以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-69.htmlより取得しました。


やる夫の冒険は終わりました・第6話

141 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:15:36 ID:QllGIlJw


  ::::::::::::    ..、  γ:::::)  γ:::::::::ノ             -‐ ::::::.........
  ::::::::::::   .....::)  (::::::::...⌒....:: ‐'            γ⌒::.. .::....ノ
::: :::::::::::::::  ノ::::::⌒::::........              ......:: .....::::::::::::::ι- ―
:::::::::..... .....::::............::::......)               (...::::::::::..........  .........::::::::
  (  ........::::::::::::. ..: (                ..........:::::: ......:::::ノ
    ‐- ::::..... ......::::: ヽ              .......::::.. ....::::)-‐
      .......::::::  ......:: ⌒)           _    γ:::::::::::::::::ノ      【 やる夫家 】
:::::::::::::::::)    ヽ ..:::::::: :::::......     //ヽ  ...:::::::::::::...(
 :::::::::::::::::::::....⌒ヽ  (⌒:::::.......::::.)  ロ_|品|目l  ( :::... ...:::::...........     雨にも負けず
      ....:: ...::.ノ            /__/ヽ_ト‐┴┐.......:::::::... ......::ヽ
                    |lllll|,、l ...r、ヘへ、       :...⌒)   風にも負けず 雷にも夏の暑さにも負けぬ
                  (´(;::)..、=‐'''"~;7´::::::〉
           ..r:(´(;:::)_r'´"'"   _フi ;';〈 ::::::::::L                 しかし魔王には負ける
         r'´(::(´^::⌒::)   __-‐´::::ノ ;';'; ゝ ::::::::::〉
         (:::⌒)::`)  ,.‐''´;';〈:::::::::/ ;';';';/ ::::::::::::::ゝ
         iΞフ(:::) _...フ;';';';';';';'l::::::i ;';';';'; 台 台::::::ヽ
  (´(;;::`),,.-‐ ''´~ _,,r‐' ';';';';';';';';';';'ノ::::::台   台

142 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:15:54 ID:QllGIlJw


:::::::::..... .....::::............::::......)               (...::::::::::..........  .........:::::::: 
  (  ........::::::::::::. ..: (                ..........:::::: ......:::::ノ
    ‐- ::::..... ......::::: ヽ              .......::::.. ....::::)-‐ 
      .......::::::  ......:: ⌒)           _    γ:::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::)    ヽ ..:::::::: :::::......     //ヽ  ...:::::::::::::...(      【 やる夫家 】
 :::::::::::::::::::::....⌒ヽ  (⌒:::::.......::::.)  ロ_|品|. -‐ニ ̄ニ‐- .::::...........
      ....:: ...::.ノ            /__ /           \......::ヽ   ほらね!!
                    |llll/               ', :...⌒)
                  (´(;::)...!              !
           ..r:(´(;:::)_r'´ーニ从`! !! | !!lll||!! | !   .尢ニ‐-
         r'´(::(´^::⌒::)   __-‐.i               i     
         (:::⌒)::`)  ,.‐''´;';〈:::::::ヘ              , '
         iΞフ(:::) _...フ;';';';';';';'l::::::i \           /     ピカッ♪
  (´(;;::`),,.-‐ ''´~ _,,r‐' ';';';';';';';';';';'ノ::::::台  . ーニ_ニ‐- .


143 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:16:21 ID:QllGIlJw


  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|  どわああああ
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ    なんだお!?
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ヽ               \ .┃【 元勇者やる夫 】                                        ┃
                           ┃対魔王能力は魔王の能力をある程度減衰させる力である                ┃
                           ┃やる夫がいなければ人類は魔王一人により絶滅していたのは間違いない.  ┃
                           ┃魔王と戦っている間に魔王の秘密に気付いた                       .┃
                           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                    (:; :; ;, :: :: :: :; :; :; :; :; :: :; :;L _
        ||        |     , -‐:: :: :: :; :;  _ _ _  :; :; :; L_
. バンッ    _  i⌒i    !   i:; :; :: :: ::   ,  ´     ` ヽ :; :; ヽ
      f ヽ | l  _ !    〉:; :: :: , ´            ヽ :; )
      _\ `┘ .V´ /|    r:; :; :. /               \ っ
     ヽ_____      {     ):; :; /   i ヽ##    、   ヽヾ`´
     f二二  て-‐イ了   「:; :; /   , |  |丶 、丶\ \`ヽ ヾ丶
         ヽ⊿廿庁 :; :;\ ヽ:;;|i  ##| l |  ヽ ヽヽ ##ヽ ` i 丶
、      :|l  Z丁:; :; :; :; :; :; ヽ`i | |  ト 、丶  ヽ |ヾ,ゞ、ヽ.`  l | _ -::-::-、
:.\      ||    \ :; :; :; :; :; ヽヾヽ! |ゝF::ミ丶 ヾ!タ::レトヽハ ノiノ` ‐ - - - L
  \    ||      \ :; :;##:; :; :;  レ! ゝ!ヒ:::ソ`  ´ヾ::ソ /::  ̄:: \‐::―::-- 、丶.     やる夫っ!!
    \  ||     ミ  \:   ; :; ::  |  ヽ ##  ,     /:: :: :: :: :; :;ヾ :; :; :; :; :`))‐┐
      \||        |_\:; :: :: :; l  !ヽ\_,. rー-y_,イ‐;;-;、:; :; :; :; ;ヾ:; :; :; :; //::,. - -、
              |:; :; / :: :; ::丶 i >、 、丶- イ:; :; :; ;; ;; ;):; :; :; :; )L_//_/;:_!-、_ソ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              |:;< :; :: :: :: :: :ヽ ヽ;; ;; ;;`:;ヽ ヾゞ;;_;;/i:;,;-;;‐⌒フ-,て , - ‐ つ .┃【 魔王真紅 】                              ┃
              |:; :;〉:; :;##:; :; : :: :丶ヽ/:;; ;; ;: :) /:; :; /;; ;; :; :; :; :; //_. /   く. _ ┃無意識に魔力を排出している魔力の生みの親である         ┃
              |::/:::; :; :; :; :;:; :; :; :;\ヽ、_;; ;; |ノノ、 :;(##; ‐:; -;.、:; :;.i  ̄        .┃人類が使う魔法の源も同じ魔力であり、                  ┃
              |/:;-:;‐:;-:; :;-:: :: :; :; :;,>‐-=、´;; ;; `:;(;; ;; ;; ;; :; :ヽっ         ┃真紅がいなければ魔法で支えられた人類の文明圏は破滅する .┃
              | :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :; :: :: :: :; );; ;; ;:; ヽ;; ;; ;; :;;/           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              |:; :; :; ;;_:; :; -´::`、:; ; :; :; :; :; :;/;; ヽ、:;_:; ;;|/`‐´


144 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:16:43 ID:QllGIlJw


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   真紅 朝っぱらからどうしたんだお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




           ヾ:::::::丶:;:;:;:;:;丶::\
           「´::::::::::::::::;:. -‐}、::::ヽ__/:::::::::::L
           `フ:::;.ィ ´    ヾゥ:::;ハ `ヽ.:::::::::人‐┐
              У   , ##    〈::::::ハ   !;:::::::`)ヽ、〕
               / i   !   ',   ゙)::::## |::::::::〈 、 、〉
           ! |  .|   l/!,、 `):::|  |:::::,-'   .|
           、λ、 ##  .ノ'ナ l∧ノ`i!  !:::,!|    |
              ヽトヾ、 ヽ!゙ ´ ー‐'  1! {薔}:)' !  ##!   早く早くっ
             ` |゙ |}´   _##"/l | (ノフ   、   、
              / ,!ゝ  ヾノ__/┴‐イ´   |   |
             l_ー< '⌒ヽ><!'7,.イ`ヽ、   、  、
       ,..--、  /_〕}‐、 (´::::::::::| `≧)::::::ハ    |  |


145 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:17:03 ID:QllGIlJw


     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |   なんかよくわからんけど
./     ∩ノ ⊃  /    とりあえず……
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




.          __
         /    `ヽ、
         /        _ノ ヽ
      /        ( ⌒) '、
       |          (__ノ_).      .r:1ー、_      煤まみれだお
      ヽ         `⌒       ノ: :l: : :i: : :ヽ_   あー髪まで……
       / \_    __r‐'´ーrー,_ 「:_:_: l: : ヽ: : :i: : :ト、
     ノ`\  ハ  /`、´/ / /       `゙゙`フ‐-、##: :l
    / 、  ヽ! {__j∨ i  / / ̄´ス ̄:/ ゙ヽ、ン##   ヽト: ヽ
    /   ヽ   `} / /  /-′ く: : :## /    l |   }、: ∧
   ,′  、 i    j/  .ノ      L:j l /_l  | .l|__| く: :/  l  あう……
.   l   \j   '. .{  .  `,    〔_」! Nィ:::jヽノィ:::j| ,〈:## /\
  .∟    {   ヽ〉    i    _./LNハ,!:ソ///.!::ソノ/ /j- '´
   iゝ-イ´    i    .ノ - ´ / / /r―ァ=, --テ往イィ水.
   |   「 ̄ _ ハ   /{ _,  '´/ /∟{_/__/∧/ {_乂._〉
   〈   '.    }:::ヽ _ ,ゝ ._/ /:\ /'| /イ:./ // ||
   |   }   l::::::::::::::::::〈  rゝ'´: : : : :r: : 〈__j/ //l


146 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:17:27 ID:QllGIlJw


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  で、どうしたんだお?
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




  、... .... ...... .... ..... .... .. ... ,        , .. .. .. .. .. ... ...、. . . . .、_
  _)::::.::::.:::.::::.::::.::::.::::.::./ /       /:::.::.:::.::.::.:::.:::.::.:::.ヽ、: : : `
.  |::::.::::.:::::::.:::::.::.:::.::::/  /       、'、::.::.:::.:::.:::.::::.:::.::::.::::.`、: : :
  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ ! メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
         | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_  (::::::::::::::::ハ{{
         | |i     i i _」 ト、|| /   ,ィZr'チ卞、`7 ト、::::::::::代`
        | l|    X´i l\l  レ'  /l {つk_j::::}/ | ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、 ,rz=、        弋:::::::シ'´ |l| 〈::::}: : :
         `  \| kイ、Vム          ̄    ! ハ  〉,': : :   リビングに行くわよ!!
               ハ `弋ノ              l i | |: : : :
               |     ヽ    _ _      // | |: : : :
               | `、    ィ_´-‐ツ      // /| |: ;/
              }  ト、    ` ´      ///__| |_:::::::
               / /| | ` .、        , ィ'//: ̄ : | |:|-;:::
                 / / .| |    _,>ー _ l´: :.//: : : : :.| |:|. L
            / / /ノ_, -'´: : : : : ;.メ!、//: : : : : :.| |:|::::::ヽ
           / /, ィ:.´: : : : : : : : :ム杯f//: : : : : : / /: :\:::
          / / ヽ: : : : : : : _ : -‐{、辻〈〈: : : : : :./ 〈: : : :/::::
           〈 く     〉、: : : : ´: : :/ ゞ-' ヘヽ、: :_;」  /: :〈::::::
         \ \ / \: : : : : : : : : : : : : :.> '´ ,ィ´: : :/::::::




     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─) \
|       (__人__)    |  はあ……わかったお
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


147 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:17:57 ID:QllGIlJw


                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `


148 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:18:46 ID:QllGIlJw


     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |  これが見慣れた風景になりつつあることに驚くべきか
/  u  ∩ノ ⊃―)/  やる夫の部屋が奇跡的に無事なのを喜ぶべきか
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




 \             ,. ´     )       \ ー-- ∠   _」
  丿        / /        (         ヽー-- __ノ  <二二ヽ
 {     ....:::: /  .′     i \_        ヽ  ヽ∧   下、マ〈
  `つ::::::::::::::/   |       !    〉::.........    ゙.  ゙, ∧/ ̄\勹ト|
  (::::::::::::::::/   ; |    i|   |   {:::::::::::::::::::::.... |   ! 厂 ̄ヽ\〈,ノ
     ̄`j:::::′   i |    ||  | |__∧::::::_::::::::::::::::| __ | /   _ノ i\
     弋| |   ! |    ||   ルイ /厂/!ハ)::::::::::::/アr=ミ、:::::::/_/  i |\
       | |   i ヘ   | | イ j/斗=≦、 し-、:::::ゞtヘ}l:::::::::::`!  ||:::::|
       ||  i ,..ゝ‐、| !/  〃 i!‐r‐yヘ「 | ん:::`iヾ='ァ':::::r―1   l |:::::|
       ヽ\ ヽ〈 ニ=ミ       弋 ー' 丿||  く:::!  /::::::::::) | |  ! \|
        \ ー-\《 トヘ       " ̄`  | | | (:/ /::::r―'′ | | !
            ハ ゝ'               | | |  | /::://    | |  |
            | :.   ヽ         リ| !/ /      | | |   やる夫 大丈夫?
            | ヽ.    つ       ///! |′        | i |
             | /ト          ,. //  ̄| 「|_         | ! |   私がついているから安心して
               / /| |   > _r' ´ //   | | ||        |   |
           / /|j_ イ     ,≧ //   | | | ̄ト 、     || |
             //r ´     r乞マ〉/   ||\  \   |   |
           /   \    //レごム {    /  〉/     ヽ   |   |
        く(   /|   /     ヽ> "  / 冫∧    ゙ |  |
         \/   \        '´    < |/ ゙     i|  |




150 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:19:25 ID:QllGIlJw


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  やる夫は元気です
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    で、それなに?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




            / ニYニヽ
          / (0)(0)ヽ
         /  ⌒`´⌒\ ←それ
        | ,-)       (- |
        | l   ヽ__ ノl |
         \  ` ⌒´  /
        /        ヽ
       /           ヽ
       |           | |
       ヽ_|         |丿
         |         |


151 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:19:58 ID:QllGIlJw


\\t/ /     |      | |    |  |  l     |  |
  ヘ/ /  / /  i !     l |  |   l ∥ l    |  |
  / /  /  i   | l      l ll  |  ∥ ! l l    .l  |
 i /  l  l   | ll l    | l | l  || | ! .ll   l  |  l
. i |  l|  !   | |.| .|    ! ! l .| 厶-オ丁゙ l l l  へ| .| |
|.|l /.|  | i  l .| l l  / |/ イ/ 斗l=ト、 レノ l/― ヽ ,i
.\l| / |   l |l l l  .| l /    イフUf゙゙l  l /| レ .| /
  | |  l  l .l.|iH廾─+ l/      ゞ―"~// .|  l/ノ/
  |.|   l  l!| !! Zfテミ              /./  j  i ´       ダイアモンドドレイクのでっていうよ!
  ソ   ll\l l ! ! ゞヒユ            / /  / l .|
  |  / | | / .ハ  ̄   ヽ   _.   / /  /、l  |
  /  / レ  / / ヽ    ー     //  / /l  l
 /  /   / /   ヽ、      // / / l  ハ
./  /   //i__. _r‐‐/` ー .、__ レく_ ‐´   l  /  ' ,
 /  //,イ | \_,r'"       |l"     / /     ',




        /ニYニヽ
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \    でっていうwwwwwwwwwww
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |         /        ┃【 ダイアモンドドレイク:でっていう 】                 ┃
                           ┃一言で言うとチートモンスター                    ┃
                           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


152 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:20:39 ID:QllGIlJw


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \   ちょっと真紅さん、早くそいつ追い返してぇ
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'




                、_          , -―  ―- .、          _)
            _ノ        ,  '´              `  、    (_, ^i
         ,.-‐(__       /                     \    _ノ,. -‐-.、
          | r‐-ァ_)   , '                      ヽ   (ノ)<フ /
           rt  ̄(__   //                     `、    )iヘ、X
        i l´ヽク/ノ  //      j            l i       i  (〈_l V /
        ヾ= ,イ(__  l |        小          | |   `i    l ( ゝ---'
          /.:l|i フ | |  { | |  :i| i       |   ,| ト、 |  |  | |  ):i:::|::::|
            /.:/.|l 弋っ| | .: || |、:;| l |      |  /l/ i l|  |  !:i /:::::k:|!:::|
        /.:;/ |! ::|〈 :i.|| 、 | |什三|上i k. |  .j / / リ  |ム j  , j l 〈::::: i:||::::|
        /.::/ | :::| | :| |kl  ヽト.l ,ィ干=tt_ヽ|、 .ノ/_ム廾下、 | /, / /,'i :l|:::: . l:||::::|
        /.:::i  | ::::| | ::|c,ヘ ヽゝイ f¨:::::::ト ̄ヾソ/ノ彳¨::::::} |ト,リ/iノノ | ::|l:::. |:!|/
       \|  | ::::|.|::|{回}) |、`代::.o.ノ       弋::.o,ナ'´ソ! |{廻})::||::::. |l
          | :::::| | :::i⌒ l . |`y   ̄    ,     ̄  / l |´⌒|..::||::::: |!  さあ、でっていう!
            | . :::::| ヽ、l  .| .|.∧      ┌―┐      / . | |  ヽ、||::::: l!
.           | ::::::|     ,! . ,|.  >     ヽ ノ    . <  l . !     |::::. . |  やりなさい
          | . ::::::|    ,.' , '.L. -―....>  _  < ,...‐-..、..,| |    |:::::. |
           | :::::::|   ./ /::|..|::::. .::::::,-―.==、ー-、:::::  ..y'k .!     |:::::. . |
            | :::::::|  , ' 人::::| l::::: :::::::;;;::::({薔}))::`ヾ....、.:::,' .ハ ヘ、  |::::::. |
.          | :::::::レ' , '  ヾ! lに:: '´::::::::::7~'イ:::::::::::: .:::/ ハ\ゝ、`.、 .|::::::. . |
         | ::::::::ト、 ̄二‐- l |.::Y::.  ::::::::/| ::::|ヽ :::: .:,.' /   `、ソ ゝ|:::::::. |




    (ヽ (ヽ   ( i))) /) /)
  (ヽ(((i (ヽ((/ニYニヽ ( i)))/)   /)
  ((i(ヽ(((i )/( ゚ )( ゚ )ヽ ( i)))/) i)))
(ヽ (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
.(((/∠_| ,-)___(-,|_ゝ \/)   レベルドレインっていうwwwww
 (   __、  |-┬-|    ,_  )
 ((\\ |    `ー'´   /´ //\)
 (/ (((i )|         / ( i)))( i)))   ※ダイアモンドドレイクの能力の一つ
   (/             \) \)    一つに過ぎないのがこのモンスターのこわいところ


153 名前: ◆tmU3eI1Nd6[sage] 投稿日:2010/03/10(水) 15:21:39 ID:QllGIlJw


                    /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.. _
          ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.::::::::::::: \ヽ, ,、
          /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.::::::::::::. `''|/ノ
          ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::(  |
         ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. _   |
         〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| \`ヽ、|
          /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | | \, V
        j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! |   `L,,_
         l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/    |ヽ、)
         | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/ _ __ /_
          | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/1\   /  \    レベルドレインの対象がやる夫に向かうとは
          ! !   \`Y」:.i |        '    / :ト  \ ゙"    \
       | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  | \/ ̄ ̄ ̄ /   その時の私は思ってもみなかったのです
       | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|   1/|━━━━|
       | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .! .Oware |
       | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
       | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
       | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::|    ┼ヽ  -|r‐、.  オ⌒)
       | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|     d⌒) ./| _ノ.  ノ|  し






※ダイアモンドドレイクってこんなモンスター

Wizardryのダイヤモンドの騎士のドラゴンバージョンと言うべき姿をした、DIMGUILのみのオリジナルモンスター。
エル'ケブレスのように絶対に倒せないという訳ではないが、まさしく『Wizardry界』最強である。
DIMGUILは初期のWizardryと比べて、基本的にキャラクターの能力、武器の性能はほとんど変わっていないのに対し、
このモンスターは前作のダイアモンドナイトの約3倍のHPを誇り、ACは限界値-99を遥かに下回る-120を誇る。
攻撃力も非常に高く、単純計算でこちら側の最強武器、村正の4倍、最強の鎧も紙に等しい。
何より厄介なのが、攻撃の追加効果で、石化、気絶(HP1桁化+眠り)、混乱、首切り、16レベルドレインがあり、
どんなにレベルやHPを上げても確実に追い込まれていく。
そして彼の能力に及ばずともそれに近い能力を持つ、ダイアモンドナイトを三体引き連れている。
大きな弱点は持たず、倒せる方法は2つのみ。
どんな者にも混乱が通用するバグを突いて倒す。混乱すればこちら側の与えられるダメージが2倍、
しかも同士討ちでこちら側にほとんど攻撃して来ない。召喚呪文で複数のモンスターを盾にすれば、
更にこちらの被害が減り、勝率を5分にまで持ち上げられる。ただし必要レベルは平均400以上。
もう一つはレベルを犠牲にして奇跡を得られる禁断呪文「マハマン」を唱える。
バトルシステム的にこの二つの方法がなくとも倒せるのだが、その可能性は天文学的に低い。
それ故、難攻不落度は全RPG中でもトップクラスである。

関連記事
スポンサーサイト



2010-03-10 : 【完結】やる夫の冒険は終わりました : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
やる夫の冒険は終わりました・第7話 «  ホーム  » やる夫は元傭兵のようです・第一話 モンスターペアレントを恐れぬ男、ゼンガ―・ゾンボルトと愉快な生徒達
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
No title
チート度合いは人修羅や真サルや七英雄すら余裕で上回る
2011-02-24 17:37 : 名無しの隊員 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload




以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-69.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13