以下の内容はhttp://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/cat_10024989.htmlより取得しました。


2024年02月23日

7Comments美容・健康|2024年02月23日 20:00|Edit

1 :涙目。(庭) [JP]
ポカポカ陽気から一転、真冬の寒さとなった東京。
今世紀最大の“寒暖差-14℃”。都内ではこの寒暖差で、「ぎっくり腰」の症状を訴える人たちが続出しているといいます。

都内で「ぎっくり腰」患者続出
「めざまし8」が訪れたのは、都内の整体院「慶新」。
作業着を着た若い男性が、腰を押さえながら傘をつえ代わりにして廊下を歩いています。

20代男性:
けっこう腰が…だいぶ痛いです。

男性が整体院を訪れた理由は、「ぎっくり腰」の治療だといいます。

日本橋中央整骨院にも、同じように“急な腰痛”に襲われた人が治療に訪れていました。

30代男性:
痛いですね、めっちゃ痛いですね。

40代男性:
痛いです…いてぇ、いてぇ。

急激な気温差で血流が低下、筋肉が縮こまることで起きる「寒暖差ぎっくり腰」。

日本橋中央整骨院 田代貴大院長:
やっぱりいま、暑かったり寒かったりっていうのがあって。気温が乱高下している時っていうのは、筋肉が固まりやすい状況にあるんですね。

患者の患部に電流をあてて、痛みを和らげます。

院長:
これでもう一度膝を曲げていきます。

患者:
あぁー、(腰が)痛くない。

気温がさらに下がり、リスクが高まるこの週末。
東京でも23日からの3連休に2度雪が降るとの予報も出ており、引き続き注意が必要です。
(「めざまし8」2月22日放送より)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3d115ce8aaa40857522ea2daeeb1d9ab392e0b8

24/02/22 17:30 ID:vHSgz24X0.net
|



以上の内容はhttp://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/cat_10024989.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14