以下の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1435.htmlより取得しました。


やる夫の君主論とできる夫の批判 番外編2 「『反マキャベリ論』は如何なる人間に書かれたか?」



同シリーズ

前説
第一章
CM
番外編1
第二章



386 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/11(水) 02:41:54 ID:eJf39DvA
    __
 〃´  `ヽ     『オスマン帝国500年の平和』を探していたら、ばっちゃの『やる夫語録』を見つけた。
 、リノノ`ヽ)
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ    ぱらぱらとめくっていて、「やっぱこの言葉かっけーな」と思った言葉を一つ。
  /ニニ入




             /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
           /: : :             \       ―――天国へ行くのに最も有効な方法は、
          /: : : :            \
        /: : : : : :               \              地獄へ行く道を熟知する事である―――
       / : : : : : : : .._         _    \
       |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
       |: : : ::;; ( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |
       |: : : : :  ´"''" ,      "''"´       l  r‐ ' _ノ
       \ : : : : . . (    j    )、     / _ ) (_
         .\: : :: : :.`ー-‐'´`ーく´ヽ   / (⊂ニニ⊃)
         /ヽ: : : : : : : : : : : : :\;;;),"´ \`二⊃ノ
        / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::\\ l| ((、 ̄
        イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::\,;;)ー'ノ }丶 、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿    !  ` 、


435 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:57:17 ID:bdDzZp5k

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                マキャベリ
                  『反やる夫論』は如何なる人間に書かれたか?

                   /  i      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   !   i!    /             \
                   ゙、 _,゙,  /      '´ ̄`   `―- |
          _          f´  i  |      ::;;(● )   (● )
         i `丶、       ト-' _〉 |        ´"''"  , "''"ヽ
          `、_  `,ー- 、___ノ ̄:::人ヽ       ┬ァ―- .._   |
           ` ー' 、_, ノ::::i  ``´   ヽ`Tー-- 、_  (    /   /
               冫ー'"   __/ i、 ヽ    `!`!  ̄ ̄  /
             _,ィ゙´ヽ  / ̄〃/  ヽ、!!   / i ヽ`ヽ´ィ
          _, - '´  `i_ノ   !  i i!/    /´`=-、i__i  ゝ-〈i ト、
      . ャ'´__,ノー弋〉-、i /   y´     i::::i´f    ) 人__ツi ヾi\
        `´     冫ヽ/〈__, -'ーァ-‐‐r'´T`亠‐r‐‐'゙i´ /:::::i`! i_i .\
            ./ ,イ_ -`ー‐‐'´  / ./    i!   i'´::::::::i!'ーく´   冫、
           ./ ノ´ `ー‐‐t‐‐--‐'´  /     ヽ  ト、____冫 /__  /  !
           `ー'´      ``ー--‐t'´、_       ヽ ヽ  ./ /  ``/  i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


437 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:57:34 ID:bdDzZp5k







     ―――啓蒙とは、人間が自らの未成年状態から抜け出る事である―――


                                     イマヌエル・カント







.

438 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:57:54 ID:bdDzZp5k


    ―――英語であればEnlightenmentという語の訳語が「啓蒙」であるが―――


                     ::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::
                     :::::::::::::::::::     ::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::::      :::::::::::::::::::
                     :::::::::::::::::        :::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::       ::::::ヒカリガー
                     ::::::::::::::: _,,..,,,,_,   ::::::::::::::
                     :::::::::::: / ,' 3  `ヽーっ :::::::::::::
                     :::::::::::. l   ⊃ ⌒_つ::::::::::::
                     :::::::::::. `'ー---‐'''''" .::::::::::::::::
                     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ―――それは「万物に理性の光を当てる」という様な意味合いである―――



439 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:58:27 ID:bdDzZp5k


      ―――それは神の言葉や、古代ローマ遺産の「権威」「伝統」ではなく―――


        `Y´   /    / /'r= /し) / }ノ x. ,ろ r ノl      '.   l
      |          .′     {/__ ..廴ム -┬――--<..__廴ノ|     |     _人_
  __ 人 __      !    ./´ ./ | イ  ∧:  l トヽ丶  |` ー‐ァ'  |      `Y´
     `Y´         }    / ./ i 斗‐|/‐ト./|′ヽ. |! |,斗 代: 下. 丶く.    |        |
      |         ノ   / .イ .:| ./   __,V ミ¨’ ヽ|ヘ{ _ ヽ 丶|}ハ }、 V  |     _ 人 _
           ..,/  /  | :∧{!           ′    从}ノ `}   !         `Y´
 _人_      /′     人{:..:ト >ァ=='^      ^`===ぐ' i{:.. 小    ト、        |
 `Y´     / ′    ∧、ハ:j xxxx     ,     xxxx }|:. {.∧   l \        -
      /   /    / ./i':..小.                  小 iト、.ヽ   .   丶
  !    '    /    //../ .i!/ l|7ヽ     iー―‐‐r      イ: |:. l|:.... ..丶  、   ヽ.
- + - /    /  / /../ ..:l|′l!...:il:\     、   ソ   .イ:l{:l:..l:. l|:...ハ... ヽ.      ヽ.
  !  /   / /  / /′..i|  l| .:ルくfミi  . `ー ´ . rく`Yト、!|从.. V....∧......\    ∧
   /    /    / /.{  ..l|  l|./   { ≧` ニニ ´ 彡 {ノ∧i:.....:.. V.......l!:......{ \   ハ
  .′    {     / .′..__|  l|′   丶   , -<_`ヽ./   ヽ.∧.. V:....|:.......l  ヽ、  |
  ノ     l     / , く´   |  ll      \/ , -<__\}      厂 :.. ヽ、}:.......|    } |
../      ∨  /./  ヽ.  |  lト、      / / /- 、 ヽ.ヽ    /  ヽ.  ヽヽ....V  /  {




            .::::/  .:イフ/{ヾ: : : : : : /ィ//: : : : : :./ /´:.イィ: ィ≡三ニ=ミ:. : : : : : :
          .::::'イ   /:/イ::. ヾ: : : : : /〃 :/: : :/: :/ /: :/ィ ,∠彡 ァ';ィ:/´  ̄ `ーァ:=:
       .::::'ィ√´  /::<::.       \: : :./: :./: /{: : /_:乂 ̄//   /:.ィ:./    .イ: : : :
       .::::/     /:::/ハ: :`ー- .. __`ーァ:x/: /:/:j{:./rャzx:.ヾ{;′   //.:′   /: : : : : :
     .:::::::/     //:.ヘ: : : : : : : : : : : : : :´:ハ:{: {::::X{ {! ん:圷ミ`  /′/ ____/:厶:ィ: : : :
     .:::::;    〃::::..   \: : : : : : : : : : : : : : :`: X1   弋r:::ハ      ´イ二z:////: : : :
     .:::::}     //::..ィミx    ` ー-=ニ三三三三7/:!  ` .:¨        " んイ::三斗:彡'::イ
     .::::j    〃:/  `Y        `>=三//:::{               __乂:|三≦三三:彡
     .:::;'   /::./     |        . イ´ ̄≧ .:X::::ハ       ′ _:≦斗ァ: : j/:ァ:一: :": :
    .:::7   /::::,′    |    .:イ     .://::.  ヾ::ヽ.   、  <三:.イ__ .斗≦:ィ: : : : : :
    .:::;  〃::::{     {  /≦三三三::;' √¨   Y´\   `  ‐一' 三7三イ: : : : : :_:.
    .:/  {:::::.. :.       ヾ ̄ ´     __      ヾ: : :\   ¨  /ィ:.斗匕∠:-‐''¨´
   .:::r'   /:>:´ヽ::::::..   丶.__ ..-‐ ¨/::. `ヽ     ∨: : :.`x.-―/ァ彡'/ィ::/
   .:::L_   {´     };;;;;::::..   ‘,    .:://::::..  ‘, :.  }: : : : : :.`:x:'// .:,: レ{
   .::::`Y ::>.:一 1::::::::::..    \  .://::::.     ヽ: i:::.. ト:、: : : : : : `「Y´   ;ト:、 ____
    .::::::|才::.    :}   .:::..      ヽ: /::::.      Ⅵ:::::.イ }\    :|)}\  " ̄> } \
    /:} !::.. .::::イ::.        .::::/X::.         ハ}ヾ::ソ/ ヾ::x.   ノ i!   `ト、/   !    ヽ


        ―――あらゆるものを、「理性」によって説明しようとする―――



440 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:58:58 ID:bdDzZp5k


     ―――あらゆる学問だけでなく、政治や宗教も理性の対象に含めた―――


           なによ?                     なぁに?

  : : :r、:i: : : : : : : : : :l: : : |: : :|: : : :l:.l、: : : :.i       /  レ'´          |  |
  : : /ヽj: : : : :/: : : /|: : /: : ;ハ: : : |:} ㍉: :..|      /    |             |_|
  :./: : :|: : i: /:/|:..;' !: /|: :/ l: : ;':.j  ミ: :..|      |   _|,.-‐ァ ¬l丁 ̄厂 ̄´/|
 :/: : : :|: : |:..:/、|:,'  |:,' ,:./  ,:i: / リ   ミ : |      |<,_   _/|_,/| |\厶l≦、ヽ |
  :..|:., -|: : |:/  {≧xi{ /´  / j/x≦´ i : :      |   |  厶|≧;=|/  乂)::ノ ∨l_|
  : |{yヘ|:.从 y" 笊ミx`ー    笊ミj㍉ ,: :iハ      |   lr个乂)::ノ        | | }
  :..ト、({从{  ヽ弋::う′    弋:う′ /:..:|      |   | |            ,| l∧
 |:..|: ヽゞ    `       ,   ´ .: : :..|       |   | |              /.| | |
 |:..|: :/`¨ヽ       _ _     .: |: :..|       |   | l\      ,, / . | | |
 从{:/:/  ヽヽ     /ー、::::}    イ:.;ハ : |      ∧   | |. . l>;─r─ '´|\. .| | |
  : /: {   ヽ \  /  У  イ、j/_ }八     /    | |. . |. ∧ ̄ ̄ ̄l  Ⅵ | ∧
 : : :..|    ヽ > ̄   < |:.!: : : : /、      |     | lrヘΧ ,≫===ァ!─;l] |\|
 : : :..|      \  ノ    |: : : : : : ∧     /     | |^7  、{{__{{ ∨,,j__丿| .!、,ハ、
  \: |     / し'ヽ    |: : : : : /  .    l      /| l/ ,  丶  /\ | 丶ヽ7'’ \
   、:ヽ   /  i o| ヽ   ,ノ: : : : /   i   /    ,《,」 |\l   ∨ , ヾ   | |   |


        ―――「精神の平等」を旨とする「啓蒙主義」の誕生である―――



441 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 01:59:22 ID:bdDzZp5k


         ―――それと時期を近くしての、別の思想が出現した―――


                ン",,,、'"   ミミ`   匁  iii'''  iiiiiハ jt,
              (ン` ":: ::''"  `ミ              -''、
              ヒメ  ヽ  r"""'''' """""'i       :::: ::  t"
             / /    | i__,,,,,,,,,,,,,,,,,,ノ|  |_|, ii, ii,  :::::  `、,,、
             (  ソ | ti'| t、t㌍㍑◎㍍㍊|i|  iii|; ||~' -、 :: :: ヽ、ヽ
             )  |i i'|ii | ソ――-ー ''''''''t、t,,t:t ti-,㍑i |i :| ヽソ
            ン,,   リ )リノ/、、,,,,,t  、、;;;;;;;;;;ニ=ー-、))ノ )    し
            (iii    ノ''z-モェテ''、'i ~i'';;rzニ'-''ニゝ'' フ"/y"  `'く
             リ  ::: ミi '~~~~::::ノ| ,i''''"'""''''''    :::メ, :::    ;; )
            `ソ ::: iii''t  ::::::::::::j,, " "     ::::::::ノ リノ ハ  `、,
             tii リ (/ );;; :::::::: 、、_,,,、:)、;;   :::::::::`'y  /  リ,,  j}リ
              )  (  リt" ::::: ,,,,;;'i、、;;"   "   (  i|}}! /'(  t、,
            /   ;;;; ソ;t   ii",;;ヨく、:;;,,"'i!   、|i リ') i!}}i   ヽ;;,, ))
           ,/"   ノ/ ii|リ;;|!,, ii ´;;;;;;;;;;  ~'ji  ,,iijj}|ノ  亦,,, )ツ ツ (
           i|i|/|i  :::: 、|i|:::ヽ!!,iii "::(  ~'ー }} ii}|j、-''(ii   iiii ツ /   ''"、、,
           ヽ((i  ';;; iiii ):::::ヽ!!,, ;;;;;;;;  i}!i! ' ;;;;:::::`i  ノijj!} i}jjj, ::::、ヽ )
           、,,, ノ   i''"iリ:::::::::::ヽ!iiハii|ii!!|!i,r";;;;;;;;:::::::  j/   !!!ii||i  :::::: i (
            ,ゝ  ,,  / ヽi、:::::::::: """""";;;;  :::::::  /,, /"  ''::"  ::: |} ~'' 、
           (ii   iiiiソ ii  ) :::::::  ::::::::::   :::::::::  (|i  }}iiji、 iij、ハ  ヽ 、,)ヽ)
         ,r''"    iiii、  |リ  :::::::   :::::::   ::::::   :::::ヽ  ` ` !!!、\   )jj:~''- 、
       ,、-'  ;;、"-('   ヽ ミi   ::::::::  :::::  :::::::   :::::::::ノ/   )  、 ,, ノ" ::::::'' ~'


    ―――それは、自己の感情・情念の抑制と禁欲、そして紀律化を

              徳目とする、古代ローマにおけるストア派哲学の復活―――



442 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:00:13 ID:bdDzZp5k

                                 `ー' ________  ====
   /|                 /||} /7=====  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .//レ7                .| レ7/
  /_} _ノ     _,,/⌒ヽ、,      | ) .}
. /::::::|     _> 、/_j=),ヲノ     ├-'く
/ :::::::|   ___,、Y_,イ゙,,_l/レ___   |::::::::|
ト、_,,}-‐<ヾ Y /==彡、ヽ::::::,イ--、,ィ_:::::::|
|   ノ   ヽZL、)`ー'')ノFl'__ノヽ`ー|===== ===== --  ,,, _____
ヽ- 、_`ー<_そ/     ///   ___/                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄`l:::::| `ー----// |´ ̄ ̄
      ∨|     //::/
       ∨___//__/
      ,,-H=ェェェェ┴、_,, -┬─--、
     r'    `ヽ、_// / ̄7/   _ノ
     l  l     ||ll\/_,/ヾヽ   /
     \ \__///,ィくヽ,」|_|||_/
       `l|  } ̄`l_l_j-='__ノ
        `ー─''


       ―――「新ストア主義」による倫理的な自己統御の思想である―――


443 名前: ◆mthS9vGGks[] 投稿日:2011/05/14(土) 02:00:49 ID:bdDzZp5k


                   ―――そしてそれら思想が―――


:| デン  _} 。{} _,/V  i_\ スウェー { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
/ マーク く.:,-‐、_: :}    [: : :/ デン ヽ: : : : : : : : : バルト海: : : : : : : : : : : : }_._.   _
\   {ヽ  }: ヽ-、 く: : :`‐--'⌒‐':∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :___!::::`--'丶、
∥ }-、__〈 : :~∥くヽ_/フ : : : : : : : : : : `-' : : : : : : : : : : ___: : : : : i::::::::::::::::::::::::::::: /
:°}   }: : : : : `‐-'`: : : : : ,、: : : : : : : : : : : : : _,-‐'~::::_! {_: : : _,-::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
:.⊂,   w--、,-,: : : _,--v' `>: : : : : : : : : _/:::::::::::∠  ○ ̄/::::::: 東プロイセン:::::: {_
: : :>     ∠,、 /    C-、_: : _,-‐':::::::::::::::::::::,ー'ダンツィヒ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,-'
/`~          ~         /~~:::::::::::::::::::::::::::\   └、,-、,、::::::::::::::::,-‐'
~                  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::/        \i ̄
         -‐ヽ_..__-‐ヽ_ソ´::::::::::::::プロイセン王国
          { :::::::::::ベルリン:::::::::::::::::::::::::: ,--‐'
         i::::::::::::::::::::::◎::::::::::::::::::::::::::}
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]
         /:::::::ゝ ̄``¨ ̄´¨`ゝ:::::::/ `-、_          ポーランド
          ̄            ̄     `i_,-、
                                   `i
                                  \
                                      く
                                    _>
                                   i~
                       なんかこのへんに   \
                                  └i__/\  ,─、_/ ̄`-
                     オーストリー           凵




                ――― 一人の若き王子の生涯を決定した―――




444 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:01:10 ID:bdDzZp5k


        ―――栄光はいまや昔、もはや死人同然の神聖ローマ帝国―――


                  : : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                            ___ . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::
                           /     \ . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::
                         / ,⊆ニ_ヽ、 ヽ . . .: : : :::::: ::::::::::::::::::::::::::
                         |/ r─--⊃、 lー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::
                        イ  _`二ニニう V │. .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::
                       /  /    ヽ    │ . :. :. .:: : :: :: :::::::: : :::
                      │  /      丶   │ . :. :. .:: : :: :: :::::::: : :::
                   ̄ ̄ ̄l_,ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄
                     フリードリヒ
                     できる夫・フォン・プロイセン


          ―――その帝国諸侯の一つ、プロイセン王国の王太子―――


445 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:01:32 ID:bdDzZp5k





              私は、出生という盲目的な偶然によって定められた

                この仕事がどんなに嫌らしいことか!



              (政務を執るときの制服を指して)死の作業着だ。




                        若き日のできる夫





.

446 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:01:58 ID:bdDzZp5k

       ,. -―- 、
      /        \
    /  -‐    ‐-  \    …そう、王の権力は決して王一人の物ではない。
   i  ::(◯)ililili(◯)::: ヽ
   {       `      }    ならば、王はその権力を以ってして、
    ゝ   `‐‐--   ノ
     >ー       ゝ、    人々に理性の光を当てる使命がある。
   /´             ヽ
   l    i          l  i
  .l    l        .l  .i
  l    l         l  .i




           ____
         /     \      人々の精神の自由を尊重し、
       /        \
      /  \    /  \   その無軌道な情念を紀律によって誘導する…
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /   それこそが王が背負う使命の一つなのです。
     /      ̄ ̄    \


447 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:02:26 ID:bdDzZp5k

         ___
       /     \        そしてまた、国民の生活を守る事も王の役目です!
      /   \ , , /\
    /    (●):::::(●) \     「財産の保全、所有の安全、そこにあらゆる社会、
     |       ___´__    |
      \      |r┬-|  ,/、     並びにあらゆるよき統治の基礎がある」
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i    これもまた王の使命!
       ̄`ヽ        | l




      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__    ならば!あの書に書いてある様な
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::   _'__   ||   |    あの『君主論』の様な
 \:::::::::   ´-―-' ,/_ |   |
   ヽ           i    丿   権力の濫用など、悪徳などあってはならない!
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /         やる夫は偉人、賢人などでは断じてない!!


448 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:02:48 ID:bdDzZp5k

                             , '
                            ./
                           /                    /
                          ×                   /
      私が書く!              ,’`\               /- 、
                          λ  7` く           > ´ ヽ  ヽ ヽ
      この本への反論を!       ハ  { ●}ヾ={    {、ーェイ { ●  }   i} :; ;
                          i ゝ、弋ノ イ        ゝ、ヽ._.ノ   /  , ’
      真の君主の行く道を!      i     ̄´   ,       ヽー──'''" ´
                         .ハ
                          ∧     ______
                           ヽ   !////////    `ヽ
                             ヽ  ヽ//////       ヽ
                              ヽ. ヾ///{         ヽ
                                `ヽゝ/{、       / .}
                                  `ー ニ二_ ..イ /


449 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:03:20 ID:bdDzZp5k








                         マキャベリ
                       ―――『反やる夫論』―――

  ―――その本は彼が1740年に即位する、その一年前に出版された本であり―――





              ―――彼の、政治哲学が記された本でもあった―――







.

450 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:03:44 ID:bdDzZp5k





                     名誉を以って統治しようとする君主は、

                   自己の仕事を全て自らなさねばならない。

                      神がお前を玉座に据えたのは、

                      怠惰に過ごすためではなく、

                勤勉に国を良く治めさせるためである。



           フリードリヒ・ヴィルヘルム一世(できる夫の父)の『政治遺訓』



451 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:04:17 ID:bdDzZp5k


        ―――二十八歳の青年王は即位後、即座に拷問を廃止―――


                                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                            /
                                           /
    拷問は廃止します。             ,.、                / '´ ̄`   " ̄ ̄`
                  .           ! |            l ;::ィ=ミ    ィ=ミ
    あの様な野蛮な行為は.           ! |            |  ´"' ,    ""
                        ..,-〈`ヽJ .!             l      ヽ
    これからの時代に        /´⊂´ ̄ヽ |              \   、__,__,
                      ヽ_弋 入 ` }              \_
    ふさわしくありません。      / /    /                 _,./ / i! :   .: / ヘ
                       | {    /        _...... .-.:::::´::/:::::/  ヘ、    /
                       ヽ    _丶     ハ´::::::::::::::::::::::::/:::::::l!   /i   /
                        |_,..-´ /::}    /:::i:::::::::::::::::::::::/:::::::::l;:!/:! .,L __ノヘ  /
                       ,zi_,..-´:::::::|     |:::::l::::::::::::::::::::/:::::::::::l;:;:i\\i ! ノノヘ/::
                       |。|::::::::::::::::::|  /::::::l::::::::::::::: /___:/::i;:;:;!  Y⌒Y  /;:i::
                       |::::|::::::::::::::::::.|/:::::::::::::l::::::::::::::::::/::::::::!;:;:;l  :L::_ノ  /;:;:;i::


    ―――近代刑法の金字塔と呼ばれる書、『犯罪と刑罰』において

                拷問の廃止が論じられるのは二十年以上後になる―――



452 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:04:39 ID:bdDzZp5k


        ―――だが、啓蒙主義の勝利が謡われたまさにその同年―――



                      先帝のご冥福をお祈りします。

        , '  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ       シュレジエン地方を貰えれば、貴方の旦那の
       /             \
     /              ヽ   皇位選挙の時に一票入れますよ?
.    /  '´ ̄`   " ̄`     ヽ   __,. _=ニニ二二フ\
    |   ( ⌒)    ( ⌒)   r'"⌒゙`ヽr-`---ッ___ _,. - '"  ヽ
    i  ´""     ""゛     〆`っ) ̄\ニニニニ二ヘ         ヽ
    ゝ       '            ̄Y ̄7ヒi゙、       ヽ      レ
.     \   ' 二  ̄    __, "  {--{ O:::::`ー- 、___ヽ__ ,. ‐ ''" ヽ
       `  _ _   ,  ' ´  /::\ヽ ヽ__.Or、L__    `Y''"r'_⌒ミ゙、ヽ
        /:/ /:::::入     ./::::::::::|"(〉ニ`r、_ヽ_   `ー--ソ { {::::::::} } ゝ
      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::、{`ー-t) ___ ゝ`ー- 、__ メ ヽ└-‐'ソ ノ
    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::`ー´(::::::::\ノノ゙/゙)  `ーヽ、`,.-‐"


                   /: : :/    l: : :/: : : :.:/: :.|: /.:.:/| ハ`メ: :/ l: {ヽ:イ',: :i: : : :ヽ: :l :|ヘ
                  /: : :./    |: : :l: : : : /: ::: レ:|: :.l レァ=ト∨  ヽ V=ヽ:{ヽ: : :|: :li: |::
                 l: :/!,'    |: :.l |: : :/{: :::::: :::l: :! {!  i}      {!   i} \j: ;イ/:::
                 : / !!     l: :l |: :.l l: :∧::八{  `="       `='"    レ |⌒!
   え、えっと?        / リ     V  l: :|  ',:.{ハ::::}⊂⊃           ⊂⊃ jリ| ノ
                           ヽl  ヽ |ヽ{                   /: :!'´
   どういうことなの…?                  |: :lヘ    f二二 コ    , イ: : リ
                                 l: :|   `丶、_      _, '´  l: :/
                                 V:ゝ      `}>‐ <{__   j:/
                                       _rイf’ ̄ ̄’`┐ヽ
                              オーストリア大公女マリア・テレジア(※)


    ―――皇帝の死と継承問題で混乱したオーストリアへ突如として進軍―――


  ※先代の神聖ローマ皇帝カール六世は、マリア・テレジアの父。その死後に、
   彼女の領地継承、そして彼女の夫フランツの皇帝選挙に関して周辺諸国と
    問題が起こっていた。



453 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:05:09 ID:bdDzZp5k

                                /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                               /: : :             \
                             /: : : :              \
    領土よこせっつってんだよ。       /: : : : : :                 \
                            : : : : : : : :.._        _      \
    みなまで言わせんなよ恥ずかしい。   : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
                             : : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
                             : : : : : : ´"''",       "''"´       l
                            : : : : : : . .      ゝ         /
                            \: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
                            /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                            : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
                            : : : : . : : . : : .                   \


 '⌒l}了ヽ: : /: : : // : : /: : |: : : }: : :ヽ: : \: : : \: : : ヽ
 x-ァ'_/: :/: : : : // :_:,,/_:_:/|:.: :ハ: : :|.: : }: :\: : : ヽ : : l
  / ノ | : l: : : : /イ´: :/斗=ミiY:/ -}‐:‐ト、/: : : : ヽ: : : l\|
  ,'    | : |:: : : : : |:/ィん¨ヽ /  ,γヽ!/: : : : : : :',: : :|
  |   /: ハ: : : ヾ:| 《 { {::} }     {::l Y: : :.: : : : ハ : j
  |  ,イ: : : _:`ト\: :\ ゞ,__ ノ     ¨_ノ:/ : イ: :∧l: /
  |/ ∨:./⌒|: : :| ̄           ` ,イ< j:イ : ∨
     ヾ{{ .|: : :|        _ __   .| │  | : : l
      \ム: :小           ̄   八: |  | : : |
         ヘ: :.ヽ \          /l: : : |  | : : |
          \: \   、. __/ │: :│ / : :,′
     r-=ニニ.土\:_ヽ_/____    /: : :/ /: : /
     ヽ __  ̄`ー──- ニ二≦:/ / :/
   / ̄    ¨二._       ∠、  '´
.  // ̄ ̄`ヽ     ミ=-  _/´  ヽ


454 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:05:48 ID:bdDzZp5k


         ―――幾度かの会戦の末、シュレジエン地方を割譲させる―――


:°}   }: : : : : `‐-'`: : : : : ,、: : : : : : : : : : : : : _,-‐'~::::_! {_: : : _,-::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
:.⊂,   w--、,-,: : : _,--v' `>: : : : : : : : : _/:::::::::::∠  ○ ̄/::::::: 東プロイセン:::::: {_
: : :>     ∠,、 /    C-、_: : _,-‐':::::::::::::::::::::,ー'ダンツィヒ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,-'
/`~          ~         /~~:::::::::::::::::::::::::::\   └、,-、,、::::::::::::::::,-‐'
~                  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::/        \i ̄
         -‐ヽ_..__-‐ヽ_ソ´::::::::::::::プロイセン王国
          { :::::::::::ベルリン:::::::::::::::::::::::::: ,--‐'
         i::::::::::::::::::::::◎::::::::::::::::::::::::::}
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]
         /:::::::ゝ ̄``¨ ̄´¨`ゝ:::::::/;;`-、_          ポーランド
          ̄            ̄丶;;;;;;;;;`i_,-、
                          ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i
                         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                シュレジエン→  丶_;;;;;;;;;;;;;;;; く
                             \;;;;;;;;;;;;_>
                                丶;;;;i~
                       なんかこのへんに  ̄\
                                   └i__/\  ,─、_/ ̄`-
                     オーストリー            凵



: : : : :|i: : |: : : {i :-┼‐iト:::::::\: :トヽ::::::::::;:x==ミx: :}: : : : :.'
: : : : :|i: : ト /{\八.: i{:::::::::::::::ヾ;:::::::::::〃 , … 、 ヾ;Ⅵ: : .:′
: : : : :|i: : V:\:ヽ:.`x=ミ、:::::::::::::::\:::::'′| f)  }  /,イ: :/:: :
: : : : :|i: : :.Ⅵ:ヘ// , ‐ .`.::::::::::::::::::::::.:.. 、 _,厶彡:i:|.:/::: : :   …殺す。
: i : : :ト\: : ト{ {:{ { f) 〉:::::::::::::::::::::.:.:...´   ^´  从: : : :
八: : :|:i: :i\:\::ヾ  \/^'⌒^ Y´            /イ::}: : : :   いつか殺す。
: : ヽ: ヾ: ト个: : .、::::..^´       {:.           / 八: : : : :
、: : {\: :.\|: :≧=一             _,,  ′ }}: : : :
 ヘ:{  \: :.\: :圦     、 __ -‐… ´/     〃: : :/.:′ 野蛮人のプロイセン王め、
  \   ` : : >: \     ` ー―  ¨´      イ: : :.:/:/
        i「: : : : : :丶        ー '     / |: : :/}/    ハプスブルクを舐めた罪、
        i|: : : : : : 从> .        ..:::::ト  .: : /〃
       八: : : i : :{::ハ  __フ¨ ー一 ´::::::::ノ ∨://    その身で味わってもらうの…
         \: | : :ト:X:\√{` ー  --‐ ´  厶'′`丶


                 ―――周辺国における評判と引き換えに―――



455 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:06:15 ID:bdDzZp5k


                       ―――彼は行く―――


         ___
       /     \     嬰児殺を犯した者への袋刑(※)は撤廃する!
      /   \ , , /\
    /    (●):::::(●) \   未婚で懐妊した者への処罰も撤廃です!
     |       ___´__    |
      \      |r┬-|  ,/、   ※袋刑…皮袋に入れて溺死させる刑。
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ         その皮袋は自分で縫わせる。
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l



       ___
     /   ヽ、_ \      出版物は新聞以外自由にしましょう。
    /(● ) (● ) \
  /:::  __´__   :::::: \   新聞は…国防の観点からすると、全くの自由と
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /   いうわけにはいきませんね。
     ゝ  ノ
   /   /


                   ―――啓蒙君主の道を―――



456 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:06:38 ID:bdDzZp5k

.:| l :l !: :::/  !| !l : : :/:/:7 ̄`ト: ./| : l: : :/: : : : : : :|: :.! : : ト、
:! .|:! |: :,′  | / ,! : :////   .,! :/`ト:,'|: :/!: : : :/ : : l: :|: : :∧
||. | .|/ --.、 /:;///'   /'l/  l:/.!ヽ:,!: : :/ : : :/.: :l: : : :
||. _=土三ニ:::.、/ ' /   , ‐-/    /' .|//: : :/ : : :/!: : ハ: : : :.
!、´  ̄ ̄`丶       ´ニ≡::.、./  /./ : /: : : :/ .l: ::!: :∨ :  シュレジエンを返してもらうよ?
|\              ̄`゙丶ミヽ、 /: :/: : : ::/  !:/! : : ∨
| ```                ``/,.イ : : : :/  //:|: : : : ∨ この腐れ童貞。
|、          ,:       `` / //: :, ':! //: |!: : : : :.
| ヽ       _           , //: /:/ ./ .|: :l|: : : : : :
∧  \      ヽ`>          , ' ̄//: :./ ./ .|: :l|: : : : :
从   l\             _/ /!: : : :/    |: :!|: : : : :
{    _|  \      _.. ‐ '"    /: : : :/    .|: |.|: : : : :
\ .∧    丶... -‐ "´ .|_     ./イ;イ/       !: ! !: : : : :
  / ゙、        ,/ .|      /' '      |: | |: : : : :
                                             ______
                                            /           \
                                          /              \
                                         / ─     ─      \
                                       //  `ヽ    /´  `ヽ     \
              はぁ?黙って出産でもしてろよ。    /  | ●   l    l ●   )        ヽ
                                     |   ヽ   __ノ     ヽ_   _ノ        |
              この雌豚が。               |        '                 |
                                    .、.ニニニニニニニニニ ^ ‐ー          /
                               チャッ  ノi '  \       一ー           /
                                 ( .::i    /                      \
                                  ) .:::::.  /                        \
                                 ( .:.::j(O)
                                \∠二二{
                                /|    |


                   ―――そして女帝との再戦―――



457 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:07:11 ID:bdDzZp5k


    ―――ロシア、オーストリア、フランスを敵に回した七年間の戦争による―――


          _
      ∠二: : : :`ヽ/´  ̄ ̄ `丶
      , '" ̄: : : : : : : : : : : : : : : :、:\/⌒\
     /:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:ヘ\.:.:.:.: ヽ
    l://.:.:/.:./ .:./ .:l.:.:,'.:.:{:.:.:.:.l.:.:ヽ.:.:.Vl:/ \.:.:.:.:',
      /.:.:/.:. l:.:.:.!>ト/{.:.ハ.:.:斗<:l:.:.:.l.:l.:.:.:.:.ヽ.:.:.l   な、なんで倒れないの!?
      l.:.:/.:.:.:.|:l.: レ レ ヽl ヽ / ト .|.:.:l:|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
      |:/!.:.:.: 从.:.{. ○   ○  'j.:.,' |.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
       j:ハ.:.:..Ⅳト :.ゝ   '  U. /.:/レ|.:l.:.:.:.:.:.:.:.: |
         \:{ヽ|:小   r‐'⌒ヽ 彡'.:.|│l.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           ` Ⅵ:| ヽ `ー  ,.イ! .:./...|.:l.:.:.:.:.:.:.:. |
           ヾ:ゝ ト≧≦ュ| リ/  |.:l.:.:.:.:.:.:.:.:|
          __ /--ォ ャ-ヽ、__」_l.:.:.:.:.:.:l.:.|
          /;;;;;;.;;;/.|ヘ/.|.ヾ:>,ノ|ヽ、;;;;;;;ヽ.:.:.:.:.l.:.|
          /;ィ'´ ./ .|:   | |ヾヽl ヽ ト;;ヽ.:.:.:l.:|
        .// .ヘ .> |:.   | | ヾヽ く  /\ヘ:l.:|
      /   ,r'/ |:.  .:| .|:.  ヾヽ .ヾ   \
                                               ______
                                    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;, ヽ
                                   :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒  :::\ :
            へへっ…もうへばったんですか?    | ::|:  / -==、      ( ≡) ..:::|
            (死ぬ死ぬ!マジで死ぬ!      ,―    \   | ::::::⌒ __´___  ⌒   :.:::| :
                   主に私と国が!!)   | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .:::::/
                                  | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
                                  | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
                                  ヽ__)_/ :  /            \


                    ―――財政の悪化と国土の荒廃―――


458 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:07:52 ID:bdDzZp5k


                      ―――数々の政策―――


    _____
  /         \                    国土の復興、
/              \
 ____ノ    ヽ___ \                 財政の健全化、
 /´ `ヽ            \
( .== l     r´ `ヽ.   β ̄` ‐- 、          裁判官、教師、軍人の教育、
ヽ_ ` _ノ    l .== ).    |ィ>‐- 、  \
       く  ヽ_ ´_ ノ.     |/-、 ´ 廴  \      産業の育成、教育制度の改革、
              u  /〈 ! ! ヽ/`.   ',
     ー -- - - 、    /  !. ',_',   !     ',    法典の編纂、
_   ――――´ _/    ‐>'  〉、 ヾフ.   ',
/::::::i  \,` ''  / " !:::::::`:、._  l _ノミヽ_〉   ', 犯罪者の社会復帰、監獄改革、etc...
::::::::i    /´;;`ヘ.    i::::::::::::ヘ;:.:::..ヽ  ノ厂  .l     .,:.
::::/!   ∧;。;;。ヘ  iヘ:::::::/:::::::  ヽ!    ',     ヽ    …埋蔵金でも
:::::::i / ∨;;;/  \i::::::::\::::::::::::::::::::::::: ';,         ヽ
::::::::::!    /;;。;;'.   !::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::';;,_______ヽ 埋まってませんかね?


            ―――その全てが効果をあげられたわけではない―――



459 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:08:49 ID:bdDzZp5k


                     ―――それでも生涯をかけて―――


       , (⌒      ⌒)
     (⌒  (      )  ⌒)
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
            | || | |          水車小屋(※)がうごかねぇのになぁ!
         ノ L,l ,|| |、l、
         ⌒::::\:::::、ノ\       働けるわけねぇだろうが!
        /:::(○)三(○)\
       /)し   __'_    \    それを「地代を払えないのが悪い」って…
        | ⌒    |: :::|  ノ( |
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !  お前らは本当に裁判官か!?
       /     `ー '    \ |i
     /          ヽ !l ヽi   貴族に対してえこひいきしてんじゃねぇぞ!!
     (   丶- 、       しE |そ
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ くドンッ!!
                 レY^V^ヽl


                   ―――啓蒙君主の意地を通す―――



※アルノルト水車小屋事件

上流に養鯉池を作られたせいで水車が回らなくなり、地代を払えなくなった
水車小屋の主アルノルトが、地代の引き下げを求めて訴えた事件。
裁判所の判決でアルノルトは敗訴となり、水車小屋は競売にかけられた。

アルノルトに直訴されたできる夫は再三審議のやり直しを要求したが結果は変わらず、
最終的にできる夫が大法官と裁判官を罷免し、原判決を破棄した。
司法への介入などで色々言われることもある事件だが、裁判官の判決が当時の
見方からしても不当であったのは事実のようである。



460 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:09:12 ID:bdDzZp5k

        ___
       /     \     自分から「国家のためには何が出来るか?」を考え、
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \  行動できるような人間を、自分の情念を理性でコントロール
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /  出来る人間を育てる国家を作らなければ。
     ノ          \




       _.. ‐'''''''''''' ‐ 、     無論、闇雲な国家奉仕はいけません。
      ,r'        \
     / ⌒         ヽ,  「国家に奉仕しよう」という情動をも理性的に制御できる、
      ( ●)   `―    ..i
     i.      ( ●)    | そういう人間こそが真の意味で「啓蒙された」人間です。
      \ _´___       /
        \`ー'´   __/   …ま、現実はそう上手くいかないんですけどね。


461 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:09:33 ID:bdDzZp5k


              ―――四十六年の長きに渡る国王生活―――


       /  ̄ ̄ ̄\
    /    ⌒   ⌒     農奴制の解体は困難…忌々しい。
   /      (―)_ (―)
   |   u  :::⌒ __´___  )   法典は簡潔に、「もっと衒学を少なく、もっと良識を多く」。
   \        ` ー' /
   _/⌒ヽ      ィ_      ローマ法だけでなく、自国の法の教育を…
 i'⌒゙l |   l       \
 |  |. |   |       ト \
 |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、   …やれやれ、そろそろお迎えですかね?
 |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.|ノノソ
 |        l  .| y  |_ィ   |  .|
 |        |  .|.|   |  |  |   |   ま、財政の健全化が出来たのはよかった…か。
 |        |   |___|  |__|  |
 |_______.|___(__゙)__{___゙)_|


462 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:09:54 ID:bdDzZp5k


   ―――『反やる夫論』を書いた彼が生涯がで求めたものは何だったのか?―――


/ マーク く.:,-‐、_: :}    [: : :/ デン ヽ: : : : : : : : : バルト海: : : : : : : : : : : : }_._.   _
\   {ヽ  }: ヽ-、 く: : :`‐--'⌒‐':∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :___!::::`--'丶、
∥ }-、__〈 : :~∥くヽ_/フ : : : : : : : : : : `-' : : : : : : : : : : ___: : : : : i::::::::::::::::::::::::::::: /
:°}   }: : : : : `‐-'`: : : : : ,、: : : : : : : : : : : : : _,-‐'~::::_!;;;;{_: : : _,-::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
:.⊂,   w--、,-,: : : _,--v' `>: : : : : : : : : _/:::::::::::∠;;;;;○ ̄/::::::: 東プロイセン:::::: {_
: : :>     ∠,、 /    C-、_: : _,-‐':::::::::::::::::::::,ー'ダンツィヒ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::__,-'
/`~          ~         /~~:::::::::::::::::::::::::::\;;;;;;;;;;;└、,-、,、::::::::::::::::,-‐'
~                  ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::/丶;;;;;;;;;;;;;;,-‐ヽ´ ̄
         -‐ヽ_..__-‐ヽ_ソ´::::::::::::::プロイセン王国´ ̄  ←1772年の
          { :::::::::::ベルリン:::::::::::::::::::::::::: ,--‐'            ポーランド分割により
         i::::::::::::::::::::::◎::::::::::::::::::::::::::}               獲得した領地
         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::]
         /:::::::ゝ ̄``¨ ̄´¨`ゝ:::::::/::`-、_          ポーランド
          ̄            ̄丶:::::::::`i_,-、
                          ゝ:::::::::::::::::::::`i
                         \:::::::::::::::::::::::\
                シュレジエン→  丶_:::::::::::::::: く
                             \::::::::::::_>
                                丶::::i~
                       なんかこのへんに  ̄\
                                   └i__/\  ,─、_/ ̄`-
                     オーストリー            凵

               大王死後の大まかな領土(細かな飛び地は割愛)


463 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:10:32 ID:bdDzZp5k





                私は生涯統治の重荷を背負ったので、

        死後も統治をしたいと欲するような狂気を持ち合わせていない。

               各人が自らの重荷を背負い、機会と状況に応じて

              可能な限りの叡智を持って自ら統治すべきである。



                        『1768年の政治遺訓』




.

464 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:11:13 ID:bdDzZp5k

                          ┌┐
                          │ |     /7
                   く \     L」     /_/
                     \_>                  />
                                      く/
                                 _
                                   } `丶
        / ̄ ̄\           「 \  __   -┴ ァ  \       / ̄ ̄\
   .    /  『                  ´         /    ヽ   /
      |   国   |          \        __ く/      .   |    僕.  |
      |   王   |          ∨ __     '⌒ Y      }  |   と  │
      |.      』 |         ._|{ '⌒ r:‐ヘ    八      ,′  |   契.   |
      |   に  |       / 八    、:::ノ  イ 丶.   /   |   約.   |
      |        │ ,  ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {    \/\   |   し  │
      |    な.   | ( (⌒ >く/  / . : /     ',: :ヽ :    〈) )  |    て   |
      |.   っ   | 丶\{/ : : :/: : :./       ヽ-ヘ : : : //、           /
      |    て.   l  /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\_\___/
      |    よ.   | (__ ゚: :。 :ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
      |    !  │  /. : : :。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
                /  (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
        \__/              ̄>  \)(/  く
                       / / ̄ ̄ ̄\ \
                      'ー‐        ー‐'


::::
::::    ̄ ̄ ̄ ̄\
:::           \
::::             \
::::::::  二二 ̄  `ニニ l
::::::::  T'''T'    T''T   l
:::::::::::::: ̄ ̄      ̄   |
:::::::::::::::::::     ′    i
::::::::::::::::::::: ―‐-    丿
::::::::::::::::::::::       /


465 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:11:28 ID:bdDzZp5k








                            おわり







.

466 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:12:20 ID:7foDrOO6

乙乙
ここ読んでるだけだとフリードリヒ大王が貧乏くじ体質に見えてならない



467 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:13:04 ID:bdDzZp5k

    __      出来がイマイチ。
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)    やっぱ大王の要約は難しいよ。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入     人間的にはわりと普通なやる夫に対して、こいつは紛れも無い変人だもん。


468 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:14:27 ID:7UatjkXw

乙~
数十年にわたって自己をコントロールしきるって、ほんと名君やな

最後のは死後の神格化も拒否したってことかな



469 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:21:21 ID:bdDzZp5k

    __     >>468
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)   要約したからコントロールし切ったように見えるだけで、結構感情的なところがある人です。
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ  あとかなりの皮肉屋。やる夫テレジアスレを見ている人はわかるはず。
  /ニニ入
          皮肉屋で気難しくて人間嫌いだけど人間の可能性は信じてて、
          女性への不当な差別を否定しつつ女嫌いで、
          他人と自分に厳しくてリアリスティックだけどロマンチストという、
          一言で言うと「変人」です。

          最後の一言は「もう国王なんてやんねぇよウワアアアアン!!」ともとれるし、
          「お前達はもうある程度啓蒙されてるはずだからちゃんとやれよ。俺は死んだ後に統治なんてしないぞ」ともとれる。


470 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:27:11 ID:7UatjkXw
絶対悪さんのやる夫テレジアも楽しく見てますよ
主役食いかねない、あの活躍と変人ぶりにいつもワクテカしてます


471 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:31:49 ID:QnJy4aWU
まあ、女帝二人に追いこまれた挙句、包茎に助けられたというのもありますけどな。


472 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:31:49 ID:cjaO9sFk

大王もだけど、つくづくホーエンツォレルン家の連中はおかしいなw


473 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:38:06 ID:bdDzZp5k
    __
 〃´  `ヽ
 、リノノ`ヽ)   できる夫にロシアを語らせると…
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ
  /ニニ入





      / ̄ ̄ ̄\
    / ノ    ヽ \
   /  (●)  (●) \  「あの野蛮人の友情を開拓するのはやりがいのあることです」
  |        ´      |
  \      ー=‐'   /
   ノ           \




    __
 〃´  `ヽ   まあ、こういう人。
 、リノノ`ヽ)
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ  お前、胸とシュレジエンとポーランドに手を当てて考えてみろ。
  /ニニ入


474 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:49:31 ID:cjaO9sFk

>>473
できる夫 「シュレジェンはもともとうちのものですよ?」



476 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2011/05/14(土) 02:57:35 ID:9VaoEXTI

どっかネジが5、6本外れた人間でないと「名君」なんてなれないよねw


477 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 04:11:14 ID:ldQFuxHI
ある種の政治マニアだったんじゃないかって気がしてくるなw


475 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 02:56:29 ID:4pQ8/xV2

正直、マキャベリにとってはフリードリヒみたいな名君に、しかも200年後の
人間に、これだけ顔真っ赤にして反論して貰っただけでも大満足なんじゃないの
だって、これだけの反論をしたって事は、反論を構築するほどに自分の著書の
内容を大王が吟味してくれたって事だし



478 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 04:52:10 ID:DEhvzXQY
乙~。

複雑で気難しい人だからこそ、こういう統治ができたのかもねぇ。


482 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 10:43:09 ID:cjaO9sFk
まあ史実でも、僥倖がなければプロイセン吹き飛んで大王の努力も無に帰していただろうしねえ


483 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 10:49:38 ID:TZ6Bbj1A
なのはさんの威力だとあれっすよね、うん
間をとってフェイトちゃんぐらいにしとけば
大王にホームランかましたり逆に鞭打ちされたりでちょうどいい戦力バランスになるはず


484 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 11:08:07 ID:4pQ8/xV2
ちなみに、大王と女帝って一応、結婚話が持ち上がった事もあるんだぜ
勿論、政略結婚での話だけど
女帝は恋愛結婚した数少ない皇后なんだよね



485 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 11:31:21 ID:bdDzZp5k

      -‐=ニミヽ
.         |\ ヽ}/|      ∧
      . ' ¨ ̄ ̄¨ソ┴‐-  . { 〉 /|
    /'7´/7 、/ ,/∠_ `ヽ}//
      //// Χj/j/-‐ 〈  y‐、(二ミ:、       大王かっこいー!あの人こそ正に君主の鑑!!
    jハ i/j/,:‐、  ,:-、  } ./^ } }   }}
 fヽ   {ツ 弋丿 弋__丿  }/  / }  ノ'       よーし、私もバイエルン取っちゃうぞー!
. ゝ^\八 '' 、_,、__,. ''' ,:=/  / 八
   \ { >'ゝ.  |:::::::|   〃人__/」{  ヽ、
     Y´   ` .`ニ´ _/    人 ヽ 丶.
    └‐くニ=ζο´〈 人   /   \ \ 丶
      く三彡'爪`´: : : :`T::i         ヽ ハヽ

  神聖ローマ皇帝ヨーゼフ二世



 '⌒l}了ヽ: : /: : : // : : /: : |: : : }: : :ヽ: : \: : : \: : : ヽ
 x-ァ'_/: :/: : : : // :_:,,/_:_:/|:.: :ハ: : :|.: : }: :\: : : ヽ : : l
  / ノ | : l: : : : /イ´: :/斗=ミiY:/ -}‐:‐ト、/: : : : ヽ: : : l\|
  ,'    | : |:: : : : : |:/ィん¨ヽ /  ,γヽ!/: : : : : : :',: : :|     テレジアです…
  |   /: ハ: : : ヾ:| 《 { {::} }     {::l Y: : :.: : : : ハ : j
  |  ,イ: : : _:`ト\: :\ ゞ,__ ノ     ¨_ノ:/ : イ: :∧l: /     気がつけば、大事な跡継ぎが
  |/ ∨:./⌒|: : :| ̄           ` ,イ< j:イ : ∨
     ヾ{{ .|: : :|        _ __   .| │  | : : l      あの腐れ童貞の熱烈なファンになっていたとです…
      \ム: :小           ̄   八: |  | : : |
         ヘ: :.ヽ \          /l: : : |  | : : |      テレジアです…
          \: \   、. __/ │: :│ / : :,′
     r-=ニニ.土\:_ヽ_/____    /: : :/ /: : /
     ヽ __  ̄`ー──- ニ二≦:/ / :/        どういうことなの…?
   / ̄    ¨二._       ∠、  '´
.  // ̄ ̄`ヽ     ミ=-  _/´  ヽ
  l'´      \        ′    ∧


            ―――人生と子育ての理不尽さに呆然とするテレジアさん―――



486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 11:43:45 ID:RBU2gjd2
そういえば、ロシアのアレといい、何気に同時代人にもファンが多いんだよねww


489 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 12:26:09 ID:Gn9Y5rWA
大王は女帝に惚れていたって話もあるんだな


488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 12:03:59 ID:TZ6Bbj1A
きっとヨーゼフやロシアのにはできる夫がふぐりなし白饅頭のマゾ豚野郎じゃなくて
こんなのに見えてたに違いない


490 名前: ◆mthS9vGGks[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 12:39:10 ID:bdDzZp5k
    __
 〃´  `ヽ     >>488
 、リノノ`ヽ)
 ゝdレ゚ ヮ゚)ゝ    むしろこうでしょう。
  /ニニ入


  ,.イ////////////////////////////////////≧≠、
  ////////////////∧//////////////ヾ/////\ ̄`ヾ
 ,'///////////////∧////∧//∧///////∨///.∧
. {///////////////∧////∧/.ハ///i/.}////∧////∧
. ',/./////////////.ハ////∧/∧///.l//l/////.}/ハ//ハ    ゆくぞ兵達よ!
 .',///////////,ィ¨{/{///.ハ//ハ///〃//j/////ハ.//ヽ./.}
  .',/////////.イ   Vl///{//.{///イ≧//l////.∧.}///}./j    勝利を我々の手に!!
  .V///////∧   l.{//.∧/.l//イ¨/Vy'///〃//.l///lヾl
   .}////////∧  ヾ.//:{.、/∨  .{.ソ .///イ/.i//.l///j j    敵を打ち滅ぼし、我らが大地を守りぬけ!!
   .l//////////ー,  V/.l. V/   ゙¨ /イ ∨./j//イ/〃
   .l////////〃j/ l  ヾ.{ ヾ         \,///j//
   j/////イ/イ〃     ヾ            , イ// //
>-从/ 〃               , 、_.ノ ..ノ/ ./イ
>-〈             \        ¨.イ   〃 .〃
::::::::::::>..、         \       〃
::::::::::::::::::::::::::>≠-...._    />  _ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧:≧,
::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/
:::::::::>::、::::::::::::::::::::::::::::::: /:〃
::::::::::::::::::::≧ー:::-:::::_::::::/::〈     ←ファンの曇った瞳を通して見たできる夫
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧


491 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 12:42:39 ID:cjaO9sFk

まあたしかにね、利害が衝突しない立場で見れば
有能で勤勉な「理想の君主」像も間違っちゃいないんだ
プラスでもマイナスでも、変態性という点において
人を責められるヨーロッパ君主なんていないし
(マリア・テレジアだっていろいろとねえ)



492 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 12:44:37 ID:cjaO9sFk

あ、誤解のないように追記
ヨーロッパ君主と言ったが、別に日本や中国やイスラムの君主が
変態性において劣ると貶しているわけではないのでw



493 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2011/05/14(土) 15:21:38 ID:J0wQdvq.

そんな追記いらねえwwwww


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

マキャベリって、政治と統治を理性のみで分析して見せた、正に啓蒙的な書だと思うんだけどなあ。
page top

コメントの投稿

トラックバック

相互リンク・相互RSS・TOP絵募集中。

作品・作者に対する誹謗中傷及び批判、しつこい議論や煽り、ネタバレ等は削除・規制する可能性があります。
 

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム
カテゴリー
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示



以上の内容はhttp://katteniyaruo.blog69.fc2.com/blog-entry-1435.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13