以下の内容はhttp://kuromacyo.livedoor.biz/archives/cat_40397.htmlより取得しました。


中国

1 名前::2019/10/14(月) 13:09:25.76 ID:V68ecYxP0.net BE:228348493-PLT(16000)

http://img.5ch.net/ico/nida.gif

2019-10-12 07:12
http://news.searchina.net/id/1683351?page=1

中国の国慶節の大型連休が終わり、例年通り同期間中に多数の中国人が国外へ旅行に出たが、
今年については日本への買い物旅行の人気が特に高かったようだ。

 中国メディアの中国網によると、中国ネット旅行最大手の携程旅行網(シートリップ)が国外の商店で利用できる
割引クーポン券の配布状況等を元に作成した統計では、国慶節の買い物旅行の目的地として人気なのは、
昨年は香港、日本、マカオ、台湾、韓国の順だったが、今年は日本が香港を抜き1位となった。
2位はマカオで、香港は3位に順位を落とした。以下タイ、アラブ首長国連邦、アメリカ、シンガポール、韓国、イギリス、イタリアと続き、台湾は14位にまで順位を下げている。

 都市別では大阪、東京、マカオ、香港、ドバイ、バンコク、ロンドン、パリ、シンガポール、名古屋の順で、
上位10都市のうち3都市が日本だった。
日本の都市のなかでの人気は、大阪、東京、名古屋、京都、横浜、岡山、埼玉、札幌、柏、福岡の順だったという。

以下ソースで


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1571026165


1 名前::2019/10/08(火) 14:06:36.41 ID:VU61MrdR0●.net BE:844481327-PLT(13345)

http://img.5ch.net/ico/monatya.gif

【ワシントン=黒瀬悦成】中国政府は7日、辛辣な政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組「サウスパーク」を中国国内から全面的に締め出す措置を取った。
2日に放映された番組の最新エピソードが中国国内での政治犯に対する弾圧を批判し、米映画界が中国政府の意向に沿って自己検閲をする様子を茶化したことに中国当局が反発したためとみられる。

日本でもファンの多い同番組は、中国では地元の動画配信サービスで視聴が可能だった。
しかし、問題の回が放送されて以降は過去のエピソードも含めた全ての番組が視聴不可能になったほか、番組のファンが書き込みできる交流サイトも全て閉鎖となった。

問題の回では、習近平国家主席を「熊のプーさん」になぞらえた描写があったことも中国当局の神経を逆なでした可能性が高い。
中国国内では、ネット上で習氏をプーさん呼ばわりする書き込みは、習氏の権威をおとしめるとして徹底的に削除されている。

中国は、香港のデモを応援する投稿をした米プロバスケットボールNBA「ヒューストン・ロケッツ」の幹部を猛烈に批判して謝罪に追い込むなど、中国市場への依存を強める米芸能界やプロスポーツ界に対し、中国への批判を封殺する動きを活発化させている。

これに対し、サウスパークの制作者、トレイ・パーカー氏とマット・ストーン氏は7日、「NBAと同様、私たちは中国の検閲を歓迎します。私たちも自由や民主主義よりもお金を愛しています。習氏は熊のプーさんに全く似ていません」などとした上で
「中国さんよ、これで仲直りできるかい」と呼びかけるパロディー版の「謝罪声明」を発表し、中国政府の対応を徹底的にこき下ろした。

https://www.sankei.com/world/news/191008/wor1910080019-n1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1570511196


1 名前::2019/10/04(金) 19:15:50.81 ID:qensRiqK0●.net BE:271912485-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/nida.gif

ソース
https://i.imgur.com/iIwkutJ.jpg



  キズナアイ人気は海外にも広がり始めた。中国の動画サイト「ビリビリ」では82万人に迫るフォロワーがいる。またユーチューブにもチャイナドレスのような服を着て中国語を話すキズナアイが登場した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-17/PXJDC6DWRGG001


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1570184150


1 名前::2019/09/27(金) 17:28:26.53 ID:mFQtMmUf0●.net BE:887141976-PLT(16001)

http://img.5ch.net/ico/1fu.gif

中国で飛行機に搭乗した女性が「新鮮な空気が吸いたい」という理由で緊急ドアを無断で開けるという事件が発生した。

9月23日の、15時45分頃、中国湖北省武漢のシャーマン空港MF 8215便にて50代の中国人女性が緊急ドアを開け、離陸が1時間近く遅延した。
乗務員は緊急ドアに関する案内放送をしていたが、この女性はそれを無視し、新鮮な空気が必要だとボタンを押して、
緊急ドアを開けたことが分かった。

これにより、当該航空機の離陸は1時間近く遅れ、この女性は、地元警察に連行された。

中国で航空機の緊急ドアを任意に開けることは、公共の秩序を妨害する行為とみなされ、拘禁や罰金に処せられることができる。

■過去にも同様の事件が多発
これに似た事件は2016年4月18日にも起きており、中国杭州空港から離陸しようとしていた海南航空HU 7729便内で
乗客が緊急ドアを強制的に開けてしまったという事件だ。この乗客は船酔いをしやすい体質で、新鮮な空気を吸いたいがために
ドアを勝手に開けたとしている。このときの乗客は罰金500元(約8500円)の処分を受けた。

更に過去の2015年2月9日にも中国人男性が緊急ドアを無断で開け、空気を入れ換えるというトラブルが起きた。
このときの男性は10日間の拘留となった。

中国ではその他に離陸前に硬貨を投げるお年寄りも多くおり、それがエンジン内に入り離陸が遅延するというトラブルも続出している。

https://gogotsu.com/archives/54063
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/09/01a-1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1569572906


1 名前::2019/09/26(木) 00:32:02.92 ID:i1NfL7DR0●.net BE:271912485-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/nida.gif

中国、世界の覇権追求せず 米国は主権尊重を=外相

トランプ大統領は同日先に国連総会で行った演説で、中国の通商を巡る慣習を改めて非難し、米中通商協議で望ましくない合意は容認しないとの考えを示していた。

王氏は米中貿易戦争は米企業のコスト増を招き、消費者物価を押し上げ、米国の潜在成長率を圧迫するなど、両国に不必要に損失をもたらしていると指摘。

中国の発展モデルの変更を強要したり米中経済のデカップリングを図るのは現実的ではないため、米国はそうした取り組みは行うべきではないと強調した。「交渉は、脅威の下や中国の発展への正当な権利が犠牲になるのでは実施できない」と語った。

また、中国が米国と世界の覇権を争っているとの見方を否定。「覇権の追求はわれわれのDNAに組み込まれてはいない」とし、中国はまだ発展途上国で、米国に大きく後れを取っていると語った。「現在も予見可能な将来にわたっても、米国は世界の最強国であり続ける」と述べた。

同時に、米中両国は相互内政不干渉の原則を堅持し、互いの領有権を尊重し、互いに自国の考え方を押し付けるべきではないと主張。香港の繁栄を維持するには暴力を拒否し、法の支配を尊重する必要があると述べた。

「米国が一貫性のある言動を取り、中国の主権を尊重し、暴力阻止と秩序回復に向けた香港政府の取り組みも尊重することを望む」と語った。

王氏は、米国が新疆ウイグル自治区での中国政府によるイスラム教徒の少数民族ウイグル族の扱いについて批判を強めていることにも反論。中国政府がこれまで取った行動は過激主義やテロを阻止する目的があると主張した。

https://jp.reuters.com/article/china-wang-trump-idJPKBN1WA08J


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1569425522


1 名前::2019/09/24(火) 19:26:35.14 ID:Nhvpps9U0●.net BE:271912485-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/nida.gif

ソース
https://i.imgur.com/txwchCL.jpg

https://i.imgur.com/XOOeUct.jpg

https://i.imgur.com/ngi8x8I.jpg

https://i.imgur.com/Oje8SNv.jpg



中国の過酷な996勤務 「感情を持たない機械」の夢は

 北京の中心から北西に約20キロ。地下鉄の西二旗駅は午後9時を過ぎた頃、家路を急ぐ人であふれる。

 騰訊(テンセント)、百度(バイドゥ)など世界的に知られるIT企業が集まる一帯は、「中国IT業界の心臓」と言われる。大通りには各社の送迎バスが横付けされ、Tシャツ姿の若者たちが降りてくる。その多くは、スマホのアプリなどを制作するプログラマーたちだ。

 国際的には無名だが、従業員3万人の大手で働く呉鵬鵬さん(24)もその一人。地下鉄と電動自転車を乗り継ぎ、自宅に着くのはいつも夜10時ごろになる。翌朝の出勤は午前9時。「帰ったら寝るだけさ」と、小さく笑う。

続く
https://www.asahi.com/articles/ASM9P6FSXM9PUHBI036.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1569320795


1 名前::2019/09/20(金) 07:53:58.55 ID:QCzvZfVI0.net BE:468394346-PLT(15000)

http://img.5ch.net/ico/1fu.gif

9月19日、横浜アリーナでワールドカップバレー2019女子大会第5日目の試合が行われ、
日本はリオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲得した中国と対戦。0-3で敗れ、
2勝3敗となった。今大会の天王山ともいうべき1戦となったが、エースのシュ・テイを中心に
隙のない攻撃や、サーブ、ブロックも地力に勝る中国が圧倒した。特にブロックは中国14本に対し、
日本は2本と差をつけられる結果となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010002-vbm-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568933638


1 名前::2019/09/16(月) 15:24:57.04 ID:nw0Nh6vl0●.net BE:201615239-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif

 韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官が「中国は韓国と日本の間の重要な仲裁者になることができる」とし「今までは米国がその役割をしたが、これからは中国がする時だ」と述べたと、中国メディアが報じた。

 中国国営メディアのグローバルタイムズは、7、8日に中国北京で開催された第3回太和文明フォーラム期間に文特別補佐官にインタビューした内容をオンライン版に15日晩に掲載した。

 文特別補佐官は韓日葛藤の仲裁のための中国の役割を問う質問にこのように答え、「韓日中3カ国の協力は北東アジアの平和と安定、共同繁栄のために非常に重要だ」とし「中国が韓日間の隔たりを狭めるのに積極的な役割をすることを望む」と述べた。

 韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了を決めた理由については「非常に簡単だ」とし「日本は韓国を信頼できないために経済制裁をすると言う。日本が我々を信頼しないのなら、どうやって敏感な軍事情報をやり取りできるのか」と語った。
 続いて「2015年に慰安婦問題で韓日葛藤が深まると、オバマ政権が介入して隔たりを埋めた」とし「しかしトランプ政権は介入せず韓日間の問題だと話した。これが韓日葛藤がさらに深まった理由の一つ」と説明した。

 文特別補佐官はGSOMIA終了決定が韓米同盟に及ぼす影響については「GSOMIAは韓日間の協定だ。米国が韓日間の協定を締結するよう仲裁したとはいえ、米国はこの協定といかなる関係もない」と強調した。
 また、韓日米3カ国間の国防当局間の情報共有に関する取り決め(TISA)が別にあるとし、「GSOMIA終了決定が韓米関係にマイナスの影響を及ぼすとは見ていない」と述べた。

 文特別補佐官は防衛費分担をめぐり韓米間に摩擦があるという点を認めた。文特別補佐官は在韓米軍などに言及しながら「韓米同盟システムの全般的な構造は問題がない」と診断し、
「昨年も我々は米軍に(防衛費分担金として)10億ドルを出すことで合意したが、もう米国は約50億−60億ドルを出すよう要求している。これは過度であり、韓米間の紛糾につながるだろう」と語った。

 文特別補佐官は「米国が韓国に中距離弾道ミサイルを配備する必要性を示唆したが、韓国の官僚が反対した。この点が将来問題になることも考えられる」と述べ、このほか戦時作戦権転換過程でも隔たりがあり得るという見方を示した。
 また「同盟は国益増進のための道具であるだけに、我々はこのような隔たりを克服するだろう」と予想した。

 文特別補佐官は韓米間の見解の違いから南北がさらに近づくのかという質問には即答を避け、「米朝関係が良くなれば、進展した南北関係にも大きな機会があるだろう」と答えた。

 一方、文特別補佐官は中国建国70周年の国慶節(10月1日)について「中国が(米中貿易紛争など)挑戦を克服し、2049年に建国100周年を祝賀できるとみている」とし「その頃には(中華民族の偉大な復興という)中国の夢を実現できるだろう」と話した。

https://s.japanese.joins.com/article/647/257647.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1568615097





以上の内容はhttp://kuromacyo.livedoor.biz/archives/cat_40397.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13