以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3400.htmlより取得しました。


初めての燗

586 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:41:14 ID:yux79nO6

               _
                /´ .:i.´
               ./  .::}:            |
         _,,,,j'  .:::|:         |            ┌────┐
        f´ .:::::::!|  ::::|:.          |            │        │
        |  :::/|  .:::|:.         |               ,└――――┘、
        |  .:::|:::|  :::|       ..;〆´)         /   ⌒    ⌒   \
        |  :::|:::|  .::::!;       / .:!'/          |   (●)  (●)   |
         :|  ::::!ノ;  :::::ヽ     :j゙  :::|          \   (__人__)   /
          ;;   j!  .:::::: \   ::}   :}           /           ヽ
        ! :.  :!  :::::   ヽ, ..::丿  .:i゙              ヽ、二⌒) パッ   | }
         !: ::!;   .:::     .!;::ノ   ...:|            |   ゚。゚o (⌒ニノ
          .!; .;;   .:::       .:|、l   .::::||――――──────―――――────────―――――
        {    ::;       .::´  .::::::||
        |:: .  .::      .:::   ...::::/'|
        |::..::  :         ...::::::::/ |―――| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―――――| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―――――| ̄ ̄ ̄ ̄
        .|:::i         ..::::::::::::j  |      |          |          |          |          |
        .iヘ;j゙       ;: ..::::::::::::::/   |―――|          |―――――|          |―――――|
        | {_,,,,==,,,,_ .::::::::::::::::::::ノ    |      |          |          |          |          |
  .r-zr--''' ̄'''ー-ァ、_  ̄`ヽ  /     |     L_____」        L_____」        L___
  -´''''' ̄'''''丶、  {  `ヽ_   Y         |      ||    ||          ||    ||          ||
           `ヽ丶,,__)   }       |      ||    ||          ||    ||          ||


┌─――――─────────────────────────┐

    「 大将 まだ開いてる? 」

└──────────────────────────────┘


587 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:41:27 ID:yux79nO6




              ┌────┐
              │        │
              └――――┘
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ⌒)  (⌒)\
          i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
           ヽ、    `ー '    /
           /  、、        ヽ
              ヽ、二⌒)     | }
            |    \\(⌒ニノ
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「お出しできるものはあまりありませんが、それでもよければ」

    大将の言葉にほっと一息つく

 └──────────────────────────────────┘



588 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:41:41 ID:yux79nO6

                 |     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 |    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
─────┐     |   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
便局  〒  |     |  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@
─────┘     |      |
                 |      |   
__             |      |   
    |           |      |        :========:.:========:   | ̄ ̄ ̄||
    |           |      |        |i.     l||i.     l|    |  鮨  ||
    |     | ̄ ̄ ̄|  |      |        |i.     l||i.     l|    |___|l
    |     | =::= |  |      |        |i_____l||i_____l|     ̄ ̄ ̄
    |     | [二] |  |    /|        |┬┬┬┬||┬┬┬┬|
    |     |___|  |  /  |        |┼┼┼┼||┼┼┼┼|
__|____|,,|___|/    |____|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_________

┌─――――────────────────────────────┐

    繁華街から歩いて30分ほどのところに、その寿司屋はある

└─────────────────────────────────┘


589 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:42:25 ID:yux79nO6




               ┌────┐
               │        │
               └――――┘
              /          \
            /   ⌒    ⌒   \
            |    (●)  (●)   |
           \   (__人__)   /
            /            ヽ
          /、、           ,  l
          (( < ヲ、        |  }
 ┌─―――――───────────────────────┐

    それなりに流行っているらしい

    らしい、というのは他の客に会った事がないからだ

 └─────────────────────────────┘


590 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:42:48 ID:yux79nO6

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;,;::,,/⌒\:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┗|;;:;,(´ ̄ ̄`) ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;::: .   i    : ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:: ...   |┛   : ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:..    |     :: :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ┗|:    |     :.:.:: :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::::. |:    |     :.:.:::: :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::: . |:    |┛      : ::::.:::.::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: : :: :   |:    |       :.: .:::::: ::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , ┗|:    |        :.:.::: :::::::
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l::..|:    |           :.:::.:: :::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::::::][:::::: ][::: . ]| |:.__.|           : ::.::.::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::....][:::::...][.. | ||   ||           : ::::::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::.. ][... : ]| ||   ||          : : :
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][:::::. ][::: .. ][.. | ||   ||              : :
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::...][:::.....][::......]| ||   ||               ::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::...][:::::...][:::::....][. | ||   ||            :
:][:::::: ][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::....][::......][...  ]| ||   ||
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::......][::......][........][.. | ||   ||
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::..][::::....][::.. . ][...... ][. . . ]| ||   ||
"'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' """"""
 ┌─―――――───────────────────────┐

    というのも、時間は既に0時を回っている
    仕事の関係上、これより早い時間に来られたことがない

 └─────────────────────────────┘


591 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:43:12 ID:yux79nO6

                 |     ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
                 |    ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
─────┐     |   ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
便局  〒  |     |  @==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@
─────┘     |      |
                 |      |   
__             |      |   
    |           |      |        :========:.:========:   | ̄ ̄ ̄||
    |           |      |        |i.     l||i.     l|    |  鮨  ||
    |     | ̄ ̄ ̄|  |      |        |i.     l||i.     l|    |___|l
    |     | =::= |  |      |        |i_____l||i_____l|     ̄ ̄ ̄
    |     | [二] |  |    /|        |┬┬┬┬||┬┬┬┬|
    |     |___|  |  /  |        |┼┼┼┼||┼┼┼┼|
__|____|,,|___|/    |____|┼┼┼┼||┼┼┼┼|_________

 ┌─―――――────────────────────────────┐

    一旦、店を閉めているらしく、のれんはかかっていない

    営業時間には細かい仕事をする若いのもいるそうだが、
    終電の前に帰らせているらしい

 └──────────────────────────────────┘


592 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:43:25 ID:yux79nO6




               ┌────┐
               │        │
               └――――┘
              /          \
            /   ⌒    ⌒   \
            |    (●)  (●)   |
           \   (__人__)   /
            /           ヽ
           ヽ、二⌒) パッ   | }
                |   ゚。゚o (⌒ニノ
 ┌─―――――───────────────────────┐

    客、というよりも大将が明日の仕込をしている横で
    少し飲ませてもらっているというのが正しいのだろう

 └─────────────────────────────┘


593 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:43:41 ID:yux79nO6




             ┌────┐
             │        │
             └――――┘
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ⌒)  (⌒)\
          i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
           ヽ、    `ー '    /
           r´   _     \
          /     〉〈       \
          /  イrー、 { } 〔_〕   ーヽ
           ヽ__アニニニニニニ弋_)ノ
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「今日はなににしましょうか?」

    大将の持ってきてくれた酒を飲みながら、視界を廻らす

 └──────────────────────────────────┘


594 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:43:56 ID:yux79nO6


                 ___
                 / :.. ::   ``ー- 、
                  イ  ::.::...:::... ..     `_ス
                ,上ニ=――――---<‐'
               |  : ..  : .. : ..;:.     `ヽ、
              ヽ、 :. : ... :. ::.       ,_,ノ
               `ー='ニニニニ=ー‐'´   
                              _____
                          r''"´彡 彡 彡``ヽ、_, -‐i
                         ヽ、 ヽ;; ヽ;; ヽ_`_゙_`_;;-‐i
                         r'"´ 彡 彡 彡 `ヽ、_, -‐´i
                         i、 ̄ヾ ̄ヾ ̄ヾ ̄ ̄;' ' -‐i
                         `ー='ニニニニ=ー‐'´   ̄`

 ┌─―――――────────────────────────────┐

    この時間になると、中トロや甘エビといったネタは残っていない

    自然、火を入れたものや手を加えたものが多くなる

 └──────────────────────────────────┘


595 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:44:09 ID:yux79nO6




             ┌────┐
             │        │
             └――――┘
           /  ノ   ヽ \
          /   ( ⌒)  (⌒)\
          i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
           ヽ、    `ー '    /
           r´   _     \
          /     〉〈       \
          /  イrー、 { } 〔_〕   ーヽ
           ヽ__アニニニニニニ弋_)ノ
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「大将におまかせするよ」

    大将はちょっと困った顔をしながら、「はい」とうなずいた

 └──────────────────────────────────┘


596 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:44:29 ID:yux79nO6



                  ,.,、-------::、..
               ,.-'''`.,、' '' ' '' ' '' ' -,,``:、
              ( ,i'。'゙ :';:,:.  .:,:;': ゙'';:、,)
              .| ゙-..;;_''   ',∴ ・'' _,,..-'゙|
               l,     ̄ ̄ ̄ ̄    .|
                'l,             ,/
                \          /
                  ゙l'-、..,,,,,,,,,,,,..,、-'l゙
                  ゙'-、..,,,,,,,,,,,..、-'゙

         _ 
        /: :ー`─‐ --== === ニニニ 二二二 三三三」
       (;_;_ィー─‐ ---== === ニニニ 二二二 三三三」

 ┌─―――――────────────────────────────┐

    数分の後、出てきたのは茶碗に盛られたご飯だった
    茶色く色づいたそぼろのようなものがかかっている

    「これは、鶏そぼろかな?」

 └──────────────────────────────────┘


597 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:44:44 ID:yux79nO6




              ┌────┐
              │        │
              └――――┘
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ⌒)  (⌒)\
          i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
           ヽ、    `ー '    /
           /  、、        ヽ
              ヽ、二⌒)     | }
            |    \\(⌒ニノ
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「マグロの中落ちを軽く炒めてみました」

    「まずはそのまま、ネギとわさびがあるのでお茶漬けでもどうぞ」

 └──────────────────────────────────┘


598 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:45:03 ID:yux79nO6


                              -―――-、
                       r----‐'´         、
                       ヽ.  _ _______\__,..z≦〕
      . ======≡ニニニ二二二二/ ゙辷三三三三三三三三三三〕
                           , l   、   _,..z≦斗 ''"´',
                        . '  、   、≦斗 ''"´l.      .
                     r  ´   _、    、    .ノ      '.
                        `_,..z≦斗ヘ    `'く  '         ,
                 _,..z≦斗 ''"´.  ´ヽ    ヽ        l
             _,..z≦斗 ''"´  . ' . -ミ '.      `          l
         _,..z≦斗 ''"´   `T_.  '    `i               l
          ̄ ̄ ̄                   l               l
                              、              l
                                 ヽ                l
                                  l \          l
                               、            \
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    火のはいったことでいつものマグロと違った、ザラっとした感触が広がる
    やや茶がかかっているのは、醤油に酒、みりんといったところだろうか

    生のマグロの脂の美味さとは異なる、じんわりとしたコクが広がっていく

 └──────────────────────────────────┘


599 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:45:33 ID:yux79nO6


                     ,.  -─_-_  .. _____
                   ∠ -‐''"´     ̄ ̄`ー '"´ ̄ ̄ ̄ ̄
              /  __ .. -- .. _
                  / ,.<L人___          ,. -─- ... __
            /{_/⌒ヾ> .  `フ7 ー---‐ '´
          , '^Y     }   ` く /
            /廴,ノ    /     ヽ.
            {        , '        ',
            '.    ,. '            }
           ゙ァrr ´           /
           Lrヘ.             , '
              ヽ、         /
               `   --‐ '´

 ┌─―――――────────────────────────────┐

    だしをかけてお茶漬けにすると、
    火によって閉じ込められたマグロの香りがまた戻ってくる

    「うん、美味しいねこれ」
    「鯛茶漬けを連想したけど、これはもう少し濃い美味さだ」

 └──────────────────────────────────┘


600 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:45:45 ID:yux79nO6




              ┌────┐
              │        │
              └――――┘
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ⌒)  (⌒)\
          i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
           ヽ、    `ー '    /
           /           ヽ
              ヽ、二⌒)⌒´}   | }
            |   └'~(⌒ニノ
 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「ありがとうございます」

    大将が手を拭きながら微笑んだ

 └──────────────────────────────────┘


601 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:46:11 ID:yux79nO6


                 /       .  ─────   .        \
                /      ´  ..::::::::: [ト.ロコ     `       ',
                   l!  /      ::::::::::...[lコ l] ...::::::     \   l!
               {{  ' rJ}  ...:::::   .::::::::....     く\⌒> ヽ  }}
               ',∨  `´ :::::        ....:::::::::..     ~~~~~~~   ∨}′
                ,\   く{:::::::  ..::::....              /,'
                , \  ::::::     ...:::::::::::::....        /  ′
                 \  >  .             . <   /
                       \       ー───一       /
                       \                  /
                       \                 /
                         |   ̄  ――   ̄  |
                       `ー-          -‐'´
                             ̄ ̄ ̄

 ┌─―――――────────────────────────────┐

    「熱い、熱い、言ってたのにもう秋なんだね」
    このお茶漬けも少し前なら熱く感じたかもしれない

    今はちょうどよい暖かさを感じる

 └──────────────────────────────────┘


602 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:46:46 ID:yux79nO6





                      . -‐  ‐- .
                   . ´,.::::;;:... . . _  `.
                    i ヾ<:;_   _,.ン |
                    l      ̄...:;:彡|
                    !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::....
                     ト ,  . ..,:;:;:=:彳::::::::::::::::::::
                     ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::


       ┌─―――――──────────────―───┐
      
          今更ながら、さっきから飲んでいるのが、
          今年初めての燗であることに気がついた
      
       └───────────────────―────┘


                                          おわり

.


603 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/18(木) 22:47:48 ID:yux79nO6

 以上です
 ちなみに、作中のマグロ中落ちのお茶漬けですが……


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\         作ったことも食ったこともないお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |    mj |ー'´      |     多分、あんまり美味くないからまねしない方がいいお
  \  〈__ノ      /


604 名前:風と木のやる夫[sage] 投稿日:2012/10/19(金) 23:30:10 ID:I/SXV0aQ

おつ華麗~。

大将やる夫、可愛いのに渋いな。
お茶漬け食べたい……美味しそうですぞ。


605 名前:風と木のやる夫だお[sage] 投稿日:2012/10/20(土) 21:02:01 ID:u5BrJyvU


乙です!大将なのにやる夫がとても可愛くってニヤけましたw
普通の営業時間でいいからこのお店に通いたい…
読むたびお腹すきますwww



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

この大将(やる夫)のAAがとてもいいな。
すごくほっととするようなAAだ。
page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-3400.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13