以下の内容はhttp://yarumo.blog83.fc2.com/blog-entry-3001.htmlより取得しました。


--/--/-- --:-- | | PageTopカテゴリ&記事一覧

できる夫とナズーリンの第一回イ・プラセェル魔法学解説コーナー 

 関連カテゴリLoading...... やる夫たちは“封神領域”を目指すようです 記事一覧 Loading......

 
 

424 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/01(金) 23:58:38 ID:1PkbD8u2


                                          _∩
                                         / 〉〉〉
                                         {  ⊂〉     ____
                                          |   |    /⌒  ⌒ \
                                          |   |  /(●)  (● ) \
                                 できる夫と!     |   |/   __'____     \
                                          ヽ   |     |,┬‐ |       |
                                           \.\   `ー ´     /
                                             \       __ ヽ
                                              ヽ      (____/




    __            __
  /:::::::::::::::ヽ         /:::::::::::::::ヽ
 /::::::::ァ´ ̄ヽ:::',         /:::::/´ ̄',:::::',
 |:::::::/    i:::::l--───-|::::::i    l::::::|
 |:::::::|    ノ'"´       `゙''ミ、    ノ::::/
 ヽ::::::`ーァ'             `゙''<::/
  `>、;;;/                    \
  /  /                   ヽ         ,ィ7'7'ヽ
  ,'   i                     ',        /// / ./
. /   l     \ !、     /  / |    i     /    / _
/    ',  ∧   __メ_ ヽ   /|_∠_ / i\ |   _ァ-y'    ア´ ノ
|   ', .\/ iY´|:::(__!  \/.i´:(_,i Y|\|、 ヽ!/ \ \  _/
!    ヽ    | 弋_;;ノ     .弋_;;ノ  !   '<´     ヽ 〉'´
',     \  \"       ,    ""l、___ \    ,,. '´       ナズーリンの!
. ',     `r<´    / ̄`7    ノ  /   >'´
  >、   |、 ヘ |`ト  ..,,___,,.. r<ニ-‐'´   <_
,ヘ  .\ ! \l ヘ `'ー、rr‐' / `'''‐r--,ァ─''"´
  ',   `'    `">‐|トl‐''     r''´
  ',        / /:| |     |
   >、      / /::::| |     /
. /:::::::\   / /:::::::| |    /
´::::::::::::::::::\ ./ ∧::::::;;| | /
::::::::::::::::::::::::::\/::::::X´/|_/
::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /il
::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ∨

425 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/01(金) 23:58:59 ID:1PkbD8u2


                  _         _
                 /:r-、> -―- 、/,-、:':,            ___
                 ヾヽイ:.:.:.:.:.:.,:.::ヽ:.:.:`ソ;ノ         / ⌒  ⌒\
                  /:.{:.:.:{:.:.:lヽ:.:.}:.:.:i:.:.:.!_           / (⌒)  (⌒)\
                  /{ i N\リーソヽ lハi:.:ヽ      /   /// __´__ /// \
                    /:.:ヽル-‐  ‐‐- ソ }l:.:.:ヽ      |       |r┬ |    |
                 {:.:.:.:| {  _, "∠ノ |:.:.:.:ソ       \       ゙ー'    ,/
                 ソンハ ゝ、 _ , イルノiハノ       /⌒ヽ         ィヽ
                   ノ、_l/ノ,! /ヽ、             / rー'ゝ       〆ヽ
               ━━┓/:.:.:.━━┓.ヽ        /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
                  /⌒):.:.:.:.:.l l:.:/⌒):.}          | ヽ〆        |´ |

                                 ________,
                     _,,,.. -ー¬''''゙゙,゙,゙,゙,゙,゙二,,,,,,,,,,,,,, 二,゙,゙,゙,゙"'''''¬ー- ..,,,,_
                _,, ー'''"_.. -ー''''^ ̄´  ./゙;;i、 !  i' __. ,,,,, ゙゙̄^''''―- ..,,_`^'~ ..,,
               ,.. ‐''´ _,, -;;'"´ ii、     __,,,,,.......`---------ニ .二_¬ -、〟  `''';;;;_.`'''- 、、
            ,,/″,..-'"´ィ-;;し┴ _.. -''二ニ--‐''''ニ匸 ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄コ彡ニ;;-二,゙¬-..,,、.⊂...l__..`''ー、, `''-、,
       _/゛ .,/゛    ゙_..-''゙,゙ ‐''" '''';;二`-゙‐';;二二二二二二,゙;;'''ーニ ミ;;、.''少'ー ,゙"ー ,,'''/!ゝ   ゙''-、 .`'-、
     /`゙ご!ミ゙゙゙゙゙[゙「゙゙゙゙゙!” / '“'゙゙゙゙゙゙゙!!''゙彡-‐''''“゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'ナ.,-、゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙冖ー  ,゙”'!!゙゙゙゙゙゙~“'ー、~゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙~リ!_/~`'、
    ./   / .`-.\ ./ ,/,iW",/゙_..‐'゙ゝ -''"コl二;;;;ッ=Z゙.,i`-!ヘ.゙'コ=t;;ii、ニ"ニ;;、 `''-、`'-、.〟 \ .\.''゙ン'ン'" \ `'、
   ./   ./     .゙'r" _/  ”゙./ ,r'" `''''~!リイ゙‐'゙゛= / ,i′゙¨' ヽ.ヽ... r'"'''ニ> ゙‐'~"  `'、. ゙゙゙lー  ヽ. `l/    ヽ  .ヽ

   第 一 回 !  イ ・ プ ラ セ ェ ル 魔 法 学 解 説 コ ォ ォ ォ ナ ァ ァ ァ ァ ッ ッ !!

  ..l  . l  '''二., ゙l, ゙L :iij;;,.ヽ !l>\"-・゙〈>、’ . / ./ .`゙''ー二`-ア゙ン‐'',゙_.ヽ..ヽ._ ヅイ)'''..-/i″./ ,;''リr/ ./      l  /
   .゙ぃ .!、 .゙´;→ ヽ .\ '㍉,.\ ゙'〈ヽ\-`'' !/゙.,i,゙ . 彡-'二-'',゙¬二;;-ニ,,,,.i|i、.゙く .゙ンンシ゛., ''_;i.` / / ..lニ''=‐ ./  ./
    .ヽ  \  .  i‐,\, ゙''.、゙‐'i ..゙ヽ、"' li.\. / '!二ン;;'!'==rrri=jjjllリ!“'''ー二′゙'l彡!'゙_..-'゙.r-`,/ ./ . ..>-ィ./  /
     \. .\ゝ-ニゝ `'-、,`'-ミ/′ `'ー-二'‐=ミ、,,_;;′'!´.`''← " ゝ l|;;,,,,.. -‐',゙,゙ -'"´.''T彡'"゙,..-'゛ ,,..、   / . ,/
       `'-、 .`'-、..ニ゙二- `''ー ,,,゙''ー ..,,_  ゙゙マ'=―`-ニニ二二ニニニ―ー;;l'フ″ ._,,.. -''゙,゙.. -'゙_ッ二-'^.l / . /
         ゙''-、, .`'-..,,. '々  ';;/゙'ニ- 二,゙;;'ー`-= ......,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,........r゙‐'゙‐''二.. -‐''゙゙_.'`-- .'l;; ‐" _..-'"
               `'''-..,,,`゙''ー ..,,_゛  .゛..!ッ'' .-`-"'''''=ァ;;ー┬‐―'ァニ'"^゙゙´   . '''-ミ,_, ,゙,゙ ー''゙゙_,.. -'"゛
                   `゙''ー ..,,_¨"''''`- ..二___  .`' \ ゙!彡ン'"  ___,,,,......-ー'''''"_,,,.. -‐''"
                      `゙^''''―-- ........二,゙,゙,゙,゙;;i,゙;;;;,゙,゙,゙,゙二..........-一''''''"´


426 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/01(金) 23:59:21 ID:1PkbD8u2


                                                , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
                                               /             \
                                             /              ヽ
                                               /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ
                                            |   ( ⌒)    ( ⌒)        |
        いつもご声援ありがとうございます!              i  ´""     ""゛       j
        マグナート宮廷魔術師、できる夫=アル=ラーゼルです  ゝ       '           /
                                                \   ' 二  ̄    __, "
                                               `  _ _   ,  ' ´  /::\
                                                /:/ /:::::入     ./::::::::::|""\
                                              /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
                                            //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                           /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                                          /:::::::::|::::::::| /::/::::|  /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::





                      / ̄ ̄ ̄\
    /´ ̄ ̄\      _,,.. -‐- 、./ ./´ ̄ \ .ヽ
   / ./´ ̄\  ヽ-‐''"`´     / ./     .|  |
   |  |     ヽ/ ̄    ̄\  ̄`"''ト、     ./ ./
   ',  ',     ./.        ',  \    \_/ /
    ヽ \_,,/  /    .i i    ヽ     ヽ_,ィ''
    \___/  / .   .ノ /  ',  ',ヽ    ', ',
       / /  | ,'   ,イ /ヽ  ト、_! ',   ', .', ヽ
      ./ ,'    |/  ̄/`i/   )ノ._L _ハ` i  i |  ',
    ,'  .i  /  ,ァrテ-、   ´i‐' ハi ハ ./ ./  |
     i  |   ̄`| 八ヽ少    ` ‐' 'ノイ .i∧/   .i    液体金属製アンドロイド(違法改造済み)のナズーリンだ
     |  ∧   !ハ     '      /!/  / ∧/
    \( .\     >、    =-   /  /i/|/        今回は特別編ということで、分かりにくいと定評のある
         `"'ヘ(、 .> .,,__,,. ィ_ル'∨             イ・プラセェルの召喚魔法について解説したいと思う
             )/ !|    .!i〉\
          ,. -''"´|   ',',   //  i`"''‐- 、
           /     .i   ',', .//  /.     ',


427 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/01(金) 23:59:42 ID:1PkbD8u2


                                                _        ._
                                               /  \_,,,..  ,,./  \
                                                 |  ̄\ノ-‐  ┘/ ̄ |
                                               \_/´       ヽ/
                                                 /  ─    ─  i
                      といって、私は魔法に関しては素人だ     .|  人从 \ \ノノヽ
                      よって今回は聞き役に回らせてもらう    .ノ イ弋_フ `.弋__フ!   ヽ
                                               ノ从ゝ   __,  .丿ノ ∧)
                      早速尋ねるが、召喚魔法とは     .     (ナズ.>   ̄ ィリン|ノソ
                      そもそもどういったものなんだい?           />><<\





              ____ _
            /          \
          /              \
         /    _            丶
         l    ノ }    ⌒\   /⌒ l
         |   / .ハ ::;;(  ●)  ( ●)|       読んで字の如く、今この瞬間に
        .l   // .ム-,..,. ´"''"  , "''"´ l     ここでないどこかにいる存在を呼び寄せる魔法です
         \ ヽ! ' ' ! ヽ  、__ ,_,   /
          |フ入     l       /       今から五百年ほど前に編み出された魔法なんですが、
          ,ヘ ヘ      ト 、 _ 、´        当時はイ・プラセェルの魔物を
        /   ヽ ',    jァ / / ! ヽ         呼び出して戦力にしようとしていたみたいですね
      /     /ゝ.._..ノ`Y Y /   }
     / ,..........    ',       l}_|./   j
    /, '´     `ヽ  ハ_    ノ  l   /
   //         ∨ ``  ̄    l  ./〉
  j j       、    l        l ,._ll′
  l |      `ヽ  ヘ        l! /


428 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:00:05 ID:bJ8Nc8GA


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     ところが、意志の疎通もできないのに
        |       __´ _     |      大人しく従ってくれる魔物などそうそういるはずもなく…
        \       ̄     ,/
 r、     r、/          ヘ       呼び出した魔物がそのまま逃げてしまったり、
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ.     標的ではなく召喚者が襲われたりするケースも少なくなかったとか
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |    なので侵入者を感知して自動発動するように式を組んだりして、
    /´  /             |. |     一種のトラップ、もしくは逃走時の時間稼ぎ目的なんかで
    \. ィ                |  |.    使われることが多かったんだそうですよ
        |                |  |





                                           / ̄ ヽ ,. -─‐- .,/~ ̄
                                           / ./´/´ ̄   ̄\/ / ̄ヽ. ヽ
                                           | .l/            '、   | |
                                           ∨    /        ヽ//,
                                           / ./ |        \ Y   !
                                          ,ノイ/  /!    |ヽ-‐\ .| /  |
                                           |\∧| ̄`\/ ,=r=ァ.i |,ヘ ∧
              なるほど、使い勝手が良いとは言えないな   ノイ  ド=、   弋_.ノ .| i  |  ヽ
                                            .ノ  i""  、    "" ノノ |ノ   !
              その程度の技術なら、                〈.  ,.ゝ-‐‐‐-..,  /! i/    ノ
              廃れてしまってもよさそうなものだが…       ,ノ_r,=!/ ::::::::: : : !,イへjノ-、ルヘ/
                                           /ィュ}∨ ::::::: : :/_ ゝ、
                                           Y´-‐{=ゝ-─r´--‐‐ ´ ̄ ̄\
                                           〈 二フ    |||


429 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:00:26 ID:bJ8Nc8GA


        ____
       /      \          ええ、“このまま”だったらそうだったかもしれませんね
     / ⌒    ⌒ \         ですがここで大きな転換があったんです
    /   (●)  (<)  \
    |      ___'___     |      使い勝手が悪かったこの召喚魔法、
     \     ` n´   ,/.       真面目に研究しようという者はあまり多くありませんでした
    /     | |    \
..         ノ .ュ          足止めとしてはそれなりに有効だったので、野盗の類や
         { ..ニj            正規の教育を受けていないような魔法使いが多用するようになり、
        . | "ツ             それに伴って召喚対象の定義も曖昧になっていき、そしてある日…





                                 ,、-- 、
                             //\ ヽ             ,. -- 、
                              ',ヽ:;:ノゝ::´ ̄ ̄ ̄::`丶、/   . ィヽ
                               ,ゝ'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ T´;:;ノ }
                          _∠ __::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ 二 ノ
                     ,. -‐ 二  -ァ――- ̄ __―- __:::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /:::'´:::::::;.  ´            ̄ -`.丶、:::::::::::::::::ヽ.
                  /::::::::::::::/                `丶.\:::::::::::::::i
                   {::::::::::::/ /  / ヽ /  / ∧ ヽ\ ヽ     \\::::::::::|
                  ヽ:::::::/ /   /  /\/! /  | }! }、 | ヽ   ヽ ヽ、::l
                   \:レ'::|   |   //ハ、|  |/_|,. イリ  l    |:ヽ Y
                      丶|   | // 「 |    イ _)Tヽ. | |   |::::::\、
                        l  ∧.| {  |、ノ|      「 i l || | l   |::::::::::::ヽ
                         ヽ|二|  弋ソ       !、ノ/ !レ! /   l::::::::::::::::}
                       /}  {///,     ゞ '  |ニl/'    ヽ::::::::ノ
                        /l |  |ヽ、        //// .|   i   ヽ'´   ココ ドコ ?
                        /イ |  |   丶、 「 )    ,. /   |   |     l
                         L.リ、 !__L_r>r― コヽ/  /  |  i、  i
                         ヾ /´/ヽ、  ̄ -‐_/   /__/|  | iノ
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       異世界から神様を召喚してしまったんです
                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               .         /         l/         !  |
                          ,′        |         |  /


430 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:00:50 ID:bJ8Nc8GA


                                              ,. -―‐- ._
                                       / ̄ `ヽ>'´         `ヽ.r'´  ̄ `ヽ
                                         /: /⌒ァ'´            Y´ ̄ ヽ: ハ
                                      |:: { /                \   } : }
                                      ヾ ∨    .:    .:   :ヽ      ゙ぐノ ノ
                                       `7    .::     ..:: i  .:ハ      i Y´
                                       /  .:: ::/::   ::/| ::ハ ::!、:レイヽト、ル' i
                                       {   ::i ::/ ハ  ::/ ィ 7_十' } :|  l.    |.
                                          \ l ムT弋 ::i  !/ 7示、} l |   {
                                        | l :|: YT:ト、{    ヒzソ } :!  ト、  八
                                          ノイト {.ハ v} ,`     ,, ノ'个  |ノ| ヽ
    なるほど…技術的に低いレベルの者が乱用した         ノ  / ハ ''   _    ,仆、/.| !   i
    結果、“イ・プラセェルの存在を呼び出す”という         .〈  イ|.i >、       , イ厶イ人ルヘノ
    条件が偶発的に消滅してしまったわけか              ノイハハハヘi >ェ≦xァ⌒>、
                                                r} Y/ /   `ヽ、
    相当な騒ぎになったのではないのかい?                   ,-ァ'^Y7 ,c=く     丶
                                             /´  / {ノ.          ' .
                                             ! _ --/Y.           ヘ
                                            r´r-'^ ヽl.            ヽ、





       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \       ええ、そりゃもう大騒ぎだったそうですよ
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ    とっとと元の世界に返せって神様は呪いをかけてくるし、
   {       `      }    こんな使い方もできたのかと当時の魔法使いたちは仰天したし…
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、     まぁ、ノリの良い神様で話せば分かってもらえたらしく、
   /´             ヽ   彼女にも協力してもらって召喚対象を元の世界、元の時間軸へと
   l    i          l  i   送り返す魔法が完成、無事にお帰りいただけたそうです
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i


431 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:01:21 ID:bJ8Nc8GA


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |   ですが、ここから召喚魔法は大きな注目を集めていくことになります
: : : : : : ´"''",       "''"´       l
: : : : : : . .      ゝ         /.     意志の疎通ができないモノを呼ぶから使いにくかった…
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.      なら、対話ができる存在を呼べばいいのではないか?
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \     半ば事故とはいえ、神ですら呼び出せた…詳しく調べれば、
: : : : . : : . : : .                   \   魔物よりもっと強力な存在を呼び出すことも可能なのではないか?





                                                r'´ ̄`ヽ   ,. -‐- .、
                                                  '.    i-=.′   ':
                                                    ゝ'´ ̄` ´`ヽ、  ノ
                                                  ,:′         `'<
                                    _          _ノ    メノヽ、_ヽ    }
                                   |_______二フ .ィfハ   ィテハ ヽ._,.ノ`: 、
          手軽な戦力の供給源として             L        、 __」.不 ゝ‐' . 'ー'彳  .'   ハ
          利用されるようになったわけか                     ヽ _j,.人_,.ゝ ーァ <_ ,厶彡‐ー'
                                             r亠、  .≧ー<j、
          こういったことはどこであっても                 ri   j<´  〉'f''"´ ヽ.        ..:‐…‐ ..
          変わらないものだな                    .へ、 '.`T  .メ、/.' !      \    . :´. ´  ̄ `ヽ:ヽ
                                        /  \ゝ.k''´::::〈ノ¨`ー‐ァ'´ ̄}    . ' : '         '.::!
                                       /       `寸>.、::::::::::: /   /   / /     _f廴ノ j_
                                     / rー'´  ̄ ̄ ̄|\::::`ー-ァ´    j   ,.' /     「ヽ辷__,.ツ
                                    /  '. 「j :::::::::::::::::|::::::\::::::{    ,.仁二.ノ       ヽ .__,.ノ
                                  /     '、:::「ヽ ::::::::::|:::::::::::::r ´ヽr-‐ ´`': . 、
                                 /       丶`'┘::::::::|::::::::::::::ヽ _ノ、::::::::::::::::::` : .、
                              L/          `寸「'、:::|:::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::r‐ァ 〉


432 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:01:42 ID:bJ8Nc8GA


.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :  ,.r-===='   ヾ=⌒    l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |              そういうことです
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___        ゝ       /__             様々な異世界の戦士が呼び出され、
/:: r' | r' ̄二ユ   --、__      / : :: :: :`:、__         召喚者と雇用を結び、イ・プラセェルで戦いました
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ       ですが異世界からの召喚が大量に行われた結果、
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ.     不思議なことが起こり始めました…
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ    魔法の源の力、イ・プラセェルの生命力そのもの
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}   でもあるマナが枯渇し始めたんです
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|





                                                       ,. -‐─-..、
                                        ,. -─- 、         /:::/´ ̄ `':;::',.
                                        ./:/´ ̄`ヽヽ _,,.. --─- 、::|     |:::|
                                       |::|    ,>'"´ /       \   ./::/
                                       '、ヽ /  / /      i  , ヽ-‐'/
                                           `7   /  _|__ ,ハ ‐,ハ- ハ.  Y´ヽ
                                         |  .,'   /|_ ./ | /-‐、 |  .!  ハ
                                        /  .| ./-‐./   レ' ;'ソヽ∨ /   |
                                       ∠.,_,,.イ| ./ ;'´ハ     ゝー' |./     !
                                          |/ レ'ゝゝ‐'  .    ⊂⊃  .|  人
                    召喚魔法が原因だったのかい?     / .|ハ⊃          |   /.イ   \
                                        ./   .|人    `    / / .      )
                                         .レヘ. /  ,|> 、.,__  イレヘ.    ノヽ /
                                          ヽ|⌒ヽ/ r‐┴ ''"´ノ  -‐─- 、
                                            ,. -‐ ''"´TTT"          \
                                           /      | | |      i      `ヽ、


433 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:02:05 ID:bJ8Nc8GA


           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ.          ええ、そう考えられています
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        __´ _   |           異世界の存在を内包することへのイ・プラセェルの拒否反応、
      \        ̄  ,/   ( ::)    あるいは元の世界へと通ずる縁からマナが漏れるせい…
      /      ー‐   ヽ ( ::)      などと言われていますが、正確なところは今も分かっていません
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ       しかし異世界の戦士の存在が軍事的に大きな意味を
     |   l /  r‐´    ̄ |        持っていた当時、召喚魔法を使わないというのも難しい状況でした





                        ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
                        フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
                        ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
                        "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
                        /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
                        ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
                        i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
                         \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
                          \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
                           "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
                            l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
                            'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
                             l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
                           ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
                            l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               そこで編み出されたのが、異世界の戦士の魂のみを呼び出して、
               イ・プラセェルの存在として再構築する方法…死者召喚魔法です
               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::


434 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:02:28 ID:bJ8Nc8GA


        ____
       /     \
.     / _,ノ  ⌒ \
    l^l^ln  (●)  (●) \        本編でもお話した通り、死亡した…世界との縁が失われた魂を
    ヽ   L   、 `       |         回収、解析し、イ・プラセェルでその肉体を複製、この世界の存在として
     ゝ  ノ    ̄ ̄    /           定着させる――ごく簡単に言うと、こういった魔法です
   /   /          \
  /   /             \         倫理的にどうなのかという意見は当時からずっとあるんですが、
. /    /         -一'''''''ー-、.    魂だけ異世界から持ってくれば事が済むので、通常の召喚魔法と比べて
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒)).   マナの消費はかなり低く抑えられます…それでもそれなりには消費しますが





                                               __       __
                                                /::::`ヽ    /::::`ヽ
                                             {::;'⌒ヽ;ヽ─-',;;'⌒ヾ;;;}
                                             ヾヽ/´⌒'´`ヽ`ヽノ:ソ
                                             ,ノ´/  ,' , .ヽ.,ヽ、ゞ _
                                         ((  ,ヘ,  ´ソ_ノノナズλ-;リン弋./ l ))
                                             '、ノ^ゝ、ノ.i ○   ○ .λ/⌒ヽ
       ふむ、なるほどね…アンドロイドの私が魂なんて言葉を  (  彡ノル""r-‐¬""ミ/  丿
       口にするのもおかしな話だが、既製品を購入するのと    .\ ゞソレゝヽ、__,ノ_ノ/,、,/
       設計図を見ながら自作するような違いかな?           `;、 ,ゞ´  ∧  `7、_ /、
                                              弋ヽ_/:::ヽ__ソイゞ,.-─-、
       ともあれ、これでイ・プラセェルは異世界から                   从:::`〈〉´::::λ .//⌒ヽヽ
       いくらでも戦力を調達できる状態になったわけだ              ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ/;;/    |;;|_ .,っ
                                                 /:::::::::::::::::::::::`ヾ´    __ヾ||彡__
                                                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト,.   .\ ̄ ̄./
                                            <┌‐┐:::::┌‐┐::::::::<ム、    ̄ ̄


435 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:02:49 ID:bJ8Nc8GA


:::
::::
::::
::::    ̄ ̄ ̄ ̄\
:::           \
::::             \
::::::::  二二 ̄  `ニニ l
::::::::  T'''T'    T''T   l
:::::::::::::: ̄ ̄      ̄   |    いやぁ、それが…
:::::::::::::::::::     ′    i   トラブルの種というのは、どこに転がっているか分からないもので…
::::::::::::::::::::: ―‐-    丿
::::::::::::::::::::::       /





                                ,、-_
                             _( f/'´ '"''''ー、_
                             ,、-ミ,,、- 、;;;;;;;;;;\
                             /|l(、,/ヤ´.`'´);;;;\   ブタ ハ シネ ♪
                              | k._,  .|ヽ;;;;\
                           ,、、、、、,_,,,,ゝ´ /.i.'"、;、-,、、、_,,,,,,,,,,,,,_
                       ,,,、-'´      >l.r.'イ、 _,|,、i//,-'´    , `'ー、,__
                       ((  _,   ,   ゝi、!_上,、-, , ´      `"r''´-'ブ
                         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    , 調子に乗って死者召喚を繰り返していたところ、
                    ト. とんでもない戦士を呼び出してしまいましてね
                    |l━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    ヾ^ー'-'、'!;;;;;;'-r'-'''''''ー、'-、ヾ、_> /;;;ヾ;;;;;;;;; ̄`~'ー〈'´
                     ノミ三彡ヽ;;;l>( ..:(   `'r 、,、-' `'ーノ ヽ;;;;_、-';;;;;;\l


436 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:03:13 ID:bJ8Nc8GA


        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \     死者召喚はマナの消費は少なくてすみますが、
     |      __´ _     |       イ・プラセェルの存在として再構築するので送り返すことができません
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ   つまり召喚したのがどれほど危険な人物であろうと、
   \ ヽ  /       \ ヽ /   ハイさようなら、というわけにはいかないんです





                                          ___          , --─ 、
                                       r ,"-- 、\    _ ,.. r",." ̄ `ヽヽ
                                      / /      i ヾ ̄    | |      i i
                                     i i     _ , - r ' ̄  ┴┴      ! !
                                     '. ヽ  /   !         ゝ     丿丿
                                       ヽ_ ソ               ヽ二 イ
                                        ノ     i      i      \ i
                                       /   / -/ナト   rナ+-|  丶 丶i  i
                                        !ハ  ! ノ |ハ   /  i!\ !  !ノ  !   .
                                        i 丶 iノヽ┬=,ヽ /ァ〒─ァ |ヾヽ ノ丶  ゝ
        イ・プラセェルにとって害悪になる存在を           /ヽ/ i ゝ-'::i/:::: ゝ-' i  レ  i   ヽ
        呼び寄せたとしても、送り返すことができない      |    !    ,      ノイ      |    i
        …つまり安全装置の無い兵器というわけか         .i   ':、  r-,     ,:ノ      / i  ノ
                                         ヽ  i |ヽ、     _,-'レ  /i / ノ|  /
        確かにそれは不便だね                       丶! ソ\i '-┬    _i /  !/レ' !/
                                           _ .. - --i┴-- '" , }-- - ... ,, __
                                         /      TΠ ヽ ̄         ヽ


437 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:03:36 ID:bJ8Nc8GA


        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \     同感です…で、その戦士、イ・プラセェルで国を興して
 |  u   __´___       |       あっという間に領土を広げ、いくつもの国家を滅ぼしました
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /      対抗して異世界の戦士を送り出しても、ある者は打ち破られ、
 (  \ / _ノ |  |       ある者は懐柔され…結局その戦士が死ぬまでイ・プラセェルは荒れに荒れ、
. \ “  /__|  |        召喚魔法そのものが危険視されるようになりました
   \ /___ /





                               / ̄\
                                 |    |
                               \_/
                                 |
                             /  ̄  ̄ \
                            /  ::\:::/::  \
                          /  .<●>::::::<●>  \
                          |    (__人__)     |
                          \    ` ⌒´    /
                           /,,― -ー  、 , -‐ 、
                          (   , -‐ '"      )
                           `;ー" ` ー-ー -ー'
                           l           l
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ちなみに、その戦士の興した国が今のガレンシオンだったりします
            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


438 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:04:00 ID:bJ8Nc8GA


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   ともあれ、こうして召喚魔法はイ・プラセェルに
    |     ___'___      |    不要の混乱を招くものとして認識されるに至り、
     \    `ー'´    ,/   許可無く行われることが禁じられるようになりました
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    なので今回の大量召喚は本当に稀な出来事なんですよ
   /    / r─--⊃、  |.    …それだけ追い詰められていることの証拠でもありますが
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





                                                        __
                                           ,. -‐ 、       ,ィ': _:_: :.ヽ
                                              ,': /⌒ヽ:ヽ‐:‐:‐-{: f´  ヽ: ハ
                                              '、:ゝ, ィ:´: : : : : : `:ヽ、  ノ: ;'
                                           7´: : : : : : : : : ヽ: : : ヽ;.ィ´
                                         r:、  /:..: : :l : : :ヽ:、;x‐:ヘ: : l: :i:ヘ
                                         l }  ,: :l: : l_l_ト、: :ハヽxェュ:l: /ヾ}: :ヽ
                                      _}-ヘ__!:i:ト、´:.lrzx`ヽ}´ヒ:リ' レ: : :.l : : :ヽ
                                     r'‐,、V ∧ト、:`: ゝゞ'、    //: :l:{ l: : :lハ
     解説に感謝だ、                       l `{ノ,' !  ヽ: 人  ー ' ´j/:}: /ハ}: :./: l
     召喚魔法の歴史に関しては概ね理解した        ヽ )' ノ、  从:/:ト≧  , イレヘ/j/// j/
                                        f´` ̄  〉、  レヾ{ , ィf:},xt==ゝ、´
     一つ質問をしてもいいかい?               /` ー‐ '  !   / Xf´      `ヽ、
                                       〈      l   /,イ〃:j}    、 .::'   ハ
     イハドゥルカも召喚されたのではないのかい?     .ヽ     l   {´ 〃:::j}    /    }
     そうであるなら、とっとと送り返して             ヽ    .:ゝ´ i_〃:::::j}   , '    ,.:/ヘ
     しまえば良さそうなものだが                    ヽ      }:::><´{{__,イ`ヽ   ´ ′∧
                                        V  __, -ゝ ¨¨¨  ̄ヾ:、  ヽ    ノ
                                           ゝ-//           /  ` ー ´


439 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:04:23 ID:bJ8Nc8GA


       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ       送り返して帰ってくれるようなヤツなら、
    |            :::::::::::::: :..     ボクたちだってこんなに苦労しませんよ
    |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /      技術革新や、新しいエネルギー源を確保する目的で、
     ,\        ` ー‐‐/.      召喚魔法も研究自体は続けられていたんです
    /  ` ー─         \.       イハドゥルカもその一環として召喚されたらしいんですが…










         /       /     イ   //  /                   /   ハ}ililillililililハ    ハ
        ./      `.ト、    / ハ  / i ... /                   /    ヾ}ililiilililiアメ    .|
        i        .| \ /  |  ./  .| /                   イ     ハililililililiil}}    .|
        |        .i   ヘ  .| /   |.ィ                   //   /  {ililililililili}メ   |
        i        | ゝ/  ,\i./    |                 / /  ,イ    {ililililililil}メ   |
        |        .ハ //≧=、/≧ 、   |                /  / / /    ハililililililili}メ   |
        ハ       ∧/\ {:::::o::::ァ、≧彳          , --' ´  / / ./    彡三ミv彡三ミ  |
        ハ      / i!ハミ、≧,,;,i!;;;;;ハミ |       , イ  ___.∠'/___/_  //  ilil}ilil{  ヘハ |
        ..∧     .ハ | | ilミ三三彡'" ー| _ ィ ' ´  三≧__ナ/ ̄ ̄フ ̄  |::|   illノ:水小 ソ/ .|
         .∧     i | | |   ̄    ̄::.´    ゛=. イハ:::::o:::ァ= 、_  /     |::|  / /ilililヾ {{   |
          ハ     .| |Ⅵ ノ              ヾ  ミ=ゞ;;;;;;;ノィ彡//     イ::|  /://∧∨/ノノ  |
           ヘ    .| Y/           .:.;        ̄ヾミ彡彳/    / `ミソノ|::|  |::| ̄    |
            ト   | .|人         .:::::/            /    ./      |::|─|::|     |
            |\  V/  .\     、,_  ´         .、_/_ ィー'ハ´       |::|::::::|::|\    .|
            |::::::>  Y===.\    ヾ-`= - _,        /-─イ:::::::ハ        |::|:::::|::|::::::\  .|
            |:::::{、ヽ ii!   {i::::\   .. ̄ ̄:::: ̄       /   {/::::::::::ハ.        |::|:::::|::|:::::::::::\ ハ
            |::::::ソ  \__≧i}::::\    ̄      _ イノ    {/::::::::::::::::i          |::|:::::|::|:::::::::::::::::\
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         どういう理屈か分かりませんけど、アイツには送還魔法…送り返すための魔法が効かないんですよ
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /::::::::::::::::::フ、         /::/     .|::::|     て::/::::::::::::::::::::::::::i!          ハ::::::::::::::::\::


440 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:04:47 ID:bJ8Nc8GA


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\    送還魔法をキャンセルしてるんじゃないかとか、
  | / .イ    '       |     死者召喚で呼び出された存在なんじゃないかとか、
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /      いろいろ言われてはいますが詳しいことは分かっていません
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ.    分かっているのは、結局倒すしかなさそうだということだけです





                                                   _______] |
                                           ,. -─‐-..、 .// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]」
                                          ./:::/´ ̄`';:::∨/      , -─- 、
                                           、:::、   ノ:::ノ──- 、.,/:; '´ ̄ヽ::':,
                                           ヽ;>‐‐<    -─</     |::::|
                                          / /       、  \  .ノ:;ノ
                                         / ./ /   ハ   ハ    Y´ Y´
                                        </   |/ |-‐ / .| / __|    |   |
                                       ∠、  /ァ'7゙ハ.  レ' | _ハ  ノ '、 八
                                          ヽ. 八弋_ソ    7´,ハ`Y\  ) ヽ.
       そこは任せてくれ、                          _.ノ 7⊃  '    弋_ソ 人 )イ   ハ
       契約内容は必ず果たしてみせるとも              \.  人   l7 ̄`ヽ  ⊂⊃ |    | ノ
                                        ヽ.,__ >,、   ノ /   /  ,   /´
       イハドゥルカがどれほどのものだろうと、             )イ r`こアて´|∠イ  /|/   , -─ 、
       私とご主人が撃破してみせる                   // ∨´ヽ[]--‐< ̄`''<    / / ̄ヽ. ヽ
       ついでに蒼星石嬢も救出しよう                ./⌒ヽ r|  ∧        \  し'   |  |
                                        /  、ソく   /::::':、        、_,>、   / /
                                       rヘァ、`イ、/ \./|::::::/\      / \./  //
                                       |//二ノ ヽ|:::::::∧':::::::::\__/   `</, -‐/)
                                      //     ./、::::::∨:::::::::::::::::::::;:\        ̄ヽ' /
                                     .//\_,,.. '´::::;\___;;;:::イ:::、:::\       | |`つ
                                     //  r/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::\:::ヽ、      //´


441 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:05:17 ID:bJ8Nc8GA


                __           __
               /     \     ./ ̄   `ヽ
                  l  /⌒ヽ _」_-─-_L_ ./⌒ ヽ  l
              , --、ヽ 廴_ /´         `ヽ _ノ  ,ル-‐-、
           {  ⊂.)\_ ,ノ  ,、     ,、  弋 __/( つ  }
             `く_/_></  x,=、l人ノx,=,、ノ、_> く\_> '
                 く_/   \イ =≡ . ≡= ヽ/   Y
                  人_   ⊂⊃ r―v ⊂⊃    _ノ     さて、語るべきは語った
               ∠ト、  .}\__、__丿_/´ {  , イ>
                ∨\.|   `天´   |/ヽノ       今回はこの辺でお開きとさせてもらおうか
                       |  /、ノ\  .|
                       |イ: : :〈〉: : :ト、ノ
                        く: : : : : : : :〉





                                                       ___
                                                     /      \
                                                   /⌒   ⌒   \
                        そうですね、                       /(⌒ ) (⌒ )   ヽ
                        続きはまた何か込み入った        |     __´___        |
                        説明が必要な時にでも           \  `ー '      /
                                                     /             \


442 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:05:37 ID:bJ8Nc8GA


                  , ───‐ 、
.        十    /        \    十
           /              \       x
       ×  /  ィ芹芋ミ   ィ芹芋ミ  .
        | {//℃    {//℃ 亅 | *    。
     。  |    VZツ  .  VZツ    |        長らくお付き合いいただき、ありがとうございました
           \     、_n__,    /   ゚
    *   +  \     ̄| 「    /   *   十    第一回イ・プラセェル魔法学解説コーナー、
            >   /⌒ヽ <  。         できる夫=アル=ラーゼルと…
       十   /     / ⌒Yフ   \ ゚  +





                                                _          _
                                               /  \ ___ /  \
                                             / /ヽ "´       `゙ヾ'´ヽ  l
                                             \ ', '"         `、/ ./、
                                              イ   /` |  ./!   ハ ヽi\\
                                   .           7  / /-r | / | ∧-、 |  ソ \\
                                             | / .レ' __」_レ'  レ' _ ∨|/  |   \\
                                             | ハ | '´ ̄`    ァ==、!  ヘノ   / /
                                         r‐、 _,./´!∨wx   ,. - ,、  xw|.イ  〉  / /
             ナズーリンの両名でお送りした           ヽ、_).」 |./ ト、.  |   ソ  ,.イ | /  / /
                                             '、._`ン!ハ |,イ>r--r<´ヽトノ∨  / /
             では読者の皆さん、また本編でお会いしよう    〈ゝ-イ|∨/  /`l   \ヽ!   / /  .
                                           ゝ-<  _`l\/:〈〉l__,イ  〉  / /
                                              ^ー<_|:::::::::::::::::::::::::i> ヘ. / /
                                              // 」:::::::::::::::::::::::::!>'´ 〉./
                                               | l/:::::`''―'ー-rイ:.ヽr>__
                                               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\─-、ヽ
                                             ノ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   l |
                                           <:::、ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、,::〉 //
                                            `-、ヽ':: ヘ::::::_:::::::::::::::::::、',ゝ:::/_/
                                              `rーz__:└┘::¬_,r-‐く
                                              [こ八、 ̄ ̄ ̄/ /こ7 ||
                                              ヽ--‐'   /_/ └--‐''


443 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/02(土) 00:06:06 ID:bJ8Nc8GA


以上です。
次回の投下は四月の半ばくらいになるかと思います。


446 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/04/03(日) 02:43:01 ID:oUXUxwiM


……気にしなくていいのかもしれんけどGSないとこでSGの手入れどうしよう……


451 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/04/19(火) 20:46:04 ID:HeRB3QhU

操作を極力シンプルにして間口を広げて演出に特化した対戦アクションゲーム・・・
BGMもかなりノリがいい
あと無駄に設定がすさまじく濃い、ゲーム内辞書がやべえ、中二病の峠だけどもw

>>1のオリジナル部分が面白いのでもっとオリジナル要素カモンw

そういやエミュでやると画質あがってかなりエロ(ry


613 名前: ◆SskJtTgUEw[] 投稿日:2011/04/19(火) 23:21:32 ID:mYSzvx6s

>446
どうするんでしょう?
それも含めていろいろと考えてありますので、乞うご期待。

>451
面白いゲームなんですがねぇ…ちょっと時代を先取りし過ぎていたのかな。
オリジナル部分についてそう言っていただけると励みになります。今後ともよろしくお願いします。


スポンサーサイト


 

NEXT    PREV
««     »»


2011/04/29 19:38 | やる夫たちは“封神領域”を目指すようですCOMMENT(1)PageTopカテゴリ&記事一覧

«« 「超自然戦隊ナチュラルファイブ 第ニ独 絆の力 B-PART」   | BLOG TOP |  「やる夫たちは“封神領域”を目指すようです 第五話」 »»

コメント

エルツヴァーユはゲームが発表したときは期待してたんだけど、
知らない間に発売されててそれっきりって感じだなあ。

売れなかったのは時期とか不運とかとしか言えない・・・。

No:8413 2011/05/21 17:11 | #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿




以上の内容はhttp://yarumo.blog83.fc2.com/blog-entry-3001.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13