s-_I9A3337

ニコニコ超会議2022のMOLp®ブースでは、専門的な素材分野の魅力を楽しく、わかりやすく解説していた。同ブースでは、そざいの魅力に触れて、感じて、知り、学ぶという新感覚を体験できる。

まず目に入ったのは、何もない空中に映像を表示させるディスプレイだ。

2


ディスプレイは、空中の動作に反応する非接触パネルになっている。ディスプレイから少し離れたところで、指で円を描くと、その動きについてくる。コロナ禍もあり、非接触のニーズは今後、増えていくだろう。

3


プラスチックの質感研究にも力を入れている。質感にこだわったおしゃれな人体模型(新臓形モデル)も展示されていた。手術のシミュレーションにも、このリアルな質感が活用されている。

s-_I9A3337


こちらは、ゴムに似ている素材。ゴムは一般的にはリサイクルできないと言われているが、リサイクルできるという。

4


ゴムのペレットのような素材を機械にセットする。

5


熱を加えることで柔らかくなり、射出形成で手軽に形成できる。

6


エンブレムのようなものを制作した。この後、冷やすことで固まる。

7


環境問題の原因の一つとして語られることが多いプラスチックだが、素材として、いろいろなところで活躍している。また環境にやさしい素材を目指して研究されている。

「ニコニコ超会議2022」公式サイト
「ニコニコ超会議2022」まとめ - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
丸亀製麺と松岡昌宏さん共同開発、『トマたまカレーうどん』が 50 日間の限定復活!さらに『とろける4種のチーズトマたまカレーうどん』も新登場
半熟カヌレ専門店『boB』、新店舗オープン
春の行楽シーズン限定】焼きそばとご一緒に!からあげ専門店からやまに「ソースからあげ」
コトダマン、TVアニメ『呪術廻戦』『劇場版 呪術廻戦 0』コラボ
ついにグランドオープン!日本最大規模のesportsパーク『RED゜TOKYO TOWER』

三才ブックス
2022-01-28


川上 量生
日経BP
2014-11-14


たま
KADOKAWA
2018-02-09

タグ :
三井化学
MOLp
そざい
ニコニコ
超会議