以下の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-12295.htmlより取得しました。


クリックで開閉

【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】52(これまでのあらすじ)


2167 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 21:52:02 ID:DXFzHaEE0
はい、皆さんこんばんは。

またもや長い間お休みしてしまい申し訳ありませんでした……。

体調を崩して寝込んだ以外、特に健康に問題はありません。

どうもご心配をおかけしました。

――という訳で、とりあえず生存報告をば。

2172 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 21:55:15 ID:DXFzHaEE0
……で、来年からまたボチボチ投下を再開したいなーとは思っています。

長期間放置していたスレなので安価等は少し考える必要があるでしょうが

エタる気はないのでご安心を?


……まぁ、今年は10、11日ぐらいまで仕事が修羅場ってるので、

本格的な投下はそれからになりそうですが。明日も仕事でござる。

2175 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 21:59:15 ID:DXFzHaEE0
反応速!?はい、お久しぶりです。ノシ



あと、本編投下までにリハビリを兼ねてこれまでのあらすじ的なものを投下しようと思います。

今までの流れを忘れている人もいるでしょうし、>>1自身も投下能力が大幅に落ちているでしょうから。


2176 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2014/12/31(水) 22:02:31 ID:emSCqWs.0
了解しましたー

こちらでも読み返しておきますが(読者の)記憶と安価能力も落ちてるでしょうし、
最初の1~2回の投下だけでも判定甘めになると嬉しいかもしれません…
丁度質問回で止まっていましたから、既知の情報また質問しちゃうとか起こりそうですし


2177 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:03:24 ID:DXFzHaEE0

ぶっちゃけ伏線とかキャラの思惑とかほとんど忘れているので。

それを思い出す為のあらすじですねー。

―――本編の最後の方、何であんな事になっているのか誰か分かる人いる?

2179 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:07:54 ID:DXFzHaEE0
>>2716 らじゃー。安価の判定は甘めに。ですね。
      流石にもう鬼畜判定はしない…はず。


……ちょっと本格的に指が固まっているので、サクッと登場人物紹介でもしてみますか。

2181 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:17:57 ID:DXFzHaEE0



┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 入速出やる夫                【レベル】5            【アライメント】秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E-】0      【耐:E-】0      【敏:E-】0     【魔:B】45     【運:D】20     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 偶然、聖杯大戦に巻き込まれた(元)一般人。
┃ 赤のキャスターのマスターであり、神の子の血液を基に造られた“赤の聖杯”。
┃ 取り込んだ英霊の力を自身の身に降ろす『夢幻召喚』を使用できる。
┃ ……が、最も役に立っているのは間違いなく『啓示』。

┃ 死者の蘇生に関しては否定的。
┃ 子供の頃、自分の親を蘇らせようと魔術的な書物を漁っていた事がある。
┃ 過去に8股をやりかけた事があり、将来的に6股、7股しそうな漢。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

あー、何も見直さないとこれ以上、出てこない。

後で訂正入るかも……です。




2184 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:27:04 ID:DXFzHaEE0





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイヴァー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】西行寺幽々子               【レベル】90            【アライメント】秩序・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:C】30     【魔:A+++】80   【運:A+】60    【宝:EX】100
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】         【魔力】190/270    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                /ヽ _       .: 、 ー- 、 .:    .: _ _
             , -/,ァ-、 \⌒ヽー、    .: }     ヽ、:リ:/   /
               / /  V_'__, V  \\   .: ヽ      V   /
         : v.   ノ /  ,.xァに<ソーァ、_i i 、ヽ    .: >     、 '´
           〈  レ " / i.   | `ーVゝヘー、〉 .: /    ,、  ヽ :.
             L/  | |. l  l l__ | | Vヘrア、.: /   /.: .ヽ  | .:
            |  | レ ハ 「/|_l__リ| | |   |′-‐ '′.:  .: \{ .:
         .   ハ.  | |vr〈ヽ|´ マ'/ソ j l  ハ .: .: .: :      .: .
  .: , 、 :   .:, , .:/  \トlハトソ    ¨フ / / {    .:r‐v ァ.:
   .:,  ' 、!, ' , :{   / /  , へニ´/ / /ヽ ヽ   .: } ヘ{ .:
   .: ',  ′ ,' .:.ヽ ハ {   / ノソ^ソ / /`ー-、ノ             .:
   .: ' - ^ー' .:   }ノ ヾ、 ハ {/   ヽハ/にヘ    `Ti     : ∨:
                 ィにレ  /イ-x_(、メ   i 〕
                ’|,rく ゝ-‐-くヘ く 7二xf、
         _          に /´! 「 Tヽ| /   | 、 .:   .: xァ .:
       .: ソ〈 :         ∨ ノ-ヘ ̄じ-レ⌒rー、| .: ヽ`ヽ .::/ ,' .:
                 _|´   ヽ   `V⌒ヽリ  .: }  V ,{ .:  _
                //      、  ⌒'^く ̄ ̄ ̄` < ̄
 : .             / ,′       . .   .. ヽ       ヽ、
                 /  i  |      . :x- 、:リ,: ァ : \       \
         . ...   /  | |  _ ,.  .: ゝ` ,/ :.   \       \
      :;: ..,. ァ :.  /  |  V´   /.: / へ} :.>、   ヽ
    .: |∨  { :.  /     |   \r‐く_ノヽニ  >ーrゝ、     、
    .: l、  ノ :. ,く      !     Lxヘ スシ「 ̄`ーく  \     、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫のサーヴァント。初期難易度は「クリアしてみろ」
┃ 心が無い状態から感情を取り戻し、怨みを取り払った結果、
┃ 黒幕の予想すらも超えて爆誕した救世主。
┃ Wikiにある宝具を何でもぱくrもといコピーできるのでやりたい放題。
┃ 隠れていた二人目のルーラーを読心能力であぶり出し、
┃ 隠蔽されていた『反救世主』の効果をルールブレイカーでぶっ壊し、
┃ 琥珀さんの仲間入り&重傷による離脱フラグを力技で解消し、
┃ 複数陣営でやりあうの前提のトレーズを自陣営だけで撃破したりと……。
┃ あ、何か書いていたら、やらかした数々の所業が思い出してきた。

┃ 約束通り自分を救ってくれたやる夫の事を第一に考えて行動する家族(トレーズ)公認の良妻。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2188 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:36:36 ID:DXFzHaEE0





┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 ルイズ                 【レベル】150             【アライメント】混沌/悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E-】0     【耐:E-】0       【敏:E-】0      【魔:EX】500    【運:C】30     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
              、 i /
             =  =
             〃ヾ\
                ヾ\
                  t:V 、__
                  /t Y i
                    八-' ,-',
                    7/ ヽ
                    j     |
                    {    |
                      i ',   .|    ___
                         ', ',   ! /⌒   ̄` : 、
                          i ', |/           ー'
                        |  ',//!,' / 7  ',ヽ__,   ヘ
     , -──-- 、         ,j  //7.{ ハ {i{ i ヘ  T  ヘヽY     ,. ---、
  r /フ } /_,.-、   ヘ       ,〃:| ///.{ i《7心ヽ、Y ノリ  } i }!    /    ヘ
 ノ ー- '  j-─ 八  ー- __ イ////////i.ヘゞ '   '´ィ心7 /リ   /  ∠--y ノ
   ̄フ´       ̄ ̄ _,.. ///////// ', ∧, -、 ゞ' ムイ ー‐'   /ノ   /
   〈 t ¬z___ r-─-< __////////////.}  }: :.ノ  イ ', ヘ ー- <T´  _ニニニニt-  _
   >'⌒-t{ト、 ∨弋=-  ` <///////ノ  ノr r ≦Yヽ ヽ _  ̄ ̄ ̄  __  ̄ ``ヽ、Y >==、
_ゝvヘ /{ ヘ ー='  \` <       ̄ ̄ //i|☆)}////:T ー----==ニ ̄ ─-< てy、    }i >-、 \
///////フー '´      >///≧x _ z≦///〈`¬ヽ{-t//}   ` < _ `ヽ、`ヽ、  j ト-' __ノ ヽ (_ノ}  }
//// /z≦ニニニ==≦////////////\///T:::::ヘ  .}::::i//┐  ー-     ̄ ̄ ̄`ヽ、 ヘ  ー'/   /イ
////\ヽ--=彳///////////////////ヽ  i::::::::7 ___k::::i//八_‐-  __  `ー- 、    ト、  ̄
//////777//////////////////////∧ i:::::fヽ _,.├'//////77777777ハ Y>'//7     _,. --
//////////////////////////////// 〈=-ゞ' |   /.{_///////////// \二彡'//// 7_,..z≦//////
////////////////////////////////:「- = ' {i  j.| 入/////////////////////////////////////
//////////////////////////≠≠=ノ  ー八  ./  ヽ///////////////////////////////////
///////////////////////// r--介、      ィヽ'\   /__,.--y//////////////////////////// /
///////////////``ヽ、i////.八::::::::::::::\ /::::::::::::::`ヽ、{:::::::::::ト、` <///////////////////////
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 初期:ルイズさんマジヒーロー
┃ 中期:ルイズさんマジめんどう
┃ 現在:ルイズさんマジラスボス……アレ?

┃ 序盤から常にやる夫の傍でお助けキャラとして動いており、
┃ 弱きを助け強きをくじく、男気溢れる少女。
┃ しかし諸々のフラグが重なった結果、反転したエロ度100の偽救世主。
┃ やる夫を道場送りにした唯一の人物であり、
┃ 現在、赤の陣営に遊びに行っていると思われる人。

┃ 赤の大聖杯『LEDミラージュ』を使い自身の本体を召喚、
┃ 世界を真なる『楽園』に変えることを目的として動いているが、
┃ その『楽園』が人類にとって生存可能な代物である保証はない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2191 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:45:43 ID:DXFzHaEE0




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】ローエングリン             【レベル】60             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:C】30     【耐:C】30      【敏:C】30     【魔:B】40      【運:D】20     【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】        【魔力】-50/210   【魔力供給不足】-20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
        , ――‐--- ミ
         /          \
       '       \     \
.     / / /       ト     、\
    / /    | :i  :|  |ミ\_ \\
.   / i   | | |从 :|  |rj )ー―――=ミ
   '  、: | | l:::::∨|  | \   _,,.. -r  ̄ ̄)
   {   i |:从j::::/ |  | /::〉< :. :. : \ー \
      j| |:{:i:i|:i个-|  |'i:/:/ ̄ ̄:.\_|\---へ
     八 :i\:i\:i:|  |⌒i:i :. :. :. :. :. Y:|:. :|\人__)
       \   ー :|  | ,.:.|:. :. :. / : | |:. :|:. :.V八ヽ
             |  | }:/ ̄ ̄ :. : /: |:. :|:. :. ヽvへ
           , ― _|  |_{/___:.:/: : |:. :|:. :. :. :.乂 )
        /-=ニニl   /:::::::::::::::::::::: i\|:. :|:. :. :. :. :.{ )
         {-=ニニl  ,:::::::::::::::::::::::::::} ノ: /:. :. :. :. :ハへ
         、-=\_| /-========へへ:./ ̄ ̄:. :. }_ノ
.           -=ニ| {///////:. /-=}:/:. :. :. _:. :.:∨)
             -ニ| L二二 ) 7-=イ:. :. :./////\:}へ
           \| 7//// } 人-=---/////////,ヽ人
             | ,' /////r-=二|: :. {//}//|///|/∧ ノ
             | i/////∧-=ニ:| : : :. : ///,l//r'⌒ヽー┐
             | |////, i:. \ニ |:. :. :. :.\//べ i  |  |
           /| |/////-―… |:./-=ニニニ }|  V^7
           /-=「o ̄ ̄ヽ-=ニニニニニニ=-‐へ   、{___
.        /-=ニ7-====ノノ-=ニニニ=-‐ 人_:. ∧  V:. 人
        {-==ニ/⌒ー⌒}-=二=-‐r:. :|:. :. :. :. :. :/ ∧  }_:. \
        、-=ニ} i ハ i ノ-‐-=ニ ノ:. 人:. :. :. :/:. :/:. ヽ.イ:. :. :. :. :\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズのサーヴァント。
┃ 多分、今作で一番胃が削られているキャラクター。
┃ 正体は、別の世界線でやる夫を救うことに失敗した聖杯の少女。
┃ その身に流れる血を代価に真の聖杯と契約を交わし、
┃ 聖杯騎士団の一員“ローエングリン”になった過去をもつ。

┃ 序盤からやる夫に対してツンケンした態度で接しており、
┃ 何考えているか良く分からない人物だったが……なんてことは無い、
┃ 恋愛処女をこじらせた脳筋誘い受けドMである。

┃ トレーズを倒した事でルイズの魔術回路の暴走を何とかする目途が立ち、
┃ 生前の想い人とも何やら良い雰囲気になったりしたが……世界は彼女に優しくなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2196 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 22:56:08 ID:DXFzHaEE0





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アヴェンジャー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】倭建命                 【レベル】85             【アライメント】中立・悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A+】60      【魔:B】40     【運:D】20    【宝:EX】100
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】        【魔力】200/220+0     【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
. 、‘:,‘:,‘:. ‘ !|
. 、 ‘:,‘:,‘:,‘: !{
. \ ‘:,‘:,‘:,Ⅵ
    \‘: ,ゞ=ミ
     (彡'⌒ く
.     ハ‘:,‘: ‘:,゛       __>‐、__
      ∧‘: ‘:,‘:ヽr―y:´: /: : : : : :`ヽ.__ _
      ∧.‘:゙_ムУ-、/ : :イ: :i: : :, : : : : : ヽ:廴.
       ^´/   ニY:i:ニl: i:|:‐/-、:i: : }:、: :V. .
          ,′    ィ.〉l:ニl: l:レ_!: :i:イ: ィ_: }: : マ.
         _!   rィ∧∨{`l:弋zソヾ!Ⅴjハメ: :ハ:}.
      ヽi   {/ィ:∧∨1: :ド   , (ツ)レ : 八
.         l  /}辷y∧∨: :l マ ァ  ゙イ:!:イ
       ,:j/ 人ゞく}∧∨ノ≧r_,夭レi:从:ゝ
       斗r≦ニ=}ニニ )∧∨ニニ=≧、⌒ー;`
       //ニニニ=ハ=ニ=辷'.∨ー=≡ゝ (
   __,ニニニニニニ=,ヽニニ=)ヘ.∨    `ヽ)
≦ニニニ/ニニニニニニニニ=vニ=辷}'.∨    ,.  }
ニニニ=/ニニニニニニ/ニニ 〉/′∧∨ ″  ハ
ニニ./ニニニニニ/ニニニ /ヘ.   ∧∨    ,ニ、
_/ニニニニニ.イニニニニ /iヽ.丶 / ∧∨.  /ニニ7
ニニニニニ./ニ ニニニ/ ! ヽ    ∧∨ /ニニ.く
ニニニ /ニニニiニ イ   、      ∧∨ニニニニヽ
ニニ / ニニニニノイ     ヽ.      ∧∨ニニニニ V
ニニ ニニニ/ -―-ミ、   、 ヽ    /〉ヘ.∨ニニニニ=ヽ
ニニ ニ イ :      `ヽ  ミ、  /人=ヘ.∨=\,イ⌒ヽ
ニニ / ∧ .         、 ` ´ ′ Υハ.∨ニ〈 l    ヽ
=/ / (入_          \、     !ん'. ∨'∧ヽ 、 `く
゜ /   Υ}ノ         \     ゙ }∧∨ニ} ∧ マヽヽ.フ
. ゜     .|{_,、r-、         ヽ    `ヽ∧∨{  ∪ヽ.jヽ)
       .| ニニ=7_rァ┐            ヽ: 〕.ム ∨/`ニ|
      八 ニニニニニニ{_,z、          寸( ∧∨ニニⅤ|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫とは10年来の付き合いの義理の姉。
┃ 正体はトレーズのサーヴァントであり、日本最強の大英雄、倭建命。
┃ 彼女の強大な力を恐れた父から生前、賜われなかった
┃ お褒めの言葉をいただくために別の聖杯戦争に参加してトレーズに協力していた。
┃ 父親に味方することが彼女の行動原理であり、
┃ その他のことは、どれだけ心動かされようといざとなれば切り捨てられるものでしかなかった……が。

┃ トレーズからやる夫を押し付けられ、
┃ 自分と同じく“家族”を求めるやる夫と10年間を共に過ごすうちに、
┃ 次第にその心境にも変化が生じるようになっていった。

┃ ―――現在はその父親の枠にやる夫が入っていいる。
┃ ヒロイン兼詰み防止のためのお助けキャラ的な立ち位置でもあったため、
┃ 非常に強力なユニットなはずだが……、
┃ ……セイヴァーの後の登場なせいで今一、活躍の機会に恵まれていない()
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2201 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 23:06:36 ID:DXFzHaEE0 [11/15]





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ルーラー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】サン・ジェルマン             【レベル】80             【アライメント】混沌・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:C】30      【耐:C】30      【敏:C】30     【魔:EX】100   【運:A】40     【宝:A】50
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】奇×24   【魔力∞/∞       【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
          _ ___
         /. : :ー-ミメ: .
        /. : : : :_刈ハ}/ノノハ
       」-‐=彳 /:f^ー-弌{
      _j _彡イ、__{{八   jリ
      爻{ i{ 气-芸ミ .ィア
       ハ       :{ i
       Ⅵヘ    、__ jレ
       }:.:.\_rへ  ̄ ′
.       八:.:.:.f==7≧≠,
    _rf斗x<:.:r=7 i 」{乂f二ニfvヘ___
r==气x .乂7. : :  ̄ : ::才` <: : :oヽ }}ハ
77i r、 \.{. o: :__ > ´   ∨  ` <:V}}川
//| ! iハV }_/. :/      ∨   o{ :弌乢
イ: !」_|L!i {: : : : :\o      V   o{ :i: : : .\
: : : : : : ,^: : : : : : : :\o     ',  o{:.:| : : : : . \
: : : : : 7. : : : : : : : : : : \     ′ 7. ,. : : : : : : .\
: : : :.7.: : : : : : : : : : : : :./\   i ∧ハ: : : : : : : : : : :ヽ
:. : .:.:′. : : : : : : : : : : : .\:o\  / /7 ∨_: : /. : : : : : : ,
: : : :{〈. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:oヾ :{ {  └イ-=イ. : : : : }
: : :i l \: : : : : : : : : : : : : : : }: :o{ : { {   .ノ=- ..,_fv7ノ
ー=ミ.}   ヽ: : : : : : : : : : : : :/. o: { 八{  /.:o:.:.:.:.:.:.:=ア
ー:=〈     ∨. : : : : : : : : .〈. : : :人: 7∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
: : : {.     }: : : : : : : : : : : ヽイi: : ヾ{  \:.:.:.:./
: : :∧    /. : : : : : : : : : : :/. :|: : :f_ノ  }.:.:/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のルーラー。真名はサンジェルマン伯爵。
┃ 第二魔法の使い手であり本人も4000年を超える時を生きた魔人。
┃ 未来の世界の破滅を防ぐ為に現在において聖杯大戦を開催。
┃ 自身とは別のサンジェルマン伯爵を肉体に降ろして聖杯大戦のルーラーとなり、
┃ 神の子の血を素体としたホムンクルスを聖杯として救世主の降臨を画策した。

┃ 赤の大聖杯『REDミラージュ』を限界駆動させて唯一神を召喚、
┃ 完聖した聖杯に神を受肉させる事で、永遠に人類を救い続ける救世主システム。
┃ それが彼の目指した理想だったのだが……全く予想だにしない部分から、
┃ その計画は覆されることになる。

┃ セイヴァー陣営に敗北した事により、
┃ 現在は聖杯大戦に干渉できない遠い並行世界まで移動している。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2207 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 23:17:01 ID:DXFzHaEE0





┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】リーゼロッテ・ヴェルクマイスター      【レベル】40            【アライメント】混沌/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10      【耐:E】10      【敏:E】10     【魔:A++】70    【運:E】10     【宝:B】40(30)
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
                  ,,-ミ 、- 、
               =≦≧<¨|\ヽ \
               〃  \\―',', ,
               {{ ,  ,'! \\∧.}   ,
               |{ , /ィ   \こノ  |
               | ゝ∨乏  }  ',:≫..,{
               | |く  |  ∧   \:::::::≫..,
               | | \ ! ,'  , ,  ` ‐-  ,::\
               | |  //=ミ ,',    ∨  ̄
               | | /</ | ', ',ゝ     \
               /∠ニニニニ\ ゝ \\  \
              //ニニニ\/∨} ` \ \ ` <  > ,
                 /  {ニニ\ニニ/ハ    \ \   ` < > 、
             /  .!≧=}ニニ,=≦′     \ \     ` <\
               {   ,}ニニ.|ニニ.{ニ/       ヽ 、`  ,_     \ヽ
               ',/ニニニ,'ニニ,ニ≧- ,        ' ,丶    ̄ ̄ ヽヽ
           , ヘニニニ,ニ∧=,ニニニ≧ 、    ', \      ヾ ,
          /ニニ', ≦/ニ,:::::}ニ',ニニニニ{\\   ,  ヽ      ',,
        /ニ> ´,, , /ニ,:::::!ニニ,ニニニ,:::::\_二≧   ,     }}
       / ´> '´   ∨ニニ{:::::::|ニニ,、> ,ニ',:::::|',   }',   ∨   〃
      ' ´ニニニニニニ'\ニ!:::::::!ニ/ニ` <`::::::!ニ,   ! ,   ∨  , "
    /ニニニニニニニニ',\__/ニニニニニ`¨ニニ'   |   ,   /
   /ニニニニニニニニニニ',ニニニニニニニニニニニ'.,|   ,    ∨
  /ニニニニニニニニニニニ=',ニニニニニニニニニニニ',   ,   ∨
. / ̄\ニニニニニニニニニニ=',ニニニニニニニニニニニ'    }     ,
 、ニニ〉ニニニニニニニニニニニ}ニニニニニニニニニニニニ', |    }
  \ニ'ー‐ァ_、ニニニニニニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニ,!     |
   /\ニ/ニ/ニニニニニニニニ!ニニニニニニニニニニニニニニ',     ,
  γ'''ヽУ=,'ニニニニニニニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニニ,  /
  ゝニニニ\ニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニ,../
    ` 、ニニ`  、ニニニニ./ニニニニニニニニニニニニニニニニ、′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒の聖杯の少女。
┃ 黒の陣営を率いるリーダー的存在であり、黒の陣営最強のマスター。
┃ 幼い頃に聖杯城で出会った入速出やる夫を聖杯の運命から解放する為、
┃ 聖杯大戦に万全の準備を期して挑む……。

┃ 疑似令呪を大量に保有し、脱落したサーヴァントを黒化英雄として手駒に出来る。
┃ 魔術の腕前も下手なキャスターを真正面から叩き潰せるレベルであり、
┃ サーヴァントを取り込む毎に強化される『神血聖杯』もある。
┃ 最強の名にふさわしい、宝具てんこ盛りの黒のライダーを従え、
┃ 赤の陣営を蹂躙する…………はずだった。

┃ まぁ、戦績こそ全敗街道を邁進中だが黒のライダーの尽力のおかげで
┃ セイヴァー陣営と一対一で闘い勝利したら彼の傍にいる的な約束を取り付けられたので、
┃ 割とヒロインしているんじゃないだろうか?
┃ (その約束を果たす時間があるかは不明だが)

┃ ―――というか、
┃ 見直したら何でまだ一騎しか取り込んでいないのこの娘?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2218 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 23:25:48 ID:DXFzHaEE0
ただいまーノシ






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:黒のライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】スキールニル               【レベル】70             【アライメント】混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:A】50     【魔:B】40     【運:B】40     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】命命命   【魔力】175/210    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
               . . : :  ̄: : : :>――‐ァ
            __/: : : : : :ハヽ:.\ニニ=/
            /}: : : : : : : : : : :‘,‘,: ゞY≧=ー
         ノ=,': : : : : : : : : : : : :. V: 八: : :.>
           `フ: : : : : : :| : : : 从ハ:. Y: : : : : :\
.            `|: : : : : :从: : :/x坏!::. l: : :ハ: : : :\
             |: : : : : :{斗Vハ ゞリ: 1ノ:ィイ≦ィミノ:.)
             |: : : : ::爪沙〈   八イ 爻 爻 爻 弐
          八:.:.:.:从.入  ‐ ':./爻イ ̄´ー‐=ミ{
           /イハ: :}: }  ≧=/:/'_,,,,. ̄ ̄    \
.          / /: :ハ:j:ノゝ=彡ィ(:(<:\= \=-      ハ
         (:.:人 ノ'ミ}\ニ r彡'\\:Yニ.} \ヽ\  \j
        r'(: ノ:}Yべシ\:)イ=/ニニ ): :jニ=.Y 、.    \
       f V⌒ソ-<__}/メ Yニ)ニ/ゞ(ニニ |:iハ    \
     /人:{:_ィ彡: :(: : v-ィ'' V:i:iY/ニニ≧ニニ:i:i:∧    1 ≧=-  ミ
.   / ,.:i:i:i: /ニニ≧=彡へノ´:i:iハ=Y⌒Yニニ.!-、:i∧   |       ヽ
 /  /:i:i:i:ir{ニニ{ニ/V: :}lニ><「{ニV/八ニニ7:/〉_:i∧  人
'    /:i:i:ir〈ヾVニ人(:/: :.八ニニ}{={`<V_.ソ彡'_// } }∧/   \      }
   人:i:iハ }.}ノミニニ}_{: :/ニニ=.<> ヽイ{_ィ´__ ミ〈_ ハ}.     \  /   .|
. /:/ ̄/r≦¨ ̄ ̄ ̄V\ニ/    <>.爻{____ >∧ |       Y    .|
:i:/  从ニニニニニニハ' ヾ{        ヾ{爻≧=-}/  |.       |    |
    / ∧ニニニVニニ i  ‘,        }爻---イ)  .|   ;;    .|    |
.   / / }ニニニ=Vニニ.}.    、      入爻≧≦)7.:|   ;;    .|    |i
  / / .∧ニニニ=}`¨ ' _   \      \爻爻爻=|   ;;    .|    .八
 イヾ/   { ,Vニ辷彡)     ≧ - ヽ   __ `¨ .イ=八        l       \
'  ̄ Y }  Y¨¨¨¨{ {                  /         |       \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ リーゼロッテのサーヴァント。
┃ 正規サーヴァントの中では間違いなく今次大戦最強。
┃ ……ただし、非正規のサーヴァントが入り乱れている為、
┃ 現在では準最強の一角あたりに落ち着いている気がする。
┃ 戦績も連戦連敗だしね。

┃ それでも11回(現在は10回)まで蘇生可能な『黄金のリンゴ』やら、
┃ 相手よりステータスが1ランク上になる『勝利の剣』やら、
┃ 対魔力&嫌がらせの『呪いの杖』やフェンリル狼を拘束した『幻想六枷』、
┃ 騎乗物&対軍宝具完備の『炎を発する神馬』等、列挙すると頭おかしい強さを誇る。

┃ さらに基本的に従者の英霊な為、
┃ 本質的に主人に尽くそうとする気質があり、
┃ 今生の主であるリーゼロッテの恋路を密かに応援していたりする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2228 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 23:40:11 ID:DXFzHaEE0




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のルーラー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】フリードリヒ2世              【レベル】65            【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:A】50     【魔:B】40     【運:A】50     【宝:B】70(40)
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】 ―――   【魔力】205/205    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
           __ ,┐__,、
         r< ゝ ー- <`'┐
       厂/      ヽ\´)
      j´_/    l       ヽ'_)
     厂/,   l__| l i   l__ l    ヽ)_
      └/ ′ .´|| |_|、\ |_| i`、
     // ! .| |レ__レヽ l廴_l_ ヽ} .l \
     /イ 八ヽ ! ̄´` )′´/イ / 八ヾ、
   / /l/ ヽ||)ゝ   __ 'ノ从/レ、ヾト、
      //{ i || |从|i丶` _´イ| l)(l lヽj ′
     / l八|从从jr┴ v┴レi()ハ ' _
      _  {::X::}  /叭 {::X::}_/ハ
     ハ_ヽ`i(ハ)ヽ/:i:l:l:レ (ハ)|,ィ く└,
      rハ  ヽ |/| .《 |:l:l:lヽ |/|,ィて'.V
.     / ´)`ヾ }//≧V从ヽj´//{,ィ ( \
    く _,_ヽr j!//////!//////}iノ/ .ノ
      rv―-┤//////!゚//////! ̄ ̄j)
     ヽ― ‐ハ//////|。/////ハ´ ̄i′
       .|   | .V/////!////// l  .!
       .|   l  V////|。///八 . l  .|
       .|  / .////>―┬- - 、   、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒幕こと赤のルーラー。
┃ やる夫やリーゼロッテと同じ『神血聖杯』のホムンクルスに宿る形で受肉しており、
┃ 今次大戦における諸々の舞台装置兼安全装置の役割を担っていた。

┃ 『反救世主』スキルにより聖杯大戦に参加した全マスターと契約状態にあった為、
┃ 他のマスターが持つ令呪を自由に使用したり、
┃ 他のマスターの魔力を強制的に収奪して再起不能にする等、
┃ その気になれば初日に聖杯大戦を終決する事も可能だった。

┃ 召喚主であるトレーズの思惑に従っていたが、
┃ 実際は『反救世主』としての主人であるルイズの思惑に従って動いていた。
┃ (なお、咲夜本人はキリスト教の敵に従うのは不服だった模様)

┃ トレーズがいなくなった事で不本意な服従を終わらせる為に行動を開始。
┃ やる夫の意志を確認した後、ルイズに『自身の願い』を自覚させて
┃ 反救世主としての覚醒に導いた。(とかそんな感じだったはず)

┃ ―――これだけ好き勝手動いて、
┃ 最終的に味方とか何なのこの人?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2235 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/12/31(水) 23:53:00 ID:DXFzHaEE0





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のバーサーカー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】ラモラック               【レベル】75              【アライメント】混沌・狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:A】50     【耐:A+】60     【敏:A+】60     【魔:E-】0      【運:A】50     【宝:C+】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】誇      【魔力】159/175     【魔力供給不足】なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
               \   >::::|:::::::::::::::::∧:::::::::;ヘ::::::::::::::::::::ヽ::::::::ハ 、:::::::::::ハ 、::::::::::::::::::::::::::::::\           ,.
ヽ、...、 _          _ ,....<  /:::::::|::::::::::::::/  V::::/ V:::::::::::::::::::;ヘ、:::ハ  `ヽ、::\_ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\   ,....<::
   ` <::`>..‐-‐..≦´::::::::::::::::〉':::::::::::| : ::::/、ーt-V::ト..、._V:::::::::::::/  ,ゝ:ハ-‐ ≦:::::!ヾ:! ヽ::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、::::::::::::::
      ` <:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::|:::::∧ ヘ 弋 V:::`ゝ i、:::::::::〈 / ! マ......::::::::丿 /`  |::;ヘ:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::
        ` <::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::| /::::i ヽ ヾ::二ツ ! ヾ:::::ハ   |  ` ー ' ´ /    |:/ ` ヽ、_::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             ` </:::::::::::::::::::::::::::l/:::::ハ   ̄ ̄ ̄ ̄  ヾ:ハ   ̄ ̄ ̄ ̄Τ l>  l/ `ー' 〉)`:::‐-::::、::::::::::
           / : :::::::;>'´ ̄フ:::::::::::::::ハ           ヾ、      /      , -,  , ' /::::::::::::::::::::`:::::、
         /:::::> '´   , <´:::::::::::::::::::ハ        j          ||      , 、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::
       />' ´   , <:::::::::::::::::::::::::::::::ハ       〈|          ||     /二ニ/::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::
      '´     -=ニ二 _____> '´/ ハ       ヽ         ヽ      j:Τ:´::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ、:::::::
                        , ' :::::::::\                     _ヽ   / !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ `
                      /:::::::> ' ´,\       ̄ ̄       |::`>...、  | :::::::::::::::::: ハ 、::::::::::::ヽ
                             ┌───────────┐
                             |   だが オレはレアだぜ。  |
                             └───────────┘
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 咲夜のサーヴァント。
┃ 奇人変人しかいない円卓の騎士において、
┃ なおトラブルメイカー扱いされる決闘者。
┃ そのくせ実力だけは確かなので始末に悪い。

┃ ただし、その場のノリで行動しているわけでは無く、
┃ 自らの高すぎる自尊心に従う。
┃ だから真名を隠すことはしないし令呪の命令にも従わない。
┃ かわりに今生の主である咲夜の事は(彼なりに)敬意を持っている模様。

┃ 未亡人スキーだが、咲夜の事は小娘扱いしている。
┃ 反救世主の隠蔽がどうこうではなく、単に宿っている肉体が若すぎる為
┃ 食指が動かないだけという、実にどうでも良い裏設定がメモにあった。

┃ 咲夜が味方するということは、この人もついてくる……のか?
┃ 今の位置は……咲夜の隣じゃないだろうし、赤の陣営……?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2246 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:07:19 ID:WnCtbMkQ0
新年あけましておめでとうございます!




┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 美堂蛮                   【レベル】40            【アライメント】中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━::}━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:C+】40      【耐:D】20     【敏:B】40     【魔:C】30     【運:E】10     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

>-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-:::: ̄ ̄:::::`丶、_:::::::_::::`ヽ、
:::::::::::::::::::,:::::'::::::::::::::::,::::-::::::::::::::: ̄`丶、::-::、:::::::`ヽ、  ̄ `\
 ̄ ̄,.イ::::::::::::::::,..:´:::/::::::::::\::::、::::::::::`ヽ、:::\ - 、::\
  /:::::::::::::::/::::::/:::::::::,::::ト、::\:\:::::、::::::ヽ:::::`ヽ
/::::::::,::::::/::::::::/:::::/:::::::l:::.,::::ヽヽ:\::ヽ、_:::ー::ヽ_、:::\,
:::::::::::/:/::::::,イ::::::::/:::::::/::、:::\::、::::}/ォァl、-,、:::, ̄` \
- フ:/::::://::::::::::/:::::::/::::l::l__、:\\,:lr///}'、::::.\!
/::::/::/:::/::::::::::/:::::::/l:::/´!__,r‐‐,、∧/ソ ヽ:}
::/l/::/:::l:::/:::::/:::::,イ::{:/ィ之ソ {///}  `ヽ
 /:::::::/!::::l/:::/:::,イ:|:::L _¨ /ゞ- ' -´_l__
./::::/ {::::::::::::::イ-=l::|:{ヽ       _ / T ̄ ゙̄
::/  |:::::::/::/::`ーV:I-' 、         {___
´     !::::/l:/l:::,::::::::l从  `  ー - r‐ く    / \
    ∨!/ |从:::::リ/          |      /──`-
         ∨/ ̄ ̄`丶、    , _.    /    ', }
         /        `丶、'  }ヽ 〈-―‐,. l |
         / \         \  \}  /   l !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサーのマスター。
┃ 幼馴染で相棒兼恋人のフェイトを殺害したトレーズに復讐&
┃ フェイトの遺体を取り戻し蘇生する為に聖杯大戦に参加した。
┃ 純粋な戦闘力なら両陣営の中でも高い方。

┃ 序盤、赤のキャスターのマスターと共に黒のバーサーカーの迷宮を攻略して撃破。
┃ その後も襲撃してきた黒のセイバーを撃破する等、順調に白星を重ねる。
┃ 黒のセイバーのマスター、レヴィの記憶が戻ったことにより彼女と会合した結果、
┃ 赤の陣営を抜け、レヴィと独自に動こうとした矢先、トレーズの介入により聖杯大戦から脱落する。

┃ 以降、黒のセイバーのサポート役として彼女たちに同行しており、
┃ 現在はやる夫達に誘われたことが切っ掛けで家に匿われつつ、
┃ 彼らの援護に徹している。

┃ それまでの無理で半ば怪物化していた肉体は既にセイヴァーにより治癒されており、
┃ 肉体を蝕むメドゥーサの血も使用しなければ怪物化は起こらない。
┃ 聖杯大戦からは脱落したが、現段階で願いは一応だが叶っていたりする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2251 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:11:25 ID:WnCtbMkQ0





           , . <: : : : : : 、: > 、三  ≧ 、
         γ: : : : : : : : :、: : :ヽ =:∧    /
            /: : : ト: : : : : : : ヽ: : ∨彡,    {
        /, : : : | ∨: :´ ̄ `∨ ハー=λ   .〉
          i {: :γ´ ゝ:ハ: : : : :ハ: ::∧、::∧  ∧
          | !: :'ハ:ハ   だ示 }: : : :} }: :∧_  }
         !ハ: : :,ィ示   込;ソ }:r i、:|': : : ∧~ ヽ
           ゝ 込;ソ、        ! i i、: : : : : ハ ∧
          |: ∧   _  ノ   / i i {'>, r 、リ ー ヽ    何やらこの形式も久しぶりですね。
          |: : : ヽ    , '   ノ/..........>、
              !: : :ミ、: : :γ   ,ィ '........../ニヽ
            i从リ ヽ''入  ,イニヽ.... /ニニニ∧
                 γニ:Уニニニニ Yニニニニニニ∧
              /ニニイニニニニニニ|ニニニニニニニ|
                 /ニイニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
              /ニイニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
             j!ニj!ニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニ|
             ,イニニ{ニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
          ,≦ニニニニヽニニニニニニニニニ}≧=ーニニニハ
         ヾ:ニニニニニニニヾニニニニニニニニi!ニニニニニニニ∧
           ` <三三三 >、ニニニニニニニニニニニニニニ∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ さて、改めまして新年あけましておめでとうございます。

┃ 本来ならここらで七つの球を集めて召喚された神の竜のごとく

┃ 「願いを言え……どんな願いでも以下略」なことを

┃ 言おうかと思うのですが、何かあります?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2252 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 00:11:58 ID:F5k2iRUk0
あけおめ~
>>1さん本気でやばいって思って心配してたよ、事前にエタる素振りも見せずにあのフラグを建てていなくなってたしw


2258 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:14:43 ID:WnCtbMkQ0





          _ -===- 、 _____
     r── /:::::::::::::::::::: \::: / ̄{
.     \≦/::/::::/!::ハ::::i:::::i:::∨≫/ rz
.      ヾ{::/::::/ |/ ∨\} 人ルj   |_.|
         |/:::::{ >   <.|::::)ニ〈   |__|
.     <| ̄ ̄|乂 .r-ュ ノ!::/!: ∧  .|__|   >>2252 いやはや。心配をおかけしました。
.     <|SPD.!)─{\/}=.|/ |ノ }  .|__|        あの後、普通に風邪をひきましたが私は元気です。
.     /|__| |__\/_彡て::\j _ |__|
.      |::!::| |::|       て::::::::::∨{|ー .}
.      |/: | |::|         /|:::::__/:: !廴ノ
       |:::::! /∧_ .-=ニ二|:::::::::::::::::|.|__|i}
       |:::::∨| ヽ       .Ⅳ:::::::::::::|.|__|′
       |::::::: /   \     |)∨::::::::::|.|__|
       |::::::::| i::.        |ス∨ ::::::`|__|
       ∨::::| |::::.        | (. \ ::::::|__|
.      /∨/ 乂:::::::....     | ).  \::|__|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まぁ、いきなり聞いてあるわけが無いとか、
┃ 本編のこと思いだせていないのに無理言うなとか、
┃ 去年の過去安価とった人マジGJとか、言いたいことは山ほどありますが。

┃ 願い自体は本編に関係あることでも無いことでも可です。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2265 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:20:20 ID:WnCtbMkQ0





                      (
                           \   _  -──- 、
                           >: : : : : : : : : : : :\
                      /: : / /|: :ハ : : : : : : .、_
                     ′:.:./ /  |:/ マ: !: : : :.: |三\
.    _                      |: : :/レ\   リ /∨: : : : : |三三〉
   __{ \                    |.:/:| ー一   ー一∨ :i 彡|三/
.  (二jL_ ト、                   И⊂⊃  ,     | :.:| 彡!〆
  (二ソ | \_____        .|:.:|       ⊂⊃ !.,イ仏
   `¨ー≦__}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`寸ニ=z__j:八  「 ̄|    |: : | : |:|
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \二二|: /_\ 乂ノ    ィ  ̄ 〕|:|
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\二|:.|二ニ>─<´ ノ二二}j !
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\リ二ニ{ l / /二二二二≧_
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}\二八 ∨/∠二二二二二ニ}_
.         ∨ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:て∠二!ニ介_\二二二二二二イ\
.        ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \二/::ハニニ:\二二ニ==≦´.:.:.:.:.>─ュ_____
.         ‘, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 人  ∨::/八二二フ  (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`フ
         i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二∨/: / |::::|      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / ̄
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二二ニ}Lノ Lノ         /\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/─
           八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./二二二_/            〈二ニ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ふむふむ。
┃ 見た感じ、決戦前コミュが欲しいって感じですねー。

┃ ……では、やや特殊な処理になりますが
┃ 決戦前に仲間達(+リゼット)とコミュれるような感じにしましょうか。

┃ 話の流れ的に練炭とか他の黒の陣営のキャラは
┃ 出来るかどうか微妙ですが、まぁ可能な限り叶えます、はい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2269 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:27:36 ID:WnCtbMkQ0





         イ¨¨⌒Vニ=─── -
     /              /   \
   / ,ィ   /   / /  /       ⌒}  _
.  ///   /   / / /_\     }厂//
.    / //  /{/{{ //⌒ミュヾ     }////
.     |/ ′ //    //   }_} ∨   j|ハ//
      /  //    //     }_} |   才/}//
.     /:  /     { {      }_} |  ,斗ノ\_
.      |  /       -─‐┓  「  :|
     И 〈    │     |  u│  从
      |/l \    |     |  爪  :|∧ /
..       И/{\ 乂__,ノ ノ\∨V  ∨
           /  ̄ ̄  /   \
             /      /   /   、 )))
.            /  /|  ′/     l|
           /_/  .| //       |──┐
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|    |
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ___|
     |                /|   |____
     |                /|   |──┘
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 現在時刻は確か、6日目深夜でしたねー。
┃ で咲夜さんの説明回が終了した後、
┃ 仲間全員との夜会話になります。

┃ ―――まぁ、最初はライダーさん一択として、
┃ その後は仲間達全員と順番にコミュる感じでしょうか?

┃ 流石に最終決戦に黒の陣営が蚊帳の外なのは寂しすぎるので、
┃ 仲間以外の人とのコミュは7日目になりそう?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2272 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:33:16 ID:WnCtbMkQ0





   ________    ___  ___     _,,,,,,,_
  !ヾ'''''''ヽ>‐''´ : :  ̄:_,;,_`ヽ、r''´‐''¨¨!:!
  !:.:ヽ;;;r';r '´ : : : : : : : : _`ヽ、ヽ、;;;//
  l,:.:,/;r'''¨´: : : : : : : : ´: : :`ヽヽ:ヽ、:/
.  /;/'’ : : : : : : : : /! : : : : : : : ヽ`、;!l′
  !:/ / : : : / : ;r!:/ !: :i: : : : : : : ヽ`、!ヽ
  `!:/: : ://!: / l:/   !: ト、: :l、 、: : :l :ヽ!'′
  レ!: : :l l,rV'''¨l!`  rヾヾヾ!'ヽト、: l: ド、
 /l: :l : :ll;!,r''¨¨'iヽ   ´!¨¨''ヽ !/:/: !ヽ
/:.:! : :ヽ;!fi::::::::⊂     !::::::⊂`、lレ: : :l:.:.>
ヽ;l :i: : l l ヽ:::::::::!     l::::::::ノ 1 l: : : :l
 l: :l : :ト、l ´ ̄       ̄` /ノ:l: : l l
 レヽ: :l:::::ヽ ' ' '  __ ' ' '/;:;:;:;:!: :レ′
    ヽ!`´`´ >.、 ヽ _,.ノ /、`´`´ !/
       /:.:.ヽ:`ヽ‐ 7´:./:.:.ヽ
        /--:、!:`:.:`y':.:.:.i,r‐‐:ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:!:.:.:/:.:./:/:.:.:.:.:.:.:l
     l:.:.:.:.:.:.:.ヽ=-==/:.:.:.:.:.:.:.:.!
      !:.:.:.:.:.:.:.:.!:∞:/:.:.:.:.:.:.:.:./
     /:l:.:.:.:.:.:.:.:!___l:.:.:.:.:.:.:.:./:`.、
 r‐-i'":.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.!'''l:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.`i¨¨'i
,r''´ :!::.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.!:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: : `、
: : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___;,;ノY`ーr-;,;,__:.:.:.:.:.:_;! : : : ヽ、
. : : : ̄ ̄¨'''''''¨`、___,!_,,ノ''''''¨¨ ̄ ̄: : : : : : :`\
____: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__;,;,:.--‐‐‐‐'''’
   ̄¨¨''''''''''‐‐‐-------‐‐''¨ ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営に遊びに行ったルイズさんの描写なんかを考えると……。
┃ うん、イケルイケル。
┃ コミュの他に何か願いがあればどうぞー。

┃ 安価に関しては、難易度というか判定を甘目に裁定する予定です。
┃ まぁここまで来た以上、ライダーさんはどうとでもなりますしね~。
┃ 安価のリハビリにちょうど良い(爆)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2273 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 00:34:54 ID:macEmFf.0
(エロい描写がほしいです)

2274 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 00:35:13 ID:qXpauTwI0
聖杯大戦は実質終わってるわけだけどメタでいいので
それを知った両陣営の反応(ゲス顔)


2279 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:40:21 ID:WnCtbMkQ0




               ,. -‐==‐‐‐- 、__
          ,. : "´  _        `丶
     ` ー=≠                   ヽ.
        // , '  /        \     ,ハ
.        //   /  /   ;     ヽ        ',
      イ  / '  ∧   ||    /_}_  ',  `   ,
      {  '  !  斗七⌒八  ' ∧ハ `メ、!  ',  l
      人/l | 八z≠ミx  ',  ノ斗≠ミx_|   |  ,        >>2273
       八 |;j〃 fゞ_刈` )イ iト、,厶刈   ,' 八
          ヽNハゝ ∨匕!     └弌/ |   i   ' ,
         ノ ! 丶 ´     '       厶  人    丶
.       /  ', 八     、-=-,    /  /  ',     ヽ
.     /  〃!   ト .   ヽ:::ノ    , '  /   丶     ',
     /    ノ´ }  八ヘ ト  _   イ〆  八     ' ,    ノ
   /        」    ∨',| r‐‐‐/   /:::::ゞ     \  /
  /      /丿    ',‐∨‐_/     厶-‐==l     ∨
 {      爪/     丿又/      /::::::::::::::::::::\   ',  ガタ
.  \    //     /|/::八     /::::::::::::::::::::::::::/    /
   ヾ  〃    /::::::::::::::::::',    i::::::::::::::::::::::::::く    人




      /   .| .l.i .iヽ__ノ~ノ  "\   ._,..,,、-"i|
    /    |  ヽ- 、_,.-ヘ   _,,,メ=ニ-,,,,i´. ||
  /      |   `'''',,,"._,,,,r'"~ /"-'  "'-,||,,、
 ./′      |  ,,rニ 、.゙ ̄ヽ、_l.       `''》′
.,/           l.,,ll./" ``"" ̄          \
"        r` /   .、   i,、  _,.--..,l、     ヽ
        ノV゙    'l._,.、-゙、.lヽ、    l:ア     |
       /,,-'"  .li、,-'li″ ゙l.|:::::`、  l::'i       l
,    . r`" /    . |::| |ヽ  ii;':::::::i,  /::::::|   、  |
ヽ    .ヘ / 、  . "|:::| .|:::::i /::::::::..,;=≡=、.|  .|  |     R-18じゃないからネ?
 \,  / .V  ヽ.   |::ヘ |::::|/、:::::::::"::::::::::::::::|  |\|
   `'‐メ┬`i   ヽ  |:::;;=""”`::::::::::;;;;;:::::::;;;;;| /ヽ
    L | .| |    \ `、":::::::::::::::;;;;''''     l/ '|
    "l | .|     .、ヾヽ;;;;:::::;;;''  __,..-;   / | |
     `ヾ~ヽ   , , i,       '、,__ノ / / /
      | ハハ .ハハ |ニー、.,,__ __,.イ  ,ヘ /
     _ .レヘ,.,ミ,/,ノ'"リ ̄"` v</|. l  /| / |/
     「"'''~ー"       `v ,人/  | /
     ヽ、            ヽ、  .l/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ エロは次回作まで待ってくだしあ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2286 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:45:20 ID:WnCtbMkQ0


>>2274 聖杯大戦終了しますた! 赤のアサシン陣営の場合



                   ,.、..:.─:.:.:.:.:=─:..、,.
                 ,、:<´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
               /:γ:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'、
             ((人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                  /  `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /     ヽ:.:\ミヾ:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
              〈_,、;;;;;;;;;ゝ===xヘヽ.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
                /ヾー''"´  }:.:.:レく }:\.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:',     なん……だと……?
            / __      ,':.:.:.!ろ ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.、:.:.ハ
            `7;;;;;;`;;;、,..ノ.:.:.::j ー′:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                  〉...):.:;:.:.:.:.:;;::リ.:.:.:.:.:.:.l:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
                  ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ソ.:.: ヘ:.:.:.:.:l.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
             !:.:.:.:;;.:;;ノノ".:.:.:.:.:.: ヘ:.:.:.:l.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
                  `"´_,.-┴───:.ヘ:.:.:.!:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              /:´::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:.:!.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
               ヽ:::O::::::::::::::::::::::::::::::∨:!.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ
                ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
               ノ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:./



          _____,,,,,,,,,
.      /レ'''"::::::::::::::く
   k-''":::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;>
  /;;;::;:'::::::::::::::::::::;::::i::i::;::::::::::i;`、
  7;;'';;;:::::/:::/::/::;!::::!::i::i;::i;::i;::i,`
  レ!;;;;;;;;;!;;/:∠;/i/!:ii/'i::i'i;:ii;:!      ま、そういう訳で。だ。
   i ̄i;iri''''i''i'ヽ  レ,r┬-,i;!レ'
   ヽ` i.  ̄     ''''''´/       俺は俺で仕事が立て込んでいるんでナ?
    `i''!、 ,___`  ,,/
     `! ` 、    ,/          ココラデ茶番ハオ終イトシヨウカ?
     ,,i,,,,,,,,,,,ニニ,i,,,
     ,f;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.!;'-,_
   r''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(,,,);.: ̄:i








.
2291 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:48:41 ID:WnCtbMkQ0




>>2274 聖杯大戦終了しますた! 赤のセイバー陣営の場合



              .-=≦=ミ   ./ー'(_
            /: : : : : : : : :.\ \. て
.            /: : {:.:∧: : : : \: ;ゝ  ヽ__(
           イ: : :.x=ミヽ:ト、斗: :.‘,
.           {: : :.{ i!_ノ `.{i! .):.:Ⅳ
          八: : ;ゝ  '  ¨´/:リ .>イフレ'7
.       γ⌒ヽト、 こ二ヨ .∧/     fっ     ちょ、トレーズ落ちてるし!?
       /     ‘;:>-=≦´ ‘, ⌒ヽ _/
.      /.     ‘;。<´‘,  ‘,ー―一′      何、セイヴァーって!?
..     / y―=≦     ‘,> ´
...    /  '        >i:´/::::\           いや、それより俺らこの拠点にいたらヤバイんじゃ……!?
.      {.        >‘,  {:/ヽ::/}}
      ≧=‐--<   ‘, ./  .//
      } |        ∨ ./ /
       | |        {.// . /
.     | |.        / / /
.      | |       {. i ´
.       | |          〉 .ト、
     | |.         i  { \
     | |        ‘,. ‘。/ ヽ
     ト、{.          ‘,. \/ー‐=ミ
.       | |          \   \ヽ勹_}
.      | |.            {` <}.\)





              . ' ´ `⌒ヽ、
           ./       ヽ.\
           /         ヽ  ヽ
        i ./  '´ ,! / `ヽ '  ゞ
        _レ!小l●::::V:::::●レi  _ゞ___     おいィ……?
        ゙''V|l⊃::::、_;、_,:::⊂⊃j|,、-‐''゙
          レヘ::::::::::::::::::::::::/.'iゞ       おおお、俺はこのままタイムアッポでも良いんだが?(震え声)
          _/⌒l;、;_:::::;:::イj,'iゞ
.        / ヽ、/ニニi|iニニ/´⌒ヽ
        |   lox___Xoヽ、 .,.





.
2295 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 00:53:32 ID:WnCtbMkQ0




>>2274 聖杯大戦終了しますた! 赤のアーチャー陣営の場合

                 , ´       `>、
               ,__        <  \
              ,   > 、.  <      ,
              ,       ><..        ,
               l    ./  `ヽ__.      ,
               イ   ./ニニ ニニヽ. _  ,
            ,イ | __≦_    ニ    ヽ  、 ト、
          / r,"   ,--ニ=xヽ  ,,ニニ=-xヽ! 、         ―――ぬかったわ……。
         / /  x´ー… 。マレ'  {i ー -`ヽ ヽ<l  、
        / / xイ ',ヽ.`ー┘'   ' 〈 ´ ̄`` マ ',  >       儂の手でトレーズを討てなかったとは……。
     ./ / < 乂 、 '   __      ´`  マ ,    >
    ./  '¨¨´/ /ニ|i! ヽ.    /   ト、   /人 ,      >
  ./      '  'ニニ!i!  } ,ー乂l  ,へ__  .< |'ニ', ,        >
. /      / ,:ニニi, Ⅵィ     ヽノ   ヽ .川,ニニ ,人          > 、
'       / ,:ニニニ! /     , - 、   マ川ニニ,   、         ハ
     ,   /ニニニ| /    /==ヽ    V,'ニニム    \        |
 /  ,,   /ニニニニニ У   ./〃   トム   /ニニニニム.    \       |





        /:::/:::::::::::::::::/:::::::/:::::::/::::::::::::::::::ヽ::ヽ
.       , ':::://::::::::::::::/:/:::/:::::::/:::::;::::::::::::ヽ:::::l:::∧
     /:::イ::/:::::::::::::::::/://:::::::/:::/:::/:::::ヽ::::::|::::::::::l:∧
      /::/./:/::::、___l/_::イ:::::::/:::/!::::::::∧:::l:::::::|:::V∧
.    |:/. ':::|::::::::: ̄ ̄「:Al‐Ⅵl::::::::!::/_j:ィ/―Ⅵ::::::|::::::V::`ー     (状況は危機的―――。
.    l:| |::l|::l:::::::|:::::::::トl万汀lヘ::::::|::|´ナ万テ汀リ:::::::'::l::::::::`=≦
.    `l ⅥⅥ::::::V::::::| 、)t乏 ヽヽ:|::|  _)t乏ノ/::::::/:;:ト≧z―‐     しかし、これでマスターもこれ以上の無理はすまい……。
       `l Ⅵ:::::::V:、:ヽ      ,|Ⅵ    /::://:l:|
         `l::::|::|:ヽヽ:\_    {| ,   ‐彡 ァl::::/l/l′         俺が此処で果てても、マスターさえ無事ならば
         j::∧ト、:、:::≧ ̄   _ _   /:/l::/ ′
         /´  l ヽA::::l>、 ´ - ` イl:.从j/              セイヴァーが何とかしてくれる。か。
                r‐┤ ヽ!\ヽ、_ ィ/_!'⌒l、
           _r‐/ , 人   >┴‐┴<   ∧\― 、
      _/ , / l∧ \          / lノ )   \         ……借りばかり増えて心苦しいが、後は頼んだぞ)
.     //   l /  {、 \ ` ー--一 / / / )   |― 、
.   /  |   |    !、`  ≧=―― ´― ´ ̄ .∠   /




2301 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:00:01 ID:WnCtbMkQ0



>>2274 聖杯大戦終了しますた! 赤のバーサーカーの場合


       マ三三>、|三三三三三三三三ニ\三三三三三三>==-、;;;___
        マ三三ニi!ニi! 7三i!三ニ、ニ三マ三三>、三三三三三三三三三
           マ三三三i!.7三.i!三三.マ三 ヘ三三三>く}i=-<三三三三三
         マ三三 i!.ヾ三i!三三三マ三ニr7=ラ==r==rヽ:::::マ{ > ラ, .7三       ―――成程。
          `<三}、ニヘ ヘ、三三三r=、ニ く)リ:ラ  ノ:::::::::::::i! =''" 7 ハ三
             ` ハ三 マトヘ三三{ / { "''' ̄__/:::::::::::::::::: r=='V }ニi、      つまりこの俺を謀ったという訳か、ルーラー。
                 /三 マ i!ヘミ=.ゞ=、三ヽ'":: ̄:::r' r7  ::::::::: i!   {, イ::
            /三三ニマi!ラヘ ̄}::::::`:<ヘ   ヘ、    ::::::/  _,<:::::::,r
           /三> '"  /イ. V      `    ヽ   .:::/,r<:::::::::::/         ……ならばそこで待っていろ。
           / イ     '  _,r>ミ ヽ         ヽr'":::::::::::::::::::i!
          /'       , <:::::::,r彡ニ` 、-=''" ̄   ,イ \::::::::::::::::{           いかなる障害が立ち塞がろうと
                , <::::::::::::::/ /    ヘ\    /    ヾ:::::::::::::i!
           ,.<::::::::::::::::::::{ .{      } i! `== 'ヘ    / マ::::::::ヘ          貴様の下へ向かいこの俺を謀ったツケを支払ってもらう。
             ` <::::::::::::::i!ヘ     .i!.リ`::::::::::::::i!   /    マ:::::::ヽ
                ` < ヾ `==--='ノ:::::::::::, r=,.i!  /   / .マ::::::::::         いいな? “いかなる障害”が立ち塞がろうと。だ。
                   ヾ::`''===''":::::, <::/ i! /   /  .マ:::::::






     マ 、   、  ,i|!
  、.   マ::\ .}ヘ .7i::!  ,  ,r/
   ヾミ 、 ヘ:::::` }:::V |::}r'彡'r7
     \`ヽヘ:::::ヘ{ |:::/ i"::/r 、
     _ \::::::ヘ:::::ハ N }:,}rヘ::::\
     `<=ヘ、{:ヘ::::i!_, r彡イ`::::::=ヘ、
    、,,_ .......ヘ:_,>='"___,, /,r{イ::/::/
      ` < ̄{::、_::::リ" ̄ {ン:/イ
       _,r≦,r::i:::,、}ヘ、 、'".{'"
        /,r<7/ニリ三≧゙ r"      { i      そこで貴様と決闘して、主従の契約は終わりだ。
       '_,.. r y'三三三.(,,,ノr<     =、マヘ
      ./ ノ三三三三ニrハ 、  ヘ    マ=' ハ     首を洗って待っているが良い。
      }='ニ}三三三三//、ヘ、  ノ.}    }-` }
      r'ニママ、_____ ,、.//:::/>ミニヘ   ノ  .リ
      }三ヘマヘ________//ヘ、{三彡' }r、r'">、}
      i!三 ミ、------イ三三`r、ヒイヘニr, ゝ./      ―――そういう訳だ。
     .i!.三ニ/ヘ三三三三三ニ} ヘ三ニヘ`vr'
     .i!三 /  \三三三三ニ|'"ンヘr/'"フ       俺の眼前に立ったことを後悔しろ、小娘。
     i!三 }   <三三三三ニ/    `'"
      i!三,r`≦三三三三三//ニ>
     、 7三三三三三三ニ i!i!r/ }
      {三三三三三三三 //ニ`}
 r-='"三、ニ三三三三三三'/三三i!
../' ̄  マ三三三ニ>'>イ三三 }
      ヘ三三 / ,r<三三三ニ リ
      /三三三三/ア三三三ニ/
     /三三三三/ /三三三ニ/



2305 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:06:35 ID:WnCtbMkQ0



~聖杯大戦終了しますた! 黒のライダー陣営の場合~


                __
            ,  <      ≧ミ
       /≧=/ _  、 \  \ _ rャ=┐\
        {ニУ /   ヽ  rャ≦Ⅵ}ニニニ}\ ヽ
        7  ./     `、 .マニニニ/}「ニく   \∧
        /  /! r 7i`ヽ! i .\ /ニ{∨ニ ヽ  \!
      ,  / .| |/_ i  i  !  | |ニ | .∨ニニ〉  ∧
       i ./| .| |f:}\、}  }  } |三!   ̄     ∧
       |/ .!.r ∨ !j  j   ,′       | |ヽ ∧     ……赤のキャスターに最初に吹っ飛ばされた身としては、
        V.ハ       ,′ /     /、   | | ∨ i
         | ∧っ u /  /    /i /  Vi  .} }  .Ⅵ     それぐらいしても可笑しくないとは思ったけど……さ。
         | /| ヘ __/  /|   / .}/'´ _にv ∧ !‐- 、}
         i′! /  / ./} ,  /    /   }/ i/ /
          .i/Z / }7} //}イ   _}i        >      うわぁ……。
            7}}  i i/ くV 斗rヤ   r―   _〉
         r'´/ ̄ `y' / 7 〉―― くノ\ ̄}´        ドヤ顔で一対一で勝ったら~とか言ってたけど、
         /| {   .{ /\__xく       \}
         ,′V ヽ__/! \ / /            i         能力差を考えると、とんだ道化だね、マスター?
        ,  i!   .| { / >
        /   ∧ ___」 く  ィ′          \
        /   |/7//| | / 7 }                \
        /   |{///.L} 71!ヽ}_                }





                        》:::::/            \::::《
                         ハ´                `ハ
                       /::::}                   {:::::\
                       /::::::::/                    \::::::::>..,
                  _,...<::::::::::::/                  ',ヽ:::::::::::::>.,
                  /:::::::::::::::::::ノ′                   ∧ \::::::::::::::::\
               /::::::::>'''''¨´ /         }       {      ∧  \::::::::::::::::ヽ     言うな……言うな…………。
                 {:::/     /         ′       ,       ∧   ` <::::::::ハ
                 |/      / ′     ,         ,         ∧      `ヽ::::}
                        / ,'        ′       '       ハ      ヽ|
                    /  '         ,′         ,       ハ
                       イ  ,'         ,′           ,          ゝ
                  イ   /         /          ',         ヽ
                イ.   /        /           ',         ヽ
                    イ    /       /                ',         ヽ
             イ      /       /               ',         ハ
               イ      /       /                   ',         ハ
           /      /       /                ',         ∧
            /     , '       /                   ',         ∧
            ,′   /         /                       ',         ∧






2310 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:10:14 ID:WnCtbMkQ0





~聖杯大戦終了しますた! 黒のランサー陣営の場合~


    //, \  |      ト、  u   ヽ
\_,/_//イ  / \!     .| l   /   .}`>
/|/ |/゙ー/ァ<__  j./lr:、  / _!-A.ィ   ├′
 ア≧ミミ:、   " ,j }}ノ"孑レヽ'1、/} / }
l| {::::} |゙`::::::::::ノ〃 { ,j{薔}l、.jィ'//} 八
_弋_゚辷'ン_:::::::::::::::´ ゞ、,ト-rァ'' //ノ!レ、 \      ――――――。
   ̄ ̄"´        ゝ.ニニア<ヽ.{ ∨ヽ  ヽ
           ′       !  l ヽ、   ハ
 u                    } iハ  }   }
                  ノ  ! ト、 i   l
\     ⊂ニ=⊃  u .イ , ノ  ∨   /




              .,  ,,-----〟  ,、
            //  ゝ  〃、___ノ ∟、
           /:: )-/ /      τ´
          丶:::: /  // /    ヽ、 ,、
          ,,-ゝμ:: // /彡彡,ii;;;;::,,,.  ヽ
          ((ヘ,,,..ゝ、、ヽ、   ""ミミ::::::::::(`)ノ
          ` |τ゛゛  ヽヽ,,ノ___,, ミ、::_、:::ν、               マスター? マスター?
            、| 、____  》/" ゝソ  ゛"ヽ,/)ノ
             ヽ'ゞ'` ι=ミ、    ゞ丿
              .ヾ,ノ     u /"| `)                ……あまりの事態にフリーズしたか。
               \ .---  /  .|《,
                 \____/==ミ.,、 ,,,--"==---、、..
                 ,,,,|ヾ:::::::/ ___/ / /""   ,,,--ヾ=ミ     だがまぁ、それも致し方あるまい。
          ,,---,---"" /,,;;;:::::/  / / /    /::::::::::::::::::::ヽ
         / / <"""《  》、   // /   /:::::::::::::::::::::::::::::|
        |  /    ヽ, /,,,--""   《、・ /   /::::::::::_________::::::丿
        |//     / '       ``\_/...,,,--"""   ""::ヽ,
       / |     ノ           :::`|"       .........:::/
      ,<   ゝ   .,,iiiiiii;;;,,,,...      .,;;;;;;;;;;|.      ..,,;i"""'ヽ,





2315 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:15:44 ID:WnCtbMkQ0





~聖杯大戦終了しますた! 黒のアーチャー陣営の場合~


                   /l
           ∧   ,ィ   ナ====フ___
           /  Y          ≦
         ∧'     /         \
       弋`  l  /  , -,         >
       ヽ!ヘ.  | / , '´    ' ミ、      ミ
           マヽ,_l/   , .イ __   `ミ       \     若い者達は全員衝撃を受けているようだが。
          ∨   / r くツ}   ミr' ヽ  ム ̄
          l, -、    ヽ '´        }  ム
            Yマj〉            ム  リ      随分と冷静ではないか、我が主は。
           ∨           r' リ lヾ'
            ヽ , -‐        从リ
            \       /    ヽ        真逆、この事態を予測していた訳ではあるまい?
                              〉ニテム、
                     ー≦    /, ィニニムイ: : : ヘ
                __∧  ィニニニァ'.´: : : : : : ; イヽ-.==  ュ_ _ __
                  _/:.∧l_ ,人=ニム: : : : : :/. : : : : : : : : : : : :/. : : : : : :ヽ
             ィ. : ヽ/メ、_ _ノヽニニ}-‐ : : : : : : : : : : : : : : :./. : : : : : : : : : l
         r. . ´: : : : : : メ、   ,ィ≦「: : : : : : : : : : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : : |


                       ___ _ _
                   -‐ :::::::::::`ヽ:::::::::::`::..、
                    ,..::::"::::::::::::::::/ ̄/'\:::_:::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::} ,ノ {  ー X`ニヽ::.〉
             /:::::::::::::::::::::::::::/ 、 ´¨≧ミ、\‐' V
               |:::::::::::::::::::::::/   ニ、<ゞツミーノ_\_゚,      無論、予測なんぞしておらんよ。
               |::::::, -、::::::::|      ^' ー ´/`| i//}
               |:::/ ,^、ヽ{:::|         ヽ  ! ',/ノ
               |::{ {    '´ \  ,      〈_ ,^ー〉 }      ただお父様自体、こうして討たれる事を望んでおられた。
             ',::ヽ ヽく     Y     ,..::::::::::‐´、 !
                  ',::::\__、    |   /::::, ---、::::| |
                  ::::::::| }   i }   '´ ̄´¨¨¨¨ ヽ} |       彼を討てる力量の持ち主ならば、どれほどのイレギュラーが起ころうと
                   }:::/ i!    {,〈     , ─‐- 、  |
              ,'´^  \   ヽ 、` ̄´       i'
               _/_    { `¨¨`ーヽ        iノ       聖杯大戦の勝利者となるのは必定と言えよう。
            /   `\  ヽ  \  `ー──ァ ┘
           ,〈      \      ヽ     //
            /  \      \         /ヽ          ―――ならば後は。残された者の幕引きのみだな。
       __/     \      \        ,/  \
        ´          \      \ ヾ  ,/|、    \_
  /                   \       ヽ   / ! ヽ ノ   `丶



.
2318 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:21:42 ID:WnCtbMkQ0





~聖杯大戦終了しますた! 黒のアサシン陣営の場合~



           {{ _     /:::::::ヘ
          /::::::::::::::≧::../イ:::::::ハ
         /::::::::::l:::::\:::\::ヽ7::::::::::l
        /:::::::/::::l::::ト:::l\::\;;l|::::::::::l
        /::::::/::::/ l::/lヘ|::::\::::lヘ::l::∧        ―――やれやれ。これは参りましたね。
       l::ィ::::::::イ| l:l 7ヘl::::l::ヘ::ハヽ::| ヽ
        / l::::/=ィヽ リ==ィ:::::l::::イ ヽ:|
        .l::ム  、   |:::::从  / リ          手柄首一つ立てる間もなく時間切れとは。
         l:l:::>、 -丶 ,イ:/_リ_
         l:l:リ≦;>::´ |三ノノ|
         |三iy/7  r=-≦三|            せめて最後に僕が僕らしくあれる戦場があると良いのですが……。
      _,,  '' 三||:::l V ||三三 ノ≧ 、
    /三三三三|.|:::::l /ゞl三イ三三三三7
    l ヘ三三三//ム/:::/;|.|三三三三三/ニヽ
   l ヘニヘ | ̄ ̄|;;;/::::/;;;;| ̄ ̄ ||三三./三| 彡ヘ
   jミミ|ニlニ|   l::::::/;;;;;;;|    ||三ニ/三ニ|彡彡7
  /ミミ|ニ|ニ|   |::/;;;;;;;;;;|    ||三 /三三ヘ彡彡ヘ
  /ミミ|ニlニ|   |/;;;;;;;;;;;;;|    ||三三ヽ三三ヘ彡彡
 jミミミ|ニlニ|   |;;;;;;;;;;;;;;/|    ||三三ヽヘ三ニヘ彡彡
. 7ミミミ|ニlニ||    |;;;;;;;;;;/;;;;|    ||三三三\三 ヘ彡彡
ノミミミ|ニlニ||   |;;;;;;;;/;;;;;;;|    ||三三三\\三ム彡




                    ヽゝ 、 _
                 _, -‐= ‐- = 、 ̄> 、
             __, -‐ニ‐  ̄::::::::::::::::::::::`ヽ::::::`ヽ
             ̄ ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::>‐=::::ー=ヘ
               /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             fr:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::r:::::/`7::::::::::::ヘ      お前って奴は本当にぶれねーな……。
             リ:::::::::/::::,.ィ⌒ミ!:::::::::::|:::/、 f:::::::i::::::::ヘ
             {:::::::::f:::/:::{ r',ト;:::::::;イ::j、 ヽ{:::j:::|::::::::::j
              ヽ:::::{/::::::ヘ ∨ヘ::::::| {ト,㌧`.ヽ:::j::::::::/      まぁ、このままいけばレヴィの安全は確保できそうだから
              , 〉::::::::::::::/`y::::::ヽ::{    ijλイ:::::/
              , <::::::::;:::::::::;イ f:::::::::::| `u   丶 }:::/
        -=¬ス::Fヲ:::/ニニ{:::::::::::{ニフヽ., ′  j/        最低限、安心はできるんだが……。
           ./::::::」´イ    ∨::::|リ゙7/ f―ッ
            /:> ´ { ____.   ゝ::| ff ´ フ/
          '´    厶   _  ヽ\ jj  //            ―――これ、セイヴァーに頼めば俺の身体の事も何とかなったくさいなぁ……。
             斤  - 、_`ヽ、 ` 弋.//
              /   > ´⌒``ヽ、  1}             あの時、意地を張らずに向うに……いや、でもなぁ……。
            ./  /       ハ jj ゝ、
              j  /     ー_- =.、_⊥!Lf∩
           f  f     /\\'    ト∪!
             .|  |   /   ヽ.ヽ.  \ ヘ



.


2275 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 00:35:34 ID:DtnQGDm20
他に願いか…… 久しぶりだし他の陣営の描写とかを多めにして欲しいかな?
黒のルーラーが落ちた事に対する反応とか見てみたい


2321 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:26:33 ID:WnCtbMkQ0

>>2275
他に願いか…… 久しぶりだし他の陣営の描写とかを多めにして欲しいかな?
黒のルーラーが落ちた事に対する反応とか見てみたい



            _,,ェェェェェェェ 、
          r≦>――、ヽ―ト、\
           /       ヽヽ|:::::マ',\
      ,..:´/   ィ   ′|   マ',\|ハ ∨
      ///   / .|   '|  |   マ∨}::,′,
       {  /\ ! / !  !   ′ゝノ.、 |              、
        ハ/ !㍉ ' ! /_ |  | /  ∧::::∧ '              } ',
      /  }Vリ |/  |` .、/  /  ∨::∧∨              / }
    /  / { ::: ' 示㍉, ,   ,′   \:::} \            / /
   /,。 ´{ /∧ 、  ::: ー' /  /ノ   ', `   `  ,__ / /
  { /   l / 'ニ 、__  ,′/ハ  _ \          ――――― 、
、__/ / _ __,|′ <ニ〃/_:ヽ! {/ /   \`  、                   \
ー '´r┤:ヽ !  /二/ハ /\\ ̄ _/ ̄\}   `  ,_______     ヽ
 γ':::::ゝ:::::|  {:::7∧∧   ', ¨7ニ/   ,,\       ,.ィ¨¨\       \    ∨
  \:::::::::ト、!  !:〈∧_}ニ}    } /=/_/ニニニ\  /::::}/:::}::\      \   }
  /ト::::::!ニ\ ,:::〉=Vニ≧==!彳ニニニニニ\ニニ\'_____::\―――‐ /  ′
/  フ::ヽ|ニニ\_〉ニゝニニニ',ニニニニニ/ '\ニニニニニニニニ\≧=- 、 /  ′
  / \_,'ニニニニニ∧\ニニゝニニニ/  /ニニ\ニ _____/へ____| /
.  ′ / ゝニニニニ>'   \≧==≦"  /ニニ,, ´、ニニニニ'=へ ̄ ̄\=, {
  { /   \ニ/ ∧     }‐ ´ー一、__/ニニニ\ニニニ!/ニニ\ \ヾ ゝゝ- ァ
、 ∨        |  |  \_〃ニ\ニニニニニニニニニニ≧=='ー\_ニ ̄ニニニ ̄
 \` 、    ∧  ,∠ __/'ニニニ\、ニニニニニ,,≦  ´ニニニニ\__ヽニニニニ
  {`  、ヽ     ∧ \ / /ニニニニ/γ=≠ ´ニニニニニニニニニニニニニニニ
  |   ) }     \//ニニニ//ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  | -=彡"     //ニニニ//ニニニニ} ̄ ̄∨ニニニニニニニ_ニニニニニニ
  ゝ         //ニ> ´,,イニニニ{ ̄     \ニニニニニ//ニニニニニニ
    \     __{ イ≦> ´|ニニニ| ̄ ′         /ニ ̄\ニ/\{ニニニニニニ
        /_/   _」ニニニ}  ′       イニニニニ¨ニニニ` ー――――
               {ニニニニ〈  ,         イニニニニニニニニニニニニニニ
               }ニニニニ∧|     /ニニニニニニニニニニニニニニニ
             /ニニニニ∧|       'ニニニニニニニニニニニニニニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まぁ、黒の陣営は実際、大混乱でしょうねぇ。
┃ 拠点の教会は(セイヴァーの宝具で)破壊され、
┃ 自分たちの主であるトレーズが行方不明。

┃ 混乱した処で公園部分で大規模な魔力砲撃(ルイズの)が観測され、
┃ さらに赤の陣営の本拠地で~~と。
┃ その辺りも、描写しておきたいです、はい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2276 名前:専用ブラウザの使用を強く強く推奨だお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 00:35:52 ID:pjMEEb2c0
>>1が出そうと悩んだけど自重してやめた鯖、もしくは宝具の後悔


2325 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:28:59 ID:WnCtbMkQ0



>>2276 >>1が出そうと悩んだけど自重してやめた鯖、もしくは宝具の後悔


                          / ̄ ̄\
                             |   と   |
  / ̄ ̄ ̄ ̄\               |   ま.  |
  |   い  恐   |          / ̄ ̄ ̄    あ.  |
  |  っ  れ  |           |   感   こ   _/
  |  た.     |           |  じ  ん  |
  |  か.      |           |   だ   な  |
  |  ?.      |         \____/
  \____/
              ,、rへヘへr-、、
              ,.ィク´ ̄ ̄ 二二ヾゝ
.             ////     へ \\
           //// / / / ヽ へ\ ヽ ヘ
             i/// / / / ∧ヽ\ \i_ ヘ!
            ! l丁≧トハ! ヽ|,斗<\ リ
             ∨|! 三三` "´三三 リハj !
           | i!  ̄ ̄ ,    ̄ ̄ |  |
           | ii、         ,;|  |__
         /| iヽ    △    ,イ;i  l;;;;;;ヽ
            ∨:|  |;;;\      イ;;;;;;;| ;!;;;;;;/
         _ゝ!  !/;;;ト、.ー_.´,.イ\;| :リ;;;;/
        /;;;;;;;iハ :リー〈;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;!ー;;|:/;;;;;;`ヽ
         /;;;;;;;;;i!;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i';;;;;;;;;;;;;;;',
.        /;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;/∨;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/;;;;;;;;;; i
        i;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;〈  〉;;;;;;;;;;;;;;;;;j/;;;;;;;;;;;;;;;}
        j;;;;;;;イ二ヽ;;;;;;;;;;;;;∧/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/;;;;;;;;;;'
       ,;;;;;;;;;ヾニニヽ;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;i
      ,;;;;;;;;/ヾニニヽ、_{_____∠ム;;;;;;;;;;;;;;!
.    /;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;}};;;;;;;;;;;;!
    {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;ソ`ヽ;;;;;;l


【宝具】

シドレクス・サガ
○『王の凱旋』
ランク:A++  種別:対人宝具  消費魔力:効果参照

 打ち倒した相手の装備を奪い己の武装としていった逸話の具現。
 セイバーが倒した相手の装備一つを手に入れる。(ただし一度に使用できる武装は1つだけ)
 奪い取った武装は、セイバーの支配下に置かれるため、
 元の持ち主が消滅しても手元に残り続け、魔力を込めることで宝具の真名解放も可能になる。
 また、この宝具の真名を解放する事により手に入れた武装全てを一度に使用可能。
 なおセイバーとして召喚された為、生前得た数々の武装は愛用の大剣以外持ってこれなかった模様。

2327 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:29:51 ID:WnCtbMkQ0
なお没理由。

赤セイバーの『騎士は徒手にて死せず』と被る。

2330 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:33:47 ID:WnCtbMkQ0
後、自重したというかネタで造った奴ならこれ。

共産主義思想が意味不過ぎ&スキルが剣呑すぎて止めました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:バーサーカー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】毛沢東                 【レベル】60             【アライメント】混沌・狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:D】20     【魔:D】20     【運:A+++】80    【宝:EX】100
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】大革命    【魔力】175/175     【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
           ー=≦´.::-=≡=-‐=≦¨´⌒ヾゞ=彡三Ξニヾ:... ´⌒¨':.ヾ::;)ヽ.
           .:/ .:, -=ニ¨⌒`¨^´        / ´⌒` \ ;::...    ::,.::.;.:ハ
        .;〃 イ/              〃 . :: :: :: :: :: :ヽ从  j{ __ ヾ;::'.i}
       ,.:″'´                   { . :: : {M}: :: :: :: } ::j!:: "⌒ ^Y: ;从
      ,.: ::'                   ∨ァ<__ >=、ノ :::》,:..     {ヽ {ヽ :;.:.
     彡´                        ぃ{` ゚ヲヾ゚‐´ リ ':ヾ::.:.  {ヽ ‘, 》 } :::
                                 Y (,_{じ}_,) ,ル ヾミ=ミ {ヽ } ∨  レう
                              {i\ ー  イ}!       ヾ    /
                      __ -‐<: :: :ヽ`¨´/: :: :>‐-=ミ  { UU J}
                    /´⌒: :: :|iニi|:≧= v =≦|iニi|: :: :: :: :ヾ{    }
                    〃 . :: :: :: :: |iニi|: :: :: :Y: :: :: |iニi|: :: :: :: :: : ー…彡
                  / . :: :: :: :: :: ::|iニi|: :: :: ::}!: :: :: |iニi|: :: :: :: :: :i ::ニ三ハ
                    / . :フ{:\: :: :: :|iニi|: :: :: :八 : :: :|iニi|: :: :/: : } ::ニ三ハ
                 /. :: :: :)´j!::/三|iニi|三ニニニ三|iニi|三∧辷:{ ::ニニ三ハ
                  / . :: :: :: ::/{:/ニニ|i0i|ニニニ≡ニニニ|i0i|三ニY: :i{ ::ニニ三ミハ
             / . :: :: :: : / ∨/ニ`¨´_ニ===ニニ_`¨´二ニ∧从 ::ニニ三ミ}
            . :: :: :: :: ::>´   ∨ニニニ{ ニニニ}{ ニニ}i三三:/ ゞ=ヾ ヾニ三/
            / . :: :: :: :: :/       }ニニ从 ニニニ八 三从三∨     ` ー=彡
         ∧ヽ . :::> ´       |ニニニY^ー ┬ 一《ニニニ!
         / : :: :/          |ニニニ{ ニニニ}{ニニニ}i三三|
        ノ`¨¨¨フ               |ニニニ込二ニ」L二夕三ニ|
       Y^Y^Y}                jニニニ八 ニニニ}! ニニノ三三|
          }ー^ー^ハ::ミ.、         ,=ミ寺=仁三三三三三三ハ
       〈 { :i |Y::  ::ヾ,         /‐=ミ守=仁三三三三三:/ニ‘,
       Y⌒ヾ}i:: :'⌒≧x,,..    /  ‐=ミ寸仁二二二三ニ/ニニハ
        ゞ::. '  .  _つ)‐=x_ ,'   ‐=ミ寸=ニニニニニ三/三三ニ}
        {(:. ; ' . '  .;ノム  ¨^ーz ‐=- ___ノ{ヾ===彡/三三ニノ
        从:.__  ,..;;:::...  -=ニ=‐ __  ¨¨ `-=、__((_  -‐…‐-ミ


○狂化:B


○霊長の殺人者: EX
   ガイアの怪物。人類に対する絶対殺人権。
   一説によれば第二次世界大戦の犠牲者をも超える数の“自国民”を虐殺した人類史上ワースト1位の虐殺者。
   「神性」や「怪力」等を持たない、混ざりものでは無い人間や英霊を無条件で殺害できる。
   このスキル(装備)はバーサーカーを超える虐殺者が出現するまで外せない。

2335 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:40:20 ID:WnCtbMkQ0





                        >:.、
                       /:::::::::∨
           __       /::::`Y:::::::::::::::::::ヽ
          i´   >. :´: : ̄ ̄: .<./ ̄ ̄i_
          :、  /: :─- : : : : : : : : : :` <::/::::::::`::<
             `7: : :、: :  ̄: :ヽ: : : : : : : : : :二=-:::::::::::j
            / : : ハ\\ヾー :\\ : : : : : :\::::::::::/
           ,{ i: : ヽ\:\`ィぅ、: :\`!: : : : : :、ヽ/
           |!ハ\: :\`  弋リ \ 、\: : : : : :{`
              八从:`Y__    、    ト\:ヽ: : ム ̄`    起床時間にだけはまだ余裕があるので助かります。
                i: : :´` 'く  )  ,    \ ヌヽ、
             \: :>: .。_ /ー───)、⌒)、
               iマ、_jーx∠二ニニニニニ7 _k;:,、
                ,ム `r‐‐乂{‐、 ヽニニニニ| i ヾ;ヽ,   /ニ=<
                 7´ー iニニニ;kヽ  ヽニニニl ∨ ,{ニL__/ニニニ:\
                L= {ニニニニ`ーヽ  ヽニニi ∨!ニニニ\ニニニ\
           .x1ー;:、 `ヽ__ヽニニニニ\   ∨ニ}  ト'ニニニニ\ニニニ\
        ト/ニニ\__ `ーヽニニニニニ\ ∨ l /ニニニニニニ\ニニニ\
          ト/ニニニニ\   }ニニニニニニ\∨ /ニニニニニニニニ `ニニニ∧
.         ;/ニニニニニニーヘニニニニニニニヽ/ ニニニニニニニニニニニニ∧
         /ニニニニニニニニ\ニニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニニ}
         |ニニニニニニニニニニ\ニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニ;ソ
         l:ニニニニニニニニニニニ\ニニニニ∧  \ニニニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニ:\ニニニニi   \ニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニニ\、ニニ|!.    \ニニニニニニ/
.          ∨ニニニニニニニニニニニニニヾニニ!l,      \ニニニニ/
            ∨ニニニニニニニニニニニニニニニン  ̄` ‐-  .\ニ;/
           ∨ニニニニニニニニニニニニニ/  ̄` ‐- _   ¨¨<
.             ∨ニニニニニニニニニニニ/、|         `> .,   `<
          /.∨ニニニニニニニニニニ/;  ∨           >
         /   ∨ニニニニニニニニ/ニ∧  ∨
.      /       ∨ニニニニニニ≦ニニニ∧  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はい、ではまだもう少しお願いが残っていますが、
┃ 頭が動かなくなってきたので本日の投下はここまでにしますね。
┃ 明日も夜中に顔を出せたらな~と思います。はい。
┃ 残りのお願いに応えた後、あらすじをボチボチとやっていこうと思うので、
┃ どうかお付き合いのほど、よろしくお願いします。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2340 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 01:42:32 ID:WnCtbMkQ0




                    ,-zt-、
                      Y:.:.:.:.Y
        ヽ从/    ○  .!从从! ○
    ,...-―‐-...、      ヽ∨ ! ∨ |.∨/
 ,-‐/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      ー'{   }‐
 >.!:.:.:.|/∨l/ヽ:.:.ゝ      /===∨     上のバーサーカーは『混ざりもの』のマスターでないと、
 ヽ_|:.:.:.:!○  ○!.:|      //:/∧',::!..
  ∧:.:.:ト、 □ ,.イ.:|     //://:::| |:lハ     召喚した時点で乙るという地雷鯖でもあります。
  ヽ_从!'∨ ̄ヽ}{`ヽ   //::|_!:::::!_!:::::∨
    /.>< 〈. Vヽノ    { {::::::::::::::::::::::::l
     |/ー',__.ヽ_/ !   ヾ::::::::::::::::::::::::|
    |--‐' `ヽ、  |    |_| ̄T ̄|_|
    // ̄ヾ/ ̄ ̄} \________|
   //`>v-、ヾ¨_ノ
  ノノ '-'‐‐' ̄´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ であであ皆様、お休みなさいませ~ノシ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2352 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 17:52:28 ID:DtnQGDm20
1戦目:赤キャスター VS 黒バーサーカー
2戦目:赤キャスター&赤ライダー VS 黒ランサー
3戦目:赤キャスター&赤ランサー VS 黒バーサーカー主従
4戦目:赤キャスター&やる夫 VS リーゼ
5戦目:赤セイヴァー&赤ライダー VS 黒ライダー主従
6戦目:赤セイヴァー&やる夫 VS 黒ルーラー

まあ内訳見ると半分は鯖2組で1組相手してるから順当ではある
なお黒のライダー・ランサー・アーチャー・黒のアサシン主従の4組同時に相手して勝った赤ライダーがいる模様

2355 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/01(木) 19:01:27 ID:GTSYE19c0
あ、>>2184で出ている幽々子の魔力量ですが誤りかとー
>>438が最新なので230ですね


2356 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 21:33:39 ID:WnCtbMkQ0




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    >>2352 まぁ、キャスター弱体化の影響&一般人ってことで
     \    ` ⌒´    ,/          常に誰かと行動を共にしていたからね。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ           その結果が今の状況に繋がっていると思うと感慨深いものがあるお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





             , - ‐ - 、
         ,‐-v ´:.: : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: : : : |: ::|: : : :.:.: :| : : .|:.:.:.:.:ヾ゙:::‐ 、_
      /: : |: : :|:.l:||: |:l : l : :| : : :|、:.:.:.:.ヽ:::::::/
.      |: /::|: : :|: l:| |:|::ll:__l::.:.|:.:.: |ミ 、:.:.:.|::::<
      |::/: |: l: _l,,_:| .|| ´l_ _`lト:.:.|ミミミ-:|:::::ノ
      |/|:.:|:.:.l´ .`| .| ´l ::`lヽ:.:|:.:.゙゙ ´|ヽ|´    >>2355 おっと、これは失礼を。
      | .l:.:|:.|:.:.:r‐‐ト   ヒ::ソ|:.:./゙):.:.:|:::l-
       |: :|: :|ハ、 r ヽ  /::/ノ:.:.:.:|‐‐ゝ          どうも魔力計算等はWiki頼りになっていたようです。
       /|: ||: レ ゞヽ、_ イ::/: : : /::| .r‐i
      //;ゝイ ; ;.;.;.;.;.|///ム、:.:/:.| / /          手元のデータ、古いままでした。
     //; ; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.|´ / /\リ-.l .l
    /´; ; ; ;.;./;.;.;.;./;.;.;.;.| /;.;.;../:f´   ヽ
  /; ; ; ; /;.;./;.;.;.;.;/;.;., イ;.;. ;./  f し   )
/; ;|;.;.; ; ;./;.;/;.;.;.;.;//  ̄ー/  |  |ヽ  /
;,; ; ;|;.;.;.;.;./;.;.;.; ̄___>    //   | ./;.;.;\イ、
;.;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;/      ヽr   r‐゙;.; ; ; ;.\\
;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;./        | 丁 ̄;./;. ; ; ; ; ; ;.;.;.;.|
\;.;.;.;.;ヽ;.;./         > /ー;.;.;.;.;..;.;.; ; ; .;.;.;.|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はーい、皆さんこんばんはー。
┃ 準備が整ったら本日の投下……もとい、
┃ これまでのあらすじを軽くやっていこうかと思います。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2359 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 21:58:35 ID:WnCtbMkQ0


Q:ルイズさん、赤のライダーのやる夫への印象は?



                  -―――-
              '"             ``丶、
             '/                   \
       / /                    `、
      /  '  /             \   \     ',
     /  /  / /   :、 }        `、  `、          印象……と言われても特に。
    '   ' ,   /   i v∧:     |           i
   /   / /  / |  | i⌒⌒',    |\         |      相変わらず人の言葉を聞かない、
      〈 /     |  | |    '_ ,..斗 '"ヽ ̄ i  |   |
      ∨    i :j|  十…      l |斗ャハ㍉ :|  |   |      困った奴だと再確認したぐらいだ。
       i   | 八  ,x===ミ  i 'l |乂 ソ 从:|  |   |
       |   人  、 ゞ 乂'ソ  |/ j/    | |  |   |
       |  ,    |\ 、            j /;  |   人      ああ、本当に、困った奴だ。
        ,:   {     | ∧\  '       / i  | /  ヽ
     /    ハ   | /;込     _   - '   , |  |\_  i
      /  | i ',     个 ..,       / ,   |'///i\|
.    {   | |  \、i     /  > - イ斗//   |''"//∧ \
.    人   | |    `|  r' 《///〈'rr==≦rr</    ////,'∧   ヽ
       \:|\    |  ||i ∨//ハ |V///| V     |///// ̄}、人
        ヽ      |  ||| ∨// i| i // |:/     ノ/ /:. :. :. :. :>- 、
              |  |||:ハ ∨/,'|| l // |'    /:/:. :. :./ ̄ ̄ ̄:.:\





     ,. -―- .._             _,,.. -―‐ 、
   /       ``丶、_   _,,... -‐ァ''´      ヽヘ、
.   / /´ ̄`ヽ_       ̄__,,. /  / ̄__       \
  /i'´ _ _ /´   `丶、      ´   / /´          ヽ
. / l/_____/       ` ー‐''´  ,.// 〃  ,..            ',
/ |/´  /|    ,. ''"´ ̄  ̄´   /// ii_ / / ,.   ,.イ     !
 |   {/   〃    ,. -    _,//   |/¨フヽ//  / ノ  ,, ,′
  |  /    ,|l   /  _,. -‐''´/| , イ示c、{ハ /_,∠.../_〃/
ノ | /    / jj  / /´ __,/  !  l トゞヨゾ` ヾ ,厶rく , ' /
_,ノ |  /   ,′,. -―<_ _,,..‐ァ′丿j:::::::.    込ソ/,''/      目を離すと何をするか分からないバカ。
,.イ | /\  / 〈 / ̄      _ __,ノ\  、_ _' .:::/ //
 { ハ{  )/   ∧     ,. -‐''"´.:.:.:.\:.\_`ーrrrァ7´/ ,′      おかげで気付いた時には目を離せなくなっていたわけだけど。
  \∧/ | 〃 } ,.ィ'´.:.:.:.:._.:__.:__.:.:.`ヽ/⌒ヽ:∨ /! (
__ /  }__,人 {   |/ {:.:.:,.:.'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、}、 丿.:\ )  \
     ノ--ーヘ!`ァヘ.  ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´ ̄``<.:.:.:.:.:.:.\   )     ああ。後、女の敵かしら?
__,/     /.:.ハ  \ :.:.:.:.: /       `<. ̄´\ /
        /.:.:.:.'.:.:/    / .:.:.:./ ー;- ...__      ̄``丶-ゝ... __
_ _,,. ‐''´ :.:.:.:.:.:/    /´ ̄´,|'"´     ``ヽ、            \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.二./ ____,/.: : :/|       l `ヽ._       /´ ̄`>、
- ―.:.:/ ,.ィ'´ ̄: : : : : :,. ´ : :|         l   | `丶...,,__  ヽ. O/´  丶、
.:.:.:.:.:.人 {|: : : : : : : : : : : : : ,ハ.        l   |  / \\__>┴ァ、_    \
.:.:.:.:/: : ` ーゝ: : : : : : : : : : _/: :|        l   ト、 (    \    〈 /´| r、ヽヽ}






.

2360 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:03:41 ID:WnCtbMkQ0





        -‐‐'´      `ヽ、
     /             \
    /  /         ヽ    \
   /  /  /        i ヽ   ヽ
  |  /   /   / /     |  i    }                  〆
  | |   |   / /     /|  _L   |                 〆
  | |  -:十卅十|ト、/ /レ ィi「 /|   リ               〆
  | |   |ィ厂テトミ 从.{ f爪}「 〉|  ィリ                〆
  | |   |i {.辷リ      {心リ イ/ィ                 〆    ―――まぁ、私はもっと話しても良いけど、ライダーもいるしね。
 / ∧   i|       、 `¨ /   |\            〆
/   i|   ',   ,. - :ァ   ∧  |ゝ \      r-、/ィ      後は本編で直接確認しなさい。
  / ∧   \  ` -'  イ| \ \∧ }     ノムイ {
 /  /⌒|    \` ー r<ー┐  \  \|   //´- |./
./  /::::::::i|    i >rく \:::\   \  \ /イ/r:┴ヘ         それじゃあサクッと今までの出来事を振り返ってみましょうか。
   〉:::::::/     iト、//ヽ\|::::::::\   \  |  レ'  ̄/
/ ̄ ̄___ノ i|::::\| Tア|:::::/:::::::\   } |r'´  /          まずは本編、一日目からね。
      ___ノ‐::::::: ∨/:::/::::::::::::::∧ / ∧ イ\__
     <::::::::::::::::::::::::::::::ゝ::|::/::::ー:::::::::ノ’  |/   イ |
\ \  \ー――‐:::::::::/::::\:::::::/     ∨__/   \
::::::\ \  \::::::::::::::::/::::::∧:/ /     |       \
:::::::::∧  \.  \:::::/::::::::/| (  (     /:::\       ヽ
::::::::::::ノ    \.  \:::::::::イ| |  \ \   \::::/ \       |







.
2363 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:10:14 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午前・その1  .....│
└────────────┘





三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |   あっ、起きました? おはようございます、やる夫さん。       |
_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 乂___________________________ノ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
_三三三三三三三三三三三三三./ /  /    ハ  、     \..... 三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三  ∧ \ / / /  / / / l li l      ヽ          三三三三三三三三
_三三三三    |   ∧ \./l  l/r ィ‐r ぐ _/   | ll l i i  ll i l i                三三三三
三三         `ー/  \/ .i  レ' r1ノ;:;::l`     レナメl .l i  ll l l |                     三三
_三.           /ll  i i| l  |. tゞ.ー''/    ´三ミ .l i l  i.l l i |                       三
             /l |l  l l| l  | """ ~´     i{r' ;::ハi/ / / l i/ !
.            / .l |l  l l| l  |        .  ー '  リ / / i/レ''
            〈  | |l  l l| l  |\    `ー‐   ""/イ' /レ'l
.            ヽ.j |l  l l| l  |.  \         _,.イ .|  i  ll|
_三.            从 ハl l  l`\  「  ̄ / // /.|  l  ll|                        三
三三       r‐‐ ‐‐→~ ヽへ.j\ \ \  / // //l  l  ll|                       三三
_三三三三  {´ ̄ `ヽ     \\ \ \jヽ / ' ///  /  レ                    三三三三
三三三三三三三三 乂_ ̄`ヽ ′ \ \ \.   /イ  / /              三三三三三三三三
_三三三三三三三三三三三三三   \ \  ヽ V / /        三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
_ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ三三三三三三三三三三三三三三三
三|   ―――って、二度寝しないでくださいよ~!        |三三三三三三三三三三三三三三
_三乂_______________________ノ三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 一日目朝。
┃ 義理の姉である琥珀に起こされ目を覚ます。
┃ 白鳥の夢を見たり、やる夫の手の甲に痣が出来てひと悶着起こったりしたものの、
┃ 概ね平穏な日常風景。だった。

┃ ・手の甲の痣……令呪
┃ ・白鳥の夢……ルイズ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2367 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:14:24 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午前・その2  .....│
└────────────┘










 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   “I Tego Arcana Dei”        |
  乂________________ノ






                                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                |   “聖杯”に懸ける願いが無いなら、早く立ち去ったほうが良いわよ?    |
                                乂_______________________________ノ





   | \       |ヽ  |   _         / /′
   |   ∨     | 斗= |  ̄       ,  / /  | |
   |   ∨ ,, ゜ |  ', .!         , / /   .| |
   |   ,.∨     }   } |',    _       , {  {   .| |
   } ,, ´  ∨    ′ | | _≦_        , \ \ .! !
  /     }   /  <:>==::/         ,   \ \.|
   /       !   /<:> ´ ヽ::::/       '    \ \__
  /     , ィ /> ´',   }:/          |     |\_
  /     // /{_   ‘, //           |     | {
/    // / / \ノ     /         |     | ,
   /イ  / /   ` ー   }         |     |  V
        ,./         ,            |     {   ∨
                     ,          |∨     ',
                 ′         |ニ∨   ∧
                   ∧            }ニニ∨  ∧
、                  ∧        | ハニニ,   ∧
         ,         ∧          | ∧ニニ|∨
    、 _ /     /′ /          |,′ニニ.! ,
             / ∧ ./′       ,′ニニニ.|  ∨
 , _         /  / / ′         ,′ニニニ!   ∨
ニニニニ{¨  =‐ ´  / , イ、′      /ニニニニ.!   ∨
ニニニニ∧       / イニ/        /ニニニニニ{   ∨









╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 登校中に妙な事を口走る外国人の女の子と遭遇。
┃ 山の上の教会に歩いていくのを見送った後、
┃ 首を傾げながら登校再開。

┃ この時はまだ、彼女があんな高エロ度キャラになるなんて思っていなかったんです。(震え声)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2371 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:20:12 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その1  .....│
└────────────┘
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
                  __           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
______. /::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::\...__  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
          /::::::/:::::ヽ::::::::/:::::::::::::::::::::::::',    ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
          /:::::/:::/-wwn从从N/--|ヽγ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         /:::::/:::/      o     |::: |   時にやる夫氏www 今日は真っ直ぐあの女のハウスへ帰るご予定でござるか?www      |
        /:::::/::::|     |     ||:::::乂________________________________________ノ
       /::::::l:::::|-‐‐-  odo -‐‐- | |::::::l::::|  ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
____ . |:::::::l::l::|    _   _    | |:::l::l:::::|.゙_.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
____....|:::::l::::l::|,,,,.__-    ,,,,_,,,,| |:::l:l::::::|.゙_]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄../:::::l::::l:::|           | |::: γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ̄ ̄ ̄.. /::::::l::::l:::|      }       | |:::l:|   もし宜しければ拙者の願いを聞いて欲しいんでこぽぉwww        |
      /::::::::l:::l::::ト    、 ,    /||:::l::乂______________________________ノ
      /:::l::::::l:::l:::|;;;\   、_ ,,,.   /;;;|::::|::::::::l::|    ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
      /:::::l:::::::|::l:::|;;;;;;;;`' 、      /|;;;;;|::::|:::::|:::l::|.  ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
    /::/::l:::::::::|:l::::|;;;;;;;;;;| `' 、 /  |;;;;;|::::|:::::l:::::l::l.... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,
    /::::::::|::::::::::|:::::|;;;;;;;;;;;|       / ;;;;;|::::|::::::|:::::l::|
   /:::::::/:|::|/ |:::::|-''" ヽ     /  /|:::::|:',::::',:::::::\
  /:::::/:::/:/  |:::::|__ヽ_\___/_/_|:::::|>::::\_:::\
/::::/ : /::/ ̄||:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : |:::::|: :/',::::ヽ: : : :
::::/: : : : /::/ヽ : |:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : |:::::| / :\::\: : ::
/`''-、,ノノ: : : / |:::::| ―――――――: :|:::::|: : : : : ヽ:::::ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 果たして何人が彼の事を覚えているだろうか?
┃ 入速出やる夫の友人、摩多羅夜行。
┃ 彼の頼みにより、やる夫は放課後に街に買い物(魔法少女アニメのDVD)に行くことになる。

┃ なお、地味にこの時ブラッドレイ先生も登場していたり。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2377 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:24:25 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その2  .....│
└────────────┘

                                               、
                ャ――z                  __   __         }
              /  /                , -y'   `{´ /        /
.       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、.          { ハ j! i!r./   __    /
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"          } } ヽ:://ィ`ー'イ ( ー- <__   _ __
        、 '"´,、ィ   /                > ´. 〃ー ' .〃イノ,,イ-<      、 ̄     `ヽ
..   、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     /   / .r≦/:::Y __,,..::::、`マ    `ミ、 < ̄ - ヽ
....、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡..... /  .,'    !/{彡ーヘ::::;;;ィ::ハ `ー',  ヽ      ヽ    \
. | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │.   {   /   ,. //,!_, 、__  ノ/ ',   ,   \     ハ     ',
  '´    / /l/     .,/,_ |..   ゝ.__{   , ///} _}___ ,   ,'  ヽ  V    ',.    ',     }
.       //       l_,'" | .|      `ゝ.__{ ノ//ハ j__ イ ,  },   i  V    r-、  }     /
             ;‐i         {_,l゙.        //// .}  __ノア !_,ノ   ',  { ァ  ノ  } ./
            lニ ニl                rノ{,/マ/,' ≦三彡'  {r}=-―'' ',  ', ノr  //
.           〈/!_|             ) / .ハ{ rゝrソ!}/≧=-マ!    ハ _レ' {  ((
        ;‐i         |^l       ゝ( /  /////////ハ}/!     r' r ノ  ゞ=-
...    lニ ニl       /'''',,,," 彡.      Y, ) ,),ィ////////////ハ     ゝイ´
...    〈/!_|         `゙^ _,| │.    r 、ノ ノ } r'/////////////{、    }  ヽ
                   ,/,_ |.    ソi!}イrノ/////////////,'rVハ     ゝリリノ
              ,, -─...l_,'" | .| . ,.ィチ"´   //////////////,{ V!}
.           /::::::::   ヽ . {_,l゙.>´     ///////////////ハ ,}/`ー--ァ
          /::::::::::::::::    ', . ´      //////////////////!/////{
.         |:::::::::::::::::::::::u  |       ////////////////r'´ .!/r=、/リ
         \:::::::::::::::::::::  /         ///////////////ハ{   |/乂
          /´;;;;;;;;;;;;;;;  `\.       }/////////////////ゝ {///,ゝ
.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ヾ.     リ////////////////,{   マ//
.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ',    //////////////////ム  ∨
      /;;;;;;;,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;   ト、  .!.   //////////////////√ ',   V
...    {;;;;;./ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   .| .',  .}......,}//////////////r⌒ヾ  }.   '
      i;;;;;;{ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  | }   .}. ////////////////ゝ     !   ',
     /;;;;;;ヽ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  .} .i  ,'..////////////////,{     ',   |
     ゞ;;;;;ノ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    !/  〈 '}////////////////,i,      ヽ.  {
        |;;;;;;;;;;;;;;;;.,、.    ',ゞ__丿/////////////////》      ハ  i
          l;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ     l   ノ/////////////////{         ',  '
.         l;;;;;;;;;;;;;;,'   ',   l. ///////////////////|i       ',  !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――その日、運命に出会う(その1)

┃ 街から帰宅途中、周囲の風景が急に変化して迷宮に。
┃ 黒のバーサーカーとの衝撃の初対面。

┃ 信じられないだろう?今ではサブヒロイン扱いなんだぜ、これ……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2382 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:28:59 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その2  .....│
└────────────┘
::::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.: ::.       : ::.::.:.::: :::.::.:::::::.::::::〇:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::}X{::.::.:::   ,.ヘ、_      :: :: :.:.:.:.::::::.::.:::::::.:::::.:::::::..:::::::::::::::::.:.:::.:.:::.:.:::::.:.:
:.:.:.:.::::::::::::.:::.::::.:.:.:   __/   \  `>'´ ̄`ヽ._ :: :: :.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.ト、:.::.:::.:.::::::.::::.:::::::::::::.:.::
.:.:::::::::::.::::.:.:.:.:.:..  // ┏━┓ \     .:::.:.:.:\ \ :: :: :.:.:.:::::::.:} ヽ::.:::::::::/ ̄  7 :.:.
:::}`Y´{:::.:.:.:.:  //   ┃┗┛  ヽ   .::.:.:.:.:.:.:ヽ:::\ :::::: .::: :.:{   ヽ } /    _/ ::::.:
::ノ_人」::.:.:  ,.:.:.:/    ┗━━━   ヽ  .::.:.:.: . : ::ヽ::::ヽ :::.:.:::.:ヽ   ∨   _/ :::.:::.::
:::::::::.:::::.:.: /.:.:./  _r=≠ァ~ァf⌒'く辷_マァ┐\__}::::::ヽ::::::.  ::.::.:.:::.>    / :. :.:::.::.:
:::::::::.:.:   /.::.:.:}≠´.:.; .::/ 〃/ .:::::}:!::ヽ~くj辷弋 \::::} :::::〉 ::::::/       \ : :.::.:.:::
::::.:::.::.:  {.::.//〃 .::,′ {{/:: .:::::从::::::. :}:::. `^ト、_ ヽ>く :::/   _/ヘ    { :..:: .:.:.:
::::.::::.::.:° >/′::{ ::::{ .::/〃 .::〃j|::::::} :}!|:|  ::| ::「⌒〈_ノ〉ノ  / :.:.::::.:ヽ   } ::.:.:::.:::
:::::.:::.:   //∨ .::::::〉、::{ .:::i:{:{ .::ノ厂}「:::フ:ノ川  ::| ::l::、 ::F′ ̄ :: :: :.:.::.::.::.::::\{ :::.:::.:::::
::::.:::.   ,′/{ :::::/:::{ヽ{ ::::{从 :::イ ノj≠くノノノ .::} .:l::::ヽ l  : ::.:...:.:.:..::::.::::::::.:::.:.::::.:::::.:.:.:
::::.::.:.:.  _」人 ::::{ : :{ .:;ゝ‐〈ヽ\{   }::::::::}::}  .:::ノ .:::γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::.::.:.:, '´.: :::::::\ヽ、ヽ{,ヘ::::j      ーテナノ .:::/:::: |   貴方が、私のマスターかしら?      |
::: / .::/.:::::::::::ノヘ\{ハ~´   _,  ノノ // .:::://:乂_________________ノ
:: { .:/.::::::ー=彡.:/:;  .:::::人  `   ///::::::::;:イ{{::{:::}:::::::} : : :: ::..::.:::::::::::::::.::.:::.:.:.:.::.::
:: ∨{:::::、:::::/.::::/:/ .:.:.:/::/::了 7:/,ィ´ ,イ:::::;::/从::\乂::::::ノ . : :: ::::})({::::::::::..:::..:.:.:.::.::.:::
::::::::: `ヽ::Y{.::::{::{ .::.:/:{/:/ ∨::{/人{ {/く     ̄\く    : : ::::.:::.::.:::::::::::.::..:.:::.:..:.
::::::::: :: _}ノ \::ゝ\ {从{  //  .::: ヽ) = 》        ヽY^{  .:.:.:..:::::.:::::::::::::。:.::.::::.:.:
:.:.:.::.:.:.:.:..::.:::.:... ヽ    {{_≧〃  .:::::::/゙ー'⌒)く      j辷{  .:.:.:.:..:::::.:::::::.::.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.::.::::.::::::::::::.:.:. .    ////  .:::::/f¬、_:..:.:ノノヘ、    〃くフ .:::.:.:::.::::::::::::}Y{::::::.::.::..::
.:.:.:.::.:::::::::::::::.:.:.:.:.:. : .    ,′.:rイ⌒T f { }⌒7⌒)`= 〒^'く_f . :.::..:.:::::.:::::::::::.:::.....::.:::.:::
.:..::::o::::::::::.:::.::.:.:.:.:.:.: : ..  {  「\ヽ _」⊥L」_ 厶_〔__人_ 」、_メ、 : :.:。.:::..::.::.:..:::::::::.:.:.:.:.:.:.:
.:..:::::.::::::.:::::::.:.::.:.:.:.:..:.. :.   >く^ヽ/    〈⌒ヽ L.:.:::/.:.:.:.:.:.::ヽ. :: :.:.:..:.}ヽ::..:::::::.:::::__:::::
::::::::: }`Yア.:..::::::::::::.:.:: :.  {   j〃 j  厶L_」、 }`Y/_ .:::::::::::::::::::. :: :::.::.::} ヽ:::::/ /:::.:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ―――その日、運命に出会う(真)

┃ 謎の怪物に襲われ絶対絶命のその瞬間、その少女が現れた。
┃ その姿があまりに綺麗だったから……最初に漏れた言葉があれでも仕方がないのである()

┃ なお、後のやる夫の行動(安価)の結果、
┃ 用意された触媒すら超越した問答無用の縁召喚という後付設定が加わった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2387 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:36:37 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その4  .....│
└────────────┘
   γ' 1、   |!    l,                  ,、                         ャ――z
   |l1 ij}   |i !,                     } ヽ、                       /  /
    Y|l     | ; , ,                   __ --‐ノ ,-、',            lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
    jN!  , ,; l ,ヘ               -‐: : : : : :/  (_) ヽ、.           ∠,,、 -z    ,r――― ''"
   ,/ |j  ,j  |! l };             i´: : : : _: : : / -‐―-、_jハ ヽ           、 '"´,、ィ   /
   l  ,  /!  _|! {! jし、. ,....   __rィ_,ニィ´ >_ゝ_ _ー-   〉: : ヽ     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
   | ,;! /ソr=キzN三7 ,l!.   /、 < /´\ 了77`ヽr<⌒>=、<ミ: : : :. 、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
   ! , {三三Z卞ヘ三三入}!   ゝ ハ  j: :Y / i: : /i:/l:`ヽYヽ ヽ-、: : Y| ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │
  , |! 1三「´       弋、. ヽ/   /:  ̄/`i: 7 Tj、l: : : j l: ヽr‐、ヾ`..゙'´    / /l/.     ,/,_ |
  ,'  , 7Zソ   ■      .i!  7  /:j: :lィr=‐'≦、j: : :イ T ̄`j: :<  j  }..  //       l_,'" | .|
  |N 三7    ■     ノ1. / /i| /i :|iハY:j::ソ  /:ノ/ィz'ュ: : /i: :l:!T )´          ;‐i         {_,l゙
   ! {{Z     ■    !三}} . ノi: :!|:/ l: :|! ´ ̄  /´ノ/´ソ !7:/jl: j リ Y        lニ ニl
   , 三,    ■     VZく..゙j: :l:/: |i: :i      , `'' //ノ!:/ノ ノ        〈/!_|
   ! YZ    ■      三}}、..i/: !:|li: :ト   ,イ≧ュ、/ノ: イ/:j/、X.       ;‐i         |^l
    /∧  .  ■   rfZ三≠-゙: :ヽソ:ハ:} \ `ヾ三三≧ュ、: :ハ  ヽ.    lニ ニl       /'''',,,," 彡
! ,!  '}}三Zz     ,.イ三「 ̄:/:人!ヽ!从:j )!   Tリ: `7>ミ三≧ r 、__ \.   〈/!_|         `゙^ _,| │
\ドヘ、 , \三Zzz,_ノf∨{Y' -=ト、_ゝ ´ヾ、/ノ  、 ト、ノ!/イ/ ! `ハー≧‐-ヽ‐ゝ、           ,/,_ |
  }}Zヘ、_, ̄⌒ーヘ ,.    イ}`ヽ `ーイ `ヽー- レヘ `リ-rヾ ノ j了r、     ヽ          l_,'" | .|
       :::::::::::       r': :`ゝ ',       \  ∨  ト-'、ヽ ` ヽ、_    ヽ.             {_,l゙
       ::::::: ィ ̄ヽ    }: : :`-'ヽ,        ヽ !   ハ r': : i      `T   i
     rー-‐´,ィ , 、´⌒ヽ 人: : : : <_,ヽ       /ミー、  ヾ)_:\   r |    !
      `ー7Y j/ r'r、 ハ ト、:ヽ: : : : }`、_〉、 rュ  イ三=ァ=''ミヽ r、ヽ: `ヽ l:ハ   j、
      / l ) j i }'  i: : Y ヽ: : \: <r'ヽi| |!´: : : ヽ/ l| ヽ,`|iヾ,: :ヽ: j l: : ハ   !',
        {_/ `´`7 T´ ノ: : :ト、: : : : : : ヽ Yi|! {l|i: : : : `ヽi|ヽ  \ヽ: : : Y j: : : :ハ !
          /  l /: : : :i: ヘ:_:_:_: : /i: :,´: :´: : : : : : : :´ヽ  }<ハ: : :ノ/: : : : : ハl ',
         /   !/: : : : : i l: ヽ! 7、 !: : ゝ-: :_:_:_:_:_; '-≧‐-'='、_:_:ノソ: : : : : : ハ  i
        /  | / : i: : : : : !|: : ヾ, < ゝ、_,, -‐=´ / ̄` イ、/: : :j: : : : : : : :ハ i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のキャスター VS 黒のバーサーカー

┃ 『心無い生者の囁き』がチートだったころ。
┃ 黒のキャスターの大結界が存在し、バーサーカーの迷宮内という
┃ アウェイでも関わらずバーサーカーを危なげなく撃退した。

┃ 戦闘後、お礼を言ったあたりからキャスターの弱体化伝説は幕を開ける。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2392 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:42:36 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その5  .....│
└────────────┘
.               l   l         |   |
             l    !           .|   |
              l   .!           ┤   |
.            l   !             |   |
                l   .!            .|   |
.              l  l.      ´\  |   ├
.               l   !.       _ ,,.`\_|   |
             l  .!.    .‐~     `'|   |
   、        _l_l_     ,'::..      :|.._  |
.    ` ー-  --‐ l| |¬` ー-_ノ::::::... ......:::::| . l |
           [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.|
 .            ー| |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l |
            | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l |
            | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|
            | | |     l、...:::::::::.. !|__」 !
            | | |      ^ー-、::. |   |
            | | |           '~l_____.|
            | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|
            | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|
            | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |
                L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |
                      ~ ー 、_i ::.. | ̄ |
                       ヽ,._|_  |
                           ̄



               ___ ,. ┐
          _∠ ̄/_  |`\
          〉__/ (@) V  `、
         _}ァ ^7^)个テ=、 \ |      j、
          / VニA八八tV `^∨    ノ }
         {イ 〃!┴'_  上ノ  j }   / ノ
        ∠乙人" ‐- ∠ィ //  (  '´)    令呪のことやサーヴァントのクラスのこと、
         ,ノ^Yミi>r‐/ _ノl〈   `'ー'´
        ,/   |ン!,_〈_// `>')>          他にも魔術師や聖杯戦争の基本的な事柄を説明します。
       /{    |: |tハイ\厶'" 八、
      人__   V L八_)`ヽ.   ト┐
      ヽ!_.}`フゝイ__,....,__ノ>~iT「}
      }、  ̄ /j{。'"イ ト\}\ヽj_},人        聖杯戦争から降りる方法?
     ノ }   ハ!{。./⌒}。。・>、ノ「l ト、ヽ`ユ、_
    / ,ノ)  |i ヾェ{  ムj-rエメヽLじー'´  〉    聞かれなかったので……。
  〈    )   | ' }i i{丶`⌒^  } }    ノ
    `ー '´   |  }i i{、ヽ     ,ハ `ー--'´
           |   }i i{、      !
          ノ|   `}i i{、       lヽ-ュ__
      _,.ィ} ノ    八i i{、    丶V-〈
      ゝ{!   / .ハ ト!、      〉-(
      >-\ ヽ j.___}_ト!、ト!、   _,ん┘
      `乙ィ>-'{〕エ_广Y{H{_rェ!-ニく_
       `¬-凵'こ>!  ‘⌒´   ヒマ∧
          ::::(、_ノ:::::::::::::::::::::::::|亡! ハ:::..
           `~~´:::::::::::::::::::::::::::ヽ._ノ:::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ バーサーカーを撃退した後、戦場から遠ざかるため
┃ 移動しながらキャスターの説明を聞くことに。

┃ このころはまだ、聞かれた事にだけ応える、
┃ 無機質な性格のサーヴァントだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2393 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:46:24 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│       幕間       ..│
└────────────┘
                             _,..-ー-  、
                          /⌒´        ヽ
                    _, -- 、 /  /         \
                  rく    //、,_/  /  /   ヽ    `ト、
                  ヽ ー'´ /ヽゞ,'  /  / / ル|i l ヽ 1 〉
                  〈    /\ミ,'  ,'  / / /| || |1、トN/
                   ヽ   /  ゞl  ,'`'〆、_'ノ/ |/,!_レ| | ||
                  / \/ /  / /<´b:}}    イ刀Nノ |!
                /   // / / / .イ 亠┘    Lf'{ | |く
                `ヽ、/ !/ / ,'.|| |_i,〝 "   ゞ '' ノ | | ヽ
                 く   | / /| || | |\    ‐ ./.!. |_|. 〉
                  `''ー-レハ/レ川 ソ|./ ` ー- '  ̄     `~ 、
                     / : : : /´ ___       __ ヽ、
                    / : : /    ,    、      ,    、ヽ
                  / : : : :/     / /::::::ヽ l     l {:::::::i i  `、
                  / : : : :/     {  {:::::::::ノ !     ! 丶::::ノ l   ヽ
                 /: : : : /      丶 ` ´ ノ      `ー-- ´    ヽ
                 / : : : /        `ー‐ ´          ヽ      }
                ,!: : : : {           /           l      !
               /: : : : :l          !、     人    , ´      /
              ,/: : : : : : 丶          `i` ニ二--二ニ´ ノ      /
             / : : : ,: : : : : : :丶、         `´      `´    ,, イ
            {: : /: :_:_:_: : : : : : : `ー ____            _,ィ ´/
            ノ〈、-‐7: : ,ィヽ、,、: : : : : : : : : : /´ `>-、___,, , <´ノー'    たぷたぷたぷたぷ
            ゝー`': : :,ィ´人弐'7 l : : : : : :.ノ>ー- -´‐´   / 7 /  ヽ
          __,>-―{ {__斗―ヽi: : /  ` ´ ー(/         ´      l
          \r' :/>'^寸ニ二}: /  l    l                 l
           !`Yr' /l|: : l`i、>: /   l    l             ヽ    l
          .l: :_|l_/ / : :l l: : : :i     l    l             丶    l
       ,.-、ノ/ // : : :l l : : : l     l    l             ヽ   l
   _,/ ノ: : : |l、, ,r: : : : l l: : : :l      l    l              ヽ   l
r‐v'´  /: : : : : :|l_|_ _ト : : : :i l : : : l       l    l             __ヽ   l
` ー--/: : : :_._/ 丿 `ト' : : :i l : : : : l      ‐ゝ,   l            ´  〉  丶
 ,,ノ : : : :ノ_./   ./ : : // : : : : :',        i  `ヽ             {    ヽ
, : : : : :  ̄: : :ノ\__/: : ://: : : : : : :丶       丶   ヾ            `-J、__/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 去年のお正月、私との思い出安価が採用されました~♪
┃ あれが無いと私、今明かされる衝撃の真実~した後
┃ やる夫さん達と敵対する中ボスになっていました♪
┃ 良かったですね~、やる夫さん?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2397 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:51:11 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その6  .....│
└────────────┘



 ☆         o          +     o             。    + ☆
   ゚     。         o ☆          ゜             ゜       +
      +        °        。         ★    ゜        。
  ゚             +            ゜
      ゜   ☆                     o   ゜ +         。  °
 ゜          。            o                   。

   ゜              ゜               ゜
       ゜           ゜          ゜                 ゜
                                       ゚
          ゚
.    ___
    |:i||\
   メ:|:i|| i ヽ、
 /.l |:i|| i  i゛'-、
 i  i |:i|| l  l  l "'- .         /゛⌒ヽ
 i  i |:i|| l  l  l  l  l"'- .._    ( .:ヾ::. ⌒)
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i ''-.._(  .::..: . ~、       ,-⌒⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i ''- ._ :...::ゞ.:.)     { ,~.: ⌒;
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i゛''ー ..,_      (  .:::ヾ::..  )⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i` 'i'''‐- ...,,__  .:.:.:...::}..:、_ :)
 i  i |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l`"i'' ┬ - ...,,__
 i  l |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l
 l_l_|;i||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|
 ZZZ|;i|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
   ̄|;i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _..._ {]_[} .._.........__......._........__.......__............._.........__......._........__.......__..........._............._..._........
 : . : .|;i|| : : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .: :
 -.┌'_。:'┐   -     ~      -        ~      ~ - ~ - -
 _ ⌒^~ ~   ~~~ ~~  ~~~  ~~~ ~~~~~~  ~~~ ~~ ~
  ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~  ~~ ~~  ~~
 ~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~ ~
 ________________________________
 Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 ´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄
 二二7               i二二二二二i              ゝ二二二二

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターの説明を聞きながら赤の陣営と黒の陣営の陣地を渡す
┃ 橋の前までやってきたやる夫。
┃ 彼の家はこの橋を渡った先にあるため、どうあっても橋を越えなければ
┃ いけないのだが……その橋の前には、すでに別の英霊が立っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2402 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 22:56:47 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その7  .....│
└────────────┘


                          ヘ(ゞーヘ)ミvヽ
                         /ヘj.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,ゞ
                        ノ).,.,.,.,.,.,.,,,j"ヽ、.,.,.,.,ソ
                        )ヘ.,.,.,,ヘ''''´ .ヽ、 t彡ゝ
                        ,ノ,.,.,.,.,ヾi   ゝ .イ .ノ__
                   ,-─-、_ソノ;:;:;::ト  ヽ、 」 ..ノ`   黒のバーサーカーを退けた猛者と聞いて来てみれば、
               ._∠´_ /  ̄\;:;:;:;:;:;:;:\__/¨
              ノ::>..〃 ⌒ 、  丶;:;:;:;:;:ゞ、__        戦場の心得すら無さそうなマスターに、
           ,,ノ:::::::::::::::::::::\   ソ__/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::) _,ノノ:;:;ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:\∥     妙な気配を漂わせたキャスターときたか。
         /:::::::::::::::::::::::::;,---下</:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)
        /::::::::::::::::::::::ノ'    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、__:;:;:;.ノ
      ノ::::::::::::::::::::::ノ      !:;:;:;:;:;:;:;:;:;く;::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ソ´
     ,/::::::::::::::::::/        !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>´;;:;:∨:;!
;\  〃´::::::::::::::/          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;_!;;:!
\;/:::::::::::::::::::´            ゝ、:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:i::;卜、
  ノ, , ,  '':|              !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;+ゝ:::`ー-、___
  ! ! ! ! 人 |               !====a:;:;:;:;:;:;:;\:::::::::::::::ト、
  `-.!__! !;;\ <二≡≡≡=≠≠≠|::::::::::::::::::::::『ギギ日レ! ̄マ≠≠≠≠≠
     'ー'´\;\             |____,;-―〈::::『ギギ日`::::......ソ__
        \;\            |::::::::::::::::::`X{:;:;!:;:;:;:;:|;:;:∠/;:;:;:;:
          \;\           |:::::::,--<´:::::{:;:;:;!:;::;:|;:;:母;:;:;:;:
           \;\          |-":::::::::::::::::::{:;:;\ノ;:;:H;:;:;:;:;:;:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のランサー。真名はメレアグロス。
┃ 宝具の薪を燃やされない限り、不死身を誇る祝福と、
┃ カリュドーンの猪を殺した事で猪と同じ能力を得た双槍を持つ英霊。

┃ 全体的にステータスが高く、赤のキャスター単独ではやや分が悪い相手。
┃ しかし、この場に居る英霊は彼ら二騎だけではなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2406 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:04:40 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その8  .....│
└────────────┘


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――どう、ライダー?ここから橋まで1km以上あるけど……。          |
  乂_________________________________ノ


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ああ、問題ない。 キャスターの結界に阻まれるが、それでも“狙撃”できる。          |
  乂_____________________________________ノ




: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-‐‐‐-、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /l  l  ̄ ̄/`ヽ_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :///l   l   /    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠////: l .  l   /      ヽ     ―――っと。無駄話はここまでだ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠´//////: /l   l  /        /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´  ///////: /:l   l  i        /      本当にあの戦闘に介入するんだな、マスター?
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ<´`ヽ  ////// : :/ : l   l  i        /
: : : : : : : : : : : : : : : : :_>‐/¨´l  ○ ノ  /////: /: : /    i    __>´       キャスターが撤退に徹した場合、
: : : : : : : : : : : : : : : ://///  ` ー _ ノ//: : :/: : : :/  /  レ‐¨’’´  /
: : : : : : : : : : : : : : ://///l__ ‐‐'''¨/>´: : :< : : : : ::/  /  /       /        こちらへの支援は期待できないが……。
ヽ: : : : : : : : : : : ://///////>¨´ : :<'´: : : : : : : : :/  /  /      /
:::∨ : : : : : : : :/ :////>~´ :<'´ : : : : : : : : : : : : :/  /  /        /
::::::∨ : : : : / :/< : :<'´: : : : : : : : : : : : : ::_:_: : /  /  /        /
>、:∨: /∠ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  〉`ヽ /、 /       /




            ,. -‐===‐- 、
         , ': : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
        /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      r: : : : : : : : : : :/ : : : :/: : l : : : : : : : \
     /´:: : : : : : : : : :,' : : : ::,': : : | : : : : : : : ヽ:}
     l´: : : : : : : : : : : l:: : : :: ト 、:∧丶: : : : : :`ヽ
     |:: : : : : : : : : : :: l : : : : :レ  `メ 、 ヽ: : ノルリ
      | /: : : : :',: : : : : l: : : : : :|  x=z、\|: : : j丿   だからって仲間を見捨てるわけにもいかないでしょうに。
    ノ': : : : : :ノ: : : : : |: : : : : :l.  { f,` 从: :ノ'
    /: : : : : :/: : : : : : { :: : : : ::l    ヒ 厶 ´      ほら、いいからガツンとやっちゃって。
. , ´/: : : : : :/: : : : : : : |: : :: : : :',      ヽ
.〃:/:: : : : : /: :: : : : : : :ハ: : : : : ∧      /
: ::/: : : : : :,': : : : : : : : : λ:: : : : : : 、  -‐, ´
: /: : : : : :, : : : : : : : : : /__',: : : : : ハ,,__/
:′: : : : /: : : : : : : : : く  ∨: : : : : ヽ: : \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 【弓】の宝具を使った赤のライダーからの狙撃により、
┃ 黒のランサーは実質、1対2の闘いを強いられる。
┃ 如何に強力な英霊とはいえ、二騎の連携には敵わず
┃ 一敗、地に塗れることになったのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2407 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:09:27 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その9  .....│
└────────────┘

        ___                /´ ̄ ̄`ヽ
     ,.  '´      ``丶、             ,.イ-――‐- 、 |
.   /        -- 、   \ ____,  '´/_,. ---- 、 ∨
.  /   /      \     \ 、 `丶、_    /    - 、 \
 /   {     \ `丶、   ヽ.` ー一'  ̄          \
./ .|   '. 、    \ー/-- 、 !ヘ           ,. -―-ヽ
i  |   ! \\    ゙vrニミヽ!|  `丶、      /,. -―-、
| | !'.  '.><ー---、 !、:::::::ハ !  \   `  ̄,.イ'´ー- 、  ∨
| | '. \ヘ.,rァニミ、   ヽ| ヾZソ |!   ` ー一'´/ ‐- 、  `ヽ
| |  ヘ. ト{ {::::::ハ    ,     ハ.       ,∠_   ヽ   '.
 !   \\ゞZソ   '⌒ヽ  //:\ _ /,. -‐::ヘ、  '.   !
 l ヽ.   \丶、    ヽ._ ノ,.イ::::::,. '´:::::::/‐-、:::::::::::`ヽ、!  j
 ヘ  \   \_≧ニ7スア⌒ヽ´:::::::::::/   ヽ `丶、::::::::::\/       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ.   `二二..__   `ヽ、 丿--- ' ヽ    ヽ.  `丶、:::::\      |   ようやく来たわね!        |
     ̄__/__::::>、  ヘ. '.`===キ==   '.      ヽ:::::::\     乂_____________ノ
   }  「:::::::::::::::::::::::::::/ヘ. }==、、 -- ヽ-、   !‐ァ-―  !:::::::::::
.  /  ,ハ:::::::::::::::::::::/   |/ キキ `== ハ::::` ̄∨     l::::::::::::
 / ,.イ---‐一ァ'´ハ、    '. ヘ    _ハ::::::::::/     l:::::::::::::
./,.イ /::::::,. - '´  /:::::::く    ハ. ヽ    `マ::::::j      l::::::::::::::
/ |/:,.イ      /:::::::::::::'.   / ヽ ム-‐    ` <`丶、  j、::::::::::::
! /'´:/  /⌒ヘ:::::::::::::::!//    ヘ. '.        |ー-、ソ´::::::::::::::::     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
ヽ.!:::/    /   \:::::::くl       '. ヘ.       |:.:.:.:.:>ー-- 、::     |    まったく……、寒いんだからもっと早く来なさいよ!      |
  |:::ヽ. /       ` ー !         '. 〉、     ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ     乂__________________________ノ
.  !:::::::l`丶、       /7         ∨.:.:.`:.ー-、i_:ヘ:.:.:.:.:.:.:/、:.:.:.
  l|::::::::l:::::::::::`卞、  /,ハ、       /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7iヽ:./ \:.\
. |:!:::::::::l::::::::::::::|::::`ー'7|:.:\`丶、  /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.|:.:.`ヽ,   \:
. !:!:::::::::::!::::::::::::!::::::::::〈 |:.:.:.:.:`丶、ヽ':.:.:.ヘ:____/\〈:.:.:./    _
 l::|:::::::::::::!::::::::::l::::::::::⊂!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:ヽ!,.-‐人  `¨    /´:::
 !::!::::::::::::::l:::::::::|::::::::::::::l:.ヘ:.\:.:.:.:.:/:!:.:.:.:.:.:Y:´:.:.:.ヽ.    /:::::::::::
. l:::l:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::l:.:.:.ヘ:.:.:.:.:./\:l:.:.:.:/!\:.:.:.:.:.:\ /:::::::::::::::::
. !:::!::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|:.:.:.:.ハ:.:.:/   `¨´  |:.:,.ヘ/ ̄::ヽ:::::::::::::::::
.i:::::!::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::!:.:.:___/ ,. ---- 、 |/:::::::::::::::::::::::/\::::::::::
.!::::l:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::ヒ´_:_:! /:::::::::::::::::::`|::::::::::::::::::::/   \::::
|:::::!:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::l./::::::::::::::::::::::::::::!  ̄ ̄ ̄      \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ その日、運命に以下略―――。

┃ ランサーを撃退し、橋を渡り終えたところで
┃ 赤のライダーのマスター、ルイズと出会う。
┃ 彼女と軽く自己紹介を交わした後、
┃ 赤のライダーを紹介してもらったのだが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2410 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:16:41 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その10 .....│
└────────────┘

      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、       偶然、巻き込まれただけの一般人が、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \         偶然、魔術回路を持っていた為に令呪を宿し、
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー            偶然、キャスターを召喚したってこと?
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\       普段なら信じられそうにないけれど――。
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i       それは貴方の『啓示』かしら、ライダー?
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!




                       ∧               ∧
                            〈{i}〉              〈{i}〉
                      /|     |::|              |::|
                  / i|     |::|              |::|
                  r く リ、    _|::|_  -‐====¬   |::|
                ノ  マ  } _/-=≦-.、       |   |::|
       〈⌒丶    rく }  ノ / 〉 /:i:i:i:}:::|::::|     ノ -‐  7!ハ
          、  \__ 、}ノィケ7r‐く /‐- 、j:::|  -=ミ / / 〃/::::|    ―――ああ、そうだ。
          \     / }ヘ幺 } /'  /:/         //| |::::::|
            V⌒ヽムイ⌒} /イ、__/__:/ __       //| | ト:::::|    どこまで偶然でどこかに作為があるのかは不明だが、
              i::::: /  廴ノ/  } | | /´::::::\   /-‐〉 ! !ノ ∨
          八、{―‐く 辷zzz彡ヘ::|:{:::::::::::::/   }__/ ||   |     少なくともこの男が魔術師で無い事だけは確かだ。
           Ⅵ   〉    /  }}:人ー-    ノ  / ||   |
             ∧マ} /  厂′/::::::::\___彡 \./  .||  !
              //∧j/   // /廴 -‐¬:::::::|、    | ∧.||  !
          // {ゝ \ ノ、 /::::::::::ノ、__j_/ V⌒ヽ} / ∧ |   |
             { | 迅/ |`ー:|∨ヽー=ミ、 f⌒iヘ {::{::{::::/ / ‘.!   !
         /| |//__.|:/:::|:::〉::::〉、 Y´|:i:i:i|:i:}ー 、::∨ /   }   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ライダーが霊体化を解除した時の反応により、
┃ そしてライダーの観察眼()により、
┃ やる夫が巻き込まれた一般人である事がばれる。

┃ ……そりゃあお前は知っているよ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2414 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:24:21 ID:WnCtbMkQ0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その11 .....│
└────────────┘




                                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                          |   その右手に宿る令呪に、こう願えば良いの。       |
                                          乂_______________________ノ



                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}      自尽せよ、キャスター。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八     令呪を三つ重ね、これ勅令とする―――と。
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯大戦から脱落する方法を問われて―――。

┃ 心が無いキャスターは機械的に反応を返しているだけであり、
┃ 質問されれば自分の知識の中から答えるが、
┃ 質問されない事に関しては一切、答えない。

┃ 例えそれが、一般人であるマスターの生命に関することでも。
┃ その問題点がルイズとの会話中に浮き彫りになり、
┃ やる夫はキャスターを自害させるか否かの選択に迫られることになる。


┃ ―――なお、自害を命じていると
┃ 後日談でアヴェンジャー化してBADエンドだったのは言うまでもない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2418 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:31:22 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その12 .....│
└────────────┘



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   やる夫には聖杯への願いとかは無いし魔術について何も知らない。         |
  乂__________________________________ノ




                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |   戦いたくなんてないし、親しい人たちを巻き込みたくないお。       |
                                     乂_____________________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   サーヴァントに二度襲われて、戦いの恐怖は十二分に味わった……。   |
  乂________________________________ノ




                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |   正直、あんな化け物たちとまた相対するなんて考えたくもないお。     |
                乂_______________________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――それでも、命を救ってくれた人に、自害を命じることはしない。       |
  乂_________________________________ノ




                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i     やる夫はキャスターに命を助けられた。
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃      u      i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i    そのキャスターを命惜しさに見捨てたりなんてしたくないお。
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__       ここで逃げて友達を見捨てたり
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧    この町が滅茶苦茶になるのを放置したくなんてないんだお。
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯大戦への参戦宣言。
┃ 最初の理由は友人や街に被害を出したくないという、善性の想いと、
┃ キャスターを自害させたくない、という受動的な内容だった。
┃ 後者の想いが徐々に変化していき、後に彼の願いに昇華されるのだが……。

┃ 今はまだ、命の恩人を手に掛けたくはないといったものだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2421 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:36:43 ID:WnCtbMkQ0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その13 .....│
└────────────┘


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   聖杯大戦なんてしている時点で、十分無関係な人間を巻き込んでいるの、私たちは。       |
  乂________________________________________ノ




              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ コロシアイ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              |   それに元々、この地に聖杯戦争を持ち込んだのは、赤の陣営の方よ?    |
              乂_________________________________ノ




     ____
   /      \
  /         \
/           \   え―――?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   ちょっと待って、赤の陣営が―――?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    やる夫、協力取りつける代わりに、家族や友人を保護してもらおうと……。
  \ /___ /




                          ,. -‐===- 、
                      ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
                     〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\
                    /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ
                    jハ ,': :从 l: l: : {: : : : :ヽ: ',:: : : : : :ヽ:∧
                     ノル'゙: : '⌒ヽj: : : }-‐廾ト、ノ:: : : : ',: :i     それぐらいなら喜んで引き受けてくれると思うわよ?
                      乂:{从ヽjノル': ノ jハハ .i: : : : : : : :!
.                         ハ =≠ ノ'´ヾ≠=' .}:: :: : , l :ハ     あんたの首輪替わりに全員の脳味噌に
                          /:: :|   ′     ,': : : /゙::|: :: :\
                      /: : 人  i ̄ ̄i    /: : :λ:八: : : : :ヽ   廃人化する暗示とか洗脳術式とか書き込まないとは限らないけど。
                     ノ:: : : : : ト  `¨ ´  .イ : : : ハ: : : :ヽ: : : ノ
                       ′:: : : : :丿: :>   < /:: : : ::i:: : : : : : :∨   この程度の労力でサーヴァント一騎の参戦と引き換えなら、
     ,. -‐-γ 丶       八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: :: ::人
     `7  }  丿、       入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、: : :\  お釣りが出るほどね。
.      /,//  /_/丶     〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}:: :: ::\
      `¨´ ̄}   ,ノ\    ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : ヽ
.           八`¨¨ ,  ハ,-=≦爪/: : : : : ///////////////,} : : : : :\∧`: : : : ハ
          \  l   ゝ/////: : : : : ∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : /
             `\   丿\// : : : : : :i//∨||ヽ_//////// : : : : : : : //∧: : :/
             ∨    }i: : : : : : :ノ/∨〃 ∨_/////} : : : : : : :丿//∧: :i
             ∧__,.-一': : : : : /,// ,j|   \/////ヽ: : : : : :`ヽ,//∧: \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営に家族や友人の保護を申し出ようとした際の一幕。
┃ 赤の陣営もまた、信用ならない魔術師たちであるということを
┃ やる夫に分からせる為に言った言葉。

┃ 自分も無慈悲な魔術師だーとか言いつつ、
┃ わざわざこんな忠告をするあたり、
┃ 本当に序盤はヒーロームーブしかしてないなこの娘。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2426 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:42:44 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その14 .....│
└────────────┘



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |    ―――いつまで経っても帰ってこないと思ったら。     |
  乂_________________________ノ



                                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                    |    このような場所で逢引きですか、ルイズお嬢様?        |
                                    乂__________________________ノ



                        , -‐ ‐ ´   `  、
                       /             \
                       /        __  r‐、  ,‐‐、
                        /      __ .,´ `i/ Vヾ二´ /`‐-‐イ\
                  /       ,ィ´ ∨_ j    {   l    /  人
                   /    ,   フ、/  /       i   ノ   |/
                / .   /   / ./ /   ,  -‐‐ -、   `ヽ |
                   /   /    7/ /  , ィ ´       /   ヽ|
               /   /      / /  /     ,,,,, -‐ /     ',
              ,'   ,'    /  { ∥ /_ -―'''' _, 7   /   ',
                 i  / ,' /  / l ` |/.:∧    -=彡イ/ /}       |
             /_,イ i /   {  |   l 乂.ノノ)'乍芹ミX / ∠z7    /}  |
              /  l  i/   ∧ l   | :Yイ ハ Vノ   // ,イリヾ.:| / ,' /
               ', .|  ./ ∧ |   l  乂.ノノ) `¨  /  {-' / リ!/'/
                V . {  / ∧i l i l',|:Yイ ハ       ∨厶イ)
                \∧/∨ 〉 | ! l l 乂 ノノ)、 __   イ  .|乂`Y
                     /   ,´! ト、| l l  Yイ ハ   , '.i ! | | 乂ハ
                         / `  、}.|.l   乂ノ.ノ)イ   !/ 八  乂`Y
                    /     l/    :Yイ ハ.   l/\j   乂ハ
                     〉、         く⌒Y⌒ >       <⌒Y⌒>
                    ,':::::`ヽ、       :レ介ーく         ∨ハ⌒ヾイ
                      i::::::::, -‐==、-- 、 :| ハ 乂         人 ....彡′
                        !:::::/      \ ヽ!乂ミ=ー、           ̄
                    _.   l::::/        `、:::::::ヽ `ヽ::\       -、
               / \ |::/         ! `、::::: ヽ _ >  ヘ.ィ/ /
       ,、        |    l/        !   |  }::::::::::´::::::|    }/ /7 ヽ
      /.   `ヽ、.   !    /           !.  } ,' ::::::::::::::::::i    | {.イ/ /
  .    {::::..     ヽ   l  /            ! / /:::::::::::::::::::::l.    l  ∨/ `ヽ
      ',:::::..      `ヽ、/             !/ /:::::::::::::::::::::::ト、   {   〈__/ /!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒幕登場。
┃ もとい赤のバーサーカーのマスター、十六夜咲夜襲来。
┃ 彼女の誘いにより、やる夫達は一度赤の陣営の本拠地に向かうことに。

┃ 「逢引きですか?」とか、
┃ この時点では単なる嫌味でしかなかったんだけど、
┃ エロ度判定の結果を見てからだと全く別の意味に聞こえるでござる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2431 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/01(木) 23:51:05 ID:WnCtbMkQ0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その15 .....│
└────────────┘



                  ,.、r:<´:. ̄:.`>:.、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
              /:.:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.ヘ
              ,':.:.:i:.:l:!:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:',
                l:.:.:.:{:.:ヾ、>、,;,!;,;,、;,;イ;,ノ:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                 l:.:.:.ノ:.:.!"´       `ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.i     ようこそ、やる夫くん。
.               l:.:.:.リ:.:ノ     |      ミ:.:j:.:.:.:.:.:.l
                 ,':.:.:.:从 _____ !  _____ j:.:ノ:.:.:l:.:.:.:!     先程紹介に預かったカマンダラ家六代目当主、アマンダラだ。
            /:.:.:に=<;;;;;::::;〕=〔;;;;;;;:::>=こ):|:.:.:.:|
               /:.:.:.:.{{ リ:.{ `゙ー´`i;  `ー゙´ ;:.:リ,y}:!:.:.:.:',     この場に来てくれた事にまずは感謝を。
           /:.:.:.:.:.:ムイ:.:.;   ,.__! __、   j:.:.ム,ノ:.|:.:.:.:.ヘ
             /:.:.:.:.:.:/:.:.:.j:.:.:`:.:.:.:.::,`、:.:.:.:.:.:':.:.:. リ´|l:.|:.:.:.:.:∧
.           ,':.:.:.:.:.:/:.:.:.:∧j.:.:.:.イ´ ー `ゞ:.:.:.:.:j!ヽ:リ:.!:.:.:.:.:.:∧
.          ,':.:.:.:.:./:.:.:/::::リ:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:イ:.:.:.:.: リ::::::::\:.:.:.:.:.:.:.:.}
          l//:.:./.:/:::::::::::ト:.:|:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.ノノj:::::::::::::::ヽ:.:.:.:|:.:i
          |/:.:.:.l:/:: ::::\::::| `ヾw;.;.;.y/ソノ /::::::::::::::::::::∨リ:ノ
         リ|:.:.:.|!:::  ::::::::`:>:...、..    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.(;;;):.:)リ
         /!|:.:.:!、:   ::::::::::j:::::::::::::::`ヽ. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:`ヽ、
     _,、イ:.:.:.:.:リハ!:ヽ   :::::/:::::::::::::(::;;)::):.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の拠点であるホテル内で
┃ 赤の陣営のリーダー() アマンダラ・カマンダラと会合する。

┃ 内容は主としてやる夫のスタンスの確認、赤の陣営の方針について、
┃ 魔力パス分割による魔力消費の代行(バイオリレーション)、
┃ 黒の陣営の情報、赤のマスター達との交流等々。

┃ ―――このころはまだ、圧迫面接を行えるぐらいの威厳があったんです(白目)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2437 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:00:18 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その16 .....│
└────────────┘


    ,......::-::::::: ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::-――:::::::::::::`丶、
  ー-- 、 _::::::,:::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、ー---::::\
   ー- 二二_,..:::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::-、:::\-:::::::::、
      /:::::::::/:::::::/:::/:::::::::l::::::::、:::::\:::\:::\::::\ ` \
    /::::::::,イ:::/::/:::/::/::l:::::|,:::::::::\:::::\:::':,:::::':,` \
   / ´ /::::::/::/:::/::/l::ハ::: !\:::::、:::\:::::':,:::ヽ、::\
    -ニ, -/:::/:::/::::/:ト、:{ l,::::| _,ィ、:::,:::::\:::':.,::::ヽ` \    美堂蛮。
      /:, イ::::/::::/-tォミ |',:::l ,ィtォァ、:,`\l\::.,\!
        /::/l::/__//ハ/〉l//ハ_,._-'::::|  \        赤のランサーのマスターだ。
        /:イ  l/l:ハr、`// ヽ/ ノ,イ/l:::/
         /     / / / _-/ /イ::/ l:/
           //  `´ /,.. -―,/
           _,..-/        ´ _,..- <',、
    _,.. - '´ /.{        ヽ__l  ',\



                      ,....-へ-. .、
                 ,. :'´: : :/: : :.ヽ: : :`: .、
.             /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
.             , :" : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : :.゚.、
            /: : : :/: :.l:/.l:|: : :.l: ト、: : : ヽ: : : : ゚,
              {:.: : :.:{:.,'_」l斗ト; : :|: }弋.‐-: :',: : : : ゚,   ―――そういえば自己紹介がまだだったな。
              |:.: : : :.:!r==ミヾ.゚,: :トノ.r==ミ }: : : : : : }
              |: ; : : :.{乂ヒリ.  ヾ{ .ヒリ少.|:.: : : : :l:|   赤のセイバーのマスターで、聖堂教会所属の代行者。
              |ノ| : : l:|           |: :| : :l:从
              |ハ: 从     !:.       |: :l : ル′   今次大戦の“監督役”を任命された藤井蓮だ。
             ゚;小            .从:}:/
              ∨ト、.   ー_¬  , イ:.:/ ′     まぁ、この国入る時にこさえた偽名なんだけどな。
             r―‐--┴――-、_,.イ.__レ'___
           /  > . - ―一 ´ ̄    ∧
          __/      > . __       / .〉
      ___f´  > .        `ヽ.      ∧





                  , ´ フ` 、
                 イ /    ヽ          ほっ、そういえば儂もまだ名乗っておらなんだな。
                 ,'Ⅹ ...     |
                  人_ム  Υ   _, ト、         赤のアーチャーのマスターをしておる山本元柳斎よ。
               {イ〉'〒- 、  へ}| lヽ
               ' i __ ̄> V iレ', У l> 、
                l`´ ヽ l l 「 | | |  |   > 、
                | l>、 ヽ! !ノ ! ! !   |      > 、
               , ,:  , マ V , , ,|  ,          > 、
                 / , |   , V  , ,/,  ,             > 、
             ,::' |/ , _   〉 ', /Vニ  |                > 、
                /  | i∧ /人 V /ニ,'                , ´  .ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 全員が全員、何かしらの切り札を持つマスターであり、
┃ そして同時に何かしらの因縁があって
┃ この聖杯大戦に参加した魔術師たちである。

┃ なお、全員が宝具持ちの英雄級ユニットである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2444 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:08:12 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その17 .....│
└────────────┘





.       /:.:.ハ:.:.乂ヽ∨ノノ"´   `ヾ`ヽ、、____:.:.:.:.ヽ.
.      {:.:.:{:.:.:./            ∨`ヽ、、____:.:.:.:ヘ
         Y:.:乂j             ヘ、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i
       比:.:イ         :           ト≧:.:.へ:.:.:.:.:.:.:.:.i:!
          Ⅳ:.:{       :     ____Ⅵイ// V:.:.:.:.:.:从
        Ⅵ:.:!   ______,;  _xィ//////イ<と j }:.:.:.:.:.:. ∧     ―――ふむ、全員サーヴァントを紹介する流れか。
.         Ⅵヘィ升///// ゙̄<///// j:.:.i:.!..ノ /:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
         `i"弋////〈!     ̄    ハ:.:.:i:! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧    では私達もお見せするとしようか。
          从   ̄   :i          ハ:.:.:.iiイ:.:.:.:i:.|:.:.:.:.:.:.:.:.∧
             i:.:ヘ    _,;し‐く:.:.:.:.:.:.、/:.:.:.:.:.:.:i!:|:.:.:./∧:.:.:.::.:.:.:.:.∧   なぁ、アサシンよ。
          ハi.:.\xイ!:.:.:从;、;、;、;、;、j:.:.j:.:.:.:.:.| i:.:.// : ∨:.∧:.:.:.:.∧
         ,'.:.:.j:.:.:.:j:.vハ'<二二ア"∨"´:.:.:.:.:i! ∨/: : : :∨:.∧:.:.:.:.∧
            ハ/从: :`´:i!  ー    j.:.:.:.:.:.:.:.:i| j′: : : :.:∨:.∧:.:.:.:.∧
        /: : :.Yi:|: : : И     ,イ.:.:.:.: : i :j!:./: : : : : : : :V :.∧:.:.:.:.∧
      ...:.´: : : : : :Ⅸ:.:.:.:.:.:`"`"`"´:.:.:.:.:.:.:.i:.|/ /: : : : : : : : : !ニニ==
     / :/ : : : : :.:/: i∨ :.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:N! /: : : : : : :(:::): j三三三ニ
.    /: /: : : : : :./: : l Ⅵ:.:|i:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ル′/: : /三三三三三三三ニ








.         ';ヽ _ _l l/         ´    `ー'‐/
.          ';::l`- ,             ヽ   ,    ―――暗殺者に姿を見せろと?
         レ'   ゝ        、       ´/
            |   ', ヽ        ̄  ̄ /      つくづくふざけたマスターだ。
.          |   ',    、        /
.      /≧=zz、,,_  ',    >  _ /
     |////////≧=z 、     l__
  ///≧ュ、,,_'//////////≧=z、,,ノ l_ _
.//////////≧ュ、,,_'/////////,|'/∧ノ≧ュ、,,_
/////////////////≧ュ、,,_'////|/ノ///////,≧ュ、,,_
//////////////////////≧z イー、/////////////,≧ュ、,,_
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 途中、赤のアサシンの『原初の虚言』による精神干渉等のトラブルが起きたものの、
┃ 明日、黒のバーサーカーを撃破する為に赤の陣営全体で行動する事で決定する。

┃ その際、黒のバーサーカーを撃破する役目に
┃ 赤のキャスター組と赤のランサー組が選ばれたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2446 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:14:26 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その18 .....│
└────────────┘
                        . . =: ―: :=. .
                          ,<: : : : : : : : : :、: :>.,
                      ,: : : :|: : : : : : : : : ::ハ : : : \
                  /:/: : : :{: :|: : }: : :}: :ヽ: :}: : : : : ‘,
                     /:/ : /: : |:八: :|: : :|斗-V!: : : |: : :∧
                 /:/: :/{ : {:ハ: Ⅳ!:ハ:l.ィ=zミ、: : :}: :/: ∧
                  }/{: :ハ: :Ⅳ,.z.、ヾ{   しイリ:/: : :!: : :/: ハ
                  |ハ:{l }Vハ.弋ツ ,   ´¨ }/}: : : |: : : : :{∧
                       ヾ !ヾ∧     .、   / /: : : :|: : : : :|: ∧
                    从:}: :> .  ¨  .イ: : : : |: : : : :|/: : \
                     /: : :|: :ィz==.≧f´ / : : : /三ミ、八: : : : \
                       /: : :/: /三ニハ.ノ,.ィ/: : : :/三三ハュ:.ヽ: : _r.トyァ-=ミ
                 . イ: : :/}:./三三三〉//: : : : :仁三三=ィ'  ̄`ヾイ./: : : : \
             . . : :´/ : : //://   `ー.,: : : :. :.|    l/   , . .--イ:\ : : : : ‘,
           /: : : / : : : /イ:〃        {: : : : : :|./  /   ハ: : : : : ヽ:ハ: : : : :.|
           /: : : :イ : : : //:./          |: : : : : :|'  /   //∧ : : : : : |: :} : : : : |
          (: : :/ .|: : /' /: ハ      :   |: : : : :八. /   /:}//∧ : : : : |: :|: : : : :八
            ヾ:(   .l:.〃 /:./.ィ}   , :.、  |: : : : : : : X  ./::::|///ハ: : : : :}:.リ : : : /
           \ ./   {: {::::,'        ¨| : : : : : : : : \/::::::|////}: : : :/:/: : : :/
                /    イゞ-:′        乂:_:_:_:_: : : : : :\:::|///lリ: : :/:/ : : : /
          /     /:::::::::::           /::::ヽ `ヽ: : : : Ⅵ///: : : |: {: : : :.{
         /     ./:::::::::::/    i.       ,:::::::::::::¨:::}: : : : ////: : : : {: |: : : 八
        /     イ:::::::::::イ    i}        {::::::::::::::::/: : :/:|//{: : : : 八八: : : : > .,
       /     /:///::::::::/       .!       ∨::/::::/: : :/:::::::l/八 : : : : : \≧=ミ: : : : }
     /   .イl :.///::::::::/              ∨:::/{: ハ:.{:::::::::|///>、 : : : : ヽ: : :}\:ノ
   /  /  .从///:::::::/               ∨从:{:::ヾ::::::::|/////.ハ: : : : : } : リ /
  /     }   /}/}//::::::::,′                    ∨::::ヾ:::::::::::::!//////}: : : : /: :/
. / _.ィ_ ,′    //}::::::::′                  Ⅵ::::::::::::::::::|/////lリ: : /}: /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――なお、アマンダラから提案された
┃ 魔力分割による供給不足の解消案は断った。

┃ 断っていなければR-17.9な一夜と共にルイズヒロインルートが潰れていたり。
┃ そしてこの日の晩は家に戻ることも無いので、
┃ 琥珀さんの危険度も増えていたかも?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2454 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:23:39 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  1日目・午後・その18 .....│
└────────────┘



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |    やる夫が一番重視するのはやる夫と親しい人達の安否なんだと思うお。       |
  乂____________________________________ノ




                        ,     ',
                           ,,..イ       ',
       l          _,,,...イ´   |        .',
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',     “死んだら終わり”だお。何をしても取り戻せない。
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',
            ヽ、    ̄   /           .',    そしてやる夫はこれ以上、親しい人を失いたくない。
              `                    ',
                                 ',    あんな想いをもう一度味わいたくないんだお。
                                  ',
               ヽ                      l
               |                    l
.人                /                  l





              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>    生憎、私は貴様の覚悟を憐れむことしかできんな。
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ      ―――心しておけ。貴様の芯が折れる時、
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\       それは“貴様が守ろうとしたものに裏切られる時”だという事に。
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の会議後、ルイズに連れ出された際のライダーとの会話にて。

┃ 赤のライダーに“誰かを殺す覚悟”を問われた際の返答。
┃ 人は死んだら終わりなのだ。だから親しい人が“そう”なる前にその要因を排除する。

┃ その為ならば躊躇うことはしないと。過去の思い出と共にやる夫は宣言し、
┃ 赤のライダーは予言めいた言葉を返したのだった……。

┃ 赤のライダーの生前の世界では琥珀ルートは解放されなかった模様。
┃ 琥珀さんだけじゃないかもしれないけど。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2457 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/02(金) 00:27:41 ID:6rS.bbcI0
赤ライダーさんその言葉自分に返ってきてますよね


2464 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:33:35 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その20 .....│
└────────────┘


                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′   琥珀さん!
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ     実は折り入って話したい事があるんだお!!
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、






           .  -── - .
         /          丶.
        /  /           ヽ, \ー、
     ,. --ァ' / /   i l l  i   i  l  V|
    〈´  ̄i l  l  l ! .l i  l   l  i  i l |
     ヽ.  iヽl  l___l__l l |  i,.-十 ノ  l l.|
      l lヽi.´ | ノ ノレ'  レ' r==.くレ / i !
      i | l  | v= 、   |i沂jjハレ' i イ     ええ、分かっています。分かっていますよーやる夫さん♪
     .乂| i  |        ´ ̄⊂⊃ | k
      /.| l ⊂⊃  ┌─┐   ,イi. |  >    その後ろにいる彼女達のことですよね?
     / i l  | \   ゝ ..ノ /lリ l レ'´
     `ーヘ ト、j ハハ` r ─´| // i j/
        `レ'ヘjイ ハ \  ノ\
          ., '   ヽ、 ,.->_/ l ヽ .
         ./\.     Vィニィァ_/  /ヽ
        /   ヽ.   |  /´ }   !   i
        {     V   |   {  |    ',   |
        }    |_/  ム. ヽ.__j  |
        |   ヽレ'ヽ  /示.  iヽ. l  |
        |  /    ∨  ̄ ヽ |  \ }
        トイ      .iニfぅニi∨    ヽ|
        l/        |=ュッ=l/     〉
        〈'        |    |      /
        |ヽ.     ├‐┬‐{      /|
        |  ヽ     /i  l  `ト / |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズとの会話後、家に戻る事になりルイズとキャスターと一緒に帰宅する。
┃ 魔術師では無い()義姉を危険に巻き込まないよう、
┃ 家を出ようとするも結果的に不発に終わり……。

┃ 琥珀さんには、やる夫達の事情を深く聞かないよう約束してもらい、
┃ 家を拠点にして、キャスターやルイズと共に行動するようになる。

┃ なお、この場で家を出ていると琥珀さんルートが以下略。
┃ 潰れはしなかったけど、かなり難易度上がったんじゃないでせうか?
┃ 琥珀さん暗躍しまくるルートですし。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2469 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:36:56 ID:yOKwb5Yg0






                -‐ - 、
         /           \
        /  〃 |         ヽ
.       {  { |  |       ハ
       ゝ 从.|  |  丶     .}    >>2457 あ……(震え声)
        `l リ  |   八    :|
.         !ノ'  |    \   \
.        ソ   | ハ   `ヽ.   \
         八   从. \    ハ  }
        ∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /
.        爪∧   \///////} ;  f
      {//刈.    ∨/////| i 八
        ∨/ノ    ノt/////| ヽ   \
        }彡   /从,//////|  }    )
      ‐=ミ-‐ jハ }///////| ′ /
      爪    \ゝ|ノ ////// |/ {〃
       |' \   ヘ ∨//////,}  从_ ィ
     f`ー‐┐ト  /∨/////,} ' ヾ一'
     |////| ,! `´  ∨////ィ}   l ヽ
     |///く∫孑 , -‐=∨///'∧ l 丿|ノ





                       __ ノ``ー――--=ニ二._
                  ,.  ''"´_         <‐- ...``ヽ、
             o  /   / r―…、 -、    ``ヽ、``ヽ、ヽ、
                 /     /    ! l     '.  ∧ \ \   \\
                 /    /   λ l !   、 './ l    \ \  ヽ '.
            ,'   , ' ,'     //ト、! l   ヾ、 '.  l   ヽ\ \   ノ
            0  l   / ,'    .//uヾト、ト、 .   '.ヘ '. . l     '. ヽ 〉ノ
  ̄>、        ,'  /       //---}l-ヾ!メ.   '. ヘ '. l l     '.  /
     \     イ  /   ,'、__l l   _!_T! \  '. ヘ l l.l    '.  {
 ‐-≧_ ≧___,,ノl // //  .(つ竓芋ミ  l!   \ ト)_} .lト、  .N  '.
           /ノ/ へl  .人!\\\\\., _;;;、 ))7 ! '.   !l  '.
        _∠/./ 〈//l   l ヾ! . \\\\l、`ヾミ、//l l '. .lll   '.
    、___ノ   / l ///-!   .l .   , --、  \\\./7-l l  '. !lノ!  '.
    __≧彡_/ ///lヽl  l l  ./     `ヽ    ノlヽ ! .l  '.// !   '.
           ``ヽ、l l  l l . ,'       ':::,'   u /'.   !/彡"// . l   } o
                   Y l  l l . ヽ     ノ   / ll '.  '.-‐''"/  ノ   ,'
               l ll  l,-ヽ、         ィ´  ll '.  '. / /  /
                   ,' ヽ l   >-‐<´  ノ     '.  '. /  /






.
2476 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:47:28 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  1日目・午後・その21 .....│
└────────────┘






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  私の好きなタイプは―――、“私”を愛してくれる殿方ですよ、やる夫さん?       |
  乂___________________________________ノ


                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |  私、結構尽くすタイプですから―――。       |
                                 乂____________________ノ





           .  -── - .
         /          丶.
        /  /           ヽ, \ー、
     ,. --ァ' / /   i l l  i   i  l  V|
    〈´  ̄i l  l  l ! .l i  l   l  i  i l |
     ヽ.  iヽl  l___l__l l |  i,.-十 ノ  l l.|
      l lヽi.´ | ノ ノレ'  レ' r==.くレ / i !
      i | l  | v= 、   |i沂jjハレ' i イ
     .乂| i  |        ´ ̄⊂⊃ | k
      /.| l ⊂⊃  ┌─┐   ,イi. |  >    だからこう逆に、
     / i l  | \   ゝ ..ノ /lリ l レ'´
     `ーヘ ト、j ハハ` r ─´| // i j/       甘えさせてくれる年上とかグッと来ますねー。
        `レ'ヘjイ ハ \  ノ\
          ., '   ヽ、 ,.->_/ l ヽ .       意外とナイスミドルに弱いかも?
         ./\.     Vィニィァ_/  /ヽ
        /   ヽ.   |  /´ }   !   i
        {     V   |   {  |    ',   |
        }    |_/  ム. ヽ.__j  |
        |   ヽレ'ヽ  /示.  iヽ. l  |
        |  /    ∨  ̄ ヽ |  \ }
        トイ      .iニfぅニi∨    ヽ|
        l/        |=ュッ=l/     〉
        〈'        |    |      /
        |ヽ.     ├‐┬‐{      /|
        |  ヽ     /i  l  `ト / |





      / ̄ ̄\
    / ⌒  ⌒ \
   /  (●)  (●) \
   |    (__人__)    |     ―――でっていう。
   \          /
   /|`ー‐--‐‐‐―i\
   l  ||_____||  l トントントントン
  | ⌒、l|        / /  トントントントン       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
― \  ⌒っ―|l―/ /――           |   ちょっとー? 自分から話振っておいてそれは酷くないですか~?     |
\ ̄ ̄`ー-|\__し "\              乂_______________________________ノ
  \ l|  <ヾ,) \_ )=三=
    \     \| |l     \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターやルイズが宿泊する事になった後、
┃ 琥珀との会話、食事前のコミュにて。

┃ やる夫の好みのタイプは「大」であり、
┃ 逆に琥珀の好みの(父親の)タイプは……である。

┃ 実際は結構どころではなく尽くすタイプ(しかも病み)なのだが、
┃ 本人の認識ではこんなもんである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2479 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 00:54:35 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その22 .....│
└────────────┘


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   簡単な話よ。 7組それぞれが異なる“我”を持つから争いが起こる。    |
  乂________________________________ノ




                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホムンクルス ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |   ならば7人のマスター全て、己の配下の“人形”を宛がえば良い。    |
                                      乂______________________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   令呪の配分率を意図的に操作する術を再現した男はそう考え、聖杯戦争を企画したの。        |
  乂__________________________________________ノ




                              ,,..--‐―''''''‐-._
                          , r ' ´: : /: : : : : : : : :⌒''ー、
                        /´: : : : ::/: : : : : : : : : : :ハ: : : : \
                            / : :/: : : : / ;: : : :i: : : :i、: : ハ : : ヽ; :\
                      ./ : :/: :/: : :|/ /: :: :l: :ノl.i i.! : : i|: :ト 、\ ヽ
                           / : : i : :!: : : :||/: : l''ソ/´廾'!l、: :l l|:i  }: :ハ ヾ
                         i: : : :i: :;': :';: : ヘ|: :/ィ≠テミ .ノ l:/ ,ィミ.,'、 :ハ ヽ
                     i,: :: :.i: : : : |: : : V 〆::心   ノ .{cリ〈: :|: :;ノ
                     │: : :i: : : : :l:: :、 :`くゞ斗′    , `´.{: 彡′     サーヴァントは召喚しさえすれば
                       i: : : :i : : : : i: : : ゞ三彡         {: i
                        i: : : :|: : : : : i: : : : : ハ       ,   /: :l       令呪を持つマスターに逆らう事が出来ない。
                      ノ: : : :l: : : : : !:ハ: : : : ハ        ´ iヽ : :i
                         /: : : : ノ: : : : ,'/ ハ: : : : :ハ  _    ,/:Vi : i
                  ../: : : : /: : : : j,ー/fl: : : : ::|  ,' ̄ '匕.|: :Vi :i       後は喚びだされた英霊に令呪を持って自害を命じれば
                ..r:'´: : : : /: : : : //`〈_丿: : : : :| .{-、_{: : :|: : :Viハ
            _..-‐": : : : ;;r '´: : : : //////: : : : : /、 ゙∧}/`.,|: : : :Viハ      何の障害もなく“聖杯”を手中に収められる。
       _,,...., r 彡: : : : :_..r彡′;; :,:-‐'´/////.,': : : : :;.'  .}.Y ', i///l: : : :i Vi:
   ,,..‐'''´: : : : : : __.::-彡´: ; -‐'"/ ///////ミ{: : : :://`.<{(☆)i//.{; : : !: : Vi|`i
.. / : : : : : ;-=彡´ : : : : //: : : :/\./////ミ//i: : : /|////∧,, |///ヘ : {: :i Vi i
./ : : ; ―.彡ー/ : : : / :/ : : /--- ゝ、ミ////i. : /: i ////ミ弋./彡/ハ: :ゝ:i :Vi
: : :;/ ./: : :/: : : : : :| : /: ://///////`ー 、ミ.l: ; : : |/////三≧三///////|`.)i、j`jヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 食事後、この街で行われている聖杯大戦の説明。
┃ 同時に聖杯戦争発起人(表向き)であるアマンダラ・カマンダラへの警戒等を
┃ ルイズから告げられる。

┃ そしてやる夫は聖杯大戦のルーラー、
┃ トレーズ・クシュリナーダの名前を知るのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2482 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 01:04:30 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その23 .....│
└────────────┘



            ,、_  ,..-‐''"´ ̄ ̄ ̄:` :ーt__
            /   `ー、 : : : : : : :,l : : : : : : ノ: :ヽ.
           ノ ,r':::ニヽ\:ヽ_/:| :ノ: : :,ィ____ゝ_   /`ヽ、_
          λ ノ::/rァ''’  `ーァ/_/: : : . . . ./`ー<'     \
             ,しヽヽ==='’ ,r-'、: : : : `ヽ、_ : :/-、_ /_.. -──’
        _r‐/: : / ,r─‐ァ‐': 、  _>、_/: : `≦─、_7´                私に名前なんて無いわ。
      /ヽ)}、: l: ̄ノ':__,r、:|: .  )'´_\_>}\: \: : :ヾ─‐ァ
      ゙. Y'ヽリ: :/<{: :,': :ゝァ<´: ─ァ匁ムァλ∧: :`ー─<_               いえ、あったのかもしれないけど、
       l  ヽ ) f__/: : : : |'_\ 、_Y乂ソ ノノ: : }、:ー=、ヾ: : :`ー、_
         〉 ノ |∧: :|ヽ:.:|: :人ヌ斥ヽj    7:.|: :/: ヽ:.:|:\リ: : : : : : :  ̄ ̄`ー-、      それはお父様の反魂の法で蘇った時に失われた物。
    _.-─'   /ニ、ヽ __ ヽ从|乂ソ   、  {__|:/:/j: : λ: :`ー.、: 、ニニ=''⌒ヾヽ!
    | l /   ∧---`i><!≧-、_ニ孑   -' ,イ:/ _'ノ: :':.∧: : : :\:ヽ:\     ノ
   ノ|:   /  ゙ヾニニニニニニニニ≧ニ=┬‐彳:/ /: : : :/フヽ: : \\:ヽ:)           それゆえ人は私の事をこう呼んだわ。
  ,イ ヽ  / 、  Y>--──イ'>:== ̄ヾ/У!:.:/ _,.、ィ'x‐ー┬-、:.\ト.、
  /:{   `<  l   ∨:ヽ 从ゝ、\_T_ヽ    \|: :|:ゞT7テv’: : !、: :ヽ: :.\!         “西行の娘”と―――。
. /: : \   \___ノ「ヽ:ー'T7ヘー''"ゝ-、    ヽ:.!/个ー’: : ヽ |:ヽ: :l: : l λ
/: : : : : `ー─≦>ク_ノ: : : :):X><K7/|:l≧=i   Lゝ: :_: : : : :∨: : : : :l | !
ヽ: : : : : : : :/: :>ー’: : : : :ノ|:「》`Y |: : ヾヽヽ!   ゙l_/ ‘y-、: :.{: : : : /_ソ
 \  _≧≦_ノ弋__: : : : :,イ:.j|! ノT´:, :-ヾゝ'i!   l  \/   ヽツ /_ノ──────-..._
   `~´       ` ̄´ .{: :]|!__| E.:':   ヾ~||   |    \/ }: (_: : : : : : : : : : : : : : : : `: -...._
                ヽ}_l! l [: : : :<`Y|!     ! ヽ ,_iУ三三三ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー.、
                λi!_lト、j、: :、∠.-ヽ、__l,r─‐彡'/三≧=三ニ}: : : : : : : : : /{: : : : : : : : : :>、
                `7≧==──>‐久____/: λ三三三ニニヽ_..-===l(フ: : :────=≧、_
                 ヽ三三三三ニ/ニ入___/: : :/:.トニ≧==、三ニ|三三三三|ス: : :            ̄
                  {三三三ニ7ニ7ニλ: : : : : :/_ノ: :\ニ、:::_ゝ:ソヽ、ニ三三〈,べ.: :
                  ∧三三ニ7三ニノニ`TT、ノ:/:  : :.`>≦´三ニ>──ヽイ: : : : : . . . .
                  /: :`ハ==ヾニ三ニニ:!:ハ: ´: : . . : : : : : :>、三三三ニ7┴j__: : : : : : :
                 ヽ: : :「ト、\|!-<:\三ニリ三:、: : : . . .   : : : : :` ̄\ー’ー’      ̄` ー _
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズとの会談後、キャスターの部屋にて。

┃ やる夫は彼女の真名を聞こうとして、彼女の生い立ちをしる。
┃ 幼い頃に両親に捨てられ、孤独のうちに死に、
┃ 親に戯れに黄泉返させられ再び捨てられて―――。

┃ 壮絶な生い立ちに反して語るキャスターの口調は常と変らない。
┃ やる夫が心が無いキャスターの在り方を変えようと本格的に考え出したのは、
┃ この頃からだろうか。彼女の願いやしたい事、したくない事などを聞き出そうとし始める。

┃ ―――結果は惨敗、結局彼女に訓練の約束を取り付けるのと
┃ 家を工房化して欲しいと頼んだだけに終わったが、それでも。
┃ その行動こそが、後の奇跡に繋がる第一歩だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2484 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 01:09:48 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  1日目・午後・その24 .....│
└────────────┘





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃  無色の夢を、視た―――。

┃ 心を失った少女が本当に望んだものは……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2485 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 01:12:43 ID:yOKwb5Yg0





                 U
         /⌒¨¨ ー───  、 /{
        // u       U   ∨ : :}
       //   〃 / \ __彡   ハ: :}
.        // / //    ∧ \/ _,}〈
        イ  ′    ./ ‘, ∨ lニ}: \
        |  / / u.  /   ‘, V .|)ノ: : : 〉
        |  /    /    }   }/|/: 、\
        |  /.     ┌─┐  |/|/: :.〉: :\
.        И}}\ U    |  .:| し |/|: :.∧: :_:_,>
               ───‐‐=彡И从ム V
               ∠_   \
                  |     、
                   /     }    ))
                     { _人_>
                     ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ……なげぇ。
┃ とりあえず1日目はサックリ終わらせるつもりでしたが、
┃ 気が付けばもうこんな時間デスネー……。

┃ 申し訳ありませんが、きりが良いので今日の投下は此処までにしますね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2490 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 01:16:43 ID:yOKwb5Yg0





         イ¨¨⌒Vニ=─── -
     /              /   \
   / ,ィ   /   / /  /       ⌒}  _
.  ///   /   / / /_\     }厂//
.    / //  /{/{{ //⌒ミュヾ     }////
.     |/ ′ //    //   }_} ∨   j|ハ//
      /  //    //     }_} |   才/}//
.     /:  /     { {      }_} |  ,斗ノ\_    それでは皆様、おやすみなさいませ~ノシ
.      |  /       -─‐┓  「  :|
     И 〈    │     |  u│  从
      |/l \    |     |  爪  :|∧ /
..       И/{\ 乂__,ノ ノ\∨V  ∨
           /  ̄ ̄  /   \
             /      /   /   、 )))
.            /  /|  ′/     l|
           /_/  .| //       |──┐
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|    |
    ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ___|
     |                /|   |____
     |                /|   |──┘
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ この調子でいけば、
┃ 本当にあらすじ終了まで6日ぐらいかかりそうですが……。
┃ まぁ、省けるところは可能な限り省くようにします。

┃ ……とはいえ、こうして振り返ってみると
┃ イベント目白押しでどれを省けば良いのやら。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2494 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 20:48:05 ID:yOKwb5Yg0





         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉      どう考えても1日で終わる量じゃないので、
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K         とりあえず今の目標は1回の投下につき2日分のあらすじを仕上げる事ですねー。
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はーい、皆さんこんばんはー。
┃ もう少ししたらあらすじの続きを投下していきたいと思います。
┃ 相変わらず安価もクソも無いですが、お暇な方はどうかお付き合いくださいませ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2501 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:00:57 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その1  .....│
└────────────┘





                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |\゙ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||       /  \..... | ̄ ̄ ̄ |       l||        |l|
      ||      |_ . ,.   ´  ̄ ̄/  {⌒ヽ \..|       |. ir――――――――――――――
ニニl二ニニニニニニ/⌒ /       / _ゝ  ,} :}.|____l. ||     _________
  l|     ||       i  _|_ ノ\___〈     ̄  / \..゙┴┐ ||   /                ヽ
  l|--― ||――― /⌒く_厂\/_ノ\_ノ⌒ヽ ,/_   \..ニニj   |                 |
  l|___,. .||     廴 /   /  _/ / │`\厂\_厂\ 丿. | ト ― |                ノ ‐
  l|     ||-――.....{_/   / 「 仄ノ`ヽ|  /│| |`⌒ヽ厂\..゙|   ト ゝ―――――――――
  l|_ .- '||ニニニニ/   /  ,x扞示  | ,/‐┼ト |  | |`⌒゙| |.  〕  〕ト  二ニ=―       ̄
  l|     ||    | l|゙/  /|  :| ヒツ  // ィ抒ミ / l:l | |.゙__| |   |   |!  〕ト     ――
  l|     ||   「..゙/ /l  |  :|    /   ヒシ /  从ハ|..  | |   |   |    |!   〕ト ―――-
  l|     ||..  / /  | }|  :|      ゝ   ,厶イ /|: 八゙__| |        |     |!  〕ト    ̄
  l|   , - /  { /:l/八   |\   ` ´ ∠ / j/ ,j/  }\..゙┘\           |    |!  〕ト
  l|, - '"....〈____,〕ハノハハ |  丶 __ イ´| j/; ,' / _ノ   \.   \          |   |
 ̄       \____ ,}ノ}イ     │ ,jハノ j/レ'て__,.ヘ、_,ノ..   \         |
            _,/   \  {: 八 | ̄ ̄マニ二
           ┌ }_人       \⌒ ⌒|   | {こフ`‐、
           {  にノ\ \    \  :|     にフ  }、
          ∧   にノ\      \L __l_にフ   |
          /\\   にノ\ \  / _ノ\_},フ\ |
         /  \    にノ\,/にフ/ /\\ノ   \
          }     ∨/   にフ{八}ノ 〈_/   \〉     }
.         jr-y'⌒if'∨/ /   }| |{    に}  に}    /
          _イ  ヽ  | ∨厂}_      に}  に}  /∧
         /  `ヽ .,ィニニヽ{ \__,二ニ==-<}─<]=く  _,/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯大戦2日目。
┃ キャスターの工房が完成するまでの間、
┃ 夜行に学校を休むとの連絡を入れたりして過ごす。
┃ そして昼時、工房化が完了してキャスターと雑談したのだが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2506 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:04:45 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午前・その2  .....│
└────────────┘


                                  __,
                           _.... -─'"´   /
                      _.....-ァ'´   ,..-─-、  /
               _.._,r─‐f´ ;/   /,rニニ‐-、ヽ ヽ
              ,r'/: :.:.:ヾ 、 | /     ,' ,'/   `)ノ .}  ヽ
           ,r‐(二|: : : : :.) `ヾ┐__ { ヽヽ__,ノ   l
           /: : : :|≧、ー(  _ >─ァ、≧-、二二ヽ.     ト、
           `): : :.`ヽ、Y≧У|_   /  | フ⌒ヽヽ_ヽ_ .|| l
        ,r'⌒≧、: : : : /    /ヽ__,r‐、 | /,...-、 | ヽ_`"´ Y| |、
        (: : : : : : : ̄フ    /   /   } (| : :.:Y | ⌒ヽ__L__/ ̄ヽ
        ヽ_,r─ァ´     ′,   /    / `ー’   ト、j-、_| /: : ;ヽ  |
          ノヾフ    '  ′ /i|   j    |   .!   |__)二__ノ、_j   他にマスターが取れる方法と言えば
         / //    ,' /,' ̄, ̄|  ,ハ   l !  |    | (\_:_: :.|'
        /   '      |! l |  | |l i| l  ̄|`|、  |    |  ト、:_:r‐〈_    体液の交換かしら?
     , '     |      l|、从|从| || i! ヽl !、! ヽ!i! '  | !:─: : : :}
      {     ∧| l  | !|彡≠=、 ヽ、|! __ヾノ ヽ |リ ,'    ' |ヽ、r=<
     ∨   l |从 ヽ. /}      ヾゝ=≠x、ヽノ /   /  /ヽ: :_ノ
      _ノ     | !ノ,へ / ハ      '     `ヾY´/  /:  λス’ ヽ             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    (      ヽl川 i! / /,ヘ   r‐::...、     チ___/:/ /: :| ∧ ハ            |   ―――はい?    |
   r─)ー、_   >':グ.,イ、 ヽ. 丶::::ノ    ,イ/: : : :/: :/:./: :,'     |             乂_________ノ
   {  f⌒)ノ'⌒Yァ'_,r<ノハ.  ハ\_ ...,. -r‐チ: l|: : : /: :.i! | /: :∧    ノ
    `ー’´(__rァ''"  ~ヽ、\  ハ    {⌒ー、!: ||l  ハ  l!|!: ,'      `)
        ,r'´      ~\ `>  ノ、 _,ノ`ヽ ヽ !|li !:ヘ l !_!_|、_r‐、_,イ     だから、体液の交換よ。
     /      ,r<ヽУ / ,rYヽ  \ ヽ ∨|!|ハ  | / !__ ヽー{
    /|      ノ:,r‐`' /  rj/ハ | ゙、  ゙、. ヽ/ /'__丿 jヽ、_| ヽ|_ノ     それとも夜伽……えぇっと、この時代ではせっくすだったかしら?
    | !   fフ´-ァ;f´|,イ   ハ//Z,|  ゙、  ヽ / /'___,.イ`ヽ、
    Y!   K ,イ三| ヽ_,イフハFニヽ  ヽ  ヽ/Y〃彡'    l          人の精気は魔力を含んでいるから、それを浴びれば
     |!   |ニニ>三!ィ三7  /ハ!|!/ヽ|、_ヽ,ril|〃λ  /   |
      ,|     !Z_'ィ"lニj ̄, ' /|!__|!ヾ、  寸ミヾミV‐ァ /    ,           魔力を回復できるわ。
>'⌒⌒l    |  レク’//,イ_|! ヽ ヾ、  (ミノ,>Fノ /    l
≧rァfヽ_!    l////レ’ ヾ、 ヽ \  l!ヽソ´   { (ヽ'Y(⌒Y≧r、
∨ ̄|´ l     |,.'://)'´     \j!   ヽノ     \)⌒ヽ、: : : rジ
 `ヽ.ヽ.l    /,イ/)'´                .'   ∨  `='7
三三三!    ,'し’イ      __..-‐ニ二 ̄     :     l    /-ニ三>
三三ニ7   !            ̄ ̄ ̄    . . ` 、 _.ハ_/イ三三ニソ'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 無自覚にセクハラをかましたり。
┃ 黒のキャスターの結界の正体を看破したり。
┃ キャスターの心を動かそうとあの手この手で雑談したりした。

┃ なお、五色不動の結界の情報は、
┃ アマンダラに強化礼装1つで売れた模様。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2508 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:08:49 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その3  .....│
└────────────┘



               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |    これもやる夫が優先したい事の一つだお。
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l    琥珀さんと遊びに行くの毎回楽しみだから、
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /     また遊ぶ為にも必ず帰ってくるお。
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ





                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/       リリ  ヽハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.| x==ミ、   ____   }l  | } /!/      ーーーはい♪
           从i|ハハ| , , ,    ´ ̄`ヾ // /_ノ //il
             il  i lト、     '    ' ' ' // /// // ハ      そこまで言うなら仕方がないですね~。
             从 l V iヽ.   マフ     // /// //lイ  i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !      怪我とかしないできちんと帰ってきてくださいよ~?
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′
              ',               /             |
              ハ             i\           !
            i  i` ー --  . ____/´ ̄`ヽ.       l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のバーサーカーを討伐に向かう直前、
┃ 屋敷の前で琥珀さんが見送りをしてくれる。

┃ 事情こそ話していない物の危険な事に首を突っ込むのは
┃ 知られているので、その顔には不安が色濃く……。
┃ やる夫はその表情を変える為、咄嗟に遊びに行く約束をしたのだった。

┃ ―――なお、不安げな表情をしたのも、
┃ 事情を聞かずに健気にお見送りしようとしたのも、
┃ すべて彼女の計算通りなのは言うまでもない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2511 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:12:53 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その4  .....│
└────────────┘



      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-     一筋縄ではいかないと思っていたけど、
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \        まさかバーサーカーを囮に使うとはね……。
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!






            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',      知らずに突っ込んでいたら痛い目にあっていたおね。
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 『歓楽街』と『学校』の二か所に結界の基点が置かれているのを発見。
┃ 黒のバーサーカーのマスター、フェイトの足取りもつかみ、
┃ さらには歓楽街で罠を張っていた二騎のサーヴァントを発見する。

┃ 彼らはバーサーカーを倒す為にやってきた者達を
┃ 狙撃するために隠れ潜んでいたのだ。
┃ 湧いて出た新情報を基に方針を決める為、
┃ 赤の陣営は作戦決行前に再度集合するのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2514 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:16:55 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  2日目・午後・その1  .....│
└────────────┘



                ,,..-――‐-..,,_
                  /  __     ヽ
             /     _ `ヽ    ヽ
           /:::::::  /´  ヾ      ̄ ',
             ,'::::::::::  ヽ●__         i
.            i:::::::::::.      /    、__ l
            .i:::::::::::::.    {       ヽ ̄ .|     ―――それじゃあ、ランサー組と行動させてもらおうと思いますお。
             ヽ:::::::.:::.    {ゝ---、_ノ   l
.           _,.::::::::::::...   `ー-..,,_/    /     宜しいですかお?
.          / ..`ー::::::ー-..,,___     .<
.          ,_/: : : : : .、_:::::::::::::::::::r‐''"´:|___
.     ,-‐'´/: : : : : : : : \::`''-..,, ヽ._: :|: : : :|
    /.-‐'´_``‐-、.、: : : :\、::::::::`''-':::ヽ| : : : i`ヽ
   >: : : :_,,..-、: : : .``..''‐-..,,_\、::::::::::::::::|: : : /: : :|
  ノ: :''"´: : : : :_,,..-∠--、: : : : \l \::::::::/ヽ:./: : : :|
 /: : : : :__,,..-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__|_.\/   ∨ : : :|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :〉____,,.-'、〉 〉
    `''-..,, : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/、  \\\l_jヽ、






           /   /   _
          /:!  /,.::::‐, '''´ /
           {::| /::У:::/:::-<二__ ,..ノ
     ー- 、..、',::l{:::::/:::::,..::―:::::::::_::::::/- 、
     -―‐-ヽ:::∨:::::::::::―--::、::::::::::::::::: ̄、`\
     ,...:::::,..-―::::::::::::`ヽ、:::::::::::、:`ヽ、:::\ 、::\
     ´ ̄/:::/::::,::l::、:::\::`丶、::\:::::\:::\_`_
     ,イ::,:イ::::/::j{::| ,\::::`ヽ、::ト,:::',-、:::::':,:::::\ ̄     へっ、わざわざ博打狙いを選ぶとはな。
     /:://j:::/::::{ V!´,ィtォァ`、/ー!-、',),}:、:::',、::::::':,_
    .{:/-/:::l:イ::{:::l、t/-{//,}= '   リ l::}/::::lヽ:! \ヽ´     お前も物好きな奴だな、おい?
     |' {:::,ハ:{从::{< _ ` ´ ,    ,イ:イ::::::| }
        VI ヾj \ ヽ,.- _ ´    / ,リ:::::::!
              ,/ \    /  / j从::',_  ニィ
               ゙    `ー く   ,'  _,.- '∧
                     ヽ / /   ,.-〉、
                   //j '/   /   `ヽ、
                   / / /    /       \
              //_ / /___/    _,. -― ‐
             /   / // \      l /
           j'   | /  /       l|/
             |   |/  /―,―-,   l'
             l   ,/ /-―-l、__/    /!
             | / /´ /     /  / l
           ,// / /      j       !
           / / / ,'      ;'       |
.         / / /  {     /        |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営による緊急作戦会議の結果、
┃ バーサーカー討伐の作戦を続行することに決定。
┃ その役目を赤のキャスターと赤のランサーが担い、
┃ 邪魔者の排除をアーチャーとライダーが行うことに。

┃ ここから蛮ちゃんとの信頼関係が築かれていった気がする。
┃ 赤の陣営の中で、ランサー組が一番地雷が軽くて安牌だし……。

┃ なおここでパートナーにルイズを選択しても、
┃ 撤退したバーサーカーを追撃する為に連戦するだけで大した違いは無い。
┃ (ランサー組の場合、まず自力での迷宮踏破率が絶望的なだけで……)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2518 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:21:18 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その2  .....│
└────────────┘






                                        >       、ヽ
                                      /        _r 、  }从
                                     -=彡  r‐、/ \ ヽ ./
                                       / / l     弋7ヽ l
                                       7 ノl       r'
                                      , W  ト _ _  、 ┘
                                     //ニニ=-' . : : : : :`ヽ,
                                     /ニニア. : /. : : : : : : : : : .Y
                                    //  ̄}: : :{ : : : : : : : : : : : }
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ: /
 |  ―――ならば受けてみるか、赤のアーチャーとそのマスターよ。      |゙/}
  乂______________________________ノ :l
                             /. : : ハ:/ニllニニニニ}.: : : ; : : : : : :;':l|
                              /. : : : : :.〉ニ/ニニムマコ:.:: :/. : : : : :/:/}
                             ノ. : : : :/.∨ニlニニllニl: :/. : : : :.∨//
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ タマシイ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..=l:.〈. : : : : ヽ{ニ}
 |    友より受け継ぎし我が宝具を―――ッ!!        | { : ヽ. : : : : : ヽ}
  乂________________________ノ . {: : : \. : : : :∧
                           {: :ヘ: : : : :r'   r‐―――‐ ヾ,: : : : : : : :.l: :}
                           |: : : \. : }    |:_:_:_:_:_:_:_: : : :.\. : : :.ヽ. :∧
                          〈: : : : : : : }    r : : : : : : : : :`: : : :ヽ: : : : :\:.}
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホウグ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..゙: : : : :ヽ: : : : : :ヽ,
 |   そして友を殺し我が身を苛んだ蛇毒を―――ッ!!     |...: : : : : : マ. : : : : :.ヽ
  乂_________________________ノ...: : : : : : : :マ: : : : : : :Y
                              l: : : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : ヽ: : : : : r‐、
                          _{: : /. : : : : : : : : : _ -‐=≦彡 : : 彡,: : : : :}|: ヽ: : :|  ',
             _ , . . . -=≦ : : : : : :. ̄: : : : : : :_:_: : : : : : : : : : : /. : : : : : :./}.!: : : :__!  }
        _, . .-=≦: : : : : : : : : : : : : : : :ノ彡': : : : : : : : : : : : : : : : :./. : : : : : : :./:ノ `丁  !   ,'
    _, .-= : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ. : : : : : : : :彡'    }   ヽイ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のアーチャー VS 黒のアーチャー

┃ 繁華街での戦いの第一戦目。
┃ 弓兵同士、弓の腕前を競い合う闘いになるかと思いきや、
┃ 何故かマスターのはずの山本元柳斎が矢面(文字通り)に立つ展開に。

┃ 人間の限界近い力量のマスターと大英雄の赤のアーチャーを前に
┃ 黒のアーチャーは自らの宝具『射殺す百頭』にて抵抗する。

┃ しかし、赤のアーチャーのマスターが使用した宝具により
┃ 抵抗空しく、黒のアーチャーは敗走するのであった……。

┃ この辺りからマスター()共が自重しなくなってくる……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2520 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:24:53 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  2日目・午後・その3  .....│
└────────────┘





         ,/i//i/               //i,| ,_  ,_  :,_ ;,_  ,_  ,_
TTTTTTTTTTi,/{TTTTTTTTTTTTTTTTTi''i/ | ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-、  ,-,、.| |;,_  ,_  ,_  ,_  ,_ |,/| ,_  ;_  :,_ ;,_  '_  ;_
十| |十! |十!..| |:||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄  . ̄ .: ̄::;'| |'. ̄::::;: ̄ ,;' ̄  , ̄  : ̄ | | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-,、::.,,-,、| |.,_  ,_  ,_  ,_  _, |,/| ,_  ,___________
十| |十! |十|.;| |;||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||\
 ̄  . ̄  . ̄.;゙| |', ̄  ;゙ィ......' ̄  , ̄  ' ̄ | | ' ̄ .;'|  .\
. ,、─────..゙l`ヽ ./}ノ . ──────../!. ──'}|    \:
/  ,____.. {ト、 ∨/__:_:_::_::____イ |. ___,|:      \::: :
  /|::::::::::::::::::::::::::.゙{ ∧ 〈      :::::::::    |' !       |        \::::: : :
. /. |:::::::::::::::::::::::::::゙∨:∧ ヽ_...... :::::.    ノ {.       |:          \___
/ . :|:::::::::::::::::::::::::::::∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ....  | :
 ::/ ̄ ̄ ̄ ̄ . _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //..   |:: :
.::/::::::::::::::::::::::: /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./.    |:::: :
/::::::::::::::::::::::: /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /.      :|:::::: :
::::::::::::::::::::::: ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./ |     :|:::::::: :
:::::::::::::::::::: /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>..   :|:::::::::: :
::::::::::: :  /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ . |  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:: :.    /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ..|  |   一発も撃ってこないとはな。    |
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'   乂_______________ノ
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、|  その手の銃は飾りか? 黒のキャスターよ。        |
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } 乂_______________________ノ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のライダー VS 黒のキャスター

┃ 黒のキャスターは決して弱くはない。
┃ 弱くはないのだが……相手が悪かった。

┃ なお、メタな解説をすると、
┃ ライダーはこの時点で主人公鯖と非正規鯖以外の全データを把握しているため、
┃ 「彼らに対して最も勝率の高い宝具」を選択するという、ガチAIが搭載されていたり。

┃ まぁ、大体【槍】か【弓】ばかり使っていた気がするけど気にするな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2523 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:28:51 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その4  .....│
└────────────┘

     |£= |  |(| | |:;- | |( |          | )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | | )|          |( | | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- | |( |..........,,,;;;;;;;;;;;,,,,... ....| )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | | )|;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|( | | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- | |( |    ○     | )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | |, '          .`、| | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- |                  | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- |                  | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |, -'                `-、.| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)|                          |(| |  | =£|
     |£= |  |(| |                          | |)|  | =£|
     |£= |  |_, -'                       ` -、|  | =£|
     |£= |                                  | =£|
     |£= |                                  | =£|
     |_, - '                   ○              ` -、_|



            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l   ……1円玉?
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ バーサーカーの迷宮攻略
┃ ・成功率10%の赤のランサーがまさかの一発成功を引き当て。
┃ ・30%の美堂蛮が振り直し礼装をほぼ使い切り成功し。
┃ ・キャスターは危な気なく成功をおさめ、
┃ ・そして成功率10%だったやる夫は何者かの支援を受け、
┃  キャスターと合流を果たしたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2529 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:33:12 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その5  .....│
└────────────┘



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三ニニ/ ̄ヽ三三三三ニニ>'´`ヽニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三/    \三三三三,'    仆三三三三三三三三三三三三ニニ,r、_,ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニ,     〃三三ニニ/   '´三三三ニ-、三三三三三三三三三三{ x=z /三三三三三三ニニニ
三三三三三三{     /三三三ニ/ /ニニニニ才   寸三三三三三三三三ニ//⌒Y´三三三三三三三ニニ
三三三三三ニr'     '三三三三/ イ三三ニニ>´   ,イ三三三三/ r-、___/三三三三三三三ニニニニニニ
三三三三三三Y    '三三ニニ/<三三三/  x<三三三三>´r<三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三ニニ|   7三三三三三三三ニ{_x<三三三三三ニニy {三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三ニニニニi!   '三三三三三三三三三三三三三三三三≦z_ \,x_>t三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三三i   L_三三三三三三三三三三三三三三三三三三}  /三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三!      ̄ ̄¨`ー--≧三三三三三三三三三三ニ/,r-<三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニj  __       /三三三三三三三三三三三i/__イi三三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニ! 7三三ニx____/三三三三三三三三三ニニ//三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三ニ! {三三三三三三三三三三三三三三三三//三三三>-t三三三三三三三三三ニニニニニニニ
三三三三ニニL_j三三三三三三三三三三三三三三三//三三三ニ!   \三三三三三三三三三ニニニニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三√ r<三三三少´      Y三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三/        {三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三Y{三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三三廴        l三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三三j|三三三三三三三イ三ニニ/ /三三三三三三三三z_    _j三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三ニ7Z三三/{三三三/イ三ニ/ /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三ニi|三ニ {三才  |ニ/|_j! {> ´ 〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三7|7       `′'´     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三j L/              ∠ィ三>'ィ三三ニ/ ̄ ̄``ー--ニニ三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
三川                    <三三三<              ̄ ̄`ー=三三三三三三三ニニニニ
i∨i|                   x<三三三三}            _,,zzzzzzzzzzz<三三三三三ニニニニ
| V                 <_三三三三ニ'´    __, -zニニ三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
|、                    {z-テ'-ニ三∧__/三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
;';ハ                   ∠_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
;';';'ヘ                 r--≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';'>x               ト、三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';';';';';';';'>x            ニ=─三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサー&赤のキャスター VS 黒のバーサーカー

┃ 迷宮を陣地化し、令呪までも使用して二騎を迎え撃つ狂戦士。
┃ 赤のキャスターの不調により、二騎がかりにも関わらず互角のまま闘いが進んでいく。
┃ そしてこのまま勝負を運に委ねるかと思われたその時、
┃ 赤のランサーの宝具『撃ち穿つ死電の槍』が発動。

┃ バーサーカーのマスター、フェイトの撤退を美堂蛮の邪眼で封じた結果、
┃ 迷宮内での闘いは赤の陣営の完勝で終わった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2531 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:37:16 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その6  .....│
└────────────┘


     ./ /        /   /i::::::::{ |::{        }::; }:::::::::',. ',     }    _    ,, ''´    }
    ./ /     ./`゙''ー ..,,{     , |:::::::i! ヾ!      j/ .i::::::::::i.  V   /> ´   ,,> ´      /
  /   ≧z ..,,,/      丶.._ j  |::::::::|             |:::::::::|   }zzイ   ,, z≦       > ''´
 く           ≧=z ..         |  !::::::::}              |:::::::::|   !   ,  ´      > ''´
   `゙ <          ≧ z、   .! ノ::::::〔    ヽ ノ     ,::::::::::}  - V  /     > ''´
      `゙ <       i   i  ,ノ {::::::::::ヽ_  八  _ ノ::::::/   ノ  |    ./´
         `゙ <    |   八  \,ィf///,ヘ./  ヽ/////////ハ= T' 〉 .!   /
               `i  ′ ′ `Y⌒乂/////ハ   ム--r..:::::::ヾ´  { {  |  ./
             |  ,:      .} /::::::::::/ ̄ }  {   ヽ:::::::::::\ Vハ. |  /
             | / ./    .{ .{:::::::::::/   .!  !    `゙'' 、:::/ ノ  ', i /      おい、話聞けや。
             | .′/    人⌒ヾ´     ',  ,′      i  ハ   ',j/
             |  /    ,    マ .ハ  , v V^YV^V^V.V v、 /} { ,  /i. \
             j/   ./ ノi  ハ { 从! i | j i .| .} } } } .}.リ .レ.:レ': :{  /i\ /i
               ′  ./ /: : V{ル} マj_ハ从ハ人ハノしヘ.ノVxノi{ |: : : : :j/: j/i/: :Vi
               / 、  ,: : : j: : :ハ. Vi. { i | } } ! } } } ノ.j jノヽ!: : : :/: : : /: : ': : : :.{、
               jヽ jV: : : :; : : : ハ/::ⅣW.JV V VVル'イ-ヘ:::::}: : : :: : : : i : : : : : : :! \
            / ,: : :V: : : : :/ : : : : :}::/             }::i: : : :{ : : : : : : : : : : :| /{ ー-





       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |     はいィィィーーーーーッ!!!
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の聖杯内部にて。

┃ バーサーカー撃破後、突然気を失い倒れたやる夫は
┃ 目を覚ますと謎の空間の中に居た。
┃ そこには何故か、倒したはずのバーサーカー・アステリオスが目の前におり……。

┃ 彼女はフェイトの最期の令呪により、
┃ 聖杯の中でも意識を保つ事に成功していたのだ。
┃ そして彼女は語る。入速出やる夫が『赤の聖杯』であることを。
┃ 単なる巻き込まれた一般人ではなく、誰かの手により聖杯にされた存在であると。

┃ ―――以降、毎晩のようにアステリオスは夢枕に立ち、
┃ やる夫と会話することで『人間』とは何かを探ることになる……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2532 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:41:50 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その6  .....│
└────────────┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】50             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20      【魔:B】40    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】怨怨怨    【魔力】164/225     【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /:::::::::メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { :::::::〈/:::::::::ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\::::::::::::::::::/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉::::::::::::,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ バーサーカーとの戦闘後、やる夫は自宅で目を覚ました。
┃ そしてキャスターとその後の経過などを話していたのだが、
┃ 自身の法力が弱まっているからと宝具の使用を提案してくる。
┃ 当然、その言葉にやる夫が頷くはずもなく、
┃ 話し合いはそれで終わりかと思われたが……。

┃ ついにキャスターの枷が解き放たれ……、
┃ 彼女の弱体化はここに極まったのだった。
┃ (実際は令呪の消費というもう一段、底があったけど)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2538 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:48:13 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その8  .....│
└────────────┘





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   私は私の矜持の為に戦う。     |
  乂_______________ノ



                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |   他人を食い物にする“悪”を許してやらない。地の果てまで追いつめて報いを与えてやるわ。       |
                乂__________________________________________ノ



                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |    だけど、それでアンタの事を見捨てたら、私もそいつの同類になる。        |
                                     乂__________________________________ノ




                             , . : : -: -. . 、
                             ,.イ : : : : : : : : : : : \
                               ,イ: /: : :/: : : : : : : : : : : : .
                             / : /: : :/: : : : :ヽ: : : : : : : : ヽ
                         / : ;': : : ハ: ヽ.: : : : ;: : : : : : : ヾ:.、
                          |: : l: : : :l l:.i : : : : : ハ:{: : : : ヽ: Nヾ     ―――だから、私は見捨てない。
                          |: : l: : : :l八从ム:i: : :八:ハ: : : i: : |八
                           l: : :l: : :仍心、ヾ八 : : }ヾ、: :.l: l:lノ     あんたの事を、何があってもね。
                        ,: : : ; : : ゞ:ツ    .ィ斥ヤハ: :j人}
                         /: : 从 : : l     ,  ゞツ .∧:.}:.八
                        /: : : /: ; : : l、 r ‐.,   ,.イ: : : : : : \
                     _. . : : : : : :/:_人: : :l.\_`_  .イヽi:\: : : :\: : : : ̄ : .ヽ
              ,ィ: : ̄: : : : : x//∧///∧ : l ,ヘ / V///x:_:\: : : :`二ニニ=ー=―: . 、
               /: : : : : : : ::/,イ⌒∨///∧: :VⅥ'/∧∨////∧\`ー=ニ二:_:_:_: :_: :_: : :):ヽ
             { : : : : : : /,イ  ` ヽ ∨//Ⅵ: : :.Ⅳ `V////////ヾ、: : : : : : : : : : : : : : /: : :)
         r=.、 ; : : : : :.// /     .∨/∨: : : :}   }/////////人: : : : : : : : : : : : / : : : /: ̄:`ヽ
            \::\j: : : : /,イ     ヽi .Ⅳ/ : : : : l\ノi//////イ´ Ⅵ : : : : : : : : : / : : : /: : : : : : : \
            \::\ :/:{,ィ '  ̄ ヽ ヽji__,. .〉: : : : : ノ//>j//イ   l  Ⅵ、: : : : : :/ : : : /: : : : : : : : : : : :.
      _,..=-=ニ二 : \:::X´\ ̄`ヽ } i}´ /: : : : / ¨´  ヽ ヾ:、 l.  V∧ : : : / : : : /: : : : : : : : : : : : : : i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のキャスターとの会話後、ルイズと会い情報の交換を行う事に。
┃ 学校に向かった赤の陣営の敗走、そしてやる夫が聖杯である事を知ったルイズは
┃ 他の面子に知られないように注意するよう、やる夫に促すのだった。

┃ そしてキャスターの弱体化を聞き、
┃ それでもなお同盟をしてくれるルイズに何故と聞いた答えが上である。

┃ なお正体を知った後だと(以下略)。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2543 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:53:18 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その9  .....│
└────────────┘

                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/       リリ  ヽハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.| x==ミ、   ____   }l  | } /!/
           从i|ハハ| , , ,    ´ ̄`ヾ // /_ノ //il
             il  i lト、     '    ' ' ' // /// // ハ      まぁ、聞いたところでどうする事もできないかもしれませんが、
             从 l V iヽ.  ー‐'     // /// //lイ. i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !      やる夫さんの相談に乗る事ぐらいはできますから。
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ     それで二人で考えましょう。
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \    それでもどうしようも無かった時は……。
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′





         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K        一緒に逃げちゃいましょう!
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′     夜逃げの準備はしておきますから!
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズの後、気絶して運ばれてきたやる夫を心配していた琥珀さんと会話する。

┃ いつも笑顔な義姉が本当に心配したと真顔で言ってきたり、
┃ 話せる事情がほとんど無くて怒られたりしたものの、
┃ 基本的に穏やかな雰囲気のまま過ごす。

┃ なお、ルート解放せずに実際に夜逃げしたりすれば
┃ そのままBADエンドなのは言うまでも(以下略)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2548 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 21:59:48 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その10 .....│
└────────────┘



::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




      ` ー=≠: : : : : : : : : : : : : : ,. -‐: : : : : : : : : : : : : `ヽ
        // : : : /: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       // : : /: :/: : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
      イ ,′ /:: : ': __ /: : i: / : : : : : /: : : : ヽ: : : : : : : : : : ',
        {: : ': : λハ: : ヽ: : |/: : : : : : : : : : : : : ',: : : : : : : : : λ
        人/:l::丿≦ミヽ|: : : : : : : : : : 人: : : : : : : !: : : : : : : : : : }
      /:八:| 〃癶', {: : : : : : _,.-''" 丿 : : : : : : : : : : : ',: : : : : !
     /: : : : ヽj   {しヾ ',: : : ,/ ̄`ヽ : : : : : : : : : : : : : :|: : : : ′    ……まぁ、こんな処かしら?
   /:: : : : : : /   ゞ乂  ヽ: i   ノ'´ \ ハ, : : ノ : : :: :: |: : : : ヽ
   /:: : : : : : : :i   _,.     ノ' ≠=zz、 |/ ヽ:: : : : : : : : : :/: : : : : !    思えばバーサーカー対策に始まり、
  /: : : : :: / '            〃 ヾミxノ'´ : : : : : : : : /: : : : : /
  /: : : : /  .∧          卜-uy仆: / : : : : : : : : : : : : : /      激動の一日だったわね……。
 /: : : ::,'   /: : ', ヽ       ゞ弋tソ 从丿:: : : : : /: !: : : : /
 i: : : : |   ,':: : : i      u     __,,厶イ: : : : : イ::: : :|: : : /
 |: : : : |   i: : : 弋,. -‐==ニ二三 ̄: : : : : : : : :, ´ ノ′:: |: : /\
_⊥ -‐==ニ二三: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : |: /: : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , - 、: : : : : : : : / : : : : : : : : ノ': : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : : : : ___ /    \-‐-__イ: : : : : : : : : : : \ : : : : : : : ',
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 再度、ルイズとのコミュ。
┃ 黒のアサシン・沖田総司、黒のキャスター・南光海天海の真名看破。
┃ トレーズに関する情報源(アマンダラ)、
┃ やる夫の持つ『啓示』スキルについて相談するなど。

┃ 琥珀さんに事情ブッパしたいと言いかけて
┃ 『啓示』が働いたりもしたものの、非常に有意義な時間だったと思う。

┃ 二日目はこれで終了……と思いきや、
┃ 最大の山場は最後にあったという。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2551 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:04:08 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その11 .....│
└────────────┘



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ――――――――――――――。     |
  乂__________________ノ


                                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      |  ――――――――――――――――――?        |
                                       乂_______________________ノ




             ____
          . : ´ : : : : : : `: : .
        /. : : : : :; : : : : :イ : : `: : .
       .ィ. : : : : : : / : 才´ : : : : :_:_:_: ハ
     //.:〃. :/. : :-―== : : : : 才: : \
     ノ : : :/. ::"イ才´. : :ー-=ニ : : : : : :-‐<
     i|:i {: :' :彡'"´∨: ー-ミ: : : : :ー-=≦: : : :`ヽ
    八:ハイ    `ヾミー-: : : : :_ : : : :-==ミーミ
  > .斗ア     .才< `ヾ=ミー-ミ: : : : `ヾ: : :彡⌒     そう、これで赤の聖杯が“完聖”に一つ駒を進めた訳なのだが……。
 /. :/  /:!   丿孑ア   }: :リ り }ー-ミ: : : : :_`≦
 }: :' .八∧ .イイイゞ゙   从( f イ:ハ:`ヾ: :ー-:彡'       今の段階では、まだどちらが真なのか分かるまい。
 }:/  イ`ヾヽ ⌒´        .∨: 从(: : ;リ人:{
  / _.ノ    !            ,ヘ(  )イ> ´`Y        他の者は無論のこと、君も私も本人ですら―――。
. {  {.  / ヽ.|  ,        ′ > ´  > ´{
  i  |/ ハ .ーく_.ィ ´     イ / > ´. : : : : \__
  ;  `ヽイ  }ノ    ヽ   // ィ. : : : : : : :>. :´: : :`:ュ._
/    ` <      ゝ-< }〈 イ. : : : : : : /. : : : : : : : : : : `: : .
         \__  ⌒ー-} }斗ォ.: : : :/.> ´. : : : : : : : : : : : :ハ
   ー-く⌒ー-斗イ    }'⌒∨斗ォ.:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
    _ . 二ア   才.´/  i ∨イイ. :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
 > ´     才´   /   :{ }.:/. : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
´          }ftft>"  i:   /イ. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ
          /}i{}iリ/   八 /. : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
         .//イ. く    /. : : : ::八: ー-. : : : : : : : : : : : : :: :: ::::/
∨      ゞイー-=ニ: ´:rv才ハ: : : : }ー-- : : : : : : : : : : : : : :::/
イ{      ./ ./   ∨弐tり }ア : /. : : : : : : : : : : :-==彡. :/
イ      /  /     ∨弋イ. : : :>ゝ-. : : : :‐―. : :´: : ::ハ
∧    (_}(_}:}f_j} ( _) 人 : : : : /. : :ー--=≦: : : : : : : : : : :;
: :f⌒ー< ̄ ̄>-=ニ二三V. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: ::}     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
::八   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::′
: : :.\/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
: : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::: :::{
: :: :: ::}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 深夜、黒の陣営の本拠地である教会にて。

┃ 聖杯大戦の主催者であるトレーズと、
┃ 謎の英霊アヴェンジャーとの会話。

┃ 元々、やる夫がサーヴァントを取り込んだら現状確認の為に
┃ 彼女はトレーズの下を訪れる予定でした。

┃ 多分、「主催者の癖にまだニートを続ける気ですか?」とか、
┃ そんな感じの嫌味を言いに来たんだと思う。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2554 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:12:16 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その12 .....│
└────────────┘



     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,       それとも、自分の事を人間だと思っているのか……。
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }       ウフフ、単に『人間になりたい』って答えだったら、
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八        貴方から聞くことは何もなくなっていたんだけど
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム      喜びなさい。まだもう少し聞きたい事が増えそうよ、子ブタ。
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 2日目の夢の中、再度アステリオスとの会話。

┃ 『人間になりたいのか?』という問いかけにやる夫は
┃ 「人間である事よりも、どうしたら普通に暮らせるかを優先したい」と答える。
┃ その為に必要なら人間になりたいし、必要ないなら別に構わないと。

┃ 同様の質問にアステリオスは明確な理由は無いが、
┃ 確かに人間になりたいと願い……しかし夢は叶わず、
┃ その手慰みに知識を得ているのだと答えた。

┃ そして彼女はやる夫に力を貸す代わりに人間の感情を知る為、
┃ やる夫の周囲にいる『怪物になりかけの人間』と接触するよう、
┃ やる夫に命じるのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2558 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:22:36 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・怨怨怨 . ..│
└────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  \;;;;;;;;;;;;;;;\     -----/ヽ: :.八   -   イ: : :.从- ト イ___ ;;;;; !.     __..゙/ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、. |    '/:/: :i: 个  -   |--/_/.../  _ヽヽ ヾ;ヽ,..... / ̄ ̄⌒゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┌──────────────────┐彡ノY    Y| |i..゙;;;;..゙/   ___;;;;;;;;;;;n.
│  お前は最後に殺してあげる――。   ...│(___ _,人  ノノ ノ' li.; / /  ̄ ̄ ̄⌒ヽ;;;;;;.l,
└──────────────────┘/...|..|......≧≦し'、_//         ̄ ̄ ̄\
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;゙|/..フ )ミx... .ハ)./ .. |..|........./.....|、_,/_   -=........................................\
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    ―//...... (_____ / ... ノ..|.....ノ........|  /;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   / /|... |----- \__フ   ..............ノ /゙!;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !.._____     ∨  |... |:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.:|  人.........〔_/...............................................................................\
;;;;;;;..|..................................>= へ--......|:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:ハⅥ    \..........ニ=-............ ――――=  .........................)
;;;;;;;;;|.............................../(..../し'}...........(ニ=--〔)\| ̄ \    ┌──────────────────────┐
;;;;;;;;;|..............................乂(......ー ........../...(/ /):.:.:..\...... ー―│  それとも、その右手の呪で私を縛ってみる?    .│
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~゙----------=彡.....(i  iノ\:.:.:.:.:\............└──────────────────────┘
;;;;;;;l゙  l゙ |......................................./.../...... \ | )... \:.:.:.:.:\......../......................................................../ ;;;;;;;ヽ
;;;;;/.. \|................................./.......人|...........\__).....\:./⌒)............................................................ /...............i
;;;/  /;;;;;|......................................./ /|.................\___ >V⌒v..............................................................'................ |
;/  / ;;┌─────────────────────────────┐................ |
".,./ ;;;; │   愚かで優しい、私を目覚めさせてくれた大嫌いなマスター。    │.................|
ヾ;;;;;;;;;;;;└─────────────────────────────┘.................|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i./.....\.................................................\...... 乂\\)..................................... ニ=- _...|......................|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターの夢の中にて。

┃ 聖衆の加護を失い、心を取り戻したキャスターは
┃ 生前の怨嗟の念から怨霊と化していた。

┃ それまでの無感動な態度から一転して、世界全てを憎悪する在り方は
┃ 自らのマスターであるやる夫にまで向けられる。

┃ そんな彼女にたいしてやる夫は、令呪二画を無駄打ちした後、
┃ 彼女を救ってみせると約束する。
┃ 自ら令呪を投げ捨てたマスターの行動に僅かなりとも
┃ 心動かされたキャスターは、その言葉を信じ、やる夫と行動を共にするのだった。

┃ なお、令呪を一画だけ消費していたら(以下略)なのは、以前言ったっ通りですが、
┃ 三画消費していても(以下略)でした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2564 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:32:47 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午前・その1     │
└────────────┘




                         _
                       / /
                          /___ (----=ミ
                    //(_ソ ヽヽ.............\
                   r' (- ~~' 人_..............〉
                  人__ >-<_ ノ__人_) _>、
                    >―|‐|: : :| x==ミ: : |  |<                 ……そばにいて欲しいんでしょ?
                  (V: |: :x=ミ: :|  vリj|: :|\|<i⌒i
                 / i: :|: ∧うV,   从.:l : j|  |  |                仕方がないから一緒に居てあげる。
              -----/ヽ: :.八   -   イ: : :.从- ト イ___         __
             |    '/:/: :i: 个  -   |--/_/.../  _ヽヽ ヽ      / ̄ ̄⌒
             |  /-{: :人:∨ノ⌒〈 _/乂彡ノY    Y| |i    /   ___
                \/ ̄ ̄ /  -ヽソ /........(___ _,人  ノノ ノ'  / /  ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                   i /⌒Uノノ '............../...|..|......≧≦し'、_//         ̄ ̄ ̄\
                    |/..フ )ミx... .ハ)./ .. |..|........./.....|、_,/_   -=........................................\
                 ―//...... (_____ / ... ノ..|.....ノ........|  /.................................................................
               / /|... |----- \__フ   ..............ノ /.........................................................................
   _____     ∨  |... |:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.:|  人.........〔_/...............................................................................\
   |..................................>= へ--......|:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:ハⅥ    \..........ニ=-............ ――――=  .........................)
   |.............................../(..../し'}...........(ニ=--〔)\| ̄ \      ` ―――=彡  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――=彡




               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /     ……ありがとうだお。
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 3日目の朝。
┃ 食卓の場は食卓の場で、地味に初期好感度が高かったキャスターを泣かせたり
┃ ルイズと琥珀にシュラーバを見られたやる夫が折檻を受けたりと色々あったが、
┃ 一先ずはキャスターと一緒に行動することに。

┃ 「何で自分があんたに協力しないといけないの?」と、
┃ 昨日までと180度違う対応をとったり、食事をつまみ食いしたり、
┃ 頼られなくなったらなったで泣き出したりと、
┃ それまでとは全く違うキャスターに戸惑った人も多い……はず?

┃ まぁ、最終的にこんなこと言ってついてくるので、既にデレ初めていたりするのだが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2569 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:41:12 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午前・その2     │
└────────────┘
                ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
               ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
             /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
            .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
            ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ      中には奴を殺す為だけに
             ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
          ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }       とある聖杯戦争に腕利きの代行者を送り込んで、
           /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
             |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |       『聖杯に奴の抹殺を願おうとした』なんて逸話もあるぐらいさ。
             |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                {`>ヽ,/.       ,.' ´           ……まぁ、失敗に終わったんだがな。これが。
          ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
          〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
          ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
             ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
          /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
         ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
        /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
          | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
        .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
         .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
       | /{ :::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::i  l∧:::::::::::\.   \
       / / .|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::,' :::| .|::∧::::::::::::: \.   \
      ./ / ,'::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::,' :::::| .l::: ∧::::::::::::::::::\.   \
     / /  i::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::| .l::::: ∧ :::::::::::::::::: \.   ヽ
    ./ /   .|::::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::| .l::::::: ∧::::::::::::::::::::| \  ∨
   ../ /    l::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::', |::::,.:'::∧::::::::::::::::::|   ヽ.  ∨
  .../ /    .| ::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::', l::::{:::::<::}:::::::::::::::::|   ∧.  ∨
  . / /    ..l:::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::| |::::\:::`:::::::::::::/     ∧.  ∨
  / /       | :::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::| {:::::::: \:_:/       .∧.  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営のホテルの前にて。

┃ ランダムイベントにおけるラッキーイベント?
┃ 赤のセイバーのマスター、藤井蓮と遭遇。
┃ 対トレーズにおける協力関係を築く。

┃ ラッキーイベントなので最初から友好的な雰囲気で進むが、
┃ ギャグキャラみたいな気安い態度は、やる夫達の警戒を解く為のものだったり。
┃ まぁ、本人の気質的なもの(カリスマB)もあるので、割と誰とでも仲良くなれる。

┃ なお、この時点でやる夫が聖杯だと知られると、
┃ 令呪12画の剣の英霊二騎が本気を出して(以下略)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2575 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:48:53 ID:yOKwb5Yg0






┌────────────┐
│  3日目・午前・その3     │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   情報源については黙秘させてもらいます―――が、情報が正しいのは保証しますお。     |
  乂_______________________________________ノ





.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,   情報の信用性については、
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_    これまでの働きから判断していただくしかありませんが……。
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'    やる夫に出来るのは、この情報は正しいという確約だけですおね。
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l






                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}     …………如何しますか?
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ
              〈     \{`V 丶、        Vtヨ        jノ
            ヽ入 \\__/-ヘ、 \        }t〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の本拠地での会議にて。

┃ 凄腕の情報屋、YARUO爆誕。
┃ 『啓示』によって得た情報の出所を今までの実績で納得させ、
┃ さらには会議にキャスター討伐の作戦を提案するという辣腕っぷりを魅せる。

┃ ―――なお、直後のイベントによりこの作戦は没になる。
┃ なお、上の人には当然ながらバレバレだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2580 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 22:59:44 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午前・その4     │
└────────────┘


                    /{...{{......{{.....{{.........{{...............\..........\
                      / .{...乂...乂...乂......乂.................}.................
                  /......../             `ヽ...........................
                  .′.....'                }.............................
                   ..........{      ,/  /⌒ヽ八..............................
                 ...i.......{     {    _ -‐====ト、........................                さて、話を戻そうか―――。
                    ....|  r‐======、㍉/三三三/ ヽ/⌒Y...............
                  ..i..|/^ー=ニ三三ハ'⌒ヽ三三/ ミ..Ⅳ゙Y' }...................              トレーズへの勝算? そんな物、在る訳がない。
                  ..|..|| )|...{`¨¨¨´ |        ミ...}} 丿 }.................... 、
                 __i..|..||__|...{___   ,|  ,,,,,,,;;;;'⌒ヾミ...{{^Y }....................... \           サーヴァントを引き連れていようが『魔法使い』に敵うと思うほど、
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|⌒゙゙゙゙`ー' 、、____................}}( /................................\
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|...彡イー―==才^Y.........リ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `  、    私は愚かでは無い。
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|....{ \~⌒/ 从.........}}. . . . . . . . . . . . . . . .       \
                V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|..从  `こ´  从 ....... ハ. . . . . . . . . . . . .            ;
               V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|......从       从........... } }. . . . . . . . . .         O)  }
      -=ニニニニニ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|......... 八..人..八...........}..ノ{   }. . . . .        ´ ̄ ̄    /
         -=ニニニ二{ニ{ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|....i....{................... }}......ノ  }  /. . . .                /
        -=二二二{ ∧ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ |....{{.....{.............}}/    } ,/. . . .  /           ___彡′
           -=ニニニ{ニニヽ :i:i:i:i:i:i:i:i:i∧\\ {... /丿      }/. . . ./. . . . .   "´:i:i:i:i:i:i:i:i
          -=ニ二二\ニニ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\  \(        /  /. . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
            ‐-=ニニ\ ニ二二\:i:i:i:i\         / /. . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
              -=ニニニニニニニニ\:i:i:i:i\     ,;//. . . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                -=ニニニニニニ二二\i:i:i:i:≧=-=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 会議後、アマンダラとの会談。

┃ トレーズに関する情報を集め、この時点で初めて
┃ トレーズ=やる夫の叔父さん「クライン・サンドマン」だった事を知る。

┃ そしてトレーズが魔法使いであること、
┃ それ以上の情報や、トレーズに対する策について知りたければ
┃ 「聖杯の器」の情報を持ってくるよう、提案をされる。

┃ 会談後、藤井蓮からトレーズが第二魔法の使い手であること、
┃ アマンダラが「聖杯の器」を求めていることを知り、
┃ 何かしら思い当たる節があるのか、反応していたりする。

┃ ―――それにしても、本当に勝ち目ゼロ過ぎて草不可避である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2586 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 23:09:27 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その1     │
└────────────┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                  【レベル】70              【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A】50     【魔:C】30     【運:C】30      【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】―――    【魔力】―――       【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                         __                          /
                         ,. :.´: : :`≧==‐--ァ            /
                         /: : : : : : : : : >::.(       ,.-、    /      ./
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : >___/;イリ,.-、/      ./
                       ,': : : : :,' : : : ト、: : : \: :冫::r‐´:::::`¨::;イリ      /
     ,. - ― - ミ       {: : : : ∧: '; : ! ヽ: : : : /::::::`:::::::::::::::(____    /ー―一≦´    ―――まぁ、大した問題では無いがな。
-- ― 彡        ミ . _  ゚, : : ;'>x:ヾ:{ x<ヽ/::::::::::::::::::::::::::::r‐一′ /: . γ⌒ ̄´
                       `~ハ : {弋リxヾ! ィチ:´:::::::::::::::::::::::>‐、ヽ   /: . : . :.廴厶イ:7
- ― …  ¨  ̄ ¨   ー -  . __{ ヽ:_ゝ___..<:::::::::::::::::::>''´_,... -ソ一′: . : . : . : . : . : /
   /   _/⌒ヾ.ー――.----ヽ  .<::::::::::::::::::::::>''´., '´: . : |: . : . : . : . : . : . : . : . :.:/
  /   〆  / ̄: . : . ノフ: . ..<::::::::::::::::::::::::>''´  /: . : . : .:.|: . : . : . : . : . : . : . : .:./
/    x一´: . : . : . :.`<:::::::::::::::::::::::::::::>''´‐┬‐一´: . : . : . : . |: . : . : . : . : . : . : . :.:/
     〆.  ̄`⌒.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |:>′: . : . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : |
       ..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´{   >''´ : . : . : . : . : . : . : .>: . : . :r‐一´ ̄ヽ:_{
  ..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'' ´  .>'' ´: . : . : . : . : . : . : . ;..<: . :.r一′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ―――その日、運命が事故る。

┃ まさかの赤のセイバー VS 黒のキャスター勃発。

┃ 黒のキャスターの暗殺宝具『天下知た弑る暗剣殺』により
┃ セイバーとマスターを分断し、キャスターのマスターであるイングラムが
┃ 自身の切り札である『リヴァーレ』を使用したり。

┃ かと思えば藤井蓮の正体―――他の聖杯戦争で受肉したセイバーの英霊―――が判明したり、
┃ 赤のセイバーが宝具『煌めき輝く天剣』を発動させたりと、
┃ 双方、持ちうる札を全て使った激闘を制したのは、赤のセイバー陣営だった。

┃ ここに聖杯大戦の高速化を招き、後々まで影響を及ぼす
┃ 本スレ屈指の迷シーン『黒のキャスター事故死』が起こった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2596 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 23:24:30 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その2     │
└────────────┘
          /: : : >、 .7    i     /____ |  ノィュ_  !   }  }〕iト、
.         /: :./  ,У      |    x fr─ォ⌒ | / んハ癶 !   } ト、i!: : :Y
        {:.f⌒ー‐ァ      | ./ '癶_j}ノ イ /  ー Yノ    .! j!: : : :!
        Ⅵ  ./       .|xイ    ヽ.     レ′  '  !^!     ! }: : : :j
        }: >ノ        .x个ー-   ハ.            i     リ: : : ノ
.       f´/       / ノ   |  〕ト、!   ー  ´    ,   γ´: :γ´
   ー─ 彡      / /   .人   }!             /   /: : : :/
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.         イ  Y: : : :ノ      _
 |   『くすくすくす――――――』     |..-‐   r‐个   !:x≦ニァェュ  ̄: : : : : `ヽ
  乂_______________ノ..゙___!≧xfニアュャュ、    `ヾfス: : : : : : '
.        /: : : : :{  i  ! ./  イ  .イ´     xイ: : : : : : : : : Y⌒ヽ    マス: : : : : :'
       /: : : : : :{  |   レ´⌒)´ r‐^Y⌒ y‐ミ  /: : : : : : : : : : : : : ⌒}⌒}     マス: : : : : '
.      /: : : : : : :{  |⌒}' ./  }Y´ ̄ ̄`マ Y^i: : : : : : : : : : : : : : : : :^}⌒}   マス: : : : : '
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  『私が貴方に召喚されたのは、あるいは必然だったのかもしれないわね?』   |
  乂_________________________________ノ..ス       __
   {: : : : : : :./         Y: :、: : : : : : : : : : '; : : : : : : : : : : : : : : : :マニニニニニニニニ≧x' ̄ヽフ   x≦ニニニニ=}
   {: : : : :./              |: : : :、: : : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : : xイマニニ{ニニニニニニニニヽ、__x≦ニニニニニニニニ.}
   {: : :./           Y⌒Y⌒{⌒Y⌒ヽ: : : : i〕ト。 ー==: : : r.≦ フ´.マニ.{ニニニニニニニニニ=}ニY´ニニニニニニニニ=!
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ =!ニニニニニニニニニ=}ニ.!ニニニニニニニニニ{′
 |  『家族に捨てられた亡霊と、家族に裏切られたマスター』     |.゙ニi!ニ≧ニ三三ニ≧r‐^ 、ニ三≧xニニニム
  乂__________________________ノ....=!ヲ'ニニニニニニヲ⌒マニ=≧xニニ=ムニニ=}
              r─‐{⌒}⌒Y⌒Y⌒}⌒ス、⌒    .γ^{⌒{⌒∨ニニニニ.|'ニニニニニヲ斗七.¨マニニニニ≧x=ムニニ}___
               乂   リ^ー‐:'ー‐"⌒ヾ:个 }⌒ヽ   乂fヽ-^ー^マニニニニi!ニニニ>"⌒ヽ {⌒,个<ニx≦三三≧xニニニニニ_ヽ__
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ マニ/^i!ニニヲ′ )⌒ー'⌒: :\ \: : : >xニニニヽニニニニニムニニニ三
 |  『“縁”という言葉は、こういう時に使うのかしら?』      |..゙∨ /^¨⌒}⌒´:. : : : : : : : :. \ \: : : : :\ー‐マニニニニ=ムニニニニ
  乂________________________ノ゙: :.fノ⌒マ⌒´:. :. : : : : : : : : : : : : :.マ ム_ : : : : :\ マニニニニ=ム ̄ ̄
                /: : : : : :i: : : : : : : : : : |           /: : : : : γ´{⌒Y^:. :. :. : : : : : : : : : : : : : : : :.マ ム ヽ:. : : : :\マニニニニ=ム
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の拠点のホテルから、自宅へ帰る途中。

┃ トレーズの写真を見た時のやる夫の反応から、
┃ トレーズの事を知っているのかと聞いたキャスターは、
┃ トレーズがやる夫の育ての親である事を知る。

┃ トレーズに、そして琥珀に裏切られていた事実を突きつけ、
┃ やる夫が自分と同じ存在だった事を知り、
┃ キャスターは昏い喜びに打ち震えてこう言った。
┃ 「復讐したくないのか?」と―――。

┃ なお、裏側で赤のランサー組が地味に最後の振り直し礼装を使い、
┃ セーフハウスを確保していたりするが割愛。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2602 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 23:34:13 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その3     │
└────────────┘


                                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                             |   あの夜、やる夫は君を救うと言っただろう?       |
                                              乂_______________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  その舌の根も乾かぬうちに、やる夫個人の復讐なんて走りたく無いし―――。          |
  乂______________________________________ノ



                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |  あの言葉を嘘にするつもりは無いお。     |
                                      乂___________________ノ



                       _
                      _)  \
                    ̄ ̄/  /⌒ヽ
              /     /  〃 乂彡)
             / _    ――、乂_  へ \
            く / ̄へ_彡へ _,辷z彡へ | 人_
          /'⌒ ヽ i : : i: 斗―/―:/|: : |: : :\ フ⌒ヽ
            乂__,ノ/'| : : |: :x==ミk  i|: : |:\:|:.:Y⌒:i ノ
             | / |: : : 《 んハ   j|: : |: : :.|i:.:|: : :「
             |'  人: : :ic.乂ソ   从:ィぅ㍉八:|: : j|
           /  /: : :i:从。       じ。イ: :.:.|: :从      ―――私のために?
            /   /: : : :|: : :ヽ      , 。/: :.:ノ|:/
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_





                  _..- ―-- 、
              _..-''゙゙´       ヽ
            /             \
           /  , --、    .,.-- 、   ヽ
             /  /´ `ヽ   /´   `ヽ   ヽ
             ,′(  -―- l   l -―-   )    !   守るべき大事な約束がある。
            ;   ヽ_   ノ    ヽ    _ノ    |
          {  ''"⌒(   i    )'⌒"'    }   それだけで十分なんだお。
             ',     ` ─'^ー - ´       /
           ヽ、               /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターと同じ気持ちを抱いているが復讐する気はない。
┃ それがやる夫の返答だった。
┃ そして、そんな事に感けている暇もないと。

┃ 自分と同じような境遇だからこそ、
┃ キャスターはやる夫の気持ちを理解することができた。
┃ そしてそんな絶望的な状況の中で自分との約束を優先する相手に
┃ いつまでも心動かされないはずもなく……。

┃ 名前の無かった亡霊は主に名前を求め以降、
┃ 西行寺幽々子と名乗ることになる。

┃ 幽々デレ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2610 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 23:48:09 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その4     │
└────────────┘


             ____
          . : ´ : : : : : : `: : .
        /. : : : : :; : : : : :イ : : `: : .
       .ィ. : : : : : : / : 才´ : : : : :_:_:_: ハ
     //.:〃. :/. : :-―== : : : : 才: : \
     ノ : : :/. ::"イ才´. : :ー-=ニ : : : : : :-‐<
     i|:i {: :' :彡'"´∨: ー-ミ: : : : :ー-=≦: : : :`ヽ
    八:ハイ    `ヾミー-: : : : :_ : : : :-==ミーミ
  > .斗ア     .才< `ヾ=ミー-ミ: : : : `ヾ: : :彡⌒          そうだ―――。
 /. :/  /:!   丿孑ア   }: :リ り }ー-ミ: : : : :_`≦
 }: :' .八∧ .イイイゞ゙   从( f イ:ハ:`ヾ: :ー-:彡'           家族の愛を知らずにいた彼女を
 }:/  イ`ヾヽ ⌒´        .∨: 从(: : ;リ人:{
  / _.ノ    !            ,ヘ(  )イ> ´`Y            この屋敷で一人、待たせておくのはあまりに残酷だ。
. {  {.  / ヽ.|  ,        ′ > ´  > ´{
  i  |/ ハ .ーく_.ィ ´     イ / > ´. : : : : \__          彼女本人は毛筋ほどの痛痒を感じずとも、
  ;  `ヽイ  }ノ    ヽ   // ィ. : : : : : : :>. :´: : :`:ュ._
/    ` <      ゝ-< }〈 イ. : : : : : : /. : : : : : : : : : : `: : .     私は彼女に家族の愛という物を知って欲しかった。
         \__  ⌒ー-} }斗ォ.: : : :/.> ´. : : : : : : : : : : : :ハ
   ー-く⌒ー-斗イ    }'⌒∨斗ォ.:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
    _ . 二ア   才.´/  i ∨イイ. :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
 > ´     才´   /   :{ }.:/. : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
´          }ftft>"  i:   /イ. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ
          /}i{}iリ/   八 /. : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
         .//イ. く    /. : : : ::八: ー-. : : : : : : : : : : : : :: :: ::::/
∨      ゞイー-=ニ: ´:rv才ハ: : : : }ー-- : : : : : : : : : : : : : :::/
イ{      ./ ./   ∨弐tり }ア : /. : : : : : : : : : : :-==彡. :/
イ      /  /     ∨弋イ. : : :>ゝ-. : : : :‐―. : :´: : ::ハ
∧    (_}(_}:}f_j} ( _) 人 : : : : /. : :ー--=≦: : : : : : : : : : :;
: :f⌒ー< ̄ ̄>-=ニ二三V. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: ::}     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
::八   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::′
: : :.\/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
: : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::: :::{
: :: :: ::}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
: : : ::/\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒ヽ
::彡く: : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >.:´ : : : : : :{
   ⌒ヽ: :`. : :ー-: : : ._ : : : : : : : : : : : :>.:´ : : : : : : : : : : :\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自宅にて。トレーズ来襲。

┃ やる夫が十年前に製造された聖杯としての機能を持つホムンクルスであり、
┃ 彼に両親なんてものは存在しないこと。
┃ この聖杯大戦が聖杯の器を『完聖』させる為のものである事を語る。

┃ 上記の台詞は琥珀について聞かれた際の台詞。
┃ 安価では「琥珀はどこまで聖杯戦争に関わっているのか?」というものだったが
┃ さらりと彼女の内面を暴露している。
┃ 「彼女は関係ないよ」と嘘を吐かなければならなかった、彼なりの謝意だったのかもしれない。

┃ まぁ、どの道アヴェンジャーですとはこの時点では口が裂けても言えないわけだが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2614 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/02(金) 23:57:23 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その5     │
└────────────┘






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   これだけ人に心配を掛けさせているんですもの―――。     |
  乂___________________________ノ




                                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                   |  もっと大事にしないと、神様のバチが当たっちゃいますよ?      |
                                   乂____________________________ノ





             ,ィ'´ ̄ ̄ ̄` ヽ 、
           ,ィ'´: : : : i: : : : : : ヽ: :ヽヽ、
          ,ィ'/: : : :{: : :ハ: : ヽヽ、ヽ ヽヽヽ、
        .,イァ/{ : : : }: : { ヽ、: :!: : !: :ヽ: :ヽ ヽ
      ,ィ'´ノイ ! :}: : :_!}__ !  リ、: :!z‐i―! : : :} : }ヽ
    ,ィ'´   { ! ハ ´ハ! { !   ヽ、!>ヽ :!ヽ : } V} ヽ
    {_     .i ! { ト、{  ヽ!    ,ィチラZハ' i: : !:レ!  ヽ
    ヽ、   { ! i ! { ミxz=チ  , ヾシ'  !: :} レ!   ヽ
      ヽ、 /! い ヽ           }: :! }/   ノ
       .フ ,ィ´ヽい :ヽ   マ´ ̄`'!   .,イ: :i }__/
        }' { ,イ :ト!ヽ: :ヽ、 ヽ、__ノ ,ィ'´ } /}ハ
        ヽ、!,ィ‐'‐! !‐‐tヽ`it 、、 ィ´ }/! /-リ-ミ!
         __'、 ,ィー--t、{tヽ!、     ト'-r-!-! .}__ __
        / .ヽソ    ヽ、ハヽ、   } }::::}}  ォノ'´ i
        ゝ-/      ヽr'ヽ:、ヽ  } !:::::レ'´ ヽ ーヽ
       {  {        ヽZ:::::ヽ ヽ! レ'´    ヽ ´ヾt、
        `ー}、        ヽト、::::::ア´       ヽ,`! `ヽ、
         ヽー、       ヽ .フ          ヽ'   }
            ヽ        V           ヽ   .}
            .ヽ      ./             }   }
             ヽ     {               !  }
              ヽ   い              }  !
               ト、  { !               } ノ、
               ! ヽ、 ! .}               V  ヽ
               ヽ ヽ  ヽ             /
                ! } ヽ、            /ヽ、
               ノ !  `ヽ、         /   ヽ
              / ,イ     ヽ____/   ノ  ヽ
            / / !            __,ィ' ´   ノ
         ,ィ' ´  ,イ  !              _,ィ' ´
       /    / !   }    ヽ、
      /     / i   {      `ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズが去った後の昼食時。
┃ 琥珀から映画館のチケットを受け取り、誰かを誘うように勧められる。
┃ やる夫は5日目に琥珀を誘うことにしたのだった。

┃ その後、トレーズの話題になり、
┃ やる夫が巻き込まれている問題についてトレーズが知っていることだけを話す。

┃ この時、トレーズの事を打ち明けていれば(以下略)であり、
┃ 見直してみると割と(啓示的な意味で)危機一髪だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2619 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:05:07 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その6     │
└────────────┘


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  おーい、ルイズーー!     |
  乂____________ノ

                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |  あら、ヤルオにキャスターも。 どうかした?       |
                                 乂______________________ノ


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  どうかした?じゃないおね……。 家探しするならせめて一言かけてからにしてくれお。      |
  乂_______________________________________ノ


                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |   ムッ、何よー、アンタがコハクと長話していたのがいけないんでしょう?    |
                              乂________________________________ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             \、人、,.          _, ノ  ‐、ノし_( /、,/' ,/    _,从ノ
           __`) (⌒          _/          ``‐、__〉    `ヽ(⌒
          ̄ ̄ ̄てγ   \,√\  `ヽ              く、
               ヽ{         '`-;へr‐‐ァ            (
                        r '二_ ヽ l´           (⌒   .,ヘ
                       ノ__  ` 、ヽ          /.\_/      }__
                    ー ' : : : : : :\  ヽ ヽ  lヽ   く^      __, ノ ( ̄
                _,,,,,,...ii,゙ : : : : : : : : : :、   ヽ. V /   ,し/     ̄`Y⌒\"
           ,, ‐" ̄´     コ、 : : :: : : : : : :!   ! |!´
          ,ノ゛      、. "..,,_,,゙l.: : : : : : :│   |:ノ
         /    ,i‐''"´ :`''―ー′ :: : : : : : :l  /
  ー- ...,,./    . / : : :/\ :: : : : : : : :_,,.. - |_∠_
          _..-" : : /   \: : : : : :,ilー    ./
       ,/’ : : : : : : \   /: : __,,,,,ラ――'/'''"゛   ピタ
     _..r'": : : : : : : : : : : \/__iニー、   _..┘
     \ : : : : : : : : : : : : : :__i┴ ゝ--l─‐
       \ : : : : : : : :,ィゝ `''''ヘ..___,./
        \ : : : : : :`'~.、,,,,,,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 琥珀との会話後、ルイズ達が家探しをしていると聞いたやる夫は
┃ 彼女と合流して一緒にトレーズの書斎を探ることに。

┃ 謎の影がルイズに迫っていたりしたが、
┃ やる夫が現れた結果、彼女を襲撃することを諦めた―――。

┃ ―――実はライダーの『啓示』により、
┃ 教会の墓所に直通する隠し通路を発見させられそうだったため、
┃ 謎の影ことアヴェンジャーさんがアップしていたというオチ。

┃ 宝具『八雲立つ偽剣』の効果により未登場の黒のマスター(偽)に姿を変え、
┃ ライダーに気取られずにサクッとルイズを気絶させ、
┃ 隠し通路の存在をうやむやにする予定だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2624 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/03(土) 00:12:50 ID:r91ic8WU0
この家実は結構教会に近いのか


2625 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:14:57 ID:EPcs4ino0


┌────────────┐
│  3日目・午後・その7     │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ……私じゃ完全にアンタの気持ちを理解してあげる事は出来ないかもしれない。   |
  乂____________________________________ノ



                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  でも、私でも簡単にわかるぐらい無理に強がる必要なんて無いわ。      |
                           乂 _______________________________ノ




.     /   /       ′                                  ハ
.   ′         |    ,   i             ト,               i .|
   |    !      |  / ',   {              | !  ハ   |    l l
    i    |         i   i  ',  |\           i .i |  / | ハ   .!      l ‘,
   ',   |',     -i∨ {_ V |  \.      /  |. リ |_,/斗匕 !  リ      l  八
   入  i ∨     l Ⅵ   ̄弋ー--\    〈___,.斗/ i/    j /     l、   \
.. /  \l  \    ∧ r=≡≡≡≡≡ミ\|     リ示≡≡≡≡z /     lニヽ     \
/       ,ィニi.\  ∧ゞ {へ:::::;:ィリ     i    / {へ:::::;:ィリ 〃′      lニニム     \    ―――だから、その。
.      /ニ=i  .\  ‘, 乂__)ン’     ノ   /   乂__)ン’  /  /   lニニ=ム
      /二二ニi   ≧=-   ー‐       ´j/     ー‐   厶イ     l二二ニニi        ちょっとぐらい、頼りなさいよ……。
.    /二二ニム    ‘, ゙ ゙ ゙ ゙ ゙           ゙ ゙ ゙ ゙ ゙    /     /二二二二,
   _,.{二二ニニム    ‘,          `              /      /二二二ニニ人_
. γ二二二二二=ム     >、                  /       i二二二二二ニム
 {二二二二二ニニ}       ',ト .              ..´./      |二二二二二二二}
 {二二二二二二ニリ       ',   > .   '⌒   ..<  /         |二二二二二二ニ/
. }二二ニニニ=/         }   \ > - < /   {       八二二二二ニニ/
. /二二二二ニ/         リ      ,\    /       ム       \二二ニニニム
..{二二二ニ/        /{    /  `\_/ ´ ヽ    /ニ\         \二二二二}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズの書斎で家探しをして、彼がさまざまな偽名を使って
┃ 世界中で活動をしている事が判明。
┃ その中で教会の聖遺物を盗み出したと思わしき記述を見つける。

┃ 藤井蓮に聞けば何か分かるかと、その場で情報収集は終了するが、
┃ やる夫の様子がおかしいことに気付いたルイズに何があったのか聞かれる。

┃ トレーズに会い、家族に利用されていた事を教えられたルイズは
┃ やる夫の事を心配し、頼って欲しいと告げる。

┃ 心配してくれる周囲の人間に恵まれている事を感じたやる夫は調子を取戻し、
┃ ルイズを口説き始めるのだった。
┃ (すぐ横で聞いていた幽々子を怒らせて終わったが……)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





>>2624 何か魔術的なサムシングで転移するとか?
      河を挟んだ山の方だし、文字通りの地下通路とは考えづらい……というか、
      隠し通路にそこまで詳しい設定は決めてなかったでござる。
.

2628 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:23:02 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その8     │
└────────────┘






                            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |        ――――告げる                |
                             |         I Tego Arcana Dei.             .|
                             乂_____________________ノ






                           /y::::::::::::}      ,'             ヾ ,
                          ' r:::::::::f´     .!       }  l   ! !  ', ',
                          , 〈;;;;;;;;;;j        ハ      ,  ,' .!  ! }   ト ',
                          , i!;;;;;;;;j   .> 、. l ',      ,' ィ .! .} ′  } ', ,
                         i__j;;;;;;;f  ヽ≧ェ ,_`l  ',   ., ' ./,l 斗‐'' /    l i !
                         《, 、!;;;;;{   'f マ示リ  ',  イ / !_/_./   ,' .!.l
                     ....::::::::::/  ',;;;{:::::::::::::::フ'ヽ¨    ∨ レ fフ示リ ノ/  //  .! !
                   .....::::::::::::::::::{   ',;!::::::|::::::::!  }      '  ` ¨'' / ./ ./   ,'/
                 :::::r ヽ::::::::::::::::',    ,:::::::!::::::::!  !    r 、      , '/  /  /'
                 :::::{.  \::::::/::', :::::.,:::::!:::::::l  .!\   ¨     イ   !  .ハ、
                 :::::乂  丶:::::::::::'., ::::::ヽ:!:::::::!:::...!.... > - <   |   .!   .' \
                 :::::::::::丶:::::::\::::::::}:::::: \:::j  ',::ニニニニニ} |   .!     ゝ  丶
                 - ,_:::/::::ヽ:::: `¨       ''    ヽニニニニ>‐   ア    } \   ヽ
                 ,,_    ̄  ‐     ....::::::::::     ゝ ‐  ´    ノ ',     !   }  /
                    ̄  ‐、    ..:::::::::::      _,     -‐ ´    ,   j>´ イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒の陣営、襲撃。
┃ 脱落した黒のキャスターを『黒化英雄』にて再召喚し、
┃ 赤の陣営の本拠地へ総攻撃をかける黒の陣営。

┃ 神馬による襲撃を喰らった赤の陣営はマトモな対応が取れず、
┃ 確固、バラバラに分断されるのであった。

┃ そんな中、本拠地から離れた場所にいたやる夫達は
┃ ライダーの空間転移により襲撃後、即座にホテルへ向かう。
┃ やる夫は自身の勘を信じ、屋上へと向かうのであった。

┃ ―――ちなみに>>1はこの辺り、
┃ 幽々子の覚醒TASを見ているような気分でした()
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2632 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:30:26 ID:EPcs4ino0






┌────────────┐
│  3日目・午後・その9     │
└────────────┘


                     ,,ェェェェ ,_
                     ,,.:´/::::\::::::::::::ヽ\
                /_,,./-――- 、/::::|ヽヽ
                   /::/_」-‐'' ¨¨ '' -、_\::::!::::',',
              /:::/         \\/}:::}
               //    |  |  }  \二ノ
              ,'     || !   | ', ,,イ}   .|::::::>..,
                ' !   ト{,_|',  }‐彳/ l !  {::::::::::::::::>..,
             ′|   |八 | , ,'  ィ爪ア!   \::::::::::::::::::::\
             /′ !   !弋笊ア ゞ    ̄ }   ! ',` <:::::::::::::\     ……見た所、魔術師見習いか何かが、
            //   ! | |∧   '     /'    } }  ∧  ̄ ̄ ̄
          /:イ  ||  ∨ ゝ   ´`   / '   /ィ      ,         サーヴァントを得て増長したと言った所か。
        /''´ /   {|  ∨    ≧=≦   |/ }   ∧ ゝ
          /     , ゝ   V, イ:::::イ¨ト:::\/  ,'     ∧   \       実力も無い癖にキャンキャンわめくな、鬱陶しい。
           /     \\ V  ゝ / ゝ‐ ´ !  / \   ∧    \
.         /    / |ハ`¨丶、ェェ/ェェェェゝ ェ/ /\ } \  ゝ    `  ,
.      /  _ ≦ニニ≧ゝ  ∨/ニYニニゝ' /ニ!≦ニニ≧ _ゝ` <   `
.     /  ¨フ―ァイニ|!ニ|ニヽ ',ニニ|ニニ, '/ゝニ!ニニ}、\―― ヽ  ` <
.    /    〈ニニニレニゝ.|_/} }ニニ!ニ/ 〈ニニ\|ニ八|ニ¨ニニニ}  ヽ
.  /  / ′ ゝニニニニニ./ニ′,.、ニ} ヘ  ゝ__ニニ\ニニニニニ/    \
./  / /   / \ニニ/ニゝ /ニ}ニ/ -=≦ニ/¨''' - \ニニ>       \
.  /  ./  /!     /,ニニニ二二ニニニニ'_     ヾ 、




                             /:::/ !::::¦
                   _ ..,,=.... 、__ ,r≧x/:::/ |:::::::|
                 ,x≦: :,r: :=-: : : : }::::::::::::::{  {:::::::,
              /: : : : :/: :l : : : : : : 二二二,__ ヾ::::::\
                /: : : : : : : : :{: !: : : : : :{::::::::::::;r::::',  \:/
.             /: : ,: : ,r: :|  ヾ.!. . :. . ',ゞ:'":´:}::::::{
               ,. . .|. . |. . |!. .: ,リ: :|: :',: : ! : : 、: :!¨`
               |: | ト‐-ハ; ハ‘,: : ,r-‐:v:': : : :}: :!
     < _   , -!: l ∨≦斧i ヾ: :/斧テcフ: l: l!: }
      >〈 〉!,{_|りゞ:ミヽ∨:ソ   / ∨:.ソ,ィ:.刈: ,       あ゛……?
.         {__ '"´/ `ヾ`=-´   '   ,彡' :´: : :{
        {   ̄ヾ  ノ:!: :}>、 △   <リ: {ハ: : ,
.     《¨"´  < ,.r:.'.,r}: :!=‐-ミ」l ´,={-r! : |ヾ!: :ヽ
           } : /;イ/!: |///!/,rV } .,ァ! : ヾ !: : : \
.       {     |=r'//, : ハ//∧   ∧,∧ : :`ミ 、 : : ヾ. .=‐- 、
         ,r∧///,.: : 〉∧/∧ ∧/彡'>:_: : :ヾ! : : : : :ヾ: : : : )
.      l   {|ハ ∨/: : ∧//三≡='//////> : ): : : : : : :∨: :ノ
.        ,   |   ,': :.∧////,∧////////,: : :∧ : : } : : :y'"´
        ゝ __ ≦, ':.,r'/////li il\////: : ://∧ :ノ: ; イミ:.、
.           { : リ: ゞ:`¨¨´  li il  ゞ=, : : : ////∧彡': : : : : }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ホテルの屋上にて―――。
┃ やる夫は黒のライダーのマスター・リーゼロッテと出会う。
┃ やる夫の事を知っているようなそぶりの少女はしかし、
┃ 彼の敵として闘おうとし―――何だかんだで、
┃ もしかしたらそれ以上の因縁がある少女と初めて出会った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2638 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:34:13 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その10   │
└────────────┘



                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         |   スキールニル―――。    |
                          乂_____________ノ



              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>    それが貴様の真名だろう、黒のライダー?
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ      今次大戦、最強のサーヴァントよ。
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\





                 , - r‐‐‐‐<⌒\___
               ∠   /  /   ̄/   \_
             r=ニニニニム  ,  /    、 \ マ≧、
                 }ニニニ|ニニ } 〃/      \    マ三>
               /tニ ./}ニニ」 / /          \  ‘,
            / く_」/  ̄ ./〃  /   /   |  }   ‘,
              /   |   //`  /、 ∧. |斗  i!   ‘,
             ,     |  .厶イ}ハ ___/ }'´ }N! ハ!  ト、 !
             /    |   {ハ灯f^`   rゥr‐ァ}ハ ハ{
         /   |   |   |、弋リ     じ'  ,} 小 {      ―――随分と詳しいじゃないか?
          //}  !   !   } \      ′ /}ハ|   !
           }  | | | |   く`゙   -    ,:      !      そういう君は赤のライダー……なのかな?
           |  | | | |\ \\    .. イ //} ハ |
          ≧=ーーミ、 V」\   \T爪 ./}/}ハ!/  }」
          く    ゙;  Y マニ \「`゙\__/ } /  j}
         /}     }  {\}ニニニニニニ}、  /ミx /
        /  L_ く    \ ”“''‐=ニニ} \\ \
      {    しヘ       、 _  }  __}  >  }
     /.!      ^^爻、   }  \}/ヽ  ミ  {
    /   !           ゙ 、 {       }  ミ、 \___
 ./                 >    」L  乂「        ̄  ‐-  ___
''′                      /=- __   /ニ.{                 `
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そらお前は知っているわ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2644 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:43:33 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その11   │
└────────────┘


               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |     ………………。
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
       |`ー- __,/ /,  |   \   /










.
4387 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/02/27(木) 01:14:38 ID:9i0zxM.Q0










               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||     ……何で勝ってるんでしょう、やる夫さん?
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のアーチャー&赤のライダー VS 黒のライダーは、
┃ 弓兵の援護もあり、赤の陣営の圧勝で幕を閉じた。
┃ (赤ライダーが初見の癖に最適解の宝具を選ぶから当然と言えば当然)

┃ 逆に赤のキャスター組とリーゼロッテとの戦闘は、
┃ やる夫が『夢幻召喚』で鳴り物入りするも、
┃ 赤のキャスターの弱体化とリーゼロッテの超絶魔力により苦戦を強いられる。
┃ 実際、勝率は最善手を選択し礼装をつぎ込んでなお40%程度だった。

┃ ―――が、やる夫はからくも勝利を拾い上げる。

┃ その光景を遠くから見ていたアヴェンジャーは、
┃ つい思った事を口にしてしまっていたとか何だとか……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2650 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 00:51:59 ID:EPcs4ino0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘

          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
.     ,i''l   .,〃     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 |   無明剣―――三段突き―――。     |.圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
.   〃   ./l   、〃 ,ir゙乂__________________ノ. Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン".  -=:::::::::::::::::::::ヽヽ.゙Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
.  il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,..゙ー フ::::::::::::::::::::/7::∨..Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''. _....ィ:::::::::::::::::::::::::::トl≦ ィ幺圭才"'"
//.._.....圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐ ≧彡-=  ̄ ̄ /::::::::::::::::::::ヽ ''″         _..i
マム\;;;>;;r,y,, _ 圭圭圭圭圭圭圭込ィ._,,. -‐=-z     /:::::::/::::ノ:::::ヘ::::l   _,,,...i;;;;iv=ゞ´
ソ/l;;;;;;≧;;;//;;;;;;;;;;;;;;≧;;;;;;;;ry,,,. 圭圭.....//三三三三ミ/イ:::/:::://:::jl:::::ト:::ミ            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
  ̄   ゞ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l;;;/::::::: ̄::///≧  三三三三 /:::/::// i::://:::::l:::::ト..     ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭゙<;;l l;;;l:::::::::::::::l//////////≧=-- //:ィ筏ッ/イ筏ィ:::r,リヽ..゙_..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  ̄=-.|///////////////7/llヘ  / , //::/ヽ//\        /.    ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.....l////////////////;;;;/::::〕.、-一/イ ////>  __,,.-''"///
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭....l////≧/////////\;;;;;;;;l ム:>´/ /////////////≦ヘ///
圭圭.. 〈  ̄l.....圭圭圭圭圭圭.. _,,. -‐''"/////////<//;;;;;;ヘ  У  .|///////l三三三三三三///
圭圭..../ー'  ヽ、......圭圭 ハ..////////.゙__.゙//////  /\;;;;;;ヘ / ≦///ム///l三三三三三三三//
圭圭.....ヽ、   r'....圭圭 ノ   !...//////./ ヽ..////  /::::::::ヽ;;;;;;|  マ   l/////三三三三三三三//
     r‐'    ̄ヽ/ ̄   !..//////..!  !゙////l /::::::::::::::l;;/ /ヘ   l/////l三三三三≧//////
    /  =  ゙   ハ   __ノ.//////.../  j ////l /::::::::::::::::l;;l /;;;;;ヽ  .l///////ム/////;;;;;\ヾ\
=.   ヽ  = ゙ / !  `ヽ-―、...//....../  / 二二 /::::::::::::::::::yヽ/;;;;;;;;;ヘ  l///////////;;;;;;;;;;;;;//
    :::::ヽ__  = ⌒     _ノ...--. /  ノ゙=- :::::::::::::::::::::::::ム l三三ミl  l/////// /;;;;;;;;;;;;////
      l` ̄   〈⌒/ /ヽ  ノ    /  ノ         > < ヽ三三三 l///// /;;;;;;;;;;;;//////
     ヽ-‐ヘ ヽr'_/  | |     /,、__!                   /二二二 ll////ooOOo/≦/////
         ヽ.j.    | |   / {                y::::::::::::::::7 /==-<<= /::/;;;;;;;7 o///////
               | | _,.-、⌒.         _,,.-‐''":::::::::::::::::::::::ノ/::::::::::::::::::|:::x:::l;;;;;;;;|:::::::<  ==
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ・黒のアサシン&黒のアーチャー VS 赤のバーサーカー戦
┃ アサシンのマスター・ルークの『呪歌』により咲夜の能力が封じられ、
┃ アーチャーの支援を受けたアサシンの必殺剣は狙い違わず
┃ バーサーカー・ラモラックを撃破し、彼らを撤退に追い込んだ。

┃ ・赤のセイバー VS 黒のキャスター戦
┃ ・赤のアサシン VS 黒のランサー戦
┃ この二戦は元々の地力が違いすぎるため、
┃ 「イヤー!」「グワー!」の一声で片づけられてしまった。

┃ ―――そして、屋上とはまた別の因縁の対決が始まる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2655 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 01:02:08 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  /  ,.ィ    i   lヽ. \      ',::::\ /,ィィ´ラi  iヽ.      ∧  _    、
 ./ / i    l   l::::゙、.',:\    ∧r ' ィ´ヽヾ‐'ノ  ノ:::::::\      ∨ -‐ヽ    ', ゙丶、
 ./   l     l   l‐-ヽ',- 、\   ',:::::l _... 二 -‐:::::::::::::::::::\    〈::::ノ:!|    ',
     l  ,、   ゙、. i-‐.てタTヽ、\.  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ',::::i::::l    ',
 .    i  / ',   ∨.',\ヽ-'.ィ´l:::::::ヽ  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/:\ ヘ::::::/.      ',
     i /  V   ヽ ',:::::¨´:::::::!:::::::::::::\.',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_ムヽ i/.      ',
     l/   ',  ト |\:::::::::::::::;!、::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::/ヾ   l\.   ',
          ∨ .lヽ ',ヽ:::::::::::\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/丶"       l  \  i
 .         ヽ i   '、:::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|    ト、  i.   \l
 .          ヽ   \::::::::::::::::_ .. -─::::‐-:::::::::::::::::::::::::::::/::/::.j/! i l \. l
                 \:::::::::′__;;:::::-ァ:::::::::::::::::::::::::::/::::,':::::::::l ハ !  ヽ!
 .                   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::.,':::::::::::l/ ', i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ,/‐      ,' ./ l ,.イ; 丿`  、 ̄´
               /          r-ァ7/_ァ‐'  ヽ...._ヽ
               , "       -‐ ´ {`` ´ lヽ /    ',
            /      ,  ′     ', l  ,. /   ,ィ,`,  }
          '/     ,.'            ) 、.i / ./fッ∠, イ丿
           /    /      , _, ,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;/ /ゝ` .イ"
        / ,. イ "       _ - ´ ,イ二ニニニi  i\,. ィ.'......._
      ,/ '" /_,.    ,.<  _....../<二>==l {''"::::::::::::::::::::::::..、
   //,./-=二     / ,..:::::::::::::/ニ二l二ニニニl. |:::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ゛<,ィ,ィ ィ   >'"   、:::::::::::::::::/ニニ!二二二二!ノ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /i { .{' ,!./{ ,.       ;:::::::::::::::!ニニ,!、二ニニニ'_!:::::::::::::::::::-‐::::::::::::/
  ;丶lヽ7`ヽ=ー'、    /:::::::::::::::::!ニ/ニ>マニニニ{::::::::::_-‐:::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサー VS 黒のセイバー

┃ マスター同士が因縁を持つこの一戦は、終始互角のまま推移した。
┃ セイバーが対軍宝具『斬魔皇帝』を振り抜けば、
┃ ランサーが防御宝具『死翔阻む七つの護り』を用いる事で相殺する。

┃ 美堂蛮の「直感」による最善手は、セイバーの類まれな「心眼」により切り替えされる。
┃ 闘いはセイバーの最終宝具の開封により彼女の勝利に終わる……かに見えたが。

┃ ランサーは令呪を用いて強引にさらなる宝具を発動。
┃ 勝負の行方はサーヴァント、マスター共に
┃ 奥の手を出し尽くしたランサー陣営に軍配が上がった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2660 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 01:16:15 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',    それで今はこの戦争に関する情報や、
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l    トレーズの情報を追い求めつつ戦っている状態ですお……。
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\   これらに関する情報は他の陣営には………。
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ






                  , ´ フ` 、
                 イ /    ヽ
                 ,'Ⅹ ...     |                ……心配しなくとも、情報を流したりはしないから安心せい。
                  人_ム  Υ   _, ト、
               {イ〉'〒- 、  へ}| lヽ              命の恩人を売り渡すような真似はすまいよ。
               ' i __ ̄> V iレ', У l> 、
                l`´ ヽ l l 「 | | |  |   > 、
                | l>、 ヽ! !ノ ! ! !   |      > 、
               , ,:  , マ V , , ,|  ,          > 、
                 / , |   , V  , ,/,  ,             > 、
             ,::' |/ , _   〉 ', /Vニ  |                > 、
                /  | i∧ /人 V /ニ,'                , ´  .ヽ
          ,.    | | Y    l>マニイ  、            /     ヽ
         ,:        |../':,,  ./! マニ、  ,       :. l     '         ヽ
         {   .:    .|{  ::._/ | Y マニ 、  ,       ::. ,  /             ヽ
          |  .::    从 ,/|ニⅥニニニニ、 、      ::.  ,            |
         ,  .:::   /个V  ,'マニニニニニニニ、 、      :::. i                |
        , , .:::    '/从ヽ ,.ニマニニニニニニニ\  、    ::::.,               |
        / , ::::    '::|ニ, ヽiニニマニニニニニニニニ>x....> 、::::::,             |
       {   .:::  /:::リニlV /'ニニニマニニニニニニニニニニニニ>x..>:,、            |
         、    '::::/ニニ X ,ニニニリニニニニニニニニニニニニー・・・ヽ \            |
         \    :/ニニニ,| ヽ_ニニ(ニニニニニニニニノ ̄ 彡   __ヽ \          |
           ー iニニニニム ∧ニソ r---ニニr ´// / _ -イ〉ニム V ヽ         |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のライダー戦後。
┃ 山本元柳斎と赤のアーチャーは、やる夫達の援護の謝礼として
┃ アーチャーの真名と山本元柳斎の情報を教えることに。

┃ その後、『夢幻召喚』の事で突っ込まれ、
┃ 彼に自身が聖杯の器であることを説明した。

┃ ――トレーズが絡まない限りは冷静で人情味のある老人なので、
┃ 実は半ば敵対関係にある現在でも、
┃ アマンダラにやる夫の情報を大して渡していなかったりする。

┃ なお、山本さんの渡した情報の中に最後の自爆技『残火の太刀』が存在しないのは、
┃ やる夫やルイズのこれまでの行動をある程度把握しており、
┃ 性根が善性である彼らに、無駄な心配をかけさせない為だったとか何だとか。
┃ (見せたら絶対に止めようとするだろうし)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2664 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 01:26:32 ID:EPcs4ino0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その13   │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   だから私は、次に闘いが起きた時、名前を告げるわ。     |
  乂__________________________ノ




                                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                |   勝手なお願いだけど、私の事を信じてほしい……。      |
                                 乂_________________________ノ





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   必ず、また心を取り戻して貴方の下に帰ってくると―――。       |
  乂_____________________________ノ






             /\
            , '   \_ _
            _, -‐/ ┏━┓ \ ̄`ヽ、
        /   / . ┃  ┛   \丶 \ヽ
        ノ | 丶/.  ┗━━━   ヽ\ ゝ \
      /   i   i   へ辷 r八マァ辷ヾ/r=≠ゞ
      ,'|   ゞ{.´ヾ彡  ̄ ー´⌒ ー´丶人/ }
     〈 \r=ヾノ i  |   ヘ ヽ   ヘ   |   |
    _ゝ/´-  i |  |{ ∧ ヘ |ヽ | ヘ  |   |:|
.     \ー|  | |、 |ヽ| ヘ  |/__iノ  |/'|  / |、
.      { |   |ヘ | ヽ|‐,  ヽ/ ,r=≠=、/ ./  {、\    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      } |   ', ヽ ,ィ气ミ、   ´ xxx ///  ヽ\\  |   だからそれまでの間、貴方に私の心を預けます―――。     |
     /〉',ヽ、\ ´xxxx.   ,  ∠ , イ {  ヽ \', \ 乂___________________________ノ
      //  \\ _>     , -‐、    ノヽ、\   \};ヘ. \
    //|  ∧  ノ ヽ、    、_ノ  /|  i \}、∧丿‐-ヘ  ヽ
. / / .i/ ヽ | / |_ >r  _ ´|ヽノ\|   ∨      |  }
 {.  /⌒ ̄ ̄ ∨ヽ,|___/イ     ヽ`ー--r≠フ{      i , γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 \ i    / {辷i┃   ヽ-、 .ー/   ┃}辷{ \     ´ |    ―――受け取ってくれるかしら?     |
.   `   /  }≠|     ヽ   /      /フf/ ̄ ヽ    乂__________________ノ
        |⌒ヽ 〉-ヘ┃  , -ーVー、_  ┃/くフi /  {,
.        i\:. ヽ 辷ヘ_<´//|東yヽ >_/≠ {ノ  ...:/i
        |ヽ ヽ:. {彡   { | |. i | ヘ    ̄} ..::/ |
       | ヾ,\ヘ     ヘ,| | i .{,/ ゝ__/::/  /
     rT≠YゞT⊥辷⊥ゝ ノ. ! ` || ヾT辷=≠ヾソtヽ、
    _/ヾソ ´  ̄ ` ´ ̄ | /  人  ` 〈  ̄  ̄ ` ーヾくf,、
   }辷/       i:; /-. . ' .:::. ゝ. ._}       \フi
   レ\       ',::ヽ,        /レ         ノ┘
       \   __ , = = =ゝー ⌒ `´|= = = ヾ /_/ー-―‐ <Fフ
         ̄ヘ/    `\    /   ノ ミ〉´    __ /辷{
         , '         ヘ  /     i;::  ヽ ̄` ─/f≠ノ辷/
          /            ∨     ヽ;.  \   ノf{ ̄´ヾ/
       /     _ ーイTヾ/ -ー 、   ヾ:   ヽ /≠{、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 帰宅後、幽々子から魔術回路の調整を施してもらう。
┃ その後、どうしてこれほどまで自分の事を大切にしてくれるのか、
┃ やる夫に問いかける。

┃ そして彼の気持ちを少女は、
┃ 「自分が救われたように、やる夫を救ってあげたい」
┃ という己の中に現れた新たな願いを胸に、次の闘いで宝具の使用を決心する。

┃ 幽々デレその2
┃ 何故か女性を口説く時のやる夫のセリフはクリティカルが多いイメージ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2669 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 01:35:34 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その14   │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ……もっとも、貴方は『完聖』に至らない未来を望んでいるのかもしれないがね。   |
  乂___________________________________ノ



──────────────────────────────────────
            _________
         , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ
`ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′    …………。
:::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/
:::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'
:::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧
::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\
::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
──────────────────────────────────────







.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズとアヴェンジャーさんの会話―――。
┃ 完聖を望んでいないかどうか、この時点では恐らく彼女自身ですら
┃ 推し量ることはできていないのではないだろうか?
┃ 大体、この辺りでこの黒子が琥珀さんだと分かるような描写が入る。

┃ 他にも蛮の身体が『血』の浸食を受けている描写や、
┃ 夢の中でアステリオスがキャスターの惚気を聞きたがるシーン等があった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2670 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 01:37:41 ID:EPcs4ino0





                                 i' l´l^i
                                ∩! .i .l .|`!
                                | `    l
                                 、     ノ
                                   `   i´
                               r、 亅   |
                   _ -―  -  _    l ゙ l    |ヽ
                 r '^         `ヽ  !  ` _.i、 ヽ
                 〃            Y7       ̄  l
                 Z   /  . 、  `i  ミil             l
                l∧/∨   ヽト\ナ  |ミll          |
.                 / |. ┃   ┃ !  !rt.|           l
                   l  ┃    ┃ |  l′!              |
                ' / l 〃 r-一. 〃|  |_/|               |    それではみなさん、おやすみなさいませ~ノシ
               ′ l ヽ  ヽ__ノ   ィ  |て!       〉
              〈∧__l l ` ー┬-‐" l.  | )!      ∧   /
                 )∨r卜ヘ 〃  l ヽ ' )l       /  ヽ__/
               / ) /  l  l!  /  l | ) l    /
          _,. -‐'^"  ) i  .|   |/  ./ | lノ   ´
  l´ヽ_  - ' "        )′ |  〉  /   |ヽ  /
 ノ  l             /  ̄ ̄ ̄ ̄    l   _
(__!            ヽ          ヽ ム
    ぃ            〃         /  Z
    ヽ           ∧          ゝ  }
     ’、         、 l          l7_/
                ∥          |7 `ヽ
         ヽ          |!             |7、   >
         ヽ  __  /|          |7 ヽ/
           ̄     .|            |゙
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――という訳で、本日はここまで。
┃ こうして見返すと新鮮な発見が多くて面白いですねー。
┃ 明日もこのあらすじの続きをしていきたいと思いますので、
┃ どうかよろしくお願いいたしますね?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2683 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 20:43:46 ID:EPcs4ino0





     ,.  '"´ ̄ `` ー .、
 r─、/_          \- -- ┐
 l  /´            ヽ   |
 | イ .//  // .ハ i、 、  , .',  .|
 | / / !  // ./ l .l i  !l  i  .!  |   21時ぐらいから始めたいと思います。
 L{/レヘ /iハ/ ヽ|ヽiヽトkヽl  |__,」
  /' | /===    ===l  !ヽ
. /  l ⊂⊃      ⊂⊃ .! ヽ
く   .|  i    ーっ  し,イi| ,'   〉
 `ー-k i iヽ.、     / il | /ー '"
    N iヽヽ! li ー '|レリレレi/
       /ヽヽ />、
       ヽ  ヽY/  >
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はーい、皆さんこんばんはー。
┃ >>1の地元では本当にもう、どこの雪国ですかってぐらい雪が降って困ってますが、
┃ 皆さんはいかがお過ごしでせうか?

┃ 家の車、全部ノーマルタイヤだから朝の配達時とか
┃ 死ぬほど怖かったデス……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







2688 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:00:46 ID:EPcs4ino0




                      (
                           \   _  -──- 、
                           >: : : : : : : : : : : :\
                      /: : / /|: :ハ : : : : : : .、_
                     ′:.:./ /  |:/ マ: !: : : :.: |三\
.    _                      |: : :/レ\   リ /∨: : : : : |三三〉
   __{ \                    |.:/:| ー一   ー一∨ :i 彡|三/
.  (二jL_ ト、                   И⊂⊃  ,     | :.:| 彡!〆     さぁ、4日目だ。
  (二ソ | \_____        .|:.:|       ⊂⊃ !.,イ仏
   `¨ー≦__}|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`寸ニ=z__j:八  「 ̄|    |: : | : |:|
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \二二|: /_\ 乂ノ    ィ  ̄ 〕|:|
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\二|:.|二ニ>─<´ ノ二二}j !
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\リ二ニ{ l / /二二二二≧_
.         |l | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}\二八 ∨/∠二二二二二ニ}_
.         ∨ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:て∠二!ニ介_\二二二二二二イ\
.        ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \二/::ハニニ:\二二ニ==≦´.:.:.:.:.>─ュ_____
.         ‘, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 人  ∨::/八二二フ  (.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`フ
         i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二∨/: / |::::|      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / ̄
         |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二二ニ}Lノ Lノ         /\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/─
           八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./二二二_/            〈二ニ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ いえ、普段は年に数回、細雪がチラッと降る程度で
┃ 雪が積もることも稀だったりするのですが……。
┃ まぁ、今年のこれを教訓に一台ぐらい、スタッドレスに変えるようにしましょうか。

┃ それではボチボチ開始していきますねー。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2690 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:02:55 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午前・その1    │
└────────────┘




         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/     それでそれで~?
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\     実際のところ、どうなんですかキャスターさん?
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨        やる夫さんと何か一夜の過ち的な物でもありましたか?
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /






       ――..../ /:ヽ  |_
.  /....................../ 〈::〈r''_:〉 |.......\
/..........................人 \:>   |........... \
........................../  > -ミ-- 、...................
\...................〕.. イ...........{―<....... ̄ ̄ \
/.... ―‐/...........|..............\.... \....................)
/.........../.............〔イ:  ̄{>...........\/,彡イ
............../___.........∨: : : ゝ _____ ): : : :i: ヽ
........../: : //>―:/ /: /: _|:_:|: : : : |: : :
'⌒:7: : 斗‐/: : : /  /: /: : : /|: :|\: : |: : :i
:/:/:|: : :/x===≠ミ / イ: : :x=ミ:/|: : : : |: : :|
:i:.i: |: :/:.ト  んソ    ノ/んリ 犾: :.:./|: :./    …………それは、無いですけど。
:|:.|: |:/: :.|  \\\\ 、\\\ /: i: / :.∧
:|:.|: |': :.八  u          , : : K i /      私、あんな事されたの初めてで……。
从:.:|: : : : :ヽ    r ,     イ: :.:人:\  i
 \: : : : : :.个  _ ,,..  ≦ : i:/ : : )⌒ヽ |
__ > : : : : |_    |-〈: : : : : /__|: : /    |
........\ \:从 \   v \_/___,!: /__ 彡'
............|___    /     ヽ_.....\
........「:. :. :. :. :. \__ ∨_  .: .:  ̄|..........
.......∧:. :. :. :. :. :.;⊂「:.丁⊃:. :. :. : |.............
...../..∧:. :. :. :. :._-|-〈---=ミ:. :.〈 ..............、
........//:. :._/> , ――)―‐‐=ミ |\............\
.... /......./ // ⌒v 二二 ヽ \.\............\
.../__/    ' / /:ヽ乂__ ヽ   Y⌒i..............\
.,..∧       /_|:. :. ',:. :. :. |ハ    | 人................ノ
i/  ',   _ ノ....コ__):. :.i:. :. :(_〔_ 、 |  \( Y⌒)
   ',  '⌒ヽ....〔  i:. : |:. :. :.:〕_)| ≧|      ヽ〈
    ∨   i  〕 〕:. |:. :. 〔 〔...|   |        i__)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 夢の中でアステリオスと言葉を交わし、
┃ キャスターの父親が行ったという反魂の法―――、
┃ その完成型と思わしき夢を見る。

┃ そうして迎えた聖杯戦争四日目の朝。
┃ 昨日の朝とは違い、険が取れたキャスターの様子に目ざとく気付いた女子二人は
┃ 昨晩何かあったのかキャスターから詳しく聞き出そうとするのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2696 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:08:19 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午前・その2    │
└────────────┘





             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――で、俺が調べた所によると、トレーズはその遺体から『血』を復元したらしい。     |
  乂______________________________________ノ





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   その『血』が何に使われているかとか……最高に嫌な予感がするんだよなぁ……俺。    |
  乂______________________________________ノ




            ;;;;;
             ;;;;;
            ;;;;;;
            ;;;;;;
            ;;;;;;
              ;;;;;
       , _ _ ;;;;;;_ __
      ,'` ー ─ -;;;;- ─ 一'`,
      |i:.¨ ´  ̄ ;;;;;;  ̄ ` ¨.: i
       |i:      ;;;;;;       :i|
        |i:     ;;;;;;      :i|
       |i:     ;;;;;;.     :i|
.      |i:     ;;;;;;.      :i|
       ヽ: ;;;;   ;;;;;;   ,,,,. :/
         \;;;,,,,,,;;;;;;;;;;;,,,,,;;;;;/
           `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;:i'´
            ヽ;;;;/
               | ;:|
               | ;:|
               | ;:|
               | ;:|
               | ;:|
               | ;:|
               | ;:|
           __ノ 人 __
          (´   ...:::;;;;;  `)
          ` ー -- 一 ´






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 藤井蓮との会合(2回目)

┃ 黒の陣営の襲撃を予想した後、
┃ 昨日のうちに調べた情報を蓮に告げる。
┃ 結果、聖堂教会から盗まれた聖遺物の詳細が明らかになる。

┃ ―――『聖者の遺体』。
┃ 教会が密かに発見して保管していた“神の子の遺体の一部”。
┃ 世界中の信仰を世紀単位で浴び続けた世界最高位の聖遺物が
┃ トレーズが盗んだ物であり、藤井蓮が探し求める物だった。

┃ なお、やる夫の『啓示』はどんなキャラクター安価になっても標準装備。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2700 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:16:23 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午前・その3    │
└────────────┘

                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、       ―――黒のライダーのマスター。
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_      リーゼロッテについて調べてみるお。
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨
 . //`''‐-、  /    ._,,..-''"´  ‐-..,,__   }  ,..-‐‐  ∨





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       ∧               ∧
                            〈{i}〉              〈{i}〉
                      /|     |::|              |::|
                  / i|     |::|              |::|
                  r く リ、    _|::|_  -‐====¬   |::|
                ノ  マ  } _/-=≦-.、       |   |::|
       〈⌒丶    rく }  ノ / 〉 /:i:i:i:}:::|::::|     ノ -‐  7!ハ
          、  \__ 、}ノィケ7r‐く /‐- 、j:::|  -=ミ / / 〃/::::|    『……………………』
          \     / }ヘ幺 } /'  /:/         //| |::::::|
            V⌒ヽムイ⌒} /イ、__/__:/ __       //| | ト:::::|
              i::::: /  廴ノ/  } | | /´::::::\   /-‐〉 ! !ノ ∨
          八、{―‐く 辷zzz彡ヘ::|:{:::::::::::::/   }__/ ||   |
           Ⅵ   〉    /  }}:人ー-    ノ  / ||   |
             ∧マ} /  厂′/::::::::\___彡 \./  .||  !
              //∧j/   // /廴 -‐¬:::::::|、    | ∧.||  !
          // {ゝ \ ノ、 /::::::::::ノ、__j_/ V⌒ヽ} / ∧ |   |
             { | 迅/ |`ー:|∨ヽー=ミ、 f⌒iヘ {::{::{::::/ / ‘.!   !
         /| |//__.|:/:::|:::〉::::〉、 Y´|:i:i:i|:i:}ー 、::∨ /   }   |
           { //i{    ` 、!/::::/::::}  l |:i:i:i|:i:} ||′′ /ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営との会議。
┃ アマンダラが聖杯の器の捜索を優先するよう提案するも却下される。

┃ その後の行動時、リーゼロッテについて情報収集をしようとした際、
┃ ライダーが不審な素振りを見せたり見せなかったりした。

┃ こうしてみると、割と以前からコソコソと伏線を
┃ 仕込んでいたんだなぁと思ったり。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2705 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:24:08 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午前・その4    │
└────────────┘









                         ,. -- 、   ,.  ': : :. ̄ : : 丶、 ,. -- 、
                        〃'ニニ>Y ==ニ /: :,:-: : : : :.' ─: :、--
                    /,. 'i:i:i:i,:i:i:|ミz.、/: : :.// // /l| ヽ: : : :\
                  ,. '.i:i:i:i:i:iノi:i:i:|ヽ _ l: : :./ナイ メ /' l|、 ! \ ̄
                  /i:i:i:i:i:i:i:, '.i:i:i:i:i:ハ./ハl.: .:.从 'マ示ミ 〃l,/l l丶ヽ
                  ´  ̄ / ̄/:i:i:i:i:,.イ ヽVl.: .:.ハl  弋zソ/ 伐l |: :ト、',      またね、蛮ちゃん……。
                      /.: :./:i:i:/ハ : : i l.: :.l         、ヒ/l |: :l }}
                  /.: :./:/: :/   \i l.: :.l U   r ‐ ,' l,ハjノ リ
                    /: : :.´_: :/    Vl: : l:.、.   ` , ′N
                /.: : :. :.\三三三三三l: :l:::::>...... _ イ;;lハ l
.               /.: : : :. :. :.,`ミ三三三三ミl: :l`ェ厂l´  ル'ハ ヽ、
                    / : : : : : : /  〉三三三三ミl: :l i ー┴‐ ┐   \ \
                / : : : : : : /  /三三三≧z三l: :l z、: : : : :|    \ \
                  / : : : : : : /  /三三三三三ミ>l: :l ェェヽ_,. イ        ヽ ヽ
              / : : : : : : / ,.ィf三三三三三ヲ /: :ハ ::::.゚.゚..ミi        l l l






    ,......::-::::::: ̄ ̄`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::-――:::::::::::::`丶、
  ー-- 、 _::::::,:::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、ー---::::\
   ー- 二二_,..:::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::-、:::\-:::::::::、
      /:::::::::/:::::::/:::/:::::::::l::::::::、:::::\:::\:::\::::\ ` \
    /::::::::,イ:::/::/:::/::/::l:::::|,:::::::::\:::::\:::':,:::::':,` \
   / ´ /::::::/::/:::/::/l::ハ::: !\:::::、:::\:::::':,:::ヽ、::\
    -ニ, -/:::/:::/::::/:ト、:{ l,::::| _,ィ、:::,:::::\:::':.,::::ヽ` \
      /:, イ::::/::::/-tォミ |',:::l ,ィtォァ、:,`\l\::.,\!       おい、待て――!
        /::/l::/__//ハ/〉l//ハ_,._-'::::|  \
        /:イ  l/l:ハr、`// ヽ/ ノ,イ/l:::/           お前まさかフェイトの記憶が残って――――!?
         /     / / / _-/ /イ::/ l:/
           //  `´ /,.. -―,/
           _,..-/        ´ _,..- <',、
    _,.. - '´ /.{        ヽ__l  ',\
-  '´     / |        ,r―― '    , `ヽ、
        / ,ノ      / , -‐/ _   ‘,   `丶、
      / /      /    /  ヽ\   〉      \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 情報収集の結果、リーゼロッテは黒のセイバー組と一緒に
┃ 美堂蛮の下を訪れていることが判明した。

┃ その場へ急行するやる夫とルイズが見た物は、
┃ 黒のセイバーのマスター・レヴィと蛮の、
┃ 何やら因縁浅からぬ関係だった。

┃ 蛮の名前を聞き、突然の不調を訴えて帰還するセイバー陣営。
┃ 後に残った黒のライダー組は、物のついでとばかりに
┃ やる夫との会話を求めるのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2709 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:30:56 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午前・その5    │
└────────────┘



                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      |  たとえ私が……お前の古い馴染みだったとしても、な……。    |
                      乂___________________________ノ



―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
            , -‐  ̄ ̄ ‐- ,
         r/ / \  / \  \ 、
       , /_/r‐ ''  ̄ ' ‐ 、 \_ヽヽ
      // ̄/^―    ̄  ―^\\ ̄ト,
 ___{_/|/ノ  / ! |    '     \\| }___
 \__>、/ ′ !   !   ' .|  ', ', | ゝ<__/
   /  }   { |{,.斗‐∨  | ‐!― ミ |   {  ',
    {  イ   | ´! ト、 !  ∨  | |\ } |`   .! 、 .}
    |/ !   |、 |イ ̄\ V | イ  ̄\ |  | \|
        !   ! イ|   }  \! {   ! } !   |,
        V  ハ 乂廴_ ノ     乂_ノノ }   .!ハ
     / V  ∧ゝ """  、 ,.  """ ノ,    } ∧
     /  ∨   ゝ ≧=-, _ ,-=≦ '    { ∧
     /    \  ゝ/ ̄ ∧/\ハ  ̄∨ / ', .∧
.   /  /   \ ヽ / イ三ト  , / /   ゝ ∧
.   / /     > 、∨´ }人{ `∨ ハ      ',∨∧
   ' イ       〈  '|  |  .|  | / 〉     } ∨ }
  { / {     _|>} |_/.人.',_ !{<|_   /  ! ,
  | { !{ ̄ ̄ ̄\ {ノノ ̄ ̄  ̄ ̄ゞ 、} / ̄ ̄ ̄}|/
  レ /ヽ  -=/‐ ''´\ イ   }ゝ /`'' ‐ヽ=‐   /\






            ____
           /\  / \
    キリッ! / 〓   〓  \
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i
   \  ヘ         /  /
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ リーゼロッテとの会話。
┃ 彼女がやる夫の幼馴染の少女、リゼットである事が判明する。
┃ といってもこの時点では彼女とは、どのようにしてで関係を築いたのかは不明だったが。

┃ 「バーサーカーの情報を流したのは、赤の陣営を罠に嵌める為」、
┃ 「私達は敵同士、容赦はしない」と言いつつ、
┃ やる夫に覚悟を決めるよう忠告をしたり、
┃ “今晩まで”とわざわざ情報を与えたり……。

┃ ―――それを見ていた黒のライダーは笑みを浮かべ、
┃ 赤のライダーは……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2711 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:32:36 ID:EPcs4ino0




              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>     『―――――――――――――やれやれ』
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\





             ,、   ,. -‐…・・・…‐-ミ
             ゝ`: ´: : : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
             〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 :\
            /: : :, : : : : : : : : : : : : :、 : : : : : ハ: : :.
            ノル': :{: :: :!: !: : : : : : : : :} 从',: : : :i: : : :.
              ´{: : : :!: :孑廾ト : : : 孑廾ト、ハ: : : }: : : :!
.             八 : 从: l〃ミx、ヽ: : :ノz≠ミxノ,ハ: : |: : : :|      ―――?
            ヽ: : ヽ! f、,.  )イ f.、,ィ 从}: : : |: : : :|
             }:八ゞ弋:!     匕リ  |: : : i : : : {      何か言った、ライダー?
                八: !ハ.    ′     ,′: ∧:: :八
               /: : : | 人            ノ: :: :,': :ヽ : : \
.           /: :: : : ::|: : : : ト  `   .イ: : : : i : : : ', : : : :ヽ
         〃: :: : : : : :|/: : : :V `こ __/|: :: : : !: : : : \: : : : \
          /: :: : : :r一У : : : : }  /Yヽ  {: :: : ::{`ヽ、: :: :`: : : : : :.
.         {: : : : ////: : : : : : i.、/    ', .{ : : : 八/刈、: : :} : : : : }
        ヽ: ://///, : : : : : : ノ∧,.‐== 、∧ : : : : ∨/∧: : : : : :/
.          } ////// : : : : : ∧/∧zΑz/ ∧ : : : : ヽ/ ∧: : : :/
.        ノ////// : : : : : 〃///∧レt///,∧: : : : : ∨ ∧: : {
.       /://///,{ : : : : : 八//////}{///// }: : : : : 冫/,|: :: :ヽ





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  『いや、あの娘をみて少しばかり昔を省みただけだ……大した事では無い』      |
  乂___________________________________ノ



                                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                    |  ……? ふーん、そう? (こいつも昔はツンデレだったのかしら?)     |
                                     乂_______________________________ノ








2715 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:40:51 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  4日目・午前・その6    │
└────────────┘






、 ,.-|;:.;. ||   |ゞ:;ヾ   ,.-':::::::::::::: ゞ:::::;ヾ
ミ:::ゞ |;:.;. ||   |::::::ヾ:::) ( ::..:::.:::: .:::::::::: ::)
 ̄ ̄|;:.;. ||   | ̄ ̄ ̄ ̄| .::::::: ...::| ̄| ̄'
    |;:.;. ||   |        |;;;;; ;; .;;;,,|  |
    |;:.;. ||   |        |"゙ ''|li|i"|  |
    |;:.;. ||   |        |Wwリiル |  |
    |;:.;. ||   |        |''"""" |  |.
    |;:.;. ||   |        | "'   |  |:
    |;:.;. ||   |        |     |  |  /
    |;:.;. ||   |        |""''"'""|_|/
    |;:.;. ||   |        | ,.,、 //
    |;:.;. ||   |        |  ,//
    |;:.;. ||   |        |// .::
    |;:.;. ||   |        |/ "
    |;:.;.:. ̄ ̄|     /
    |;:.;.    |    /
    |;:.;.    |  /,、
    |;:.;.    |/
    |;:.;.    |
    |;:.;.    |
    |;:.;.    |
  /|;:.;.    |
/  `''‐--‐''´

           /   /   _
          /:!  /,.::::‐, '''´ /
           {::| /::У:::/:::-<二__ ,..ノ
     ー- 、..、',::l{:::::/:::::,..::―:::::::::_::::::/- 、
     -―‐-ヽ:::∨:::::::::::―--::、::::::::::::::::: ̄、`\
     ,...:::::,..-―::::::::::::`ヽ、:::::::::::、:`ヽ、:::\ 、::\  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ´ ̄/:::/::::,::l::、:::\::`丶、::\:::::\:::\_` |  もし黒のセイバーを撃破できたのなら、レヴィは殺さずに俺の元まで届けてほしい。    |
     ,イ::,:イ::::/::j{::| ,\::::`ヽ、::ト,:::',-、:::::':,:::::\ ̄ 乂_____________________________________ノ
     /:://j:::/::::{ V!´,ィtォァ`、/ー!-、',),}:、:::',、::::::':,_
    .{:/-/:::l:イ::{:::l、t/-{//,}= '   リ l::}/::::lヽ:! \ヽ´
     |' {:::,ハ:{从::{< _ ` ´ ,    ,イ:イ::::::| }
        VI ヾj \ ヽ,.- _ ´    / ,リ:::::::!
              ,/ \    /  / j从::',_
               ゙    `ー く   ,'  _,.- '∧    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     ヽ / /   ,.-〉、  |  赤の陣営の本拠地では無く、このセーフハウスまでな。    |
                   //j '/   /   `ヽ、 乂_________________________ノ
                   / / /    /       \
              //_ / /___/    _,. -― ‐
             /   / // \      l /
           j'   | /  /       l|/
             |   |/  /―,―-,   l'
             l   ,/ /-―-l、__/    /!
             | / /´ /     /  / l
           ,// / /      j       !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 流れで美堂蛮との会話を行う事に。

┃ やる夫が一般人であり、赤の聖杯の器であること、
┃ そしてやる夫の啓示やリゼットとの馴れ初めの事、
┃ やる夫の願いがキャスターを救うことなどを話し、蛮の信頼を勝ち取る。

┃ 結果、蛮の身体に流れる怪物の血の話や、
┃ 彼の幼馴染のフェイトの話、彼の願いがフェイトの蘇生である事などを話し合い、
┃ レヴィがフェイトの死体を素体にして造られたホムンクルスである事を知る。

┃ その後、リゼットとレヴィに関する秘密の協力関係を結び、
┃ その場(蛮のセーフハウス前)で別れたのだった。(またすぐに会うけど)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





.

2716 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:48:21 ID:EPcs4ino0






┌────────────┐
│  4日目・午後・その1    │
└────────────┘



              ,、rへヘへr-、、
              ,.ィク´ ̄ ̄ 二二ヾゝ
.             ////     へ \\
           //// / / / ヽ へ\ ヽ ヘ
             i/// / / / ∧ヽ\ \i_ ヘ!
            ! l丁≧トハ! ヽ|,斗<\ リ
             ∨|! 三三` "´三三 リハj !       お前達に余人には立ち入ることができない複雑な事情がある事は察している。
           | i!  ̄ ̄ ,    ̄ ̄ |  |
           | ii、         ,;|  |__      ゆえ、この私が手ずから引き合わせてやると言っているのだ。
         /| iヽ    △    ,イ;i  l;;;;;;ヽ
            ∨:|  |;;;\      イ;;;;;;;| ;!;;;;;;/     ツベコベ言わずさっさと来いロリコン。
         _ゝ!  !/;;;ト、.ー_.´,.イ\;| :リ;;;;/
        /;;;;;;;iハ :リー〈;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;!ー;;|:/;;;;;;`ヽ
         /;;;;;;;;;i!;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i';;;;;;;;;;;;;;;',
.        /;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;/∨;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;/;;;;;;;;;; i
        i;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;;〈  〉;;;;;;;;;;;;;;;;;j/;;;;;;;;;;;;;;;}
        j;;;;;;;イ二ヽ;;;;;;;;;;;;;∧/;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/;;;;;;;;;;'
       ,;;;;;;;;;ヾニニヽ;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;i
      ,;;;;;;;;/ヾニニヽ、_{_____∠ム;;;;;;;;;;;;;;!
.    /;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;}};;;;;;;;;;;;!
    {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;ソ`ヽ;;;;;;l






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::\:::、:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::二一
:::::::::,::::::::::::::::::l:::::::\::::::\::\:::ヽ::\、:::::::::::::::\ヽ、:::: ̄、
::::::/:::::::::::::::::::l:::::::::::::ヽ\:::ヽ:::\:::、::::\ヽ、::::::::::\::\::::\
::::/:::::::::::::::::::l:|:::l:::::::::',::\\:::',\::::',\:::\-`ヽ、:::::\   ` \
::/:::::::::l::::l::::::l:ハ::l::::ヽ::',:::::ヽ \::、ァ、:∨ \::\':::::ヽ\
:,::::::::::ハ:::l::::::l::{ ',::::::',ヽ:,::::::l,ィ之ヽ:', \', !_ノ`\\\
:l:::::::〃:::l:::::/;;;;;;;\::', ヽ::::lハ77∧ ''´  | }::ヽ::::\
{:::::://::::l:::/;;○;;;;;;;;\r=ヽ::!///ソ     , ∨:::\ `\
l::::/イ::::/l::{ニ////∧、   |` ̄´    ,  l\ ` \          誰がロリコンだオラーッ!!
|:::{ヽl::/_l/-ヽ///ソ            ,  l
|::j  l/、 !   ` ̄   -、_,´      / l  ',
l:/   l::/`ヽ、        , ― _、   '  ,'   、
|'   l/  从|`丶、            /  ,   ‘,、
   {'     \:::`:...、       /   l    / \
          ヽ::lヽ `  ー '    |    /   } 、
          /∧           /   /
         / / ',       /   /
       /  ,'   }       / /
      /    l   l     //
    /      |    j    /
_,. -/       |    ,   /
   {      /| 、   _/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒の陣営の攻勢(その2)

┃ 蓮ややる夫の予想通り、休息して魔力を回復している赤の陣営の下へ
┃ 再度、黒の陣営が攻勢を仕掛けてきた。
┃ その中で黒のセイバーと黒のライダー組は、
┃ 赤のキャスター、ライダー、ランサーの足止めを行うため、
┃ 神馬に騎乗して強襲してきた。

┃ ―――しかし、黒のセイバーの目的は別にあり……。
┃ 蛮とランサーは、セイバーに連れられて、レヴィの待つ教会へ向かうのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2718 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 21:56:24 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  4日目・午後・その2    │
└────────────┘




                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         |   ―――西行寺幽々子      |
                          乂_____________ノ

        ト   /`ヽ
        | i / /
        | レ' /   __j|_
      /  く       ̄/「 ̄        ォ  ォ  . .
      //1 .へ.\    / l|  _j__  才
      `   | |   \\        /|
        | |    \\
        |_|     \\
                   \ヾ


                /ヽ _       .: 、 ー- 、 .:    .: _ _
             , -/,ァ-、 \⌒ヽー、    .: }     ヽ、:リ:/   /
               / /  V_'__, V  \\   .: ヽ      V   /
         : v.   ノ /  ,.xァに<ソーァ、_i i 、ヽ    .: >     、 '´
           〈  レ " / i.   | `ーVゝヘー、〉 .: /    ,、  ヽ :.
             L/  | |. l  l l__ | | Vヘrア、.: /   /.: .ヽ  | .:
            |  | レ ハ 「/|_l__リ| | |   |′-‐ '′.:  .: \{ .:
         .   ハ.  | |vr〈ヽ|´ マ'/ソ j l  ハ .: .: .: :      .: .         それが私の本当の名前。
  .: , 、 :   .:, , .:/  \トlハトソ    ¨フ / / {    .:r‐v ァ.:
   .:,  ' 、!, ' , :{   / /  , へニ´/ / /ヽ ヽ   .: } ヘ{ .:             私の、失われた名よ―――。
   .: ',  ′ ,' .:.ヽ ハ {   / ノソ^ソ / /`ー-、ノ             .:
   .: ' - ^ー' .:   }ノ ヾ、 ハ {/   ヽハ/にヘ    `Ti     : ∨:
                 ィにレ  /イ-x_(、メ   i 〕
                ’|,rく ゝ-‐-くヘ く 7二xf、
         _          に /´! 「 Tヽ| /   | 、 .:   .: xァ .:
       .: ソ〈 :         ∨ ノ-ヘ ̄じ-レ⌒rー、| .: ヽ`ヽ .::/ ,' .:
                 _|´   ヽ   `V⌒ヽリ  .: }  V ,{ .:  _
                //      、  ⌒'^く ̄ ̄ ̄` < ̄
 : .             / ,′       . .   .. ヽ       ヽ、
                 /  i  |      . :x- 、:リ,: ァ : \       \
         . ...   /  | |  _ ,.  .: ゝ` ,/ :.   \       \
      :;: ..,. ァ :.  /  |  V´   /.: / へ} :.>、   ヽ
    .: |∨  { :.  /     |   \r‐く_ノヽニ  >ーrゝ、     、
    .: l、  ノ :. ,く      !     Lxヘ スシ「 ̄`ーく  \     、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のキャスター、宝具発動―――。

┃ 自身の真の名を術者以外の者に知られることで、
┃ 反魂の法が解け、キャスターは消滅してしまう。
┃ 自らの弱体化を解除する為に。
┃ そして何よりやる夫の助けになり彼を救う為に。
┃ キャスターは再び心を失う覚悟をしたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2722 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:04:01 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午後・その3    │
└────────────┘


                                        _
                                     _フ''   /\
                                  / ー > >乂 @〉、
                                  ィ:. :. 7:. :. :. `ーへ 人
                                    (/:. :. /:. :/:.メ:. :j|:. :ハ  )
 ___                ∧/}           ':. :. : :. :.伐ッ⌒从:/:.:i⌒
 \      \               乂  /          /:. :. :.i:.:.从  _' ゞ'/:. :.|
.  〈        \              {⌒ヽ      ノ 从:. :|. :.个 _,, イ:. : ノ
   \                    >)<        へx\:从_( \/:.:从        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    \     ',            Yっ> ー _    r<__ハ V: \\∨         |   貴方が私のマスターかしら―――?      |
      ヽ  _人_              ーr< } \ (∨{ | ヽi ∧>―<\ァ 、       乂___________________ノ
        `Y´  へ           / ∨   ー==ミ/>  {  _  ハ ヽヽ_
        \ ☆ ∨           ,  /  | | vへ Y | /:.:.:.:< __Ⅵ /ノ
         \              /   /    人    \) yイ:.:._:.:.:.:.:.:.::.:=-く j
           \  ',           /   /  i_人_ \ / / じ/:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.∨i―、_
            \ \_____,  /   `Y´  /  /:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:∨ ̄ \:\ _〕
                  \(       /_人_  |  / ,.::.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.-=== |⌒ト _〕_
                 ̄\__ /   Y´   | 人 /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i__,|  {∨     ̄ ̄ ̄ ̄ \
                    ̄ ー―――=彡 \\:.:.:.:/:.:.:.:/ ̄ ̄) / ,| =7 \    _人_     \\
                                    \__,7人__彡  ̄/   / /   \\`Y´       \\
          __                      /      /    / / _人_   \\    _人_
        / _人_  ニ=―    __         /-=≦__ 彡 /   / /'  `Y´     \  `Y´   〕 }
     _,,彡  `Y´                    ___/      /    / / _人_         \=-  _,/ /
   /   \ ___,|________________ニ=-―‐ー彡'  /' `Y´      _人_       ̄\
   >― / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニ=--           _ニ=―       / /      _人_  `Y´    |        \
   〈―‐     ☆    ニ=―     ̄ ̄  ニ=‐   _人_         / / ☆       `Y´      ☆  |    ☆   \_
   ∧     ニ=-―          ニ=‐         `Y´     ,  ,       ☆               |       / ̄ ̄ ̄/
__〉\         ハ  ) ̄ ̄>    ☆        ニ=―   /   _人_               |      /⌒>--<
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 反魂は為り、キャスターは再召喚された。
┃ 最初に召喚された時と同じ言葉で問いかけてくる。

┃ その姿は最初に召喚された時と何も変わらず、
┃ 感情を感じさせない冷めた表情も変わりはしない。

┃ ―――その違和感に気付いた時、やる夫は彼女の『偽装』に気付いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2723 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:06:42 ID:EPcs4ino0






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  『サーヴァント、セイヴァー。召喚に応じて再び御身の元へ馳せ参じました』     |
  乂__________________________________ノ




                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |   『誓いをここに。これより我が心は汝と共にあり、汝の運命は我と共にある。』       |
                              乂____________________________________ノ


                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
┌──レベル.────┐ <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
│   霊格:90    │..... ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
└ ────────┘   | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
┌────────────┐.. \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
│   クラス:セイヴァー    .│... rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
└────────────┘ ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
┌─────────────┐. |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
│   真名:西行寺幽々子   ..│. |:|〈.  Vソ    /___
└─────────────┘..゙/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ___j    メ{   {⌒  \ }ー‐{ _,,イ\_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /    |    メ{   ∧_/  ミ==彡  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.        /     |    }{    |   〈_{  {{ }}  ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
┌───────────────┐゙\_ノ⌒´/ ∧____/ ̄ ̄´
│   アライメント:秩序/中庸     │.. /   / / .∧:.:.:.:.:.:.:.:\
└───────────────┘.      / / ∧ :.:.:.:.:.:.:.: \
     / :|     /⌒ ̄ ̄ ̄                       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \_
.    /     /                        /. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
.   /}       |     /                    /} ̄|  }ーrーrー' 7
   }__/      |    ./        ⌒>、__   イ_{   |  ⌒⌒⌒⌒
    V       メ|    〈         /   /    /_{  /
   /{      メ}.ハ                    ___/{_{ ̄ ̄|
   }__\  メ}/ {              __/{_{_{/      /
    }_}⌒}\{_            ./{__{_{/         /







.
2725 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:09:07 ID:EPcs4ino0













                        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                        |   『―――また、よろしくね、やる夫』     |
                        乂__________________ノ














╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ セイヴァー光臨―――。
┃ これにより今次聖杯大戦に参加している全ての人間の思惑が外れ、
┃ シナリオは崩壊し正規のルートは消えてなくなり、
┃ 聖杯大戦は何故か、暗躍する者を片っ端からあぶり出す
┃ 場外乱闘の様相を呈するようになった。

┃ 1.聖者の遺体使った聖杯で救世主作ろうぜ!
┃ 2.聖杯の器が呼んだキャスター超弱い!うーん、でもとりあえず様子見るかー。
┃ 3.なんか別の救世主が来たんですけど……(震え声) ←今ここ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2729 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:17:30 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午後・その4    │
└────────────┘

                  /´   ム -イ;‐ァ
                ,!      〃 /
                    /      ィ! |l i¨7
             /     ;'´ i  l| | |
             l  /|   !: !  |L/| !〉
                  |./  l   |! l  |  .|__|     /`l
                     |   l! |  |     ,、   l  |/ 〉
                   !  |l' |  |     ,l |  l  |レ'
                   |  |! .|/     ,! L.-ヾi=,'
                    |/      _,.-'´  _, - '_´
                        |_,.- '´| L-'´_|
                          ,.-'´  ,.-'"
           ,ィ'´ ,  '´ ̄ ̄ ̄`ー--- 、.. |,.- '´| |      /|.     、
        / {/              >、....  |,i    //   __     _
.       / ___V                  \       / ィ'  /__ノ   /丿
.         |/,]} \   、__    ,   ,    j__/.    く/レ         / /゙‐'´
.      /ト、__r-ー \\ _ヽ/--く__/  \          ,____,. - '´ /..._ァ _z'-
.      V⌒ー─v'⌒ヾ'´   \   __\ __/   /\...   /____,/..´ z'  ア≠zヤ
.     / /   L ---〉_r─‐z}_/ ∨(二〉、/    }ヽ.     r' j7N/ /ア /   z
     〈ー‐'⌒ヽ,ノ」 \ 「__Ll|l l| l∧ \ヽ.___/    |__        リ/{ Z 7' zュ}  j
.      `7 | l | | _|_、 ィi´ |l_}Ll| !l| |\ \_  -‐ 7ノ  ィ    /ノ′イ イ{ /ハ  リ/
.        ̄Vi l |  ハ\l| ̄ヒt:ノjハ|│リ l |\      ̄ ̄/_.゙/{    /  ′ムj/ リ´ r'
.         ヽjハ{N{ ソ\|    / ノ j/|\\ \     /__...../j^  r/ /7 r=≠'-=ニ7=
          ノ}ハ∧     イl´ / lト、 \__、 \_/ヽ......j }!   , /'  ト<_ ⌒ー
        / ノrlT「「「「//7{ iト、{ ヽ\ ) ヽl l( \jリィ_7 ; j/ rj j!  ハヘz、≧  _
.        / // ||.|.l l l |'//八  \`ヽ} i  j八_ヽ   j^’イ /7 リ l' zj レ7>.._
       { i/ | { l{|!.|.| l |//// \} )八l{_     ソ... 〈' ′!/ j! { j 7/{ /ム>_
.        V  ヽ | | |//厶ュt〈ヽノj/ _rufコこ}    /゙}7      |!. イ/j /ア ノ/ >
               | | //    にhfにィ´ /}ノ   /,ィf l{    i'  {! j{ 7 /   ノ!  {
.          r----V       ヽi<_  l に{  ,.イrjトマ    |! i ` ヾ=イ   z'/  /
           _冫==ヽ      ∧    ̄し广fハ_jト┘.゙、 l  lj|  ヾz_   /'  /  r'7!
.          ‘ー/ 二. |       ∧n        ).    |!  |ハ   ,,  イ ソ  j /
          `{_T j      __r{ノj   -‐=  フ'"´ ̄.| i! !" ィ {  ノ // //
              │}L___   ,ィ| |リl/    ,‘´.   , ィ  | ハ ゝ._彡ヽ\´ア /  /フ,ィ...   __,,‘´
             ヽ \\トtf| l_Lし' ̄{ /  < . /{      ` ,ヘr、\ ノ ,,ィ/.  ̄ ̄
             {「 ̄}小{ ̄ヽ\ У|/ /.    {ハ  、 ヾー´  \ヽ、 ´.     、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ セイヴァー&赤のライダー VS 黒のライダー組

┃ セイヴァー達以外の誰から見ても絶望的な戦力差の闘いはしかし、
┃ 他者の予想を大きく上回るセイヴァーの法力により一方的な展開を見せた。

┃ 「神性」を持たない黒のライダーにセイヴァーの対粛清防御を打ち破る術は無く、
┃ 結果としてセイヴァーに毛筋ほどの傷すらつけられず、
┃ ライダー組は敗退することになる。

┃ 最終勝率512%(セイヴァーは偽装に宝具を使っていた)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2732 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/03(土) 22:19:14 ID:wncTxHbo0
毛筋ほどの傷すらつけられず…「―――この通り、毛筋ほどのダメージも負っていないのに?」…
…ウッ、頭が…


2735 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:26:27 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午後・その5    │
└────────────┘






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――問題ない。 このまま宝具を使ってくれ。     |
  乂_______________________ノ





        ト   /`ヽ
        | i / /
        | レ' /   __j|_
      /  く       ̄/「 ̄        ォ  ォ  . .
      //1 .へ.\    / l|  _j__  才
      `   | |   \\        /|
        | |    \\
        |_|     \\
                   \ヾ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.   /: : {: : : : : : ハ: : : : : |: { ヽ:{ `x===ミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : :.:‘,
  /:/: :.|: : : : :.∧:‘,: : : : :ト:.ヽ ヾイ 代う ‘;: : : : : : : : : : : : : : : :/.:.: : :.:ヽ : : : : : : ‘,
. /イ{ : : |: : : :./‐-:.:‘,:.: : :.| \. ‘, ∨シノ|:|: :.‘,: : : : : : : : :.|.:/: : : : : : : :\: : : : :.‘,
.  |: : :.|: : :.:′ ‘;.:{ヽ: : l.      ゝー‐ ´ |:|ヽ:.:.i: : : : : : : : :|:ハ: : : : : : : : : \:.: :.:.‘,
.  |:.: :l:|: :.∧. ィ==ミ /\{           |:| }: :}:.: : : : : : :.:|'⌒|: : }: : : : : : : : :\ : ‘,
  l|:.: 从: :.:.‘,∧弋シ            jノ |: :|: : : : : : : :.|ヾ. |: : |.: : : : : : : : : :|.\‘
.. 八: : :|‘.,:.:.:‘, ヽく            ´   .|: :|.:.: : : : : :.:.|ィ}}.| : l| : : : : : : : : : |  ヽ
    ヽ: | ‘.,: :.}   ヽ              |: :|: : : : : : :.:.|//: :.リ:.: : : : : : : : :.|
    ヾ.  ヽ:|                  |: l|:.: : : : : :.:l|_ノ: : /: :|: : : : : : : : :|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              ト   /`ヽ
                              | i / /
                              | レ' /   __j|_
                            /  く       ̄/「 ̄        ォ  ォ  . .
                          //1 .へ.\    / l|  _j__  才
                          `   | |   \\        /|
                              | |    \\
                              |_|     \\
                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   | 後で俺の令呪を一画差し出そう。 だから何も悩む必要は、無い。  |
                   乂____________________________ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営 VS 黒の陣営

┃ 黒のセイバー主従が不在の変わりに、
┃ この戦場には黒のアーチャーのマスター・ブラッドレイと
┃ 黒のランサーのマスター・薔薇水晶が同行していた。

┃ 赤のアサシンの「直死の魔眼」を主軸に攻める赤の陣営を、
┃ ブラッドレイの「魔眼」が見切り、黒のアサシンの「無明剣」が赤の陣営に穴を穿つ。

┃ その戦闘から密やかに離脱し、赤のアーチャーが対国宝具を放つ準備をすれば、
┃ それを察した黒のアーチャーが毒矢を射ぬき、それを阻止せんとする。

┃ 目まぐるしく攻防が移り変わる中、
┃ 元柳斎が二画の令呪を切り、蛇毒に侵された赤のアーチャーに強引に宝具を発動させる事により
┃ 赤の陣営を勝利に導いたのであった……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2738 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:27:58 ID:EPcs4ino0
>>2732 こ、公式最強ボスにカウントダウン耐性があれば十分だと思うじゃないの!?
      私は悪くぬぇ! 私は悪くぬぇ!!

2743 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:36:47 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  4日目・午後・その6    │
└────────────┘





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   戦略的には、貴方の提案が正解なのでしょう。     |
  乂_______________________ノ





                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  彼にはもう護衛なんて必要ないって言葉も、真実なんでしょう。     |
                           乂_____________________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   実際にあいつの立ち回りを見ていると、私も必要ないんじゃないかなって思えてくるもの。     |
  乂________________________________________ノ




                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      |   でもね、それでも―――。      |
                       乂_______________ノ






       /: : : : : :i : : : : : : ∧ : : / ___,. : : : : : : : ヽ´ //   |:/| : : :从:: : :ノ:: : : :|:: : : :',
     /: : : : : : ノル'i: : : :/一' ̄ ̄ {: : :从: : : : : , i: /  ~゛'' ‐- ノ' .! : : 丿: : ソ: : : : :,': :从: i
.   , ′:: :: :: :: : :j丿|/: : ハ ∨   ヽ: i: : : : : :ノ ,:':/  ノ'        ~゛'' ‐- :, : : : : / : : ハ: :!
.  / : : : : : : : : : : : : : )イ: リ z≧≠===zz、 / ノ'´   z≠===zz、 丿ノ゙ : 从/: : :/ .j丿
/: : : : : : : : : : : /: : : : : : : ノ 〃 仆、__,イi.             仆、  , ィ ゞ、 /: : ノル' : : ィ
: : : : : : : : : : : : /:: : : : : : : :∧从  勹:::::::::ツ            勹::: ̄:::丿 .从厶: : : /: : ノ|
: : : : : : : : : : /: : : : /: : : /r ',   ∨斗一'          `ー-弌ツ   /: : j:ハ: : : |     それでもヤルオは、
: : : : : : : : /:: :: : : :/: : : 人丶',                 !             /: : : : : : :}:: :: :|
: : : : : : /: : : : : : :/: : : /:: :\ハ            ′             / : : : : : : /:: : : |     数日前までただの一般人だったのよ。
: : : : /:: :: : : : : ::/: :: : :i: : : : : ∧                         /: : : : : : : : /: : : : :|
: : / : : : : : : : : / : : : : | : : : :/ 人         -‐-         /: : : : : : : : : :/: : : : : :|
/ : : : : : : : : : / : : : : : |: :: : : :/ : :\                / : : : : : : : : : : /: : : : : : :|
: : : : : : : : : : ::/: :: :: : : ::|: : : : : : : : : : : ト                /:: :: : : : : : : : : : :ハ:: : : : : : :',
: : : : : : : : : : /: : : : : : : :!: : : : ,. -‐===ミト        /: : : : : : : : : : : : :: :从: : : : : : ハ
: :: : : : : : :: :/: :: : : : : :: :|:: ::////// r‐一'|    ‐-   ,': : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズにセイヴァーの事を説明した後、
┃ 一端、家に帰ることにしたやる夫達。

┃ ルイズの部屋にて、赤のライダーはルイズにある提案をする。
┃ それは、やる夫達との共闘関係を打ち切り、
┃ 対セイヴァーの同盟を密やかに組むことであった。

┃ 最強と目されていた黒のライダー主従を(支援があったとはいえ)
┃ 苦も無くあしらう実力は脅威そのものであり、
┃ 赤のライダーの提案は現時点では決して「無し」な提案では無い。
┃ ―――しかしルイズはこの提案を拒否したのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2746 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:43:57 ID:EPcs4ino0









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.     ー―‐' ,イi_ノ /ノ'|  .!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,.    /!::i.|/..'ミ_'⌒)          ――ならば、好きにするが良い。
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/.゙(´  ⌒)
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://... `~ー'         まったく、折角の勝利の道を捨てるとは―――。
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









         __ . -―-、____
            ア          `ヽ_
            //    / (/^     \               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.           | |  / /|     ヽ   \ 丶ヽ              |  これも惚れた弱みという奴か?       |
.           レ|l ∧\_l∧  , |ヽ _│  l l              乂_________________ノ
           ∧ :|{/迄rトハ 、j斗泛ト/|  l |
          ノ :|ヽ| 戈ソ ノノ 弋ソ_ 彳 │ |
.      /  リ j/// ' //// /  / 八
.      / //  {   r~‐ '⌒ヽ u/  ∧  ヽ、 _           はぁーーーーーーーッッッ!!!?
   /  ./ /   \. `ー─ ---' /  / ヽ      \
  (_  ヽ〈    ∨>,、_   -r<'  /   ヾ      }         違うし!! 全ッ然、違うし!!
     )  ハ    マ{ xヘ/ ̄/  {\__   }     /
   /  ん-ヘ   ヽ//⌒ヽ,/    ∨:::::} ノ   /          誰があんな白饅頭―――ッッ!!
  /    {::::::::: 〉   ∧    /{.     \:::\   {
/     }:::::/   /:::::\-/:::ヽ       \〈     ̄ `ヽ、
.       {/     /::::=-:::Y::::-=ニヘ      \        ヽ
     /    /::::::::::::::∧ ::::::::::::::\       ヽ        }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――なお、この頃ようやく中の人のAAが出ていたりする。

┃ セイヴァーの登場により、やる夫の護衛は十分であり、
┃ ライダーからすればどちらに転んでも利のある提案だった。
┃ ただし、絶対にルイズならこう言うだろうと分かった上で提案していたので、
┃ 断られること前提で話を持っていっていた模様。

┃ 仮に頷いていた場合、ライダーはこっそり……って、まだネタバレになるからあかんわ。
┃ まぁ、今の段階だと力技で解決できそうなので、あまり意味のある設定でも無い気がするけど。

┃ こうしてルイズをからかったり、
┃ この頃のライダーはまだ残念(エロ度90)じゃなかった様子。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2751 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 22:52:48 ID:EPcs4ino0






┌────────────┐
│  4日目・午後・その7    │
└────────────┘
,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢.      ___| /゙守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´         \ |_/......`Ⅵ|丞..   |ヽ,゙圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ          \|   _ノ!.゙|伐    | ,/ . 圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ         |!_ノ!  .\ |......| |ヽ |/. Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{    |\    |  |     ヘ| Ⅵ..| ヘ __..゙圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈     |  \  / /          / / \__ノ......圭
/   /㌢´                   _, ---、'廷i代.    ̄ ̄  /  l          / /..゙]      ||圭
    ll/                 ,. . : :´: : : : : : : : : `: :ー .、.t、    / /.      _ノ  /洲リ      ||洲
    lll.             /: : : : : : :、: : : : : : : : : : : : :.\...  //.         \_/ . Ⅳ       Ⅶll
    {{           /: : : : : : : : : : :\: : : : : : :ヽ: : : : ヽ..  ̄      _.      '為ソ       Ⅶ
   ヘ_        /: : : : :.,: : : : : : : :.ヽ 、\   \ : : . ',.       | ,/      r:┐         ヘ
     [ft     /: : :./: :│ /  . : : : :l: :l; :.丶: : : :ヽ: : : :l      |/  /ヽ r┤/
     Νk   //: :/: : :.  ! i:l: : : : ヽ: :!: ハ: :!_:ヽ: : : :.',、: : i           / / | .|/
       !垈.. l:.i: . ': . . |. : :ヽ|:|: : : :./!:l ̄lハ:`ハ: : : : l:`: :ト、....   _/,/   |/
.     為llll}....|:.l: : : : : :ヽ: : : : : : :!:'/Tlイ-,,;=≠代i: : : :.ト\:`: `:`:丶゙ ̄ ̄
.    ィ圭洲; . l/: : :.!: : : :.}; :-!、ヽノイ  レ式ヽ_∧'...l: : : |:ヘ:丶: 、: : :、: \
   ,ィ劣圭:㌢.ノ:./: :l: : :./l: :ノ}-ハ_:.{    .:ゞ:'´゚::│: : l: : \: : ヽ: : :\、\.. λ
  ,ィ劣斧ア....` ̄ }l、:.ホ、: :ム匁´V、ヘ`   ::::::::::::::: |:  .!丶: : : :ー:--: :、}}: :l.. {会ュ。
f,/淤圭Ⅳ      ヽ`ーヾ ,、{_\`..`'´ ,        |. : :.,' \`;. .---、: : : :\'... `''寺ll≧ュ。
/淤圭Ⅳ.         /:./|__/ヽ--、-っ-、  ,   !: : :l /: : :; --、ヽ   \.... 為圭圭丞
圭丞Ⅳ         /: : :.'/, 二つー`、_!--¨ /ヽ !: : :l/: : ::/ , ≠\: : : :l: :l....為圭圭圭丞
圭i:洲{.         {: :l:./´--、     ヽr=、  ' l: : :ゝ-/ /    ',: : /: /.゙,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈           \ゝ'   ヽ      Ⅵ勿  i:、__:/ ,イ      !: //.、炸圭圭l圭圭刻
圭lil代.             |     `ヽ.    Ⅵ弐ん丶イ三ソ,'      /: /: \: \..゙l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、          |      , ヘ   ∧`Tゞ┴-升{∨     /: :l   '  ヽ...圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。       / i      i  ∨   ', | /く:从:/     , ': |: :.',: : : : |: : : :l......圭:Ⅳ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズとのコミュ―――。

┃ 改めてセイヴァーの全能力を解説したり、
┃ セイヴァーの宝具の万能さを知りできる限り偽装するように告げたり、
┃ 琥珀とのデートについて聞かされ、
┃ やや呆れながらもセイヴァーがいるからとOKを出したりした。

┃ なお、その後ルイズの好感度が一定を超えた状態で
┃ (嫉妬心を煽るような)他の女の話題を出した為、
┃ ルイズさんの導火線に火が点いたりもした。

┃ ――以降、ルイズの感情(怒りや嫉妬心などの悪感情)が、
┃ 一定以上昂ぶると魔術回路が励起するチキンレース仕様に。(とか、そんな感じだったはず)
┃ ……まぁ、あまり意味がない設定だったんだけどネ!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2755 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:02:27 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午後・その8    │
└────────────┘

                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \           ―――それじゃあ話す事はこれでお終いかしら?
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶        ……でも、琥珀と逢引きなんて少し妬けるわね♪
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、
      へ            Y! 、_|ハ (辷ニ、    /ー’  __.ィ)
          \.......rチ;rチ≧=-<三三三ニ}===≧y /_/三三三三〃}
          `ーLイ'´    ヽ三三ヲ   rァ ヾ≦三三三三7〃ヾ
              /       丶ニ/     |:   ヽ:三三〃)≦})'う´
          /           ∨     l:   ヽ三〃) ̄ヽ)'





::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ
:::::::::::...    ヽ   .ヽ      ……え、幽々子さん?
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ
:::::::::::::::::....    ....::::::../
:::::::::::::::::::::.. ......::::./
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 幽々子とのコミュ。

┃ やる夫の部屋を訪れた幽々子は、
┃ ひとしきり再会の喜びをやる夫と分かち合った後、
┃ 念話で琥珀に関する話題を口にする―――。

┃ 即ち、彼女は非常に高位な英霊である……と。
┃ 10年来の家族の正体を告げられて動揺するやる夫に
┃ 幽々子は落ち着いて話しかけ、明日のデートで琥珀を仲間に引き入れるよう助言する。


┃ ―――なお、幽々子が抱き着いたのは、
┃ 3日目にやる夫に抱擁されて以降、そうした触れあいが好きになった為とかいう
┃ 地味ーな裏設定がメモしてあったでござる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2759 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:10:30 ID:EPcs4ino0






┌────────────┐
│  4日目・午後・その9    │
└────────────┘





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ―――黒のセイバー、ディートリヒ・フォン・ベルン。並びに赤のランサー、フェルディア。     |
  乂_______________________________________ノ





                                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                   |    ルーラーたる我がそれぞれ令呪を二画持って命じる。      |
                                    乂___________________________ノ



        ト   /`ヽ
        | i / /
        | レ' /   __j|_
      /  く       ̄/「 ̄        ォ  ォ  . .
      //1 .へ.\    / l|  _j__  才
      `   | |   \\        /|
        | |    \\
        |_|     \\
                   \ヾ






                          _  _
                          / -`.‐、ヽヽ、__
                          /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
                       ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
                         i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
                     l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
                       |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l
                       |:.:!,⊃         、,冫l
                        トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'       自害せよ。
                       `i:.:.i  ヽ、     ´  /
                      ヽ」__,--、,、    ./
                          l´, ---==ミ、l トニ,´
                     /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、
     _,.ィニニ―ヽ‐ヽ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_
    ムムィ‐<>、 _ヽ 冫‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l
    ,>ニヽ_,.イ.l / ,ノ,ィ‐、-------、_, -‐'"´ ̄ ̄ヽ、ヽ /‐┘
 .  l:::::::::::::::l__,,ノ.l,'   /,イ.  /,ノ⌒i ィ<o        `i´ヽヽ、
 .   l:::::::::::::::::l、 ,.イ  .i_/  ././  /ー、ヽ、            ハ ヽヽヽ、
   l:::::::::::::::/├'´|.     く,/  〃  |   ヽ、 O      ハ.  ヽ、ヽヽ
    l::::::::::::/  l,/ゝ、       .〃  ./       ヽ、 ,、     ハ   ヽヽヽヽ‐‐、
  ,ィ!:::::::::/   ヽヽ,/i>t-r、_    ,l        ヽ`′     ハ  ゚.イ i ├ニト、
 〈::::::::::::,'      冫::::::l´`ヾ、二i ̄フ          ヽ、     l  ゚ l   l vヽヽ'´
  ヽ:::::::.ヽ,    ./.:::::::::.ヽ、   ̄/.ハ          / ヽ、   l ・.ノ  l、ノl ト'
  }:::::::::::::i  /.::::::::::::::. `ヽ、_//_ノ         /   ヽ、 l /    .|,、V
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 教会にて―――。

┃ 前世?の記憶を取り戻したレヴィと蛮は、
┃ 両陣営から抜け出して独自に行動する事を決意する。

┃ 赤のランサー、黒のセイバーもその事に了承し、
┃ 彼らは聖杯大戦の新たな節目になるはずだったが……。



┃ だが奴は弾けた……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2764 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:16:33 ID:EPcs4ino0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |   |    |  |    |      |/_`‐ |  |/_`‐、|.    |    |  |    |.     |    |  |
  |   |__|  |__|      | |二二   二二| |.    |__|  |__|.     |__|  |
 ̄|.!    ||___   . ___l|      |、/_/ |  |_/ 、|.    ||___   . ___l|.     ||___
 ̄..|   |    |  |    |      |ヽ_/ |  |\‐、/ |.    |    |  |    |.     |    |  |
  |   |    |  |    | .A.   |―'、_ _|  |―‐'_/゙|  .A |   |  |    |.     |    |  |
  |   |    |_|    |  ||  . |\/_/゙|  |/゙―/|   || |   |_|    |.     |    |_|
―┘  () () ()――― ‐==||==‐| |―/^|_|―'.―..|.‐==||==-――――() () () .└―――
      l、.l .,l     ‐==ニニ||ニニ==‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ‐==ニニ||ニニ==‐     l、.l. ,l
‐―――‐||~ー―――.. ≦ニ=-、|\ l ̄l ̄l ̄l ̄|――‐!!――――――‐||―― /l
| ̄| | ̄| || | ̄| | ̄| |. >:::::::::::::::::\.       | | ̄l ||| ̄| | ̄| | ̄| ||| ̄|..//
――――――――. /::::::::::::::::::::::::::/゙(   ) .| | . ┌――――――――.....//
――――――――...イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ.   )_,,,| ̄~_|   i―――――――..//..゙――
―――――――┐ /::::::::::::::::::::::::::イ:::|_.゙| | ニニニニl`,l  _|   ,―――――..//..゙―――
              | _  ̄イ/::::::::::イ/7三ニY   \ ヽ l`,l  _|.         //
              レ'|.゙>イ//////////|.      \!,|_ヽ .l`,l        //
              イ///////∧./////}       \..!,|__        //
━━━━━━. ///////////∧ ////|...━━━━━━━━━━..゙//..━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            /////li/////////}.////{                     //
            ,'/l|///|l/////////|////∧              //
.         __∠//l///|l/////////|/////ト}     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       /   \l//∧ ////////| /////\    |  ―――さぁ、来るが良い。此処こそ我が四肢の浅瀬。   |
     ム=、.   Y///|l////////\//////\   乂________________________ノ
    / //∧ /l|///}}.///////li//\ /////\.        / /
     | ///// /////{=.//////| V///\./////\     / /
     |.////   //////イ //////| V.////\////≠>   /ミ/
.    〃///   ///////|///////| ', V////∧ム<γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   { ///l  .///////: l///////l.  ', V///∧ ̄|   何人たりとも、この俺を倒さずして前に進む事は叶わんぞ―――ッ。     |
    l////| /////// :└=ニニ三l.   ', .V_//∧  乂________________________________ノ
    |//// .////// : : : : : : : : :l     ',.  V>ミ、 .∧ レゞ Y
   ト=イ Y> イ : : : : : : :__.l   __  ', .∧/ノノ   >‐<._/
..  { イ(. {/ : : :>-‐ニ三 ///l  | V     ∧/  .イ=ミ/       三ニ
   ゞ=イ/ イ/////////////l  | ∧ V◎ /ゝ=≧=ミ/ 三ニ=‐ニ   /
      (////////////\ l  | .∧. V ,'  ,'   .,'=-l|         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルーラー・トレーズによる突然の介入。
┃ Aランクの対魔力を持ち、さらに令呪による補助を受けた黒のセイバーは
┃ 紙一重で自害することなく踏みとどまった。

┃ だが、赤のランサーは抵抗する間もなく、自らの槍で胸を貫いてしまう。
┃ 霊核を貫かれ、消滅寸前のランサーはマスター達を逃がす為、
┃ 瀕死の重傷を負っている中でルーラーとの「戦闘続行」を決意する。

┃ 最後までマスターの為に戦い続けた男の意志は、
┃ 赤の聖杯の器……やる夫に託されたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2768 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:24:23 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  4日目・午後・その10   │
└────────────┘



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   从 ル ハ.  |´ ̄.ヽ}   ⊂⊃iノl|   /l ヽ
r~ヘ V >~ →ー─' ┐_. イ   ノ // ,'   i
い  l /             !__ノル レ' .// /   |
  /              | ヽ___V / //, '   /      流石にこのような展開は、貴方でも予測できませんでしたか、時の稀人。
./             |i i  レレ'レ'ー─‐ '
                  ll |-‐‐- }            ―――それで“喜び勇んで”彼らを試そうと動いてしまう辺り、
              // !   /
    ___ _      // /、\/ |             まだまだですねぇ。
   /    ``ー-、 // /   メ´ i
.  /!        ``ヽ、>'´   ヽ
  l |           \      〉
  | |                 \   i
  | |              ヽ  |
  | |                i   |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





         .. -‐=ミ
       .イ才イ./. :>‐=ニ: :ュ
    才イ ::|イ:://. /. : : ‐-ミ: : :ヽ
   イ:ハ:!: :{:{i:{:{彡'"´_. : -==ミ:`ヾ
___}>ォイメ∨才ィォ=ミ:ー-=ニ: : :⌒ア
`ー=彡才ハ :| `ゞ'"´    }:才´ー-ミ : :}
.  八 ∨{∧{         `ヾー-ミ: :\!
    }汽:, 乂      ノルj }: :ー-ミ ハ
   イハ示メ.    厶斗≦,  {才⌒ヾメ      フフフッ、生憎と私は貴女ほど我慢強くはないのでね―――。
   ∧ 汽 モ:圷 ー斧"モ:ア才. 从:リ⌒;汽
   ハi   ̄i     ̄    }/  /⌒       出来る事なら今すぐにでも会いに行きたいぐらいだよ。
     '.    :l             , .イリ
.    ∧   .;!_        /ハ:f
     ∧  _`ー__ ,   イ.刈り
ィュ_     ヽ `ニニ  ´ rく  从{
ア / / ー<∧    _,.イ/  >'"´}  _
: :/ /: :> ´ / ̄ ハr-=≦-‐=ニニ才´.:.:.:.ハ_
: { イ ´    '   .//ニニニニニニ-/'.:.:.:.:.::./.:.:.:.:
イ 厶.         / {ニニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 {:::::.\    /  'ニニニニニ_/.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
⌒:::::::iハ   ,   !ニニニ./.:/.:.:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:
:::::::::乂  `ヾ:イ   i` <_./.:.'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 深夜、蛮達が去った教会にて―――。

┃ トレーズと彼のサーヴァント、アヴェンジャーの会話。
┃ 彼の目論見は脆くも崩れ去った訳だが、
┃ 彼の計算を超える“何か”こそ、トレーズが求めるモノでもあり……。

┃ それまでは基本、聖杯大戦に不干渉を決め込んでいたルーラーは、
┃ やる夫が喚び出したセイヴァーが真に彼が求める救世主かを確かめる為に
┃ 聖杯大戦に介入する事を決意する。


┃ この辺りからトレーズさんのテンションは常にMAX。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2771 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:29:38 ID:EPcs4ino0





                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/       リリ  ヽハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.| x==ミ、   ____   }l  | } /!/
           从i|ハハ| , , ,    ´ ̄`ヾ // /_ノ //il
             il  i lト、     '    ' ' ' // /// // ハ
             从 l V iヽ.  ー‐'     // /// //lイ. i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′
              ',               /             |
              ハ             i\           !
            i  i` ー --  . ____/´ ̄`ヽ.       l
            l  |    _. - ´               /
.            __/  l _,. -'´                    /
         /   /                  / \
        /   /`ヽ.                 /    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はい、明日明後日と少し早起きしなければいけないので、
┃ 短めですが、本日の投下は以上になります。
┃ 運命の転換点である四日目が終わり、
┃ 物語は聖杯大戦に隠された思惑が暴かれていく五日目へ。

┃ ―――この日は正直、私がヒロイン回みたいな物なので、
┃ あらすじも増し増しでいきますよ~♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2775 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/03(土) 23:31:33 ID:EPcs4ino0




           , . <: : : : : : 、: > 、三  ≧ 、
         γ: : : : : : : : :、: : :ヽ =:∧    /
            /: : : ト: : : : : : : ヽ: : ∨彡,    {
        /, : : : | ∨: :´ ̄ `∨ ハー=λ   .〉
          i {: :γ´ ゝ:ハ: : : : :ハ: ::∧、::∧  ∧
          | !: :'ハ:ハ   だ示 }: : : :} }: :∧_  }
         !ハ: : :,ィ示   込;ソ }:r i、:|': : : ∧~ ヽ
           ゝ 込;ソ、        ! i i、: : : : : ハ ∧
          |: ∧   _  ノ   / i i {'>, r 、リ ー ヽ
          |: : : ヽ    , '   ノ/..........>、
              !: : :ミ、: : :γ   ,ィ '........../ニヽ
            i从リ ヽ''入  ,イニヽ.... /ニニニ∧
                 γニ:Уニニニニ Yニニニニニニ∧
              /ニニイニニニニニニ|ニニニニニニニ|
                 /ニイニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
              /ニイニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
             j!ニj!ニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニ|
             ,イニニ{ニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
          ,≦ニニニニヽニニニニニニニニニ}≧=ーニニニハ
         ヾ:ニニニニニニニヾニニニニニニニニi!ニニニニニニニ∧
           ` <三三三 >、ニニニニニニニニニニニニニニ∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まぁ、あらすじの中で一番激動なのは
┃ 間違いなく全面戦争の6日目だと思いますが。
┃ 4日目にして、ようやく半分を過ぎた所辺りという密度の濃さですしね。

┃ それでは皆様、おやすみなさいませ~ノシ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2792 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 21:36:33 ID:xIsJrRAw0





          /⌒}
.    /⌒  ̄ ̄⌒\ j}
   /: : : :/{ 、_: : :ハ {      今日は仕事が多くて体力的に厳しいという事もありますが。
.  //{: : /   ∧‘. : : :} \
.    |: :.|   / ヾ‘. :∧ _ノ
.    |: :.|   r‐┐u}:/:/}
   Иミ=─‐ 7 ´ ⌒}
      ////⌒} 〈_
       ´  ´     ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はい、皆さんこんばんはー。
┃ これから5日目のあらすじをすると中途半で終わりそうなので、
┃ 本日の投下は無しです。スマヌ、スマヌ……。

┃ まー、代わりに何か適当な小ネタでもやろうかと思いますが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2793 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 21:37:40 ID:xpkc7lqg0
(中途半端でも)ええんやで?

投下の感やあらすじ見るのがメインですし

2794 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 21:38:12 ID:TzqSNdwE0
了解ですー きついなら無理しないでくださいね


2797 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 21:42:15 ID:xIsJrRAw0





    _     /  ̄⌒V⌒
    {: : : \ _/  \         \
.     V: : : :/_   ∧ノ\\ \}`
.     〉: : /ニ/   / ‘, \ }\
   /: :/ヽ./  /    \  V\}`    >>2793 あらすじはアレ、まとめサイトさんとか
  (: :_イ/∧/   〃 __     ‘.爪          見ながらする必要あるから、集中してる時やないとアカンのやで工藤!
 <_ノ/:::/  /  /  .}     〉}/)
   〈::::::∧/}/}}\{   ノ  _/}//    >>2794 申し訳ないですけど今日も日付が変わる頃に止める予定デス。
     \_:::::::/:::}:\厂 ̄::::::::::::::|
    /⌒:、≧=- __人___}
    /:::::::::::\二二二{
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――というわけで、何か見たい小ネタとかあります?(無茶振り)

┃ 本編のことでも全く別の事でもIFな関係とかでもOKですよ。
┃ ただし、>>1は頭を使わない。条件反射でやりますが。

┃ ※安価 ↓2~4
┃  見たい小ネタとか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

2800 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 21:43:59 ID:tHyroMJ20
やる夫の八股についてkwsk、もしもローエングリンを召喚していたら、でやりやすい方を…?

2801 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 21:44:17 ID:TzqSNdwE0
もし赤ライダーをやる夫が召喚していたら

2802 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 21:44:21 ID:xpkc7lqg0
第一回正月だよ無礼講

没鯖合わせての暴露大会

2803 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 21:47:34 ID:xIsJrRAw0


2800 :あけましておめでとうだお [↓] :2015/01/04(日) 21:43:59 ID:tHyroMJ20 (3/3) [PC]
やる夫の八股についてkwsk、もしもローエングリンを召喚していたら、でやりやすい方を…?


2801 :あけましておめでとうだお [↓] :2015/01/04(日) 21:44:17 ID:TzqSNdwE0 (2/2) [PC]
もし赤ライダーをやる夫が召喚していたら


2802 :あけましておめでとうだお [↓] :2015/01/04(日) 21:44:21 ID:xpkc7lqg0 (6/6) [PC]
第一回正月だよ無礼講

没鯖合わせての暴露大会




           , . <: : : : : : 、: > 、三  ≧ 、
         γ: : : : : : : : :、: : :ヽ =:∧    /
            /: : : ト: : : : : : : ヽ: : ∨彡,    {
        /, : : : | ∨: :´ ̄ `∨ ハー=λ   .〉
          i {: :γ´ ゝ:ハ: : : : :ハ: ::∧、::∧  ∧
          | !: :'ハ:ハ   だ示 }: : : :} }: :∧_  }
         !ハ: : :,ィ示   込;ソ }:r i、:|': : : ∧~ ヽ
           ゝ 込;ソ、        ! i i、: : : : : ハ ∧
          |: ∧   _  ノ   / i i {'>, r 、リ ー ヽ
          |: : : ヽ    , '   ノ/..........>、
              !: : :ミ、: : :γ   ,ィ '........../ニヽ
            i从リ ヽ''入  ,イニヽ.... /ニニニ∧
                 γニ:Уニニニニ Yニニニニニニ∧
              /ニニイニニニニニニ|ニニニニニニニ|
                 /ニイニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
              /ニイニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
             j!ニj!ニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニ|
             ,イニニ{ニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニ!
          ,≦ニニニニヽニニニニニニニニニ}≧=ーニニニハ
         ヾ:ニニニニニニニヾニニニニニニニニi!ニニニニニニニ∧
           ` <三三三 >、ニニニニニニニニニニニニニニ∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 下に一つずらして……こんな感じ?
┃ 8股の相手に関してはまったく考えていませんでしたねー。
┃ 今から新規のAAを出すのもどうかと思いますし……。

┃ という訳でライダーを召喚していた場合ですかー……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2806 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 21:54:12 ID:xIsJrRAw0





                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  問おう―――。   |
                           乂________ノ







                  l  l |
                  !  l |
              l:  l |
              l:  l |
               l!  l |
               l!  l |  ,/ ______
                |!  l | 〃/イニ=-… .
                 |!  l | / '/\´      `'*.
                  |!  厂⌒'ヘ 乂      \ヽ
             |!  / . ト、 |  ハ ̄\ 丶、r-≧=ミ、
              |! /イ  レィ斗  ト.|ミヽ._\、 \   i゙
               | {/ !ハ :l jツ'| : !イー=´ ̄`ヽ \  l !
            ノ  人' >ゝ |/ 人>iニニ=‐- ≧厶ノノ
         ,ィ≦゜ _/ i! ヽ\///.: :i|、_>-‐ . -=>、
          ,辷ヲ//_____j!  /ィ¬く: :-≦又:i:i:i}`'<___ー'⌒ヽ⌒ゝ┐
         t'≧、///Tフニヾ'/. : :゙ヽ: : :`{i≫≪}:i{:マ廴  ̄`t ̄ . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         `゙'*./_」,と厂二ニ=-ヘ: : : : 7ヘi|≧{》《}:}    ~'*..゙|  貴様が私のマスター・・・・・・だと?  |
          /.: : :,/.: : : : : : : : : \:;く/_j〉:i:i:i|ム:^'       乂________________ノ
        _∠:>''´. :-=ニニニ=-z-=-: : :_又_i|:i:i:i|i: : : '、        /´`'´ヽ
       ノ: : : : : : : : :_ニ=‐./: :-‐=":{i≫≪}:i:i:i:|l:マ: : :i        乂、 _ノ
  _rー、ノ⌒ミy冖、: : : : :>''´{ . : ;/: : : : /,,」/:i:i≧{》《}: : |       く  Y⌒)
ノ二=ミ、≧=-: :\_{⌒辷=ヘ._ 乂:〃 : : : : : //:i:i:i:i:i/:厶:ー=┐      冫ヘ く
≧⌒´  ̄└‐…'' \入__,人゙\辷,: : : : :〈〈:i:i:i:i:i:《:〈!:: : \>   _ノ⌒'ィ彡')
:::::.>          |辷i| >ヘ \: :_〉':i:i:i:iハy{: : : : :}厂>'ー=彡'´ ̄
\::::::冫         {(_)}〔:/,入_ヾ′゛`'<⌒'< ̄ミ´\__>'´
::::厂´             〈/: : : : ̄]ト、\ \ __,>-‐'~ハ
イ                 /: :,.≦三: : : `ーく ̄  }: : : : : 、



            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l     はい―――……?
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――バーサーカーの襲撃時。
┃ リーゼロッテがやる夫の事を気にして尾行して、
┃ 誤って迷宮にリーゼが取り込まれた為に起こったIF。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

2813 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:01:17 ID:xIsJrRAw0





             ――――‐ --
           ノ  -     ``丶、 \
         /  '   /   / '     \
        '  /|   i/  ' /  ハ  \\
        i   , |   l  /-/ ,/ _i i  j|  〉
        |  / |   |x=ミ ///´| ノ 从 /      ……自主的に聖杯戦争から降りたいのなら、
        |  ,  |   |v'^リ   ィぅj' /'|/ '
        |  i '^|   | `¨    ,vリイ | | i       令呪を用いてサーヴァントを自害させるのが常套手段だ。
        |  |ゝ'|   |_      八| | |
        人 /-|   |: : | ' `  イ  , | |       だが私の場合、そのような手を使わなくても問題はないぞ?
        / |: : |   |: : トー<_i| / ,  ノ
        ∨=ヽ  ∨{//〉//イ从/
        //: : : \i i《》'〈///|/i|
         vi : : : : : | |: >=ミ><{l|
        〈 | : : : : /| |:ゝ´ ⌒ヽ\ 、
        〈 | : : /: | |: : : : |: : : ゞi: : \
        〈: : : : : /| |: : : :/: : : /ハ : : : i
         |: : : : :i: | |: __: :イ//i.: : : '
         / : : : : |: | |:.ノ: : :.//\/|:/
       r― _人, , -==彡////〈)
      >ー   ヽi i//////V//|/
      (ヽ-`   /| l///////\'|
      r= - ̄} : | | ̄ ̄:|/////〉
      |: : : : /_| |: : : : :| ̄ ̄∨_
       /: : : :/: : : : | |\_:| ̄ \|'∧
.      /: : : :/: : : : : | |: : /: :|     |'/∧
     /:_ :,: : : : : : :从j: ,: :_:,,|、  人rミソ
 、  〉///: : : : : : : : : :.:/: i//| ≧彡/,\
,{ {_/\/ { i: : : : : : : : :/: : |/∧///|////\
\_    ヽ__l: : : : : : : :/: : : |/|/∨//V/////\
└‐ <_/゙( |: : : : : : :,゙: : : : |/|//∨//V//////}
  `´   〈 ,l: : : : : :/: : : : : |/|///\//ヽノ‐< 人
      〈 : : : : : /: : : : : : |r〈///r―ァ彡  V/,〉
      ノ i : : : /: : : : : : : |'ー‐`〈       V





               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ      ライダーの真名を問えば良い―――かお?
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|      でも、それをするとライダーが消えるんだおね?
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|       それなら、自害させるのと何の違いが……。
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 序盤、聖杯戦争から降りるか否か。
┃ どうでも良いけど、この世界でのルイズの鯖って誰になるんだろうか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2820 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:11:35 ID:xIsJrRAw0




                 _____
         ,,.. ' ´            `・ .,
.       , ・´                \
.     / /7 ̄i=、_  ヽ ヽ          \
      /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ } }          ',
.    /..  l  〉  丶 l  |ヘ            .',      ―――ライダーがやる夫の為を想って
.     l   ノ ,'      丶i        /      l
.     l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l      色々と忠告をしてくれるのは本当に嬉しいお。
.     {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }
    ',   .l          ,'    ヽ         /       でも、やる夫はこの闘いから降りたいしない。
..    ', ノ `ヽ        .,'     }      /
.       ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /
   _,. < .r'´    `ー-、.,'_  ー '   ,. < > .,_
. <    .,'           .ヘ、     ,. <   /   > .,_
.     ,'           ヘヘ  ∧   /        > .,
    /              ヘl.  | マ /               \
.   〈                 ヘ. |  ∨
    V ̄`ー-、          .! |






             --
          /     ヽ
         /'
         { |   、   i|
          i八i  `、  八
          |  }ヽ  ∨ トヽ
            、 ノ >  i_,.ノ
          /:. :. :.乂 ):. ヽ
           ∧:. :. :. :.√V :. :
         , :. :. :. :. :.〉 r':. :. :i     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         i:. :. :',:. :. { }:. :. /.     |  君がどこの誰とか関係ないお。   |
          ':. :. : i:. : { Y|:. :.,'.      乂_______________ノ
         /:. :. :. :l:. :人ノ|:. :
         ,{:. :. :. :./ /_ノ:. |:. :i
       /:. :. :. /ノ ):. :.|:. :|.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      {:. :. :. : イ 厂:. :. :|:. :|.      |  この街への被害を減らしたい。それにやる夫はライダーに助けられた。   |
       、\:.:ノメ'':. :. :. :. :.、:. 、       乂_______________________________ノ
       メノ(ノ:=‐-:. :. _:.):. )
       V ノ:. :. :. :. :. :. :. :.イ
       ( )----------=彡ヘ
      ( ノL | i | |  | | | 〉
     (_ノ  LL L,,L_L人 /..    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ( )     i-=ニニ|-=7.         |  だったら今度は、やる夫がライダーを助ける番だお?   |
    (_)     :-=ニニ|-=:        乂________________________ノ
     L )     -=ニニ|-=
     ( _)    -=ニニ:|-=
      ( _)    -==ニ|-=
     /:. :.\ -=ニ { =
    〈:. :. :.ハノi |-=ニ |=|
       ̄{:. :|∨ |-=ニ |=|
       7イ/ -==ニ|=
           |-=ニ |=
           |-=ニ |=|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 口では辛辣な事を言いつつ、
┃ やる夫の運命を変える為に聖杯大戦から離脱するよう説得するライダー。
┃ しかしそれは目の前の少女が消滅する事に他ならず、
┃ やる夫なら絶対、肯いたりはしないんだろうなーと思った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2829 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:18:49 ID:xIsJrRAw0




                        _,, ィ: : : : : : : : : / ,ィ / / / \
                       ̄フ:/: : :/l: : : : : `=: /_ノ|_ノ`l l    \
                     -=≦: : : : : :レイ: : : : : :ト: :::f  ̄ ゙-'  ヽ __ / 7
                      _彡イ::/://_筵>ト: : : ミk=-: ̄ト` --=-イノ/// \
                      /イ:fノ     ヾ ヽ:i ノ: : : :lゞミ   i//////////
                        lハ::ヽ      ∧: : : Nヾ     \////////
                        /lヘ v=-     lハヘ{z-===- 、  \/////
                          ヽ   , _,,ィ////////////≧  \///
                            =彡ヘ ∨//////////////////////
                           マ/∧r| ィ////////////////////////
                         _ ,-=/ ∨/////////////////////////
                        _,|// ノ  l//////////////////////////
                       /////   l////////////////
                       l//     ;l//////////////7
                       l/ /     l//////////////
                       / /      l ////////////
       _ _                    l////////////
       ト--Y , ヽ         / /       l///////////{
      }/ - ゝィ  |r=-- ==-  / /        { //////////ム
      / -- 〈 -  l l/////_彡/ノ         ∨/////////∧
      ヽ| rノ   /-=≦;;;;;= 'イ            i///////////≫、






          /                     \
          /'/   ノ                  ',
         / /       .:|     |    |  |   :i
         '   /     :ハ|_,,.イ  |    |  |   :| :i
           i '/   \,/   /  |    ,  ハ  :| l|
         ノ/ i     /^㍉ / __,.斗< /  _' '  |八
       /'ニ-|  /|/i r:j/  / r'::ソ 》 / }_} 人
        {ニ= |  , |从 / }/   /  / イ:. ∧(__ )ヘ_
          ̄_| /:.:|  ゝ  r .   /  /_ 人;,ー\乂人ヽ
        / '":. :. :.|  /:.> _,../  /イ :. :. :. :. :. \ _人
        /:. :. :. :/::::::|  i:.{:. :. }/7 // ̄:``丶、:. :. :∨ ノi
.     /:. :. :. __:/ :::::::|  :八ヽ__/ ̄:. :. :. :. :. :. :. :.\:. :.i ノ
     i:. :. //:. 二=------=:ヽ::\:. :. :. :. \:::::::::::::::∨'イ
     |:. :. :. ':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. }::::::廴:\::::::::::\::::::::人|ノ
     |:. :. /::::::::::::::::::..... . . . . . :::::::::::::::::::::: \::::::::::\〈:::/
     |:. : {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\:::::::イ::/
      乂二=---------――…━━━━=二:::: 人{
     人 /:. --<:. {//{_ 斗---ミ_: ーv-ミ::::/:::ノ
    _( ィ /:. :. :-v'" ̄__メ⌒v⌒メ_人~メ __Yア \ _
   /人ノ {:ノ~メ⌒彡~^⌒`¨´\:::::: ̄::乂 /';';';';/// }
.   乂 人_)___彡'⌒´:. :. :/:::::::::::: -==\_:/ /';';';';/{//ノ⌒ヽ
       -―‐ァミ::::::::::::::i:::::::人 )::::/人 \';';';'///人////
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 家に帰る途中の橋にて。
┃ 赤のランサーの襲撃を受ける―――。
┃ 黒のライダーを圧倒するその力に劣勢を強いられるも、
┃ 決着の直前に何者かの剣による支援を受け、ランサーを撃退する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2835 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:24:09 ID:xIsJrRAw0




                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1
           /   X/!∥ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |    ―――何処かでお会いしたことがありませんでしたっけ?
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅  ジー
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ




                 __
             '"       ``丶、_
.           /''/                 \
        /''/            \   \
.       '  ,      从|   | j       :.    ',
.      /   /       i'" ;   |∧   |  i:i:.   ',
    /   / /     i|  i   一―   |  |i:i:i:.  ',
    ,'  /  '  i , ||- ',  /'  `、 |  |i:i:i:i:.   i
        i   i  |/ 从  : /{   _ \  |へ:i:i:  |i      ―――いや、無いはずだが?
   i  〈  |  八''〃心 (  '"¨¨⌒|  |ノ^ Y´ |l
   |   、 ,j|   ノ、 乂ソ        |  | - 人 八
    、    }八     |\   '      |  |イ:i:i:i:\ \
       l  ヽ|  |人     __     |  |/>-―<⌒
       |  ;八  :i  >.,   `  /|  |:./:. :. :. :. :. :\
.        jl  i  \:|  |:i:i:i:i =- ' :|,./|  |:.i:{:. :. :. :. :. :. :.ヽ
.      八 |    :|  |> ァハ:.:.}':. |  |:.|:》:. :. :. :. :. :. :. : .
          \   |  |:. :.///,'i/// |  |: |{:. :. :. :. :. :. :. :. :. .
           \  |  |i : {///:lN//,|  |: |:\:. :. :. :. :. :. :. :. :.
               |:  八: V//||//:从 八:.\:.\:. :. :. :. :. :. :. : 、
             / Vヽ∨,'ト __:/ /:. :.\:.\:. :. :. :. _:. :. :. :\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ サーヴァントなのに何故か霊体化できないライダーの寝床確保の為、
┃ やる夫の家を使用する事に。
┃ 『海外の叔父さんの知り合い』が訪ねてきたという設定で
┃ 琥珀さんの疑惑の眼差しをやり過ごし、当面の拠点を確保する。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2838 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:28:46 ID:xIsJrRAw0





                 '"  ̄ ̄`ー
              '"/            \
             //          \
           /  ' /   ヘヘ    \    ',
             〈     j|   ', , 斗ヽ\
            i  | ―从‐  '  x≠ミ \ i
            |  l _,{ x=ミ、 ∨ vリi   \
            | 人 人 vリ       从;  ^\       今後の方針だが。
            ,  i ヽ ヽ     '    / | {
            {   |\|   ト  ‐ '  イ |ノ          本当に黒の陣営と合流をしなくても良いんだな?
              \ |  | ハ|:i:i:i≧ー:' ̄|  |―  、
               \ ,  |从/: /|人_/|  |: : : /: :i
                    /  /: : ノ彡 : : : |  |: : /: : :|
                / /: : ///: : : : : 、  、: : : : |
   _            /: : : ////: : : : : : : : :.  i: : : : : .
 r//__       /: : : : :///イ: : : : : : : : : :|:. : : : : : :ヽ
 〈 {-{-{-┴       ∧: : : ノ//'八: : : : : : : : :人i 、 : /: :人
  i//// へ/,〕     /ゝ : {///{_>――<_ノ,|  ∨: : : : :)
   ̄\-=彡へ  ' / | r|/\/'≧―┐{E{i/// |  |/ ̄〈
      ̄\  // | |ノ:|/| \////|ー=〈/ / |  |i
         \, ,  | | | : : Y: :  ̄ : : : : : v{i |  |ハ   i
           i i、 从 V゙: : : :|: : : _: : : : : }ノ 从  i i    |
          V \ /: : : : :l/: : : : : : : : :∨  i 人 |    |
                 /: : : : :/ー: : : : : : : : : : .  / i_ |    |




         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \     やる夫を襲ったのは黒のバーサーカーなんだお?
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     流石に街中であんな化け物を放し飼いするような奴らと、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      事前情報も無しに近づく気はないおね。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒の陣営への不信感から、独自の行動を取る事になる二人。
┃ 情報を収集しつつ、町へ被害が及びそうな闘いが起これば
┃ 可能な限り被害を少なくするために行動することに。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2844 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:34:16 ID:xIsJrRAw0




    //, \  |      ト、      ヽ
\_,/_//イ  / \!     .| l   /   .}`>
/|/ |/゙ー/ァ<__  j./lr:、  / _!-A.ィ   ├′
 ア≧ミミ:、   " ,j }}ノ"孑レヽ'1、/} / }
l| {::::} |゙`   ノ〃 { ,j{薔}l、.jィ'//} 八
_弋_゚辷'ン_    ´ ゞ、,ト-rァ'' //ノ!レ、 \       お姉さまーー!?
   ̄ ̄"´        ゝ.ニニア<ヽ.{ ∨ヽ  ヽ
  :.:.:.:        ′  .:.:.:.:.: !  l ヽ、   ハ     バカじゃない方のお姉さまどこですかー!?
                      } iハ  }   }
                  ノ  ! ト、 i   l
\     ⊂ニ=⊃    .イ , ノ  ∨   /




                   ,..-―- 、
                     /:/ ̄  `
         ,. . .-―――- . {/:ー- 、
       /r‐: .、: : : : : : : : : -‐ 、: 、:.\
   ,. :‐:.、/: /: : : /`: : : : : : : : : : ヽ}: :\: \_
   /: : :_/-:/: : : /:l: : : l: : ,ハ: : :l: :,: :ヽ: : ヽ ̄
  ,:///!',: {: : : {: :|_:_;/!: / }: :リ_: }: : :}: : :.}
 ///イ/!:Ⅵ: : :.|:./!: / |: {  l: :ハ: :|: : :j: :.lリ
///// ∧:_|: : : |/_Ⅵ__レ'  l/_リ_!: /: //ハ      もしかしてばらしー、ボクのこと嫌い?
 ̄ |: ////{l |: : : | 弋z(ソ   弋z(ソ l: ハ:/-,- '
  !:{//: ヽ_!: : :| ' ' '      ' ' ' }:l:/: |/!
  }:´: : : : :| ,: : !、         人!: : |-`
  |: : : : : :.| |: :.i >、_(⌒)_,...イ: :.:|: : {
  |: : : : : :.| ゙、:.l -‐'  ̄ー,. }、 _!: :.:|: : |
  |: : : : : :.|/l:::::i l/   r-/ // !:::::|: : |
  |: : : : : / \l:::リi    / '_,./ j::/リ: : !
  |: : : : : !   j/l-、__/lT ´  / / }: : |
  |: : : : : |     | !:::::::::::!|  /     !: :.|





               _____
              /:::::::::::::::::::::::∠___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::ヽ
         レ::::/^ヽ::::ト、:::::::::::::ヽ:::::::::::::::l
          /::{::{ノ  ∨ ヘヽ::::::::::ヽ:::::::::::|    あいつ、意外と世間知らずな処あるしなー……。
           {::::小 ●    ●、:::::::::|::::::::::/
         ヽゝ⊃       ⊂⊃、/j:::::::/     ああ、心配だ。 見ず知らずの奴にいきなり変な事言ったりしてないよな?
          |::ヘ.  r‐-、    |::::|´::::<
          |:::/⌒lt`ニ'.r―‐┤::|V ::::|
            ∨¨¨7 || ||   レ'`ヽ∨
           .「¨¨l  ∨        ヒ|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ なお、その頃の黒の陣営では。
┃ 陣営の中核を為す存在がまさかの行方不明となり、
┃ 次の行動に移せないでいた……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2855 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:41:56 ID:xIsJrRAw0




            _,, -‐''": : : : : : : : . 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : =-、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : ::l: : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ト 、
       /:/: ::l: : : : : : : :;/: : : : :/: : : l: : : ::l: : : ,
       /イ: : ::l : : :l: : : :/: : : :/></: : : : l: : : :',
        {: : : l: : :/l: : /: ://イ 仞ヽイ: :://l: : : : l
        l: : : l: ::/ l:/从:リ      l: /ryl;;: : l: :l     ―――報告は以上だ。
        ハ: :;;l::/;;;\ゝ',         ゞ'/;;/リl::l
       rz=-l:// l:l ¨{          l/イ  l/
      ////////≧=- __      ,'
  _,, -‐''"//////////////////\⌒ /
 ///////////////////////////ヽイ
 /////////////////////////////\
 ///////////////////////////////ヽ
 ////////////////l////////////////\
 ///////////////八/////////////////\
 /////////////////\/////////////////\





               \:ゝ、ヽ `"   __    /: : : : : : :/: :|
                 ゙l:.:.:``ヽ    r、  {: : : : : : :/: : ヘ          ふーん、そう。
                 .|: : :|: : :l::> .| |_ <ヘ: : : : :/l: : : : :ヽ
                /: |: :|: : :| : :;;- | |  _xヘ: : : : :|、_: : : : :\       お疲れ様、お茶の一つでも飲んでいけば?
                  /: :ノ: :|: : :| ̄.. .| | /ヽ ,ヽ: : : ト、``¨ヽ: : : `ヽ
                /: /: : :.|: : :|.   | |y  ∨ \: : : ヽ  ヽ、: : : ヽ
            ./: :/: : :./ : : |.   | | ヽ     〕: : : :ヽ   `i: : : バ、
           ./: : :/: : :./: : : /   /`ヽ |   ./: : : : : :.〉   ヘ: : : :l:ハ
         /: : : :./: :./: : : : /   / , ´`ヽ|  ./: : : : : : /    ヽ: : |: ヘ
        /: : :/: : :l: :./: : : : イ:゚x‐‐/. .'二ヾ| /: : : : : : /、      \: : : :l   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         /: : :/: : : :.\: : ; /: / r''´|  r、, 〉| /: : : : : : /  /\     ヘ: : :|   |  ―――遠慮する。ここは空気が淀んでいるからな。   |
       l: : :/l: : : : /‐-゚ヽ:/  |  ゝ.ノ| ||O|/: : : : : :./:| /:.:.:.:ヽ     ヽノ    乂_______________________ノ
      x''"´ ̄`ヽ;/ r‐''/    ゝ__ノ〉|_|| |: : : : : : : : :ゝ、:.:.:.__〈,, -‐-   ゙、







.
2861 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:48:55 ID:xIsJrRAw0





               ,. -‐===- 、
           ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
          〃: : : : : 〆 : : : : : : : `ヽ: : : : :\
         /: : : : , :: : : : / レ : : : : ヽ: ',: : : : ハ
            jハ ,': :从::,:-:、:{: : : :゙斗-‐廾ト、: :ヽ:∧
           ノル'゙:/≠z、ヽj: : : }z≠ミx、ノ : : ',: :i       ―――赤の陣営を掌握するためとはいえ。
            乂:{〃 f、,i  `,: ノ 圦,ィ从:: : : : : !
.              ハ  l,斗  ヾ 弋ツ/: : : ,: l ハ      流石に善性の英雄相手だと受けが悪いわねー。
             /:: :|   ′     ,': : : /: ::|: : :\
.            /: : 人   ヘ     /: : :λ: 八: : : : ヽ
          ノ : : : : : ト  `    .イ : : : ハ: : : : ヽ : : ノ   ああいった反発も折り込み済みだけど……さて。
         ′: : : : : :丿: :>   < /:: : : ::i: : : : : : : :∨
.          八: : : : : ∠爪//厂`y一'゙ : : : : {孑、:: : : : 人
         入:: : : ::∨_///| ☆//{: : : : : \≧= 、:: :: :\
.          〃 ∧ : : : ∨///!,/////ヽ: : : : : ∨///}: : : : :\
r‐n-,‐、 ,、  ヽ∨丿: : : : }////////////\: : : : ヽ//仆 : : : : : ヽ
レ'キ ハ, i {,i   },'/: : : : : ///////////////_} : : : : :\∧` : : : : ハ
  ハ ゝ\` 丶 、: : : : :∧//∧/////////,丿 : : : : : : }/} : : : : : /
  ゝ',i!i!i!i!i\   ` 、∧_/ノ,..-‐'''"~ ̄` `‐- 、: : : : //∧: : : :/        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  孑∨i!i!i!i!!\  \ ヽ/,         __,, .-‐! : : /////}:: : :i        |  次はどうやって遊びましょうか、アヴェンジャー?   |
 ´ヽ, ∨i!i!i!i!i!i!\____,,.. .-‐ '''""~!i!i!i!i!i!i!i|`i 、////∧ : : \       乂______________________ノ
   ', ∨i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!!/ / ハ_///∧: : : : ヽ
   /ヽ∧i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i⊂孑/ }ェ、///}: : : : : :`ヽ
  八: : : :∨i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!`ー'_/  `ヽ.',: : : : : : : }
   ノ: : : : ∨!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!!i!i!iャ`     }∧: : : : : :ノ





.          ,xf?ぅナア(辷__j{うぅixt-、、
          j(,㌢´ ̄/´. : .\``亥廴}_\
      xi(Z,/ . :,′/ . : .:,:\:.、.寸}_::. :.
.      辷ア . :/ : .:,′. : ::i:i: : . \:や}:. ',
.     ,Z7 . / ,′i:.i{: .: : ::i:|从:. :、 :`'く、: :;
      ,:′:: :ⅰ:i{从ハ : {: i:Ti土ト}::.\:.、`ゝ;.、
.     /.: :/i: :ⅰ:i{允士V{ノjノィ忙ソ}j: ハ从}/:ハ`)    ―――ご随意に。
.   .:.:/j{.:i: :ⅰ: i:iィだソ ′  ´^}j/ィ:ィ'}:ハ} }
.   ⅰ{ ]{i:l: :ⅰ: i:ハ,^`  '    ,Zノ.:ノノ′     マイ・マスター
.    `{ 从: .、:、:乂j:ゝ , ー ´/{.:ィ:_}        御主人様。
.       \∨;ノ:ィ(从〕ぇr '^ f´:ノ:〕___
       /h-‐く,xf{___Χ「`h'⌒狄厂)ix
        _>公ーr仁「  ,xi{_}くフiLコル' /,ハ
      `ア⌒ア´}ニ7=彳ア。l |{:i :从7/ ⌒ホ
.       〈w'´ ,:仁L.,_ノ/_゚_| |_Wィi7´     `}、
     ,xi?^  :i{ニニア /7ニ||ニ7   ,. -‐  `ヘ
.    { _ ‐-、 :辷二∨ニ辷凵ΞニV∠-‐=‐x,_ノ
.    Ⅴ__-_‐ミマニ三三i{三三三三}ァ“¨ ̄”¨ア
.     た´ ̄``iヤ三≧⌒`'≪三三{+t―+x,_」
    └i'¨ ̄”ア_,}ztx,_,xュ、 ー-- ̄ア'“ニ⊃ム-‐
.      :   _厶イニ{ア⌒``'' ー=ニ´\\〉 .云
      j '"´  `~゙“)〕ぅx、     ``^‐' ハ⌒`
      {        _」Z=-≧ix.,_     厶)k
.   ,xi(えぅナ7ア千‐- - -‐ '" ̄”¨アT升_}ハ)iX
.  ,:i{ア⌒ア´   ``: : . ..  . : : :.  ノ⌒寸「}}ム






2868 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 22:57:23 ID:xIsJrRAw0





              /.*,              _       ヽ
              /* /  ,    ∧∧         `、     `,
           // /  /    /`` "ヘ.         `、    ‘,
             // /  /     |    l     i    ゛、    '.
         〃 /   i   |  j⊥    |‐i―-l、    ゛.ヽ  ⅰ
          i′{   | |  ,ィ´ハ|    | ハ   ト\    ! ヽ
         !  }  ∧ |  ヽ|」     レ__} !| i     ゛. |
           ノ     Ν\{,斗=ミ    ィニニミ| l  ⅰ  リ  |
          ′     ヽ弋,,,          ,,,レ1   |ニヽ!
          i   i  | i {     ′       ハ  イ少ノ   }
          |    |  | ト、y  r- ――¬ ,ノイ  ノ/   人{
          l   ∧  | 八   ∨      |  |  [{  Υ  ヽ
        γヽl  /___\!  i\        _,ノ ∠.| 厶)  丿
  γ、     !  |\ l┏―┤  |||||i>  _  . ィ¶三:ノ /fr气≦、 /ヽ
   { `、    !  |   | | : : :゙|   川|||||||||||l〕   |Ξ′{: :|  }: :〕 / 八
  人  \ | {  Ⅵ: : : |  }´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ノニノ ノ: :|  |:/ / /
.     \  \| ⅰ  Ⅵ: :..|  } '//////////ノイ/ /: : :|  |、/  ′
       \ 八 乂_「n 〉:.|  / '//////////「n{ |: : :|  レ  /━‐ 、
       /、r‐-=、` _|УⅥ /\/////////|刈  |: : :ノ/`Υ へ_: : : .
     //  } \  \寸く〕| /ニニニニニニニニニ〔(>小. |: /ノ  ノ 、 ヽ `、: : :,
     ヽ≧_⌒) ヽ.  /  }レ/////////////了 小. |:{  / ┌' ノ ノ : : 】
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 以上、アチャ子メインヒロインIFの一日目ダイジェスト。

┃ ローエングリン=原作ルーラーと同じくリゼットに降霊したサーヴァント。
┃ 元々が同一人物であり、憑依体が黒の聖杯という特殊な器であること、
┃ 目的がやる夫を救うという一点において一致していることなどから、
┃ 人格の乖離がほとんど見られず、半ば融合しているような状態とか何だとか。

┃ その分、やや記憶が混濁しており、自分が誰かに憑依していると
┃ 最初は気付かなかった模様。

┃ 失われたはずの神血聖杯の効果が戻っている為、
┃ 真名を告げても離脱したりはしない模様。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2875 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:05:23 ID:xIsJrRAw0





                      __
                   '"      \'" ̄`丶、
                '"      ―     ̄ \  \
             /       イ      ``丶、     ヽ
            //   /     |    、      \
               /   '     |∧|     '\    `、   ヽへ ',
            // '   /     |  |    __i___   ', </O)
         '    i  |  |  l     |   `、  ', </|
        /  |i   |  |  |/ ,    |   _,_  ハ へ|
              |l   |  |  イ|  ',   j| 〃´ ̄',  ' {ノ 八   i
        {  八  |  |  八  ___  从  ..:..:..:.∨  .イ' |   ',
         、    ; |  |   〃⌒∨          i | |
         \  i 人   { ∧ ..:..:.       ┐   / | | |   i
             |  i、   、 ∧     v        | | / /  |
             |  |    { \  、       ィ'   | |      | 、
                、 |i、   / | ≧=‐-一 ⌒丶 | | /'   ∧ \
             \ | \V'  |   |    〈    }  j    /   ̄``丶、
                    \|   / ̄ |   |,     ヽ _ ' /    /_
                |   ,     ,         i     /         i
                    \/    ∨         |   ,   /        |
 ̄\              _(\ノ    '       /  、   { ,         |\
   \         { / ̄ ``丶、 {  / ̄\     \ ∨        /
     \  _____Y       \ / _,,..  -‐ ━ ‐-- { ___    /   i
      \      }    _ -‐ “              ``丶、ノ  イ   ,
        >―― /,,  “                     _  ``丶、|
``~、、  /    /               >‐ 、      _ \ > ___) /
     ``~、、   ,              <  \ \   __  \ /    '
 __ ニ=-―  /            '"   ``丶、} /\  、 \ )'    /
       /  {    ,,..     ´\           '   \ \ /   /'
___彡     `¨¨´         \      /       \ )  /  |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫とパスが繋がっている為、
┃ 脱落したサーヴァントは問答無用でライダー陣営がゲットできる。英霊ホイホイ。
┃ やる夫もライダーも鯖が脱落するほど強化されていくので、
┃ 序盤はきついが終盤になると無双できる。

┃ なお、ライダーの正体(リゼット)に自力で辿りつき、
┃ 好感度がMAXでR-18な展開に至ると
┃ より強固な結びつきが生まれお互いの聖杯の中身を利用し合えるようになる。
┃ (ただし、聖杯の騎士の資格は剥奪される為、戦後に責任を取る必要がある)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2883 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:11:45 ID:xIsJrRAw0




                  ,, '' ニニ  、
               , イ > ´     ` ヾ 、
               / 〃              \
            /  ィ   /   / ィ   ! ',    ヽ
              /< ,′ , / / /    }  | ',   ',
        , <///ノ  {斗‐/、/ !  /|  } }    , 、
        ∠////>6 !   !/ /| /  |  / 'i ¨/ヽ| .!  ',/\
       6 /6 6    |   |ヤこ卞、 { ./  | / / ' .}  V//\
        /  /  { |   {乂辷リ  |/ イ乏ア ′′ } ー―
      /  /     {  ' 、、、   ,  弋ノ / /   / 6 6 6
     /  /     '   ',    、 _   ""/ //  /',
   /  /   /    ',   ゝ 、   ,.,イ     ´   ハ
  /  /     /    _ゝ   ヽ ` {    ! rv‐、    ∧
/  /     /   /  ∨\  ヽ  ` =ヽ トヽ ヽ    ゝ
  /     / /   ′   '{ ̄ヾ,、\TTTTフ {ヽ  ',     \
/     / ./        { ニ} ∨ヽ ヽー< ゞ    !        \
.   /  /     {      ,ー 、 ヽ¨', ',ーイ  '   {        \
.  /    /    {       ゝゝ'  } } }//ハ  ∨ ∧           \
./     ./   /   ',        }  ,' / ./!///}   ',   ',            \
      ./   /    ,   //   , //|//.|   |.,   'ヽ`丶、       \
    /   /    ハ  / {   , }  |//.{   | ',   } ゝ- }_  -―- ,\
 __   /    / ゝ イ7 |   ' |   {///.',   ', ゝ  |  ヽ         , <//>- 、
¨\//へ ¨ ‐ /-‐ //./ |  / }   ∨//ハ  ノ  \!   ヽ_   /////   , '
   \//\        イ./   , / ,-―   ̄ ¨ }ゝ   ',   ∨><////   /  \
\   \//> _///     У .,‐- ==== -‐ ´ ヾ 、       ` ー一 ´  /     \
  \   `<//////ノ   /  , ′     }///}   ゝ \          /        \
   \    `¨¨¨´    /  /      {///.,      \_  -‐  ´
     \           イ         ∨/∧         \      \
      ` ,   ,.  ´ /′        ∨/∧            \      \
          ̄      /            ∨/∧           \      \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ カインの呪いは問答無用でライダーが引き受ける。
┃ これによりライダーとリゼットが分離。
┃ やる夫はライダーを助ける為に、そしてやる夫の行動を傍でずっと見ていたリゼットも、
┃ 本来のサーヴァント(AAラインハルト・ハイドリヒの没鯖)を再召喚して
┃ ライダーを救う為に動き出す。

┃ 多分、リゼットがまともなヒロインやるには、
┃ これぐらいのシナリオがないとアカンかったんやな。悲劇やな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2889 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:15:25 ID:xIsJrRAw0





           , = ニニ = 、
        , 彡         y 、 ,,==、
       γ´   l   ヾ  、   | 彡ヽIII《
.     /   ', |ゝ   | \}  |彡ツ |I〃
     i  ', ', ', ヽ |r=ト  |「ヽ |ii
     |  从从i   ソ 込ソ  |_ツ |
     |从  ヽ它 、 ,   |  |   | |    まぁ、本編の彼女達は色々と残念な属性がついちゃってますからね。
        `イヽ',ー' ヘ , ノ  |   | |
         |  | y:::::::::ヽ ソ  /从ノ.ノ     こんな夢ぐらいは見せてさしあげましょう。はい。
         Ⅳノ/:::::::i::::/i/ ///i i乃z,,
         /::::::::::::::ヾ|从ソ/:::iハ乃::::ヽ
.        /::::::::::::::::::::::::',//_ = ハ乃:::::::ヽ
.        ',::::::::::::::::::::::::::: | ̄    ハ乃:::::::::ゝ
       i::::::::::::::::::::::::::::::〉__ _ニ≠':::::::::::::::|
.         |::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        f::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
        〉:::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::> = ´
       ノ:::::::::::::::::::::/:::::::::::ー=ニ_:< 、
      ミ 、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::`〈
           >、_./〈::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           〉   ヾ:::::::::::::::::::::::::/
            i      ヾ::::::::::::::::/ ::ハ
.           i       ヾ:::::::::::| |::ハ
.            i        \:::ノ i::::ハ
          i|             i:::::j
          i|             i:::::l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ というわけでお題その1は消化終了。
┃ 時間的に厳しいですが、ちゃっちゃと次のお題に進めましょうか。
┃ そう、名付けて―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2894 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:17:47 ID:xIsJrRAw0




┌──────────────────────────┐
│ 第一回・正月だよ無礼講!没鯖合わせての暴露大会!  ....│
└──────────────────────────┘



/ l                        ( il  ::::::::ヽ //  _,,. -‐''"´::::_,,. ''"´    ::::::::::::::::: ヾ ` =-=イ
 /                     イ / ゝ,,  -‐''"´イ          _,,. -‐''"´:::::::_,,. -‐''"´ ヾ ヽヽ       / ==-- _
./                   / //   ゝ  ==-   ::::::::/            ≦:::::::::::::::: `::::y /ヽゝ ==-イ / ;;;;;    / ̄
                   /   l l  r  /l l ミミ  :::::::  ===    :::::::::::::::::::::二二二二=- ::::( ( ヽ ::\ 三三/;;;;   /
                   l    ヽl  ヽ / lK:::::::ミミ=-ミトヽ     ト   \ ヽヽ:::::ヽ ヽ:::ヽ  ヽ ゝ三 \ ヽノ/;;
  ヽ                ヽ    \ ヽyヽソ:::::リ`ヽ ャ `ヽ、トヽ トミミ  ヽ ヘィヽヽト ヽ  ヽヽ  lゝ 二  ィ\イ   /
   \                \      //ヽ:ヽ` <ソ  ./;从ヽ l l ヽ ト  l  l::リ /:::::ヽヽレヽ .y l::::::::_ ''"´ \ \ /
       =- _                  _,  -ー= ヽイ  ハ l l l::l ヽ l  l/:/\ヽ ヘ `  ヽl  l ヽ´      \\
           ̄ =- 、    _,,.  -= - y ´、       `ヽ / / //l 人 l  l::/  \ ヘ ヽ /  /        / ゝ 二=二=ー
. .\       \      :ヽy ´          ヽ       y  / // :l レヽ::::::::l    ヾ l:::::V ハヽ      /      / /
   \       \      ヽ、            ヽ    / //  :l l  ヽl:::::::ヽ    ヾ:/::: /ヘヘ =-ー.イ     / /
             ヽ        ヽ           ヽ / /:/  / /   l:::ト ミミz_   // ::: /=ヘヽ        / /
       .\              ヽ  ヽ        / ::::::イ   / /   l:::lヘ ヘ ヽ // / \ ゝ  _ ,,  '´ /     /
        ヽ                  =-=  / , -''"´    / / /  リヽ::ヽ  ゝイヽ/ ハ::::::::::\ ヽ     /     /
          `ヽ\   =-   _ 彡 =  ̄ / /k ヽ      / //  / ヽヽ    l i / \:::;;;;;::::::ミミ ≦   -= イ
             ゝ-= '           //ヽ /        l  レ   / `  ゝ _/人:ム=- \:::::::::  ==--       /
                       ,,.‐''"´:/   ヽ  /      ハ l   :::     ソ/  ヽ::ヽ、  ミミ、         ≦<
                     _ィ´::イ::/      ゝノ     / ヽ::ヽ  /    //     \ ミ 、 _≧    ≦<
                   / イ::::/        ll          ヽ:ヽ/    l /        ` <  _  二  _,,. -‐''"´
                  / / /::/        ノ          /\\  ヽイ
                 /::/   l:::l         /        i  /  \\/ \
                /::/    l l         リ              ,ィ\\   \
               l ::l     l l                  i     ll   \\   \
               .l l     .ヽヽ      /               il     ゝ ミ 、 ヽ
               ゝ ゝ     ヽヽ    /          l      l       ヽ ヘ  l
                \ \    \\ //          l     ム       / //





2897 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:24:40 ID:xIsJrRAw0





                      | l  ||                   ||   |  |
                      | l  ||       ,.rー、ト、       ||   |  |
                      | l  ||     ,. 7 ハ  \\、.     ||   |  |
                      | l  ||   //  ′ }}  }丶\、    ||   |  |    初見の者もいるだろうが、あえてこう言わせてもらおう。
                      | l  ||  / / 仏v //__} } }\:.`、  ||   |  |
                      | l  || { .:  ㌢^{{ r恣 厶,」  ` ::. ||   |  |    ―――久方振りだな。
                      | l  ||   |iⅳ^、_ { 「ノ{ _/ \   }} ||   |  |
                      | l  ||  _,」N} ⌒`′ 从_」、  `、 小 ||   |  |    またこうして卿らと語り合う機会が巡ってくるとは思ってもいなかった。
                      | l  ||rく::::||圦.,  .,_rーr:ヘ、_}ヽ  く}U}    |  |
                     _| l  リ:::::; ノ; 7} _7:::}}:::::::^ヽrー ミ」-‐.ミ  |  |    今宵は無礼講ゆえ、ぞんぶんに語り明かすとしよう。
               .r≦三弖::7::// ,/リ_j7:://:::::/⌒^   \:::::::.  |  |
                    /{:::::::::::::::::7'゙   /:::|:i:i{{:::{{: ィ} ,. - 、   }:::::|H |  |
               ::::〉:::::::::::_/イ「 {/ __ j_/:::::ー::/ノ,. -‐‐ 、\  {:::::|H |  |
                  }:/:∧::::{{:::八{:r冖¬{{::::::::::::_/合xr    \ 」::::|H |  |
                  ノ:::/::/::/} }::::::::/  / {{:::::::::::/  7;      ]r‐-==ニ 」
            〃::::/:::::::/,」 }:: ::/ /  _,{{::::::::/   /::{ |     |/  \ !
            {{::::/:::::::/ 」 }:::/  ,. イ^{{::::::,′ 7 : { !     |{    }





            lヘ ノノ /_,,. -‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
          l l l ヽ  _,,. _ _ ::::::::::::::::::::::::::::x:::::::::::/
        _ =l{彡 ヘ  \ ヘ =-':::::::::::::::::: / /::::::::::/ /
       /  / /lヘヽ     ヘ:::::::::-=ニ/:::::::::::://:/
         イ /  lリ|k ヽトメ ヘ  ニ=-::::::::::::::::::::::::::::::/
          l//l lト-_ヽ ヽr;yヽ     ::::::::::::::::::::::::::::/      時間? 体力?
         //l/kヾメi \\ヽj、    :::::::::::::::::::/
         .   l l ト ` __ヽ_,ヽ l  __ ::__:_::::ミ=-          卿らはそのような些事を気にする必要はない。
            ヽ ヘ ヽ=_ ' ヽイ| |;;;l l/////l
           --l \\  イ:::::l l l;;;;l l/////l           それよりもまず、何を暴露させるかを考えるべきだ。
          ll三 | l l rイ ∧=-l l l/ヘ∨//人ニニ=
          l lレ   l jヘ/ ヽj l j ヽレ/////////へ
          lノ/  ノ ///ト--  /  ///////////////l
      _,, ‐''"´ / / l///lヘ ∨/l  l///////////////{
      l/ // /// ヘ//  ヽ∨l  l//////////////l∧
      / /ヽ/ /∨A /  / ヘ l  l//////k////_,,. -‐''"´ヘ
     / //// //l ∨A   / / ヽヘ ∨/////k//;;;;;;;;/   ヽヽ
    / /l//{  {マ//jl//A  / j  ヽヘ ∨/////ト;;;;;;;;;;;;l      ヽ
   j/ .|//l lllヘ//l レ イ {   {   l_ll j `l////ヘ;;;;;;;;;;;ゝ     ヽ
   l::l .|/lj  l/ヘ/ALkyノ l   l  /  } .l   {/////ヘ;;;;;;;;;;;ヘ    ノ;;ヽ
   l::l .|/ll  |///l/A / ヘl  l <  {つ .l  l//////ヘ;;;;;;;;;;/ `l__==__ヽ
   l::::l |/l  l/// l/Aヘ  l   l  ヽ  ∨ .l  ヽ、////////l  l////l∧
   l:::::l .l/l  l/// l/lA ヘ/A  l  A  ;;ヘK   ヘ///// ノ  l/////∧





.
2902 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:29:30 ID:xIsJrRAw0





      l      ;;;   ;;
     l      ;;;;;  ;;     ;;;;;;;;;;       ;;;
\          ;;;i`\;;     ;;;;;;;       ;;;;
__ __ __        ;;;i-x  \    ;;;;;      ;;;;;;;
     \       ̄ -- \__ ___ ___    ;;;;;;
   // /    ミ       \;;;;;;;;;;;;;  ;;;;;     _,,. -‐''"´
   //  j  ミヘ  ミミミkュ __  ミニ==- ;;;;;;    /
  //  j  ヘミヘ  ヘミ:::ヽヽヽ ヘ ヘ;;;;;;; ;;;;   /
  //  /   ヘヘヽヘ ゝ:::: ハヽ リ \;;;;;;;  /                   ああ、先に謝罪させてもらうが、
  \ j   ll  ヘヘ\\ ヽヽ l_xfッ乂 \\;;;;;;/
    l  l:::l l ト-ヘ\\  ゝヒ''`  l   ヽ ミz__      _,,. -‐''"´       没鯖が私のような出番すら与えられなかった者のことか、
 \  l  l:::li l x:ty :\\ハ    l    ヘ l ̄ヽ-i  _,,-''" _,,.-‐''"
--   l  l::: !ヽ  ̄ \::::: \    l ハ   ヘl lヽ l;;l/_,,. -''"三三三      あるいは主役として抜擢されなかった者のことか不明だったゆえ
    ヘ  j ハ ヽヽ   l\:::: \  / l l    l l;;ヽ l;;ヽ三三三三三
\_ _ヘl ヽヽ ヽハ   __ ,=-- '   イ::l   l l;;;ヽ .l;;;;l三三三三三        勝手ながら前者のほうを採用させてもらった。
      \ヽ ヽヽノ >   - ' /:::::::l   l l;;;;;ヽ l;;;;l l三三三三
    /   lヽ   ヽ  lゝ >  イ::::   l   l;;;;;;;;ヽ l;;l l三三三三
  / __ ___l    l三三;l ̄\     /l   l;;;ヘ  ヘ .l三三三三        彼女らに場を譲ると画面が狭くなるのでな。
 三三三三l     .l三三;l   ヘ   / /l   lニ ̄ lヘ |三三三三
 三三三三l      .l三ニ;l  / ヘ / / l   l  |  l  \三三三
 三三三三l      l三ニl / ヘ;;;;;;;;;;;;/  l   l  |  |\  \三三
 三三三三i     l三;l    {;;;;;;;;;;;;l  l   l l  .|三\  \三
 三三三三i     l三l     ヘ;;;;;;;;;l  l   l l  .|三三\  \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 暴露その1:
┃ 没ヒロイン鯖5~6人を同時に動かすのはしんどい
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2906 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:32:45 ID:xIsJrRAw0






:::..\:.  .ヽ:::::::::;;;;;;:::::`:::::、::::::::::‐-.........._ヾ. ::〉_ ,:'
 、 ._:::::.. :::..ヽ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;`ー ,......... ̄`,>‐ .ノ,.-―- 、
`ヽヽ\:::::..ヽ::::..、,,,ヽ、-― /  ,. -‐  ,. ,-,.' ヽ.    }!
  丶 \ `、 ::::::::;;;;;;;;>ー/;;;;;:ィ'"/ / ,;; ',     |!
   \ 、.._ヽ ';;,,\ 、:;;;;;/;;;:/;メァ 、イ /;; /!ト、   i!
 \   ` 、_ヾ.. :::::::::::/.ィ,';;;;; /  / ./ノ;ノ;l;!{    ,゙
  ` .、_ _-ニ-__;;;;/; ;;;;;; ,' // />;;; ll    /        それでは卿ら、何を暴露して欲しいか問うが良い。
‐-,.,、._._._.   /二二二'ニi;;;;; // ` ー- /;;;; /;!   /
/7- 、ヽヽヽ-、/二二二二l;/l7 、    /;;;;;/l. l| /          私でも>>1でも、特定のキャラクターでも構わんし、
'////////>-ゞ、二二/'!:::' l' /= 、_/>:::. ! }!
/\'//////////\=/ニ/.!:: | /二ニ/./ 〉:: | リ             結果とてイメージが崩壊したとしても大いに結構。
゙//\///////////\" イ;:: !'l./l二/∧,'::::: レ′
//// ヽ/////////////l.!l  !、ヽl=// ヽ:::: !              真に愛するならば、まずは破壊せよ。
///////////////////l !', l//!',ヽ∧  ヽ..!_
゙///////////////////!.!.', 、'/ヽ/V,\ ヽ.ト7ァ,._
'///////////////////,!l. ヽ ヽ,ヘ. ∨/へ、.\,ヘ,ヘ,
//// //////////////,l   ヽ:゙、 〉  V///,lヽ_\/ヽ'
///////////////////,l   i. !〉;;;,  V//,{//ヽムヽ,'l         では、最初の質問は―――。  ※安価↓5
/'//////////////////,〉   |∧;;;;;,_,l//l∨//ヽ.__ヽ
/////////////////////:ヽ .!__゙;;;;;;;, ̄l'/,!:∨//∧_ヽ
'////////////////////:::::::、 .! ̄',;;;;;;,. '!'/!:: V.//__ヽ_」.ヽ
'//////////////////. :::::.l l, !  ';;;;;;;,.l/∧:. ',/!ー-ヽ ,..,ヽ
'////////////////ィ .: : / .! ,l   ゙;;;;;;;l'/∧ l/!   /!i、’ ヽ
'////////////////.:::: ./,! l. ',!   ゙;;;;;;;V/ヽ:.V!__ヽ|ヽ 'l゙l i
゙///////////,.'// / ,ィ//! l〈〉',   ゙;;;;;;;V/,!::.V!-‐-.」 ' __.!
'//////////,i////::/,リ/,! .// } \. ';;;;;;;V,l:::::'ヽ;;;;;;リ  ', '`'.!
'//////////,リ// ! '////,l/ \.,'‐- \ l';;;;;;;;,!::::!.Vヽ;;l  .! ヘ.l
゙/////////////∧{ ///A、 /‐-  .._l l;;;;;;;;〉:! ゙;:!'/ヽ,   l/ .l
゙/////////////////l ヽ./      \';;;;;;!リ,l,::トヽ'//ヽ l 、.l
////////////////l /-ニニニ=-、  .,ll!;;;;;!V/リ'/ヾ///!l ,'







.

2911 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 23:35:00 ID:jogp3lKQ0
ぶっちゃけ今ハーレムエンドの可能性どれくらいよ?

2916 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:38:14 ID:xIsJrRAw0



┌───────────────────────────┐
│  Q:ぶっちゃけ今ハーレムエンドの可能性どれくらいよ?  ......│
└───────────────────────────┘



/ l                        ( il  ::::::::ヽ //  _,,. -‐''"´::::_,,. ''"´    ::::::::::::::::: ヾ ` =-=イ
 /                     イ / ゝ,,  -‐''"´イ          _,,. -‐''"´:::::::_,,. -‐''"´ ヾ ヽヽ       / ==-- _
./                   / //   ゝ  ==-   ::::::::/            ≦:::::::::::::::: `::::y /ヽゝ ==-イ / ;;;;;    / ̄
                   /   l l  r  /l l ミミ  :::::::  ===    :::::::::::::::::::::二二二二=- ::::( ( ヽ ::\ 三三/;;;;   /
                   l    ヽl  ヽ / lK:::::::ミミ=-ミトヽ     ト   \ ヽヽ:::::ヽ ヽ:::ヽ  ヽ ゝ三 \ ヽノ/;;
  ヽ                ヽ    \ ヽyヽソ:::::リ`ヽ ャ `ヽ、トヽ トミミ  ヽ ヘィヽヽト ヽ  ヽヽ  lゝ 二  ィ\イ   /
   \                \      //ヽ:ヽ` <ソ  ./;从ヽ l l ヽ ト  l  l::リ /:::::ヽヽレヽ .y l::::::::_ ''"´ \ \ /
       =- _                  _,  -ー= ヽイ  ハ l l l::l ヽ l  l/:/\ヽ ヘ `  ヽl  l ヽ´      \\
           ̄ =- 、    _,,.  -= - y ´、       `ヽ / / //l 人 l  l::/  \ ヘ ヽ /  /        / ゝ 二=二=ー
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.    y  / // :l レヽ::::::::l    ヾ l:::::V ハヽ      /      / /
 |  うむ、初っ端を飾るに相応しい良い質問だ。     |   / //  :l l  ヽl:::::::ヽ    ヾ:/::: /ヘヘ =-ー.イ     / /
  乂_____________________ノ. / /:/  / /   l:::ト ミミz_   // ::: /=ヘヽ        / /
.       \              ヽ  ヽ        / ::::::イ   / /   l:::lヘ ヘ ヽ // / \ ゝ  _ ,,  '´ /     /
        ヽ                  =-=  / , -''"´    / / /  リヽ::ヽ  ゝイヽ/ ハ::::::::::\ ヽ     /     /
          `ヽ\   =-   _ 彡 =  ̄ / /k ヽ      / //  / ヽヽ    l i / \:::;;;;;::::::ミミ ≦   -= イ
             ゝ-= '           //ヽ /        l  レ   / `  ゝ _/人:ム=- \:::::::::  ==--       /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    ヽ  /      ハ l   :::     ソ/  ヽ::ヽ、  ミミ、         ≦<
 |  では、暴露させてもらうが―――。   |      ゝノ     / ヽ::ヽ  /    //     \ ミ 、 _≧    ≦<
  乂________________ノ.     ll          ヽ:ヽ/    l /        ` <  _  二  _,,. -‐''"´
                  / / /::/        ノ          /\\  ヽイ
                 /::/   l:::l         /        i  /  \\/ \
                /::/    l l         リ              ,ィ\\   \
               l ::l     l l                  i     ll   \\   \
                  l l     .ヽヽ      /               il     ゝ ミ 、 ヽ
               ゝ ゝ     ヽヽ    /          l      l       ヽ ヘ  l
                \ \    \\ //          l     ム       / //
                  \ \     ゝ `ミミz- _       ヽ     ヽ     //イ






.
2918 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:40:58 ID:xIsJrRAw0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  >>1は今の質問が来るまで、個別ヒロインエンドを目指していた事を忘れていた。   |
  乂___________________________________ノ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
l ヽ l: l     ト,,,,,,  ヽ  ll   ヘ l \  \    Vヘ    \\
il ヽl:. l     i:::::::` =x,,,ヘ     ヘ:l  ヽ、:::::::\   V\ヘ   ト\\
 :::::::l\ :::   、V    ` =ミ l     `、  ヽ :::::,,,;;;ヘ   V\ ヽ V \\\
 l:::::::l l     ムヽz_=__     i l    ヽ :: ::_ノイ ノ \ ヽ_メ== ヘ  ヽ:::\\
 ヽ::::l .l l i  k lトヽ, (;:+`ッ x_:::l l    ヽ:::.::     /{ヾ + ソ\i レヘ ヽ::::\\
k ヽ:::l l:::l   l:: ト_ヘ,` = '   _ヾ、ヘ   i ヽ  :::::-=イヽ _ ` =ヘ彡イ\::::y\ V:::\\
:  ヽ:::: ::::   l;;:ヽ::ヘl`=== '¨ ::::ヽ:kヽ、lヽ \ ::::::  ...::::::  ̄l l  :ヘ V:::l:::::ヽ:::::
:::: 丶::: k::   ト ヽ      ...:::ヽ:::ヽ::i l:ヘ \ :::::::      il   ::l ト::::i::: ::::::
::::::  ヽ::: {:ヽ  l:ヽヽ:...   ...:::::::::::ヽ::ヽヽk::::\ \        l   .:l l:\j:::
:::::::::  ヽ: :::\ l::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\ヽ::::: \\        ..:::::::ヽl::::l  \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             |  つまり! BADエンドを除き、>>1の脳内では既にハーレムエンドの絵図が出来上がっている。     |
             乂__________________________________________ノ









.
2928 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:46:36 ID:xIsJrRAw0





  \    \  ヘ      - ___        \   ノ  ソ  ::::
{   \    \ Y      ____  ̄ニ=-    \  /    ::::::
l l   \    /   ヽ《《       \      \   ::::::::
ゝ ヽヘ     /// llヽ  ヽ巛\<     \ __\   /::::::::
 ゝ ヽ  /ノ  / l .lllヘ  ヽ ヽ ヽ__<     \ ≧=-::::::::     _,,. -‐''"´
  ゝ     // l l::::ヽ  ヽxヽヽ ___jハ       ;;;;:::::::     /
      / /   l  l___:ゝ   ゝ r_tnソiハ \\  ;;;;::::    /::::::,. -‐''"´   まぁ、IFエンド的に個別エンドをする予定も無きにしもあらずだが……。
 \    /l   l  .lヽ::::::`__ゝ  ゝ::::'''ヽ i l  \ヽ;;;;::::   /::::::/
   \  / l  /l  l X(fフ:::ヽヽ \   j ヘ   kヽニ=z__:::::::::/_,,. -‐ -- -   それでもそれは、恋人たちの一人との一幕的な物になりそうだ。
 \   > l  / l  l ‐ヽ:::::l  j \\   ヽ   l } l::::;;;;;;::::::: _,,. -‐'----
   ゝx__   l / l l  ヽ  :::ヽ 丶 `丶、,  l   l l l;;;;;::::::::: ____
      > l/ i ノヽ l ヘ\   x - ‐_- ' \リ   l l;;;;;,,. -‐''"´ ゚~~~゚^^'' -x__    西行寺幽々子と倭建命の二強を落とした時点で
         /   リ /;;ヽ     ̄-     イ\ .l;;;/    /ーー _
         /    /;;;;;;;;;;;\       /:::l  l _,,. -=三l /==- l      既に退路は断たれている。
        /    ./ `  <ゝ::> _ _/::::  l  j三三三三l l三三ll l
        /    /--- -‐'' ∧:::::::ヘ:::::::::  ./  ./l---    l l三三ニ l      撤退は許可されない。産めよ増やせよ地に満ちよ。
       /    /三三三三==- 7ヘ::::l  ./   ./\  l   l l三三三ll l
      /   ./三三三三ニl    l ヘ:ヽ/  /  ヘ .l  l  l\三三lll l
      j   /ヽ ヽ三三三;;>   .l  /  /  /∧ .l  l l _\三ニl l
     l  /三ニヽ ヽ三三llj    .lミ/  /\/;;;;;;;;;/  l l  / ヘ三l l
     l  j .l三三ヽ .ヽ三ニlj    ./   /;;;;;;;;;;\/ // l .l     ヘll l
  _,,. - l  i l三 / ヽ .ヽ三j   /   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   /  <<  l\  ヘll___l
    l  l l l / _ヽ .ヽzzzz /   / ヘ/\ /  /  { ヽヽ \l   \
 _,,. -l   lニl l/  /  i  l彡ミ/   /  {;;;;;;;;;;;;} /    l;;;;;;ヽヽ  コロ \
 三ニl   l三レl   ̄  ! } l三{  / \l;;;;;;;;;;/      l;;;;;;;;;;;;ヽ__ニニ --┐\
 三ニl   l三lj △___ l / /三l  {   \/        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7 /   \
 三ニl  l三llj    //三ll  j    /         l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ / △____ ヘ
 三ニl  l三ll   //三ニj  j\ /           l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /   |   ヘ
 三ニl  l三ll / /三三/   { ヘ           _,-l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /三ヘ     ヘ
 三三l  lニ/ /三三ニ/   ゝ  \    _,,. -‐''"´  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /三三ヽ << ヘ





.
2934 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:50:04 ID:xIsJrRAw0





                      | l  ||                   ||   |  |
                      | l  ||       ,.rー、ト、       ||   |  |
                      | l  ||     ,. 7 ハ  \\、.     ||   |  |
                      | l  ||   //  ′ }}  }丶\、    ||   |  |
                      | l  ||  / / 仏v //__} } }\:.`、  ||   |  |    ―――なにやらこの問答にも既知を感じるな。
                      | l  || { .:  ㌢^{{ r恣 厶,」  ` ::. ||   |  |
                      | l  ||   |iⅳ^、_ { 「ノ{ _/ \   }} ||   |  |    まぁ、腹をくくって好意を向けてきた異性は全員手籠めにするが良い。
                      | l  ||  _,」N} ⌒`′ 从_」、  `、 小 ||   |  |
                      | l  ||rく::::||圦.,  .,_rーr:ヘ、_}ヽ  く}U}    |  |
                     _| l  リ:::::; ノ; 7} _7:::}}:::::::^ヽrー ミ」-‐.ミ  |  |
               .r≦三弖::7::// ,/リ_j7:://:::::/⌒^   \:::::::.  |  |    では次の暴露は―――? 安価↓5
                    /{:::::::::::::::::7'゙   /:::|:i:i{{:::{{: ィ} ,. - 、   }:::::|H |  |
               ::::〉:::::::::::_/イ「 {/ __ j_/:::::ー::/ノ,. -‐‐ 、\  {:::::|H |  |
                  }:/:∧::::{{:::八{:r冖¬{{::::::::::::_/合xr    \ 」::::|H |  |
                  ノ:::/::/::/} }::::::::/  / {{:::::::::::/  7;      ]r‐-==ニ 」
            〃::::/:::::::/,」 }:: ::/ /  _,{{::::::::/   /::{ |     |/  \ !
            {{::::/:::::::/ 」 }:::/  ,. イ^{{::::::,′ 7 : { !     |{    }
            /:::/:::::::/  ,」 }7-      {{:::::{  7. : :{ ′     |{   ノ  }
    rー=.:⌒\.rく:::::_/:::::::/   」 }        {{:::::{  { : ::::{/       ⅱ-‐==冖^







.

2939 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/04(日) 23:52:19 ID:xpkc7lqg0
蛮&レヴィ(フェイト)について

2945 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/04(日) 23:57:42 ID:xIsJrRAw0




┌──────────────────┐
│   Q:蛮&レヴィ(フェイト)について  ......│
└──────────────────┘



  _.....:::::::―:::-`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ー::-::::::―-::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `ヽ、::::::::,:::::::::::::::::/:::::::/:::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::
     `/::::::::::::::::/:::::::::/:::::://::::::ハ::::::::::l 、::::::::::l\
     /::::::::::::::::/:::://:::/ ,'::::::/ ',:::::: | \:::::!       ちょっ―――おま―――!?
     /:::::::::,:::::/::/,.-l::/-、 l:::::/   ',:::::| ,. - \!、
.   /,. イ:::::/::/ ´     `ヽ:/    ,∨           何でテメェこっちに振りやがった!?
      /::::{/イハ         o{'′     o
      /::::::{' __.', 、 __,..       、__ ,..
     ´ ̄ゝ、_,}       ●-‐-●    人
         /:::/!                    (__。)
        ´  人                ,.:'::
            > ,、  r――――v  , イ
            // >|_,.... -― ‐' <  \`ヽ、
          / /    ヽ l ` ̄ ´l. ',    >
          /  /____  ‘,     /   /
        /         /   、    /  /、













                                 ___
         ____                /  /⌒\
          \::::::::::::::::::\⌒> -=ヘ──-    /  /
.             \::::::::::::::::::>   /  \    `ヾ/⌒\
             />―=7イ   / /         ヘ    \
         /´:::::::::ー=/ i  / /  /   /    \____>
        ∠ ::::::::::::::::::〃  i / | /\ /|:/| /|   ト、\:::\
          /    ̄ ̄ ̄{{  Ⅳ   Ⅳ下ア抃/|、 :|    |  ∨:::\
.         /      / '  /│  │  ヒiソ |/ |_/| │| │| ̄ ̄     実は生前の私(フェイト)と蛮ちゃんは
.      /      /   Ⅵ、_|   Nヽヽ      fカア :八| │|
     /      /    ≫i|   |ニ7      、ヒ{厶イ:|/ 八|        何でも屋時代に何度もエッチしてました!
           /   /三│   |_/        / /| | /  |
    /      /    \ニニ|   |{> ,__/⌒'くl />|ノ:/
.   /  .:   /  /三三三|:.  |-{=仆/     ∨ /∨  ┼         蛮ちゃんは胸フェチで巨乳好き!!
  ,:  .::::: ...:/  /三三三三|::::::.::|ニ乂乂     〉 │
  :: .:::::: .:::/  /三三二=彡|:::::::::|_/ニニヘ\___/|  |                      \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
  |:::::::::::::. :::/ r=ニニ二三三三|:::::::::|'______∨ |:::::|  |                       )                  >
  |::::::::::::::::::  / 二三三ニ二彡|:::::::/ー ──ヘ |:::::|  |                      <  うおぉぉぉぃいッ!!?  >
  |:::::::::::::::│/三三=ニ二三三厶イ_______,Ⅵ:::人 │                       <                 (
  |::::::::::::::/ニニ二三三三三三/─────‐|:/三\|                       /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^




.
2951 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:02:23 ID:cHRtAYsg0





            __                  __ /////
             /: :ヽ   ____   /: : /////ム
           /: : ,>.:''´: : : : : : : : : : : `''<://////: : \
        /,.ィ: : : : : : : : : : : : : : : ー.、: :`ヽヽ>≦=- 、 :,
  ト . __ ,,..イ: : :/: : : : : : 、: : : : \: : : ハ: : :VV///////≧x
  乂:_:_:_:/ : /: : : : : : : : : :ヽ: : :', :ヽ: : : i : : |∧ー―――´
     /: : :./ :/: :/: : / : : :.: : ',: : :ト: : ',: :.:|: : :|/:ハ : : : : : : :,
 __,,.ィ: : : /.:/: /: :/: ; : : : : : :ト.: 斗-ト|―}\|: : :|: : :}: : : : : : : ∨
   ̄ ̄/: /: /: : : : :i: :i : : |: { ',: :', .,ィf芋ミ、:.:|: : ,: : : : : : : : :∨        あっ―――でもでも。
    ,: : / : ': : : i: : |: :}/: :i :',  jハ|,イんf弐! : : |⌒V: : : : : : : :: ∨
    |: ∧: |: :!: :|: : {,:イ ,,. =ミ、     ∨zツ | : :| 6八: : : : : : : : :V        ボクが部屋に突撃した場合、この身体でも大丈夫だったから……。
    |: i Ⅵ: |: :|: : : ィf"マん     `¨  |: : | .イ ',: : : : : : : : : :.V
    ',:.!   }:.:|: :ト、: : {ゞ  ヾツ   、  ⊂⊃: : !  ∧: : : : : : : : : :.',       蛮ちゃん意外と変態さん?
     ヾ   ヾト、:',: > ゝ ⊂⊃       ,|: : |  .∧ : : : : : : : : :.:,
        |: : ヾ: |: : : |ハ      i_ヽ イ |: : |    ∧: : : : : : : : : :、
        |: : : : :|!: : :.! _≧==_.,-- イ__ノ|: : |_   ∧: : : : : : : : : :\
        |: : : : :!!: : :i´   /:::}:::::::::} {:::::::!: : !: ヾー ..、ハ: : : : : : : : : : : ヽ             \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
          ,: : : : :, |: : :i   /:::::::ーく__ ソ:::',: : ,::::::',   Y, : : : : : : : : : : : \            >                 <
        ,: : : : : !.,: : :, j.イ:::::::::::::::::://::::::::.,: :乂:::i    } ヽ : : : : : : : : : : : :\           > ■■■■■―――ッ!  <
       ./: : : : :/,: : : , .イ===ミ、::://:::::::::::::ヽ: : :\/ ,    、 : : : : : : : : : : : :\         >                 <
      /: : : : ://: : : ,/:::::::::::::::::::ヾ r =====ミ、i:i:i\′   \ : : : : : : : : : : : :.',       /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
     ./: : : : :/ ,: : : :.{{::::::::::::::::::::::j ム::::::::::::::::::::::::::iヽ:i:i:i:ヽ    \: : : : : : : : : : : ',
     /: : : : :/ i: : : : :!'::::::::::::::::::::::{{:::::::::::::::::::::::::::::;  マ:i:i:i:',     ',: : : : : : : : : : : i
    ,: : : : : :,  .|: : : : i }ヽ::::::::::::::ィ||、:::::::::::::::::::::;::イ  , }:i:i:i:i}      ',: : : : : : : : : : |
    レト从ハ:{  .i: : : : i! ! }}::::::::::::::::||:::::::::::::::::/ .,′/.ノ:i:i:i/       ',: : : : : : : : : :|
    |:i:i:i:i:i:i:i|  j从ルイ! i .||:::::::::::::::||:::::::::::::::::{{  { ム:i:i:/        i\: : : ト、: : :.|
    |i:i:i:i:i:i:i:| ,:i:i:i:i:i:ij , マ{{:::::::::::::::!!:::::::::::::::::|| ノ.V.//__        }:i:i:ヽ: :}:i:iVⅥ
    |:i:i:i:i:i:i:i| {:i:i:i:i:i:{.ハ-V!:::::::::::::::';;::::::::::r ''  ノヽ ノ  ヽ       .ji:i:i:i:i∨i:i:i:i:i:i|
    j:i:i:i:i:i:i:i{ j:i:i:i:i:iリ トr---ィ::::::::マ,:::::::ゝ-≦::/     ',      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
    ,:i:i:i:i:i:i:i:リ i:i:i:i:i/ .ト、ヘ   }}:::::::マ;:>''  ヘ V   O  }      ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ レヴィのエロ度が高ければ―――なIF。
┃ 聖杯大戦終了後に似たような状況になるんじゃないかなぁ、こいつら。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2958 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:10:16 ID:cHRtAYsg0





                    ,.........─━─......
.                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
                 /:::::::::/::::::::;:::::::::::::::\:::::::: \
             /::::::: /:::: / :/::::::::::::ハ::::::ヽ:::::::::::::..
               /::::::: /:::::::::::/:::::::::::::::::| :::::: ;::::::::::::::::..
            ;::::::::: |::::::::::::i:::::::::::::::::: }:::::::::|:::::::::i:::::::ハ
             :::::::::::i|::::::::::::! ::::::::::::::;イ:}:::::: |::::::::::i::::::::ハ
             ':::::::, ィ::::::::::::l:::::::::::::://;.|:::::: }:::::::l:::i::::';::ハ
.             ';::::{ r:::::::::::::!::::::::/:/i/|:::: /:::}::::: }::: !:::}    ―――あー、話を戻すぞー。
            ':从ゞ:::::::::::|:::/:/ //|:::/ |/|::::::/:::::l::/
               ':::::ゝ:::::::::::|´弋zュ≧、.:::'.ィzュ!:::/:::::: |′    暴露話っていうと……俺の宝具のことだな。
            ∠ヌ}::::::{ ',::::::::|___.,.--、 }ノ ,.--、/ :|::: ,′
           } 〕i、::ハ:| .:',::::::|  ̄ {///}‐:| {///}:::::|::/
.          / 、   〕」、.:',::::|:   __, ´/:i:i:i:::/レ       製法さえ知っていれば蘇生薬が作製できるっていう劇物。
         j′<ヽ.    〕i、} :|\ ´ニニ\Nl:从レ'
.         ィ〈   ゝ斗、.   l:N 、`ー ´__ \=-          あれは現代では既に失伝された方法なんだが―――。
.     z< \ > 、   <ヽ. リ ` ><´ ,.ィ  ゙    =-  、
 z<    ヾ     > 、 ゝ斗、.r,    ィ ./ _ .,;''';,       ,ハ






                          ,..-...、___
                    ,....:::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /イ:ィ:::::/i:l_|-トV:::::::::::::::::::::::::.
                /{:/i // .レ tッァ:ハ:ハ:::::::::::::::::ハ
                 |;! l:(:ノ (:::)'¨リ'ー-j:ハ::::::::::::ハ!     ―――まぁ、時を駆ける中年には関係ないわな。
                       八 ,_      `jf):::::::::ト:}
                    /‐`     ィ介::::::ハ| }
                     ハ、__ ェ≦  刈トリ }      聖杯大戦のキーマン(聖杯の器連中)が事故としか言いようがない
                       }    {.リ′
                          {{7{7{7{7{7{7、_,        状況で死亡した場合、ワンチャン与える目的で
                         ≦7≧≠  ̄///≧
                   , ´/// ト≦´    /// /レ' ≧    蘇生薬を手元に置いておきたかったんだそうだ。
               / ///.//     ///  .k     ィ≧
                 / ///.//     ///   |    ィ{′
.                / ///.//     ///   }|   爪!    それなら賢者の石の節約にもなるしな。
               / ///.//   ////    ' .|  ./ | !
                 ///.//  /  l.l.l.{  ./  |  / ./ }
             { ///// / ′ }}} /  .!| 〈 {  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 蘇生薬の材料扱い……美堂蛮
┃ それを呼ぶための材料になり、基準を満たせるホムンクルスを作成できるだけの高位の魔術師……フェイト

┃ サンジェルマンは知識を知っているため、蛮の血から蘇生薬を作成可能。
┃ ただし、賢者の石すら出し惜しむ緊急処理的なものであり、
┃ 基本は二人とも、聖杯大戦の中核には関わらない数合わせでしかない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
2962 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:13:47 ID:cHRtAYsg0





                 l
            /l/:}  / ,
         l:、l', /::l::::l/:イ/イ /
          、',:∨:::{:::/::/:::::://       ルーラー・サンジェルマンなら俺を殺害すれば蘇生薬は作成できる。
          ':,:::::::::l::::::::::::::::::::::::::二一
         -ニ、:::::::::::::::::::::::::::::::::ニ―'     とはいえ、実際に蘇生させるとなると抑止力が黙っていない。
        /イ,:::::::::::::::::::::::::::::、_`\
           /:/从::,::-、::、:,::`\       どんな反発を喰らうか分からないからこそ、緊急手段以上にはなり得ないのさ。
         ,..-―''''´ ニニ=-、
        / ̄ ̄`ヽ、      `ヽ、
        {   \  |、__      \
         〈 ,    \!_  `ヽ、__     ヽ
          /         ヽ    `ヽ、_/`、
        {  ,r二`ー---}      /  、
       / //  `r―-- ヽ    /  / `ー―r‐、     それじゃあ、次の質問は―――? ※安価↓5
       }_,//    !   / /   ,.イ        / /
       {_ /     | //  /!、      //
       ` |    ;'_´/   '   〉、_   //、
        ,'   ,    、_  /}、`ー 二_/   ヽ
         /    / 、 \       ',ー-_ゝ、    ‘,   _
        _/    /  、   `ヽ、   ヽ_     \   ヽ/  `ヽ
        {/.   /!        、}l   \    ` ̄- ´     \   _, - 、
       /、__/ /         \     ̄ ̄´  ____, - '''´ ̄     \
     /l三三 /           }l   \                       `ー---_ 、
     { l三三,'         \ 〃、l    \                       /






.

2967 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/05(月) 00:15:04 ID:Twj2vRdU0
クルサースパ時の覚醒やる夫さん

2986 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:27:19 ID:cHRtAYsg0



┌───────────────────┐
│  Q:クルサースパ時の覚醒やる夫さん  ....│
└───────────────────┘

                     _
                へ ヽ┐,     -‐‐ ―
               {´ム } } |.| / ヽ、    ヽ
               |  .u’-'}イ/ ( ● )ー  /´.ヽ
                 |  |=|´ /.   ⌒(   j (● ) .ヽ
                  /.  |=| |.     `='ゝ、_)⌒ ..i
            /.    |=|'⌒ヽ、           |
            {       |=|   ` \         . /
             ヽ.     |=|       ゙' ヽ   t‐
              \  {_ニ_}             `‐ 、
               ヽ. | |/|             }
                     `| |/l`               | ハ
                   | |/|             |  i
                   | |/l                |  .|
                   | |/|                |.  {
                   | |/|              |  ヽ
                   | |/|            |   ヽ
                   | |/|                |.ヽ   ヽ
                   | |/|                .|  }   i
                   | |/|         ,      | 弋/  i
                   | |/|      /、        | `ー ''´
                   | |/l       / {        |
                     /| |/|     /  i      .|
                  ,' | |/l     /   ハ       }
                   /  | |/|   /    ハ    ' |
                  /   | |/l   /      {     |
                  /   | |/| /       ヽ.    |
                 /    | |/| /       . ヽ   |
                /     | |/|            }   .|
                /     | |/|         /   `ヽ、
             >´ ` | |/|         .{_     `ー、
         /´       .|∧{              ` ー── ´
         ー-  __ / ∨_!
                `~~ ̄`"`゙
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 常時クルサースパを(劣化なし、『王の光輪』発動形態で)夢幻召喚状態。
┃ クルサースパが本編のアステリオスの位置に。
┃ サーヴァントを吸収する毎にステータスが上昇し、
┃ 全サーヴァントのスキルと宝具を劣化なしで『直列夢幻召喚』可能。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






2993 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:36:02 ID:cHRtAYsg0




┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 入速出やる夫               【レベル】100          【アライメント】秩序/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:A】50     【耐:A】50     【敏:A+】60     【魔:A】50      【運:B】40     【宝:EX】100
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

○対魔力: EX

○無窮の武練: A++

○魔力放出(光): A+

○対反英雄: A

○カリスマ(真): A+

○啓示: A?

○神血聖杯(善): EX
 この世全ての善なる祈り。
 「神血聖杯」の能力に加え、「この世全ての善」で祈った内容による任意ボーナス。

○直列夢幻召喚: EX
 現在のステータスにさらに取り込んだ鯖一騎のステータスの半分を+。
 選択した鯖のスキル、宝具を使用可能。


○『輝ける善の光輪者』
 全ステ爆上げ。鯖取り込むことにより性能強化。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 何も考えず殴れ的な英雄。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





2997 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:39:40 ID:cHRtAYsg0





                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /       次の質問は―――? ※↓5
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 本編のやる夫もそうだが、
┃ この状態でさらに一定数の鯖を取り込むことによる進化イベントあり。

┃ なお、カインを取り込んでも直視の魔眼ゲットできるだけで実害なしの模様。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3000 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/05(月) 00:40:31 ID:SLRL7HPI0
夜行の役割について

>>3000なら赤ライダーかリゼットが少し素直になる


3002 名前:あけましておめでとうだお[sage] 投稿日:2015/01/05(月) 00:41:45 ID:kMHcwlQc0
エロ度100と90の主従について暴露を

3005 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:44:56 ID:cHRtAYsg0




┌──────────────────────┐
│  Q:エロ度100と90の主従について暴露を   ....│
└──────────────────────┘


             ,、   ,. -‐…・・・…‐-ミ
             ゝ`: ´: : : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
             〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :、 :\
            /: : :, : : : : : : : : : : : : :、 : : : : : ハ: : :.
            ノル': :{: :: :!: !: : : : : : : : :} 从',: : : :i: : : :.
              ´{: : : :!: :孑廾ト : : : 孑廾ト、ハ: : : }: : : :!
.             八 : 从: l〃ミx、ヽ: : :ノz≠ミxノ,ハ: : |: : : :|      ―――だそうだけど。
            ヽ: : ヽ! f、,.  )イ f.、,ィ 从}: : : |: : : :|
             }:八ゞ弋:!     匕リ  |: : : i : : : {      これ以上、一体何を暴露しろというのか……。
                八: !ハ.    ′     ,′: ∧:: :八
               /: : : | 人            ノ: :: :,': :ヽ : : \
.           /: :: : : ::|: : : : ト  `   .イ: : : : i : : : ', : : : :ヽ
         〃: :: : : : : :|/: : : :V `こ __/|: :: : : !: : : : \: : : : \
          /: :: : : :r一У : : : : }  /Yヽ  {: :: : ::{`ヽ、: :: :`: : : : : :.
.         {: : : : ////: : : : : : i.、/    ', .{ : : : 八/刈、: : :} : : : : }
        ヽ: ://///, : : : : : : ノ∧,.‐== 、∧ : : : : ∨/∧: : : : : :/
.          } ////// : : : : : ∧/∧zΑz/ ∧ : : : : ヽ/ ∧: : : :/
.        ノ////// : : : : : 〃///∧レt///,∧: : : : : ∨ ∧: : {
.       /://///,{ : : : : : 八//////}{///// }: : : : : 冫/,|: :: :ヽ






               --‐━…――
           '´               \
       /                   \
      /      /                   ヽ
     ' /   /        ヽ  \   ',
.    / /    '  /  /              ',
    ' '   /     '::::.        i     ',     i
   { {      i  |vヘ     |          |      山ほどあるだろう。
              |  |^\    | _,,.i | |  |
     |  |   |、 \l    \ ,,..斗筏㍉  | 、 |  |      というか私のその呼称は何とかならんのか…。
     |  |   |  《^ぅ 、  }ハ ⌒fw刈 |  | )   |
     |  |   |   i Vfj   ∨ v''ソ |  l / / / |
     |  |   l   :. :./:./:./:./:./:./:./ | ,ハ / / ,
     l  ハ   {  i込   '        | 8''    人
     | i  、  |   i 个  /,)   /|  |=ア/   )
     | |  \|   | 《 》// _  ´ | //∧   {
        |    |   |  |ノ /{>'/ハ /i| |// ̄\ハ
       \、   T ̄ ̄ ト -<//∧{//,| |// ̄\//\
       \ ( 人( ̄ ̄ \/{/〈 }|//,| |'      \/ハ
         / ̄ ̄\~)  \_《,/|//,| |         V/,〉
         (人 ̄ ̄ヽ       \彡//,| |          }/|
           (_|: ト- 、       } }:.|//,| |       八、
         r :r----'      , ,ハ// | |       '〈///〉
         `|: ト----- _    // V/,| ,     / ノ//{
            \━-: : :/| ハ ̄'/  ̄ V |:       {//// 〉
           i〈 ̄ ̄ |'/,V/     v!     √ ̄// {
           | ヾ ___,ノ|i/'∧      {     , /////∧
           |      八/ ∧     、     ///////ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ >>3000 ふむん…了解しましたー。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
3008 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:49:10 ID:cHRtAYsg0




 /: : : : : : : : : : : : : : |: : : : ハ: : : : : : : : : : : : : : : ∧: : : ',: : : : : !: : : !: : : : : !
 i: : : : /: : : : : ',: : :: ハ : : / ',: : : /: : : 丶: : :: : / ',: : : l:: : : ::::|: : : |:: : : : : ',
 |: : : : i: : : : : : i: : / ',: : i   /: : : : : : : : ~゛'' ‐-i: :,,_',:: : : :/: : /: :: : : : : |
 |: : : : |: : : : : : |::/ _,. -‐'''"~ヽ八: : : : : : : : /   }: / ~゛'' ‐-::: : : : |: : : |
 ',: : : : !: : : : : 斗匕  ヽj      \ : : : : / _,.‐===≠ミx /: : : : : : !: : ::|
 ヽ: : : ',: : : : : 八-=≠===ミ、    ',: : : /〆 l、_rリ ´从./: : : : : : : |: : : |     別にそんな大したこと抱えてないわよ?
  ヘ: : : 从: : : : : ',从 仆、__ノi      )イ    匕ヾ斗  ノ'´:: : : : : : : |: : : |
   \: ヽ:\: : : ∧.  ∨心゙リ         ┴―┴   l: :: : : : : : : :|: : : |     どうせ7日目の決戦まで暇だし、
    \:',: : \: : :',  斗一' ̄     、    :.:.:.::.::.:.:.:   |:: : : : : : : : ,': : : ',
     i 丶: : : ヽ: | .:.:.:.::.::.:.:.:                ,': : : : : : : : !: : : : l     ちょっとしたサービスをしてあげようとか考えてないし~?
.     ,':: : : : : : :j丿                     /: :: : : : : : /::: : : : |
    /: : : : : : : : : : :',         、'⌒ヽ       /: : : : : : : : /: : : : : : !
    /: : : : : : |: : : : : (\           ̄      イ::/:: : : : : : : : /:: : : : : : : \
   / : : : : : : |: : : : : ∧ λ ト          イ: : ::/ : : : : : : : :/:: : : : : : : : : : \
   /: : : : : : : :|:: :: : : : ∧  ', |    ‐‐     |: :: /:: :: : : : : : /: : : : /', : : : : : : : \
  /: : : : : : : : | : : : : : : : i   ! |           |:: /: : : : : : : ::/: : : : /: : ヽ: : : : : : : : \
  /: : : , -‐―┤: : : : : : : }  }⌒、           ∨ : : : : : : : /: : : : /― - 、 : : : : : : : : : `ー
 / : r'     /: : : : : : : /  |  |          / : : : : : : : /: : : : /     ヽ : : : : : : : : : :





             __,r―<  ̄ ̄ ̄ ̄``丶、
           /   :|    `、  \ \    \
.         /     :i|    `、   \ \    \
       / '   /  i|     `、
        ///    /   :l|  ',\  ヽ    i   i    ',
.       / '/    /    l|   〉-‐――   |   |      :
     /' 〈     i   八_   斗==ミ、  |   |      :i
       ',   |   ,イ从\  { _):ハ 》 |   |へ    :|       おい、馬鹿やめろ。
.        i   |   i ,ィ芯 \ 乂_ソ  ヽ|   | ヘ j   |
.        |   |   |ハ vj    ''"   |   |  八  :|       誰が先の展開暴露しろと言った。
.        |   |   l } '"         j  |/  \:|
.        |   |   八   v.:⌒ヽ   /'  |      :|i
.        |   |   ; 介     ´   イ'   |_\.,_八\
.        |   |    i: |  >,,._,,.. -= i   |:. /_:. :. :. :.} \
.        |  i∧   |: | 〈:. : / :. :. | |    |/ ̄ ̄ ̄ ̄\
.         人 l   、  |: | ∨ ヽ:. :. :.:| |  ,/:. :. :/:. :. :. :. :. ヽ
        \   \  -‐=} :. }:. (>o<)  ∨:. /:. :. :. :. :. :. :. :. \
              ) }:. : /:. //:.L{八  V:. :. :. :. :.__:. :. :. :. :\
             / /:. :/:. /':. :. :. :. :. :\  、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\






.
3011 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:54:40 ID:cHRtAYsg0





                -‐ - 、
         /           \
        /  〃 |         ヽ
.       {  { |  |       ハ
       ゝ 从.|  |  丶     .}     ……いや、ホントにね。 ネタが無いのよネタが。
        `l リ  |   八    :|
.         !ノ'  |    \   \    渾身のネタだった私の正体とかアンタの宝具とか
.        ソ   | ハ   `ヽ.   \
         八   从. \    ハ  }  大体、やりたい事はやりきった後だし……。
        ∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /
.        爪∧   \///////} ;  f
      {//刈.    ∨/////| i 八   これはもう、先の展開を教えてファンサービスをと。
        ∨/ノ    ノt/////| ヽ   \
        }彡   /从,//////|  }    )
      ‐=ミ-‐ jハ }///////| ′ /
      爪    \ゝ|ノ ////// |/ {〃
       |' \   ヘ ∨//////,}  从_ ィ
     f`ー‐┐ト  /∨/////,} ' ヾ一'
     |////| ,! `´  ∨////ィ}   l ヽ
     |///く∫孑 , -‐=∨///'∧ l 丿|ノ





                 __
             '"       ``丶、_
.           /''/                 \
        /''/            \   \
.       '  ,      从|   | j       :.    ',       どうせファンサービス(遊戯王的な意味で)だろうに……。
.      /   /       i'" ;   |∧   |  i:i:.   ',
    /   / /     i|  i   一―   |  |i:i:i:.  ',
    ,'  /  '  i , ||- ',  /'  `、 |  |i:i:i:i:.   i      あー、ルイズの暴露話なら……あれだ。
        i   i  |/ 从  : /{   _ \  |へ:i:i:  |i
   i  〈  |  八''〃心 (  '"¨¨⌒|  |ノ^ Y´ |l      最後までスキルが開示されていなかった奴を見せればどうだ?
   |   、 ,j|   ノ、 乂ソ        |  | - 人 八
    、    }八     |\   '      |  |イ:i:i:i:\ \
       l  ヽ|  |人     __     |  |/>-―<⌒
       |  ;八  :i  >.,   `  /|  |:./:. :. :. :. :. :\
.        jl  i  \:|  |:i:i:i:i =- ' :|,./|  |:.i:{:. :. :. :. :. :. :.ヽ
.      八 |    :|  |> ァハ:.:.}':. |  |:.|:》:. :. :. :. :. :. :. : .
          \   |  |:. :.///,'i/// |  |: |{:. :. :. :. :. :. :. :. :. .
           \  |  |i : {///:lN//,|  |: |:\:. :. :. :. :. :. :. :. :.
               |:  八: V//||//:从 八:.\:.\:. :. :. :. :. :. :. : 、
             / Vヽ∨,'ト __:/ /:. :.\:.\:. :. :. :. _:. :. :. :\





.
3014 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 00:57:53 ID:cHRtAYsg0




                      __
                 _, '"´      `丶、
                /            \
                  / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
               l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
               l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
                | l Vf゙仡圷/ jl ノィアト、ヘ// /
                  j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ      ほい。
               ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
                / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ
                //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ
          / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ
         /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
         ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
         {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
         ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
          }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
          /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
         / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
.      / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
      /  〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _
      ヽ {{    =ァ 彡<::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::ユ=―'´


  ボゴミル・サタナエル
○第二天・反救世主: EX
   もう一人の神の子。人が住まう物質世界を創造し、唯一神と共に原初の人を創り出した存在。
   この世界に住まう人々が「神」と崇める者であり、真の唯一神の右席に侍るグリゴリの大君主だった。
   唯一神が起こし、人々を苦しめてきた粛清の数々は、全てこの堕天使によるモノだったと伝えられている。
   評価規格外の「○神性」「○反救世主」「○対粛清」「○星の開拓者」の複合スキルであり、
   人と世界の造物主であるがゆえに、彼の者が行使する権能に「アラヤ」と「ガイア」は抗うことが出来ない。





.
3021 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 01:06:01 ID:cHRtAYsg0





           ,. .-: : :―: : -: : :-: .
        x≦: : : : : : : : : : : : : : : : : :>.、
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧x
    ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    / : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :\ : : : : : : : : :. :.\
   ./: : : : : :/: :. : /: : : : /: : : : : : : ‘,: : : :、: : : : : : :.
  〃: : : : :/: : : :/: : : : /: : /: : : : : : : , : : : ‘, : : : : : ,     ああ、ついでにカイン。
  {{ : : : 〃 : : : ハ: : : : |: : :|: : : : :|: : : : :|: : : : ; : : : : : :
  ||: / : {{: : : : :|: | : : /|: :/|: : :. :.l : : : :_ト、: : : }: :|: : :|: |      アンタのスキルも見せてあげなさいな。
  | / : : ||: :. :.八 |: |_|i_|: |i |:ト、: :リ : :/ |:リ : : |: リ: : :|: |
  |': : :/八 : / : : |八:|i.ヾ|l |ノ. ∨:./ : : : /ムx:j〃: :/|:リ
  /: : /: : : :Y: : :,..イ斧≧x    i|/| : ;/うl| .|/: :|: / i|'
. /: : /: : : ∨l: : ヾ :|::l_ノ::|      |/Ⅳ:::リ |: : Ⅳ               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/: : / : : : : |/ : : : : ∨:::ツ         ー'   l: 八                |  ―――やれやれ。 それは少しサービスが過ぎるのでは?  |
: : /: : :/: : :l : : : : : ∧¨       ′    八: : \_              乂__________________________ノ
/: :/:r‐ミ.| : : : : /: ∧     .r  リ     /l : :\: : : : : `ヽ _
: :/ : ////ゞ:_ : /: /: ∧     ゝ    , <//∧: : : : :ー: : : :ミ、≦―.―.ミ
: (: /{//////≧x/: /: ∧ >  _  .个/////\: : : _:_:_:_: : : :\ : : : : : : ヽ
: :.人/////////.∧/: /: ∧、 .〉  |i/////.//////ヽ: : : :): : : }_:_: : : : : ノ
//\//////////| /: / : }∧|\ .|/////|//////ノ|_:_: : : : 八  ヽ: : :ヽ_
/////\////////: : / : : ト<  ̄ `y///.//////////≧x: : : \ノ: : ノ//
/////// ̄// ̄/: : : : : : :八\ /イx≦////////////////>、 : \:////
///////////// : : : : : : 弋三≧≦=≠―////////////////〈 : : : )/::::
///////////〈: : : : : : : : : : ヽ///:||\//\////////////x≦/: :/::::::::::::
////////////\: : : : : : : :. :.ノ./i|:||::| ¨|\ \/////>'―‐ /: : :/::::::::::::::::::






○原初の虚言:EX
   人類で最初に偽りの言葉を吐いた虚偽の証。
   ビーストが語る言葉は真実を塗りつぶし、如何なる嘘であれそれを真実と思い込ませる。
   ―――以下詳細不明―――



.
3025 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 01:10:27 ID:cHRtAYsg0




          -――― -
       /            ``丶、
      /   /         \ \
         /  /     }ヘ  `、\
     i     '  /  //:}  , i |
     |     :i  '  /:/ / \j  :|i }
     |     :|   _,.斗ャミ/  _} ト :八/    結局ネタバレでごまかしているだけじゃないか。
     |     :|  i 弋'ソ /  fソノ;/  i
    人 / { |  | ""     ' {i '   |  |
   /乂,_'ヽ| :从     _  八 / |  |
     /{:. 人 |  ト .,  ` イ  ∨ /  ,
     ir':. :. :.:|  i-〈:.__¨´:. \ 〈 / /
    人:. :. :. |  |:./===} :. :. .}\)'
   /----=:.人  V===={:. :r,人ノ,
    i:. :. :. :. :. :. :\ ` ----)><(⌒)
    |:. :. :. :. :. :. :. :.i\ \V::し:\(
    ヽ:. :. :. :. :. :. :.:|:. :.\ \:. :. :. ヽ




             ,. -ー ' ´       `ヽ
          , -ー ′              ヽ
        /.:.:.:.:  /   l   ヽ   \  `ヽ ´ \
       /.:./.:. .: /    ヽ.:.  \  ヽ,   \  ヽ
       /.:/.:.:...:.:.:. l .:   \ \.:.:  ヽ ..:l    ',   、
      l.:ィ'.:.:.:.:.:.!.:.:.| ト;.:.  _ヽ,ィ|'ヾ, ̄「、.:|     !   l
      | |.:.:.:.:l.:.|.:.:∧| メ;.:.  |}/  ヽ/ ヽ!:     |   !     それならあんたが何かやれば良いでしょうが。
       l.:.:.:.:|.:.ト十ヾ  ヽ.: /  ィ仡卞ゞ !:    |   |
       ヾ\!ヾ、ケ仡卞 レ'    r':::::}  l:      !    l      それとも何か?性癖の暴露でもするか?
         ∨.:.:ヽ r'::}      '一'  |     |   |
          ∨.:.:.} "´ ノ           /     !、  !      こちとら綺麗な人間のせいで道を踏み外しまくったグリゴリ出身よ?
          l.:.:.:.l               /     /.:.:ヽ  l
           〉.:.:.:ヽ    ,. -、    /     /.:.:.:.:.:\ ヽ
          ∧.:.:.: .`ヽ、 ゝ-一  /     /:::l.:.:.:.:.:.:.:.ヽ \
         /.:.:.|.:.:.:.   !>、 -ー 7゙     /:::::::',.:.:.:.:.:.:.:.:.   \
        /.:.::::::::|.:.:.:.   ヽ::::|  /     /:::::::::::ヽ、.:.:.:.:.:.:.:  ヽ
.     /.:.:.:::::::::::/.:.:.:.    Y´ /.:.:.    /77 一-- 、.:.:.:..\:.:.  \
     /.:.:.:.::::::::::/.:.    /`  {.:.:.     {//      `ヽ.:.:.:..:\.:..  \
    ヽ.:.:.:.::::/.:.    /     l.:.:.     ヽ         \.:.:.:.:ヽ    ヽ
     \/.:.:    /_   _  \.:.:.    \         ヽ.:.:.:.:l.:   〉
     /.:.:    /-ー ミニ゙--`Y ´ \.:.:.    \        \.:l:   /





3028 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 01:17:44 ID:cHRtAYsg0




        / /.:    / .:./ .:./..:/     `、      \
         ,′ :.:    i .:.j{.:.:.:.ハ.:.{..:jノ    ヽ:\    \ ヽ
.        i  |.:.:     |.:-八.:.‐{七j´:{.:.:..  `ト、!.:.:.:j    } |
.        |  |.:.:     | /ァz≧=.kハ.:ヽ:.:  .:j.:.j\ハ.:.: .:.:/:.':j
.        |  |.:.:     l'彳 {iヘ j|ヾ ∨}.:.: .:.,仟≦k |j:.:.:.://∨      ちなみに私は好きな相手ならオールOKよ♪
       j !:|.:.:   │` r'::チリ    j.:./ {iヘイハ}从/イ
       ,′l ハ.:.:.    |  V_少       r' リ  /.:.:.「 |         ノーマルだろうがアブノーマルだろうが一人だろうが複数だろうが
.      / :/.:ハ.:.:.   l  :::::::::       、 ヾ''  ,'.:.: │:!
.    /.:.:./ .:.:.:.ヽ :   !           :::::::::: i.:.:  |八        拘束しようが拘束されようが愛があればハァハァできるわ。
.   /.:.:.:.:/.:.:__,r-ヘ .:..  ',      「   マ     イ.:.:  |:. ヽ
 /.:.:.:.:.: // ::::::::::: i.:.:.:. ヽ丶、   ゝ /   イ.:.:!.:.:  {. :.:. `ー-  _
.'.:.:.:.:.:..:.: / ::::::::::::::::::::|.:.:.:.:.: \ > ‐-/⌒\│.:.:.:.:.:. ヽ__:.:.:.:.:    `ヽ   ―――で、アンタは?
.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::::::::j.:.:.:.:.:..  \ ̄/ /⌒ \ .:.:.:.:.:  \`ヽ:.:.:.:.:.   i
.:.:.:.:.:./\:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:   ∨  ′ /⌒_ヽ_ :.:.: :.   \}:.:.:.:.:.:  j
:.:.:.:.く::::  ̄\::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:.    l|      / __ノ.:.:.:.:.:..    ヽ:.:.:.   /
:.:.:.:.:/::::::::::::::::\: / .:.:.:.:.:.:.:.     l|       / ヽ:.:.:.:.:.:.:.    }:.:.:/
:.:.:ノ:::::::::::::::::::::: 7:.:.:.:.:.:.:.:      ハ       {⌒(  } :.:.:.:.:.:.:   ∧.:( _
.:/:::::::::::::::::::::: /:.:.:.:.:.:     /:厶      Y  /:.:.:.:.:.:.:.:.: /::∧:.:.:.:.:.:.`ヽ




                     __
                 '"        ` ⌒``丶、
             '"                      \
         '"                          \
.       / '/   /                \
    /'" /   '                   ヽ      ',
       /   /          ∧∧
      '    /      |     i /^ヽ    |       i
    〈    / '    i   |     | ,'   ', ____|__,|_   |   i   i ',
            |   l ,, -‐十    |∧ |  从  ヽ:   |   | ',       何でそうなるんだ、まったく……。
     i  | |    |   イ八  /|     j ,ィf斧芋ミ   i  |   |
     |  | |    |   | ィ斧芋ミ       _)w'刈', ヽi |  |   |         私はできれば私だけを愛して欲しいかな?
     |  |  ∧   |   |' )w刈        乂 _'ソ ∨「「¨ |   |   i
     |  | i   、 人 ノゞ乂 _ソ        ー  |/ |  |   ,  |       面倒な女と思われたくないから、彼を束縛するつもりはないけれど、
     |  |     \ ト |  `¨´    ,         从 |  |   i  |
     |  |、     |  | ;                    |  |            やっぱり私の事を一番に…………………。
     |  li \   |  | ∧         、      ,' |  |   /   '
     |  从   `  lヽ |   ゝ    (          / |  |    /
     人  |    ∨  |  i `              イi   |  |  /
      ヽ       |  |   __> ,,     ''  |\ |  |,/
       \     ,  ∧ 、 〕`ー `¨´     |:. :i/|  |
               / /  r-:. :. :. :. :. :. :. =‐-<:./∧イ   |
.              / //:. :. :.|\:. :. :. :. :. :. :./⌒Y': ハ   |_







.
3032 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 01:19:53 ID:cHRtAYsg0




                                   7(_ へ_ _
                                  人/// / ⌒ヽ
               ̄ ̄ ̄ ``丶、           ノ//////-――=ミ、_
          '´            \         乂////人―ミ   7⌒
       /                ヽ          7 丁/\_\(
  |   /               ヽ             { 人////ハ )
  {し '//             \      ',         乂 人⌒¨⌒
  ゝ '  '     /          `、               乂メ人
     i         r、 ,   `、        |           (ソハ
     |      i  |  | ∨`、     ',     |i            (メヘ
             |  |  |   ', ,. イ、  ',   八             〈⌒)、
      `、   | 灯圷ト   イfw刈ヽ   / | \            V⌒)     ―――!?!?
       }:.  ',  |vソ ,   乂'ソ 人 Y  ' '⌒ヽ              〉メ〈
       l∧ 込. |///////// 人\/\              ) メ〈
       | /  、  r―一 ⌒) イ/ハ  }:. :. : \           人Y ノ
         /:. :.:、 个  ,,___,,.. '  // 人〈:. :. :. :. : ヽ          〉〉メノ
       ∧ :. :. :. \|:. : {//人_ ////:. :ト―‐―‐ : i        ノ人ノ
      {:. :. :、:. :. :. |i:. :.∨\///////: /:. :/:. :.):. :|へへへへへへ^ソ
      |:. :. :. \:. :ハ:. :. \///////:/:. :/:. :. :.':.//_ ノ⌒ノ⌒ノ^_ノ
     /'|:. :. :. :. :.∨:. :}:._:~V////:.Y:.:/:. :. : /:./:.{/ )⌒^⌒^⌒´
     i:∧:. :. :. :. :.{:. 人:. :/}===彡/:. :. :. :. :. ∨:. ノ 人
     |/`、:. :. :. :. :. :. :.\:. ト―‐'/:. :. :. : /⌒/:.ヽ__ノ
     、:. :. :. 、:. :. :\:. :. :. :.ヽ////:. :. :. /:. :. :. :.∨'//}
      `、:. :. :`、:. :. : \:. :. :. ∨ノ :. : /:. :. :. :. :. : }///
       `、:. :. :`、:. :. :. :. :. :. ̄Y ̄:. :. :. :. :. :. :. :. : |ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 暴露大会ゆえ致し方なし。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




 /: : : /: : :l: : : :l: : : :.,: : : : : : :.、: : : : :ハ: : :ハ: : : :{: : : : :.
. ,: : : イ: : : :i!: : : !: : :.:|: : : : : : : : 、: : : :.ハ: : : l: : : :.!: : : : :.
/: : : : :l: : : :l: : : :.!: : :.!: : : : : : : : :ト、: : : :!: : :.}: }: : |: : : : ::.
|:;: : : :.:|: : : :{: : : :|: : ,:|: : : : : : 、__ lハ: :/{: :./l:/: : :i: : : : : {
|:{: : : : |: : :l: :、--:!イ: l: : : : : : : : lリ  l7ーl:/-/: : : {: : : : : :|
|:!∨: : |!: : !: : ∨:!ュx、|\: : : : : :リィチ ? }  ,: : : : l: : : ,: : l
{! ∨: l !: :l、: : 下 て 刈 \: : :/ て 刈  /: : : : :,: : : : ,: {      普通過ぎてつまらん。
   乂:、?,:\: :、 弋zソ   ?  ∨こソ. /: : : : :/: : : : :?
     `  ∨: :ハ                 /: : : : :/: : : : : : : :.      やっぱり残念な娘だわ、アンタ。
         }: :.八       ´_      /: : : : ,イ: : : : : : : : : \
         |: : : :.> 、    `     /: : : : /: !: : : : : : : : : : : :
       /|: : : : : : |: :_:> -r‐ ' ´ /: : : : / : : :: : : : : : : : : : : :
     ,: : : /: : : : : :////r―,j-- く/: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :
.   /: : :/: : : : ///// ハ/^ヽ /: : : : : {\: : : : _: : : : : : : :
   /: : :/: : : : :.?///-‐,..、ー-∨: : : : : :.|/////////`ヽ: : : : :
  ,: : :./: : : : : :∧//{ / li   !: : : : : : :|////////////\: :
  {: :./: : : : : ://///|/  ∨  、: : : : : : ∨/////////// ∧: :





.
3035 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2015/01/05(月) 01:22:58 ID:cHRtAYsg0




                 _
          ´ ̄ ̄ ̄ ̄``丶 ̄ヾ
     /            \ \
     '    /  , 从   、   \ `、
    i i  ' / /  \  \
    | |   /----  二二 }  i  i    おい、待て!?
    | | ∨| ―― ___ "" V |  |
    | |   | "" '   i    ii |  '    これで終わりか!? 待てと言っているだろう! おいィ!?
    人 |   |   {___l   ノ| | /
       |   个ト -----==≦ ハ j/
       |   にゝ'⌒ソ-|:i:X:i/ i |
.      /| r<'     \= |:i:i/》 | |
     {| し―=彡、 ノV:i/:i∧ |,ノ
.      `\/ ̄|:i:i:i:i:i:i:| 三イ:i:i|\__ ィ
         |:i:i:i:i:i:i:| 三:|:i:i:|:i:i:i:///:i/




                     ―  v ― . . .
                  < : : : : : : : : : : : : : : : : . . , - ― ― = ,,
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ≦二 ニ ≧=≦ラ
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ三三三三ミ/
  ,  = ニ 三ミγ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ヽ: : : :∧三三ミミ/
  {K,>=ニ三三/ : : : : : : {: : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : : : ∧ : : ∧三ミミ/
  ∨ニニニニ/: : : :: : : : :∨: : : : : : : : \: : : : : : : : : : : :∧: : :∧三 イ
  ∨ニニニニ/ : : : : : : : : : ∨: : : : : : : : : :ヽ : : : : : : :Y: : : :', :/;jj:i三ミヽ
.   ∨ニニニ,': : : : : : : : : : : :i∨: : : : : : : : : : 斗 ― : : |: : : : :i彡y |三ミ|
    ∨ニニi: : : : : : : : : : : : | ヽ: : : : : : :/ : : : :\ : : |: : : : :i彡y |三ミ|
    ∨ニ|: : : : : : : : : : : ::|   \ : : 〃: :λ : : : : : . 、: : : :i彡y |三ミ|
.     ゝ-.|: : λ斗 ― - =    ヽ从ノソ ヽヾノ_ ̄i|: : : : :iУ,' :|ミ彡'
       ii从i }从: : : : : :|        ィだ示卞 j : : : : i,;´ : :|ミ 、  -=ニ☆
        |ニニニj' i: i从从/i          イ 弋z..:;ソ  i|: : : : :i:: : : :|ミ∧
        |ニニ /j:ノソ、_- = ≦             |: : : : :i:: : : :|ミミ∧
       V/ /ニi: ハ  ̄ ´    、         i : : : : i:: : : :|∨三}
.         /ニ /: : ∧          ー ┐      |: : : : :i : : : :| }彡'
        /ニ /: : : : ∧       ヽ  ノ    イ i| : : : ::i: : : : |
         〈ニ /: /i : : : : > . .           | ノ iソ: :从: : : :i
          ンソ/ニi : : : : : : : : : : :> . _ /   .`:≦i: :j'.i: : : :/
          i: /  i: : :i: :i : ヾ: : : :从/《ノ ,  ;≦...´......i/ .j从ソ、   ≦γヽ
           ヾ   ソ/iノiノiノ }从/......', Ⅴ〃´............γ       /     /   ヽ
          γ  ー y    ヽ........У/..............,r ;/        ,     iニニニミュ
             /      j    i....../ ,............./ニ/       ,      lニニニニ∧
          /      i      |.../ /......../ニニ/      / ./    ヽニニニ∧
         ,'      |      i./ ,....../ニニニ/       ∨      }ニニニニ∧
          入       ノ     ム ー――‐- ´        { / γ´ヽ_ ノニニニニニゝ
       〃ニゝ =´´/                    γ  iニニニニニニニニニニニ\
        /ニγ´     /        ,               i     ー 、.ニニニニニニニ\
     /ニ,     ,'         l              ゝ      i.ニニニニニニニニニニニ\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はい、それではボチボチお開きに致しましょうか。
┃ ちなみに私もやる夫さんが求めるなら、どんなことでもバッチコイですよ?
┃ 私からは―――フフフ♪

┃ ではでは皆様、おやすみなさいませ~ノシ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




関連記事
2015-03-10 : 【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】53(これまでのあらすじ) «  ホーム  » 【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】51
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメントの投稿
« next  ホーム  prev »



以上の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-12295.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13