以下の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com///blog-entry-14034.htmlより取得しました。


クリックで開閉

『やる夫は黒神めだかを知るようです』3

一話 二話


284 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:40:32 ID:vTn4wIeM [126/142]
じゃぁ、短いですけど続きを投下します

285 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:41:06 ID:vTn4wIeM [127/142]
第三話 『初心表明』――


,,_________,,___________,,________
| (1)  箱庭新聞 16版  20XX年(平成XX年) ○月△日  水曜
| ────────────────────────────
|┌───────────────────┐
|│            -―‐-            │  | | | | | | | || | | |
|│         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/⌒ヽ、   .....│  | | | | | | | || | | |
|│       /:.:/.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ  \    │  | | | | | | | || | | |
|│       .:.:./:.:.://.:.:.:.:.:.:.:. ト :.ヽ:.:.ヽ〉   )    │  | | | | | | | || | | |
|│       |:.:l:.:.:.:|:l⌒从 :.:.,リ⌒ :.|:.:.|:.|      .│  | | | | | | | || | | |
|│       |:.:|:.:.: |:|f芯ヽ∨ 芯`!:.!:. |:.|      .│  | | | | | | | || | | |
|│       |.:从:八{.以   以 j/|:./jノ      .│  | | | | | | | || | | |
|│       |.:.:.:.ヽ入   、 ,   ノ,/イ       ....│  | | | | | | | || | | |
|│      ノ:.:.:/\{ r≧cxっ <´ ̄`.>      ...│  | | | | | | | || | | |
|│.       /:.:./:|:.:.:.:/ニ( T八T)、_Y¨Y、\     ...│  | | | | | | | || | | |
|│.    /:.:.イ:. |/|:〈ニ〈:{ニ|ニトニヒj l:.ヽ \     .│  | | | | | | | || | | |
|│    {:.:.:l !:.:.| .|/:.Yフニ|ニ{_:.丶.:.:ト、:.}  .)  ......│  | | | | | | | || | | |
|│.    \{ ヽ:{  く/,ヽ∧/、 `>ヽ! jノ      │  | | | | | | | || | | |
|│              `く__/_L___>'           .│  | | | | | | | || | | |
|│               l__| l__|           .│  | | | | | | | || | | |
|│               |:::| |:::|           .│  | | | | | | | || | | |
|│              ヒj ヒj          .....│  | | | | | | | || | | |
|└───────────────────┘ 
|    

※一部、過激な表現がありますが
   すべて本人の了承の元、記載させていただいております。

286 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:41:20 ID:vTn4wIeM [128/142]

┌───────────────────────┐
│生徒の声を伝え、                     ......│
│そして会長の声を諸君らに伝えるべく発行された   ....│
└───────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│この箱庭新聞であるが、                       │
│第一回の今回は校内男子の最大の関心事となっている     .│
└──────────────────────────┘

┌───────────────┐
│ある噂の真偽を確かめるべく、    .│
└───────────────┘

287 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:41:33 ID:vTn4wIeM [129/142]



||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \
    ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ  .                     \
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)                    \

              ┌──────────────┐
              │筆者は生徒会室へと向かい  .....│
              └──────────────┘

┌───────────────────┐
│そこで、ズバリ会長に質問を投げかけた  .....│
└───────────────────┘

288 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:41:48 ID:vTn4wIeM [130/142]


 

『目安箱に投じられた投書の解決の過程で
   黒神会長が処女を喪失されたというのは、本当ですか?』

                 -‐一……‐-
               /            `
            , '                `ヽ、_,.-‐ー- 、
              /               ,. -‐<二 ̄         `ヽ、
          /           //           ト、     ヽ
                        / , '    /  /  !   i| Ⅵi i  iiハ
                   / /, / / '  /      リ  j }i l  i| ハ
                     / /// /{ l  {{  |/|  i/  { 川  i|   i
                       / /,'〃 ∧トN  ,小刀' } }/  ィfi守ミ}  i|   |
                 ,' /l i }! { } !i| {レ笊灼レ'   '4='’j  リ   l
                     N八从,ノ, i| ト . ゞ''’ {    {iイ' // }ノ
                 { ' ≦三彡イ | |ハ    、__,ノ  ,' }// /|
                 ∨   ゙辷彡1 ! !ノfヘ、       / / , ,/ i|
                    //斗'辷i公''弋レ`ニ ー '´ / /ト、   |    あぁ、ほんとうだ
                   /´/ /  { { し'}| 人__/\//  `7777>、
                    ,//  厂{   }∟. イ{/'´⌒Y又Z/   {,ノ {/  ハ
                //厶イ  ヽ、 `7¨´ `フ7爪^´  `ー<二ノ  ,  {
              ,_,. -‐<  ‐- .   、/    {// {ノ             / 八
            /  \        ,/7^ T>、   {      _ノヽ /   }ヽ
           ∧  ‐-、      _,..ユ{ {  '  \ ノ , <「 ̄|  V` ー-‐  ∧
           / ∧     {厂 ̄    ∧、  {    `Y´   |  }  / _,. -‐ '´  、
.          / /  ',    ∧     ,  ヽ.._j____ ,{J       /`く     /ト、
         / /  ∧   ノハ       / }    / `ー‐'-=イ   }_,. -‐ '´  , }、
.        / /  / {   {{ 从   /'  〈  {   《    '   ,'   〈      / / ヽ
       / /  /  !   ヽ ト、     } ノ     》   '   /    ヽ   / /  /ハ
.      / /  /   i|         〉   厂 /    〃  {  /      `T¨´ /  / ,ハ
       { /  /    |  /二二フ  / /    〃   i  {          {_/  ,//  ヽ
      《  /    ,イ / /ヽ   >'  `7     《    j   ヽ.        {  //     \
        }} ノ     /∧/ 厶=} /     ,/     》    {    \      └</        \
      ノ' }   //  ∨  之二ミ、  /     〃     ヽ     〉       \          ヽ
     〈  /   '//      ∨,'   \      /       r<⌒>         \
        },/   '//      / {      \    j\     ,/  ∨             \
.       /    //       /  、     `TT爪.  \_/\   `ーァ             \

289 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:42:02 ID:vTn4wIeM [131/142]

 

  『その男子生徒と、個人的に親しい間柄でしたか?』


.                   ,. <  ̄ ̄ > 、
                , イ////////////////,>、
                ///////////////////////,\
                 ///////////////////////////∧
            ,イ/////////////////////////////∧
           ,イ/////////////////////// V///////,i
.           /////////////!'///////////  ヽ'//////,l
          // //////////,l l'/<l/' l'//// ,. イ//l/////,l
           /' .///////////,!,.イ=-、ヽ}/// ´, -=ソ、//////!
.         / ////' l///l//V! ヽVツ '// '゙ Vツ ィ//////,!
          /// l///,!///ハ    ´         ///////,l
          //  ノ///,l ///∧      '      /イ//////l
       ,. '"  ィ彡 '"/リ////ヘ、 ヽ  ア   ///////l,l
              ////////__l  、    イ!/////////!    直接話したのは、
                ////////l ー- _    _ -////////,l       あのときが初めてだな
               /////,>イ、   ハ   /ハ ///ー-----、
          ,.... r=ニ二二二ム  /-、 /,.-、 //二二二二lニヽ
         iニニマニニニ二二二ム'/ニ>fj<=l.}l/二二ニニニlニ,ニ',
          lニ',二マニニニ二二,. '"l ー/lハ}〃' `<ニニニ!ニ,二ム
         //lニニ、二マニニ二/   ´ /' ノj      \<_lニ,二ニム、_
.         ///l二二、ニマ,.イ/     ー' ー' i       ヽ.マ./ニニニニiァ、
.      ////|ニニ二ヽニ'/ヽ          :        ', !二二ニニ/  ヽ
     /////lニニニ二ヽi二〉\          !.       ,.イ/llニニニ/    ヽ
.    //////lニニ二二l{ニ{.   >- ._   ;:. _  <   !ニl}二/     /_ヽ

290 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:42:19 ID:vTn4wIeM [132/142]

 

 『なぜ、それなのに性行為に及んだのですか?』


               ,.   ´  ⌒ `  、
                /       _   ヽ、
                 '      ,. </////////777>, 、
               ,.イ//////////////////////\
             ,.イ '"////////////////////////,ヽ
           ,. '"  イ///////////////////////////∧
        /  .////////////////////////////// ∧
           //////////////////////!///////// ∧
              /'///////////_l'/l///////-!'ハ'/////////l
          /'  .i////////l/ l'ヽ!'//´//  リ .j/!'//!'/////l
         /  .l/l/////,l/f示ト、 l// /' ,ィ'示 ヽl///!'/////,!
             ! l//////!.乂ツ  ソ    乂ツ' l'//,}V/////!
                !/,l//!///l      ;       ,ノ///ノ////,∧
            ///!/,l'//小          ,.彡//////////,∧
            /////,}'/l//l、! 、  ヽ  ア  ,.イ////////////∧
        _,. イ///////l/,l//l,`  > 、    イ'/////-―ァ.、'////∧    それは彼が困っていたからだ
      ,.イ////////j/ V,'l/////>j   ,. -‐' {////ニ/ニ=‐、///∧
      '" /////////>ヽl二l'" ,.ヽ/   /l'l//<二二二ニヽ//∧     彼の問題解決するための手段を持っていたから
       ,.イ/>//////,fニニ!.ヽ- !o/,ft=‐ ! o ./ニj/ニニニニニニ>-―-、            私は生徒会長として、それを行使した
     '"   ////////l__>'"{(_∨,イ !iヽ !./lニニ/ニニニニニニニ|     l
       ,.イ'////´      //   l.l ゙ー ' l !二ニニ\ニニニニニ}     |>、         ただそれだけだ
      ,イ'///{      ;./_/   ノ,!  .ノ/二二二ニヽ二ニニニ/   /二ニ>、
    /////_! \    ,   _,.. ´ ‐ ´   マニ!二ニ./   l/ー=/    /ニニニニ>、
   //////{={    l>ー 、{ ,.イニニ{       }二}ニニ,'    !////>.、/二二二ニニニ}
   ,'/////ハ_l    lニニニYニニニム      }ニリニニ/   l'//////////ヽニニニニニl
.  ////////ハ、   lニニニ,.!、ニニニム     ./_,.仁ニ/   .l////////////}二ニニニl

291 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:42:46 ID:vTn4wIeM [133/142]

 


  『これから先、似たような状況になったならば
      同様の対応をすることに抵抗はありませんか?』

       /                \
      /                       --'  ̄  ̄ ̄    、
    /                  -‐'´             ト、  \
                     . ´/  /  / / l   |l|lハl    \
               .´ //  /   l |/|||   リ j/_ -|l  、  \
                  ///  イ   l| |`ト||  /イ   |l   \   ヽ
                    /// 〃|l  八{ ヘl |l / /   ノノ /     il
                // ′/ l /| | l | _彡j| /   ミ=彡 /   il  l|
               '  |l  ||/| | | |  ̄   l         //,ィ  il  l|
               l| ||  |l/ l| |l|             //.:/ //   リ
               || ||/リ 八 |ヘ   ー――'   /イ::/ / ,′ /!
               l|  ヘ{ イ / / ヽ ヽ          /::/.:/.:/  / !
               ヽ   /::/ / /::/.::.\       イ::/.::/.:/   /il |     無論、ない。
                    /::/.:〈\/::/.::.::.:::.个ー___〃/.::/.::/.::.::/ :il |       そして、それをいま示そう――
                     イ:://.::.:\∨.::.::.::.::._| rくヽ / ,'.::.// .::./_il_|___
                  /.::.∠二二ニニ\r=ミ /ヘV.::.| | O l:::;'´.::.:/ /__ >、
               /:.::.::.::.::.{{::.::.:∠二二\0|l> 一┴<l::|―'´ //.::.:::/ ̄ __|
         ,....:´::.::.::.::.::.::.::.> ´     /   -――- |:l\//.::.::.:::/ /<>|
          ./.::. //::.::.::.:/〈        '  イ    「 ̄` l:|\∨∧::.::.:〈  トuく>|
       /.::.::.:://イ.:: /  / \     //  |      |   |l  ヽ〈 :..\::..\| n||
      '.::.::.::/{{/:: イ|  l   \_j/    |      |.::.::.::.::..  || ::. `ー=ニ二廴
     ./.::.::/  ヾ//l |  |     `l|    |      |::.::.::.::.::.::.j||ヘ ::.:..  :...   |ー、
    /.::/  /´ /八l  l::.::.::.::.::.::|::|ヘ ::.::.::l      l::.::.::.::.:/.::| <l、 ::.::.:..  ::.::...:..|/|
   ./::/       /∠::.::.\ ヽ::.::.::.::.ノ八 \::.:.ヽ   ノ.::. イ/.:::|/| >ミ========彡'´ |
  /::/    -‐' ..:.:.::.:::.:::.:::>===彡'◯)>`二ニニ二´<.::.:::/ !| 生\__ 人 l三 |
 ./ ´   ∠ -- 、  ::.::.::.:::.:::.::〈〈 ..:.::.〈〈::.::.::.::.::.::.}|::.::.. ::.::.: /|  ヽ\ 徒 会 | 云 衣丿
   /  __\ ::.::.::.::.::/| |   | |      〈〈  ::.:.  /::::∧    ≫========彡ヘ
  /   ̄)::.::.::..\   ::.:/:::/| | . ..: | |::.:... :.:..//::.:.. .:: /:::::/ ∧  lく _」二ニ=-‐'´  |
 ./    |::.::.::.::.::.::.l /j:/}/l:| |:.::.::::| |::.::.::.::.::.| | ::.::. /::::/  /  \|      - l | 人|

292 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:43:00 ID:vTn4wIeM [134/142]
                          -======= 、
                   -――<'"         \
               /::::::::::::::::::::::::::: \
                   /::/:::::::::/::::::::::::::: i::::::\、
              /:::'::::::::::/::::::/::::::::::|:::::::::: \
                i::::|::::|:::::/:/::::::::::/|::::|::::: i
                |::r|::::|イ`メ}::::::/ }:/::::::::|  }
                |::::l::::弋ぅ刈/,斗ミ:::::::::::,' ノ
.               /|::::|:从 ..:..:  ..:ゞ'ノ::/:::::/
              / :|::::|::::::〉 、 ', _彡イ:::::∧         ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・
.             /:: 人 |:::|::|-ぅ -=≦―へ_:::::::.
       _r― 、,.:::/ノ7tフ/宍|  |::/ノ /-=ニ、::::\        そう言うと・・・
        〈、〉^) }: //={ {/〈しヘ)/ミ-人-=ニ :::::::::\         黒神会長は筆者の目の前で
        {   / / |-=7/〈/ノ/   \=\-=i::: 、\::\         一枚一枚、身につけている衣服を脱いでいき
       ト-イ:/::::|/     /     i 、======:\\::\
       |-=ハ::::,       ,    ...  /=|:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:: \`¨⌒ヽ    その豊満な肉体を
      / 〉/ ∧ゞ:)    {     ゞ' イ ニ|-< 〔 ̄) ::::: \            惜しげもなくさらけ出していく
.     /|=彡ヘ\人      〉、  / ノ=/|__ ̄ /:::、:::::::::\
     /::::\彡ヘ 个=-- ̄ 〉〈-=ニニ|=イ ノ'" ̄ ̄ } \::::::::〈⌒          ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・
.    /::::{ /:::\ ||-= ∧-=ニ トイ-=二|ニ|〈  ∠_〔 __⌒ヽ ::::::\
   イ:::::::/:::::::::::ヽ /|i∧ -=∧∨-=人ハ \'  __}::| \::::::::.
  /人:::::{::::::::::/:|:::::::::|::::::\ =∧∨-=/ / 、 ̄ ̄〈ノ:::|   \:::::.
. /'  \::::::::/ |:::::::::|::::ノ ∨=∧=ニ{__/ ∧|\ ∧::人    \i
 〈     |:::::,  |:::::::::|::/=\_〉=| ij 、-=|_ /-=\=ニ∨::|\   ノ
  \   :::/   :::::::::ノ-===\=〉  \-=ニニ / 〉-=∨'  \
      |:〈   :::::::{ /⌒ヽ \o〈   }O / /〈/ /人:、
      |:i \  |::::: /  \ \ ̄ 〉  | ̄ ,    ∨/i ハ\
.     从   |::::/____\  ̄   |_//    i_〈/ ⌒ヽ
           ∨       ̄ \ --- < ________ |- '' ̄|、
           i        ヽ)       -―― |⌒ヽ} ノi
           |     __ ',-i'"        |¨´ゝ--'
.                /  _ ヽ |           ,
            、  ' ///∧ { ヽ
             、|//////∧ V |          ,
             \//////ハ V|
                ∨/////i i|       ,'
                ∨ /// | l|        /

293 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:43:15 ID:vTn4wIeM [135/142]

┌─────────────────────┐
│誤解の無いように、ここに書かせていただくが   │
└─────────────────────┘

┌───────────────────────────┐
│筆者と黒神会長に個人的な交友関係などはなく          ..│
│廊下ですれ違ったことはあるが、こうして直接話すのすら、     .│
└───────────────────────────┘
                       ┌────────────┐
                       │本日が初めてである。    │
                       └────────────┘

294 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:43:46 ID:vTn4wIeM [136/142]
                                                 :.
                                                 :.
                                                   ゛、

                                                   ‘,

              :...                                          :.  ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・
                    `  、                               ..:         l
                       :.、                         ´            |    その筆者の目の前で
                          \                    /               }        処女を失ったばかりの、己の秘部をあらわにした。
                       ヽ                ´                 l
                            :.             ..:'                   |     まだほとんど一本のスジといってもいいそこは
                            ‘            /                  !       いまだに可憐な様相で、大陰唇はぴったりと閉じ
                          、    n     ,: '                     |          その奥の小淫唇や膣口を、しっかりと隠していた。
                            :.    ,:':!   .:'                         |
                           ‘,  〃,:  / =-:. 、                 !      言われなければ、処女のそれにしか見えない。
                             _., =-< _ ノ:ク, ノ  ミ:. 、~^へ_.、                }
                   __.,r ' ^¨~ ̄  / ,:}イ¨´:.`ヽ ゙ :.、 ` 、 :. ヽ、          !          ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・
              _.., -… ´ __    -  ´ 〃 ,:' ! :.   ゛ 、  \  ヾ `:. ` -- 、       }
=-~=━ニ ¨ ̄              -  '´  /   ゝ、     l    ヾ     ` :.、    `=:.、  l
_            _ ,. .::-‐ ´      / ,:'       ) ,!  :.   、   \    ` --    :..ヾ、__!
、 ・:.    ̄    ‐          _..,  - ´      / 〃  ,′ !  ゝ、   :. ー        ゛  - ;}
 マ、  ̄ …- 、_  _  .,:           /___,, -ノ_, .:-━=- ..ニ :.、_ :.     ̄  二 ,イ
    ` ・ ,_     -ニー━- _ __.二 ¨_ ̄┌-:..、ニ__,,, -…:ァ  _..    ̄__ ¨ ニ =━- = .:ノ
          ` ━ .._ ニ..、 __      ̄二}::::::::::::::::}:::}::::::::::{二  __   ニ   ̄  ー __ -・'´!
                      ̄  ̄  ゝ::::;:ィ:/━V:::ヘ::ハ  ̄  ̄ ` -━‐' ~^ ̄      |
                             フ:::, ’  ‘,:::\__                   l
                             1::/!    `マ:::ノ                 ,:
                               ,′
                              ,゜                         '
                             .:                           .:
                             /                         /

295 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:44:03 ID:vTn4wIeM [137/142]

┌────────────────┐
│そしてそれすらも脱ぎ去ると――   ..│
└────────────────┘


         /´ ̄ ̄ ̄` 、  ....::::::::::::::::::::::::.... 
               / ̄`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
      .        / ::::::::::::::::::::::::::::::: /|::::::::::::::::::::::\
             / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::ハ::::::::.
      .      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、::::::::::::::::∧:::::::.
      ..     /:/:::/:::::::/:::::::::::: |:::::::::::::; \:::::::::::::∧::::::.
           .::/:::/:::::::/:::::/::::l:: |::::::::: /    ::::::::::::::::::::::
           {:':::::i!:::::::i!:::: i斗匕|::::::::/` ー― V::::::::::|::::::i
      ..     ::::::i!:::::::i!:::/|:::|:从| :: /      ::::::::|:::|::::::|
            |:::::i!::::::::V《 _)心 :::/  ィ_)斧 》:::::::;:::::::::::
      ..    叭::八:::::::::::. 乂ツ.:/    乂ツ /::::::/::::|::::::|
            \:::\::::::\i/i/i }   /i/i/i/:::/:::::::|::::::|
             /イ::::::≧s。\   `    / イ:::::::::::::;::::::::.
      ..      /::|:::/:::::::::::iト..   o    /:::::::::::::/:::::::|:::.
            /´ |/∧::::::: | ̄≧s。  イ /::::,ヘ:::/:::::::: |:::::.    悩みのある生徒は遠慮なく
     , -‐、 __r┐               f^}//`V:::::::: |:::::::.       目安箱に投書するがいい。
     〉‐ 、 \7乙7冖7冖r¬冖冖冖7乙7`ァ´ ,ヘ \ ` 、::::.
    ノ 、___<_乙ム∠, {二{}二} , ィ乙マ´.: く_/7'^ヽ }     ヽ:.     全力で、解決に力を貸そう。
   ,/ ノ__}、_」i :.`乙V  /ハヽ, ィ乙マ´ .:  〃Y「 ∠ト  }    ::::.
   〈 ´__、 {  |i :. `乙VLl }/V'マ´ .:.  〃  } 「 、___,     }:::::.   私は学園の誰からの相談でも
   { ー`、 ', }i :.  乙V:. .::{〃V  .:   〃}  ゝ| }ヽ. /   ,::::::::.        24時間365日受け付ける・・・
    ',ー,、 ゙〈  ', :.  乙} :. ,ィ乙′.:   〃.::|  /jノ  /     ./::::::::::
    ',   ヽ」  ハ :.  乙,〈 {乙  .:   〃__:」、 ′   /    /i::::::::::|
     〉    /ハ ヽ、 〉〉 } i乙 .:   〃   | } {    {V   /:::|::::::::::|

296 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:44:24 ID:vTn4wIeM [138/142]

┌─────────────────────────────┐
│自らの衣服を脱ぎ去り、本来は隠しておきたいであろう性器まで    .│
│さらけ出した黒神会長の姿勢は                       │
└─────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────────┐
│その言葉のとおりにどんな生徒からのいかなる相談にも                  ..│
│その身一つで対応するという、意志の強さがあらわれているように、感じられた。   ....│
└────────────────────────────────────┘

297 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:44:37 ID:vTn4wIeM [139/142]

┌──────────────────────────┐
│これからの黒神会長の動向と                   ...│
│生徒会の活動を、期待をもって見守っていきたいと思う。    .│
└──────────────────────────┘

┌────────────────────┐
│そして、これで今回の取材は終了とする。   ....│
└────────────────────┘

298 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:44:50 ID:vTn4wIeM [140/142]

┌──────────┐
│なぜならそれは・・・    │
└──────────┘
  ┌────────────────────────────────┐
  │筆者も読者の諸君同様に、会長に相談事ができてしまったためである。  .....│
  └────────────────────────────────┘


第三話 『初心表明』――了

299 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:45:52 ID:vTn4wIeM [141/142]
はいとりあえず、ここまでー

前回のお姫ちんが、一回一回がかなり長めだったので
今回のはできるだけ短くテンポよく投下できる形を目指します。

300 名前:映画 ◆4RZowUX2no[] 投稿日:2015/08/12(水) 22:47:40 ID:vTn4wIeM [142/142]
あと、感想の書き込みありがとうございます。
エロくかけてるか、正直、よくわかりませんが、
こんな感じで進みます。
関連記事
2015-08-14 : 【R18】やる夫は映画を作るようです : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
『やる夫は黒神めだかを知るようです』4 «  ホーム  » 『やる夫は黒神めだかを知るようです』2
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
コメントの投稿
« next  ホーム  prev »



以上の内容はhttp://yaruokei.blog.fc2.com///blog-entry-14034.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13