以下の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-11590.htmlより取得しました。


クリックで開閉

女喰いやる夫外伝『熟れた女と若いツバメ』2


659 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 07:52:51 ID:eXQLNt4A0 [10/46]

  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.∥:::::::::::::::::::i!::::::::{:::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
∥:::::::::::::::::::::!:::::::|ヘ:::::ト::::::::::::::::::::::::::::::::∥::::::イ::::::::イ::::::::::::::::::::::::::|
l| !:::::::::::::.:::::::ト,:::::l ゙、::|ヘ::::::::::::::::::::::::::::イ:::∠.」_/ i!::::::::::::::::::::::::::|
i!∧::::::::::::::::::::l斗七'''ヽl ヘ::::::::::::::::::/// _l:::/ `メ、::::::::/:::::::::::::|     お待たせいたしました
ハ, ヘ:::::::::::::::::::l >'  ̄ ヽ \:::::/ フ ̄_,,リ广 从:::::/::::::::/:::::|
 ヽ ヘ::::::::::\::l ミイ彡ニミ、  ソ    ン彡―-ミ彡:::/::::::::::::/:::::::|
    \::::::::::トヾ、       ',          /イ:::::::::::::::/:::::::::|     再開ですよ
    |:l:ヘ:::::::', 〃//〃〃  |   〃/////  /::::::::::/::::/::::|
    |::l::::\:::':,       ノ          /:::::::/:::::::/::::::|
    |:::l::::::::\::':、      ヽ         /::::/::::::::::/::::イ:|      再開ですよ
    i!:::',::::::::::::ト ヽ、    ,__ ___,      /イ:::::::::::::::/::::::l|::|
    |l:::::',::::::::::l:\      .,__ c     イ イ:::::::::::::/::::::::ハ::!
    l|:::::::',::::::::l:::::|\            //:::::::::::/:::::::::∥l:|
    .l:::::::::゙、:::::',::::|  \         / /::::::::::/:::::::::::∥.l:!      さ い か い ですよ!!
     |ハ::::::::゙、::::',::l   /\      ,.イ   /::::::::::イ:::::::::::∥ j:!
     i! ヘ::::::::ヽ:::'、_,,/  >-- '"    /::::::/j!::::::::::::/ ∥
.     |! .ヘ::::::::::\゙、  / ∧      /:::/ .∥::::::::::/ ∥
     ll  ヘ::::::::::| ヾ、/   /::∧   イ/   ∥::::::::/  ∥
.      ハ/ヘ:::::::::|  ヽ イ::::/ } /ノ'   ∥::::::::/  ∥



                   , -‐‐‐‐-、
                     , '´       \
                   , ' _____ .八 .______ ヽ
                  ,'  `''''"   `''''"  !    一度でわかるっちゅーねん・・・・・・
                    i          U   |
                    .i               /
                ヽ   ´ ̄ ̄ ̄`   /
                  ヽ.      _../
                  ` ̄ ̄ ̄

660 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 07:58:27 ID:eXQLNt4A0 [11/46]

                           ___
                     ,.... - ' ´: : : : :丶、
                      ,. :': : : : : : : : 、: : : : : : :..
                        /:./: : ハ: : :|: : :.:Y: : : : : : :.
                   |:/:{: :/_l: : :|{: : : |: : :Y: : : : .
                   |从:/_|: / |: ;': :} : : |: : : : :|
                    _ノ {ソ}:/ }:/: /ハ{: :!: :!: : :|
                    {  :.:.:.:.:/  /{:/ )/|: |: :|: Ⅵ
                    〈         /- '{: :!: !: :{: :〈
                     ', つ   ,..:'  |:.リ: |: :|: :{: \
                    、___,..:´  / j:/:.:.|: :{: : \`\
                            }  /__/イ{: : |: :\ゝ: \
                       〈 ̄ /´ 从:{ \: \  `
                         /}_/´  ̄`ヽ|\:}  ̄`
                          { / /i     } \
                    ,. - '-イ  .:    |
                  ,ィヽ、    ::. /    /!
                   /- 、__/     ∨    {! |
                     {..::::::::::::::::.......  {    :::. |
               八::::::::::::::::::::::::::., |      | リ
                      、:::::::::::::::::::/: |      |/
                    、__,..::ィ   :}   /  }
                       Y     / :/    |
                    }     〈  ̄´   |
                    |   \ }_,./  ,ノ
                    |:.   /  ,.イ  〉
                    | ::..  ヽ.. -   ̄ 7
                   { \  〈      ,イ
                       }  ヽ  r――ィ' ヽ
                      /一ミ ヽ ;   {
                __/-- ´`ヽ{   l    、
          ,.. ィ升三三三'____  |   ト、     }
    _,..イ三三三三三三三三三三三ニ;   ;  \  |
 /三三三三三三三三三三三三三三__,i    j、___}
./三三三三三` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄三ニ{    ,三三、⌒ヽ、_
{三三三三三三三三三三三三三三>'´   /三三三}-、__////>=、、
\三三三三三三三三三三三 / ,.__     ,ノ三三三 /r,ィ  ̄  <//i}
  `  ̄ ̄ ̄ ̄   ー―――- {/ム,ィ ー ´ ――― '{ゝノ}≧_ __ノ//ノ
                  `¨´                  `  ̄´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        どのくらいの間、呆けていたのだろう

        どのくらい深く、物思いにふけっていたのだろう

        寝室の畳の上にへたり込み、
        若い雄の情欲の匂いが自分の脳髄を
        しびれさせるのを感じながら

        ただただ、虚空を見つめている私の背中に

        おびえたような声がかけられた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

661 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:09:19 ID:eXQLNt4A0 [12/46]

 |___
 |   \
 | ヽ、_  \       あの、美鈴、さん
 |  ⌒゚o  \
 |人__)    |      服が乾くまで、どうしてりゃ・・・・・・
 |⌒´    /
(⌒ー─' )



        ,. . . : : : ̄ ̄ ̄: `ヽ、
      /: : : : :_/: : : : : : : : : : : \
    .': : : ,. -: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /:': : /: ,: : : : : : :ヽ: : :.、: : : 、: : : : ::.
   /:,: :./: /: : : : : |: : :|: : : :ヽ: : :ヽ: : : : :.
  ':/: :.:|: :|!: : : : : :|: : :|: :}: : : ∨: : ∨: : :.:.
  |: | : : |: :|!: : :.:.|: :|: : :|:.:.ト、: : ∨: :.:∨: : ::.        あ、ああ、ごめんね
  |: | : : |: :|{: : :.:.|: :|: : :}!: | ,∨:.}!: : :.:|_{: : : :.
  |: |{! : |: :|_\: :{: :|: :/ィ:7´r≧、∨:.:.:|-マ:!: {: :、
  |: |:.!: :!: :|{,..r≧、:、:/ l/ イヒ(ソノ |:.:.:}) |:|: : .  ̄     替えの下着はないから・・・・・・
  Ⅵ |: :|: :圦 ヒ(ソ \          j: /イ/|:|: : ム
  リ \}: |      :i       /:イ_ノ: |:|:{: : :.\
      |\}    {::.         八: : :リ:|\: \`
      |: :.l:ハ    `       ∧ ̄}: : {ム \: :.   ちょっと、布団かぶっててくれる?
     /: /}: : : .   v‐‐,  ,. '  ∨ |: : :',:、  `\
    ,イ:{/ !: |: :/>     /   / /\:.ム `\
     / /:./}:/´r- ` ーく   /  ,∧  ヽ:_\
      /イ!   {!  /   ノ ∧  /  \  \      まだちょっと、裸でも大丈夫、って時期じゃないから
        { / | {\  _j! \{     ヽ
        ∨ ∧ |    「   /       ',  ',
         イ /  }|i:,..:' j!   /          ィ⌒ハ    ね?
      / {! /  ||/ /   ,         /     }
     /{  |/   i|{ /   /       /      |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      バスタオル一枚のやる夫君が、そこにいた

      おびえ切った目と、絶望で震える膝

      それでも必死に、自分を奮い立たせるかのように立っていて

      こちらに気を使わせないように虚勢を張っていて

      ぐちゃぐちゃになった感情は、
      もうどうしていいかわからないはずで

      でも、私に声をかけないことにはどうしようもなくて・・・・・・

      にっちもさっちもいかない状態のやる夫君を、
      私は寝室の中に引きいれていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

662 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:16:05 ID:eXQLNt4A0 [13/46]

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      しばらくのちには、その行為はとても艶のある

      毒の蜜の味がたっぷりと利かされた、
      禁断の時間の始まりを告げる行為になるのだが

      その日のやる夫君は、
      当然ながら積極的に口を開こうとしなかった

      ただおびえ、後悔に染まり切った色の瞳が、
      おびえた子犬のように私を見上げている

      私は、何とかしてその緊張と後悔を溶かし去るべく

      重い口を開いていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

663 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:23:50 ID:eXQLNt4A0 [14/46]

        l:::::::/:::::::::::: /:: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ :::: i::::::::::::::::::::::: ム
         i::::: }:::::,:::::: l:::/:::::}:::/ }::::i ::::::: l:::::: /:::::::::} .}:::::|::::::::i::::::i::: l::::::
       .l::::/l :::::::::::: i:::|::::L::/___l::l:::{::::::::l:::::/::::/:::/ .L:::ハ:::::::::::::l:::::l::: l
          l:::l .l:::::::|:::::::∨::::ハ::i _ _.i:ト:::マ::::: i::::::::/i::/  ̄.i::/`}:::::,:::::::l:::::l::: l       えーとね、やる夫君?
          l:::l .l::::::ノ、::::::i::::::l. v.   ハ:::lヽ::::}:///  ̄ レ _ l:::/:::::: i::::::::: l
          l:::l .}::: ハ:i :: l:::::孑示==- 从/ /孑示===- i:/ :::::: l::::::l:: l
        マi./::: ム.}:::: ', ::≠_辷少-       `_辷少- .//::::::/i:::::: l:::ム       私、今日のこと、気にしてないから
        乂:::::::i:ヽト、::ト、:ヽ  ̄.    `.       ̄    /:::::/ .}:::: ト:::ム
        ./:::::ヽ:: l::::ム .マ}\.       i          .//:://::::::::l:::::::ム
  、_ __/::::::::::」::::||:::::::::「≧、.ヽ      l          //:::::::::::::::::l:::::::: ム      やる夫君も、あまり、その・・・・・・
   >-- =‐  ̄ .}:: ハ::::::: l .マ ヽ                   / .`i:::::::::::::: l:::::マ::::ム
 ̄ ̄ <、 ___ ,,,,,/:::/ l:::::: l ..ム    、_ ___ __, .     /   .l::::::::::::::/:::::{\::::\
   /  ヽ  /:::/   l :::: l    ゝ    ‐--  ‐    /i   l::::::::::::/_マ:::ム ` ー    気にしないで、ね?
.   ,   \ヽ/:::/ .   l:::::::l   }. \         / //  .i::::,:::::/  >..
  }.     ∨//   .>::: ト ..i i  ヽ>      <  .//   /::/i::∧-=、   >..
  .ム    ´ /_,, < .ヽム.`.}.ハ、  ヽ.   ̄  .,   ./ . .,__/::/..l/ ム  ト、    > 、
  {   ヽ  ´ム  i l   \/ .∧` -.、    /  ___/.レ  /::/ ./   ム  } .>   / ト
  i    、 \  ム .l l    { . / .ム   ヽ  レ ´  ./ i ./ / ` -= ヽ .i    \ / / }
  .マ   ヽ ヽ....ムi l     //、 ム         /i  ∨       >  }     ./ /  .ム



       ____
     /      \      き、気にしないで、って言われても
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  /⌒)   ⌒゚o  \   あの、そんなの無理、無理ですお
  |  / /(__人__)      |
  \/ /   ` ⌒´     /    やる夫は、あんな、下品な、汚いことを、美鈴さんに・・・・・・


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       たどたどしく出てきたのは、
       『気にしないで』という言葉

       でも、当然ながらやる夫君は
       それをそのまま受け入れられるわけもない

       その時のやる夫君にとって、
       性行為というものはとても神聖なのだけれども、
       とてもけがらわしい一面もあるものだったろうから

       それを、一時の気の迷いであこがれの女に
       ぶつけてしまったのだから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

665 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:40:14 ID:eXQLNt4A0 [15/46]

     .,::: ,l:::::::: i::::::::: l:::::::::|:::l::::::: |::::::: l:::::::::/:l:::::::}::::ハ::::::i:::::i::::::::::::::::::::::::::
   ..../:::/.|::::::: i:::::::::::| ::: /|::,i、:: l.l::::::::レ::::/:: }:::::,:::/ ..マ:::l:::::l::::::::/:::::::::::::::
    l::::l l:::::l:::l:::::::::::}::::l .l::l l::::::l.l:::::/}::/::::/:::::/:/    マ:l:::::::::: /:::::::::::::::::
    i::::l |::: i:::l::::::::::ハ::‐l-l::l=}:::l l::::レ::/::::/:::_/.レ===-」_l:::::::::/:::::i::::::::::::::     そんなこと言っちゃだめよ?
    l::::l l:::::l::ハ:::::: l .l:: |,,,__v_ヽ::ハ::| |::::├彡´.  __.  vi::::::/:::::::::::/::::::::::
    l::::l . マ::l:: ハ ::: |x彡¨i:::::::リミ.::i l: i::::/::/´,xz=¨ ̄ ミx、 l//,::::: /:/:::/::::::
    ..l:: l  .マ:::::::У::i ゝ  辷 ソ ` 乂´ ソ ´.  i_::::::り 》/ /::::://i::/::::::::::     あ、ああいうことはね
    ヽ.i   マヽ{ \   ` ̄   ,       ゝ--´   /:::::::/ / .}:::::::::
           ヾ::ム .}.       }             /// ./ /::::::::::
            } ム i.       .           / /    /:::::::::::::     下品でも、汚くもないの
           l:::/:`ム.        ヽ            _   /::::::::::::::::
            |:/::::::::ム    、                ノ::` ‐ :::::: i:::::::::
           v:::::::::::::ム     ̄ ̄ ̄ ̄      , .{__ ::::::::::::: l::::::::::      皆やってる、普通のことなの
            ./::::/:::::::::::::\             /   i .ン、:::::::::ム:::::::::
          /::::/::::::::::i::::::::::::>、       _ .<    .レ´  マ:::: ,::ム:::::::
         ./:/i::::::::: ノ:::::::::∧-≧-- ‐ ¨     ./  /      マ::i::::i\::::     経験前だと、ちょっと特別視しちゃうようなことだけど
         ./  /::::::/}, -=´     .}     /../      ∧ト、i  .ヽ
            /:::/ .//∧      _,,.┤   _,,= ´        ./ `==、
         // . ./:// .マ . , - ´  }   i -、 i       ./     .\     それでもね、何でもないことなのよ?
        _,,, - ‐´// /У . /   i  ...l./i.i      /       \



         ____
       /     \
      /  _ノ   ヽ、\      ホントに?
    /   (○)  (O)  \
    |       ||  (__人__)  ..|    あの、普通のことなんですかお?
    \    ノi   !  |.  /
     /    し'   `⌒´ .ノ      何でもないこと、なんですかお?
     |       ./ ./


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   内心の動揺を押し隠しながら、私は体ばかり大きな男の子に、
   私の気持ちを伝えようと試みる

   だが、やる夫君はよくて半信半疑

   悪ければこれがしこりになって残る勢いで、動揺を続ける

   私は、この純真な男の子の動揺と後悔を
   それ以上みていられなくて

   意識しないうちに、するりと言葉が口をついて出ていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

667 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:44:13 ID:eXQLNt4A0 [16/46]

        l:::::::/:::::::::::: /:: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ :::: i::::::::::::::::::::::: ム
         i::::: }:::::,:::::: l:::/:::::}:::/ }::::i ::::::: l:::::: /:::::::::} .}:::::|::::::::i::::::i::: l::::::
       .l::::/l :::::::::::: i:::|::::L::/___l::l:::{::::::::l:::::/::::/:::/ .L:::ハ:::::::::::::l:::::l::: l       ほんとよ?
          l:::l .l:::::::|:::::::∨::::ハ::i _ _.i:ト:::マ::::: i::::::::/i::/  ̄.i::/`}:::::,:::::::l:::::l::: l
          l:::l .l::::::ノ、::::::i::::::l. v.   ハ:::lヽ::::}:///  ̄ レ _ l:::/:::::: i::::::::: l
          l:::l .}::: ハ:i :: l:::::孑示==- 从/ /孑示===- i:/ :::::: l::::::l:: l       ホントに、何でもないこと、
        マi./::: ム.}:::: ', ::≠_辷少-       `_辷少- .//::::::/i:::::: l:::ム       普通のことなの
        乂:::::::i:ヽト、::ト、: /////  `.    ///// /:::::/ .}:::: ト:::ム
        ./:::::ヽ:: l::::ム .マ}\.       i          .//:://::::::::l:::::::ム
  、_ __/::::::::::」::::||:::::::::「≧、.ヽ      l          //:::::::::::::::::l:::::::: ム     経験してみれば、
   >-- =‐  ̄ .}:: ハ::::::: l .マ ヽ                   / .`i:::::::::::::: l:::::マ::::ム    ああそんなもんか、ってね
 ̄ ̄ <、 ___ ,,,,,/:::/ l:::::: l ..ム    、_ ___ __, .     /   .l::::::::::::::/:::::{\::::\
   /  ヽ  /:::/   l :::: l    ゝ    ‐--  ‐    /i   l::::::::::::/_マ:::ム ` ー
.   ,   \ヽ/:::/ .   l:::::::l   }. \         / //  .i::::,:::::/  >..      思うようになるわ
  }.     ∨//   .>::: ト ..i i  ヽ>      <  .//   /::/i::∧-=、   >..
  .ム    ´ /_,, < .ヽム.`.}.ハ、  ヽ.   ̄  .,   ./ . .,__/::/..l/ ム  ト、    > 、
  {   ヽ  ´ム  i l   \/ .∧` -.、    /  ___/.レ  /::/ ./   ム  } .>   / ト
  i    、 \  ム .l l    { . / .ム   ヽ  レ ´  ./ i ./ / ` -= ヽ .i    \ / / }
  .マ   ヽ ヽ....ムi l     //、 ム         /i  ∨       >  }     ./ /  .ム



       ____
     /      \       け、経験?
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    って、あの、どういう?
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    口をついた自分の言葉は

    まるで、ほかの誰かの言葉のようで

    私は、心のどこかで冷静に自分を見つめていた

    でも、それ以上に

    心の壁の隙間から、するすると忍び出てくる
    自分の本音を確認するのに、気を取られてもいた

    私の言葉が静かな寝室に響きわたり、
    やる夫君が目尻に浮かんだ涙をふくことも忘れ、聞き入っている

    その真剣さがうれしくて

    そして、視界の隅に入る、
    いきり立ったやる夫君の情熱の塊が気恥ずかしくて

    言葉は途切れることなく、続いていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

668 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 08:50:14 ID:eXQLNt4A0 [17/46]

              __ ,. . :――-. ._
          ,. . :'´: ,.: : : : : : : : : : :.`丶、
           /: : : : : /: : : :_: : : : : : : : : : : \
         , ': : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : 、: : : ヽ
      /:,. ': : : : :/: : : : : : 、: : : :`:、: : : : :\: : : .         ・・・・・・二人だけの秘密にできるなら
        ':/: : : : : /: : : : : : : : `: : : : `: : : 、: : : 、: : :.
     //: : :| : : |: : : : ;: : : : : : |: : : : :!: : : ヽ: : ∨: :.
      |:|: : :.:| : : |: : !: :i : : : : |: | 、: : :.|: : : : :∨: :∨: .       今日のことは、夢だと思ってくれるなら
      |:|: : :.:| : : |!: :|: :|: : : : リ: } ヽ: :}∨: :|: :ト、: :∨::.
      |:|: : : :!: : :|{: :{: :{: :.i: :/:./、_}:/-ハ: :|: :|イ }: :|:.、:\
      |:|{: : :.|: : :{ |_:|ノ:∨:./}/ _,....ィ !: }: :|7 ,': :{: ∨: \
     {:! マ: :{: : :| __,.ィ ∨     込(ソ |/: /_./: : :|: : ∨: : \   ・・・・・・一緒に、つかの間の夢を
.     リ ∧: : : ム 込(ソ \     :.:.:.:.: /: /r ' }: :.:.|: : : :\` ̄
       /: :}\: : :} :.:.:.:.:  l:.      /: イ ,|  |: : :ト、_ : : : \
     //´|: : :|ーハ     ヽ '        /:| /: :./ \`ヽ、:_\   見させて、あげる
    /イ{  |: : :|   〉、   、_,...__,.ィ  ,.:' |./イ:./ ̄\.〉  }  ̄
      |  {: :从⌒ヽ/}>  ゝ -- ´///Ⅵ {/   /   !
      |  从{ \ / ∧ \> - ´ /  / {   〈  /    {
      |    \  { ii{ \ 、:.    ´/ /_〉  ∨/  |_
      |    {\  ̄Tヽ \ ':、 ,:'  /´  |   ,ハ    {, ヽ
      |   /|  \_/    ̄\∨ /  / |__/ :}  /  }
      |__/  {      \ 〉 }{!/  /       |` ´   |
      {    /\\_    { (_)}- ´      _/ 〉 /   ;'
      |   /{ () `ー― 二} Y |   r‐_,イ≦ ̄Y ,:'   ;
      |  / |_,..-、 r_,  |= | {- 、  | (_)   (_)ノ,イ   ∧
      | '    \ \__/  >' 、   \_./\/    / :.
      |    / |` ー― ´ } | `  ー― ´|    /  |



       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \      『    』
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       自分自身を奈落へと突き落とした言葉は

       確か、何かの恋愛映画のセリフの引用だったと思う

       私ですらうろ覚えの映画のセリフを、
       恋愛映画を好むわけでもないやる夫君が
       知っているわけもない

       だけど、私の頬がほんのりと赤く染まっている様子と

       なによりも、情欲に濡れた瞳が

       何のことを言っているか、
       言葉よりも雄弁に物語っていた、とは

       後からやる夫君に聞いたことである

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

672 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:00:28 ID:eXQLNt4A0 [19/46]


                       丶 /: /: : l: : : : : : : : :  ハ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                       /: :/ : : l: : : : : : :/: : : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : :
                         _l: :/ : : l l: : : : : :/ : : ハ: : l: : : : : : : : : : : : :∧: : : :
.               ,. -‐ ' ´ l::/l : : l:∧: :/ :/: : l: : l: : ト: : ',: : : : : : : : : : : ', : :
                 /     _l/_.!: : :l: :ハ:/::/: : :/: :/!: :lハ: : ', : : : : : l: : : : : :', : :
.                    ,. ¨   l! l: : l{::l: : ∨、_ /l ;/ l: :/ ',l: :',.: : : : :|: : : : : :l\:
.                  ,._____、',: :ll :|l: :/: :`/¨゙/≧/-- lト: :l : : : : l: : : :l: : l: : :
.                     " ̄ ̄ ̄` .', :N:l从l /イ / l/    llハ l : : : : ! : : :l: : l : : :
                            , レ リ \/イ ,ィミ=z≧.、ll ',!: :l : :|: : : :l: : l ,. =
                 ヾヾヾ/     ,-‐'ヽ"         .ll /: :l: : :i : : /: :リ r-
                ,-、    /      ヘ       〃〃 リ /: :/ : /: : /l: ://-
.          ( ゙ヘ\ゞ )\   {         ',           //: : /: : /::/:/r,⌒
.            ,=\   \  \ \        人       , イ´ / :/: : / / イ 〉´
             ヘ-' \   \  \ \,.ィヘ_/ゞ、ヘ        ///: : / /'  r-- '
              ヘ  \   \  \ { `'\   イ       / ' /::/  ./
            ,(゙ヽ\.  \   \  .ゝ、.  \ .∧          /'´  /
.          \ ' \.  \   \   `ヽ  `ヽ丶、____ _ /
               \   ' .,  ' ,  ヽ.    \  ゝ.      _\           ,. ´
.       _,ュ =-‐<\              `  `ヽ  /     ゝ        ,.′
.`ゝ -‐<´        ∧                 ∨        |        /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        とにかく、その時のやる夫君は

        地獄の底から天の頂に引き上げられた、
        そんなような顔で呆然と私を見つめていて

        その瞳の熱さに浮かされた私は

        ぐっと身を乗り出し

        やる夫君の頬に手を添えて

        そっと、唇を重ねていた

        それは、おそらく二人の付き合いの中で、
        もっとも純粋で

        もっとも美しいキスだっただろう

        だって、そのすぐ後に・・・・・・

        私は、キスを愛欲の手段にすることを、
        やる夫君に教えてしまったから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

673 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:06:46 ID:eXQLNt4A0 [20/46]

                       、    、    __,
                             ヽ    ‘,    ̄7
                          }    ‘,    《
                         /      l ;
                             } ゜
       .....::::::::::::::::::::.....             /l  
       ....::::::::::::::::::::.........             / 、  \  ヽ ヽ
    ....::::::::::::::::::::::::::::::......              /}_ >- ‐.- 、 \ \        __//
    ...:::::::::::::::::::::::::::::::......         /: :u: : : : : :ゝ_ノ; : :丶             ̄7/-- 、
   ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...           〃: :/: : : : : : : : : : : : : : へ           , // // 
  ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::......       /:l: : j: : :、: : : : :ノ ): : :ヽ_j: : ヽ      /// //  //
  ........::::::::::::::::::::::::::::::::....          ,': :u: : : : : : :ー  /: : : : : :ヽ: : ',       //  ゝ ̄ /
  .......::::::::::::::::::::::::::::::::.....       ,、: {: :): : γ⌒ヽ (: : : : : : : : l: ハ    _        ̄
 ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::....          l:.`十ノ-:.、l: : : : } l.: : : : : : : l l: :l     l l/      _
......::::::::::::::::::::::::::::::::::..........         l: : :U : : : :l`‐ 、:l  ',: : : : : : j l: :.!   /l l 〃⌒)  /l l‐=、 
......:::::::::::::::::::::::::::::::::......            l: : : : : : : : し, : `ヽ、:l : : : : :( :i: :l     し  /  //l l ノノ
......::::::::::::::::::::::::::::::.........            l: : : : l  l: : \\.: X、: : : : : U:l               l l __ 
                       八:: : / ∩ 、: :\\  ` r-T フ             r‐v /
                        { ゝ、  }: l: , :イ 丶丶 J  l ´     7| /l!     丶/
                ____       し    ̄! ̄  /        ヘ、__    / !/ | /
           _/ ‐匕_\           u  / / /           \   |   レ
           \ (乂 ) |          ,  ´  。・               ヽ      l/
            |  つ |       ,.ィ  //                    フl_   jl__
              .{ (⌒⌒)   / l ;      ├‐¨ 勹 ン ッ            ) ll,イフ
                 ` -\/  , ´   l ;      ̄                       l


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      重ねられていた唇を離し

      一息ついた後で、私は再び
      やる夫君の唇に自分のそれを重ねた

      いや、むしゃぶりついたというべきだろう

      男の唇の熱さ、体を寄せ合った時の熱気

      それが、私のブレーキを完膚なきまでに破壊していたから

      今目の前にいる男の子

      何も知らない男の子に、
      自分の知っている限りのことを教え込む

      低俗な週刊誌の記事をひねりもせずに、
      そのまま持ってきたような状況

      ずっと疼いてきた身体が、状況を歓迎していた

      呆然としたままのやる夫君の唇を、
      私の舌がこじ開けて

      口の中に、入り込んでいったとき

      やる夫君が、小さなうめき声を上げた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

675 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:13:54 ID:eXQLNt4A0 [21/46]

        l:::::::/:::::::::::: /:: /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ :::: i::::::::::::::::::::::: ム
         i::::: }:::::,:::::: l:::/:::::}:::/ }::::i ::::::: l:::::: /:::::::::} .}:::::|::::::::i::::::i::: l::::::
       .l::::/l :::::::::::: i:::|::::L::/___l::l:::{::::::::l:::::/::::/:::/ .L:::ハ:::::::::::::l:::::l::: l
          l:::l .l:::::::|:::::::∨::::ハ::i _ _.i:ト:::マ::::: i::::::::/i::/  ̄.i::/`}:::::,:::::::l:::::l::: l
          l:::l .l::::::ノ、::::::i::::::l. v.   ハ:::lヽ::::}:///  ̄ レ _ l:::/:::::: i::::::::: l
          l:::l .}::: ハ:i :: l:::::孑示==- 从/ /孑示===- i:/ :::::: l::::::l:: l
        マi./::: ム.}:::: ', ::≠_辷少-       `_辷少- .//::::::/i:::::: l:::ム
        乂:::::::i:ヽト、::ト、: ; ; ; ; ; ; ;  `.    ; ; ; ; ; ; ; ; /:::::/ .}:::: ト:::ム
        ./:::::ヽ:: l::::ム .マ}\..;; ; ; ; ; ;  i     ; ; ; ; ; ; ; //:://::::::::l:::::::ム
  、_ __/::::::::::」::::||:::::::::「≧、.ヽ      l          //:::::::::::::::::l:::::::: ム
   >-- =‐  ̄ .}:: ハ::::::: l .マ ヽ                   / .`i:::::::::::::: l:::::マ::::ム
 ̄ ̄ <、 ___ ,,,,,/:::/ l:::::: l ..ム    、_ ___ __, .     /   .l::::::::::::::/:::::{\::::\
   /  ヽ  /:::/   l :::: l    ゝ    ‐--  ‐    /i   l::::::::::::/_マ:::ム ` ー
.   ,   \ヽ/:::/ .   l:::::::l   }. \         / //  .i::::,:::::/  >..
  }.     ∨//   .>::: ト ..i i  ヽ>      <  .//   /::/i::∧-=、   >..
  .ム    ´ /_,, < .ヽム.`.}.ハ、  ヽ.   ̄  .,   ./ . .,__/::/..l/ ム  ト、    > 、
  {   ヽ  ´ム  i l   \/ .∧` -.、    /  ___/.レ  /::/ ./   ム  } .>   / ト



                             {
                  _,.. -i      乂__
           >--一  ´ // }        ', ',`゛ <
         /    ` ー //_       _ -', ',一 ´ `゙ <
         .,          //   `ヽ  /   '. ',       ヽ
       /   i      //  __     r--、  ', 'vヘ         ',
        /    .j > .7/    `ヽ --乂//\ ! !//ト、.  j   '
       ,   ,  ´  //     /    `ヽ/ハ. }_}//|/', /    }
        ′ /  , イ i     .′         }//レ \//V.     从
       .i /  / ,′ ||     {  u      |//    ヽ/{_   /
      j .′ ,  /  : {      ,       }/       Vハ  /
     , { /      ハ     r-\     〃 /      ∨ /
     ,: 从/        ヘ    ‘r--ミz。_ノ/ ./   ___/  ,
    .′ {   r      ヽ   {   \///  _> ´ __フ  ′
     .  八         \ ノゝ.  __,.イ  ./ _ -'- へ /
    ,    ゝ。.. __ >==-  ̄ ̄ヽ  ̄/    ` ̄ ̄ \
   .′  , -┴ --  _     _ __≧'       二二 ヽ}
   i  /           ̄ ̄            //////ゝノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      再び迸った情熱が

      二度目とは思えぬ勢いで飛び散って、
      私の服にへばりつく

      布地を通して、その熱さを感じながら

      急激に冷えていく冷たさを切なく思いながら

      私は、やる夫君の手を自身の胸に導いた

      そして、大きな手のひらを、
      少し形の崩れてきた胸にギュッと押し付けて、一言囁く

      『そっと、脱がせて、くれる?』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

677 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:18:26 ID:eXQLNt4A0 [22/46]

                          ______
                  . : :´: : :〔_: : : : : :`丶、
                     / . : : : : : : : : : : : : : : : : \
                   , ' . : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                  ,   . : : : : : / : : i : : : : : : : : : : : : : : `、
              / . : : : : : : ,: :i : :|: :i|: : :| : i: !: : : : : : !: ,      き、綺麗ですお!!
               .′. : : : : : :/:i: :i: : |: :i|: : :} : ||: : i : :|:i
               . . : : : : i: :/:/|: :|: : |: :i|: :厶:厶L: : | : :|:|
            ; : : : : :_」厶i斗-|‐: {: :リ:/: /!: :,ハ: :} : :|:|      美鈴さん、とってもきれいですお!!
            i: i i: : : :i: 从 {_厶: :∨/: 厶i行外V : }: :! :|
            |: i∧ : _jyィ行外ミ\{i/´ V::ソ丿:/: :从|
            |: i 八: : 爪 V:ソ        ´  iイ : / }: !   
            |八  {\{     ////////     |/} 八!
                  八〈ヘ       丶'       ,_/ : :
.          _       /: : :\__、    _  -‐ァ    人: : : : : '、      ありがと
        / 丶_  / : : : : : : i:丶.     -‐'′ /i: : : :, : : : `、
         / 〆 >-ュ. : : ::/: { : :l: : : :>;      / i: :!: : : :}: : : : : ヽ.    お世辞でも、嬉しいわ
.        /   ´ --┤.: :/: : :',: :|: : : : : :j  `¨´  V:l : : /: : :!i: : : ト\
      ,′    r= 八∧: : : :Ⅵ: : : : :/         ハ:-- ==≧ ─‐ミ
      .′    /{ /.|/ 八_x==--≦´                     ヽ
      .′   .∧  γ´ >                         V
    V    八 _> ── -
   V     ./.....::              ,. '           ,          }    お、お世辞なんかじゃなくて!!
.    j    ../              ,. '´            .’  /       |
   l . , '             /               Y´      .:
   | . ,_/、              /                    l|        ′   本気、本気ですお!!
   |....Y: :}                 ,.:'´: : :.         ,:      ′
   l ..{_ノ           {     {: : (ぃ: :      ,'./        .:
.    l .八            '.     ゞ: : : ′     / /      ′
    :. ..ヽ           ,.   ヽ              イ /
.    ,   >―‐   .'´        、         /./ ′     :/
.   ∧    l            ` ー----  ´ / ./       /       そう、本気なんだ
    ∧    '                        /  /      /
       ’,  :.                        /  /       /         じゃあ、こんなおばさんに本気になってくれた
       ヽ   |                      /  /
        丶 l                      〈  /       /           お礼、してあげる♥

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     ぎこちないというか、乱暴な、というか

     とにかく、慣れていない手つきでやる夫君が私の服をむしり取る

     精いっぱいに丁寧に

     でも、欲望にぎらつく男の子の視線で、私の肌を犯しながら

     そして、だらしなくなり始めている私の身体を見て、
     感嘆の溜息をついて

     感極まったようなほめ言葉があふれ出た

     私は、それがうれしくてうれしくて・・・・・・

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

679 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:24:59 ID:eXQLNt4A0 [23/46]

 /: : : : : /: : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
/: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :,: : : : : : : : : : ヽ
: : : : : /: / : : :./: : :./: : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : : 、: : :.
: : : : /: /: : : :/: : :./: /: : /: :/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : :.l
: : : /: /: : : :/ : : /: /: : /: :.:|: : : : :/: : :.i: : : |: : :l: : : : {: :.        ・・・・・・いやらしい女だとか
: : : {:/: : : :/: : :./: /: : / |: /|: : : :.:{: : : :}: : : |: : :|: :.|: :.|: : :.
: : : /:|: : :/: : :./: / {: / {/ {: : : : |: : :/: : ,ィ: : : }: :.|: :.|: {: ::.
: : : ,ハ!: /: : :./ {/ 从 ̄ `ー\--': :/: : :/ マ: /: : :|: :.|: |マ: !      エロ女だとか
: : / {Ⅵ: : /         - 、 ∨:./:.:.:./ー-|/ |: : :}:.:.:|: | |: |
: : { (  |: :/   ー 、_ _ 、  ∨: / ___/ /}: /: :/|: | |: }
: : ヽ  Ⅵ       `¨¨ゞ、  /:/ イム㍉ヽ/:,. -- 、: :} }:/      思ったら、嫌よ?
/ : : \ー_,       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ,  弋ソノ/::::::::::::}ト| /
: : : : : /{                 { :.:.:.:.:. ,.ィ:::::::::::::::::::::::}
: : : : / .                    〉,ィ/:{.!:::::::::::::::::::::::;
: : : /  :.       、____   - ' /: : : {: r 、:::::::::::::::{
: : /    \     乂:.:.:.\::>'´: : : : : : 、ト \:::::::ノ        お、思いません、そんなこと!!
: ∧      、    }:.:.:./: : : __: : : : : : ヽ  } ´
/ {{        > _/:.:/ :: :_: :(ー `ヽ、: :/ ,ノ            美鈴さんは、美鈴さんで、
  ||      /\  {:.,:': : :( 、`丶 ̄ヽ  `ヽイ         /   
  ||           ヽ /: : : : :_`ヽ、  \,丶 ノ_ - _,.. - ´
  , -‐- 、>―-< Y: : :/ィ( `ヽ:\   ヽイ       ,:::
. /  、_  `ヽ: : : /: : //ノ,: :\ `ヽ' /       /          やる夫の、あこがれの人で、
/ -――=´: : : /: : //: : : : : : :\__ノ'  __/           そんな人がこんなことしてくれるなんて、
  -- ァ-- ´: : :/: : //: : : : :/r: :/  /                 もう感動するしかなくて!!
 _,...イ: _: : : :.{: : :.{ {:_.,... - ´  _


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    ためらうことなく、やる夫君の股間に顔を近づけていた

    改めて目の当たりにする、やる夫君のおちんぽの大きさ、太さ

    そして、その熱さと堅さ

    何もかもが、私にとって新鮮だった

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

680 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:32:13 ID:eXQLNt4A0 [24/46]

                  /: /: : l: : : : : : : : :  ハ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               /: :/ : : l: : : : : : :/: : : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : :
.              _l: :/ : : l l: : : : : :/ : : ハ: : l: : : : : : : : : : : : :∧: : : :
                 l::/l : : l:∧: :/ :/: : l: : l: : ト: : ',: : : : : : : : : : : ', : :         もう、こんなことで感動するなんて
.               l/_.!: : :l: :ハ:/::/: : :/: :/!: :lハ: : ', : : : : : l: : : : : :', : :
                 l! l: : l{::l: : ∨、_ /l ;/ l: :/ ',l: :',.: : : : :|: : : : : :l\:
               ',: :ll :|l: :/: :`/¨゙/≧/-- lト: :l : : : : l: : : :l: : l: : :        すぐに、もっとすごいことするんだから、
                ', :N:l从l /イ / l/    llハ l : : : : ! : : :l: : l : : :       身がもたないわよ?
                  レ リ \/イ ,ィミ=z≧.、ll ',!: :l : :|: : : :l: : l ,. =
                      ,-‐'ヽ"         .ll /: :l: : :i : : /: :リ r-
                      ヘ       〃〃 リ /: :/ : /: : /l: ://-
                      ゝ         //: : /: : /::/:/r,⌒        大丈夫、あの、何度でも勃ちますお!!
                    ヽ、      , イ´ / :/: : / / イ 〉´
                         〉ィヽ         ///: : / /'  r-- '        お、おなにーだって、
                γ´ : : :`ヽノ  .ノ     _...' /::/  ./           日に三回とか、余裕で行けますから!!
             / : : : : : : : ノ-イij.    /   ̄` ー
           r ´: : : : : : : : :ノ  人    ./∧ _ /
           ゝ- --- ァ ' l.     ̄//  l \
          /::::::::::::::::::::::/:::::l.     / ./   !   ,,-- ー - 、         そんなに元気なんだ?
         /:::::::::::::/:::::/:::::::l  / /    ,. ' ´        ヽ
        /----' ノ::::::/::::::::/.   /    /            ∨      じゃ、遠慮なんかしないでね?
       j -- ≦´::::::::/::::::::/.  /    /
      /(::::::::::::::::::::::_ /::::::::/ /   ./                l
.     /ヽヽ:::::::::ノイ´/:::::::::/.     /                  ハ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      新鮮といえば、その回復力も、だ

      夫との営みは、いつしか行為の前におしゃぶりをして

      夫を元気にしてから喜ばせてもらって

      夫が達したら、後はピロートーク

      そういう流れに慣れきっていた私に、
      二度も放出した後なのに、
      熱された鋼の棒のようにそそり立つやる夫君のおちんぽは

      同じ男性の欲望の象徴だとは思えなかった

      何か別の、女を喜ばせるためだけの、
      特別なものに見えたのだ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

682 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:37:36 ID:eXQLNt4A0 [25/46]

                                   /  __ノ
                                   ! /
                                   //
                                      //
                        (⌒!       //
                   r‐、    ヽ ! r=、   //
             _   r‐、 / ! r‐、  // ! j __//
             !  ! / // // / 〃  / / / / 
             ヽ v  / ゝ-'ゝ-'   rv // (
             冫 /     | !   !  レ _ノ
             {  (__  _! \  ! //
             ヽ___)r   Y= 、  ーr'⌒ヽ
                    |   !(__ノ_う⌒!   /
                 /|   |:::::::::::::::::::::::::Y /
                / |___ノ::::::::::::::::::::::::::/ !
                |  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/ |
               r' !   ト、____,.イ  !
               !  !   ト、二二二_う  /
                ̄7―'――/ ̄ ̄ ̄ノ/-、  / v_
            / ̄ 7ヽヽ   !_,ィ//レ/  ヽ し/ /
               / _ノノ    / (_/ ,ヘ ヽ ー'
               / ヽヽ    !     ./ ヽ-'
              /  { {     >―-イ ,-、 r-v
              /  Yヽ   //´  / / レ´ ー 、
             ./  / /-~--'ノ   /  ! /j /ヽ ヽ
            /   ヽヽ  ̄     /  しと_ └' ノ
               ) )      /    ー' ̄
              ( (      /
               つ ヽ    /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        そして、その『特別なもの』の証明は、
        すぐに訪れた三度目の射精で証明された

        私の口の中でおちんぽが大きく震え、
        やる夫君が腰を引いた瞬間

        目の前で、精液をほとばしらせた

        それはそのまま、天井を向いて突っ立っていて

        一向に萎える様子を見せず

        無言で、女の肉の温かさを求めて、
        たけり狂っているように見えたのだ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

684 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:44:21 ID:eXQLNt4A0 [26/46]


                           /: : : : : : : : : : : : : : : : :`: : : : : : : \
                             / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: :ヽ
                         / : : /: : /: :,: : : :/: : : : /: : : : : : :.|: : :.∨: ::     三度、どころじゃないじゃない
                          / : : /: : /: :/,: : /: : : : :/:{: : : : : : :.|: ;: : :∨: ::
                            / : : /: : /: ://: :/!: : :/:/: :|: : |: : }: :.}: |: : : :}: : :
                      ;' : : /: : /: :/:.|: :!| マ: /!:ハ: :{: : i: :/: /: ,:{ : |: :|: :|: :    何回射精せば、
                       / : : :|: : :|:{:/!: :!:.:|{__∨_{!__{:_|,: : :/:./|:./|:|: :|: :|: :|: :|   落ち着くのかな?
                          ; : /: :|: : :|ィハ|: :|{:.|ィ芹芯リ Ⅵ∨:/:/-/_..リ! :リ: l: ハ: |
                      /: /: : :|: : :|{ ({: :|从 弋zソ`   ∨イ,心} .}/:/: /l/ }:|
                     /: イ: : : :|: : :|:、-'Ⅵ   :.:.:.:.:.     ∨ゞ゚' /:イ:./ /   リ                  わ、わかんないですお>
                    ,..イ'´ /: / : : |: : :|イ,八           ::. :.:.:.:. /:イ:イ
                      '"´      |: : :| /               〉    ': ! : |
                 /´          |: : :|'    、            ,.': : |:.|ム        責めてるわけじゃないの
               /           /Ⅵ:.|        `  ´  イ \:.! ト、\
              /              ヽ:!      > _,..ィ ´     ∨|          すごいな、ってほめてるの
          , '     u         / _>  ⌒V    '⌒  '.  _}_
         '   j     人       ≠'"     二ニゝ、 {    V / /⌒>、
       。 /   /        ヽ   /       _ 二ニフ{ヽ.  _ノ,j_/ /_ノ‐-ミ                       ホントですかお?>
     o  /   /         } j/     ,.  "´      `丶 ニ二{           丶
       /   /     ij  /      /         ...::r=、 \ |          ヽ
.      /   /         /      /        ..::::::::::ゞ:::::::. ヾ         ..::‐:、
     /   /       /     /          .....::::::::::::::;   u.        ::::::::::`┐   ホントよ?
.    /   /     /      , '    u       `        }     ij  ::::::::::::Y
    /   /      /     , '                         ;   U       、 ::::::ノ    だから、そろそろ・・・・・・
       /    /       厶    {                    ,'          ブ
.      /   /        /  丶   U                 /(      _   -=≦ ̄     経験、しちゃおっか?
        , '        u√ ̄ ̄\                  /爻`=''"´
     /  /          ,′     `   .   ij____   .  -=≦_


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        一向に勢いを衰えさせないおちんぽに

        宥めるように、乳肉をこすりつける

        やる夫君は目を白黒させながら、
        女の肉の柔らかさに酔っていて

        私は、そんなやる夫君に、
        待ちかねていたであろう言葉を贈ってあげた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

685 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:50:49 ID:eXQLNt4A0 [27/46]

       ___
     / ⌒  ⌒\       ほ、ホントに?
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \    あの、ヤ、やらして、じゃない、
  |   u.   `Y⌒y'´    |    美鈴さんを、えーと、その、ほら
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ      だ、抱かせていただけるんですかお?


                 ,. . . : :―-. 、__
             /: : : : : : : : : :ー-:.ヽ、
              ,:': : : : : : : : : :,.. --: : : : : 、
          /: : : /: : : : /: : : : : : : : : : :.
             ': : : /:./: : /: :./: : : :/: : : : : : :.
          /: : :/:./: : /: :./: ,: : /: : }: : }: : :.i      そうよ、もう私も止まらないの
           /:/:/,{: |:|:./: `ヽ:/: :/: : /: :./: : :l:{
       ,ィ: /: {(Ⅵ:{,ィrミ,|:/://{:./:/:./: : ト,:.
      /:イ: : :{:、 {:| 弋ソ{从/イ: /-/:/: : :/ `      やる夫君に、抱いてほしいの
   ,. ---、/:{: |: |:ハ リ :.:.:.   { /イtミ{/:/: /
  /     \|:.}从 ::.      , 弋ソ/:イ{:/
 ハ       / |    、  、 _    ィ {:/:|/ -、        でもね、そのためにはね
 ! \     / __!:   ヽ _.. <: :|:.ハ:{ / }
 }   \.  /イ  ヽ    / .-、\ /イ /   !        用意しなきゃいけないもの、あるでしょ?
 マ    \ /   / }  ィⅥ   ̄ /    ,
  }   _.::/:   /     |   i:/     ,:′
  |    `/ヽ  /  ..::   j!    Y-/  /          箪笥の上段、右の引き出し
  /    ,イ   /  ,У   i    ヽ'    /!
  ヽ .,:'   ,:'し /     /      }/  {
   ∨   /  ,:'    ゝ/     |    |           その中身、こっちによこしてくれる?
   {   ,  ;       {   \ j   /
    ,、 i   ::.    |     ∨   ,'
    ヽ  j!:  、:::...   !    ,.イ   /
     }ヽ|_    \::::.....{....:::::/   /}\_
     | {ヽ ̄ ´  ` ー|- イ /   / |   Tヽ、
     | | ',    ヽ |  :| /  /   !   | { `ヽ
     | ム }:::..     |  j/       !     /   ` 、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        散々女の手で欲望をほとばしらせたおちんぽが、
        『経験』と聞いたとたんに、またびくんと脈を打つ

        男の子の正直さに、
        私は隠微な微笑みを抑えきれなかった

        避妊具のありかをやる夫君に教え

        それをこっちによこしてくれるように頼む

        避妊具を、ゴムを使わなければいけない、と

        最後の一線を超えてはいても、
        破滅の結果は招いてはいけない、と

        その時は心底信じていたから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

687 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 09:58:06 ID:eXQLNt4A0 [28/46]

         ____
       /   u \      えっと、あっと・・・・・・
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \    あれ、うまく入らない・・・・・・
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



                      / : : /: : /: :,: : : :/: : : : /: : : : : : :.|: : :.∨: ::.
                 / : : /: : /: :/,: : /: : : : :/:{: : : : : : :.|: ;: : :∨: ::.
                   / : : /: : /: ://: :/!: : :/:/: :|: : |: : }: :.}: |: : : :}: : : .
                   ;' : : /: : /: :/:.|: :!| マ: /!:ハ: :{: : i: :/: /: ,:{ : |: :|: :|: :.
              / : : :|: : :|:{:/!: :!:.:|{__∨_{!__{:_|,: : :/:./|:./|:|: :|: :|: :|: :|
                 ; : /: :|: : :|ィハ|: :|{:.|ィ≧ュ、リ Ⅵ∨:/:/-/_ リ!:.リ: :|: ハ: |     無理しないの
             /: /: : :|: : :|{ ({: :|从 弋zソ`   ∨イィチ} }/:/: /|/ }:|
            /: イ: : : :|: : :|:、-'Ⅵ   :.:.:.:.:.     ∨ゞ゚' /:イ:./ /   リ
           ,..イ'´ /: / : : |: : :|イ,八         ::.    /:イ:イ         それは、慣れてないと
         ___/:イ___:|: : :| /               〉    ': ! : |         うまくつけられないからね
       ///    ̄}:|  - |: : :|'    、      __     ,.': : |:.|ム
      /  { {     /イ  /Ⅵ:.|          ´ ´  イ \:.! ト、\
    /   マ!        /  ヽ:!      > _,..ィ ´     ∨|
   /     ヽ}     /   ヽ} ::.    / }    ヽ /    }:ゝ         ・・・・・・っていうか、サイズの問題もあるかな?
 /       ヽ}    ,       ト、_  / /|/    ∨ /  ;!
´          マ!   ,   _,. -、|         |  j\  ∨  /           やる夫君のおちんちん、大きいんだもの
              } ,  / イ  |   {        | /_   ̄` /
            | |  ̄   /  /   、    ,. \     ≦´
      _,.-  -// ̄ \__,/  /    ヽ ::/   \    ´ヽ、
    /    ヽ {// /  _/       ':,     ̄ ̄ \_`ヽ         ・・・・・・はい、できた
  /      、/ {..:/ /           i           ヽ
_/        ∨://                :.              ヽ
           У                 }!
           '                |:.                ',
          ;    ....::::.....          |              .:::.、
           {   :::::,..-:::::::::.           }!             .::::::::::.
           ∧   ::::{:;:::::}::::::         ∧            {::::::::ィ:r;,
          ,′ 、  ::ゞ':::::ノ        ,  、             ::::::::ィ´
          /   \             / '  \             ,.:'


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        ゴムは、当然だが
        『この時』のために用意したものではない

        夫のための物であると同時に

        私がひそかに一人で遊ぶ時に、
        淫具にかぶせるためのもので

        それらを軽く上回る大きさのおちんぽは、
        ゴムをかぶせられるととても窮屈そうに見えた

        根元を縛り上げられ、
        ゴムをぎちぎちに張りつめさせた、
        窮屈そうな男の子の欲望のたけり

        それを慰めてあげるのだと思うと

        私の女が、じわっと濡れてくるのが分かった

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

690 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:11:17 ID:eXQLNt4A0 [29/46]

                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::l::::::::::::ハ
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::!::',::::::::::ハ
                     /::::::::::::::::::::::l:::::::::::l:::::l:/!::l::::',:::::::::::ハ
                       /::::::::::l::::l:::l:::::ト:::::::::l:::///!:ト.:::l:::::ハ:::::',
                    l:::::::::::::l::::!::ト::::lヽ::::::从 ゙lミ==ミl:::l::::!:l::l!
                    l:::::::::::::l::::l::l/l ヽ::::リ/ ,ィ≦=ミ!リ:::l::l:ハ       やあ、やる夫君
                    l:::::l:::::从/l__リ  〉Xゝ.'込r'ノツl:://l:/
                     l:::::l::',:::::l,ィ伝示テ/////, l/ハ/l
                     l:::::',:::l、:::l\¨´// ヽ///  ! ノ:l        ここがね
                    l:::::lヽlヽ::\//   .- .、   !.イ:∧
                    l:::::l::::::\ヽ_ヽ_   (   ノ   ./l::\:ヘ       やるおくんのおちんちんを、
`  、                    l:::::l::::::::::l`:::\     .Yイ{    ∧l\::`ヾ,      突っ込むところ
    ` 、         ,.、_,. -――――- 、 >r_ 、|{ ヽ) .ィ:::: ,. -――― - 、   _
       ` 、      〈: :ノ: : :         >――-、. ´,.  '´          ``´: 〉
         ` 、   冫: : :           /       < __           : : :`〈/
           ` 、/          /            \  `ー 、         /       ・・・・・・恥ずかしいから
               ` 、       // /    /        L___)      /
                  \   / / i    /        〈       `ー―‐ '          あまり、待たせないで♥
                  `<___|  |   /   /⌒ヽ.   、
                          |  |  /   / 八 ヽ   \
                            |  | /   / / : \ \   \
                        ̄|./   / /,. 公、:\ \   \-、
                        ,.-/   / /,.(⌒)、\\ \   \\           /
                          / /   ///: :`ー゙ :\\\ \   ヽ.\     /
                       { 〈   ///: : :,:-(:o)- 、: \: : \ \_ノ }   /
                           ヽ ーく {: : : :/: : : : : : : ヽ: : ヽ: : :}    / /   /
                  \        \  八: : :{: :/´⌒ヽ: : }: : : }: :/  //  /
                  \        \  ヽ: :`{{:::::::::::::}}/: :// //    /
                    \      \ \:>―< // /       /    r‐‐┐
                     \      \ \      /      /    く,勹|
                         ` 、           \   /              く_ノ,⊆.己 __
                                     `、 /                 .`フ_厂 コ L
                                                 .          ̄ ̄
 
                                   ヽ ノ
                                  フハく
                                                                        /
                                                                       /
                                                                        /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           あとはもう

           恥じらいをかなぐり捨てて、
           男の子の芽にすべてをさらし

           欲望の限りを受け止めてあげるだけ

           私は、引きずり出した布団の上に
           大股を広げて仰向けになって

           夫以外の誰にも見せてはいけない場所を、
           自らの手で大きく割開いていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

692 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:13:57 ID:eXQLNt4A0 [31/46]

              i     |                     /
              ヽ    /                     /
               ト―'         r' !           /
         ヽ     !           }  !          /    /
           ヽ     !         ノ:.ノ_/ ト、        /    /
           ヽ     !      //,(_)!:.ヽ\     /    /
           ヽ    ヽ    /:///へヽ:.:.:.\\   /    /     /
            ヽ    ヽ ////イ⌒ヽ\:.:.:.\`/    /     /
             \    Y:./、:.:.:.:..:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\U、/    /    /   /
         \    \   V (_/_/_,.~⌒ーヾYヽ:.|   /     /   /
           \    \  }  / ̄:.:.:.:.:.:.:O:.:.:.:.リ!:./ヽ-イ    /   /    /
            \    \イ丶 {:.:.:.:.:.:.:.:U:.:.:.:.:.:〃y:.:.:./     /   /  /
              \     Yし~'⌒ー―‐く:.//:.:/    /   /   /
       、  \     \   |ヾヽ>ヽ:.} {⌒'://:./ ヽ_/   /、_/
         ̄  `ヽ、 _   )-く_ー`ーr'- しイ:/:.//´ ヽ__/
             \\ ̄   \ \ー、_ ̄:.:.:/://   /
                `゙ヾ    \ \`=-イ:.//   /
          |    ̄   ―|二_  _ ヽ    /    /
         | ー―     ノ   _)   o   o   o   o   o



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        そこは、もうすでにしっとりと濡れていて

        自らの手で押し開くときに、
        とろりとよだれが垂れてきたのが、
        顔から火が出るほど恥ずかしかった

        後であれば、必ず甘い言葉で責められたであろう、
        女の貪欲さには

        その時の、やる夫君は気づく余裕などないままで

        ただただ、穴が開くほど熱のこもった視線で

        私の女を、おまんこをみつめているだけで

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

696 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:24:20 ID:eXQLNt4A0 [33/46]


                       ---
                   : ´: : : : : : : : : : :` :
                    /: : : :/: : : : : : : : : : :∧: ヽ
                     / /: :/ l: :l:: :l l: : ∧: :l: : l: :.ハ
                    l/ l: :l: :l /l: :l l: :/: ハ::l: : l: : : l
                    lll :l: :l从¨从',:l/:://¨lハ::/: :l: :l
                    l!!::l: :l: l. 赱ッ',.Xィ:/t赱 リl: /!:l       ・・・・・・もう
                    Xゝ: :从xx.   i   xx./ノl/l
.               ヽ--イ 〉/ Y从        u /イ ;リ:::ヽ
               -=ニ`__/∧::::l:∧  `ー ‐´ /:/ !::/lハ ゝ
             __   __゙l: :l: `. 、   , ィ::/l // .lリ. _       あまり、待たせないで♥
            r''´,. ´       ヽ.  `´ . ,. '´       `ー...x..、
             {/              ` ./            ヽ:〈
              /                             Y
.            ,'               ,'                   |
          i           ,. ' ´      `ヽ           !    待ってるの♥
             !           /            ` 、        八
           人      /    ,.-、_,.-    、   ヽ、       ,.イ
           >  _,. イレ'´           `ヽ  {>―ァ<       女が、男の子を待ってるの♥
                    /                 `ヽ. ∧!
               /                    〈 \_
             _ ノ                      `ー<       だから、はやくぅン♥
        _,. -‐       、                   ,.        `  、
      ,. ' ´          `ヽ         _,. '´            ` 、
  ,. '´                      、,.                       ` 、
/                  {   {!   }                       ` 、
                       ヽ   !  ,.'
                         ,' `  ^ '´   、
                     /    、,       、
                   /      ヽ     \
                  ,. ' -- 、. ___,. ィ个  .,___ >、
            _,. イ 「:.:.:.:.:.:.!          }:.:.:.:.:.:{   ≧=- .._
      _,.  -=≦   /:.:.:.:.:.}:.|           ノ:.:.:.:.:.:.\      ≧=―---  ...__
‐=≦  ̄          /:.:.:.:.:.:.:ノ:ノ        〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\- 、             ヽ
             ノ:.:.}:.:.:.//         ヽ:.:.:r'´:.:.:.:.:.:.:.:}―\          /
` .、      ⊂ニ二ヽ__厂/ ̄              ├ 厂 ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ〉         ,. '
  ` 、          し'             し'                 /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        私がことさらおまんこをねだるように、
        腰を浮かせて

        やる夫君の目の前で、
        濡れ光るおまんこを左右に振ってあげてようやく

        やる夫君は、私にむしゃぶりついてきた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

697 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:26:20 ID:eXQLNt4A0 [34/46]

.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::l::::::::::::ハ
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::!::',::::::::::ハ
        /::::::::::::::::::::::l:::::::::::l:::::l:/!::l::::',:::::::::::ハ
.       /::::::::::l::::l:::l:::::ト:::::::::l:::///!:ト.:::l:::::ハ:::::',
       l:::::::::::::l::::!::ト::::lヽ::::::从 ゙lミ==ミl:::l::::!:l::l!
       l:::::::::::::l::::l::l/l ヽ::::リ/ ,ィ≦=ミ!リ:::l::l:ハ
       l:::::l:::::从/l__リ  〉Xゝ.'込r'ノツl:://l:/
        l:::::l::',:::::l,ィ伝示テ/////, l/ハ/l
        l:::::',:::l、:::l\¨´// ヽ///  ! ノ:l
       l:::::lヽlヽ::\//   .- .、   !.イ:∧
       l:::::l::::::\ヽ_ヽ_   (   ノ   ./l::\:ヘ
       l:::::l::::::::::l`:::\     .Yイ{    ∧l\::`ヾ,
        /::::/l:::::::::l:::::::l:::l>r_ 、|{ ヽ) .ィ::::∧:::ハ::',l
.      /> ’ヾ{ ̄¨.≧=一{   ≧=< 八ー=≦ヘ⌒ヽ__



            r-y'´: :              \ /                  /
           く〃: :                           U   u  /
            |: : :            i    ,.    ―-、         /
―――- 、      |             |j  /      u  ` 、     /
        `  、 |              /              \ー‐/「 ̄|  ┌‐┐
            `ヽ、          /            ____/ ||   !  /
              _\       /    __   ,. '´     У   | └‐┘ <
           ┌┐ | | _\__/   /     `ヽ´       /   / 「 7 rュ ヽ
 r――――――┘└┘ |」   |  \ !  /               /   /∧ ´ /` /_
 \                |    \                  /   ヽ V 〈 r_ュ __/
   ヽ     __  ┌┐n |     \               /     ヽ/ヽ__/_
     ̄ ̄ ̄/ r-、  | |」 |__j        \            /          |  |  /^ヽ
       〈  ヽ/   |              ヽ           /   /       |  |  / //ヽ
        \      |              \  /  八   \  /        | / / // /
          \/|  |                  Y    ノ,C、ヽ   Y        /\ / .// /
              |  |     「 |「 |     ヽ  |  /イ⌒ヽ::ヽ、 |     /ヽ \  〉 /__/       /
                  |  |   ___」 || |        \! /:/    i! ヽ:} !   / /  /   ̄\  r‐r‐i //
\                 | | |___  _」          ∧ Y    〃  ヽ!   ヽ/   /_/\  \ |__|__| /
  \           | |   /  〈          ヽ.|    {_し'ノ  |             \/   /_/
    \         ヽj   //\|           |     |r'   |                  /
      \                           |          |                 /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    当然だが、それでことがうまくいくわけもない

    必死すぎるほど必死なやる夫君をなだめつつ

    私がやる夫君のおちんぽを、私のおまんこに導いてあげると

    それが、私のよだれに助けられて、ぬるりと

    ・・・・・・いや、ぎちぎちと軋みの音を上げながら
    無理やりに押し入ってくる

    さながら、無理やり犯されているかのような、
    そんな錯覚が私を襲っていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

700 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:34:49 ID:eXQLNt4A0 [35/46]

               ,.-r/ }ァ-ァ_
             .ィ|  ′´ ´/ ヽ
             /ニj     ィ’ニ|
               iニ/   .イニニニi
              {/   .イニニニニ|
            /   /ニニニニニ}
           /   /ニニニニニ/
          /    ハニニrー- .._/
         ′   / / ,- ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `''<
         i     r'ィ´ ̄  ..  --- ..,,           ヽ
         廴_/ニニj_ノ r''´ニニニニニニ≧..,, ___,  /
           /ニニニニj.ノニニニ',ニヽニニニニニ≧=- く
           {ニニjニニニニ}ニニ',ニニ\ニニニiニニニニヽ
             ',ニニ}ニニニノニニニ,ニニニニニニ|ニニニニニ}
            }ニイ',ニニニニニニニニニニニニ.|≧=-r--= '
              ',ニニ',ニニニニニニニニニニニリ   八
         >-- 、ヽニ.',ニニニニニニニニニニニ!__..イ
           /      \\.',ニニニニニニニニニニ{       . > ´  ̄ マ
        {       \ マニニニニニニニニニニ!   .../       ',
.          ',      ヽ ヾ.ニニニニニニニニニ.ハ. .../           }
          :,         ',  .}ニニニニニニニニニニ',/  ,          ,:
           ',       ',. |ニニニニニニニニニニ,   /        /
            ',       i .}ニニニニニニニニニニ}  /       ,:
         ∧       } .ムニニニニニニニニニニ! ′      ./
           ',      !/ニニニニニニニニニニニ} i        /
           ヽ     {ニニニニニニニニニニニ.}.イ       ,
            ,,.≦ニ',     ',ニニニニニヽニ/ニニニ.ノニ     /ニ≧、
       r≦ニニニ.ヘ    ',ニニニニニニニニニニニ,′   /ニニニ≧、
       iニニニニニヘ.    ',ニニニニニニYニニニニニ′   .,:ニニニニニ:',
       |ニニニニニニ.    ,ニニニニニニi!ニニニニ,    /ニニニニニニ}
       {ニニ=-..ニニ ',   ',ニニニニニ人ニニニ.リ    /ニニニ-==ニニ'
       .|ニニニニ',  }:::}::',   ',ニニニ>'  `<ニ/   ./=-‐/ニニニニ,
       ',ニニニニ, リ:::::ハ   ', ̄ ´       /   ./    iニニニニ/
        ',ニニニニ.}/::::イ  ',   ヽ         /   ./    .|ニニニニ′
        ',ニニニニ:::::{   ',    }       /    ′    |ニニニ/
         ',ニニニ}ヽ::.、   ',   .乂     ノ   /      }ニニニ′
          ',ニニニ! ` ̄   ハ    ヽ   /   /      ,ニニニ′
          ',ニニ ,       ヽ    Y /   イ       /ニニ/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       『大きい』『堅い』『熱い』『反りがすごい』

       一瞬のうちに、私の脳内に言葉が飛び交う

       そのおちんぽの持ち主であるやる夫君は、
       おちんぽを根元までねじ込んだ後は、
       感極まったように私にしがみつき、
       荒い息を繰り返すだけ

       私は、そんなやる夫君が愛おしくて

       その背に手を回し、
       足を腰に絡めて

       やる夫君を自分のほうに引き寄せていた

       男の子の肌のぬくもりを感じるために

       男の子の腕で、抱きしめてもらうために

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

702 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:41:57 ID:eXQLNt4A0 [36/46]

                       、    、
                             ヽ    ‘,
                          }    ‘,
                         /      l
                             }
       .....::::::::::::::::::::.....             /l
       ....::::::::::::::::::::.........             / 、
    ....::::::::::::::::::::::::::::::......              /}_ >- ‐.- 、
    ...:::::::::::::::::::::::::::::::......         /: :u: : : : : :ゝ_ノ; : :丶
   ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::...           〃: :/: : : : : : : : : : : : : : へ
  ......:::::::::::::::::::::::::::::::::::......       /:l: : j: : :、: : : : :ノ ): : :ヽ_j: : ヽ
  ........::::::::::::::::::::::::::::::::....          ,': :u: : : : : : :ー  /: : : : : :ヽ: : ',
  .......::::::::::::::::::::::::::::::::.....       ,、: {: :): : γ⌒ヽ (: : : : : : : : l: ハ
 ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::....          l:.`十ノ-:.、l: : : : } l.: : : : : : : l l: :l
......::::::::::::::::::::::::::::::::::..........         l: : :U : : : :l`‐ 、:l  ',: : : : : : j l: :.!
......:::::::::::::::::::::::::::::::::......            l: : : : : : : : し, : `ヽ、:l : : : : :( :i: :l
......::::::::::::::::::::::::::::::.........            l: : : : l  l: : : : : : : :\: : : : : : U:l
                       八: : : / ∩ 、: : : /  `r - フ
                        { ゝ、  }: l: , :イ      J  l ´
                       し    ̄! ̄  /        ヘ、__
                               u  /            \
                                ,  ´                  ヽ
                           ,.ィ
                      / l
                    , ´   l


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   すると、やる夫君は、おずおずと私の唇を求めてきた

   つい先ほど、やる夫君のおちんぽを舐めしゃぶっていたことなど、
   まるで気にしていないとでも言いたげに

   実際、その時は気にする余裕などなかったのだろうけど、
   私はその欲望がうれしくて

   おずおずと侵入してきた舌を、
   舐めしゃぶり、吸い上げて

   思い切りみだらなキスを・・・・・・

   いや、口吸いを返していた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

704 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:47:11 ID:eXQLNt4A0 [37/46]

                         /ニニニニニニニニニニハ
                      iニニニニニニニニニニニ廴
                       {ニニニニニニニニニニニニ{
                      ∨ニニニニニニニニニ /_. マ
                         ヽニニニニニニUニニ {:.:.V{
                       \ニニニニ、ニニニニーイ
                        ヽニニニニ≧=z- .._.ノ
                    _,rーァ-、 _Vニニニニニ//イ
         __,..      .r/{ { ム`¨´ ̄ ̄ ̄ ` <'
     .,  ´      ',     { ト.{ハ.{、 ___     \
    ./           |      i/ニニニニニニニ≧..、  \
__/        ノ__j   /ニニニニニニ //////\   \
  ./       .ィ    ̄ ̄ `゙ '' <ニニニニ{////////,ハ    ヽ
ニ./    ,.ィ ´            `゙ <ニニi/////////{    \
./    /≧、                 }ニニ:',////////i.ヽ      ヽ
     /ニニ≧:..,,_              !ニヲ´∨//////ハ. ',     ',
     /ニニニニニ≧=-へ        ,r.,:.:f  ∨//////ハ }      i
    ./ニニニニニニ /  ` ̄     i.Y:.ノ   V//////ム      !
   .ノニニニニニニ/           ,ニ!     ∨/////∧       ,
 /´ニニニニニ /                ム八     .∨/////ハ      /
ノニニニニ}ニ/                /ニニゝ、    ,マ/////'ム    .
ニニニニニj/              /ニニニニ≧=   ∨/////.ハ  .′
ニニニニ./               /ニニニ/       ∨////∧ /
ニニニニ〃                 /ニ.> ´           ∨/////V
ニニニ/:.′             ./-''´               ∨////ム
ニニ/`{              ,               ∨////ハ
ニ/ヘ  !            /                ,:V////ム
イ   ',. '          イ                / .マ////ム
     .ヽ',                         イ    .}////,ム
       \                      ..イ        i/////廴__
          、               ,,.:z≦          }/////////≧=`-、
           ≧==z   ---  ==≦             込//////ヽ//\ー'


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     その次の瞬間

     やる夫君が体をこわばらせ

     また、小さなうめき声をあげる

     今度は、声だけではなく

     おまんこのなかで、
     おちんぽが膨らみ、震えることで
     情熱のほとばしりを感じることができた

     ・・・・・・そのほとばしりが、
     薄いゴムの膜に隔てられ

     私のおまん子を満たすことがないことを、
     少し寂しく思うのは、気のせいだと自分に言い聞かせながら

     私は、やる夫君の身体の熱さを、震えを

     少しでもはっきり感じようと、
     全身でやる夫君にしがみつき、
     久しぶりに味わう、小さな女の幸せに酔いしれていた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

705 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:52:34 ID:eXQLNt4A0 [38/46]

.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::l::::::::::::ハ
.        /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::!::',::::::::::ハ
        /::::::::::::::::::::::l:::::::::::l:::::l:/!::l::::',:::::::::::ハ
.       /::::::::::l::::l:::l:::::ト:::::::::l:::///!:ト.:::l:::::ハ:::::',
       l:::::::::::::l::::!::ト::::lヽ::::::从 ゙lミ==ミl:::l::::!:l::l!
       l:::::::::::::l::::l::l/l ヽ::::リ/ ,ィ≦=ミ!リ:::l::l:ハ
       l:::::l:::::从/l__リ  〉Xゝ.'込r'ノツl:://l:/
        l:::::l::',:::::l,ィ伝示テ/////, l/ハ/l
        l:::::',:::l、:::l\¨´// ヽ///  ! ノ:l
       l:::::lヽlヽ::\//   .- .、   !.イ:∧
       l:::::l::::::\ヽ_ヽ_   (   ノ   ./l::\:ヘ
       l:::::l::::::::::l`:::\     .Yイ{    ∧l\::`ヾ,
        /::::/l:::::::::l:::::::l:::l>r_ 、|{ ヽ) .ィ::::∧:::ハ::',l
.      /> ’ヾ{ ̄¨.≧=一{   ≧=< 八ー=≦ヘ⌒ヽ__
     }´_       ノ  ゞ、      ヾ八  .|   Y´ ̄ ヽ
    八  \    /    .>ァ    /≧=- |  |     \
   ./     ヽ./.> ´ ̄   ' 、   〈 __ .|  .八   ,ィ==.〉
   .〈 /     .//  .:::::_:::::::,    ヽ /´  ...:::::::...<  \/   {
   .∨   / /   .:::f::ソ::::::::     i{    :::::::::fr;、:. ヽ ∧   |
    } }/  ./   :::::!イ::::::::    |    ::::::::ゞ:ツ::. V ∧  |
    /    ,′   :::::::::::::::     .:     ::::::::::::::::::: ‘: 八.  !
   / ,ィ⌒ヽ :     :::::::        :     :::::::::::::::::  |⌒ヽ リ
  .{/| |   ヾ            ,′               |   /
     .V   .ハ           ,′             八 /
      i|    .∧            .:              ,′ /
    八   ./ ヽ、        |            ,′./}
     ∧     .ハ        :.             .,/./ .|
      {.∧     }         イ、           / ./ .∧
       \{      |ヽ..__  .イ.   \        /     ./ {       /
      } .\    .リ .Y        ≧=- --/       〉      /::
ヽ     ./ヽ  \  {   .|              /ヽ    .i! / ヽ   ./:::::
::::\  ∧  }.  \  ∧              〈  ハ    || /  |、 ./::::::::
::::::::::ヽ l       ヾ_/ .Y           〉_|___ツ    Y:::::::::::
::::::::::::::∨             ,′   `ー=-'´     .ゝ,__       八:::::::::::
::::::::::::::l:|             ,′              /  |  ヽ         〉::::::
:::::::::::::八           /               〈 / !  .ハ        {::::::::
:::::::::r≦三三ミ 、  }_./}、            ∨ /  / ∧  ,ィ彡⌒\:::
::::::://////////\/  .ハ              ∨   ./ ヽ/////////
:::::////////////.ハ_/ ノ             〉       .〉/////////
::イ/////////////.|////ミ、              /|      \////////
/////////////.∨/////∧           /八  /    /.\//////
//////////// ∨////// ∧         /   ヽイ≦三三ミx ヾ//////
///////////.//////////ハ        /    f//////////ハ  \///
/////////////>――=ミ/|         ,′   |//////////.∧.   \/
////////|///ノ       }:ノ  }、    .{    |////////////|   
//////  ゞ=/        ,′ ,/八.   |    .八> ’ ̄ ̄ ̄Vj
////   /         ∧ ./: : : :ヾ  .ノ   ////        .|'
:./   /    ,    ,  / .}./: : : : : : }イ     .ヾ=/        .|
    / , / / ,..イ /  j': : : : : : : :Y      ./  _      |
   ./ ./' ./ /  | ハ  .ノ:,.ィ从从ミ、:|     ./ ノ  ヽ     .|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         そのあと、何度抱いてもらったか

         何度、やる夫君が私をむさぼったのか

         私が、やる夫君に溺れたか

         正直に言うと、覚えていない

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

707 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 10:57:19 ID:eXQLNt4A0 [40/46]

                     . --- .
                 . : ´: : : : : : : : : : :` : .
                /: : : :/: : : : : : : : : : :∧: ヽ
                 / /: :/ l: :l:: :l l: : ∧: :l: : l: :.ハ
                l/ l: :l: :l /l: :l l: :/: ハ::l: : l: : : l
                lll :l: :l从¨从',:l/:://¨lハ::/: :l: :l       ゴム、なくなっちゃったから
                l!!::l: :l: l. 赱ッ',.Xィ:/t赱 リl: /!:l
                Xゝ: :从xx.   i   xx./ノl/l
.           ヽ--イ 〉/ Y从        u /イ ;リ:::ヽ      今日はもう、おしまい
           -=ニ`__/∧::::l:∧  `ー ‐´ /:/ !::/lハ ゝ
               ノ//::∧l: :l: `. 、   , ィ::/l // .lリハ
                ノ '//:リ: :l: : l|  `´  l:|/// > ´ ̄ ヽ
                  /, ≧- ' ´ ',   / l,:/''´      |                ・・・・・・え?  ホントに?>
           ,ィ ' " ´      ヽ--、. , ィ'´レ.          |
           /                    l ,    l
           !     l ,               !'     !     ホントよ
           l    /'                ヽ    !
.           ',  /'                 ヽ  リ      ゴムなしはダメ、
            〉'                    ヽノ      そこはわかって頂戴
           /                      ハ
           ./            l !            ',
                      ,' ',            .!     ね?
         l,.::::::.、         /  ヽ         ,.....、|
.         Y,ヾ:::::::l        イ   .ヽ、     /:::;::::y'
.           `´ヽ.ィ_     , ィ ´      ` ‐ -- -ゞゝ'ィ      その代り・・・・・・
             .|   `ヽ ´              イ   ヽ
              l    |ヽ            ./ .',    ',



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      ゴムを使い切ったからその日は終わったが、
      残るゴムが12枚入りひと箱の半分以上だったはずだから

      六回か七回といったところだろう

      甘い時間の終わりを告げる私を、
      ものほしそうに見つめるやる夫君の目に

      危うくグラっときそうになったが

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

710 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:00:20 ID:eXQLNt4A0 [41/46]

            /:',: : : : /: : : : : : ヽ: :ヽ: :ヽ: : :.、: : 、: : : ':,
               /: /: :.:.:.|:|: :{: :|: : : : ∨:.|: : :.∨: :∨: :ヽ: : :.:
.             /: /: : : :.:|:|: :!: :!: :.! : : }: :|{: : :.:|、: : |: : : ',: :.ム
.             ;:/: : : |:|: |:|!:.|: :|: :.|: : :ハ: | ∨:_|-ヽ:|: : : : ',: : :     こんなこと、してあげる♥
           |:|!: :|:.:|:|: |:|マ|,: |: :.|: :/、|/_,ノⅥ  }:ハ: : :.:.ハ: : : :
           |:|!: :!: :!:!:从_{!,ノ∧{/     ,ィチ圷}>' |: : }:.|:{_: |::{
           |:|i: :|: :|:|: | ,ィtォ≧、\     ゞ-゚'   j: /:/:.|i}: !: !     やる夫君、おっぱいすきでしょ?
           |:| Ⅵ: |:|: |〈!弋(ソ  :.     /i/i /:/:/ }//: |: |
           |:{ Ⅵ:! 从. /i/i  l:.       /:イ/ __ノ: :.:|: {
.             リ  ヽ: :{:!ミ、      ヽ'        / 八:|: : : |:.ム
               从: : :.:    、_,...__,.ィ     /: : :|: : : |: : :
               }:|: : :l:.、   ゝ -- ´     : |: : :|: : : |: : :.:
-j─              /イ: |: |..゙个: .       イ { |: : :{: :,: ム\: \               は、はい、まあ・・・・・
. 二)               - ─‐ - . _,ノ>‐<    __、 __ -‐  ¨  ̄ ヽ
 ゆ      ゚  _ . ォ'--. /イ/:. ─- ´ - ─ - ¨¨             ゚。 -
  >│| 。 . ´ c       `ヽ  ,  ´        ` .  .:
/、)ヽ / ..........         }/  ............      ゚   :. ′   ij    }            よかった
∧  '  .::::r;、:::::.  ij    /  .:::::::r;、::::::::.         ゚。       ,
ニ゚。/   ::::::ゞ':::::::   \人___/:::::::::ゞ':::::::::::         :
ニ∧    、:::::::::::ノ ゚   ⌒ヽ(  丶:::::::::::::::ノ         :               ┃┃     いっぱい、気持ちよくなってね♥
ニニ∧      / __ zイ{              っ      }     .:′  ━╋
ニニニ∧   //,z≦////∧ /                      :     ┏┫
ニニニ|,/////////////゚。    ゚                '        l     ┗┫
ニニニ|/////////////////}  /      i      ,イ       l    ━┓┏┓
ニニニ|////////////////,ノ/      J     /ヽ       |    ━┓┗┛
ニニニ|//////////////イ´u            _ .イ \ 〉      l    ┃┛┃
ニニニ|//////////イ /}、               ,イ`ー 、 ノ`ー ¨ ̄ ミ{        ━┓
ニニニ∧/////> ´ / ,イ: :\             〉、   _ノ        }          ┛
ニニニニ∧> ´ ____ .イ: : : : : :>ュ  ____   イ : :\ノ         ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      そこは、ずるずると引きずられるわけにもいかない、と

      今考えると信じられない自制を発揮して

      もう、ほとんど空撃ちばかりを繰り返すおちんぽを

      私は自慢の胸で、慰めてあげた

      何度もゴムの薄膜の中に、
      情熱をほとばしらせているくせに

      まだ濃密な牡の匂いをほとばしらせるおちんぽを

      目の前で愛で、その匂いを胸いっぱいに
      吸い込んでおきたかったから

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

713 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:06:45 ID:eXQLNt4A0 [42/46]

            /:',: : : : /: : : : : : ヽ: :ヽ: :ヽ: : :.、: : 、: : : ':,
.            /: /: :.:.:.|:|: :{: :|: : : : ∨:.|: : :.∨: :∨: :ヽ: : :.:
          /: /: : : :.:|:|: :!: :!: :.! : : }: :|{: : :.:|、: : |: : : ',: :.ム
          ;:/: : : |:|: |:|!:.|: :|: :.|: : :ハ: | ∨:_|-ヽ:|: : : : ',: : :
           |:|!: :|:.:|:|: |:|マ|,: |: :.|: :/、|/_,ノⅥ  }:ハ: : :.:.ハ: : : :
           |:|!: :!: :!:!:从_{!,ノ∧{/     ,ィチ圷}>' |: : }:.|:{_: |::{                    あ、美鈴、さ・・・・・・>
           |:|i: :|: :|:|: | ,ィtォ≧、\     ゞ-゚'   j: /:/:.|i}: !: !
           |:| Ⅵ: |:|: |〈!弋(ソ  :.     /i/i /:/:/ }//: |: |
           |:{ Ⅵ:! 从. /i/i  l:.       /:イ/ __ノ: :.:|: {                    また、イく・・・・・・>
          リ  ヽ: :{:!ミ、      ヽ'        / 八:|: : : |:.ム
               从: : :.:    、_,...__,.ィ     /: : :|: : : |: : :
               }:|: : :l:.、   ゝ -- ´     : |: : :|: : : |: : :.:      遠慮なんかしちゃだめよ♥
                /イ: |: | : :..个: .       イ {.: : :{: :,: ム\: \
             /.゙- ─‐ - . _,ノ>‐<    __、 __ -‐  ¨  ̄ ヽ   今日の締めくくりなんだもの、
.          _ . ォ'--      ─- ´ - ─ - ¨¨             ゚。   私のおっぱいを、
         ´         `ヽ  ,  ´          ` .   .:           思う存分犯して♥
i{     / ..........          }/  ............           :. ′   ij    }
∧  '  .::::r;、:::::.  ij    /  .:::::::r;、::::::::.         ゚。       ,    ね♥
ニ゚。/   ::::::ゞ':::::::      ′  :::::::::ゞ'::::::::::        :
ニ∧    、:::::::::::ノ ゚    .:   丶:::::::::::::::ノ          :
ニニ∧          i|__ zイ{ _人___/                }     .:′
ニニニ∧     __|iz≦|!///∧⌒ヽ(                    :  
ニニニ|z=≦//i|/////////゚。 ├‐¨ 勹 ッ           '       l 
ニニニ|/////////////////}   ̄      i      ,イ       l  
ニニニ|////////////////,ノ u         J     /ヽ       |  
ニニニ|////////////|/イ´                _ .イ \ 〉      l  
ニニニ|//////////イi| }、            ,イ`ー 、 ノ`ー ¨ ̄ ミ{  
ニニニ∧/////> ´   ,イ: \           〉、   _ノ        }  
ニニニニ∧> ´ ____ .イ: : : : : :>ュ  ____   イ : :\ノ         ノ  


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           そして、胸の肉と肉の合間で

           やる夫君が腰を震わせて

           さすがにもう、ほんの少ししか出ない精液が
           私の胸を汚して

           その日の甘い時間は、終わりを告げた

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

715 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:09:23 ID:eXQLNt4A0 [43/46]

    /´   ./        /
    /  /       /
   .i  r´       /     / ィ
    {  !     /       //
    |  .|     ,!       //       _
   i__ .|     /i    r‐´/      /
   i リ_i     .', !    .i .i      ィ
   `´|:.`ヽ__ .!‐!    ヽ !    !!
     |:.:.:λ_} '  ` ‐ _ }' ヽ--- ノ
     |:.:.:ハ
     ';.:.:.:',
     ‘:.:.:.:.
.      !:.:.:.:.
     !:.:.:.:.:.
      !:.: : : i
.      i:.: : : :.!
     i:.: : : : !
     !: : : : :i
     i: : : : :i
.      ',: : : :.!
     i: : : :!、
       !: : :ハ
       i!´ ,' ',
     ,'! , '  ',
      iノ    i!!
      {、    }}
      ヾ、___ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       ゴムがなくなった後、やる夫君を拒否した言葉

       今日『は』もうおしまい

       その言葉をかみしめるのは

       また、後日のことである

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

716 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:11:29 ID:eXQLNt4A0 [44/46]

 ヽ  / :::::::( _):::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;ヽ  〇
__ノ, ' ......O..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ヽ
 / :::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ヽ
.,' :::::::::,"::::::::::::;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;`,       今日はここまで!!
 ::::::::::/::::::::::://:::::::::::::::::::::}:::.;○ ..... ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;
 :::::::::l::::: :/i:l_|::::::::::::;イ:::::ハ:::|:::::::::::}:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;i
 ::::::;::i:::.ト{´|| .i:::::::///-ノ::;ハ,:::::::/::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;i ○    普通の人妻が、
ヽ :::::';ヽ,==ミ、|/ ノ'  _,/∠`ヽ イ:::::::::}::::::::;:- ;;;;;;;i      底なしの愛欲に溺れていくのは、
 \:::゛、ヽヽ 〉    ''"""''ヾ、 !::::::;'::::::(  );;;;|       次回以降です!!
.  |:|:ヽヽ、  ,'     ヽヽヽ   ,':::::;'::::::::::`::::;;;;;;;l , '  ̄ヽ.
.  i::i:::::!`ヽ 〈           //::l:::::::::::::;;;;;;;;' i    i
  |::',:::`、   t-  _ _     イ:::::::;'::::::::::::;;;;;;;;,'  ヽ、_ ノ
.○ |::゛、丶   ヽ、 ,ノ      ノ::::::/::::::::::;;;;;;;;;;/
   |::::゛、:::;\  ニ       .イ::::::;':ハ:::::::;;;;;;;;;;;'  o
.   l:::::::゛、:{ ヽ、  ,,、‐"´ ,'::::;:':/ ヽ:::::;;;;;;;'   , - 、
    i:::::| ゛、   ""ヽ:.:.:..  //::/====ミ;;/   {   }
.   |:::i   \    }:..: イ:::::;:'  ::::::::::::゛'-、 ゛‐ '      あ、私ちょっとお昼寝してきますから、後よろしく!!
 ,:'⌒ヽi         |; '´ ,'::::;:'    ::::::::::::::::>
 ヽ__ノl|  ○   , '"  //, r' "  ̄ ゛''‐ i´
     i     /   .ノ' '´     ::::::::::::::\
        ./  ,/   0       :::::::::::ヽ



‐‐- 、
    \
      \
      (_)       大丈夫、昼寝でもなんでも行ってこい
         i
           ゝ
           .|      絶対言い出すとおもっとったわい
      ├‐‐   
        /
      /
     /
--‐ ´

717 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:12:16 ID:eXQLNt4A0 [45/46]

以上をもちまして、本日の投下終了です

早朝からのお付き合いと合いの手を、どうもありがとうございました

返レスを返したのちに、本日のお開きとさせていただきたく思います

719 名前:音速丸 ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2014/12/29(月) 11:20:41 ID:eXQLNt4A0 [46/46]

>>674
 DTボウヤが、熟れた女の情欲にさらされりゃねwwwww

 そりゃ、ドバドバ射精しますわwwwwww


>>678
 だらしない、ってのは自己評価なんじゃないかなwwwww

 まあ年相応のおっぱいになってるというか、
 多少垂れ気味になってるのが、だらしないとかそんな感じなんじゃないの?wwwww


>>686
 まあ、ヤらせてくれるってのが、正直な感想だけど

 それだと下品に過ぎるとか、もっと上品に言い表したとか、あるわさwwwww


>>699
 うん、しばらくの間、それほど使ってなかったってのと

 挿入れ慣れた旦那のモノよりも数段大きいってことでねwwwww

 メリメリ、って感じの擬音が聞こえるような錯覚に陥った、とwwwww


>>708
 その余裕が突き崩されていくさまが楽しいんだもんwwwwww

 最初からおちんぽに負けてる話じゃないからねwwwwww
関連記事
2014-12-29 : やる夫のハーレムブレイド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
やる夫がYから先の未来を作るようです8-20 «  ホーム  » 女喰いやる夫外伝『熟れた女と若いツバメ』1
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメントの投稿
« next  ホーム  prev »



以上の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com/blog-entry-11590.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13