以下の内容はhttp://master-asia.livedoor.biz/より取得しました。


1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん:2020/01/28(火) 17:57:28 ID:CAP_USER.net

https://i.imgur.com/S81yZqC.jpg


加藤厚生労働大臣は、省内の会議で、中国の武漢への渡航歴のない人が新型のコロナウイルスに感染していたことが確認されたと明らかにしました。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200128/k10012262471000.html?utm_int=all_contents_just-in_001
NHKニュース 2020年1月28日 17時50分


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580201848


1 名前:右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん:2020/01/28(火) 16:04:33 ID:CAP_USER.net

中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスが拡散する状況で、韓国でも中国にマスクなどの医療用品を支援しようとする動きが活発化している。

28日、中国留学韓国総交友会などによると、今月30日出発予定のチャーター便で武漢現地で必要な医療用マスクおよび防塵服などの救護用品を送る予定だ。寄付を主導している中国経営研究所のパク・スンチャン所長は「ひとまず(30日に出発する)韓国政府のチャーター便の貨物室にマスクなどを載せて派遣する予定で、その後も駐韓中国大使館と協調して医療用品を送る予定」と明らかにした。中国経営研究所は現在、中国政府が最も必要としている医療用マスクを数千枚購入して中国大使館に伝達する計画だ。

現在、中国全域ではマスク・医療用ゴーグル・医療用帽子・防護服・術衣などの物資が切実な状況だ。パク所長は「近距離にある近隣諸国の韓国から援助を伝えるのは、今後の韓中関係にも大きな意味がある」としながら「困っているときに支援すれば、近隣諸国間の友愛がより一層深くなる」と付け加えた。同日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)ホームページの掲示板にも武漢にマスクを送ろうという投稿があった。

これに先立ち、日本はいち早くマスク100万枚の寄贈に乗り出した。中国メディアは日本民間が寄贈した100万枚の防疫マスクが26日に東京-成都間の航空便を通じて中国に入り、その後陸路で武漢に送られたと報じた。姉妹都市の援助も続いた。28日、西日本新聞によると、大分市は市次元で武漢に3万枚余りのマスクを送った。大分と武漢は友好都市関係にある。

大分から送られたマスク入りの箱には中国語で「武漢、頑張れ(武漢、加油!)」と記されている。大分市関係者は「少しでも役に立てればうれしい」と明らかにした。韓国の場合、武漢と忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)が姉妹都市提携をむすんでいる。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261942
? 中央日報/中央日報日本語版 2020.01.28 15:13


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580195073


1 名前:新種のホケモン ★:2020/01/28(火) 10:56:23 ID:CAP_USER.net

《前編》
昨年、カナダからのコロナウイルスの密輸が謎の貨物として発見されました。これは、カナダの研究室で働いている中国のエージェントに由来します。GreatGameIndiaによるその後の調査で は、エージェントが中国の生物兵器プログラムにリンクされ、そこからウイルスが漏れた疑いがあり、武漢コロナウイルスの発生が引き起こされました。

コロナウイルス生物兵器–中国のエージェントがカナダからコロナウイルスを盗み、それを生物兵器に兵器化した方法
https://i.imgur.com/jBW8xkE.jpg


2012年6月13日に60歳のサウジアラビアの男性がして入院、発熱、咳、喀痰、および息切れの7日間の歴史を持つ、ジェッダ、サウジアラビアの民間病院へ。彼は心肺または腎疾患の病歴がなく、長期の投薬を受けておらず、喫煙もしていませんでした。

エジプトのウイルス学者アリ・モハメド・ザキ博士は、肺から以前は知られていないコロナウイルスを分離し、特定しました。ルーチン診断で原因物質の特定に失敗した後、ザキは、オランダのロッテルダムにあるエラスムス医療センター(EMC)の有力なウイルス学者であるRon Fouchierに助言を求めました。

コロナウイルスに感染したサウジアラビア患者の胸部画像検査の異常。入院当日の患者の胸部レントゲン写真(パネルA)と2日後(パネルB)、入院4日後のコンピュータ断層撮影(CT)(パネルC)が示されています。
https://i.imgur.com/PuMmFJP.jpg


Fouchierは、Zakiから送信されたサンプルからウイルスをシーケンスしました。Fouchierは、広範囲の「パンコロナウイルス」リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)メソッドを使用して、ヒトに感染することが知られている多くの既知のコロナウイルスの特徴を区別するためのテストを行いました。

英国保健保護局によってリリースされたこの日付のないファイル画像は、コロナウイルスの電子顕微鏡画像を示しています。コロナウイルスは、中東で最初に確認された風邪やSARSなどの病気を引き起こすウイルスの一部です。配布資料/関連プレス
https://i.imgur.com/vtlzumJ.jpg



このコロナウイルスのサンプルは、カナダの国立微生物学研究所(NML)の科学ディレクターであるフランク・プラマー博士がFouchierから直接取得し、ザキから受け取ったものです。このウイルスは中国のエージェントによってカナダの研究所から盗まれたと伝えられています。

カナダの研究室

コロナウイルスは、オランダの研究所から2013年5月4日にカナダのNMLウィニペグ施設に到着しました。カナダの研究所はウイルスの株を育て、カナダで使用されている診断テストを評価するためにそれを使用しました。ウィニペグの科学者は、どの動物種がこの新しいウイルスに感染する可能性があるかを調査しました。

研究は、カナダ食品検査局の国立研究所、国立微生物学研究所と同じ施設内にある国立外国動物病センターと共同で行われました。

《中略》

2019年3月、不思議な出来事で、カナダのNMLからの非常に毒性の高いウイルスの出荷が中国で終わりました。この事件は、カナダが致死的なウイルスを中国に送った理由を疑問視するバイオ戦争の専門家による大きなスキャンダルを引き起こしました。NMLの科学者は、非常に致死的なウイルスは潜在的な生物兵器であると述べました。

調査後、この事件はNMLで働いている中国人のエージェントに由来します。4か月後の2019年7月、中国のウイルス学者のグループがカナダ国立微生物学研究所(NML)から強制的に派遣されました。NMLは、カナダで唯一のレベル4の施設であり、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、世界で最も致命的な疾患に対処できる北米で数少ない施設の1つです。

彼女の夫、別の生物学者、および彼女の研究チームのメンバーと一緒にカナダの研究室から付き添われたNMLの科学者は、中国の生物兵器エージェントXiangguo Qiuであると考えられています。Qiuは、カナダのNMLの特別病原体プログラムのワクチン開発および抗ウイルス療法セクションの責任者でした。

Xiangguo Qiuは天津で生まれた優秀な中国人科学者です。彼女は主に1985年に中国の河北医科大学で医師の学位を取得し、1996年にカナダに大学院留学のために来ました。その後、彼女は細胞生物学研究所とマニトバ大学小児小児科に所属しました。 、ウィニペグ、病原体の研究に従事していない。

Xiangguo Qiu博士、カナダの国立微生物学研究所で働く中国生物兵器エージェント
https://i.imgur.com/WMoYFLi.jpg


《中略》

12 名前:新種のホケモン ★:2020/01/28(火) 11:02:23 ID:CAP_USER.net

《後編》
武漢コロナウイルス

Xiangguo Qiu博士は、2017年1月にBSL4の認定を受けた上記の中国科学院の武漢国家生物安全研究所に、2017年から18年にかけて少なくとも5回の旅行を行いました。さらに、2017年8月、National Health Commission中国の武漢施設で、エボラ、ニパ、クリミアコンゴ出血熱ウイルスに関する研究活動を承認しました。

偶然にも、武漢国立生物安全研究所は、武漢コロナウイルスと呼ばれるコロナウイルスの発生の震源地である華南水産市場からわずか20マイルの距離にあります。

武漢国家生物安全研究所は、コロナウイルス発生の震源地である華南シーフード市場からわずか約20マイル離れた場所に位置しています
https://i.imgur.com/fBSjzvb.jpg


武漢国家生物安全研究所は、中国の生物兵器プログラムにリンクされている中国の軍事施設である武漢ウイルス学研究所に収容されています。これは、バイオセーフティレベル4(BSL-4)の基準を満たす最高のバイオハザードレベルを満たすように設計された国内初のラボでした。つまり、最も危険な病原体を処理する資格があります。

《中略》

コロナウイルス生物兵器

武漢研究所は過去に、重症急性呼吸器症候群、またはSARS、H5N1インフルエンザウイルス、日本脳炎、デング熱を引き起こす株を含むコロナウイルスを研究しました。研究所の研究者は、かつてロシアで開発された生物因子である炭thr菌を引き起こす細菌についても研究しました。

「コロナウイルス(特にSARS)は研究所で研究されており、おそらくそこに保持されている」と、中国の生物兵器を研究した元イスラエル軍intelligence 報官であるDany Shohamは述べた。彼は言った。「SARSは、中国のBWプログラムに広く含まれており、いくつかの関連施設で対処されています。」

《中略》

それは攻撃的なエージェント、またはプロキシによって解放された修正された細菌を意味する可能性があり、そのために中国だけが治療またはワクチンを持っています。「これは戦争そのものではない」と彼は言った。「しかし、それがしていることは、グローバルな救世主として行動する能力を活用することであり、それはさまざまなレベルのマクロおよびミクロの経済的およびバイオパワー依存性を生み出します。」

中国の生物戦争プログラム

2015年の学術論文の中で、Bar-IlanのBegin-Sadat戦略研究センターのShohamは、40を超える中国の施設が生物兵器の生産に関与していると主張しています。

中国の軍事医学科学アカデミーは実際にJK-05と呼ばれるエボラ薬を開発しましたが、それやウイルスの防衛施設の所有についてはほとんど明かされておらず、エボラ細胞が中国の生物兵器兵器の一部であると推測されていますナショナルポスト。

《中略》

中国の生物戦争プログラムは、研究開発、生産、兵器化の能力を含む高度な段階にあると考えられています。現在の在庫には、大砲ロケット、空中爆弾、噴霧器、短距離弾道ミサイルを含む多種多様な送達システムを備えた、あらゆる種類の従来の化学薬品および生物剤が含まれると考えられています。

武器バイオテクノロジー

中国の軍事と市民の融合という国家戦略は、生物学を優先事項として強調しており、人民解放軍はこの知識の拡大と活用の最前線に立つことができます。

人民解放軍は、生物学への軍事的応用を追求し、脳科学、スーパーコンピューティング、人工知能を含む他の分野との有望な交差点を検討しています。2016年以来、中央軍事委員会は、軍事脳科学、高度な生体模倣システム、生体および生体模倣材料、人間の能力強化、および「新しい概念」バイオテクノロジーに関するプロジェクトに資金を提供してきました。

《中略》

2016年、遺伝情報の潜在的戦略的価値により、中国政府はNational Genebankを立ち上げました。NationalGenebankは、そのようなデータの世界最大のリポジトリになることを目指しています。バイオテクノロジー戦争の分野で、「中国の貴重な遺伝資源の開発と利用、バイオインフォマティクスにおける国家安全保障の保護、戦略的指揮の高さを掌握する中国の能力の強化」を目指しています。

戦争の新たな領域としての生物学に対する中国軍の関心は、潜在的な「遺伝兵器」と「無血の勝利」の可能性について話す戦略家によって導かれています。

https://www.zerohedge.com/geopolitical/did-china-steal-coronavirus-canada-and-weaponize-it


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580176583


1 名前:新種のホケモン ★:2020/01/28(火) 09:55:40 ID:CAP_USER.net

 日本製品の不買運動や日本旅行を自粛する、いわゆるボイコットジャパンが続く韓国だが、1月24~27日までの旧正月の連休で韓国人の海外旅行先の一番人気が日本であることが判明し、ネット上では「意味がわからない」と呆れ声も聞こえてくる。
 
「アジアを中心とした旅行予約サイト『agoda』が旧正月連休の宿泊予約データを分析。韓国人で最も人気のある海外旅行先の1位が日本、2位がベトナム、3位がタイだったことを発表したんです」(社会部記者)

 また、韓国空港公社釜山地域本部によれば、旧正月の連休期間の日本路線予想搭乗率が約70%になるとの見込みを発表し、昨年の下半期の搭乗率が50%だったのに対し、20%ほど上昇していることも明らかになっている。
 
「これに韓国人が書き込むネット掲示板では、《プライドもないのか。情けないやつらめ》《日本に行ったらそのまま帰ってくるな!》など日本に行く韓国人旅行客に批判が上がる一方で、《日本旅行の選択は自由。強要しないようにしよう》《寒い冬には、暖かくて大気汚染もない、清潔な日本に行くのが正解だ》と肯定的な意見も少なくないというのが実態です」(旅行代理店関係者)

 いまだに韓国のネット上では日本製品不買運動を扇動する動きが見られるが、昨年11月に現地の「ユニクロ」が行ったヒートテック無料プレゼントイベントに長蛇の列ができたり、以前は頻繁に見られた「NO JAPAN」を掲げた反日デモもほとんど見かけなくなったという状況がある。
 
「韓国国内のボイコットジャパンはかなり沈静化している印象は受けます。これまでも、本当は日本に旅行に行きたかったけど周囲の反応を気にして自粛していた韓国人も少なくないと言われており、下火になったことで日本行きを決めたというケースも多いようです」(韓国在住ジャーナリスト)

 いったい、あの騒ぎは何だったのか。

(小林洋三)
https://asagei.biz/excerpt/12125


引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580172940





以上の内容はhttp://master-asia.livedoor.biz/より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13