以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-492.htmlより取得しました。


【世界よ】やる夫は半熟な英雄になるそうです【半熟なれ】 番外編その1:『タマゴの間』

11 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:09:58 ID:nhvgY6Ac [4/47]

   ______.  ,.. --──-- .._  _.. -──‐-、
   i'::::::::::::::::::::::::::>'          `<::::::::::::::::::::::::/
.   ! :::::::::::::::::::::/              `、:::::::::::::::::/
   丶:::::::::::::::::/        ,.__     丶:::::::::::/
    `、:::::::::::/     ,.r '"´  ```ヽ、  `、:::::/
      丶::: /    /:  〃" `ヽ、:::、::ヽ.  V .     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      V  ,.,..'::'::/ ハ/      \:l::!,::ヽ. `、   ┃ やる夫は半熟な英雄になるそうです   . ┃
       ,' /,'::/;ィ'  ●    ● リリ !:l/ /     ┃        番外編その1:『タマゴの間』  ┃
      .{ {  l:::i'_{ ,,⊂⊃、_,、_, ⊂⊃_.l:|/.     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        `ヾニl:::ト->‐─--.._,.-‐-‐`\l:l
       ___  !::l/::::::::::::::::::::|:::::::::::::::,.-iリ
.     ,'´::::`i ヽiT ‐、_, -‐-.!、_,.-‐'´   }    にょろーん
.      ! ::::::: {  `ゝ_   _     _  _/
     `、::::::::`、   ,.' ̄       ̄ ヽ、
      `、 :::::::ヽ/    -‐_"./    \
         ゝ.::/             _       ヽ、_
         ,r'"    _.. ‐、, '´)_,..( `i'´ヽ、_.-‐'
         `ー---∠._:::::::`ー'::::::::::`":;;;..-‐'


12 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:11:19 ID:nhvgY6Ac [5/47]

                                 !_
                                 |*~=-.,
                                 |_,-'`
                                 |
                                 |
                                /^\       アルマムーン王国が全土を統一したため
              !_                 /  \
              |*`~~.,             /,   \     今やあちこちにあるアルマムーン城
              |.-'^`´             /#"   \
              |               ,_/##_ __ _ \_
           __ __ .|._  _ __ __ _       [ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]    その、本城にのみ
           [ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[_]_[ ]       |_=_-=_ - =___|
         !__ .|_=_ =-_-_ _ = =__|       !_‐|=‐= - ___ |     『タマゴの間』と呼ばれる
         |*`ー-、,_- _       |          |*`~-.,= []_ __ |
         |.―'T´=   []    |  !_     |_,┬'´-    .|     小さな部屋がある
         |  .|_=- -      |  |*`~~.,  |_ .|=_-     .|
        /^\...._|=_= -      |  |_,-~`´ /^\ |_ - =[] __ |
      _ /  \‐|_=-_  _  _ __ |_|__   /  .\|=_‐.     _|
      [ ]/,   \[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_/,   \[ ]=_     |
      |/#"   \_=-___=__=__- =-_ -=_ /#"   .\| _ []=_  |
     _/##_  _  \_-_ = _________    _/##__   \_ -    .|\
     [ ]_[ ]_[ ]_[ ]_[ ]_=0~{_ _ }~0   [ ]_[ ]_[]_[ ]_[ ]_=‐__ | \
     |_=__-_=__ _=,_|_=_ |  , __ |_ _-= |_ =-___-_ =-_|_ _ _  |  \
     | _- =-     |-_  | ((*  | = -   |= _     .| -   |__\
     |= -_=     _|= _ | `   | =_   |_-=__     |-_   |/+ヘ|
     |=_=_  _   |_ = _ `-_-´       | =_ = =    |= _  || + ||
     |-_=_ _    |=_ =           |=_= - _    | =   || + ||
     |-=- /+\=_ _| -=            |-=- /+\-_ _|=_   |~~~ |
     |=_= |+|+|  |= _- _ _,--、_     .|-_= |+|+|  | -_  |= ,/
     | - -|+|+|  |_-_   / |  | .\     |=_- |+|+|  |-_   |=-/
     |=_ =|+|+|  | =_= | |  | |    |_-= |+|+|  |=-  |=/
     | _  ^^^^  |= -  | | .<&>   |=- ^^^^   |_=-_ _ _|/
     |=_ =    | =_-_| |  | |    | =     | -_  |
     | _ ‐=‐     |=_=  | |  | |    |=_=     |=_   |
  `^^^^^^^^^^`^`^^`^`^`^^^""""""""^`^^``^^`^^`^^`^`^``^`^``^``^^

13 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:11:57 ID:nhvgY6Ac [6/47]

    i===================i                 |
    ||        |||     /||                |       タマゴの間と言っても、代々伝わるタマゴを
    ||        |||   /  ||                |       祭るための部屋ではなく
    ||        |||  /   ||                 |
    ||      /|||       ||                |       机とベッド、そして大きな窓があるただの部屋…
    ||    /  |||   /  ||                |
    ||____|||________.||                |       しいて言うなら、子供部屋だった
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄________      |    
 ||―‐(⌒⌒)---||         l\         \    |    
 |,ノ´ ̄´⌒⌒⌒`ヽ、     |  \         \  |    
  ノ          ヽ、 ̄ ̄\  ||二二二|| ̄ ̄||_|| ̄\  
 ヾ  ノ            ヽ,    \||::  |\||    || ||   
   ゝ.  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|          || ̄ ̄||        
    ヽ,,ノ|」――――――|」                   


  もちろん、代々王族の子供が使っていた部屋でもない。
 そしてこの部屋は、掃除以外の他者の出入りを、禁止されていた。

  どうしてそんな部屋があるのか………

14 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:12:46 ID:nhvgY6Ac [7/47]

   ―その話をするには、むかしむかし…まだアルマムーンが一介の小国に過ぎなかった頃にまで、時間は遡る―

 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':

15 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:13:22 ID:nhvgY6Ac [8/47]

 . / ̄ ̄ ̄ / 
 . ー‐' ̄/ / .┌───────────────────────────┐_ _
 . ___ノ /  └───────────────────────────┘UU/7
 ./____,./                                              くノ 
::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`





      |
      |
      |-‐ ̄ ̄`' ‐-,,
      |: /´ ゛ヽ::::::::::\      お、恐ろしいにょろー
      |/      ヽ::: i:::ヽ
      | -ー     l::: }::::: l     何で人間は、あんなに戦いばっかするにょろか
      |●     ヽレルi:::: |
      |⊃    ●゛i(⌒\
      |  ,__,   ⊂ヘ iy   ゙i
      h   `´ _、ゝ,、ス\  )
      ミ}ーT゛ i ::::l| \>'
      |):゙i三|::ッ'l ::::l|t,,/
      |i:::∨ッ  l ::::l|::|

  『当時、私は故郷での勉強中に、たびたび出て来る"人間"という存在に興味を覚えていた。
   そこでこっそり人間の世界に来たのだが、たまたま戦場に出くわしてしまったのだ』

16 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:14:40 ID:nhvgY6Ac [9/47]

       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/U    \ハヘ
    |i │ l |リ         }_}ハ     これは、こっそりと逃げるべきにょろね……
    |i | 从○     ○ l小N
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
    |l |   j     U ノ i|
    |l |   l.>、 __, イ l |
    |l | /\::ヘ三l:/ \. |
    |l_,くミヽ ヾ::∨  ヾ彡>_
  (( (.__ノ´)   <父> ノ ゝ _.) ))
    |!/| l ./:`;;::-..<⌒ヽ l |
    j/ |.小{::::::ll::::::::ハ._}ヾ|
     ∨ `ー'゙― ' l:::::l
  ε≡Ξ   ノノ   ` J

『エグモンとはいえ、私は最弱と言ってもいい存在……それ以上に、エグモンにとっては
 意味のある種族ではあったが、人間にはそんな事は関係ない
 こんなところで流れ矢に当たって死んでしまう前に、故郷に逃げ帰ろうと思っていたとき……』





<おい、そこのお嬢ちゃんや

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \  __
         //, '/     ヽハ  、 ヽ   /
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   \     な、なんだにょろ!?
         レ!小l\    / 从 |、i|  ̄ ̄
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│        私は別に、怪しいものじゃないにょろ!?
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

17 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:15:31 ID:nhvgY6Ac [10/47]

       ___
     /~~~\       戦場でちょろちょろしとったら危ないぞい
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \    こっち来なさい、わしの陣地に避難させてやるわい
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \          (逆らったら殺されるかもしれないにょろっ……!)
         //, '/     ヽハ  、 ヽ {
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;        は、はいにょろ、行きますにょろ!!!
         レ!小l●    ● 从 |、i| .ガクガク.
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;
          | 八   {  }  _l /ノ |
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
       ガク ….l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


『これが、当時のアルマムーン当主、やる蔵と、私の出会いだった』

18 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:16:21 ID:nhvgY6Ac [11/47]

『やる蔵の馬に乗せてもらいながら、私は、彼の軍が陣地を引いている場所まで連れて行ってもらった。
 移動中、彼の話を聞き続けるに、彼は私を、戦場漁りと勘違いしていた』



       ____
     /⌒Ξ`ー\       まったく、戦いが終わったあとに拾いにくる子らはたまに見るが
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \    真っ只中に拾いにくる子など初めて見たぞい
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     ご、ごめんなさいっさ、助けてくれてありがとうにょろ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
        ; レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│} ガクガク
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | :
      ; `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | :


『領土争いにより長きにわたる戦争、それによって一番苦しめられているのはただの一般の人
 偽善だとわかっていても、少しでも償いをしたかった…
 のちに、戦場漁りだと思った私を保護した理由を、やる蔵はそう語った』

19 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:17:10 ID:nhvgY6Ac [12/47]

      ____
     / ~~~\       そんなに怯えんでもいいわい、取って喰うわけじゃないんじゃからの
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \    そうじゃ、非常食にスモークチーズを持ってたの、ほれ食いなさい
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    ……すもーくちーず、にょろか?
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
     |~~\ レ!小l●    ● 从 |、i|
     |  ノ .ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
      ̄/⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

20 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:17:56 ID:nhvgY6Ac [13/47]

       ___
     /~~~\      そうじゃ、うまいぞー
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \   エンリョせずに食うとえぇ
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /





    /:::::::::::::::::::__:::::::\
.   /:::::::::i:::イ::/"  ゛ヽ::::ヽ、
   /::::::i:::::|::.l{_l    _ i:::::::ヽ     にょろーん………
   |:::::::|:::::{イ      `l::{::N
   |:::l´|:::::| ●    ● リレリ
   |:::ヽ|:⊂⊃     ⊂l/:i|   パク、モグモグ
   |:::::::|:::::ト _ ーー イ|;;;;;i|
   |:i|::::|::::|>´_l_ ̄/'ー: : : : :>
   |:i|:i|:|:::N/   ̄ ): : : Y  /ヽ
   |:i|:i|::V|i_}--j-イ:_:_:_:_L∠ノ
   レ|:i|:::|::| ゛イl | // |::::::::::il

21 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:18:52 ID:nhvgY6Ac [14/47]

          ,. -''" ̄ ̄``丶、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:./"   、:.:.:.:.\    て
      /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:,イ::i′     \::::ヽヽ    そ
     i:.:.:.::::l:::::.:|:::Lレ|'     、 l::i;::::ト、i
    i|:.:.::::::|:::::.;lイ|' `!       `ト|!::::| ゙|
    |:.::::::ri|:::::.i|`'○     ○ リ'i|::/
     |::::::::{ |::::::⊂⊃       ⊂",リイ!
    i|:::::::::`|:::::::|      σ     /:::||
    |::;:::::::::l|::::::lト、_      __,ノ|:::::|:|!
   i|::|::::::::::|::::::|ィくヾi` ―/:、:.:. ̄``'┴.、
   l:i||:::::::|::|:::::l/「シ`┴ニL;_:.`ヽ、;r‐'": : ;〉
    ||!l|::::::i|::|!:::i|'/      ):.:.:.:|: : : : ;/ )
   iリ i|:::::;l|::::|!::|;:|―┬r―;iく;_:.:.:.:|: :,.-'l‐'′
  /′|:::::l||:::::ヾ|ヾ-イ|:.|: :/;//`l‐i-ケ'|′






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      おいしいにょろ!
         〃 {_ ノ    `ヽリ| l │ i|      こんなおいしいもの初めて食べたにょろ!!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
       .バクバクl⊃。 、_,、_, o⊂⊃ .|ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i | ガツガツ
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /│
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |

22 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:19:45 ID:nhvgY6Ac [15/47]

               +      +
   m n _∩          +      +    ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +     ___ +       (__ ⌒二⊃
     \ \      /~三 ~\        / /
       \ \   /( ◎)三(◎)\    / /      うまいか、よかったよかった
        \ \/:::::( ((__人__)))::: \ / /
          \ |     |r┬-|     |  /         やっぱり子供は元気なほうがえぇ!!
           \\    `ー'J    //
             \          /
             /          /





                ガツガツガツガツ
             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      おいしいにょろ、おいしいにょろ!!
         〃 {_ ⌒    ⌒リ| l │ i|
         レ!小l彡    ミ 从 |、i
  .バクバクバクバクl//。、_,、_, o////  |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ /⌒l__) 。O j /⌒i |
      \ /:::::| /  /__, イァ/  /
.       从 l||l ///ヾ:::|三/.l||l人.∧ |
       ( ⌒ ) |  ヾ∨:::/( ⌒ )  |

『このとき、私はスモチの美味しさと、子供のようにはしゃぐやる蔵の姿に、すっかり恐怖は消えていた。

 その後、家に送ってくれるとやる蔵は言ってくれたが、私の家はこっちの世界にはない。
 どう返事しようか迷っていた時、「じゃあ、ワシの城に来るといい!」と言ってきた。

 家無き子と勘違いされたようだった』

23 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:20:36 ID:nhvgY6Ac [16/47]

『やる蔵は城の一室、長らく使われていなかった、見晴らしのいい塔の小部屋を私に与えてくれた。

 やる蔵にはやらない子という娘がいたが、とっくに成人、結婚しており、今じゃあんまり話もしないらしい。
 「父親と娘なんてそんなものじゃぞい」と言っていたが、やる蔵は少し寂しかったのかもしれない

 何故そう思ったか……私を、娘のように可愛がってくれたからだ』


          ____
        /_~~~\
 ミ ミ ミ  o゚-(◎)―(◎)゚o      ミ ミ ミ                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/⌒)⌒)⌒). ::::::(((__人__)))::\     /⌒)⌒)⌒)            。   / /" `ヽ ヽ  \
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / /          o   //, '/     ヽハ  、 ヽ
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::::/           ゚  〃 {_{-‐    ‐-リ| l │ i|
|     ノ     | |  |   \  /  )  /              レ!小l三    三 从 |、i|
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /                ヽ|l/// 、_,、_, ///  |ノ│
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l             /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、           \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)  .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                      `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


『そして私にとって、やる蔵は、初めて出来た人間の友達だった。

 城の家臣から”当主は、いい年をして幼い女の子を囲って、自分好みに育てている”なんて噂も流れていたが
 やる蔵は、一切気にしていなかった。そんな根も葉もない噂は、放っておけばそのうち消えるといって笑っていた

 良くも悪くも、豪快な人だった』

24 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:21:20 ID:nhvgY6Ac [17/47]

『そのまま私は、やる蔵の元で世話になりながら、人間界を勉強した。
 その間も戦争の治まる気配はなく、やる蔵はいつも戦場に出ていて、城にいる日は少なかった。

 やる蔵が戦争に行っている時は、自分の部屋から外を眺めて、やる蔵の帰りを待っていた。

 やる蔵が帰ってくるとき、遠い地平線から、やる蔵の軍の旗が見える……私は、いつもそこに向って手を振っていた。

 私が手を振っているのを見つけると、やる蔵も手を振りかえしてくれた』



                   n                       ..| |     / /    `ト 、',    ヽ 
                   l^l.| | /)                     ..| | \  /  /     -ト y  i   l\
                   | U レ'//)                        | |    l ハ l /     ● l  }-、 !  \
      ___      ノ    /                            | |    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/  ,'"~'',
    / ~~~ \  rニ     |                      | | ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ/  ,
   / -(◎)―(◎)\  ヽ   /                         | |      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、/   /
  /:::::( ((__人__)))::: \ /   ./                            | |. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=、 /
  |     |r┬-/ '    |   /                        | |. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l  ヽヽ=
  \      `ー'´     /  /                         \\ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l    /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /                            \\ `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ   /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |

25 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:22:05 ID:nhvgY6Ac [18/47]

『やる蔵に世話になりながら、人間界で暮らして3年目。
 この時まで人間の女の子として過ごしてきた私は、とうとうやる蔵に正体を話さなければいけなくなった』

         ____
       /~~~ \       のう、ちゅるや……お前さんのう……
     / _ノ Ξヽ、_  \
    /   (◎)―(◎)   \    出会った頃からまったく成長してないようじゃが……
    |  ::::(((__人__)))::::  |
    \     `⌒´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

『やる蔵が、ほとんど成長をしない私に疑問を抱いたのだ』




             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|     ………にょろ、ごめんなさいにょろ……
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l =   =  .| |ノ│     実は私、人間じゃないにょろ……
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


『私達エグモンは、人間に比べると寿命がとても長い。そしてその分極度に成長が遅い。
 しかし、私ぐらいの外見年齢だと、人間では3年もあればかなり成長する。

 仕方がなく、私は真実を話した』

26 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:22:59 ID:nhvgY6Ac [19/47]

       ____
     /⌒Ξ`ー\      ……つまり、お前さんはエッグモンスターと呼ばれる種族で
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \   成長せんのは、人間と違って成長が遅いからなんじゃな?
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    そうだにょろ、今まで黙っててごめんにょろ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    話したら、嫌われるかもしれないって、思ってたにょろ
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

27 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:23:36 ID:nhvgY6Ac [20/47]

               +      +
   m n _∩          +      +    ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +     ___ +       (__ ⌒二⊃    なんじゃ!!病気か何かかと
     \ \      /~三 ~\        / /       思って心配したぞい!!
       \ \   /( ◎)三(◎)\    / /
        \ \/:::::( ((__人__)))::: \ / /          なんでもないんだったら、いいんじゃ!!
          \ |     |r┬-|     |  /
           \\    `ー'J    //             いやー、よかったよかった!!
             \          /
             /          /






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     にょ、にょろー??
      ∑ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


『やる蔵は、私が人間ではないことなど何も気にしなかった。ただ、病気か何かで
 成長が遅れているのではないかと心配してたのだ。

 私が人間ではないことなど、どうでもいいといった。それで私の何が変わるわけじゃないからと

 そして、こちらに居たければ、いくらでも居ていいとも、言ってくれた』

28 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:24:12 ID:nhvgY6Ac [21/47]

『しかし、そんな穏やかな生活とは裏腹に、戦争はますます悪化の一途を辿っていた』


 . / ̄ ̄ ̄ / 
 . ー‐' ̄/ / .┌───────────────────────────┐_ _
 . ___ノ /  └───────────────────────────┘UU/7
 ./____,./                                              くノ 
::::::::...... ))  .....:::::::::::::::::.....                         ヽ/_,ヽ, ヽ、
                                         |/  ヽ、 ゝ
                       へ            /'''ー―' 、  j `l
                     /,....,,_\          ヽ  ,、___,   ゝノ ,
- ,,,_                  (' .( ;ヽ く、         ,' (    `'ヽ、   ,'
‐-,,,,,_"''' ‐- ,,,,,__            ヽヽ' ,⌒ヽゝ        ヽ C      ヽ、,ノ、
    ~""''' ‐-,,,,,_‐-,,,,,_        ヽ||/  | ヽ、      ,、 く  ゝ       `ー‐ー-
            ~""''' ‐-,,,,,_  c,,-‐''ヽ、 /ヽ ヽ、.   /__\ヽノ   /\
                    くゝ ,,-‐''   ヽ ,.-ヽ、  '、( ヽ く    '、(ヽ く    ,r゛
                  ,、 `'  "'ヽ,.-‐''"彡彡ヽ,  ヽ' ,⌒ヽ    ヽ' ,ヽ  ,r'
                 /__\'''''''''ー-/彡彡ヽ,.-'7゛c,,-‐''ヽ ノヽ"'''c,,‐'' ノヽ,r゛
                 '、( ヽ く    /,.-‐''/  /  くゝ-ー''''  ヽ   7' ,.r'
                 ヽ' ,⌒ヽヽ、  ヽ/.., /ヽ    /彡ヽ彡ヽ  ,、‐''゙
''''''''''ー―─ ー―─--,,-c ,,-‐''  ノヽヽ/    ,'...,;`/、 ヽ、   / / ヽ,‐' ゙
              くゝ-ー''''''   ヽヽ  ,' ,' ノ ヽ、 \  l_,.-‐''"
             /\     ヽ,.-‐''"ヽ..ノ、,'/    `_,.-‐''"
            '、(ヽ く    /彡/ヽ(ミヽ、Yl ,.-‐''"
              ヽ' ,ヽ  /  / ヽヽ、__`ノ
‐- ,,,,,_─ー―─---c,,‐'' ノ ヽ、(  _,.-‐''"
    ""'''――─---------ー'''"゙`

29 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:25:02 ID:nhvgY6Ac [22/47]

『私は、故郷に連絡を取った。人間界に住み着いて3年、勝手にこっちに来た事を怒られる、そして連れ戻されると
 思って、ずっと連絡を取っていなかったが、どうしても、やる蔵に贈り物をしたくて、連絡を取った。

 連絡をすると、父に安心のあまり泣かれ、母に怒鳴られ、そして私は頼み込んで許可を取った』




     ____
   /      \       のう、ちゅるや
  /   ~~ ~ \
/    (◎)―(◎) \    なんじゃいこれは?                    `ヾヽ
|     (((__人__)))   |                                   l:ハ              ,
/     ∩ノ ⊃   /                                   |:iハ                 ノ}
(  \ / _ノ |  |                                     |:i:i:|               /ヤ
.\ “  /__|  |                                     |:i:iム              /ャ|
  |\ /___ /|                                       j:i:i|圦 _,,,......,,,_    ノヤi|
  |          ノ                                      ,什i|少'´     ``寸ホヤi:|
                                                 ,什:ij゙        .ム  寸i:i:|
                                              j:i:i:i:i{         爪   斤i:!
                                               i:i:i:i圦       .{i圦  /i:i叭
                                                {:i:i:i:i:i:i\      Ⅶ:i千i:i:i:i:i}
                                              !:i:i:i:i:i:i:i:i:〕liュ、   Ⅶi:i:i:i:i:i:i:ij
                                              Ⅶ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕l:i:i缶i:i:i:i:i:i:i:/:
                                                 寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                                                     寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                                                  ヾ、i:j:j:j:j:j:j:j:i:!! '´



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \     "タマゴ"にょろ!!
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ    やる蔵とその一族に、ちゅるやの加護とこのタマゴをあげるっさ!
       |i | 从 ●    ● l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´

30 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:25:38 ID:nhvgY6Ac [23/47]

      ____
     / ~~~\       ほほう、でかいタマゴじゃの
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \    オムレツにでもするかの?
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     食べちゃダメにょろー!!!!
      ∑ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

『私は、私がエッグモンスターの中でも、特別な種族の一族である事。私達一族の"加護"があれば、
 あらゆるエッグモンスターを味方として"召喚"出来る事、そして、このタマゴはその為の媒体である事を説明した。

 そう、私は父と母に、エッグモンスターを召喚する権利である"エッグ一族の加護"を、
 世話になってるお礼に、彼と、その家族に渡したいとお願いしたのだ。

 なによりも、やる蔵に戦場から無事に帰ってきて欲しかったから…』

31 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:26:15 ID:nhvgY6Ac [24/47]

『こうして私は、アルマムーンの加護者になった』


    \                    /
      \  丶       i.   |      /     ./       /
       \  ヽ     i.   .|     /    /      /
         \  ヽ    i  |     /   /     /
          \
                                     -‐
    ー
                           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ
             ___        / /" `ヽ ヽ  \        l⌒l l⌒l
l⌒l  __     (__   )       //, '/     ヽハ  、 ヽ       |  | |  |
|  | (__)     _/ /       〃 {_{\    /リ| l │ i|       |  | |  |
|  |          (__ \   __ レ!小l==    == 从 |、i|__   |  | |  |
|  |  __  l⌒l_    \ │(___ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│__) |  | |  |
|  | (__) |  _)  _ 丿│  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     `ー' `ー'
`ー'     ( ○ _) (__ ノ    \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    ○  ○
        `─'             /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                           `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
          /
                /               ヽ      \
        /                    丶     \
       /   /    /      |   i,      丶     \
     /    /    /       |    i,      丶     \

32 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:27:15 ID:nhvgY6Ac [25/47]

『その後、城の中での私の扱いはがらりと変わった。

 強いエッグモンスターを召喚する力は、それだけで戦況をいっぺん出来る脅威になる。
 私は、いわばそれを授ける象徴。皆、神のように扱ってきた。

 でもやる蔵だけは、変わらないで居てくれた。戦争から帰ってくるたびにスモチを持ってきて、一緒に食べた。

 ………そんな日が、まだ続くと思っていた』





       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\      ちゅるや、今度の遠征はちと長引く
  /:::::( ((__人__)))::: \     暫く帰ってこれんが、あまり城のもんに迷惑かけるでないぞ
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|      迷惑なんてかけたことないにょろよー!!
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     でも早く帰ってきて欲しいっさ
        /⌒ヽ__|ヘ  弋_ノ    j /⌒i !      また一緒に、スモチ食べるにょろ!!!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

33 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:27:47 ID:nhvgY6Ac [26/47]

      ____
     / ~~~\       おう、いいのう、美味いスモチと美味いワイン!
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \    こりゃ、なるべく早く帰ってこないといかんのう!!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    そうにょろよ!早く帰ってこないと
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     私が全部食べちゃうにょろ!!
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


『それは、いつもの遠征前のやり取りだった。あまりにいつもどおりだったので……


 ………これが、やる蔵との最後の会話になるなんて、思ってなかった』

34 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:28:29 ID:nhvgY6Ac [27/47]

『やる蔵は、遠征から帰ってくる日になっても、いつまで経っても帰ってこなかった。
 何かあったのだろうかと心配しながら、私はやる蔵が帰ってくる日を待った』



           │ ||        ''丶   、 │||        、             │ ||
           │ ||丶.、             │||    -、〈''、 、            │ ||
           │ ||  ' .、         │|| r .、.`''’ `.'            │ ||
           │ ||    ''         │||  `  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ        │ ||
           │ ||' 、      '、      │||   / /" `ヽ ヽ   \     │ ||
           │ || ' ..、   '       │||  //, '/     ヽハ  、 ヽ    │ ||
           │ ||.   ー丶   ' /""' 、 │|| 〃 {_{ '´    `ヽリ| l │ i|   │ ||
           │ ||   、   亅・、_,・│.│|| レ!小l ●    ● 从  |、'i、   .│ ||
           │ ||    、    ゝ、 _ノ  │||  |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ   |   │ ||
           │ ||_iiiiiiii;、    / ↑1  │||  │ゝ、       j. ノ′  .1  │ ||
           │ || .. '''iiiiiiiiii;、く  │ 1.、│||  │ > ,、 __,. イ ノ  ll.   │ ||
            """''''''ー  ゙''''‐ ;iiiii't _∟ │||   l / ヾ:l三l:://!! .|Yl.  l   │ ||
                  --...,,__ `''‐-iiiii;;;│||.   | ハミl ヾV//ミ|. トl′      │ ||
                   ..   "''''ー '''│||;;;; ( __,jー   (_.,/|/│.、    `   │ ||
                              "''''ー.,,_ ゙''''‐  ;iiiiiiii;;;;   iiiiiiii;;、、│  ` │ ||

『一緒にスモチを食べる約束は、必ず帰ってくるという約束
 やる蔵は今までその約束を違えた事はなかった。だから、帰ってこないなんて考えもしなかったのだ』

35 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:29:11 ID:nhvgY6Ac [28/47]

『そんなある日、私の部屋に知らない女性が尋ねてきた』



  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ     あなたが、ちゅるや?
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

『その女性は、やらない子と名乗った。それは、やる蔵の娘と同じ名前だった』





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    そうにょろよ?
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|    私に、何の用にょろ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

『そして私は知った』

36 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:30:02 ID:nhvgY6Ac [29/47]

『やる蔵が、遠征先で子供を庇って死んだ事を』

o * 。◯ =ニ二二ニ= o *◯* o
+o + *   ____  * + o *。
 + *    /_~~~\ :* o *  *。
+ o   /  ~~~  \:: ◯  + *
+ o /:::    ─    ─ \  o
*◯  |  ::   .(_)  (_)  | o+゜
o 。   \  ( ( (__人__))),/ 。
  +  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
  /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

37 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:30:50 ID:nhvgY6Ac [30/47]

『アルマムーン当主の座は、やらない子の夫が継いだとか、やる蔵が死ぬ間際に私の事を頼んだとか
 私の加護は今後の戦争において、大きな力になるから、続けて欲しいとか、いろんな事を言われた。

 でも私にとっては、もうやる蔵と一緒にスモチを食べられない事実だけが、胸に残った』




  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ      ……で、どうかしら?
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ー) (ー::(          貴女がいやでなければ、このまま此処に残って
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )         加護を続けて欲しいの
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))         死んだお父様の為にも
    ノ/)`   ヾ ソ ̄((
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|      私は………
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

38 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:31:56 ID:nhvgY6Ac [31/47]

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|      私は……故郷に帰るにょろ
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l =   =  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |





       ,. ⌒ハ           ハ⌒ ,
       i::::::::. ゙i,r'⌒ Y ⌒ ^ヘ, ,r':::::::::j
       i:::::::::::'(ッ. .:: ::::..::::....::::.. )j:::::::::(,     ……ぇ!? そ、それじゃ困るの…
       リ:::::::y(, :: : : : ,.ヘ...:::..:::::..::ヾ:::::ル
       iリル (::::::: ノ  ヽ ゝ,:...::. NY      いや、加護よりもほら、お父様が貴女を
          )::○) (○ ) )::::::リ       お願いといっていたし……
             ( (i  ヤヨ  ,, ハ::::ハ
              )ハゝ.    ,.( ( (
          ((:::( り  ∧ ' ).),)

39 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:32:39 ID:nhvgY6Ac [32/47]

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    ……加護は続けるにょろよ、安心するといいにょろ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|    どこに居たって加護は続けられるにょろ
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |






  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ      ………そう、そうね……
    リ::::::( ( ー) (ー::(
.    ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(         お父様がいなくなった以上、貴女自身がここに
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))         残る理由は……ないものね……
    ノ/)`   ヾ ソ ̄((
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

40 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:33:22 ID:nhvgY6Ac [33/47]

       , ⌒ハ      ハ⌒ 、
     j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
      ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
      ル:::::γ::::::    ノy:  :リ      ………この部屋は、残しておいてあげるわ
     Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )     ここはあなたの部屋だもの……
         リ::::::::::::::      (
       (::::::::::::::        )     この先、この部屋だけは何があっても残すように
         ):::::::        (     しておいてあげるから……
        (,(.(  ル リ ルリ いノ ))
            ):::   (        だからいつでも帰ってきなさい……
           /::::::::    ヽ
-───―――|::::::::::::::    \―──────
          |::::::::::::::      二つ





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      ……いいにょろか?
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

41 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:34:14 ID:nhvgY6Ac [34/47]

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i    ………えぇ、夫が何を言おうと
 ル:::::リγ::..:::::..:::.:..ヘ、: : : :: ノy:::::::リ   この部屋だけは守って見せるわ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(       それぐらいさせて………
.    ハ::::ハ  ,,     リ) )
     ) ) )、   ▽ ノくハ(      あなたと出会ってからの父は
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))      本当に楽しそうだったから……お礼よ
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y
     l: ( ......    .....  i
     lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|    ………ありがとうにょろ、やらない子
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |

『こうして私の、数年にわたる人間界での生活は幕を閉じた。
 やらない子は言ったとおり、私の部屋に『タマゴの間』という名前をつけて、部屋を残してくれた。

 これが、本城に『タマゴの間』という部屋が出来た経緯である。

 そして私は時折、こっちの世界に来ては、その部屋でやる蔵との思い出に浸った』


43 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:34:52 ID:nhvgY6Ac [35/47]

『それから、時間は現代より、十数年前まで進む………』





    i===================i                 |
    ||        |||     /||                |
    ||        |||   /  ||                |
    ||        |||  /   ||                 |
    ||      /|||       ||                |
    ||    /  |||   /  ||                |
    ||____|||________.||                |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄________      |    
 ||―‐(⌒⌒)---||         l\         \    |    
 |,ノ´ ̄´⌒⌒⌒`ヽ、     |  \         \  |    
  ノ          ヽ、 ̄ ̄\  ||二二二|| ̄ ̄||_|| ̄\  
 ヾ  ノ            ヽ,    \||::  |\||    || ||   
   ゝ.  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|          || ̄ ̄||        
    ヽ,,ノ|」――――――|」                   






             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ      やる蔵………
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|      ずっと、アルマムーンを加護してきているけど
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│      やる蔵ほど楽しかった当主は、いまだ現れないにょろ
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

44 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:35:37 ID:nhvgY6Ac [36/47]

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|      また……やる蔵とスモチ、食べたいにょろ…
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ー   ー  .| |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |





    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||____ ..||      お? おまえだれだお?
 |:::::::::::::::||⌒ ⌒\||
 |:::::::::::::::||●  ● \     このへやは、かってにはいっちゃいけないんだお?
 |:::::::::::::::|| (_人_)⊂⊃|
 |:::::::::::::::||___  /
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

45 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:36:47 ID:nhvgY6Ac [37/47]

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ    お、おまえこそ誰にょろー!?
      ∑ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l○    ○ 从 |、i|    この部屋の出入りは、掃除以外禁止されてるはずにょろよ!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





     ___
    /―  ―\     やるおは、やるおだお。このしろにすんでるお
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   とーちゃんは、ここのとうしゅだお
  ヽ         ィ‘

46 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:37:33 ID:nhvgY6Ac [38/47]

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     当主……ダークフリードの息子かにょろ?
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     私はちゅるやにょろ、このアルマムーンにエッグの加護を与えている
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│     エッグの一族にょろ
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     元々この部屋は、私の部屋っさ
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





     ____
    /⌒  ⌒\      お! すごいむかしにそんなひとが
  /  ●   ● \     おしろにすんでたおはなしを、きいたことがあるお!
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    (_.ノ   ィ‘

47 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:38:31 ID:nhvgY6Ac [39/47]

     ____
    /-‐  ‐-\     ……お? そんなむかしのひとってことは
  /  一   ー \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|   ちゅるやは、すごいおばーちゃんかお?
  ヽ         ィ‘





       ビキ    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/  ノ(  ヽハ  、 ヽ ビキ
         〃 {_{_ノ⌒ヽ_リ| l │ i|
         レ!小 ● ::::::: ●从 |、i|      女性にそういう事言っちゃいけないにょろ!!
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│
         (⌒ヽ|ヘ   ⌒ (⌒ヽ_j | |
    .   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│
.          /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶
        `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ

48 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:39:07 ID:nhvgY6Ac [40/47]

     ____
    / ノ  ヽ_\    ご、ごめんなさいだお!!
  /  ○   ○ \
  | ⊂||(_,、_,)||⊂|
  ヽ   (_.ノ   ィ‘





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     謝ればいいにょろよ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|     でも、私の正体を聞いても、おどろかないにょろね
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          |ヘ        j.  | , |
          | /⌒l,、 __, .イァト|/ |     昔はみんな、神様みたく扱ってたのに……
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |

49 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:39:59 ID:nhvgY6Ac [41/47]

       ___
      /―  ―\        なんでだお? ちゅるやはちゅるやじゃないのかお?
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i    かみさまみたくあつかってほしいのかお?
  ヽ  ヽ         ィ‘  /





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ     …………
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

50 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:41:07 ID:nhvgY6Ac [42/47]

            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ       そんな事ないっさ!
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
         レ!小l●    ● 从 | } i|       私は私、ちゅるやさんにょろよ!
           .ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
      r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
      { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
       "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||






       ____
      /―  ―\        だおー!!!
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ  ll|l    (_ノ    ll|l /
  从l||l           |l||l从
   ( ⌒ )        ( ⌒ )

51 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:42:13 ID:nhvgY6Ac [43/47]

       ___
      /―  ―\       そーだ、ちゅうぼうからスモチをこっそりもってきてたお
    /  ●   ● \
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i   たべるかお?
  ヽ  ヽ         ィ‘  /





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{`ヽ     ノリ| l │ i|     食べるにょろ!!
         レ!小l⌒    ⌒ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ r‐‐v ⊂⊃ |ノ│    スモチは私の大好物っさ!!!
        /⌒ヽ__|ヘ  ヽ ノ    j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


『このとき、私は幼い彼にやる蔵をみた気がした。そして、彼と食べたスモチは、とても美味しかった……。

 その後まもなくして、私は再度こちらの世界で暮らす事を決める………』

52 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:42:53 ID:nhvgY6Ac [44/47]

『理由は、今度は彼と、スモチを食べて過ごしたいと思ったからだった』

              ノ _/              _..夕′
             / /′           r 、..</
           _r´ ノ′           ..ノ ン'′
          ノ’_/          ハ..‐つ'"
         _/ ./′    _r'⌒' 、_..r'彡‐´ ..‐
        / 、/    ._(   :i「-t广  _ ‐
       / ./     (   〈⌒〉  ) ../
     /  _l∟--‐''''ニ ニJ'’ ゙''''´ ゙'(ン'′
 -、 /   __-,,_⊂"´   (__ノゝ.__/┴ニコェェ--..........______、
│ ト′ _/"´   "''''′    ../    r 、   ´゙广 ̄゛ ̄ ̄ ̄
└  _/          _....‐′  -、〈'、`
 .. rテ       、 ..../     `''’ `'
..‐"         ノゞ'´  __ ..-‐''
         _.ィ冖''''''"´
 __      ,,J^′
_ l:└.... _ェソ'´
''一‐''゙゙´                                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                     / /" `ヽ ヽ  \
                                     //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                    〃 {_{ '´     `ヽリ| l │ i|
                ___               レ!小l ●    ● 从  |、'i、
               /⌒  ⌒\              |⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ  │
             /  ●   ● \             │ゝ、  !_.ノ   j ノ′  1
             | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|      / \   .│ > ,、 __,. イ ノ  ll 
             \     (_/   /    /スモチ./|    l / ヾ:l三l:://!! .|Yl l ヽ
               |    ┌─┐|    _-|\ //-、   .| ハミl ヾV//ミ|. トl′|l、 ヽ、
               |     ⊃.茶 ○    i \|/   i   i.|_(__,jーX(_.,/|/│、│ `- ゝ
               \_    ̄ \     ``''―'"´    ,く:.:./l~::~/l_:.:.:.:j〕 ゙レ
               と_____ノ_ノ             /‐、/`ー-'''7_.`V´
                                    (___ノ    ./‐、V
                                          (___ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫は半熟な英雄になるそうです。番外編その1:『タマゴの間』 終┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







53 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:44:53 ID:0MUbKHpo
投下乙
いい話だなー

54 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:46:29 ID:0iX6j30s


55 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:46:36 ID:V0TGgjB6 [2/3]
乙ー
人に…じゃなくてエグモンに歴史ありだなあ

56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:47:34 ID:DV7NLJLg [2/2]

結局それだけの年数経っても成長しないのかw
長生きなんだなエッグモンスターって

57 名前: ◆XC0dQb4mgk[] 投稿日:2010/04/18(日) 19:47:43 ID:nhvgY6Ac [45/47]
これで今回の番外編の投下は以上になります。

今回は、小説仕立てで「代々アルマムーンに伝わっているタマゴ」の設定を
オリジナル設定である「タマゴの加護」の補完も交えてさせていただきました。

半熟英雄にあるまじきドシリアスになったのはこの場で謝罪します、ギャグを期待されてた方々、申し訳ございません。

ちなみに、こんな設定もちろん原作にありません!ただ、やる夫のパパの名前は原作ままです

厨2くさい名前ですよねー、ダークフリードww

60 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:49:34 ID:Di/8YxRk
乙、シリアスな話も面白かったよ
こんな経緯があったのね

61 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:50:59 ID:SLIUvBRU
おつですー
ちゅるやさんかわええのう

62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 19:53:38 ID:ibvPRlh2

ゲームとは違ってしんみりとしたw

65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 20:17:19 ID:DkhfB2Nw
乙でした

66 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 20:34:41 ID:KXcjCiM.
乙ー!
しんみりしてしまったよー。

67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 20:48:31 ID:u8Z26xVY
乙でした。
ちゅるやさんはかわいいな~。

68 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 20:59:51 ID:tURG5Pc.

イイハナシダナー

69 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/18(日) 21:49:04 ID:5FjHSg0w [2/2]
乙乙イイハナシダナー・゚・(ノД`)・゚・

70 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 13:23:28 ID:AiRD0C5s
年を取ると涙腺の締まりが緩くなって困る

71 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 18:17:33 ID:RwhxSy46
ちゅるやさんが健気すぎて泣いた
こういう話いいね

72 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/19(月) 19:03:13 ID:xYtv9lIk

そうかエッグマンは確か30026歳だったはず


管理人※これは上手いオリジナル設定だなぁ。
      そしてタイトルのちゅるやさんがめがっさ可愛い


関連記事
スポンサーサイト



2010-04-21 : やる夫は半熟な英雄になるそうです : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
やる夫が忍者学校の頭領なようです・第五話 やる夫、喰われるの巻 «  ホーム  » おまけ ライト君のよくわかる半熟英雄講座
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
おお・・・ええ話じゃ・・・
2010-04-21 22:15 : 名無しの隊員 URL : 編集
つまりこれがやる夫のロリババァ萌えの原点…!
2010-04-22 01:26 : 名無しの隊員 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload




以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-492.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13