以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1504.htmlより取得しました。


やる夫の君主論とできる夫の批判 第三章 「新領土を併せ持つ世襲君主国について」




330 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/08(日) 14:20:14 ID:pGOZmqsc

                ―――1レスでわかる『君主論』第三章―――

                                       -―──-
                                     ´         丶、
                                 /      \   \   \
                                /  {   \   \   ヽ.   ヽ
                              /   ∧     丶   \|  ∨!  '
                             /     /ハ.   ト、 厶   |  | i
    イタリア人は戦争の仕方が         | │  | ⌒>  | \|\ │  | i
                             | │  l{/ハ  |   y示ミ、   |八.
    わかっていませんね。            | │  | x=、\{   トィハ }}   |\\.
                             |     | {代:ハ    弋::ソ│  |i〉 }
                             ヽ. |人 小. Vリ  ,    ''' |  レく
                              `|  \∧ ''         |  |、 \.
                               |   | |人    ー '  │  l \__
                               |   l│ {>    _//}  l  /
                               |   i |  \/{\  /│  | {.
                               |   八  / /'| /∨ヽ!  /  l
                                    ルーアン枢機卿
    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ `  、
   /                \
 ./              ,==ニ_-、 丶
../                 〃  __ `ヽ  \
/     メ≧、_ノ     イ   {・}  |}  丶       フランス人は国の政策というものが
     ィ彡´三ヽ\  /. 丶 __ /     '
    〃 ̄ ̄ {・}|       ̄  ̄       V      わかっていませんおw
    廴 _ 二´    l     、       '
      ̄  ̄,       人、   }         '
        ヘ、   _イ __`ー-ェ'            |
       |i Tィ'"´:::::::::`゙ヾイ         ∧
        ! |{::::::::::::::::::........}|   /     /
           V:::::::::::::::::::::::/ //    /
           \_:::::::::::::::ノ        ∠
`              ̄ ̄      /
   `ノ` ‐ - _``ー- -‐'"´_ _ , ´


721 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:16:49 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 {三ニ≧ュ、: : : : : :i: : : : : :i: :寸
 |ミ/⌒寸}}: : : : :.:ト、: : : :.:ト、: :ヽ
 |,/: : : ///: : :i: :/ ‘,:.:/zxi: /:}    第三章
. /: : : //∧ : : |:/xf斧j:./ ヒリj/:八
/: : : :,{三ミ∧:.:.|{弋::リ /  、 i/: i    『新領土を併せ持つ世襲君主国について』
: : : : :トミ三心:.ゝ    、_ /.:.:.:|
: : : : :|  `¨¨¨Y__≧   _, ′ : |
: : : : :|    /: : : : `:く : : : : : :.:|
: : : : :|     /=≠:'⌒>- 、:.: : :.:|
: : : : :|  f´: : : : : :/     Y: : :| />
: : : : :|  {! : : : : : {       |: : :.|./     ` 7´ ̄ ̄ ` 7
: : : : :|  |{ : : : : :.‘、ヽ    |: : :./     .::/      /
: : : : :|  |ト、: : : : : : :ヽ‘,クヘ:/〉     .::/      ,.イ
: : : : :|  |/∧: : : : : : :.:∨//∧} 、   ..::/     /´ノ }
: : : : :|  |//∧: : : : : : : ∨//,∧'__x≧≠―‐‐rf′ グ
: : : : :|  |///∧: : : : : : : ∨///ハ////////,へ <
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


722 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:17:11 ID:bX3D4XR2








                      ――― やる夫の主張 ―――







.

723 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:17:33 ID:bX3D4XR2

      ____
    /     \      前の章では、いかに世襲君主が有利か、
   ‐   ─     \
   (  ( ●)     \   ということを述べたけれど、
  (人__)         |
   `⌒´         /   これは逆を返せば、「新領土を維持するのは難しい」
   `l          \
    l           \  ということになるお。



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,     その「難しさ」の原因は、大きく分けて次の二つだお…
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □
.\  "  /    (⌒)
  \ /




724 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:18:06 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      1.住民が新君主に慣れていない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            _  __ __
           _j  ` ー   r_`r-、_
         , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
         /    / \   _j |   ,rrくァ、ヾj
.       '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
        | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!  今日からカナが貴方達の主人かしら!
        レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
       | |    ヽ    "     ゞ\/   カナは玉子焼きが食べたいのかしら!
        ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|
       , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y
     i/  ゝヘ     、--,      ,r イ    まずは卵を買ってこいなのかしらー!
     ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=く´ノ
      __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
   r' ´   ゝ=--く__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
..  '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ

                                    /,::::ヾ,:iヾ;:::ハ,;:::::::!;::::ヾ;::::::::::... ..        ..:::
                                    !!;;〃i::i' `i:::i、ヾ;:::::!;:::i, ヾ;:iヽ;:::i,':::::::::::::........ ....::::
                                  . !! ;l| i:i,  'i:i、  ヾ;;i.ヾi  ヾi ヾiヾ;::::::::::::::::::::::::::
                                   .i; ;;|  ヾ、 ヾ、 ヾ!||;i;i;i;i;i;i;!!!!!!!ヾ ヾ;::::::;'´_ '';:::
              いきなり卵を買ってこいだなんて、 ! |l;i;i;i;l;l;l;l|ヾ     〃;杰i"ヽ.   i:::/ ,' i. ';::
                                      ヽ,〃杰i|     .,_ヾシ__ ,    i/ ,''^'; ', ;::
              なんてひとだろう…              i ヾツ|   ,,,.  ,,,;;////""    ^i ! ;::
                                        | ,//|///"             /  ,::::::
                                        !  i'                 .,::::::::
                                       |  ヽ-='"            ,‐''';;;:::::
                                        !    _           /   '';
                                         !、  ヽ___`二ン        ;
                                  .       !、   ,,, ,,,,,      ..  ;
                                           !、    ̄      ,.:
                                           ヽ        ,.::::
                                             !、     _,.:::::::
                                              ー‐=Ξ::::::::



725 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:18:28 ID:bX3D4XR2

                               , '"
                             /
                             ん | !''! !'''、ヾ "!、
     それじゃあ反乱します…         //ル |.! | | 人 ヽ,,''!,,弋
                            〃;;;i '!!, 代 !i、\|ヽ!ヾ  !
                            !! ;;;|.  'ヾ、゙ ゙.:;;;;iiiiiiii!!!!!!"" ヾ,
                             !  !,;;ii||i;,  ゙ 〃;杰;"ヽ    "、
                               "!?段;,    ._ヾシ-      !. /
                               ":;i|i;  ,,// ///"      !/
                                ;;/
                                /
                                ヾ;;;:-
                                 i、  _,, - _=-
                                  i、ヽ-'''
                                   i、 -‐'' '      /
                                    i、       ,,-'
                           .     /    i、    _,.-i;;
                               〃     ヽ--‐=|!!!;:
                                          !!;:
            _r 、
           , -_'゙ノ\`_f_ヽ_
          /'´ヽ、!l_.>、_|)
    , - ―‐:,○   ○――-'、
   ゝ_, ィ´__ /////  \   r'i       ななななななーーーーー!!
   __ r、i「l /L`二二 ̄ヽ  ヽ」ム  _
  (__// {|´il  , ―‐;----! 、/丶ノ イ l--、
   //  に)ゝ、 ____ ノ 入__〕 ヽヽ._ノ
    ̄ ̄´《  / ┛┗ | l  !_」   l |
          イ | :  /  ト、_〃 ´ ̄ ̄
          / \../  ヽ
        /  ,┻、     \


726 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:18:50 ID:bX3D4XR2
        ____
      /      \
     / ─    ─ \     とまあこんな風に、何をやっても反発を招くんだお。
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |    しゃしゃり出てきた新参が嫌われるのは
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     当然の成り行きだお。
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |



     ____
   /     \    「世襲君主は復帰しやすい」ということを前章で述べたけど…
  /  ─    ─\
/   ‐=・=‐ ‐=・= \  逆に言うとこれは、「前支配者に復帰されやすい」ということだお。
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/  これが、新領地における大きなハードルの一つなんだお。


728 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:19:49 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                2.そもそも征服の過程で反感を持たれている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ


フ;;;;;;iiiiitヽ、~''ー;;;;-ヽ、tii:r-ーー'''''";;;;;;;;三≦"_
ヲ;;;;;i :::キー't弖z-、ゝヽ,ゝーー''z'''''モ五ラ''ーz'~"
 三;t ::` ''''' ̄'''";;;(、 彡彡;;;;;;;~""""""
  ヽ;t :::::::::::;;;;;;;;;;; | j' ''":::::;;;;;;;;;;;;::::::::::
   ヽ, ::::::::::::;;;;;;;; i, リ   :::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::           貴様らぁ!!
    ヽ ::::::: :::::;;;リノ ::  ,,,,,,:::::::::::::::::::::::
     ヽ"" :::::::(i  ::::'"  ):::::::::::::
      i、  ::::::::::''- "z'"''"  ::::::::
      iヽ  :::::::::::、:::;、:::'"、、,,,,
      iヽ  " ::Y'王エ三ニ'''z、
    ,、-'";t:ヽ  :::::-、,,,,,,,,,,,,,、"-:::     ,、
  ,、 '   ;;;;;t::ヽ   ;;;;;;;、、;;;;::::::::::::::   ,、 ';;;;


729 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:20:16 ID:bX3D4XR2

          冫欠   ノ_\  ―ァ (_ .::::::::::.::::::: .:::::::::::::::::.:::::: .::::::::::::::::::::.
           {ヨ   フ     (   /:. :::::::::.::::::. ::::::::::::::::::.::. .:::::::::::::::::::::::
           ´ `   _        (:::::::. ::::::::.:::::. .::::::::::::::::::: .:::::::::::::::::::::::::.
          .十欠   |_|  ,L/   >::. :::::::.:::::. .:::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::::.
          /ト ロ  |_|  (メ ) (:::::::::. ::::::.:::::. .::::::::::::. .::::::::::::::::::::::::::::..
                        \.:.::. ::.::.::.::. ,:::.::.::. ..:.:.:::::::::::::::::::::.. .:::.
          | 十  -匕   二   /⌒:: 、 ) )ノ人 ) (r r ,:..:::::::::::::::.. .:::::::.
          レ d-   (_   /ヽ  ゝ:: ,} イ }///r /) ) } } { ,.:.::::::::::. .:::::::::::
                       〈: : /((_ノイイ({{,rノノイノイ,.:.::.:::. .::::::::::::::
          _」_   ノ十  / ヽ /:: 人ミミ=-)ノ/ノ)) ))ミ_彡.:.::. .:::::::::::::::::
          .イ d、 二{二 ⌒) 〉: {{ミ=イr≧={{{_,ィ≦{ミ=彳 . ::::::::::::,:::::::.
            _           {.:: ミ彡〈 t何)巛r何> 〉ミシ.:.:.:::::::::::/_::
            ス_   =キ   / -\:: ミ,/| ⌒rイュ 彡 !r}ミ.:.:.::::,イ ,/ ⌒)}
          .      ヽ―   レ ー /:: ミヽ|.  ,rrrm、  .|/ミ ///{ ∠/
            //    Z_       /:: : : ミト、にニ二} /{〃く,/
           ・・    rュノ     { :_, イi. \ ミ=ー/ jト、_ /}  / /:::
                        / 彡/ ヽ   ー ´ /{  // 、/{ ,人:::
          〉 ,     ,. -―/ 、_/-―ゝ-ミ彡´―‐ゝ-レ、 \―‐-
          _ノ⌒ヽ /    ミ}             { r癶    トヘ `ミ くヽ
          :::.:.. / /{_,  / ー=-   r癶  | ^⌒    \\   }ノ
          ::: : / /  ̄ ‐=ニ=- -=―   ⌒ 、| r j癶、     \> ´
          : : /_,イ}彡イ 彡             } | { ⌒´      ー=ニ=-
          :: {彡/⌒ヽ=三彡  ,,.. 彡´  ノ人ヽ      ト、    r彡彡
          /ミ ' /´ \三彡彡  彡 ´  '―' ` ミ _ヽ}_r彡彡彡
               {{ \、ノ\三彡 ´   _彡^ミゝ、     ,イ   ト、 r‐
            ‐=- ゝ_ノ乙 ,イ       /}  辷i}   \  { {_ノ} } )|
               ⌒ヽ√ 〈 {_ノ} ‐=イ /     {i      ミミ\ { レ'/⌒


730 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:20:32 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \
  /         \    とまあこんな風に、
/           \
|     \   ,_   |   誰からも反感を持たれない征服活動なんて存在しないお…
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    戦争が起これば誰かが傷つくし、誰かが死ぬ。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  それは、どこの誰がやっても同じことだお。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ


731 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:21:01 ID:bX3D4XR2

       _____
       / _     _\       しかし逆に言えば、先の二点をフォローする様に、
.    /      ̄` ´   \
.  /     (  ● )   ( ●)  \    征服側は行動すれば良いんだお。
. /         /   !   ヽ    \   ___,. -、
/           ゝ__ノ ゝ__ノ     ヽ ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、       すなわち…
|           ` ⌒ ´       |  `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
|                        |__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____      /   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ


732 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:21:43 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    1.旧支配者の徹底的な排除
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             /  ,,,, -‐ '''' " ̄""''‐-,,_  \       ,-―-、
            /  /´,,-‐'' """""'''' ‐- 、. \  \    / 立 .l
               ,l 〆金糸雀"" ン フ''ミ=oァ `\ヽ  l     |  っ  |
            〈 (;;''" _,, -‐'",,=,,゙"'‐、 ヽ::::\ ヽヽ |.     |  て  |
            〉'  _ェ、'ゝ;"´l  `i '  l:::::::::::\`i|ン' .     |  下 .|
           /´-イ,"-,l  ` ,ゝ・‐´,,  ,, i:::::::::, 'ニ、ヽ,     |  さ  |
       __  `´   l l ・'     "゙''     ゙''..:::':::`::}..l...:::.....  ヽ い /
    /   .\     i´ ヽ、テ  ,;   ';   ::,:: -――‐- 、.. .::  `y-'
    / 処 な `i :::...  l   `  _.. -‐- 、 /;;;;;;;''''',, '':::::::::::`:ヾヽ、
   l   刑 に  `ィ  ::: `、  , ',´‐ '"´´ /;;;;;;'''''  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,\\
   |  で .し   | .::.   `、. '´     .l;;;''''',,,,;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,'''';;;;;;ヾ.、
   |   す ろ   | .: :.   ゝ    .::::|,/: : : : /`'';;;;> 、"''''''';;;;;;,,,;;;;;/
   |.  の       |..: ..::,r'´;;;;;;;ヽ-‐ '':::" |: : : : :l;;;;;;'''''''',,,,,,,,,,,,;;;;;;> \;;ヽ
  ..:::|   で こ   l   ':::::. ;;;;;;;;;;;l i;;;; :::::l|: : : :ノ'',,,,;;;;;;;;;;;;'''''''"   ,,,,,,,,,,
  ::...|    れ  | ..::: . .:: ;;;;;;;;;;lリ;;;;;;;;;;/: : : i;;;;;;;;;;''''''  ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;; ; ; ;
  ..:::|    か  /:: ::. .:::: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : :/;;;;''' c  ,,;;;;;;;;'';;;;;;;; ; ; ; ; ; ;
  :::ヽ    ら /::::....::l‐- 、_ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l: :ノ;;''  , ',' ';;;''',, ,;;;; ; ; ; ; ; ; ; ;
    `ー――',,,,,,,,,,,,,,l   |;;;;;;;;;,-、;;''´‐'´;'' c , '',,'';;'',,;;'' ,;;;;; ; ; ; ; ; ; ; ; ;


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;! '~  旧支配者'' `ヘ;;;!
      |;;;|     ヽ`   u ミ;;;|           ぐっ……
     _ゞ;!,-;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;ヽ 、ミ;リ
      !ヘl;|.,,_==-、く` ,>゙-== 、「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |ミ.' ̄" , ドリ
     ヾ、!      !ミ    ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
.       ト、   、,.-‐ 、,,  /|
       i| \  ' ニ   イ.:|
      ,イi| ゙、\  (   /リ.:;ト、
      ノ :.:i|  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::::!:::\


733 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:22:06 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  2.征服地旧来の慣習に口を出さない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、
                       ,-'".. /'  レ "  //くく    い あ 困 さ
    口 .や .き           / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    う  っ っ っ
    出 .り み.          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    .と. た た. 続
    し  方  た         /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,     い .ら こ け
    し  に ち         r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    い    と な
    ま  は の.       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡        な が さ
    せ             リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"          ん     い
    ん           //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,         で
                r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~           も
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ーく ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::


           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,       ハート様…
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´         何と慈悲深いお方だ…
        };lヾ;;j  ̄´.〃l゙ ̄´ ,';ィ′
 r‐、       7;;;;|',    =、j,.   /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"


734 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:23:15 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \
  /  ─    ─\       要は、「反乱の芽を未然に摘むこと」、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |      そして「反乱のきっかけを与えないこと」。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |       当然と言えば当然の話だお。
  \ /___ /



               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \   もし征服地の言語、文化が自分の国と同じなら、
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ  この二つをしっかり押さえれば反乱の可能性は
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /  とても小さくなるお!
/    く^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \


735 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:24:12 ID:bX3D4XR2

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ       それでももし反乱を起こしたら…
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \            反乱者、そしてその関係者を
    /: : :             \
  /: : : :            \         まとめて掃除してしまえばいいお。
/: : : : : :               \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        |     かのローマ帝国でも、
: : : : ::;;(( ○ )::::ノヽ::::::( ○ ));;:::   |
: : : : : : ´"''",       "''"´        |     反乱者には厳罰で挑んだお。
: : : : : : . . (  \j /  )/     /
\: : : : : : :.`∨トエエイ∨     /
/ヽ: : : : : : : :∧エエ∧: : : : : イ\.        自身の威光を示すのにも効果的なんだお。
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´         \
: : : : . : : . : : .                   \


736 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:24:44 ID:bX3D4XR2

         ____
       /     \      ……まあ、逆に言うと、
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   「文化や言語が異なる土地」の場合は
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   統治の難易度が大幅に上がるということだお。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |   この場合の統治は決して簡単ではないけど…
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  次の方法があるお!
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


737 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:25:20 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        Ⅰ.新支配地に移住する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ,. '" ,. -‐:::''"´ ̄`ーミ--―rァ、_ヾ::,_ィ'|  |
.  /,.ィ":::....  ..:_,:-r '' "´ ̄ト、ヾ、{_,/ ,,|  |
  ir'"::::::::, -‐'T´((::}!     lミ'i, 、ヽ:.ヾ'゙´ |  |
  lヾ、:::ミ´   ヽ, ヾ゙'     lミ! l! }〈,  |  |    喜べ、我輩が直々に来てやったぞ
 く´::::::ニ、     , -―‐ くl ',ミl ' /'´ ̄}'|  |
  ,!``ー,二ニ=;/-fr ,     ソ ,イ /'゙ |  |
  l::::::::::〈、、   l! ', (:}!    ,ィニ-'"‐ニニ|_|_
  '、:::::::::::'ミニ=キ、 `'_'_,,. ィ" ヽ:::::(;;;;;;;;;;;;;;;ノ
   ヾ、::. ヽ、_  `丶ニ、く≦ミミ、  \,,ニコ ̄|
    `ヾ、::ヾミニ= r―--く>、    (二二二フ
       \:::ヾ>ー`-三ミ、     ,ィ"t!、_|,_
         \:ヽ     ヽ>ヘ    ゝ、;;;;;__,ノ
         ゝヤ       ̄`   〈;;;;ー--i、
          ``ヽ          `ーr--'′


      ヽ、     __,,,,.....,,,,、
      =   _,:r''ニ",r'"^`' `~゙`ヽ、
       ,:rア"~ / ,イ  ,rt、i    ヽ
      '" / ,rr-く f l /リ ,イ l l ト,、 l       け、結構ですからーー!!!
     r  / / l;;メ;l / l!/r-メハl/‐i-リl ト
     `´ l l/ j`''イ レrナ十、レrナくl ll      ,.、
       l从 l ll! l /l  '・ l i,  ・,}リ -一''=ァi!,l、
       lj丶ヾfi。.レ'u`'ー '" 、゙-イ′-‐',フ /fi l l゙i  ,r、
         ヽ ト、_j' u' Fニニ=ァ,/   '" '" ミ l l l.l l ミ//7ミ,-、、
       ,-,r‐‐ゝ>ソト、 ヽ、_,〉'/_,,,.. -r 、 = ! ' ' ' !ミ//ミ/〃'フ
      /^ヽゝ、, tj、ヽ `''ーrr'く''"   Hト、  l   lミ/ノ"'彡'/
      /   ヾ.>、 ヽ \ ,,リ 丶    トl 7、 l  リ    /
    f′   ミヽj_ ヽ  ,ハ ト、j   ,、.ヾjリ ヽ ノ  ,/ _,,ノ"
    {!     =ミミヽ.∨f;;;フ;;く>、 fi ヾYノ /  /


739 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:25:57 ID:DOCtTeO2
AAのチョイスがwwwww



738 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:25:54 ID:bX3D4XR2

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))       一番効果的なのは、
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )     新領地で直接睨みを効かせることだお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    オスマン帝国のコンスタンティノープル遷都が、
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |        わかりやすい成功例になるお!
  `ー---‐一' ̄


740 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:26:23 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      Ⅱ.支配地に屯田兵を送り込む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       /\___/ヽ   ヽ
                      /    ::::::::::::::::\ つ
                     . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
                     |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
                   .   |    ::く      .::|あぁ
                      \  /( [三] )ヽ ::/ああ
                      /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

            /\      /\     /⌒\
          </-―-ヘ> </-―-ヘ>  (    )    ザッザッザ
           ノイ从从カ.   ノイ从从カ    |   |
            リ*゚ ヮ゚ ル   リ*゚ ヮ゚ ル   </-―-ヘ>  /\
           /    \ /    \   ノイ从从カ </-―-ヘ>
          ⊂  )   ノ\つ )  ノ\つ  リ*゚ ヮ゚ ル  ノイ从从カ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            (_⌒ヽ  (_⌒ヽ     )   ノ  リ*゚ ヮ゚ ル  < 植民イカ!
             ヽ ヘ }   ヽ ヘ }   (_⌒ヽ   (_⌒ヽ    \_____
              ノノ `J   ノノ `J     )ノ `J    )ノ `J



741 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:27:14 ID:bX3D4XR2

  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\      もう一つの方法は屯田兵を送り込む事だお!
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \   これは、ローマ帝国が使っていた方法で、
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/   平時にはその土地で農業をしているけど、
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |     戦時には兵士となって戦うんだお!
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ


                       \/ ̄l: : l         |: : : / ̄ヽ : : : : : : : ヽ
                           \:\        └‐┘      ̄ ̄ ̄ヽ:
   /\               ('A`)、__/:\  ヽ:\        ,. -─一  、 、
 </-―-ヘ>   ⇔       ノ乂:___/   l: :|   . ≠        \`ヽ
  ノイ从从カ.              ハ|: :|     |: :| //. .-‐. . : : ̄: : .‐. 、 ヽ  \
   リ*゚ ヮ゚ ル          \    |: :|     |:/ /: : : : : : : : : : : : : : : : ヾ    \
                  : \.  .|: :|      く. /: : : ハ : : : : : : : ∧: : ハ: : : :V  /
  At peace          \: :ヽ_|: :l _____/: : : /iiiiV\: : : :/iiiiViiiiiiV: : : V/
                    廴: : : ヽ: ヽ: : : : : : |: : : /i/ ̄ヽ\/iii/ ̄ヽ|: : : :|/:
                  __  ̄ ̄ \: \ニニ.Ⅵ: |iil  ● liiiiiiiiiil  ● lレレ: 人∠_
                  _:\ヾ、~~,,\: : : : :/ Ⅵiiiヽ、__ ノiiiiiiiiiiiヽ、__ ノ 廴__っ つ
                 /: :\: :\       `-./: : /|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiノ
                 \/ \: :ヽ ___/: : /ミヽ ミヽλiiiλiiiiiiλiiiiiiiiiiノ   (
                    廴: : : : : : : : : : :ノ ーヾヾヾ ヾ バiiiiiゾ廴ノl,ハ    丶

                                  At war


742 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:28:01 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \ ( ;;;;(    と、ここで「なんで屯田兵?正規兵じゃ駄目なの?」
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (─ /;;/     と思う人がいるかもしれないお。
|       (__人__) l;;,
/      ∩ ノ)━・【】[]
(  \ / _ノ´  □     これは要するに、正規兵を何時までも駐屯させておくと、
.\  "  /    (⌒)
  \ /             それだけお金がかかる、ということなんだお。




     / ̄ ̄ ̄\
  γ⌒)      (⌒ヽ   それに、駐屯兵と住民の間でいざこざが起こる時もあるお…
  / _ノ ノ    \  \ `、
.(  く (○)  (○)   |  ) それがまた反乱の原因になってしまうお。
 \ ヽ (__人__)   / /


743 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:28:55 ID:bX3D4XR2

           (ヽ三/) ))
       __  ( i)))       でも、屯田兵なら占領地を与えておけば、
      /⌒  ⌒\ \
    /( ●)  (●)\ )     それ以上のコストはかからないお!
  ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
  |    (⌒)|r┬-|     |     地元民の土地を取り上げて、移民兵にあげるだけだお!
  ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
  | | | |  __ヽ、    /
  レレ'、ノ‐´   ̄〉  |     反乱がおきても、本国より早くに対応できる利点もあるお!
  `ー---‐一' ̄


744 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:29:37 ID:bX3D4XR2

      / ̄ ̄ ̄\        え?土地を奪われた地元民はどうなるかって?
    / -―、  ―-\
   / ィてフ> i iィてフ> \     そいつらは貧困に喘ぐだろうから、
   |    (__人__)    |
   \      ^     /      反乱を起こす余裕もなくなるお。問題ないお。
   /             \


745 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:30:35 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \
  /  ─    ─\      ここで、先に上げたⅠ、あるいはⅡと併用できる
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     政策があるお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      それに関して述べておくお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


746 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:31:04 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                Ⅲ.獲得地の周辺小国の庇護者となる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ,,、ー '""~~~~~~~ ~'''-、
                       ,-'".. /'  レ "  //くく     い あ 困 さ
      ..き .わ           / ::::: /ri'ノii "  (~ヽr''')    .う  っ っ  っ
      ..み  た.          /  ::::::: r"ツ人ン    ヽ,/    .と. た た. 続
      . 達  し         /  ,,,、、、、;;;;ij,//~ 彡,,、-- 、,     い .ら こ  け
      . の は         r"r'"::、、、  '""ヽツ"     ,,、    い    と  な
     .  味   .       rニti 、,,,ー'''''ヽツ(,,--、 'tr''ニ"ニ彡        な が さ
      . 方          リ, '    ̄~)::)r"   ミ":::'"          ん     い
     .  で         //    ;;ッ''"(,」⌒'',"~'' ,,:::::、、、,         で
       す        r'ii    r"/,、 ヽ-z⌒",, ヽヽ'~           も
              A tii    `/;;"ヽ`'=zz三zz'7" 't;;|i
 r"ヽ  ,,、       /:::::|  i     |;i ii,,ゝ、_,、-''" ,ii  |;;i       ii
. |   ヽi;::ヽ     /::::::::|  t    i;| ~'' 、,,""",、-''"  jリ       ii'-、
. t    ヽ;:ヽ,,,,,,、、-'ーz=-t、r"t    i|,    ~~~    ノ/       ノ  ~' 、
 ヽ、,,   ~' 、 ::::''";;;/~''i", ヽ;;;  j |ii       ,,,iij| /      ,、 '     ~'''''ー 、ーく ̄~
ーー ゝ、-―  ~''ー"、,'   | iii  ヽ、;;; t、wwwwwwiij"" "     '"           ~'i::'i
  ,r  ヽ、,,,、-'    i|   ヽi||;ii   ~' 、iiiiii、、,,,、、jjiiiii}iiiiii从ii        ,、-''"      |:::|
ー 、、,,,,z''   ,,、 '" Aヽ、  |t~' 、;;;;;;  ~'''ーー------ー'''"      ,,、-''"        i::::i:::::
   )  ''フ"" r" ii ヽ、、  ti  ~''-''、、;;;;;;;;;;;;::::    ,,,,,,,、 -ー ''''"            リ:::リ :::


           _,.yトーゞrッヽv,、_,.
         ,rk´ミ、''ナ;;爻'、ー;;〃彡;,.
        vf戈ハトシ〈'"リ゙、ヾ、;;jリ、〃、
       Yメ从k;;、;;ij;;;ii;ヾ;ッ;仆、ヾくソ
       }ソリ"i!;;;;;l;;i;;、;;:;:;;:;';;;};;iリドシゞ,
       ツ;;;;;;;;;;ト、;;_リ;;;i!;;ト;=;、t;;;l;;ヒ'        神様仏様ハート様や!!
       ヲ;i!、:::r',;、=;'、;"リ,、=;''"リ;ij´
        };lヾ;;j | ̄|.〃l゙|´| ,';ィ′
 r‐、       7;;;;|',|  | =、j,.| | /仆、
 } ,! _      ゞ;|:ヽ   ,:ニ> /:: レ ソ\,.、- ' "´;; ̄::
 j _,!ノ )" ̄>.ニト、:\` "'' ///,r/:::::::_,..、''' ..,,
フ ,、'-‐'l" ̄リ;/::;;/::} `:::`:ー'/'∠;:/`゙ヽ・.‐´
‐' 冫‐i '"フ:;/::;;;{! `r‐'"フ´〃シ:;;/ " ヽ、. リ'"  ,、_,
. '",.ィ/ ̄_:;/::;;イ `'ー ''/ヲリ/;/r'/,r─‐-、 (∴,、-''"
  '二⊃ヾ/.:;;/ `ー-‐/Ξ/ッ/rレヘ{ | ̄|  `''"


747 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:32:10 ID:bX3D4XR2
         ___
      /)/ノ ' ヽ、\     この周辺小国を放置しておくと、
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \  こいつらが他の大国を招きよせることがあるんだお。
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /  それをさせない為にも、手綱を握っておく必要があるお。



      ____
    /     \
   ‐   ─     \    当然、その小国達に大きな権限を持たせてはいけないお。
   (  ( ●)     \
  (人__)         |  そうやって手綱を握りつつ、大国勢力の削減や打破に
   `⌒´         /
   `l          \   そいつらを利用していくことが上策だお。
    l           \


748 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:33:01 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \          ローマ帝国の歴史を見ると、以上の事をしっかり
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \       行ってきているのがわかるお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ    逆に、今まで言ったことと全く逆の事をやった
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/      とある人物を紹介して、この章を終えることにするお。
    \       \
     \    \  \


810 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:07:43 ID:10L/BmUA
ローマが殺し尽くしたのは、ギリシアの有力都市国家コリントとカルタゴぐらいで
当時の歴史家も「暴虐過ぎる」と非難されたぞ。
ガリア征服もカエサルは有力部族は処罰してねえし、10年目の最後の敵は殺しまくったそうだが。


818 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:11:35 ID:cucBpS5s
>>810
カエサルの当時で追放したあとの捲土重来を恐れる必要のあった有力者なんていないでしょ
ミトリダテスはもういないしやばそうなエジプトあたりは取り込んでるし


749 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:33:31 ID:bX3D4XR2

..      ____
     / ―  -\    そいつの名前はルイ。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \  1499年にイタリアに攻め込んできたフランス王だお。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \  この場合「文化・言語が違う土地に攻め込んだ」ことになるお。
 /´            ヽ


:.|: : :{: :/:.:.:./.:/|: :.|.: :l : : : : : : : : : l: :/}:.:.:.|: : l\`、l.:.l : :! : :! : :.::.|
:..l:.:.:.|V: : :/Ll .|: ::ハ,, l : : : : : : : : /::/::l::.:/}: :_|::/l`` ::! : | : :|ヽ,:.::.|
.: ヽ::|:l: : :L」≧}「::}L \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_,.斗七7//.:.l: : :.:l: :.l: : j  }:. |
:.:.:.::',|: : : {ハ.^圷外ミx、 \:.:.:.:.:..:.//ィチ圷j.//}:./: : : :l: :.l :./  l.:.:|
{: !: ::|: : : | ヽ弋_.ン>   }::.:.::/ ヽ弋_.ン//:/: : :.:./ : : /  .!:./
|.::|l:.∧、ヽ\   ̄    _ノ::/    ` ̄  //: : :./ :. :/    |/   オレがフランス王だ。
|/ !: :∧:.\:::.ミ廴,     ̄ |       -=彡´:/: : : :/
 ノ/ /\:.:.ハミ=‐'    , /     ー=イア´:.∧:./ :{
/    }:ト、:\              ∠!:./ }/ヽ、\
      lノ }:: l\   '´ ̄ `    , イリ!ヘ{  ノ   `ヽj
       __从リ!. \    ̄   / |从 ゝ、
        {弋 `ー=- >、 __ イ-=='"^ノヽ
        |  `ー-ニニ二二二二ニ=''"   |   ____
 ̄ ̄\  |      |   |     |     .|  //     \

      ―― フランス王ルイ十二世 ――


755 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:38:21 ID:10L/BmUA
ルイ12世ってシャルル8世から始まった「俺がイタリアだ」の
フランス歴代中二病王だな、フランソワ1世になると「俺がローマ皇帝だ」
まで重症、リシュリューの代でマトモに。



750 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:34:22 ID:bX3D4XR2

  `下不ンフ_√ |   |    |   | ,. -+- 、 ',  l \{
.    j_:_:イ゙厂 !  、  ヴェネツィア人 _⊥_ハ ハ リ__})
   /レ^ 「|!  ヽ/ \_,.|从   ハ イテ'卞仆jイ `ー、
 / |   | ゙, ヽ × \x=ミ、 `´  ' {ゞィリ '|__,ン千´ ̄`ヽ フランス王さん!
/   l|  ハ ヽ \_>〃{k_r1      `-´仁二亅_,二二}
ー=ミL.___≧ト、ート ヽ ゞン     '     ゙ハ三{_∠_ ̄  ミラノの豚野郎を締め上げるのを
  \`Y二ニ=-Y´  ̄`Y    r   ̄}   .イ 厶イく_フノ
    ノ イ   ___ゝZ__,ラ、    ヽ __ ノ ∠,ノ┴‐┴<    手伝って欲しいの!
     ゝ二三三ニハ=-=ァ≧ー ┬ --,イ: : | : : : : : : : : \
      └─=ァ冫`乙(⌒´^f廴/,ニニ.ヽ: : : : : : : : : :`ー 、
         くく   ⌒,ィ冖㌃Zく : : : : :.|'::}: : : : :.:.:.: : :.:. :./
          `  /イ ̄}:::;小:::\_:_:_/:/: : :.:.:.:.:.:.: :.:./_/
            〈〈: : : //::l | l::|` ー一'_:.:.:.:.:.:.:.: :‐:⌒ヽ

                                               - .、
                                           -=≠  ̄` \_
         まかせろ、俺はフランス王だからな。           ‐彡´: : 从: : : : :\
                                           lィ : : lィャァN: l, l: 、ヽ
         ただし、ロンバルディア地方の一部はいただくぞ。    |l: rヘ ´  l:八l: : l`
                                           lヘハ⌒  'ノT /
                                             └┬__彳l_
                                             _「「_/、 /⌒ヽ
                                           ∠イ井/L く__   ∧
                                           fl= 「「「==  } \  |


751 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:35:09 ID:bX3D4XR2

       \::::::::::::::::::::::::::::::/    ,-、
         ゝ::◎ミラノ:::::::::::ゝ ,-◎´
 ロンバルディア ヽ::::::ヘ:::::::::::::::/  \ ヴェネツィア
       _ ´  `ヽ::::::|   |~
      /´  `ヽ,     ̄   |,
  ,-~´~     ~´)       `\,       こうして、ヴェネツィアに誘われるがままに、
/           )         `~|
            `)          `|     イタリアへホイホイついてきてしまった
             ~\         |,
              く,,_         \    のだった…
                `\ ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                  \           /
                    `ヽ,-,_        `ヽ,,
                       ヽ,_,         ̄`ヽ,,_
                         `っ       ,,-,,_ ~ヽ,
                           `ヽ, _   /    `ヽ )
                             ~ |,  (_,     し´
                               )   `ヽ,
                               `),,  _|
                               ,-´ (
                               _)  ノ´
                              (__ノ


752 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:35:41 ID:bX3D4XR2

       ____
     /      \
    /  ─    ─\    ミラノ公は大した抵抗もせずにさっさと逃げ出し、
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   フランスはイタリアへの足がかりを得られたんだお。
  \   ⊂ ヽ∩     く
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


753 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:36:17 ID:bX3D4XR2


  ―――このとき、フランス王にはイタリア中から多くの協力者が現れたんだお―――


                                       __   ┌く.^ヽ::/:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::::
                              .        /  ヽ. ,.ヘ⊥/:::::/___
          ごきげんようフランス王!            /      マ´ /::::::::::::::::;ィ::::/::::::::::::: ̄ヽ.
                                       |      ト/::::::::::\:/ !::::l::::::::!::::::::::ヽ::\
          我々はあなたの味方よ!             |      |′:::::;イ::/ヽ l::::ハ::::::|:::::::::::::|::::::
                              .      ,r1       l::::::::::l |::|  ヘ.|:::| l::::::ト:::::::::::ハ::::|
          (教皇とヴェネツィアが鬱陶しいし、    /'_コ      |、::::::| V   ヾ| ヽ:::|_,ゝ‐:T'|:::、)
                                   i´ !       l ヽ::::| ニミ:.、     ベ _,ゞ'=レ、l
          こいつの手を借りて対抗しましょう!)  .ノ  \       l:::ヽ  `      'f rヘ, ハ.
                                  r´    ヽ、     |ヽ`   、 '       ヒこソイ'´
                                  ! ヘ    T _, j ヽ. }、  }'` ー、   `´/::::::
                                 ノ   ',    Y_,-〈   V、:\ 、__ ノ    /::::::/
                                  {  _  ヽ     ,`-'    | lヾ:/ヽ _. - ァ'::::::://
                                  ヽ. \ \__/     | | ' |ヽ、   /::ィ フ:/:::

                                    ―― カテリーナ・スフォルツァ ――


::::::::::/:::/:l::|:::::: {::::::ヽ:::::l::::、:\::::ヽ:::::::::::::::i::::l
::フ::::/:::/:八い:::i:::::::::i:::::|、:ハl、ヽ:::}::::::::::::l::l::::|
:::ノ:::イv'rゥ弐ヽミ、:::i::::;lr}升セ}ハV:::::::::::::lハ::!. ┌ー―ー‐┐  ありがとう、伯爵夫人。
ィ^{:::::::! 弋_り`   )ハ::ルヘf'゙り_ j:l::::::/:::::{ j/ .|      |
、\\::ヽ` ̄    ノ'   ̄´ノ:ノ:::/i/}::ノノ  |ー-‐―一|   俺達がイタリアです。
..ヽ`ヘ` ー        {    フィヘ::( ' /'´   .|::::::::::::::::::::::|
  }::}::i 、      , /    ,.   ``       |:::::::::::::::::::V
 ノィ::::! 丶   ー __一  /           V::::::::::::::::/
 ノィ:厶   ヽ、    .ィ:i,              V:::::::::::/
  八}  `ー- `_ ー ´ j/ \            V::::::/,. - 、
 」  \     ]「 ̄[    ヽ           ム~〃 ,r__'、_
_ム   }     《   「     〉         _j_」(_,.r'゙´  __!,.._
..‐‐\  j      》  \  /` ー- 、__   f -!(__,、-‐'゙´   〉
     く   ー‐《一   }ヽ ヽー-  、___ヽ.l  ̄!| } ゝ--‐''゙´ ̄)


     ―――というのも、みんな教皇やヴェネツィアが怖かったから、

                        フランス王に守ってもらおうとしたんだお―――


759 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:41:08 ID:10L/BmUA
>カテリーナ・スフォルツァ
ルネサンスで常に1位を争うDQN女w


754 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:36:51 ID:bX3D4XR2

       ___
     /   ヽ、_ \     ここで、やる夫の言うやり方の通り、
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   イタリア諸国をしっかり味方につけておけば、
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /  ロンバルディアを安定して確保できたはずだお。
     ゝ  ノ
   /   /


756 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:38:51 ID:bX3D4XR2


     ―――だけど、この王様はあまりに愚かな選択をしてしまったんだお―――


           ____
        _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
       /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ    始めまして陛下。
      //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
     〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i   教皇猊下(※)より、
     i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
     l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   「ロマーニャ地方の征服に協力して欲しい」
     li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
     !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   との言伝を預かっております。
     ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
        Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
       iN \.  ` ニ′/}'     つきましては、陛下の兵を貸して頂きたく…
           丶、  /
     ノ ̄´"''‐ 、   `¨´
  _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |

  ―― チェーザレ・ボルジア ――

                                    V   l |Vl | _j厶{ミヘl   l/ / | /l {
                                    {   V! l l从! トヘ仏  〃´ ‐ァ'∠⊥ ム_
         いいだろう、俺はフランス王だからな。    ヽ  j{  ∨ぃ^゙ヾ='-ヘ l|  ー彡テt_示ミz
                                          lヘド=-     〉{`     ′Vニ厶_
                                          ノ 小     /       ` ̄  _
                                        _´ニ厶ハ   r'         `こニ
                                   , -‐    / !∧   ヽ
                                  〃     ,    ` ヘ.   tr 、_        /
                                  /     /,      ,イ厶  `ニ ‐'¨   _  ´_彡
                                 l     /厶  ___/ }l Vヘ      _,、≪ /
                                 |!     l       _小 ∨` ¬≦厶-‐ヲ  /
                            .    |{ ,    !|      l{ }l |   j     j /


        ※当時の教皇アレクサンデル6世は、チェーザレの父。


757 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:39:47 ID:bX3D4XR2
                                ,-、
                             ,-~´
                           ___\
                  _      ._/::::::::::::|~
                 /´  `ヽ,    ゝ:::::::::::::|,   ロマーニャ
             ,-~´~     ~´)   ヽ:::::::::::::`\,
           /           )    \::::::::::::::::`~|
                       `)     ヽ::::::::::::::`|
                        ~\     ´` ̄ ̄|,
                         く,,_         \
                           `\ ◎ローマ   `"-,_,,-ーっ
                             \           /
                               `ヽ,-,_        `ヽ,,

     /./ /∠  ,/// / ,.ィ1|///  // |l | ||
    /| | / /  //  _,.-7 / ∧ル' /,/ 川 l.|
.     | |// _,.,.ィ/rァ,.-、ヽ.y'、/ / /_/ / リ /
    | |/ /'/Xヽイ (.フ/) /ヘ',.ィ' ,r∠/彡/ ,!//
  / l |/!,//' /' !`¨7 ./ /r7/| /彡/ ,/イ/
     l{ |/   ′|     '′´  | '彡/ / |!    (ありがとうフランス王
    / ` |               |/,/,l/
   /                  |V /         でも、この国は僕のものだ!)
  '             ヽ- ,.. ノ
  \     `ー------- '/ ヽ
.    \            /    ヽ
      \       /      |
      /ヽ、   ノ         |
   `¨ ‐'_    i  ̄  |        l


758 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:40:29 ID:bX3D4XR2


              ―――正直、これは失策としか言い様が無いお―――


         ィ ‐―- 、__
    ,-‐ァ´/  ∠-―‐-、‐ 、
   〃 _,':  /-―――-\ ヽ
  入{≧ 7: /::../:/:   ,イ}ハ:\l
ーくぐ{:ナ./.::..,'::/厶!:. /l:: i:::}:!:バ―――― --  、   あんのフランス王…
l   ¨ヽYl:::::::l:ハ{八X_ , l:;!ィリ:: } }´          ヽ
..l   }=l:::::::l:{ ャtr-ュミ  jノtrァルリ!    ∠彡    /  これじゃ、おちおち味方なんて
. l ノ人fl:::::::l  `ー'   、`' {´イ::|  /      ./
 k≠^ヽ|:::::::l       _ ,  八i ::|'/       /    してられないわ!
  ヘ\::ハ :::ハ.    '´‐,‐' イ::::l|::l       /
   {ハ、::ヽ::::i> , 、.. _/:/:: / リ      ./
    |ヘ:::jヽ::! fヘ ヽ::::/{::./      /
      !| |lV j/|>‐くヘ ヽ{ハ:{     /
    i | |l   |ニ二ニ! || !    /
..ヽ  ./ | |l   |   l. || !  >'´
 ヘメ  | |l   |   l. || !/
     l ll   |   / /イ


    ―――当然だお。皆、フランス王の庇護を期待して味方についたんだお―――

    ―――教皇の侵略を容認するのなら、もう彼らが味方につく利点は無いお―――


760 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:41:15 ID:bX3D4XR2

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\      さらに、これで教皇を強化してしまったことになるお。
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │シュボ  全く…敵を増やしてどうするんだお?
/      ∩ ノ)━━/【】[]
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /



     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)     で、止めときゃいいのに、
/    (●)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|       この王は更に墓穴を掘るんだお。
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /


762 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:43:20 ID:gLYjSKTo

すぐ身近の話題だけあってルイの行動への評価が容赦ないな



761 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:43:12 ID:bX3D4XR2

      /.:.::/:.//:,:.:.´::/:.:.:.:.:.:.l:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',-
    /.:::://::///://:.:::.:.:.:/:.:.:./:.:l:、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、'、
..ー=ニ: -‐7:.::.'::/::レィ::::イ:/!::::.:::':.:.; '!::./!ハl:::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧z_ノ}   ナポリが欲しい…が、
   /-‐_7:.::::l::|::/:::|:.ムいl::::::::|::/ ノィナ¬ミ、:::、:::.、:.:.:.:::::::::::/
      |:::::/|::l::::::::トlT必ミ::::::l/ ´イ斤セ行 ト:::::\:::::::::‐<    継承権はあるけど
     !.::ハ い:.、::{`弋zリ \{    ゞ=ツ, /:.::::ノ}::ミ≦ ̄`
     ム:|  ヽ:.、`ドー‐   }`     ̄-彳:.::/イリ⌒ヽ      手勢が足りないな…
       ゙!   !:ハ:ミ、   〈 ,    ‐彡ィi/ル'^
         ノ'_}:.:i、    ,. .._    ,.イ;'/_
             ノイjノヽ、  -   /j::ル≫l         よし、スペインの手を借りよう。
             { \_j}ヽ、___ ィ´-‐''´  |
            「`ヽ: :` ¬v7 ´     . .ム
           _」. ィ{: :ー : ト1     . : : /: . `‐、
       , . : :´: : : ハ: : :、: リ. . : _: :-‐ ´:  :   ` ‐-、


                                 __,,, イ   ! i./ .|// ,ィ   ', |./ ',代. 、 !ハ\ _ヱ,,ミ:、`
                                 \ー--:::::-:ハ.リ  レーァ /;ィ ./ Ⅵ  !' ヽ、',| ⊥,_ヽ彡≧ヽ
                あん?俺は別に野郎と    `フ7_ノ:.イ| /:〃!// .| i i/:ヾ .、  ,、ヾヽ.、-イハイ__
                                   レ1:::;:::::_i::lⅥ:./`|メ.、|ハ/!::ト;:l 代:、トヾ::`ー`::ハ ヽイ
                ピッツァなんて食いたく      |;ヘ:::バ::ト、レ ーモテミ`l::!::| Ⅵ_,ゝ:|-Ⅵ::::::::ト、|  .ドヽ
                                     ∨ ,ト;|    ̄´   ';:!:「´ヾ,,__ヾ .jイ:;:::ハ、  | `
                ねーんだけど…             戈;ヘ!        `ヾ.    ̄ .ノ:イーァ゙  .|
                                        个ミ、                  /イリ   |
                                         /::::ハ.        、 _        ./イノ    |
                ま、いいぜ。手伝ってやんよ。   厶イ;∧             /イ{     !
                                   _>ニ二|:!:::|\   ̄ ニ ‐-    ,イ;:/ `       `、
                                      /..:´::::::::/イ:::|  \        ,イ/イ\  、:      ヽ
                                  /イ:::::::::::::::::::l;ヘ|  ミ\  _,..:< : : ハ|::::::ヽ `:      \
                                .`>ミ 、::::::::::::::::.|   ミミ`¨´ : : : : : : i ::::::::::::::ゝ,       \

                                    ―― カトリック両王フェルナンド ――
                                         (要はスペインの王様)


763 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:44:06 ID:bX3D4XR2

                       よし、いくぞ!俺がナポリ王だ!

              . :   . :  .    ィ::::::::::::::::::ヽ  .  .  :  .
            .  : : 。 :  .       ノ::::ハノノハ::::ゝ    × : : : :
           : : : + .         ⌒ヽ{´゚`´゚`Y⌒    . : : : o :
          : : :。 : .              ヽ ^ .イ′    : :* : : .
           : .  . ×       / ̄ヽ. ノ ̄\    : . : : . . .
          . : : : . 。         / 、   i    \      . : : : :
           : : : .  (iiiハ /  /ヽ  .....  /\  \ィ´iii) : : : . .
            +: : : . `ヽ ` /   i '⌒ヽ !   \ ´ 〃´ . . : : ゚
               :  .     ̄      }    j      ̄  . : : : :
            。: : : :     __ノ  、  ',__   . : :× : : : .
           : : : . .        /   `ヽ    , '´   ヽ   。 : : :
            : : : : . .    | ' {   ∨//   i ` |   . : : .


     ―――こうして、ナポリもフランス王の手に落ちたかと思われたが…―――


764 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:44:49 ID:bX3D4XR2



                        ―――ところが…―――


                                  、ニ=-:::::V:/::::/::;ィ/∠:::|::i:ハⅥ/::|,ハ:Ⅵ::ハヽ|、i .| ,
             スイーツを食べる時はね       >ァ;:::::/|/l/イ,__|/_:::`|::|;::::i::/:/::ハ::|、:ハ'、VハⅣ|i_
                                    /ィ:::/|::i:/'´.ヾモテーミ:|∨|::/|;仁ミヾヽハ_ト:/ヾ:!//
             誰にも邪魔されず自由で       /' |ハ '|:i:|   ` ̄ ̄   ∨:| リ モテーミヾ|/:/リ:/
                                      ハ Ⅵ         ハ:|    ̄ ̄´ /:イ´/:/
             なんというか救われてなきゃあ      __j、 .|         ,';:::′      .::::/イ/j::、
                                     /ヾィ;λ      ‐::::,,        .:.:::/;イ/ハ::
             駄目なんだ…               /::ヽヾ'ハ    ,,__         ..::::/' ,ィ′'′
                                  ,、r:i:::::::::>`,_ヽ、   - 二_ 、   ..::::イァ'´
             独り静かで豊かで        .ィ::::::、:|:::::::::::::::::::`i λ       __;;;<:;::/<
                                :::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::| ハ:\,,___,,...::<::::://|:/:>`_<

: : | : l : : : : レ: :ィ l/\Ⅵ: !:|:| : V : >: __ 丶、 i
..ィ:| l | : : /ィ: :/ f=ミヽト、l |:|: : |: /: : / : ┬ `=-
ィ:_|:ヘ|: : |: : l|: :|  、 fィふミヾ|: : |/: /: :l : |: : l
く |: :l: : :l: :ハ: |   `弋(  /: :ィケ7: /: /: / : : ',          何故だ!?
\ V:l: : :|: l ヽl      //{リツ /: /l / \ : '、
: : >Ⅵ: : ト l          ノ´  ヾ:ノ/ ノ'    \ \
l N `lヽ |           _  >        ` ‐ヽ
l/    `l       ,.、__  ,r f´
               ̄__`ンヽ:l
、_  l     、      /l | `
  ``丶、   > _   /l |/
     ヽ / ̄/` Ti l'′
     l l   {  `l
     | ノ    }-、


         ―――フランス軍、スペイン軍によりナポリから叩き出される―――


765 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:45:56 ID:bX3D4XR2

         ____
       /     \
.    /       \   自分一人で攻めるか、さもなければ諦めれば良かったのに…
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー)  .| 結果的にスペインを招き、自分は追い出される。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \ フランス王は最悪の選択をしたとしか言い様が無いお。
 /\ ヽ          ヽ


        ____
      /      \
     /  ─    ─\    そして、一度掘り始めたら止まらないのが墓穴だお。
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |   フランス王は最悪の選択をしてしまうんだお…
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /


766 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:46:52 ID:bX3D4XR2

                             /:..:..:// 〃: '、\\: \: : \:\:、_:..
                           /:..:..://: : :八: 、 \:\\_、:..:..丶丶:.
    くそっ!               `¨¨^ー‐ ァ: / :../: :': :..\\:..:..__:..:..:.`ー-:..、:..
                       .        ': 〃:..:|:..:..:..:..l: :.ヽ:丶、:..:ハ:.! ニ=‐:..:.
    こうなればヴェネツィアから         |:/{:..:..|:..:..:..:..|、:..:..、 ̄!`ト l:|ィ必^ヽ: :..
                             |{ !:..::.|:..l:..:..:.|__>、:.\ぃレ'j'^'=ン  j∧
    ロンバルディアの残りを奪って       ぃ ‘:..:.|:..:.、:..:.ミ弋弐‐\    一''´
                              ` }:.ハ:..:.\:..:` ニ }        //
    埋め合わせだ!                _ノ'′ _>、:..、ー‐ミ、ヽ、'___   //
                                _/:.:.:._>ヽ:::::::::> .‘ー  ∠く
                               {:.:.:.:.「\   :::::::::、  >‐く  `ヽ.
                                }:.:.:.:.:\    ::::::::-‐::::、:::\ /
                               └┐___>_..::::::::::::::. ::::::: \::; ´: :

              , 、   ,.- 、
             /: : :ヽ /: : : :\
            rゝ、:べねちあ : ノヽ
            |_:_:_:>く_レヘj_jゝく_:∠
          / 。/ c>::::::::<o℃ o\⊂⊃
          /。゚ イ    /⌒ヽ   Y  \   ヽ)   えええええー!?
        / とつ l    ′  ',    l     〉
        。ゝっ.__ヘ  l     l   ム=ニZ´
       `≧z-_ゝ ゝ- v‐'‐、 イ-=彡'
          ̄≧=z〕=、、八_,≠≦x~´
               / ̄`ヽハ//. : : :',
           /. : : : :/ハ lヽ : : : : ',


             ―――堕ちる、堕ちるよ。フランス王はどこまでも―――


767 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:47:21 ID:bX3D4XR2








             ―――こうして、イタリアでやりたい放題やった結果―――







.

768 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:49:26 ID:bX3D4XR2

                   /,.. .:-ニ''"__ _
               〃ン::::::::::::::三ニ=::::::.:::
               (l!i´::二ニ=-:;;;;:::..-.:::::::::::    近年のフランス王の横暴は、
              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::    余りにも目に余る。
            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ:::::   よってここに「神聖同盟」の結成を
          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
        ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::    呼びかけます。
        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!、
     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レlヽ
  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ | ,.ァi
‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン´  ヽ、
´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´~``''ー-
  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐''  、'‐- .,.
    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /    ! ヽ  `く:: ヽ、
   _,.::;;;;/       |  'i::i      ', 〈', l i  ,'  ,'  ト    ヽ, ヤ
‐-‐'' ~ ア ヽ       l.、 ヾ     ,  i_jy' ,' ./   l ',    ', iノ !`
     〈 i  \      !ヽ \     l ,  / | i ./    l ',    ',|、 l

         ―― ローマ教皇ユリウス二世 ――



   ―――1511年、ローマ教皇が各国に対フランスの「神聖同盟」を呼びかける―――


※前教皇アレクサンデル六世は1503年に病死。



770 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:49:53 ID:bX3D4XR2

                        ー'‐一  !    / / // /   __/| | l|l|リ l|l|   <
                          `フ  ノ////ノ/ イ l////`|メ l|リ l l|リ  、_
                          (rォ / ' /⌒Y { {/ ヽ{/ ,ニ,ニ/ l リ /ハ リ  ヽし
                          /い! j に! !l ハ(  ´ `''┴  ノイ//-、! j トヽ〈
   ま、「カトリック両王」としちゃ、       ソィ八 つ l!{           ノ'イテミノ/丿 )ソ
                            乙ィ \ ヾ           ` {「ト(
   教皇のため一人肌脱がない         ノイ l| l「|          ‐__,ノ 从{
                            /| ∥|! ヽ        -=||   ̄ ̄|
   わけにはいかねーよな。            リ |しレ   丶、     'ー||      |
                            F== ‐_- ,,_   `  、    ||    _|
                            |       ̄ `ー_、_  ヽ、_,/||_/   \
                          / ̄´"''-..,,_     ` `ー/- .,,__/  ∠`ーく
                       _,. ‐'´ ̄ ̄´"''-       //  ̄〉{  /  --、)
                  /                  //   /,ハ  }   K }

     \   \ ,.イ  /         ヾ、./  ___ヽ
      / __,rッ'´   /  /      i    i ゙ヾ   |
     厶r'゙7      /   i      l     l   ト、 |
    /   !/    /   !ベニス   l     !   l `\    フランス王…
  /    |! l    |   i| l     j |   l   !    \
 /     l |  i _,|ヘ匕L.{i.   ‐//厶∠/!   j     \ 泣いて許しを請うがいいの!
/__ ___      \!、 \_i弋‐辷 \_// ,ィ辷テメ  /        ヽ
{-─ ‐- =- 、.__,.ト ソミ〈 ヘミi` ̄彡| ヽ ` ̄_,イ           i
\_,.=ニー- 、.._く ` くi.__ ゝミ彡'7   |     /ハシr=_,ニ二二ニ j
..¨r─二ニー-干ーzく ヘ三彡゙  ┘'   ,._ -┘   _   /  `¨>ー 、
.. ヽ=ヘ三ニ-\___/ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/lニ-‐=ニZ_  ̄`      〉   ',
ヽ     /     /| l l|  \    |ヽ|´ |了--= _    `ヽ     /   l
..ヽ    ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | \こ>‐ー '"|     /     !
.. ヽ  /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'


771 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:50:31 ID:bX3D4XR2

/=7‐-、   l: /  l: : :イ::l l: : : : : : : : ::: : : ト,: : : : :
/  /'"  `ヾヽl、  l: ::/ l:l l: : : : : : イ: :/l: :l l: : : : :
  く ̄ ̄T¨ァ,、lヾミl: / l:l l:: : : : : :l l:/ l:/_l: ll: : :     いいぜ…
  ヽ、 ゞ='' ¨ヽ:l/ミ彡/ .l: : : : : lニl:l≠ll´_l::l l: : :
   `ー、__,.-'l!   l!  l:ll: : : 匕_ラ´l!゙アl j: : :     何でもフランス王の思い通りに
              !      .ll l: : / 、 __ / l:l/: : :
                   i l: :l      / : : : :    なるって言うのなら…
                     l  l:/       /: : : : : :
                l.  l!     /: : : : : :
                 l      /l: :イ: : :/    まずはそのふざけた幻想を
  ノ、ー、_        - __/     /  l: / l: :/ヽ
   \_ 二ニニ=、___,.     /   l// l::/      ぶち壊す!!
\     ̄`ー===r"   く      //: /L,.
.. \    ー---    _ く   \/ ̄ ̄ ̄
   \        <   ヽ /       \

 ―― イングランド王ヘンリー八世 ――


l /〃  / l  A、リ / l /,〉 .レ|  ,r‐'_,ニニ| lニ=ァ .}  /    |
 .|l |  /!    リ\ く  // (_|.リ l /./´ `ー-‐リ/´ / /ヽ   |
  ヽ! / .l ト、.ヽr'彡r,\′ 〃 /イ `ー― ''7´ __ノイ   }    l     アンタはもう―――
   l l  ヽト `ー Y  `ー ,}! /  ′     ノ       /   ,/ヽ
   ヾ、  ヽ、 ,ノ`ー‐'´ i                 /  ,/ ノ /     ………………
    `    .7 i.   ノ三           ー==彡 '´  /_/ (
       _ノ,ィ/ l. i´  `ヽ                /´  / `
      ̄ ̄ / , l ゝ-、 '´'                    /ゝ-'
        .l ./ .l   (_ノ   _____、          /
         l/l. ∧  (` t‐'´ ,、_,.-‐' ̄´ i           /    国王として
         | / 〉,  `V` ̄      /j          /
        ー―'' ´ ヽ  l.  _,.. ェ>'´        //        終わりなんだよッッ
              ヽ iゝ┴‐''´ /       /´ ,'     ,.ィ

      ―― 神聖ローマ皇帝マクシミリアン一世 ――


772 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:50:47 ID:bX3D4XR2








       ―――スペイン、ヴェネツィア、イングランド、

                 そして神聖ローマ帝国が「神聖同盟」に賛同―――







.

773 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:51:06 ID:bX3D4XR2

       ~              ~         ~   _ニ≧ ̄ヾ'⌒ー 、_
                ~          ~       彡:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;<`
          ~         ~    _,......_         _7:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;_:;\
              _rー_二ニ=─¬' ̄ ̄' ´ ̄⌒「`¬へ(,イ::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;)ヽ
      ~     _ -( く          _ -   ヽ:.:.\ヾ\:::::::::::::::::::::::::::::::;;;/  ノ
        _ -.:´: : : :ヽ、`二`ー─ 'フ' ̄       \:.:.:\ヾヽ_::::::::::::::;_;:-'   _r'
      / : : : _ - ´       ̄/       /    ヽ:.:.:.:.{:.i ̄`ー'⌒_ r、 _ ノ
      へ:_/    ~   _ノ      /       `ー-!:.:ヽ--‐イ/ レ'
      ノノ  ~   _.........「      /            |:.:l:.:.\_     ~
      ノ    _,.. -'" ̄`ヽ::\             ソ     {:.:ヽ:.:.:.:.:``ー- 、 _
      _,, -=‐く         \:::\        _, -/    八:.:.:.:.ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      ::::::::::::::::ヽ          \:::ヾ   _ - ' _, /    ノ ノヽ`ー 、:.:.:.:.:.:._:.:.:.:
      :::::::::::::::::::\        \ゝ‐ ´ -'⌒ノ/     / ノ  `丶、\:.:.:.:.:.:.: ̄
      ::::::::::;::::--,}        ノ _ - ´ //   / /      \ \.:.:.:.:.:
      ニ-´‐' フ/::ヽ     //    ノ /   /ノ    ~     `\_ ̄`
        ノ/:::::::::::|   / ノ  ~  (  {  _/ 丿         ~     ̄
       //:::::::::::::::::\/´/      {  `´ /   ~
      ノ/::::::::::::::::;;;/ ノ     ~  〉ゝ.-.イ          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
      ./::::::::::::;;;;/ /   ~      l: : : : : l        d⌒) ./| _ノ  __ノ


769 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:49:45 ID:10L/BmUA
いつもの近世フランスのパターンだな、
戦略がマトモになるのってリシュリュー坊主まで待たないかん。



774 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:51:39 ID:bX3D4XR2

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    こうして、フランス王はナポリだけじゃなく、
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   ロンバルディアも失ったんだお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |



       ____        「周辺国の反感を買い」
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \     「新領地に移住しなければ屯田兵も送らず」
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |    ついでに教皇庁を強化してスペインを呼び寄せ、
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \    自分をイタリアに招いたヴェネツィアとも敵対だなんて、

                   まさに失政の数え役満、って感じだお。


775 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:52:17 ID:bX3D4XR2
     ____
   /      \
  /  ─    ─\     最後にフランス王ルイが教えてくれた、
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |    大事な教訓を確認して終わるお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     それは……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




           ___
         /     \
        /   \ , , /\    「他者が躍進する原因を作る者は、
      /    (●)  (●) \
       |       (__人__)   |       最後には自らを滅ぼす」ということだお!!
       \      |r┬-|  ,/
       , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
        l_j_j_j と)         i
         ̄`ヽ        | l


776 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:52:38 ID:bX3D4XR2








                  ――― やる夫の主張 終 ―――







.

777 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:53:11 ID:QqgmBSFg
単純に侵略の際に外部勢力を導入したのが問題に見えるんだがw


785 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:55:53 ID:10L/BmUA
なんかマキャベリの言うことが安っぽいなあ、当時の伝聞に基づいての解釈だし。
大王の方が統治していた領土もでかいし経験から語れるからなあ


803 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:04:56 ID:0YOi3k.A
>>785
できる夫が「反やる夫論」を書いたのは、彼がまだ王太子の頃だったはず
父王の政務にも関わっていただろうけど、経験という意味では本人はほとんどない


788 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:58:30 ID:gLYjSKTo
好き勝手やったあげく周辺国を団結させてしまいフルボッコされる
…できる夫もテレジアたち相手に同じような事をやっちゃってるような



778 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:53:14 ID:bX3D4XR2








                      ――― できる夫の反論 ―――







.

779 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 20:53:41 ID:I6/fLJYA

大王のガチ切れが始まるのか


780 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:53:49 ID:bX3D4XR2

         ____
        /       \
.     / _,ノ  ⌒ \       そうですね…
    l^l^ln  (●)  (●) \
    ヽ   L   、 `       |     やる夫の主張に色々と突っ込んでいく前に、
     ゝ  ノ    ̄ ̄    /
   /   /          \     とりあえず押さえておくべきことが一つあります。
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


781 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:54:09 ID:bX3D4XR2


        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \      率直に言うならば、「時代が変わった」
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |    ということですよ。
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /



       ____
     /     \            15世紀のイタリアの様に、
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \         簡単に領地をやり取り・切り貼り出来る
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)  時代では、もはやないのです。
  /          \


782 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:54:48 ID:bX3D4XR2

        ____
      /     \
    /  -     - \     その様な「時代の違い」を念頭に置いた上で、
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    この書を読んでいく必要があるのですが…
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /



.         ____
..       /     \
      /        \       ま、順番に見ていきましょうか。
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |     やる夫の占領地政策とやらを、ね…
    \      ´     /
..   /      ̄ ̄    \


783 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:55:12 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    1.旧支配者の徹底的な排除
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒::::\       お前は一体何を言っているんだ?
     /   (●)}ili{(●)::::::\
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/


784 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:55:46 ID:bX3D4XR2

       , (⌒      ⌒)
     (⌒  (      )  ⌒)  ドカーン
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
            | || | |           たとえ勝利者といえども!
         ノ L,l ,|| |、l、
         ⌒::::\:::::、ノ\        敗者の一族を処刑・暗殺するような権利が!
        /:::(○)三(○)\
       /)し   __'_    \     そんな権利がある訳が無い!
        | ⌒    |: :::|  ノ( |
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !
       /     `ー '    \ |i    暴論も甚だしい!!
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |そ
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ く


799 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:03:18 ID:cucBpS5s

>784
殺しつくす権利がある、じゃなくて殺しておかないと奪われるっつー強迫観念だからなぁ…



786 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:56:30 ID:bX3D4XR2

      ____
    /:::::::::  u\         大体ですね、そういうことをする輩の末路というのは
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu   決まっている!
 |::::::::::::::::   _'__   ||   |
 \:::::::::   ´-―-' ,/_ |   |
   ヽ           i    丿   そういう行いは、まわりまわって自分に、
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /         自分の一族にふりかかるものなのですよ!



       ____
     :/::::::::::::::::\:      やる夫の同時代人で言えば…
   :/ ⌒三 ⌒::::::\
  /  (○)}ililli{(○ ):::\:   そう、あのチェーザレ・ボルジアなんかがそうです。
 :|      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/:


787 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:56:59 ID:bX3D4XR2


           ―――教皇アレクサンデル六世とその庶子チェーザレは―――


                   /: |: :i;、: : :∨: : : ∨: : : : : : ``ヽ、\イ/>、ヽ
                  7: : : : i: ヘ: : \: : : \: : : : : : : : : : i`ヽ、(:::::く
                 /j: i, : : ∧: :\: : : 、: : : :`ヽ、: : : : : :ハ キ' 7=
                 /:j: :∧: : : ヘ: : : \: : `ヽ、: : : ``ヽ、: : : ', ヽ!´
                j:/:i : : ヘ: : : : \: : : ヽ: : : >--:、_: : : `ヽヘ  i! ,
                |:i∧: : : i'、i,: : :∧`ヽ、_ヽ: :ヘ: : \: : : : :ハ`ヽ ∨
                i:|: :.ヽ、: i: ヘ: : :.ハイハ鬱ヾ: \ヽ:\-、: : ハ
                ヘ: : : ハ: i: : ヘ: : : :.〈,ヽ 7  \`ヽ、`ヽ`ヽ: ',
                .ハ: : : :',: \: : ミ、ヾ, 孑          Ⅵ
                   ∨ヽ: ',: : :ヽ: :ヾ!              ヾ
                  Ⅵヽ: : : : : ヽ:.|
                       \ヽ: ハj
                          ヾ 7    _
                         ヽ   ´     ,.イ
                            ̄ ̄ヘ                                 `‐ i          /
                                 `ヽ、     /
                                       ハ /
                                    /
                                    /      _,.-
                                    , イ     >'"


        ―――あらゆる暴虐と詐術を尽くして多くのものを手に入れた…―――



789 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:58:43 ID:bX3D4XR2


            ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
        ―――で あ る か ら こ そ、最後は周りの全てを敵に回し―――


                       ミフ>、、
                       `ヽ丶.
                        /  l
                        /  l
                      ,r-(二二ヽ、__
                      ミy'く-、、`L,__ ヽ
                      ,.:く`ヾーミニヽ、 l,`ヽ}
                     :, ,},t、 `ヽ.,>='^ヽ、
                      ゙ ゙ ^ヽ>、 ヽ'"   丶、
                         ,}    l   ト、  `丶、
                        / /`ー-l   l~`丶 、  `丶
                        / /   ヽ  ヽ   ``7  l
                       ,ノy'′   ヽ  ヽ    l  l
                      《^リ      'i  l    l  l
                              l  l    l  l
                              l  l    l  l


        ―――全てを奪われて悲惨な最期を遂げる事になったのです!―――



790 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:59:14 ID:bX3D4XR2

      ____
     /\:::::::::/\
   /:::く○>:::く○>::::\ ,. -- 、    やる夫はチェーザレを持ち上げたいようですが…
  /::::::::⌒._´_ ⌒::::::/    __,>─ 、
  |     |r┬-|   /          ヽ
  \    ` ー'´   {            |__     彼の人生そのものが!
              }  \       ,丿 ヽ
             /   、 `┬----‐1    }   「その様なやり方では何も成し得ない」
            /   `¬|      l   ノヽ
           /    、 !_/l    l    /  }  ということの非常に明白な
           {       \     l   /  ,'
           \      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ   証明ではないですか!?
             \     ヽ、\ __,ノ /
               ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/


791 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 20:59:39 ID:bX3D4XR2

       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \     そういえばオスマン帝国の名前が出ていましたが…
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }     かの国があれほどの大国になったのは、
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、     ビザンツ皇帝やその外の者達が殺し殺され、
   /´             ヽ
   l    i          l  i    血みどろの連鎖で消耗していたからこそでしょうね。
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i



       / ̄ ̄ ̄\
     / ―   ― \    ま、現在では当時ほどの暴虐は罷り通りませんから、
   / ;;;(◯)::::::(◯);;;\
  |      __´___    |   その辺りは我々も進歩した、というべきなのでしょう…
  \     `ー'´   /


792 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:00:36 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        Ⅰ.新支配地に移住する
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\        ここからは、まだ議論に値する政策が
.  / /)(ー) (ー) \
  | / .イ    '       |      出てきますね。
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


793 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:01:01 ID:bX3D4XR2

        ____
      /     \      新領地への移住。
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \   至極真っ当な発想だと思います。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /    占領地の現状を自分の目で確かめ、
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |     また、問題に即応するには最適のやり方でしょう。
   \ /___ /


794 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:01:24 ID:bX3D4XR2

                               く        /
人_人_人_人_     /二二ニニ===ー―‐‐'   ノ  働  お >
       (.     //´                  ヽ   け  ら  \   _____
 な  手   (    //                      〉 働  |  / /       \
  |  を  (.  //        ___r冖‐、__.   }  け  |   ゝ         ヽ
  |  休  (  //    _∠-―‐く_/二ゝ―'  ノ  ぇ   |  /      ,人/    ヽ
  |  め   (. ヽニニr彡_,ィ_ミ、    {!__}   く   //  っ  〉    、フ /  /\ Yヘ
  っ  る  (    {V∠ノム}ミ=-  }!  }    ヽ  ・・     /.', 、 Z r'  , \/  ヾ.ヽ
       /    `コ匸e] L)ミ    j}´ ̄}     )        (  ', ミ _} (、 { 爪_ / /}i }
⌒Y⌒Y⌒´ ,r=ニ二¨ \=イ/_{=ァ\∠ゝ- イ      ⌒V⌒Y\/⌒ トミ _} {_\{_(イ_。7∠ィilノ-
        ィ三/´  `ヽ、\三彡'  ヽ    }        {  {.: .:::::::::::∧kー-<。≧⌒ミ   {l|l!ニ,
   _r‐ノ⌒´ ̄  _ミ} } `丁´   / / / ―==rニ)  \,ゝヘ.::::::{ ヽゝ 彡^ r_j__ィ  ィ ,l|||三!
  ,イ/´        ノミ}{  {   厶ノ-‐' ,,    辷}    ーr‐' .:::::ヽ   }ト、 ヽ‐--= ´/ ,i|l|l三|
_,イ{l{  ヽ― ´_,≦三ミゝ\__廴__/    .r{{‐y‐ァ' /       ヽ .:::::::::}   l|i!  弋三- ´/ ,|l|l|!厂}
/_圦,ゝ-―¬}丁´   ` ̄ ̄/ヽ=イ    rゝイ {_ ィ'        /^) .:::|  `l|il、,ヽ‐ ⌒´i|l||liィ /
       厶}_,. -r-i_  /  /   /{彡廴彡{.        ̄ヽ.:::::|    ヾi|l|i|l||i|l|i|l|r'//


;;;;;;;;;;;;ィ'"   iト、,r≧;ヽヽ、`^''^"    /;;;
;;;;;ィ7    ヾf{f;;;;;;ミ゙i,゙トミ==ァ',rィr!/;;;;/
"ァ,/     `ヾミ:::シijヾr`' T〃"イl/;;/       何ということだ…
/f/        ヾミ'  ,ノ,,:r:::''ミ ,ィ゙;/ /
'i/           ',ィ彡',ニミv'/i! /;;            ナゾ
l,!          /´ ,,、v/;ヘミ、∨;;;;       我輩の人間が…
l!   r、    _,,., r'´   ,ゝヘtく{i;;;;;l}、V;;;;;;;
   ヾヽ、 ヾ'′ ,:r:''"'´ ゙ヾミ;;;ィ'メ;;;;;;;;;
   t, \い、  /      `,>';;;;;;;;;;;;;;
    ゙ミ、, \ミ、        /;;;;;;;;;;;;;;ィ
丶、  `'''` ヾ}〉      ,/;;;;;;;;;;; :イ
  ゙''ー-: 、,,___,,,, :ィ7;;;;;;;;;;;ィァ"イ! /,!
    ,, ::,r彡'_// / /;;;;;ィ"/ノ7/,!, /ノ


795 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:01:42 ID:bX3D4XR2

: : : : : : : : : : : : :      ニ|川;;;;;lllll|
: : : : : : : : : : :r;ァr;ュ     .|川;;;;;lllll|
: : : : : : : :_,,,〈;;//;/   ≡::::|川_;;=ミ|_
: : : : : : ::l;;;;lィ"iヾ'   __,,ィニ,ァ;''"⌒ヾミ}、、_     貴様らゴミどもに、
: : : : : : ,j;;;;;;;;;;;l : △=テテフ";;;;;;;;;;;;;;;;ゞ^i,,.ィi、ヾ、
: : : r''";;;;;rイ;;;;l : 二ァェィ'"シ;;;;;シ"´゙>;;;;;;l〉;;;;;;;ヽヽ
: : : |;;イ;;;;l l;;;;;l : -ァ"彡;;≦_ヽ、 /;/`^'i;;;;;;;;;! ゙il   「統治」と言うものを教えてやろう。
: : : : : l;;;;;l l;;;;;j: ,r'";;;;ィァ、,r;;;ミヾ゙,ン′_ !州;;l riト,
: : : : : レ''└''"/;;rイツイ´ ``''゙=/,r'彡=、`};;;;ilリ 〉lハ
: : : : : : ,,.:-‐!: l;;//ァィl!   ,;r'" /'"゙tf;;;;)V;;;;k/人lj
: : : r''";;;;;;;;;;l: :lf l7/,>l 、'´ く}   `゙''"ソ;;;;/l ィ' ト
: : : l;;:イ;;;;;;;;l、ノ': い /ハ ヾ7ヽ、、    /;;;;/ハ/V'
: : : :_j;;;;;;;;l△ :  '′ i, `ミー'≧  ノ;;;/リv:.:.゙i,
: : : l;;;;;;;;;;;;;;」ヽ: :    ,ゝ、,,_,, :-ェァ'"7:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ.
: : : '-‐ ''": : : : :    ,ヘ/^''ァ彡'",/:.:.:.:.:/、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
: : : : : : : : : : : : :   ゞ/ ,  l ,ィ'7:.:.:.:.:./:.:.ヾ:.:.:.::.:.:.:ヽ、
: : : : : : : : : : : : :    〉 i ├チ':.▽:.:./:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
: : : : : : : : : : : : :  /7/7 い レ':.:.:.:v:.:./:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:./7
: : : : : : : : : : : /7>=ト'ヽj i,l:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.:.:./:.:.:.:,>、
: : : : : : : : : _,ノ;;;;;;;;;;;;/  `ヽtl:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.X´:.:.:.:,シ:.:.:.:\


    ―――この様にして問題に即応できるのが、占領地移住の強みですね―――



797 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:02:44 ID:DOCtTeO2
やさしいりょうしゅさまだなー(棒読み)



796 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:02:11 ID:bX3D4XR2

       ___
     /   ヽ、_ \     ただ…首都というものはいわば「国家の心臓」
    /(● ) (● ) \
  /:::  __´__   :::::: \  に他なりません。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /  それを移転させるのは、国内に大きな混乱を
     ゝ  ノ
   /   /           引き起こす事になるでしょう。



         ___
      /)/\  /\     その混乱を埋め合わせるだけのメリット、
     / .イ ' (●)  (●)\
    /,'才.ミ).   、_',__,    \  それの有無を考えた上で行う必要があるでしょうね。
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /


798 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:03:07 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      Ⅱ.支配地に屯田兵を送り込む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\     ローマの屯田兵とは、
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |   また妙なモノを引っ張り出してきましたね…
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


800 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:03:49 ID:bX3D4XR2

      ___
     /     \      あのですね…
   /  ⌒   ⌒\
.. /   ( =)  (=)\   屯田兵を送りこんだところで、
.. |  u    ___´___   |
  ヽ、    `ー '´  /   防衛のための兵はやはり必要なんですよ?
..  ノ          \



             ___       ローマの占領地政策が上手くいったのは、
          /      \
         /_,ノ   \  \    「強力な軍隊を持っていた」からと、
        / (ー)  (ー)   \
..        |      '         |  「周辺国と緊密な関係を持った」からです。
 ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /
 ヽ_ノ   /          \   屯田兵のおかげではありません。


801 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:04:30 ID:bX3D4XR2

         ____
        /       \
.     / _,ノ  ⌒ \        ま、そもそも私は、「屯田兵」の有効性自体に
    l^l^ln  (●)  (●) \
    ヽ   L   、 `       |      疑問を抱いてますがね。
     ゝ  ノ    ̄ ̄    /
   /   /          \
  /   /             \     ぶっちゃけ、メリットないでしょこれ?
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


802 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:04:56 ID:bX3D4XR2


    ―――まず、その「屯田兵」とやらをどこから引っ張りだしてくるんですか?―――


       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ  それじゃー、つかさには
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |  新天地にいってもらおーか!
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
                                     \  ノ^Y   /
                       °        -‐─∠二ニ=≠<  ∠
                            , '´  ::::/::::::::::::::/{:::::::::\ }:: \  ゚
                  .          /:/:::::: /::::::::::/::/ ハ:::l:::::::::::ヾ:::::: \
   ええええー!?、            ///::::::::/:::::`ァ孑/  / Ⅵ::::::::::::::|::::::::::::ヽ
                           /::::::: ,':::::/ j/  /    |`ト、_:::::l::::::::::::::: ',
   私には実家の仕事が…      O   /::::::::: |:::/           |::l::::::: ,'::::::::::::::::: i
                          ,':::::::::::::Ⅳ ◯        |∧::::/:::::::::::l ::::: |
                          i:::::/:::::::リ / /       ◯ ∨:::::::::::::|::::::::|
                          |::/! ::::: {. / /       / i l::::::/::::::ハ ::: l
                          レ' | :::::: ゝrく rー-‐- 、 j _j /::::/l:::::/ノ::::::|
                  .            l:∧/ '/ /)、`_ー~ー' fヽヽ`Y /|::/:::::∧::|
                  .            |ハ{.   (∨::`l ¨¨了∧   j'´ |/:::::/ V


                        ―――農村?都市?―――



804 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:05:28 ID:bX3D4XR2


              ―――万単位で自国から住民を引き抜いて―――


.゙!,:::::::::::::::,.': :/: : : : : ::/' : /./:/:;:;l | :|: : : . . .   `.、  `ヽ
, '、::::::::,',ン'/ : : : :::/:;/: /:;.//;:;:;:;|.:;:| |i : : : : .|: . .   V
Vレ〉.::::/ヘ;/: : : ;/:;:;:;/イ:;:;/';:;:;::;;:;:;|;:;:;| .|::|: : : : : |: ハ、 .|
 ./ .'、::::,/: : .,イ:;:;:;:;':;:;:;:;:;':;:;:;:;:;::;;:;:;,/::;:;:| .|;:;|: : : : .|: : : |.V: :| 誰かさんのせいで人手が減って、
../ : :::`'/: 、イ ''':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|/:;:;:| : : : |: : : :| |: :|
/: : ::::::;|:/.ソ' ,,  '''''''''''''''''''''''''':;:;:;:;:;:;:/;:;:;:.|: : : /: : : .|  |: | すんげー大変なんですけど?
: : ::::::/,|'^`.-,、''.         ` ::;:;:;:;:;:;:;:;.|: : /./ : : |  |,'
: .:::::/|: ::::::::|::,乂    ,,,,,,_       ''':;:;:;./|: //;|: : /   '
.::::,//|:.: ::::::|.i/ \.  'ー- .,,_` 丶,   , ./ |/イ;;;|: :/
::::// |:.: ::::::|:i    ` ,、    ~`~    ン'ノ,'- ~.|:./
::/  .|: : : :::||_,,,,/乙i  `ミ, ,,,,,,,., ,- イ~ i:~:.|   |/
'   .|: : : ::::|、;;;;;;;;;;|~   (\ // ,::::: :i i: i   .'
 ,/.|: : : : :|、.、;;;;;;;| ̄⌒\|;;;;x.'/./::::: :| | :|
                                                }:/
                                         ! へ、_ x'/ ___
                                  __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
              お、おちつけかがみん、 .     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
                                  / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
              話せばわかる…      .    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
                                 /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}
                                 : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨
                                 :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |
                                  !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ
                                  ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|
                                  |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|
                                    ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|
                                     |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !
                                     |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |


          ―――生産力が低下する方が問題じゃありませんか?―――



805 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:05:55 ID:Lu78qB..

やっぱりやる夫はローマを理想化しすぎて、検証が不十分なきらいがあるな

>>805
古代ローマに関しては現在でもわからないことが多すぎるので、
検証が不十分な事に関しては、必ずしもやる夫本人のせいとは言い切れない面があります。
やる夫はリウィウスの『ローマ史』などで古代ローマについて学びましたが、
リウィウス自体が帝政初期の人物であり、共和政初期や中期の事に関しては、
必ずしも正しい内容を述べているとは言いきれないからです。



828 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:17:20 ID:10L/BmUA
>>805
できる夫の言うようにローマみたく上手くいくかってなるけど
考古学的には銀貨の質といい繁栄していたのは間違いないんだよなあ。
ローマの税収は年間数十億程度だったみたなのに、どうして繁栄したんかは
古代最大の謎。


911 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:59:14 ID:koLuxbCA
>>828
謎でもなんでもない
ローマ貴族は国家の特権などを使って自分で商売してる
そのアガリでもって私有地や荘園、私兵、艦隊などを整えているわけ
ローマ帝国そのものはそれらの元締めでしかないから入る金は些少でも回る
ローマ時代のインフラストラクチャは国家事業じゃなくて個人事業でやったものが多いんだよ



806 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:06:21 ID:bX3D4XR2


        / ̄ ̄ ̄\        かといって僅かな人数では、
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \     やる夫の言うような「屯田兵による防衛」
     |      __´ _     |
     \        ̄    /     という利益は得られないでしょう。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /   単に、地元民と諍いを起こすだけでしょうね。



       ____
      /     \        ならば最初から正規軍を駐屯させ、
     / \   / \
   /  (●)  (●)  \     その部隊が紀律を保って地元民を脅かさないよう
   |         ´      |
   \      ⌒    /     気をかける。
 / ̄ ̄ヽ           \
(「    `rノ          \   費用がかかったとしても、その方がよほど効率的です。
 ヽ   ノ              \
  |   |             「\   \


809 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:07:39 ID:I6/fLJYA
屯田兵ってのは殖民こそが骨子なのであって、兵であるかは付属効果でしょ
そもそも、侵略戦争って無職が増えた時にするのが基本でしょう
戦争自体が口減らしなんだし
征服地を兵に与えれば自分の収入になる



807 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:06:50 ID:bX3D4XR2

         ____
       /    \
.    /   ノ '  ヽ\    …ま、やる夫のこういう見解には仕方の無い面もあります。
.  / /)(ー) (ー) \
  | / .イ    '       |  時代の違い、ですね。
  ∨,'才.ミ).  -‐‐-  /
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


808 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:07:29 ID:bX3D4XR2

::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
'ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \
:::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶
, ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ;
ヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y
S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //
, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/
)ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レ
ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_
;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''--::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'
""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ
-ーーv'"   ご. あ 'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく
     下 一  っ  l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,
 隊   .さ. 緒  し   'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/        ヽ
 長.   い. さ  ら  >/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<   き  そ  'l
  ォ   よ. せ .も  / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|   ゃ ん  /:
       て    .ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ  あ  と  /:::::


   当時は兵舎も食料備蓄庫なく、軍隊、すなわち傭兵といえば周辺から略奪するのが

  あたりまえの、盗賊と変わりない集団でしたから。

   やる夫がこういった手合いを守備兵として信用できなかったのも頷けます。



811 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:08:08 ID:bX3D4XR2
        ____
      /     \         結論としては、
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \       「当時としても効果の程は疑問」
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /        「現在ではもはやナンセンス」
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |         こんなところですかね。
   \ /___ /


813 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:09:03 ID:QqgmBSFg
屯田兵はぶっちゃけ余剰人口対策だしな


815 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:09:26 ID:pj0r1YEM
…明治時代の北海道(ぼそ


830 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:17:38 ID:QXexlyJk
>>815
北海道の屯田兵とて、明治大帝の御世どころか、
日露戦争の前に廃止されてる当たり、お察しください。



814 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:09:18 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                Ⅲ.獲得地の周辺小国の庇護者となる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



          ,..¨ ̄ ̄¨丶        庇護者となるのはよろしい。
.         /        \
        / ⌒、:::::::      ヽ,     が、それは「周辺国の父にして調停者となる」
         /( ○)::::::::::::⌒    ..i
.        i     ::::: ( ○)     |    という意味であって、自らの野望に利用せよ、
       \  ´           /
           \ ⌒    .__/     という意味ではありません。
          /        \


816 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:10:08 ID:bX3D4XR2


―――自らの野望で小国を切り回すのではなく、善良な調停者としての信頼を得る―――


        (((( ゙、            ___                 /))))
        〉〉〉(ヽ             /   /                /)〈〈〈
        i  rヽ 〉            /                 〈 ' ヽ i
        ヽ  イ                                 〉  ノ
         ヽ ゙ヽ          /                    /   /
          .ヽ  ヽ         /                   /  /    ___
           ヽ  ヽ、         、v、w、,w,v,              /  /    /   /
           ヽ /\        ,',-――‐-、',         /ヽヽ /     /
            〉'   \      ,'/三ニ-ニ三ヘ',       / ....:::! !
           .//:::::.....  \     r〈 ⊆・(,, )・⊇ 〉、    / ....::::::::::i i     /
           //::::::::::::::....  \  ヒl|,,_二(,,'')二 ,,|lン   /  ....:::::::::::::::i i   /
          /'::::::::::::::::::::::....   ヽノ lヾ三三三,アl ゝ- '"  ....::::::::::::::::::::::l.l
          ,'::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::..../ lヽ二.三.二ノlヽ  .....::::::::::::::::::::::::::::::}
          i:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::i::::lヾ'' ,, '' ,, /l::::i::..:::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::i
          l:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::li ヽ,,, '' //l::::i::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::l
           ヽ:::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::i::::lヽ .\/ / l::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::ノ
           \:::::::::::::::::i::::::::::::::::i::::l ヽ   /  .l::::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::/
       \ 会長っ‥‥! /                \ 会長っ‥‥! /
                \ 会長っ‥‥! /


 ―――かくあればこそ国際的な平和が訪れ、互いに発展する事が出来るのです―――



817 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:10:55 ID:bX3D4XR2

          __
        -´   ``ヽ      一方、周辺国を自分の都合だけで動かすのなら、
      /::::::::::|::::::    `ヽ
     /:::\::::::::く● >   `ヽ   その先にあるのは間違いなく自滅ですね。
((   / く●>::::::::::⌒      )
    |    ___'__        ノ | |
    ヽ    )vvノ:      / ノノ  ああ、ハとプとスがつく大きな家とか、
      ヽ (__ン       人
       ヽ          \    まさしくそんな感じじゃないですか?ハハッwワロスw



          ※作中で実際に、某家に言及したわけではありません。



819 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:11:41 ID:bX3D4XR2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  2.征服地旧来の慣習に口を出さない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   最後にこれです。
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   地元民の反感を買わない政策を行う、
  / :::::   __´___  :::::\|   l
  |      `ー'´       |  /   という観点から見れば、
  \             //
  / __        /       かなり順当な政策だといえるでしょう。
  (___)      /




       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ   住民感情に配慮する割には、
   {       `      }
    ゝ   `‐‐--   ノ    旧領主一族を殺してしまえ、という悪逆非道を
     >ー       ゝ、
   /´             ヽ  推奨しているのが謎ですけど、ね…
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i


820 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:12:26 ID:bX3D4XR2








                  ――― できる夫の反論 終 ―――








.

821 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:12:51 ID:bX3D4XR2

    x≦/////_
x</^7/,ソ: : : : :`: : . .  x≦}
: : : : }://: : : : : : : : : : : : :.'⌒V|
: : :/:/: 人: : : : : : : : : : : : : : : ⌒ヽ     あー…
: : /:/: (_0_)/: : : ;.イ: : : : : : : : : : : :.
/,/: ′: : :/:`フ ー| : : : : i: : : : : : : :.    次はやる夫さんが盛り上がってきましたね。
:.//,i : : : /:x=ァミx.|: : : : ハ : : : : : : i
..//,| : : /:《 んィ}゛|: : :.厶、i: : : /: : }|
,//,'|: :./j/  ヒぅソ | : /ん} |: : /: :.:.八
,'//,レ': i   '''''   jノ, ヒ:ソ ハ:/: : :/
ゞ≠i: : :.|          ''''' iソ: :/
  ` 、: :.|   (⌒ヽ     八 :!
   ⌒ヾゝ丶      イ: : : :|
 , -‐ァ:{    ノこr―‐=ミ: : :.:.|
/ / : |__/: :/{{      ヽ.:.:|
                                  _   _   _,
                                ___,>___,> Y´'ー-、
                               _>z二_>z二_ ___`ー≧__
      テンション上がってきた!         >┴'´>┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                             /   /        ヽ `Y′之>
                       .    . /     /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                            l ,ィ {7Tl ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
                          (( ,ヘ,(( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
                             '、 `|  '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
                             \ヽ、_ \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
                               く l 7Eく l 7Eニ::ィ1    〉
                                ゝ'イ/ ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                 i´ ̄ ` i´ ̄ `ヽ::|
                                 j|     j|       く


822 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:13:32 ID:bX3D4XR2

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___        あと、やる夫のローマオタっぷりも、
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      徐々にだけどわかってきてくれたと思う。
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l    こいつはガチ。
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |       リウィウス著『ローマ史』(※)の論考をたっぷり
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃       書いちゃうくらいにはガチ。
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i

                                          __           _
                                          /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                         ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                       /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                    できる夫さんの方は、     /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                      / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                    割と否定的ですよね?     /{: : : / ⌒ ヽ:i⌒\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                      /: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                      /: : :.!:./:::|  ´      |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                     /: : : :|V |:::ト,  O    .イ: |≦- ',: : : : : : : :ヽ
                                    /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|⌒!  ',: : : : : : : : `、
                                   /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i  i   ',: : : : : : : : ::`、
                                   /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i   ',: : : : : : : : : :`、


※『ローマ史』…ローマ人リウィウスが書いた歴史書。ローマ建国から、初代ローマ皇帝
          アウグストゥスの政権掌握までを書いた、らしいのだが、現在では
          その多くが散逸してしまっている。
          やる夫をローマ萌の道に引き込んだ本。


823 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:14:51 ID:bX3D4XR2

                                                     _   _,
                                                  ___,> Y´'ー-、
                  大王は必ずしもローマは好きじゃないっぽいね。  _>z二_ ___`ー≧__
                                                 >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                  歴史自体は勉強したっぽいけどさ。         /        ヽ `Y′之>
                                            .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                               .l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                 アウグストゥスにもわりと否定的な気がする。   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                                 `|   ヽ    「)'/|/
                  塩野のばっちゃ(※1)が好きな            ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                                   / Eニ::ィ -、 |
                  ガイウス君(※2)の、『ガリア戦記』は評価してる   /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                                                 /:::/へ ヘ/::::/:::
                  みたいだけど。                      /:::::\ ヾミ::::/|:::


         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ   ばっちゃの話は別にいいです。
     /:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}
      /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ
.     /:::::::::::::|ノヘ.{u ( フ_ノノイ
   /:::::::::::::::| /}`不´} ::::::::

※1 塩野七生…小説家。代表作は『ローマ人の物語』だと個人的に思う。
          何だかんだで良い小説家だと思います。

※2 ガイウス君…ローマの政治家にして軍人ガイウス・ユリウス・カエサルのこと。
            代表作は『ガリア戦記』『内乱記』。


824 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:15:14 ID:bX3D4XR2

      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二zく_       評価は評価でも、「歴史書」としてだけどね。
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \     …第三章の題名なんだけど、本来なら
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l    「混成型の君主国について」って感じなの。
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1    ,    |
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ       ま、古くからの領土と新しい領土の混合型、
     │「ィ::ニE7 l
      └l´:::::::,r'r ==ミ!r ァ7   ということで、若干タイトルに手を加えてみました。
       !:::::|´ |!    /7 /
       l::::::-ァ⌒}   / / /^}
       ヽー' ̄ ―-L∠/ ´


825 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:15:54 ID:bX3D4XR2
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_     で、やる夫の提案するやり方について。
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \   まず、「旧支配者の根絶」っていうことだけど、
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l   これは、戦国時代でいうなら信長とかやってたよね。
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ     北畠とか武田ふるぼっこ的な意味で。
      │「ィ::ニE7 l
      /      |\
     (   く"| __|__\__________ri
    r‐\  ヽノ _|||||________._|}=====fll||爪||||||l|」コ―┘
       \_ 三〉))ー' ̄         `ー'ミ ̄~ ̄
        'ー---‐'''~`ー'

                                        ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
                                        .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ、: : : : :、:__:///:..: :.
                できる夫さんなら、            : : :〈〈fi: : : : : | .ヽ: : :..|ヽ_丶: :..: :i}}}}// : : : :
                                       .: : : :`¨!:、: : : :| _ノヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : : :i
                                       i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: : : |
                「そんなことやってるから        |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : : |
                                       |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `     /:/  |: : :..: : :.|
                  本能寺で討たれるんですよ」    |: : : : く/////ヾ:ゝ  -‐ /;/   : : : : : : :
                                        |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :∧
                                        : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : : :.∧
                とか言いそうですね。           ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: : :..:ヽ
                                      ,: : : : : :..{ `ヾミ/////i}: :|_:_/}}: : /∧ヘ    : : : : :


835 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:20:42 ID:QXexlyJk
北畠はともかく、武田家臣団は根絶前に家康に取り込まれたけどね


837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:22:04 ID:I6/fLJYA
だって、武田家臣団って外からは家臣に見えても、本人達は同盟者のつもりなんだもの
一度落ち目になれば、忠義とか無いよ武田家家臣団って



826 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:16:31 ID:bX3D4XR2

                                               _>z二_ ___`ー≧__
                  ま、ノブりんが一定の効果を              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                             /        ヽ `Y′之>
                  上げていたのを見ても、このやり方は .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                             l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                  一応、効果的ではある。             |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                              `|   ヽ    「)'/|/
                                               ヽ、_  ―  _,.ィT/
                  大王は因果応報っぽい言い方をして、       / Eニ::ィ -、 |
                                               /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                  それに反論しているけど。            /:::/へ ヘ/::::/:::
                                              /:::::\ ヾミ::::/|:::

 {三ニ≧ュ、: : : : : :i: : : : : :i: :寸
 |ミ/⌒寸}}: : : : :.:ト、: : : :.:ト、: :ヽ
 |,/: : : ///: : :i: :/ ‘,:.:/zxi: /:}
. /: : : //∧ : : |:/xf斧j:./ ヒリj/:八     「もうそんな時代じゃない」
/: : : :,{三ミ∧:.:.|{弋::リ /  、 i/: i
: : : : :トミ三心:.ゝ     _ /.:.:.:|      みたいなことも言ってましたね。
: : : : :|  `¨¨¨Y__≧   _, ′ : |
: : : : :|    /: : : : `:く : : : : : :.:|
: : : : :|     /=≠:'⌒>- 、:.: : :.:|
: : : : :|  f´: : : : : :/     Y: : :|
: : : : :|  {! : : : : : {       |: : :.|
: : : : :|  |{ : : : : :.‘、ヽ    |: : :.|
: : : : :|  |ト、: : : : : : :ヽ‘,クヘ : |


827 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:17:17 ID:QqgmBSFg
根絶の例えで出すなら中国の方が適当な気がするけど


843 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:25:38 ID:0YOi3k.A
>>825
信長もなんだかんだ言って征服した旧主一族の族滅なんて滅多にやってませんよ(やったことはあるが)
旧主の傍系を取りこんで、主流派を叩くということは信長に限らず成長した戦国大名のほとんどがやってますけど

>>825において信長を例に上げたのは、「西洋史を知らない人でもわかるような、
日本史におけるメジャーな人物」という観点からです。
ノブりんが常にそういった手法を使ったわけじゃないこと、ノブりんだけが
そういうやり方をしたわけじゃないことは、もちろん言うまでもありません。



829 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:17:30 ID:bX3D4XR2
                                                            _   _,
                                                          ___,> Y´'ー-、
                      まあ、欧州の王侯貴族って親戚ばっかりだから      _>z二_ ___`ー≧__
                                                         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                      基本、その辺はぬるいのよね。              /        ヽ `Y′之>
                                                 .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                      貴族と傭兵と商人と宗教家が跳梁跋扈する       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
                                                    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
                      戦国イタリアとはノリが違うっつーか。          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
                                                        \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
                                                         く l 7Eニ::ィ1    〉
                                                          ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                                           i´ ̄ `ヽ::|
                                                           j|       く
.: ,': .:i: :/ |i ゞー==―-- : :. : : : : :. .', / マハ
: : : :」ィ  |i: : : : iL>‐\: :i|: :i: : :.:}: :∨/,' マ/
: :イ〔 {- ', : : : :ィ笊弄ミ刈: :}: : ,ハ: ::} /: :
: : l :|,x=ミ从: : :. ', {i゚fJ ,i}`ヾゝ: .: .:.:} iレ' /,'
\N《 {゚fハ` \:∨ 辷 夕 , /. .:/. : .:.:リ^∨
: : }从 辷リ   j/  ー‐ '"/. .:/. : :.:.:,' い,'     イタリアがカオス過ぎです。
: .::/∧ ー' ,    :::::::::厶イ. : : .::/シ∧
ト 、ヽハ:::::::   ,. ァ   u 〃|: : ,リ/-‐': : ',
| ハ: :八    'ー '     {{ ,イ: ∧イ: :', : :
i/ ; j/: : >   ゚゙゜    イ }/!^j} !: : : : :
: :,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i ≧=≦    ' ト- 、: : ! :
:/. : : : .:.:.:.:.:.:.リ,任<:}     |ミ、ハ !:
{ : : : :.:.:.:.:.:.:./ {三三ニ≧x    `ーy:ハュ、_
.' , : : :.:.:.:.:ァュノ二ニニニi⌒':、   ,.イr寺:マ》
 _,..-=ニ《 }三三三ニ|ニニ℡ '",任i、ト℡マ》


833 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:19:37 ID:NUii2qgA

ほんとイタリアはよくわからねえとこだ……


832 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:19:11 ID:bX3D4XR2

        ,_  _
     、-ー'`Y <,___  あとはまあ、サンスーシ(※)の哲学者と言われた大王的には、
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     当時の思想も関係してるだろうね。
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i  やる夫 → できる夫 の時代の間に、
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|  「国際社会」の認識が変化してるのよ。
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃     例えば、グロティウスという名前を聞いたことがある人も
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i      いるんじゃないかと思う。
      \:::/-‐::::::/

※サンスーシ…できる夫の宮殿。


834 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:19:48 ID:bX3D4XR2

     ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ
   (ン` ":: ::''"  `ミ                   ―― フーゴー・グロティウス ――
   ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::
  / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::
  (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :    11歳でライデン大学に入学、16歳にして
  )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i
 ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    弁護士を開業し、その後も多方面で働いた
 (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y
  リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    真の意味での神童・天才。
 `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リ
  tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /   これ程、「やる夫が○○なようです」が
   )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|
 /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨく、:;;,,"'i!   、|i リ') i!    似合わない男もなかなかいないだろう。
,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ
i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii      著書『戦争と平和の法』において
ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i
、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/     「正当な戦争」と「不当な戦争」を語った。
,ゝ  ,,  / ヽi、:::::::::: """""";;;;  :::::::  /,,
(ii   iiiiソ ii  ) :::::::  ::::::::::   :::::::::  (|i      「国際法の父」と呼ばれる。
    iiii、  |リ  :::::::   :::::::   ::::::   :::::ヽ
;;、"-('   ヽ ミi   ::::::::  :::::  :::::::   :::::::::ノ


836 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:21:43 ID:bX3D4XR2

                                       _   _,
                                     ___,> Y´'ー-、
   このあたりを発端として、できる夫の時代には     _>z二_ ___`ー≧__
                                    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   現在の意味での「国際社会」の雛形が        /        ヽ `Y′之>
                                .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
   徐々に形作られてきていたの。           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                 |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                   `|   ヽ    「)'/|/
   そういう意味で、やる夫の考え方が            ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                      l 7Eニ::ィ1│
   時代遅れだという大王の指摘はぼちぼち妥当。      └l´::::/ヽト
                                      |::::|´  ̄`i
   現代に比べれば無いに等しいものだけどね。           |::::|     |j


                   rェュ、
                   _ ...... _  {三心、,. -:-.、
      rェェz  ,,: :´: : : : : : `:ヾミ三心、: : :∧
     , ‐:.{三}}ヘ,: : : : : : : : : : : : : : : `寸三}: : : :∧    そういう意味では、まさしく
    ,: : : {三}j/: : :.{: : : :ヽ : : : : : ヽ: : :`寸}: : : :.:∧
    i: : : {三}′: : :ト、: : : :ヽ >‐ ミ‘,: : ∨ : : : : ∧   「時代が変わった」わけですね。
    |: : : {ニ;': :i: : :,' __ヽト ≧,ィ斧ミ、!: : : :i : : : : : :∧
    |: : : `:.i: :.|: :l:i´        弋::ソ '|:! : : |.: : : : : : :∧
    |: : : : :.|:!.:.:.:从 x≠‐  、    从{: : !|: : : : : : : ∧    できる夫さん的には
    |: : : : :从: : : :ヘ″   _   ノ  / !:.:.八: : : : : : : :∧
    |: : : : : : :.ヽ: : :.:ヽ       イ:.厶イ  V: : : : : : :.∧   「もうちょっと平和にいこう」
    |: : : : : : : :.i `ヽ: {:.≧ 、‐ - ' /ヽ_   __V: : : : : : : :
    |.: : : : : : : :|   ヾ   f: ーァ_〈: : :}}:.Y´  ヽ: : : : : : :   みたいな?
    |: : : : : : : :.|    _/{{:.:/{  ト、:.}}:.‘,   i : : : : : :


838 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:22:33 ID:bX3D4XR2
         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__    まさか。あの大王がそんな生ぬるいこと考えるわけない。
   _≦―'´__ _二zく_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<      「やっぱ最後に頼りに出来るのは軍隊ですよ
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ     軍隊を持ってない国とかカス。永久平和(笑)」
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|    これ、大王生涯の信条だし。
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  'ー=-'.ノ      できる夫の半分はリアリストで出来ています。
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ
                             | : : : : : : : :/  ヘ:. : : : :ト、  丶: : : : : : : :
                       .       | : : : : : : :/ /  ∨/ : | \  \: : : : : :
                             | : : : : : :/     ∨/ |      ’, : : : :
                             ! : : : : : '  i!⌒i!  V/| i!⌒i!   V/ : ,
      結局暴力かよ!?           i{ : : : : : |  i!  i!    V| i!  i!    ∨:/
                            ハ:. : : : :.|  `ー"     リ `ーt__)   Ⅳ|
                       .    l: :‘,:.r‐┼‐ 、           r―‐- 、 |: :|
                           l : : : ', :ー┼一'   r ―‐- 、ー―一' |: :l
                           !: : : : :∨圦       |冫´ ̄ ̄ヽ     |: : '
                           : : : : : : : : N\     {      ノ  /.: .:レ':
                       .   l : : : : : : : l ∨l> ._ ̄ ̄ ̄   イハxくへ/
                          l : : : : : : : l  V/|    ̄ハ ┌―┐__//
                          !: : : : : : : l   Ⅵ      | : :〉└―┴‐一' : :


839 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:23:27 ID:bX3D4XR2
      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二zく_      ま、伊達に大王と呼ばれたわけじゃないってことよ。
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    次に、「新領地に移住する」という政策に
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    ついて見てみようか。
    ゙i|゙i'(1    ,    |
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ
     │「ィ::ニE7 l        具体例としてオスマン帝国が上げられてる。
      └l´:::::::,r'r ==ミ!r ァ7
       !:::::|´ |!    /7 /
       l::::::-ァ⌒}   / / /^}
       ヽー' ̄ ―-L∠/ ´
                                           /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                          ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                        /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
            1453年。世に言う、                /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                       / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
            「コンスタンティノープルの陥落」ですね。    /{: : :´/ _` ヽ::i´ \`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                       /: :!: : /イ{゜:i ヽiイiテヾ: : :i::::|:ヘ: : : : : : ヽ
                                       /: : :.!:./:::代ソ   弋::ソ}|ヽ:|∠ |: : : : : : :ヽ
                                      /: : : :|V |:::ト,  、_  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                                     /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、


840 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:24:04 ID:bX3D4XR2

                         f~ー': : : : : : : : : : }__ィ'''´: : : : `ヽ、__
                         _j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_
`弋ゝ、      かやくこ         ノ: : : : : : : : : : 黒   海: : : : : : : : : : : : \__
: : : : : `\                 (_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : : : : ヽヘ       エディルネ◎   {: : : : : : : : : _x-ー'' ̄`´ヽ-、: : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : :}         _rー、__ ィ--ー◎コンスタンティノープル     ̄`ー--ー--。ー''´
: : : : : : : : : : {      /{m_}: : : : 彡ー---z__r'
: : : : : : : : : : ヽ、_    ソ: : : : : : : 〉_,,
: : : : : : : : : : : : : ミ   ヾ: : : 、: : : : ': ゝ     ちっさいあじあ
 地: : : : : : : : : : :`ニ==_ヾニラ: : : : ム-、
: : : : : : : : : : : : : : \  kー': : : `、: : : : ' イ
 中: : : : : : : : : : : : : トヘ〆: : : : : : : : : : 彡ヘ/ヽ,_____{`ー-、     ノ`ヽっ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ワ: : : : : : : : : : : : `ー'''´: : : : /
 海: : : : : : : : : : : : : : : : : =ニ二=  ロードス島   z-'' ̄ア 。  }
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : クレタ島: : : : : : : : : : : : : : : : : ` ̄: : : : : : 〉
      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二zく_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      そう、かろうじて生き残っていたビザンツを滅ぼして、
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    以前の首都であったエディルネから、
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i::(●) (●∩/ノ    ビザンツの首都コンスタンティノープルへ遷都した。
    ゙i|゙i'(1    ,   〈 γ, ,〉
    ゙iTィ.,_   ―    ゝ`,ィ
     │「ィ::ニE7 l /::::/    というか、重篤なローマ病患者だった当時のスルタン(※)、
     └l´::::,r'\ト:::/::::/
       |::::|´  ̄`i::'::::/      メフメト二世が周囲の反対を押し切って遷都させた。
       |::::|     |--'

※スルタン…オスマン帝国の皇帝を表す称号


841 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:24:52 ID:bX3D4XR2

                                        __           _
                                       /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                      ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
               また患者ですか…           /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                    /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                    / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                     /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                    /: :!: : /イ○     ○ i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                   /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                   /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                                  /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                                 /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、       メフメト二世はアレクサンダー症候群の
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     罹患者でもある。
   /        ヽ `Y′之>
 /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く      こいつの東西文化宥和に対する
 l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
 |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′      情熱はマジモノ。
   `|    し   「)'/|/
    ヽ、_ 'ー=-' .ィT/            そして、このダブルで厨二病を発症した男が、
      l 7Eニ::ィ1│
      'イ/ヽ::::`l┘          それでも名君なあたり、やはり歴史は面白い。
       i´ ̄ `|::::|


842 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:25:30 ID:bX3D4XR2
       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      話を戻すと、、この政策に対する大王の反論は、
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i   「効果的だとは思うけど、
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    首都機能を移転する程のメリットはあるの?」
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ      というものだった。
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/
                                        .     /: : :/: :..: :|: : : :ヽ:_;.ィ:ヽ: : Ⅷ//}: : : :
                                            /: : : ; :..: :./|:i: : : :`ト、:_: : : '; : Ⅷ//}..: :
               現代日本の首都を東京から移すとなった .   /: : : :.i: : : :i 从ヽ: :.i:|´ヽ: : : :.VxⅧ/i}: : :
                                           /: : : : :.{: : : xf㍉ `ヾ{'笊ミx: : :.i三}//}: : :
               物凄い大騒ぎになるでしょうしね。     .  /: : : : : /ヽ: :.{弋ソ    弋::ソ }: :..|三} ̄ヽ:
                                        ./: : : : : /  iヾゝ  ,       ノイ: :|jリ   V:
                                        : : : : : : :/   从ヘ  、       j;ノ¨´    V
               これはできる夫さんの懸念も        : : : : : :/        丶      ィ´|ヾゝ
                                        :..: :../           `r <  __:|-. 、
               もっともだと思います。            : /          ,.ィ|_, ィ:´: : : : :/
                                        ´            f'r'´: : : : : : : _}


845 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:27:25 ID:eI7J/d3U
今の日本はガチで遷都あるいは代替機能都市を模索しているけどなw



844 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:26:42 ID:bX3D4XR2
                                                        _   _,
                                                     ___,> Y´'ー-、
                    やる夫とできる夫の、この意識の差。          _>z二_ ___`ー≧__
                                                    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                    理由は色々あるだろうけど、             /        ヽ `Y′之>
                                                   rヽ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                    私としてはやっぱ「行政」に関する           i !7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                               r;r‐r/ | |(●) (●) / / ,/レ′
                    認識の差があるんじゃないかな、と思う。  〈_L (`ヽ .}`|   ヽ    「)'/|/
                                               l` ( ``/ ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                               ヽ   l    l 7Eニ::ィ1│
                                                ヽ::::::.ヽ  . 'イ/ヽ::::`l┘
         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ
     /:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}       認識の差?
      /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ
.     /:::::::::::::|ノヘ.{、 ( フ_ノノイ
   /:::::::::::::::| /}`不´} ::::::::


846 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:27:27 ID:bX3D4XR2

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___      やる夫の時代(※)には、政府が国家産業を育成したり、
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     ある種の社会福祉を負担したりとか、そういう
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i   考え方は無かったからね。
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |     そういう、ある種の「国家による管理」の概念が
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃      育ってくるのは絶対主義の時代になる。
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i       当時はまだ、「政府」が身軽な時代だったわけだ。
      \:::/-‐::::::/
                                                /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                               ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                              /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                             /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                     できる夫さんの場合は違うと?     / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                             /{: : : / ⌒ ヽ:i⌒\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                             /: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                            /: : :.!:./:::|  ´      |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                           /: : : :|V |:::ト,  O    .イ: |≦- ',: : : : : : : :ヽ
                                          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|⌒!  ',: : : : : : : : `、
                                          /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i  i   ',: : : : : : : : ::`、
                                         /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i   ',: : : : : : : : : :`、

※15世紀後半から16世紀ごろ。



850 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:30:52 ID:QqgmBSFg

領主屋敷のお引っ越しですんだ時代と、官庁街移転しなきゃいけない時代の差だな



847 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:28:14 ID:bX3D4XR2
                                                        _   _,
                                                      ___,> Y´'ー-、
                                                    _>z二_ ___`ー≧__
                    おう。                            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                                  /        ヽ `Y′之>
                    できる夫の時代である十八世紀は         /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                                 l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                    絶対主義真っ盛り。                 |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
                                                  `|    し   「)'/|/
                                                   ヽ、_ 'ー=-' .ィT/
                    あと、できる夫の親父ってしってる?           l 7Eニ::ィ1│
                                                     'イ/ヽ::::`l┘
                                                      i´ ̄ `|::::|
                                                     j|     |::::|
  __ ///: :.: : :.:/|: : :i: : : : : :.:|: : : : : : : :.V∧:'⌒ヽ
 /: :/// : : : : ;' |: : :|: : : : : :.:ト、:: : : : : : : V∧ : : :
./: :.{//!.:.: : : :.′ !.:.:.:|: :.: : : : :| ヽ: : : : : : :}//}: : :
′:.:{//}: : : : :i  、:.:.:ト、: :.: : :.:|__ヽ: : : : :.:}//}: : :
: : :.:{//} : : : i:|´ ̄ ヽ:! ヽ: : :.:|   `Y: : : :.}//}: : :   フリードリッヒ・ヴィルヘルム、
:.: : :{//}.:.: :.:从y'斧ミx   ヽ: |イ斧ミx!: : : :八:´: : :
: : :.:`¨´:Y^j/:.{ 弋::ソ    ヾ弋::ソ |: : :/ : : : : : :   でしたっけ?よく知りませんけど…
: : : : : : :.ト、ヾ:.|  ,,,,,,,    :!   ,,,,, 厶イ: : : : : : : :
: : : : : : :.| `¨:.         _ ι/ |.: : : : : : : :
: : : : : : :.|   丶    ー=ニ ´ ' /   !: : : : : : : :
.: : : : : : :|       >   __  イ     !: : : : : : : :
: : : : : : :.|        r‐┤     :|;‐‐、   、.: : : : : : :
.: : : : : : :|        |: :` ーt_r‐ ´: : :.}   ヽ: : : : : :
: : : : : : :.|  ,,: :´:.:|: : : :j.}__{{: : : : /`: :ーtr - 、


848 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:29:28 ID:bX3D4XR2

―― 軍人王フリードリッヒ・ヴィルヘルム一世 ――

                               弋|  _丶 1, !l、lリ   _ / ....,    ;.!
                               /土 ‐ーll\ ゙ヘ  /」 ( ◎)  ,ノワ
   大王の父。                      ..`ヾゞハ-ヾnt l_ ゙Y''' : l;__............r;ニノ ┌
                               │ │ 《φゞ.. `丁弋 ニ `-- 、  'ヘ:
   先王が傾けたプロイセン財政を再建し、    │  |ゝ..丿l'ノl‐ !'_  r { ;ー-―-t;"
                                  │,,,..ハ| 1  !  '「 `l 1    ゙1  |
   常備軍を倍増してもなお破綻しない            |! - 「│ |    ,.j-..,,   丶.._
                               {    t、  l │  / ___,/ `''ャ、 ヽ
   統治体制を築き上げることに心血を       │    "゙ー、j  `1_l´ ,/ノ′  l′ >
                               丶      丶----ャ'' ヘ,r    _ '  /
   注いだ偉大なる「内政王」。             `ー 、      `ゝ;l!っ--'" ,,,..ここニニ」
                                   `ー、    1|t l !エエ..工エ!-‐--
   後代に黒字財政を残した絶対君主は            ゙l    ノl│∥ _,,..-----―
                                      !   l!´│r~~ゝ.
   彼と彼の息子だけであったと言われる。           |,..-'"     ゙│ ! ヘ_
                                     l'ン"        ゝ !........ゝ、..,,


     ※このスレは、「やる夫テレジア」スレを全力でリスペクトしています。



849 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:30:27 ID:bX3D4XR2

                                        __           _
                                       /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                      ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
               な、なんかアレそうな人…      /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                    /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                    / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                    /{: : :´/ 丿 ヽ:i ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                    /: :!: : /イ─   ─  :i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                   /: : :.!:./:::|  ′  u   |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                  /: : : :|V |:::ト,. △    .イ: |≦-,__',: : : : : : : ヽ
                                 /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                                 /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
                                /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___        いやまあ、間違いなく変人なんだけどさ、
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<        ・権力の一元化
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i      ・財政の健全化
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|      ・軍備の増強
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ       を成し遂げた辺り、間違いなく名君でもある。
      │「ィ::ニE7 l
      └l´::::/ヽト
        |::::|´  ̄`i         こいつがいなきゃ大王は大王じゃなかった。
        |::::|     |j


852 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:31:28 ID:bX3D4XR2

                                                  _   _,
                                                ___,> Y´'ー-、
                  大王とこの親父の関係は色々と         _>z二_ ___`ー≧__
                                               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                  複雑なんだけど…               /        ヽ `Y′之>
                                        .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                  とりあえず行政手腕に関しては       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                            |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                  尊敬してたみたいだね。             `|   ヽ    「)'/|/
                                              ヽ、_  ―  _,.ィT/
                 「臣下が提出した書類の余白に指示を      / Eニ::ィ -、 |
                                              /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                 書いて返す」という親父の行政手法も      /:::/へ ヘ/::::/:::
                                             /:::::\ ヾミ::::/|:::
                 そっくりそのまま受け継いでる。         (;;;;/| \;;;;ノ/:::

                __  _
  _,...._rzュ_,. -:z: : : : : :-.、 {//},:'´: : :`ヽ
,.イ: : : ///: : : : : : : : : : : : :.{//}: : : : : : : ヽ
: : : : :ムイ: : : : : : : : :..: : :ヽ:.:{//}: : : : : : : : :.   だからできる夫さんが、行政を考慮しない
: : : :/: : : : : : : :.i: : : : : : : :ヽヾ∧: : : : : : : :
: : :/: : : i: : : : : :ト、:_:_: : : : : :.Ⅵi∧: : : : : : :    わけがないと。
: :..′: :..:ト、: : : : | ヽ: : : : : : :.l}}ヘ/〉: : : : : :
: : i:./i: :..:|´ヽ: : :.:、 f'笊ミx: : : lミ}/¨ヽ: : : : :   行政重視は父親譲りなわけですね。
: :.j/: l:..: :{ xzュ、ーヾ:、弋:ソ i:|:..:|リ    ヽ: : :
:/: :八:.从{弋:::}        从:/      ヽ: :
: : : / ヾ: ヽ ´  `      /|′      丶
: : /    `ヾゝ   t フ  イ :|rt
:../        ≧__-く  ,'イヽ
/        __rf{ハ:{: r<: : : : /7-‐ 、
      Y´ rf:{{:.r=く}}: : : :xf/     ヽ


853 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:32:41 ID:bX3D4XR2
         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二zく_     大王本人も、行政家として名君の部類だしね。
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \   産業の育成に関しても後で述べてるし。
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|  大王的には外せない部分だったんだろうと思うよ。
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`
                                                   _
                                            _ ,. : :':´: : : : : `: : xュく⌒ヽ
                                          _///イ: : : : : : : : : : : : : : ヾヽヽ: :ヽ
                                        ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
            その辺りのデメリットを考慮して、       .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ_: : : : : :、:__:///:..:
                                       : : :〈〈fi: : : : : |-ヽ: : :..|´ 丶: :..: :i}}}}// : : :
            「移住するメリットに釣り合わない」     .: : : :`¨!:、: : : :|  ヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : :
                                       i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: :
            なわけですね。                 |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : :
                                       |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `_  ノ /:/  |: : :..: :
                                       |: : : : く/////ヾ:ゝ      /;/   : : : : : :
            「首都」は行政・経済の中心ですから。    |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :
                                       : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : :
                                      ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: :


854 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:33:17 ID:bX3D4XR2
      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二zく_        さて、次。
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \      「屯田兵を送り込む」という政策が、
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l     やる夫がオススメするもう一つのやり方。
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1    ,    |
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ          東洋だと、武帝や曹操、大日本帝国が、
     │「ィ::ニE7 l
      └l´:::::::,r'r ==ミ!r ァ7     その類の政策を取った歴史がある。
       !:::::|´ |!    /7 /
       l::::::-ァ⌒}   / / /^}
       ヽー' ̄ ―-L∠/ ´                            __           _
                                             /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                            ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                          /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                 できる夫さんは穏やかーに、       /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                         / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                 かつ全力で駄目出ししてましたね…    /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                         /: :!: : /イ○     ○ i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                         /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                        /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                                       /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                                      /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
                                      /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、


856 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:34:04 ID:bX3D4XR2

                                              _>z二_ ___`ー≧__
                やる夫自身も、色々な策を合わせて          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                            /        ヽ `Y′之>
                実行する必要性は分かってたんだけど…   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                            l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                           |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                 それでも屯田兵に過剰な期待を         `|   ヽ    「)'/|/
                                              ヽ、_  ―  _,.ィT/
                 抱いていたのは事実だと思うなぁ…        / Eニ::ィ -、 |
                                              /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                                             /:::/へ ヘ/::::/:::
                                             /:::::\ ヾミ::::/|:::
 {三ニ≧ュ、: : : : : :i: : : : : :i: :寸
 |ミ/⌒寸}}: : : : :.:ト、: : : :.:ト、: :ヽ
 |,/: : : ///: : :i: :/ ‘,:.:/zxi: /:}
. /: : : //∧ : : |:/xf斧j:./ ヒリj/:八   大日本帝国も、屯田兵に北海道防衛を丸投げ
/: : : :,{三ミ∧:.:.|{弋::リ /  、 i/: i
: : : : :トミ三心:.ゝ     _ /.:.:.:|    したわけじゃないですしね。
: : : : :|  `¨¨¨Y__≧   _, ′ : |
: : : : :|    /: : : : `:く : : : : : :.:|
: : : : :|     /=≠:'⌒>- 、:.: : :.:|
: : : : :|  f´: : : : : :/     Y: : :|
: : : : :|  {! : : : : : {       |: : :.|
: : : : :|  |{ : : : : :.‘、ヽ    |: : :.|


857 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:36:02 ID:bX3D4XR2
        ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二zく_      というかやる夫が言う「ローマの屯田兵」って
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \    結構事情が複雑でさ…
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l    まあ、この場では細かい事は説明しないけど、
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |      少なくともやる夫が言うような、防衛を主目的と
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃       した様なものでなかったのは確か。
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/
                                         __           _
                                        /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                       ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
             できる夫さん的には、「そもそも     /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                     /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
             そんなもの全く必要ない」って      / /: : : 」_ ヽ: ::|ヽ_:_:: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                     /{: : :´/ _` ヽ::i´ \`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
             感じでたけど。               /: :!: : /イ{゜:i ヽiイiテヾ: : :i::::|:ヘ: : : : : : ヽ
                                    /: : :.!:./:::代ソ   弋::ソ}|ヽ:|∠ |: : : : : : :ヽ
                                   /: : : :|V |:::ト,  、_  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                                  /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                                  /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、


858 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:37:03 ID:bX3D4XR2
                                                         _   _,
                                                      ___,> Y´'ー-、
                                                     _>z二_ ___`ー≧__
                     やる夫ってさ、常備軍というか職業軍人を       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                                    /        ヽ `Y′之>
                     嫌い抜いているのよ。               .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                                   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                     ローマが滅んだのは職業軍人が出てきたせい、 |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                                     `|   ヽ    「)'/|/
                     くらいの事を、別著『戦術論』で言ってる。        ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                                       l 7Eニ::ィ1│
                                                      └l´::::/ヽト
                                                        |::::|´  ̄`i
  __ ///: :.: : :.:/|: : :i: : : : : :.:|: : : : : : : :.V∧
 /: :/// : : : : ;' |: : :|: : : : : :.:ト、:: : : : : : : V∧
./: :.{//!.:.: : : :.′ !.:.:.:|: :.: : : : :| ヽ: : : : : : :}/
′:.:{//}: : : : :i  、:.:.:ト、: :.: : :.:|__ヽ: : : : :.:}/      そりゃまた極端な。
: : :.:{//} : : : i:|´ ̄ ヽ:! ヽ: : :.:|   `Y: : : :.}/
:.: : :{//}.:.: :.:从y'斧ミx   ヽ: |イ斧ミx!: : : :八
: : :.:`¨´:Y^j/:.{ 弋::ソ    ヾ弋::ソ |: : :/ : :
: : : : : : :.ト、ヾ:.|  ,,,,,,,    :!   ,,,,, 厶イ: : : :
: : : : : : :.| `¨:.         _ ι/ |.: : : :
: : : : : : :.|   丶    ー=ニ ´ ' /   !: : :
.: : : : : : :|       >   __  イ     !: : : :
: : : : : :.|        r‐┤     :|;‐‐、   、.: : :
.: : : : : : :|        |: :` ーt_r‐ ´: : :.}   ヽ: :
: : : : : : :.|  ,,: :´:.:|: : : :j.}__{{: : : : /`: :ーtr


865 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:40:06 ID:eI7J/d3U
>>858
傭兵が嫌いで常備軍は好きじゃなかったっけ?

>>865
やる夫はまず、「戦争の技術で飯を食う」ということに関して否定的です。
それは戦争そのものを求める事に繋がる→平和を乱す、という論法なので。

故に「戦争はあくまで身を守る手段であり、飯の種は別にある」という存在が
やる夫の理想となります。
故に「半農半兵」なのです。



863 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:38:43 ID:bX3D4XR2

      ,_   _
    、-ー'`Y <,___      やる夫にとっての理想の軍隊って「半農半兵の市民軍」
 __≦ー`___ _二zく_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     だからね。士気が高くて費用も抑えられる+日々の糧を
<之′Y´         \
  >{  ,' {/寸寸T ハT7 ゙i   得るための戦争を必要としない、というのがウリらしいけど。
 | !、{   | (●) (●)7,ルリ
 ′J゙i, ゙i(1     '   |
     ゙i|゙iハ   ―   ノ     「お前、それ共和制ローマの重装歩兵の焼き直しじゃん」
    ゙iTィ.,ゝ...  ,イ
     │「ィ::ニE7l´      と言わざるを得ない。まあ当時で、やる夫が大嫌いな
     └l´::::,r'\ト:::|
       |::::|´  ̄`i:::|      傭兵を避けようと思うとそれしかないんだけどさ。
       |::::|     |:::|

                                            ,. ‐: : : : : : : : ‐. {// ///}∧
                                    _    ,.ィ:´: : : : : : : : : : : : : {/ ////}/`:ヽ、
                                   ///t≧,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ∨//}{: : : : : `
                                   f///}//: : :..i: : : : : : ト、:/:`: : : : : :.∨∨/∧: : : :
              できる夫さん、というか       {///}/: :/:..:.|: : : :..: :.| \: : : : : : : : :∨∨//へ: :
                                   {///}i: / : : ;|-: :..: : :.|   `ヽ:_: : :i: : : `寸彡′ \
              プロイセン軍は違ったと?     {////:/ : : | \:..: :.:|   xfチミ㍉:!: : : :l: : l
                           .        {/彡ィi/: :..: :| __`ヽ:.{   "弋:ツ l: : :./}}:.,′
                                  /: :ゞ=i; :..: :..i:| f{ f:㍉`    ,,,,,, |: :///|′
                                 /: : : : 八: : :..从、 弋:ソ       ムイ///}
                           .     /: : : : /  ヾ: :iヾ:_:ハ ,,, `       /ゞ彡'
                                /.: : : : :′  ヾ{ V/jヽ   r_,   イ |_
                           .    / : : : : :′    ` ゞ=-'>   __, イ  /: : :}
                              /: : : : : :i            ,.-r‐‐:|_/: : : : :ヽ    ___
                              ,: : : : : : :.|          ___ /: :.|: :./:}: : : : : : : r‐‐`¨´


879 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:49:07 ID:10L/BmUA
ローマが職業軍人を始めたのは前1世紀で、確かにマリウスとスッラの内戦の元になったけど
滅ぶのは5世紀のうえに、最盛期が2世紀の五賢帝だからやる夫の基準はおかしいw
アウグストゥスの政治体制は複雑ゆえ語りにくいが、ローマが最強になったのはこのハイパー名君のおかげだ。


885 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:52:10 ID:0YOi3k.A
>>879
「共和制」ローマの滅亡と考えればそうおかしくないと思うんだやる夫の価値観からいって


866 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:40:08 ID:QqgmBSFg
職業軍人を抑えられない政治家の無能を嘆くべきだと思うがw


867 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:41:31 ID:I6/fLJYA
プロイセン軍は市民…というか国民軍でありながらずば抜けた士気と錬度を持つチート軍隊

>>867
後の章で出てきますが、できる夫当時のプロイセン軍は徴兵と傭兵のミックスです。



868 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:42:25 ID:bX3D4XR2

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___       大王の時代でも平時に帰農したりはしてたんだけど…
  __≦ー`___ _二zく_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     でもそれは「半農半兵」を理想としたわけではなく、
 <之′Y´/        \
   >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i   地域経済への影響や、軍人に払う給料を考慮しての
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|   ことなわけ。
     ゙i|゙i'(1    ' /,〉.|
     ゙iTィ.,_   /´ ./ノ
      │「ィ:/,二ニソ     プロイセンの場合この偏執的軍オタが苦闘の末、
      └l´:/  ,-― 、}
       /::ィ   ノーヘJ     ある種の徴兵システムを構築した。
         ;/l  _,イ{  i::、
      /:::::::-::-:i    |:::\   カントン制度っていうんだけど、まあ詳しくは説明しない。



     彡彡 ' 二 ニニ 、, ニニ 二` ミミミミ  ←偏執的軍オタ
      彡,'´z===≡)  i f≡==zミミミミ
      |川=- _━-、.:,'}.:..,'´ , -━、_= lミミl|
     |l川´, '´', '二: | :| ::=≡ミヾ ||川 |
     |l|frヽ、..::: , :>.:}:.{:..、::..  :. ../ヽ川      かつてオラニエ公はこう仰られた…
    川ヽ_l :ヽ:::r_‐ゝ(._.) ┘-、:::Y::(l ノ川
    川|川:|l::.:} 〈- トェェェェェイ.ソ { ::l川川
   彡彡彡'´ヽ、::rゝfT_┬_イソ、:: >ィ|\ミミ、
  彡' >'´   ! | |`ヽ( ,'´ | 「ヽ >'´ /|  | ヽ┬ 、
' ´/  l     | |ヽ ..;`ー -‐ '´  ,'/ l  |    l   `丶、
  l   l     l ヽ ::::... ヽ ::::. ソ  /│  l    〉
  |  |      \\:: ヽ l:::: ::ノ..:://  /   /


869 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:42:53 ID:bX3D4XR2

          ヘハ..,, ニー 、} 」'´ rlf゙′  /' ノ‐ ̄ ̄ヌニ! _,, !|i!'´    ,.r 1 ゛
          弋|  _丶 1, !l、lリ   _ / ....,    ;.! t   ||| ー‐‐'′ 」 ュ'    訓
          /土 ‐ーll\ ゙ヘ  /」 ( ◎)  ,ノワ ||  |l.j ____,/''´   |::.
           ..`ヾゞハ-ヾnt l_ ゙Y''' : l;__............r;ニノ ┌   ffー...... -丶--nノ    練
     し     │ │ 《φゞ.. `丁弋 ニ `-- 、  'ヘ:  /ソ   -‐‐'''' / _.
     か      │  |ゝ..丿l'ノl‐ !'_  r { ;ー-―-t;"   /丿     ノ'ニ..-"   を
     ら       │,,,..ハ| 1  !  '「 `l 1    ゙1  | ィ_____,..y____
     ず          |! - 「│ |    ,.j-..,,   丶.._ |.j    ,/ l'′      !
     ん     {    t、  l │  / ___,/ `''ャ、 ヽ| !゛ ''ヾ{   ゙ー..,,
     ば     │    "゙ー、j  `1_l´ ,/ノ′  l′ > 、||\      ゙''t、ノl
     死     丶      丶----ャ'' ヘ,r    _ '  /tl.  ヽ
     を      `ー 、      `ゝ;l!っ--'" ,,,..ここニニ」lll)! 、 `ー
     !        `ー、    1|t l !エエ..工エ!-‐--||/゙fl \      \_,l'
                ゙l    ノl│∥ _,,..-----―-r'`'1 ゙ーヘ ││ / 、
                 !   l!´│r~~ゝ.        `‐「  ノ | l゙ゞ \ ヘ
                 |,..-'"     ゙│ ! ヘ_    ,,, | ] _/''´ . ,/ tj
                l'ン"        ゝ !........ゝ、..,,_ ├'"''゙゙ -__,..llゞ  ./゙


870 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:43:10 ID:bX3D4XR2

       ,, r一-- 、 ,,
     /´         ``ヽ、
   /'               \          ―― オラニエ公マウリッツ ――
  ,;'                  ヽ
 ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
 イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ   「オランダの父」オラニエ公ウィレムの息子
 レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
  ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|    父は優れた政才の持ち主だったが、
   `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
    `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"      彼は優れた軍才の持ち主であった。
      レ',`'';  i     , `'' / /
       ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./         傭兵軍にマニュアル化された反復訓練を
       ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
      ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i           施し、きちんと給料を払う事により、
    ,;く、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
   /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、           優れた紀律を持つ軍隊を作る手法を確立。
  //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
  ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',          某北方の獅子王やプロイセン軍といった
  イ i      /' \ヽ.:i_,,_|:ii .{
 ,' ヘ      、   ハヾ',|ソ,'/i ヽ ノ,ゝ;;     重篤な訓練オタを生み出した元凶でもある。
 '' ̄',      ',   i ヾ`,〃 》 ,イ、  ̄
       (言って無い…)           父親に比べて陰が薄い。もっと褒めてあげて。


873 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:45:32 ID:0YOi3k.A
マウリッツはキョンが来るかと思ってました

>>873
キョンは親父のウィレムで使ったので。



871 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:44:16 ID:bX3D4XR2

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__      フリードリッヒ・ヴィルヘルム一世は軍隊の給料を
   _≦―'´__ _二zく_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<      確保する為に、内政に心血を注ぎ、
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ   予備役の人間の裁判権を領主ではなく
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|   軍に持たせるなどして、とにかく「軍人という社会層」
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ      を作る事に腐心した。
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`       無論、訓練もガッツリやったよ(※)。

                                           __           _
                                          /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                         ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
              平時は農作業など、という半農半兵兵の /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
                                       /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
              考え方とはまるっきり正反対ですね。  / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                       /{: : : / ⌒ ヽ:i⌒\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                       /: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                      /: : :.!:./:::|  ´      |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                     /: : : :|V |:::ト,  O    .イ: |≦- ',: : : : : : : :ヽ
                                    /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|⌒!  ',: : : : : : : : `、
                                    /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i  i   ',: : : : : : : : ::`、
                                   /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i   ',: : : : : : : : : :`、


※やる夫も、兵士に定期的な訓練を施す重要性は指摘していた。


872 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:45:09 ID:bX3D4XR2
                ,_   _
           、-ー'`Y <,___      大王自身も
      r-、 __≦ー`___ _二zく_
    /て ) > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<    「軍人は国家と人々の生活を守る、
   ( _ノ  <之′Y´/        \
    ゝ、 〈 >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i  最も名誉ある職業!
   ./ ハ::::ヽ|.!.、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
   /〃 ヘ::::ヽJ゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|  でもその代わり、一番ガッツリ教育される
   i !   \::::::゙i|゙i'(1 ,,,   ,  ,,, |
   丶丶   _ >゙iTィ.,_   ―   _ノ     必要があるし、最も紀律ある集団じゃないと
      ゝ'´-::、_::::::y-、::::::/ヽ7:::::::\
    〈::::::::::::::::: ̄  う ´  ̄ ̄`i、::::::ヽ   いけないんだけどな!」
      `ー― ¬、__ノ      j >:::::/
           /      r'^ヽ'´:::/    というスタンスだったしね。

                                    ./: :.{//!.:.: : : :.′ !.:.:.:|: :.: : : : :| ヽ: : : : : : :}//}: : :
                                    ′:.:{//}: : : : :i  、:.:.:ト、: :.: : :.:|__ヽ: : : : :.:}//}: : :
                                    : : :.:{//} : : : i:|´ ̄ ヽ:! ヽ: : :.:|   `Y: : : :.}//}: : :
                       親子だなぁ       :.: : :{//}.:.: :.:从y'斧ミx   ヽ: |イ斧ミx!: : : :八:´: : :
                                    : : :.:`¨´:Y^j/:.{ 弋::ソ    ヾ弋::ソ |: : :/ : : : : : :
                       なんていうか      : : : : : : :.ト、ヾ:.|  ,,,,,,,    :!   ,,,,, 厶イ: : : : : : : :
                                    : : : : : : :.| `¨:.         _ ι/ |.: : : : : : : :
                       親子だなぁ       : : : : : : :.|   丶    ー=ニ ´ ' /   !: : : : : : : :
                                    .: : : : : : :|       >   __  イ     !: : : : : : : :
                                    : : : : : : :.|        r‐┤     :|;‐‐、   、.: : : : : : :
                                    .: : : : : : :|        |: :` ーt_r‐ ´: : :.}   ヽ: : : : : :


874 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:46:48 ID:bX3D4XR2
                                                        _   _,
                                                     ___,> Y´'ー-、
                    あと、移民によって本国の人間が減ることも、     _>z二_ ___`ー≧__
                                                    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                    大王の懸念だったみたいだね。            /        ヽ `Y′之>
                                                .  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                    人が流れ出ると産業構造が崩れるから。    . l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                                  |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                                    `|   ヽ    「)'/|/
                    「国力=人口」は大王の信念の一つな。          ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                                      l 7Eニ::ィ1│
                                                      └l´::::/ヽト
                                                       |::::|´  ̄`i
                                                       |::::|     |j

     r{///},.ィ: : : : : ;.-、: : : `:{////}: : ̄:}
     ,: ∨/:..: :i : : 、: : : : :ヽ: : :.Ⅷ//i}:..: :..:|    かといって少数では意味が無い…
     /: : :/: :..: :|: : : :ヽ:_;.ィ:ヽ: : Ⅷ//}: : : :|
    /: : : ; :..: :./|:i: : : :`ト、:_: : : '; : Ⅷ//}..: : :.    じゃあ、「最初からやらなくても
   /: : : :.i: : : :i 从ヽ: :.i:|´ヽ: : : :.VxⅧ/i}: : : :ヽ
  /: : : : :.{: : : xf㍉ `ヾ{'笊ミx: : :.i三}//}: : : : :   いいんじゃないの?」
  /: : : : : /ヽ: :.{弋ソ    弋::ソ }: :..|三} ̄ヽ: : : :
/: : : : : /  iヾゝ  ,       ノイ: :|jリ   V: :    そういう帰結なわけですね。
.: : : : : :/   从ヘ  、       j;ノ¨´    V: :
: : : : :/        丶      ィ´|ヾゝ      : :
.: :../           `r <  __:|-. 、       i:    それよりも常備軍、と。
./          ,.ィ|_, ィ:´: : : : :/       |:
            f'r'´: : : : : : : _}        |:


876 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:48:20 ID:I6/fLJYA

人口は国力を形成する重要な要素だが
適切な資本ストックと組み合わせないと、ただの無職です


875 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:48:00 ID:bX3D4XR2
      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二zく_        最後。
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \      「周辺小国の庇護者になる」だけど…
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l     これに対する大王の批判って、本文だと
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1    ,    |        ちょっと微妙なんだよね。
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ
     │「ィ::ニE7 l
      └l´:::::::,r'r ==ミ!r ァ7
       !:::::|´ |!    /7 /
       l::::::-ァ⌒}   / / /^}
       ヽー' ̄ ―-L∠/ ´

                         ,.:´: :///: : : i: : : : : 、: : : : : : ヽ: :ヾヽヽ: ヘ
                         .: : :.///: : : :..ト、: : : : :iヽ、: : : : :、:__:///:..: :.
                         : : :〈〈fi: : : : : | .ヽ: : :..|ヽ_丶: :..: :i}}}}// : : : :
                        .: : : :`¨!:、: : : :| _ノヽ: :| xf笊ミ: :l:.l}}}/..: : : : :i
       と言うと?           i: : : : :.从ヽ: : xf:㍉ ヾ ' 弋::ソ从{ソ: : :..: : : |
                        |: : : : :r'くヽ:.从弋::ソ       ,: } i: : : : : : |
                        |: : : : :{ヽ _ノヽ: ヽ  `     /:/  |: : :..: : :.|
                        |: : : : く/////ヾ:ゝ  -‐ /;/   : : : : : : :
                         |: : : : : {//////∧ ≧r ´ |_′   !: : : : : :∧
                         : : : : : : Ⅷ/////iハ {:≧t≦´: :i    : : : : : : :.∧
                         ′: : : :.,j////////i}: :{:::::::〉: : :.`>t_, -‐‐ 、: : :..:ヽ
                       ,: : : : : :..{ `ヾミ/////i}: :|_:_/}}: : /∧ヘ    : : : : :


877 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:48:21 ID:bX3D4XR2

                                                  _>z二_ ___`ー≧__
                   大王はやる夫の言い分を                  >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                                /        ヽ `Y′之>
                   「各国を保護すると同時に、            /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }く
                                                l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                    お互いに協力させないようにする」        |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                                  `|   ヽ    「)'/|/
                    という意味に取っているけど…            ヽ、_  ―  _,.ィT/
                                                   / Eニ::ィ -、 |
                   やる夫は精々「小国達に大きな権限を        /::::;/ ヽ:::/:::/'::
                                                 /:::/へ ヘ/::::/:::
                    与えないようにする」としか言ってないのよ。   /:::::\ ヾミ::::/|:::


         /^>》, -―‐‐<^}
       /:::::::/,≠´:::::;::::::::ヽ.     うーん、何ていうか
.      /:::::::〃:::::::::/}::::丿ハ
     /:::::::::i{l|:::::/ ノ/ }::::::}    「そんな極端な事まで言ってない」
      /:::::::::::瓜イ-‐ ´ ‐ ,':::::ノ
.     /:::::::::::::|ノヘ.{、 ( フ_ノノイ     って感じですね。
   /:::::::::::::::| /}`不´} ::::::::


878 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:49:00 ID:bX3D4XR2
     ,_   _
   、-ー'`Y <,___         やる夫のことだからどーせ内心じゃ
__≦ー`___ _二zく_
> 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<        それくらいの事は考えていたんだろうけど…
之′Y(ヽ三/) ))   \三/) )
..>{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))
| !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l     でも、勝手に拡大解釈して批判するのは
′J゙i, ゙i ゙.|::::|●) (●)| ハ|
   ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/      ちとどうかね?と思うわけ。
   ゙iTィ|::::| ―   _ノ/
    │|::::|::ニE7,:::::/        ま、やる夫憎しでたまに筆が滑るのが、
    └K:::゙,r'\ト:::/
      l::::,´  ̄`Y.         大王のチャームポイントではある。
      i:/     |
                                       __           _
                                      /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                                     ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                                   /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
           やっぱテンション上げすぎ…       /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                                  / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                                   /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                                   /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                                  /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                                 /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                                /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                                /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
                               /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、


880 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:49:24 ID:bX3D4XR2
         _   _,
      ___,> Y´'ー-、    .,r'´ ̄ ̄`゛''‐ 、
     _>z二_ ___`ー≧_ , ' .        \   だ か ら、
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 ,'    /         `i
    /        ヽ `Y′(,  /          ',  いい加減に平易な現代語訳の
.   /  ,  l、 、 , 、 |    r'¨ ̄`゛''‐ /      }
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  .|! ィ.,_    }    /   }  『反やる夫論』が出てもいいと
   |ハ |(●) (●) / / ,/\‐ ̄ ̄ィ. ,__/   ./
     `|   ヽ    「)'/|/::::::::\.`゛''‐ミ_ー^ー`     思いませんか?
     ヽ、_  ―  _,.ィT/:::::::::::::::::: ̄ ̄/
       /::::/\:::::::::::::::;;;>--ー''  ̄
      /::::く  ̄ \::::::::::/ ―' ン、
    /::::::/`' 、  ⌒ `´     }
   /::::::/   .冫        ---〈
   ミ_ ゞ    / |   \   _/

                                __           _
                               /iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
                              ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ\
                             /::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ//
   ここで言う事じゃないでしょ…        /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
                            / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
                             /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
                            /: :!: : /イ○     ○ i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
                           /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : : :ヽ
                          /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : : : :ヽ
                          /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : : : : : `、
                         /: : : : ,'    /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : : : : : ::`、
                        /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : : : : : : :`、


881 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:49:47 ID:bX3D4XR2

. .         ,〃 ' ,ハj ,}リ   j
/   ,/  // / /  _} ,从_ ,,ノ}       長瀬鳳輔訳 『君主経国策批判』 は
  /  ∠/ / /   '7/^弋_ ,ノj|
/ /_/__,,ノ}/  ,ノ乏式,j   ,リ         このスレの基本テキストでもあるのですが、
../_y彡j'うj^′    '弋j}_, {__,ノ′ .
  弐^'弋ツ   、   ¬^ ∨     .    時代が時代なので、もう少し平易で注釈が
   ´^'冖^`   i \__ ' ' ' i、__,
   ' ' ' '       |  , /    j_ノ       豊富な訳本が欲しいものです。
..、                    厂´
ヽ\___,       _,ノう   ′
ミ__,乙´      ⌒¨´   /           日本語で、できる夫さんの『政治遺言』などが
_,、          ¨´  /
弋_,             ′             読める点では大変貴重なのですけれどね。
く_      _ _____ ..,,く,__,.ノ
iト ミ 、_   ,//  i{、__彡′           今では無料で読めますし。
j,   `  ミy' /※  弋フ′   . '⌒ヽ,
ノ}  ※==={={彡' ※   マj__ __,/  /  'く⌒丶、


882 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:50:19 ID:bX3D4XR2








                    ――― 第四章へ続く ―――







.


884 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:51:26 ID:bX3D4XR2
    __
 〃´  `ヽ     投下終了!
 、リノノ`ヽ)
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ    ちょっと忙しくなるので、次の投下は2~3週間後になりそう。
  /ニニ入


886 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:53:11 ID:0YOi3k.A


しかしなんだね、ここでやる夫を批判している大王の言説って
そのまま後々の自分に跳ね返っているような気がしてならないのよw



889 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 21:55:23 ID:I6/fLJYA
個人的にまず思うのは、旧支配者を根絶やしにする事への反論が弱いなー、という事
旧支配者の血統を残して反乱の元になった例は多々あるが、その逆って聞いた事無いし
まあ、欧州は王家総親戚状態だから、アレなのかもしれないけど
普遍的には、根切りが合理的なんじゃないかな、やっぱり


894 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/22(日) 21:58:09 ID:bX3D4XR2

    __       ちなみにやる夫が評価している「ローマ」とは、「グラックス兄弟以前のローマ共和国」と、
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     「五賢帝時代のローマ帝国」です。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入      『政略論』を読めば、この辺はかなり明確に書いてあります。

903 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:16:31 ID:10L/BmUA
乙です。
>>894
確かに内乱の一世紀からトラヤヌス即位までボロクソに言う史観があったんだよね。
特にタキトゥスなんかとにかく欠点を担いでボロクソに書くw
まあ歴史家と呼ばれる人が元老院議員なので、共和制はとにかく良かったの連呼で終始する。

実際アウグストゥスからは68年の内戦の時期を除けば終始安定していたのに、
ヴェスパシアヌスはコロセウムを造った人なのに、吝嗇扱いだし。


896 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:02:37 ID:QqgmBSFg

他国の王様が継承権主張して戦争ってのがよくある欧州だと根切りって不可能な気がする
それともイタリアだと違うのか?



898 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:03:25 ID:cucBpS5s

「領民が諸手を挙げて迎え入れるほどの元領主様」じゃなくなっちゃうでしょ>他国の王様


901 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:10:11 ID:I6/fLJYA
屯田兵云々は、やる夫がローマ厨&傭兵嫌い&経費が安いってのであえて屯田兵にしてるだけで
主目的は殖民だと思うんだよね。新領土なり植民地に住み込む人々ってのは結構いるし
人口の増加に合わせて、段階的に殖民する、というのがベターじゃないかな


904 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:20:48 ID:bX3D4XR2
    __       >>901
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     ローマの植民政策は、単純に「ローマ市民に新しい農地を与える」ということだけでなく、
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
    その新しい植民都市をどの様に選挙区に組み込むか、などということが関わる、
  /ニニ入      高度な政治問題でもあるのですよ。

            めんどくさいし本題から外れるのでこのスレでは言及しないけれど、興味がある人は
            『ローマ帝国論』  弓削 達 著
            などを読んでみるといいかも。

            ばっちゃは、「支配階級としての元老院」の描き方に関してはイマイチ手ぬるいので。


902 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:12:09 ID:jTN.DSp.
やるベリの理想の統治体制ってローマ的ってか
兎に角民族に合った体制を選択して早くイタリア統一してくれってことじゃね?


907 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:35:07 ID:10L/BmUA
マキャベリがローマ共和制マンセーと同様
塩野のばっちゃは「カエサルはあたしの恋人」とイタイこと言うお方ですから、
元老院をディスるんですよ、ポエニ戦争の勝利は元老院体制が完全だったから勝利できたのにね。

共和制で優れていたのはヴェネツィアだけど、マキャベリは嫌っている
つーかキリスト教国に全部嫌われる。


910 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 22:58:43 ID:D9QfqqeI
塩ばぁさんの本を読んでて、やるベリさんが常備軍嫌いなのは、
マリウスが従来のローマ軍制を崩したせいで、
最終的に共和国が壊れちゃったYOっていうノリなのかと思ってたぜ~
半農半兵市民軍とか、どんだけマリウス前の共和国にどれだけ戻したいのかとw


914 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:04:45 ID:bX3D4XR2
    __       >>907
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     ばっちゃは元老院肯定派だと思いますよ。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ    寧ろ、元老院を綺麗に書きすぎているくらいだと思います。
  /ニニ入      そういう意味で「手ぬるい」。
        
            カエサル台頭の辺りも、「ポエニ戦争時はあんなに正しく機能していた元老院だけど、
            内乱の一世紀の間に時代に合わなくなっていたから、カエサルの様な人物が必要だった」
            って感じですし。

            例えば、ホルテンシウス法は貴族・平民間の争いを一段落させた法ではあります。
            が、見方を変えれば、貴族階級に匹敵する財を得た裕福な平民をその他の平民から
            分離して自分達の仲間に取り込むという、いわば「平民分断策」ですので。
        
            ま、社会の実情に合わせただけ、とも言いますが。


915 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:08:13 ID:I6/fLJYA

現地住民を虐殺してから殖民すれば、新領土の現地住民との摩擦は無し
よっぽどの軍事力と余剰人口が無きゃ出来ない荒業だけどね
中国とかソ連とかなら、まあギリギリ出来るってレベル


921 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:31:49 ID:T3XEOTmA
>>915
嘘みたいだろ、ロシアって現在は日本と同じくらいしか人口ないんだぜ……
ソ連時代はずば抜けて多かったというわけでもなさそうなだけになぜあんな無茶ができたのか不思議でならぬ


917 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:19:06 ID:T3XEOTmA
乙ですー
旧支配者の根絶といえば中国!
何せ劉宋から現代に至るまでで根絶しなかったのは宋と清(そもそも清は皇族がほぼ全滅してから中華本土入りしたけど)と民国のみという


912 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:02:14 ID:U2bRDVrs
新支配地への移住ってのは難しいところですよね。
オスマンのコンスタンティノポリス移住とか北海道への屯田とか
移住先が過疎っていたり開拓の余地が充分あったりするなら有効だけど、
(東ローマ末期の帝都の人口は全盛期の1/10ぐらいだったらしい)
そういう余地の乏しい地域に移住すると摩擦の種になるから。

明治~大正の日本がソウルか釜山を首都にして
百万単位で移住とかしてたらえらい事になっただろうな。


913 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:04:09 ID:fCXzpk7s

乙です

おそらくというかやるベリが求める人間が成功しても崩壊も近いのかなぁと
できるードリヒは統一後まで見越した上でやるベリの無責任さに苛立っている
と、個人的には汲み取っている

何が言いたいかと言うとチェーザレがライトなのはいいチョイスだなと



918 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/22(日) 23:19:50 ID:XZpqX3OA

アメリカ合衆国は、やるベリのやり方で大国化に成功した国だと思う。北米大陸征服や、南米の扱いは、君主論的だし。
だから通説的な意味でのマキャベリズムで諸外国と外交しようとして、現在これだけ反発されているんじゃないかと。



929 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 05:15:39 ID:6by0zafE
乙です。

後はドイツ領域に関してはそれこそ三十年戦争の影響が大きいと思いますね。
ガチで悲惨な殺し合いを外国勢力入れてやったあげくの条約での終戦ですから。

グロティウスが影響を及ぼすようになったのも、
「こんな悲惨な戦争を繰り返すのはちょっと……」というのがありますから。

条約を表立って踏みにじるのはマズい、支配者の皆殺しとか一線を越えるようなことはやめよう、
滅ぼすまでやらずに、最後は条約で片付けよう。

ここらの基本路線が生まれて、それこそナポレオン戦争とかもこの路線で片付いてますし。
やはり、「時代が変わった」のでしょう。


930 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 10:20:35 ID:NVP3caPQ

大王の時代までチェーザレって有名だったんだな。

やる夫が褒めたからチェーザレの悪名は後世まで残ったのか、
チェーザレを褒めたからやる夫は有名になったのか、

そこら辺が謎だね。



932 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 11:55:22 ID:tu4ahZ1c
>>930
ボルジア家自体が有名だったからねぇ
ここの家はネタになるような話が満載だから困る


933 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 15:30:45 ID:178f35HE

そもそもマキャベリ自身時代に合致した政治を~って
繰り返し述べてんのに顔真っ赤にして反論する大王もどうかと思うw



934 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 15:42:57 ID:iJwk58VY

後出しジャンケンして僕スゴイでしょって言ってるだけだしな


935 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 15:55:57 ID:6by0zafE

>>934
学問や思想の批判ってのは多かれ少なかれそういうもんですよ。
過去の著作を後出しジャンケンで批判する。
それ自体を否定したら学問とかは成り立ちませんし。
例えば、ケインズだってフリードマンだって後出しジャンケンで僕スゴイでしょって言ってるだけです。

後は、批判する方とされる方のどっちが説得力有るかという話なだけで。




939 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 19:19:13 ID:9yyF0VW2
    __
 〃´  `ヽ     「時代の違い」ということに関しては、やる夫もできる夫もそれに対する考慮がないわけではありません。
 、リノノ`ヽ)
     が、現代ほど歴史学が発達しているわけではない状況では、
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ    その歴史観に偏りが生じてしまうのは致し方ないことではあります。
  /ニニ入
            というか、「現在の歴史観が不偏不党である」ということだって、必ずしも言えないですしね。
            特に時代が近くなれば。


940 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 19:40:44 ID:9yyF0VW2
    __       >>933
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)     「時代に合致した政治を」と言えば、全ての反論を避けられるわけでもありません。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
    それに、やる夫の主張の核は「時代に応じたやり方がある」ということではありませんので。
  /ニニ入      それとは別に、時代を通じて存在するであろう普遍的な政治原則を述べる、というのが、
            『君主論』『戦術論』『政略論』というやる夫三大著作において貫かれているスタンスです。

            故に、「どこまで普遍的か?」という問いかけは常に可能であり、現に、数多くの人によってなされてきました。
            できる夫はその一人でしかありません。


941 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 20:10:41 ID:FEJLRLnM
>>933
冷静に、穏やかに、大人げある態度の大王とか、大王じゃないやい!



942 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 21:04:39 ID:9yyF0VW2

                                       ____
                                     /     \
     私はいつも大人げがあるつもりですが…      / _,ノ  ⌒ \
                             .     /   (一)  (ー)   \
                             .      |        ´    ij  |
                                  \     ⊂つ     /
                                  /           \

  / ノ | : l: : : : /イ: : :/斗=ミト: / -}‐ 、|: /: : : : ヽ: : : l\|
  ,'    | : |:: : : : : |:/〃 f:゚j /  ァ=ミ|/: : : : : : :',: : :|
  |   /: ハ: : : ヾ:|  ヾ  ¨      f゚j } / : : : : ハ : j うちの子相手に「戦争も辞さない!」
  |  ,イ: : : _:`ト\: :\    ....      ¨ リ:/ : イ: :∧l: /
  |/ ∨:./⌒|: : :| ̄人 ヽヽ      ../イ< j:イ : ∨ ってブチ切れてた男がよく言うの(※)。
     ヾ{{ .|: : :| (0::)        │ │  | : : l
      \ム: :小         __    八: |  | : : |
         ヘ: :.ヽ \       `´ /l: : : |  | : : |  ファンもドン引きなの。
          \: \   、. __/ │: :│ / : :,
     r-=ニニ.土\:_ヽ_/____    /: : :/ /: : /
     ヽ __  ̄`ー──- ニ二≦:/ / :/
   / ̄    ¨二._       ∠、  '´

                                    / ̄ ̄ ̄\
                                   / ノ    ヽ \
     それはあれですよ。                /  (●)  (●) \
                                 |        ´      |
     ジャガイモ掘りがしたくなったんです。      \      ー=‐'   /
                                 ノ           \


※バイエルン継承戦争


943 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 21:10:37 ID:o2WJlT9M

ジャガイモ掘りなら仕方が無いw


944 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 21:23:18 ID:9yyF0VW2
      -‐=ニミヽ
.         |\ ヽ}/|      ∧          …私ね、ちゃんとバイエルンさんに
      . ' ¨ ̄ ̄¨ソ┴‐-  . { 〉 /|
    /'7´/7 、/ ,/∠_ `ヽ}//      「領地ください」って言ったんですよ。
      //// Χj/j/-‐ 〈  y‐、(二ミ:、
    jハ i/j/         } ./^ } }   }}    バイエルンのカールさんも「いいよ」って
 fヽ   {ツ  ○   ○    }/  / }  ノ'
. ゝ^\八 ''     ''' ,:=/  / 八       言ったから、喜んで向かったんです。
   \ { >'ゝ.  д   〃人__/」{  ヽ、
     Y´   ` . _ _/    人 ヽ 丶.   ……と思ったら、大王さんがいきなりマジギレした挙句、
    └‐くニ=ζο´〈 人   /   \ \ 丶
      く三彡'爪`´: : : :`T::i           ドイツ諸侯とイギリスとロシアに声をかけて

                           攻めてきました……どうして?



      は?バイエルンが欲しい、だ?                ____
                                       /     \
      舐めた口きいてんじゃねぇぞ?             /  _ノ;::::::::⌒ \
                                    / ;;;(◯)::::::(◯);;; \
      バイエルンじゃなくてママの              |      ,__´___ ⌒   |
                                     \      `ー'´     /
      おっぱいでもしゃぶってろ。               /          \


                   ――― まさに大王 ―――


945 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 22:05:27 ID:8zrZ6YQo

ひでぇwwwなんて野郎だwwww


946 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/23(月) 22:46:36 ID:/WKN.tro
つーか、大きな子供だな
ハンパに知識は蓄積してるが


951 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/24(火) 18:03:05 ID:2gIy0YiQ
>>946
ネットで煽られて顔真っ赤にID赤くして反論してる奴らとメンタリティ変わらないよねw
マキャベリも大王もw


949 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/24(火) 01:29:06 ID:i0Am87io
    __
 〃´  `ヽ     まあ、バイエルン継承戦争に関しては、「オーストリアが強大化するのはお断り」
 、リノノ`ヽ)
      という各国のリアリスティックな判断もあるわけです。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入
      七年戦争における「三枚のペチコートにフルボッコ」の印象が強い大王ですが、
            その治世を通して見るに、決して外交下手ではありません。
            むしろあれは、カウニッツの外交巧者っぷりを褒めるところでしょう。
            彼は間違いなく当時における欧州最高の外交官ですし。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1504.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13