以下の内容はhttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-787.htmlより取得しました。


■2009/03/13(金) やる夫がアレフガルドに立つようです ドラクエ1 第二話


第一話


82 名前:1 ◆tuVj34JU5s[sage] 投稿日:2009/03/07(土) 23:41:38.94 ID:EYTujB2o

ぼちぼち投下します。

結構見て頂けてるようでありがとうございます。
本日はマイラの村あたりまで。
雨のほこらぐらいまではちょっと展開だるいですが、お付き合い下されば幸いです。





翌日 ロトの洞窟 入り口


┏ やる夫の装備 ━━┓
┃武器:どうのつるぎ   .┃
┃よろい:かわのふく.   ┃
┃たて:かわのたて    ┃
┗━━━━━━━━━┛


     ____
   /      \    ついに初どうくつデビューの日がやってきたお。
  /  \   ,_\  
/    (●)゛ (●) \  ぶっちゃけすごく不安なんだけど、さすがに
|  ∪   (__人__)    | スライムやドラキーをソリッドスネークばりに
/     ∩ノ ⊃  /  後ろから暗殺しまくるのも飽きたんだお。
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   それにわざわざこんな洞窟にするぐらいだから、
  \ /___ /   ご先祖様は秘蔵エログッズも隠してるに違いないお。


                ∬∬∬
                 ヘ ソハ
     ./ ̄ ̄ ̄ \   ノ:.::.:.. :(  でもここで止まったら酒池肉林と
    /  \   / \ (::..::..:::.::ノ  秘蔵エログッズは夢の彼方だお!
   /  (●)  (●)  \ .| |  
   |     (__人__)    | | |    たいまつに火をつけて……
   .\    ` ⌒´    /  | |    さあいざ行かん! だお!!
   /           \  | |





視聴者カウント
アクセスカウンター
セフレメル友ライブチャット出会い不倫





 ロトの洞窟 奥地 

        \              /
         \           /
          \_____________/
          |  ______  |
          |  |    |  |
          |  |    |  |
          |  |    |  |
           ,__|_|______,|_|__
        /i==============iヽ
       ./f───────┴iヽ
        ./ト────────┴iヽ
      /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::ヽ
     ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ヽ
      ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::ヽ
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:ヽ
   ./ | . . ..: .::.: :::::::::: ::::::::::::::::::;::;:;;;;;;|i;;;::ヽ
   /.i‐┴――――――――――'―‐┴―i::ヽ
  ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|ii;;::ヽ




       ____
     /      \    迷ったお……
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  ((●)) ((●))  \  地下二階まで降りたのは覚えてるけど、
  |     (__人__)  u |  もう全然場所がわからないんだお。
  \     ` ⌒´     /








      ____
    /_ノ   ヽ_\     だいたいウチのご先祖様は、何を好き好んで
   /( ●) ( ●)\   こんなとこに石版なんか置いたんだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
 | u      ̄      |  ひょっとして秘蔵エログッズコレクションの隠し場所に
 \              /  困ってここに置いたわけじゃないのかお?



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\   って! たいまつが今にも消えそうだおぉ!!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  帰り道もわからないし、暗闇の中に
  \    |ェェェェ|     /  閉じ込められてしまうお!!



                     _____  
           r⌒ヽ、   .  /ノ   ヽ、_\
          / \  \. / ( ○)}liil{(○)  まずいお! 急ぐお……って! 本当にどっちか
         _/ / ヽ   /     (__人__) \  わからねーお!!
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   | 
             /  .\     i⌒\   /  でも急がずにおれないんだお……
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \  しかし何故かどんどん奥地に向かってるような
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i 気がするんだお!
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ








……って、あれ?


    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||  / / ̄ ̄ ̄ヽ   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
 ̄ ̄||||| ||| ̄ ̄ ̄ ̄\\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\
    ||||| |||        \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄l\\
    ||||| |||         \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\


       ____
     /      \    ひょっとしてアレ、目的の石碑じゃないかお?
   / ─    ─ \   
  /   (●)  (●)   \ (秘蔵エロコレクションは無いっぽいお)
  |      (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /



         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \  何か書いてあるお。
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |








『私の名はロト。私の血を引きし者よ。ラダトームから見える魔の島に渡るには、三つのものが必要だった。
私はそれらを集め魔の島に渡り、魔王を倒した』


      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /   いきなり話が飛んでるお。これをやる夫以外の赤の他人が
  \_    <´   見たらどうするのかってことをまるで考えてないお。
    /´     `\  ご先祖様は案外バカだったのかお?
     |       |
     |       |








『そしていま、その三つの神秘なるものを三人の賢者に託す。彼らの子孫がそれらを守ってゆくだろう。
再び魔の島に悪がよみがえったとき、それらを集め戦うがよい。三人の賢者は、
この地のどこかでそなたの来るのを待っていることだろう。ゆけ! 私の血を引きし者よ!』


     ____
   /     \    
  /  ─    ─\     つーか、具体的にそれが何でどこにあるのか書いとけだお。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \   他人に見られるのが怖いなら、そもそもこんなところに
|       (__人__)    |   石版で残すこと自体がマヌケなんだお。
\     ` ⌒´   ,/  しかも締めの文まで子孫限定にしてるし……



     ____  
   /      \
  /  ─    ─\    ……って、あれ? まだ下に続きがあるお。
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   
(  \ / _ノ |  |    
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /






93 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:00:03.83 ID:x/mAEUEo

3の勇者が女だったらかなり違和感がありそうな文章ではあるなww


9



『P.S. ひょっとしてたいまつ消えそうじゃない?』



         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\  ワスレテタ
     /    (__人__)   \ 
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  ……!!!
     \    |ェェェェ|    ./l!|
     /     `ー'    .\ |i 



       ______
      /  \    /\  み、見なかったお!
    /  し (>)  (<)\ そんなの知らないお……
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |



         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |









         ____
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\   
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |          |
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ .| |          |




      フッ……

       ∬












         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\  ぎゃあああああぁぁぁ!!!!
     /    (__人__)   \ 
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 消えたお! 真っ暗闇だお!!
     \    |ェェェェ|    ./l!| なんにも見えないおおおおおぉぉぉ!!!
     /     `ー'    .\ |i 



       ____
     /      \    誰か助けてくれおぉぉ!!
   /  _ノ  ヽ、_  \  
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  このまま暗闇で誰にも知られず、
  |     (__人__)    |  ブタのような悲鳴を上げて野たれ死ぬのは
  \     ` ⌒´     /  嫌なんだおぉぉ。



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   だいたい本当はたいまつがもう一本あったはずなんだお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \  賢狼様が売れっていうから売ったために、
  |     (__人__)    |  数が足りなくなったんだお!
  \     ` ⌒´     /  賢狼様が悪いんだおぉぉぉ!!!










                      ∧        ィ
                     /:::::ヽ-─- /:.:.:l
                      /:/:.:i:.:.:.:.ヽ:.:.:\:.:l.  自分の準備不足を
                     /:.:./l:.:.:.ハ:.:.ト,:.:.:!:.ヽ:.:Y  人のせいにするでないわ!
                   1:T \  ̄ /l:.:.:.!:.:l.  たわけめ!!
            ピシ     l:.:.l ○    ○l:.:.:.l:.:.l  
         //    .    !.:.:l @ r‐┐@l:.:.:.l:.:,' /レ'" 7
        / /       ___.l:.:.:.l>-|_|-イl:.:.:,':.i  i  .:  !
イテッ!!   =ァァ===(す彡i:.:.:.!:.:.:l:.:.,、ィ::iYi:.:.:リ:.:/:.:l  l:.:.::.:. .: l
     __∧∧       ヾシl:.:.:l:.:.:l/:.:./:.:lilil:.:/:./l:.:.:ト-':.:.:.:.:.:./
   /ノ   ヽ、_ \     ヽ'" !:.:.l:.:.:/:.:.:.:.:.:.i:.:.l:.:l:.:.ト、:.:.:.:.:/
  /(○)}liil{(○) \        l:.:.レ'i:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.l:.:.ヽl `'''"
/   (__人__)    \     l:/ l:ト、:.:.:.:.:.:l:.:l:.:.:.:.:>、
|   ヽ |!!il|!|!l| /    |     l'   !|:::::T T:ヽlヽlハ/
\    |ェェェェ|      /        l::::::! l:::::|'"
/              \      .  l:::::l  l::::l




        ____
     / ノ  \\  なにをする……って、あれ? 賢狼様……?
    / (●)  (●)\
  / ∪  (__人__)  \  なんでこんなところにいるんだお?
  |      ` ⌒´    |  しかもなんかえらく明るくなったお……
  \            /








                         ,.ヘ-v
                        _x<_,、(
             _   -:―一:'´ : : /:ド7
   } ̄^Z=:ー―-‐'´: : : : : : : : : : : : -<  ;:!│
   '. え=-、: : : : : : : -‐: : : : : : : : : : : : \;.i: |
.    マ ;.  ;>'´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ:ト、
      ∨';/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :V:ヽ        ぬしが洞窟に向かったと聞いて嫌な予感が
     ∨ / : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : '.        したと思えば案の定じゃ。
       ハ/: : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :ヽ : : l : : : :'; |
.       | l.: : : : : : :l: : : : :/ : : : j: : : : : :}: : :.|: : : : :l l        だいたいたいまつなら、今のぬしならもう
     | l:/|: : : : : |: { / :{: : {: :ハ: }: :j小 l: |: : : : :|│        5、6本だって十分買える金があろうに、
      l.:|:l |: : : : : |: l {_从: :ハ:{ j仏斗≦k |: : : : :|:!        それもやらずに人のせいにするとは
.      |: l ! | : : : : :Vレぅテ≧ー    ´込zソイi: : : : :|: :|        無礼なやつよの。
     l: :レ: | : : : : :.|ヘ 込zソ       ::::.::: リ : : : :.|:八
.     l: : : :│ : : : : |、 :::::::.:   :j     /: : : : : 厂了ヽ
    |: : : : :|.: : : : :.:|丶     - ‐  ,.': : : : : :∧/:::ハ     ちなみにこの明かりはレミーラの
     | : : : : l : : : : : 〈::::介:、_   ´  //: : : : :/::::}:::::::::::::|     呪文というて、たいまつより明るい
.    |: : : : :∧ : : : : : Ⅵ「/∧> -</: : : : :/::::: ::::::::::::: |     すぐれものじゃ。
.     |: : : : :.:い : : : : : :Ⅵ| L、   _ /: : : : /::::::/:::::::::::!:::|     ぬしのようなウッカリ者は、まず
    |: : : : :.〈∧:l: : : : : |》| l ヽ_ '´__/: : : : /:::/:::::::::::::i::::|     こういう呪文を覚える必要があるな。
    |: : : : : :{::::|:l: : : : :l:|ヾ{{=气==''/: : : :.:,'〃:::::::::::::::::::i ::|
.   | : : : : : l::::レ!: : : : l/ 弋不勺 l: : : !: :|:{/:::::::::::/ ̄ ̄
.    | : : : : :│::::|: : : : :|::::::〃廿^ヽ| : : | : |ノ:::::::::::/



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   わ、悪かったお!
  / o゚((●)) ((●))゚o \  確かに今回は何も考えずにご先祖様のエログッズ探しに
  |     (__人__)    |  来たやる夫が悪かったんだお!
  \     ` ⌒´     /  








       ____
     /      \    だからお願いですから誰か助け下さいお!
   /  _ノ  ヽ、_  \  
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  賢狼様に見捨てられたら、やる夫は本当に
  |     (__人__)    |  ドブネズミのように地下を徘徊した後に、
  \     ` ⌒´     /  空腹で童貞のまま死んでしまうんだお!




                   _        , -、- 、_--‐,_‐ 、
                   t`ー;-、_  _ノ:::::::::\ニ三ハ、:..:\
                       マr、: : :`>:'"´ ̄ ̄\/:、い\:..:.丶
                    ぃ >:'´: : : : : : : : : : /:,r^';:∨,ヘ:..:..:..`ヽ   ここまで来て見捨てはせぬよ。
                   //: : : : : : : : : : : : : `ヽ. i:: V/∧:..:..{::.}
                  __ ,ヘ/  , ': : !: : : : : :i : : : : : : ヽ.l:: :マv∧::.::V }_  ほれ、泣いてる暇があったら
                _/:.:.`//: :/ : , i i : : : !:!: : : :ト、: : : :i: : }:}//}/ ' L、 もう少しこっちに来んか!
            ,__‐'´:.:.:.:.:.:,' ': :〃:.イ:;': ,l: : : .i |. . . '.i. i. . . . !. . {.ニ7___  '/
           //:.ヽ:.:.:.:.:::i i: ::!i|: ト/イハ: : リ!:!:.:;イ::川: : : :.:i: :::r'´:.:.:.:.ヽ./
         ,. .:'´:.:.:.:.:.::l.::::::;.イハ.:j从fトミ{ {、厶ム/-}::リ:ji: : : :::|: /:.:.:.:.:.:.:.:::}   ……では、行くぞ!!
        ,. .:'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:::;_j/ Ⅵ`ヽベ_マリ  リ ァ示=‐<./」: : : !:r'; -― 、:.::;ハ
.     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/     !::.|: :i ^¨ノ   、 マ沙'ノマ : : ,'::i〉:.:.:.:.:.:.:.:V:..:',
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::∠ー-<^ヽ-‐/::.:!: : 、 ヽ     ^ ̄´ /: :: /_/:.:.:.:.:.:.:.:/イ:..:..}
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/:.、`ヽ三ヘ:.ヽ{:::.::.',: : :\ヽー-,   /: ;イ´/:.:.:.:.:.:.:.:.;':::::::_ノ
  ヽ、:.:.:.:.-:一:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:マ三∧:.i`ヽ、ヽ: ::::{::ヽご -‐/: :{/,.V:.:.:.:.:.:.:.:.:i{`¨「
    ` ‐ ::_:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.V_/_ハ !:..:..:..`ヾ、::V::r' } __厶-‐`:/;:.:.:.:.:.:.:.:.:.ji::..:.ヽ
        丁:ー- :__ヽV-/ハ:.、:..:..:,ヘ:_いv' /:;. -―‐7:i:::.:.:.:.:.:.:.:.ハ:..:..:.i
         l:::::::::|::::::::: ̄∨/ム:..:..:.{:/:〃_==く:_::..:..:i::::::::.:.:.:.:.:.:/v,'l:..:..:|
          !::::::::i|:::::::::i:::::::マニ7i\:¬_{辷':::.:::.:リ:::.::}:../i|:::::::::.:.::/:/}/l:..:..l












         ………ドゥ―――ン! ドゥ――――ン!!











          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \ ……いったい何を……
     |      (__人__)     |  
      \     ` ⌒´    ,/  ……って、アレ?
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



       ____
     /      \     そ、外だお……
   / ─    ─ \   やる夫は確かに洞窟にいたはずなのに……
  / U (●)  (●)   \ 
  |      (__人__)    | あ、ありのままに起こったことを話すだお。
  \     ` ⌒´     /   やる夫は洞窟にいたと思ったら(ry









   、i、_        、!、
   `i.ヽ,`ヽ、    |.,ヘ\
    .| ; ヘ: : `ヽ__j .; ヘ: :ヽ
    .|; ,,>':'´: : : : : | ;  ヘ: : :ヽヽ、       話さなくてええと言うに!
    ,!"´: : : : : : : : : ヽ、. ヘ: : : : ヽヽ、
  ./: : : : :/: : : : : : : : : :\ ヘ: : : : : i: :ヽ    これがリレミトの呪文じゃ。
 /::/: : : ,〃: : : : : : : :ヽ: : : :ヽi : : : : : : : :ヽ  
./i :{ : : :/ll.|: :i : : : :| : : :l : : : : : i : : : : : : : : i  ぬしは少し物事を簡単に考えすぎて
〃: i 、: ハ:ハ: i、: : : l: : : :|: : : : : : i : : : : : : : : i  用心を怠る気質がありんす。
i! ! : !ヽ!! ! `-ヽ从A , : ||: : : : : : :i : : : : : : : :|
  .ヽλヽ   、   `!ル'| : : : : : : :|: : : : : : : :| これに懲りたら今後はもう少し
   }'}‐=i   .j,,,___,,` j : : : : i : : :| : : : : : : l  考えて行動すべきじゃな。
    j::| <     ̄´  | : : : : l : : | : : : : : :/
    i:::! `,._        |: : : : :l : : |: : : : : :/   良いか?
   i::::::`i、\7¬フ   |: : : : l : :/: : :/ : /
   i::::::::|;;;ヽ、 __,,,.-‐¬ : : : /: :/:/ : i : /
    !:::::::|;;;;;l;;;;;;;;;}  / : : : /: イ: :| : i :/|
   /`ヽ、i;;;;l;;;;;;;;;;}.ノ : : /_'_l : :l__L/_|
   '-、  ヽ;l;;;;;;/ : /  ̄___ ̄``丶、``‐、
    / `ヽ、 } {/ _,-‐'" __ ̄`ヽ、  `\ !、



       ____
     /      \     わ、わかっただお……
   / ─    ─ \   
  / U (●)  (●)   \ 肝に銘じておくんだお……
  |      (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /  



       ____
     /      \    というか賢狼様が来てくれなかったら
   /  _ノ  ヽ、_  \  きっと人知れず死んでたお!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  本当にありがとうだお!
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /  








        /: : /: :.|     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : : :\
.        /: : /: : : !   /: : : : : : :/: : : :/: : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: \
.         ,': : : : : : : i:  /: : : : : : :/:l: : : :|: : : : : : :\: : : : : : :l: :ド:ヽ
       i: : : : : : : :i / : : : : : : ,': :|: : : :|: : :l: :ヽ: : : ヽ : : l : |: :|  l|
       |: : : : : : : :∨ : : : : : : :ハ: :|: : : :|: : :| : ハ : :|_\:l : |: :l  ||
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|: :| | ;.イ∨从:∧/  リ
       |: : : : : : : : | : : : : : : : |: l: |: : : :|: : :|:八 j/Vィて㍉/ : !
.        i: : : : : : : :.| : : : : : : : l: :斗七:丁厂⌒`  fト::゚リ イ: : :|   うむ。
       l: : : : : : : :l : : : : : : : | ∨ィチてヾ     ゞ='^ | : : |
.        l : : : : : : : i:.: : : : : : :|Y圦iド:;イリ     、   } : : |   わっちはもう行くが、
         l: : : : : : : : : : : : : : : :Vヾゞ辷ン^      〉  /: : : |   その気持ちは忘れるでないぞ。
        | : : : : : : : : ':, : : : : : : .            __   ′: : :|
       ハ: : : : : : : :.い : : : : : : '. 、    < _/ イ: :l: : : :|
       l : '.: : : : : : : l:ハ : : : : : : ∨> 、_   /::∧: :l : : :|  では、さらばじゃ!
       |: : l : : : : : : /: ∧ : : : : : : '.     丁ヽ::::/::∧ l: : :.|
       |: : | : : : : : /: /::∧ : : : : : : :    { 八::::/::∧:l: :│
        /: : :l : : : : //:::/::∧: : : : : : ∨   ∨ 《Ⅸ:::/:∧: :│
.       /: : :/| : : : /ノ :::::::::/::∧: : : : :l: |-─__》 V::/::∧ │
     /: : :/│: : 〃::\::::::::/::::|: : : : :l: |:\{{二¨7__V:::::::::ヽ |
    ./: : /  j: : /::::::::::::丶 ::::::::|: : : : :l: |  \ {{ ̄ }}ヘ、_::::::::\







             ………ドゥ―――ン! ドゥ――――ン!!







       ____
     /      \    ……あ、飛んで行ってしまったお。
   / ─    ─ \   あれがおそらくルーラなのかお……?
  /   (●)  (●)   \ 
  |      (__人__)    |  本当にありがとうございますだお。
  \     ` ⌒´     /






100 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:19:53.99 ID:gSag6Tko

呪文の効果音厳ついww






       ____
     /      \    
   / ─    ─ \   
  /   (●)  (●)   \ …………。
  |      (__人__)    | 
  \     ` ⌒´     /



         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\  ……って! どうせ帰るなら、やる夫も
     /    (__人__)   \  一緒に町まで送ってくれって言ってるだお!!
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  
     \    |ェェェェ|    ./l!|   アンタ絶対、毎回わざとやってるだろ!
     /     `ー'    .\ |i   すでに薬草も尽きて瀕死モードなんだおおぉぉ!!








翌日 ガライの町

                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , -' {ト-‐i,       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':'|      |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':|       |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|       |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;|  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|      |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',  //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //  |  |」  |」  |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'








     ____
   /      \    賢狼様に言われた通り、今日はめっちゃ用心して
  /  \   ,_\   アイテム欄いっぱいに薬草買って出かけたら、
/    (●)゛ (●) \   逆に一個も使わず到着してしまったんだお……。
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   ホイミも習得したせいで、リーマン並に
(  \ / _ノ |  |    薬草不良債権化が進んでるんだお。
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  



       ____
     /⌒  ⌒\    まあでも無事に到着したからいいんだお。
   / (―)  (―)\  
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ とりあえずこの町で装備を整えるんだお。
  |                 |
  \             /








ガライの町 武器屋



:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |:
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |:
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|:
::::::::::::::::|  |;;|         いい男の武器・防具屋          |.|:
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |:








             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!  おや、お客さんか?
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ   いいのか、こんな店にきちまって?
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ  オレはノンケにだって武器防具を
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ  売ってしまう男だぜ?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::
    `ヽ、  ゙、     ./  .|  ,-、


     ____
   /     \    
  /  ─    ─\     店の名前見た時から
/ U ‐=・=‐ ‐=・= \   そんなオチじゃないかって気がしてたお。
|       (__人__)    |  
\     ` ⌒´   ,/   とりあえず何売ってるのが見せてもらうお。






107 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:25:49.45 ID:VOCvbJIo

どうみても店主が決まってるじゃんwwwwwwwwww






┏━━━━━━━━━┓
┃こんぼう     60G .┃
┃てつのおの   560G┃
┃かわのふく    70G┃
┃くさりかたびら  300G┃
┃てつのたて   800G.┃
┗━━━━━━━━━┛



       ____
     /ノ   ヽ、_\      い、いきなり価格がレベルアップでジンバブエ状態かお――っ!!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)   \  鉄の盾なんてただの鉄板のくせして
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  鎖帷子より高いなんて納得いかないおぉ!!
  \    |ェェェェ|     /  








             ___ 
          ,,ノ' ´    ` ''ヾ、、
         /            ヽ`   すまないねお客さん、ラゴス銀行が
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l    メルキドブラザーズ救済の話を反故にして
        |L_ ! ___ { ,..、|    結果としてメルキドブラザーズが倒産しちまったから、
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|   ウチも不良債権抱えて大損貧乏状態なんだよ。
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!    
         丶 └、     Fイ l′   その証拠にオレなんか下着も買えない状態なんだぜ?
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、   なんなら証拠を見てみるかい?
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._
  |  ヽl            (B     /    ヽ、
  |     !,、      !     /     ∠_
  ,イ     ヾ'     ィ 、   . /   ,,ィ'´




          ____       
       / ノ  \\         いや、結構ですお!
      / (●)  (●)\        
    / ∪  (__人__)  \       というか脱ぐのを止めて下さいですお。
    |      ` ⌒´    |        なにか背後に回られると人生における
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  大切なものを失ってしまうような
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /  予感がするんですお。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /








     ____
   /      \    しかし困ったお。こっちも薬草不良債権で手持ちが
  /  \   ,_\   厳しいから、鉄の斧か鎖帷子買うだけで
/    (●)゛ (●) \  手一杯なんだお……。
|  ∪   (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /   でも東にせよ南にせよ、ここより先はモンスターも強力だと言うから、
(  \ / _ノ |  |    せめてここで装備は整えておきたいお。
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  



         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     なんだい金に困っているのかい?
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    ならば良い話があるぜ。
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ   あんた、この町の南にある岩山の
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   洞窟を知ってるかい?
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、   
            ヽ、  /__,∠、    `'-、
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l
-‐ ´      ‐ '' ´  /l:::    l     ー'´      l








      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /      岩山の洞窟……?
. |   (__ノ ̄ /   
  \_    <´     ひょっとしてラダトーム西の山の向こうに見えてた
    /´     `\    あの洞窟の事かお?
     |       |
     |       |



     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ    ああ、多分それで間違いないな。
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }   実はあそこ、昔はこの町の貴族の倉庫だったらしいぜ?
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  今は権利も手放して荒れ果てちゃいるが、
    |! ,,_      {'  }  まだ中には結構お宝が残ってるって話だ。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   
    ヽ ‐'  /   "'ヽ     もっとも最近はモンスターがうろちょろしてるから、
     ヽ__,.. ' /     ヽ    わざわざ探索に行くやつも少なくなってるけどな。
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   もしあんたがそれなりの腕利きなら、
   ,'              }  i  ヽ   ウホッ! 良い宝! を見つけられるかも
    {             j   l    }  しれないぞ。
   i   ヽ    j   ノ   |   } l  
   ト、    }   /  /   l  | .|  もっともオレの股間のゴールドには
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |  かないはしないだろうがね。
   { |     } |      l    |
   ヽ |     i  | \    l    /|
    { |     l   |     |   / |
    l !        |       l  / |









            ____
  +        ./ /  \\
        / (●)  (●)\    ほ、本当かお!?
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \
      |      `-=ニ=-      | ならば一度行ってみるのも悪くないかもしれないお
      \      `ー'´      / +
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |   (貴族のエロコレクションが眠っているかもしれないお!!)
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /


             ___ 
          ,,ノ' ´    ` ''ヾ、、
         /            ヽ`     ああ、でも先日もこの話を他の冒険者に
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l     してるから、もしかしたらもう何も無いかも
        |L_ ! ___ { ,..、|      しれない。
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|   
          l.| ´ |    ̄  vijソ.!     そこらへんは責任持てないから、
         丶 └、     Fイ l′   了解の上で頼むぜ?
           ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   .         ヽ `''"´,/ !  ^|ー、  
         _,,」、'....ィ'       '|. \、__
.     ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',



          ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\   大丈夫だお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \  さすがのやる夫もそれぐらいは
    |      |r┬-|    |   心得ているんだお!
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






112 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:32:42.82 ID:i119Lnwo

呪いのベルトだっけ
このやる夫なら巻いて呪われそうだなあww







       ______      
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ああそうだ、もし何もなかったら、
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|  代わりにオレの金を味わってみないか?
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|  ノンケだろうと何だろうと、
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i めぐるめく愛の世界に導いて
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | やれるぜ?
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/ 
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |  
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



           ____
          /ノ   ヽ、_\      の、ノォセンキューですおぉ!!
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \  全力でお断りするお!!
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    nnn、
       \    |ェェェェ|     /     i i.i.ii
        /⌒ヽ   ー‐    ィ、-─,‐─‐/ ヽ-、
        /  、     、    ___; _、r イフ'






115 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:35:44.89 ID:VOCvbJIo

やる夫なら岩山の洞窟が簡単なら、調子のって岩山の南の橋を渡りそうな気がするww




岩山の洞窟 入り口付近


         /.:/二二二二_ ヽ|:::::::::::::::::::\
        /.::::::'´.:::::::::::::::::::::::::::\|:::::::::|::::::::::::::ヽ
       /.::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::∧   大漁ね!!
.      /.::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::|⌒ヽ.::::::::∧  さすがバカでも貴族だけあって、それなりの
     /./':::::::::::∧:::!、::::::::|:::::l ::::::::::|:::::::::| \ 〉:::::::: ! ものがあったじゃない!
      i:,' l::::::::::::ト、|::| \:::::|ヽ」x' ::::::|:::::::::|   〉'.:::::::::::| 
      l| !:::::::::::|,rfトl、  x|' ,ィチえ、|:::::::::L. イ.|:::::::::::::| 
       l ::::|:::::'. トィl      {.じ リ'^|:::::::::|`i | |:::::::::::::| 
       ト、::|:::::ハ ー'     ー‐'  |:::::::::,_ノ l.」:::::::::::::l  やくたたずここに眠る……みたいなものを
       |:::N:::|:::'.  '__ ,    |:::::: /.:レ.::::::::::::::,′ 我々のためにバッチリ
       |:::l |:::|:::::\ ヽ._ ノ   ./.:::::/.::::::::::::::::::: /  役立ててあげるんだから、ありがたく思って
       |:::| ヽ|:::::l:::::`  . __..   ´'.::::::/.::|:::::::::::::::::/   もらいたいわね。
       l:::| |:::|∨:::::::,r‐}  /' }:::/ヘ |:::::::::/.::/
.        ヽ!  ∨:L.ゝ‐'´/   /,::/  .ソ.: /.::/
           /7N  ∠`ヽ/ /' /- '´` ー'-、
        / /   /¨ヽン         _.  '´  '.
       , ′   /  , ′      /     |
       /  |   /  /        ./      |
.      /_n.、!  i  /       /        |
     / { !.|| |厶-- 、 ./   /         |
.    / ,ゝ'¨¨¨¨¨´    / ̄¨ァ、/       /



                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ  なあおい、やっぱりコレはヤバくないか?
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i いくら放棄したとはいえ、やっぱり元々は
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::| 他人様のモノだろ。
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!  それを根こそぎかっぱらって売却しよう
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|  なんざ、冒険者というより蛮族の所業だぞ?
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |






                 ィ ‐―- 、__
             ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
            〃 _,':  /-―――-\ ヽ
  〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
  |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
  |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ
  l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
  l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./
   l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /
   l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       / なに甘っちょろいこと言ってんのよ。
    ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
     ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /   遥か昔、魔王を倒した伝説の勇者様なんて、
       丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /    人が住んでる他人の家に上がりこんで
       ~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /      タンスの中まで物色したらしいわよ?
         | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
         _| ヘメ  | |l   |   l. || !/          それに比べれば、むしろ良識がありすぎて
         l     l ll   |   / /イ           感謝してもらいたいぐらいだわ。
        |     \\ l{{T}// /
         |       \`jl 〃 /
          !        ヽ!V/  {


            ,ィュ-‐-、_
         /: : : : : : : : : :`ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       イ : : : : ,ィ ./リ| ト、: : : : : ゝ    そもそもオレたちは勇者でも何でもないはずだがな……。
        !: :/: :,AZ__ |/' >r.、: :N
        !'ヽ: :! ―-   ニ| .! .!ノ
         _人_l、u.   i .(ヾ| .! iヽ      ……って、おや?
    _,..-'´/:::::| ヽ ~ ,.ネ、   ト、     誰か来るぞ。
  r'´:::::::::::::く:::::::|  ノ` =く. .|::ヤ   .|:::`゙ー、
 /:!::::::::::::::::::/::::::.レ'^YニY/レ!:::ヽz='=i::::::::ヽ
/::::::!::::::::::::::::ヽ:::::::|  .〉-〈 /::::::〈:::::::::::::|:::::::::::!








      ____
    /      \     もう少しで洞窟のはずだお……
   / ─    ─ \
 /  ( ●)  (●)  \  って、あれ? 洞窟の入り口のところに誰かいるお。
 |      (__人__)     |
 \     ` ⌒´    /  どうもこんにちわだお。




        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,  ああ、こんちわ。
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  ……こんなヘンピなところで人に合うなんざ、
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  ひょっとしてあんた、洞窟探索に来たのかい?
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ  だったら無駄足だから、引き返した方がいいぜ?
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |








       ____ 
     /ノ   ヽ、_\    な! そりゃどういう意味だお!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \  せっかくこんな山奥まで来て、いきなり貴族エロコレクション
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 諦めろと言われたって納得できないお!!
  \    |ェェェェ|     /



                   , - ─- 、_
             /        `丶
            rー‐<::/ ン-―ー- 、   、 \  (なによエロコレクションって)
        {(こ 〆.:::/  ____ \ ヽ..::::ヽ
        __/'´/  〃7了.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.j ::ヤ¬寸  単純なことよ。
      /,イ>/ .:::/,':::{:::::!:::::::::::::::::ヽ ::|:. ::::Vヽ_,イ  だってお宝は全部私たちが回収
      レ/,イ ::/ :{:ハ\{ ::、::ヽ ::::::}::_|_: :::::l >::|  しちゃったんだもの。
       {/::| :!{.::ィ'f坏ト\{ヽ ,><ム:!:::::::: Kヽ:ト、
         |::::ヽ::i:ヽi. r'_;メ  ヽ´ イ圷ハ|::::::::::|\/ヽ> 中には金目のものなんて
         |i:::::::トl::ハ.     ,    r';ン´j::::::::: l: V   一銭だって残ってないわ!
         |i::::::::!:::: ヘ  {>ーァ   /:!::::::::/::/   行くだけムダってことよ。
         lN:ヽ:ヽ::',:::ヽ、ヽ _,ノ  ,.ィ::/::::::/ /
         ヾ /}::}八::::ヽ>.-‐か/7::/∨
       r<¨ リ\`ヽ、\__ {  〉/イ l  )}
       f⌒ \ \ヽ  )' \ニニ∧ | |!彡ヘ
       |    \ ヽム    ヽ‐' .| | }ヘ,__,イ
       ヽ     ̄ )\     Vrj/ ̄ヽ ヽ
        \     // /)ミ ー-∨   / ̄ ヽ
         (>―‐'/ /勺ヽ¨ア    /    }
         \三三‐'ノ ^ヽ/   /-―一 '








         ____
       /::::::::::  u\     そ、そりゃ本当かお……
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\  
    /:::::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  | 
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/ 
    ノ::::::::::u         \ 



           /  . __ 、/ 丿               ヽ
          / ,  / ./  /  _ ,__'   i  i  i  i   'l
          //. /  /  /_-''’ ___,,ノ、  7  '       l
        . レ.l/  ./   /  ,,-'''''  l l  .l   ,       l
          / ,/   ´  , '_ !-‐'''''''''''') ./l ../l     i ...l l  やってること自体はオレもどうかと
         r/ .l  ゙   '''’ _,,,-‐/ ̄.l/ .l ./ l     i  .l l  思うがな。
         .l.!         々' Vヽー--l/'‐、l /l   i  /ll
         l         /'''' ヽ   '..,,,___、l/./   ノ'l/ l'  でもそいつの言ってることは事実だ。
        l         ./   !       '' /'/' ,/)ノ   オレ達以前にも、ここは何度も荒らさ
        l        /   /          / ,//   れたようだし、モンスターのレベルも
        /       丿   亅         ./ /r'     低いから、カモにされて当然な場所
     / ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ /丶   ____        ./ /      なのかもな。
   / ̄ ̄ ̄ ̄''' ‐ ,_ \. .l\ ”-ニ⊃    //r'\
   /          '-,/  .l \  ' ̄   ,/ / │ ''、、    そういう事で済まないが、諦めてくれ。
  ./            /  l 丶ゝ,,,,,,,-‐''  /  │  'l "'-、
 /          .∩/   .l  /─、 ,─/   │   'l  "'-、
../          ∩/    .l /  Cl l - l\  │    'l    "'-、
/            /     レ' ヽ┌──┐ソ\ │     'l      "'-、








         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\   酷いお! おまいらだけで貴族のエロエロコレクションを
     /    (__人__)   \  独占する気かお!!
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
     \    |ェェェェ|    ./l!|  やる夫にだってもらう権利があるはずだお!
     /     `ー'    .\ |i  少しでいいからそのお宝を分けやがれだおぉぉ!!
   /          ヽ !l ヽi 
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl



           _,. - ―― - . .、
         /´..... : : :___ : :\
          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ (だからなんでエロエロなのよ……)
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l  バカ言わないでよ。こういうのは早いもの勝ちって
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉 相場は決まってるじゃないの。
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:! それとも何? あんたにここのお宝の所有権
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:| でもあったわけ? 
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:! んなわけないじゃない。強いて言うなら、もう
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′とっくに死んでしまったどこかの貴族のもの
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト. だけど、あんたその貴族じゃないでしょう?
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |








       ____
     / ノ  \\       う……た、確かにそうだお。
    / (●)  (●)\     でもやる夫はロトの子孫だから、そういうお宝を
  / ∪  (__人__)  \   もらえる権利があってもいいと思うお……。
  |                 |
  \             /



                 ィ ‐―- 、__
             ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
            〃 _,':  /-―――-\ ヽ
  〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
  |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
  |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ はぁ? 言う事欠いて今度はロトの子孫?
  l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
  l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./  だとしても余計にダメじゃない。それが
   l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /  本当なら、むしろあんたのご先祖様が強奪
   l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /   した金品財宝、全部社会に返還すべきよ!
    ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
     ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /   
       丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /       だいたいなんでロトの子孫様ともあろう者が、
       ~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /        こんなとこで強盗の真似事なんかしてんのよ?
         | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´          名家の血筋を振りかざして、今度は庶民から
         _| ヘメ  | |l   |   l. || !/            略奪まがいのことまでしようってわけ?
         l     l ll   |   / /イ             勇者の家系が聞いてあきれるわ。
        |     \\ l{{T}// /
         |       \`jl 〃 /
          !        ヽ!V/  {



            ,ィュ-‐-、_
         /: : : : : : : : : :`ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       イ : : : : ,ィ ./リ| ト、: : : : : ゝ  (それ、自分が強盗まがいのことやってるって
        !: :/: :,AZ__ |/' >r.、: :N    言ってるのと同じだぞ?)
        !'ヽ: :! ―-   ニ| .! .!ノ
         _人_l、u.   i .(ヾ| .! iヽ      
    _,..-'´/:::::| ヽ ~ ,.ネ、   ト、     
  r'´:::::::::::::く:::::::|  ノ` =く. .|::ヤ   .|:::`゙ー、  
 /:!::::::::::::::::::/::::::.レ'^YニY/レ!:::ヽz='=i::::::::ヽ
/::::::!::::::::::::::::ヽ:::::::|  .〉-〈 /::::::〈:::::::::::::|:::::::::::!








      ____
      /      \     ……そうだけど、やる夫の実家は社会に還元するような財産は無い
   /  _ノ  ヽ、_  \   んだお。むしろ田舎の貧村で、ネットもISDNしか無いから、
  / o゚((●)) ((●))゚o\  エロゲ買うのも一苦労だったんだお。
  |     (__人__)      |  経済状況は今も同じで、薬草不良債権でジリ貧だから、こういうことして一発逆転
  \    ` ⌒´     /  大穴狙いしかないんだお。



      ____
      /      \    ロトの子孫だからって、何もいいこと無いんだお!
   /  _ノ  ヽ、_  \   小さい頃は、ロトの子孫のくせに弱いからって馬鹿にされて、
  / o゚⌒   ⌒゚o  \ それでやる夫はヒキニートになるしかなかったんだお……
  |      (__人__)     | ご先祖様が偉くたって、今を生きるやる夫を助けてなんかくれないお!
  \    ` ⌒´     /








           // /  / : / /. : : : : l : `ヽ  ヽ: : l: : : : : : : : : : :l
          / :/ / / /l / l : : : : : l : : : lヽ  !: :! : : : : : :l : : : :l
        / . :i: l / / !/!: : l . .     ! : : : l: :∨ : ト、: : : : :l : : l: l
         / . : l: :l !/`ヽ! l: : :l : : : : . . .l   l  l   ト、 ヽ、|: : : !: !
.         ′: : l: :l !fモヽ ヽ: :lヽ : : : : : l: : . .!  !  l | ト、   ヽ、 l: !   …………。
.         l /. : : l//l k_ノ|  ヽ! \__: l_/. :/ : : l  lヽ\/´: /. :!
       l ! : : : :/ :l ゞ ソ     ´ ≧ !::/l`/. : : :l  _!: ヽ、`>. :!
       l l : : :/. :/!          〃/ ノ`ヾ l/. : : : l/´l : : : :∨ : : :
.         ! !: : :l :/ ∧  ′      トくノ /ノ/. : : : /|  l : : // : : :/
.         l l: : :l∧/ ∧ 、      ー ' /. : : : /´_ヽ」: /:/. : : /
         ! 、 : l /イ!::∧ ヽ       /. : : : /くノ ノ :/:/ : : /
       ∨ヽ! / j//.:ヽ、      __/. : : : /ー‐ ´: / / : : /
.       / ヽ /  /.::/ / ̄「 ̄  /. : : /. : / : / :/ : 〃
      /   /   /.::/ !  ノ  /. : : :イ. : :/ : //://
.   /   /     /.:::/ ノ  /_.. < l :/|//イ: //
.  / (ヽ/l     /.:::/     ̄  ‐-  j/   !   |/
/(ヽ、ヽ!::!     /.::::: ̄:::... ―-           |



  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l  ハルヒ、言いすぎだぞ。
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/    
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\








         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧  ああもう! わかったわよ!!
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:! じゃあこの洞窟の中で拾った薄汚い板でも
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.| あげるから、それで我慢なさい!!
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:| こっちだって一応世間さまのために動いて
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/ いるんだから、文句言われる筋合いも
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ 本当は無いんだからね!!
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
      ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !
       } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |
       |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
       !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
       |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|




      ____
    /      \    ……え? あ、ありがとだお。
   / ─    ─ \
 /  ( ●)  (●)  \
 |      (__人__)     |
 \     ` ⌒´    /








                 __ __
               /:::::::::::::::ヽ
                _/       ヘ-、  これでこの話は終わり!!
             〈/:::::::::::::::::::::::::::::V/
               /l::::/:::::,'::::::::i:::::l::!:ハ  じゃあね! せめて帰り道にモンスターに
               ~|::::l:::::/:::::::::l:::::l::i:!」  襲われて野垂れ死にしないように気をつけなさい!!
             ヽ:{::::{:::::::::/:::/:::リ
             , ィ ト{八::::/リj/V-、
             {{ | |  `''   | l }}
             {:',|└─‐‐─┘|//
             {ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ / :}




        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.   すまんね、あいつも悪いヤツじゃないんだが、
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,  結構キツいところがあるんだ。
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  じゃあオレたちはこれで行くけど、
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  あんたも気をつけてな。
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |



       ____
     / ノ  \\    ……あ、こっちも見も知らずの人に愚痴って悪かったお。
    / (●)  (●)\   
  / ∪  (__人__)  \  そちらこそ、気をつけて帰ってくれお。
  |      |r┬-|     |
  \      `ー'´   /










       ____
     /      \    ……行ってしまったお。
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  ((●)) ((●))  \  って、もらったはいいけど、これなんだお?
  |     (__人__)  u |  錆びてて汚くて、ただの廃材にしか見ないお……
  \     ` ⌒´     /



        ____
       /::::::::::  u\     そのわりには重くて、裏に取っ手があって……
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\    
    /:::::::::: ( ○)三(○)\   ……!!!?
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
     \::::::::::   ` ⌒´   ,/   これ、ボロいけどひょっとして……
    ノ::::::::::u         \ 







127 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:48:48.41 ID:i119Lnwo

ロトの盾か!?


133 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:54:29.97 ID:x/mAEUEo

>>127
残念ながら、1にロトの盾はないんだ








'"`゙ヾ
,. '"⌒ヾ
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、
     リ        r'"´   ⌒ヽ,
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.  ,;'r'"⌒ヽ,
                 ヽト、;.,、 ,.;'  ,,._;;')
レ'r'"´ `ヾヽ       、;.,_', ,'|l! r'ゞ,,;'     `ヾ
l!./ゞ、 .,.;;'ノ         /⌒ヾi! ,/、;.,.''.,;    , ,. ';
i´ //  ,.、         ;.,、_,.;'')'/ 、.,;''/     ., ;:.')
|/./'".,゙'"         ., ;:' ;.,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;'ハ、
l!/ (⌒;.,;.         ;、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `ヽ
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..;')
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,ヾ
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____ハ
---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: . : .:










        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  なあハルヒ、良かったのか?
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |



                 ィ ‐―- 、__
             ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
            〃 _,':  /-―――-\ ヽ
  〃   ̄ ̄\  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
  |     ヾヽーく<゙{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、
  |       !l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´         ヽ なに、まだ言ってるの?
  l       l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /
  l       l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /       ./  竜王討伐のリスクを考えたら、この程度
   l       k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /  は正当な報酬よ。
   l       ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /   言っとくけど、返す気なんてこれっぽちも
    ヽ       {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./     無いんだからね。
     ヽ       |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /   
       丶       !| |lV j/|>‐<ヘ ヽ{ハ:{     /  
       ~\    i | |l   |ニ二ニ! || !    /        装備や宿代だってタダじゃないんだから、
         | ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´          それぐらいドライに考えなさいよ。
         _| ヘメ  | |l   |   l. || !/   
         l     l ll   |   / /イ           
        |     \\ l{{T}// /
         |       \`jl 〃 /
          !        ヽ!V/  {








                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i  ちげーよ。 あいつにあげたアレの
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|  ことだ。
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!  こだわってる割には、あっさりあげたと
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|  思ってな。
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ   .     j       //ノ     アレ、あの洞窟では一番高価な品
             ヤ. ヽ.       _     ,.イ:/      だったんじゃないのか?
              r<´|.  \    '´‐,‐'  / |/
             !  `丶、.  \      /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |




                  -‐―-  ―- 、
                  /: : : : : : : : : : : : : : : \
             /:./´ 二二_`\`::.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ふん! いくら高価でも、あんな錆びて
              /:.:./.ヤ丁:.:.:.:.:. `\ヘ:.ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.  ボロボロのなんていらないわ。
                /:/:/:.:{:.:.l:.:.:.:.:ヽ:.\:.:.:l:.:..マ¨}\:.:.:.',
           /7:.:l:.:∧:.ト:.:.ヽ:.:.}:.:.:ハ_.l:.:.:.:Yヽ_/:.:.:.:! それこそそんなもの、あのメタボ君に
           ,'ヽl :.:i:.!\ヽ \∧>jム|:.:.:.:.!=く:.:.:.:.:.l お似合いなのよ!
             i:.ijハ:.:ハヘ処ミ 丶` イf::圷 |:.:.:.:.|`ヽヽ:.:|
             |:.| l !:.:.:ハ ゞ'    `ー' l:.:.:.:.|_ノlヽ〉 :|
             |:.Ljヘ ..:八 '_        ,':.:.:.:.:l:.}_j :.:.:.:.l 余計なことをグジグジ言ってると、
             l:.!ヽ:ヽ .:.: \ `     ./ .: /:/:.:.:ノ:l:.:.:l:l あんたもはったおすわよ?
            ヾ 丶\ヾ:.个ー-イ´///イ:.:.:/:.:〃:.:リ
                 ヽ_>∨ヘ:〃^ヽ´ ノ{:.:レ'/`X//
              /l // rく  -/  V zニ二\








         /         ,     ',  、      \
        /      /   /     ',   ',  ヽ ヽ  ヽ
          /  /   i.l   /  l   .|  .l  l   ',  ',.  ',
      ノ  / /  l.l   {  ィ   |  l   }   l  l   ',
    ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_
      { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´
        l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./  へいへい、わかりましたっと。
       } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./
      ノ'" l.ヘ. ト、! '弋赱!~ ,     ' 'T心!_ イ   j l′
            |rヘ lヽ    ´     `     l  / ノ (素直じゃないね、コイツも……)
         ヽヘ l        i           l  /'´
          `l | ',、j      |         j /
           jハ. ヘ      ヽ!       /! /ヽ
            !ヘ ハ、   ,__,...、   /|/` ‐ヽ
             i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
            , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、
           / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ



―――――――――――――――――――――――――――――――




   ∩∩∩    .    ∩∩∩
  .∩_:||_:|_:|        |_:||_:|_:∩
  │ ___  つ      ⊂  ___ │
   ヽ   ノ  ___   ヽ  ノ    バンザーイ!!
  / /  /_ノ  ヽ、_\   ヽ \
  (  く  /( ⌒)  (⌒)\    > )  鉄の盾! ゲットだおおぉぉ!!!!
  \ `/::::::⌒(__人__)⌒:::::\' /
    ヽ|     |r┬-|     |/
      \    | |  |     /


┏ やる夫の装備 ━━┓
┃武器:どうのつるぎ   .┃
┃よろい:かわのふく.   ┃
┃たて:てつのたて     ┃
┗━━━━━━━━━┛

―――――――――――――――――――――――――――――――






136 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:56:58.56 ID:i119Lnwo

>>133
そこを敢えて出すかなー、と思ったww
オリジナル展開もやる夫シリーズの一つの売りではあるし


138 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 00:59:05.51 ID:x/mAEUEo

>>136
にしても、ちょっと早いと思うんだwwwwww




ガライの町 武器屋

:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |:
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |:
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|:
::::::::::::::::|  |;;|         いい男の武器・防具屋          |.|:
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |:
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |:








       ______      
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  お客さん、また来たのか。
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ああそうか、そんなにオレの金が恋しかったんだな?
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|  
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|  いいぜ、オレはノンケだろうと何だろうと、
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i  来るものは拒まず食っちまうぜ……
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | 
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/ 
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |  
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



           ____
          /ノ   ヽ、_\     だから違うって言ってるだおおぉぉ!!
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \  キンは結構ですから、道すがら貯めたゴールドで、鉄の斧と鎖帷子を下さいだお!
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    nnn、  
       \    |ェェェェ|     /     i i.i.ii
        /⌒ヽ   ー‐    ィ、-─,‐─‐/ ヽ-、
        /  、     、    ___; _、r イフ'








          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \        おや? お兄さん随分重装備をご所望にょろ。
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ     全身ゴム装着ならぬ鉄装着で、戦にでも行くのかい?
        |i | 从 ●    ● l小N
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ  純鉄・元素番号Feで武器なんか作ると
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)   錆びるわ重いわ曲がるわ大変なはずにょろ。
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )


       ____
     /      \      (またヘンなのが現れたお……)
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \   いや、これから南か東に行こうと思ってるお。
  |       (__人__)    |  どっちもモンスターが強力らしいから、
   \      ` ⌒´   ,/  せめて武装だけでも強化しとこうって思ってるんだお。








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \    なるほど……
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{     `ヽリ| l │ i|   でも南はかなり危険だからオススメしないにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   行くならまず東に行って、強い武装を得てから
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !   の方が無難にょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |



       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\      しかしそれなら南は
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    さっきみたいな新興冒険者どもに荒らされて
  |    mj |ー'´      |   ない可能性が高いから、南の方がお宝が沢山
  \  〈__ノ       /   ありそうなんだお! 
    ノ  ノ








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   ここから真南にあるドムドーラは、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  組織的なモンスターの軍隊に襲われて
         〃 {_{       リ| l.│ i|  町ごと壊滅してしまったにょろ……。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   そんな恐ろしいところ、とても無理だお。
    / (●)  (●)    \ というかヤツらは1匹ずつしか襲ってこない
    |   (__人__)    u.   |  んじゃなかったのかお?
     \ u.` ⌒´      /   非人道兵器はハーグ条約違反だお。








            ,. -───- 、
             /'´       `ヽ、  それにお兄さん、どうせラダトームの
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、 王様の話で動いてる冒険者にょろ?
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i| それなら余計に東がオススメにょろ。
         レ!小l●    ● 从 | } i|
         ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
     r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
     { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
      "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
           ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||



      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /    ほぅ、そりゃまたどうしてだお?
  \_    <´
    /´     `\
     |       |
     |       |








             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \   実は竜王の部下がラダトームの城を襲った時、
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  姫をさらったモンスターが東に飛んでくのを
         〃 {_{       リ| l.│ i|  見たにょろ。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  | .|ノ│ だから囚われてると噂のローラ姫は、
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , | 東の方で監禁されてる確率が高いにょろ。
          | /⌒l,、 __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |



         ___
       /     \    そ、それは重大な情報だお!!
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  よぅし、やる夫はまず大陸の東を制覇
     |       (__人__)   | して、東方不敗やる夫の名を
      \      |r┬-|  ,/、 アレフガルド中に響かせてやるお!!!
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ        | l




      / ̄ ̄ ̄\ 
    / ─    ─ \   でもこの町、ラダトームよりえらく西にあるのに、
   /  (●)  (●)  \.  なんでそんなものが見えたんだお。
   |    (__人__)    |  あんた視力良すぎだお。
   \    ` ⌒´    /
   /              \








         /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::};.-‐'´ ̄``‐-、:::::::::::ヽ:::::ヽ
       /::::::::::::::i'´ ̄         ヽ:::::::::::i::::::ヽ
        i::::: : :/              ヽ:  i  i
     ,i'...i.......:../                i::::::i:::i::: i   めがっさ残酷な拷問でブタのような
     i::::i:::::::::::i   _        __  |::::i::::|::::i   悲鳴を上げて死ぬのと、
     i::::::|:::ヽ: l'´ ̄    ̄``    '´    ̄ノ:::i::::::!::::i   前言撤回して何事もなかったのように
     i::::::|::::::::ゝヽ                リ:::::::|:::::|   平和な日常を生きるの
      i::::::i:::::::::|   _ 、,      ,, __   !::::::|:::::|   どっちがいいにょろ?
      |:::::|:::::::::l`-r"⌒`‐      ィ"⌒`"`´ i:::::::|i::::|
      !:::::|:::::::::i         '         |:::::::リ::::i
     i'::::::|:::::::::レi      ー──‐      /:::::::|::::::i
     !:::::::|:::::::::|:ヽ                 /i:::::::::!:::::::i
    i'::::::::|:::::::::|::::::\            /::i::::::::::i:::::::::i
   i:::::::::::|:::::::::i:::::::|:::`>、       , ィ´:::::::|:::::::::i:::::::::::i
   i'::::::::::::|::::::::::i::::::|/ i| ``丶、 ,. '´ | ! \i:::::::::!:::::::::::::i
  i_,.-‐‐i:::::::::::i| ̄   i        i   i::::::::::ト-----i、、
/ ̄ ̄ ̄~|::::::::::::i    i       /   i:::::::::::i======ヽ、



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   なんのことだお?
        |      (__人__)     |   やる夫は姫の話を聞いたところから
         \     ` ⌒´    ,/   何も発言していないお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |  (あの目は本気だお……)
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |








       ______      
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  で、お兄さん。ご所望はオレの斧の刃のように反った
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|  イチモツと、鎖でのプレイだったかい?
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|  いいぜ、オレはノンケだろうと何だろうと、
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i  言われれば誰だって食っちまう男だからな。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | 
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/ 
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |  
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



           ____
          /ノ   ヽ、_\     だからそんな事は一言も言ってないだおおぉぉ!!
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \  いいから早く、鉄の斧と鎖帷子をくださいだお!
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |    nnn、
       \    |ェェェェ|     /     i i.i.ii
        /⌒ヽ   ー‐    ィ、-─,‐─‐/ ヽ-、
        /  、     、    ___; _、r イフ'








┏ やる夫の装備 ━━┓
┃武器:てつのおの    ┃
┃よろい:くさりかたびら ┃
┃たて:てつのたて     ┃
┗━━━━━━━━━┛



                        ⌒⌒
             _,,,...:-‐‐=-.'.:,丶        ⌒⌒ カァカァ
 .           ,r'";; ;;      ;;\,,.....,
          ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; , ;;; ;;;,`'::,、           .................
        ,:r';;; ;; ,;;; ;;      ;;    ;; ;;; ,;; `':,、    ........::::::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.........
      ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  ;; ,, ;;, ;;`';;、_:::::::::::::::;;:''      ''';;;:::::::::::::::
    ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''';‐-,, ,,      ;;, ;;`';;、_:::;;;''        '';;- ''""
  ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  ′,, -‐- ,... ...--‐‐''''"
 ,r'  ,,,,;;;;;       " ''''‐   ...:;;;             /'       ̄
   "'' -‐‐‐-,..,,.,,,,;;;;;  ;"'.,      , ;,        ノ''         .,,._.
;;;;;;,,,   ,,,,;;;;;            ;::      ,, ;;,  ....゛゛;;;;;;:::;:
  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;  ;;;;;;;;;,;;;;;;;,,,,,,,::;
 ;;;;;;; ;;;,,; ;;;; ;;;;; ;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,
WWWwwwjij,,.、,iijiiywiijiiyyviiijwiijijywWwwiiyviiijwiij..,..viiijwiijijywWw,.,,.wywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','








ガライの町 宿屋


        / ̄ ̄ ̄ \
      /  ―   ― \       とりあえずローラ姫の事は重要な情報だお。
  __ /   ( ●)  (●) \      行き当たりばったりだったやる夫の旅に、初めて
   ( |      (__人__)    |      方向性が見えたんだお。
  \ヽ\__  `ー ´__/ \    
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ   明日は、北東にあるという
     ヽ               \        マイラの村を目指してみるお。
      \               \


        / ̄ ̄ ̄ \
      /  ―   ― \ zzz
  __ /   ( ー)  (ー) \
   ( |      (__人__)    |
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \








翌日 ガライの町の宿屋

          ______   
        /:υ::─ニjjニ─ヾ   それは美少女フィギュアじゃなくて
      /:::li|.:( ○)三 ( ○)\  邪心像なんだおおおぉぉぉ―――!!
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i| 
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\   ガバッ!
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ 
      ヽ       ,.-―- 、   \  
       ヽ     /::::::::::::::::::ヽ    \



           ____
         /      \     
       / ─    ─ \   
      / U (●)  (●)   \ ……って、また夢だったかお。
      |      (__人__)    |  何か投資が失敗だった、嫌な過去を思い出してしまった気が
      \____` ⌒´__ /   するけど、良く思い出せないんだお。
      /: : : : : : l\  /j: : ::ヽ     
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\ 
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ 
      ヽ       ,.-―- 、   \  
       ヽ     /::::::::::::::::::ヽ    \






149 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:10:21.67 ID:u7Lnqyoo
>>146
   美
  心

うん、邪神像だ


155 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:13:59.96 ID:x/mAEUEo

>>149
無理に立て読みすなwwwwwwwwww





ラダトーム北北東の山林

                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
 .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .
    .,.:   ,..:..    .,.:,..:.   ... , ..   ...   ,.:,.   .:..    .,.:,..:..    .,.:,.    .,.   :,..:..
.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:, 
   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..
    ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:.. 
  ...             .,.:,..:..                  .,.:,           ..:..
,,       .,.:,           ..         ..            .,.            ,..

''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''








         / ̄ ̄ ̄\       再うpをし~てあ~げ~よ~
       / ─    ─ \     キミだけに~♪
      /U (●)  (●) ヽ   
      |    (__人__)    |   ……って、もうすぐマイラの村のはずなのに、
      \   ` ⌒´  __,/   全然到着する気配が無いお……。
       >       <     
     ( |        / )    思ったよりモンスターが弱いおかげと
      `|       /'     薬草負債の消化でMP節約できてるから
         |   r  /       大丈夫だけど、いいかげん不安に
       ヽ  ヽ/        なってきたお……
        >__ノ;:::......



      ______.      ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  (●)  │   ・
. | (●)   ⌒) /
. |   (__ノ ̄ /     って、アレ? 遠くに何か見えてきたけど、
  \_    <´    あれは村というより……
    /´     `\
     |       |
     |       |








雨のほこら


            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!  こんなところに人が来るのは珍しい。
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |  
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !' 
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/   
         l.ト、|..\        /.!: / |'  
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ



       ____
     /      \    あ、ども。
   / ─    ─ \   
  /   (●)  (●)   \ なんかマイラの村ってえらく狭いんだお。
  |      (__人__)    | 石作りの地下があるだけで、人なんか全然
  \     ` ⌒´     /  いないって、どんな村だお。








              _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    それは貴方の勘違い。
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\  ここはマイラの村ではなく
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ 雨のほこら。
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|   マイラの村は海をはさんで
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ   対岸にあり、おそらくあなたは
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′   道に迷った。
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′     これはすごい確率。
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、       なので貴方は稀代の方向音痴
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧      の称号を受ける資格がある。
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.



         ____
        /ノ   ヽ、_\
      /( ○)}liil{(○)\    いきなり酷い言われようだお!!
     /    (__人__)   \ 
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   | つーかそれならここはいったい何のために
     \    |ェェェェ|    ./  存在する場所なんだお!!
     /     `ー'    .\









           /.:.:.         \
              /:,:.:.:  /   ヽ    \
          /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
            /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
        /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }  ここは勇者ロトの意思を守り、
         N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j  その秘宝を代々守ってきた賢者の祠。
          ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                `ヘ:ゝ    .'    小/    私もその宝を守り、受けついできた
                  ヾ:{>、 _ ィ<}/|/     賢者の子孫。
           _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
         /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ    いつの日か現れるであろう勇者の
          /  | l:l   l     l   l::l l    意思を次ぐ者のため、待ち続ける
           l  ヽハ    l    l  //  |    のが私の使命。
        ハ  ヾヽ  l   l  // l l
          | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|    だからここは、貴方にとって必要な
         ノ  \|  `ト,\V/|   │ 、|    場所ではない。
        {/ ̄>‐ァ、  j__≧i≦ !,ィ彡三>ヽ    即時退去を勧める。
       j  /{ `ヘ三三三ミ=彡<_/  }
       {   >ー‐'"ト-- (^ー'⌒ 〉 __ノ




      ____
    /      \    え……それってもしかして……
   / ─    ─ \
 /  ( ●)  (●)  \
 |      (__人__)     |
 \     ` ⌒´    /









    ||||| |||              ||||| ||
    ||||| |||  / / ̄ ̄ ̄ヽ   ||||| ||   「ラダトームから見える魔の島に渡るには、三つのものが必要だった。
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||   
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||   その三つの神秘なるものを三人の賢者に託す。
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||   
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||   彼らの子孫がそれらを守ってゆくだろう。
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||   三人の賢者は、この地のどこかでそなたの来るのを待っていることだろう」
    ||||| |||  | ||.       ||   ||||| ||
 ̄ ̄||||| ||| ̄ ̄ ̄ ̄\\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\
    ||||| |||        \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄l\\
    ||||| |||         \\ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄|\\

あのロトの洞窟の石碑にあった……





          ____
        /      \
       / ─    ─ \   
     /   (●)  (●)  \ ……あ、あの……
     |      (__人__)     |  
      \     ` ⌒´    ,/  ……ちょっとすいませんだお。
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



       ____
     /      \     実はこのやる夫……
   / ─    ─ \   こう見えてロトの子孫だったりするんだお。
  / U (●)  (●)   \ 
  |      (__人__)    |  もし良かったら、そのお宝を
  \     ` ⌒´     /   頂きたいんだお……










.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ
            ヽヽ|:.:.:. \l. _ヽ辷_リ           ゞ 辷='  l.:.:.:.:. / ∧/    …………。
            /::/ l:.:.:.:.: 小          ,           ,'.:.:.:.:./ /
              /::/  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、 /::/__,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       -        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐'´        |
       /::/  ̄      `ー‐一ヘ__jレ∧  \   ,,-‐'´             |
        /::/               / ∧ ヽ   >ー'´            │










          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、       詐欺行為を行う気があるなら、
      /'               \      もう少し説得力があるウソを
     ,;'                  ヽ    用意した方がいい。
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ  手口が巧妙で悪質化している
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1 このご時世に、あなたの計画は
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ| あまりに短絡で古典的。
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /       詐欺師としての才能は
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./      3流以下であると言わざるえない。
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/        そんなことではオレオレ詐欺も
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i         できないと予想される。
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶




       ____ 
     /ノ   ヽ、_\    なんか予測ついたとはいえ、毛ほども信じちゃくれねぇお!!!
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \ つーか、速攻で詐欺師よばわりされたお!!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



         ____
        /ノ   ヽ、_\     信じてくれお!!
      /( ○)}liil{(○)\    
     /    (__人__)   \  確かに見た目はヒキニートLV50ぐらいで、
     |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  働く気もないのに役場でゴネて失業保険もらって
     \    |ェェェェ|    ./l!|  その金でエロゲ買ったりしたこともあったけど、
     /     `ー'    .\ |i   これだけはウソじゃないお!!
   /          ヽ !l ヽi   最近は学研ひみつシリーズ読んで、ホイミだって使えるようになったお!
   (   丶- 、       しE |そ 
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl









          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ   ならばそう信じるに足る根拠が必要。
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l   保障が無くば、こちらも要求には応じられない。
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1 本当にロトの子孫ならば、アレを持っているはず。
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
     ,f´l. |    「 _, - 、._j    / / ス
   / l. ', ',     「_,. -- ..」    / / / ',
   !  ヽヽ ヽ    |    |   / / /  l



       ____
     /      \     
   / ─    ─ \   アレって、何だお?
  / U (●)  (●)   \ 
  |      (__人__)    | やる夫が持ってるものなんて、今のめちゃくちゃ重い全身鉄装備と
  \     ` ⌒´     /  大量の薬草以外は、実家のエロゲーコレクションしか無いんだお。








          , -=―=―- 、 _
       〃⌒>'´  /    丶`ニ=‐'
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ  吟遊詩人ガライが残したと言う、竪琴。
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j それと引き換えがこちらの条件。
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{   それ以外はいかなる手段であれ
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ  本件は了承できない。
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,  もちろん金銭による交換などは
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/  一切応じられない。
       r=<    V三|:::::::::| |/:/
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|




     ____
   /      \    (ビルマ製じゃだめなのかお?)
  /  \   ,_\    
/    (●)゛ (●) \  わかったお。つまりやる夫がそれを持ってくることが
|  ∪   (__人__)    |  できれば、やる夫をロトの子孫だと認めてくれて、
/     ∩ノ ⊃  /   ついでにその秘宝ももらえるという事かお?
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /  









   /:::/::::/::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::  そう解釈してもらっても問題はない。
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::  ではこの話はこれで終わりとする。
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::  これ以上交渉条件が変化することは
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i  ないので、論議は時間を浪費する
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l  だけ。
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙   ……では。
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;




      ____
    /      \
   / ─    ─ \  了解だお。
 /  ( ●)  (●)  \
 |      (__人__)     | (これ以上話してもムダっぽいお……)
 \     ` ⌒´    /








                                       ノト     |
                                      彳ミ    ノiミ
                       __,,.. .-‐ '''""~~""''' ‐-彡彡ミ .彡ミ..,,____
                  _,..-'''"              彡彡ミミ 彡;;;ミミ    ̄ ~~""''
         __,,.. .-‐ '''""~                  彡彡ミミミミ彡彡ミミミ ____,,.. .-
__,,.. .-‐ '''""~""''' ‐- ...,,____,,.. .-‐ '''""~''''''''''''''''''''''''~""''' ‐-、_ii|__,,.. .-‐''""~
  .,.:,..:..   .,. :,..:.. ,.:,..:..  .... :.:.:...:::. ....  .,.:,..:..   .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,. .,.:,..:..  .,.:,..:..   .,.:,..:..
 .,.:,..:..  .,.:,..:..  .,.:,..:.. ... ... ,.:.:.:...:::.. .    .,.:,.   .:..   .,.:,..:..   .,.: .,.:,..:..  .,.  :,..:..   .
    .,.:   ,..:..    .,.:,..:.   ... , ..   ...   ,.:,.   .:..    .,.:,..:..    .,.:,.    .,.   :,..:..
.,.:,    ..    ..      .,.   :,..:..     ,..   ,.:,..:..      .,.:,..:..    .,.:,..:..     .,.:, 
   .,.:,.        .:.,... ,..         ;;,.. ,..        .,.:,      ..:..      .,.:,..:..
    ... ,...              ... ,..   .     .,.:,..:..          .,.        :,..:.. 
  ...             .,.:,..:..                  .,.:,           ..:..
,,       .,.:,           ..         ..            .,.            ,..

''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''""''''



     ____
   /      \   
  /  \   ,_\     なんか冷たい感じの姉ちゃんだったお。まるで情報総合思念体
/    (─)  (─) \   によって造られた対有機生命体コンタクト用のヒューマノイド
|  ∪   (__人__)    |   インターフェースみたいだったお。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    …………しかしあそこまで頑なということは、いったいどういう
.\ “  /__|  |    ことかお?
  \ /___ /  








     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-  
  /( ●)  (●)\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\   
|      `ー'´     |   つまりそれほどそのお宝がすごいものって事なんだお!
/     ∩ノ ⊃  /     それはつまり……
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /



            ____
  +        ./ /  \\
        / (●)  (●)\        相当過激なエロコレクションのはずだお。
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \      ボンキュッボン? それとも炉? それとも……
      |      `-=ニ=-      | ハァ   どちらにせよ期待は膨らむんだお。
      \      `ー'´      / +    
      /     ∩ノ ⊃  /       やる夫のご先祖様だから、まさか期待を
      (  \ / _ノ |  |        裏切って3Dってことは無いと思うお。
      .\ “  /__|  |        唯一の不安は熟女系かもしれないっていう
       . \ /___ /        ことぐらいかお?



       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\    うおおおぉぉぉっし!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   これは気合を入れていくおおぉぉ!!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  








マイラの村

_,..、-''"~""''';,‐-..,
          `゙''ー-、,__,,..-‐''"'''- ._,,..-‐''~"~"'''''‐-
      ,__,,...-‐ '''""      , -'"          ``丶、.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''.:i;;:;: :::∧二ヽ;;:;:.∧二ヽ;;:i;;:;:..
           ...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:.il.::::::::::l:ll=lll:::::::l:::l:::::::l::.:il::.:....
              ...::..:..:..::::..:..::.:..幵幵幵||:::.:||幵幵幵幵幵:::..:...
                       ', "゙
                   _,,.-‐''"_,,゙
           __,,.. .-‐'''""~ ,,.. '''
       _,,.-‐''"     _,,.. '
             ┌─┴┴─┐
             │マ   ラ村│
             └─┬┬─┘
                 ││
             入 "''゙"''゙"
                






        ____
        /     \  
     /   ─  ─ \   やっぱり全身鉄装備で歩き回るのは
   /U  ( ―)  (―) \  疲れるんだお。
    |      (__人__)   |  
   \      | |    /  いいかげんもう少し軽い武装でも
    /          \  手に入れたいところだお。
    (  |          |  )   








マイラの村 武器屋


          z-へ へ へー-           
        ノ ̄i┴   /- // \       
      < /  i   V/l \\l         
      / /  / / l  l     \ゝ     
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\     ようこそ武器屋モスクワへ。
   /  l / l l 彳\V/丿( ヽ\ \     
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト    ひやかしなら粛清だ。
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉   
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/      
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /         
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l        
    / l、≡三イ    l      7 イ l l  
    / l ヾ ミ》   .- ・    /l  l  l
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l      
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\     
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳 
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥  
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\∥
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ∥
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》  



          ____
       / ノ  \\       (な、なんかえらく迫力ある店員さんなんだお)
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        あ、あの、じゃあ売ってるものを見せて
    |      ` ⌒´    |         欲しいんだお。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /








┏━━━━━━━━━━━┓
┃どうのつるぎ    180G. ┃
┃てつのおの     560G ┃
┃てつのよろい   1000G. ┃
┃はがねのよろい 3000G  ┃
┃かわのたて     90G  ┃
┗━━━━━━━━━━━┛


       ____
     /⌒  ⌒\    お! 鋼の鎧があるんだお!
   /( ●)  (●)\  これなら今の鎖帷子より僅かな重量増加程度で、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 防御力は格段に上がるんだお!!
  |     |r┬-|     |  ちょっと高いけど、鎖帷子を下取りに出せば
  \      `ー'´   / ギリギリ買えるんだお。








         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i  お前のような資本主義のブタは、
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `  鉄の鎧を買いなさい。
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i    もちろんお願いじゃないの、命令。
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `   ‘/イi イ /
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



        ____
       /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
      o゚(( )) (( ))゚o          ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
   \   。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
        イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・



          ____
       / ノ  \\            か、勘弁して下さいですお。
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        ただですら鉄装備で肩こりが酷いのに、
    |      ` ⌒´    |         これ以上の重量増加はやる夫の足腰に
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  致命的な損傷を与えるんですお。
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   というか単身フル甲冑装備で歩き旅・山越えとか
 |    l  |     ノ  /  )  /    普通に考えたら、それ自体がバカの所業ですお。
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /      そんなものはハンニバルやる夫だけにさせて下さいお。









                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ      ほう、我々を敵に回すというのか。
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ     いいだろう。我が武器屋モスクワは
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ    全力を持って貴様を排除する。
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::



       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \    
  /     (__人__)   \   ぜひ、鉄の鎧を買わせて頂きます。
  |   u.   `Y⌒y'´     |  
   \      ゛ー ′  ,/   
    /      ー‐    ィ








マイラの村 中心部



┏ やる夫の装備 ━━┓
┃武器:てつのおの    ┃
┃よろい:てつのよろい ┃
┃たて:てつのたて     ┃
┗━━━━━━━━━┛


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\   か、肩こりに鉄の鎧は効くんだお。
     /    。<一>:::::<ー>。 
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  このままだとやる夫は竜王討伐の前に
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  肉体疲労で死んでしまうんだお……
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.








         /
     イ  //  _ - ―――--、
    / | / //            `ヽ、
    | V   "                `ヽ
    l                           \
   _ゝ                       \
  /                      lヾ゛  l ̄
∠イ/        /l  ハ ト、 |\ト、 ト ,h ト トlゝ
  /   /  /イ / | / ヽ| \|   ヽ| ヽ|V゛ |
 / ,イ /| /  レ'  |/ 、     ,ィ'´二二ニミ l三|
 |//  V ,-――----ュ   く∠-‐´―-、   |ヾ,|  おや、お兄さん、こんな道端でどうしたい?
    | ,、彡''¨ ̄二二 ̄    ====z _   | /l|
    | /ヽヽ  / ̄`ヽ      ヽ、   `  l> /
    V  |ヾ} "        |       ̄  /l ,/  見れば随分苦しそうだが、体調でも悪いのかい?
      ヽl          |         |  |イ
       ヽ\,       |         |  l |
        `l ヽ    ヽ  ‐   ヽ  ! j |
         l ! / _ -―― ̄l j   / .!
          \ ヽ ヽ r'´ ̄ ̄`ノ   イ   |
          |i \  `ー― ‐´  // ノ ヽ
          ハ,  \______,/ .//   |
          | `\ー---------‐ フ  ,ヘ /
            l ト、 `ー-、__ _/ // /
          ヘ ヽ \    ./  ̄ヽ  V  /
           ヘ ` ┘   /      ヽ   /
            ヘ     /      ヽ ,/



       ____ 
     /ノ   ヽ、_\     ぜ、全身筋肉痛で死にそうなんですお……。
   /( ○)}liil{(○)\    この村にいい整体師かマッサージ師は
  /    (__人__)   \  いないですかお……。
  |                 |
  \             /









           __
        /l/ /-―――- 、
      li  // /         `ヽ
      | V                \
     _ゝ                  ヽ
    /                    ヽ_
  ∠,イ                   ト'゛
    /  /   ,イ ∧ト ト, ト ト, i iヽ |    なんだい、それならこの村は最適じゃないか。
    /  /l // |/ リ ヽl ヽj _リVl彡.|    村の北にある温泉には行ったのかい?
    //l  |/       _,-二―‐" lh ,〉   疲れを取るには風呂に入るのが一番さ。
      V' l z二二ニく   ̄,-┬ァ    リ_/
        {l  ー‐'     `二´  / .j l
        ヽ     |         | | |ヽ   あ、でも今日は混浴日だから、男性入浴日
           l\    |         | ノ / l   まで待った方が……
         ヽ !  / ヽ ‐  \  //  l
          \ ヽ に二二ノ //   j
            l\`     //  /    ……って、あれ? すごい勢いで消えちまった。
            l∧ `== ´イ rヘ /     まあ、観光客ならしゃぁねぇのか。 可哀想に……
            V  /⌒\   V /
            l  ハ__/ \  /
             V ! l jヽ / ヽ/
                |  |









マイラの村 温泉場


                     _____  
           r⌒ヽ、   .  /  ⌒三\
          / \  \. / ( ○)三(○)    混浴!! 混浴!! こんよくうううぅぅぅ―――っ!!
         _/ / ヽ   /  :::::⌒(__人__)::\  
        〈__/  . |  |       |r┬-|   |  やる夫の求めたパラダイスが今ここに!
             /  .\     i⌒\   /  
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/   ビバ温泉!! 人類の生み出した文化の極みだおぉ!!
        .__   r  /     |/ー、\   \ 
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./   
         .ヽ、_./ ./  /    
             ./ /      
           .ノ.^/   ダッ


             ___  ___
          r⌒η::::;;;:::'/  ⌒三\⌒)
         /\ \::/  ( ○)三(○)\     バスタオルかかえて、
        /::::::::: :.\ \ :::::⌒(__人__)::\ ヽ, 
        /:::::::::: ::::. |\ .\   |r┬-|   | .i   突撃だおおおおおおぉぉぉ―――っつ!!!
       ノ:::::::::::::;;:::::..\\  .\  `ー'´  / .ノ
     /:::::::: ::::::: ;:::::::::... ̄\ ヽ       /::|   
__ /:::::::::::::::: ::::: ::::::: r⌒ヽ::::\   ・ .  ・i :::::ノ
ヽ;;:::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::: |    \ )      .| ::/   
 ノ::::: :::::::::::: ::::::::::: ::::::::: |   .i  \.       i /
/::::;;:; ::::::::: ;::::::::::::: :::::::::: |   .i    ヽ.  .  _i
⌒ヽ,::;;;;:::::::; :::::::::::: ::::::::: |  .ノ\     .∩ 
     ̄ヽ,; ::::::::: ::::::::::..|  ./..::::: ヽ、__ (::::)..::) ノ
       \::::::::: ::;:::::: | /..::;;:::::: /    /
        ⌒⌒\: / /..:::::;:::: /   /
            (_/..:::::::::: /  /
               ̄ ̄./ /
               / ./
              /./
             / /
            |_/

        //

    、ハ/|,,、 







             /,. -____、       、:.:.:. 
            /,.イ:.7:/ |/ ヽ、r-、     |ヽ 
            /:./::Vレ仁ヽ  ,==≒、|\` 、 !  
            ヽト、.:|ヽゞィj__  行テト、Ⅵ≫、 〈   /     おや? こりゃまた貧相なチェリーボーイが
              _| └ナ‐<ヽ `¨´ /⌒ルイ. /      来たもんだねぇ。
      / ̄ ̄`ー/∧  ヽ  ~'   //レ'/   /
      /  _ -―/´   ヽ`ヾ==‐ァ   》=' /   /
    // ̄   / -、  ハ ` こ´  ,〃/ ./  ∧
  /     /    ヽ  ∧___ // /  / `ー-- 、
../  /   / ,.     \     /  /  /      \
'   /   /        `ー',. -――/  /        ヽ
  ∠   /                /__. /             '.
/     ,'           i  /  r'´_,.-、\  ト、__ _
 __,. イ/::7         / /   _「_,. -‐  \     、___ ̄
く´ `ヽ |:::└┐        / /   〈 _,. ‐     `ー-、__ `
 ヽ  ! \r ┘     / |    〔 r--、            `
  `` ヽ  >┬―<⌒ヽ !   「:冫  ト、__,.__
、     \ /ト、ヽ   |  \「 ̄::/   /  / /`ー 、  、_
 `` 、     /   ! `ー ト、  `ー/  / イ/´ノ    ヽ_
    冫 /    ヽ.   '. `ー- /_   / /,.イ         ̄
    |  /      | ̄ ̄ヽ   〈⌒ヽ/_ア´  !
    ハ /     ` !   | `ーへ___}リ' /    ヽ
    { ム|       \  !    /´ /      ハ
     ̄|       \'.` 、_/ /      '.|
      | |       \ r┐ !          ヽ!
        | |      |   \Lj /   i       ヽ.
      ! l     | ,.    |               |
      ヽ.!     |     !    i          |
          ト、     !    /ヽ.    |        i |
        !|    /  イ〔  !    |         | |
         ヽ、  〃   ,.〈 |  ヽ   |        ! |
            |ヽ、    !  ヽ   \ |        '. !
         |          |     ヽ!        V



        ____
        /     \         ━━┓┃┃
     /:::::::─三三─\           ┃   ━━━━━━━━
   /::::::::: ( ○)三(○)\         ┃               ┃┃┃
    |   、" ゙)(__人__)ル ゚。 ゚                                ┛
   \      ゝ'゚      ≦ 三
   /     。≧       三 =
         -ァ,       ≧=
         イレ,、       >
          ≦`Vヾ  ヾ ≧ 









     /--─┐ ┌┐ ┌───-\
    / 二二二 [__ __] 二二二二二ヽ
    /,--──┘ └┘ └───----|
   〔______________〕  どうしたチェリーボーイ?
    l;;;;;;;リ-l||━━、 (;;(━━ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
   l;;;;;リ |l ___   ν __ `ヽ;;;;;;;;;;;;リ   遠慮せずにどーんと来い!!
   ヽ|^l| γl´L,l` }   '´ ̄`ヾ |lへ;;;リ   裸の付き合いっていうのは
    |l |" ´ ̄   ,l     "" |  )    いいもんだぞ?
     l、|l    ⊂□⊃        ||ノ
      l||      ( 、         /|l
     |||ヽ   ,ー----一,`   / |||
      ||| \  ヽニニニニノ  / |||
      |||  |\  ⌒   ,/ |   |||
   ---|||-─|   \__/  トー|||─-、
      ||| ヽ                 |||



          ____
       / ノ  \\       す、すいませんだお! 入浴日を間違えただお!!
      /( ○)三(○)\
    / ∪  (__人__)  \        やる夫が悪うござんした。
    |      ` ⌒´    |         今すぐ撤退致します。キャンセルです。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   無かったことです。
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/   
 |    l  |     ノ  /  )  /  (あ、兄貴だお。一応生物学上は女性っぽいけど、
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /    この人絶対にアニキなんだお。 つーか
  ヽ __     /   /   /       なんでこの人、風呂でメット被ってるんだお?)









      / / / //| |\川 | |
     巛|/_ |/   ||_\ |∩/^/~/丶
      | //━━  ━━ | | く くく く  |
      | | γ工   工エ | | \ し  |   何言ってんだお前?
      ∫| # ⊂□⊃ # |ノ)| | |   | 
      | |   く 、    || | |  | 丶 |  よし、ならばあたしが風呂の入り方ってのを
      | | |   ー─~ /| | || ||||||||||||  教えてやらぁ!
       | | \  ⌒   / | |   |    |
      | | | \__/ | |    |     |  ……って、なんだよ。
      | |       |/    |     |  お前のチンチン剥けてねぇじゃねぇか。
       |/ | |   ′/ \⌒ |      |
 /⌒ ̄ 川 _ \  ノ__川    |      |  ま、あたしはそんなのかまいやしないがね。
/  丶 /  |    v     | 人  |     | |  さぁ、覚悟しな!! 
     /  |        |  |人  |      |
    |    \      /  | 人 \  /
    |      \ )( /    | / ̄ ー
   V         ̄ ̄      | |
   |    〃    | |   〃   ||
   |         ノ        ノ|


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\     ヒイイィィィッ!!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   | 
       \    |ェェェェ|     /








               _,,-i、
              _,,―''"`  ゙l,                        __
        _,,-‐'″      ゙l、                         /| `゙'''ー-、
    ,,,,-‐"`         _   |、                     ,i´l゙     .l゙
 .,,-''"`       _,/"|   ,li、                       丿 .l゙     ,l゙
..〔       _,,,-'"゛  .|   ,"|、                     ,/  │    │
 `ヽ   .,,-'"` ,,,-, ,l゙   │ ゙l、                 ,/   ,|    ,i´
   ヽ ,/  ./′ ゙ッ′  丿  .゙l                 ,/   ,l゜   │
    ゙'ヽ、   ヽ      .,/_,,,,,,,,-←i、  ,,-‐i、         丿    l゙    ,l゙
     `'-,、  ゙i、   .,,/` ゙l  |  .゙l  ゙l  ゙l .,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ィニ,,,,,,,、 .|   ./
       `'-、 ゙l   ゙レ、 ゙l  .゙l  .゙l  |  .| .l゙゙l             |  .|   │
         `''-|    | \ │ .゙l  ゙l .|  .l .| ,←―――――-r",,-“',,,Z″
          /    |  `'i、l,--←'''''゙l /  .l│l゙        ,,-ンシ广゛ l゙
         丿    .|   ゙'ミヽ.__,,,,-'"  .,iト|│      ,,/ンシ'゛ .l゙   .|
           ,i´    /     `!|、    ,l゙l゙|.l゙     ,,r'/シ'".,,/゙~゙゙二''"
         `'ヽ,、 .,/       ゙゙l,_,,,,-''"` ||,l゙    .,,/゙lソ'゙,,-'"_,,,-‐'″
           `'ヘ-,,,、      `'i、   ,lリ   .,,,ji!'彡‐,ン‐'"
               `゙''ー-_   `ヽ  .l|" ,,,il|リニン''″
                   `゙'''ー-,,,,\ ,リ,,,終゙‐'゛
                        `゙'"゙'゙″







175 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:35:37.27 ID:e/r/FLEo

THEガッツwwwww



179 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:38:57.63 ID:x/mAEUEo

何この温泉でガッツ!wwwwwwwwww






マイラの村 温泉場の前


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\   や、やる夫は……何か大切なものを
     /    。<一>:::::<ー>。  失ってしまった気がするんだお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j  
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜  こんなことでは1435人の脳内嫁に申し訳が
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。  立たないんだお……。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.









         ____      ┏━┓
       /      \      ┏┛
      /   ─   ─\     ・
    /    ( ●)  (●)\   
    |        (__人__)   |   って、あれ?
    \      ` ⌒´   /   足元に何か落ちてるお……。
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。 
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.




     ____  
   /      \     _
  /  ─    ─\    .||
/    (●)  (●) \  .||  笛……かお?
|       (__人__)    |  ||
/     ∩ノ ⊃  //   ∈⌒
(  \ / _ノ    \/ ∪∈ノ 
.\ “  /  . \ “   ||
  \ /      /\/



     ____       ヽ v /
   /⌒  ⌒\     -(m)-  
  //・\ ./・\\       ≡
/::::::⌒(__人__)⌒:::::\    そうだお! 
|      `ー'´     |   どうせ持ち主が誰かなんてわからないお!
/     ∩ノ ⊃  /     店に売っぱらって、路銀の足しにするお!
(  \ / _ノ |  |     
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /








                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ      ほう、貴様はこんな小汚い笛が
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉     私の店で金銭の対価になるとでも?
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ     
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ    私も随分と舐められたものだな。
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::




                        
            / ⌒`"⌒`ヽ、     
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\     いえ、めっそうもございませんだお。
          /,//::         \   
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ これはやる夫流のジョークだから
       /  /、:::::...           /ヽ_ \  聞き流して欲しいんだお。
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  ) 
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─" 






180 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:39:10.38 ID:u7Lnqyoo

この人のご先祖様が王者の剣を鍛えたのか







マイラの村 宿屋

        / ̄ ̄ ̄\
      / ─   ─ \       なんかこの村ではロクな目に合わなかった
  __ / U‐=・=‐ ‐=・=  \      気がするお。
   ( |      (__人__)    |      
  \ヽ\    ` ⌒´    / \    とりあえず明日は南の島に渡れるという
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ   洞窟を目指してみるんだお。
     ヽ               \
      \               \


        / ̄ ̄ ̄ \
      /  ―   ― \ zzz
  __ /   ( ー)  (ー) \
   ( |      (__人__)    |
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \






182 名前:1 ◆tuVj34JU5s[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:43:06.92 ID:Hikdd7Y0

本日はここまでにします。
ちょっと後の展開考えた流れで、今回は笑い分が少ない感じがありましたが……

次の投下はまた明日の同じぐらいの時間に予定。なんとか聖なるほこらぐらいまではと考えています。
ただ姫救助は帰りのルートでを考えてるんで、打ち切りポイント突破はその後かとww
よろしければお付き合い下さい。

しかし何かえらく鯖が重く投下に時間がかかり、投下失敗が多いのですが、パー速はこんなもんなんですかねぇ?
そんなわけで、最後にまとめてレス


>>93
オリジナルのメッセージも追記以外はこんな感じなんでw

>>100
ファミコン版ですw(嘘

>>112
呪いのベルトネタも考えたんですが、オチが他のやる夫DQとかぶってたんで止めましたw

>>136
さすがに早いですw でも実は伏線だったりしますが……




183 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:47:56.85 ID:VOCvbJIo

おつかれー!
今日は人気作品の投下日が被ったから重いんだと思う。
毎日やっても大丈夫なの?無理しない程度に頑張って!
ずっとこっちみんなって思ってたファミコン版でも良かったぜww
南に行ってかげのきしに殴られなかったかww



184 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:48:38.81 ID:x/mAEUEo

おつかれちゃん!

>>182
それはわかってるwwwwww
実際ゲームやってた時も同じ事を感じてて言ってみたかったんだwwwwww



185 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:55:22.93 ID:bwt5xDQo

乙!



186 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:57:50.39 ID:g8DMl6so



DQ1はいまだに戦士の指輪の存在意義がわからん・・・



187 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 01:59:51.94 ID:i119Lnwo

乙です!



188 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 02:00:45.25 ID:0/hrFz2o

乙です。
次回も楽しみにしてますね



189 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 07:23:20.55 ID:Ivxf7RIo

乙!
土日の夜はパー速全体の利用者が多いからどうしても重くなるよね



190 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 11:53:58.55 ID:hDrVRn.o

お疲れ様でしたw

ガッツワロタwww



191 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 12:08:13.69 ID:Uq7LnH.o

>>1には専用ブラウザの導入を勧める



192 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 13:17:36.44 ID:VjCdGFoo

でも相手がアレとはいえ、このやる夫は童貞卒業したんだな



193 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 20:10:42.53 ID:3lkDYp.o

純度100%のFeは錆びない。めっっっちゃ固い。
でも加工も出来ない。



194 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/08(日) 21:21:04.89 ID:erfWADUo

>>193
アショカピラー乙





関連記事
| 15:55 |コメント(10)
カテゴリー:やる夫がアレフガルドに立つようです(最終回保管済)

|

<< やる夫系AA紙芝居 ドグラ・マグラ 第二話 | HOME | やる夫予告編集 地獄編 その25 >>

■御感想or寝言

2387 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/13(金) 16:35:50 ID:-

おタカさん、だったか……
妙なネタを選ぶ>>1だなw


2417 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/13(金) 22:47:26 ID:-

なんて不幸な主人公だwwww


2437 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/14(土) 03:22:26 ID:-

鉄って鋼より重いの?


2627 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/17(火) 04:50:13 ID:-

鉄よりも鋼鉄のほうが強度があるからその分薄くなってて軽い、とかじゃないか?


2696 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/03/18(水) 00:46:03 ID:/zhZ17pU

つーか、おタカさんは外見と行動がナイスガイすぎてあれだが、
ベッドテクは下手な風俗嬢の比じゃないとおもうのでむしろラッキーか?


9644 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/05/23(土) 02:29:46 ID:-

THEガッツのAAある事に吹いたwww


11835 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/16(火) 23:32:03 ID:auwPJQKs

この人のやる夫はえらくかわいいな
テンポいいし好きだ


12541 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/06/27(土) 15:03:03 ID:-

とりあえず、ざまぁww


14825 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/08/01(土) 21:16:27 ID:mvx.TCi6

これ読んでまたDQ1がやりたくなったから、
携帯アプリでやってるよ。
読んでからだとさらに面白く感じるな。


22450 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2009/12/09(水) 20:24:42 ID:-

どうでもいいことなのかもしれないが、FC版DQ1のたいまつって、洞窟からでない限り消えないよな


Page Top



以上の内容はhttp://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-787.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13