以下の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-5490.htmlより取得しました。


クリックで開閉

【闇薙】異世界で奴隷派遣業【純愛】後日談1 トヨネ編

6380 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:16:13 ID:qinxua1.0 [2/25]
後日談、今から投下します。

書き溜めなんて出来んのや。

今から半分即興で初めての18禁やるけど、人はいますか?

6396 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:20:37 ID:qinxua1.0 [3/25]
……まあ、最初逆レ、最終的にらぶらぶって感じか。

まあ、いいよね?

ということで、今から始めます。

6397 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:21:18 ID:qinxua1.0 [4/25]
とりあえず置いときますね。

まあ、そこまで露骨には書いてないけどさ。

             ,:'⌒ヽ
            入___人
         /⌒  ⌒\
    r、r 、/ (●) (●).\ ,.-,-、
   (\\\/'´l(__人__)!´ヽ///)
    (\`     ,l `ー'´ !    ´/)
    \     lr‐┐r ‐ 、l     /
     `┬‐'´ ゙l | 〉 ゚ 〈 `'‐┬´
.         \.  |__|(__゚__) /
           \⊂ニニ⊃/
          \  /
            `´

6403 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:21:54 ID:qinxua1.0 [5/25]
転移した先は天井が高い屋敷の中だった。

トヨネに合わせたサイズである事を、ヤルオは視界の隅で認識する。

どんな時でも、特に状況が不明な時は、認識できることから把握していこうとする、

前世から体に染みついた行動。

故に、その場所が自分のまるで知らない場所だと気がついた。

二二二二二二二二二二二二二≧ミ二}
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::∧::::::::::::`マ二ニ=-
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::::/ メ:::/:::l::::::::∨二ニニ=-
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::::::/ /:::/:::∧::::::::∨二二二ニ=、
::::::::::::::::::::::::::::::: /  :::::::/__j/}::∧ ∨::::::∨二二二ニ=、
::: ::: ::::::::::::::::::::::′  .::::/__l|\ l/ ' |::::::::::∨二二二二ニ=、
::: ::: ::::::::::::::::::::′  /::/`ヾ| /ハ  ,/}::::::::::::|二二二二二二〉
::: ::: :::::::::::::::::::|  ..:/    {/ ' /::リ:::::::::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::: :::: ::::::::::::::::::| /        / /:::::::::::::リ
:::::::::::::::::::::/::: |        '''  ∨::/::::::::/     マスター。
::::::::::::::::::/ l:::::|            ∨__彡'
::::::::::::: /  !:::リ           _〉
::::::::::::/  :::/          /
:::::::::/\,/:/        r 、 /
::::::::′ /\         ーr'゚
:::::::{ /  /:::::
:::::::l / .::::::::::::/>:....___/
:::::::|\/:::::::::://}::::/
:::::::|  \:::::/'  ,j::/

目を血走らせた、思いつめた表情のトヨネの顔が視界を埋める。

熱い吐息が身体全体を舐め湿らせていく感覚。

再び、ゆっくりと彼女の顔が大きく成ってくる。

6407 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:22:44 ID:qinxua1.0 [6/25]
 ∩ 00
⊂ ⊃
 Lニヽ r,/7、
 ⊂ン l.l.D ) ⊂ヽ 00
.     ラノ´.  //
         /7.l l (ヽ
.         じ .∪ ヽ)


      ,r‐┐/)
      / ////>
    / イ └'´/
   ./  .\_.ンニニス_(\(ヽ
   /  .__...二つヽ、_(._'弋 \\     やめっ……やめろ……
  (   /o゚(( ●)) (<)\`┘ ヽ\     やめて……
   ヽ  .ヽ、 .(__人┌─‐' /   .ヽ、
    \ ヽ  ノ  (`¨乙二..__/ ノ
    . |    ` ⌒´    `ー‐- ィ'

その言葉にトヨネは耳を貸さない。

何度も、何度も彼の体を舐め続けている。

キスを交え、唾液を絡め、自らの匂いを塗り込むように。

そもそもヤルオに抵抗などできるはずがない。

元来の体格差に加えて桁違いに離れたレベル差により、

ヤルオでは、彼女の舌でさえ押し返せない。

6409 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:24:28 ID:qinxua1.0 [7/25]
                  ____
        ___     /ニニニニニ=-
        ´ -=ニニア´ ニニニニニニニ\
       \ニニ {\ニニニニニニニニ /\
        \:ニニ\\ニニニニニニ/   ヽ
         /`.、ニニ\   -=ニニニ/ }   /
           |::::|::::/ -=ニ=-  -=ニ{ {,.ノ  <|:\
           人::.V 笊|:::::::‐=ニニ └'^ー――┘ニヽ
           \ ^ゞ|::i:::x=ミ __‐=ニニニニニニニノ    はぁ……はぁ……はぁ……
.           xf爪〈 |八::. }ツ厂::: |::::::::::::::::::::::.⌒´
            |/\ 〉 、 _\ ` \:::|::i::::::::::::::::::::::.
            |ニニ,ハ___   < ト ::|::i:::::::::::::::::::::..\
.           /l/ / /f´ }   / l:ト、:::::::::::::::::::::::::::.\
          /:/ニ〉、/∧r‐=≦ / ::|=∧!::::::::::::::.\:::::::::::::...
\      /://, 斗辷|   /ニ :/ニ|ニ乂_,ノ^Y:::::.\:::::::::::::::::::....
   ー‐=彡::/ // //└‐く-=ニニ:′/-=ニ/ニ|:::::::::. ニ=- :::::::::::::::::::..、
      /.:::, く/| //-=ニニニ/-=ニニニ, -=ニ|::::::::::::.       ニ=- :::::::\
.     /.:::::|ニ∧| .′ニニニ {ニニニニ/‐=ニニ:|:::::::::::::::.、         \::::.\


息が切れている。

戦いにおいてさえ、めったに息を切らせることなどなかった彼女の息が切れる。

興奮で、視界に電撃さえ走る。腕の中で涙さえ浮かべている男に、

欲望が掻き立てられる。

愛おしさで、全身を掻きまわされる。

狂っていく。

肉欲に思考がどんどんと染まって行く。

だけど、そんな事はいつもの事だ、

いつもと違う事はたったひとつ。

今日は、手を出しても良い。

ただそれだけ。抱きしめた腕に、必然力がこもった。

6412 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:25:45 ID:qinxua1.0 [8/25]
        ___
     _,. '´      ̄`、 ;;
   :; /          \
    ,   \, #;;; ,/   ヽ
    |  (○)   (<)   |      ひぎぃぁ!?
    、    (__人__)    / ;
    ,"ヽ、   ´ー'´   '´ `、
   /               ゙ヽ、
 : |   `-、、            ヽ
  \    ヽ        ハ    ヽ


ベキリ。ゴキリ。グシャリ。

人体が発してはならない音の三重奏。

骨が砕けた音。

抱きしめられた力に負けて圧縮され、粉砕され、内蔵に突き刺さった音。

致命のそれ。

痛みが脳髄をかき回す。

コポリと口から血液を吐き出した。

だけど、それすら舐め取られて、

ヤルオは遂に恐怖した。

目の前の少女が、今までの彼女とは違う、

別の何かに見える。

その笑みも、その形も、何もかもが彼の知る彼女とは乖離している。

だから、彼はまた間違いを起こす。

その間違いは、全身の痛み故に?

それとも、初めて見た、欲望に濡れたその表情故に?

その言葉を口にした。してしまった。

6416 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:26:59 ID:qinxua1.0 [9/25]



やめろ……この化物が……




後日談 その1

トヨネ編


‐======‐-
二二二二二二二二\
二二二二二二二二二\
-=ニ二二二二二二二二∧
   -=ニ二二二二ニニニニ∧
ニ=-     -=ニ二二二二 |  _
二二二二ニ=-   -=ニ二ニ}/  \
::::/:/<二二二二ニニ==-       〉_
:/{/⌒1: /l::::::::ー=ニ二二二二ニ=----、  ',     ……だけど、そうしたのはマスターだよ?
' 、___l/ |::::::::::::::|∨:::::ー=ニ二二二二\/
〃 ̄`ヾ>从:::::::::::|_∨:::::::::::::::|
         ∨::::::| `l::::::::::::/::|
  ''      ∨::::∨:::::::::::/::::|
      ′ \::::\:::::/: : :|
   、   __  /:\::::∨::l : :|
\.       /:::::::∧:::∨l : :|
、   ---  ァ/:::::::/::∧:::||:.:|
. \_  _/::{::::::/::/::∧:l八:::{
 /^Y^  \{:::/::/::/:: : |  \

だけど少女は止まらない。

止まるつもりもまた無かった。

そもそも、もう、彼女はマスターと呼ぶ彼の言葉を聞くつもりもない。

歩みを進める。向かう先は寝室だ。一部屋すべて純白で埋め尽くされている寝室。

彼女たちの愛の巣。彼にとっての牢獄だ。


6417 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:27:49 ID:lPXrZL6Y0 [3/7]
揺らがねぇwww


6420 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:28:56 ID:qinxua1.0 [10/25]
どさりと、毛布の大地にやる夫は落とされた。

その衝撃で再び血を吐く。

白の大地が赤く染まった。

      人ニニニ‐- ミニニ,ム  ‘,    \                  \
      Yニニニニニ\ニム   ゝ、  /                  ‘.,
      ノニニニニニニニY {     ヽ/              iト、.    ‘.,
.     人ニニニニ-―= {  乂,   /           ,ィ    } ヽ ,   ゝ、
         `┐ニ=-‐ '''´/ハ,   / ,        / li    }  V{    、  ヽ
      ,  ´////////{//}  /イ {i          li     ,/,,_} '   ‘,ー一
     ////////////i{//} '´ / i{i       _/__|i     ;' ィハ 》∧  i} i}
.     ////////////// {//}.  /  {i  ´ ̄ ̄/__  i}   / 炒ノ'{ } /}/\    はぁ。トヨネったら、
    ゝ----i///////////ノ  /   iレ{   《イ不i} ` .;   /      レ' '   \    無茶をしないでくださいね?
        人/////////八 ,/     { /{ i{i 乂リノ //}/   ヽ 八    ヽ  \
         /ヽ///////  /      Ⅵ人{i       '´       ∧     ‘,`ー一
.        /  i}/////,{ ,/   ,{        {i.       、 __ ノ '          }
       /   \////{ /  ,/i{.       {i .,_          /   i}        }
              ヽ//八_/  ‘.,   { /\{i  ≧ュ  .,,,_ /i    i} ,/}
    /       ∨        {  i{,/ ∨:ヽ .,イ       i!    レ' i}   }i /
   //       ノ  ,/      ,ィ{  i{、  '∨:::Y i{        |       }   }/
  '´フ´     /{   i{     /::人  i{:\  ∨:{ ,八.      八      }  ノ
.  /      / 人  i{   /''´ ̄ \{、::::ヽ. V'   \     \   i}/

タマモがパチンと指を鳴らした。

時間が巻き戻るかのように、ヤルオが感じて痛みは引いて。

立ち上がろうとした瞬間に、トヨネに押しつぶされるようにのしかかられた。

6426 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:34:47 ID:qinxua1.0 [11/25]
全身を押しつぶすように抱きしめられ、

そしてその次は彼女の欲望に染まった瞳を真正面から覗き込む。

そんな事を強制されて、ヤルオは彼女の感情に恐怖した。

トヨネに躊躇いはない。

まるで、包装を破るかのようにヤルオが身に着けていた服を引きちぎる。

                     -───-  、
                 ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               .:::::::::::::::/::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::/:::::::::/:::::::: :|::::::::::::::::|::::|:::::::::ヽ:::::::::::.
            /:::/:::::::::/ ::::: |::::|::::::::::::::::|::::|::::::::::::::::::::::::::'
            .:::::,' ::::::: |:::::i::/{::::{::::::::::::::::|::::| :::::::::::::::::|:::::::|      はぁ……
              |:::::i ::::::::::|:::,'レ∧:::|::::::::::::: .、::,'::{::| :::::::i :!:::::::'
              |:::::| :::::::: |V-─ |:::'、::::::::::::::Vヾヾ:::::::::|::|::::::::.
              |:::イ:::::::::: |r´f'癶ヾ:::.\:::::::::::::Vミx!::::: |::|:::::';:::.
              |::{ {::::::::::::!ヽ夂_ソ \{ \::::::::',ソ |:::::::|::|:::::::ヽ'
             ヾ }::::i:::::| ///   `'   \::::\! :::::|::|:::::::::::::\
               |::::|:::::|ゝ, -───- 、 \::::\ :!::!:::::::::::\::\
             ノ:/{::::::/ニニ三二ニ ニ \ 、 ::: \|:::::::::::::::::\::::` ‐ 、
              /:/ }:/二三三三三二ニニ \\:::::::\:::::::::::::::::::. ̄丶:}
                /:/./´ニニ二三三三三三二ニニ\}::::::::::.',:::::::::::::::::\ }/
           __./'/'ニニ ニ -─ ─‐- ,三二 ニ ニニ\:::::::}:::::::::::::::::::::::::.′

その顔には笑みが浮かぶ。

純粋無垢な喜びの笑み。

その清廉たる感情は、長きにわたり煮詰められ続けたが故に

最早涼やかさを失い、全身に絡みつくヘドロの様なものに変質している。

ブチリと彼女の服からも破滅の音が響いた。

脱ぐ時間すら惜しむ彼女のてが、服を引き裂いた音。

パサリと毛布に落ちる黒衣。


6430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:37:02 ID:lPXrZL6Y0 [5/7]
愛とか憎しみとかそんなカタチなんてもう無くなってたw

6431 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:37:09 ID:2jRcxEOc0
狂気を通り越したなにかじゃねえか(ガクブル)


6432 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:37:26 ID:qinxua1.0 [12/25]
                       -── -
                   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  .::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::、::::::::::::::::.
                  /::::::::::::::|::::::: |:::::::|、::::::::::::::::\:::::::::::::.
               ':::::::::::::::::{ ::::: |:::::::{::|、::\:::::',::::ヽ:::::::::::',
                ':::::::::::::::::/|::::::::|:::::├!-、:: |:::::::',:::::::',:::::::::l
              |::::::: i:::::::|-|::::::::|:::::::{ \{V| ::::: |:::::::|::::::::::'、
              |:::|::::|:{ :::| \:::ト;::::::\テミ !::::::::|:::::::|::::::::::::::.      はぁ……はぁ……はぁ……
              |:::|::::|::';:::|{ テミヽ{ \::::::ヽリ|:::::::,':::::::,':::::::::::::::::.      ああ……
               ヾヽ{:::::ヾ 乂リ   ゜ 、::::\::/::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
                 }:::::::|:::.//' /// `7、::',:::::/::::::::::::::::::::::::::::::.
                 |:::::::|::::::..   r─ っ {::/ヾ::{\::::::::\:::::::::::::::::\
                 |:::::::|:::::::|::>...、 ̄ イ´|:::::::|  \::::::: \::::::、::::::: \
                 |:::::::}::::::,' ─,-‐ }¨ |/.|:::::::| /    ̄ ヽ:\:::\:::::::::\
                ,.::/'::::/   /      | !::::::',       ',:::::::::: \:::::::::\
                ,':::|./:::/‐- v 、  -‐ ! .ヾ|::::.        ' :::::::::::::.\:::::::: \
                 /:::://   ノ       /   \::{         |:::::\::::ヽ \::::::::::::.
              /: -‐ ´ /      /      `ヽ        :::::::::::\:::::. .\:::::|
             <    / /   ./    / ..:::::       }:::\::::::::\:::.、 ヾ, :!
         , <      ./ ,..:´   /      ヽ ::::::         | ::::::::ヽ :::::::\ヽ  }:}
                 | /  , <         ! .|::          ノ:::::::::::::::.\:::::::::`ヽノ′
         |......      | .,' /          | ,'       /i ::::::::::::::::::::::\、_ ::::::::.
          '::::::::::::.    .| |/ ..............::::::::::...   ,!./      /::::::| :::::::::::::::::::::::::::\` 、::::.
         ,:::::::::::::::.  V0 ::::::::::::::::::::::::::::::::. //       /:::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::: \ \:::::.

ゴクリと感極まった声が漏れた。

座る体制に移行しながら片手をやる夫に、片手を自らの秘部に伸ばす。

やる夫の体に触れる。

ひんやりとした感覚。

血の気の引いた彼の体温は平時より少し低い。

それに対してトヨネの体温は、極限状態にまで上がっている。

其の差異が、更に彼女を興奮させて……

グチュリと言う水音が、理性を飛ばした。

6433 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:38:31 ID:qinxua1.0 [13/25]
                        ___
                      ..:::::::::::::::::::::::...
                    /:/三二ミz、::::::\
                  -‐‐ ──  -  、ゝ:::::::::.
               ...::::::::/::::::: /::::::::::::::::::::::::`゙.、:::::::::.
            /::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::.
           /:::::::::::::/:::::://:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::ヽ::::.
          /::/::/:::::::/::::::/:,i:::::::::::::::::::: |::: |::::::::::::::::::::::::' :::.
         .:::/ /::::: /:::::,イ:/.!:::::::::i :::::::: |::: |;::::::::::::::::::::::::::';:::.    はぁ……マスター……
         |::|:::|::::::::|:::|/ レ | :::::: |:::::::::::|ヾ{ V::::::::::::::::::::i:: i:::::.    はぁ……
         |::|:::|::::::::|:::|  ̄` {:::::::::|:::::::::::{─-、ヽ ::::::::::::: |:::|:::::::.
         |::|:::|::::::::|:::{    ';:::::::|:::::::::::::,    ' :::::::::::: |:::|:::::::::::.
         |::|:::{::::::::|Vz==x  \::{::::::::::::::.zzx、 V ::::::::::|:::|::::::::::::::.
         {::|';::\_:{ /孑ミ    `}\::::::::::.ミx /,}:::::::::::|:,'::::::::::::::::::.
         ヾ{ \::f | 乂:::ノ       \:::::::ゝ, / .}:::::::: /:::|:::::::::::::::::::.
               ヾ' , ///    ,     \:::::::ヽ/|:::::::/ :: |:::::::::::::::::::::.
                ヾ',     __    ヽ:::::: ',|::,イ:::::: |::::::::::::{::::::::::::.
              /\     ___ノ   ノ、:}::i::::}:::::|::::::: |゙ ;:::::::::{:::::::::::::ヽ
         _  - ´ /  , >、        /{  .} |:::|:::::|:::::::::!:::::゙ ;:::::{::::::::::::::::::.

頭に血が上る、興奮しすぎで、目の前がちかちかする。

灼熱した思考回路で、手渡されていた薬の事を思い出せたのは僥倖で……

興奮で震える手を無理に抑え込みながら薬を呑みこんだ。

徐々に視界が低くなる。

マスターと愛し合うことのできる大きさに。

マスターにきっと可愛いと言って貰える大きさに。

マスターに化物なんて言われない大きさに。

マスター。マスター。マスター。

6436 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:40:09 ID:qinxua1.0 [14/25]
                       > 二三二ニ <
                   >/: : : : : : : : : : : : : : : : :`. . 、
                . . :´/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                /::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨
             r: : : /: : : : :/i: :/| /+ : : : : : : : |、:_}_!、 : : : : : : ∨
             i: :/! : : : :/ ̄/ / l: : : : : : : : | l/ } ∨ : : : : : : ∨
             l:::l l : : : / ≫=ミ ',: : : : : : : :≫=ミ : : : : : : : : ,
             ヾ:V: : : :/〃γ ⌒ヽ  、: : : : : :V´⌒ヽ l: : : : : : : :,  ……え?
              ヽ/: : : !{{ {    }   \ : : :ハ.   }.l: : : : : : : :,
               '/: : : :从 ゝ - '   , ト .: :\ー '人: : : : : : : :,
             . /: : : : :/.! レ        ヾ!\: : :ヽ  ! : : N: : : : :,
             /: : : : : :! .!            ヽ: : ヾ/: : //: : : : : ∨
            ./ : : : : : :∧l     r―----― 、  ン : : 〃: : : : : : : ∨
            . /: : : : : : : : : :ゝ    、   __    ノ/: :ノ: : : : : : : : : : : : 、
           /: : : : : : : : : : : : : >  ,,  ̄    ̄ /::<: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_l二  二__:!/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /    V    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \

だけど求めていた大きさとは違う大きさで、視界の低下は止まってしまう。

人のカテゴリに入りはするが、それでもまだかなり大きいサイズ。

ああ、これでは到底、マスターに可愛いいなんて言って貰えるサイズじゃない。

マスターを怯えさせてしまうサイズ。

嫌だ。

嫌だ。

嫌だ。

普段怖がられていても良い。

いつもは恐れられていても良い。

だけどせめて、寝屋の中で位、愛をささやいて欲しい。

そんな願いさえ踏みにじるサイズ。

6437 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:40:31 ID:qinxua1.0 [15/25]
         /:::::/::::::::::::::://!:::::::::::::::::::::::::!::::::::::∨∧
.       /:::::/::::::/:/:::// l::::::::::::::::l:::::|::|::::l::::::::∨∧
.         /:::::/::::::/:/:::/   l::::::::::::::::l:::::ト|::::|::::::::::∨∧
      .′::′::/:/,l:::|-‐ l::::::::::::::::lヽ:||::|:::::::::::::l::::::|
      |::|:::|::::::l/´ l:::|   ∨ ::::::::::l !||∧:::l:::::::l::::::|
      |::|:::|::::::|  八|___`ヽ∨:::::::::l ノ'_ノ'__ リリ:::::リ:::::リ
      |::|:::|::::::| ,,ィ て心ヽ ∨::::∧/て心∨:::::/::::::{    ……マスター。
      |::|::」:::::〃 {_ リ   l∨:::∧__リ':::::::∧::::::|
      |::|(_|:::::l て  )~     }/∨::∧-'/::::/::::|::::::|
      |::|:::::::::ヘ  l /````   ' \:::∨/`∧八:::::
      |::l:::::::::l込. |l            /∧::\/::∧:::ヽ|
      |::l:::::::::|::::介o。.   ~ー~ーl/ .∧::::∨::∧::::::\
      |::l:::::::::l::/:::|:::::::::≧=----=≦:/::::}::::::}:/:::∧--- \
.       ノリ::::::::リヘ三三三三三三三三三ヲ三厂 ̄ \   \
    / /:::::::/ \`≪三三三三三三≫'彡イ/    / \   \


だけど、もう後戻りはできない。

泣きそうになるのをこらえて、

火照る体を抑え込んで、ガラス細工を扱うかのようにヤルオを引き寄せた。

6439 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:41:16 ID:qinxua1.0 [16/25]
思えば、彼女の事を化物なんて思った理由は単純明快に

彼女があまりにも変わってしまったと思ったがためだ。

他者の意を組むこと無く、自らの欲望のままに力を振るう化物。

そんなものになり果ててしまった彼女に対して、嫌悪感を抱くがままに

化物と言ってしまった。

だけど、今の彼女の姿を見て、その事は間違いだったんだと、今更ながらに思う。

だから……

自分と同じくらいのサイズとなったトヨネ。

それでも頭一つ半位大きい彼女。

おろおろと泣きそうになりながら、自分の体を抱き寄せようとする彼女。

そんな彼女に

                   /
                     l
                   ':,                   ____
      z≡≡≡≡彡       ヽ                , ´     )
                          〉              /         /______
                    /                /
                   /                                   -‐――
                  , == 、            ./               ∠
                ‐= {              /                   ̄ ̄ ̄ ̄
               /   7           |
                /    ./            , ´
                /     ′         〃¨ ̄ ̄ ̄  ‐- 、
          /      {              |               \
                 |               |               \
                 l              |               \        _.. <
                     ` 、            |                     \ _.. <
                   ` ー――――/                  {
           チュッ…                 /                      |
                            /                        〉

優しく口付けをした。


6440 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:41:23 ID:WG87Dbow0 [7/16]
ああ、原作サイズ(197cm)で止まったのか

6442 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:42:22 ID:uQN/f/z20 [2/6]
行け!やる夫!せめて性的な方では主導権握らないと本当に死ぬぞ!

6444 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:42:38 ID:zW1VBchk0 [2/4]
男を見せた!


6448 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:43:43 ID:qinxua1.0 [17/25]
          .... -―――――- ...
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::.
.     /:::::/::::/::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::.
     ′::′::l:::::::::l∧:::::::::::∧:::::::::::::::::::::\::::::::.
.    |::::::l:::::::l:::::::::| ∨:::::::::∧、::::::::::::::::::::|:::::::::.   ……ふぇ?
.    |::::::l:::::::l:::::::::|  ∨::::::::::∧\:::::::::::::: |:::::::::::.    マスター……
.    |::::::l:::::::|\从__ ∨::::::::::∧ \:::::::: |::|:::::::::.
.    |::::::l:::::::| /´   ヽ \:::::::::::\__,∨::::|::|:::::::::::.
.    |::::::乂从 乂___ノ  \::::::::::::\}::::::|∧::::::::::.
.    |::::::::::::::「`て__)      }へ、:::::::\リ 小:::::::::.
.    |:::::::l::::::|             ̄/Χ\:::::{::::::::::::.
.    |:::::::l::::::|:.         __    {/  }/:\〉\::::::\
.    |:::::::l::::::|个ト .     ゝ--'    /{::::::/:::::::::\::::::\
.    |:::::::l::::::|::|::|::::i:>  . ___ . イ二 |:::/:::::::::::::::::}:::::::::::\

                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \    ……経営者失格だけどな。
             /(―)  (― )   \     トヨネ……すっごく可愛いお。
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ

その言葉は本心だ。

部下に特別な感情を持たない。

可愛がるのはいいが、公私のけじめをきちんとつける。

だから、部下である彼女たちにけして手を出さない。

そんな、かつての経験より定めたポリシーを投げ捨てて、

ヤルオは身体は大人になった少女の耳元で、小さくそうささやいて……


6453 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:44:45 ID:Geb1o2zE0
やる夫株、ストップ高です

6456 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:45:58 ID:eXaA9Z4Y0
やる夫△

6466 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:55:42 ID:RjuMpaPs0 [2/4]
さっき、解散式やったから
もう上司と部下の関係じゃない

6470 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 19:58:37 ID:ikYwlVJI0 [6/12]
絶望が裏返るw
正に過去の出逢いの時の様にw


6471 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 19:59:23 ID:qinxua1.0 [18/25]
少年と少女は再び口付けを交わし合う。

:::::::::::::/::::::::::::/::::::::/    :.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:ヽ、    :.:.:.:.::::::::::::::::::::u
::::::::::/::::::::::::/::::::::/     ι       ノ`
:::::::/::::::::::::/::::::::/                 _(
::::/::::::::::::;:'::::::::;'            /__:ヽ、
:::::::::::::::;:':::::::::;'             /.:.ソ:.:ij:.:.',        ι
::::::::::::/:{:::::::::{      u      {:.:.(:_ノ⌒)}_ゝ
:::::::::/::::i:::::::::i   ヽ          } r、:.:u.:ノイ  `ヽ
:::::::::::::::::';::::::::';   \        }.( {厂 ヽ  )ゝ
:::::::::::::::::::';::::::::';    \       J   <l  し
:::::::::::::::::::::';:::ト;::'.、    ヽ       .イi::|:::::l
::::::::::::::::::::::ヾj ヾ;:';    /::>.---.<:::::::| |:::/ヽ、______  ,,

先ほどの子どものキスではなく、大人のキスを。

互いの子ども時代に別れを告げるように、

互いのこれからを祝うように。

互いのこれからに幸あれと、自らの中身をさらけ出すように。

         /:::::/::::::::::::::://!:::::::::::::::::::::::::!::::::::::∨∧
.       /:::::/::::::/:/:::// l::::::::::::::::l:::::|::|::::l::::::::∨∧
.         /:::::/::::::/:/:::/   l::::::::::::::::l:::::ト|::::|::::::::::∨∧
      .′::′::/:/,l:::|-‐ l::::::::::::::::lヽ:||::|:::::::::::::l::::::|
      |::|:::|::::::l/´ l:::|   ∨ ::::::::::l !||∧:::l:::::::l::::::|    ま、ますたー……
      |::|:::|::::::|  八|___`ヽ∨:::::::::l ノ'_ノ'__ リリ:::::リ:::::リ
      |::|:::|::::::| ,,ィ て心ヽ ∨::::∧/て心∨:::::/::::::{
      |::|::」:::::〃 {_ リ   l∨:::∧__リ':::::::∧::::::|
      |::|(_|:::::l て  )~     }/∨::∧-'/::::/::::|::::::|
      |::|:::::::::ヘ  l /````   ' \:::∨/`∧八:::::
      |::l:::::::::l込. |l            /∧::\/::∧:::ヽ|
      |::l:::::::::|::::介o。.   ~ー~ーl/ .∧::::∨::∧::::::\
      |::l:::::::::l::/:::|:::::::::≧=----=≦:/::::}::::::}:/:::∧--- \

そして銀の橋をつなげたままに分かたれあい、視線をからめ合う。

零れおちた涙を指で軽く掬って、ヤルオは再びトヨネを抱きしめた。

6486 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 20:11:19 ID:qinxua1.0 [19/25]
もう、マスターじゃないけどな。

なんて茶化していいながら、ヤルオはゆっくりとトヨネのふくらみに手を伸ばした。

柔らかい感触。

カサリという布ずれの音も沈み込むような感覚も、

全てが全て能に直接たたきこまれるかのように、鋭敏に感じ取れる。

                       -── -
                   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  .::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::、::::::::::::::::.
                  /::::::::::::::|::::::: |:::::::|、::::::::::::::::\:::::::::::::.
               ':::::::::::::::::{ ::::: |:::::::{::|、::\:::::',::::ヽ:::::::::::',
                ':::::::::::::::::/|::::::::|:::::├!-、:: |:::::::',:::::::',:::::::::l    や……ヤルオ……
              |::::::: i:::::::|-|::::::::|:::::::{ \{V| ::::: |:::::::|::::::::::'、
              |:::|::::|:{ :::| \:::ト;::::::\テミ !::::::::|:::::::|::::::::::::::.
              |:::|::::|::';:::|{ テミヽ{ \::::::ヽリ|:::::::,':::::::,':::::::::::::::::.
               ヾヽ{:::::ヾ 乂リ   ゜ 、::::\::/::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
                 }:::::::|:::.//' /// `7、::',:::::/::::::::::::::::::::::::::::::.
                 |:::::::|::::::..   r─ っ {::/ヾ::{\::::::::\:::::::::::::::::\
                 |:::::::|:::::::|::>...、 ̄ イ´|:::::::|  \::::::: \::::::、::::::: \
                 |:::::::}::::::,' ─,-‐ }¨ |/.|:::::::| /    ̄ ヽ:\:::\:::::::::\
                ,.::/'::::/   /      | !::::::',       ',:::::::::: \:::::::::\


恥ずかしげに口にされた自分の名を聞いて、更にいとおしさがこみ上げてくる。

右手で彼女の頭をなでる。

彼女がかつて好んだ行為。

そして、自分自身も大好きだった行為。

強く、経営者として意識し出してから自然と減っていった行為。


6492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:16:29 ID:QBJJyzfs0 [8/8]
十の頃から一緒だったなそういえばw

6493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:16:30 ID:gHZgTf/k0 [1/2]
抱きしめられて骨折して死にかけたのを除けばイイハナシダナー

6496 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:19:48 ID:BvpaJM8k0 [7/12]
>>6493
いやむしろだからこそいい話なんじゃないかあ。
やる夫さんは、相手の力と狂気に気づき、「怖い」と感じたにも関わらず、
それでもなお受け入れて愛したわけで。


6501 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 20:28:13 ID:qinxua1.0 [20/25]
その行動で、遂にこらえきれなくなったのか、

トヨネはヤルオを抱きしめた。

それはさっきまでの抱きつぶしそうな程に強い抱擁じゃなく。

不安に駆られて、どこにも行かせたくない意志の表れなんかではなく。

愛する相手との距離を純粋に詰めたいがための抱擁は

優しく、そして何より暖かい。

潰れる乳房の感覚、首元にうずめられた彼女の感覚。

それら全てがいとおしい。

そして、間に挟まれた腕を抜こうとして、湿った部分に手が触れた。

          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::/::ィ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::.
         ′:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::/:::::/ |:::::::::::::::::::::::::ハ::::::::.
         i :::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::{:::/_|:/ .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
         | ::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::∧{  レ ≧{:i:::::::::::::/}::::::::::}::::::::|
.        ′:::::::::::::::::/`:::::::\:::::::::: / ,斗f气ト、 ヽ:::::::::::'-、:::::::/:::::::::
         ′.::::::::::::::::{  /}::::::::::ヽ:::::::{ _{{ .んJハ`  乂::::::レ':::::::::::::/}:/
.       /::::::::::::::::::::八ゝ j::::::::::::::ハ::::| `ヾVン      >、:::::::::::/.〃
      /::::::::::::::::::::::::::::>i::::::i::::::::::: 八 ///////    (ソ:::::<リ /
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::|:::::へ::::::::ヽ          V }:|イ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::j  ヽ:::l:::::..         ィ′从:!
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::/\  }::l::::::} _ _   /´ ノ:ハ::|
/7::/}::::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::/   ヽj:::l::::リ ⌒~ ` ' , :::/ ::|
./://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  ノ:/:::::ト  /- '"   /:/

横目で彼女の表情をうかがうと、頬を赤く染めている。

自分で襲ってきたくせに随分と純情なことだと苦笑。

同時にリードするのが男の役目、なんてくだらないカッコつけと共に、彼女を押し倒した。

6514 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 20:35:14 ID:qinxua1.0 [21/25]
                         ... -―――――- ...
                      ...:::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::..
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                   /::::/:::::/:::::::::: /::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                     |:::/:::::/::::::::::::/::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                     {八::::l:::::::::-:/:://:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   あ……
                  \|:::l::::::/:/:l::l`|::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::|
.                 |八::_、/l八{|:::::::::::::::::/::::::/::::/::::::::::::::/:::::::::::::::: |
                     .:::::l/´`ゞ=- !:::::::::::::::-{::://::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::
                      /:::: | ''''     |::::::::::::::::::|//::Χ::::::::::::::/:::::::::::::::::::::′
                 /::::::::|      |:/\_、:::::|//::::i/::::::/-、:::::::::::::::::′
                   /::::::: 八   ′ |′ ヽ:ゞ=-:::/:::/::::/ i^Y::::::::::::/
               /::::::::::::::: \ 、_      ∧::::∨⌒/::::/  /:::::::::: /
                 /:::::/ ̄ ̄ \┘    /::∧: | _厶イ-::::::::::::::::::::/
             /::::/: : : : : : : : : /≧=、={::/‐ }::l //::::::::::::::::::::::::: /

しおらしく、いじらしく、精一杯かわいらしく、男を誘うように

間違いなく男を誘うために少女は床に仰向けに倒れ伏した。

本当は、容易く受け止められるくせに、

本当は、倒れることなんてありえない癖に、

男を受け入れるために、当然のように組みしかれた。

そのいじらしさに、欲望が高ぶる。

ガキのように体が心をせかす。

40過ぎてるのに馬鹿かなんて思って、

同時に自分の肉体年齢を思い出して、苦笑した。

6521 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 20:49:18 ID:qinxua1.0 [22/25]
悪い。

我慢できない。

やるぞ?

なんていいきる前にもう一度キスをされて微笑まれる。

問わないで。

聞かないで。

だって、私は奴隷だから。

いつまでも、いつまでも貴方の奴隷でありたいから。

その言葉に覚悟を決めて……


                       -── -
                   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  .::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::、::::::::::::::::.
                  /::::::::::::::|::::::: |:::::::|、::::::::::::::::\:::::::::::::.
               ':::::::::::::::::{ ::::: |:::::::{::|、::\:::::',::::ヽ:::::::::::',
                ':::::::::::::::::/|::::::::|:::::├!-、:: |:::::::',:::::::',:::::::::l       大好き……ヤルオ。
              |::::::: i:::::::|-|::::::::|:::::::{ \{V| ::::: |:::::::|::::::::::'、
              |:::|::::|:{ :::| \:::ト;::::::\テミ !::::::::|:::::::|::::::::::::::.
              |:::|::::|::';:::|{ テミヽ{ \::::::ヽリ|:::::::,':::::::,':::::::::::::::::.
               ヾヽ{:::::ヾ 乂リ   ゜ 、::::\::/::::::/:::::::::::::::::::::ヽ
                 }:::::::|:::.//' /// `7、::',:::::/::::::::::::::::::::::::::::::.
                 |:::::::|::::::..   r─ っ {::/ヾ::{\::::::::\:::::::::::::::::\
                 |:::::::|:::::::|::>...、 ̄ イ´|:::::::|  \::::::: \::::::、::::::: \
                 |:::::::}::::::,' ─,-‐ }¨ |/.|:::::::| /    ̄ ヽ:\:::\:::::::::\
                ,.::/'::::/   /      | !::::::',       ',:::::::::: \:::::::::\

彼女の中にいきり立った物を突き刺した。


6522 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:50:07 ID:ikYwlVJI0 [10/12]
おめでとう

6523 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:51:33 ID:gHZgTf/k0 [2/2]
おめでとう

6526 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 20:52:12 ID:PekK9ONM0
おめでとう


6538 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 20:58:14 ID:qinxua1.0 [23/25]
痛い。

灼熱が身体の中に入る。

その痛みよりも何よりも、

自らの愛した人の物になれた事の歓喜が勝る。

だからこそ、声も無くのけぞったのは、

痛みなんかじゃ決してなく、

それは間違いなく、快楽故に。

       /:::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::|::::||::::::∨:::::::::::::.
        | : :::::::::::::::::|::::::::::::::::::/::::〃:::::/::::::::::::: |::::|l:::::::::Ⅳ:::::::::::!
        | : :::::::::::::::::|:::::::::::::::/::::/┼:::/ |::::::::::::::|::::|l、:|:::|‘,:::: : |
        |:::::::::::::|:::::::|::::::::::::/1::/´ l:::/ {:::::::::::::八八:::ト:|__∨::::::|
.        { {:::::::::::::|:::::::|:::::::::/ l/  l/  }:::::::::::′  )ハ}  l::::::::| }
         ‘::::::::::::|:::::::|::::::::|    --  /:::::::::/  --     l::::!:::!    ……ヤルオ……
      { ‘::::::::::|:::::∧::::::| ァ=≠≡ミ /::::::/  ァ=≠ミx 小 !:::!
      {   |::::::::|::::′∨::癶''^~)  /:::/       (^~ヾ::::|:::|
           |::::::::|::′ ∨|  }/゚  /::/    ′     ゚~「:::: |:::| }
           |::::::::|:{\___‘:|  i   l::/           l:::::::|:::| }
..     ノ  |::::::::|:|:::::|:::::八 °   l:′~^ー~‐    ,..::l:::::::|:::|
      〃   |::::::::|:|:::::|:::::::::l>。.._ /        ,... イ:::|:l:::::::|:::| }
    /   ,ノ::::::: |:|:::::|:::::::::l::::::|:::::}≧=- ┬‐=≦:::し:::::::::|:l:::::::|:::| }
..     /:::::::::::斗=ミ|:::::::::|::乂二二二ニニ=-----┬-‐=ミ:::::::|:::| }
     /:::::::::::/i:i:i:i:i:il:l∨二二二二二二二二二二|i:i:i:i:i:i:i:`丶::{

そしてその快楽は涙に代わる。

一度突かれる度に、零れおちる涙。

声なんて出ない、自分が今どこにいるのかすらわからずに、翻弄されるがまま、

ただ、確かな存在、眼の前の男の体を抱きしめる。

熱い、熱い、胎内(なか)が熱い。

突かれる度に意識は宙を舞い、突かれるたびに快楽は精神を犯していく。

6551 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 21:18:01 ID:qinxua1.0 [24/25]

幾度も幾度も中を突き

その果てに自らの精魂をすべて出しつくすかのような感覚を経て……

ヤルオは一息ついた。

互いに荒れた息、浮いた汗、

トヨネの方を見れば、その長い黒髪がその肢体に絡むように纏わりつき、

ひどくなまめかしい。

終わった余韻に浸り、心地よい疲労感に身を任せようとして……


    /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i:i:i/:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.   /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
  /:i:i:i:i:i:/:i:/:i:i:/:i:/:i:i:/:i:i:i/ .|:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
. /:i:i:i:i:i:イ:i:|!:i:i/:i:/:i:i:イ:i:i:i厶 .!:i:i:i:i:i:i|ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
 ’:i:i:i:i:i:i:|:i:i|!:i:i:i:i:i:i:i/ |:i:/ | |:i:i:i:i:i:i:l ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
│:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:′ V{  ! !:i:i:i:i:i:∧ ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
¦:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:/  ___ヾ_ --∨:i:i:i:i:i∧ Vハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i    じゃあ、もう一回しよ。
!:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:iイ 斧ィ ⌒ \ ヽ:i:i:i:i:i:∧ }i:厶:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i:i| 《  i o } ヽ \:i:i:i:i∧ ⌒ト i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i: =ミ|:i:i:i イ:i{ ∧ 乂__ノ      ト:i:i:i:i∧o |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:{  |:i:i:i: |ハ            |:i:{ヽ:i:∧.ィ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
:i:i:i:i:i:八 /:i:i:i:¦ \""          'ヾト \:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:/∧                  \:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
:i:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:iヽ        ___    //}:i:i:i:i:i:i:i|i:∧
:i:i:i:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i\     (     ノ    //人:i:i:i:i:i:i|:i:i:∧
:i:i:i:/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:|  、            厶イ:i:i:i:i:i:i:i:i:ト:i:i:i∧
:i:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|   〕ト    . <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ヾi:i:i:\
:i/:i:i:i://:i:i:i:i:i:i:ir ‐┴-ミ   `T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|   \:i:i:\


え?


6553 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:18:35 ID:WG87Dbow0 [15/16]
おかわり要求www
まぁ待たされた時間が時間だからなwww

6554 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:18:42 ID:sgn7tEjI0 [4/5]
デスヨネー

6555 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:18:55 ID:Dso5Q3BA0 [2/5]
一回じゃ済まないだろうねー(白目)

6556 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:18:57 ID:sgn7tEjI0 [5/5]
でも、ホカノヒトガイマスヨネー


6560 名前:闇薙 ◆F6.KoT/Sgs[] 投稿日:2013/06/09(日) 21:20:52 ID:qinxua1.0 [25/25]
本日ここまで。

後日談だから短いよ。

次はタマモですね。

お楽しみに。


6566 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:22:08 ID:BvpaJM8k0 [12/12]
乙です。

すばらしいいちゃラブでした。

6568 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:22:45 ID:/75sjLrI0 [7/7]

最期で笑ったww

6570 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 21:23:30 ID:PxQN4sMk0 [7/7]
乙!一人目でこれか・・・だがタマモがいる限り枯れることなどありえんのだー!

6609 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 23:59:04 ID:ikYwlVJI0 [12/12]
つ ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1369825997/585
585 名前:安価スレッドはEXへ!纏めて落とします[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 23:58:42 ID:8dPIL7Vw0 [4/4]






                                  ≦ ..リ"" ゙丶,
                               ," . : . :....ハ : . : . : .゙..,,
                             /.:: : . : . :/ ´`゙ヘ, . : . : . : .ヽ
                        ./ .: . : . : . か :::::::.(ソ. : . : . : . : ヽ
                       。. . ;: . : . : 勹::::::::::::::.て、. : . : . ::. . 、
                      / . . . .:: . : .: ).::/::::/:::::::::.冫: . : . : .:,. . 。
                     , . . . . . .l: . : .,'ノ .|:::::l::::::::::::::.》t. : . : . :;.
                          |:j. : . )|⌒|:::::ト:::::::\( 。. : . : .: . . . .ヘ
                    .ノ . . . . . . .,: .j )..{芹刈:| \:::::::..乂 . : . : l . . . . . ,
                   .。. . . . . . . . 。. :ヽ  _V人{  \:::::::.゙゙ソ. : .,.
                  , . . . . . . . . . 乂丿     .,   \::::冫. ;. . . . . . . . 。
                            |;ソ.:l:分、   、 ,   .癶:( : ,. . . . . . . . ヘ
                。. . . . . . . . . . . / ).::|':::|:个ト . ___ . イ|::::::} て. . . . . . . . . . . 。
               / . . . . . . . . . . . . /ヽ.:::::|::::|:::|::「【|  |】||:|:::::/:.j ( i . . . . . . . . . . . 、
                          ,,ノノ___:: |:: イ ミ ,,_, ノ ’ ..- __》, . . . . . . . . . . . 。
            。. . . . . . . . . . . . .。 )      _   _     ( . : .,. . . . . . . . . . .。
           。. . . . . . . . . . . . . ,ソ        ` "        て : .; . . . . . . . . . . .ヘ
           ノ . . . . . . . . . . . . . .レ<  、ノ              v  > : , . . . . . . . . . . . . .,
         , . . . . . . . . . . . . . . . . .ソ    リ  心、       彳丶 j  く .j
         ” . . . . . . . . . . . . . . . . レ    y"    \ ; /    ゙.i  ( ,y . . . . . . . . . . . . . . ,
        / . . . . . . . . . . . . . . . . / )    i :    彡^^。ゞ、    .j  .( i . . . . . . . . . . . . . . . .;
       ,.. . . . . . . . . . . . . . . . . ,.)|   ∧    《 // v " ノヘ,ヘ ノ   冫,
      。. . . . . . . . . . . . . . . . .乂  |   (⌒ヽノ⌒ノ゚。_从 \ノ゙´∧〆L_. \ヽ . . . . . . . . . . . . . . .ヘ
                    〃ノ ├(⌒\ ゙  ノ ,つ\/ソ¨゚ : ; >  ソ く 、. . . . . . . . . . . . . . . .。
    ノ . . . . . . . . . . . . . . . . . 。) /=てヾ゚¨ミミノ < ”≧ ブ`∨`ヽへ, j ( 、. . . . . . . . . . . . . . . . .、
   , . . . . . . . . . . . . . . . . . . .冫 ( 仆 勹 Y冫⌒ノ//\彡   。彡/ |  。; . . . . . . . . . . . . . . . . . ,
  , . . . . . . . . . . . . . . . . . . .〃;   》>。”≧ソ て   / //へソ ヾ ") .《 。. . . . . . . . . . . . . . . . . .ヘ
  / . . . . . . . . . . . . . . . . . 。)    (_人 ,ヽ < ミ0彡>´  ノ〆  ノ 彡   (。. . . . . . . . . . . . . . . . . . .。
。. . . . . . . . . . . . . . . . . . ; )      \≧⌒≠⌒∂≦≫o彡⊆   彡 ゝ/    ( ,. . . . . . . . . . . . . . . . . . 。

6610 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/09(日) 23:59:53 ID:xtKqL4Hg0 [3/3]
>>6609
おおーちょーかわいーよ!

6611 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 00:00:05 ID:8tHFlx0A0 [1/2]
>>6609
素晴らしい。実に素晴らしい

6612 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 00:08:49 ID:iFyypO.c0
>>6609
GJ

関連記事
2013-06-10 : 【安価】やる夫が管理局員になりたいようです : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
【やる夫のガンダム種】2 «  ホーム  » 【R-18】魔法先生やる夫!【外道】29
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメントの投稿
No title
死因は腹上死ww
2013-06-10 04:10 : Tanuki URL : 編集
No title
残念!タマモが居る限り死ねません!
・・・・2年後には やる夫(サオ師Lv100)とかになってそうな
2013-06-10 06:08 : URL : 編集
No title
レベル1のスタミナと天元突破してしまった巨人のスタミナを比べてはいけない(戒め)
2013-11-26 04:17 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »



以上の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-5490.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13