以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1573.htmlより取得しました。


やる夫の君主論とできる夫の批判 第四章 おまけ 「プロジェクトX ~金角湾に橋を架けろ~」




349 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:02:07 ID:fBJ4N39Q

  ―――オスマン帝国歴代皇帝の中でも、名君とされるメフメト二世とセリム一世―――

                       /: :/: :.|: : : : : ! : : : \: : : :.ヽ: : ヽ
                       /: /: : 八: :!: : :|\: : : : ヽ: : : :',: : :.',
                      ,': /ニ7⌒!:.!: : :| ⌒ : : : : : : : : |: : : :!
                        /: :.|: :./  V\: !   ヽ: :!: :.|\|: : : :.\__,
                     /: : :ハ: :|     ヾ   ∨!∨: : : : : : : : :ヽ
                      /: : : : :.V:! x=ミ    x=ミ. !: : : : ハ: : : : : :.ハ
                   /:/: : : : /: :! 、、  、       、、 !: : !: : :!: : : : : : :.}
                   // |: : : /| :八    - 、    ,ィ: :/: : /: :ハ: : :|V
                   {! 从: i'´ ̄::::>、 `ー '  イ!V /: : /: / |: :/
               _人_    /N::::_:::::/::| ` r ' //:/: /‐く  V
               `Y´    /::::::://:::/:::::|  >く  /:::丁´:::::::::::::V゚}∩  *
                     /::::nんh_::∧:::::}/八. ∨::::::」::::::::::〈ヽ.ノ///〉
              .     /:/| ! // 〉:::::>ヘ.ノ八 ソ::::{::::::::::::/:::}    っ
                  //:::::::\__ノ〉::〈:::::::|/ ∧〉::::〉::::::::/::::∧  , ィ´
                  /:::::::::::::::::::::/::::::::\::! /:::::>'´::::::::/::::/:::い.ノ):〉

                       【征服者】 メフメト二世



                           /: /: /: : :/: : :/ /  ',!:: : :|: ',: : : : : : :ハ
                            ! /: /: : :/: :/!/   |!ヽ: :!、: ., : : : : :::::!
                             | l: : : : : ! /.  l    !  ',:| ヽ:!: ::::: : ::::|
                             | |: : : :|/!' \_     __ 斗 ´'l: :::::!: :::::l
                             |リ |: : :l ,イらハ`    ´イさミ、 .!: ::::l ::::::,
                             l! ::, :::!' 弋zリ      {z__z,ハ l:::::::l ::::,
            .               l|: ::, ::|   ,     、___,  `¨ ゛ ./:::::/::::/
             , ‐ -、         /! :::ヽ;l  ゝ--- ´ ,. ゝ ___ ノ/::/:::::/!
            ./     ヽ        //: : : :::::ヘ.      ,   _、   /'7:::::::::/::!
            i      ヽ     , '__!: : : : : ::::ヽ.    {  ̄ ,   ,イ : ::::/::::|
            i  .........  ヽ /    `ヽ: : : :::` r 、 ` - ´  <::': : : /::!:::!
            ヽ ::::::::::::::..   V        ヽヽ: : : : {  ` ー ´/::::::/ : /:::::!:::|
             ヽ:::::::::::::::::... ヽ  ヽ    ヽV::: : ハ     {ヽ y  :/!::::::!:::|

                     【冷酷者】 セリム一世


      ―――実際、功績からみても名君と呼ぶに相応しい二人である―――


350 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:02:46 ID:fBJ4N39Q


     ―――しかし、その二人の間を統治したバヤズィト二世に関しては―――


                       , -: : : : : ̄ ̄: :` : : : ...
                      ´: ./ : :.: : : i: : : : : : : : : : : : ヽ
                     /: : : :.:.i.:.:.: : : : :| : : : : : : : : :: : : : : \
                 ,.: : : : : :.:.:.i |:.: : : : : :|: : :i : :ヽ : : : : : : : : : :ヽ
                /:/: : : : : : : |:{: : : : : : i|: : :|: : ::|: : : : : : : : : : : :',
                ,':/ : : : /: : : :レ: : : : : : :|: ::/i: : ::|、.: : : :ヽ: : : : : : .,
               i:/ : : : ::i.:..:. : ::.i.:.:.:. : : :.:|: ::ト、: : |_: : : :.|:: : : :: : :.i
                ': : : : :.:.:|: : : : .,'|斗.:.:.: :.:|: :/ ヽ: :|  ヽ.:.:|: : : :.:.::i: {
               ,.:: : i: : : :|: : : :イ|:.ハ: : : :i./   ,ィテ=ミ、',.:.:|: : : : : :| :|
               }.:.:.::|:.:: :.:|: : : :/ レ ヽ: : :/   {{ir'.::ハヾヽi: : : ::/ レi}
               |:.:.:.:|.:.: :.:|: : : :} ,ィテ=ミ、',::{    _ヾV"゚ソノ ._レ: ::/-、::人
               |: :i/:、. : ::\ l〃ir'.:::バ |-―{ {  `¨´  } } |:/  ∨`ー
               {: ∧.:.\ : : レ`ヽV"゚リ ノ厂  ` ===' :/ ゝ. }'
               レ' ヽ:.:i:::ヽ : :,廴 `¨-‐ ´  '     ""       ./
                  ∨:.:.:.:/` ` ̄ ""            爪/:|
                   )ル'\ ヽ        __         イ: ∧|
                     ヽ..ー、        `    /:.:,、:.:}
                      ∨:: ::>.、          /i:.:.:./ ヽ|
                       〉/: :リ }: ::i≧     ´  レヽ
                         i/ムイ. ノ::-}         斗-
                          , -/  \    / /
                      _ /  }    _>iヽ  ,′
                   __,ィ. ´i    i.  イ/).}ヽ  /

                         【聖者】 バヤズィト二世


             ―――あまりネタにならない。知名度も低い―――


351 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:03:14 ID:fBJ4N39Q


  ―――最後は簒奪に近い形でセリムに帝位を禅譲させられることになった為―――

             /~ _r'"   ヽ'~
           / /_.. 丶_,,,、ノ     / /          ヽ       ヽ
           (  __,,-=) / /      / /      / ,  ,    i    ',   ',
           }  _,, r^) ,f      / /  /   /  ハ   i    i     ',   ,
           }   ,、. ,) {      i  i  /   / /:::::i  |ヽ   |     ,   .i
           ヽ, 'ノ (/ ノ      |  |  /|  ./| |:::::::::i  |::ヽ   |     |:::.  i
         _,,,  -`-ー-=ー{ヽ____   |  |  ! | /:::| .|::::::::::::i |:::::ヽ  |       |:::.  |
     _, r ´           ` ー 、丶|_,.:!、 |`| /、::::| |:::::::::::::| |:::::::_,', ト     .|:::. ', |
   , ´                  `'´  ヾ::|/::::\|:::::::::いレ-'''"::::ヽ|:i |  ,  |::::::. '、!
 /   u                     ヽー==、`:::::}::{:::::::/_,===ァ|  i  | i:::.  ヽ
/                            }`ー┸`::::::::::::::::::ー┸ー':::| /|   | |:::::::.  ',
                                'i:::::::::::::::    :::::::::::::::::/ / |  | |::::::::::. ',
           ばやずぃと              ',    i       / / |  | !::::::::::_,,,,_!
                       u   .      ',           //  .|   |ヽ/   ~ 丶
      ..:::::::::::..               ::.  :.    i    く ̄ ヽ    /  |   |/
     ..:::::::::::::::::::::..     u        :::  ::.  .| i \   ̄   , イ/   |  /
    ...::::::::::::::::::::::::::::::::...            ::::  ::: .ト、| | ヽ _,  '   i .:
   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...           :::::  :^ | ` ヽ._       _,,|:.:

                ―――そういう意味でも今一パッとしない―――


352 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:04:22 ID:fBJ4N39Q


             ―――しかし、バヤズィト二世の時代には―――

                          _ ..-─‐- 、
                        , .. :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽ
                     /:: :: :: :: :: :: :/::',:: :: :: :: :: ヽ、     自分、
                    .. :: :: :: :: :: :: :: ,..':: :: :: ',:: :: :: :: :: :: :ヽ
                   /:: :: :: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :: :',:: :: :: :: :: :: ::ヽ   内政派でして。
                    /:: :: :: :: :: :: :: ::/:: :: :: :: :: :::|:: :: :: :: :: :: :: ::',
                   .: :: :: :: :: :: :: :: /:: :: :: :: :: :: ::l:: ',:: :: :: i:: :: :: :l
        .          ,':: :: :: :: :: ::/:: :/,':: :: :: :: :: :: ∧:::i :: :: ::|:: :: :: |
                  /:: :: ::/:: :: :/|:::,' .!:,':: :::!:: :: :::/ '.,::l:: ',:: :: :: :: :,'
                /'イ::/::!:: :: /-|::|_, |,',:: :::|:: : ::/   _i.:|:: ヽ:: :: :: ::l
                 |//:|:: :::/  リ .リ ',:: :|:: ::/´ ̄ ヽ|:: :: 〉、:: :: |
                //,'|:l:: ::.'      !、|/  x==.,.|:: :/ ´'l::ヽ::|
                  l |',:: l ヾ==-  /´ヾ  ´弋_:/リ/ .} l:ヾ',ヽ
                  ヽ ヽ|              / ./::|
                   `i..',               ,'/|、iリ
                      |::::',     '       /::|:: :| ヾ
               _    /,''|::ヽ     ‐-    ./:: :li、:|
        .       q  ヽ、ニニ= 、:` .、     ./ ,'::i:::,' ヾ
              |    ヽ .Y ヾ_l .| ヽ-  ´   |/ヾl
              ヽ _   /___/`- _ヽ、     ,-- r-、
                `‐-´¨゙゙l     .ヽ,フ、 / /.   ヽ.、
              _  -‐ ´ ̄ヽ_    /ニ===r_',∠ユ .ヽ` 、
          /´::. ::. ::. ::. ::. :./::. ::.:`‐-ハ`-l l`テ ,-‐─   ヽ::.`:..‐--.. 、
         /::. :i::. ::. ::. ::. ::./::. ::. ::.:/i/ .>(|./,/ _, -- ‐   ',::. ::. ::. :_ --ヽ、
        ../::. ::.|::. ::. ::. ::. :i::. ::. ::. /:|  // |.`ヽ‐ ´i.〉´ --    ',::. :/::. ::. ::. :.'l
        .l::. ::. :|::. ::. :. ::. ::.ヽ:. /::. :.i .// /,'.||.i ', .ッ-‐,  i   ', ::. ::. ::. ::. ::. :|

    ―――ある面白いプロジェクトが立ち上げられていた事がわかっている―――



353 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:04:57 ID:fBJ4N39Q


      ―――それは、「金角湾に橋を架ける」というプロジェクトであり―――


                `ヾ イ         o シシュリ           / 黒海へ
                 | |                               /::::::::::::::::::::::/
                  j |                         /::::::::::::::::::::::/
                  r=彡'                            /::::::::::::::::::::::/
                  | {                              _ノ::::::::::::::::::::::/
                  } `ヽ                     _,,r、_ノ::::::::::::::::rー''´
               `Y {                      /¨´::::::::::::::::::::::::ノ
               /弋`ヽ、_            彡'¨´::::::::::::::::::::::::::r<
               /   ヽ 金 `ーy       イ¨´:::::::::::::::::::::::::rー'¨
             . /      `ヽ. 角 Y      __,,ノ::::::::::::::::::::::::_ノ´
             /           \湾.ヽ o /ガラタ:::::::::::r'''¨
            ./           ヽィ_ `¨´::::::::::::::::::::::::::::::Y
          ||              `¨''ー-t::::::::::::::::::::::::}
          ||  コンスタンティノープル   }:::::::::::::::::::::::j
          ||                     ノ::::::::::::::::::::::「
          ||         r-、__ ___rイ::::::::::::::::::::::::::`7
          ||   ィ'⌒''ー'ヘ==. `'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          ヾY  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ー-、
           .jj ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            .|| ./::::::::::::::::::::::マルマラ海:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


           ―――そして、その橋のデザイナーとして選ばれたのが―――


354 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:05:29 ID:fBJ4N39Q

                      _,.ィ'三三二ニ二三ミー 、、
                    ,ィ'´ィィィィ彡三ニエニ二三ミミヽ
                   ,ィf//ィ'ィ'ィ'ィ'/ィシ' ``ヾヽミミミヽミミヽ
                   ノィ'//,'イ///,イ!lj/    l|lトミミミtゝ、ミ'、
                 //イ{|{lh{lilililil|l| |i,'       li八ミヾ`ヽヽミ':、
                     ハ{{{N、',',',、{((li| |l   ,.........||_!l|l|lトトゝミヽ丶、
                     !|l{lトi、',ミミミ','ji|l|l!:||:.i /:.:.,:'ィリftiミkjljljlj|j|トミミミ≧ュ、、
                     、ヾミミヽヽ',',}}l|:.||: | ,':.:.: ``lF彡ト'リl|l|l|l|lト、liトミ三ミミヽ
                     ハ',',}}}iトN|}|ljj|:.|!  !:.:..  |l {l|l{lリハトl|l|、}〉|  `ヾヽヽ
     .             ハリトミ',W八リノツ'.:.リ ,..、   |l  |トトWl|l|l|lNjljl|    ヾソ}
     .             {{{{{lリハリllツノ/.:.:/: '―'    '、.:リト、{{、',NNhト、    ノリ′
                ,)}W/}}リノ,イ:,、'_____,.メィリj}j>、{((NトV、  ,イjリ
     .             イノリ//ハ}l//イ/` ―----― ´ /リノハノハトミヾミミミゝ、/ノ/
                  //イノハリノイノトi{、`:.:.‐;,-;,‐.:.:´ イツノ八トミミト`ヾヽ、ミ{{{/ー- 、
                  {{{i{i{i{(({i{i{i|l|l|リハトi、,イi{,,,}iト、ィツ{fリイ ハliliトミヾヽ',iトミヾWト、  ヽ
               ,})})}lトiトl|l|l|l|| `ツノリ{{{M}}lリィfイヾ! LlLlレ‐=ミ)}lト}|l|liヾ'、ヽ、
            、__,.ノィメイト'、',',lililili|::..'´,ンiメ!ルイl/lイ八`/ {´ ̄/   W!,リリハ ヾミ、i}
            `ニ彡'´ 'リ ヾ',lNi|l:.:.:、 ´jツ ヾ'  / ,':: '、::/    ヾミ彡小、_, リ
        , - 、_,. -'´ / /|   ヾ',W  :.    / '  ,'::  ∨      X` ,ノ   '′
     ‐ '´     /  ,':|     ',iリ      .::ノ   /:::  /      ∧`ー-、
           /   /:::|      }ト、     /    ,':::: /        ∧、   丶、__
          /     /::::::|   ,ノノヾ、ヽ      /:: //:``丶、     ∧ヽ、
        /       /.:.:.:.:l  ,ィツ′ 丶、    ノ::./ /:::::::::::::::::::::`丶、 ∧ ヽ、
      /      , ':.  -‐|=彡'    /^ヽヽ   .:.:. /ノ::::        〈丶、ヘ  \
     '´       , '::    |       ./:::::::丶',     //          ',  \〉
     、_,,.. -― /:::       |      /::::   ヾ!   ,'/           l

                        レオナルド・ダ・ヴィンチ


355 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:05:47 ID:fBJ4N39Q

                           ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                       ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
                    iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、
                    ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ
                   t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ
                   、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
                   i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'
                   't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ
                   ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ
                    'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
                    t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                     '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
     .                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                      ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                       i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
                   ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
               ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
            ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
        ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
     .  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
      / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
     ./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     """           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"

                     ミケランジェロ・ブオナローティ


356 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:06:11 ID:fBJ4N39Q

                               ,-、
                            ,-~´
                            \
                 _          |~
                /´  `ヽ,        |,
            ,-~´~     ~´)       `\,
          /           )         `~|
                      `)          `|
                       ~\         |,
                        く,,_         \
                          `\ ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                            \           /
                              `ヽ,-,_        `ヽ,,
                                 ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                                   `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                                     `ヽ, _   /    `ヽ )
                                       ~ |,  (_,     し´
                                         )   `ヽ,
                                         `),,  _|
                                         ,-´ (
                                         _)  ノ´
                                        (__ノ

  ―――という、ルネサンスを代表する巨匠達だったというのだから驚きである―――


357 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:06:43 ID:fBJ4N39Q

    /       \  /    \
    |  あ だ  ∨
__,. -‐|  り. が    残  :
ァ'´三;!  が         念
/イィ|  と        だ
ィ彡彡ヽ う     ト、___/
三彡彡\_  _/,イifrfrf{iリ川ミ
彡彡彡彡彡∨ノノノ//ノリ川l/イiミミ ――― しかしダ・ヴィンチは、その依頼を承諾し―――
ノイ彡彡彡イィン/イ彡彡彡ノノイトミミ
/ィ彡彡/ィfイ/ィ彡彡彡彡ノ川トミミ
ィ彡彡彡ノノ//ィ彡彡彡彡(,イiリイ ヾi
三彡彡ノノィ彡彡彡彡彡ァ'ノノ/  {i|    ―――デザインも考えてあったものの―――
三三彡イ彡彡ミメ<´ ,イ;シ'ノ   `
彡彡彡彡イfヲ}fヘヾ:://:/:.......
彡彡彡ソノ/ミ王ニシ':/:.メ:.:,ィ二ミ、
彡彡ノムイ,! / リテ/ / } /ミ.゚ti入ヾ
ソンノ/ / liリ' //,'′/  | l::::``ヽf´i
//イY ,ノリ///  ,'    ! !::   !l|!
///{ィ彡'" ,'iリ  /     、  /リ}
/イ{彡'´  l{/ ノ      ヽ /l|lリ
iイリ/ ,.、  リ/    _ ,....::::::ノ/リl|li
ノノイ, ヾミ゙ナ!、__ ``;:‐ '´ /ノハl/!  ―――結局、計画は立ち消えになってしまった―――
リイijィ,   l/` ‐ 、‐ミ===ァ' ///リノ,
ノノノハ}  / 、、  `^ー- ' ,/イハノノ/
ノノノツィリ{!、  ``,―-‐',.ィハ}}////,
ノノノイツイ}}!,、,ィシi}ィリ、,イリリ}}////,イ
{´'シイリノソ{ツ//ノイNイリ洲}{{l{{{{リ}
ゝ'´ 'ヘシツイノノノイ!リリ/リ'ノハ!l|liリメソ
/    {/イシ{{/ノイイjリ//ノハN!Wト、


358 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:07:01 ID:fBJ4N39Q


  ――― 一方のミケランジェロも一時期、真剣にオスマン行きを考えたらしいが ―――


                           ☆
                        ∧        ☆
                      <終>
                        ∨




                         | ̄ト目iiiiii ̄\
                      ,,,、、、、,∩_/;;;目iii\   /
                     ii、、,,,、、      ./  ::::/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         i|;≧≦|i .   /   ::/    | な・・・なんと
                     |:|:.д/ ̄イ  ::::;;;/   < 我が頭上に
                   / \V | ∠__/       .| 死兆星が!!
               / ̄  ̄ ̄ ̄V ̄    ;;;;;|      .\______
              /   人    人    ノ/
              (   人__/_ ̄ ̄;;;;/
             /  ):/\__/:::::\_/|
            (;:::;;;;;;;):/  \:::::::::::人::::::::::::/
            (々 ̄/    /:::::::::::::人:::::::/|
              ̄ ̄   /; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;|
                  /    ::::::;|   :::::::)
                /    ::::::;;;/|:::  ;;:;;;:|
               /     /  .(;;;;;::  く|

          ―――最終的には都合がつかなかったようである―――


359 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:07:29 ID:fBJ4N39Q


                 ―――仮に実現していたとすれば、―――


                     __
              , -‐:::´ ̄:::::::::::::::`:::‐- 、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:::::::::::::::::::::::|:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   .        /::::::::::::::::::::::::λ∥::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::::::::::.,
          i:::: |::::::::::::::::::,' リ ',:::::::::::::::::::|:::::| ',:::::::::::::::::::i    まあ、お金もかかるし……
         .::::: | ::::::::::::::: |  _ノ',:::::::::::::::::||::+-',::::::::::::::::|
   .      |:::::::|:::|::::::::::::::|-´  ',::ヽ:::::::::|ヽ::| ヽ:::::::::::::::|
        |::::::::',:::',::::::|:::::|    ヽ|ヽ:::::|  リ  |:::::::::::: |
        |::::|::::',::::',::::||:::|   u      ヽ|      |::::::::::::|
        |:/|::::/::::::',::|.',:|           彡三ミ |::,'ヽ:::,'
        // |::/:::::::i-ヽ 彡三ミ ,;==;,    l:l レi `|:|
       /´ v ヽ::::|´`', l:l___|:| , Lニニニニ'」 |_//:|
            ヽ:ヽ、_'└ ──┘       ├´:::|
             ヽ:::ヽ-、     _     /::::::l´ヽ
                ':::::::::ヽ、   ヽ _ ノ   /::::::::::::ヽ
              |:||:::|::::::::`_i-  _  ´ト :::::::ヽ:\ヾ
              リ.|:ノ|::::::/ ヽ、    / ヽ |  `
               ´ /ヽ、 ヽ.v-´  /:::iヽ 、
              -...´::|::::::',ヽ、/.- ',_ //:::::::|:::::::::ヽ
           /::::::::::::::::|::::::::', /示\ /::::::/::::::::::::::::`


    ―――バヤズィト二世はルネサンス期のパトロンとして名を残したであろう―――

           ―――文化遺産的にも、つくづく惜しい話ではある―――


360 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:08:11 ID:fBJ4N39Q


                 ―――かくしてバヤズィト二世の評価は―――


                        ,  -───‐- 、
                      r‐´ ̄ヽ`‐-,- -‐─`‐- ,
                      ,'    , '. ´ : : : : : : : : : : : : : ヽ,- 、
.                      i   /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ _`‐--  ,_
  父が国庫を空にしたから、   !  ./ : : : : / : : : : : : : : : i : : : : : : : ヽ ` ‐--. 、 `ヽ,
.                     ' , ', : : : : :/|:i : : : : : : i: : ,', : : : : : : : : :',:: :: : , -- 、_ ヽ
  それを立て直すのに       i ./'/: : : : :/ .!i| : : : : : /: :/ ', : : : : : l: : : i / , '    .} `,
                      |  i: : : : |:|¨`!'', : : : : ,'.|:/‐-| :i : : : ,' : : :! /     /i:: i
  色々と苦労したんだけどね。  !  |:i i : :l    ',: : : / /   リ|: : : , : : ://     .//: /
                      |  リ',:| : |x==、 ヽ,i:,' xテチ、 !: : /: : :/´        / ,' /
                     ,   `'i: :|      !  弋_:ノ /: /´.i:, '       / :/ ,'
.                     !   / : l    ,       // /'       , ':: / :,'
                       ',  /'´レ''、          ./´/       , ' :: / :: !
                      ,     iヽ, -    , .' ; '      ., ':: :: /:: :::,'
.                      ',     レルi、__   ' ´/, '      /:: ::, ' :: :: :!
                      _.i - == -´ ´      /        , ' :: /:: :: :::/
                  ,  .,'´ .'´    !    _., '/      , ':: :/:: :: ::/
               , ' ´::::/         ─.'/, '´     . / :/:: :: :/
              /:::::::::::::::!.    /   _./::::/    /   //:: :, '
.              i::::::::::::::::::l.  , ' ,  .' ´::::::::::::i     '   /__,  '´
.              ',::::::::::::::::::! /./:::::::::::::::::::::::::::|i      , '
              ヽ,:::::::::::::ヽ‐´::::::::::::::::::::::::::::::::,'     , '
               | ` ̄´ ¨ヽ,:::::::::::::::::::::::::::::::,'    /
               !      ` 、_::::::::::::::::::::!  /
.                ,           ̄ ̄` -=/
               !               , '
                 |              /
                 !              ,
.               |              l


 ―――「それなりにマトモな、名君二人の中継ぎ」という地味な評価となるのである―――


361 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/06/15(水) 23:08:39 ID:fBJ4N39Q

                                __           _
                               /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                              ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                            /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
    仮に実現しても、この二人だと     /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                           / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
    現地で大喧嘩しそうですけどね。    /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                            /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                           /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                          /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                         /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                         /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
                        /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、

         、_  _
      ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二zく_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ)   それはそれで歴史ネタとして面白いから良し。
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  'ー=-'.ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ


362 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/06/15(水) 23:10:32 ID:fBJ4N39Q
    __
 〃´  `ヽ    終わり。
 、リノノ`ヽ)
    是非とも実現して欲しかったなー、と思う、ルネサンス期の一大プロジェクトでした。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入
     で、この投下分を作っていて思ったんだけど、和ちゃんってもしかして可愛い?


363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/15(水) 23:54:45 ID:x3vGJcys

なにそれすごい


364 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/15(水) 23:54:49 ID:IbloX4cA
実現できたかどうかはともかく、ルネサンス期にふさわしい夢のある建築ですよね。

>>362
今さら気付いた>>1に驚愕するとともに、穏やかに歓迎の意を表そう



365 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/06/15(水) 23:58:44 ID:fBJ4N39Q
    __
 〃´  `ヽ    二人の合作というかそういうのは本場のイタリアでもあったようなのですが、
 、リノノ`ヽ)      結局完成せずじまい。せつない。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入


366 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 00:11:04 ID:LWhceTGI
メフさんも確か画家をかなりの好条件で招聘してたよね


367 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 00:22:08 ID:QAzlnom.
オヤジと子供の間に挟まれて~っていうと清の雍正帝が連想されるなあ
こちらは影が薄いなんてレベルでは収まらない程強烈だったがw


368 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 04:17:45 ID:2Gw.4idc
実際に金閣湾に橋が架けられたのは、20世紀になってからでしたっけ。
地図でいうと、ガラタあたり、封鎖の鎖がされたところ辺。


369 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 07:38:52 ID:gp9OgovQ

場所が場所だけでに、橋かけても、その後戦争でぶっ壊れて現存してなさそうww


370 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 07:51:00 ID:wfGZkQcQ
でもこれ、外人に高い俸給を出すよりオスマン帝国が国産で建設しちまう
ほうが安あがりだろ。まあそこそこ伍するレベルの架橋ができる人材とか
産業技術水準があったらの話ではあるが


371 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 19:15:58 ID:L4NV5Zjc
でもオスマン帝国の役人ってある意味ほぼ全員「外人」だしなあ。
イタリア連中に発注するのとどっちが安上がりかはやってみないとわからんところだ。
戦争でぶっ壊れそうというのは同意w あまりにも要衝すぐる


372 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/06/16(木) 19:31:59 ID:8rmWqpB2
    __
 〃´  `ヽ    イタリアの芸術家に依頼をしたのは、当時はメフメト二世期の名残で
 、リノノ`ヽ)    西方文化の取入れが活発だったからでしょう。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ   バヤズィト二世自身は熱心なイスラム教徒でしたが、その辺はぼちぼち寛容だったらしいので。
  /ニニ入     ただし、父親が蒐集した西洋美術品は全部叩き売ったみたいですけど。
        
       

373 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 13:24:32 ID:QFdei12U
オスマンの困った時の西欧頼みは一貫してるべ。
それでいてイスラムさいこー!のアイデンティティと矛盾してない柔軟性がアリエール以上だからすごいんだよね、あの国は


374 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/06/17(金) 17:28:42 ID:zOcINzHg

当時世界最強の超大国という余裕があったからこそ「それはそれ、これはこれ」って考えられたんだろうな
頼れるものがなくなって原理主義に走るしかない連中とは対照的だわ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1573.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13