以下の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-980.htmlより取得しました。


やらない夫は約束を守るようです 第五章 動き出した流れ その5

168 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:10:12 ID:AHvCG9wS
五255.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジュンを待つ無言の時間。
部屋に戻るなりやらない夫は当然のようにテーブルに着くと
頬杖をつきながら考え事を始めてしまい、



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ー)( ー)  |        (大臣と、宮廷司祭長兼カーディナル神殿代表が
           (__人__)      |         相手となると、実績も何もない親衛騎士じゃ
            l` ⌒´    |        何を言っても相手にされないだろうな。
           {         |
           {       /          下手をすればこちらに
       _. -: ´Λ     _.へ` 、       毒殺の罪をかぶせようとするかも知れない)
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



向かいに座った王女はそんな彼を見ながらもじもじとしていたのだが、
何を思ったのかだんだんと頬が赤くなってきている。



               _〕       //    〔      \ー‐rイ  く ―┐
               {      / /     l \_     l:::::::l    |二二1
                つ   /  ,    l  |   ]     l:::::::l   イ〔V  | |
               └‐t  /   l    | l  |  l {      l:::::::|     | ∨/
                  L. l !  |    l| N  l_廴 ィ   ,ィヱヘ   匸. | l
  「……………」        | l  l l | N ナマ彡ャ‥Y|_ 〈ヘ{そリ   | l |
                     !l  トl,イ、.| jノ  代_ノ 八 L. ト-r'  r イ !| ヽ
                    l|ヽ ヽi代ハ    xwxwx | イ |/::::/ _ノ | l !ヽ|
                        lixwx 、     U l |l  !:::/ //  .| !.|
                        l l          .l l |  !//    ! l .|
                        | ヽ、 ′`   _//イ  |´       .| l |
                       / /| ` 、  r'´ // ̄| lフ      l l .!
                       //| l / ̄, ィ、 //:::::::l |ーt.      l| !
                        //r'´ ̄:::::::::::{rケソ//::::::::/ /}  \   l | |
                     /´ l:::::::::::::/:トこソ{ {:::::::/ }::|    ヽ. l/  !
                     ヽ| /\:::::::::::::/:::::::>'´ ̄/::j |    l |  |

169 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:11:08 ID:AHvCG9wS
五256.
また、そんな二人の様子を微笑ましく見守っているのが侍女長のエマだった。

彼女は優秀な侍女でありながら、真紅のお転婆に付き合える臨機応変さを兼ね備えており
良き理解者、協力者を何年も通しているのである。



         ,r' _ニ、ヽ、、  `ヽ、ヾ、  `γ∠/L
        /´ゝ/''"`ヽ、ヽヽ、    \ヽ、   l| トく
        レフ/    ,. ≧ゝヽヘ、  \⊥、〃 l|  ',
        ヽ、| _  ´ /´,rrァヾ├=―', -ヽノ |l  l,|
          ハァゝ、__l ´ ゞ-‐'ノ    〈ヽi |_,.イ 〃   (あらあら王女様。
          ,' 〉ゞヲ ヽ、__/     ノノ丿´ l/イ    
         ヽニL_,イ          '´/ヽ=レ,ノ|    ほっとかれる事なんて初めてだから
           ',〈、         ,イヘ‐-_/'´| :|    落ち着かないご様子ですね)
            ',    _,.        l-‐''"l |  ||
            ヽ、 ''"     .::   |   | |  ||
              ヽ、   /.-‐''´ ̄ヘ, || ||
                `ユ彡´      ', |:| ||
                「           ', |  | |
                l   _,. -‐ ニ二ニヘ、l ||
               ノ / _,..::'´フ:::::::::::ヽ::`ヽ| |
              ,r'レ/ /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」
              /:/ /::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            //  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',



<トントン
<王女近衛騎士、ジュン=サクラダです!

171 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:12:08 ID:AHvCG9wS
五257.
扉がノックされジュンが戻ってきた。



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ   「ただ今戻りました。
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|   やらない夫ごめん、遅くなった」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



ホールディング・バッグを受け取ったやらない夫は
ちょうど考えがまとまった事もあり
テーブルに立てかけていたバスタード・ソードを装備するとすぐに部屋を出て、



                                   / ̄ ̄\
                                 /  ノ ヽ、\
                                      |   (●)(●)|              /勹
                                      |   (_人_)│         /ヾ/
                                     |     ` ⌒´  |        /ヾ/
  「いや、大丈夫だ。                       |          |,,.._,.,_   ∠ヾ/
   じゃあここを頼むぞ」                      .  ヽ      /  ゙弋llコ~○/
                                 / lヽ     /    /`弋ll
                            _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=/δ/ `弋l、
                       ,r‐< ̄´、 ヽ、 `ト-====ハ|   ,`ー-, 、__  ゜
                       /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
                      l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
                      ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
                      〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
                      !、 `丶--'丶、__,ノ ξ^^ξ ||  @ ヽ,--、 -‐',. イ´
               .      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.. Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
               .       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
                    /ー--‐''´::::::/  ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
               .     l::::::::::::::::::::::/    〉}  Y´       l | |:::::::::::::: ̄l
                     ゝ:::::::::::::::ノ     く ノ   }        { l, |::::::::::::::::丿


173 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:13:08 ID:AHvCG9wS
五258.
南の階段を降って向かうは親衛騎士集会所横、アレクサンドの私室である。



       || \   :. :. :. : . :. :.::
       ||  \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: .: .:
       ||    \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: :.
       ||     \ . :. :. :.:.:. :. :.:.: .: .: .: .: . :. :. :. : .: .: . :. :.||:.: . :. :. :. : . :. ::
       ||      ||\: .: .:. : .: .: .:. . :. : ,/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:.||:.: . :. :. :. : . :. ::
       ||      ||  \ .:.:. :.:. :. :. /  || . :. :. .:     ||. :.: . :. :. :. : . :.: :
       ||      ||   t==-==== |   .!|       . : :||.: .: .: .: . :. :. :. . :
       ||      ||   ||      |   .|| . / . . : .:   ||.: .: . ..::  ::::...:
       ||      ||   ||      |   ,|| .         ||.: .: . :: () :::
       ||      ||   ||      |   .!|. :. :. :.:...:    ||.:. :.    ;l~l
       ||      ||   ||      |   .||     .:.:. .:.:. .:||.: .: .  , | .|:::
       ||      ||   ||      |   ,|| .   .:..:..: .: . ||    . ム一:::
       ||.   ,   ||   |!、___  _! .:.:. || . .: .:..: .:    ||. :. :.   :::::::::::::
       ||      ||.   ,!::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.\  || .: .::.:.:. : .   ||. :. :. :. :. :. : .: .:
       ||    :.  |  / . :. :. :. :. :. : .. \!!    . :. :. :. : ||.: . :.: . :. :. :. :.:.
       || ´    ||/                     ||.: .:.: .:. :. :.   .::.:..:



         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |
      (_人__)    /
      l`⌒´    /     「やはり、まずは団長だな」
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ
      ( ヽ /
       \__ノ
174 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:14:08 ID:AHvCG9wS
五259.
集会所からではなく、廊下側の扉をノックして中に入ると、



    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|     「団長、失礼します。
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |     少々お人払いを………」
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||



アレクサンドは宮廷魔術師長兼、カーディナル魔法学院長である
ロイ=マスタングと話している最中だった。



    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|    「む。
イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l    では私はいない方が良いな。
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、      アンデルセン殿、それでは」
 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
ノ ヽ='´'             /
く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ


175 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:15:08 ID:AHvCG9wS
五260.
大臣筋の有力者であるリフ=オロナインと双璧を成す彼はどうやら保守派の重鎮らしい、
立ち上がった彼に宜しくお願いします、と頭を下げたアレクサンドは廊下までロイを送ると、



                                 ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
                                 フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
                                 ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
                                 "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
                                 /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
                                 ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
   「ええ、ありがとうございました。           i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
   学院の統制も宜しくお願いします」           \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
                                   \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
                                    "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
                                     l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
                                     'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
                                      l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
                                    ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
                                     l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
                                    l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
                                  i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
                         __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
                        :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
                        ::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::


177 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:16:08 ID:AHvCG9wS
五261.
扉を閉めてやらない夫に向き直る。



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !     「どうしたのですか?
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|     王女様の側を離れるなんて
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!     感心できませんね」
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



                               / ̄ ̄\
                            /  ヽ、_  \
                           (●)(● )   |
                           (__人__)     |
   「今、ジュンが居ます。            (`⌒ ´     |
                       .     {           |
    実はお話ししておきたい事が」       {        ノ
                             ヽ     ノ
                             ノ     ヽ
                              /      |
178 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:17:08 ID:AHvCG9wS
五262.
扉が完全に閉まっており、廊下にも



         r=====┐             r=====┐
         |  |  |             |  |  |
         |  |  |             |  |  |
         [}三三三{]           [}三三三{]
_________________________
-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-<>-
|三三|三三|三三|三三|三三|三三l三三三三|三三|三三|三三
           _   -                    _
                       -
        _   -                    _
                    -



隣の集会所にも人の気配が無い事を探ってから―――



;;:l,l:::;:::il::;ii::;:::;:::;:::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                    | ,.;: ,.//.|;;;;;;;
::;l,l::;::;:il:::ii::;:::;:::;:::;::;丶                                                   |,.;:: //::::::i;;;;;;;
,,__ヽ_∩∩≡≡≡≡l::::::::::::::::::::::::::::::::::::                                         |.   l"''l::::::::::|;;;;;;;
   |┌──┐| ̄ ~        _______________.........................---------、                           |,.;: | . |::::::::::i;;;;;;;;
   |│    │|:::::::::::::::::::::    l\                   日ヽ    ../丶__________.................................|  . |;;;;|::::::::::l;;;;;;;;
丶 ..|└──┘|          \.\                    \  ./  \        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ l . |;;;;;/::|;;;;;;;;
 ..\|____|_______________.................\.\                   \"'\   \         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ| | ./:::::i;;;;;;;
    iヽ   ヽ.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;:    \.\______________.............................-------`、 \  .\        ;;;;;;;;;;;;;;l . |/::::::::|;;;;;;;
.........---'     ヽ.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;::  \l______________.............................--------'    \ /'|               | l:::::::::::l;;;;;;;;
        ,/.l.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:   \::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::    |.ヽ\ \__......---' l.            | , |:::::/;;;;;;;;;
       ./l/'.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;:  \:::::|:::::::::::::::::::::       | .丶l\l__......-,--'''"            |__,|/;;;;;;;;;;;;;;
........----'~~l/l.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;::: \|________............-----'    ̄                     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
........----'~~::::: l.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,                                      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::l.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:
:::::::::::::::::::::::::::::::l.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:
::::::::::::::::::::::::::/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;:
:::::::::----'~~.,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;:
.,,;:

180 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:18:09 ID:AHvCG9wS

五263.
やらない夫はいきなり確信に触れ、



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ    「国王の死因ですが。
.   l              l 弋心 l    ………毒殺と思います」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



息を呑んだアレクサンドが強ばった表情のまま続きを促した。



                              ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
                               ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
                               |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈
                               |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |
                               | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
                               .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
   「―――詳しく聞かせてください」         .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /
                                ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/
                                  \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
                                  /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\
                                , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
                              / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
                          ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
                            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
                          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \

181 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:19:08 ID:AHvCG9wS
五264.



              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |  「まず第一に、国王の死因は
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   精裂病ではありません。
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
     l` ( ``/ .  |        }  これは確実です」
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                                    _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
                                    ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
                                   彡;.゙           ヾ, ミ
                                  .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
                                  ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,
     「しかし、私達素人に                 彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
     精裂病の事は分かりませんが」          i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
                                  liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
                                  |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
                                    ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
                                     i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
                                    ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
                                      ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
                                 ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
                               ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,



やらない夫君は治療師の資格も持っているのですか、と尋ねると

183 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:20:08 ID:AHvCG9wS
五265.
彼はそうではありませんが、と理由を言った。



                ̄   、
            ´        \
     /              ヽ
      /                ノヾ
    '            ー ´  ヽ
    l              / .,.....、ヽ
.   l              l {::::::} l    「………親父が、精裂病で死んだのです。
.    l              冫.ー く    だから俺には分かるのです」
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                       、_Z≧x___}\ト、__r 、
                     , ィ≧ -==ミ  ミミ   \ト、ト、
                     ラ  彡  -=ミ   \ ヾ  ヾミメト、
                    彡彳     --===ミ     \ ト、  ト、
                   ヲ彡     -=三ミ  -=ミ≧   ヾメ ゞⅦハィ
                  イ  /     ニニ三 =-} ̄`ーzW `川川i|
                 / / 〃  -==ミ     j}   .:::::::::ヾ、 } } }!
                 7 イ   / 彡 -=rzzミ    ソ  ...:::::::::::::::::Ⅴ川リ
                 /, ィ  ./    /r-! } -= 彡' ...::::::::::::::::::::::::Y''´
                 ラ/ イ 彡彳/ ./::::::} }zxイ .....:::::::::::zzzzx : ::::|
                彳イ 〃   { {:::::::::} }}>ミx:::::::::::::::::;;;;丕ミi!:::::|
                 j  /zzイ ハ V:/~::..    `ミ;;x:::::::;;;;;;;;;;ム! ::|
                ノ/〃 .//∧ V :::::::::::::::.........:::::::`ミ;;xzz/ /::/
                イ /.///  V/,,,,:::::::::r-:::::::::::::::::::::;;;:>/ /イ
               . /〃-=彡/ ::::::::/-彡:::::::ir=-::::::::::::::::::::::::レ:::::::l
  「そう、でしたか」   \ ....::::::: / ::::::::/彡彡:::::::i!:::r=-  :::r=z、::::::::ム
               .//\::::/ .:::::::{彡彡彡:::::::::::::::ト、_:::::::::::::-==::ム
               //// \zz.:::::::人彡彡彡 : :::::::::ヒ-+ミト、_ニr''  ̄
               ////// .\zzz:::::\彡彡彡::::::::::: ̄`マr''¨
               /////////.\zzZz::\彡彡彡::::::::::Y='
               /////////// \ZzzZ:\彡彡彡彡|
               //////////////>==>z、彡彡'
               ////////////////////////\
               //////////////////////////\
               ////////////////////////////\
               /////////////////////////////入
               ///////////////////////////// /\
               //////////////////////////// ////
184 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:21:08 ID:AHvCG9wS
五266.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   「そして精裂病は不治の病です。
. |     (__人__)   あらゆる薬、霊薬、神聖魔法も意味を成しません、
  |     ` ⌒´ノ   無駄な行為なのです。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ  普通の治療師や司祭ならそれを知っています」
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



精裂病。
それは魂をすり減らすほどに生き急ぐ者を、いつの間にか蝕んでいる不治の病。

明確な原因は未だ解明されておらず、
発病した者には時折全身を襲う、苦痛を伴う発作でしか症状が現れない。
次第に間隔が短くなる発作は患者の寿命を容赦なく削り取っていき、
残りの余命が無くなった時その者は死に至るのだ。

ただ、精裂病に犯される程に生き急ぐ者はなかなか居らず、
名前だけは知られているが、一般の人々や治療師、司祭ですらも
どのような症状なのかを詳しく知らないのが実情である。
186 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:22:08 ID:AHvCG9wS
五267.



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'   「死因が精裂病ではない事は分かりました。
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !      ではなぜ毒殺だと?」
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.

                                ┏─────┓

                                   これを。

                                ┗─────┛

                                ____,,..、-―‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ,.. --――――――r''"´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            /            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              j             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /   | /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /  ,- 、Y        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          '、  _,.-'        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ア´           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           !     _,,.. ァ、___ ,. -';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ` ‐、__7´`"´      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―――――
                          ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―‐ ''"´ ̄
                             ̄ ̄


テーブルの上に置かれたのは、アレクサンドも見覚えのある国王の薬だった。
五つの袋は二つと三つに分けられ、そのうちの二つには×印が付けられている。
187 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:23:08 ID:AHvCG9wS
五268.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   これらは国王に投薬されていた薬です。
   印のない三つは寝室の机に残されていた物、
   印のある二つは侍女がまだ持っていた物です。

┗──────────────────────────────────────────────┛

         _..rー 、_                     _..rー 、_
          /    `'ゝ、_                 /    `'ゝ、_
      /          ^''ー-...._          /          ^''ー-...._
     ./´ヾ、       _,,..‐"’ `゙''ー-.._     ./´ヾ、       _,,..‐"’ `゙''ー-.._
    ..../   i     _..-‐´         /    ..../   i     _..-‐´         /
     /    !_..-‐'"´           /      /    !_..-‐'"´           /
   /     ! 、   ×       /       /     ! 、    ×      /
    `'ー..、   i           /         `'ー..、   i           /
      ^ヽ、  ヽ_     /             ^ヽ、  ヽ_     /
        `ー、 ヽ    /                 `ー、 ヽ    /
          ^'ーム./                    ^'ーム./

         _..rー 、_
        /    `'ゝ、_
      /          ^''ー-...._
     ./´ヾ、       _,,..‐"’ `゙''ー-.._
    ..../   i     _..-‐´         /゙''ー-.._
    /    !_..-‐'"´           /    /'ー-.._
   /     ! 、            /     /   /
    `'ー..、   i           /     /   /
      ^ヽ、  ヽ_     /     /   /
        `ー、 ヽ    /   /   /
          ^'ーム./    /  /
             ^'ーム./   /
               ^'ーム./
188 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:24:08 ID:AHvCG9wS
五269.
治療師の資格も、薬師の資格も持ってはいない。

だが父親からの厳しい教育のおかげで
資格を持ってもおかしくない程の知識を備えているやらない夫は確信を以て言い、



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ    「印のついている方には微量ですが、
    l              ,‐-,.._ ゞ    モスフングスと呼ばれるキノコの毒が含まれています。
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く    モスフングスの胞子から抽出される毒は
   l               l    ノ!   大量に飲まない限りは命を落とす事はありませんが、
   l               `ー‐ f r'    微量と言えど長期に渡って摂取し続ければ
   l                  ノ'     中毒を起こして死に至ります」
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



     ,、__,,,,,,......--,―--、...,,
     ゝ、。 o;;;;゚。;;o;;;;;;;゚;;。;;;;;o;;゚;~フ
       `ー-、_゚,,,......,,--―'' ~    ┏────────────────────┓
           ,ノ,,_ i、  _..
           / , i 、| /;;。.ヽ        そして自覚症状は風邪によく似ている為、
           `iー-vi .i。;゚;;o;;i        風邪の治療薬に混ぜておけば―――
           ノ~ー'| ゝ_;゚o'
             ノー,~'|  ノ_ -!     ┗────────────────────┛
            |`~ー;i  ,!_~_|
           |-~_ |  `--'
           `ー"



モスフングスの名ぐらいは聞いた事があったアレクサンドは
二種類の薬を嘗め比べて見たのだが、違いは分からなかった。



          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,   「ふーむ?」
        彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
           i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
            ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
     ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,

189 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:25:08 ID:AHvCG9wS
五270.



                   / ̄ ̄\
                 /  ヽ、_  \
                (●)(● )   |           「俺の推論はこうです。
            _ /.i,  (__人__)     |
        ,.-r‐r',ノ'っ'   (          |           まず、国王が普通に風邪をひくのを待つ。
        ,1,.!..iン' .      |        |
  .     / 7´  ノ       ヽr‐-   -,. ‐`-,..,,_         次に、抵抗力の低下防止を理由に、
       ,iー'  ,ィ'       '"i´ ,ゝ、/'./.,.'.,.'´r',`'"''''ー.、  投薬と自然治癒に任せるよう誘導。
      io'iー‐ 'i       ,ィ7/.`! ,イ /././ /./, '       .',
      l l   .l     ,.//〃 .,' ,.'/././././././       i  その薬の中にモスフングスの毒を混ぜておき、
      /`7 ''''  ヽ  ノ////  !/.,'./././././ ,'         !  風邪が長引いているように見せかけて
      !     .i r'´ /i,'.,'/  ./ /.,' ,' ,' ,' ,'./        ,'   中毒を起こさせ―――」
      ',     iノ-.、i.i.i.i.i  ./,'.,' ,' ,' ,' ,' ,!'        , '
      i     i';  l !l.l ! ,'.,'.,' ,' ,' ,' ,'.,ヘ,_        ,.'
      |     ,'  .!',',','i ,' ,'.,' ,' ,' ,' i r'ー'‐`=、、   ./
      ';      _,,.!i」,!r'ー'‐ー'‐' ''"`i;    `ヾ'、ノ
       ヽ,__ , ‐'´./ /              ,./
         !r',.  i,__.i            //



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'   「毒による症状なのだから、
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !      もちろん治療の奇跡も効果を成さない。
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!      そこへ、素人が判断の出来ない
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ      精裂病と診断すれば―――」
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



そこまで言われればアレクサンドにも絡繰りが見えた。
やらない夫の言わんとしている続きを言ってみれば、
190 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:26:08 ID:AHvCG9wS
五271.
そうです、と机の上の包みを指さした彼は大きく頷いた。



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i    「そうです。
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|     偽りの精裂病患者の出来上がりです。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     ただし綻びがありました。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     精裂病を実際に知る俺と、
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/      すり替え前に回収された毒入りの薬。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/       そして、不治の病に投薬を続けた矛盾。
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l        まずは信頼できる薬師にその成分を分析させ、
r   、  /           !::::::::::: i..:..i        モスフングスが含まれる事を確認するべきでしょう」
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



                     フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
                    彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
                    Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
  「しかし、リフ殿までも?」    彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ
                     ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./
                     Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!
                      ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ
                      ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!
                      ヽ :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
                       ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´
                       ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
                     /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\



宮廷司祭長兼カーディナル神殿代表が荷担しているとなると、
話の規模が大きく異なってくる。

確実な話なのでしょうか、と厳しい表情で確認をするアレクサンドに、
191 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:27:09 ID:AHvCG9wS
五272.
少し悩んだやらない夫は
証拠としてはまだ弱いのではと言った。



                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
         / //〉  ( ー) (ー )  l           「もちろん、本当に精裂病で
          l  ´ イl   (___人___)  l           その薬はただの風邪薬で
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l            俺が妄想しているだけの可能性や、
.       /   ハ !.!          !            そう言い切られる可能性もあります。
.        /  /  ' ヽ           /            ですから、きちんと裏を取ってからでないと
       l   // 、ゝ       / ヽ_         証拠として使うには弱いでしょう。
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、    その後、これらの証拠と推論を元に
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \   公の場に検査官の聖騎士を呼び、
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ 嘘発見の奇跡を使えば………」
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



いきなり嘘発見の奇跡を国の重要人物にかけて尋問するわけにもいかない。

公の場でこれらの証拠品、矛盾のない推論を用いて対処に当たれば
余計な騒動は避けられるのでは、と主張するも、



        、_Z≧x___}\ト、__r 、
      , ィ≧ -==ミ  ミミ   \ト、ト、
      ラ  彡  -=ミ   \ ヾ  ヾミメト、
     彡彳     --===ミ     \ ト、  ト、
    ヲ彡     -=三ミ  -=ミ≧   ヾメ ゞⅦハィ
   イ  /     ニニ三 =-} ̄`ーzW `川川i|
  / / 〃  -==ミ     j}   .:::::::::ヾ、 } } }!
  7 イ   / 彡 -=rzzミ    ソ  ...:::::::::::::::::Ⅴ川リ   「分かりました。
  /, ィ  ./    /r-! } -= 彡' ...::::::::::::::::::::::::Y''´    この薬の事と、大臣達の処遇については
  ラ/ イ 彡彳/ ./::::::} }zxイ .....:::::::::::zzzzx : ::::|      私に任せなさい」
 彳イ 〃   { {:::::::::} }}>ミx:::::::::::::::::;;;;丕ミi!:::::|
  j  /zzイ ハ V:/~::..    `ミ;;x:::::::;;;;;;;;;;ム! ::|     (首謀者のみを処分するか、
 ノ/〃 .//∧ V :::::::::::::::.........:::::::`ミ;;xzz/ /::/      大臣派を粛清するかの判断が難しいですね。
 イ /.///  V/,,,,:::::::::r-:::::::::::::::::::::;;;:>/ /イ
. /〃-=彡/ ::::::::/-彡:::::::ir=-::::::::::::::::::::::::レ:::::::l       ここは王女様にご判断を頂くべきか―――)
\ ....::::::: / ::::::::/彡彡:::::::i!:::r=-  :::r=z、::::::::ム
.//\::::/ .:::::::{彡彡彡:::::::::::::::ト、_:::::::::::::-==::ム
//// \zz.:::::::人彡彡彡 : :::::::::ヒ-+ミト、_ニr''  ̄
////// .\zzz:::::\彡彡彡::::::::::: ̄`マr''¨
/////////.\zzZz::\彡彡彡::::::::::Y='
/////////// \ZzzZ:\彡彡彡彡|
//////////////>==>z、彡彡'
////////////////////////\
//////////////////////////\
////////////////////////////\
/////////////////////////////入
///////////////////////////// /\
//////////////////////////// ////



アレクサンドはその次の事について考えを巡らせていた。
193 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:28:08 ID:AHvCG9wS
五273.
数秒ほどの沈黙の後。
いきなり深部まで考えを巡らせると凝り固まってしまう、と話題を変えたアレクサンドに、



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,   「しかし、これほどの知識をどこで?」
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::



扉の側に立ったまま、相変わらず廊下や集会所の気配に気を配っている
やらない夫は苦笑いで答える。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)    「親父の教育とその後の経験です。
. |  u  (__人__)     学者に世話になった事もありますし、
  |      |r┬|}     治療師の手伝い、薬師の材料取りなど
  |      | | |}     若造の冒険者が受けられる簡単な仕事には
.  ヽ     `ニ}      勉強になる物が多いんですよ」
   ヽ     ノ
   /    く  
   |     \  
    |    |ヽ、二⌒)
195 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:29:08 ID:AHvCG9wS
五274.
この年にして不相応な程の人格を有し、武芸も学問も礼節も超一流。

どれほどまでに密度の濃い生活を送ってきたのかと
思わず微笑んでしまった上司の言葉を、



                                       _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
                                       ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
                                      彡;.゙           ヾ, ミ
                                     .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
  「なるほど。                            ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,
                                     彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
  ………ですが、そう言った経験を               i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
  余すところ無く自分の一部とし、                liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
  いざと言う時に十分に発揮せんとする            |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
  やらない夫君の努力こそ、                     ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ
  私は得難い資質だと思いますよ。                  i// , .          ヾ、゙,!
                                       ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
  騎士にしておくのがもったいないですね」              _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
                                    /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
                                   /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \



真面目に否定した部下は時間もない事であるし話を戻す事にした。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \    「いえいえ。
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)    それで個人的な勘では、権力欲に溺れた大臣が首謀者、
  |     ` ⌒´ノ    今のところ旨味の見えない高司教は協力者―――のような気がします。
.  |         }    
.  ヽ        }     薬を渡していた侍女は無関係、
   ヽ     ノ  mm 薬草師は半々、と言ったところですかね」
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


197 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:30:09 ID:AHvCG9wS
五275.
初見のやらない夫が見抜いたのはその慧眼に寄るところが大きいだろうが、
アレクサンドも言われてみれば思う節はいくつかある。



                          フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
                         彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
                         Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
                          彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ
   「イチジョウの権力欲、ですか。    ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./
    成る程、頭に入れておきましょう」   Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!
                           ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ
                           ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!
                           ヽ :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
                            ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´
                            ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
                          /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\



             / ̄ ̄\
           / _ノ  ⌒ \
           | ( ●) (●) |         「薬の差と、精裂病に投薬を続けた所だけでも
          . |   (__人__)  |         裏が取れれば十分調査の対象になると思います。
            |   ` ⌒´  |
          .  |         }          とにかく、俺はジュンと二人で四六時中
          .  ヽ        }          真紅様を護衛します。
               ,、ヽ     ノ-、
             /;;;i/      '、!\        お話はそれだけです」
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|



それで話を締めくくった彼の推論に今のところ矛盾はなく、首謀者、動機なども納得できる内容だった。

ただ一つの問題点を除いて―――
198 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:31:09 ID:AHvCG9wS
五276.
それは、二十歳未満の彼がたった一人で、
国王が逝去してから僅か数時間でここまでたどり着いてしまった事である。

アレクサンドもやらない夫の人となりを知らずにこれらの話を聞いたのなら全く信用しなかった。
あるいは情報提供者のフリをした首謀者やその一味として即座に拘束しただろう。



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|     「貴重な意見、感謝します」
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



だが、話をしたのは他でもない彼である。

自分こそがそれを信じて動かねばならないと分かっているアレクサンドは
事件の背景を一人で暴いてしまったかのような部下を、感謝の念を以て送り出した。



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  バタン
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -

199 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:32:09 ID:AHvCG9wS
五277.
やらない夫も自分の年齢や立場を考慮して切り札をアレクサンドに託したのだろう。

使いどころを間違ってはならない、と早速ロイに薬師の手配を願おうと思った彼は、
試しにもう一度二つの薬を嘗め比べてみたのだが―――



          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,   「んー。
        彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ    私には分かりませんねぇ………」
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
           i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
            ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
     ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,



やはり、全く違いが分からなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……
200 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:33:08 ID:AHvCG9wS
五278.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

一度町へ出て、買い物を済ませたやらない夫が王女の部屋に戻れば
ジュンと真紅が話し込んでいた。



               /!
                 //
             /::l _,  - ア
            _ /:::::!「::::::::::::/─‐…ァ
      、___∠::::::〈:::::::|::::::::::::::::::::::::<´
       /::::::::::::::: 〉、::ヽ-..、::::::::::::::::::::\
      ∠ ァ¨´::::;:ィ::::;、ヽ::∧::\:::::::::::ト、::;;>    「お帰り。
      /::::::::::/:::|::::{┴'┴l:!::::::}i::::::::::::::\     随分遅かったね」
.     /::::::::::∧::下仁、 イル二ハ::::::::l:::::::::ヽ
     /::::;イ:::/;;:ハ:{廴__j「¨f廴__j}ハ::::::ト、::::::::',
    .厶イ/::/::{ (Y ` ̄´ } ` ̄´ Yヘ::::l/:\::::!
       ⌒ヽヘ ト-‐ トLr┘ ー-1 /∧:: ハ:|
         Vヾ{ ',ト、 __ ィ1' };イ/ ∨  ′
         V:::ト、 }ヽ`二´ '{ /::/
             ヽ:} ヽ . - 、 /|:/
             /! iハ、___ イ i|\
         _/ {〈 l   {    ト、∧
     / ̄ |   ヽ._  ゝ    _!イ〉 「 ̄\
_  - ´ ̄ヽ  ト、   \二二二 / /    ` - 、_



落ち着かない様子のジュンが椅子に座っているところを見ると、
どうやら強引に座らされているらしい。



    /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: >て`:: :: :\   ハ  ___
   5、:: :: :: :: :: :: :/´      ヾ:: :: テ| ̄|,、_ ゞ//┐|
   ノ:: :: :: :: :: :/         ',:: :: ::|  | < X__ | |
   廴:: :::: :: :: /           `):: ::|  |:: ::} V/ | |
   /:: :: :: :: /    |    ',  、  ,{:: ::|  |/X/.ノノ   「お帰り、やらない夫」
   てィ: :: :/  {   |    i  i  i.i`}:|  |.>//ミT´
    <_:: ::|  i   i  i   | ィ十ナィハ|{|| ,、|}ハケ-ニ=、_
   //}ノ::|  ',   ', ハ  ハ/ィヽァテク'、`ゞソi || ヾヽ ', `\\
  <<V/、_:::',  lヽ_,-+-´ヽノ  ´之゚ンl i .ヽ || } }  ',  \ヽ
.   \廴v=::'、 i トヾィtヶ、      ̄  | l<ソ',ノ └ト ∧   レ'
    L _Xミvノ 、ヽ ゝ弋ゞノ  、     イ |´`V´ ̄`ヽ、_\
    // |ノ /i ゞ/T'\    - ´ / } }  i',:: :: :: :: :::ヽ
.   //  / / } {/ il _ _,>-_=、- イ rノ /ハ  ハ}:: :: :: :: :: ::}
   | | ノ / ,' ハli{:: ::{   - -ィ、 }、 | i | ハ」:: :: :: :: :: ::',
   ´ イノ  ,' イ  i |:: ::\   、,  ト-イ V /:: :: :: ::i:: :: :: ::}、
  / ̄/  v i ∧ |:: :: :: :\/ノノ ∧ > V:: :: :: :: ::|:: ::,:: ::i:::ヽ
201 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:34:10 ID:AHvCG9wS
五279.



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)     「何があっても平気なように
     |     ` ⌒´ノ      色々買い込んできた。
       |         } \
     /ヽ       }  \   こっちは変わりはなかったか?」
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



                                        __   -─- _
                                 -=ニ二::::::::::::::::::::::::::::_>
                                    /:::::::::::::___:::::::::::::::::`7
                               /::::::::::::::::f┴‐ヘ::::::::::::::厶
                               ∠ イ::::::::i:::::::|_,.∠、ヘ:::-、:::::/
   「何も。                            |:::::::::|l:::ト〈    } Ⅵ }::/
   一度ずつ、マコトと言葉さんが             lハ::::|「`Y、 ¨´  `y'´ ̄ ̄`i
   巡回に来たくらいだよ」                    ヽ个‐' _ .ィ  // //   ヽ
                                      V ノ> 、__.. </  '     { r
                                           / /      ∨l::|
                                         |         }l::|
                       .                    l         |l::|
                                             ′           |l::|
                                         〈     /    |l::|
                                             /      /     |l::|



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ       「そうか。
      .  |         }        で、二人は何を話してたんだ?」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ



俺も混ぜてくれよ、と椅子の背もたれに手を伸ばす。
202 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:35:08 ID:AHvCG9wS
五280.
そこで、顔を見合わせて笑った二人は声を揃えて答え、



          ,...__
         イ::ゝ、r、`‐.-.-.-.‐ヘ‐-く:ヽィヽr、               〃::::::::/::::ヾ:::i::::ヽ:::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\
          く´:::::::::::::ゝィゝ::::::::::::::::ヽミヽ:::::;;;;;;ヽニヽ_           /:::::::::/:::::::::i:::`:::::::}::: ト:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           r':::::::;. '    `ヽィ;;;::::::::::ヽミヽ::;;;;;;〈―i 〉         /:::::::::ィ/:/:::::::: L:_ ∧:ハ::::::::::|ヾ:: l>、::ミ、:::::::::::::::V:_:::::::::::::::::::::::::i
         r'::::::/  ,.' /,.'   ゝ::::::::::::i|ミヽ;;;;;;ゝ〈〈       . /:::/ /::/::::::::::::ハ    il i::::::: l 刈  ≧ミ> 、::::::::<  ヽ::::::::::::i\ |
.         ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ    ..// ./:::::i::::::::::::ト:ハ       l::::://_ ィ=彳司 ||== ̄`{ i }:::::|\ゝ. `
         //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、       i ::::::ハ:::::::::::|\ゝ___  |:/ r/ ´ イt jハ ||    ノ //::::::i
.       〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ      l:::::::::::ヾ:::::::|::::::ヾ´ ≧ミ、ィ'''ヾ   ゞ┴ノノ    `./:::ノ`
          ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉     |::::::/i::\:::V::::彳 ィ芯、}}   `ミ==''     r'´:/
.       〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i           |:::/  |::::::>:K ヾ、 _ゞノ ,             |/
          ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |           |/   ヽ/ ヾ `ーt   ` _ ノ フ      /  | ____
       ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |               `      ヽ   `ー´       / ̄    _   ヽ
        ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |                       `  、     ノ  /     /  ̄ ̄ ヽ_
       ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |                           >-イ |  〃   ./
       il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|                         / ̄il  // /-= ' ´  _
.      Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',                      /   V/ ヽ=.//   / ̄ ̄ ̄>=- 、


                            「「やらない夫の正体について」」



                ヽ   ツルッ
    ヘヽ            \
  / /  ヽ   ′  |   i
  | `ヽ´ ` ヽ   レ'、  |;   ',─‐----、
  │ l    l、 |    | }  |`{   ',
  !  i   l  |    l. |  | ヘ   ',
  |  |.  l  │  |.  i  l  ` ー'
  .!、 |   |   |   |.  i  l
    .|.  l  |   |   |  l
    ., --´  !   l  `--´
          `--´



思わず手を滑らせたやらない夫は引きつった表情で彼女らを見比べた。

204 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:36:11 ID:AHvCG9wS
五281.



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |    「なんだそりゃ?」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



纏う空気が異なるのは、貴族と異なる冒険者のそれだと思っていた。

しかし真紅はジュンの話を聞いて確信した、
やらない夫は他の何とも違う特異な存在であるに違いない。



                                              r=..、、
                                           rー-ヘ::.::.r':.:\
                                         r‐、_)ヽ::.:.:.:.:.::.:ー^j_rヽ
                                        r:j_):..:..:.:.:.:丶::.:..:..:.:.:.::.:r':ヽ
                                      r..、}:.:.:.:....:..:..:..:.:.:..:.:.:.:.::.::.::.ーr':\
                                      _ヽ:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.::.::.::.:ーヘ:..ヽ
                                     {_:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> ―、― - {`::.:.:.:.\-..、
    「だって、                              _ }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  l   \ー 、:.:.:.:l:ヽ:くr..、   _
    ジュンの話を聞けば聞くほど、               {:.`:.:.:.:.:.:.:/     l         Y`:.:.:.:.|:..:l/.:.:.:}/_:.ヽ
    やらない夫の事が分からなくなるのよ            ⌒}:.:.:.:/      |    l    ト、:.:.:.:.l..:.l.:.:.イ∠⊥ノ、」
                                       {_:rュ/ /  /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.|:._:小 ̄ ヽ:ヽ
                                    /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.リ:...l´.:ィト\__ノ:.:}
                                   /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':./:../:.:_レj:.ト- ヘ´
                                  /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::.{__/:.:‐ァv' |::l:. l |
                                 / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イVrj、}:.:.{ィ  |:.|:. l |
                               , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi :ト{にソ{^´  |:j:: j|
                              /イ ..::j//    ノイ /ヽ、   ,      ,リ /_:/、) ∨   リ: .:/ !、
                            /´ / ,..--イ`ー──┴''ヽr‐、--─へ . _ /}/´ヽV    l\ j:..:/  l }〉
                          /'  /__/  /         `ヾl     〉''´ ,、__ノ=,_ノヽ  ! ヽ/  /ノ'
                           ̄ ̄ ̄ 〈             //,ィア`ー'´ ̄     ̄ヽ\  /ゝ、∧=イ
                                \__,,.  --<l ̄ ̄ //             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                         ヽ_ 〈〈__         /
                                            `ヽ-'     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
205 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:36:17 ID:AHvCG9wS
机の上で腕枕をした彼女の疑問を、
同じく頬杖を付いたやらない夫は自覚が無いのだろう、さらっと否定した。



             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
           (__人__)      |      「あのなぁ。
            l` ⌒´    |      俺は俺。
           {         |       それ以外の何者でもないだろ」
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
206 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:37:08 ID:AHvCG9wS
五282.
そこへ心配そうなジュンが割り込んだ。
彼が機密とも言える内容を口にするので



::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::/i// i:::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::ハ;;;;;;;;;/-'´   .|::::::::::::::::::::::::ト::::: ト::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::ハ ̄       |::::::ハ::::::::::::::| \i \::::::::::::|:::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::;:::ハ        |:::/ V::::::::::リ    ィ=ハ:::: |::::::::::::::::::::::::\     「それよりもやらない夫。
:::::::::::::::::::::::::::::iヽ:ヘ      |:/   V::::::/   /イ=フi}ヾ─────'`     僕らはここで良いのかな、
ヽ:::::::::::::::::::::::::| \ヽ     |i!    }::/   r''´ゞハi l:ヽ             何かあった時、大丈夫だろうか?」
::::\::::::::::::::::::::|   \   __ニ三イ   ||r j}i| .i lヾ}
::::::::::\::::::::::::: |   /::::_,,,ィ彡=''´i/il_,==|.しソハ ノノ-、
:::::::::::/ \::::::::::ヾ /:- ''´>''´ -=イ`  ||r'´` ハ彡 y/: : : :\ニニミ-、
::::::::/   `ー- xゝ rィ彡''´イッ:::リ  /i   ミー=´i: : : : : : :`:-:、: : :}ソヽ
:::::/::ハ_____/ /  / ヒ:::..ソノ {.リ    }.  l-、: : : : : : : : i: ://: :ハ
 ̄ヽ──────、ハ ヾ  ゞ''´  ノノ    ./  ./: :ノ: : : : : : : : l: i l: : : ハ
i ヽ ` -ゝ      ヽヽ ミ=''´ //       /: : i: : : : : : : : : l: i l: : : : :ヽ、
{  ハ         \\__//    , ィ /: : :/: : : : : : : : : : /: : : : : : : : \
 `   廴     し   ー─''´    ir'_´'´ ./: : :/: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : /
>、_   ー                     /: : :/: : : : : : : : ::/: : : : : : : : : : :/
: : : : : >-、_ハ、               ハ/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :/ハ



しっ、と唇に人差し指を当てるも―――



        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|   「おいジュン………」
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)

207 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:38:09 ID:AHvCG9wS
五283.
時すでに遅し。
時期が来るまで隠しておきたかった情報は、すでにこの部屋で公開された様子。



                                      _   ノ ≧:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ:.:.:.:.:.::::::::::,'´_
                                      /::.::.`ーy、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>' ´  ̄ ̄ ̄ ` - 、::::::ー=───')
                                    /::::::::::::r─':::::::::.:.:.:.:.:, - '´     /      ` 、:::.:.:.:.:.:.::::::::レ、
                                     ></´{:::::::/:.:.:.:.:./   /    il  、      ヽ:.:.:.:.:.-=、:.:.:}
                                   {::::::::::i />:.:.:.:.:.::.:.:./    /     il   il        V:.:.:.:.:.:.::ソ-、
                                    ヾ:::::::|./i:::::::::.:.:.:.:./    /     il   .il         Vヽ:.:.:.:ゝ、 `,
                                    彡r手イ >:./:.:.:/     il      il   .il         .V:.:`ーっキ .|
  「ああ、ごめんなさい。                    //  | 小:.:./:.:.V      il      il   il  、        V、:.:.:.:.:)Xゝ
   私が無理に聞き出してしまったの。          ..  |.|  ソ人ミ>/:.:| il    小   il  .il   升 il         iミ、:.:< フ}
                                   |.| .// V イ:.:.:.| ト  il -升弋-、 il  i ヽ  /│ .ハ   il    |ハ:.:.ノ  小
   麻呂が突然共和制を唱えだしたせいで、        |.| //i  ト V-、ヽト、 .il、 ≧ァ=-、ハ,、 ヾ  /-ナ‐升- 、 .il    ir'´ソ/  ハi
   懸念したアレクサンドが二人を付けてくれたって」   |V/ |  .ハヽ 廴::::|ゝ川 ワ示芯゜ `',v/  ≧=ナ_ /.il    リ::ハ   | ||
                                 .  //  .|  .| ll  弋.{ .|ト、ゞ─'´      {辻り >/ノiハ  i /リ|::| i   | ||
                                  / ハ  .|  .|  i}   >/ .|ヽ`'、     ,    ゞ-ィ / イノハ/レ .|::| /   | ||
                                 .//廴| .|  .|  |}  /ハ |∧ ヽ   _       ./i l .|/    |::||   | .||
                                 ./    |  |  |}   / .| Vr> )   `     .イ/ .| .|    .V/i  .:| .||
                                 }      |  | .|} /  小 V/>/>   , -=-≦ |   | .|    人 >  | .il
                                 |       |  V/」 / <::::::|ヽ ヽ/:::::::r'=ミ入:::::/:::::`-イ  小.|     | | |   |/
                                 ヽ    /   v i レヽ::::>、  X:::.::ィ{rj}ソ::::::ヽ::::::::/  .| ヽ   │| |   |
                                   \ ./   川 .人:::/廴∧ /  V::ィ:示::ヾ::::::::.:.::./   /ノ  \   | | |   |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   「あー、そうか。
. | u.   (__人__)    本来ならこの場でする話じゃないんだが………」
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



どうりで部屋を出る前は感じられなかった、侍女達の緊張が伝わってくるわけだった。
208 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:39:09 ID:AHvCG9wS
五284.
また、真紅との会話を盛り上げるためのダシにでも使ったのだろう、
あまり悪びれた様子のないジュンは大丈夫だよ、と気楽な事を言い、



 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ   「ごめん。
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i   でもこの部屋の中での事だから」
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧



一抹の不安を覚えたやらない夫はそれでも、
もはやどうしようもないので自分の考えを告げる事にする。



                                     ―― 、
                                  / 〉 ´      \
                                 / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                              / //〉  ( ー) (ー )  l
   「何かあるとしたら葬儀の日、          l  ´ イl   (___人___)  l
    あるいはそれ以降だな。   .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                     .       /   ハ !.!          !
   状況次第でどうなるかは   .        /  /  ' ヽ           /
   全然見えないよ」               l   // 、ゝ       / ヽ_
                           ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
                     .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                     .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                         / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                     .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                     .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                       /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



鍵を握るのはアレクサンドだろう。
彼の動き如何で何もない事もあるだろうし、今夜にでも襲われる事だって考えられる。

だがそこまでは言えない彼はジュンが知っている情報のみで考えられる判断を伝え、
211 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:40:13 ID:AHvCG9wS
五285.
それにジュンは納得したようだった。



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}   「なるほど」
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



そこで今度は真紅が知りたい事を尋ねてきた。
無理もないが、国王の寝室での行動に疑問を持ち始めたのだろう。



                    「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
                    l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
                    ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
                  .  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
                     |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
                     l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   「やらない夫、教えて。     〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    ………お父様は本当に    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
    精裂病だったの?」   .   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
                  .     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
                      |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
                  .   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
                     j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
                     /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
                  .  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j

213 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:41:08 ID:AHvCG9wS
五286.
さすがのやらない夫も、これには沈黙を以て答えるしか無い。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)   「……………」
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



                                  r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
                               , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
                               {     : ::ーヵ      |::\    |
                               〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
                               └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
                                {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|
                                 ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     「教えて!                     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!
      私には知る権利があるはずよ!」        |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
                                  l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
                                      / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
                                   / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
                                  , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
                                / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
                               /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
                              / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
                             , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
                             ! i :|   ト 、}>、__/!,_ イ.::    └ァ     l lヽ
                            | ! |  〈 ヽ r ---:.ヽ/┘::.ーt. __「i′    l l ',
                             l l |   _r‐'、-、  _「.: --_└'¨ ,::: :.}       l !l l
                             ! | l  〈, -|_」 {::り;:」 .::  ' ´   /.:: : : \    | !| !
                             l  !| └t_〕j/      /.:::: .: : : :. \   .j l| |
                            ∥ ! i    /         ::::::  :. :. . . \/ ,リ |



再び、今度はより強い言葉で教えるよう願った彼女を―――
214 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:42:08 ID:AHvCG9wS
五287.
真っ直ぐに見据え、真剣に伝えると。



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ     「まだ、確信じゃない。
.   l              l 弋心 l     話すべき時になったら必ず話す」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./




それで、今は言えないのだろうと理解した王女は
権威や立場も振りかざす事もせず素直に従った。

これが近い内に賢王女、後に賢女王と呼ばれる真紅の資質の現れでもあった。

己の判断のみを是とせず、第一人者や第三者の意見を冷静に聞き入れ、
皆の知恵でよりよい方向を目指そうとするそのやり方は、
今まで以上の国民の信頼と、ローゼン王国の繁栄を約束していく事になる。



                          r::v⌒ァィ7::::::::/{`し厶ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r'
                         (`レニ.:.:.:.:/::::::/ァ⌒'       `丶.:.:.:.:.:.:.:.:`う
                       __「二X)ニ.:.:./::::::/rー’i   l  i  ヽ \.:.:.:.:.:.:.:.>
                       [{~ヾ彡ぅ.:.:.:/::::::/rv'  !  :|   |  ハ  '.:.:.:.:.:.:`ニ)
                      `ー ' イィ).:.:.:{::::::,':`┐ :|   !  j|    i  ハ.:.:.:.:.:し、
 「分かったわ。              /ィ:{;ぅ.:.:.|:::::{:{ニ´   !  i|   |    |  }.:.:.:.:.ニく
  信じる、貴方の事」          /´ ∧!Yア.:.!.:.:.!rイ:  j|  ハ  i|    |  |.:.:.:.インく
                     /´  // 乂ヾ:.Lrソt丁大┼ハ! !  |___tL  j.:.:ぅ’1{ヾ}
                .    乂 //∧:} 延リい{ィ笊ミ:、 `"ーィkィz从ィ乂r:く i!:レソ
                   イ:!  .イ  / 〉!  ヾ:{ トi!弋rツ     ん':;ハ!イ/  1i  |:「
                   L{// / 〈/   /ハゞ!       ,   `'" / i:{  {ハ. jト{
                   ///     rソ/大ヾァx.__  -    .イl リ_ ! ! l!
                .ィ彡//        ///::::::}ト、ヾ::::L__ _ ..彡八 ハ:{  : ト. {_
                . //         //イ≦:::ハ }! 〉:::{〈ァ):::::::::::::::ヽ. ヽ ヽヾ ト、:、
                . イ         ,ィ斗= ニ=-L_!j/:::::::`介:ヾ、::::::::::::_」、ハ  \ \ヾ\
                        厶=ュ:≡=ミx  ≧=彡:ハ:r=ニ三 ̄Z ̄¨7   ヾ ハ }\ヽ
                         /才ニ-ァ…‐テ::::::::/ }:>≦三≧ァ=く    } iリ  ゝ}



だが―――やらない夫は伏せておきたかったこの会話が、
運命の歯車を一つ動かした。

大臣、共和制、精裂病ではない可能性。

後に大臣とすれ違う侍女の一人が、
言葉には出さないもののこの知識を持ってしまったが故の反応をしてしまう事で、
露呈を恐れた首謀者側の動きが良くない方向に加速する切っ掛けになる。
215 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:43:08 ID:AHvCG9wS
五288.
やがて食事が運ばれてきた。
王女の分と護衛の二人分、一応全て毒味をしてみたが特に異常は見られない。



                                             __ ....
                                 _ ................... _    ): `ヾ.._
                        ..  -   "  ´        〈:ヽ、   >:.:く.., r..、_.rへ、、
                   ・ ´       _ . . ........_{:`:ヽ,.:-く⌒ヽ、{ヽ `ヾ∀γ´ `⌒ヽ `  、
              ,.  ´       . .. : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:ゝ: : :ヽ:ノ-:―:-: ム、. 小′             、
               .          /: : : :.:.:.:.:.:.:ィ彡个く :_: :.:.:.:.:.:.:.:.:_: : :`ヾ:、_}{:;::;.,、、          .
              ,             /: : : : :.:.:.:.:,イ彡";'フ:.ノ´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヾ;.へ:.:ヽ:;:;:;:;:;:;,、、         ,
              .'            /: : : : :.:.:.:.://;'/才::i!i'";:;:;:;xィ::::::::::::.:.:x、;:;∨:.ヘ:.:ヾ、、;:;:;:;:ゝ           .
            l            i: : : : .:.:.:.:.ノノノ:::::::::ノハ、;:;:;:;:`ヾ::::::::::::::::::ゝ;ヘこノ:.:.:',:_: ノ´            l
           !             ': : : : .:.:.:.ハj≧≠彡小ヾ≧rxrx、;';';';';'イ;:;:;:;:ト、}}:.:.}               !
           '.          ヾ: : :.:.:.:.人ソイ;:。';:';:'。;:';:';。:';:';:。';:';:'。;:';:';。:';:';:'ソノ:.: ノ:.:....           .'
           '.         ..:.:.:.:;:';:';:'・;:';:';:・';:';:';・:';:';:'・;:';:';:・ ';:';:';・:';:';:'・;:';:';:・';:';:';:.:.:.:...         .'
              ' .            ...:.:.:.:;:';:'、゚;:';:';、゚:';:';:、゚';:';:'、゚;:';:';、゚:';:';:、゚ ';:';:'、゚;:';:';、゚:';:';:、:.:.:...      . ′
               \           ...:.:.:.:;:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:';:':.:.:.:......                /
                     .          . . . . : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : . . . .         .
                `   .                               .  ・ ´
                      `   -    _              _   -   ´
                                 ̄ ̄ ̄ ̄
216 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:44:08 ID:AHvCG9wS
五289.



                                       / ̄ ̄\
                                     /  ヽ、_  \
                                    (●)(● )   |
                                    (__人__)     |
    「後は寝るだけか。                     (          |
     ジュン、見張りは先と後、どっちが良い?」  .    {          |
                                    ⊂ ヽ∩     く
                                     | '、_ \ /  )
                                     |  |_\  “ ./
                                     ヽ、 __\_/



 /::::::::::::::::::::::::::::/::::\:::::|::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::-──
_,,- -ィ::::::::::::::::::::/::::::::::i:::V::::::::::::>:::::::::::::::::: \:::::\
 /::::::::::::::::::::/::::::: : :|:::::V/ ̄ V:::::::::::::::::::::::\::::ヽ
/::::::ィ:::::::::::::::{:::::::::::::::i: | ̄     V::ト:::::::::::ハヽ;;::ゞ:::ヘ
:::/:::::::::::::::::::|::::::::::::::ハ:|        |::i \:::::::}:::::ト-;;::::ハ
/:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::| リ───''  i:リ ニ彡:::iト、;ヽ \::i     「じゃあ、先で良いかな?」
:::::::::::::::::::::::::::::|::::::: :: |_,,,-===ヽ/ _||=__メ:| ||   ヾ
::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::-::|>'' ̄=.ィ-  ||=||{t..:jア ||
::::::::::::::::::::::::::::i>\:: |||マハ廴ソ  ..川 ハ ̄ iノノ
:::::::::::::::::::::::r-、}''´ \||  ̄    //  ノ ` ̄ |´
::::/i:::::::::::::::| /ヽ    ヾ==─''´´      /
:/ |::;;::::::::::ヽ  >        `ー -  /
  レハ:::::/i::::::≧::-:、          /
     レ'  ̄ ̄ ̄Yi      ____./ _
     _...-:::'´ ̄ ̄`:-..、    |ー- ∧ }、_
    i: : : : : : : : : : : : : : : : `::-.┴..、: /: :}: :}: : : ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : ヽ /::/: : : : ∧



と、今夜の立ち番の事を二人が相談していると、
侍女が取り出してきた着替えを受け取った真紅が、何を言っているのと扉を指さすではないか。
217 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:45:09 ID:AHvCG9wS
五290.



                                ;;-‐'' ‐-、
                            ;;;-‐'""´       ゙!
                        , '"/           }
                          /  ノ            ヘ、
               .       /  丿               しヘ、
             ∧     ∠   /  ̄ ̄ ̄ ̄``ヽ        フ
                l  `-,‐ /  |  r'/  /.      \       〔
           了     /  ∧ 〕 / / 〃   |  、 ヽ       ア
              Y    l   | r┘| | l|    !   ', .、' .    |
              、」    │  l └ァ l | |l    l|  | .l | .', ',    く   「ちょっと、まだお風呂に入ってないでしょう?」
               V    V │  |  | | l|   |l  | .| l .| | l   /
            マ     V L.八斗┼l-l   リ ノ ノノ. | l│ 〔
            .   ヽ    vヘ、乂,イ示〒\ ノ|ノム斗│l| lリ_/
              ヽ    f¬  ト .ヾ∠    lシ才/ノノ乂
                   ゝ _八.勾 !゙!  , ,      ヾ' / |
                 .//  { ̄ヽ、| |.       丶 , ,|  |
               //  . ノ l   .ィ⌒ヽ-――~ぐ宀亠''- 、
           .// ir:''"``''‐lイ  }'               `ヽ
         . // /'"´ ̄ ``ヾ!ト: イ                    ヽ
       , ′/  :イ          ヾ;;|                     i
     / /  :!  、:::.     V!                    {
    /   {/  l    、::..      ゙i               .,     l
    ハ  / ノ /       ` ::..     ヽ          ...:::::;',_   .l
     V / /  i        ` :::...   ヽ、        ..::::::::::;:';::'  .. ノ
      l / /   ヽ         ` 、::..`i::.、   ..:::::::::::/::;;:: -‐''‐-、
     ,′ /   ,  ト::..           `:::ゞ;::`::::;;;:: -‐'""´    /  ゙!
     ー/    !  イ:、:::..           ,>'"          .:/     }
219 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:45:40 ID:AHvCG9wS

五291.



                                       |\     /\     / |   //  /
                                     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
        _/\/\/\/|_                 \                     /
        \          /                 ∠  お、お風呂ですかっ!?    >
        < お風呂ぉ!?>                 /_                 _ \
        /          \                  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
          ̄|/\/\/\/ ̄                    //   |/     \/     \|
           / ̄ ̄\                               /|___
         /       \                          r 、 / ./   /
         |   u     |                          i ヽi  /  /´ ̄ ̄ ̄`ヽ
         | ヽ   ノ  u |                        _|  ´            <、
       /´ fト、_{ル{,ィ'eラ,  |                       /    __   _         _\
     /'   ヾ| .(__人__)⌒`/ |                      / , //´ .` ´ `ヽ      \ ̄
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´   | | ヾ、                   レ´/ ./  / /.i   | 、      ヽ、
     |/_/  ハ      /:}  V:::::ヽ                   ,イ.| /| ∧ | ∧ ト、`ヽ ヽ   /
    // 二二二7  /u' __ /:::::::/`ヽ                  .| .|/ i.| .i\.|/ | .|´ `ヽi\i  r''
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \                  .レ レ' ri/ ̄`、r´|/`ヽ V,ハ |  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ                / i   .ト|    ├─タ.ノr-‐'´
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }               /'   ヽ__〈 ヽ____ノ / |< ト ̄ヽ
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ              ,゙  / )ヽ .r--- 、u /ヾlトハフ::::|`ヽ
                                         |/_/  ハ .i ̄ ̄i u/:}  V  ::::|  \
                                        // 二二二7,==='/u' __ /   :::/ / ヽ
                                       /'´r -―一ァ‐ ゙T´ '"´/    |   :::::::}
                                       / //   广¨´ / /'  /      /    ::::::イ
                                      ノ ' /  ノ\  |  /\__   |     ::::::|
                                    _/`丶 /   \| /   .\  \ .|     :::::|

220 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:46:09 ID:AHvCG9wS
五292.



       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |    「王女用の風呂って………」
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



何処だったっけか、と頭の中の城内地図を思い返すやらない夫よりも早く真紅が答え、



                          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:、
                         _ノ.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;入
                         (;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ノ;:;:,ヽ、
                        `).:.:.:;:;;;;;. '"´     ̄`¨¨);:;:;`ヽ、_ _
                         「.:;:;:;:;/         (;:;:;:;:;:;:;:;.;ト、;:;:;:〕
                         (;:;:;:/              ``);:;:;:;.lヽl;:;:;:)、
    「この階の一番奥よ」         ):/  .:i .::l    .:.::::|.:.:.l::|:::::(;:;:;:;:;:ト、l;:;:;:;;) \
                         V:l.:i.:.i .:| .:l!  .:.:::l.:l.:.:::l_|.:.::::);:;:;:;ト、l;:;:;:〔 ノノ
                          i.:l.:l.:.l .:l_;lト、. .:.::/l/ィイハV(;:;:;:;:;:;! l;:;:;:;:)ネヽ
                         Nトト.:ト.::V仁V:/ ,.ィ云〒ミ.:::);:;:;/ /,;:「  i
                            `>.:.ヾりソ  _f込ソノ /:ハ;:/__/.;:ハ:i i
                             //i.:.i.   ,        /l リネ薔シ′.|:l |
                            .// .l.:.ト、  r┐   ノ .l レ'′    |:l |
                           l |  |.:| __>、 _,..イ::ヽ1 l.        |:l |
                            | |  |::| :: {ffカ7 .:.:.:.::1 :ト、.      l:l |
                            | |  |::| :: ´V/ ー-.:::ノノ:.:.:`ヽ   l:l |
                          f辷彡ll::l ::  / ー-f辷彡.:.:::::::::ヽ  |:l |
                          f辷彡 LL:_.:人.   _弍ニ彡:.::::::::::: ヽ |:l |
                           辷-7./´`7〃 .:ト  辷-7.:.:::::::::::::::.ヽ |:l |
221 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:47:08 ID:AHvCG9wS
五293.
この部屋の外である危険を考えたジュンがまずいんじゃいの、と顔を青ざめさせる。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |: : : : ヽ: : ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : :./\: : : : : ト、: : : : ト、: : /: :∨ :.l
: : : : : :∧: : /──{/、.  \ : : |.-\: : |ー∨、: : : : : |
: : : : :./ 1/     .i   l\:|   \|   |: : |\;!
: : ,、: :{           |-‐‐-|         .|:ヽi    「侍女だけじゃ危ないよね?」
: :{ ヽ'           !   |         ハ:_}
ハヽ ヽ_____,ノ   ヽ_______ノ }
ハ: :`-',  ! | |  ! !      ' ! |' | | 川/ ノ
  〉: :.:∧   〃'ー──-----、    ,イ"´
   ̄  \  ヽ______丿  /
        >、         ,イ´
 ,────、__` ,‐──┬'"´ __
/        |   !     | ̄l ̄    `ヽ
.         |  ー──'  リ      }



                                                         / ̄ ̄\
                                                       _ノ  ヽ、  \
   (魔法を使う者なら最悪、窓の外からだって侵入出来る。                (○)(○ )   |
                                             .       (__人__)   u  .|
    水やお湯に毒が含まれていた場合、                    .        ヽ`⌒ ´    |
    すぐに解毒の霊薬を与える距離にいなければならない。                {       /
    精霊魔法の姿隠しを使って侵入してくるような奴が居たら………)          lヽ、  ,ィ'.) ./
                                                     j .}ン// ヽ
                                   「駄目だな」           ノ '"´  ̄〉  |
                                             .        {     勹.. |
                                                      ヽ 、__,,ノ . |

223 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:48:08 ID:AHvCG9wS
五294.
側に人が付かず、完全に無防備になってしまう風呂こそ一番危険なのに、と
王女近衛騎士の二人は顔を見合わせたのだが、



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   「そうだ、言葉さんに頼もうよ」
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、
      |    .ト''      ! .| r―┐  | ,//      :. l  /       `ヽ、
     l      l、__       レ'  |  |  i/o’        :.:. ! |           ヽ、
      |     |/\     |    ̄´  / /         :.:.:.ヽ⊥_        ,.-<}
     ノ    |   ヽ.   l      {i∧         :.:.:.:.:.:.:.|\      /    \



ジュンが閃いて、早速やらない夫は彼女の下へと向かう事にする。



                           / ̄ ̄\
                         / ヽ、. _ノ \
                         |  (●)(●) |
     「名案だ、ジュン」             |  (__人__) |
                            |   ` ⌒´  |
                          |        }
                          ヽ       }
                          人_____ノ"⌒ヽ
                        /           \
                       /            へ  \
                       (  ヽγ⌒)     |  \   \


224 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:49:08 ID:AHvCG9wS
五295.



         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |
      (●) (●)   |   「集会所か個室かな」
      (_人__)    /
      l`⌒´    /
      |      ヽ
      __!、____/  \
    /、 ヽ     r 、 ヽ
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ
      ( ヽ /
       \__ノ



言葉は自室で見つかった。

ノックして招かれた部屋の中では彼女が山積みの書類と格闘しており、
やらない夫がここに来た用件を告げるも
何を言っているのとあっさり拒否されてしまう。



            ____,......、_
           ,/´::::::::::::::::::`ヽ、.
         ,/´;::´;::::::;:::::,,;:::;;; ;,、:\
        /;';/:::;/;/´フノ リ`゙i::::`、
       ,/レ/;/!/○    ノ 、_!::!::;;i,    「やらない夫君。
       ,/:/:/::::/  ,、      ○ リ:;:| i!    この机の上の書類の山が目に入らないんですか?
      ,/::::/:::::/  i  ヽ、_    |;ノi
     ,イ:::::;!:::::/|  |      フ  /:::|     団長から押しつけられて、
    ノ,/::::/;::::::|:ヽ、 ヽ    /  /::|:::|     ずーっとずーっとご飯も食べずにやってるんですよ?」
   / /::::::::|:|::::::|::::::`メ、`___ ´,, イ:::::|:::ト、
  / /::;::::::|リヽ、|;/~ \|ヽ;::::::::::::::::::;|;イ `
 ノ  /::/::::::|::::::::/::::ヽΤ`+´`、:::::::::::::::リ;|
   i::::|::::::::|::::::/:::::ノ:´゙レ、ノ、_ノ、;::::::::::::::|;|
  /:::/|::::::;/::::/:::/::::::::::::::ヽ´::::i`、:::::::::::|i!
  /;::||::::::;/:::::/;;;/::::::::::~::::::~::|::::|;、`メ;;::::|リ
 レ´|:| !;;;;|::_;/_ソ;;::;:::;:::::;::::;:::::|:::;:i´~ー´:ノ
   !j-ーイ_/,/,__|__|___|__|__|__|__ト;;;;/
 ''゙´"/'´`|\:::::/===/:::::::::::|===
 ^~~    ` `ソ::::::::/::::::::::ノ|::::::::|

225 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:50:12 ID:AHvCG9wS
五296.



                    / ̄ ̄\
                   /  \    \
                 .(●)(● )  u. |
   「し、しかし」        (__人__)  u   |
                  .(`⌒ ´     |
                  {         |
                   {      u. /
                   \     /
                   ノ     \
                  /´        ヽ



      / : : : : : : : : : : :/: : :| : : : : : : :/.::   | :| |: :|::         |: : : : : : : : : : : :l
.     / : : : : : : : : : : :/: : : :| : : l : : :/.::  │:| |: :|::        |: : :| : : : : : : : : l
    /: : :/ : : : : : : : /: : : : :| : : i : :/.::     ! :| |: :|::       |: : :| : : : : : : : : l
.    /: : ,イ : : : : : : : / : : :/: :| :._⊥/-─‐   ! :l .|: :| ──- ..   |:|: :l!: : :l : : : : : |
   /: :/ │: : : : l : : !: : : :|:,.イ´.: l/.::::::::::  /:/  |: :|:::::::::::::... `メ |: :|!: : :l : : : : : |   「しかしも案山子もありません。
  ,' : ,′ | : : : : l : : |: : :.イ:/|: : :/-─<  /:/  |: :| >─‐--、`下y'| : : l: : : : : :|   目隠しでも何でもして
  │: |  | : : : : | : : |: : : :|:.:_,.ィ≠≦三ミ /'"   |: :l  彡三≧ェx |/ ヽ: : :l : : : : :|!   護衛すれば良いじゃないですか。
  │: |  | : : : : | : :│: : :l,イィ'::l|li|l|li|!:|      | /   |::l|il||i|li:ヾ;、 | : : :| : : : : i:!
  │: l  l: :/: : :| : : l : : 〃 {:::::l|l|l|l|l|::|        j,′   |::l|l|l|l|l|::::}ヽゝ : : :l : : : :,ハ   何なら私が女にしてあげましょうか?」
  |: :,′ ∨: : : :l : : l : : : l: .∨:!!|l|ll!!::|             |:::!l!|l|l!!::/ /} : : /: : : :/ : :l
  |: ′  ∧ : : : |∨ l: : : :|: :',∨:::::::::::j_           {::::::::::::::/ // : :/| : : :/ :| : l
  i,′  / ヽ : : | ∨ : : : |!.:ハ>=≦三三       三≧==<. //: : /: | : :/ : :| : |
    /   | \| : ∨ : : ハ : :{三三三三    三:.  三三三三ムイ: : :| :/ : : :| : |
         | : |: : : :|\: {\乂三三三    i!三三三三三三三/ :| : : :|/ : : : :| : |
         | : |: : : :| : :ヽ\  ̄        _Ξ三三三三三,/| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :|` |lヽ、        ´ ̄` 三三三三:,イ: :| : |: : : : | : : : :| : |
          | : | : : : |: : : :| : |l |: |li:..、      三三三三才il| :l : :| : |: : : : | : : : :| : |

227 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:51:08 ID:AHvCG9wS

五297.
男で不都合なら切り落としてあげますよ、とカタナを握った彼女の迫力に圧されたやらない夫は
挨拶もそこそこに部屋から逃げ出し、



                       /
                           |
 \                  ..::::|
   \             /| ̄ ̄ |
    \          /  | : ::::::::|
  | \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |::::| ̄ ̄| ̄ ̄| :|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |::::|._____゙|._____゙| :|   :| : ::::::::|
  |::: : |  |;;::|!iiiiiiii!|!iiiiiiii!| :|   :| : ::::::::|
  | )::::| /         \  | : ::::::::|
  |::: : |/            \|__ |
  |:::./::: バタンッ           .::::::::::|
  |/:::::::...                   ..::|
  /::::::::::::......                \
                                / ̄ ̄\
                              /  ー三三\
                              |   ( ○) ( ○)
                              |     (__人__)
                              | u    ` ⌒´ノ
   「し、失礼しましたー!」             |        }
                            r⌒ヽrヽ,    }
                           /  i/ | __  ノヽ
                          ./  /  /      )
                          ./ /  /     //
                         /   ./     / ̄、⌒)
                         .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄
                             r    /     |
                           /          ノ
                      /  ̄ ヽ/      /    /
                      / ノ| /    //   /
                       ̄  | .   /./  /
                         ヽ__/ / /
                            ノ.^/  ダダダダダ
                            |_/
231 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:52:08 ID:AHvCG9wS
五297.
ふと思いついたもう一人の候補に頼みに行こうと西の階段に向かったのだが、



                                         /| ̄:.:.:.;.
                                         /  .!  .::.:.
                                   __,_,/   |  :.:.:
     _ __ _ _ _ _ _ __ __ _ ____ _ _ __ _, _/:::!: `1      .!  .::.:
    .. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:' .. .: : |:l:':!  |     !  .::.:
    .. .:'::;.: : ::: :;.: :: ::: :;.: : ::.. .:' .. .: : :.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: , -―- 、        .::.
    ...: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: : .:'::;.: : ::: :;;.: : ::.. .:' .. /     \      .::.
    .. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:' ../  \_   |  「そうだ、ガイさんは?」
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   || || ||   ': :    (●) (●)   |      ::.:.
     . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :  || || ||   ': :    (_人__)    /    !  .::.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   || || ||   ': :    l`⌒´    /       ::.:.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : :::   `‐幵.-'   :. ::. :   |      ヽ      .::.:
    ::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.. .:'.. .: : ::: :;.::|:.|:.. .:'::;.:::.. .:'.   __!、____/  \      .::.
    . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;.: : ::: :;.: : ::.|l ll|. .:'.. .:': : : : : :/、 ヽ     r 、 ヽ !  :.:.
   . ::.. .:'::;.: : :::.. .:'::;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:〈〈鬥〉〉;:;:;:;:;   ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   . ::.. .:'::;.;;;;;;;;::;;;;;;i\    ;:;: ;:;:;:;:;: ;:::;:;    { ヽ_ゾノ     | レi i i} ;:.
   ;;;;;;;;;;;;;;;;|\__ _ \冫:;:       .     `¨´  ヽ    ハ  `''' ;;;;:.
  ;;;|\.   \i\_ \i\                 >   / ヘ
   \厂勹,. ,,\i\_ \l\              /  /ヽ  ヘ   ;.;.;.;;;.
     \l\_`: \|/;:,.;   \|\           _,/  / ご_ノ   ;.;.;;.;.:.
      \l\;.:   \|\_  \l\         ( ヽ /       ;;.;.;.;.;;
        \.l\___  :\l\__ \l\    .:.:.:.;.;.;.;.\__ノ        ;.;
         \l.\   \|\   \ ;;.;.;.;;.;.;.;.;;::.:.:..::.:.:.;.;.;.;;;;:.
           \ .\_   \:\   \.:.:.:.;.;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;;.;.;.;::.:.:..::.:.:.;.;.;.



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)    「いや待て、
. |     (__人__)    王女近衛騎士でも親衛騎士でもない
  |     ` ⌒´ノ    彼女に頼むには荷が重いだろ。
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ   責任を押しつけちゃならない………」
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



思い直してそのまま王女の部屋へと戻った。
232 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:53:08 ID:AHvCG9wS
五298.
結局、頭を抱えて戻ってきたやらない夫を見て、



      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |   「駄目だった………」
  l レ ./..ノ .,''´} i
  l   ' ´ .〃 / |
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |



                   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : |: : : : ヽ: : ヽ
                   : : : : : : : : : : : : : : : :./\: : : : : ト、: : : : ト、: : /: :∨ :.l
                   : : : : : :∧: : /──{/、.  \ : : |.-\: : |ー∨、: : : : : |
                   : : : : :./ 1/     .i   l\:|   \|   |: : |\;!
    「えーーーーっ!?    : : ,、: :{           |-‐‐-|         .|:ヽi
     どうするのさ!」     : :{ ヽ'           !   |         ハ:_}
                   ハヽ ヽ_____,ノ   ヽ_______ノ }
                   ハ: :`-',  ! | |  ! !      ' ! |' | | 川/ ノ
                     〉: :.:∧   〃'ー──-----、    ,イ"´
                      ̄  \  ヽ______丿  /
                           >、         ,イ´
                    ,────、__` ,‐──┬'"´ __
                   /        |   !     | ̄l ̄    `ヽ
                   .         |  ー──'  リ      }

234 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:54:09 ID:AHvCG9wS
五299.
顔を赤らめた真紅が一人を指名して作戦は決まった。



                  /::: ィ  /  ,    / /             ヽ ヽ    /::/`ー‐|::::::lヽ     ヽ
               /::/ /,/ /   /   / /         !        ! |  /::/    |::::::| \,.    ゙
     .         /::/ ,/ / ,. ,'    ' ,/!         i!  !       / l!  /::/    |::::::|   !     |
             /::/ /' / / ,'   ,' / !        i /!    /!  | /:::::|      |::::::|   |    /
              /::/ / / '  /' !   / /  | !     ./ /'|    ./ 〃 l /,'|:::::!    |::::::|  /   /
               /::/ /,ィ i /'|! |  i! |  | l     / /、_!___ ,./_/;-//ナ!::.: |    /::::::/ /    /  「仕方ないわね。
            ヾ' / /!  ! l l  | l |__!___|ノ|    /! / / ィ ̄丁 T 十 ヾ::::|   /':::: / /    /   やらない夫、
               i /!|  l ! ∧ !/! | .j   l |   / j/  j/ -\ ! jl /   /\  /|::::::::! /    /    目隠ししていらっしゃい」
             V ゝ | 乂 ヽjヽ.ィf !      ヽ'´                 / /.i l  ,' ヽ:::::/   /
                /  /\!|   \ハ!                      / / ,//   ./    /
                 /  / /: !   / ∧ ッ=z=彡       -ゞ-=≠″/ / |/ |     /    /
             /  / /::::l!  /  !ヘi //////////////./ /. /,!  |    /    /
               /  / /レ ´  /   / 八.       '           / /. //  .ノ  /    /
             ./  , //    , '  , '    ゝ、              / ///  ∧  /    /
            /  ,./    /, イ/_    __..>   `     イ'/  /  / `:/    /
          \ ヽ   _/‐/: //: : : : : :\ {\::::::::个ー-- ‐<   :|:/,x/  /: : :/    /\
               ゞ\ ヽ く:::::l |::: : : : : : : \: :ヽ:::∧      // ::/  /: : /    /: : : ヽ



    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   「お、俺なのかっ!?」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



勘弁して欲しいと天井を見上げたのだが、他に良い方法が思いつかないのも確かである。

235 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:54:12 ID:AHvCG9wS
結局がっくりと肩を落としたやらない夫が付いていく事になり、
椅子に座っていたジュンは少しの安堵と、たくさんの嫉妬を込めた声で彼を送り出したのだった。



: : : : :: : :、: : : ::::::,lll,,,,,,,,,,,,,__
: : ::_、,,、‐,l,: : : :,,ll,i,_゙゙゙llllllil,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
,,llll,,,lll,,i´,ll,゙l,、:,illilllllli,l,: ,lliill゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゚” ̄
lllil!llil゙゜:lllllllilll,.:llllllllllllllll::llllll!llii,,l,i、
l!lilll゙ιllllllllllllllillllll!lllllllll!,lll゙!liill!llllil,i、
illll!`lll:,lllllll!゙゙l゙!!゙lllll゙!lllllll,llll,,゙!lli゙llll!llil,i、
!l】l::lll゙llllllll:: : : : : : :|llllllllllllil,,゙lli、゙゙lllll,,、
il゚,ll:lll|llllllll: .: : : : :.::|'lllllllllll!lili,゙lll  ゙゙゙!l,,、
l゙,lllllll|llllllll:.、:::x,、:、:|'llllllllll.lllllli,lli,    ゚゙=:
,,llll!,lllllllllll: : : : ゙'N,,,.,lllllilll|:l!ll!lli,li,
illlilil!llllllllll、::::::::.,,.::_ll!,l゙'llli,"ll` .'!li,,    「………頑張ってくれ」
llilllll:゙llllllllll、、:、:ハ::゙i!゙,l`|lli"ll
lllllll:_,゙llllllll〆":'│::.゙.:`、.=,「
!|llll'`::'!llll゙li、丶'|,!::::::::::::::i!l゙,!
::)ll′: :゙!ll゙゙l: : ::|:.: : : : :`|::l、
、'l、:: : :゙!!::`::、U,、,:、..,i,|、゙i,、
、::`::: 丶丶丶:::゙!i{h,、_,シ`::::::.|
: : : : : : : : : : : : : : : : `: : : : :l゙
: : :`: : : ::`: : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : :: : :: ,″
: : : : : : : : : : : : : : : : : △:′
、、: : : ::::::::`:::::::::::::::::: ,,-`
: `"'ヽ,,: : : : : : :`:_,,r,i´
: : : : : :゙・: : : ::‐'''~`


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……
237 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:55:08 ID:AHvCG9wS
五300.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつも不敵なやらない夫が、今ばかりは本当に困り顔である。

脱衣所で目隠しはしているのだが、向こうから水音が聞こえてくるとあっては
心拍数が極大に跳ね上がったまま戻ってこようとしない。




<ザバーッ
<カポーン
           / ̄ ̄\
         /____\
         (______)
.         |      (__人__)       「参ったな。
           |,   u  ` ⌒´ノ        本当に参った………」
          │ u       }
           ヽ、 u    ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
239 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:56:08 ID:AHvCG9wS
五301.



                    /   /  l   \   \
                  /     l         Y   ヽ
               / 7      |    l    ト     ', __
             /  / /   /  !ハ   l l l  .::l _}:..ヽ|..:.i   \
           /  .V  .l  .:|:  | l  リ:| l .::ハ_:.:.:.:|:...l    \     「ちゃーんと目隠ししてないと、
          /  ...::/:{ .::| i ..:{::. !   /.::j ./ ノイ:::r‐':::.|::..八 :\ - ヘ     牢屋に入れますからね!」
         /  ...: イ .:ハ  ト -┬ヽ、ト:.. / .:イ/jナ7:.不::. リ ,'  \:::l:. l |
        / /:// :/ トトヽト-ァテ=ミヽト/ノ ィテオく/イ::._:/     .|:.|:. l |
      , イ ´..:::///    }ヽ ハヘ 赴ソ     ^ 赴ソイi ト:}      |:j:: j|
     /イ ..::j//    ノイ /ヽ、 xwx ′  xwx ,リ !イ      リ: .:/ !、
   /´ / ..::/_ --_.ニイ//, -ァ >、   =    ィ } /      j:..:/  l }〉
  /'  / :: /// ̄   /'       >-   ´| / /        /:/  /ノ'
. //   ,′ / >‐`ー- ∠/,.   _ ,,,... - ┘  _ / /- ,,,..._   /:/_. =イ
//   l / `ヽr‐ __.:二 _ /´      ` ´>_´三  ̄ ̄._ヽ_>´‐ ´ /
!{   / /    ̄ `ヽ:\/_,'       ,ー、ァ..´: ̄ ̄_> /',/ //
/  //              ,'  、     _ノ jュ-、           } | /



                                                       ┏────────┓

                                                         分かってるよ!

                                                       ┗────────┛

240 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:56:40 ID:AHvCG9wS
五302.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   なんてこった………

┗──────────────────────────────────────────────┛


剣をぐっと握りしめて、何とか心を落ち着かせようと努力するも、全く効果は現れない。



                                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                          上: : : : : :>‐-.、__         /      〉二〈   
                                      レ<>㍉、: : : : : : : : :>      /        |ニニ|
                                     /: : : : : : : : :ヽミ、: : : :/>ヾ,__ン         |三ニ|
                                   /;. -‐- 、: : : : : :=ド、ヽ//   j `.-、         /ヘニ7⌒)
                                  //_/ ̄ヽヽ |: : ニ||: }}: ≫≪=: : :_≫      / ィニにン-、  グッ
                                 ||`|`i⌒j |||二//: :}}: 二//: /           / ノ / _/-、
                                 /∧ ゝ二 ノ ノ: !二ノ_ }}: =//: :\            |  (__,イ_,. -<
                                 | ヽ` ー--イ : =∀ニ|r‐㍉、」」、}: : : ≫    (`ー‐┴ー┴‐ー┴---'‐'")
                                 |: : :`:ー┬': : =/二 \: : :=}}ニVX´        ̄,《「 ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄
                                 ": : : :|=: |=: : =|ニ: : : : \ノ=三|:、\      ri´: : | ̄ ̄ ̄ ̄|
                                 : : : : :|二|二二|ニ : : : : }}}=〉ニ=ト:二ユ__  /: i!: :_x≦'" ̄ ̄\
                                 : : : : :ヽ=|二/ニ: : : : : }}}=|ニ=|ニ: : : : 〃´: : ;x<: :: :: ≧ \   |
                                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

242 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:57:08 ID:AHvCG9wS
五303.



                           ,, - - 、
                       , - ''' ´      `.ヽ
                     /             `、
                    /            .    `ヽ
                   / i  /  Kli    |i l i...    `、
                   | |/ ||  |iハ    il | |  | i  |   「ふんふんふーん♪」
                  /| | \´`'ヽ   /| | /|  /  |  .|
                   .| ヽヾ `、| Vヾ /ソ-..|/||//  |  .|
                   ヾ`、\ヾ-=-V 、_ ___ .|.|//,、| | || |
                    トヽハミ ,, ,, 、   ̄ .|//| } .| | |
                    ヾ|ilト ヽ   _  "" |レ .|.ノ | | ||
                     レハ|i|\   ` , イ |  |  |  ||
                        | |  `i ´    |  |  |  | |
                       .ム 、-、_|     .|  |  i  | |
                      i | |  ´     |  |ヾ、 |  ヾ
                      .| .| | 、_    ,, |  |  ー ‐ 、|i
                     ./ .| |  ` r‐'´ / /      `i
                   _/ ///      / /       |_
                ._-=ニ/ ///       / /        ヽ三ニ-__
           --=-=三 =三 =- = 三= 三  ̄ _  ̄_ ̄ ̄
             ̄  ̄    ̄三  ̄   ̄ニ  ̄=-= ̄   ´´




情けなく呟く彼の耳には、真紅の鼻歌まで聞こえてくるのだ。
目隠しの中でも固く目を瞑り、気を練るための呼吸法をして落ち着こうとした彼に、
245 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:58:08 ID:AHvCG9wS
五304.
王女の冗談が追い打ちをかけてくる。


┏──────────┓

   やらない夫?
   一緒に入る?

┗──────────┛



                                / ̄ ̄\
                              /       \
                              |______|
                             . (______)
          「ば、馬鹿な事を言ってないで   |          |
          さっさとしてくれ!」        .  |         }
                             .  ヽ        }
                                ヽニニニニノ 、_
                               /::::::::::::::::::::: ̄`ー
                               ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:
                                ヽ::::::::::::::::::::::::i



IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

                      壁一枚を隔てただけの、やや乱暴な声。

IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII



                              , ' ´  ̄ ` 、
                           ,  '´          \
                        , ィ ..:             \
                      //  ..:/ /  /  ..::// i!       '.,
                     ( ./  .::/ /  ,'   .::/.,' !i  i  ; .',
.                       ,.'  イ ,.'  / / .::/ /  !i  .リ  i  .',   「ふふっ。
                     /.::. 〃,.;' /.:/ ,;イ //.:/i i从i! ../   |  i   良いね、やらない夫の言葉遣い」
                    / ,,;イ { ././:-i-/、!.:/ハ从人/.::/   iノ ..::|
                   / /.:  /i /! rう卞、   ヾー /、从 /イ   :|
                   /,,; ' / ./.::| ハi! 弋zノ    ィテフハ // /.イ {!...::|
.                 /.::〃/ ./ .:|{人! ""      弋zノ,メ/イ{ ! j! ./|
              /  ./ ,.::'  ./小 八   、 '    ""././ノ /ノ / ;;
              / ....:/ ,...'   / .ノ    >.、    ̄   ,イ:/ .// .,'  :|
         , ,;;'   , ;'  ,,ィ  .:/  //  /r=/` ー‐t ' 7イ/ /  / ノ :!




                                                        ┏─────────┓

                                                            何が!?

                                                        ┗─────────┛
249 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 22:59:08 ID:AHvCG9wS
五305.
それが嬉しくてしょうがない真紅は今なら聞けるかも知れない、と心の内を吐露し、



┏───────────────────────────┓

   私は王女でしょ?
   みんな、私に気を遣って対等に接してくれないんだもの。

   無理もないとは思うけど、姉弟も居ないし息が詰まっちゃうわ。

┗───────────────────────────┛



察したやらない夫の声の調子が、やや低くなった。



                                                 ┏───────────────┓
                                                 
                                                     ………だから、最初
                                                     偽名を使ったんだろ。
                                                 
                                                 ┗───────────────┛



┏────────────────────┓

   ………うん。
   でも、あなたはすぐに気づいたみたいね?

┗────────────────────┛



                                                       ┏───────────┓
                                                       
                                                          王族区画で会えばな。
                                                       
                                                       ┗───────────┛

250 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:00:10 ID:AHvCG9wS
五306.
┏──────────────────┓

   ああ、それでなのね。

   ねぇ。
   どうして、そのまま惚けてくれたの?

┗──────────────────┛



                                           ┏────────────────────┓
                                           
                                              ―――そんな事だろうと思ったから、だ。
                                           
                                              ジュンは全然分からなかったようだが、
                                              他にも色々と突っ込みどころはあったぞ?
                                           
                                           ┗────────────────────┛



                           ,, - - 、
                       , - ''' ´      `.ヽ
                     /             `、
                    /            .    `ヽ
                   / i  /  Kli    |i l i...    `、      「えへへ。
                   | |/ ||  |iハ    il | |  | i  |      ちょっと調子に乗りすぎちゃったか。
                  /| | \´`'ヽ   /| | /|  /  |  .|
                   .| ヽヾ `、| Vヾ /ソ-..|/||//  |  .|      ―――でもね、貴方たちと居ると
                   ヾ`、\ヾ-=-V 、_ ___ .|.|//,、| | || |      本当に楽しかったの。
                    トヽハミ ,, ,, 、   ̄ .|//| } .| | |
                    ヾ|ilト ヽ   _  "" |レ .|.ノ | | |      真紅じゃなくて、シンシアで居る事が
                     レハ|i|\   ` , イ |  |  |  ||      本当に楽しみだったの」
                        | |  `i ´    |  |  |  | |
                       .ム 、-、_|     .|  |  i  | |
                      i | |  ´     |  |ヾ、 |  ヾ
                      .| .| | 、_    ,, |  |  ー ‐ 、|i
                     ./ .| |  ` r‐'´ / /      `i
                   _/ ///      / /       |_
                ._-=ニ/ ///       / /        ヽ三ニ-__
           --=-=三 =三 =- = 三= 三  ̄ _  ̄_ ̄ ̄
             ̄  ̄    ̄三  ̄   ̄ニ  ̄=-= ̄   ´´
251 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:01:08 ID:AHvCG9wS
五307.



           / ̄ ̄\
         /____\
         (______)
.         |      (__人__)       「なぁ。
           |,      ` ⌒´ノ        まさか一人で勝手に出歩いていた訳じゃないだろう?」
          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



┏────────┓

   どういう事?

┗────────┛



                                       ┏───────────────────────┓
                                       
                                          服にしても、自分で用意した訳じゃないんだろう?
                                          少なくとも侍女辺りに協力者がいると思うんだが。
                                       
                                       ┗───────────────────────┛
252 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:02:08 ID:AHvCG9wS
五308.
┏────────────────────────────────┓

   やらない夫は何でもお見通しね。
   そう、侍女長のエマが話せる人で、私の我が儘に付き合ってくれるのよ。

┗────────────────────────────────┛



         ,r' _ニ、ヽ、、  `ヽ、ヾ、  `γ∠/L
        /´ゝ/''"`ヽ、ヽヽ、    \ヽ、   l| トく
        レフ/    ,. ≧ゝヽヘ、  \⊥、〃 l|  ',
        ヽ、| _  ´ /´,rrァヾ├=―', -ヽノ |l  l,|
          ハァゝ、__l ´ ゞ-‐'ノ    〈ヽi |_,.イ 〃    (どうぞ、目隠しです。
          ,' 〉ゞヲ ヽ、__/     ノノ丿´ l/イ     お使いになってください)
         ヽニL_,イ          '´/ヽ=レ,ノ|
           ',〈、         ,イヘ‐-_/'´| :|
            ',    _,.        l-‐''"l |  ||
            ヽ、 ''"     .::   |   | |  ||
              ヽ、   /.-‐''´ ̄ヘ, || ||
                `ユ彡´      ', |:| ||
                「           ', |  | |
                l   _,. -‐ ニ二ニヘ、l ||
               ノ / _,..::'´フ:::::::::::ヽ::`ヽ| |
              ,r'レ/ /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ」
              /:/ /::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
            //  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',



                                                          ┏─────────┓

                                                             ああ、あの人か。

                                                          ┗─────────┛



先程、部屋にいた三人の侍女の中でも一番年上っぽい人である。

確かにやらない夫も、あの人はかなり出来た人だと感じていた。
何しろ自分が真紅の風呂に付き合うと決まるなり、
どこからともなく取り出した目隠しをそっと渡してくれたのである。
253 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:03:09 ID:AHvCG9wS
五309.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   もう、目隠しを取っても良いわ。

┗──────────────────────────────────────────────┛



やっとお許しを頂いたやらない夫が立ち上がって目隠しを取ると、
風呂上がりのせいだろうか、上気させた肌よりも顔を真っ赤にした真紅が目の前に立っていた。



              ,  -――‐-  ,
          /           \
       /                  ヽ
       ./ /    /             i
      i  |  | | / i||| | | i iヽ l
      | ||  | || |  |||| | | | || |
      | ||  | || |  |||| | | | || |    「ありがとうね、やらない夫」
      | ||  | ||+-j-!-jリ!/リ-|-+ !,ノi
      | ||  |  l将圭w^   ィ桂永 i |
      | ||  |  |戈ン    戈ンy| |
      | ||  |  | ""    ,  ""/|| |
      | ||  |  |\    rャ  /| || |
      | ||  |\\_f二>n<_フl|/j /
      | |j  |/^y./し, ュ9く,  /ソ/
      | |  j|f二二了 小^  ヒ二ニ7
      | レ' |/ム二二ス__,イト、_{二二ヌ
      | / ノ  j二二コv  i,l   | ヒ二ラ|_
      | |       ク ∧/r-┴-┤ リ  r,i'__
      | |   vy/\ 'Z  ̄二二ユ_tvf_j’!-yt
      | | \|Y    \‘了  ー‐‐ナー >yf\/ィ゜
      |/i⌒しヤ     |乙__ニニナ  Z |   |r'
      | Yセ√       |z' 七二,__ Z j   |
      | <ノ        /k_,u,rセr,   ^it'/ /



心なしか目が潤んでいる彼女にじっと見つめられ、
ちょっとドキっとなったやらない夫はお礼の意味が分からずに聞き返すが―――



                                                / ̄ ̄\
                                               /  \    \
                                             .(●)(● )  u. |
                                              (__人__)  u   |
                               「何だ、突然?」      .(`⌒ ´     |
                                              {         |
                                               {      u. /
                                               \     /
                                               ノ     \
                                              /´        ヽ

255 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:04:09 ID:AHvCG9wS
五310.
たまには私が主導権を握っても良いじゃない、と教えない真紅は脱衣所を出て行ってしまい、



                              , ' ´  ̄ ` 、
                           ,  '´          \
                        , ィ ..:             \
                      //  ..:/ /  /  ..::// i!       '.,
                     ( ./  .::/ /  ,'   .::/.,' !i  i  ; .',
.                       ,.'  イ ,.'  / / .::/ /  !i  .リ  i  .',  「なんでも、ない。
                     /.::. 〃,.;' /.:/ ,;イ //.:/i i从i! ../   |  i  さ、部屋に戻りましょ」
                    / ,,;イ { ././:-i-/、!.:/ハ从人/.::/   iノ ..::|
                   / /.:  /i /! rう卞、   ヾー /、从 /イ   :|
                   /,,; ' / ./.::| ハi! 弋zノ    ィテフハ // /.イ {!...::|
.                 /.::〃/ ./ .:|{人! ""      弋zノ,メ/イ{ ! j! ./|
              /  ./ ,.::'  ./小 八   、 '    ""././ノ /ノ / ;;
              / ....:/ ,...'   / .ノ    >.、    ̄   ,イ:/ .// .,'  :|
         , ,;;'   , ;'  ,,ィ  .:/  //  /r=/` ー‐t ' 7イ/ /  / ノ :!



               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |    「はいはい」
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



この場では翻弄されっぱなしだったやらない夫も後に続いた。
256 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:05:09 ID:AHvCG9wS
四311.
戻った部屋では、ふくれっ面のジュンが二人を待ちわびていたようだ。



                    /|  _________
             /: ://: : : : : : : : : : : : : : : /
            /: : : //: : : : : : : : : : : : : : : /
      _    /: : : 〃: : : : : : : : : : : : : : ∠.,__
     /: : `''''ー、/.: : : : : : : : : : : : : :/\: : : : : : : : : :`ヽ、
    _ニ=‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : `ヽ、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : `''ー、_
   /: : : : : : : /: : : : : : ,、: :/从: : : : : : : : : : : : : :〉: : : : : : : : : : : : ;;;;;二ニ=-
   /: : : : : : : /: : : : : : /‐宀''~`'t: : : : : : : : : : : :/: i: : : : : : : : : : : \
  /: : : : : : :,イ: : : : : : /      'l: : : : : : : : : : /: : ト、: : : : : : : : : : : :\    「おかえり。
  /: : : : : / |、: ;∧: :/       |: : : : : : : : : /: : : } \/: : : : : : : : : : \   ………長かったね」
 ノイ/.: :ノ  |: /ヽ∨        |: : :∧: : : ∧: : /_,,./ \: : : : : : : r‐‐┘
  /.: :ノ  _|/___二=≦_厶   |: :/ー‐,=≠‐ャメ───-\: : : : .}
 / ̄| / ______`ヽ  |:/  / V______  `l;:/⌒\
/   | |    |: : : : : : : |     |__,__|     |: : : : : : : :|     l|    l
|    | |    |   ;;;;;;  |     |    |    |  ;;;   |    l|   /
\   |  !   ヽ/__レ′   |    |    ヾ、/__}_/     l|   /
  \ ',  ヽ、_______/     \_______/|  /
   ヽヘ             rヽ、                レ'´
     ヽ            ヽ \              /
      \           /                    /
        \         └イ               /
        />、                       /\



かなり機嫌が悪いらしく、口を尖らせたままの彼に苦笑いを返すも
会話が続かない空気になってしまう。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   「そ、そうか?」
  |      |r┬|}
  |      | | |}   (ジュンが嫉妬してるなんて初めて見たぞ)
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

258 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:06:08 ID:AHvCG9wS
五312.



                   _ ...- ... _          「髪を梳いて貰ったら、エマ達は
          __.・ ´        `丶、       隣の待機部屋に行っちゃうから。
       , -‐´                ヽ
       /      、                  \    二人とも、あとはよろしくね」
     , ′  /       ヽ ヽ                 ヘ
   /   /       i|  i! 、            i
.   /    ′        i|  i! ヽ               l!
.  ,′    i          il  ハ  i               l!          , 、
 ,イ      |   i    i   i!  i  l    i           li      ,.-一く   \
 i ! i ト、  l   l    l  ,イ  |  |     l  、        ハ   rく: : : : : :\   ` : 、
 l ト !小ヾ i!  |  __L_ハl   l  l    l   ヽ      い、斗ミ:ヘ、: : : : \      ヽ
 i |ヾ 圦 \ハ匕爪イハノ八   ハ ヽ   ’.    \      Ⅵヾ<ヾ:l:ヘ、: : : : 丶.    ヘ
 ヾ リハ廴ヾハノjイニィ  ′il   ト、 \  ヽ    ヽ     ヽ 辷彡1:l:lヘ、: : : :.∧.    ヘ
.   \  `ヾ`リ ,ィ彡'   i ハ   |ゞ  ヽ 、 \、    \   \`Y  Ⅵ:l:lヘ、: : : :ヘ.    ヽ
         ノ        l ,' i   ! ヾ:、  Ⅵ  い     丶     ヽ{  ヽうァ:lヘ: : : : :ヾ    ヘ
          ヽ.       l i  l   |  ハ、  ヾ:、 Ⅵ     \    ヽ  Y´入l:、    )、    ヽ
           i`,く   i l  |   |,斗ゞ、ヽ ヾ:、 ∨        ヽ.  )   ヾー=彡才" `゙       ゙v-、  _,ィ
           | i iヽ._l l_,ノ!   !.:.:.:.:.ヾ、.:\ ヾ、人ミヽ、     `y’    ヽ  ヘヽ          ゝ `ヾ<
           | l | | 7厂 !  ,′-=ニヽ\.:\\ `ヽ、ヽ、 ___ノ      \  ヾ:、       _ノ    `
           | l | |〈{   _l  /.:.:.:.:.:ァ.:.:.:.:ヽ\.:\ヾヽ `ー-ァノ´        ヽ  ハ、      /
.          ゞi | | ヾ レ' ノ::::::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.辷ミヾ廴ゝ=彡'             ヘ ヾ彡ニ=ァ、 /
         >ノソ  _Ⅸ ζ:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:三圭`ー=キ彡ヽ、          ,.斗‐=ニミ:、廴ノ _____
       r=彡≦=ニ彡<て>.:.:.:.:.:.:.:.:.:二三圭.:.:.:.:.:.\ヽ ≧ュ、       /       `Y´ ̄    `ヽ

259 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:07:08 ID:AHvCG9wS
五313.
向こうからの真紅の声に、気合い十分で答えるジュンであるが―――



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}   「はいっ!
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|    最初は私です、お任せください!」
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)   「じゃあ俺も仮眠を取るぞ。
  |     ` ⌒´ノ    交代は二時な」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



やらない夫には適当な返事を返した。



                       /l
                    Λ/ 〈 へ、
                  ヘ|        ,>
                ∠  /   〉ヽ   ̄\
                / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
   「はいはーーい」   |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
                  l/  |‐|   |―ヽ_|
                   |  ̄ c  ̄   6 l
               .   ヽ (____  ,-′
                    ヽ ___ /ヽ
                    / \∨/ l ^ヽ
                    | |      |  |



結局、この後もずっと機嫌が悪かった彼は夜半に立ち番を交代する際にも、
椅子に座って仮眠を取っていたやらない夫の頬を抓って起こした程である。

だが、その嫉妬が良くなかったのか。
これから数日の間、一度も風呂護衛に指名して貰えなかったのもまた、
ジュンを悶々とさせる結果となったのであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……
260 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:08:09 ID:AHvCG9wS
五314.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
深夜二時。
やらない夫が、頬を抓られて文句混じりに起き出した頃―――

王族区画の巡回をしていたアレクサンドは、たまたま自室から出てきた麻呂と向かい合っていた。



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !   「こんな夜更けにどうされました、イチジョウ殿?」
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



                                       ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                                      ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
                                      {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
                                      ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
                                     fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
                                     { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}
                                     t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//
                                      ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
                                      `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
                                          ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
  「ただ歩き回っていれば良いそちらと違い、            li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
   麻呂はやらなければならない事が多いのだ」            t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
                                         ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
                                         /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
                                       , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
                                      / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
                                   ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、


261 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:09:09 ID:AHvCG9wS
五315.
もとよりこの二人は仲が良いとは言い難い間柄であったが、
共和制の提言ややらない夫の報告によりそれは決定的となっている。

緊張と言うよりは殺気に近い空気が廊下を満たし、
薄暗いろうそくの明かりがまたそれを助長しているかのようだ。



          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ   「これは心外ですね。
        ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,   巡回で分かる事も意外に多いのですよ?
        彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ   ―――たとえば、リフ殿やギャブレット殿が、
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i   足繁く大臣殿の部屋に通っている事とか」
        |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
           i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
            ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
     ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,



そちらの人脈は把握しているのですとも言いたげなアレクサンドの言葉に、
チッと舌を鳴らした麻呂は不愉快そうに息を吐き出し、



    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、
  r'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-"´l,
  ト、`ー-、、;;_;::::::::::::::::;_;;;; -‐''"´ _,ィ"ィ〉
.  ミ''- 、_   ̄ ̄ ̄   _,,-‐''"彡彡'    「年端もいかぬ若造を囲い入れて
   ミ   `''ー‐--‐‐''"´     彡シ     いい気になっているようだな」
   'ミl                i彡ノ
    ,l,  (ミァ、     ,ィ彡ツ__.   l彡,    (あの小僧、何者か。
   ヾ ,《でゞミ、_i___i__ゞィヾツ 》、  |i' .l     まさか侍女の持っていた薬を回収されるとは―――)
    'l;.´^ニノ :l .l:ヽ `ニ-‐` ..::ll;)/
    ';:.      '. .::::...     ..:::::::l /
.      ';:::.. ,ィ:i ;   ; 'iヽ、 .:::::::::/´
      ヽ::: l , ``ー'"´  ',. i:::::::/
      ノヘ:::'、ィ;===z、、,冫l::::/ノ|: \
   /: :i ヽ 、`゙゙="´",  :;//.ノ: : : :\_
, -'7′: : :ヽ \ `´ ̄`´ // /: : : : : : : iー、、
;;;;;/ : : : : : :ヽ 'ゝ-----'′/ /: : : : : : : : :l l;;;;
;;;人: : : : : : : ヽ ヽ     / /: : : : : : : : : :ノ l;;;

263 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:10:09 ID:AHvCG9wS
五316.
優位に立っている感触を得た片方が探りを入れ始めた。



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,   「やらない夫君の事ですかな?
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/    彼をご存じないとは大臣殿も、
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"     随分お忙しいご様子。
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l       てっきり、ギャブレット殿辺りから
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l      報告が上がっていると思いましたが」
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::;,,:::::::;;,,::::::;ii;,:::::'":::::::::::;;::,;::::::::::::;;::i;iii::::::::;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::



     l;:;:;:;:;ー-::、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐'";:;:;:;:;:;:;:l
      l;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:‐-::、;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:-‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィヽ
    /ミミ;:;、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙''‐┼‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ彡三l
     l三三ミ`ー 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;-‐''"´彡三三l
   r=三三ミミ     `゙''ー-、;:;:l;:;:;:::-‐''"´     ィ彡三三lr‐、  「ああ、そう言えば先月頃に
   ヽ l三三ニゞ   ,r==、  ̄   ,-‐=、    ゙ヾニ三三lr, l   剣神の息子が騎士団に入ったなどと
    l l三シ´       `゙゙゙゙゙′    `ー'''"     ``彡=l: /   冗談を申していたな。
    ',.lミミ   、....__,,,..,,,,,,,_ 丿 、  _,,,,,,..,,,,,,_.     l三/./
     l.ヾミ     '《_ヾ゚ツヽ、 :  i:"´,ィ'ヾ゚ツ_,,ゝ   lミi l    そんな根も葉もないでたらめで
    ヽ_ヾ.  ヽ、 `゙'''"´ノ l  l::. ヽ``'''" .ノ    lミl,ノ    入れるほど、薔薇騎士団は
      `ミ,     `゙゙゙゙゙"´ , .l  |::.  `゙゙'''''"      .lミ'     落ちぶれてしまったのですかな?」
       'ミ          ィ .::   l:::.、         lツ
        ヽ      / r      _) ヽ       /iヽ
        ヽ    /  ``'ー‐'"    \    / l:::ヽ
        _,ヽ.、  ,‐-、   : :    _, -、`  / /:::::::ヾー-、
       //l.l\  ヽヾミ三三彡',ン´   , ' /:::::::::::::ヽ ヽ
  _, -‐'"´/ /::::::l l. \  ` ー--一'"    //:::::::::::::::::::::::)  )、
'"´    / /::::::::',. ヽ  ヽ、         //:::::::::::::::::::::::::/  / \
      ヽ ヽ;::::::ヽ ヽ   `ー--‐‐'"´ /::::::::::::::::::::::::/  /    \
264 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:11:09 ID:AHvCG9wS
五317.



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'   「さあ、彼が剣神の息子かどうかの真偽は
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !      定かではありませんが―――」
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}   「そら見た事か。
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//    冒険者などと身上も不確かな者を城に入れた上、
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//     王女の護衛にするとは片腹痛い。
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´      共和制に移行した暁には
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り      薔薇騎士団は解散でも良いやもしれんな」
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

266 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:12:08 ID:AHvCG9wS
五318.
解散をちらつかせる麻呂を睨め付けたアレクサンドは、
やらない夫がどれだけ切れ者かを知らぬ愚か者め、と切り札の一枚目を切った。



  フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
 彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
 Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
  彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ   「ですが、とても聡明な少年でしてね。
  ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./    雑学にも通じており、
  Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!     昨夜私にお土産を持ってきてくれましたよ。
   ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ
   ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!     ―――キノコのね」
   ヽ :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
    ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´
    ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
  /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\



チリッ、と二人の間に火花が散った。

内心の動揺はあったかも知れないが欠片も見せない麻呂が話題に乗ってきたので、



         ,l、::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        ,ハ::`丶、:::::::::::::::::::::::|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_,, -‐:〈
        {;;;;ヽ、:::::`丶、:::::::::::::l:;:;:;:;:;:; ィ";:;:;:;:;:;:;:}
        ,l;;;;;;;;;シ丶、:::::::`:`:ー'‐::'':"::::::::_, ィ"´;;l
       fうl;;;ミミ、  ``丶 、::::::::,: - ''"´  リ;;;;;;f-、
       { l l;;;;;ッ=`   (三> `^´ (三シ  ム;;;;;;ソl}     「………キノコとな。
       t !;;;リ    _,,...,,_     _,,..,,_    l;;;//      ちょうど旬で、野趣溢れる良い土産ですな」
        ゙l ヾ;l  :'ィテヘ9ンミ   ,: ',シヒ9ン、  l;//
        `ーll!   `''==ヲ'  l:.:^''==彡'" ,!リノ
            ll   ` '' "   l:.:.:` '' "  ,i;;l´
          li,     ,r .: :.ヽ、    ,:,り
           t、   / ゙ー、 ,r '゙ヽ  /,K′
           ゝ、 ,:'   :~:    } // /ヽ、
           /{lヽ ,ィ==ニニ==,ノ,ノ7 /:.:.:.:ヾニヽ
         , ィ/:.:い ヽ `` ー一 ''"/,/,/:.:.:.:.:.:.:.:ソ }- 、、
        / /:.:.:.:ヽヽ `' ー‐ -- '"//:.:.:.:.:.:.:/ /   ` 丶、
     ,, - {  ヾ:.:.:.:.ヽ丶     //:.:.:.:.:, -'" ,/       ` 丶 、
  ,, - ''"   丶、 `` ーゝ、ヽ.,_,,ィ"ェくユ- ''" , ィ"

267 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:13:10 ID:AHvCG9wS
五319.
隙あらば殺す、と言葉の刃をのど元に突きつける。



        、_Z≧x___}\ト、__r 、
      , ィ≧ -==ミ  ミミ   \ト、ト、
      ラ  彡  -=ミ   \ ヾ  ヾミメト、
     彡彳     --===ミ     \ ト、  ト、
    ヲ彡     -=三ミ  -=ミ≧   ヾメ ゞⅦハィ
   イ  /     ニニ三 =-} ̄`ーzW `川川i|
  / / 〃  -==ミ     j}   .:::::::::ヾ、 } } }!
  7 イ   / 彡 -=rzzミ    ソ  ...:::::::::::::::::Ⅴ川リ
  /, ィ  ./    /r-! } -= 彡' ...::::::::::::::::::::::::Y''´
  ラ/ イ 彡彳/ ./::::::} }zxイ .....:::::::::::zzzzx : ::::|
 彳イ 〃   { {:::::::::} }}>ミx:::::::::::::::::;;;;丕ミi!:::::|   「ええ、とても素晴らしい物でした。
  j  /zzイ ハ V:/~::..    `ミ;;x:::::::;;;;;;;;;;ム! ::|   大臣殿にもご馳走したくなる程の、ね。
 ノ/〃 .//∧ V :::::::::::::::.........:::::::`ミ;;xzz/ /::/
 イ /.///  V/,,,,:::::::::r-:::::::::::::::::::::;;;:>/ /イ    よろしければ明日にでもお届けしましょう」
. /〃-=彡/ ::::::::/-彡:::::::ir=-::::::::::::::::::::::::レ:::::::l
\ ....::::::: / ::::::::/彡彡:::::::i!:::r=-  :::r=z、::::::::ム
.//\::::/ .:::::::{彡彡彡:::::::::::::::ト、_:::::::::::::-==::ム
//// \zz.:::::::人彡彡彡 : :::::::::ヒ-+ミト、_ニr''  ̄
////// .\zzz:::::\彡彡彡::::::::::: ̄`マr''¨
/////////.\zzZz::\彡彡彡::::::::::Y='
/////////// \ZzzZ:\彡彡彡彡|
//////////////>==>z、彡彡'
////////////////////////\
//////////////////////////\
////////////////////////////\
/////////////////////////////入
///////////////////////////// /\
//////////////////////////// ////



だがこれも、麻呂は老獪に躱して見せた。



        !::::::/´   ノ三三三三三三三二:::
         ゝ'rァ   '‐-、_三三三三三三三:::
          /        \三三三ニ::: イニ.、
        i  :::rェ、_     1三二::::/::ヽ 、    「ありがたい申し出ではあるが、
        ゝ,  .|ツ'´     i三ニ::/  t_ヽ `    それには及ばぬ。
         ./   !;;:'      i三ニ::i  い フ
        /   :       |三:::::!:::__,,/     しばらく食事の約束が続いているのよ」
        / __ :.        ヽニ::!:::]ヽ_:-'"
        ヽれ;          '_=ノ ::::): : : ::;
         i            ::;:;:;;:/  ::;;
            c,,,,,___       ::::::::::::;;;:;;/  ::;::
          冫゛      :::::::::::;;./ \  ,,..
          ヽ_::::.    ::::::::;;:;;::/ ./ / __
            `i   :::::::::::;;;;;/ / / /__,,
            ヽ_ノ;;;::l:::;;:;// /..-'‐"
               `´`´ ゞz,/ ヽ__,,.-‐'"
269 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:14:08 ID:AHvCG9wS
五320.
やはり一筋縄ではいきませんねぇ、と舌を巻いたアレクサンドは去り際に二枚目も切り、



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,   「では、私は巡回に戻ります。
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ    大臣殿も余り夜更かしをされて、
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/    風邪でも引かないようにご注意ください。
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''      今年の風邪は、随分と質が悪いようですから」
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,
 __,,,,,,,.....:.....,i"::::::::::::::;ii;:"'t.,::::::::;;;l   /:::::::::;;;;::i'i::;;:::ヾ:::::ー―- ...,,,,,
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::.ヽ.::;;ii;:::::::';,-:::::;l_,,../;;;'"::::::::::;ii;:::::'"":::::::::'''""''::::::::



          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /   「それはそちらも同じ事。
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /    願わくば、全員健康体で
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /     葬儀を執り行いたいものですな」
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、



麻呂がそれに乗った事で確信を得る。

普段なら、これほど会話が続く事など有り得ないのだ、
余程後ろめたい何かがあるのだろう。
270 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:15:09 ID:AHvCG9wS
五321.
アレクサンドの背中に唾を吐きかけた大臣は考えを巡らせながら階段を下り、
宮廷司祭長の私室へ向かおうとしたのだが



            i;:、;:;:;:;:_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i,
             /三、;:;:;:;:;`;:‐-;、、l_,;:;-‐;:';:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ彡ニ、
           l三三^'ー-:、、;:;:;:;:j::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-‐イ彡三三i
           i'l三Ξ.  ,.=ミ`'ー-‐'";ニこ´   ィ彡三三7,.、
           ',lミシ"  ` ̄´    `¨"´    `ーミ三彡7-ヽ   (あの筋肉達磨に
           lミミ, :.  _,.=、、 .   ..: _,.〟、、..:  ヾ彡〃//    入れ知恵をしたのは誰だ?
            〉l; ::.彳ヾ゚;ハ、:、 ,:' ,.ィヘ;゚ツゞ::'   .::彡/ノ/
             ヽli. :ヽ.`゙'''"フ`.:  l::. ヽ`゙゙"´.:'  .::::::彡ゝ/      ―――とは言え、薬が抑えられ
             `li.  `゙ " .::   l:::. ` ゙ "´ ..::::::::彡ー'′      絡繰りに気づいているとなると厄介。
           _,.ト:..    .:' :   :::::.、    .::::::::::彡′
         ,ィ'´r'"::ヘ:::..   /`'=、__,.ィ'' ' ヽ  ..:::::::::::;ヲ         公式行事までは向こうも動かないであろうが―――)
       ,r‐' ./:::::::::::::ヽ::::.    : :     、.:::::::::::;ノ ヽ、_
    , -‐''"   ヽ::::::::::::::::\ ー-:こ=ニ=一 ノ .::::/l:::ヽ, ヘ`ー-、
, -‐"     ヽ   \::::::::::::::、\ `ー‐--´ " ::// /::::::::i l   `ー-、、
         \  \::::::::::\ヽ、____,./: :/ /:::::::::::l l       `丶、、
          \.  \::::::::::ヽ、::.   .: : : /./::::::::::::ノ /



途中、王女付きの侍女とすれ違った。



                            ,,ィ===== 、
                      , ==ミゝメ== ,,__     ヽ
                   / ,/ r '´ `´´  ̄ 丶㍉、
                    / // 〃 ,  ヽ  ヽ ヾ `ヾ、
                 / / /' 〃 イ   ト', ', ヽ\\ ヾ
                     !  i 〃,イii ハ   i ', ', ! ',ヽヽ  ',
                 ! λ i/⊥山-イ  人i i'リ i ',',ヽヽ "
                    i , カ  ',rtテ=ミi〃 /ソ_メ、i  i !i !! ',   「あッ………
                i ヽi'   パ:::。i 〃リ イ゚::i`〉  リ :レi i リ   大臣、様?」
                   i  i ハヽ ヽ'',,´   、 `''゚〃 /i i/ソ リ
                !  ! ハ ヽ ヽ   - '''〃 // /ノノ
               i  ! i ハ、_ヾヾゝ ィ</ /〃イi !
                  i  !  !_〔   ̄Y´´ト、'´_ i i i ハ',
               iィ─rt' ´  >='´†ヾ=< `rt-ヘハ',
             /´;  i!ヾ  く´ '´ `大'  ' ,`>//i! ;, ヽヾ
           /´     i! ヾ r '〉´ /; i ヽ  〈ヽ/ i!    ヘヾ
          /       i!/  l  イ ∧; ヽ、ヽ ヾ     ヽヾ
         /       .レ   ヌk__/O',_ スゝ ハ     ヽヾ
         ヽ       {      |||z.|||      }     〉 ヾ
          ヽ      ハ、     |||O|||     /     人  ヾ
           乂二ニ二, イ ` ー― ´  ̄ ` ー イト二ニ二,イ ヽ丶  ヾ
           〃    テ i iヘ             ハ ゝ  i ヽ ヽ丶  ヾ
.         〃 ヘ /  !!i ヘ            / ! ',.    !', ヽ ヽ 丶 ヾ
         〃ヘ ̄`〔  ii i ハ           ,' !i {ニ=彡 ', ヽヽヽ 丶}

271 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:16:08 ID:AHvCG9wS
五322.
普段は温厚なイチジョウ様で通っている彼は
娘にいつも通りの笑顔を向けた、しかし―――



          「;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:}
          ト、;:;:;:丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:;: --―;:''"´;:_」
          {::ト、:;:;:;:;:;:` '' ー―――;:;: '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;_ ,.ィ彡!
          l::l 丶、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,. -r==ニ二三三 }
          ',:i r- 、、` ' ―――― '' "´ ,ィ彡三三三三三/、
            || ヾ三)      ,ィ三ミヲ  `丶三三三三三ん',   「おや、こんな夜更けにどうしたでおじゃる?」
            lj         ゙' ― '′     ヾ三三三ミ/ )}   
           | , --:.:、:..   .:.:.:.:..:.:...      三三三ツ ) /
           | fr‐t-、ヽ.  .:.:. '",二ニ、、    三三シ,rく /
           l 丶‐三' ノ   :ヾイ、弋::ノ`:.:.    三シ r'‐' /
           ', ゙'ー-‐' イ:   : 丶三-‐'":.:.:..    三! ,'  /
            ',    /.:             ミツ/ー'′
            ',   ,ィ/ :   .:'^ヽ、..       jソ,ト、
             ',.:/.:.,{、:   .: ,ノ 丶:::..  -、   ,ハ  l、
            ヽ .i:, ヽ、__, イ   _`゙ヾ  ノ   / ,l  l:ヽ
             ,.ゝ、ト=、ェェェェ=テアヽ }   ,/  l  l:.:(丶、
           _r/ /:.`i ヽヾェェシ/  ゙'  /   ,' ,':.:.:`ヾヽ
     _,,. -‐ '' " ´l. { {:.:.:.:', `.':==:'."       /   / /:.:.:.:.:.:.} ト―-- ,,_
一 '' "´        ',ヽ丶:.:.:ヽ、 ⌒    ,r'"    / /:.:.:.:.:.:.:ノ,ノ |      ``丶、
            ヽ丶丶、:.:.ゝ、 ___,. イ     / /:.:..:.:.:.,ィシ′ |
             `丶、 ``"二ユ、_,.,____/__,/;: -‐ '"  /



        ____   ヾ、
       '´ ̄ ̄ ̄`ヾ、  .!l
         ____ヾ!| _
      ,、 -‐'==―‐- 、 ツ´ニ、ヽ`ヽ
    ///´  /`      \ ヽ\
    / //    / i     i i  ヽ ', ヽ
   ,' / / / ,'  |   l  | l   l  |  ト,
   ' / /./ /  l   |   !  l l   |  |   l '.
  ,イ / / ,'  l  ハノ `ト、ハi ハ l ! :!: l  l '.
  ,' l ,イ / l |  |才丁l  |イ二サトl、リ :l |  l '.    「いえ………その………
. i l! | ,ィ| .l |  |,r=行ヾ .ノ イ! ̄㍉/ ./ 、!  ! l  ',   し、失礼しますっ!」
   i ! l |! | l   l ト、_| `" 、ト、__ノイ / /'´|  l !l   '.
    l ! l |、!  ヾ ̄ 、     ̄フ  /-イ  !  :l !l ',  '.
     l! ヽト、!   ド、  っ   / ./ /  i    l !l ' .  ' .
     '、 ト、|ヽ  \>、_ - ア/ /ュ/  i     l !l ' .  ' .
     .  |! |  ヽ、ミ | `Y´/'レ'/ !         l !l  ' . ' .
       l! | _  __ノL !    __ノ`ー--ァr- へ、 l !l   ' . ' .
      i!/ lr -ー ‐i⌒i ´ ̄ ̄` ー、 .//     ヾ !l    ' . ' .
     ./ノ ...|     l、_ノ      ///      ヾ l     '  ' .
     /     |    /ヽ   ` 、 ///        ', l      ' . '.



まるで怯えるように顔を曇らせた娘は、足早に階段を駆け上がってしまい、
272 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:17:08 ID:AHvCG9wS
五323.
その反応が麻呂の不安を大いに煽った。

一部の政敵や騎士風情に裏を取られていても、話が公にならなければ
王女さえ始末してしまえば修正がきく。



.      |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
     |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
     /、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
     l三ゞ‐- _;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;:_;:;:_;ィ彡彡ヽ
.    lミ三;   `゙゙''ー-、;」_;:: -‐‐''''"´ ̄  三三ニ彡彡,
      lミ三、   r=、     ,.--、、     ,ィ三三ニ彡彡
     lミr"   `゙゙"′    ゞ-‐"     ̄ヾ三三彡'‐、
     lミミ  _,..ー-_、,,,,ノ   、_ __,,,._,,..,_      ゙三ニ彡"´}i   「あ、これ?
     'ミ   ,イて・)ヽミ' ー‐:'"´,ィ'て・'ハミ、     三彡 ノ、./   何故逃げるのでおじゃる?」
.     ヾ;.  `゙゙゙"" ̄/:  l:::. 、 ゙゙̄""´,:'  .. : :三彡 ノ/
        'l.   ` ゙ "´ .:::  l:::::.. ` ゛゙ "´  . : : ::三ソ r,イ    (よもや、侍女にまで露見していると!?
.      l: ..     .:::  l:::::::..      . : : : :三l、_,ノ′    こうしては居られぬ、リフとギャブレットに
       '; : :..     (.、  : ,,ヽ:.   . . : : : : : :彡ゞ㍉      至急対策を指示する必要があるな)
        ', : : : ..  ``ー'" ´    . : : : : : : :彡′``
          ヽ; : : ::.    : :      : : : : : : : : フi7ヽ、
         ヽ; : :,ィ;===、、__,.  : : : : : : : / /  !::\
          ヽ: ヽヽこニフ ノ′ ;: : : : : ::/ / ./::::::::::ヽ-、
         ,ィ'7〉、 `ー-一" ィ´. : : : :/ / ./::::::::::::::::::} ヽ、
        /,. /::lヽ\_      _,,./ / ./::::::::::::::::::::ノ  )、
 ,. -‐'" ̄{ { /:::::i. ヽ.   ̄ ̄ ̄´   / /:::::::::::::::::::::/  / `ヽ、
"       ', ヾ::::::::ヽ ヽ          / /::::::::::::::::::::/  /     `'ー、



だが、話が大きく広まってしまっては、共和制の検討に入る前に失職あるいは処刑されるかもしれない。

少なくとも国王が毒殺されたと公になっても立場が保てるよう、
腹心に対策を急がせる事にしたこの矛先は―――あろう事か、やらない夫の身内に向いた。
273 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/23 23:18:09 ID:AHvCG9wS
五324.
数日後。
国王葬儀の朝。



   __,>: : : : : ヽ: : :ヽノ : : : :_:_:_:ノィ
  ({ : : : : : : : : :_:_)辷不辷シ、)、)⌒ヽ
  ({: : : :__r<入ノ`ヽノゝ-ヘヘ.ヽ.ヽ 〔
 く(hィ´: :x rチ {   |  i ヽ \\}`ヽ
   Yフフフ ノ ! !  ! {  l x‐l‐ 、', jヽく          「お父様?
   ノlイ厂 i ヽ X´「从 jノ八ィ=ミハx彡く          お父様宛にキノコが届きましたけど、
. 〃 | { ', ヽ /ヽィ=ミ``´ rし'i 》jイr‐=ミx         市場で買われたのですか?」
. ,′ l| 八 ヽ. i 《 rし'l   , ゞ゚''ィニニ」二二}
. `ー=ミー=≧トー=xゞ゚''  r ‐┐  ハ三辷ラ´
    )Y´ ̄ゝ-=ラ、  ヽ ノ .イー‐‐<
   辷ゝ=ニ三ハ=≧=‐r‐ イ:_:j: : : : : : :ヽ、
     ` ¬くく乙( x‐rく <⌒ヽヽ: : : :.:.:.:::.: )
            〃`小. ヽ ー' ノ: : :.:.:.:::ノく
         人ー彡∧ 〈 ̄: :`:ー:r : : :ヽ: \
        (::.:.:./// iヘ.丶: : : : :.i : : : : :ヽ: 〉
            〉:.〈// | i\\: : :.i : : : : : : \
        /:.:./j_j   | i:.: :\.>: :i : : : : : : : : \
          /:.:.//   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : \
.         /:.:.// i   | i: : : : : : : :i : : : : : : : : : : : : \



              _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
          . -=ミ            \
        /           ⌒\    \
       /   /        ヽ  \ \   ‘,_
    ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ
      / /   i      | l     \  \     |  ハ   「なにっ!?
       ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ    キノコだと、まさか―――!」
.       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /
.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {
      〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、
         ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
.            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
            八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
               \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                \    . イ   '`       ∨/
                    `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                  厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                 _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
                  /    \ : : : \       | : :} '
             _/         \ : : : \      | : :|   ,





幾多の命を失わせ、王都を混乱の渦に突き落とした内乱が、今日始まる―――






  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        第五章  動き出した流れ
                            END
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────





275 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日: 10/09/23 23:19:21 ID:AHvCG9wS
本日の投下は以上になります。
長時間の閲覧、たくさんの合いの手本当にありがとうございました!

次回より第六章になります。



第六章 剣の騎士と盾の騎士 その1へ

スポンサーサイト



  1. 2010/09/23(木) 23:27:14|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです 第13話 | ホーム | やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです 第12話>>

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/980-f2d59608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR




以上の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-980.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13