以下の内容はhttp://yaruothanks.blog.fc2.com///blog-category-6.htmlより取得しました。


やらない夫は弱虫のようです 第百六十二話 「メガンテ」



649 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2020/10/22(木) 11:52:03 ID:KQL20Woc00
こんにちはー。作者ですよ。投下に参りました。


セントベレス編最終話・「メガンテ」


“やらない夫は弱虫のようです 第百六十二話 「メガンテ」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 14:46:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百六十一話 「この名を与えられた時から」


510 名前:◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2020/10/05(月) 22:18:40 ID:qNXtJk1s00
完成しまして投下に来ましたよー。

セントベレス編15話・「この名を与えられた時から」


“やらない夫は弱虫のようです 第百六十一話 「この名を与えられた時から」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 14:36:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百六十話 「神などいない」


400 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2020/09/07(月) 21:28:27 ID:MOFC81YY00
こんばんは、作者です。投下に参りましたよ。


セントベレス編14話・「神などいない」


“やらない夫は弱虫のようです 第百六十話 「神などいない」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 14:24:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十九話 「十年間生き抜いてこれたのは」


232 名前:◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2019/12/01(日) 21:49:09 ID:G6NRwClU00
改めてこんばんは、作者です。投下に来ましたよ!前回に比べて早すぎますね(嬉!


ではセントベレス編13話・「十年間生き抜いてこれたのは」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十九話 「十年間生き抜いてこれたのは」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 14:13:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十八話 「少なからずの影響」


102 ◆2tc1ROhHlU[sage] 投稿日:2019/11/10(日) 23:48:16 ID:82dWPerg00
こんばんは! 八ヶ月近くぶりの投下、始めますです。


セントベレス編第十二話 「少なからずの影響」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十八話 「少なからずの影響」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 13:45:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 登場人物紹介


4 ◆2tc1ROhHlU[sage] 投稿日:2019/03/28(木) 23:56:30 ID:oRC9qCu200 [4/4]
はじめましてやる夫スレヒロイン板の皆さま。今スレからこちらでお世話になります!
と言っても前スレで全部投下が終わってしまったので何も書くことがない…ので次からキャラ紹介を投下したいと思います。


“やらない夫は弱虫のようです 登場人物紹介”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2020-10-28(Wed) 12:21:42】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十七話 「名前以外」


865 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2019/03/28(木) 22:06:10 ID:N8bY8QlU [1/133]
>>864
楽しんでいただければ幸いです~!



こんばんは、作者です。投下に参りましたよ。
セントベレス編11話「名前以外」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十七話 「名前以外」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2019-07-08(Mon) 22:12:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十六話 「戦いが始まります!!!」


710 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2019/01/14(月) 00:03:38 ID:3RpEXxr6 [1/138]
こんばんは~、作者です。チェック終わり! 今から投下を始めたいと思います!



セントベレス編10話・「戦いが始まります!!!」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十六話 「戦いが始まります!!!」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2019-04-16(Tue) 13:23:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十五話 「母であるはずがない」


548 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2018/11/26(月) 09:17:32 ID:D09f8zFs [1/141]
おはようございます、なんときっかり11ヶ月ぶりという恐ろしさ。
投下参ります。

セントベレス編9話「母であるはずがない」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十五話 「母であるはずがない」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2019-01-18(Fri) 14:43:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十四話 「これが運命というものなら」


352 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2017/12/26(火) 21:57:24 ID:xBLKiRR6 [2/141]
>>350-351
ありがとうございます! これから投下! 行きます!



セントベレス編8話「これが運命というものなら」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十四話 「これが運命というものなら」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2018-02-07(Wed) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十三話 「大事だから、大好きだから」


225 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2017/10/20(金) 11:51:48 ID:B33ieq3. [1/99]
こんちは、作者です。6ヶ月近くぶり(…)な投下、始めます。

セントベレス編第7話 「大事だから、大好きだから」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十三話 「大事だから、大好きだから」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2018-02-02(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十二話  「青臭く、純粋な」


32 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2017/04/29(土) 22:41:34 ID:AYCJHaMQ [2/108]
よしよし家族は寝たようだ。投下にまいりましたよ。

セントベレス編第6話 「青臭く、純粋な」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十二話  「青臭く、純粋な」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2017-07-13(Thu) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十一話  「二つの約束」


859 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2017/03/29(水) 21:36:08 ID:QCyfZtPE [3/143]
こんばんは、作者ですよ。やっと寝てくれたぜ、今がチャンスだ!
三ヶ月ぶりですが投下参ります!

セントベレス編5話「二つの約束」


“やらない夫は弱虫のようです 第百五十一話  「二つの約束」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2017-06-30(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百五十話 「核」


721 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2016/12/29(木) 00:32:26 ID:K.iBL9Qg [1/103]
明日から常に子供がいるので(冬休み突入)今日しかチャンスがありませぬ。
投下に着ました! 9ヶ月ぶりだったのか。


セントベレス編4話「核」



“やらない夫は弱虫のようです 第百五十話 「核」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2017-02-17(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです「父編」目次

┏       ┓
   父編
┗       ┛





“やらない夫は弱虫のようです「父編」目次”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2016-04-09(Sat) 20:01:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十九話 「ギン」


418 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2016/03/25(金) 23:29:51 ID:8sowjQM6 [2/6]
完成しました。明日…と言いたいところですがそうすると投下できるか判らない!
今日はとても投下しやすい日! ということで0時前後から投下に参ります。

セントベレス編3話 「ギン」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十九話 「ギン」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2016-04-09(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十八話 「私の本当の名前は」


325 ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2016/02/06(土) 20:41:19 ID:AzFByE12
や、やっと一人になれた…(ゼイゼイ)
では今から投下です! 

セントベレス編・2話「私の本当の名前は」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十八話 「私の本当の名前は」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2016-04-02(Sat) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十七話 「僕の意思」


189 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2016/01/20(水) 01:30:37 ID:cPRB9A.g [1/127]
一度寝落ちさせられたけど(寝かしつけ→引っ張られた)、今はよし!何故かねれない!
こう言う時は勢いで投下です!

セントベレス編・1話 「僕の意思」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十七話 「僕の意思」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2016-03-04(Fri) 14:02:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十六話 「普通の子でいたい子」


30 名前: ◆2tc1ROhHlU[sage] 投稿日:2015/10/25(日) 21:50:47 ID:SbpV.w.Q [2/133]
さて作者ですこんばんは! またきっかり4ヶ月か(呆

今から投下を始めます。ボブルの塔編最終回・「普通の子でいたい子」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十六話 「普通の子でいたい子」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2015-10-29(Thu) 08:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十五話 「進みたい未来・2」


856 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2015/06/25(木) 21:45:24 ID:d3VvvXnY [2/67]
作者です。投下に来ました。なんと4ヶ月ぶりだったのか(呆

ボブルの塔編16話「進みたい未来・2」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十五話 「進みたい未来・2」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2015-10-22(Thu) 00:23:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十四話 「進みたい未来・1」


639 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2015/02/15(日) 22:51:43 ID:6GROYbs. [2/77]
こんばんは。作者です。投下に参りました。
なんと3ヶ月ぶりだったのか(呆れ


ボブルの塔編15話「進みたい未来・1」



“やらない夫は弱虫のようです 第百四十四話 「進みたい未来・1」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2015-03-16(Mon) 00:58:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十三話 「もう こわくないよ」


455 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/11/05(水) 00:20:13 ID:UoXsaSB6 [1/138]
投下しますですよ。

ボブルの塔編14話「もう こわくないよ」




“やらない夫は弱虫のようです 第百四十三話 「もう こわくないよ」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-11-06(Thu) 23:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十ニ話 「愛しいあなた」


288 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/09/19(金) 00:26:14 ID:oWXrQNRY [1/145]
こんばんは、作者です。投下にきました。

ボブルの塔編13話・「愛しいあなた」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十ニ話 「愛しいあなた」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-10-29(Wed) 22:57:12】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十一話 「愛情をもって」


176 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/08/11(月) 00:41:02 ID:d2JcMJHk [1/103]
こんばんは。予告からは多少(40分ほど)詐欺ですが投下に参りましたよ。
突然抜けても許されてくださいね。

ボブル塔編12話「愛情をもって」



“やらない夫は弱虫のようです 第百四十一話 「愛情をもって」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-08-11(Mon) 13:39:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百四十話 「最後の会話と別れの会話」


44 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/06/02(月) 21:38:29 ID:Fu8SThyA [2/112]
作者ですこんばんは。

ボブルの塔編11話 「最後の会話と別れの会話」


“やらない夫は弱虫のようです 第百四十話 「最後の会話と別れの会話」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-06-08(Sun) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十九話 「大人がすたる」


927 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/05/24(土) 02:52:58 ID:lUy/D9y. [1/74]
乙ありがとうございました、作者です!モヤモヤした回が続きますがいかがでしょうか…


さて今から、投下を始めますです!
ボブルの塔編10話「大人がすたる」


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十九話 「大人がすたる」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-05-25(Sun) 22:25:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十八話 「本当に良かった」


803 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/05/19(月) 02:24:21 ID:jGewA8ww [1/120]
投下に参りましたです。

ボブルの塔編9話・「本当に良かった」


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十八話 「本当に良かった」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-05-19(Mon) 12:15:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十七話 「俺はまた」 


672 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/04/05(土) 01:08:02 ID:PqMd3Sxw [1/105]
こんばんは。作者です。投下に参りましたです。
とか言いながら突然抜けてもご容赦ください。


ボブルの塔編8話「俺はまた」

673 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/04/05(土) 01:08:42 ID:PqMd3Sxw [2/105]
9377









                             ┏
                               頑張ってきた と
                                          ┛



                     ┏
                       多くのひとの手を借りながらも それでも 俺は
                                                    ┛










.

674 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/04/05(土) 01:09:20 ID:PqMd3Sxw [3/105]
9378







            /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
          /: : : :          \
         /: : : : :           '.,
         |: : : :                 :|
         | : : : : : : : : .,           :|
         |:: : : :    ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
         |::::;;                ;;:::|
         |: : : ´"''",        "''"´ :l
          ',: : . . (    j    )    |
       _/二L___:.`ー-‐´`ー-‐′   ハー、__
     /三r':| r' ̄二ユ         ./ =',::三ミ\__
    .三三=| .| | /  ) `)        ./|.三ヘ .三三三ミ\__        ┏
    .三三=|.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |.三=ヘ.=三三三三ミ.ハ         親父の最期の言葉を
    .三三=\         ヽ- ´   .|:=、 ==\.三三=i i=/.三ヘ
    三三三l=`ー┬-、     │    / ==\/三三{. レ /.=== ヘ         親父の最後の願いと受け止めて以来 ずっと
    三三┐|:三三=\)  7 ./   / | 三三=\三三V /三三 =}                                    ┛
    三.=イ .|__/ ,へ/⌒\ ./ /  /!=三 三=/三三 V== .,イ==i
     イノ.三/ /.= =\_  ̄\    |.三三=/三三三.| /ノ.==ii|


.


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十七話 「俺はまた」 ”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-04-05(Sat) 10:43:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十六話 「やっておしまい」

487 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/02/24(月) 01:02:52 ID:S.z3V.hA [1/109]
こっそり投下に来ました。
途中で抜けたり落ちたりしてもご容赦くださいませ。
ボブルの塔編7話・「やっておしまい」

488 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/02/24(月) 01:03:08 ID:S.z3V.hA [2/109]
9274










                            ごめんなさい、ごめんなさい…






                       許してくれなんて、とても言えないけれど―――…









.

489 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/02/24(月) 01:03:38 ID:S.z3V.hA [3/109]
9275










                                          │ /
                                            ′/

      ピクッ
                       ____                 ||!
                               ̄ ` ヽ、.____
                                    `ヽ、  )                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      `ヽー‐、―- 、_          |  …う…   |
                                        \       `ヽ        丶_____ノ.
                           __                   ー―=ニ二′
                      ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 ヽ            ヽ、      ̄`ー―-、
                             `ー‐l             `ヽ- 、           |
                                  ヽ                    ̄`ヽ―――'
                              ||!      .ヽ                    `ヽ、
                                      \        lr――--- 、__    `ヽ
                                    ヽ、        l            ̄ ` ー
                                     `ヽ、    l
                                        ヽ    ヽ,
                                         \    l
                                          V   l
                                           ヽ、- '|
                                            ヽ-'



.


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十六話 「やっておしまい」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-02-25(Tue) 11:37:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十五話 「愛されるか、疎まれるか」

224 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/01/07(火) 10:25:18 ID:x0pf/yBY
投下に来ましたよ。飛び飛びになるかもしれませんがご容赦。

ボブルの塔編6話「愛されるか、疎まれるか」

225 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/01/07(火) 10:26:58 ID:x0pf/yBY
9125








                                                           _   -==ミ
                                                                     \
                                                      .
                                             /⌒ヾ     / _         Y⌒ \   :.
                                              {     \、 /       =- _   V ./7 `<⌒}:.
                                    .         {      Y  -=二三 __       ///7   .: ::.
                                    .         {       .:  :l!        ¨¨¨  =.〈///    /
                                             乂_   |  :|!               レ\_ /   .j
                                                      |!     ,        ー─-         /⌒Y
                                                   , |!  , '´        ,x==ミ、 / ⌒v
                                                  Ⅶ/,            〃ん(_:,1}/    {
                                                        Ⅶ/,   -=ミ、     乂_ ツ /    r' /
                                                   Ⅶ/,〃 ん(_;1           / ̄ ̄ ̄Y
                          マーサさま、大丈夫ですか…          .`ミ/:, 乂_ツ   、   u.   /   ―=
                                                    八 ∧                Υ  Z
                                                   /  />::.       `        イ/ _...≦三 _
                                                     「   ≧  __    ノし≦=-=ミ   `Y
                                                      〕_  ヱ7   r=ミ「\/^' _j ) ーz _ j
                                                      ≦ =<  /≫ 0 _≠”¨ ノー= ⌒ツ
                                                      ノ イ ⌒Z _〕,/' : . //⌒</,  ⌒≦(
                                                      /  し ¨ イ//: . :./}/∧: . : . :</,
                                                  _     ん( 《//: . :/イ:|V ∧: . : . : :ツ/


.

226 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/01/07(火) 10:27:37 ID:x0pf/yBY
9126









                                ―――ッ…


                                ちょ、ちょっと待って…





                   γ⌒ヽ 
                   (  ⌒ )                     ヽ;;;
                   ゝ_ イ          .ヘヽ            \            γ⌒ヽ
                            ;;; / /  ヽ   ′  |   i           (  ⌒ )
                              | `ヽ´ ` ヽ   レ'、  |;   ', ;;;.         ゝ_ イ
                              │ l    l、 |    | }  |`{   ',
                              !  i   l  |    l. |  | ヘ   ',                  …あ…
                              |  |.  l  │  |.  i  l  ` ー'
                              .!、 |   |   |   |.  i  l                       少し楽に―――
                            ;;;  .|.  l  |   |   |  l       γ⌒ヽ 
                                ., --´  !   l  `--´      (  ⌒ )
                                      `--´             ゝ_ イ









                                                      __
                                             ,, _ ´;;;;;;;;;;;;:::::`::`マ,
                                            /、ル'ヽ'´─────ヽ
                あっ、そうだ…                     ./`        レ、:::::::iフ i
                                        ───  u.       ム;::::|ゝ |
                                             |           く|:::ム i |
                私、新しい布と…                    |: : :. .:: : :. .: :. :..,,,;;';;'、| /|ノ
                                          .| :.i:. .:: ::. .: |::.. . .:ヽ/|::i;ヽ'
                お水もらってきます!                   | |:..:     |    ──────
                                          .|  |    u. |    .ム|'
                                         .|  |       |    .|::ヽ
                                    ──────     |    |::/
                          _,n_  ___   ___     ./i  |       |i    |':`ヽ
                         └l n | く,ニ ! く,ニ !  [][]「l ..|     i   |::|   |::::::::..)
                           U U  くノ  くノ    くノ ..|     |:|  |:;;|   |:、ノt_)


.

227 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2014/01/07(火) 10:28:17 ID:x0pf/yBY
9127





   / .':::::::::::::::ヘ:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::.    イ::::::::::/:::::::
   / ::::i!::::ヘ::::::::ヽ::::::.       ト    u /:::::::/:::::::::
  /  !:::||:::::ヘ::::::::::\::\ u    'ノ     .:::::/::::::::/::::       … はあ… 引いた―――…
  ∥ l::::ll::::::::ヘ::::::::::::::>‐-    __   ∠イ:::::::::::::/::::::
  l!  !::::!l:::::::::ヘ::::::::::ト::ヽ     ´         .イ::/:::γ⌒ヽ
  ll  l::::| !.:::::::::ヘ::::::::ヘ\\.    ー  .../!::/:::::::(  ⌒ )
  |l  l::::| l:::::::::::::ヽ::::::ヘ Ν \    /  |/:::::::: ゝ_ イ
  l:l   l::::l ',:::::::γ⌒ヽ   .|   `¨¨´    /:::::./ }::::::::::,'
  ヽ  !:::! ',::::(  ⌒ ):::::ソ        ./:::::/ /:::::::/
  ヽ  l::::l  ',::ゝ_ イ  .::::ヽ       /::::/ ̄/ :::::∧
   \ !:::l /ヽ:::::::::ヽ  \::ヽ     /::::///:::::::/  \







                ∩_∩
                (´ー`)     はい、お楽に。
                (   )
                | | | .       とても良い感じで進んでますよ。
                (___)__)

.



“やらない夫は弱虫のようです 第百三十五話 「愛されるか、疎まれるか」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-01-07(Tue) 23:04:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十四話 「誠実な祈りより」

55 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/27(水) 11:27:50 ID:8ZHsqb2E
こんにちは、作者です。表情改変は楽しいでぇ。
これから投下を始めます。突然オチてもご容赦。

ボブルの塔編5話・「誠実な祈りより」

56 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/27(水) 11:29:51 ID:8ZHsqb2E
8993










                                      |>
                                     /ソヽ
                                     |_ |.                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                               _    /||;|| ̄ヽ     _             |   …以上、報告になります。    |
                              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ.            乂______________ノ
                              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
                           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
                          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
                          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
                          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
                          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
                       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
                  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
                  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ_´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
                  ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー -、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
                  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
                        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
                              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_



.

57 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/27(水) 11:30:27 ID:8ZHsqb2E
8994









                     { " "  、     " "     __ ノ///}
                   _人     , 、         -─<'彡{_             今回もつつがなく…
                      〈彡个: . _         _x/      \辷三廴_
                      / ¨辷彡{_ ─=≦云〈_        、辷 =个
                   ′  辷彡〈{_ 介 _}〉/         {辷彡'           次の交信は…
                  /     }彡' // | { i{          ∨⌒`
                   〈         〉〈_{:o|_}  \ ヽ   〉/ _ノ x ‐ァ
                    ー┬    }{   o    }i¨Τ ⌒ ト-く/  〈            え、あ? はい―――
                      |{   / \     /   |    |__ 〉__ ノ_
                   八  |/⌒¨T爪⌒ヽ 八    i|⌒¨   ⌒¨¨¨
                    '      | {_:::ノ´   \::_}/     ⌒\
                /     |          /         、
               /         i|⌒´  ∨  /          ∨
              /          l|    ....:::} :::/               八
            r‐/  /         |     / /            ∨\
          jY⌒/  /        |:::....〃 .::/                ∨i∧
         ⌒}/   ー=≦⌒≧=─ '.::::::{{:::::::/               ∨/}


.

58 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/27(水) 11:31:01 ID:8ZHsqb2E
8995





                  _ .. _-‐ _‐__、
               .,´r_'7-'`´::::::「Lヲrt、
             , ´rァ'::::::::::::::::::::::::ゞ__フ::\
            / _ィケ::::::::::: __r__t__ァ、_z-_、:::ヽ
              /  l/::::::__/ノ`´        ゞ.|
           /r=アr≦/ /    /     ヽ ヽヽ
            / |l_〆::|ヽヽ i:::   | |        |!  | !
          .イ ..ゞイ :::|| // |::::  | |::|:::     ハ  l |                  マーサさま。
        / ,.::::::i:||  |ト∧ ∧:::l..| |::|::::.   /:::l:::/ /|
         . ' :::::::/:;. ||lj:: ハリ廾丁ゞiハ;:: メ|:::/:/::/lリ
        / .::::::::::/::/ 从:::: ハゝ     .l、/_/レ::/ノ                 教会の子どもたちがマーサさまのために
     / :::::::::::i::/  |iハ:: ∨:::::::::::    ´ フイ|ノ
    ,. ´.:::::::::::::: |:|::::  |ノ^ヽ.:| \ ヽ_ァ ′⌒)) rヘヘ「ノ,'Yチ,'  ヽ          花束を作って持ってきてくれました。
    / .::::::: ,..─|:|::::  |::::::,r=f{{}}≧、/rfム´⌒rヘヘ`Y孑"ヘ/__,.-、`ー、.
  / .::::::::;;//:::::::Ⅳ:::: ヽr=f}{≧≦}}ミム,ヘヘ「j/7‐ァ、>:::<ニニチヘ:::ヘヘ__ノ
 7 ::::::::::::::| i::::::::::::::ヽ::.:...{{}}{≧》《≦}{}}ヘヘf' /∠イ)Jヽ\)/ィハ__/ミ)        ご出産、頑張ってくださいと…
. ハ::::::::::::::| ::::::::::::_;:::::\:㌫㌧'_y'^(二ニ>:::::<ニ二ミ)ソ㍊)/rfムミム
/ :::::::::::::::ノ _,二 - :::::ヽ ::,.㌫rii゙YY´!∠// /∧ヽ、ノrf斥fぇf'チ}}'r亠、
 |::::::::::.//:::::::::::::::::::::::ヽf―-、ヘ| |/>'f'ヽiノ ,r-、´ {fチ}(≧k}}rfyj〉  ,}___.
..:|!:::::::::f ::::::::::::::::::::::::::::::(二ニ≧::::´\ ヘ「:l. / /) tfシ{{炒ツムスチ/ __ノ           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:∧::::::::ゝ_;::::::::::、 f>   (__///(二ニ\| |//ィニ)yf'ム匕rf{{爻}「}ヾぇー.          |   え、ええ…当初の計画ではそうする予定でした。    |
:| ヽ.::::∧ >-i:::丈   (/ / (二二ニ:::::::ニ二二)≧{}} {{}≧ェュッ'シ}{}}ミ、.           丶_______________________ノ.






                 ___
               , ..:´:::::::::::::::::::::::`ヽ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
            ,'::::::::::::; :、:::::::::::::::从:::::::::::::::::::::::l
            !::::::::::::!-‐ヽ:::::::::/-―-}::::::::::::::::::!
           l:::/i::::イ(  )ヽ/(   ) jィ::::::::::::::リ  _        まあ!
         !::!/::::::/// ノ  //////:::::::::::::/_ / 」
         `ヽl::::∧         /ィ::::::::::;ムヽ;`=´           なんて素敵な花束…
            レ' !:::\ ⊂⊃  '!::::::::::ィ::l  {::::\
               |:::::::::l` 、 _/ i::::::::::!j/   ヽ::::::ヽ
              i:::::::::i   ,}  }::::::::,'ニヽ- 、 |:::::::::::i      サンチョさん、いえ私が自分で活けます!
             l:::::::::|_ /j _/!:::::/     V::::::::::::|
             ヽ::::::レ´ /'´ _-i:::::レ´ ̄ ̄ ̄ヽ::::::::|
           / ∧:/  ,''´ ,イ:::/          Y::::ノ
          /  / リレ'´ < .j;.'           l/           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           /  / /,  ´        ,.      ├ 、            |   ですが、こちらの状況により、それが変わりまして。     |
        /  /: : ヽく        /       :!.:.‘,.            丶_________________________ノ
        .l  { : : : : : \      /           |:.:.:.:i



“やらない夫は弱虫のようです 第百三十四話 「誠実な祈りより」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-01-07(Tue) 23:02:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十三話 「まるで恋のような」

895 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/08(金) 22:52:35 ID:TjxuWDmE [2/75]
作者ですこんばんは。投下に参りました。
突然抜けてもご容赦ください。

ボブルの塔編4話「まるで恋のような」

896 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/08(金) 22:53:53 ID:TjxuWDmE [3/75]
8865







                          _ __ _ _
                       ,  '´ __ __ _``ヽ、
                      /ィ.:7´.::に旡コ:::::::.:.`ヽヽ
                       ,イ.:::/::/, -─ ー─- 、.:.::::.\\
                     /.:::::rィ'´         、   `ヾ、::ヾ !
                  /.:, ィ 7    ,イ     ト、  ヽ 、`ー{
                    /fイ i 1  i .|:i     | i   | | | i!
                  j」1i :| | l | N     :! |  l| j | ||
          ト、       ,ルl |.:::| ト、ト、N ト、    ,イ/l , イノ,イ/  i!
    ̄ ̄`ヽ.  | ヽ    / /トト、:ト、Yノ ル'  \,ィイ ノル'イリ.,,.′ /1               お茶をお持ちいたしました。
   ‐- 、、   \!  |     / / iト、\             / .::/ |
     .:.:::.`ヽ、:.\ト、  ,/ / .::::|:.:\ゝ,,,,,,,    ,       ィ .::/   ト、
       .: .:.:.:::::::::.\:V イ.:.:::::/:.:.  1ト、     、_,    /|.:/1  | \              お加減はいかがですか?
    ̄``ヾ二二ミミヽ、.:.::.:\:/::::::.:.  l | >、        , イ.::l/ ,! , イ    > ── ─‐‐-、
        .:.:.::::::::::::::.>ミ,r'"´ ̄`ヽ、 ヽ!  7r-- ‐<__」.:.:! / /.::::|, ィ´   -── - 、
   .: .:.: .:.:.:::::::::ィイ彡イ .:.:.::::::::::.:. \|_/.:.:.:::::::::::::::::.:.L_/ /.::/ /  , ィ彡三二 ニニ \
         ,r一'´ニ仁___:.:.:. `Y7:.::::::::/^ヽ::::::::::./, ィ^ー─ - 、.:.::::::::.:.:. . ̄`` ヽ、
         〈  .:.:.:::::〃 ̄ ̄厂ヾ::::.:.:.:|{ト、::,イ|  i:::::::.ノ〈i::::::::::::::.:.:. . \.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.
         ト、 .:.:.:.:.{{  _x‐く_  }}:.:::.j1  |:|  |:「    !::::::::::::::::::::::.:.:. \:::::::::::::::::::::::.:
       /::|.::.:::r‐〈V´ ̄ ̄ ̄`V〉、::|{!   |:|  |:L_  」!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::::::::.
   .   /:.::ノ!.:.::::ヽ/o゚¨/o゚¨/o゚¨∧ 〉(⌒(⌒(⌒ヽ(⌒)'⌒):::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::
   .  /ィr―――v―――v――v{「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄j::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:. /.:.::::::::::
       r┴‐──┴‐──┴‐─┴`ー─────┬一'''ヽ. Y::::::::::::::::::::.:.:.:.:./:::::::::::::::
      ` ー―r‐r‐r――ァ―‐┬──────r─┴─一′j::::::::::::::::::.:.:.: Y゙゙゙゙゙゙ミミミミミ
         丶` ¬ー く`ヽ.  |:.::.:::|}〉   弋ゾノ ` ニニニ __ 〈::::::::::::::::.:.:.:.: |
           |:::::::::{     ヽ } ノ:.::.:::|}〉  / ,ハ ヽ  〈{|`ヽ  ∨:::::::::.:.:..:.:. /


.

897 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/08(金) 22:54:36 ID:TjxuWDmE [4/75]
8866











   .   i:::::::::::::::::::::::::;':::i:i.       'イ    ':::::;::'::::;:イ::::;:'
       ';:::::::::::::::::::::::i:i::i. ',       ,' `/::::::':::;. '  i::;:'
   .    ';::::::::::::::::::::i::l ll.       ___l/;:'::;:';'´   ノ'          ええ、もう大分落ち着きました。
   .    ';::::::::::::::::::i::l. l!  丶   .-'":::;::':::;'::;'
   .     ';::::::::::::::::i::l. i  ..‐'" ,,''::;;:'':::;;'':::;'
   ...___   ';:::::::::::::::i:l` -‐'´  , ';;-,'::::;;:'':::::;'                   いつもいつも、気を遣ってくれてありがとう。
   ‐--:ニ=..._.';::::::::::::::il   _,,..-'" /;::'':::::::::;'
         `';::::::::::::i',    _,,..-;":::::::::::::;.'
   .       ';::::::::::l ',、.    /::::::::::::::/
           ';::::::::l. ',`ヽ、 .,.'::::::::::::::/



.

898 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/11/08(金) 22:55:23 ID:TjxuWDmE [5/75]
8867





                       _r=ァ=、ィfZァ、,、
                    ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ
                    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\
                 /r=、ソィー'7´          ヽ
                 ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',
                , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',
                //:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !
               ハ:{/イ: { 乂y   ヽ  ノ メ ノ/  } !
       ヽ._ヽー 、   / // |:. ヽ. { ´     `}イ,  イ / ノ/      いいえ、それが私の役目ですから。
         ̄二ニヽヽ/ -ヘ、:.. l:...  lト\,,,,,,,   ´   / ./
 ヽ、_ _-ァ.:´__::.::.::.:ヽ::\  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | / )
  _,._-ニ-ァ‐´ィ二;:-- 、::.::..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| /{ ノ′.     いよいよ、近づいていらっしゃいましたね。
‐ ´/´ /´ ̄´/::.::.::.::.::..‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ
    /′  /-‐ァ::´::, ァ::/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/
      /´ /::.:/ノ/..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_
     /´ /イj/イ'/.::.::_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´
   /' イ/ // ノ/:.‐..´...::.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ
   ///   /イ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、






   ` i:::::::::|i、                 ノ.|::::::::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::| ヽ       丶 '      .j::::::::::::::::::::::::::::::::|          そうね。
    .|::::::::::|.  \      -==-     ,"::::::::::::::::::::::::::::::,l゙
    l゙:::::::::l゙   `ヽ、     `     ./::::::::::::::::::::::::::::::::,l゙
   .|::::::::::i       ゙'、、,_     ,..イ::::::;i:::::::::::::::::::::::;;┴、            早いものだわ、あのひとが私を見つけてくれてから
   l゙::::::::l゙        ヽ `゙'''ー-'"  |::::::i,,,,,,、:::::::;;/  l゙
   .l゙:::::::,l゙            ヽ.     ,┤:::|―、l―'"    |、            一年と少し、過ぎているのね…
   l゙:::::::l゙            ,,/|i、  .,/,.j::::;l―、|     j―┴、,_
  ,l゙:::::::l゙      _,,/フ゜.| .|i、,// l:::l゙|―、|   /     `''ー、,、
  │::::::l゙   .,,,-'"゙` ,/  .| .゙l/ /  ノ:ノ/: ̄く  /          `''丶

.



“やらない夫は弱虫のようです 第百三十三話 「まるで恋のような」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2014-01-07(Tue) 23:00:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十ニ話 「そんな女はひとり」

663 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/27(金) 21:08:14 ID:eFb0DryQ
こんばんは、作者です。早いですが余裕ができたので参りました。
突然抜けてもご容赦。

ボブルの塔編3話・「そんな女はひとり」

664 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/27(金) 21:08:38 ID:eFb0DryQ
8747









          , ⌒ハ     ハ⌒ 、
         j:::::ヽ, ヘ⌒ Y⌒ヽ .:::i
         ル:::::リγ::::...ヘ、::::: ノy::リ
         Yyノ :ノ..ノノ  ヽルリノ
           リ::::((●)(●)(  ,∩__         これ、あなたが運んだの?
           ハ:::ハ ,, r‐ァ リ )  fっuu
            ) ) )   イハ(  i⌒i
           ノ)∨y'∨::|((ー─ゞ .|       駄目だよ、これ食べられないって伝えてなかった?
          //:::ヽ/:::::::i, ----- '
         (  (:::::::: :::::::ノ
   .       ヽ,/i:::::::::::::::::i
           i/:::::::::::::::::ヽ
            'ー----ーヽ
           |________,!
            |   | |   |
   .         |   | |   |


.

665 :名前なんて無いだろ常識的に考えて [sage]:2013/09/27(金) 21:10:35 ID:s.M8nOT.
お?殺ってる?

666 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/27(金) 21:10:37 ID:eFb0DryQ
8748









                    -く匀> -
                    /       ヽ
                   ′   !:!  } /   ハ
                | | 斗ト lト廴/イ l|
                | ,ィ   .ヽ{   } l|          も、申し訳ありません。
                |: lト u.       .リ lト
                イヽゞト、 ´ ` イlイ〃∧
                   l ∧ }::≧<::!/ l|/ト ゝ         私が、申し送りを聞き損ねていたようで…
              イ_イ-从::::/Tヾ:::ム从トミ \
                /⌒ヽ  ∨个   /::}:⌒ヽ  ヽ
             /:::::::::::ハ~^{薔}~イ:::|::::::::∧ヾ \
              /:::::::::::::::ハヽ `¨´ 〃:::::|:::::::::::ハノ}   )
            {:::::::::::::::::::::}::::ヽ人/:::::::::}:::::::::::::}  〃
             \:::::::::::::::!::::::::∞::::::::::::〉::::::/
             ノ`¨7:::::::|::::::::介::::::::::ハ:::::::{ハゝ
             ー=彡イハ:::::∧::::::::::::::::::/:::::::::::}从 \
              ノl|ト7∧:::ゞ:::∧:::/::::/!::|/ l| }ゞ
               / イl|7ハ }}:::::::/X∨:::/ .∨ヽ从从
            .ノ从乂}~∧::::{ >" 〉/-~}:}
           ,.r=イ"∧イ ∧:::ヽ//⌒ー|:`¨¨ー~イ~ヽ..._
      _ x≦イ:::::::::::::::::}7⌒ヾ:!:::::::/ヽ_人_|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x
     /⌒>イ:/::::::::r~¨ヽ_ノ⌒ヽ}/⌒ー一ト-ミx:::::::::r~ヾ:::::::::::::::::\


.

667 : ◆2tc1ROhHlU []:2013/09/27(金) 21:11:17 ID:eFb0DryQ
8749





    , ⌒ハ     ハ⌒ 、
    j:::::ヽ, ヘ⌒ Y⌒ヽ .:::i
   ル:::::リγ::::...ヘ、::::: ノy::リ
    Yyノ :ノ..ノノ  ヽルリノ
     リ::::((●)(●)(         駄目だよ、今はあれしか食べられないんだから。
      ハ:::ハ ,, r‐ァ リ )
     llli ) )   イハ(
   三 |` )∨y'∨::|(( 、      でも持って行ったあなたが責められるのかわいそうって言って、
     / `ソ::ヽ/:::::::i  \
    ( _ィ ::::::: :::::::::)>  )      結局食べようとして、でも吐いちゃってるんだもの。
       i::::::::::::::::::u  )/






            ,ィ/;;/';;;;ィ=''´ ̄ .:        .   `ヾ=\
            ,イノ;;〃;;ン′ .:   : .:     . :.       ヾ、
          /(,/〃/ノ,    ::  .: .::      :. :. ;   ヽ. \
        __ムノ;;;;;ィ)' / .:  .:::  :l:..:::: :.     ::l:::. l 、   !  ヽ
        ,.ィ'7フィ;∧ヽ/ ::  .:l::  ::|::::|::.::::.    ::!::.. ! l   l   ヽ
      l;;;l l//l;;;| !;;l  :::  ::!:: :::|l:::l::::::::::..   ::l::::::l: l   ! .::.  ヽ
        |;;;l/;/!|;;;| ノ;;;}:: ::: :::i:::.. ::| l::l:::l:::::::::.  .:;!i|::: ,!: ! /:: :::: 、 l
.       |;;;/;/! |;/;;:イ:l:: :l:::..::i:ト:::::::| l:::ト:ヽ::::::: :/リ|::/|:.,イ: /::: :l:::: |l
      |;;/;/.! ゞィ'´ l::l、:l、::::l_lゝ.=l=ヾ!ヽヽ::::::/ ' ナ`メイl、/l:::::イ:::: l l
      |/_/:| |;;|   ヽヽ;lヾ,N;: . 弋   ヽヽ/      /ヘ/:::/l::::: /リ
       |;;;l .::|. |;;;|   :::ト、l                   // /::/;|
.      l;;;| .::|. l;;;|l   :::|.l |                  'イ::::. 'イ|;;|         …少しでも栄養のあるものを食べて頂きたくて…
     l;;;l ::| |;;;l l |  .::::| |.|             i:..     /:::::  l |;;!
      〈;;;| .:::| |;;;| l | .:::::| l.|  u.       /::     ノイ::::::| | |´
     N :::::| L;l ヾヽ.:::::| リ、         ´      ノ |::::八| |           … 申し訳ありません、
      | ::::::| :::| l:. :l:ヽ:l`^\      '^ニ`    /レ |::/|:.  l
    /  :::::::| ::l l:::  l |::`::::::::::l丶、        ,..::'´|:::l レ |::. `、.           理解が足りませんでした…
   / i   :::::::|::l l:::::  l !::::::::::r┴- 、`_丶 -:.ェ_´:::::::::|::l:. .   |:::. i ヽ
.  // |  :::::::::|:| !::::::  |l:::::::::ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;ニ><;;;|::::::::|::l::..::  |:::. ト、ヽ
  l i |  ::::::::::ll |::::::::.. ll:::::/;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;L;;〉;;;;ヽ::::|:|::::::::.  |::::. l ヽ`、
.  | | |  :::::::::::| |::::::::::. l:ノ;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;/ };;;;;;;;;ヽ|:l:::::::::::... |::::. |_ヽ 、




“やらない夫は弱虫のようです 第百三十ニ話 「そんな女はひとり」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-10-01(Tue) 10:15:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十一話 「決して許し得ないもの」

417 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:12:25 ID:3YhRgwyg [1/123]
こんばんは、作者です。投下に参りましたよ。
突然抜けることが遭ってもご容赦です。

ボブルの塔編2話・「決して許し得ないもの」

418 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:13:52 ID:3YhRgwyg [2/123]
8620







                                                         ___
                                                /   r==<::::::::::::::::::::::,:::,、_ zfzェ、
                                                     i:::::::::::::`丶:::::::ィ'^〆`Y⌒ヽ7
                                              {       ,ゝ:::::::::::::::::::\:}}┼={{哥}}ニi
                                                 `ー‐‐‐‐'7:/::::}`  ‐- ___込.//ー.\ヽ
                                                   |:i::::/    ''" ̄ ~"|_|爻多|_|         
                                                   {:i〃_..     ,ィ弐ミ、 〉' ̄ii:::i::}
                             …そう。                        Ⅵ ,zz、    燧ァ' / _.ノ}:i:/
                                                       `ー、遂リ    ¨゛ .}乂 ̄ミ|--、        
                                                      ∧¨ `__.....  }三::::ミ/  \
                             良く正直に話してくれました。          ./ミ:ゝ,..._  .イ:)::::::::/     ヽ
                                                        >、:::::::| ,‐‐r=Y {三ミi /      ∧
                                                     }三ミ イ ´ { :个}:ミУ‘,    ./ }
                                                     \:::::: |   { ./ァ>'    ,   ,  /
                                                       {:У|i  乂{{  }}\  \ , ./   ̄ ̄ ̄\
                                                       __) |ヽ   `‐- ... ^Y   〃\___   ヽ
                                                            \__Ⅵ  {{父}} i   :| 〃     ~""''' ‐- ...,,__
                                                               }i.i.イ  ⅦУ .|   i! i: /
                                                          ≠㍉ハ  .Ⅶ./    }.、/
                                                         /   | i  ∨    / 廴
                                                         /    |   /    /: :乂 ≧  ‐- ...,,__
                                                       /      | /    ./::::::::::}  }


.

419 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:14:20 ID:3YhRgwyg
8621








       /  rイ /              `ヽ て)  ハ
        /  rイ /           |       \て)   |
        rイ/    | :| | |    :| | /   |.:| |   ∨)  |_
      |   Yヽ  .:| | :| | |   | :| |! :|:! ! ! | |  (Y) / ヽ
      |   リ  l | .! ! :! ! !  ハ |/| /:| | | :!__!{{ ヾY  |  〉
      「`ヽ∧_イ |、|_| :| | |  | | ,' 、!_| | /-/´| /`!  〉イ⌒i
      {r‐イ 〉 `ヽ | |下卞イヽ.| | |  !ノ / / 〃  〉v' .」 ∨
     /∨勿ハ   | ..| |   _リ.   :|/    ,       . ∧   レへ!      あの…
      {/〃  ヽ 」 |                 /  ヽノ|ヽ |\
     //ハ  |   |     ::::::::::::::::::              |  \
       | |   | ヽ {      ::::::::::::::::::::       /   |  |  |.        やはり私の信心が足りないせいでしょうか…
       | |   |  ヽゝ         、     u  / イ  |  |  |
       | |   |  从         ___   ./' |   :|  |  |
       | |   |   ∧       {  __〉   / .|   :|  |  |
       | |   |   | \       ̄    /  /   /  :!  |
       | |   |   |    >     <  /   /  :!  |
      .〃⌒ヽ_!   |   r┴…`´ニ¨¨> /  :/  _   |
      /::::::::::::::::::\  |   /::{{::::,,:彳ヾ 、::}}/  /  /:::::::::`ヽ
   //::::::::::::::::::::::::::\!_/::::::ヾ='':::|ハ|:::::/  ∧_ /:::::::::::::::::::::\
  / /::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ:::::::::::::::/  !:::::j::/9 \::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ


.

420 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/11(水) 22:14:55 ID:3YhRgwyg [4/123]
8622





               _―_-
             -‐..:..:..:..:..:.:.:.:..` 、\
          /..:..:..:..:..:..:..:.:.:.:.:.:.:.::.::.::...\ \
         ./.:..:.(薔:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:; イ{_K \
        /.:..:._ -‐冖冖¬¬ー-、//::|:| |:ト\ ヽ
       厶 イ l |    |    l //゙ー|:| |:| }::〉 ';
       /  /l | |    | ! ||| ゞニニイ ゞニ'イ  '.
      ' ィ  ! !.::| ト、 { ' \ト、|__ゝ.. | |:|-、|:| |、   '、          毎日毎日、光の国に行けるよう、
     ..|.i/ / i!斗i' ゝトゝ '     . ヾ| |:トヘ.l:| l|    i
     ..|.i /!|| . |           | |:|‐'ノ:| |l   ,i           それのみに進んでまいりましたのに。
      イ i 从 Y       :::::::::ノ | |:|「´|:|  .|!  j
        ヽト ゝ   ,    u   〃ノ [⊥」:j   l、 `ヽ          )i
          |\:::::::  _, . -- 、// / ∧    丶  ヽ- _    _ ノ j      このような思いを抱いてしまうなんて…
           |  | ヽ  'ー ‐,r ´// / | \  \ 丶 ヽ  二二 - -´
          |  .!., ー 7 / .// /  |  ∧ ヽ  ヽ  ト                 私は、自分が恐ろしいのです…
          ノ /// / / / /'^:∨  |.! .| |< x_  ヽ 丶
           //.イ / / / / /:: :: :∧/ ,|  | |ヽ:>x  ヽ、 ゝ
      ,. イ 〃7 ./ / / / /:: :: :: ::. ∨ i | |__:>.ィ∨  ヽ丶
`ー─ ' ´    {{  / / / / /:: :: :: :: :: :: V ! :| :i イ>--=ヽ7ヽ  `ヽ、
         ヾ .| ! { | ノ:: :: :j: : : : : ::∨i | j |イ<:: //::∨ \   \
             | .'| | | /:: :: :イ: : : : : : : ∨ / />x-:' <::::j: V       i
            V |りレ':: :: :: :: ::.}:: :: :: ::: :∨ レ\://:::7|ヘト   j Ⅵj
            _}ヾ:: :: :: :: :: :: ::: i: : :: :::: : : ;jノ :: ::>-:.<:: ∧ |    j/
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : : :: :: :∧} i/∨
                 V:: :: :: :: _r--、::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::\}
             .':: :: :: : :: :/  ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: .ヽ


“やらない夫は弱虫のようです 第百三十一話 「決して許し得ないもの」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-11(Wed) 08:38:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百三十話 「身内思いの女」

298 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:05:21 ID:/hj83QSg

                     ______
                /           \
              /              \
             /      ⌒     ⌒ \
           /     /  `ヽ    /´  `ヽ\      突然だが今から投下を始めるお。
          /        (   ● l    l   ● |  ヽ
            |         ヽ_  _ノ    ヽ_   _ノ   |
            |        ´ ̄` (    i    ) ´ ̄`  |.      作者都合により記念短編ではなく本編だお。
          \          ー‐ ^ ー     /
           \           ー一       /
           /                      \
          /                    ヽ
                                          ┌─────────────────────────────┐
                                          │※ 短編が上手く進まないので本編を書き出したら完成してしまった  │
                                          └─────────────────────────────┘




こんにちは、作者です。少し涼しくなってきましたね。
只今から投下を始めます。


ボブルの塔編1話 「身内思いの女」

299 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:07:26 ID:/hj83QSg
8515





                 _     -‐====‐-ミ
             rrf抱抃、`¨⌒¨⌒¨⌒'ー-ミ   `丶、
         f辷仁ニ彡' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::心_    ヽ
           ,g‰≧g夫艾艾艾艾夫g_:::::::::::::::心_     :.
         /,ノ¨´              `¨弌::::::::::::心_
      /¨´                 `弌:::::::::::ハ              ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
                                `弌:::::リ    i
                             /只%   |           いつか光の国に行けると
      i                      i    / i | ゚。%,  |
      |           i:   、i  :i   :|   ./ || | ∧ :|            ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
     !      i   |   :i斗-‐十‐ 、:|   |  | :| | / |
       ‘,     ,斗+=弌  :|        |   |_| :|_/  |
        \   ´ |,r.    :|             i | | |
          |`ト ..,_|从..   `       彡    |__| |__j    |
          |::j::::| :トミ`¨  、        /  /           |
            |::::|  _,乙    __     厶イ            :|                     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
            ⌒|  \{ 个o。.,  _,.  ´  _,|:     ;      |
              |    /|     八__,,....-=.:::|    /        |                        固く固く信じておりました
              |   ./ :|   f:::尖x:::::::::::::::|   ./        :|
              |  /-‐=ア"///:| ハ:::::/゚|  //¨⌒ヽ、                          ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
           ,|/:::::::: } /// |:  j   | ./:::::::::::::::::::ハ   |
           /::::::::::::::::ム |_レ   |/     .!:':::::::::::::::::::::::::::}!   |
        /:::::::::::::く⌒¨⌒'ー~'⌒¨⌒¨´う::::::::::::::::::::::::::/:}   |

300 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:08:00 ID:/hj83QSg
8516





      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

         日々教義を守り心穏やかに過ごし

      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡





                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                                               そのために必要とされることは

                                               我が身を投げ打ってもなんら辛いこともなく

                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



.

301 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/09/09(月) 14:09:34 ID:/hj83QSg
8517










                      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                        そうすることが幸福なのだと信じておりました

                      ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡













     |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃i{ / |l.  |l
     |l   .|  |l  | |  |l   |l l|l  l| | l | l |l | l 〃 ハ}  |li  |l
.     八.i |  |l  | |  |l   |l lリ ,ハ,| l |/| | 〃 l.| lト、洲  !!
    /  }l |  |l  | |  |l   |l ./ /{ |l/イ| l |l | {| 从ヾ}iヾム |        ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
.   /   .|l |  |l  | |  |l   |l厶斗匕l 斗抒坏l| /l|./  } |ll  }l |
.       |l |  |l_|_|_|l   |l   l|/.       |li/リ|  / l|ll  リ !          なのに私がこのような思いを抱くのは
.       |l | ´|  | | Lハ_ヽハ. /       ||V l| ./l 从 / /
.       |l |  |l  .                    リハ′/=冬、<二三.         信心が足りないせいなのでしょうか?
.       |l | . 八 | ヽ                // } r仁三三k `マニ
.       |l | 人 ヽ ハ     丶    _   //  ′三三三三>--     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
.       |l /i{  \. {  >      ` ´   /  イ/ニ二三三三三三
.       |/ ヽ _}.|    >o。  _    //∠二三三三三三三
.       |   ∠二二|三ニ=冬=- l| } ≧=彳 /三三三三三三三三
       ∠二三三|三三三三≧ /〃⌒V∠二三三三三三三三




.



“やらない夫は弱虫のようです 第百三十話 「身内思いの女」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-11(Wed) 08:27:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十九話 「過去と現在、そして未来」

111 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:31:17 ID:bEbOT4w2
遅くなりました、投下に参りました。
突然抜けてもご容赦。

天空城編15話「過去と現在、そして未来」

112 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:31:47 ID:bEbOT4w2
8355









            ____
          /⌒  ⌒\
         /( ●)  (●)\          俺をおまいの仲間にしろお!
       /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
       |     |r┬-|     |
       /     `ー'´      ∩ノ ⊃
       ( \             /_ノ
       .\ “  ____ノ  /
         \_ ____  /



.

113 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:32:50 ID:bEbOT4w2
8356





.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、         ―――え?
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l         ヘンリーお前、何言ってるのか判ってる?
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}





                           ┏
                             ぽかんとしてしまう。
                                             ┛





          _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
        ,r'        \
        / ⌒         ヽ,
       ( ●)    ⌒     ..i       勿論だお。
       i.     ( ●)    .|
      . \(_入_ノ      /
         \______/         俺をおまいの仲間に入れてくれ、と俺は言ってる。
         ./ゝ/ノ:::::::::::::::::\
         |ノ//::::::::::ヽ,::::::::::|
         |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|
         |^::::::::::::::::::::::|:::::::::|

114 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/24(土) 00:33:26 ID:bEbOT4w2
8357





                            fY´)
                            |/
           ,.  ¨  ̄ ¨'  、
           /   ` ヽ_.ノ    ヽ
        /  ノ  (< )    }                     元々おまいのパーティのメンバー☆ の
       ,' ( ●)  )⌒::::   ,'            /ヽ
       { :::: .y  ,トイ     ,r''´¨>‐- ._     ',¨V  /ヽ     最初の一人は俺だお!
       l   `¨´| j     {//////////ヽ─--{ ト  / )
..(ヽr,r y-ノ゙j ゝ    `¨ー' _,,..ィヽ//////////´////ゝ  } ヽ/)
 V ' ' .´ 〈- 、`>‐-┐=-ハ ///ゞ/////////////{ { ヽ _/.     一時期抜けちゃーいたが、元に戻っても
  ヽ、_   ` }///∧∧:::〈 У///////-=、/////∧>´
    「ニニニ7////∧ 「:::l /////////////ハ ̄ ̄              なんら問題はないんじゃないかお?
    ノ/////ム//{//∧l::::l///////////////人
   {/////////ハ//∧:;'//////////////////ヽ、
    ヽ、///>´  {//∧////////////////////ハ
       ̄     ∨////////////////////////∧





                           ┏
                             ヘンリーの突然の申し出、
                                             ┛





         / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、_ \
      . | ( ●)(● ) |
      . |  (__人__) u.│      …
        |   `⌒ ´   |
      .  |           |
      .  ヽ       /
         ヽ      /
         >     <
         |      |
          |      |


“やらない夫は弱虫のようです 第百二十九話 「過去と現在、そして未来」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-03(Tue) 14:40:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十八話 「おまいは強い人間だお」

972 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/12(月) 00:30:44 ID:GcpG9E9A [1/29]
随分遅くなってしまいまった。こんばんは、作者です。只今から投下を始めます。
突然抜けてもご容赦。

天空編14話「おまいは強い人間だお」

973 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/12(月) 00:32:00 ID:GcpG9E9A [2/29]
8250
<<ラインハット>>




                                  |!____i|       `ーっ          厂`ー、
                               ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄∧∧       ( ノ⌒ヽ、_二-‐'⌒    >
                               /=ヘ/=‐::::::::::::::::/ / ハ   ∧                 (
                               /‐= ヘ────ト /= ハ  / ヘ        (⌒⌒ヽ_ノ⌒〃
         ⌒ゝ 〃⌒⌒ヽ_            /=‐  ヘ ロ ロ ロロ| /-‐=ハ /= ヘ        `~‐-、__二ニ(
           `ー' ,-、_ノ⌒)         /____ヘ ロ   |/__ハ/=‐ ヘ
         -‐~─'´ ‐-、 ⌒ゝ   ノ⌒)  ]二二ニ[     ]二二ニ[| ̄ ̄ | ∧
         -‐~─'⌒ゝノ⌒ヽ、-~、ノ  ゝ  |ロ ロ ロ |      |ロロ ロロ|\....::::| /=ヘ
           /⌒ヽ、_     ,-‐--、 _   |′″  |=======:|゛,′   |  \ :|/=‐ヘ
         _,,ノ"´ `゛ー-、\-─''"″ヽ゛` `ヽ| ″   |       |      |   |/__-ヘ __/⌒ヽ∧_,∧_
         "´′     "ノ ヽ-‐' ′ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡   ´ `/=∨ハ`ー、_
                  ",-\ ∧                                    \_/_ハ__ハ   '⌒
              ,ノミゝ     `/ ヘ-、_. リュカとビアンカがいなくなって八年後 .   - | |  |  ロ| ロ| '"
         彡ゞノソヘ爻乂ヾゞノ从/=-ヘミ                                | |  |″'''| ,,'|
         爻ノゞヽノノ个ゞゝソミ /=- ヘ ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ^^~" ̄~~゙Fニニニニニニニニニニニi |     |  :;|:: ェ       /=-‐   == ハヘ  | ̄∧  | ̄∧=
               |       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧| "'''| r=====ョ    /         ハヘ= | /Aヘ  | /Aヘ
         从 ノゞ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧   /ロヘ  :::| ||冂||冂||  /==   -  ‐-ハヘ レ'イ△ヘ レ'イ△ヘ
         ノ爻ゞ /____  -‐  =/ロヘ  /ロ ロヘ  :| ||iロlliロ||  /-       ‐-  ハヘ=- ̄ ̄=-‐ ̄ ̄
         ノゞヽ/\     \  -=/ロ ロヘ :/┌┐ |  :|:: ||iロlliロ|| /________ハヘ_______
         ゝ'/    \=-   \  /=¬=ヘ/l .| ||: | // ̄ ̄ ̄[INN]   ┌┬┐    | ┌┬┐┌┬┐
         /   []   \‐-   \|.   |_| |¬  //′″,,    | _ ...:::├┼┤    | ├┼┤├┼┤
           []   []  \     / ̄ /|__ ̄ "     / ̄ /|   :└┴┘    | └┴┘└┴┘
         _______\__| ̄ ̄|/|  /        | ̄ ̄|/|________. |_______
             エコ     ュ   | ̄ ̄| ''|/  ′′  ''''  | ̄ ̄|| ̄ エコ ェェ      コ
         匚]       エコ   ''|′″| │    =-      |    ||    匚 ]  エエ      エコ
                        ェェコ |~  コ| │         =-   | ″ ||         ェ
                        |    | │       ‐-   |    ||匚]    ′′       匚 ]
            エ コ   匚       |    | │            |    ||
         _,,vy,、,_,,,,___,wv、,,_,,,,,|_ ,,_|,/ 二=     -‐  |_,,_ ||,,_ __ _,,vw_,,_ _,,,y从w,,_、、,,,__vy,,
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::z'     ‐-      `z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

974 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/12(月) 00:33:31 ID:GcpG9E9A [3/29]
8251






                        __________________________
                           /                                       /|
                       /ヽ                 γ⌒ヽ                 //.|
                         /   ヽ              ゝ __ノ                   / ./ |
                     /    ヽ__________/_/______________/  /  .|
                       /                      /  /                    /   /
                   /                   γ⌒ヽ                 /   /
                     /                   ゝ __ノ                 /   /
                    ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
                   /                                        /   /
               /     予想していた通りグランバニアから一通の親書が届いた
                 /                                        /   /
.                /.≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
               /                     /                     /   /
.              /                     /                     /   /
.             ./                     /                     /   /
.            /                     /                     /   /
.           ./                     /                     /   /
.          /                     /                     /   /
.         ./                     /                     /   /
.        /                     /                     /   /
.       ./                     /                     /   /
.      /                     /                     /   /



.

975 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/12(月) 00:34:09 ID:GcpG9E9A [4/29]
8252





                       ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
                      .|                         | :. ::.
                    .|  ____                     |         ::.
                   ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
                  :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::.
                   :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.
                     .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
                     :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
                     .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
                 :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                 ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                          ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -.
                   ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
                          ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´



                   ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                           送り主は国王代理のオジロンからで

                       そこは少し予想からずれてはいたが驚きはしなかった

                   ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



.



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十八話 「おまいは強い人間だお」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-09-03(Tue) 14:05:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十七話 「僕はあなたの息子です・3」

857 自分: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/03(土) 02:49:33 ID:hwrDZQfM [1/98]
したらば復活やはー。
ついでにゲリラ投下スタート。突然落ちてもご容赦。

天空編13話「僕はあなたの息子です・3」

858 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/03(土) 02:51:17 ID:hwrDZQfM [2/98]
8155










                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  あなたの、息子です…。  |
                            丶____________ノ.








                   ┏
                     おそらく言ってはいけないだろうことを、言ってしまった。
                                                       ┛



.

859 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/03(土) 02:52:22 ID:hwrDZQfM [3/98]
8156








          , (__人)        …息子?
          _ノ\__´_ ;
        ,:'7/Vヽ、ハヘー 、
      /≧=ヽv7_ \V//,|
      ソ///∧V//ヽヽ//i
      `i//≧z.V//∧j//|
       Vヽ、___{///.∧/ |
          ト、///フ≧v/,i/ハ           ┏
         V,\//////≧=ー.、           俺が言ったこの一言で、
         }// \V///////ノ  ̄`l
          ///////////o|/|ニ=‐ー゙           未来にどんな影響があるのか?
       i////////////ト、|                                 ┛




                      ┏
                        そんなことは今ここにいる俺には判らない。
                                                   ┛


.

860 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/08/03(土) 02:52:57 ID:hwrDZQfM [4/98]
8157





 ┏
   「時の流れ」はその時に生きていたものによって

   作られていく。
                                 ┛








                                 君が、私の?








                                                ┏
                                                  思い、選択し、決断していって…
                                                                      ┛



.



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十七話 「僕はあなたの息子です・3」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-08-04(Sun) 22:51:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十六話 「僕はあなたの息子です・2」

754 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/26(金) 21:56:41 ID:PKnqZU7I [1/94]
ちょっと早いけど投下を始めたいと思います。
突然抜けてもご容赦。

天空編12話「僕はあなたの息子です・2」

755 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/26(金) 21:57:50 ID:PKnqZU7I [2/94]
8064













                               いいですね、リュカ。














.

756 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/26(金) 21:58:18 ID:PKnqZU7I [3/94]
8065







       /: : : : : : : :./:.i: : : : : : ヽ: : : : : : : \: :.ヽ
      /: : : : : : : : : /i: :i: : : : : : : :ヽ: : : : : : : :.ヽ: ハ
      ,': : : : : : : /: :/ i: :.i: : : : : : : : :`,: : : : : : : :ハ: :.ハ
     i:./: : :/: : :i: :,'  ',: :i、: : ヽ: : : : : :',: : :i: : : : : i: :i:.i
      i/i: : :i: : : :i: ,'.   V:i ヽ: : ヽ: : : : : N: :i: : : : : i/: :i
       i: : :i: : : `ト- 、,,_ヽ. \:ヽ_,,:.、i斗‐i: : : :/: : :i
      V: : i: :.:.i/,ィチ示ヽ ヽ  ` ィチ示ヽ 从: :/: : /i         勤めを果たしたなら、
       ヽ: :ヽ: :i  ir'::;;:::|        |r':;;::} i .i: :/:iヽ': :i
       \ヽi.ヽ ゙辷_リ      辷_リ /i/: i ./:.:.i            すぐに戻ってくるのですよ。
            |:.∧        '         i: : : :i´: : :i
            |: :.:.ヽ..    ‐‐.     /: : : :i: : : :i',
            |: : : iィ>          イ: : : : :i.i: : : :i:.',
            |: : : |::::::::/. >   < .〉: : : : /:.i: : : :i: :',
            |: : : |:::::/   l       /: : : : /: : i: : : :.i: ハ
            |: : : |:::,' i         /: : : : /: : : :i: : : : : : i.       ┏
            |: : :/::,'.i_ ヽ.     /: : : /:::::ヽ: :i: : : : : : i.         ポワンはその「力」を俺に使う前、
           V:/::/  }     /: : : /:::::::::::::::ヽ i: : : : :i: |
          ./ Vノ   },ィ‐、_/: : : /:::::::::::::::::::::::ハ .i: : : : iリ          キッと見つめながら俺に言った。
        /i /       i: :./:::::::::::::::::::::::::::::::|: :i: : : i/                              ┛

.

757 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/26(金) 21:59:10 ID:PKnqZU7I [4/94]
8066





             ____
             /     `.
      ((   /        i
          |         !
          i.         j      …。
         >━‐-、   (   i
        _/三三ニ.∧  7 ´
    , ><三三三三三≧=ー 、
   ,イ三三三三三三三三三三ヘ
  /三三三三三三三三ニ三三三i        ┏
  /三三三三三三三三三三三三{          ポワンの言葉に、俺は頷いてみせる。
 i三三三三三三三三三三三三ニヘ                                 ┛
 |三三三三三三三三三三三二ニ.∧
 |三三三三三三三三三ニ三三三二{





                   ┏
                     俺を信用していないというわけではないのだろう、だけど―――
                                                            ┛






            /: : : : : /: : : : : : : : : : :ヽ: : ` :、: : : : : : : :\: : : : : ヽ
           ,': : : : : /: : : : : : : : : i: : : :\: : : :.ヽ: : : : : : : ヽ: : : : : i
            i: : : : : i: : : : : : : : : : iヽ: : : : :\: : : : :ヽ: : _,、,_: i: : : : :|
           .|: : : : : i: : : : : : : : : : i ヽ: / ヽ ヽ : : `'´: : : : :.i: : : :.i
             i: : : : : i: : : : : : : : : :/ /     ` ‐ -:_ヽ: : i: : : :.i
          V: : : : i: : : : : : ,、ィ:チ´         f云らト、: i: : : :リ         今からあなたが行くのは、
            V: : :ヽi: : : : : : : : i/,ィチ示.       ir';;;::::リ゙' i: : : /
            V: : : ゝi: : : : /,ィfr';;;;::::|        弋z少... i: : /             あくまで、過ぎ去った時間。
            V: : i: : i: : :i:.:Vff.{:::;;;;::::i                i: :iヽ
              ∧: : : r-i : : :.i.....弋:z少      ヽ     .i: :.i: :\
              /: :i: : : i i: : : :i                   }: : ト、: :ヽ        そこではあなたは異分子であり、
            ./: : : : :.:.:ヽi: : : :i、           ´      イ: : : i ヽ: :ハ
          ./: : : : : : : : :i: : : :i ヽ                 / i: : : :i   i: :.i        なるべく関わらない方がいい存在なのです。
         ./: : : : : : : : : : :i: : : :i.,、->            /:.:| i: : : :i   |: /.
       ./: : : : : :.,、‐ ' ¨ ̄i: : : :i     `' ‐------‐チ .i,ィ:.:i. i: : : :i   |/
       ./: : : : :/       .i: : : :i       \    |/ /i:.:.:.:i..i: : : :i   |.



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十六話 「僕はあなたの息子です・2」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-08-04(Sun) 22:48:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十五話 「僕はあなたの息子です・1」

648 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/21(日) 23:19:15 ID:22NRjf9c [1/44]
こんばんは、作者です。投下に来ました。
突然抜けてもご容赦。

天空城編11話「僕はあなたの息子です・1」

649 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/21(日) 23:20:19 ID:22NRjf9c [2/44]
7974










                                「 坊主、悪いな。 」







                       ┏
                             彼との別れは、思い出すたびに苦くなる。
                                                  ┛



.

650 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/21(日) 23:20:52 ID:22NRjf9c [3/44]
7975





                      ┏
                        何もできないでいた俺たちを多分助けるため
                                                    ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    「 一緒に城まで行って罰を受ける気だったが… 」




                                 -―――-
                                      ´ ̄ ̄`         /
                                   _,. -‐-ッ、-‐¬、        /
                               , "      ゛、 : :::゙` 、.,,  /              .∩.⊂⊃◎  n.
                              / r-- ., ..:!        ""ツ´   ,     /        l | ⊆⊇  . /厶__.
                            , ' -‐( ..〉 ``-=-‐          ' .....::/        Ll(⊆广  └''^ー┘ ◎
                             \         ゙'',,.     '  ...:::/
                               `` 、_        _,. ' ...:::/
                                       ``==-‐ ' ´`ー-<




                                                           「 そうも、できなくなった。 」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                     ┏
                       どうしようもなくなっていた「彼女」を助けるために
                                                     ┛


.

651 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/21(日) 23:22:45 ID:22NRjf9c [4/44]
7976






                __,. ―‐. .、_
             .-': : : : : : : : : : : : :`: : .._
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: 、
           /: : : : : : : : : : : : : :. : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:\
            /: : : : : : : : : : : : : : :.:. : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミヽ
         i: : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:. : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\`ヽ
           l: : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ヽ
            |: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、l
            |: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :} !         「 ―――達者でな。 」
           l i: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.: :/`.:.:.l
         !ハ: :i: : : : :.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :l: : i  !i:.!
         ' Ⅵ: :i : : :.:.:.i:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :/l:/:.: :l / !'        「 何が起こるか判らないが、 」
             ヽ: :ヽ:.:.:.:.:.:l:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:. :/:.:!':.:.:.:.!_/i
             丶:.丶:.i:.:.l:.:.:.:.:.: :i:./:.:.:./,:.:.:.〃:/!
                  ヽ:.:.ヾ:.:.:!:.:.:.:.:./!':.:.:.:.:.:.:ハ:.:l' !'
              Ⅴ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: / ∧!
                  !ハ从Ⅴ从人ハ/!1―′
             厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        ┏
               /___         ___ヽ            自分の身がどうなるかなんてあっさりと想像がついたろうに、
    , -――    ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                                             ┛



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十五話 「僕はあなたの息子です・1」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-08-04(Sun) 22:44:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十四話 「贈り物・2」

542 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/13(土) 01:53:50 ID:nzExCxhA [2/97]
7882





     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

.       たった一言が言えなくて

     ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡








                                                    ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                                                        でもせめて ひと目でいいから

                                                    ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡





.

543 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/13(土) 01:55:00 ID:nzExCxhA [3/97]
7883






                      /'´  ̄ ̄ ヽ
                     ≫77;'         ト
             ≫=====≦/////,i        i
         .≫'//{!///////V/////| \_, 、_./ |_        「 テルパドール国女王、アイシス陛下ですな 」
      .厂丁////≫==≪///{/////,|       ,j/\
     __} 乂/≫'        ヽ/∧/ハ (_人__)ノ////\
.    У ` T            ////7 //|   ////,≪///ハ    「 …お初にお目にかかる、私は――― 」
  ...(r‐ァ イ/         ≫'//////イ   |   /イ////////}
.    し'し      ≫'///≫'==ミ_', ヽ Y´{///|//////7
           .≫'///≫'////////}   |! ∨/∧/////i
         ///≫'///////////})   }  ∨//}/////
       彡'≫'/////////////ノ   }   ヽ//i////!
       厶イ        ミイ{   〈    \|////!
                   ≫'/∧   }      /////|
                  ≫''/////∧  ∧   //////{
              ≫'//////////∧ /- ',  /////,'∧             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
          .≫//////////≫'三∨   l ./////,'//ハ
          .〃////////≫'//}三三!   ∨////,'///∧              あなたにまた 会いたくて
.         ////////≫'///'.:/三三!   厶=ミ//'/////i}
         丶///≫'-=彳.:.:.:./三三/ /___ ∨//////               ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
              ゝ-=彡'    __/  i i 「フハ/////
                   ∠ イ /! .!.| 、ヽ.:.:.:7´
                      | i :! .! ヽ)ゝ' ̄

.

544 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/13(土) 01:55:28 ID:nzExCxhA [4/97]
7884






           /                      |  |          ヽ
           ,                  |   |  | i             、
                          |i |   |  | | l         ,
          '                   |‐|- |.._ | ! i | | |   |
          ,                   |Liヒ i |_l个ト| | j ! | !       i
                |        |z....   ` ┴ -L| |_ i | _..」      |
         i    /⌒ヽ|                      >┴L.|     |      「 あなたが私を訪ねてくることは
         |     !    |                       {    { !      |
          |    '   |           ,             !    7   _|.」        判っていました。          」
           |     ヽ. |         !              ',   /    |
            |        ` !        | l   i              ′      !
            !        |       | | ! |!           /       |
        |       j        | ̄ ~¨    -‐…:ァ'  '        |         「 グランバニア国王――― 」
         |           |         |           ´ /      | |  |
          |          |        |`丶          /       | |  |
           |        !        |    丶、     /        |_|」-┘
           !         |      |    / `              |
        |                   |                      |
         |       !    |        |    '                |
          |  |   |   l!         |    ′             |
          !  !   |    |l       |   ′      j!          !
       _.-… j     |    !|       |   ,'       '|      |
   / ̄ _..  ,'   |   |i!       !   ム_    / |        |
  l/ ̄   /     |   | !       |`ヽ.い\  /  |        !

.



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十四話 「贈り物・2」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-08-04(Sun) 22:42:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十三話 「贈り物・1」

453 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/11(木) 22:52:13 ID:ESCFx3VI [2/68]
7806











                            ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                               たった一言が言えなくて

                            ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡












.

454 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/11(木) 22:52:46 ID:ESCFx3VI [3/68]
7807





  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

    自分が生まれた意味は知っている

  ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡







                               ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                                 その為に自分がどう生きればよいかということも判っている

                               ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡




.

455 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/07/11(木) 22:53:39 ID:ESCFx3VI [4/68]
7808





                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

                                               多少の寂しさや虚しさは感じても

                                             ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡










 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

   こう生まれてしまったのだからとある種の諦めを受け入れていた

 ≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡



.



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十三話 「贈り物・1」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-08-04(Sun) 22:37:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十二話 「あの嬉しさに比べたら」

313 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:25:41 ID:UsghaMMI [2/122]
7687














                              「 ねぇ、どう思う? 」














.

314 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:26:48 ID:UsghaMMI [3/122]
7688







.   \ |                    /   / / / イ         「 大変な思いをしているお父さんを、
     \              ∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                     {  /   /   /l::|/  |/            一人、置いていく….          」
.           \ 、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-
:::::::..\ \|:|    /. :/.::/     /. : : : :/.::::::< ̄ ̄ ̄










                           「 そんな、親不孝な子を。 」









.

315 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/05/29(水) 12:27:36 ID:UsghaMMI [4/122]
7689





       「 自分が子供なばかりに、戦力として

.         見てもらえず、結果的に邪魔者扱い。 」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                         ┏
                            見たくない過去が 流れこんでくる
                                                  ┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                                          「 そのために必死に、頑張っている王子サマ。 」



.


“やらない夫は弱虫のようです 第百二十二話 「あの嬉しさに比べたら」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-07-02(Tue) 13:03:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十一話 「二つのオーブ」

160 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:16:52 ID:AU2z2tV2 [3/128]
7563









                            どうかわしの頼みを、聞いて欲しい…!










                       ┏
                         彼は頭を下げ、俺たちにそう言った。
                                                ┛




.

161 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:18:29 ID:AU2z2tV2 [4/128]
7564





                      ) リ人 j          ` ’// }ル'
                        ∨ 人           .:!  /イ./
                      .'   丶    ー - .  / ´         …。
                       /     \
                  厂二二 > .  >- '
                   / 二二二二二>x /
             _x<Ⅴ≧= = . 二二ニo/≧ 、           ┏
       _ x <´二二二二二><二二ニo/二ニ7             俺がそのプサンの言葉に
     ∠ニ二二マ二二二二>´二二≧=≠./二ニ/
     .仁ニ二二二X二二>´二二二二二二{Ⅴ7/ \              口を動かす、その直前に。
     j二二二二/ ∧>'二二二二二二二ニj l| ∧二/`ヽ                           ┛







                            .ィ  _ _
                         .  /レ'´     `  .
                         /                 \
                        /                  \
                          /                  ヽ
                    . '                    .
                   /           / /
                  ⌒7   !  |  / X / /   / /    ト、
                    l  / Y   ! ./ 芹≧x' l     /! /    j八
                      从ハ |  |/  乂r' ヘl  /xKjl  !   |
                   人入jN l|         j/ rッK 「 メ.   リ      お前の頼みとやらを聞き遂げて、
                      ) リ人 j          ` ’// }ル'
                        ∨ 人           .:!  /イ./           ちっこいのに何の利益があるのだ。
                      .'   丶    ー - .  / ´
                       /     \
                  厂二二 > .  >- '
                   / 二二二二二>x /
             _x<Ⅴ≧= = . 二二ニo/≧ 、              ┏
       _ x <´二二二二二><二二ニo/二ニ7                 突き放すように、
     ∠ニ二二マ二二二二>´二二≧=≠./二ニ/
     .仁ニ二二二X二二>´二二二二二二{Ⅴ7/ \                  アンクルが言った。
     j二二二二/ ∧>'二二二二二二二ニj l| ∧二/`ヽ                            ┛

162 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2013/04/22(月) 11:19:28 ID:AU2z2tV2 [5/128]
7565





                      /:::::|
   \     \              /.::::::::::|
    \   ./ \          /::::::::::::::|   /|
     |   \   ∨\ ..___/:::::::::::::::∠イ:::::.|
     \/   \λ:::::ν::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      |       リ>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠_
      └r―― イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       r=ニ冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         匕 /::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ ̄ ̄
        | /:::::::::::::/_|./ |:::::::.ハ ∧::::::::::::::::::::::::\
       V::::::::::::::/-‐メ. |:::::.入ニ二|:::::::::::::ハ 人:::::.|        アンクル…
       /::::::::/l/ヘ人}`|::::/廴乂/|:::::::::::::| ||  \|
        |:::::.∧ 辷ノ  |∧弋ソ  |∧:::::./ ′
        |::人 .!  ̄     /  ̄ ' |ノ|::/
         i  卞|\   ,---,  ./┐|/
        > ∠|.\   ̄  ∠   .|
        // ̄/\|  `ヽ イ /ヽヽ_\
      / ̄/ ゝ `――――'//―  ̄
   ̄ ̄::::::::::::| へ_         \ \\__
  .:::::::::::::::::::::::|入  \____ /|   |::::::::::::::





                 ┏
                   ゆっくりと頭を上げるプサンに、特に強い感情を込める様子でもなく。
                                                             ┛





       /   /   ,′ il    l    l   ∧ハ
          / / li   |l    !    |    ∧ハ
        |   ′,  |l   |l   i∧. |  |.   l   i |
        |  .|i |   |l   |l.  /|i ! |  /!  |   | !
.        !  |i l―┼∧_从 / .}' }┼圦|  /|   |
      ノ}∧| .l人 ̄苧ヾ )/   ´ ̄苧ア / .|  八{          我の親父はお前に付き添ったが故に死んだ。
          {!⌒  ` ̄          ̄´ Ⅵ从,},′
         ヽ         {        !/ /
             `ー         〈!        ー'              …直接ではないにしろ、
            八              /|l
            |i    ー― 、  /| {!                    間違い無くお前は親父の死の原因だ。
            }ル|\         _Ⅳ__
           ┌─┴┐ヽ _ イ .{oニニニ|
           |ニニ=o!       __|oニニニ|≧ュ
        _x≦ニ三三三o{_.      ||二三三三二二二二≧ュ
 _x≦二二二二二二二二||-..、  ,.-||ニニニニニニニニニニニニ≧ュ



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十一話 「二つのオーブ」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2013-07-02(Tue) 13:01:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百二十話 「この子をどうか」

790 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/09/28(金) 22:37:12 ID:DpAoc75k [2/115]
7445





                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ┌────‐┘     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             ┌─|        ',     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ┌─|  |         ',
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |  |         ',
                        ┌.| |  | /i───────il:.:',          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       | .| |  |./f───────┴i:.:',         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          ./ト────────┴i:.',
                        /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::::',
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]:',
                        ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                     ./ | . . ..: .::.: :::::::::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;|i;;;',
                     /.i‐┴―――――――――――─┴‐:',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|i:',      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : :.:.::.:::::::::: : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::||:.:',     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:',
                 / |                             |::.',.

791 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/09/28(金) 22:37:42 ID:DpAoc75k [3/115]
7446





     _____________________________________________
     :::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::|二二|l:::::::::::::::::::: ┌ ────────‐ ┐::::::::::::::::::::l:|二二|::::::::::::::::::::::::::::::::l:|二二|:::::
     :::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ :::::::::::::::::: |l l l l l l l l l l l l l l l l l l l | :::::::::::::::::::: Τ ::Τ:::::::::::::::::::::::::::::::: Τ ::Τ::::
     ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─┤ミ..|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|..ミ├┬─┬─::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::|┬
     ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
     ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
     ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
     ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
     ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
     ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
     ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
     ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
     ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
     ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
     ┴.;| .:::l_ :┴─┴─┴─;;| .:::|_┴─┴─┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴─┴─;;| .:::|::::┴─┴─┴─;;| .:::|┴
      ̄l二二リ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::|二二リ.: ̄ ̄ ̄ └・┘. . .:::::::::::::::::::::::::::└・┘  ̄ ̄ ̄ l:|二二l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:|二二l ̄
     ニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニl!               llニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニ

792 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/09/28(金) 22:38:16 ID:DpAoc75k [4/115]
7447





                                     :::::::::::::::::::::::::::::::::/l /7:::::::::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::::::::::::/ /~/:::::::::::::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::∠^~!i^キ/:::::::::::::::::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::::7Z'ヽヽy::::::::::::::::::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::::::::::>≠ヾ:::::::::::::::::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::::::::l´〈〈==ソ::::::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::/l7_〉l^l|::::::::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::ヾ;;='ラ~~Yy:::::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::::7ハ ◎ハ:::::::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::::!/y~ 〈:`!丶:::::::::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::// し , ,ヘ::ヾ::ヽ:::::::::::::
                                     :::::::::::::::::::::::'l | キ'~~+|ヽ::ヾ::ヽ::::::::::
                                     ::::::::::::::::::::::::||  ヘ: | 〉:::!i::!i!:::ヽ:::::::
                                     :::::::::::::::::::::::|ハ  |`ヽ〉|::::ヽ:リ、ヽ::::
                                     ::::::::::::::::::::::| |∧y_∠||::::::::ヽリ: :|:::
                                     ::::::::::::::::::::::| |レl'~V l_〉:::::::::ヽi !|::::
                                     :::::::::::::::::∠;;;;L_’_人Z;;;;;;;;;;;;;;V丶:










     /: : ::::/|: : : ::::::::i::ヾ、::、: : : : :::::::::::::ヾ、:、:_:_::::: ヽ、_ , !. -.ー.ー.-. 、._/ r'/_,r:、`ヽ、
     i: :::::::::i: i: : : :::::::::ヾ:〃ヾヽ、: : : :::::::::::::::ヽく孑:ー:':´: : : : : : : : : : : : : : :`:':ヽ:、:::i :`ヽ、;:ヽ          ――――…
    i: :::::::/i :;、: : : :::::::::::i {、/ヾ、 ヽ 、: : ::::::::r':´:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ、-:ーヽ
   i :::::/ i.::i ヾ、: : ::::::::::ヘヽ_       ` ー -:!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
   .i.:::/  i::i   ヾ、: ::::::::iヽ.          |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.: : ノ: : : : : : : : : : : : :
   i::/   .!i     `ヾ、:::ヽ}      //  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :/::: : : : : : : : :
   i/    i!       `,ゞ、.         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : :/: : : : : : : : : : :
         !      /  `           i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : : /::: : : : : : : : : : : :
               ̄ ` ' -、 _.       ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:/: : : : : : /:::: : : :i!: : : : : :,::、:
                   `´ヽ、     冫::::::::::::::::::::::::::::/::::/: : : : : : /:::::: : : : ::i: : : /:::::::
                       ヽ、_/ヾ:.:ヽ、::::::::_:;:-:'´:::::::/: : : : : : /:::::::i: : : ::::::i: :/::::::::::::



“やらない夫は弱虫のようです 第百二十話 「この子をどうか」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-10-11(Thu) 13:29:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百十九話 「♪アイラララライラアイララライ♪」

479 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/08/23(木) 22:17:38 ID:b7EyHCZc [3/108]
7341





      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚


         ♪

              アイララ
                                               ♪


                                 ラライラ


                           ♪
                                                  アイララライ

                                                                 ♪


      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚






.

480 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/08/23(木) 22:18:17 ID:b7EyHCZc [4/108]
7342





      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚


           ♪


              セントベレスに行くのなら                        ♪



                                        竜の背中に乗っていけ

                                   ♪


      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚





.

481 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/08/23(木) 22:19:20 ID:b7EyHCZc [5/108]
7343





            i..:.:.::::::::〃     |:::/    V::::::::::::,    ノ
           | .:.:.:::::/.      |/`¨7//:|\:::::/
 .            | .:.:: ∧////     /    |) }:/          アイララ
 .           | .:.:∧__,     ー -┐   {イ|/
              |.:./ー=:込.    、_ノ   /\j                   ラライラ
            /」/  {__∨|\      イ__)  \
 .          /   〈‐-=ニL__     -<|:ノ┐    \                         アイララライ










      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚

            ♪

                                                           ♪
                竜は早いぞ

                                          ♪

                                            でっかいぞ

                   ♪



      ゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・ 。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚・*:.。..。.:.*・゜゚




.


“やらない夫は弱虫のようです 第百十九話 「♪アイラララライラアイララライ♪」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-08-27(Mon) 18:43:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百十八話 「あなただけは後悔しないで」

369 名前: ◆2tc1ROhHlU;[] 投稿日:2012/08/13(月) 00:28:05 ID:66PGV92A [2/98]
7250










                         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                         |    ほら、お父さん、あそこ!     │
                         ヽ________________ノ












.

370 名前: ◆2tc1ROhHlU;[] 投稿日:2012/08/13(月) 00:29:05 ID:66PGV92A [3/98]
7251





                   __
                  /   \
                /       \
                 |         |
                      |  u.       |           あ、ほんとだ――――…
                     i           |
                    |        |
                  ',          ,'
                 ┌'────ー'┐
              _,/,.-;――――‐;-\、_
         _,,.. -‐''´:::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::`''- ..,,_
         rl'「:::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::`フス
       !:',';:::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::://::::l
          !:::',';::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::://::::::!
        ';::::',';::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::://:::::::;'
.       r'::::::::ヾ';::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::://:::::;:':゙!
        ';:::::::::::::`:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::〃::::::::::〈
       j:::::::::::;::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::',
       /:::::::::::;::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::l
.






            、-ー'`Y <,___
        __≦ー`___ _二z<_
         > 7  ̄、-人  ̄`'┴<
       <之′Y´/{:;o)       \
         >{  ,'  | 、 ゛´ ,.  ,.l  ,  ゙i          ね、いるでしょ?
         | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
         ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (≡)|ハ|           ずっとあんな感じでぐるぐるって――――
          i⌒ヽ'(1. '''  _'_ ''' ノ川/⌒)
      .     ヽ  ヽx>、.`⌒´_,イ l |::::ヽ/
           ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

371 名前: ◆2tc1ROhHlU;[] 投稿日:2012/08/13(月) 00:29:57 ID:66PGV92A [4/98]
7252





                                       イ /|
                                      / |_/ .|
                                     /c c |
     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ♪~  | ε u.   |         ────────────
     |    あの動き続けてる箱に。      │     . \,,,,,,,/ ( ̄つ))
     ヽ________________ノ  .'''´)  /ヘ、\ | | ̄
    ────────────            ̄| |//フ|‐ |; `' ノ.
                                  \/|´` `ノ;;|`~´  へ
                                     \~´;;、\/ へ \
                                      |;;;|´ \/    ̄
                        ──────────|;;;|
                                     _|;;;|
                                   /   |
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三─
──────                    | |                  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    |                    | |                  |    ひと? がいるの、お父さん…!     │
    |                    | |            ─── ヽ___________________ノ
    |                    | |                    | |                    |三─
    |                    | |                    | |                    |三二
    |_____________| |_____________| |_____________|三─
     ヽ  ,,‐‐、      ,,‐‐、   /ニニニ ヽ  ,,‐‐、      ,,‐‐、   /ニニニ ヽ  ,,‐‐、      ,,‐‐、   /
      ゙‐‐'、___ノ───‐'、___ノ─‐''     ゙‐‐'、___ノ───‐'、___ノ─‐''     ゙‐‐'、___ノ───‐'、___ノ─‐''
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|  |__|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




                          ┏
                            見たことのない装置(?)で動いている箱に、

                            乗っているひとがいる。
                                                             ┛


.



“やらない夫は弱虫のようです 第百十八話 「あなただけは後悔しないで」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-08-19(Sun) 12:07:44】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
やらない夫は弱虫のようです 第百十七話 「新たな仲間、そして」

204 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/27(金) 02:03:23 ID:RyDZsqWo [2/125]
7129





                            /
                            ,


                            ;          i   /
                            ;          | /
                        /             |,/
                           /          }
                       〈              /.       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                           /\           /       |   「 なあ親父、姉者の話を聞かせてくれ! 」     │
                       /   ヽ __. -―'        ヽ_______________________ノ
                      ,     i |
                                 |
                              ;'  |
                        ;     .ノ  ;
                    i     /   .ノ
                    |    ,' `!  /
                    |ヽ  , / /
                    | | /ヽ{  {      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                       /lノ| i  `i l       |   「 ん、だからお前の実の姉じゃないって言ってるだろ、ピエールは。 」   │ 
                     /    | |   ,}ー'       ヽ_________________________________ノ
                    _l_   | l   〕
                   /    `ヽ. ヽ_}   )
                /        ヽ    ∧
              /⌒`ヽ      ゙  ノ`´
             /     \     |´
           /                 |
          /´ ̄ ̄`ヽ     i   |


.

205 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/27(金) 02:04:11 ID:RyDZsqWo [3/125]
7130





             ≧     \ヽ
            ´ ̄         }≧
          /               ̄\
.       /                    ハ
    /                         ハ
    ーイ /   i       、             ハ
     / /l   八   ヽ 斗 ┼ ‐ |       ハ
      l , l -ト _\ ´\ム==ァⅥ      .トヽ      「 そんなこと初めて話を聞いた時から判ってる。 」
     |/  Ⅵ r=ミ \彡__{i}_ ’ !r‐、   |
          Ⅵ` {j},      ̄  レ込}   八
           !  ̄ 、         !-‐' /           「 でも姉者は我と同じ親父に世話になったひとなのだろう?
           八   _ _,   ノ. /
            、      ∠|∠                ならば我が姉者といってもなんら差支えはないはずだ。   」
            r----「::8}┬ ≦{8:::::::::::|__
        /::::|l::::::::::::::l} __||:::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::|l:::::::::::::l|У ||:::::::::::::〃:::::::::::|






       _,.、- 、_,.
    _、ィ彡三三ミミ、
    フ彳ハミ三三ハ
    八´,.=ミ `ミ川リ-、
     ヽ ´ '  〈 / /「 ̄ ̄ `ヽ__
      └'_,   / /:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.\            「 …ったく。口が回るがきだな、相変わらずお前は。 」
      ∧ __,.イヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     〈、:.:.:./V/ 〉:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |:.:.:.:.| | | 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:/  ̄ヽ:.:.:.}          「 そんなこったともしピエールに会えたとしても嫌われかねんぞ。 」
      /、:.:.:.:! | ! |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧/:.:.:.:.:.:.:.:.:/
    /:.:.:.:.ヽ:! | ! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:. /
     |:.:.:.:.:.:.:|| | | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./<:.:.:.:.:.:.:/             「 言いたいことは簡潔に、短くまとめといたほうがいい 」
   /:.:.:.:.:.:.:.:|| \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:|:.:/:.:.:.:.≧=-'
   〈ヽ:.:.:.:.:.:.:|| ̄「 |:.:.:.:.:.::.:.!/:.:.:.:.:.:./!
   }__二ニヘヽ ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  |
 r'ノ__ノ   ヽ><ヽ:.:.:.:.:.:./    !
  U        |--、〈 \/     |
          〉―-ヽ´ ̄      !
            /     |        !
        /      |       |
         /      /!        |
       i      / :!       |
       |      〉/       _/
        V     ヽY        〉
        V       !        !
            V     |       |
            V    |        |
          V__/|        !
           /三/ /!      |
          { ̄`ヽ/┴≦ ̄ ヽ/
          ヽ__/  `ヽ---┤
            `ー―‐'´ ̄ ̄

206 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/27(金) 02:05:34 ID:RyDZsqWo [4/125]
7131





               /{ .. -‐-  .
.           ..'         `
          /                \
       /                  ヽ
       ,                     :,
       }                      ヽ }
        //     l:  /   / :}   } } ソ     「 最終的に好かれてれば問題ないさ、男と女なんて 」
      /|/    ト /|__/)/|  / |/|斗 / ハ :}
.       レ} / ヽ 弋J: :ト |/ ,ィ:T7|/ / .|/
          ' ヘ  V Vzリ     ヒリ l j/          「 失点はいくらでも取り返してやる 」
           ー 、   、__    '
               /`::::::r─ <
.             Y::::/::::::::}} ヽ::::Y







三三三三三三三三三三三レ'L__
三三三三三三三三ト、三ト、三三≦二
三三三三三三ト、 |ヽ! ヽ! \三<´
三三三三三三|            `ヽ〈
三三三三三三!        ___ \
三三三三三\       〃 ̄`ヾ\ 、
三三三三三厂      /  ,.- 、   ヽ
三三三三ニ/         /_,. ィtナ  {             「 …お前のその自信の強さとポジティブさには尊敬すら覚えるよ。 」
三三三三ニ|           、   ,.  >、._
三三>― 、!             ̄  /      ヽ
三三! / ̄ヽ     //〃       {  __  ノ          「 そんな風になるように育てた覚えはないんだが…
三三! {  〈                 ` ´   く
三三ヘ ヽ  `ヽ                  '⌒ヽ            これがアンクルホーンの種族気質なんだろうかなぁ 」
三三ニ\    ′      u.             、
三三三「≧=-ヘ                     i
三三三N    | ヽ                     |
三三ハ{      |                        |
三川         |                        !
从乂_____!_                  /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄≧=----_---------- _/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:\\ r‐=≦
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.:} !               ┌────────────────────────┐
/ ̄ ̄ ̄ ̄\:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./  !_____.          │   * スライム族はのんびりや、というように魔物には   .│
 ̄ ̄ ̄ ̄\:.:.:\:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:./  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉         │                                    │
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:\:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/        │.     種族ごとに大まかに気質というものがある      │
                                       └────────────────────────┘




“やらない夫は弱虫のようです 第百十七話 「新たな仲間、そして」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-08-05(Sun) 17:55:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百十六話 「もうひとりの父親」

83 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/22(日) 22:31:08 ID:YWZMisps [3/92]
7038











                       ┏
                         その瞬間、その場にいるもの全員が固まった。
                                                      ┛














.

84 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/22(日) 22:32:21 ID:YWZMisps [4/92]
7039





             _       -―-      _
          , イ´    ,              `> 、
  .      , ´                         `ヽ、
      /                                 ` 、
     /                               i     \
   . /                                 |    i,  ヽ
                                     |     .l ,  ハ
  .,'                               /   l  i   | l  .',
  '                                / i   /i l |  ,} ,l  iハ
/ {                    /..     / /l_,|__,'从|,l  ,'i .l  |,ハ
ヽXl_                      ,/      /ノ ハ/l,/  リ} //l l  li. .}
XXl゛       ̄          .//       /´   >"⌒ヽ// | l,  ハ_ l
VVl                 / ./      /   /       ,/ハ / リ
∧iト、            _ -/_/       ./   〈    f::i  ,'  ,シ′  ,
∨il `ー     ̄ ̄   /´ニ-/       /    ',   l{ァl   {     ,
-Viヽ          _/ l  /        /      、  ヾj   |
;イニ', `        ̄ ̄  ./i  ヽ/        ///////// ァ __,.... ',
:/ ヾ',ー- _    .,,/∧  /       ./ ////////      ,
   ∨       //.,' ∧Y       ./  u               ヽ
    \/iリ-'‐'"゙ /,/./ /       /                 ,゙
  .-=シ´     //〃. ./       /                   ,
〈⌒ヾ-'"      // / ./       /               , -'"
__V, ∧      .// / ,//      ./              /
::::::ヽ∧  u  /.,' / /./     /              /
_,〃ヽ',    / ,i ,' / /     ./    ι          ./               ┏
ー'"::::::::ト,,     l/ ./ ,'      /              /                 その場にたまたま?
:::::::::::::::::l∧   .i!./ /l    /  /-‐- _      _/
:::::::::::::::::l .∧   ./ / ,l   ./ ./ ´./ /.    ̄ - ‐'"                   いた魔物に――――
:::::::::::::::∧  }-― /‐‐l   ./T゙  / /                                          ┛
:::::::::::::/::∧_,}  /  l  / /   ./ /
::::::::::::::::::::/     l  / /  / /
::::::::::::::/       l / /   / /
::::::::/         l / / /,./
::/          l/シ'./ ./

85 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/22(日) 22:35:12 ID:YWZMisps [5/92]
7040







      ヽ、         ー= ミ〈`ヽ   /
\     丶ヽ      __     ≧.  } /
  ヽ      ``      ̄ ̄  / ヽ、!′   人
               ー=フ    /   `Y´
\               /_    /
マ      ` 、         {' i l  ::::::|
\        ヽ        /  l。!   }ゝ
.  \       )    W. ! ̄ ̄!  ′
   ヽ      へ   Ⅳ  |__| マ
    },、,从/   \从   :::l   /
    | /.      \    ::ヽ_ ′           ┏
 ̄ ̄ ̄´    ζ    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\           いきなり、ピエールが抱きすくめられたから。
                                                              ┛
         λ

.



“やらない夫は弱虫のようです 第百十六話 「もうひとりの父親」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-08-05(Sun) 17:45:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
やらない夫は弱虫のようです 第百十五話 「することは一つ」

958 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/19(木) 00:09:57 ID:f6ACq/Jo [2/44]
6945












                        まったく、マスタードラゴンほどたちの悪いものはないのう。















.

959 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/19(木) 00:10:49 ID:f6ACq/Jo [3/44]
6946





 \ /ハ!           /  /   __           /  }
   }:天ミ∧      、_   /   {  ヽ      /  /
  八:::::`ヾ \       ,     i   |   /  /           世界を管理する立場にありながら、
  }「 ̄}ト、 \ > . _/       ヽ  廴_/   く__
_/¨>/// \    /            Y      /: :  ヽ           その世界に住む者たちの気持ちなど考慮に入れぬ。
 / ̄ ̄>//\={::::>.、      ,′     {{: : :   /
く___/ ̄ ̄ヽ\::::::::{入     i       ゛==く
///////::>―――\::/::::∧      \ ノ  /    }              どれだけの血や涙が流れようとも、
/////////////////∧:::/::∧     | ヽ  {___  イ
/////////////////|i∧:::/::∧_     |  Y´ ̄ ̄   !1.            「世界の維持」、それのみに関心がある。
/////////////////||::∧:::/::∧}   |  ヽ __/ |
/////////////////||::|:∧:::/::∧  |         ヽ
/////////////////||::|:|:∧:::/::∧   |         /}






           ヾ:::::::i  <´         /  /    _´ /:iヾi
             ヾ::i  |.ヾヽ               / .`i::::::i!           世界を破壊する可能性のある者には
.              ヾ;  !´ '  r ー ア            i:::::i
              ヽ   ヽ、 ` ´         /   ヾ:i               自らの持つ力を振るうが、あくまで世界の存続のため。
                  ヽ、         /    i  ヾ
                   ヽ、     /:::        ヽ、ヾー::、
                         ヽ-‐ ' ´ ヽ      i     _ヽi::/:       そこに住む者を護るとか、そういうためではない。
                          ヽ     /    '、:.:.:.: : :

.

960 名前: ◆2tc1ROhHlU[] 投稿日:2012/07/19(木) 00:11:45 ID:f6ACq/Jo [4/44]
6947





  .i:i    ヾ: :::::::::::::::!、ヾ                / /   イ ̄´ //./;:       …その世界は、絵画に描かれたような
  i!     ヾ :::::::::::::!ヽ、ヽ   ´                i:   / | /;: _.,.
  .i      ヾ、:::::::::! .ヽ  ー`ヽ、             /::  / _i/:-:ー:ー          塗り込められた、「留められた」ものではなく。
           ヾ、ヽ, .i //   __         /:::: / /´::::::.:.: : :
             `ヽ i、       ` ̄        /:::::::::/_.'-:ー:´: : : :
               `ヽ、            ,イ>: ':´ : : : : : : : : :.           ―――――小さきものが生まれ、育み。
                   `ヽ 、       _ -.´: : : : : : : : : : : : : : :
                     `ヽ、_. -: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :          一秒として停止することなく続くものであるというのに…
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :









                    ――――ひょっとしたら。マスタードラゴンが管理する「世界」そのものが


                           「危機感」を抱いたのかもしれんのう。







.



“やらない夫は弱虫のようです 第百十五話 「することは一つ」”の続きを読む>>
やらない夫は弱虫のようです 「父編」 | 【2012-08-05(Sun) 17:39:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)



以上の内容はhttp://yaruothanks.blog.fc2.com///blog-category-6.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13