以下の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/?no=49より取得しました。


【やる夫で】異説ファイアーエムブレム・解説&七話予告

129 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:55:16 ID:xJVGg72.


【オマケ】


        / ̄\
       |     |
         \_/
         | 
      /  ̄  ̄ \     という事で…
    /  \ /  \
   /   ⌒   ⌒   \  解説六回目です
   |    (__人__)     |
   \    ` ⌒´    /                    _
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \                  /O \
                                  |. °  |
                                  \_,/
                                    |
                               / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                              /            \
                        .     /               ヽ
                            /              |
           今回もよろしくお願いしまーす  |    ⌒    ⌒     |
                            ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                             \_ /⌒l        /
                              l/  /三三三三三l.
                             / |   l   ___ ヽ.

130 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:55:54 ID:xJVGg72.


       ./ ̄::\
       |   : : : ::|
        \_:;;;;/
        |
     /  ̄ ̄ ̄\      やーしかし……
   /;    . . : : : :\     遂に俺の登場か……
 / ∪   . . : : : : : : \
 |         . : : : : : : : :|   なんかもういきなり疲れたよ
 \_    . : :〃 : : : :,/
   /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.
  / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\                               _
                                              /O \
                                              |. °  |
                                              \_,/
                                                |
                                          / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                         /            \
                何かこれから苦労させられる感が   . /               ヽ
                バリバリと出てたよねー         /  ノ     `ヽ    |
                                       |    ●    ●      |
                                       ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                        \_           / オツカレサマ…

132 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:56:22 ID:xJVGg72.


               / ̄\
              |     |
               \_/
               _|__
             /::::::::::  u\
            /:::::::::\ 三. /\     まったくだ
          /:::::::::: <●>::::::<●> \
          |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   兎にも角にも気が重い……
          \::::::::::   `⌒⌒´  ,/
          ノ::::::::::u          \
        /:::::::::::::::::      u    
                  。
                 O
   ________○______
\                        /
  \          ,ィ二`'r<二丶、        /
               //::::kミ〈:f=、:::ヽヽ
           //:::/  lノ ヽ::::', ', ',    /
    \    ノ//,l l:::{0}  /¨`ヽ`{0}! l,ミヽ   /
     \ / く l l::/  ヽ._.ノ   l::l/ゝ \     働け、バーカ
     / /⌒ ▽   `ー'′ ▽ ⌒\ \
     (   ̄ ̄⌒   ヽfロ}/      ⌒ ̄ _)
      ` ̄ ̄`ヽ  ▽ ∨  ▽  /´ ̄
           |     v      |
  --- ‐   ノ     v     |
          /       v      ノ
         /           ∠_
  --   |    f\      ノ     ̄`丶.

133 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:56:47 ID:xJVGg72.

      / ̄\
     |     |
      \_/
        |
    / ̄ ̄ ̄ \
   / ::::\:::/:::: \
 /  <●>::::::<●>  \
 |    (__人__)     |    しかしまあそれは置いといて、だ
 \    ` ⌒´    /
   リ        / ̄/ ̄/
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /                                        _
                                                      /O \
                                                      | °  |
                                                      \_/
                                                       /
                                                / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                               /          \
                                     .         /               ヽ
                                             /   ⌒    ⌒      |
                                             | / / / 、_,、_, / / /    |
               恒例の解説を始めさせていただきーす       ヽ              /
                                           /⌒ヽ_\           / /⌒i
                                           \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
                                     .        /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
                                            `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'

134 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:57:22 ID:xJVGg72.


      / ̄\
     |     |
      \_/
        |
    / ̄ ̄ ̄ \
   /        \      今回のお題は言うまでもない
 /     ::::\:::/:::: \
 |    < ●>::::::< ●> |     『どうしてドルーア帝国はタリスに攻め込まなかったのか』だ
 \     (__人__) / ))
   リ     ` ⌒´/ ̄/ ̄/
  (|        /  / と)
  と|       /  /  /                                        _
                                                      /O \
                                                      |. °  |
                                                      \_,/
                                                        |
                                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                                 /            \
                                          .      /               ヽ
               王子様自身が言ったよう                 /  ノ     `ヽ    |
                                               |    ●    ●      |
               降伏勧告を出す事は簡単に出来た筈だもんね    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                                \_ /⌒l        /
                                                 l/  /三三三三三l.
                                                / |   l   ___ ヽ.

135 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:57:56 ID:xJVGg72.


       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \      まあ正史では無視されているだけで…
    /   :::─:::::::─\
  /    <●>:::::<●> \    ドルーアから降伏を促す書は届いていたと
  |       (__人__)   |    仮定する事は出来るんだが…
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /                                              _
                                                          /O \
                                                          |. °  |
                                                          \_,/
                                                          /
                                              .     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
              それならどうしてその書に従わなかったのか      .   /             \
                                                /   \         ヽ
                タリスが王子にそこまで肩入れする理由は何なのか .  /   ●           |
                                               | 、_,、_, ⊂⊃        |
              って疑問が生まれちゃうね                  ヽ {_ノ           /
                                                \            /
                                               (`ヽ l三三三三三三三l
                                                ヽ、/     ___ ヽ

136 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:58:26 ID:xJVGg72.


               / ̄\
                 |    |
               \_/
                 |
             /  ̄  ̄ \       まったくだ
            /  ::\:::/::  \
          /  .<●>::::::<●>  \    むしろ『アリティアより落ち延びた』という定説そのものが嘘っぱちで
          |    (__人__)     |    実際は流罪刑に処せられタリスに流されていたとか
           \   ` ⌒´ 〃´ ̄ヽ     その方がまだ説得力があるな
            〃 ̄ V }{ヽ/    _>
    ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
    l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
    |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
    j_    l≡l         !_         \
    { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
    ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }                               _
                                                           /O \
                                                           |. °  |
                                                           \_,/
                                                             |
                                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                                      /            \
                                                .      / /      `ヽ   ヽ
                              その場合、最初からタリスは      /  ●     ●     .|
                              ドルーアに降っていたって事?     | ⊂⊃     ⊂⊃   |
                                                     ヽ     r‐-、     /
                                                      \_ /⌒l`ニ`     /
                                                       l/  /三三三三三l.
                                                      / |   l   ___ ヽ

137 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:59:01 ID:xJVGg72.


             / ̄\
               |    |
             \_/
               |
           /  ̄  ̄ \           まあそれならそれで
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\      『どうしてマルス王子は助命されたのか』
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | ))    って疑問が出てくるからなあ…
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |                             _
                                               /O \
                                               |. °  |
                                               \_,/
                                                 |
                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                           /            \
                                          /  u           ヽ
                 池禅尼が必要になっちゃうもんね     |    __ノ    ヽ、_    |
                                          |    ●    ●  U .|
                                          ヽ  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃  /
                                           \    └┘     /
                                            :;l三三三三三三三l
                                            | __      __ |
                                            | |:::::::::|     |::::::::::| |

                                       (※源頼朝の助命を嘆願した人)

138 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:59:34 ID:xJVGg72.


         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \       そうしてみると今回の解釈が一番無難だと思うんだよ
      /   ::\:::/::::\
    /   <●>::::::<●> \    『ドルーアは王子の蜂起を待っていた』
    |     (__人__)    |    『だからこそタリスを放置していた』
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │                                 _
                                             /O \
                                            |. °  |
                                             \_,/
                                               |
               ただ問題は……                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
                                         ./  ゚.         \
               誰がそれを望んだのか―――    .,__ / o          ヽ  /
                                     __` .|    ノ:::::::::::::::::::`ヽ o |/ ̄/
               何故それを望んだのか―――   .,  \|    ①:::::::::::::①    .|  /rへ,ノ 
                                  __>‐ .ヽ. ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ ./   :.\_
                                       .:/从へ、    o  从rーヘ_
                                     _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \
                                          .::┘   :│   ゚

139 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:00:03 ID:xJVGg72.


          / ̄\
       |    |
      γ⌒) )/
      / ⊃_|_           マルス王子が無能であれば
   〃/ / \   /\ 
  γ⌒):::<●>:::::<●>:\ ∩⌒)    ドルーアの意図に翻弄され
 / _ノ    (__人__)  〃/ ノ    使い捨てられて終わってしまったのだろうが…
(  <|  |   ` ⌒´    / / ))
( \ ヽ \ ____/( ⌒)
               / /                                   _
                                              /O \
                                              |. °  |
                                              \_,/
                                               /
                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                     /            \
                               .      /               ヽ
                 そうはならなかった、と      /   ヽ、   ノ     |
                                    |    ●    ●      |
                                    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
                                     \           /
                                      l三三三三三三三l
                                     /      ___ ヽ

140 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:00:22 ID:xJVGg72.


         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\     あの王子は良くも悪くも怪物だよ
    /      u <●>:::::::\
    |         (__人__)|    それだけは間違いない
     \    u   .` ⌒/
     /           \                               _
                                               /O \
                                               |. °  |
                                               \_,/
                                                 |
                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                          /            \
                                    .      / /      `ヽ   ヽ
                                         /  ●     ●     .|
                  へー、一応は認めてるんだ       | ⊂⊃     ⊂⊃   |
                                         ヽ     r‐-、     /
                                          \_ /⌒l`ニ`     /
                                           l/  /三三三三三l.
                                          / |   l   ___ ヽ

141 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:00:54 ID:xJVGg72.

       / ̄\
      |     |
       \_/
       |
     /  ̄  ̄ \       まあな……
   / ノ   \. \
  /  <●>::::::<●>  \    友達になりたいタイプじゃないが
  | /// (__人__) /// |    恐るべき才人である事は確かだ
  \    ` ⌒´    /
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \



         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\        しかし問題はドルーアにも
    /      u <●>:::::::\       怪物が揃っているという事でね…
    |         (__人__)|
     \ /⌒)⌒)⌒)` ⌒//⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /            >
                            ,''´ '`´ ゙ヾ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            ル ンノソヾリ゙   <  俺とかな
                            ''v(i゚ ー゚ノi     \______
                             くj~Y~iヽ
                            .  l__ハ_!ソ
                              |__l_j

142 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:01:19 ID:xJVGg72.


         / ̄\
        |     |
         \_/
         _|__
       /::::::::::  u\
      /:::::::::\ 三. /\
    /:::::::::: <●>::::::<●> \
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |   今後は怪物同士が火花を散らす戦いになる
     \::::::::::   `⌒⌒´  ,/
    ノ::::::::::u          \



        ,r''"""ヽ
        i    :::::!
         ヽ,__;;;;;r'
          _亅__
       ,r' ̄   `ヽ,
      ,r'-一、 ` ―‐、ヽ,     そして俺はソイツら相手に働かされるんだ…
    ,r' T辷iフ    f'辷jァ ヽ,
    i    (_;;人_;;)    :::;!   おお、イヤだ
    `ヽ__  `'二'´  ___;;;;r'
    ,r´   ̄  ̄ ̄  ̄  `ヽ,                            _
                                        /O \
                                        |. °  |
                                        \_,/
                                          |
                                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                   /       ::::::::::::::::\
                                  /          ::::::::::::ヽ
                  身も蓋も無いね…      | /      \   :::::::|
                                  |  .○ミミミミ○    ::::::|
                                  ヽ⊃ 、_,、__, ⊂⊃     /
                                /⌒ヽ_\ `.ー'´       / /⌒i
                                \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
                               .   /:::::/ |_     ___ ヘ、__/
                               .  `ヽ< |  |    |     | ヾ:::彡'  マエモイッタケド…

143 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 22:01:43 ID:xJVGg72.


        / ̄\
          |    |
         \_/
           |         /)
       /  ̄  ̄ \    ( i )))
     /  ::\:::/::  \   / /   まあそうは言っても―――
    /  <●>::::::<●>   \ノ /
    |    (__人__)     | .,/     次回でようやく正史突入ですんで
    \    ` ⌒´    /
    /__       /´
   (___)     /                                        _
                                                 /O \
                                                 |. °  |
                                                 \_,/
                                                   |
                                             / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                                            /            \
                                       .     /              ヽ
                                          /  ⌒     ⌒     |
              ここまでのマエフリがちょっと長過ぎたけど   |    ●    ●      |
                                          ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /   ミ
              次回もよろしくお願いしまーす        /⌒ヽ_\    ゝ._)     / /⌒i
                                        \ /:::::/;l三三三三三三三l /  ./
                                       .   从l||l |_     ___ l||l人.∧ バンバン
                                       .  ( ⌒ )  |    |    ( ⌒ )'









124 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:53:27 ID:xJVGg72.


次回予告―――




   『迷走する統治』

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__     何考えてるんだお、二人とも!
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |     頭、茹だってるんじゃないかお?!
 \:::::::::   |r┬-|  ,/_ |   |
   ヽ     `ー'´  i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /



126 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:53:53 ID:xJVGg72.


                『ミシェイルの思惑と』

               ∠'´--,-、__`゙≡  ヽ 、iヽ
         )     ,, ‐'_´_≡ ≡    ミ  '‐‐-、
         (,-‐-、_ -´_'´´≡,           ニ、‐、
        ,/. )    ̄´,,-‐´ 彡, ‐ , -""       、i
      /. ,,,,   ///_,‐、ゝく/,-‐'"´i ll ili i|i  、ゝ
     /,ン‐//-ュ   //i ,Y l\´  ,,ゝ、ハ  i|li  |__________  ,,,,-‐
   , ‐´''''''/'‐"‐片    `‐i/ l/゙゙|  丶く、_  、|、i   ノ-、,_,,, -‐'´
 -'´,,,,_丘‐-ッ‐i'"       /  ,|    ゙  ゙̄'' ゝ  / ,, -‐        それが出来たらどんなに楽しい事だろうな…
''"´´'" `'''‐"、/        'i ,,,_´' ヽ     /,,-、. /
''''゙゙゙"' ‐=、,___ノ    ∧.   i `"''"'‐、_    .//゙ノノ/       ____
‐-<'‐-、,,ッ'     ノ | \  | ヾ‐、  "´ イ__,,ノ./‐--‐''''"´´ ̄
ノ ´   |    / |   \|       , ∧\ /          ,,-
 i    /-、__/   |     |  _, ‐ ´ / |  \‐ ‐ -      //
  l__,,,-‐'  ∠_/`‐-、|     ∟‐- 、  /  |   \     ,/ /
 ,|      /    ___,,,,,,,,/     ,ノ  |     |_/ ̄´
/      /  /´\     /ゝ‐-/   \   //_ ‐'  ノ




   『ガーネフの蠢動が交差して』

______r・ユニ三三三三三圦
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::/>―=≧三三三及_
:.::.::.::.::_,- 、:.::.::.::.:: ノ::::::::::::::::::::::゛ ̄アテ三亥>
:.::.:: イ   ∨:.:: 彡'- ― -、::- ‐‐i!´:ノ
:.::.:: i V⌒yヾヲ      Y 、 ゚ノ:::{
:.::.::∧ヾ〈          ヽ`Y´ ̄{
:.::.::.::∧ `                  ヽ、
个r 、_,イ^ー    八      , - _ /
二 ー=k _     \ヽ、     Y⌒
:::::::\r  入      `- =―r´     さて、どうなるか…
::::::::::::::\N  `ヽ         r'
::::ー:::::::::::\   ー 、  /
:::::::::::::::`ヽ::::`ー 、   `ヽy
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\Y 、廴

127 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:54:12 ID:xJVGg72.


                  『ようやく彼が表舞台へと登壇する』

                            : : ヽ 
                         ヽ : : : .: ヽ :  
                           : :.: : : : : :i.ヽ丶: : : 、.、 
                       ヾ: : : ::::`:`::`i゙":::::::::::::::::`::、
                         ヾ : : :i:::::::::::::.iillllii v,,,::illli::::::::::;;、
                        ヽ`:i::::::::::、l lll: :;.lll゙゙゙,llll::lllll :::;;;;;:、 
                    ヾ: ;`.i`;;;`:l lll ;;: //  “`: lllll.:::;.ll:: 
                    : : : ;;;`;;:l lllll ;;:://   :::: lllll::;:'llil、  
                   ;:: .: 丶i``ll::l lll:::: ,//:   : : ;;;;;;;;;llll: :llll、: :  
                ;:: ;;;;;: : i 、,/,l;llll":,i,,lll,,丶 : :';;;;;;;;;,:;;ll;llllil,;;::: :;;;  
                 ;::: : 、::: ;;: : `:::;;;;,llil゙,l :,illllliト’  |;;;;;;illllli";ll.l::lll!;;: ;;; 
                   ; ; ; ::,.::::::::::::: ``llll゙i!il,:      |;;:    llll:::lil!、, ; ;;;    
                 ; : ::::::::::;;:::;;;;;;.,ill゙_r‐;゚li、    ,    l|lll:::ll!’'',:ll、     
                  ; : :::::::::::::::;;;;;: :,:l゙°`;..,ill゙_i、.. ,, ,,,,,,,,,、, l:llll ,lll!゙′;;;;;!゙、:    
              ; ,::;:::::::::::;;;;::;:;:::`;;;;;;;;::;rl゙゚;,i!',,jト、'--.,,i,l゙llllllll!゙: ::::;;;;;l°⌒,,y  
            ;; : : ::: : :::;;;;;::::::::::.,,,、;;.;;;;;;;:',,,,lll!!!: ``"゙ l゙`ll゙゙厂::;;;;;、“;、;;;;,liilll` 
          ; : :  : : : : :   、: ;;;;;,,;!l|,,,iiiill!゙’:,l!:_   ン,,,l ;::;;..>、.;;;;;;,,:::::;;llii、  ;:;:;:;:;:;:;: 
                 : : :;;;;;;;,,,iiiiillllllll!l°.、l`::::::丶-l'゙゙°:::::;;′゙ケ;;;;;,i::iii::llllllli,、:;:;:;:;:::;:;    
              : : :::::::;;;;;,iillllllllllllll゙゙;゜:. :/: : :,,,,,,,レ’:::::;;;;;;;;;、i";,/:゙゙゙゙llllllllllll,lm:::llll,,,:;;

128 名前: ◆3QXUDFI5jU[] 投稿日:2010/03/06(土) 21:54:36 ID:xJVGg72.



               『やる夫で異説ファイアーエムブレム』

                   第七話「マルスの旅立ち」



 ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h                  , , ,, ,, ::: ;;; ;; k
_,.....、__,......__,....._/ } | | .i_              /""         `;;,
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ〈|〈|:  /             ノ(
-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl| / ´⌒\,,}!iii!{、_/⌒`   ⌒'   
.         /     / /   `¨¬‐-| ||::/ ( ⑪)::::ノヽ::::::( ⑪)    ;:;:;:;:;:K  歴史は勝者だけのものじゃないお!!
.  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l| |  ´"''",       "''"´       |
 ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ;; (   人    )   #;:;:;:;:   |
.         |     /            ̄ ~ヽヽ `ー '  `ー ’  /       /
        |    /               \  ) /  )  /      /
        |    |                 イ ⌒ f、 ̄      ;:;:;:;:;: \
        |    |               /      ヽ          |

関連記事
スポンサーサイト



2010-03-07 : 異説ファイアーエムブレム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
画廊 «  ホーム  » 【やる夫で】異説ファイアーエムブレム・ 第六話『オレルアン遠征』
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Pagetop
コメントの投稿
no title
ここ支援絵はまとめないの?
2010-03-07 20:28 : 名無しの隊員 URL : 編集
no title
画廊というタイトルでまとめさせて頂きました。
御指摘ありがとうございます。
2010-03-08 00:14 : 管理人 URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-06-10 19:16 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »
Pagetop

最新記事

お知らせだったり雑記だったり (01/01)

らすとあっぷでーと (01/01)

やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ 目次Ⅵ (02/07)

使って欲しいキャラ紹介 第558回 巴 マミる夫 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第557回 風鳴翼 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第556回 天ヶ瀬 冬馬 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第555回 オランピア (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第554回 ぴおん (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第553回 宇宙人「人造昆虫カブトボーグ」 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第552回 レヴィ・ザ・スラッシャー (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第551回 擬人化キュゥべえ (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第550回 小牟(シャオムウ) (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第255回の補足 (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第549回 ぽめいじぽいし (02/06)

使って欲しいキャラ紹介 第548回 アマテラス (02/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 王道の軌跡 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part6 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第8話 「軍人の定義」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part5 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part4 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part3 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part2 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ 奥様は○○ (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 第7話 「死者の為に、生者の為に」 Part1 (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです 埋めネタ マリえもん (01/06)

やる夫達は王道を突き進むようです はやて編 第1話 「少女、王道に進む」 (01/06)

掲載記事一覧

openclose

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

画面サイズ測定プラグイン

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

芭蕉カジキ

Author:芭蕉カジキ
個人的な保管庫のようなやる夫系まとめブログであり、管理人の環境に最適化してあります。
が、余りにも記事が読み辛いようであれば御一報下さいませ。

管理人がつぶやいているようです

Twitter < > Reload




以上の内容はhttp://yaruomatometai.blog72.fc2.com/?no=49より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13