以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3423.htmlより取得しました。


やる夫が軍艦総長になるようです。 第二部 第五話 「粛学断行」





519 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:00:44 ID:nEJ2BM6k0

                      .. -‐‐-ミ
       .               , '´""´ ̄`゙⌒ヽ、
                   ,イ: : ................   `)`。
                  f: :-‐: . .  ..,,,,,,  ..:  i
                  {: :云ミ、: :',ニニミ ヽ. }
                 __{‐(.ィtッ、)ー( ィtッ、)―‐r‐ミ
                 (i:、l: `ー‐'.:: :.`ー‐': . : i'ぅ i}
                    ヽc}::. . : 、,,,;.    ,'"ノノ
       .             ゙圦: : .,, ‐-‐ 、`   .jー'´
                   ヽ: :.`二二´  ,イ
                    〉、..     /.∧
                   ,ィ/(:::`ー―彡' //aV⌒ヽ、     ____
           _____   rミ‐fj/{ミヽ、:. _,ィ≦'⌒))'〈 /0≫`ーァイ´ァ、`))ミ)
        r‐≦升〕8〕≦'>'´i个、raY´fro))ノ>'´ニ>‐-=__f´( `ー彡')),イハ
        { (_, -‐イノri:i´    i::i トミシヘii彡'´ニニ○ニニニニ圦二二彡ィ≦ ヽヽ
       . 〉、__,ィ≦ム', i:i    i::i /0()0/ニニニニ○ニニニニ/ l/ / 「 l ', ヽY } }
       ../ ノ } } }ハ i:i    i:_j`^´i_「 ̄ Tf  ̄.r‐-r‐{ { | | l  | l l /
       八/ ノ/ /ニiム i:i    〉 ○ 〈|  /::i i : |i i| :ム ヽ .l l l / //ノ
         ヽ/_j_ノニニ}ニ', i:i   ゙¨M¨´゙テ´゙テ´゙テ´゙テ'テ'´ゝ、{_j_j_/-'‐'´ニム
         /ニニニニニjニニ', i:i  トイ^トイ(___)(___)__)  ) .)ニニマニニニニニニ=ム
         ,'ニニニニニ∧,ィニム i:i ゙マMヌ i::i マニニニ`¨´ー'ニニニlニニニニニニニニ厶
        ムニニニニ=fミ// ○ム i:i     i::i マ○ニニニニニニニ{ニニニニニニニニニ
       . ムニニニニ={0)≪=ニニム i:i     i::i マニニ__NMNィ_ムニニニニニニニニニ
       .ムニニニニニムvfミ○ニニ厶 i:i      i::i マニ> (○<ムニニニニニニニニニ
       ムニニニニニニムVニニニニニニ', i:i     i::i マニ≧wv≦ニムニニニニニニニニ

     ┌──────────────────────────┐
     │                                     ...│
     │        「やる夫が軍艦総長になるようです。」         .│
     │                                     ...│
     └──────────────────────────┘
           原作:「軍艦総長 平賀譲」(内藤初穂、中公文庫)


520 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:01:44 ID:nEJ2BM6k0

| こんにちは、「やる夫が軍艦総長になるようです。」
|
| ナビゲーターの桃園ラブだよ!!           
|                                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| みんな、この作品を見て幸せゲットするんだよ!! | 同じく本作のナビゲーターを担当する東せつなです
\__________  ________/.  |
                 | /               .| 精一杯がんばりますのでよろしくお願いします!!
                 | /                \
    〉       |  _, -―- 、⌒ー、           ,  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  ,       r宀くx. -―/⌒ \  し1       /. : : : : : : : : :/:ヽ
   { /{  , ---人__/   /|     \ く      /: : : : : : : : : : : :l: : : :',
    ∨八{  // |/   | ∧ l   |   V´     /: : : : : : : : : :> '´l: : : : i
     }'  ` /  l ||   /y≠Vヽ  h| |     ,: : : : : : :/:/    l: : : : :l
       ♀  vヘ、 {/ {rツ`  rテV /     |: : : : : :/⌒   -、|: : : l: |
       {}   { ヘ \{ `゚゙   〈{シ' /      l : : : : /=ミ`  _   |: : :/:/
            ゝ     ヽ _ ´厂       ヽl: : : l   ,  -=ミj: : :l/
          l ̄ ̄l 、      /          j:ハ: :|  ,、 _   /l: : l
         , --、ヘ.n  | 丶-‐<           _ノ : N、 Lノ  /: :l: :.|
      /   /^\ 寸ニ{\ / n          `ァ: : : /こヽく: : : :.ヽ:.!
       /   〈  ⌒ゝ'. } / / レヘ      / ̄/: : : /  --、J|: : : : : Y
       l    lハ   〈\V /ノ /⌒ 〉.     /  レ{: ::|  イ´ |j: : : :|: :ハ
      /   / 〉  /\V 〈 し、 /      〈   l人: |   |  /ノ: : ノレ  |
      / _ //  /   [|  l  イ1      l/   \.人 / _ノ ̄ノ   /
    /  /   /  ̄ \l/|  l〈        〈   /{  /l  ト、 く/  l/
    | r/   /     /' |   ヽl       l  ∧_/「 |`Y  |/   /
   〈/´   /  「l   { 「l|     |      /l /    ート-' ̄l   /l
    l    / 〉   |」   〉 |」 \_/     /-|     /|   ヽ /-|


521 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:02:44 ID:nEJ2BM6k0

            ,  -‐=== 、           本作は軍艦デザイナー平賀譲の生涯について
           /        \、  
          〃        _,ノ ヽ        取り上げていくスレッドです。
            /      ,≠´   `l l 
          ,      ,ィfメ、   _-、l |        お約束通り本作内では「やる夫」が平賀譲役を務め、
          |     ハ ノ     f^iVl l 
         l  l: : :i ' '   〈 ー'/l /        その名前は基本的に「やる夫」で統一します。
        ! ハ :|  }ー 、   /: /  
        _j :| ∧:|、  ー' /: :/         内容に不備なところがあればそれは総て筆者の責任です。
       ` ァ:/  : ハ! \_  イ |:/l/
         /:/   { 、   l: : :l l(           指摘があればよろしくお願いします。
      _ 」:{:{ ゝ.\ーv'^ソ ハ     
     /   `\ { ̄[ {o}`7: : :}、          また、平賀の文章はその多くが残され、現在では
    /_      `¨ \ { } ナー' ヽ   
    ヽl \    /    [\/l   {   〉        デジタルアーカイブとして閲覧が可能になっています。
    |  \ /     ┌冂┐ `ヽ'  
    |   lノ´     └凵┘   ノ         興味を引かれた方はぜひ閲覧してください。
                        
 平賀譲 デジタルアーカイブ
 http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/hiraga/index.html


522 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:03:44 ID:nEJ2BM6k0

        /: : : : : : : : : : : :/  l : : : : : l
        /: : : : : : : : : :/     l: : : : : :l          ……さて、前回は遂に総長に就任したやる夫と
       , : : : : : : : : :/      l: : : : : :l
       |: : : : : : : : /         厶: : : : :|          河合・土方両教授の処分を決定するまでの
       l: : : : : : : /≧ァt-  ー彳!テl: : : : l
       ヽ: |: :|: : :l弋り`   -`  |: : : /          経緯を描きました
           |: :|: : :|       l    |: : /l_
           |:/l: : :|      __    |: /l:ゝ \        とはいえ、両教授の後ろにはそれぞれの派閥の
          /' ハ: : :|ゝ.   ´ -   /|/: :ヽ.  \
           /\:|: :| {>  __// ノ: : : : }    〉     教授や講師たちが控え、さらに土方の後ろには
          / /: : : : ゝ\    /ノイ: : : ノ//゙}∠.._
       /   {: :{: : :\\ `ヽ //ノ: :/ l/ノ  l イ     右翼や陸軍将校の影もちらついたわ
        /    `` ー-=ゝ  ̄ } { } ̄  /    /
        /        〈   {{゚} }   /    }      だから、この処分を認めさせるのは簡単ではなかったの


523 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:04:44 ID:nEJ2BM6k0

         /⌒ヽへ
          /      \ _, -――- 、  __
      _,ノ       ノ厂}-‐/´ ̄  ⌒ヽ |__
      `7      /ァイ /   /  ,  |\ |      やる夫さん、そのために事前に根回しを
       {  /    ///  /   /| /l|  |  〈
       丶{^ ー-'/ l  |   l/´|/` ーl| ハl  |      一生懸命したんだよね
            |/ /ニ叭 〈 Y゙fぃ!  }ノニ! /
               8 {  〉 ㌧{_ ヒノ   ljソ /       でも、これまで見て来たとおり右翼や陸軍将校は
            {}\ゝ _  u       〈 イ
                Y {            /         時節に乗って横暴を繰り返していたよね
             { ̄`丶、    ⌒ '/
             _〉    \ __,∠           やる夫さんの政策がうまくいくかどうか
          , <   `丶.  ∨〈_〃厂/ヘ
         /   \    \ 〈ヘ|└'ー'〈_,|        まだまだ不安だよ……
          |       \     ヽ ヘ|    l-/l
          |        l_| __ヽj   |||
         l      \| |    /   / | |
            ヽ      〈 ___,/   /   | |


524 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:05:43 ID:nEJ2BM6k0

.



========================================================================

              第二部第4話(通算第18話)   粛学断行

=========================================================================



.



525 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:06:43 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────┐
│ 1月28日、「休職処分上申書」は荒木文相によって正式に受理された。             │
│ やる夫の総長就任の日からちょうど40日目、予想以上に早い難所通過であった。 .....│
└────────────────────────────────────┘


          /               ミ!   `、
        /                 !:::'   ゙i
        ,r'              ,r'ニ:、.ソ::     |        平賀総長より提出された
       ,r'             /   ヒニミ!     |
      i゙            ノ /       |!     |        「休職処分上申書」、
       |     ;'    _,ィ',久'′      |     |
       ヽ   |   / `'ユエー``''  ,:=─--:」     |        確かに受け取ってまいりました
     `=',.   !  (        '゙ `せ‐- ゙i     |
     ,r''",、-   `=t`-       、   ̄ ./!  , ,/         一応目を通しておいてください
    i ,r'゙    /  ゙:、       、ァ'     /'ツ_ノ-'゙
  _,,..Y  ,   i゙   リ 、    ャー-、   ∠ゝ  {
 ̄__ゝ、!   {  , ,ノ! \  `ー'"  /.:::.  ヽゝ
 ̄::::::::::::::/,ヘヽ、゙:、レ" ゙:、  `-、_,,.ィ'";:::::::::   ゙i_
::::::::::::::::://.:::::::.゙ヾ、|   ゙':、     / /.::::    l 人`''-、,_
::::::::::::::://.::::::::_ノ,、ノ!   :::::\_,、-'レ'/ ,   _ノ'゙::...`''-、, 「`''ー
::::::::::::://.::::::_'"_ \  ::::/::`、 `i  l_、-'゙ヾ::::::::::::::::::.. ̄「


526 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:07:43 ID:nEJ2BM6k0

            ,.. - ..,_,.. - 、.、
            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ
          /         ̄`'ー、ヽ , \              石黒次官、ご苦労だった
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {             
      r' _,...  /   '       !l  ! .!
      ヽ'.r''ーr'i ..,,,_    、  .,'/  | ./             ……あとは内閣の承認だな
      ', !l ; !l !.  -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'
       ',ヾー.|{     ̄     l´  ̄ /               それとやる夫君が学内をいかに治めるかだ
       ', `"!'           !    ,'
        !,! !、       ー '   /                当然ながら土方派は簡単には納得すまい
        '_'、.l`ヽ     ―/7ヽ./
       ,'、;-' ,_ \   ..//  \                 「軍艦総長」がどこまで東大を操艦するか
       ,'  `"''ー"=‐'_- .//      \
,.. -、----、'- 、      `//        \              見せてもらおうではないか
-―ヽ__ヽ `'ー .,_   //         丶 ._ニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l         `'ー.//              ̄   ―===ュ
'ニ7,'/     `.ア´ ̄ ̄`ヽ : . . . . . . . .             /
         /  丶ニヽ | : : : : : : : : : : : . .        /


527 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:08:43 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ しかし、休職発動までの道のりはまだ長かった。                              │
│ 休職発動のためには内閣の文官高等分限委員会による上申書の決済が必要だったが、  │
│ 河合だけでなく土方の休職をも上申しているだけに、予断を許さなかった。           │
│ 午後1時、やる夫は各部長を集め、約1時間半にわたって上申書提出に至る           │
│ 経緯を詳しく報告した。                                            │
└───────────────────────────────────────┘


                ____
              /. \ Ξ /\
             / ─( ●)─.(●)                    河合・土方両教授の処分は
           /  ::::::( ((__人__)))
           |       |r┬-|   |                    絶対に必要だったんだお!!
            \        `ー'´ /
              」-ゝr―‐==; 十i      _,r--――、         例え総長の専横といわれようと、
             .ト、.j.!レ' ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<"「 l_____
     ____,..r--r=ヾヽj,r―'"≦_ _ ̄ ̄r―'"\\ \r",.-、, \    事は経済学部内だけではもはや
    ∧   ト-'‐'"三へ>ト-‐'"~    ゙i   /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ'へ._ノi 「 \ ゙l //./",「 ̄/ /  /       ヽ-ゝ. \   /   収められなかったんだお
    レ'// .l l   ! ! i/./ ./  /  /  /         ,(  \  ノハ
    レ'/  .! !   i ゙'!  ̄ ∠,  /   ヽ._        ,ター  '",〈 !   だからやる夫は独自に動いたんだお!!
   /゙" ,r'" .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./    ー=='       .l.ト、. -‐'"/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐'='-‐"    ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\


528 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:09:43 ID:nEJ2BM6k0

               _,,.. ._
            ,r;';;;;;;, _,..、`、
           i´_,.. - ' _゙、,ヽ                (……これで賽は投げられた、
           l゙、 ,.、 '´rニ,゙v i .
            ヾ iャ'j; `  i' r'~ヽ,ーュ: ; _           あとはどう転んでくれるかだねぇ……
            ュ'ヘ ヽ ' _,  i .! .i !`ー┴-ニ`y、
         ,.r'´;l´::.:..ヽ, '´.  / ! .l, :::.:.:.:.:.::: }' i .      我々は両者排除で既に合意しているが、
       _,.-'~ヽ l ::::.:.:. `!ー '" ry'`ーi ::.:.:.::::..: l  r,!
    ..,.-='´   `、゙、,l ::::.:.:.:. l .`t-r'  i ::.:.:.::.:.:: l リ !      世間がこれを支持してくれるかどうかだ)
   / `ヽ,    ヽ l :::::.:.:. .i 冫l '",i .:::.:.:..:.:. l ,  i,
 .,rー'ュ、 ゙,  _, -=' ト-t_ :.:. \_⊥-' :.::.:.:.,..._,./  ,7 `;t
. ,ヘ.! i^,.`i /' ~ .   loj :.:~`rー '"~  ̄ ̄l oj l ;'     l
ヾ、」y' _r' ´      .i´、:.:.:∫::.:.:.:.:. .:. :.: , `´ `t ..,_   !
. `7,' ´         _,l._ ` ! :.:::.:.:.:. :. :.:. :.:. :.:.: { l,  `  `i

┌───────────────────────────────────────┐
│ すでに両者排除に合意していた各部長は報告を了承、やる夫の粛学を改めて支持した。  .│
└───────────────────────────────────────┘


529 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:10:43 ID:nEJ2BM6k0

               _,,,,,,,,,,,,,_
             ,,r;:r""      ヽ、
          ,r'" "     ,r''"`   ヽ、                ……大学は今荒廃の岐路にある
         ,r"  /   ,,r ,r"rヾ、`ヽ、 ヽ、
        ,|、_ (_   _ (_,r"'"  ヽ、 `ー、i               このくらいの断行がなければ
         ,|ヾl`'ー`ヽ!`i'"      ゙i、  _,〕
         tヽ|     ゙i、      ヾー[」-!、             本当の改革はできんよ
         ヾ|     ゙i、,|  _,,,;;;=''"`  ヽノ、 〕
          !i,‐-;;;;;;、,゙i、r'"-,ニlア    |i、゙`イ|              より大いなる建設への途上の出来事であって
.          `i;-、ニlア i、 "      |、ヾ|l|゙
.           ゙i,    |:|         | ゙i, ノ,              別に驚く事はない
            ゙l、  `!_,,.       | ゙i |
             ゙!、  ,,,,.. -'''    /  | .|              私は平賀総長を信頼している
              ゙i、   --    ,r'   ゙i_!-;
               `!、     ,r"_,,,r-'''ニ-‐''゙i            人を任じた以上、その人を信じて総て任せるのが
              rヾ、`ーr‐''ニ""-‐'"     ヽ,.........,___
             __λ i,ヾ| i''"       _,,.r-t"_,r'"_:_:_    私の心情だ
    ____,......r-i'",r'ヽ | |:| |     _,,--'"   ~ヽ、:::::  !.
  < ̄ j'"ー'''''j;, ̄ ̄  `i | |:| |  _,,r''"        ヽ、:::::  `t、/   枚を含んで西条山を下る謙信のあの決心が大事だ
    冫>、i :::::,r'"      i i,r ノ_,,r'"           ヽ、:::::.. /
   |,イ'" ::,r"        ト,i",r'"              ヽ、 :::/    ぐずぐずしたくどいのは大嫌いだ
   /::::,r'" __     // |     r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ヽ/

┌──────────────────────────────────┐
│ やる夫上申書提出の情報を掴んだ記者たちの取材に官邸で答えた荒木は、  .│
│ 平賀粛学に無条件の声援を送った。                             │
└──────────────────────────────────┘


530 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:11:43 ID:nEJ2BM6k0

                 ,. -─- .、,                 く    
                    ,不:::く`ヽ;::、:::`丶               ノ   今回の大学の処分理由は
                  ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ              )
                  ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ            〈   「表現の不適格」と「学内紛争の責任」だが、
              l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ             〃.
              |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',            /   教授の不適格理由を表現方法にまで
               ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、          /
               ヾヽヘu  |';二::!  入',        ___ノ    拡大するのは明らかにおかしいし、
                `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ         ̄\_
          ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj            弋.   学内紛争の責任なんて不可解だ!!
        /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、            _ノ.
        ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、           ヽ.   しかも教授会を無視するなんて
      /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_         ム
     r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ      __,).  さらにおかしいじゃないか!!
     / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',     `ヽ.
     ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ     ノ.  僕は僕の信じるただ一筋の道を
     i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l    く
    |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |     ゝ.  真っ直ぐに進むだけだ!!
    ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l     ノ

┌─────────────────────────────────┐
│ 河合は午後9時に粛学批判の声明書を発表し、徹底抗戦の構えを示した。 ....│
└─────────────────────────────────┘


531 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:12:43 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────┐
│ 一方土方派はこの夜麹町三番町の土方宅に集結し、反撃の対策を練った。 ......│
└──────────────────────────────────┘


.       ┌r┬r┬r┬r┬r┐
      ドミヾ>冖┴冖く'/
      |ニ/ __ ̄ニニニヽ           やる夫総長の言動はふざけているっ!!
      |=〈 /ベ≧zz jzzヘ
      |Ft| ==。=:::/=。=〈           事前になんの断りもなしに……河合だけでなく
      |{(|| `ニニ´ ヽ`ご.|
      ト=|  , -‐ '- _}`ヽ|           この私に辞職を勧告するとは……!!
     /|シ'l / (二ニニニ⊃|、
-一''¨´|  ト、`丶、  ≡  ハ`'ー-、_      諸君!! 我々は一体どうすればいい!!
-‐ ¨´|   | \ `'ー--‐''´! |`'ー-、_ ̄
   |   |   \    /|  |


532 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:13:43 ID:nEJ2BM6k0

               __
 .           , イ, ''" ,∠-‐ '',Z.._
          /  ′       ′ ∠__
 .     /l/             ′,∠,       土方さん……辞職をこちらから
     /         ,.、           /
 .    ト'  ,.へ.__, ‐'´  ヽ       '7        認めてはいけません
    l 、/ u     | _,⊥       /
     |`テニ'_┐ iir _',ニ-‐''1     'ィ         とにかく……ギリギリまで粘るんです
 .    ! l=。ミ′‘≦。= = r',.-、   /
     ! l` ‐;Z..__゙ ーr '´v|.|^!.|   ,/          辞職はダメです……あくまでも抗議しないと……
     ヽl/ __-, u  l ij |ノ_'ノ   /
       ゙T ───- ヽ∧    ∧
      ,/!  ‐一   /. ヽ  ∧ ヽ._
 ,, -‐''7 /.!     v  V.    \∧ ヽ. ヽ
     / / └;┬──'     ,.くト、ヽ i |
    i  i i l |>、      ,.く.>'l. l. | | |


533 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:15:37 ID:nEJ2BM6k0

       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ         しかし……それがうまくいくかどうか……
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N         総長辞任が通ればいいが
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|          通らねば……我々の破滅!!
.    l. ヽl| u'     冫   :ル'
    ヽ ト.、  'ー----   /″          だが、圧力をかけることは確かに必要だ……
   /ヽ|. \  ー  ,:く
-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::

中西寅雄:1896生~1975没

経済学部生え抜きの教授。経営経済学専攻。
河合の推薦によって教授となるが、本位田・田辺同様土方派に寝返る。



534 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:16:50 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────┐
│ やる夫総長は一切の取材を断り、青山南町の門を硬く閉ざした。 ....│
└─────────────────────────────┘


  |  :|              __________
  |  :|             /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|           //  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  |  :|          ∠/     \________ \
  |  :|           |  ___ ..|    | ̄| ̄||≡|   |_
  |  :|           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___
  |_..:|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  | ̄ ||         ∠/     \______________\
  |≡ ||  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,       |___i ..| | ̄| ̄|||≡|    ,;:'""':;,"':;,
  |≡ || i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,       |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|   i':::::::::::::'i:,:::i,
  |≡ || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i   |┐┐|||| :::| L..| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |≡ ||::::::::              i   |┐┐|||| :::|___| | ─┐                 |
  |≡ ||::::::::              i   ├────┐..| |.   ̄               |
  | ̄:::|::::::::              i   ├─────..| |                |
,、,.|,.、.,,.|、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.|、,.,,.、.,.,,.、.,.,,..、,、| |、.,.,,.、.,,.、.,、.,,.、.,、.,,.、.,、.、.,,.、.,、.,|、.,.,,.、


535 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:19:21 ID:nEJ2BM6k0

__________________
|      昭和14年1月29日(日)        ....|        ┌────────────────────┐
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄| |       │ 翌29日は日曜日、各紙朝刊は        ......│
| |  河合土方両教授休職上申  .| | 朝 | |         .│                            ....│
| |______________| | 日 | |       │ 粛学上申の経過、荒木文相の談話、      .│
|.                  __ .| 新 | |         .│                            ....│
|                  .| 東 | | 聞 | |        .│ 河合教授の声明などを一斉に報じ、      .│
| _______     河 .|.大│ |__| |        .│                            ....│
| |    .∧_∧ . |  : : ; 合 | 全 |  __ |       │ 鳴り物入りの見出しを躍らせた。       .....│
| |__∧ (|@∀@)  |  : : ; 教 | 学 | |紙面| .|..       │                            ....│
| |∀@) アヒャヒャヒャ |  : :  .授 |.部 | | : : : :| .|         .│  *「東大・空前の”学粛”断行」         │
| |  つ / /\ \ .|  : :  .反 | 処 | | : : : :| .|..       │   (『東京日日新聞』)               │
| ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ; : : 発..| 分.| | : : : :| .|        .│  *河合土方両教授休職に学部動揺す    │
| : : : : : : : : : 全 荒 : : : :  す | に.|:   ̄ ̄ .|       .│   (『東京朝日新聞』)               │
| : : : : : : : : : 面 木 : : : ; : : : : | 動.| : : : : : : |...         │  *「渦紋は深し 東大粛学の突風」     ....│
| : : : : ; : : : : 委 文  . : : : :  .|.揺.| : : : : : : : |       ..│   (『読売新聞』)                .....│
| ; : : : : : : : : 任 相 : : : : : : : . ̄ ̄.: : : : : : :.|        .└────────────────────┘
|   : : : : : : : : :  は  土方教授抗議か : :│
| ―――――――――――――――――|


536 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:20:06 ID:nEJ2BM6k0

           ___
          /.~~~\           河合・土方両派ともただならぬ動きをしているという
        /  \Ξ/  \  
       /  ( ●)―(●)  .\        情報が入ってきているお……
       | :::::( ((__人__)))::::::: |
       \    ` ⌒´    /        領袖を守るため、どんな事を考えているか判らないお
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )       ここはもう一度荒木文相との打ち合わせが必要だお……
       `;ー" ` ー-ー -ー'
        l           l


537 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:21:22 ID:nEJ2BM6k0

          r'⌒⌒⌒^'、               .┌──────────────────────┐
   〆⌒⌒ヾ (ミ""メ"""ミ )               ..│ 河合・土方両派の動きに対応して、やる夫は     .│
  (  ノハ)  (▼ー▼ヾノ   - -、       │                                │
  ζ∬ ゚=゚ノノ  E. ¥ ⌒ヨ  ◎‐◎) ヽ      │ 荒木私邸に向かい、午前8時半から        .....│
   E  71 ヨ⊂  ┃  | |  (人__) ノ      ..│                                │
  / Y  ) / ̄ ̄ ̄ ̄/ .| |   /   ⌒i        │ 石黒次官等を交えた状況分析を行った。      .│
__(__ニ⊃/ 文部省 /_|__.|_/___| |      ...│                                │
    \/____/         (u ⊃     .│ 会合は延々6時間に及んだ。             ..│
                                └──────────────────────┘


538 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:22:13 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 文相私邸での会合を終えたやる夫は、いったん自宅に戻って海軍の礼装に着替え、            .│
│ 青山斎場に急いだ。                                                       │
│ やる夫がつい先日声を掛けたばかりの艦政本部長上田宗重が、1月26日俄かに他界したのである。   .│
│ 彼は「④計画」編制の激務で体調を崩し、急性肺炎であっけなく逝ってしまったのだ。               │
│ やる夫の耳には、上田の掛けた激励の言葉がまだ新しかった。                             │
└────────────────────────────────────────────┘


    /:.:.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:..:..:..:..(`ーヽV ノ:..:.\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:..ヽ:.:..~`7゚r.、\:..:..:.ヽ
  /:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:丶:.:..:..:..:..:.:{,ノ:i:.`~:..:..:..:. ハ           ────新戦艦計画では
. /:./:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.ハ:.:.:.\:.:.:.:.:..:.:.:.l: : : :i:. : : :|
 }/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/ }:.:// \≦ニY:.:.:.:.:..lー、:::|:.: : : |            ずいぶんとお世話になりましたね
 |:|:.:.:.:.l:.:.:.ム‐ト .://  ィfヤ゚坏 .:l: : :}-、}::|:.: : : |
 |:l:.:.:.:.l:.:.::i ィf外     弋z少 :l: : :レ /::|:.:.: : :|           総長就任、
 |:!:.:.:.:.}:::圦 弋リ        } i:./r=':::|::.:: : :|
 |ト:.:.:.:.V::::::〉   〈       ノ/ イ::::::::::l::::.:.:.人          本当におめでとうございます
 |lハ:.:.:.:ヘ/lヘ    __ ,   / ノ:::::::ム--、:::::\
 |l V:::/  .|::.:\  ` ー ´ / /:::://////.\:::::\       もちろん応援してますから────
 }i  ∨   V::::}:::>...、__ ィ /::::/≦´ ̄ ̄`丶 ::::::::\
 lj      ゝ、∧//////レ'::::/       \  \ :::::::\
          / V/////::::://            }.   Y::丶::
           |  V//./::::://    /     l    ト、:::::::
           |   \/:::::/ {     /       l    |:::ヽ:::
\_________________________________________/
              ○
              ο
              o               上田君、何で逝ってしまったんだお……
           ____
         / ~~~ \             君はまだ55歳だお
       /  _ノ Ξヽ、_  \
      /  /⌒) ―(◎)゚o \          史上初の海機卒の海軍大将を期待された逸材が
      |  / /(__人__)))::::   |
      \/ /   ` ⌒´     /          何でこんなに早く……


539 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:26:15 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 反撃はこの日の午後3時、まず河合派から始まった。                           │
│ 河合派の山田文雄教授は電話で辞意を舞出経済部長に伝え、辞表を書留で郵送した。  ...│
│ 続いて大学研究所で声明を発表、領袖の休職処分上申に至る手続きを激しく批難した。 ......│
└───────────────────────────────────────┘

              __
           ,,ィ"´::::::::::::``丶、
          /::'";ィ7rリ::ト、::::::::::ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /:::,ィイァf/::l{:::リル、::::::::::゙!|
        /:::,ィツノ,ィ/:::::lレ,ノハilヾ::::::::|  先般の大学制度問題解決に違反して、総長が教授会の意向を
       ,イ// /,jfムl!::ィ'iル7l_llトj:::::::∠ 
      ,ィケ::,ルイ`ナ゚'リtTヘィリ。i川:l:::: : |  徴することなく教授の休職を上申せるは誠に遺憾である
     ,' {l;;lイl'i.:.{':.:.i',, ::::::;广l:::lリl::::::::| 
     { ,ノ}メハヽr__.:....'::'":.:.:.:l:.,!/::::::: |  殊に不可解なるは、従来純理を主張し来れる経済学部長及び
     /,ィリ::lト. ヽ二二ニャ'.:.l:.{:ヾ:::::: | 
   ,,.ィ"´/{l::l|lヽ  `'ー.:.:.:.:.:.:,.イ}ゞf::::: |  評議員の取った態度で、これらの諸氏が総長の今回の処置に
__ゞ、.:.:.:./.:ゞ洲j丶、__,,. ィ":/l:::::li,:::::| 
.:.:.:.:.:.:\.:.:.:./リンjl、 :::::::::::::/:::,ィ{l!::::::::: : |  予め参画せるは許すべからざる非道と云はざるを得ない!!
:::::::::::::::::\::::ソ川,ヽ、 ::/::,イNj:::::::::: : | 
::::::::::::::::::::::ゝ、::::::ヽ,入rく::_,..,r<ヽ::::::::::::::\___________________________
::::::::::::::::::::::::::_,, ::-=ョ! l l l ヽヾヨ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::r'三三彡't:. i, ゙':. ':: } ,} |:::::::::::::


540 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:26:47 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────┐
│ 山田はこの後、平賀に直撃を浴びせるつもりで自宅を襲った。   .│
└────────────────────────────┘


::::::|           \/:/:l::::ヽ:ヽ
\:|             /:r'::/::::l:::::ヽ::'、__ノ
::::::l          '´l::/:::Oノリ:oリ:::::l__
::::::|        ヽ、ノ:::::::ハ、___,ソ::::八::/ー
::::::|         /:::::::::丶`┴'ノ::::::::∠ --、
::::::|、     ,r―'::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::i            総長!!
\ ::└- ‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::..... 、:::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           総長はどこだ!!
\ ヽ:::::::::ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、::::|   ̄    ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
:\         丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l          今回の処分が不当であることを
: : :|          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
: : :|         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           総長に訴えねばならない!!
: : :|       ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f'´
: : :|       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::| _          やる夫総長、出てきてもらおう!!
: : :|     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,......--‐‐'''"" / ,--,
: : :|      l:::::::::::::::::::::::::::::/      _...,  // / _
: : :|    /:::::::::::::::::::::::::::└‐'''''''"" ̄::::::::/  // // 7
:_|   /::::::\::::::::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::/  // // /
::ー  /::::::::::::;:rt::::::::::、:::\:::::::::::::::::::::::::/  //__//__/
::::::| /r'´ ̄ ̄ /:::::::::::::::`ヽ\、::::::::::::::::/  /`ヽ.:.:.:::::::l
:_| |l    /:::::::::::::::`ミ   i:::::::::::::/  /   `ニ=
: ̄l l!    /::::::::::::::::ニ_....--‐‐'''''"  /     ヽ:::l
::::::|  \  .,'::::::::::::::::/      _........./   ┌┐ 三


541 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:27:56 ID:nEJ2BM6k0

                       ,.. ' ´    ヽ
                     イ、        /
                ., - ' ´ ,/三三 _    /
              ,./   _/ ̄ ̄  ̄ `'' 、/   ____
     __       .ィ "       r'          \f´ /  \
   /   ヽ.   /三|     ┐            ヽ| 三   ヽ.
   |      V'三三.    r、/              \/    |!
   f     l! |:三三|    f                   \   j         ……主人は知人の
    `ヽ,  l. |三三,|     ノ / /    |            ` /
  ., -「   ゝ、三三 |    ム / /    .,l!       、       V  ー-- 、     告別式に参列しておりますわ
 /  ゝ┐  |三「 : |  r 、ノ / l,     | |!,| ,.    |  |!     ヾ三三.. /
,   |トf.'   │/:::::|  L/!、 j |! ィ  ,| |!||:|    | | ,.!  │ , i: |三メ /      ですので今日は帰りが
   ヾ\_   ヽ::::::::ヽ ノ,/! |川,メl、,/|! |:!|l|:  ,'   /,|l|: | !/' |\  L
   / f'∨へ,.  〉rtヾ | !/!ヾ,,vrl/lレヽ! j !|!  / / / !l l: , ,./  |三ト、/      いつになるか判りませんですの
 l (. |/r .__ .,-u--、}j;}Y/, f' /、::::::`rlヾ,リi! ,/i/jl j// l//  ,'-、ヽ
   Y |i / |`ー/ ヽ':::::〃 ! |  i ゝフ ゛'  レ//,/__//! //  fイ | }        後日またおいでくださいですわ
  \,./ _¨`ヽヾ /ヽ:f  i,ヘ  `'´        ' r:::'メ.,j///  /:::L,j/
    ! .´ ヾll | | |  |V  .,ハl           !フ,/f  j/,,jィ∧::|
iゝ、   |.ゝ ノ /|/ .L/|.|! │ ヾ,        .,  / i: |   f  l|/ん
  \..ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、 __j|     - 、   ,.ヘ ヾ|   |  リ∧\
    ≧|   | ! |」__ /   ヽ.|i、.      _,..<___ jヽ \ヾ.// f\\
   /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ/、|! :rr-< 三三三ヽ` フ ∨/ |│ `i i
  ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/  \、fレクリ 三三  /l ヾ/:∧  |   .| |
 /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉ゝ._\\く 三三f  (   V::/  \,.'.  ! |
|  l  \|  |!__ノ, - 、 /   ` ー--\三    \  レ\\ \  ヾ
| /}ヽ..  L_|_/   ノ|'- ...ニニ._     `ヽ    ヽ   l  !ヾ \
/ / {  \      / !l三三    ̄ `ヽ,  \   ノヽ |!  / ⌒i

┌───────────────────┐
│ 山田はこれを聞き、むなしく引き揚げた。  │
└───────────────────┘


542 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:28:41 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────┐
│ 河合派に先を越された土方派も、負けじと土方邸に本部をおいて決起した。  ...│
│ 土方の義父も、この処分に激高し喚き散らした。                   .│
└──────────────────────────────────┘


               __=`ヾヽ/〃‐=__
               彡          ミ
              Z /⌒''ー''"´⌒ヽ  ミ
                _〃 ヽ、.__ /⌒  __l  l             大学は実にけしからん……
               |l \ヾー一 //´ l.  |
                 l' _ヽ` ̄´∠ __ |j 〉__ l             文部省もけしからん……!!
             {.ヾ ̄o>  <o ̄ フ u| h.l l
                i `三.( l! )ミ.三彡e,,| Fリ |            共産党分子を排撃した日本主義教授を
           ヾヽ|.e~( l! " )ヽ三.シ/リ‐′ ゝ
               >、 ̄`_>r<_ ̄´_ <メ||`ヽ、_ ゝ           追い出す所業……
            7 |l工LLl⊥LLl工Lン´タ|l::::::::|... ̄ ``'' ‐-
          _Z..|ltゝェェェェェェェェタ/.||::::::::|::::::::::::::::::::::::      言語道断!!
   /⌒l´\ ̄.......::::::| ヽ、~ ≡ 。U u /ll/|::::::::|:::::::::::::::::::::::
 / /⌒l、._):::::::::::::::|1 lll  ̄「「 ̄「「 ll / |::::::::|:::::::::,(⌒ヽ:::      驚天動地!!
.(  u /⌒l::::::::::::::::::::|::1 lll lll ll lll / /|::::::::|::::/(´\ \
 ヾヽ /⌒l:::::::::::::::::::::|::::Vl lll ll lll/ 〃|::::::::|::(._,(´\uヽ  )
  ヽ u イ ノ::::::::::::::::::::::|::::::| !ルリw,/   〃 |::::::::|::::::( \ ヽ  /

土方寧(ひじかた やすし、1859年2月12日-1939年5月18日)明治~昭和時代前期の法学者。
東京大学卒。明治44年東京帝大法科大学長。英吉利(イギリス)法律学校(現中央大)の創立者のひとり。
大正11年貴族院議員。
土方成美は彼の娘を娶っており、寧は岳父にあたる。


544 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:30:21 ID:nEJ2BM6k0

    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|              くくく……時局に沿っているのは
     / 二ー―''二      ヾニニ┤
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|              我々革新派だ……
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二| 
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|              政府はいうまでもなく
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~| 
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|              世間も同情するはず……
    |  /    、          l|__ノー| 
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ             つまり……
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     
.     |    ≡         |   `l   \__          我々がその気になれば
    !、           _,,..-'′ /l     | ~'''
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      |          やる夫総長の追い落としは
 -―|  |\          /    |      |  
    |   |  \      /      |      |         可能だろう……ということ……!!

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 土方成美は午後4時、新聞が「宣戦布告」と評した声明書を発表した。                     │
│ 山田のそれがそれなりに整った手続き論を展開したのに対し、土方のそれはやる夫、田中、舞出らに  │
│ 敵意をむき出しにした過激なものであった。                                        │
└────────────────────────────────────────────┘


545 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:31:21 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 領袖の激に呼応して午後6時半、門下の三教授と橋爪明男、油本豊吉、渡辺信一、柳川昇各助教授に ......│
│ 難波田春夫、高宮晋助手らは平賀邸に押しかけ辞表を提出した。                             │
│ 本来辞表は学部長に渡すものだが、彼らはやる夫に圧力をかけたつもりであったのだ。              .│
└─────────────────────────────────────────────┘


         ト、 .l\  、  
  .    、ー- 、| `'   ヽ} ヽハ               ,. -─‐- 、                 , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
  .  ┌-ヽ          ' レ1           ,∠ニ二,二ニニニゝ、             /           \
  .  |    ,.へ、 ,.-、     !            /ニ三≦二工二ニ:」          .   /               ヽ
    「`   /_  `¨  ヽ.  ノィ         /ニ'_┐ i-‐_.''ニフ _」::::::|            l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l
  . ト!  _〈`ー゙ニュ r,キヘ   ノ          l==。 _゙==。= :|:r_、:::|            │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N
  . ト.  {fil.| ===_ .=== |∩ 7           l ー/ ` ー '   ||_,リ:::|          .   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ
   ト.  ヾ;||  ー゚-__|Lー゚r' !|リ フ          l / _┐   u  |レ':::::L,__           l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|
   ヽ.   l|/  .r_||_、 ! |´ Z           l `⊂ニニ⊃  ハ:::::::N::::`ヽ._     .    l. ヽl| u'     冫   :ル'
  二ス  .ハ (二ニ二)V ,∠            l   一    /  ヽ;::|: :\_::::::::ラ       ヽ ト.、  'ー----   /″
  /: /\/ ヽ   - V<\:\_         _,,.⊥.____/  v  ソ : :│: ``'''‐ 、.._    /ヽ|. \  ー  ,:く
  . : /: /: ハ   ヽ__./| : :ヽ ヽ: ヽ`:ー- :‐'''"´: : : :| : |::::::::::::    /: : : :| : : : : : : : : : -‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-
  イ:/: /: /ト:ヽ   :::::::::,ハ: : :l: : |: : |: : : : : : : : : : :│:├-、 ,. -─:/: : : : ;' : : : : : : : : : :.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.
  |: : /: /: |:ヾ\    /,小: : : : | : :| : : :   : : : : : : |: : :|  ,.     /: : : : / : : : : : : : : : : :.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:
  ヽ: : /| : |: : `Y^Y^Yr': :| |ヽ: : : : : | : : :   : : : : : : | : : | :l    /: : : : / : : : : : : : : : : : :.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::

本位田祥男教授               田辺忠男教授                中西寅雄教授


546 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:32:20 ID:nEJ2BM6k0

                       __
                     ,イ   ヽ、
                         j/     _ \  イ
                      リ    ノ )、ヽ  て
        _r―― 、_       ノ  、 __.ノ.//ノ  く
      イヽ. | l:.:. |!:. 'マ‐ 、r_'__.ノ:::::::::::|. ,'/´  ん                 ご苦労様です
     ノヽ.`ゝ┴―-<:.:.:./\:ヽ. |:::::::::::::;イ .リ
    ト、:/: . :ヽ : . : . :`<:.:. /:.:.:.'|:::::::::::::Yし'   ビシッ!              そこおいといてください
     ゝ/: . l: l: . |!: . l : . : l ̄: . : :.イ::::::::::::: |
    く,イ : . |:.|l : ||: l |: . |: |: . : . : . |!;:::::::::::::|                        後で片付けますから
      |:. :.:.|:.|k彳テj !: ハ: |: ___:|!:::::::::::::ハ
      |!: . :iNl ゞイ:ルi: l/:.:.:.:.:.:.: |:::::::::::::::∧ヽ ________
      |ヽ: ノ   レ  〆:.:.:.:.:.:.:.:.:: |:::::::::::::::::::ヽ、::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.丶.:.:.:ヽ、
      |: .∧`     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:.:.:.\
      |: .|: .\´  \:.:.:.:.:.:.:.:.∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:.:.::\
      |: .|: |: .l:丶- イl\:.:.:.:.∧::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:.:.:|
      |: .|:ハ::ルイノ::.::.ゝく:〉:.:.:.|::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::/::.::.::.::.::.::.::z―――― ヘ:.!
      N/::.::.::.::.::.::.::.:f/.〉:.:.:.|:::::::::::::::::::::::::::::::::: /::.::.::.::.::.::.::/        !i!
      `ー――‐. 〆:./:.:.:.:.|:::::::::::::::::::::::::::::::::/::.::.::.::.::.::.::/         .j/
          イo/ハ:.:.:.:.:.|ヽ、:::::::::::::::::::::::/::.::.::.::.::.::/ 
         /∧イ; /∧:.:.:.:|;;;;;\::::::::::::::::::/::.::.::.::.::.::/  
         /::::/:./..l!l...l.∧:.: |;;;;;;;;;;ヽ,:::::::::::/::.::./  ̄    

┌────────────────────────────────────┐
│ しかしその時やる夫は不在であり、ただ女中のみが出て辞表を受け取ったという。  │
└────────────────────────────────────┘



548 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:33:20 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────┐
│ 午後8時半、革新派が勢ぞろいする中土方邸で共同声明が発表された。    ...│
│ 革新派の大番頭を自覚する本位田が興奮した面持ちで声明を読み上げた。   │
│ この内容は、土方声明とほとんど同じものであった。                 │
└──────────────────────────────────┘


             /lllllllll|/lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/llll|     . : ::.::::.::::::::::::::::::::::
          /| /llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll レ  . : ::.::::
          illlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll/ . : ::.::::.  ……我々は総長宅に赴いて
         ;lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll1 . : ::.::::. 
         |llllllllllllllllllll イ^^^nnniiiiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllllllll1 . : ::.::::.  辞表を提出してきました
        |llllllllllllllllllll Nヘwwi  ii   ii 」ヘ llllllllllllllllll| . : ::.::::
        Nllllllllllllllllllllll/:::::|\lllllllllwwww/| |wllllllllllllllllll| . : ::.:::   この1年間舞出経済学部長が勤めた事は
        |llllllllllllllllllllll/|::::::|  \llllllllllllll/.| | |llllllll|lllllllllll| . : ::.:::  
        |lllllllllllllllll/:ヽ、.:|::::::|: `''ー'´  | /illllllllllllllllllll| . : ::.::::   大内教授擁護と土方教授排斥でした
         |lllllllllllll/\: \ :| |:::|:::::|  / /|llllllllllllllllll| . : ::.::: 
         .|llllllllll/::::  \ ヽ、   ,.-'´,.-'´ ヽlllllllllllllll| . : ::.::::   今回の事態は舞出経済学部長が田中法学部長と
         |llll|llll\:::   `''-、!| |!l,.-'´ ii   /lllllllllllllj  . : ::.:::: 
         |llll|lllllll|:: ̄:¨'' o--、 .-ーo―''" ̄.|lllllllllll/  . : ::.::::   結託して行った執拗な陰謀であります
         |lllllrヽll|:::: `''ー- ::| |:`''ー-'''¨  |llllrヽll   . : ::.:::: 
         1lll{ |lll|:::J::一一一十|一一一| し|lll|  |   . : ::.::::   今やマルクス同情派思想と奸悪と無知とが
         `、ヽノlil|:::::./   .:::| |::       |lllヽノ    . : ::.:::: 
          `、llllヽ/  i   :::| |::      /llll/     . : ::.::::  学部を支配しております
            〉lll|ヽ:::    (、U, )   \/llll〈      . : ::.::::
           ∧lll;;;;ヽ::::i──────i /lll/ ハ     . : ::.::::  このような場所に留まるより我々は潔く
     _,,,.-―'''' /:::/ヽ|;;;ヽ:::   __    /lll/:`i::::ハ`''ー 、  . : ::.::
,.-―''''":::::::::::::::::::/::/:::/ |;;;;;ヽ:::J  ;;;;;;;;;; \/ レ;`i:::`i:::`i::::::::::`''ー 、   身を引かんとするものであります……
:::::::: _,,,.-―''''"7:::/:::/::::| ;;;ヽ;        /;;;|`i::::`i::::`i::::`i::::ー、:::::''ー 、 : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::/:::/:::/:::/|  ;;;ヽ_____/;;;|`i::::`i::::`i::::`i::::  `i、:::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::/:::/:::/:::/::|    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  |:::`i::::`i::::`i::::`i::::::::::::::::::::::


549 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:34:20 ID:nEJ2BM6k0

             ,. -──- 、
          /  , ヘ .._  ,.、\
        /  /__      ̄   ヽi                 粛学反対を訴え、
          l   〈 ゙ー-゙ニコ!  lLニ-1
.        | r,=ヽ ===i  /==i                 土方派全員が辞意を表明した本日は
          | |ト|.| `ー-   \-‐l
   _  __| ヽ」l u.    r __ \!                 記念すべき日であります
__ノ´   `l/|  ./ヽ  'ー───´l
_,, ニ=-‐'''7  | ./  :ヽ.   --   l                  どうでしょう、本日1月29日を
      /  K.   ::ヽ     l `'''ー- 、._    (
     /   |::\   :::`ー:ァr─1   r '_ニ⊃   __ ) _ )    「革新派記念日」と呼び、我々全員
    /    |::::::::\   /:::|  |  /∠、ヽニ⊃( _ ⊂、
    /     |::::::::::::::::X::::::::::|.  |./   ‐‐ゝ\i   ) ノ      毎年この日に参集しようではありませんか……
   /    :|:::::::::::;:く  >、::::|  /    ,二ニ\> ノ'´


550 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:35:20 ID:nEJ2BM6k0

         __,,,.... -――‐- .._
       /vV///∠∠彡:ニニヽ
      {/`ー-‐'''"´   二二ニニl                それはすばらしい……
     /ー--‐''''"´    二二ニニ|
    ,/ー---‐'''"´__   ニニ二二|                諸君の忠義を私は決して忘れない
    〈べヽ l. ヾニ-‐'''ヾ> =r-、ニニ|
    },-o->  ヽPニニ  ミ ス.|ニ二|                我々全員一致団結し、
.     |二/,'   ー― '  `に!|二ニト、
    |/,' __ ヽ\    r<二ニ| \             共にこの日を祝おうではないか……!!
      | 「r---一ァ'!   | \ニ|   |`'ー-、__
       | !` 三 ̄  l    |    \!  |
        \       _.. -''"    /|    |
    _,.. ‐'''"`ー <´       / |  |

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 彼ら思うところの反国家思想に対する「思想戦」を決行しえたとの思いが、彼らを興奮させた。  ..│
│ 彼らは平賀体制打倒の夢想に浸ったのである。                                 │
└─────────────────────────────────────────┘


551 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:36:20 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────┐
│河合派もこの時行動を起こしていた。                  .  ...│
│1月30日、山田に遅れて弟子3人は相次いで辞表を学部長に提出した。. │
└──────────────────────────────┘


安井琢磨助手\                                     山田文雄教授
      __   \                ネ申l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
      ノ、_ヾ/:::::::\              :  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
.  |  r''_rァy'::::::::::::::::::::\            : j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
 、ヽ、l  ヽ,':::::::::::::::::::::::::::::\          .  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l
  \` i.  i::::::::::::、:、::::从`"i:::i.\        . i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::'
     l. l:::::::::r仝ヽ`tヾ-ハ::l  .\     j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、
     ,|. i:::::ヾ、・     ・ i i!    \....... "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
    ,.:イ廴.ッ、:::゙、       u i難しくて\.  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii
   l`k、.....-'i:::ヽ  ___    人      \.  i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    |:.l:. :. :. :.l.ヾミヽ ー''' //ヽ僕には…∧∧∧∧::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
───────────────<  の 全 >──────────────────
  /.:.::::::::::::/::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::: / <  予 員 >        ,r= 三 三ニ= 、     /
  .|.:.:.::::::::/:::::::::/::::::::::::::::/::/::::/  <  感 辞 >    ,. r=ァ'´/ / =、 `ヽミYf´=ミ、 |.   辞
  |.:.::::::::/:::::::::/::::::::::::/‐//:/,-‐-- .<  ! ..職 >  ///Y //   ! ! ! ヽ ∨!l=ミ 、ヽ  職
  |.:.::::::/:::::::::::::/-‐-、  //   ,,-- 、//∨∨∨∨  // // .! !l ! l ll l l  ',  V|lヽヽ ヽ ',  さ
  |.:.:::::::::::::::::/<´ (::.゚)ヽ /   /(゚..::) ,> |:::::::::|  |  ! l // .! !l l ! ll '、ヽ l.  l !! l ll  l l  せ
  |.:.:::::::::::::::::|  " -- "   i  ` ‐‐"´ /:::::::::|  .|... ! l/ll   ! ll从 八从 ヽ__ヽ!  l/! ! !!  ! !  て
  |.:.:::::::::::::::|         |      //::::::/  .|  ll l! ll.  l l!!lイ砂   イ砂ァl  l/! ! !!  ! !  く
   |.:.:::::::::::::||               / |:::/  ....|  || l! !!  | | |l `¨    ¨´ |  ! l l ||  | |  だ
    |:::::::::::|        `  ´      |::/     |  || !! !l  | | |ハ、 ‘__   /!  ! l l ||  l l  さ
    |:::::::::::|     ____ __    /|/    ...|  N从 '、 | | || 心、‘=’ ,.イ|_l  l l l / //  い
     |::::::::::|     ` ̄~^ ̄´   ///    .....|  八 ヽヽl | |ムノ;;:`¨´::::::;;ィl  !、_/_ //|
     |:|:::||:| \      "    ///       |    X´ ';l l ト-゚。、`¨¨¨´。゚ ! // // `ヽヽ
      | || |  \      /::://       ..|   ,′  l l l   ゚。    。゚ l// //    ', \__
      f:h、__    ` ‐--‐´ |::|         |   !    N ヽ-、 ゚。  。゚ ,..//ー'/    !   
      |::::::::::~^''ー-、、,,,__,,,,ャi:|        .....|   |  ,rg|;;;::::.:.:.:.ヽ゚。゚/.:.:.:.:::::;;l、 ,.rg、 |
大河内一男講師                    │                  木村健康助手


552 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:37:20 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 彼らの間では、昨年10月には既に師匠が辞職を求められたら連袂辞職するという         │
│ 話がまとまっていたのである。                                            │
│ これで先の山田と合わせて門下全員の辞意がそろい、土方に劣らず領袖の面目を施した。  .│
└────────────────────────────────────────┘


                 _,... ------- 、__
             _, イ//r‐‐<テ三三三`ヽ、
            ,∠,rこ二二二、 ̄\:ヽ二二:.:.:ミト、            ニ_|_
           /://(Tト、:.:.:.:.:. ̄≧、ヽヽ \ミト、ミト、            ニ   !
         /://:.:./ハヘ:.ヽTト、:.:.:..:ヽ¬Eヘこヘ:.ヽ:ミト、          □  |
        _////:.:.:.:l:.!:.:.ヾ:.:..:.:ヽ:.「:.ヽ:.:.ヽ:.ヽ:.:.「カレヘ、:.:.:.ト、          ―┬―
   ,....''´::::://,イ7!:.:.:.:.:!:l:.:.!:.:ト、:.:.:.:l: ト、:.:.ヽ:.:ヽ:.ヽヽ:.⌒!ヽ、:!厂!      | |二|二| |
   l:::::::::::::l l:':.:ハi:.:.:.:.:.N:.:.!:.:.い:.:.:.:!ト、:.、:.:.\:ヽ:.:',:',:.:.:.ト、 V /´\     | |_|_| |
   l:::::::::::::l l:.:.l:.:/!:.:.:.:.:.!:!:.:l:.:.:.:い:.:.l:!:.:.ヽヽ:.:.:.ヽヽ:V!:.:.:.!:.:ト{  l:::::::::::ヽ     ̄ ̄ ̄
   l:::::::::::::l |:.:.!:ハ!:i:.:.:.:!:ヽ:!:.:.:.:ヽヽ!ト、:.:.ヽヽ:.:.:.:',:!:い:.:.:!:.:!リ  !:::::::::::::::! ヽ   マ
   l:::::::::::::l |:.:.!个ハト、:.:.!:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽリ:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.:.l:!:!:.:l:.:.:!:.|:!  l::::::::::::::::|  フ |二|二|
   l:::::::::::::l |:.:.!:.l:.!:.:い:.:l:ト、:.:ヽ:.:.:.:.:\:.:.:ヽ:.:.',:.',:.:九:.:!:.:.l:.:!:!  !::::::::::::::::!  ) !‐‐!‐┤
   l:::::::::::::!ハ:ヽト!:.:.ト、:ヽ:.:.ト、::三ト、:.\:.:.ヽ:.!:.!:l:. ハ:!:.:.l:.:!:! !:::::::::::::::'  '^ー―――
   l:::::::::::::l:.:.:ヽ:.!:.!:.:.!ハト、:.ヽ:.tト、三 __:.:.:>、:l!:.V:.:.:l:!:.:ハ:/l {:::::::::::::;'   | / ̄ヽ
    \::::::::ヽ:.:.:い:l:.:.「`tふト、:ヽヽ「ヽ,ィ,さ:ァー示::!:.:.:l:レ':.:l:.ノ ト、::::::/r、   レ'   |
     \:::::::ヽ:.:い:.:.ト--- '`~ヽヽ`く `ー '´ l |:l:.!:.l:!/:/!「こ_ノ::,ノ;;;.く       ノ
       ヽ:::::::ヽヽト{ト、     `ーヘ       l:lノ!:./:/:./_____/;;;;;;/     ̄
       / ̄`トい `               リ l//!レ'ヽ /;;;;;;;/
        /:::::::::::l:.トい                    /イ!:::::::ヽン;..<_
        !:::::::::::::ヽ:::::ヾ.  (_ ヽ ノ´      ,イ!T!:::::::/,イ  `ー‐‐、_____
  ,、__,ノ⌒l::::::::::::::::::::::::::::ト、  Tニー‐‐‐,‐''   //l|:://::::「 ̄`ー~ーr‐‐ 、こヽ、
      l:::::::::::::::::::::::::::::l ヽ、 `二二´   /  !」」イ//:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y ヽ
 .r-‐‐‐‐┤:::::::::::::::::::::::::::' ,   ヽ __    ,∠ィオエ「二ソ´::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{  ヽ
 :ヽ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::',  /::::ヽイ_,==ン7T7::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::::::L |
 ::::::ヽ:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ !::::: ル '´  ,' / !:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::!:::::::::::::::!  !
 ::::::::::ヽ::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー‐<    ノ⊥ノ:, ---、:::::::::::::::::::r:ゝ::::::::::::::::::::::::::::}  |


553 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:38:19 ID:nEJ2BM6k0

            __ ∠._  ̄`Y彡 ヘ    , - 、  ト、  |
      , -‐r'´      `>、{ ノ人__/   ヽノ  }ノ
       /     、       ヽへ、\
      〈    ト _` ー- 、    l l \ |            河合派、土方派一斉辞職か……
   /{_.人    ヽーァテ=ャY\  | l  \
   ゝ / `Tァァー-ゝ ゝ^ン   | /レ ニヽ / {\         でもさ、これだけ大量の人が一斉に
    /  l  |/ィ=、        |./  〈 ノ/  \}
    | 八  入^rノ       ノ   rく/             辞めちゃったら、その後どうするんだろう……
   ∨{ rヘ `T  '             ハ/
     `ヘ{  `T`     _      {              せつな、一体経済学部は
         丶  r '´      /  〉、
           > .    .ィ   /  \           どうなっちゃったの?
               `¨¨´ }/  / ̄`\
                 /  //       ヽ
                /ハ  / /      |
                /V^}ノ /         |
                  / /    |          \
              / /    ハ           |


554 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:39:19 ID:nEJ2BM6k0

               ,  -―- 、_
              /: :/: : : : : : :>、            ……やはり一時的に大混乱に陥ったわ
            /: :/: : : : : : :/  ヘ
              /:_:/:_ : : : -‐ ´ /: : : :.          当時の経済学部は河合・土方と留学その他で
           / ,/{ _ _   イ: : : : : : l
             l// 丶: : : : : : : l: : : : : : :;          不在の2名を除けば、現役教官は助手を含めて
         /l: :l `ニ´ヽ: : : : : :|: : : :/: /
          /  ヽト、ヘ:}  l : : : : |: : :/: : {           総勢19名だったの
      /   / l:::〉   |: : : : /: : {:.:.:.:.:`ァ
       ヽ  ー' 丶 l::\ _ |: : /:/l:.:.:.:ヽ:.:.:.く          そこから河合派4名、土方派9名が辞表を出して
         丶.   l/::::}フ7|: /l/ /:.:.:.:.:.}\:.:ヽ
             丶、 }://::::j/、_ノ.:.:.:.:.:.:.j   \}        なんと13名がいなくなったのよ
             ` 〈::::Nフ `フ.:.:.:ノ:ノ    ヽ
               `7r' ∠ニ≠´     _」      しかも当時は第三学年は卒業試験を目前にしていたの
                   / ]lo l [    └i  /V
               { |l l |      Y   |       事務所前には「○○教授本日休講」の掛札が並び、
               ヽ.[l l ]        l  |
                |]lo l[         l   |       登学してきた学生を唖然とさせたの
               /l_l l_l       l l   |


555 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:40:19 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────┐
│ しかし学生たちは、この混乱の元を見極めていた。                    .│
│ 彼らは経済学部研究室の黒板を天地一杯に使い、白墨が折れるほどの勢いで   .│
│ 総長支持の檄文を走らせたのである。                               │
└───────────────────────────────────┘


 [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]
  ||                                               ||┌──────┐
  || ノ‐┐゙  、   ‐┼┐  、   ヽ  ノ       _イ__   __    ... . . ||│時 間 . 割 .表│
  ||  丿  _ ノ  丿 」  _ ノ   /   ̄ ̄   丿 ∋           .||├──────┤
  ||                                               ||│月火水木金土|
  ||    __/ ̄/__ [][]. / ̄/ ./''7    /'''7'''7[][]  .   /''7 .... .. ||├──────┤
  ||   /__  __  /     ̄  / /    / /i  |   .. .  / / __ ...  ||│            │
  ||   _./  //  /    ___ノ /    _ノ / i  i__    .. / /_ノ ./....  ||│            │
  ||   |___ノ.|___,/.   /____,./   /__,/  ゝ、__|   ./_____,ノ .     ||└──────┘
 [ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二二ニニニ]
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


556 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:41:19 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ この日、30日の新聞には学生たちに対するインタビューが掲載され、明らかに革新派が . . ..│
│ 反感をもたれていることを報じた。                                       │
│ 革新派の教授たちは自分たちを擁護する世論が沸騰するのではないかと踏んでいたが、  │
│ すっかり当てが外れてしまったのである。                               │
└───────────────────────────────────────┘


          /\___/\
         / /    ヽ ::: \
         | (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   , --、   |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < 革新派の声明はデモ的でいやだな
  l;';';';';';}.   |   ,;‐=‐ヽ   .:::::|    \______________
.  〉-y'´   \  `ニニ´  .:::/
  /7./     /`ー‐--‐‐―´´\

           ∩___ ∩
          /       ヽ |      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | ●   ●  丶     |  あの声明書の個人攻撃には反感を持つクマー
         ミ  (_●_ )    |     |
        /´、  |∪|   、彡    <  個人攻撃で自分の都合のよい声明は、
        ( <`丶 ヽノ  __\    |
  , --、   \_) 丶   (___)     |  これを読むものには快く思えないクマー
 l;';';';';';}.      丶       |      \____________________
. 〉-y'´       / /\  |
./7./        (  (    丶 |
.. /         /  )    ∪
         (_/

          |\         /ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |  \       /   |    |  河合教授に対し山田教授が辞めたのと、
          i    \___/    | .   |
          ヽ,.           |   <  土方教授に革新派が行動を共にしたのは違うんじゃないか
          /   _ヽ,,  ノ_   |    |
   , --、     i              |.   |  一方は人情で片方は他意があったんだろう
  l;';';';';';}.     ヽ    ノ ̄|      /    \__________________________
.  〉-y'´      >   ´  ̄ `    <


557 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:42:19 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ なお悪いことに、この一連の報道に目を通した荒木文相が、革新派の居丈高で舞い上がった態度に   .│
│ すっかり腹を立て、以後明確にやる夫支持を表明するのである。                        │
│ 事実上これで彼らの運命は決まってしまった。                                       │
└────────────────────────────────────────────┘


             ,.r-‐ァ'""`ヽ、
          ,. ィ" ''" 、'"    `ヽ、       ……私は今まで土方個人には反感を持っていなかったし
         ( / ,.r-、  ミ .._ ~`  ヽ
          ゞ'   ヾ、ミ r=、     |      その立場に同情もした
         l | ,ィ'二   |  ! ;i ノ    |
         `f `'” .::::::| ル'7       !      しかし、このような暴言を吐く輩に対して
            /;::  :::::::::::レ^' レi     |
          ヾ;   ::::::::::ノ   人 :;  ; |      これ以上同情する気はない
  r=‐-、_     T´  .::::::/:::,,.----キ; : ハ
  ヾ:::::::::::\`ー: 、∟...::::;;y;''"     ル リ     これから私は全面的にやる夫総長を支持する!!
    ヾ::::,r‐‐'^ヽ、_,,,.-‐^  逆シャア  リイ人


558 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:43:19 ID:nEJ2BM6k0

         /            l ヽ
        /                 l   l      こうして荒木文相が公にやる夫支持を鮮明にし、
         /             ノ  |
         ,          >  ´ |  |      またマスコミも「平賀粛学」支持の論調で統一されたわ
         l          ,.ィ≦`    |  l.                      レンペイ
         |  |    /ソ`   ,ィ≦| ,'      もっとも一般市民の関心は連袂辞職や経済学部崩壊に
         |  | |   /       ヒソ ,: /
       /  || /       .{   /: /       向けられて、この問題が本来国家主義と自由主義の
    、__/,   l/|: /ゝ  - 、  イ: /
    `ァ'     ! l/  、\ ´ /l:/ /         対決だったことは誰も気に留めなかったの
    /:/    ト、___ ,>ーくl  l'|/
    /: :/   , ,'   /     l             つまり、思想問題を政治問題に転換させたやる夫の
    {: :i   /l:/  /      /
   V:{ /  ノ  {      〉ヽ           計略は見事に成功したといえるの
    Ⅵ/    \ V       | _.}
     lV ーrr ―寸|     |´ノ


559 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:44:18 ID:nEJ2BM6k0

  /{_/⌒/⌒スヘ., -‐f⌒ヽ _ `ヽ _ /⌒\⌒ヽ
  {         [:/ , |     \ハ:::::]      しイ    やる夫さんと、その計略を生み出した
  / /      /l   {: :l l  |ヘ l  V:::」        く
  レ'{/⌒ ー ' V :ハ/ヘl  !ーl/v: : l⌒ヽ __, - 、  } }    田中法学部長の読みがあたったんだね
     _, ‐-、  ∧ :{ィ=、 \{lィ=、|: : /:l      }ノレ'
    //´ ⌒ヽl ヒト 、_'_    /: イ |             大量辞職は確かに厳しいけど、
     {     lノ{フ ハ  }'⌒/´ イノ {フ
      〉   /  _l ̄ ̄lー' /_                きっとやる夫さんは何とかしてくれるよ!!
    /^ ー 、//⌒lヽ  |`¨´l   /
    /   /'    l  \   {\/-、


560 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:45:18 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 出処進退をいち早く明らかにした「無能教授」山田文雄の引き際は見事であった。        │
│ 最後となったこの30日の講義では、無能ゆえ普段人気のない教室が満員になったという。   .│
│ 学生の拍手に送られながら、山田は教室を去った。                          │
└────────────────────────────────────────┘


         _,,ー-"~::::::::::::::~~"ー--,,__              | 退 退
       ,, '~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'ー-,,,_          .|  職 職
      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-,~"'ー,        .| ♪ ♪
      ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         /  ♪ ♪
     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"::::--,,_     ̄\____
     ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',~"~~"
    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!          「────新聞でご存知の通り私は自分の
    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   , イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!         所信に従って大学を去ります……
  /  !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  / 入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(         (略)自分の講義は不完全なだつたがその中から
_,,--ーー ''""/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ__
 __,--ー '~,::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"ー -,,__     何か得るところがあれば自分の満足これに
~~::/::::::::::::::::::::::::!::::::::::: ノ:::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~",
::/::::::::::::::::::::::::::::::):::::: イ::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,   こした事はありません……ではさよなら」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::/:::!:::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::!::::::::::::::::::::::!:::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,  (『読売新聞』S14.1.31)


561 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:46:18 ID:nEJ2BM6k0

            ∧_∧    ∧ ∧                     ..┌───────────────────┐
           ( ・∀・)   (゚Д゚,,)                   ..│ 1月31日、粛学具状から数えて4日後、    │
          i^i ̄(iノ '^:^')  /~ : ~ヽ    ∧_∧\         ..│                          ......│
        ∧_∧|  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (∀`∧_∧         │ 河合処分の文官分限委員会が        .│
     /(   ・∀) /            \: (∀` __)\       │                          ......│
     ∧_∧V:)./                \:  ∧_∧        .│ 首相官邸で午前10時開会された。       │
   /(   ・∀) /                     \(∀` __)\     │                          ......│
  ∧_∧ V:/                      \:  ∧_∧    .│ しかし、河合・土方同時処分を         │
/(   ・∀)/                       \(∀` __)\ ..│                          ......│
i^i(  V:/                            \:  ~~) i^i .│ 具状では要請したはずなのに、      ......│
| | (  ⌒| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   )| |  │                          ......│
| | ̄(__|                                  |_) ̄| | ..│ 土方処分は文部省の意見が統一できず  ...│
                                          │                          ......│
                                          │ 荒木文相の判断で後日に見送られた。   │
                                          └───────────────────┘


562 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:47:18 ID:nEJ2BM6k0

      _____   ┌───────────────────────────────────┐
     / ヽ____//   │ そして、何よりも後世に問題視されることになったのが、           .    .   │
     /   /   /     .│                                                    │
    /   /   /  ........ │ 文部省が具状の内容を勝手に書き換えたことであった。                │
    /   /   /      .│                                                    │
   /   /   /       .│ 本来河合の休職理由は「派閥抗争の責任」「思想表現の欠格」であったが、     │
   /   /   /       .│                                                    │
  /   /   /        .│ 文官分限委員会に提出された休職理由書ではただ「思想内容自体の欠格」    .│
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ..│                                                    │
                .│ だけが問題とされ、大学側が示した理由は消されてしまったのだ。         ....│
                .│                                                    │
                .│ さらに、この一方的な変更に対しやる夫はなんの抗議も行わなかった。        .│
                .└───────────────────────────────────┘


563 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:48:18 ID:nEJ2BM6k0

     l: : : : : : : : : : : : : : : :   / |  : : : : : : l
      l: : : : : : : : : : : : /:   /   |   : : : : : ::l     この変更は非常に大きな意味を持つの
      l: : : : : : : : :  : /:  /    ハ  : : : : : |
      |: : : : : : :    /: /        ヘ   : : : : |    大学側の意見を文部省が通さなかった、つまり
      l: : : : : :   / \      / ハ   : : ;
     v: : :   〃=ミト   ィ彡=ミ1  l: :/     大学の自治が否定されたことになるのよ
      |: : :  / f:ん}        f:ん} |  :!:/
      |:|:  / ヘ辷ソ      辷ソノj  :|:|      大学自治を守るための粛学が文部省にその否定の為に
      l:|:  li       {|       |  :|:|
      リ!:   |ヘ     , ー 、    /| :l|:l      利用され、しかも総長が何の抗議も行わなかった事は
     /ハ:l l: ::.\   `ニニ´   / :| :从
     /: :从ハ : : : 丶      イ:  j/: : :\    やる夫の戦時国家体制への歩み寄りの第一歩だとして
     /: : :  ヽ| : : : : l >--< l:|: : / : : : ヾ\
      : :    l: : rノ       l:j:    : : : :     戦後に批判の対象となるわ


564 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:49:18 ID:nEJ2BM6k0

 {J: : : : _」: : : : : : : : : : : : :\ゝ イト、: : : : : : : :|: : : |ノ
 ゝ /: :/::ハ: : : : :|\\: \ : : V: |:l    ̄`ヽ: :ト、: :ノ
   {: : {: : :|:t: : : lー― \:l: : : |、:|:l     レ' }ノ     やる夫さんとしては、、きっとそれが
   ゝ: {: l: N ト、:l  テ示F !: : /リ l/
     `ヘ: Vfヒ}   ゞ'´ 」/ノ:/|              一番の方法だと信じていたからなんだろうね
       `T  '  _     /V 8
          8\ ´      ',               当時誰がどう行動できたかを
          丶 __/     ',
             _」_   ヽ              後世の尺度で測るのは難しいよね……
           /´    `ヽ\ー〈
              ,|      \ヽ ',
          /:|        l |  |


565 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:50:18 ID:nEJ2BM6k0

【結果発表】

パッ   パッ   パッ    パッ   パッ    パッ
 [可決]  [可決]  [可決]  [可決]  [可決]  [可決]
  ∥∧∧  ∥∧∧ ∥∧,,∧ ∥∧,,∧ ∥∧∧  ∥,∧∧
  ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
   (    ). (    ). (    ) (    ) (    ) (    )
   `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u

┌──────────────────────────────────────┐
│ 文官分限委員会は1時間足らずで河合処分を可決。直ちに閣議決定、上奏裁可を経て   │
│ 午後2時半に河合の休職が発令された。                                │
└──────────────────────────────────────┘


566 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:51:17 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────────┐
│ 石黒次官から休職理由の変更を含む一連の休職決定の流れの説明を受けたやる夫であったが、  ..│
│ 彼は異議を申し立てることもなく、動じることもなかった。                              │
│ それが、やる夫の割り切った”実務的な”判断だったのだ。                               .│
└───────────────────────────────────────────┘

       ___
     /.~~~\           ……今回の最大の目的は河合・土方両教授の排除だお
    /  \Ξ/  \  
  /  ( ー)―(ー)  .\        それを達成するために荒木文相に一任した以上、
  | :::::( ((__人__)))::::::: |
   \    ` ⌒´    /        些細な内容の変更があっても口を出す気はないお
   /,,― -ー  、 , -‐ 、
  (   , -‐ '"      )       土方が排除できなければ粛学自体が崩壊するかもしれないお
   `;ー" ` ー-ー -ー'
    l           l         でも、やる夫は荒木文相を信じるんだお


567 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:52:17 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────┐
│ 河合はこの日、通算12回目で最後となる          ...│     /// ,| | イ l: l |  田
│                                   .....│     //// | | |/l:. | |  心
│ 検事局の取調べを終え、各方面にあいさつ回りをして  ....│     /| |/,∠乂/: |ミ| |  〈, ゝ
│                                   .....│     /|/代hメ /:;l/ミ//
│ 帰宅したところで夕刊で休職発令を知った。          │     /{Ⅳ/ ̄ 「:::/ミイ  ネ甬
│                                   .....│     /    ,  jyイ    ´ ̄`
│ 休職理由が「思想内容自体の欠格」とされた事は、   ......│     \ `ー久       レ |
│                                   .....│       >rイ  |          _ノ
│ 問題を再び思想問題へ引き戻したと解釈でき、        │     ^入 | | |
│                                   .....│     〈 〉┤ |. !      /
│ 河合を大いに満足させた。                    .│      | |ノ/  |      ・
└─────────────────────────┘


568 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:53:17 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 思想問題での対決は、河合の本懐とでも言うべき「ゾルレン」(かくあるべき姿)の結末といえた。   │
│ 新聞記者との談話でも「ゾルレン」を意識し、門下生を思う師の姿を演技した。                │
└──────────────────────────────────────────┘


                _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_
             ,,,-'''"`::::::::::::::、:::`゙'―-、,、           「かうなる事は昨年から分つてゐました。
           ,/::::::::_,-:::::::.,/:::::::、::::::::::::`'-、
       : ,/`::::::,/:::::::,/::..::::,/::::::::::::::::::::\         私が大学を去らなければならぬ結論は
        ,/::::::,/:::::::,,r,i´,,/:::::,i´:,":::::::::::::,:::::::゙l、
      丿:::/::::::,,//:,/`:::::::,i´:::l゙:::::::::,!:::l"::::::.,,!        分つてゐても、さうなる経過が大切です。
      │:,へ:::::/:::/::/:::::::::,/::::::l゙::::::::,l゙:::,「:::::::::|:|、
      l゙:,i´:::::::,/::、/:./:::::::,/′.,:l゙:::::::,l゙:::,il′:::::::|:゙l       でもその結果は充分満足でした。
     .l゙:l゙::::::::,l゙::./::l゙:,".,ィ_,,/│:::,,l゙::::/l゙、::::::::|:::゙l
     {::::::::::,l|:::/::::|:レ',i゚,ο广 /::,r',i´,/,,,|l]::::::::l゙::::|       私の心配してゐたことは、山田教授、
     {::::::::/:|:::|:::,,/'广゙゙"  ,l/.,l゙'八σl゙,z::,l゙::,::|
     .゙l:::::,l゙ .゙l:,!│      ` .″!``` .レ||:,l゙::/|l゙       大河内講師、木村・安井両助手の事でしたが、
      |::::ヽヾl`:|          .  .i".||/:::,i´:
      l゙:、:::゙|..゙l,l゙        `'  "   .|'゙,::,l゙        二十六日の平賀総長との会見の節、
       |∥::::|:|.〔     ` 、__. -'"、  l゙l゙|/
       「│:::゙| `'-、      ,,,,,、   ./,i´レ          この四人は必ず保障して貰へるときき
         |.,:::|   ‘'-、           ,/,i´ `
       リ| │  \、     .,イ, /`            非常に安心しました」(『東京朝日新聞』S14.2.1)
        ,,-ミ|  ゙l    ‘'ー、,,,,,/゛.レ]/
    ._,,,/、 'l"'ー-ヽ,,__       l゙,!\
   :'"^;;:,!;;;;;;: : ゙l    ` ̄\ ,,-ー'''゙~`,!\,_
  : ;;;;;; |;;;;;;;:  .゙l     ,ィ'"゙゙,广|i、  l゙;;;;ヾ゙"~-,,,_
  : ;;;;;;;;:|:;;;;;;;:   .゙l   ./ヽ/ .,イ ヽ  |;;;;;;;;ヽ;;;;;;;:   ~゙'''ー-,,,,,_、
  .;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;   │ ./  .ヽ./," ヽ│;;;;;;;;;.゙i、;;;;;;;;:       ⌒'''―.
  ;;;;;;;;;;:|:;;;;: :    ゙l'"    ,″ ゙l   ゙|;;;;;;;;;;;;: .ヽ;;;;;;;;;;;:         ヽ、


569 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:54:17 ID:nEJ2BM6k0

    /            .> '"´      |  |    「ゾルレン」と「ザイン」(かくある姿)については
   ,            /          |  | 
   |        / \_         |   |     以前説明したわよね
   |  |     /fヒテー-、 `     、___  !:  l  
   |  | |   / `冖¬    / fヒテー 、./:  /     門下4名が師匠に殉じて辞職する事が彼にとって
   |  | |   /          `冖¬ /:  /  
   l  | |  /         l     /: : .'      「ザイン」であるにもかかわらず、彼はそれを
   /  j:/:!  :'       __     /: : /    
__// /:从 . :|  \     `  /: : :  /       おくびにも出さなかったの
: /  , : : ハ. :!   \     . イ: : : :   /
    /  : : : ヘ|    /: ー'´: : :/|: : : :  /        裏表のある矛盾の演技を河合は見せたのよ


570 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:55:17 ID:nEJ2BM6k0

-‐  ´            /   ノノ\: : : : : : : : : : :    いずれにせよこれで河合は粛学の舞台から退場するわ
              // , ィf〒テ ハ : : : : : : : : : 
            /  //弋ヒン/ l : : : : : : : : |    そして、新たな戦いの舞台となったのが
         .   ´  、./   ー一'   l: : : : : : : : :|
        イ≧:x._   ´            l: : : : : : : : :l    東大法学部よ
   .  ´: : | 弋rソ`             |: : : : : : : :/:
ィ:´: : : : : :|¬'´              |: : : : :/: / :    法学部は経済学部と関係が深い事もあって、
 l: : : : : : : |\     }〉          | : : : /!:/ : : 
 ヽ: : : : |: :l: : :\     _, -‐¬    /|: : : /:j/: : :    上記のように大学自治が踏みにじられた事や手続きの
   \ : l: :l: : : : :ゝ     `二´   / /: : :/l : : : : :
     V\: : : : : : :|> 、     /  /: : ://: : : : : :    強引さなどに批判の声を高めていたの


571 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:56:17 ID:nEJ2BM6k0

                        , - 、. -、_ ノ!
      r--'⌒ヽ _ _ , -――-、/      く        法学部、つまりやる夫さんの相談役である
    ト-'    r' f<   --r{廴        }
     {     /ー/|      ̄`ヽーハ._ノ⌒}ノ        田中法学部長のお膝元か……
     ゝ{⌒ ー' / \、 ト、   V \
            {  l∠\∟\ |ト、ノ l             理詰めで追求されれば確かに反論は厳しいよね
          人 { ┰  ┰‐Vノ ノ {}
        rr―、nl      ノイ nr―┐          一体どう乗りきるんだろう……
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈ノ{_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{_ノ  ̄ ̄ ̄


572 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:57:16 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 河合処分も決定し、俄然注目は処分未決の土方に集まった。                   │
│ しかし土方を支援する国家主義勢力は、土方処分の反国家性を訴え彼を擁護した。 ....│
│ 蓑田胸喜が主催する『帝国新報』は粛学を「無思想の喧嘩両成敗」と評し、         │
│ 「裏に田中法学部長等の陰謀あり」と土方声明に呼応する暴露戦術に打って出た。  ...│
└─────────────────────────────────────┘

                 ___,,r=ー--、,,,,,__        ,、
    __ ノ\   // .,、-='ミV/////彡彡彡ヽ、    / `ヽ、_
    )  エ `ヽ、.   / ミミ y// 彡彡彡 三\ ヾ<゙  エ  7
    〈   フ  /  /ミミ\///// /彡彡 ミ\ l ii   フ  _l
    ゙i,  ッ /  /彡.彡=、_川/ 彡=ー'''))-、三 三ミ) |   ッ /
     ゙i, /゙.  ,ノ彡/ )):.:.:`'''ー''゙)):.:.:.:.:.:((:.:\_彡三 ) !r''' ̄⌒
      !'゙   (彡 |:.:ノヘ、゙l:.:.:l:.:((:/ ,へ、,,_)):.:゙i,三三ミヽ )i
        / | l 彡ノi/゙\|i :.|:.:.)//゙゙゙`''ヘ、(('i=y'゙iミミ゙ヽ、
     /\  l  .l彡rt, ,,==、゙i, l:.:.:(/゙゙,,m==、_ _ノh,/ .ノミミト、_,r'''゙,r=-、
   / エ \ i  )゙i、| .( (())i,:.i:.:.:/:::::(.(())ノ`:.:.:.:.:.:lノヽ,ミミミ==''゙
   )  フ  > ノ((/.゙i, :.:.:.;;,,ン i i(:::::.:.Zニ,__:.:.:.:.ノ.゙i:.:.:.:iミミミヽ==、 \
  <   ッ  / ./人川ヽ、( :.:.:/=ミー、::.:.:.:.:.:ノ,イ ,ノ:.:.:.:.゙i;;;\ミナ-、_ .゙i,
   \ _,rー'''!゙ Vハメ.|:.:.:i:>、:.:`-=r''゙゙:.:.:.:.:.:.ハ y''゙::.:.:.:.:.:.:.`i;;;;;i、ヽ
    `'   (  ゙! r'''゙i:.:.\(ノ<ニ=ニ>、__,r.:./:/:.:.:.:.:.:.:. ノ::i;;;;;;;゙l`''=、, ヽ
    _ニ   /;;ir=':.:.:.:.:.゙i,'゙ヽ-=r''゙゙゙:.:.:ノ/:.:.:.:.:.:. / :::ノ;;;;;;;/;;;;;;;;;;;゙'
      _,、-/;;;;;;;l:.:.:.l :::.:.:..゙i, :.:.:.:.:.)):.:./ /:.:.:.:.:.: :./;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;
   _、r''゙゙;;;;;;;(;;;;;;;;;;;;i:.:.:.:い:.:.:. `=ー--ー'゙:. /:.:.:.: .:./;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;


573 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:58:16 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 蓑田らに陰謀の徒とされた田中法学部長は、2月2日の法学部教授会で身内による   .│
│ 総攻撃の矢面に立たされることになる。                              │
│ 彼らは「教授会無視」を糾弾し、徹底的に田中を追い詰めたのである。            │
│ その中でも蝋山政道教授や南原繁教授の追及は凄まじかった。              │
└─────────────────────────────────────┘

  '' , , , ' , 'ノ、   , ' , ''  ' , 、' 、 ',}
 '  , ' ' Y⌒¨`'¬^冖‐一'⌒ヘ' 、 , ' 〉          田中さん……例え土方さんの行動が問題だったとして、
 , ' ' , 'ニ!            {`, ' '/ 
  ' ,', ' r‐' ‐=、‐ 、__   _, =ニl, ' 7            学部長にまでなった人物を処断するのに
 ニヽ', ソ  ,rt::テ‐¬′  ,.ィラヘ l'/ヽ
 ⌒ヽH     ''='″"   ヾ=″lハ.¦           弁明の機会さえ与えずに秘密会議で決定してしまい、
 ーヽ H           i   li/ /
 ニニ⊃____    {     亅 //             しかもその決定に係わったのが土方さんと対立していた
  - ̄´"'''┴ 、    ⌒ ‐'  /´
       \   }    -‐ 丨               舞出さんというのは武士の情けもなく卑怯ですよ
    ィヘ、_  \/   ‐¬二 j_
  r'゙/  {ヽ  !    ̄´   ∧\_________       あなたがこの矛盾を解決できないのなら、
  レ' l   7 )  〉      /  ',
  /  l (_/  / `丶‐‐/    ',               私は学年末(3月末)で辞職しますよ!!

蝋山政道(ろうやま まさみち、1895年11月21日 - 1980年5月15日)法学部教授。
行政学専攻。東大退職後衆議院議員。戦後にお茶の水女子大学学長。
河合栄治郎とは親交があつく、「平賀粛学」に関連して抗議の辞任を行う事になる。



574 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 21:59:16 ID:nEJ2BM6k0

     _,;;:一´ ̄ ̄ ̄ ̄`ー:;;、_
    /;;;;;' ̄ノ!/|::/ヽ:::|、ヾ`\:::::ヽ
   ,i;;;;/::::::::::::::l':::::::::''::::::::::::::::ヾ;;:!            田中学部長!!
   ,!;;〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃 !
   !;;;;;〕、:::::_:::::::::::::::::;__:::::::::L !            絶対に学部長の今回の処置は許せぬ!!
   !:;'::::::: ̄::::::ヽ::::::::::/:::::::::`::;;::''; !
   !l::::::::, ' ⌒丶:::::::::':, ' ⌒丶  l!            大学の名分として
  ,!=!ニ(    ):⌒:(    )ニ!=!
  ,rイ:::::::丶_,ノ/|:::;::' 丶_,ノ   ト-、          少なくとも今回の解決の仕方は間違いだ!!
 ! テ!:::;::::::::::::::::'::;|:''         !f ,!
 ヽ、|:::ヽ::::::::::::::::|       ,〃 !ノ           もっと大学として取るべき穏当の
   !:::::::::::;;::;:, ,,`  ′、、 、  ,   !
   ';::::::`=ニニ二二ニニニ='′ ,イ            手段は無かったのか!!
    ヾ , ,,           、、/,|
     `、,, " ,      、゛、,r'′ | _
      \",;, ' ;; 、、 ゛/ ノ _y':::::`、
        `ー┬--一'′/ ,r'´::::::::::::::i、
         ,r'´〉    ,r'´:::::::::::::::::::::::i、

南原 繁(なんばら しげる、1889年9月5日 - 1974年5月19日)法学部教授。政治学史担当。
内務省出身で、田中とは同じキリスト教徒で30年来の親友だったが、粛学には反対の立場を取る。
昭和20年3月から12月まで東大法学部長。12月より戦後第一代の東京帝国大学の総長を務めた。



575 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:00:16 ID:nEJ2BM6k0

                 /              \
                    /                    ',        僕こそ東大を大いなる意味で
                /                  ',
                   l   ノ\         /ヽ   !       擁護し守っているのだ!!
                   |  |  |`iー―r――‐i´|  l   |
                   |  /                 ヽ  |       今にして粛清せずんば東大からは
               /ヽ |  ―‐ 、  `ー'´ , ―   | /ヽ
                  | 「ヽ|   ⌒o、`ー} {‐'´,o⌒   | /^|       次々に学者が奪われていくだろう
                  l  l|   `==' ミ  彡`==′  |{ |
               ',  l|                |l /       その意味で僕こそは大学の擁護者であり
               \」      ,〈`   ´〉、     L/
                      ',:::::.  / `^ー^´  ヽ  .:: /         君達は僅かに小さい一学部の自治を
                   |:::::   /エエエエエヽ  .::::::|
                  _∧::::  [{     }]   .::::∧_         守っているにすぎん!!
                  // ハ:::.  [{     }] .::::/ヽハ \
          __, -‐<  /  ! ヽ::. ヾエエエエク .:, ′| ',  >‐-、__
     ―‐/ / (⌒)  〉,′ l   \_________/   !  ',〈 (⌒) ヽヽ-
    /__∠_ム--‐'7 ′ |    \__/     |  Vヽー― 、}_
                 / i    |     /::::::::ヽ       l   |

┌─────────────────────────────────────────┐
│ 田中は一歩も引かずこれに応酬した。論議はもつれて午後1時から5時間以上に及んだ。     │
│ とはいえ、純理を無視した粛学を純理で批判されてはそもそも田中に勝ち目はなかった。    ....│
│ 田中は強引に閉会を告げて結論を次回以降に引き延ばしたが、状況は予断を許さなかった。 .....│
└─────────────────────────────────────────┘


576 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:01:16 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────┐
│ 田中の報告を受けたやる夫は、表情を一変させて激怒した。  ....│
└────────────────────────────┘


         _____
        /        \           何だと!! 田中君、君は教授会を抑えられなかったのかお!!
      / ヽ  、: : ,  / .ノ( 
     /    ゝ_ノ: : :ゝノ  ⌒ \        土方処分がまだ確定しない情勢下で
   /. ─ ( ○ ):.─:.( ○ ) ─  ヽ
    |      /   !  ヽ        |       参謀役の君が学部を掌握しないでは初志貫徹はおぼつかん!!
    |  ( ( ゝ _ノ ゝ _ノ ) )   |
   \     |!i!i!i!i!i!i!i!|      /       もし法学部教授会が粛学批判を決議するようであれば、
   /     l!i!i!i!i!i!i!i!|      \
  /       ー――‐ '       ヽ      僕は即座に職を辞する!!


577 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:03:47 ID:nEJ2BM6k0

           _,、x≦三三三三≧x、
        ,.ィ/::/::::::::/:::::::::::三三≧\
.        ,ィ::::{{::{:::::/::彡=ミ::::::::: 三`ヾ':,            全く、泣けますよ総長……
        ,ゞ:::::V/::/''"´    ミ、:::\\::::::ハ
.      Ⅳ!/{⌒ヾ  ____  ミミ::::::\\::ハ           とはいえ、粛学の貫徹は
.      Ⅵi __  イ´二二`   Ⅵγ¨Yハ!
        V´__`  /, ---。-   Ⅴ{__}}::Ⅳ          法学部の掌握にあるのは事実
         `Y─゚|   `  ̄ ´゚0 /   んノ:::::;′
         i  |        |   r-く:::::;′          土方処分の確定までは身を粉にしても
         、 L,,_       ′  |  ヾj
.          ',             ′  ',            法学部教授会を押さえ込みますか……
            ', ―‐ ヽ    / /    ヽ
           ', "      /  /    >'¨i
             、_、__ /    >'"´   ヽ
                 __j __>"´        _ゝ⊂⊃
               ∧ ∨ ヘ. r-、   ..<=====
              ___/ ;∨_/ヘ |/  /: : : : : : : : : : : : : .
.        /´: : :./__///∧/\ _/: : : : : : : : : : : : : : : .
       /: : : : : : : : {////: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .

┌──────────────────────────────────┐
│ いつも冷静で涙など流した事のない田中が、総長の前で初めて涙を流した。 ......│
│ しかし田中には、やる夫の激怒がむしろ心地よかった。                    │
└──────────────────────────────────┘


578 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:04:30 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 粛学の余波はさらに続き、2月3日に経済学部の永雄策朗講師が舞出経済学部長に  │
│ 辞表を提出し、舞出を批判した。                                      │
│ そして河合は、2月5日に休職の挨拶にやる夫邸を訪ねた。                     │
└─────────────────────────────────────┘

      !:::::::i::::l::::::::l:::|i::::::::::/:::::::i::::|::::::::l::::::/!:::::::/l:::::::::i:::::l::::!
      l:::::::::|:::il::::::::|:::l!::::::/:::::::::ハ:::i:::::::i::::: /:l:::::::/:::::::::i::l::::::|:::l        「五日は午前平賀氏を訪う。
      |:::::::::l:::l:|::::::!|::l:|:::/:::::::::/ !:l::::::l:::://l::::: /ハ::::ト:::l::i::l::!::::|
      l::::::::::l::!::l::::|:i::l::|/::::::::/‐‐‐l:ト:::l:::/'::/::: //‐‐!:l::|:l::|:::リ::::l         氏は僕の態度が信念で一貫した事を
      |::::::::::|:l::::l::i::|::l:::::::/,.-‐-、リ l/:/::イ::/:/,.-‐ミj.|:l:!::l:::l'::::i
      i:::::::::::li:::::|:!::l::i::ノ く´(トr':)丶/://://(r':) 〉!l::::l::|::::l!         敬服したと云い、それが僕の将来の為に
     l::::::::::::!:::::li::::|:l::|  ゝ--‐′i/ /'´  `ー-‐' |::::::i::l:::|l
       !l::::::::::::::::l:::::li:::l           i      l::::::|::i::/!         なるのだと云う風に考えが変わったと
     リ|::::::::::::::::::::::!::l           l、    ノ!::::l:::iリ
   /´ハ::::::::::::::::::::::::|         _ ノ     !:::/:/i           云っていた。
-‐'´:::/  !:l::::::::::::::::ト、!           ´     /::/!/`ヽ‐、
::::::/     リl::::::::::::::::! \      ,. --- 、    ,イ:::/l/}:::::::::::::`::‐‐-、    個人としては悪い感じの持てない人である」
:::::{       l::::::::::::::il  \    ` ̄ ̄´  ,.イノ!::/ ノ l::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::l       !ハ::ト、::|    \     ̄   / l/|/    |::::::::::::::::::::::::::::::l   (河合日記 S14.2.5)
::::::::!          リ ヽ!  i   ヽ、   ,.ィ'       l::::::::::::::::::::::::::::::::!
::::::::::ヽ、_           ヽ     ` ̄ /       /::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::`:‐-、         ヽ、   ノ     _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::`丶.--、__       i    _./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ̄`ヽ、  ,.r‐‐,ィ '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


579 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:06:37 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────┐
│ やる夫は河合の気負いをくすぐるように軽くいなしたのである。   .│
│ やる夫にとって河合は既に昨日の人でしかなかった。          .│
└────────────────────────────┘

     ____
   / ~~~\         やる夫にとっての関心事はもはや土方処分のほかにはないお
  /   _ノ ヽ、_.\
/   -(◎)―(◎) \       その障害は外に国家主義勢力、内に法学部教授会だお
|   ( ( (__人__)))  |
/     ∩ノ ⊃  /       外の障害はどうにもならないが、内の障害は田中君だけでなく
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |        やる夫自身も手を尽くさないとだめだお……
 . \ /___ /


580 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:07:12 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│河合訪問の翌2月6日、かつて総長就任を辞退した法学部の長老、山田三良名誉教授をやる夫は訪ねた。.. .│
└─────────────────────────────────────────────┘


       / ̄ ̄ ̄ \          教授会無視はやる夫の所信に基づくもので、別に
     /  ~~~. \
    /  _ ノ   ヽ、_   \       田中君に何か含まれたから行ったわけではないお
   .|  -(ー)―(ー) ─  |
    \  (((__人__) ) ) /       だから、田中法学部長には何ら責任はないんだお……
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ       それを分かって欲しいんだお……


581 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:08:11 ID:nEJ2BM6k0

      〉::::,、__ム_nトイ    ミ:::::::ヽ
    {::::彡          ミ::::::::ム
    マ:{     { z=====ミxミ::rヘ                  私自身は総長の考えが理解できます
     }::ム===ォz==! 辷゚’  :| .}! ハ
    爪! こス |  L___ノ /  /                及ばずながら何とか私も話をして見ましょう
    マ ゝ..__ノ   ヽ 、    ,_./
     ゙マ:,  / L  二_....\   | |
        ゝ!. 〈 lii川川川川 :|   i|
       '.  -‐ 二 ̄    / /ヽzx
         > 、       //  }::::::\_
       /|ミ、ヽ   _ノイ    |::::::::::ム::::::::ー- __
     _./:::::|  `ヽ太/       .|::::::::::::ム:::::::::::::::::::::
    //::::::::|   厂 ̄\     .i|::::::::::::::ム:::::::::::::::::::
  /:::/::::::::::|   ∧:::::::::::∧    ./:|:::::::::::::::ム::::::::::::::::::


582 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:09:11 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 2月9日、波瀾含みの法学部教授会が開かれ、再び継続審議の粛学批判を議題とした。    │
│ やる夫の独断専行を批判する声は相変わらず強く、懸命にその楯となる田中に対して    │
│ 学部長辞任を勧告する声も強くなっていった。                                 │
│ しかし田中は、僅かにいる学部内の慎重論者と気脈を通じ合わせ、次回の教授会まで    .│
│ 結論保留の合意を取り付けた。                                          │
└───────────────────────────────────────┘


      ,ゝ:;:l´    i::::::::::::::::::::::::::::::::::i      やる夫総長に迷惑を掛けないよう議事録を削除して
     '´ /l (     ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::l
       ! | ヽー‐-‐   `i:::::::;;::::::::::::::::::l      内容は完全に握りつぶした
 :: ;;; ,,    l        !:/´`ヽ:::::::::::::|
  :::;;;;ヽ   l ミ=-‐'    ,'   l::::::::::::/      それに、今回の内容は総長にも報告していない
   ヾ::::::)  l       i ー-‐'ヾ:::::::く
   ノ;::ノ   「       '     〉;;;,-‐L      しかし、次回の教授会ではもう逃げ場はないな……
   ヾ::)   ヽ-┬┬ ' >     ./く    \
     ゙・━  ゝ┴┴ '   ,/   ヽ、      それまでに何とか土方処分が決定してくれよ……
          ヽ__,,,..-‐ '´ /    | ヽ-‐ '´


583 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:10:11 ID:nEJ2BM6k0

         _______ 
        (⊂二二二二⊃)          ┌───────────────────────────┐      
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            │ 田中がやる夫に報告をしなかったのは、やる夫の周辺に    │
         ________          .│                                       .│
       /      ヽ ヽ |ヽ       ..│ 不幸が続いていたためという理由もあった。           ...│
      /         ) ) /  丶      .│                                       .│
    /   _____/ 丿ノ   ヽ     . │ この日、公私共にやる夫と縁が深かった加藤寛治が      ..│
    | ヽ  |            | ヽ      │                                       .│
    | ヽ  |            | |    ..│ 避寒先の熱海で死去したのだ。享年70歳。            .│
  ____| ヽ  |  , ―     -  | ヽ      .│                                       .│
 /  ヽ   /    ●   / ●  | |       │ 加藤は7日前、ロンドン軍縮条約問題の回顧録を          .│
 (    ヽ /         ヽ    |丿.       │                                       .│
 丶    ノ          ヽ   |  . ...   │ 執筆中に脳溢血で倒れていた。                   │
   |   |       __     |  |..     .│                                       .│
   ヽ-/|       | ゝ__/   |.     ...│ 倒れる前の加藤は、仏印方面からの援蒋ルートを        │
      |     ヽ____   |      ..│                                       .│
      |            ノ  /        │ 海南島占拠で遮断する作戦をしきりに説き、            │
      |       ̄ ̄ ̄   /        .│                                       .│
      /   丶        丿          .│ 倒れた後でも「南支、海南島」とうわ言を繰り返したという。    .│
     /     丶――――           .└───────────────────────────┘
     /             |


584 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:11:11 ID:nEJ2BM6k0

       ____
     /~~~ \          加藤さん……加藤さんにはやる夫が第四部計画主任のころに
   / _ノ Ξヽ、_  \
  / o゚(◎)―(◎)゚o \       軍令部次長としてさんざんお世話になったお……
  |  ::::(((__人__)))::::  |
  \     `⌒´     /       二人で組んで大艦巨砲の時代を支えた事が懐かしいお……

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は、遺骸の運び込まれた四谷三光町の本邸に直ちに赴いた。                         │
│ 通夜の席で彼は総長としての時を忘れるほどに往時を懐かしんだのである。                    │
│ 奇しくも翌日の2月10日に海南島を日本海軍陸戦隊が上陸占領、直ちに飛行場建設に取り掛かった。   .│
│ これによりイギリスやアメリカは、さらに日本の南進への警戒心を強めたのである。                    │
└─────────────────────────────────────────────┘


585 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:12:11 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は待つ事のつらさと孤独に耐え、土方処分の確定をひたむきに待った。              │
│ 河合処分から既に10日が経ち、もはや土方処分はありえないという見方まで出てきていたが、   .│
│ やる夫は荒木の士道を信じ、ひたすらに待った。                                │
└─────────────────────────────────────────┘

         ___                 東北帝国大学の本多光太郎総長から手紙が来たお
       /      \
      /  ─ ~─ \              「今回大学粛清の件、御断行に相成誠に結構の至りに候。
    /  ─(●)─(●)\
    .|    ( ( (__人__))). |    __       他の大学に取りてもよい御手本を御示し被下、感服致居候」
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /        ……さすがは同じ帝大の総長だお
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)         大学経営に等しく苦悩する当事者でないと書けない言葉だお
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_              苦労を理解してくれる人がいると思うと、心が癒されるお
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ            やる夫はあくまで荒木文相を信じるんだお


586 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:13:11 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────┐
│ やる夫の信じた通り、荒木はやる夫への信義に賭けて、土方処分に対する異論を  │
│ 一つ一つ確実に排除しているところであった。                          │
└────────────────────────────────────┘


            ,.. - ..,_,.. - 、.、
            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ
          /         ̄`'ー、ヽ , \             ……省内での一般的な異論は
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {            派閥抗争による休職処分は
      r' _,...  /   '       !l  ! .!
      ヽ'.r''ーr'i ..,,,_    、  .,'/  | ./            具体性に欠くということだった
      ', !l ; !l !.  -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'
       ',ヾー.|{     ̄     l´  ̄ /              しかし、多数の連袂辞職を出した土方には
       ', `"!'           !    ,'
        !,! !、       ー '   /               省内でも反発が出てきた
        '_'、.l`ヽ     ――  /
       ,'、;-' ,_ \    "   ,.'                 特にあの男は学外の右翼と連携して動いている事が
       ,'  `"''ー"=‐'_- _ ..,__,.ノ- 、
,.. -、----、'- 、      `"'ー`;'ir,j,''r'--.、              我々としても批判しなければならない点だ
-―ヽ__ヽ `'ー .,_      !l!l ,',' !___ヽニニニニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l         `'ー 、   l !l l !.,'    ヽヽ..二''_-、ヽヽ-'´  これで処分の具体性も見えてきただろう
'ニ7,'/              `'ー !ヾ.!l/        \ヾー_'_. ', ', !


587 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:14:10 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 荒木にとって厄介だったのは、土方の国家主義を支援する陸軍中堅将校の横車であった。 .....│
│ 政治の専断を日常茶飯事とする彼らは、下克上の強弁を弄して荒木を突き上げた。         .│
│ 彼らと手を組む有力な右翼勢力も、これに呼応した。                         .│
└────────────────────────────────────────┘

                             l  荒木文相には土方処分を撤回していただきたい
                             ヽ、___  _________________
  |                                  ∨
  | 国家主義の尖兵として土方は必要だ.|
  ヽ、___  ___________ |  土方を重用し、国家主義を推進せねばならん
         ∨                ヽ、
                           ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            \ -''` ´ー- _γ⌒ヽ;       |ヽ         //
             ヽ       \ -''` ー- _   i  ヽ      / /
              ',        ヽ      `ヽi   ヽ    /   /
  -─────― 、 !          ',        ヽ    \ー‐-、  i
    ィェァ    ィェァ | |──────、,|           ',         |
  ───────' |  ィ ァ   ィ ァ | !─────、|          !
               | ──────' | ィェァ  ィェァ ||  -r,; ェ  rェl
                l           | ―────'|         i
            /          l          |   トェェェェイ /
             /           /         l  \ `ニニ´/
  ` 、     /、         /            /    ヽ ー '、_
                 ∧
             γ´ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | むしろ荒木文相のやり方は手ぬるい!!


588 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:15:10 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 文部大臣が並みの文官であったなら、その効果はてきめんであっただろう。              │
│ しかし、彼らが相手にしていたのは、かつて真崎甚三郎と共に皇道派の首領と言われ、   .│
│ 陸軍大臣として一時的にせよ軍の実権を握った男だったのだ。                     │
│ 彼は彼なりのやり方で、その圧力に答えた。                                  │
└───────────────────────────────────────┘

             ,.r-‐ァ'""`ヽ、
          ,. ィ" ''" 、'"    `ヽ、
         ( / ,.r-、  ミ .._ ~`  ヽ        板垣君、板垣陸相!!
          ゞ'   ヾ、ミ r=、     |
         l | ,ィ'二   |  ! ;i ノ    |       君に少し話がある、
         `f `'” .::::::| ル'7       !
            /;::  :::::::::::レ^' レi     |       少し付き合ってくれたまえ
          ヾ;   ::::::::::ノ   人 :;  ; |
  r=‐-、_     T´  .::::::/:::,,.----キ; : ハ
  ヾ:::::::::::\`ー: 、∟...::::;;y;''"     ル リ
    ヾ::::,r‐‐'^ヽ、_,,,.-‐^  逆シャア  リイ人


589 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:16:10 ID:nEJ2BM6k0

             ,.-‐'"´ ̄ ̄ ̄`゙゙ー--、
           /   / ./       \
         ./     | /           ヽ、        はあ、なんでしょうか
         l    ,.-l´  ,.'" ̄ヽ、      l
         〈   /  `ー'´     \     .|        荒木文部大臣……
         j  /     -'""     〉     l
         ヽ, |     └'iー-,  (     ./         陸軍大将であるとはいえ、
          `;!、 _,.‐・7  ;`ニ´~  j. i⌒i i゙
          〈.゙i. ` ̄´j  ,.    ,.._j  .゙カ l |         とうに軍の予備役に編入されたお方から
          ノ |.   ,ゝ-〈.    `i   〉ノ /
         ノ l    ,`ー'"~    ゝ,.-‐==┴┐        私が聞くような話はないと思いますが……
         \_j.   ,.-―‐'^   厂ヽレΞヲノ|
           ,.!.、  `--‐'  ,.--/ ヽ、j 己__,!、
          ,;'  ゝ__(  ,.-‐' ./  `llニ=、__`ー-,,、__
         .〈;  (  `y'" ./     l」.    ,., ̄`ー'´/⌒ー-、、
       __,..-\  \  ,.-'",..-==´ ̄L__//.   /,. ,. , i i、 ヽ〉
     ,.ニ-―-'"^` ̄`7// ̄ ,.―----、  __/    `<./ノ__l/ L|ノ
   / ̄,〉 L_  「 ̄ ̄フ//  ./    /  ` ̄7      `'ノ_lノ  `i
  .〈/.l,.-、 F  !、__.ノ//  / ___/    ̄フ      l/      ヽ

板垣征四郎(いたがき せいしろう、1885年1月21日 - 1948年12月23日)最終階級:陸軍大将

関東軍高級参謀として石原莞爾とともに満州事変を決行した人物。当時は中将で陸軍大臣。
第7方面軍司令官としてシンガポールで終戦を迎え、戦犯として巣鴨プリズンで法務死。



590 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:17:10 ID:nEJ2BM6k0

            ,, - '' "  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ' ̄ ̄ ` ヽ 、
           /                   `ヽ、
           /                       `ー- 、
        /        ー---- 、- 、-、  \    ノl  }      ふざけてもらっては困る!!
         /            ,,rー` `ー┌-、_ ヽ   / _|_/ノ
      /              イ         `ー+イヽヾ        君のところの若い将校たちが
       /          / イ              |l l
     ,イ           / /              ノ .l        我が文部省に圧力をかけてきている!!
     l     ー―― イ  l             /   |
     .l             /    ー―‐- 、  \.  /  |l        まさかこれは、君の差し金では
      ヽ   イス- 、`. /          , ーr::::〉ー-- >/,∠_7
      Y" イ. \ Y イl         ` ┴┴"    lー" |        あるまいな!!
       ノ   | ゝー.┤ |i                  i. /
      l |.   \ LL | l l|                  `/        板垣!!
      ! | l  / l\ヽ{ l |               r―イ
    r―‐| |   |  | |\|_トノ            , ―- 、 .l         これ以上はやらせん!!
  / / Y l l l | | |  T `、            / ̄ ヽ l /
  ..| 、 | /;;;ーr、人レ|   l  \           〈__ / l          陸軍が文部省の人事に干渉するのであれば、
  | \`ヽ、;\      l.   `ヽ 、        ̄__,  /
ーイ    `ヽ、`ー 、      l     `ヽ、        /ー――--- 、   こっちは陸軍の人事に文句をつけるぞ!!
  |      `ー-、 `ー- 、 l         `ー―----,イ      _, \
_|、          ヽ  ヽ |           /\!  | ヾ、    "__  \ それくらいは私にも出来る!!
_ \         li   Yー- 、      ./;;;;;;;;;Y |  ヾ    _    l
  \__.\         il   |l;;;;;;;;;`ー,,、_ /;;;;;;;;;;;;;`i i  | |   、  ̄ `'  |
    `ー\       li   l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;L/ ̄ ̄\   \    |_
_____  `ヽ 、    !    i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:/    \\      イ \
       ̄\   `ー--、 !   i|;;;;;;;;;;;;;;;;;______ノ   ヽ\\.\    /   ヽ


591 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:18:10 ID:nEJ2BM6k0

                        , -- ── -- 、 _
                   /               ̄`ヽ、
                  /                   \
                  /   |          _,. -‐-、       \      は……いえ
                  {    ∧       ,/´     ヽ          \
                 <   /  ヽ、  ,/        ヽ        ヽ    私は決してそのような事は……
                     ヽ /      ̄           J  )             l
                    〈 l            / ̄   <              |   判りました……
                    l l , r 、__'、ヽ、   /⌒ヾ    l    __       l
                      ', ', ' '、_ ・_7 r'´゙く_’,ノ   j |   / ヽ   /    そのような将校たちには
                      { ,'    ̄ノ {          |    ∨) |   /
                  i`ー-'´/    l   、        ノ     }  /,/ト、    くれぐれも軽挙妄動を慎むよう
                 ,>、  l      (_, -‐‐'ヽ、    ー=´    レ'‐< __,ノ\
             l´l> } l     (__,.. --─'      ー=、   ノ,-'"´    \  私から伝えておきます……
           _/ _,.-'´ヽl     (-─ '"´ ̄`ヽ、      ,>'´
      _,.-‐'"´//´     ヽ     ヽ   ,-‐-、_ ) ,.-、'"´
          //        ヽ、 l´┴‐‐'-----'´ {   ヽ
      ‐/ <         ,r‐‐〈   ⌒ ー-  ,/´}ヽ   ヽ
        `ヽ、\       /   ', ヽ、     /   /  ヽ   ヽ
        \ \     /      ヽ `ー /    /   ヽ   ヽ

┌─────────────────────────────────┐
│ 板垣陸相へのこの一喝で、土方処分に対する最大の障壁は排除された。 ......│
└─────────────────────────────────┘


592 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:19:10 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ そして、土方辞職を確実なものにするために、荒木は天皇に上奏を行い、その裁可を得ることにした。    .│
│ 帝大教授は勅任官であり天皇が直接任命したわけではなかったが、荒木のような高級軍人政治家でさえ  │
│ 天皇の裁可を事前に得ておかねばならないほどに、土方とその後ろにつながる                 .│
│ 国家主義者達の権威は大きかったのだ。                                         │
└─────────────────────────────────────────────┘

/          \    \
       \     │    │
   ヘ___\__──∧/│
   ヽ丿   √    ||   ヽ│
   丿          ||    ||       このような件を奏上するのは異例ではありますが、
   /        \ ||     ||
   │ 三三三三  \三三三|       ぜひとも事前に陛下のお耳に入れておきたく思い……
┌ヾ∥  ー┴┴ 丿 |ー┴┴|
│ ∥          ||    │
│ъ||           ||    /
 ヽ |          ⊿    / 
(  │       ____  /  
 ) │              /  
      \       ̄  /   
   │    \____/


593 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:20:09 ID:nEJ2BM6k0

             ____
           .  ´:::::::::::::::::::::::::`  、
       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /.:/.:::::::::::::::::::、:::::,::::::::::::::::::\::ヽ             荒木大臣と平賀総長の
      l::/.:::::::::rf≧ミx、::Y::,x≦ミ、:::::::::vハ
      |'.:::::::::::f'"´ ̄ ̄`¨´ ̄ ̄`ヘ:::::::リ::::.            思うようにやられるのが宜しいでしょう
      i: :.:::::::|===(YY)===|:::::::::::::}
      l:. ::::::::|-==ミ `´ -‐==イ:.:.::::|:::|            私も現状の東大の混乱を
      |:.:::.: : ::| x=ミ、     x=ミ、|::: ::::|:::|
      |:::::..::::i:|イ:::ト、}     イ::ト、}゙Y::::::::l:::l            大いに憂いています
     ,j::::::.:::::i:代7り     弋fり_,}:::::::::|::l
     l:{:::::::::::i:l        {       ,'::::::::::}:{            この処分が大学の正常化に
     i小::::::::i:|::::、   - -    .イ:::::::::/:ハ
     |::i:::ヽ⌒ヽi:l> .     . <:i:!⌒Y/::::l            繋がることを期待しています
     |::l:::::::::',:::::|fム| `  ´ |ハi:|::::::ハi:::::|
{ ̄`丶、|::l::::::::::|:::::|」 }⌒ヽ f⌒「 ハ|:::::{:::{:::::L...-‐ ¬
|ヽ、   ヽ>─1::::| \   り  , ' !:::ト、>'  / /!
ト、 \ /     |:::::|  ヽ  {  , '  |:::::| `¨¨/ /  |
  ヽ  ヽ     |:::::|    ヽ|/   ,」:::::|  / /
   \ ヽ、  |:::::|\   /     / :::::::l/ /
.      \ \ |:::::|   ヽ/    /  |:::::|/


594 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:21:10 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 荒木の着実な根回しと報道による悪印象で、いつの間にか土方に対する風向きは変わりつつあった。   .│
│ 文官分限委員会の開催を必至と見た土方の友人たちは、かわるがわる彼の説得を試みた。         ...│
└─────────────────────────────────────────────┘

        ,. -‐- 、 /´  ̄ `ヽ      n
       /  ニニ、ヾ r',.ニ二ヽ }-=ニ二,¨スリ
.      { r',ニ--   ′-‐ニ.ヽ {.   //
      } ! r jニ,ヘ frヽ\ヽ\.ヽ. /            土方さん……
     ノノノ,.イ/  }.ハ. 、 l│、ヽ,レ7 l\
    (.く ,イf十- {(-}.}‐!ト、ヽ ! / /!  \ヽ.         あんた、このままだともう終りざんすよ?
    rリ ハい)  jハ(__{! し !.|'イ {  _.二,
    ノ, ) |.⊆ニ・! .i⊆ニ.・う, `i.f,ヽ ) ) ーtマノ         生き延びる方法はただ一つ、
  ( (r | ┐_´j  | ` ̄┌ ||rj }{(   jノ´
   ) ) |ト、 ヽ、 _つ  _,..イ.レ‐く.ヽ.ヽ,イ  , -─       一身上の自発的退官を
~‐く.'_ ||lゝソノ='{ し-ーくl」/ ,_- 、`ー((、_ノ r'´ ̄
二ニ=‐-¨,ニ´<Zエ`ェ'エ7ヽ. くl_:_ン.ノニ))‐-、二 ̄      受け入れることざんす
  _,r- イl.ヒテテテテテテテテ'//`;‐-:イ‐-((¨ニ._ー-
ニ:-‐_'ニ| ヽ.ニニニニ二ノ./ /|: : : :|: : : jノ: : : : :        引き際をうまくしないと、
‐'' ¨: : : L.__ー一   _/ /::|: : : : |: : : : : : : : :
: (:_: : : :./: : : :「 ̄ `¨  ノ :::|: : : : :|: : :O: : : : :        もう二度と立ち直れないざんすよ?
、 ヾ' ̄ ̄'\:|::\.  /::::::: ! : : : : |: : : : : : : :
´) ノ_7:7ヽ._くヽ;::::::X::::::::::::: |: : : : : |: : O: : : :
( (: ././ー;:- ,二;__:' : :ヽ:::::::::|: : : : : :|: : : : : : :
.¨)j/./ー-;- ,_.二フ: : :.∧:::/| : : : : : | : : : : : :
:-ヾシ─-;-_.二ノ::::〉ー〈:::::V::|: : : : : : |: : : : : :
,.-─‐----イ::::::::l: : : :l:::::::::l: : : : : : :| : : : : :


595 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:22:09 ID:nEJ2BM6k0

            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   |   ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |     ゴミめら……!!
     . |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
     ..|.    | \    ./   |     |       休職理由の派閥抗争など全く身に覚えがない……!!
.     |   _|   \ /    |_    :|
     >'' ´ |   / \     | `''‐<

┌──────────────────────────────────────────┐
│ しかし彼は友人たちの説得に耳を貸さず、円満退職が可能な最後の機会を拒否したのである。  ...│
└──────────────────────────────────────────┘


596 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:23:09 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────────┐
│ 彼は虚栄の座から転がり落ちてゆく道を辿らざるを得なかった。                  .│
│ まさに失脚したといえる彼は、文官分限委員会の翌日開催が遂に予告された日などは、   .│
│ ふてくされた捨て台詞を取材記者に投げつけたのである。                       │
└───────────────────────────────────────┘

  ________________________
 /||||||||||||||||||||||||/    「今更何をかいわんやである
||||| / ̄ ̄ ̄ ̄\__|||||::__/\  :::/
|||||/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \___/      \/      一切の勧告は拒否した
||||../::::::::::::::::::::::::::::::::::::                  \
|||::::/:::::::::::::::::::::::::::::   ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´       |    大きな時代の流れから見れば
|||:/::::::::::::::::::/ ̄\  \_______/   ./ ̄|
||:::/::::::::::::::::::/ /\ \               / /~|    結局今度の休職問題なども
||/::::::::::::::::::::: ̄::   \ \           ../ /  .|
||\:::::::::::::::::::::::::     \ \        / /    |    一時的な敗北だと僕は思っている
|||:\::::::::::::::::::: ____\_lll     ll_/___ :|
||||::\::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`       / ̄ ̄ ̄ ̄ |    大学を辞めてからどうするって?
| / ̄\.|::::::::::::::::\   o / llll   :::::::\ o   /::|
|| 「 ̄||:::::::::::::    ̄ ̄ ̄       :::::::::::::: ̄ ̄   |     今のところ別に計画はない
||| .||:::::::::::::: \___/     :::::::::::::: \_/::|
|| \.||::::::::::::::::::::::::          ::::::::::::::::::::::::: \ |     ただ自分は今度のことで、
| \___/::::::::::::::::::::           :::::::::::::::::::::::::::::: | |
||||/|::::::::::::/ ̄     /   「 :::::::::::::::::::::::::: |:|     大学という社会がつくづく嫌になった
|||::/:::|::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄       ⌒:::::::::::::::::::::::: || 
||::::/:::::::|::::::::::::::| [[[[[[[[[[[[[[[[[EEEEEEEE===--」ノ |     だから学会に返り咲く意志は今のところない」
||:/::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::                   | 
|:::/::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::    _____      /\ _______
|/    :::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ̄ ̄ ̄ ̄       /::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::::::::
\      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             /::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::::::::
::::::\      ::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          /::::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::
::::::::::::\     ::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::


597 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:24:09 ID:nEJ2BM6k0

            ∧_∧    ∧ ∧                     ..┌───────────────────┐
           ( ・∀・)   (゚Д゚,,)                   ..│ 翌2月13日、注目の文官分限委員会が .... │
          i^i ̄(iノ '^:^')  /~ : ~ヽ    ∧_∧\         ..│                          ......│
        ∧_∧|  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (∀`∧_∧         │ 首相官邸で午前10時開会される。      │
     /(   ・∀) /            \: (∀` __)\       │                          ......│
     ∧_∧V:)./                \:  ∧_∧        .│ 文部省が提出した土方の休職理由書には │
   /(   ・∀) /                     \(∀` __)\     │                          ......│
  ∧_∧ V:/                      \:  ∧_∧    .│ やる夫の具状どおり派閥抗争の責任が   .│
/(   ・∀)/                       \(∀` __)\ ..│                          ......│
i^i(  V:/                            \:  ~~) i^i .│ 明記されていた。                 ...│
| | (  ⌒| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   )| |  └───────────────────┘
| | ̄(__|                                  |_) ̄| | .


598 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:25:09 ID:nEJ2BM6k0

         /: : : : : : : : : : : : : : : : :_:_:_;ハ
        /: : : : : : : : : : : :> "´ ̄  /: : ',            土方に対しては派閥抗争の責任だけでなく、
        /: : : : : : : : : :/―-、     l: : : :l
        /: : : : : : : : :/ァ云ミy        l: : : :|            綱紀紊乱を引き起こしたとして
         l: : :|: : : : : :/弋tン    ∠`ヽl: : : /
         |: l | : : : : /       ァ云y/: : :/             彼を弾劾する論調は厳しかったわ
        /:/:/:/l: : /       { 弋ン/: : :/
   ゝー-' /:/イ: :|: /    -、/7ヽ. /: :/              以下に一部を書き抜くけれど、その糾弾は
 ̄ ̄ ̄`/ : : : : |:/ \    //  \:/
    /: :/ : : : : |' \ /ト-‐//      \                やる夫の辞職勧告を拒否した際の
    {: :{: : : : 八  Y フ:://        \
     ゝ{: : : : |ーテナく::://         丶 ._            派閥的行動にまで及んだの
  ヽ   \:_: ヽ{ { o}://              ̄   ―===ュ
   |     `ア´ ̄ ̄`ヽ : . . . . . . . .             /
   /      /  丶ニヽ | : : : : : : : : : : : . .        /

┏┓                                                     .. ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────────────╋┓
┃|                                                    .│┃
┃|  ──(平賀)総長ハ同人ノ在職ハ同学部ニ於ケル教育ノ振作及粛学ノ達成上   .....|..┃
┃|        スク                                          ......|..┃
┃|  支障甚ダ尠ナカラザルモノアルヲ信ジ、本年一月遂ニ辞職ヲ勧告セリ、        |..┃
┃|             ガエン                                      |..┃
┃|  然ルニ同人ハ之ヲ肯ゼズ一部同僚教授ト共ニ平賀総長並ニ舞出経済学部長    |..┃
┃|                                                  ...  |..┃
┃|  ノ執リタル措置ノ不当ナルコトヲ難詰セル声明ヲ公ニシテ、著シク学内ノ混乱ト    |..┃
┃|                                                       |┃
┃|  社会ノ疑惑トヲ招クニ至ラシメタリ──                           .|┃
┃|                                                       |┃
┗╋────────────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                         ..             ┗┛


599 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:26:20 ID:nEJ2BM6k0

 |   |   | |  \l   |   |   \       l
. ハ.  |   Ny-―ミト、l   |    / \   |          読んでみると、何だか
/ ヽ. l   l7 ィ=、 l} \、 | /ィ―- 、>、 |   /
_)  \t   l  |kイハ  l \|    ィ=、  Y V   /       有無を言わせぬ論調だね
i     \ l  ヒrリ       |kイハ  ノ  l  /l
   . -r― 个ト ´ ̄`          ヒrリ   ///        でも、今まで見てきたことをちゃんと織り込んだ
/  /  ∧      ノ       ´ ̄`   /´
    /  / ∧                  /丁´        説得力のある文章だよ
 l /  /   ヽ    -―- 、       /  |/
 | /   /       \   -  \     /   /         これならば辞職を勧告されても止むを得ないよ


600 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:27:08 ID:nEJ2BM6k0

        ∧_∧   ________   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ┌────────────────────┐
       (  ´Д`)/ ̄/ ̄/ < 本日、帝大教授      ..│ 土方休職はあっけないほどの速さで      .│
      ( 二二二つ / と)  │                 │                            ....│
      |    /  /  /    │土方成美に対する     . │ 可決され、閣議決定、上奏裁可を経て     │
  __  |      ̄| ̄ ̄  ..  │                ..│                            ....│
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  .│休職処分を────  . . . │ 午後2時半すぎの発表となった。       ......│
  ||\             \, \_________   . .│                            ....│
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄                   │ 具状から2週間半、河合の休職処分から  ......│
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                     │                            ....│
     .||             ||                      │ 2週間で「平賀粛学」はついに完成した。    │
                                    .└────────────────────┘


601 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:28:08 ID:nEJ2BM6k0

┌───────────────────────────────────┐
│ 土方の休職発令は、文部省の秘書課長から電話ですぐやる夫に伝えられた。   │
└───────────────────────────────────┘


          / ̄ ̄ ̄\
        /  ⌒Ξ`ー \_        ……はいはい、そうですか……
       / ─( ◎)―(◎)\|l(^)
       |  ::::::( ((__人__))):::l(_ )      確かに休職が発令されましたか……
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ


602 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:29:08 ID:nEJ2BM6k0

       \                                  /              /
         \                                /             /
          \_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
           >   やったお!! 遂にやる夫は粛学を達成したんだお!!     <
       ヽ     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄   /
         ヽ      \ ___                             ム  i   /       /
          ヽ     「 ヒ_i〉                            ゝ 〈 /     /
            ヽ   ト ノ            ____          iニ(()      /
             ヽ  i  {           /⌒Ξ`⌒\   .     |  ヽ     /
                i  i.          /( ◎)―(◎)\        i   }
                |   i        /:::::( ((__人__)))::: \      {、  λ---‐‐‐
             ‐‐‐ ト-┤.      |     |r┬-/ '    |     ,ノ  ̄,!
                i   ゝ、_     \      `ー'´     /,. ,. '´ハ   ,!      -----‐‐‐‐‐
    ー―――――― . ヽ、    `` 、,_ _ \   `ー'´  / "" \  ヽ/
____________     \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /          -----------
                    ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
                      `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"


603 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:30:08 ID:nEJ2BM6k0

          ____
        /⌒Ξ`⌒\           これもすべて荒木文相のおかげなんだお!!
      /( ●)―(●)\
     /:::::( ((__人__)))::: \         文相は信義を通しきってくれたんだお!!
     |     |r┬-/ '    |
     \      `ー'´     /        やる夫は感謝してもし足りないんだお!!

┌────────────────────────────────────────┐
│ やる夫は早速その日の夕方荒木宅を訪ねたが、折悪しく荒木はまだ帰宅していなかった。    │
└────────────────────────────────────────┘


604 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:31:08 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 帰宅したやる夫は、風呂もそこそこに、寝室に入るなり安堵の寝息を立てはじめた。  .│
└─────────────────────────────────────┘


          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |       ……むにゃむにゃ……
         /( ((__人__)))   ヽ    .. | |
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |       これで安心して巨乳のねーちゃんの夢を
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |       見られるお……
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                     /   |/


605 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:32:08 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────┐
│ 日付が変わろうとする頃、荒木からの電話が夜気を震わせた。    .│
│ やる夫に代わり妻が伝言を受けた。                     │
└─────────────────────────────┘

            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ
          /         ̄`'ー、ヽ , \              やる夫君は就寝中か……いや起こさなくていい
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {             では伝言を頼まれてくれないか
      r' _,...  /   '       !l  ! .!
      ヽ'.r''__/..,,,_    、  .,'/  | ./             「本日の分限委員会は文部大臣、総長を
      ', /´  | -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'
       |   |    ̄    .l´  ̄ /               絶対信頼して、満場一致で土方教授休職を
       ',  ゝ.          !    ,'
       ヽ!レ' ̄`つ    ー '   /                可決しました」とね
       /,ィ='二,ヽ   ――  /
      「 ´_,ィー‐,、    "   ,.'                  いいかね、”満場一致”だよ、
      l ´二二', \_- _ ..,__,.ノ- 、
,.. -、----〈 ` ̄¨ ` 、_ 丿`"'ー`;'ir,j,''r'--.、              では、よろしくお伝えください
-―ヽ__!  .ュ⌒` ノ     !l!l ,',' !___ヽニニニニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l   l  イ ヽノ:::::ー 、   l !l l !.,'    ヽヽ..二''_-、ヽヽ-'´
'ニ.,、..:.:':´:イ〉    .):::::   `'ー  !ヾ.!l/        \ヾー_'_. ', ', !
 ::::::/::', ヽ   /ヽ/
                                      _
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━/◎\
                                    ̄ ̄ ̄━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             /::/ /,/ /  /   /  /      !          ! | ! !    /:/
            /::/ ,/ / ,. ,'    '  ,/!        i!  !       / l! ! ト ,  /::/        ……はい、
            /::/ /' / / ,'   ,' /  !        i /!     /! | | l !  /::::|
           /::/ / / '  /' !   / /  | !     / /' |   / 〃 l /,' | '  /`ヽ、       そうですか、
          /::/ /,ィ  i /'|i |   i! |  │ l    / /  !  ,./_/;-//ナ' !/ !|    .| \
          ヾ / /!  .i l l  | l | i.   | |   /! / / ィ'//.=j/=.、 ノ'/ /.|    |  \    判りました
            i /!|  l ! ∧ !/! | .j___ l |   / j/  j/ ",ィっ::::::: ! 〉 / / .|    .|
            .V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf ! ,,.==.ゞ! ヽ'´          、`ーいノ / / .|     .|        主人には必ず
            /  /\!|   \ハ!ヽハっ:::r!             ` ̄ , / / .l、    |,-、
            /  / /: !   / ∧  ゝ- '              ,. '' /.   ` i  /\      伝言しておきます
           /  / /::::l!  ./  !ヘi                   /     i  /   \
          . /  / /レ ´  /   /  ゝ.       `      / /      ./  / 
          /  ,//    , '  , '     \      `´ー´  / ,´     /_ -''' ̄ ̄ ̄\
           ,./    /, イ/_    __..ゝ、        / /   / .i´ ,,- ''' -、


606 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:33:07 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ あけて2月14日、やる夫は出勤前の荒木を訪ねて厚い謝辞を述べ、経済学部再建の構造を話した。    │
└────────────────────────────────────────────┘

          ____
         / \Ξ/\ キリッ       大臣!! このたびは本当にお世話をかけました!!
        /( ◎)―(◎)\
    /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \       この期待に答えるべく、やる夫は経済学部を必ず
    |   ノ `-=ニ=-  ヽ   |
    \      `ー'´     / +      再建しますお!!



         ,. " ̄丶              期待しているよ、やる夫くん……
   .     li''((''゙'i゙,,!
         !',=rァ Y!              この後も共に国家のために働こうじゃないか
   .       ヽニノ,i!
        --‐(エシ'゙ ̄


607 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:34:07 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────┐
│ 登学したやる夫は午後1時、評議員21名を大講堂南会議室に集めた。  ....│
│ やる夫は集まった評議員に対して粛学の経緯をありのままに報告した。 .....│
└────────────────────────────────┘


          ____
         / \ Ξ/\  キリッ
       / (ー)―(ー)\                今回の措置は7学部長の意見を参考にはしたが、
    / :::::( ((__人__))):::\
    |      |r┬-|    |               慎重に熟慮して自分の最善と信ずることを
     \     `ー'´   /
    ノ            \               行うべくして行ったものだお
  /´               ヽ
 |    l              \            だから、全責任はやる夫が一身に負うんだお
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


608 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:35:07 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 会議室内には総長支持の発言がまるで学生の会合のように飛び、中にはハンカチで涙を拭いつつ  ......│
│ 総長激励の言葉を述べたものもあったと伝えられる。                              ...│
│ 教授会無視の自治干犯をなじる声も合ったが、けっきょく「異例中の異例」という条件で認められた。   │
│ 粛学を納得しなかったのは、法学部の神川彦松教授だけであった。                       .│
└────────────────────────────────────────────┘

                   |
\   総長支持!!     .|            /         /
  \               |          /        /
   \                             /
      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、  /              _,r'´
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)               _,r'´
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、         _,r'´
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ   _,r'´
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,    総長に感謝します!!
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l                     _
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ    ___,.--―――' ''''"""
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   _
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ̄ ̄――- _
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                ̄ ̄――- _
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


609 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:36:07 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────────┐
│ 午後5時からの記者会見では、やる夫は「これは談話であって、声明のつもりはない」   .│
│ と断った上で、用意した原稿を静かに読み上げ始めた。                    ..│
└──────────────────────────────────────┘


        ____
     /     \           ────不肖の身を持ちまして、総長の重任を
    /  ─    ─\
  /    ( ◎)―(◎)\        拝命いたしまして以来、微力にも拘らず志すところは
  |  .:::::( ((__人__)))::::|
  \        |\  / /|      最も堅実なる国家思想を涵養し、学風を振興し、
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |      大学の使命達成に邁進することにあります────


610 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:37:07 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────┐
│ 続いて、この理念に基づく粛学の経緯に移り、その理由として二つの根拠を挙げた。 ....│
└─────────────────────────────────────┘


         ____                                      タダ
       /      \           ────第一に国家思想に対する疑惑を匡し、
      /  ⌒  ⌒ \
    /   ( ◎)―(◎) \        第二に、私が工学部長でありましたときに熟知せる
    .|   .::::( ((__人__)))::: |   __
     \      `ー' / ̄ ̄⌒/⌒  /  経済学部の宿弊今日にいたりその極みに達していますから、
    (⌒\     /     /    /
    i\  \  ,(つ    /   ⊂)   これを一掃すること────
    .|  \   y(つ    /,__⊆)


611 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:38:07 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ さらに評議員の「ほとんど全部」が粛学に同意したことを報告した後に、時局の重大性を指摘しながら  .│
│ 今後の方針を明らかにした。                                             ..│
└────────────────────────────────────────────┘


           ___
  *        /      \  ☆            堅実なる国家意識に基づく
  + ☆   /   ⌒  ⌒\     +
☆    ii ,、ノノ -(● )- (<)ヽ *           清新明朗なる経済学部の再建を心がけております!!
*   / 彡^(´ ::::( ((__人__)))::|   キラッ☆
  *  /⌒ヽ     `ー'´   ノ +
 +
    +


612 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:39:07 ID:nEJ2BM6k0

               _,,,,,,,,,,,,,_
             ,,r;:r""      ヽ、
          ,r'" "     ,r''"`   ヽ、               ……とにかく『平賀丸』の設計は
         ,r"  /   ,,r ,r"rヾ、`ヽ、 ヽ、
        ,|、_ (_   _ (_,r"'"  ヽ、 `ー、i              やはり造船中将だけに
         ,|ヾl`'ー`ヽ!`i'"      ゙i、  _,〕
         tヽ|     ゙i、      ヾー[」-!、            立派だと思っている
         ヾ|     ゙i、,|  _,,,;;;=''"`  ヽノ、 〕
          !i,‐-;;;;;;、,゙i、r'"-,ニlア    |i、゙`イ|             小さな船室をどうする、こうするなどは
.          `i;-、ニlア i、 "      |、ヾ|l|゙
.           ゙i,    |:|         | ゙i, ノ,             設計家一任でいいじゃないか
            ゙l、  `!_,,.       | ゙i |
             ゙!、  ,,,,.. -'''    /  | .|             経済学部の再建については
              ゙i、   --    ,r'   ゙i_!-;
               `!、     ,r"_,,,r-'''ニ-‐''゙i            僕は心配せんよ
              rヾ、`ーr‐''ニ""-‐'"     ヽ,.........,___
             __λ i,ヾ| i''"       _,,.r-t"_,r'"_:_:_
    ____,......r-i'",r'ヽ | |:| |     _,,--'"   ~ヽ、:::::  !.
  < ̄ j'"ー'''''j;, ̄ ̄  `i | |:| |  _,,r''"        ヽ、:::::  `t、/
    冫>、i :::::,r'"      i i,r ノ_,,r'"           ヽ、:::::.. /
   |,イ'" ::,r"        ト,i",r'"              ヽ、 :::/
   /::::,r'" __     // |     r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/    ヽ/

┌─────────────────────────────┐
│ やる夫の談話を聞いた荒木は、改めてやる夫一任を表明した。    │
└─────────────────────────────┘


613 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:40:06 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────┐
│ 内助の功でやる夫を支えた妻カズは、夫が嫌いだった牛乳を総長になってから健康の薬に   │
│ させてしまった快挙を密かに自賛しながら、粛学完成を手放しの歌で祝った。          ...│
└────────────────────────────────────────┘

                  /.:/.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                , ィ´.:/.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::.. _
        ,r‐-、_ , ィ .:.::::ん"´  ̄ ̄``ヽ、.:.:::::::::::::
        /.:.:.:::::::/ `7:.:::::::._ノ        \.:.:::::::::        「吹きすさぶ  あらしの中に
        ).:.::::::/  /::::::.(   ,   /   ヽ 、  \.::::::                  フタツキ
       ノ.:.::::::/  /::::::::.ノ  |  l     !  ! ヽ. |          もまれもまれ  二月の日は
       〔.:::;:;:;;;! /.!::::::( i  .!  !|     |  |  .:| |
        /).:.;:;;;;| //|:::::::ノ |  | .:||    |:. l:. .::.l | |          目まぐるしく過ぎぬ」
      j〔.:.:;;;;;;;.レ/ |::,:イjト、| j| ::|ト、   !::.:/::.:.:/ .! | 
       l |>、.:;;:|_」ん1ート‐y-、l  ト、 /-/仆イ::./l/ 
       | |ン}.:;;:V,旡、l |,ィr=㍉>、`   ,ィ=ミ,〉 ij:/            「学窓の  ためとて見する
       | |  `ト、〈f薇f〉|ヾ込ソ      辷ソソ l/
       ! !   \`Y」:.i |        '    /  ____      一太刀の  心くるしき
     | |l    \リ:.| |L._     く\ , イ  /\___\
     | ||       ,イ:| l|::.:.:.:.``ヽ.__>、\|  /./|━━━━|    立場なりける」
     | ||     _「 `ト、|:::::::.::. i.:.::l朮ト、>‐'つ/  .! 牛 乳 .|
     | ||    /.:| 」二二乃.:|.:::|薔jソ ,ィ戈 .:.:::|━━━━|
     | i|  / .:.::::|〔_  ̄``ー弍:!氷リ   . ノi:.:: :::::!    .:.:.:::::|
     | l| ,/ .:.:::/.:.:.:.:.:.丁> - コ_ノ  / :::|.:.:::::::|  . .:.::::::::| 
     | l| / .:.:.:/.:.:.:.:.:.:./ /イ ̄了/ _ノ .:::::!.:.:::::::! .:.:.:.:.:.::::::::|


614 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:41:06 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 評議会の模様を次の日の新聞で知った河合は、評議会が粛学に同意した姿勢を侮蔑しながら、   .│
│ 孤高の自分に酔いしれた。                                            .│
└──────────────────────────────────────────┘


                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::    「十五日朝は雪が降っていた。
                      ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::    新聞を見て昨日の評議会の記事を
                      ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::    読んで馬鹿馬鹿しくなった。
                   ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
                    li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^    なんだか社会に批判も道義も
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
                      l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l     ないと云う寂しさを感じた。
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi     (中略)之では駄目だ、
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i    日本は危ないなと思う。
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `    (中略)然し水平線から眼を去って、
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,     高きを仰がねばならない。
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉        ここにこそイデアリスト(理想主義者)
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/         の真髄があるのだと思う」
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i          (河合日記、S14.2.14~15)
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i


615 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:42:06 ID:nEJ2BM6k0

┌────────────────────────────────────────────┐
│ 粛学が完成したことで、それまでやる夫に対して徹底抗戦を叫んでいた法学部の教授たちも       ..│
│ 沈黙することになる。                                                     │
│ 粛学完成後の2月16日の教授会では、強硬派の神川教授らが僅かに余焔を上げるだけで収まった。   │
│ やる夫の補佐役を果たしえたと判断した田中法学部長は、翌17日に緊急教授会を招集して        │
│ 辞任を発表した。                                                     │
└────────────────────────────────────────────┘


    ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|            粛学さえ完成してしまえば
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|
    代・} 弋・フ / ^}リ             俺が学部長職にしがみつく理由が無いからね……
     ';::.:L .:::  {  r〈 
     ';t‐ェェタ  イ >、_           まあ、あとは後任の学部長に
      i:::二  / // \
       `ー</ /o\  \        押し付けちまうさ……
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{


616 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:43:06 ID:nEJ2BM6k0

         、 - ,__
        (、 ─── ,\         ┌──────────────────────────┐
        i/    ヽ、丶丶        │ 後任については、いったん候補とされた南原繁教授が     .│
        | ┃ ┃    |_|        .│                                     ...│
        / ⊂⊃     )          ..│ 辞退したので、かつて二回の学部長経験があり       ....│
~~・━mn.  (\__ノ    、<        ..│                                     ...│
   | -(丶 、/` ───/  \     .....│ やる夫と総長選挙を戦った穂積重遠教授に         .....│
   (___| ̄ | \--/    丶     ..│                                     ...│
       |   |   \       |     .│ 白羽の矢が立つこととなった。                  ..│
        |   ヽ      \   !    ..└──────────────────────────┘
       ヽ 、/━━━━ノ__/i`/
       ⊂^_、/^|       、/
        ` - ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


617 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:44:06 ID:nEJ2BM6k0

┌─────────────────────────────────────────────┐
│ 粛学にどうしても割り切れない気持ちが残る南原はやる夫邸を訪れ、やる夫に辞職を勧告したという。    .│
└─────────────────────────────────────────────┘


  !;;;;;〕、:::::_:::::::::::::::::;__:::::::::L !
   !:;'::::::: ̄::::::ヽ::::::::::/:::::::::`::;;::''; !          あなたの苦衷はよく判る、しかし、
   !l::::::::, ' ⌒丶:::::::::':, ' ⌒丶  l!
  ,!=!ニ(    ):⌒:(    )ニ!=!          ここまできた以上、覆水盆に帰らず!!
  ,rイ:::::::丶_,ノ/|:::;::' 丶_,ノ   ト-、
 ! テ!:::;::::::::::::::::'::;|:''         !f ,!         本当に大学のためを思うなら、
 ヽ、|:::ヽ::::::::::::::::|       ,〃 !ノ
   !:::::::::::;;::;:, ,,`  ′、、 、  ,   !          あなたは総長を辞職しなさい!!
   ';::::::`=ニニ二二ニニニ='′ ,イ
    ヾ , ,,           、、/,|
     `、,, " ,      、゛、,r'′ | _


618 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:45:06 ID:nEJ2BM6k0

           ____               南原君がやる夫に引責辞任を説いてきたお……
         /⌒ ~ ⌒\
       /( ―)─(―).\           でも、やる夫は辞める気は全くないお
      /:::::( ((__人__))):::: \
      |              |          自治干犯の粛学を断行した以上、事後処理だけでなく
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"         粛学を余儀なくさせた国家主義者達に対する防波堤として、

                            任期一杯勤めないといけないんだお……


619 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:46:06 ID:nEJ2BM6k0

┌──────────────────────────────────────────┐
│ 最初に土方派の犠牲となった矢内原忠雄は、2月20日発行の個人雑誌『嘉信』第二巻第二号に   .│
│ 「経済学部の問題」を掲げ、やる夫にエールを送った。                             │
└──────────────────────────────────────────┘


                _____
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、          「軍艦総長の狙ひ過たず、巨弾一発、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉          ソドム、ゴモラは一挙にして壊滅せられた」
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   |   /⌒l′  |`Y}
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{         「真実の自治を得る為めには、虚偽の人物を
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!
  ,.ィ'´ト.´     ´`"`"`゙″ .::::;'          一掃せねばならない。
イ´::ノ|::::l \         "'   :::/
::::::::::::|:::::l   ヽ、      ..::  .:::/.、          かくしてのみ、真の学府は再建せられ得る。
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\
::::::::::: |::::::::ヽ    ``''‐--ァt''′ |!:::ヽ:::\       形式的自治主義の抽象論に迷ふことなく、一路邁進、
:::::::::::::|::::::::::::ヽ、       /i|iト、  |l:::::::ヽ:::::\
:::::::::::::|::::::::::::::/:ヽ、   ∧|i|i|i|〉. ||::::::::::ヽ:::::::\    クロムウェル的英断を貫徹すべし」


620 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:47:05 ID:nEJ2BM6k0

    l/ / / / / / /    \/ / / / / / ∧
    | / / / / / /  / ̄  V / / / / / /|         こうしてやる夫にとって大きな難関だった
    l/ / / / / /      _ V / / / / / ,|
    l / / / / / `     ィ== V / / / / /!         経済学部粛学は達成されるの
    v / / / /, -         l/ / / l/ / !
     v / / /lィ=         |' / / ,|/,|/|         残る始末は領袖の休職に釣られて
     v / / ,!   ,}          |/ /i/ |/,|/|、__ ,
        v./ ,小、    _/    | //|ノ' /l ,l/_ノ       辞表を出した教授や助教授などの処置ね
       v / /㌧、 `       ,| /.::: / ヽ\
       ヽ / |:::::::> 、   / j/}::::    ハ \      とはいえ、これは今までの苦労に比べれば
         v/!:::::::{::::ノ| `¨´ /ノ:::: ノ     |  li
          ∧| ::::::::::`ァ   / ` T"::   l:  |  }}     大したことではなかったわ
          / :::::::::`T"´!  /   j::::::  ノ::: ノ\ノ


621 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:48:05 ID:nEJ2BM6k0

     { /          rく/ ―-/ -―   \へ、         . -、|
      V{  {  ィ   [ //´ ̄ /⌒ヽ  ̄`ヽ  xく   へ、 }ー'
       \、/  ー一'`/     '           \l\ー'  }ノ
             //     | |            |l  \  _         いやったぁ!!
        /⌒ \./  |l    | |l     |\\   !!   /7´_  \
      /     `l   ヽ   /∨メ、   |/\|  |'  〈/´     .      遂にやる夫さんはやりきったんだね!!
     ,      `!   }\ |  \ \ノ /  l  /l   〈 、      l
     l     ノノ   /` ーT  ̄      ̄ ノイーヘ、_ ヽゝ_    l      今までさんざん苦労したんだもの、
     |    イ´  / \   人 {ー---一} 人    >`ヽ. l`   |
     |    l  l ヽ.  \  >`二二´<     /    i.'     |      結果が出て当然だよね!!
     |    ∨ ̄  ヽj  \  |丶_ ノ|   / /   _/     |
     l     V-、    |   \ ヽ   / /  〈 / /     ;
      .      V \ 八    \\//    ,l/  /       ,
     ヽ      i  l {  ` ー―― Y ――一' {  /l     /
        \     l  |人ー--------{}-------‐人 {       /


622 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:49:05 ID:nEJ2BM6k0

             _,  -―‐- .._
         , ´ , -―    `ヽ
       /  /          \           そうね……
      〃  /{             ',
      /  /  l                l          やる夫さんの「不譲」が今回は
     ,  /   ',              |
      | 仁ニ、 ヽ            |          正しい方向へ東大を導いたんだと思うわ
     V |´i;|   ',      l     ,
      Vl "    l      ,'    /
      く        !      /    /           ……さて、今回の話はここまでにします
       L.‐'    |  / /     {
        ヽ    |  /' /      | 丶 __ ,         次回は「平賀粛学」の余波で瀕死に陥った
         `Tフ^ | 〃|/     t、 _,ノ
          |'/ レ'    l     \           経済学部を懸命に復活させるやる夫を描きます
        /ト--‐'    ハ       ヽ
          /  `ァ‐'  / /  \     l         それでは、次回もよろしくお付き合いください
       { ト-‐'   / /  ヽ ヽ   | |
       `ファー一ァイ/      \|  //
       / /  /|/        l /´
        / /   〉  |/        |/


623 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:50:05 ID:nEJ2BM6k0

       /⌒l   レ{   从_ ノ/     /   ト、/⌒レ-、
        /  l     \{ / /l   ,/ |   /   `v   ノ
        |  l      。'  l_|  /ハ/!/ /_v | |   し     やる夫さんの活躍は
      l   l     {}   lヘ\レ=、 \/_ V  ノィ   {
       l !  /⌒!   ゝ   ,、_' ⌒∠ ィ ノヘノ      まだまだ続くよ!!
    イ⌒ヽ}  l  /  ∠ -‐<´ ̄{/  lノ  /  |
  / |  lノ   し'  /ヽ\`ヽ!\卜=' -<_  {}゚
  ∧_ ヽ. ヽ     l   ! !   |   k〈―、/             それじゃあ、次回もよろしく!!
  ヽ _ナー'/    /   l | /     い /_
    l   {    /  ノ /'´ ̄ ̄`ヽヽ}/ ヽ\
     \__,. ∠ニ´-イ       `|}-、 ヽ.l            みんな、幸せゲットだよ!!
              l   -―- 、/  \)\



第19話  粛学断行  終わり

第20話  経済学部再建  へ続きます


624 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:51:05 ID:nEJ2BM6k0

◎第19話「粛学断行」


平賀やる夫                東京帝国大学総長:やる夫(AA)


荒木貞夫              文部大臣:シャア・アズナブル(逆襲のシャア)


河合栄治郎             東京帝大経済学部教授:夜神 月(DEATH NOTE)


田中耕太郎             東京帝大法学部長:後藤喜一(機動警察パトレイバー)


土方成美              東京帝大経済学部教授:利根川幸雄(賭博黙示録カイジ)

本位田祥男             東京帝大経済学部教授:天 貴史(天 天和通りの快男児)
田辺忠男              東京帝大経済学部教授:森田鉄雄(銀と金)
中西寅雄              東京帝大経済学部教授:井川ひろゆき(天 天和通りの快男児)
土方 寧               土方成美の岳父:兵藤和尊(賭博黙示録カイジ)

山田文雄              東京帝大経済学部教授:魅上 照(DEATH NOTE)
大河内一男             東京帝大講師:高田清美(DEATH NOTE)
安井琢磨              東京帝大助手:松田桃太(DEATH NOTE)
木村健康              東京帝大助手:弥海砂(DEATH NOTE)

石黒忠彦              文部次官:ナナイ・ミゲル(逆襲のシャア)
上田宗重              艦政本部長:佐天涙子(とある魔術の禁書目録)
蓑田胸喜              雑誌「原理日本」主催者:範馬勇次郎(グラップラー刃牙・シリーズ)
蝋山政道              東京帝大法学部教授:相沢周市(DEATH NOTE)
南原 繁               東京帝大法学部教授:ショウ・タッカー(鋼の錬金術師)
山田三良              東京帝大名誉教授:夜神総一郎(DEATH NOTE)
加藤寛治              予備役海軍大将:星野仙一(実在人物)
板垣征四郎             陸軍大臣:コンスコン少将(機動戦士ガンダム)
穂積重遠              東京帝大法学部長:野比のび助(ドラえもん)
矢内原忠雄             元東京帝大経済学部教授:安西光義(SLAM DUNK)

平賀家女中             翡翠(月姫)
東大学生              ダディクール/クマー/モナー(AA)
土方の友人             村岡隆(賭博黙示録カイジ)


平賀カズ                やる夫の妻:真紅(ローゼンメイデン)


昭和天皇              皇神楽耶(コードギアス)


626 名前:名無しSS描き ◆YH9/Upkk/2[] 投稿日:2012/10/30(火) 22:54:17 ID:nEJ2BM6k0
本日の投下は以上です。読んでくださった方々、お疲れ様でした。
次回は河合・土方両派の崩壊と東大に徐々に忍び寄る戦争の影を描きます。

それでは、次回もよろしくお付き合いください。


625 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 22:53:38 ID:qLfUW4CQ0
乙乙!


627 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/30(火) 23:16:52 ID:B4WaAIw20


根回しとか無縁の人かと思ってたw
政治力もなきゃ軍艦総長にはなれないか


628 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/31(水) 04:22:05 ID:lCWLXBTM0

乙でした

河合土方両名にも勝ち目はあったはずなのに
ここまで差がつくものなのか…
関連記事
スポンサーサイト

コメント

page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3423.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13