以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-47.htmlより取得しました。


【やる夫で】異説ファイアーエムブレム・解説&六話予告

688 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:13:01 ID:qEQaRkIo


【オマケ】


        / ̄\
       |     |
         \_/
         | 
      /  ̄  ̄ \     という事で…
    /  \ /  \
   /   ⌒   ⌒   \  解説五回目です
   |    (__人__)     |
   \    ` ⌒´    /                    _
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \                  /O \
                                  |. °  |
                                  \_,/
                                    |
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                              /            \
                        .     /               ヽ
                            /              |
           今回もよろしくお願いしまーす  |    ⌒    ⌒     |
                            ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                             \_ /⌒l        /
                              l/  /三三三三三l.
                             / |   l   ___ ヽ.



690 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:13:25 ID:qEQaRkIo



       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\
   /;    . . : : : :\    しかし今日はなー…
 / ∪   . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|   ぶっちゃけ、解説する事があまりないんだよな…
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\                   _ 
                                 /O \
                                 |. °  |
                                 \_,/           /\
                                   |         /  /
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    \/ />
                             /       ::::::::::::::::\     </
                            /          ::::::::::::ヽ   ┌─┐
                     え゛          |   /      \ :::::::|   └─┘
                            |    .○ミミミミ○ u.::::::|
                そうなの?     ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  /
                             \   `.ー'´    /
                              :;l三三三三三三三l

691 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:13:42 ID:qEQaRkIo


       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \      別にネタ切れってわけじゃないが…
    /   :::─:::::::─\
  /    <●>:::::<●> \    今回はそれほど話も進まなかったしな
  |       (__人__)   |
  /     ∩ノ ⊃  /    わざわざ抜き出して説明するところがないんだよ
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /                       _
                                 /O \
                                 |. °  |
                                 \_,/
                                   |
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                            /            \
                      .      /               ヽ
              まあねえ…      /  ノ     `ヽ    |
                           |    ●    ●      |
                           ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                            \_ /⌒l        /
                             l/  /三三三三三l.
                            / |   l   ___ ヽ.


693 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:14:13 ID:qEQaRkIo



             / ̄\
               |    |
             \_/
               |              まー、強いて言うならドルーアの思惑ってところか?
           /  ̄  ̄ \
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\     『どうして彼らはオレルアンに対し本気を出さなかったのか』
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | ))
   (( |   |    (__人__)     |   |     そこらへんが正史からは完全に抜け落ちているからな
     |   \    ` ⌒´    /   |

                                               _
                                              /O \
                                              |. °  |
                                              \_,/
                                                |
                                           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                          /            \
                                         /  u           ヽ
                        うーん、確かに        |    __ノ    ヽ、_    |
                                         |    ●    ●  U .|
                                         ヽ  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  /
                                          \    └┘     /
                                           :;l三三三三三三三l
                                           | __      __ |
                                           | |:::::::::|     |::::::::::| |

694 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:14:38 ID:qEQaRkIo


               / ̄\
                 |    |
               \_/
                 |           『どうして竜人部隊は動かなかったのか』
             /  ̄  ̄ \       『ガーネフの魔法使い隊は何をしていたのか』
            /  ::\:::/::  \      『ミシェイルの竜騎士団は―――』
          /  .<●>::::::<●>  \
          |    (__人__)     |    正史ではここらへんが全てあやふやだ
           \   ` ⌒´ 〃´ ̄ヽ
            〃 ̄ V }{ヽ/    _>
    ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
    l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
    |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
    j_    l≡l         !_         \
    { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
    ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }
                                                                   _
                                                                  /O \
                                                                  |. °  |
                                                                  \_,/
                                                                  /
                                                     .     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
         せいぜい                                       .   /             \
                                                        /   \         ヽ
           『カミュ将軍は謹慎させられていた=だからグルニアは動けなかった?』 .  /   ●           |
                                                       | 、_,、_, ⊂⊃        |
         とかそんな程度だもんね                               ヽ {_ノ           /
                                                        \            /
                                                       (`ヽ l三三三三三三三l



696 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:15:09 ID:qEQaRkIo



         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \     『ニーナ姫を逃がした事が発覚した』ってヤツだろ?
      /  u   ノ  .\
    /      u <●>:::::::\  しかしそれがバレたら、普通謹慎程度じゃ済まないだろ
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
     /           \                                             _
                                                         /O \
                                                         |. °  |
                                                         \_,/
                                                           |
                                                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                     /       ::::::::::::::::\
                   何しろ正史では                       /          ::::::::::::ヽ
                                                    | /      \   :::::::|
                   『自らドルーアの追っ手を切り捨てて姫を助けた』   |  .○ミミミミ○    ::::::|
                                                    ヽ⊃ 、_,、__, ⊂⊃     /
                   とかそんな感じになってるもんね           /⌒ヽ_\ `.ー'´       / /⌒i
                                                 \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
                                                .   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
                                                .  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

697 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:15:41 ID:qEQaRkIo


                     |\
                     |  |  / ̄\
                     |  |- |    |
                     |  |  \_/
           _____|/        裏切りってレベルじゃねーぞ、だな
         /  ::\:::/::  \
        /  .<●>::::::<●>  \       そんなんやらかしたら
        |    (__人__)     |      間違いなく国家反逆罪で斬首だ
        \    ` ⌒´    /


                                             _
                                            /O \
                                            |. °  |
                                            \_,/
                                              |
                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
               だよねえ…                 /            \
                                     . /               ヽ
               常識的に考えてありえないよね…  /  ノ     `ヽ    |
                                     |    ●    ●      |
                                     ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                      \_           /

698 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:16:03 ID:qEQaRkIo


         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \        まあそうした御伽噺を抜き取ってしまえば……
     /   \ / \
    /    ⌒   ⌒  \     各国の思惑が相違していたってところが
    |     (__人__)    |     無難な線じゃないかと思うんだ
    \     ` ー´   /
    / ̄ ̄ ̄ (:::) ̄ ̄ \
  /       ,-| |、.      \
         / ,三)                              _
                                          /O \
                                          |. °  |
                                          \_,/
                                          /
                             .     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                             .   /             \
                                /   \         ヽ
                             .  /   ●           |
             今回の話みたいに?     | 、_,、_, ⊂⊃        |
                               ヽ             /
                                \            /
                               (`ヽ l三三三三三三三l
                               ヽ、/     ___ ヽ

699 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:16:22 ID:qEQaRkIo


         / ̄\
           |    |
         \_/
           |          別に珍しいコトじゃないだろ?
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     総論賛成・各論反対みたいなもんだ
    /   <●>::::::<●> \
    |     (__人__)    |    アカネイア打倒までは一致していても
    \     ` ⌒´   /    そこを過ぎれば思惑も異なってくるさ
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │                          _
                                      /O \
                                      |. °  |
                                      \_,/
                                        |
                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                 /            \
                               . /               ヽ
                               /  ノ     `ヽ    |
                 まあそうだよねえ…  |    ●    ●      |
                               ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                \_           /

700 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:16:53 ID:qEQaRkIo


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<ー>::::::<ー>  \
      |    (__人__)     |  正史ですら
      \    ` ⌒´    /



┏                                                      ┓
┃      ミシェイル=『グルニアと組んでドルーアをも倒し天下統一』            ┃
┃      ガーネフ=『メディウスの首根っこ押さえて世界征服』                    ┃
┗                                                      ┛
        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/   こういう風に描写されているからな
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /

701 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:17:24 ID:qEQaRkIo


                                                   _
                                                  /O \
                                                  |. °  |
                                                  \_,/
                                                    |
                                              / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                             /            \
                                      .      /               ヽ
           だけど今回の話ではそういう感じじゃないよね?   /  ノ     `ヽ    |
                                           |    ●    ●      |
           思惑がまるで読めないっていうか…           ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                            \_ /⌒l        /
                                             l/  /三三三三三l.
                                            / |   l   ___ ヽ.
         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \      その通り
      /  ::\:::::::/::\
    /    <●>::::::<●> \   ミシェイルの思惑とガーネフの目的
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/    この二つが大戦の両輪となって事態を展開させていく
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

702 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:17:47 ID:qEQaRkIo


     |┃ ̄\
     |┃    |
     |┃_/
     |┃|
     |┃ ̄ ̄ \
     |┃::/::::  \
     |┃:::::<●>  \.
     |┃人__)     |   マルス王子はその間隙を突いただけでしかない―――
     |┃⌒´    /
     |┃ ̄ ̄ ̄ ̄ \



       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |            だけどまあ、それすら承知の上で事を起こすのが
     /  ̄ ̄ ̄\      あの王子様だからなあ……
   /;    . . : : : :\
 / ∪   . . : : : : : : \   これからの事を考えると気が重い……
 |         . : : : : : : : :|
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\

703 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:18:27 ID:qEQaRkIo


                                        _
                                       /O \
                                       |. °  |
                                       \_,/
                                         |
                                   / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                  /            \
                       へ? .      / /      `ヽ   ヽ
                                /  ●     ●     .|
                       何のこと?   | ⊂⊃     ⊂⊃   |
                                ヽ     r‐-、     /
                                 \_ /⌒l`ニ`     /
                                  l/  /三三三三三l.
                                 / |   l   ___ ヽ
           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |  ―――次回は遂に俺が登場するって事だよ
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

704 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:18:51 ID:qEQaRkIo


          .........._
       /´    ヽ
      /0      .',
      {o       :}
      ':       /
       ヽ、___,.,/
         ,-',⌒~⌒}⊃
          `^|   |'
          |   │
         |    ハ / ̄ ̄ ̄ \        大陸最強の剣士オグマと
          〉 ヽl/}'|   ::\:::/::: \       神剣の王子マルスが出会うとき―――
         〈_|__/}~`|<●>::::::<●>  \
        ' vVゞ ~   | (__人__)    |     遂に炎の紋章の伝説は動き出す
        |      l  ` ⌒´   /
         ∧|    λー――┬ ' へ _
         ヽヽ  ヽヽ\   / ノ ノ   ̄λ                           _
                                                  /O \
                                                  |. °  |
                                                  \_,/
                                                    |
                                               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                              /       ::::::::::::::::\
                                             /          ::::::::::::ヽ
                                 自分で言うかな…     |   /      \ :::::::|
                                             |    .○ミミミミ○  ::::::|
                                             ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  /
                                              \   `.ー'´    /
                                               :;l三三三三三三三l
                                               | __     __ |



706 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:19:11 ID:qEQaRkIo


            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \
       / ─    ─ \    そんなこんなでようやく俺も出番到来
     /   <●>  <●>  \
     |  :::::: (__人__)  :::::: |   次回はちょっと長いけど
      \.    `ー'´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                              _
                             /O \
                              |. °  |
                             \_,/
                               |
                          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                         /            \
                            /              ヽ
                        |                 |
      またよろしくお願いします~    |    ⌒    ⌒    .|
                             ヽ  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  /
                         \     ヽノ     /
                          :;l三三三三三三三l
                          | __      __ |
                            | |:::::::::|     |::::::::::| |









681 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:11:23 ID:qEQaRkIo


次回予告―――



             『伝説の端緒となるオレルアン戦』

                      i
                 _, ‐''"`' ‐ '´`゙'‐、
                /  ,' ,     、  ヽ
               .//  / .l  | | i | ヽ ヾi,
              // /i ,i .|| | | |'、 ヽ `i|
              " || | |/ |゙、| 、|゙i、| ゝ__|, |リ           この地において我らは真なる自由を得る!
               |゙i、|了而i゙'‐  ‐´而"i |リ 'i,i
              .|| ||`゙'‐"    ゙''‐'" ||',  l|.|          武勲次第で富貴も名声も望むがままだ!
              || |:'、     '     l''||,  |リ
              || ト、'i,__,.--'''ニ'''_  /_,||'i  |          過去は忘れ、未来の自身に思いを馳せよ!
              リ| |/´ト‐-、´\ヽ‐、' ` リ ゙i. l  _,-ニ==ニニ'゙/
              _,リ/i´「`\, ゝ´i | ,l`'ヽ‐-リ-‐'´=ニ==、‐7
         , -'`ゝ´// | |''三ヽ、丶_、,ヽ'、,`'i, ヽヽ''‐'7‐--、_ `'
       /´ / / i' i。レ'\,___|`'/´ '''ヘ-゙‐_l  ゙i, ゙i,゙'、、   \
      /   | l゚'-‐'´ ヘ  ̄l|、/   /`''' | ‐-i 、,l i`;    \
    /     |       ̄"'‐'`'i'''''''i゙‐-‐‐'.,L,__| . l ‐l、|     \
   /      丶         ノ|:. .:|`'=、ニ‐´ `''‐-、_| |       〉
   \       \       ,ノ. |:.. .:|  `‐ 、__,, ‐´ '`' , '    /
     \    `'‐‐`'ッ--、‐ '´  |::. .::|    ,、'´`i´" -'´    /
      \_  ,-‐'" /  / \0. |::. ..:|  0/ヽ,  ゙i、;,   _,, ‐'
        `'''''' ‐゙/  / ____|-‐-|__  ゙i,  ゙i,,‐´""´
           __,,, -‐ '''"ニ‐-、,.  || _,, -=`゙ニ',''''‐-ト;,__

682 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:11:43 ID:qEQaRkIo



   『栄光と永輝に彩られた光の王子―――』


             / ̄\
               |    |
             \_/              ドルーアが攻めてくれば守ってやる
               |
           /  ̄  ̄ \            しかしこっちから攻めるのに付き合いたくはないね
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | ))
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |



685 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:12:05 ID:qEQaRkIo


   『いよいよ彼の蠢動が始まる』


      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!|
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'    期待しているぞ、オグマよ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ/
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /    その際は我輩の為に存分に働け
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽
     _/    '´_∠ ┴z_

686 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/02/27(土) 21:12:36 ID:qEQaRkIo



               『やる夫で異説ファイアーエムブレム』

                   第六話「オレルアン遠征」



 ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h                  , , ,, ,, ::: ;;; ;; k
_,.....、__,......__,....._/ } | | .i_              /""         `;;,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ〈|〈|:  /             ノ(
-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl| / ´⌒\,,}!iii!{、_/⌒`   ⌒'   
.         /     / /   `¨¬‐-| ||::/ ( ⑪)::::ノヽ::::::( ⑪)    ;:;:;:;:;:K  歴史は勝者だけのものじゃないお!!
.  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l| |  ´"''",       "''"´       |
 ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ;; (   人    )   #;:;:;:;:   |
.         |     /            ̄ ~ヽヽ `ー '  `ー ’  /       /
        |    /               \  ) /  )  /      /
        |    |                 イ ⌒ f、 ̄      ;:;:;:;:;: \
        |    |               /      ヽ          |

関連記事
スポンサーサイト



2010-03-07 : 異説ファイアーエムブレム : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
【やる夫で】異説ファイアーエムブレム・ 第六話『オレルアン遠征』 «  ホーム  » 【やる夫で】異説ファイアーエムブレム・第五話『謀略と思惑と』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
No title
>>どうして彼らはオレルアンに対し本気を出さなかったのか
二次で暗黒竜やるなら決して避けられない所だよな。
そこが作者の腕の見せ所なんだろうけど。
2010-11-10 23:41 : 名無しの隊員 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload




以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-47.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13