以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-7.htmlより取得しました。


やる夫は南十字星のようです~prologue~


2 名前:ルーキー[] 投稿日:2009/12/08(火) 19:25:26 ID:pMoXLVgA

『戦争には必ずと言って良い程にドラマが生まれる』



『極限の状況を敵味方が協力し合い生き残る』

                      や

                        『市民を護る為に死を選んだ兵士』




そんなのだ、僕はそんな何処にでもある様な在り来たりな話に興味が有る訳じゃない。



・・・・・・僕はある種のロマンチストなのだろう。

              , '",彡 . ´   `--へ
            ./ /  /   ;;;;;    ハ.
            ,':::: , '  .,'   ,' ,'  ',ヽ  . ヽ
           '::::::/::::::/::!:::  / /   !ヘ  !  ヽ
          ,':::::::::::::::::!::/::::::::::/こー-、)ノ::.! ハ  .',
          !:::::/^)\レ'(;ハ;/! L!心 !、__レ;;;;;! ;;;}
          ',::::{ S;;;;;.    ` - ;.../ ` ! 心;ノ::::/
           ;:::V;;;;;;;           !--!;; V
            、;ト ;         .:::::ノ. ,'
            /  !、     ー- ...、 , '
           人   ` ; 、    ::::  ノ
         ./\`ヽ 、   ` 、___/
        / /. .\  `ヽ 、   /
   _ ,. ; '"   ! .   \    `,>く \
           ',     \ . /::::::::::\.ヽ、
  \         -----/  ヽ'::::::::::::::::: !.. \




―――――――戦場に、“英雄”を求めるのだから・・・。





『そして・・・・・・・・・』






                                  








『この世界ではもう一つ、必ずと言って良い戦場の掟があった』




『嘗て、世界を多くの国々を巻き込んだ戦いでも』

                 ,r+'〆                               
                 |,  ゚j,vri、              ,_,,,,v←''r,,,_        
                 .l  [  .゙┬-wwwwぃ,,,,,,,,,xr,jll*・'"゙''━━━=゙~゙'¬v,,,.   
                 .l  .l|  .゙゙l、        ` ''''“゚'二ニ゙',|,L,,,v-r‐・'“^    
             ,ャl,''''''''''!ォ''''''l    ‘i、        .゙,l゙,,二v!''~^           
       ,,,,,,,,,p     ~'''''''''''゙=,_廴__,r・'゙''=〟    ..,r'゚”                
       リ  `'!i、      ..'ll厂 ゙̄,,,il゙“““゙゙゙゙゚'i,,,,,,,,,,,,,x″  ,,,,,,,,,,,,、          
       .|   yチ''i,x,,,,,,,,_ .`'''''''''°         _,,i,z,,,,”_ .゙゚',,,rewi、,,,_     
       .l  .}  .゚!i、   ””゙゙゙'''冖━--ww━・,!lザ゙~ ._,,,,,,,,,,,,,,,”””°    ,,>   
       .}  'l   ..゙'i、         `   ``゙゙゙“゚゙゙ ゙̄,,r!'l,lll゙,,,,,,,y-rr‐・''“`     
   it,''冖ー=ヒ,,,,,,,》    ..゙'i、          ━━ゥr+''''゚゙,,r・“”″            
    `゚ヘv,,,,,,,,ル..レ     ゙'┐          ._,iニv-━′               
         .゙l,.ト   ,yrr・''“゙'r,,        ,/′                   ,,
         z'''”~'''゚゚゚゚゚゚゚゚,,lサ'''''''゚゚゚゙l,,     ..,/゜                    ,r″
         ゙l,   .,,r・″     ゙h___r/゜                    ,r″:::
          .'━━"                                 ,r″::::::::
                                            _,,,r┘:::::::::::::
                                        _,,,,r・''"::::::::::::::::::::::::
                                     ,,,vr・“`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 _,,v-'''″:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                             _,,,,r・'゙’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           +・“^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



『たった一艦の空母から始まった反撃でも』



                           __
                              |   l
                               |     l                  ,,..-‐''"''',‐-,.
                                |    l               ,,.-'",    /  /
                           |     l            ,,.-'" '''"    /  /
                            |     l ,,.‐-..,,     ,,.''-,       /  /
                             |      l" ̄//   ,..-''",.'          /  /
                              |      l // ,.-'"/         /  /
                          |        l.//,.-''"          /  /
                           l        l ''"            /  /
                          ノ""'''''─----...l   ̄""''''‐---...''''''"  ̄/
     、-..,                 /"                       ̄""''''‐-...,,__
       ゛'' 、` ..,,          ,,..-'"         ,. ,,.__       、   ___,,....,,.....__    "',l
          ''  、` .、      ,/             '=='   '''''" ̄ ` :l'       "''‐ ..,, /
             ゛' 、 "'- 、_,/                         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`..、
             ,,.-''"`-....,,` ..、                         `‐-...,,_:::::::::::::::::::::::::)l' ゛''‐-...,,_
         ,,..-‐'''" `゛ - 、-----''"                           "''‐‐---'''''"       "''-.,_
       /      _,,..- """'''''‐-......,,___                                        '' 、
      /     ,,...-'",./           ̄"'''‐-,.              _,‐-....,,,_                    ヽ
     /、  ,,. -''" //             ,,.-''",..,_           / "''''‐-,''- == ..,,,__            ,,..ヽ..,,,,_    ,
   ´- 、,,-'''"  //           ,,...-''",,..-''   "'''─--....,,,,__ ,,-''";;;;;;;;;;;, -''"        ̄""'''''---....,,,,.....---''""'''''''‐'=="..,_
        //          ,,..-''",,..-''"             ̄"''--...,,. ''"                            '"-
      //         ,,..-'"_,,.-''"
     //       ,,..-'''",,..-''"
   //     ,,..-'''"_,,,-''''"
  / /   ,,..-''" ,,..-''"
 / 、,,.-'''" ,,..-''"
 \、_,,..-''"




『小さな辺境の島から始まった戦争でも』



                                   __
                .、、、.,,    r‐            / |
               、`´ ソヽ ゙!、l |              / |
              ,`---''、__l_,,,,i゙i、 |              /  |
             /  _ - ''"~~   ゙i,,|          /  |
           _/ ,r "  ゙!、  ゙!   ゙!__,、-ー┬ーーー-、‐‐‐┴-,,,,,,..
        _.,、、-:i;{      i   i  ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;゙!"''-、 、 "''-、   ````''''---、、、、..___
      ,/    i;;゙!、    ,i"゙゙ ,i   ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!、\"''-、 "/'ーー、、、、、,,,,,,,,,,,,,、, ̄ ̄`'''ーーー‐-,
    ,/       i;;;;;゙i、゙゙    ,r"゙!、  ゙!;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!、l`\"'-"''-、        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  / ___、、、--‐'''""i;;;;;;;;゙i、__         ゙!__,_、-''"゙! l   l\''-、""'''''ーー‐‐--、、、、、、、、,,,__.
   ̄ ̄   __,,,、、、-\ ゙̄iゝ、"''-、"''-、 ,r" ゙! ,-‐、 \ l _\,i" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
     ‐=ニ-------,r""''-、 "'-、"''-、"''-、,z,_/!、 ゙''-、ノ____,ノ
             ゙!、   "''、i_-''゙!_-''" ̄    ' 、   ',i,
              ゙''ー-、ノ レ‐'´          "''-'''



『必ず、いや・・・』



≪―――ィス1、――夫中尉!聞こえて――!?―――リフィス1!返事をして下さい!≫

       ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         |:.:|:.:ヽ:.、      _       /:/:.:.:..:/:/
            }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
          |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
          レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
        , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
         /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
      /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__
    /       )__ヽ     / ̄ ̄)又\`< )__
   /'          _〕ヘ   / r' ̄ 7イヘ \\ \ )_
 / /            (_ }  \ヽ ノ /|ミ}!  ヽ}  ハア∧













≪・・・聞こえてるお、何度もそう叫ぶもんじゃねーお≫

       ____
      /      \
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )





≪グリフィス1!・・・さあ、帰りましょう≫


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄___ ヾ:.\ヽ. >ァ水 ァ.|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ.ヾ'アュ _ !`    `` .ヒ:;;'ソ 〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ  ゞ‐ '         ,,,,,, //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.` '''''''       i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、       -‐  /| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.:




                        ,. -─────────‐- .、
                       /                  \
                      .ノ/                   .\
                     .イ___                   .\
                     ノr――;;、ヽ、                  \
                   / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;) )                    \
                  /ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;ノノ                      \
                /   `ー--‐‐イ                         \
               ./      ゝ                              ヽ.
              . |      /                               |.
               .入____ノ                                |
               ヽ                                      /
                \                                  /
                  \                               /


≪・・・・・・≫



≪・・・皆が、貴方の帰りを待っています≫


''"´ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/
ニニニニニニニニニニニニ_ニニニニニ/
ニニニニニニ_,.. - ''': ´ ̄ : : : : : : : : : : : \
ヽニニニ: '"´: : : !:. : : : : : : : i: : : : :`ヽ : : : : ヽ
  >'´: : : : : : : : .|: : l : : i: : : '; : : : : : : ヽ.: : : : ヘ
 , : : : : : : .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \ : : : : : '; : : ヽ : !
 |: : : : : : :i: : :./.ハ:.ヽ: : ヽ : :___lヽ.: : : : !: :i : :|!:.|
 | : : : : : / : :/  _,.ヽ ト、 .l\: : ヽ \ ̄「: |: : l !:|
 '; : ; : :./: : / ̄    ヾ:.\ヽ. >    ァ|: l: :/ リ
  V : :/: ;.イ          `` 、_,,  〉! ./;/
  l:/イ: 、ヽ ゞ=="          ̄  //ノ: :!:ヽ
.   |∧: ' : :ヘ.`           i     ,.イ ´: :|.|:.:.\
   ,.ヘ : : : : ヽ、     ー -  ./| |/!: :ハ |:.:.:./
-、/.  ヽ: : : :l l >t- .,,_,. イ:.  )! | / .レ:/
ヽ、⌒l   \: : | : . . >ァt<ヾヽ ( ト'´:.:,.イ
<´ヘ.`ーt  ヽ:| // //ト、ヽ! |  )!.).イ:. |
:.:.:じr.l :.ヽ    ヾ ー'/ | | ー' .( .ト、:.:.:.: |



≪グリフィス1了解、だお・・・!≫

              ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /            ヽ ヽ、
        ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、
      /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
      i へ___,    " ゙.゙、;;;;::',ノ            ヽ
      ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ
     / . ゙ー-''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               /
    i      `、  _y──‐ l                /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ







『必然の様に戦況を変える≪エース≫の存在が・・・』

関連記事
スポンサーサイト



2010-02-22 : やる夫は南十字星のようです : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
【Mission 01】《Skies of Deception》 «  ホーム  » 【スパロボGC】BEYOND THE TIME
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload




以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-7.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13