以下の内容はhttp://world-soccer.2chblog.jp/archives/cat_148065.htmlより取得しました。


【サッカー】<久保建英“レアル復帰計画”に現地注目>「ハメスが去れば、やってくるだろう」(ジダンが「日本人を愛するようになった」

1 名前:Egg ★:2020/04/20(月) 08:58:22 ID:5o7xn5Gr9.net

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200420-00257943-soccermzw-000-1-view.jpg

ハメスの後釜としてレアル復帰の可能性を指摘「久保建英は18歳で欧州最高のチームを魅了」

日本代表MF久保建英は今季マジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラ挑戦1年目でリーグ戦24試合3ゴールを記録している。シーズン終了後の去就は不透明な状況にあるが、スペインメディアは「ハメスが去れば、彼はやってくるだろう」とコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの後釜に久保が抜擢される可能性を指摘している。

 昨夏にレアル・マドリードと契約した久保は、開幕直後に同じスペイン1部のマジョルカへ期限付き移籍。序盤戦はベンチスタートの試合が多くなっていたが、徐々に持ち味を発揮して計3ゴールを記録。調子が上向いてきたタイミングで、新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断となったが、その存在はスペインでも関心を集めている。

 そんななか、スペイン地元紙「ドン・バロン」は「ハメス・ロドリゲスが去れば、彼はやってくるだろう。ジダン監督はレアルでプレーする彼を望んでいる」と見出しを打ち、ハメスが今季限りでレアルを退団した場合、後釜としてスペインで適応を見せる久保が抜擢される可能性を指摘している。

「この選手の去就はコロンビア人次第だ。久保建英は18歳で欧州最高のチームを魅了し、近年のアジアサッカー界で最も前途有望な若き日本人だ。ジダンは中央、またはウイングとしてプレーメーカーのポジションをテストしたいと考えている。日本人選手のスピードと技術的な熟練度、パスの質の高さから、フランス人指揮官は日本人を愛するようになった」

 久保は来季もレンタルで武者修行する選択肢が濃厚と取り沙汰されてきたが、同メディアは仮にハメスが退団した場合、久保のレアル復帰の可能性も浮上すると主張していた。新型コロナウイルスが今夏の移籍市場にも影響を及ぼすことが予想されるが、久保の動向から目が離せない。

4/20(月) 6:05配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200420-00257943-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587340702
続きを読む

【サッカー】<久保建英>レアル即座復帰は難しい?スペイン紙見解

1 名前:Egg ★:2020/04/19(日) 00:20:11 ID:YDNH2vQi9.net

レアル・マドリードは、MF久保建英(18)を含めた来季のメンバーを再編成する必要があると18日付スペイン紙マルカが伝え、各選手の将来の行方について説明している。

チームには現在、トップチームに、FWアザールら25人が在籍している。一方で期限付き移籍により他クラブでプレーしている選手は、マジョルカでプレーする久保を含めて10人いる。
さらに今冬、入団したがEU圏外枠の問題によりBチームのカスティージャでプレーするMFヘイニエルを含めて合計36人が在籍している。クラブは、メンバーの再編成を求めているという。

1つ目は前線と中盤を補強するためにトップチームの登録枠を空け、資金を調達するためと報じた。2つ目はFIFAが来季から制限を設けた期限付き移籍。
現時点で来季は期限付き移籍での獲得と放出の上限回数が8度(22歳以上の選手の貸出、借入の合計)に設定されている。

現在のトップチーム全25人の中で唯一、今季で契約切れとなるのはパリサンジェルマンから期限付き移籍でプレーしているGKアレオラ。もし、状況が変わらない場合は所属元に戻る。
一方、それ以外の24人は全員が来季も契約が残っており、現時点で退団を希望する選手はひとりもいない。

期限付き移籍中の選手では、BミュンヘンでプレーするDFオドリオソラは来季のトップチーム復帰を望んでいる。シーズン終了後にジダン監督と話し合いを行うことになると報じた。
一方、ジダンとの確執が以前より伝えられるMFセバージョスについては放出の可能性が出ている。

また、Rソシエダードで目覚ましい活躍を見せているMFエデゴールについてはトップチーム入りの可能性が高い。また、マジョルカでレギュラーを獲得している久保について同紙は、
トップチーム入りの期待が高い選手であるものの、18歳という若さとEU圏外枠の問題により、即座の復帰は難しいという見解を示している。

今夏にドルトムントFWハーランド、レンヌMFカマヴィンガなどが獲得候補に挙がっている。一方で放出候補としてFWベール、MFロドリゲス、FWマリアーノの名前が出ている。
さらにMFブラヒム、FWヨビッチ、MFバスケス、MFモドリッチにも退団の可能性もある。来季の陣容が大きく変わる可能性が高まっている。

4/18(土) 22:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-24180574-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200418-24180574-nksports-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1587223211
続きを読む

【サッカー】レアルがセネガル代表 リヴァプールFC所属のマネの獲得狙う クラブ史上最高額に

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/04/15(水) 08:29:43 ID:DpG86HlD9.net

レアルがセネガル代表マネの獲得狙う クラブ史上最高額に
セネガル代表プレミアリーグ・リヴァプールFC所属のFWサディオ・マネをレアル・マドリーが再び狙っていると英国紙『The Sun』が報道している。

同紙によればマドリーの指揮官ジネディーヌ・ジダンたっての要望で、マドリーはマネ獲得に1億7.000万ユーロ(約200億円)を投じる構えだという。マネの移籍が成立すれば、レアル・マドリー史上最高額の選手となる。
マネはユルゲン・クロップ率いるリヴァプールの主要選手の一人であり、同クラブと2023年までの契約を結んでいるが、オファー額によってはアンフィールドを去る可能性がある。

また同紙はリヴァプールがマネの離脱に備えてPSGのキリアン・エムバペの獲得を計画していると報じている。リヴァプールがPSGに提示する移籍金は2億8,000万ユーロ(約329億円)と推定されている。

リヴァプールはこのフランス代表クラックの莫大な年俸を支払う覚悟ができているが、この背景にはリヴァプールとナイキ社の2020年6月からのサプライヤー契約がある。この契約によりリヴァプールは年間1億ユーロ(約117億円)の利益を得ることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00010002-sportes-socc
4/15(水) 8:09配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586906983
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリード>久保建英VSイスコ 来季ポジション争い激化

1 名前:Egg ★:2020/04/14(火) 22:55:27 ID:ddQNlbz59.net

レアル・マドリードで来季、若手とベテランの間のポジション争いが激化すると、スペイン紙マルカが14日に報じている。

Rマドリードは近年、莫大(ばくだい)な資金を投資して将来有望な若手選手と契約する政策を採っており、欧州チャンピオンズリーグ3連覇後に世代交代が始まっている。
その流れは前監督のソラーリが、ヴィニシウスやレギロン(セビリア)を重宝した昨季からスタート。そして今季はメンディ、バルベルデ、ヴィニシウス、ロドリゴらが、マルセロ、モドリッチ、クロース、ベイルの座を脅かした。

クラブの政策が功を奏し、チームには現在、期限付き移籍中の選手を含め、ルニン(21)、アクラフ(21)、ミリトン(22)、メンディ(24)、バルベルデ(21)、
久保建英(18)、ウーデゴール(21)、ヘイニエル(18)、ヨヴィッチ(22)、ヴィニシウス(19)、ロドリゴ(19)という、今後長年クラブを支えられる平均年齢約20歳の魅惑的な11選手が所属している。

一方、クルトワ(27)、カルバハル(28)、セルヒオ・ラモス(34)、ナチョ(30)、マルセロ(31)、カゼミーロ(28)、クロース(30)、モドリッチ(34)、ベイル(30)、アザール(29)、ベンゼマ(32)、
ヴァラン(26)、イスコ(27)、長期負傷から復帰予定のアセンシオ(24)のような選手たちがチームに存在している。

このような状況の中、マルカ紙は来季起こり得る若手対ベテランのポジション争いを次のように挙げている。

ウーデゴール(21)対モドリッチ(34)

バルベルデ(20)対クロース(30)

ヴィニシウス(19)対アザール(29)

ロドリゴ(19)対ベイル(30)

カルバハル(28)対アクラフ(21)

マルセロ(31)対メンディ(24)

ルニン(21)対クルトワ(27)

ベンゼマ(32)対ヨヴィッチ(22)

セルヒオ・・ラモス(34)対ミリトン(22)

イスコ(27)対久保(18)

この中でイスコと久保について同紙は、「イスコはソラーリと対立し、忘れるべきシーズンとなった昨季、そしてポジションを失っていた今季序盤を経て、チームでの地位を下げていた。
その後、今回のリーグ戦中断期間前までにパフォーマンスを改善し、これまでチームの欧州での成功において重要な役割を果たしてきたが、その将来は100%確実なものにはなっていない。

一方、久保はエキサイティングな選手であり、遅かれ早かれレアル・マドリードの中で、居場所をかけて戦う、才能あふれる若手選手のひとりである」と伝えている。
Rマドリードには来季、これまで以上に激しいポジション争いが存在すると予想される。それは選手層の厚さを証明するものであり、チームの将来が明るいのは間違いない。(高橋智行通信員)

4/14(火) 19:29配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-24140649-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200414-24140649-nksports-000-view.jpg

2 名前:Egg ★:2020/04/14(火) 22:55:53 ID:ddQNlbz59.net

【サッカー】<レアル・マドリード>描く新たな大型補強計画!今季にハーランド、来季にムバッペ獲得へ...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1586809793/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586872527
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリード>描く新たな大型補強計画!今季にハーランド、来季にムバッペ獲得へ...

1 名前:Egg ★:2020/04/14(火) 05:29:53 ID:ddQNlbz59.net

レアル・マドリーが今夏と来夏にまたがる大型補強の計画を立てているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

レアル・マドリーが獲得を狙う選手は、ボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランド、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペの2選手の模様。まずハーランドだが、レアル・マドリーはいまだに空いたままとなっている現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めのため、そしてFWカリム・ベンゼマのパートナー及び将来的な後継者として、ノルウェー代表FWに目をつけているとのことだ。

ハーランドの代理人であるミノ・ライオラ氏は、同選手が2021年までドルトムントに残り成長を続けることが得策と語っていたが、しかし19歳FWの精神的な成熟ぶりは目を見張るものがあり、そのため今夏にさらなるステップアップを果たす可能性があるという。『マルカ』によるとドルトムントは、ハーランドの契約解除金を7500万ユーロに設定している。

その一方でレアル・マドリーが常々獲得を目指してきたムバッペについては、来夏に引き入れることを目指す模様。ムバッペは新型コロナウイルスの感染拡大で欧州リーグが活動を停止している現状、中途半端な形でPSG退団を望んでおらず、また今夏にネイマールを放出する可能性があるPSGも二大スターを一度に手放すことに否定的であるという。

しかし2021年夏、レアル・マドリーが念願のムバッペ獲得を実現する可能性は十分にあるとのこと。『マルカ』はその理由として、レアル・マドリーとPSGは良好な関係を維持しており、またムバッペが2022年まで結ぶ契約を延長する意思がないことを挙げている。

ただしハーランドの獲得報道に対しては、ドイツ『ビルト』が反論。同紙は、ドルトムントとハーランドの契約に盛り込まれている契約解除条項が行使可能となるのは「早くとも2022年夏以降」と指摘。ドルトムントが2022年夏までは、ハーランドの現在の市場価値と見られる7200万ユーロを大きく超える金額を求める方針と伝えている。

4/13(月) 22:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00010031-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200413-00010031-goal-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586809793
続きを読む

【サッカー】ムバッペのレアル・マドリー移籍はほぼ内定済み?PSGのOBが明かす

1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/04/12(日) 19:09:53.78 ID:dwihFnGF9.net

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル・マドリー移籍を、元PSGのMFジェローム・ロタン氏が確実視している。『Radio Montecarlo』に語った。

21歳ながら世界最高峰のアタッカーの1人に数えられ、2018年にはフランス代表としてワールドカップ(W杯)制覇にも貢献したムバッペ。
レアル・マドリーからの関心が継続して報じられており、ジネディーヌ・ジダン監督も「私はもう彼に恋をしている」と以前に発言していた。

そして、ロタン氏がクラブ関係者から得た情報によれば、ムバッペの移籍交渉はほぼ完了しているという。とはいえ、新型コロナウイルスの影響でタイミングが遅れる可能性があるようだ。

「私がクラブの情報筋から把握したところでは、キリアン・ムバッペをレアル・マドリーに移籍させる契約はほぼ完了した。だが、現状を踏まえれば、ムバッペのレアル・マドリー移籍は先延ばしになると確信している」

「ムバッペがPSGとの契約を延長することはない。PSGが今夏に彼を退団させることに同意しているから、彼ら(レアル・マドリーとPSG)の間にも合意があるだろう。私の見解では、時間の問題だ」

ムバッペは今シーズン、公式戦33試合30ゴール17アシストと飛び抜けた成績を記録。“白い巨人”への移籍を果たし、ジダン監督のもとでさらなる飛躍を遂げることはできるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00010019-goal-socc
4/12(日) 15:01配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586686193
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリー所属DFセルヒオ>超美女との交際をSNSで大胆宣言!お相手は、YouTubeなどでも人気のインフルエンサー

1 名前:Egg ★:2020/04/11(土) 16:44:17 ID:4cvR9RDG9.net

レアル・マドリーに所属し、現在はセビージャへレンタル移籍中のスペイン人DFセルヒオ・レギロンは自宅待機生活を続けている中で脚光を浴びている。

同選手は、自身のインスタグラムで大胆にも交際宣言をしたのだ。
お相手は、インスタグラムで200万人以上のフォロワーを獲得し、YouTubeなどでも人気のインフルエンサー、マルタ・ディアスさんだ。

過去にこの二人は何度も交際が噂されていたものの、レギロンが公にすることはなかったが、今回このタイミングで大胆な宣言をしている。

同選手はインスタグラムでロマンティックな写真を投稿し、次のようなコメントを添えている。
「多くの疑いがあったがやっと公にすることができます。今日は、僕の人生の中で最も大切な人を紹介したいと思います。愛してるよ」

また、お相手のマルタ・ディアスさんも同じようにインスタグラムで宣言している。

3月中旬からスペインでは非常事態宣言が発令されており、外出に制限がかけられ、多くの人々が自宅待機をしている日々が続いている。
このような状況の中で、サッカー選手らがチャレンジ活動などで、SNSを盛り上げているが、彼もまたその内の一人となった。

4/11(土) 12:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-00010010-sportes-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200411-00010010-sportes-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586591057
続きを読む

【サッカー】チェルシー、夏にフランス代表MFカンテを売却か? レアル&PSGが興味

1 名前:久太郎 ★:2020/04/10(金) 13:20:38 ID:sEKjK8Tn9.net

 チェルシーに所属する29歳のフランス代表MFエンゴロ・カンテが売却候補に浮上した。9日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

【画像】チェルシーの基本フォーメーション

 同紙によると、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが獲得を検討しているカンテに関してチェルシーが売却を考えているという。これまで主力選手として活躍してきたカンテだが、フランク・ランパード監督が就任した今季は怪我で離脱する期間もあり十分に実力をアピール出来ていなかった。

 2016年7月にレスター・シティからチェルシーに移籍したカンテ。2016/17シーズンはリーグ戦35試合に出場し1得点1アシストを記録してプレミアリーグ優勝に貢献した。2018/19シーズンはヨーロッパリーグ(EL)で10試合に出場しタイトル獲得に貢献している。チェルシーとの契約は2023年6月まで残っているが、夏に他クラブへ売却されるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200410-00370171-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1586492438
続きを読む



以上の内容はhttp://world-soccer.2chblog.jp/archives/cat_148065.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13