以下の内容はhttp://jyoukyou.livedoor.biz/archives/cat_87305.htmlより取得しました。


【調査】正社員の平均年収は408万円…30代10万円減 40代21万円減 50代23万円減 20代男性のみ2万円増 ※前年比

1 名前:ばーど ★:2020/01/25(土) 12:44:49 ID:sWestzhr9.net

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。2018年9月~2019年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの収入をまとめたところ、全体の平均年収は408万円であることが分かった。

 年代別でみると、30代で前年比10万円減の442万円、40代でも同21万円減の507万円、50代以上でも同23万円の622万円という結果に。いずれも厳しい数字が並んだが、20代男性のみ昨年の367万円から微増の369万円だった。

2020年1月20日
https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2001/20/news083.html
https://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/2001/20/l_yd_nenshu1.jpg

関連スレ
【調査】都道府県別「平均年収ランキング2019」 1位 東京都(438万円) 2位 神奈川(430万円) 最下位は沖縄(337万円) ★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579605930/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579923889
続きを読む

【調査】薄毛の人の75%が「髪ハラスメント」を受けている 友人や同僚から「髪いじり」をされて不快な思い

1 名前:シャチ ★:2020/01/24(金) 22:35:26 ID:G1Cyj5bu9.net

男性も女性も気になる“髪の毛事情”。

年齢と共にボリュームが減ってきた、抜け毛が気になる…などなど、髪に関する悩みは人それぞれ尽きないが、デリケートな悩みだからこそ、相談もしにくいもの。中には、友人や同僚から“髪いじり”をされて内心は嫌な思いをしつつも、なかなか怒ったり反論できなかった…という人もいるだろう。

そんな、髪に関して不快な思いをさせられる“髪ハラスメント”について、株式会社毛髪クリニックリーブ21が調査結果を公表した。


この調査は、薄毛に悩む男性会社員1,112人を対象としたインターネット調査。(『薄毛の方が言われて嫌だったことに関する髪ハラスメント調査』2019年6月11~17日、モニター提供元:ゼネラルリサーチ)

「薄毛について誰かに指摘されて嫌な気持ちになったことがあるか」という質問に対し、「はい」と答えたのは実に75.4%。
「指摘したのは誰か」(複数回答)という質問には「職場の同僚(上司・部下)」が47.5%、「家族」35.8%、「恋人・配偶者」28.1%、「友人」26.9%という結果が出た。

その他、なんと「赤の他人から指摘された」という人も8.8%いるという結果は驚きだ。

そして、そんな不快な“髪ハラスメント”を受けた人が取った対応で62.4%と最も多かったのは「笑ってごまかす」こと。
「無視した」「怒った」あるいは「悩みについて相談した」という対応は合わせても36.0%と少数にとどまった。(以下ソースで)

ソース FNN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00010005-fnnprimev-life


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579872926
続きを読む

【調査】関西人は「すあま」知らないってホント? 知名度を調査してみたら境界線がくっきり

1 名前:ひぃぃ ★:2020/01/24(金) 22:22:22.43 ID:o3VTokkG9.net

「すあま」という和菓子をご存じだろうか。

うるち米からできた上新粉を、こねてから蒸したもちのような菓子で、見た目は団子や餅のようだが食べるともちもちフワフワしている。

筆者(兵庫県出身)は、最近まで見たことがなかった。もちろん、食べたこともなかった。「関東にはあるらしい」とうわさに聞く不思議な存在。それが筆者にとっての「すあま」だった。

実際、千葉に引っ越してくると、スーパーの和菓子コーナーには当然のように桃色の餅のような物体が置かれていた。こんなに堂々と並んでいるのでは、すあまを知らないことに驚く人がいるのも無理はない。

関西では知られておらず、関東では知られているとも聞くが、実際のところ知名度の境界線はどこにあるのだろう。

Jタウンネットでは19年11月25日~20年1月21日の期間に「『すあま』知ってますか?」をテーマにアンケートを実施。すあまの地域ごとの知名度を調査した。

投票総数は3835票。果たしてその結果は――

■日本アルプスが境目?

アンケートの結果、全体で「知っている」と回答したのは58.1%(2229票)で、「知らなかった」としたのは41.9%(1606票)だった。都道府県ごとに、どちらの選択肢がより多く選ばれたかを見てみると、「知っている」が多かったのは19地域、「知らなかった」が多かったのは27地域。熊本県では結果が拮抗した。

結果に従って地図を色分けしてみると、上図のようになった。基本的には、ちょうど日本アルプスあたりにすあまの知名度の境界線があるようだ。

さらに細かい結果を見ていこう。

「知っている」が優勢だった都道府県(19地域)のうち、北海道(96.6%)・岩手(81.8%)・宮城(89.1%)・福島(97.5%)・茨城(96.8%)・栃木(92.3%)・群馬(92.7%)・埼玉(86.7%)・千葉(98.1%)・東京(81.5%)・神奈川(86.3%)・山梨(80.0%)・長野(84.0%)の13地域では、8割以上の回答者がすあまを知っていた。

また、「知らなかった」人が多かった都道府県(27地域)では、富山(85.0%)、石川(81.5%)、福井(87.0%)滋賀(85.3%)、京都(86.2%)、大阪(82.2%)、兵庫(87.0%)、奈良(87.0%)、鳥取(83.3%)、岡山(84.0%)、広島(88.2%)、山口(100%)、徳島(84.6%)、香川(88.5%)、愛媛(93.1%)、福岡(87.7%)、佐賀(100%)、長崎(94.4%)、大分(87.5%)、沖縄(80.0%)の20地域で、8割以上の回答者がすあまを知らなかった。

つまり、多くの都道府県は「ほとんどの人がすあまを知っている」地域と、「ほとんどの人がすあまを知らない」地域に分けられる。

ところで、一段と目を引くのは高知県の結果だ。周囲は「知らない」派が圧倒的な中、1県だけ「知っている」派が多い。

高知県からは11票が集まり、うち6票が「知っている」。四国では徳島で13票中2票、香川で26票中3票、愛媛で29票中2票だけが「知っている」だったため、高知の結果は一層不思議に感じられる。

偶然か、はたまた何か事情があるのだろうか...。高知のすあま事情について、さらなる調査を進めてみたい。

2020年1月24日 6時0分 Jタウンネット
https://news.livedoor.com/article/detail/17709647/

画像
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/c/5c05b_1460_c40e94f0b5eb0d259eebd9e7c17fb11f.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579872142
続きを読む

【調査】老後に住みたい都道府県ランキング 1位 東京都 2位 沖縄県 3位 北海道

1 名前:妖怪障子破り ★:2020/01/24(金) 13:16:21 ID:lbaqU/Uj9.net

調査期間:2019年8月29日~2019年8月30日

仕事や子育てなどを終えた人生のラストステージをどこで暮らすのかは、いずれ誰もが考える問題ですよね。
利便性やその土地の空気、頼れる人がそばにいるかどうかなど、重要視する点は人によってさまざまです。
そこで今回は、どの都道府県が「老後に住みたい!」と思われているのかを調査、ランキングにしてみました。

1位 東京都
2位 沖縄県
3位 北海道
4位 神奈川県
5位 千葉県
6位 福岡県
7位 大阪府
8位 埼玉県
9位 京都府
10位 長野県

■ 1位は「東京都」!

政治・経済の中心地であり、さまざまな流行の発信地として知られている「東京都」が1位にランク・インしました。
近年は地方から都市へ移り住む傾向が全体的に強くなっており、住まいを決める際に商業施設が近くにあるか、交通インフラは整っているかというのは、やはり重要なようです。
東京は狭い範囲に商業施設などさまざまなものが集中しており、それらにアクセスしやすいことが特長の一つ。

日々の利便性や娯楽から、病院やデイサービスなどへの近さまで「快適な老後」のイメージにぴったりなのでしょう。
利便性だけでなく、各自治体における生活支援サービスの充実度が総じて高いことや、医療・介護制度や人員が充実していることも1位の理由かもしれませんね。

■ 2位は「沖縄県」!

2位に続いたのは、南国「沖縄県」です。
温暖な気候とおおらかな県民性、自然がいっぱいの美しい海…まさに憧れの場所ですよね。

真冬でも10度以下になることはめったにない温かさで過ごしやすく、温暖な気候のおかげで独特な自然環境にも恵まれています。
美しい景観に囲まれて老後を過ごしたい人に人気なのもうなずけますね。
医療や介護、生活支援、認知症対策や社会参加など実生活面に関するデータを見ると、その充実度は平均からやや低めにとどまっていますが、生活の利便性よりも、その魅力的な自然環境が今回の人気を後押ししたようです。

■ 3位は「北海道」!

3位には、2位「沖縄県」とは対照的な雪国「北海道」が選ばれました。
こちらも人気のポイントはやはり自然でしょう。

とにかく広大な面積のほぼ半分は山地で、盆地や平野、湿地など、豊かな自然が広がっています。
また、気候的にも梅雨がなく、夏が涼しいなど過ごしやすい環境となっています。

「食べ物がおいしい」というイメージも強そうですね。
海の幸や山の幸、ラーメン、ジンギスカンなどのご当地メニューから、新鮮な乳製品でできたスイーツまで、グルメな人なら一度は住んでみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

便利なところで不自由なく暮らすか、それとも自然に囲まれて穏やかな気持ちで過ごすか。
どちらも捨てがたく、悩んでしまいますね。
みなさんの老後に住みたいと思う都道府県はどこですか?

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女:複数回答)
調査期間:2019年8月29日~2019年8月30日

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/c/ac402_195_2782f01f48f2c7efb306384ad81e7928.jpg

https://news.livedoor.com/article/detail/17709991/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579839381
続きを読む

【2020米大統領選挙】米民主党候補争い、サンダース氏が首位に…米CNN調査

1 名前:みんと ★:2020/01/23(木) 18:28:02.17 ID:60Oio7KN9.net

【ワシントン=永沢毅】2020年米大統領選に向けた民主党の候補指名争いで、サンダース上院議員がバイデン前副大統領を抜いて米CNNの世論調査で初めて首位に立った。アイオワ州で予備選の皮切りとなる党員集会が開かれる2月3日まで2週間を切り、各候補のつばぜり合いが激しくなっている。

CNNの22日の発表によると、サンダース氏の支持率は27%、バイデン氏は24%だった。ウォーレン上院議員が14%、インディアナ州サウスベンド前市長のブティジェッジ氏が11%、ブルームバーグ元ニューヨーク市長が5%で続いた。

サンダース氏の支持率は19年12月の前回調査から7ポイント上昇する一方、バイデン氏は2ポイント低下。サンダース氏は初戦のあるアイオワ州の一部調査でも首位に立つなど、勢いを増している。ただ、米政治専門サイトのリアル・クリア・ポリティクスによる各種世論調査の平均ではバイデン氏(28%)がサンダース氏(21.9%)をなおリードしている。

日本経済新聞 2020年1月23日 2:19
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54729610T20C20A1000000/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579771682
続きを読む

【調査】世界の民主主義指数…1位はノルウェー アジアは 韓国(23位 日本(24位 台湾(31位 中国(153位 英エコノミスト

1 名前:ばーど ★:2020/01/23(Thu) 07:44:20 ID:wjJQ54AZ9.net

(ロンドン中央社)英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」(EIU)が発表した2019年の民主主義指数で、台湾は31位だった。前年から1つ順位を上げた。アジア・オーストララシア地域では5位を維持した。

民主主義指数は世界167の国・地域を対象に、「選挙過程と多元性」「政府の機能」「政治参加」「政治文化」「市民の自由」をそれぞれ10点満点で評価し、5項目の平均値でランク付けしている。

台湾は選挙過程と多元性(9.58点)、市民の自由(9.12)、政府の機能(8.21)の評価が高かった一方で、政治参加(6.11)、政治文化(5.63)は低迷。平均点は7.73で前回と同じだった。

世界1位はノルウェー。2~5位はアイスランド、スウェーデン、ニュージーランド、フィンランド。アジア・オーストララシア地域の最高位はニュージーランドで、オーストラリア(9位)、韓国(23位)、日本(24位)、台湾がこれに続いた。

中国は平均2.26点で同調査が始まった2006年以来最低の153位。このうち選挙過程と多元性は0点だった。

2020/01/22 19:44
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202001220012.aspx
--------------
■世界の民主主義指数、過去最低に 南米や香港の混乱で

【ニューヨーク=後藤達也】英エコノミスト誌がまとめた2019年の世界の民主主義指数が06年の調査開始以来、最低となった。南米で政治の混迷が相次いだほか、香港でデモが拡大したため。エコノミスト誌は「民主主義は逆戻りしている」と指摘する。

エコノミスト誌の調査部門である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」が年に1回、分析している。「選挙運営」「政治文化」などに分類し、合計10点満点で評価している。19年の世界平均は5.44と前年から0.04ポイント低下。調査開始以降で最低だった10年(5.46)を下回った。

特に低下が目立ったのは南米だ。ボリビアでは選挙でモラレス前大統領による不正が発覚し、政治が混乱。ベネズエラは経済政策が破綻し、政治や社会の危機の度合いが強まった。香港のデモの影響も大きく、香港の指数に加え、デモの鎮圧を試みた中国も「政治文化」などの項目で指数が大きく低下した。

指数が悪化した国は68カ国だったのに対し、改善した国は65カ国あった。タイは14年のクーデター後、初めて総選挙が実施され、大幅に改善した。首位だったのは前年に続いてノルウェーで、指数は9.87だった。日本の指数は前年度と同じ7.99で24位だった。

2020/1/23 2:59 日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54729680T20C20A1000000/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579733060
続きを読む

【中国】SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/01/22(水) 16:20:15 ID:Aw1d3tpx9.net

中国中部の湖北省武漢市を中心に集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎で、国の専門家グループの一員として現地調査に入った北京大学第一医院の王広発医師がウイルスに感染していたことが分かった。22日、中国国営中央テレビなどが伝えた。王氏は重症急性呼吸器症候群(SARS)研究の第一人者としても知られ、隔離された場所で治療中で、容体は安定しているという。


 中国メディアの報道によると、王氏は昨年12月、武漢で肺炎が広がった際に中国国家衛生健康委員会が現地に派遣した専門家グループのメンバーだった。少なくとも8日間、現地に滞在したとみられる。今月10日、国営新華社通信の取材に「いかなる病気も予防が大切だ」と語り、マスク着用のほか、運動で免疫力を高める重要性を訴えていた。

 専門家が感染したことについて、中国のSNS上では「完全な予防策はないということだ」「感染力が相当高いのでは」などの不安の声が広がっている。

 王氏は呼吸器や救急医療の専門で、北京大学第一医院の呼吸器科主任などを務める。2003年にSARSが大流行した際は陣頭指揮をとったという。日本での研修歴もある。(北京=冨名腰隆)

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200122-00000025-asahi-000-view.jpg

1/22(水) 13:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000025-asahi-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579677615
続きを読む

【調査】「お釣りはいらないよ」減り…キャッシュレス決済でTAXI運転手の28%が嘆き 月1万円減も

1 名前:ばーど ★:2020/01/21(火) 13:39:00 ID:KSxE/ckM9.net

2020年1月8日「タクシー運転手の働きがい調査」を発表 大成広告社

「運転手さん、お釣りはいらないよ」「ハイ、ありがとうございます!」

タクシーを利用したことがある人なら、こんな言葉をかけた経験があるだろう。

しかし、世はキャッシュレス決済時代。タクシー業界でも8割近くが導入している。便利になった半面、「お釣り」の分のチップ収入が減って、タクシー運転手がさみしい思いをしていることが調査でわかった。

3割の運転手が「お釣りチップがなくなり寂しい」

「ミドルシニアのお仕事ナビ」を運営する大成広告社(東京都中央区)が2020年1月8日、「タクシー運転手の働きがい調査」を発表した。40代~60代のタクシー運転手90人を対象に、「キャッシュレス決済」や、東京五輪・パラリンピックを控えて外国人乗客が増えることなどについてどう思うかを聞いた調査だ。

キャッシュレス決済を導入しているのは78.8%に達した。ところが、キャッシュレス決済についてどう思うかを聞くと、1位は「楽になった」の44.4%だったが、2位は「小銭がないお客様の『お釣りはいらないよ』がなくなって寂しい」で27.8%もいた。4人に1人以上だ。機械の使い方に戸惑うという人も10.0%いた=図表参照。

キャッシュレス決済についてどう思うかの自由回答でも、

「(チップがなくなり)月に1万円以上の減俸だよ」

という嘆き節が聞かれた。また、

「機械がよく不具合になる」「納金処理が面倒」「売上からキャッシュレス決済の手数料が引かれるのは不満」

というネガティブな回答が多く、肯定的な意見は、

「楽になった感覚はないが、お客様の選択肢が増えたことはよいこと」

の一つだけだった。

また、2020年に外国人乗客が増えることについては、「英語への不安がある」が36.7%、「日本をご案内できることが嬉しい」が16.7%だった。自由回答でも、

「料金の支払いで問題が起きそう」「言葉がまったく通じない外国人は困る」「日本人のモラルが通用しないので、小さなトラブルが続出すると思う」

といった不安の声が多かった。その一方で、

「たかがタクシーだが、それでもおもてなしの心があることを感じてほしい」「英会話の勉強を触発されている」

といった前向きの声もあった。

2020年1月18日 16時0分
J-CAST会社ウォッチ
https://news.livedoor.com/article/detail/17682987/
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/8/58900_1061_a276f6e9_b2a25b0b.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579581540
続きを読む

【内閣府】ぶっちゃけ「日本が難民を受け入れること」どう思う?政府が調査した結果

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/01/21(火) 19:52:34.31 ID:1N7Mz+0z9.net

日本で難民申請をして、難民として認められる確率は1%以下。
みなさん、これって少ないと思いますか?多いと感じますか?

これから、日本は難民として日本に助けを求めて渡ってくる人々とどう付き合っていくべきだと考えますか?

内閣府が、日本の難民受け入れに関する世論調査の結果を発表しました。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子 】


54.6%「少ないと思う」

内閣府の調査に対し、回答者の半数以上である54.6%の人が「少ないと思う」と答えました。

「少ないと思う」の次に多かったのは、「多い少ないの問題ではない(日本の受け入れ数は難民認定制度に従い判断された結果であるから)」の19.1%、「わからない・どちらともいえない」が15.8%でした。

一方、「多いと思う」と答えたのは10.6%でした。

日本が2018年に受け入れた難民の人数は42人で、認定率は0.25%でした。以下の表は、2013年から2018年に日本で難民申請をした人数と、難民として認定された人数を表しています。

内閣府はBuzzFeed Newsに対し、難民受け入れについての世論調査は今回が「初めて」と説明しています。

この内閣府による調査は10~70代の男女1572人が回答しています。2019年に設置された出入国在留管理庁が今後の、日本の難民の受け入れについて参考にするため、調査が実施されたということです。
.

実際、他国と比べて日本の受け入れ数ってどうなの?

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の統計によると、2018年に、入管法の規定に基づいて難民として認定された人は、日本が42人のところ、ドイツで5万6583人、アメリカでは3万5198人、イギリスで1万2027人、イタリアが6488人などで、G7の国々と比べると日本が極端に少ないことがわかります。

G7以外では、オーストラリアが1万296人、スペインが615人、韓国が118人などです。
.

これから、日本はもっと難民を受け入れるべき?

調査では、今後の日本で、難民を「積極的に受け入れるべきか」「慎重に受け入れるべきか」という質問もされました。

「積極的に受け入れるべき」と答えたのは24.0%。「現状のままでよい」が15.8%、「慎重に受け入れるべき」が最も多い56.9%でした。

受け入れ数は「少ない」と答えた人が半数以上でしたが、一方で、今後の受け入れに関しては「慎重に」と考える人が半数以上という結果になりました。

難民受け入れ「慎重」「積極的」なぜ?

「積極的に受け入れるべき」と答えた人の中で、一番多かった理由は62.3%で「受け入れることは、国際社会の一員としての責務であるから」でした。

複数回答で次に多かったのは、「日本の受け入れ数は、他の先進国と比較して少ないと思うから」の36.6%。その他には、このような理由がありました。

・「多様性のある社会の発展につながる」(34.2%)
・「日本の人手不足の解決の一助になる」(25.2%)
・「日本の人口減少による問題の解決の一助になる」(11.4%)

一方、「慎重に受け入れるべき」と答えた人の中で、67.2%で一番多かったのは「犯罪者などが混ざっていた場合には、治安が悪化する心配があるから」。他にはこのような理由がありました。

・「文化や価値観、生活習慣の違いによる社会的摩擦が生じる・暮らしにくくなる」(39.3%)
・「地域での定住の支援を始めとする社会的な負担が大きくなる」(35.7%)
・「受け入れると、その人を頼って更に多くの難民及び人道上の配慮が必要な人が日本に集まってくる」(34.6%)

全文はソース元で
1/21(火) 19:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00010009-bfj-soci


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579603954
続きを読む

【調査】都道府県別「平均年収ランキング2019」 1位 東京都(438万円 2位 神奈川(430万円 最下位は沖縄(337万円

1 名前:ばーど ★:2020/01/21(火) 14:39:09 ID:KSxE/ckM9.net

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。2018年9月~2019年8月にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータを元に、正社員として働く20歳~65歳までのビジネスパーソンの収入をまとめたところ、全体の平均年収は408万円であることが分かった。

※以下抜粋

 都道府県別でみると、どのような違いがあるのだろうか。平均年収のトップは、「東京都」で438万円。2位は「神奈川県」(430万円)、以下「千葉県」(414万円)、「栃木県」(410万円)、「埼玉県」「茨城県」(いずれも408万円)と上位6位までを首都圏が占めた。一方、最も少なかったのは「沖縄県」で337万円。トップの東京都とは101万円の差があった。次いで「秋田県」(357万円)、「高知県」(359万円)、「宮崎県」(361万円)だった。

 ちなみに、47都道府県の中で昨年よりも金額が増えたのは13県のみ。特に徳島県は20万円のアップとなった。

https://image.itmedia.co.jp/business/articles/2001/20/l_yd_nenshu2.jpg

2020年01月20日 13時41分 ITmedia
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2001/20/news083.html

 


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579585149
続きを読む



以上の内容はhttp://jyoukyou.livedoor.biz/archives/cat_87305.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13