みは、頭皮の血流を改善することで緩和することができます。
違和感を感じたら、一旦カチューシャを外しましょう。そして髪の流れに逆らうようにして、髪を軽く引っ張り刺激を与えます。そして頭皮を指でマッサージしましょう。頭皮に刺激を与えることで緊張していた筋肉をほぐすことができ痛みを緩和できます。
また耳たぶを軽く揉みながら刺激を与えるのも効果的です。

カチューシャは頭皮に悪影響?

カチューシャを付けることによる問題は頭の痛みに加えもう一つ、頭皮へのダメージがあります。
カチューシャは長時間つけ続けていると頭皮の血流に悪影響を与えます。
頭皮への栄養補給は毛細血管を通じておこなわれるため、血行不良は頭皮や髪の栄養不足につながる危険があるのです。

また長時間締め付けられると頭皮は強いストレスを感じてしまいます。そのためカチューシャを付ける際には十分なケアが必要になります。
カチューシャを長時間つけ続けることを避け、できるだけ血流に負担をかけないようにしましょう。
またカチューシャによって頭皮に負担をかけた日は、その日のうちに頭皮マッサージでケアしてあげるとよいです。
痛みが生じる前にこまめにケアし、症状を悪化させないようにしましょう。