以下の内容はhttp://jyoukyou.livedoor.biz/archives/cat_51046.htmlより取得しました。


【主張】伊方原発停止 高裁の迷走が止まらない

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/01/18(土) 09:34:00 ID:dlqWy3FJ9.net

司法の見識が疑われる決定である。

 広島高裁が仮処分で四国電力・伊方原子力発電所3号機(愛媛県)の運転停止を命じた。

 伊方3号機に関する広島高裁の仮処分の判断は、この約2年のうちに運転が1回、停止が2回となった。裁判長が異なるとはいえ、高裁としての定見の欠如ぶりは、看過できない迷走状態だ。

 伊方3号機は、福島事故で国内の全原発が停止した後、平成28年夏に国内で4番目に再稼働を果たした原発である。

 昨年12月から定期検査中の3号機は、4月からの運転再開を予定していたが、仮処分は即時に効力を発揮するため、効力が期限付きとはいえ、停止継続を余儀なくされる見通しだ。

 停止による電力不足分の穴埋めは、火力発電で行われるため、二酸化炭素の排出増と併せて、電気代の値上がりが消費者に及ぶ事態は避けがたい。

 広島高裁による前回の運転差し止めは、29年12月に下されたが、その際は阿蘇山の巨大噴火が理由だった。火砕流が海を渡って伊方原発に到達する可能性が否定できない、というものだった。

 今回の運転差し止め理由は、伊方原発が立地する佐田岬半島沿いの断層と原発までの距離だ。


PR





 伊方3号機は原子力規制委員会の厳格な安全審査に合格して再稼働を果たした原発である。

 にもかかわらず、裁判長は四国電力の主張よりも近くに断層が位置すると解釈し、3号機を合格させた「規制委の判断には、その過程に過誤ないし欠落があったといわざるを得ない」とした。

 阿蘇山からの火砕流については、ゼロリスクを理由に伊方原発を立地不適とするのは社会通念に反する、と良識を示したものの、火山灰などの降下量に関して規制委にかみついた。

 四国電力の想定は過小で、それを認めた「規制委の判断も不合理である」としたのだ。

 高度に専門的な理学、工学知識が求められる原発訴訟での大胆極まる「決定」だ。審尋は、たったの1回だったからである。

 しかも裁判長は今月25日に退官する。近年の原発訴訟で運転停止を命じる決定が定年退職が近い裁判長から出される傾向は偶然か。仮処分が脱原発の闘争手段になりつつあることも気にかかる。

2020.1.18 05:00
https://www.sankei.com/column/news/200118/clm2001180003-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579307640
続きを読む

【研究】原発の放射性廃棄物を電池としてリサイクルできる「ダイヤモンド電池」

1 名前:お姉チャンバラ ★:2020/01/21(火) 22:51:04 ID:eqDQI7ca9.net

原子力発電などに伴って発生する放射性廃棄物は、産業利用が終わった後も継続して有害な放射線を放出しているため、厳重な取扱いが必要です。
そんな放射性廃棄物を電池としてリサイクルする、「ダイヤモンド電池」の研究が進んでいます。

原子力エネルギーを利用した原子力発電は排出する二酸化炭素量が少なく、火力発電などと比較してクリーンな発電方法とされていますが、発電後に残る放射性廃棄物の処理が問題です。
たとえば、太平洋上に位置するマーシャル諸島共和国のルニット島には冷戦中にアメリカが残した放射性廃棄物が残されており、プルトニウムが漏れ出している危険性が指摘されています。

そんな中、イギリス・ブリストル大学の研究チームは、核廃棄物を利用して電気を生成する新たな技術を開発しました。
2016年に発表されたこの技術は、放射線を放つ物体の近くに置くだけで電荷を生成する「人工ダイヤモンド」を電池として用いるというもの。

研究を率いているブリストル大学で材料科学を研究するトム・スコット教授は、人工ダイヤモンドと放射性廃棄物による発電システムについて、「可動部品も排出物もなく、メンテナンスが不要で、直接発電するだけです。
放射性物質をダイヤモンドにカプセル化するだけで、放射性廃棄物の長期的な問題を原子力電池とクリーンエネルギーの長期供給に変えることができます」と述べています。

2016年の時点で、研究チームはニッケルの放射性同位体であるニッケル63を放射線源としたダイヤモンド電池のプロトタイプを作成しており、動作も実証済みです。その後、ダイヤモンド電池の効率を改善するために、研究チームは炭素の放射性同位体である炭素14を用いたダイヤモンド電池を開発したとのこと。炭素14は原子力発電の減速材として用いられた黒鉛から抽出可能であり、使用済みの黒鉛から炭素14を抽出することで放射能が低下し、放射性廃棄物の保管コストが削減できるそうです。

また、研究チームのニール・フォックス氏は炭素14をダイヤモンド電池に利用した点について、「炭素14は短距離放射線を放出しており、これはあらゆる固体材料に素早く吸収されます。
人間が摂取したり素肌に触れたりすれば危険ですが、ダイヤモンドの中に保持されていれば短距離放射線が外に逃げられないため安全です」と述べています。

放射性廃棄物を利用したダイヤモンド電池は既存の電池と比較すれば低電力であるものの、電池としての寿命が非常に長いという利点があります。
炭素14を使用したダイヤモンド電池が寿命の50%に達するまで5730年かかるとのことで、スコット氏は「これらの電池は交換や充電が不可能な状況で使用されることを想定しています。
低電力ですが長寿命の電池が必要な、ペースメーカーや衛星といった電子機器に適用されます」と主張しました。

研究チームは、1989年に運転が停止されて記事作成時点で廃止措置が実施されているバークレー原子力発電所の放射性廃棄物をリサイクルして、ダイヤモンド電池を作成することを計画中。
「最終的な目標は、ダイヤモンド電池で使用する炭素14を黒鉛から抽出する拠点を、旧原子力発電所の近くに建設することです」と、スコット氏は述べました。

https://i.gzn.jp/img/2020/01/21/nuclear-waste-recycled-diamond-battery/00_m.jpg

https://gigazine.net/news/20200121-nuclear-waste-recycled-diamond-battery/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579614664
続きを読む

【原発村】青森県六ヶ所村、村民の平均所得1656万円

1 名前:ガーディス ★:2020/01/21(火) 14:12:51 ID:xsPAo0hU9.net

青森県内の「1人あたり市町村民所得」が今年も公表され、六ケ所村が前年度比5・3%増の約1656万円で県内最多だった。村に立地する核燃料サイクル施設の関連事業などが地域経済を押し上げたとみられる。六ケ所村のトップは現在の推計基準になってから11年連続。

 1人あたり市町村民所得は、企業所得を含む市町村民所得を総人口で割ったもので、個人の所得水準を表すものではない。県統計分析課が9日に公表した2016年度の市町村民経済計算によると、県全体でみた1人あたり所得は約256万円。前年度より2・0%増えた。雇用者報酬や企業所得の増加が所得増を支えた。

 市町村別では六ケ所村に次いで、津軽ダムがこの時期に完成した西目屋村の約360万円、漁港の関連工事があった東通村の約277万円の順だった。北海道新幹線の大規模工事が終わった今別町は前年度比13・2%減の約203万円で、最も減少率が大きかった。
https://www.asahi.com/sp/articles/ASN1G729LN1GUBNB00W.html
https://i.imgur.com/d2UeEoR.jpg



引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579583571
続きを読む

【原発やめません】菅長官「判決に関わらず、今後も原子力政策を推進」 広島高裁で伊方3号機の運転差し止め決定

1 名前:豆次郎 ★:2020/01/20(月) 13:00:28 ID:QjgPgUi79.net

THE PAGE
1/17(金) 19:35配信

 菅義偉官房長官は17日の定例記者会見で、広島高裁が四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を差し止める決定をしたことについて「本件は民事手続きであり、国は直接の当事者でないことからコメントは差し控える」と述べた。

 一方で、菅長官は「政府としては今回の判決に関わらず、今後もエネルギー基本計画で閣議決定している核燃料サイクルを含めた原子力政策を推進していく立場に変わりない。高い独立性を有する原子力規制委員会が科学的、技術的に審査し、世界で最も厳しいレベルの新規制基準に適合すると判断した原子力発電所について、その判断を尊重して再稼働を進めていく」との考えを示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00010007-wordleafv-pol


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579492828
続きを読む

伊方原発運転差し止め 「司法判断に振り回されている」 地元・愛媛に衝撃

1 名前:Pescatora ★:2020/01/18(土) 19:01:04 ID:rUtPYROV9.net

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について、広島高裁が17日に出した運転差し止めの決定は、愛媛県内にも衝撃を広げた。受け止め方はさまざまだが、現在定期検査に伴い運転を停止している3号機は、今後再稼働させ3月29日に送電を始める予定だったが、この時期での再稼働は難しくなる見通し。四電は県庁で記者会見し、「決定を詳細に検討し、速やかに不服申し立てをしたい。定検は当面は今のスケジュールで進めていく」とした。

3号機を巡っては、山口、大分、松山、広島の各地裁や支部で仮処分申請などが相次ぎ、2017年12月には広島高裁で差し止めの決定が出された。同決定は18年9月に取り消され、同10月に再稼働した。

裁判所の決定で運転ができなくなるのは2回目で、伊方町の高門清彦町長は発表したコメントの中で裁判所の判断で運転・停止が繰り返されることについて「安全で安定的な運転に影響を与えないか危惧する」と懸念を示した。地元住民からは差し止め歓迎の声も、運転継続を望む声も聞かれたが、「司法判断に住民は振り回されている」と疲労をにじませる人も。

 四電は記者会見で「運転の差し止めは電力会社だけにとどまらず、社会、経済に非常に大きな影響を与える。伊方発電所は原子力規制委員会の世界で最も厳しいと言われる基準をクリアした上でのもの」と主張した上で、「仮処分が複数の場所(裁判所)にわたってされてしまうのは、少なからず疑問を感じている」とした。

弁護団「裁判官の良心示した」
 一方、松山地裁で同様の運転差し止め訴訟を進めている「伊方原発をとめる会」と弁護団も記者会見も開き、「裁判官の良心を示した画期的な決定。(松山地裁の訴訟でも)勝訴の判決が得られるよう最大限努力する」との声明を出した。

 3号機を巡っては、原発の新規制基準で義務づけられているテロ対策のための「特定重大事故等対処施設」について、四電は設置期限から1年ほど完成が遅れる見通し。期限に未完成の場合、規制委は運転停止を命じる方針のため、決定が早期に覆って再稼働できたとしても、21年3月に停止する可能性がある。

https://mainichi.jp/articles/20200118/k00/00m/040/080000c


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579341664
続きを読む

【主張】伊方原発停止 高裁の迷走が止まらない

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/01/18(土) 09:34:00 ID:dlqWy3FJ9.net

司法の見識が疑われる決定である。

 広島高裁が仮処分で四国電力・伊方原子力発電所3号機(愛媛県)の運転停止を命じた。

 伊方3号機に関する広島高裁の仮処分の判断は、この約2年のうちに運転が1回、停止が2回となった。裁判長が異なるとはいえ、高裁としての定見の欠如ぶりは、看過できない迷走状態だ。

 伊方3号機は、福島事故で国内の全原発が停止した後、平成28年夏に国内で4番目に再稼働を果たした原発である。

 昨年12月から定期検査中の3号機は、4月からの運転再開を予定していたが、仮処分は即時に効力を発揮するため、効力が期限付きとはいえ、停止継続を余儀なくされる見通しだ。

 停止による電力不足分の穴埋めは、火力発電で行われるため、二酸化炭素の排出増と併せて、電気代の値上がりが消費者に及ぶ事態は避けがたい。

 広島高裁による前回の運転差し止めは、29年12月に下されたが、その際は阿蘇山の巨大噴火が理由だった。火砕流が海を渡って伊方原発に到達する可能性が否定できない、というものだった。

 今回の運転差し止め理由は、伊方原発が立地する佐田岬半島沿いの断層と原発までの距離だ。


PR





 伊方3号機は原子力規制委員会の厳格な安全審査に合格して再稼働を果たした原発である。

 にもかかわらず、裁判長は四国電力の主張よりも近くに断層が位置すると解釈し、3号機を合格させた「規制委の判断には、その過程に過誤ないし欠落があったといわざるを得ない」とした。

 阿蘇山からの火砕流については、ゼロリスクを理由に伊方原発を立地不適とするのは社会通念に反する、と良識を示したものの、火山灰などの降下量に関して規制委にかみついた。

 四国電力の想定は過小で、それを認めた「規制委の判断も不合理である」としたのだ。

 高度に専門的な理学、工学知識が求められる原発訴訟での大胆極まる「決定」だ。審尋は、たったの1回だったからである。

 しかも裁判長は今月25日に退官する。近年の原発訴訟で運転停止を命じる決定が定年退職が近い裁判長から出される傾向は偶然か。仮処分が脱原発の闘争手段になりつつあることも気にかかる。

2020.1.18 05:00
https://www.sankei.com/column/news/200118/clm2001180003-n1.html


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579307640
続きを読む

【速報】伊方原発3号機の運転を認めない仮処分 広島高裁再び 定期検査後も稼働できず

1 名前:ばーど ★:2020/01/17(金) 14:10:04 ID:0JA0CilT9.net

NHK速報


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579237804
続きを読む

【野合】立憲民主党・国民民主党、合流 「党名」「原発ゼロ」など対立

1 名前:マスク着用のお願い ★:2020/01/15(水) 22:41:19 ID:jRZhukIj9.net

https://sp.fnn.jp/posts/00430405CX/202001152155_CX_CX
立憲・国民の合流 国会召集前は“絶望的” 「党名」「原発ゼロ」など対立

通常国会召集までの立憲民主党と国民民主党の合流は、絶望的な状況になった。

国民民主党 玉木代表「党首間で新たに何か、双方納得する形で決まったものについては、現時点ではないという理解です」、「10日の時点では合意に至らなかったということで、さらに頑張りたいということを、きょうも党内に説明した」

国民民主党は15日、両院議員懇談会で、立憲民主党との合流について協議したが、反対意見が出てまとまらず、通常国会が召集される20日に両院総会を開いて、あらためて協議することになった。

玉木代表は、その後の記者会見で、10日に行われた立憲民主党の枝野代表との党首会談の状況について説明した。

会談で玉木代表は、政党名について「民主党」などを提案し、立憲側が掲げる「原発ゼロ法案」については、いったん撤回して協議するよう求めたが、枝野代表は応じなかったという。

玉木代表は、「納得する形で決まったものは現時点ではない」として、引き続き、枝野代表と協議する考えで、国会召集までの合流は絶望的な状況になっている。

2020年1月15日 水曜 午後9:55


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579095679
続きを読む

【トラブル】四国電力「伊方原発3号機の制御棒引き抜いちゃった(´・ω・`」

1 名前:ガーディス ★:2020/01/12(日) 20:06:17.02 ID:jrPx93Ex9.net

伊方3号機で制御棒引き抜くトラブル
2020/1/12 19:21 (JST)1/12 19:33 (JST)updated

 四国電力は12日、定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で、燃料取り出し準備の作業中、制御棒1本が引き抜かれるトラブルがあったと発表した。

https://this.kiji.is/589036827240924257


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578827177
続きを読む

【東日本大震災】福島第一原発周辺の立入禁止区域が野生生物の宝庫に 福島で米大学が調査

1 名前:ニライカナイφ ★:2020/01/12(日) 00:45:53.81 ID:7fZHsB9T9.net

東京電力福島第一原発の事故を受けて住民が避難した福島県の被災地で、タヌキやイノシシなどさまざまな種類の野生生物が豊富に繁殖していることが、米ジョージア大学の研究チームが実施した調査で明らかになった。
2011年3月11日の地震と津波によって発生した福島第一原発の事故では、炉心溶融が起きて放射性物質が放出され、10万人以上が避難した。

ジョージア大学の研究チームは、この地域に生息する野生生物を遠隔カメラを使って観察。
20種を超す野生生物の写真26万7000枚あまりを撮影した。

その結果、人が住まなくなった福島第一原発の周辺地域で、タヌキやイノシシ、ニホンザル、キジ、キツネ、ニホンノウサギなどが大量に繁殖していることを確認。
「避難区域では放射性物質による汚染が存在しているにもかかわらず、膨大な種類の野生生物が繁殖していることが初めて証明された」としている。

撮影に使った106台のカメラは、汚染濃度が高いために人の立ち入りが禁止されている区域と、中程度の汚染により立ち入りが制限されている区域、および滞在が許可されている区域の3区域に設置した。
120日間で撮影したイノシシの写真は4万6000枚。このうち2万6000枚以上は立ち入り禁止区域で撮影された。

一方、制限区域でイノシシをとらえた写真は約1万3000枚、人が住む区域で撮影された写真は7000枚にとどまった。
タヌキやテン、ニホンザルも、立ち入り禁止区域や制限区域の方が生息数が多かった。

研究チームは放射性物質が野生生物全体に与える影響についても観察しているが、それぞれの個体の健康状態に関する評価は行っていない。
同研究チームがかつて調査対象としたチェルノブイリでも、原発事故後に野生生物が繁殖していた。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/4/24ef3_1470_e0d088b9966aa98a51c8142f0b347811.jpg

https://news.livedoor.com/article/detail/17651300/


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578757553
続きを読む



以上の内容はhttp://jyoukyou.livedoor.biz/archives/cat_51046.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13