以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-1341.htmlより取得しました。


スポンサーサイト

-------- : :
Pagetop

黒井先生はやる夫に振りまわされるようです 第23話

831 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:24:45 ID:nU.lhX7g [1/17]


 < 黒井先生はやる夫に振り回されるようです 過去編 >


       /  ̄ ̄ ̄ \
       /        ::::\
       |          :::::::|
      \.....:::::::::    ::::, /     ┌───────────┐
      r "     .r  /      │ やる夫の場合 その2   │
      |::|     ::::| :::i.        └───────────┘
      |::|:     .::::| :::|
      `.|:     .::::| :::|_
       .,':     .::(  :::}
       i      `.-‐"





832 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:25:48 ID:nU.lhX7g [2/17]



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


    高校に入り、ななこに出会って間もなく、

    やる夫はその姿に目を奪われた。



833 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:26:36 ID:nU.lhX7g [3/17]



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (ー)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


   覚えている。

   目を閉じれば思い出せる。



834 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:27:58 ID:nU.lhX7g [4/17]



                                         |::::|
                    - ‐ 一 ー- 、        .    /}::::|
                 ,  '            ヽ        //}::::|
              , ´               ` ヽ    ///} ::|
             '、                   <__.///. ! ::|
            /         _/ヽr-、          ///  |::::|
           -、_      /.:::´ ̄ヾ ハ          「|//  /|::::|
            一´      /i:::::::::::i::::::ヽヘ        ,|:|/_/ .|::::|
           `、       iィ:::::ヽ :|:::ノ:::j.N       t|二≠! |::::|
            {:.       iN ::::::Y´::,ィ::|.         i!| .j  |::::|
             ゙ .        {ハ>゙只<ハ!          .|i|_ノ ,/|::::|
             ` ‐- 、   ,ィく ,イ.l.|\_>-、.   ,,, -‐´|:|_/ . |::::|
       ___    、:'  f´::::::`: | |:!:::::::::::/.i 二     |:|━一 .|::::|
      「     `ー-、 [}../ .::::::::::: | l:|:::::::::,'.::::| [_..  |:|    「|:::〃
      「           |∥/.::::::i :::::: | |.i::::::::{:::::. i   └┐ |:|   |:i〃
      「           | i/ .::::::ハ::::::::| !:|::::::::i::::::..|    i| |:|‐┐ 〃
      「           rfハ . :::/y'..::::::|:i│:::::::k:::. |    i| |:| .レ-ゞ==
      「           | c.`ーイk :::::::|j. |::::::::イ!::: |    iト_|:|rf´ ,:;:;:|;;;;;|
      「:..        └── 'く:::::::::|:.:.|::::::::儿::::|     i| |:|;:;:;:;:;:;:;:|;;;;;|


          夕日に照らされた貴女の後ろ姿を。



835 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:29:52 ID:nU.lhX7g [5/17]



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   たまたまの一方通行で見つけたその光景は、

   やる夫の妄想を駆りたてる。



836 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:31:12 ID:nU.lhX7g [6/17]



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


    それは、~ある日女の子が空からおちてきて~なんてのと同じ類の、

    他人には絶対に話せない内容を通り抜け、

    実行すれば犯罪に至る悪意。



837 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:32:29 ID:nU.lhX7g [7/17]



           ___
          /⌒  ⌒\
        /く○>   く○>\
       /   (__人__)   \
       |     |r┬-|     |
       \    `ー'J    /
       /              \



    どうせ拒絶されるに決まっているのだから、

    力づくでものにしてもかまわないんじゃなかろうか。

    そうしたらあなたはどんなかおをしてやるおをみるのだろうか。

    ……なんてさ。



838 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:33:50 ID:nU.lhX7g [8/17]



       /  ̄ ̄ ̄ \
       /        ::::\
       |          :::::::|
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /
      |::|     ::::| :::i.
      |::|:     .::::| :::|
      `.|:     .::::| :::|_
       .,':     .::(  :::}
       i      `.-‐"


    ひた隠す。

    誰も知らない事を望み、

    理解される事を求めない日々。



839 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:35:18 ID:nU.lhX7g [9/17]



    ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
      ヽ   ____
        /  |::⌒\
      /  _ノ|::(●)\
表   /  o゚⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
     |::.    (__ノ|r-|:::::::::::::::::::|
     \::.   ´ |ー´::::::::::::::/
               ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\


    まあ、現実に実行するつもりはさらっさらなかったし、

    そんな感情はおくびにも出さなかったつもりだった。



840 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:36:10 ID:nU.lhX7g [10/17]



       ___    ___
       > `>'´ <
     /    .::. x=、 \__
  _/ /三≧==< ヽヘ  `>
    7 /´      \ ヘ``\ ',
   /i /          `ィ   ヽ}
  / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
  ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
. /l  | 斗lー八 .::: V -┼ト ! :::::|::::|∨
/´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j
  | :八 ::|t( ●)`\|(●) /:::/::::|    やる夫さん、告白しないんですか?
  | l ハ 从         /:::∧リ
  V\:∨介ト 、 _ -_ イ个V/ 
     /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{
.       ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ
       /`Y´∥¨::¨∥ Y´}




         ____
       /      \   て
      /         \  そ
    /              \
    |       (__人__)    |
     \     ` ⌒´   /



    ――なのに。



841 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:36:49 ID:nU.lhX7g [11/17]



     {ー- 、∧ノ{
     _ ゞ ≦    ̄ ヽ
   r ′ - > -―  ̄`ー 、
   |/  /   ヽ    ヽ  ヽ
   /  /  /      ヽ ヽ  `、
  ム. l  /      \  l _L  l
  |l | /  l  l  ト、  l 斗七ハハ ノ
   川 l |  {、 |」斗ヽ、|/レ'レ 从!
  ノ リ!八 l  k<! ヽ!    (● )l l
    ヽ ヘ  ヽ (● )      リ
     } 人ヽヘ ゝ     ′  ノ
     ノ   `~ゝ     -  ≦ーフ
          廴 ` ー  ≦ } ヘ く
         /  ヾ   彡 _,イ._ノ、._ゝ                  _   _,
         /   , ゞ- _ノ〇l `ー'                 ___,> Y´'ー-、
          /   /  〇  〇|                  _>z二_ ___`ー≧__
                                     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                    /        ヽ `Y′之>
                                .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                     `|   ヽ    「)'/|/
                                     ヽ、_  ―  _,.ィT/
     |┃:::::::::::::::                            / Eニ::ィ -、 |
     |┃_ _二zく_:::::::::::::::                    /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     |┃‐ ´ ̄`'┴<:::::::::::::::                   /:::/へ ヘ/::::/:::
     |┃       \:::::::::::::::                  /:::::\ ヾミ::::/|:::
     |┃, ,.  ,.l  ,  ゙i:::::::::::::::                 (;;;;/| \;;;;ノ/:::
     |┃寸T ハT7} ィ, l:::::::::::::::                   /    〈:::
     |┃(●) (●)| ハ|:::::::::::::::
     |┃    ,    |:::::::::::::::
     |┃   ―   _ノ:::::::::::::::
     |┃ィ::ニE7 l:::::::::::::::
     |┃::::/ヽト:::::::::::::::
     |┃:|´  ̄`i:::::::::::::::
     |┃:::::::::::::::



      できない子はやる夫の事をよく見ていたらしい。

      あの時のやる夫は外面を取り繕っている仮面がもうボロボロだったらしい。

      自分ではそんなことないと思っていたんだけど。



842 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:37:54 ID:nU.lhX7g [12/17]



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ○) (○)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |     ……ふられたら何をするかわからないお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ




        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
  '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
.      ヽ、  ― _,.ィT/    ふられたらわたしをどうにでもしてくださいな。
        r-l   l= 、i
     r‐'  `ヽ、 l つ
     'v――-、¨ r'' ヽ
    /     l l i .l
    i   /   .! l ヽ
    /   i      l /



843 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:40:00 ID:nU.lhX7g [13/17]



         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>   `r‐   ≧__
     >イ    `     <
    / >             >
.   / く   ,'          リ
   l ,ィ  ヽ ,/        } ノ
   |ハ | |くヘ,Y´入ノ リノ ,/レ′   だからそんな顔をするのはやめてよ。
     `| ノ     ...::/|/
     ヽ、ゝ /  j.:./|/       ――兄さん。
        ,l:/ノルリハ:ソ
      ィ':::::::::::::::::`.:
      |::||::::::::::::::: ||
      |::||' ̄ ̄`j:|j




     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |      …………
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



844 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:41:08 ID:nU.lhX7g [14/17]


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   │
   │
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   │
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   ――好きな人が出来たんですお
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


    結局、

    そのまま告白する流れになってしまって、



845 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:43:07 ID:nU.lhX7g [15/17]


                   _,.-‐/ヽ- /´ヽ、_
                ,.-‐"´ /   λ/   ∧`ヽ、
                /,          ,  ,ヘ、  ヘ  `‐-.、_
             / / ./   .  , /ヘ、/:::::::,}      ∧`ニ=-、
              _/_,-/ ::   / / ./"゛`"|"´ | j    i   ヘ、
            〈'´ /  ::   / / /ー-、  |   | λ   | ::: i ハ
             {シ./ / :::  / / /    ` /   | / |-、 i | ::: |:  |
            ∨ / .::  //|./ __   /   j/ |  | |::::: ト、 |
            /ノ|/|  /´ ア弐ミz`    ,__  |  jノ:::::: | ``
           ´ヽ_ゝ{  |          '戎ミz |  /:::::::: j
           /γ'´}|  |i       、     ,ハ /::::::::: /   ほんなら条件を出すから
          /::::::/:::::::ヽ ||.     ,rv‐-、_    λ::´:::::::: /
          \__;ノ::::::::::j∨||\  {    ,ノ   _ノ:::::::/リ|::/     やる夫がそれをクリアーしたならつきあってもええで
          //|:::::::::/-.、リ__ .ゝーr`二´-‐"´|::|:|:;/  j/
          ,-/´  |:::;ノ   __,..-‐'~ ̄ヽ、     レ|:|'
       / j:   ::i´ |‐' ̄         ,\     |j
       ノi |:   ::|  |  ,      /  ハ、  ´
        j | |:   ::|  |  i   ,    /     ヘ、
       { | |:   ::|  |  ヽ /   ,       \


        OKされるなんて思ってもみなくて、


846 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:45:28 ID:nU.lhX7g [16/17]



        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ


    身勝手な話。

    喜びもあったけど、                                         __  __. ``   ./
                                                                ヽ     ヽ   く
    それ以上に戸惑っていた。                                         _ノ    _ノ    .\



847 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:47:57 ID:nU.lhX7g [17/17]


雰囲気を破壊するっ
もうちょっとだけ続くんじゃ……



848 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:53:54 ID:lUvyRs/U


乙だぜ!



849 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 01:56:05 ID:nAWStlXA


乙です



850 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 02:47:19 ID:E4HlIsYk


乙じゃー



854 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 20:08:48 ID:L5BZHnNI




やばいっ、ここにきて不出来子にぐらついた俺は背徳ですかっ?



857 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 14:15:02 ID:cph6xvU2


乙!!



858 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:53:34 ID:p/24vOII


乙!!!



859 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 20:01:25 ID:GivU5GnI


丙!!!!



860 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 21:03:05 ID:1Fy2qFaI


いや甲だ!



861 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 21:42:04 ID:9fbaFcGM


謙虚な俺は丁を選ぶぜ



862 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 21:43:23 ID:szl6qMnw


せっかくだから俺はこの乙を選ぶぜ!




863 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 21:47:24 ID:ogE7TSAw [1/4]


お前ら……
甲とか乙とか丙とか書き込むなら俺にファンタジーな世界観のスレでお勧めがあったら教えてくれよ!






                                         意訳:投下できなくてすいません。



880 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:20:34 ID:qHhrX/zA [1/2]


アレだ、真紅が魔王でやる夫が勇者
んでもってそんな二人が恋に落ちる奴



882 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:27:15 ID:iIw8hR92 [3/3]


>>880
やる夫の冒険は終わったようです
だっけ?
ちょっとタイトル違ってるかもしれんが



883 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:27:40 ID:Gz6FRwZM [2/2]


>>882
多分あってるだろ



884 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:44:45 ID:y5M4lisk


>>880,>>882,>>883
に誰か突っ込め



885 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:44:57 ID:KDTdhwLI


>>882
「やる夫の冒険は終わりました」だね
完結してるから読み時



886 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:46:00 ID:qHhrX/zA [2/2]


>>884
落ち着け、オレはノン気だ



888 名前:小豆  ◆J0wXpmBJqA[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:52:12 ID:ogE7TSAw [4/4]
                   |   |  | |   |    |  | |   |   |   || | |
                   |   |  | レ  |    |  | |   |  J   || | |
    ∩___∩     |   |  |     J    |  | |  し     || | |
    | ノ\   ,_ ヽ   .|   レ |      |  レ|       || J |
   /  ●゛  ● |  J      し         |     |       ||   J
   | ∪  ( _●_) ミ                 |    し         J|
  彡、   |∪|   |                   J                レ
 /     ∩ノ ⊃  ヽ   >>880,>>882,>>883>>885
 (  \ / _ノ |  |
  \  "  /  | |
   \ / ̄ ̄ ̄ /
      ̄ ̄ ̄ ̄



889 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:55:17 ID:yne2Jl5o [2/2]


ファンタジーな世界観って意味ではあってるだろw



891 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 23:58:19 ID:WpQDDpqs


じゃあ俺がツッコミしとくよ

作者に作者の作品オススメすんなよwwww



893 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 00:02:57 ID:Bq/s4KBA [1/4]


>>891
誰もが思ってて口にしなかった事をwww



894 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 00:05:32 ID:deF4HsyY


遂に言ったー!



895 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 00:11:26 ID:/sa2ev7M


勇者現る!

だがこれでこのスレの冒険は終わったようです。



897 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 00:19:03 ID:EXMYtUPo


これは気づかないフリするもんだとおもって全力スルーした俺は、
空気読んだつもりで全然読めてなかった。



関連記事
スポンサーサイト

2010-10-01 : 【完結】黒井先生はやる夫に振りまわされるようです : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
使って欲しいキャラ紹介 第54回 ハルカ・アーミテージ «  ホーム  » やる夫は蒼星石とホロと、家族のようです  第12話:些細な拘り
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
できない子のお陰もあったのか…
やる夫、気持ちは解るぞ…黒井先生が夕日浴びてる画とか、見たら何するか解らんw
2010-10-01 12:32 : 名無しの隊員 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/blog-entry-1341.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13