以下の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-960.htmlより取得しました。


やらない夫は約束を守るようです 小ネタ 仮初めの平和(安価エンジュ編)

126 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:00:09 ID:mSGwP+4U
小1.
【ご注意】
あくまでネタですので本編との矛盾があってもご容赦ください。





  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        小ネタ  仮初めの平和
              (安価エンジュ編)
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────





ローゼン王国第一騎士団団長、エンジュ=サクラダの朝は早かった。
つい、先日までの事ではあるのだが。



          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、   「ジュンが出て行って朝練が無くなったと言うのに、
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|    身体が勝手に起きてしまうな………」
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



心配の種であった息子がある出会いを契機にまるで生まれ変わり、
一人前として一人立ちしたのが先週の話。

当初はサクラダ家縁の者は皆、諸手を挙げて喜んだのだが、
やはり彼が居なくなった影響と言うのは少なからずあったようだ。

まず、早起きの癖が抜けない自分。
127 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:01:09 ID:mSGwP+4U
小2.
そして、からかう相手が居なくなって暴走が減った長女。



           ヽ\イヽ ヽ l, - 、!|  , - 、    冫、_
          /ゝー\/  ,ヘヽ /,ヘ,  \_ ‐'/ \
      〟==ィ ̄冫 ̄゛  /  ヽ〃  ',  ヽヽ⌒ヽ  ヽ
    〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ ヽ
   〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
  /   イ /      ,ィ l | |       ! | ヽ l    ヽ  !
 l|   ///  l    / | 」 」 」       | / ヽ | 、  、 ヽ |   「おはようございます」
 l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'
   l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|
.   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
    ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /
.        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/
           〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃
      , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
     ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、
       | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ
     ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_
       ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
        ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '
          , -‐/  /   !  /    /   /`-、
      _, -‐'´  /  / _ |r亠ー- 、 /   /   `ヽ 、


                                   ___ _,, -‐、
                             「 ̄ ̄ ̄`ーー'__,,.  |
                             ヽ   ´ ̄`〉-l、_   / \
                             / !   / |l ヽ\_  /  く´
                           < /_ ヽ _//-─ー''´ ヽ`   _〉
                                |\i  ノ、 l !|  lヽ 、\ /ヽ
                            /´「 レi | | ,|-!|lハ  |l ̄l`! Y | l|_
   「おはようございます             /   l   !|/l冫、|;ヽ∨ f,~テ|!/ lノ `ー-、、
    お父様」                 |     \ |ヽl仆い     ヒ_ソ |く´     /
                           ヽー-──人|_ゝ-'   、    人>-=ァ/
                         r‐''ニ二三f>ヽ、  (_フ  /-‐'ニフ<二7
                         L_二_ 、ノーァ/_. `iー‐ ´|/ ̄フ」_/ノ
                          <_// ̄) フ´\__r=z´ ̄ `\
                               /    |l `>トi|r‐' |〉     )
                             !   i  `´ /|l |lヽ-‐'  /  /
                              冫  |   //l| |l ||    |  /
                              /   ,'   ///l l| !|   l  |
                               /   /  // l| | |l |:!  |  |
                           /   /  /:.l |l | || |:|  |  |



一番大きな変化を見せたのはやはり、次女の雛苺だろう。
口調が変わり、幼さが形をひそめて貴族の娘たる雰囲気を持ち始めたのだ。

128 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:02:09 ID:mSGwP+4U
3.
執事やメイド達もその空気は感じ取っているようだ。



         , -─-─- 、
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::`、
      /:::::/、\、, ,/\ ::::ヽ、
     /:::::::::|        | ::::::`、
     |:::::::::|        |::::::::::|      「なんだか、火が消えたように
.     |:::::::::|─-   ,-─|:::::::::|       静かになりましたねぇ」
      |:::::::|=ェェ-  -ェェ=|:::::::|
..      |:::::|⊂⊃'⌒⊂⊃|::::::|
       |::::|    l    |::::|
..       |::|\  ー  /|::|
.        |  lヽ _ 'l  |
,.         /\../\
        /| /Y\ |\
    __,,-'''|:::::::|レ ムムV|:::::::|`-、
  _,,-'   |:::::::::\ | | /::::::::::|  `-、
 |ヽ    |:::::::::::::::\/:::::::::::::::::|   /`、




特に、直接世話をする相手が一人減ってしまったアキラは
最近元気がなく、やり甲斐を少し失っているように見える。



                              /::::/:::/:::::::|:: : !|!::|::::|:::、!:i:::::::::: |:::::::i::::::Ⅳ ::::::::::::∧
                         .     /::::/ ::::|i::: : |:!::::!|Ⅵ:: !:::::Ⅵ>-、!_:::::|::::::Iij::::::::::i::::::∧
    「はい。                     i:::::ハ : ::||::: : |:!::::!| Ⅵ |ヽ,汽丐仭厂 :|::::::トヽ:|::::|:::::i::::i
     やらない夫様が来られてから       |!|:!|::::||:::|斗匕!| \! イ 刄必 リ::!::|::::::|.:.} }:: |:::::|::::l!
     本当にあっという間の事で。        | !| Ⅵ:|ト、! iィ匁リ,          /|/: !::::::|,//:|:: |:::::|::::|!
                              i|  ヽ\!\ドヌ´,       / リ::::i::::::リノ:: |:: |:::::|: 八
     私も正直、慣れません」      .      |   \|:!|::::ハ `        //|::::::|:i!:|:::i::::∨:ヘ::::::\
                                   |:!|:::::ハ   --    /´  |::::::|:i!:|:::iヽ:::∨: \\\___
                                   |:ハ::::|i::::\       / !::::i!从∨: トミニ=≠777777ハ
                                   |i i: |i:: ||::|i>..、  /::  |::::|ハ:ハVγ⌒ヾ//////////ハ
                                   |! |::|i:: ||::|i:::i|ハi`i升`ヽ/Ⅳ! j! Ⅹ   ////////////∧



129 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:03:09 ID:mSGwP+4U
小4.



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }   (ジュン。
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {     みな、お前が抜けた穴に戸惑っているよ。
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ     お前は、城の生活には慣れただろうか?)
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



時々王城で見かける息子は、大抵やらない夫と一緒に訓練をしているか
先輩達について仕事を覚える姿だった。

国王が療養中のために謁見が済んでおらず、
完全に正式な親衛騎士とは言えない立場。
それでも、息子が自分よりも高い場所に立ちつつあると言うのはエンジュにとって
何物にも代え難い喜びでもある。

娘達や館の者が慣れるにはもう少しの時間が必要だな、と思った彼はそれで朝食を終えると
いつも通りの時間に城へと向かった。
130 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:04:09 ID:mSGwP+4U
小5.
八時四十五分。
毎日と同じ時刻に城門に差し掛かり、



─ーーー(    )─,. -‐ァ¬T 二丁:丁二 T¬x‐- 、─(    )────
________|` ̄´|/\<.   |   {゙云゙}   .|   >/ \|` ̄´|____
    r≦三三≧z  \> ┴¬'トー イ¬┴ </  r≦三三≧z
──ー'V丁而i丁V> '´ > ‐=¬辷,少¬=‐ < `' <V丁而i丁V───
      L |川川| _|_> '´二二二二三二二二二:`' <_L |川川| _|
 ̄ ̄| 〈_r===== t_〉二二三三>ー----<三三二二〈_r===== t_〉 | ̄ ̄
    | |ミ|    |ミ|二二三ア        `ヾ三二二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ7               V三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミi                 i三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|    |ミ| |
__| |ミ{伝王}ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ{伝王}ミ| |__
    4∧∧ :|ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|: ∧∧キ
    ||,,゚Д゚) |ミ|二三ミl_________|三二ミ|ミ| (゚Д゚,,|| <あ、団長!
ーー‐ O  |)ミ|ノ{二三7             V三二|ノ|ミ(|  O───
__ ||   |_|_,.|> '´_______________,`' <|_,.|_|   || __
   ,  し´J  ソ┘                     └く  し´J  .

131 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:05:09 ID:mSGwP+4U
小6.



                _
             / ̄ ̄\\
           /     ヽ ヽ、
           |、       ゙i ゙iヘ
          〔\`'‐-    └' i
          |∩ \_     _|        「エンジュ団長!
          |∪\ |´`''''''''''''''''''''i|        おはようございます!」
         / |||/  `''''''´´ ̄l 「'''/
         |         ,-l l l
         \iiiiiiiii   ///  ヽ___
        /ヘ`'''''ヽ      ェュ 丿\ ヽ
    / ̄|::::::::::\  \__(⊃-‐‐⊂)‐゙i::::ヽノ
   /    |::::::::::::::゙i   `'‐‐‐‐'´   ヘ::::ヘ
  /   /::::::::::::::::::|      ヽ    ヘ::::::/ヘ
  |  /―--、::::::::::|       ヽ    ヘ/ ヘ
  | /     ヘ::::::::/       ∧___----|  ヘ
  l/      // ゙i    ,,-‐‐'     /―''''〈



部下達に答える。



                       / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                      / // /       !   |    |       \丶   \  |
                     ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                      |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                      ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
   「おはよう。                l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
    今日もよろしく頼む」            l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
                            \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                             ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                 /                 /        V了\   り
                                └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                    `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                     ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                      `一'´/ ∧   / /    /   \
                                        , ィ  //!   ' /      /       \
132 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:06:09 ID:mSGwP+4U
小7.
夜間警備の報告を受けるべく執務室に向かえば
第一小隊長のキバヤシが一分も違わずに中に入ってきたのだが、



     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |    「おはようございます。
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    昨夜の警備に特に異常はありませんでした。
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン    ただ―――」
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /



彼がこう言い悩むのは決まって何か問題があった時だ。



                          _ __ _ _
                      ,.'"´       、`ヽ、
                     /   i    リ ヽ 、  \
                    /    .:レ′   j  i !.:.   i
        「ただ?」        l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
                    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
                   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                     ヾ::、    ,        !/::/
                      仆    :j 、      イ:/
                         `、   _ _     /i,ハ
                        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                         `ト、 ___ /   !;;:/、
                          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L

133 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:07:09 ID:mSGwP+4U
小8.
嫌な予感のエンジュが聞き返すと案の定、苦い顔のキバヤシはやってしまいましたと言い、



  .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |   「新人のカイ=シデンが
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ   風呂護衛のガイさんに驚いてしまい、その………
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r' ゝ}二. {`´ '´__ (__),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | } 泣かせてしまいました」
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´        ∪  l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐=======‐-        .!::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \



何回目かの事にエンジュもああそれか、とげんなりした表情を浮かべてしまう。



                           \  _ __ _ _
                       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
                     /   /   i    リ ヽ 、  \
                        /    .:レ′   j  i !.:.   i
    「やってしまったか」         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
                        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
                        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                          ヾ::、    ,    lllll  !/::/
                          仆    :j 、      イ:/
                             `、   _ _     /i,ハ
                            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                             `ト、 ___ /   !;;:/、
                              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L

134 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:08:09 ID:mSGwP+4U

小9.
┏──────────────────────────────────────────────┓


 、____,,. -、_ , --‐'^丶''´ / ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄`ー一^´ /
  i                   /   |             |
  |     ん   ね   わ    i    |  な   あ  だ   |
  |                  |    j             |
  'i    か   え   か    i     i  ん  れ  っ   |
  |                |    l             |
  i     よ    じ   る    |  ,/  j て  が  て  |
  |                  | // ,〈            |
  i     ォ   ゃ   わ   l ''" <l     女       i
  j                 r   /   __,..、 ,..、r-、_  |
  l      ! !       け   i  -= '´   ヽ       ` ^
  `7                 ヽ       \
  l    ,.. -‐t――- '"~ ー'^'‐´           `ニ=-
  L -‐'"  ,/ィ        彡 "´           \
      /' /"           ,  ノ/;∧       i \
        i           〃 /,// / i、       i、_
         |         / / / /  | l i   、 l \
         |   /  / ∠_/ 、;  / u ! i_ll、     !;ヽ i
 ---- 、_ ,/ / / / / 'i 〃 。ヽ !,i    , 。'´j !ヽ、i,ト、!┬ l
      _/ / /  // ;,ベ...__ > ノ ’ ''ー―'  |  ト、 ヾ | i
 'ー-- 、.,  / / / /i;;; /;;    =´  ` ;   '";; if^i |ヽ;| i  |
     ヽ/ /´>/、j/ ;;;          l    ''' l l/'|.  | | |
        /i  `ヽ、i  u    ,;;  r  !i'     レ' /!    l i
      / l,   ,,.┤      ;;,  ;;^'"'; 、 / '|゙   ''  i!/|、
 \      |    |ヾ,\       ;;; -‐'il7' //'i」     /' / |
   ` -、_  \  |  \\     i'´   / 〃;| |' '';;;;' !|/ /
      \  \|   `'i, |   l   / ./ l/;/   ;/i | / 〉
        \ 丶l\   l |ヽ、 l、   i / ;;,/   / | |  |
         \    ヽ-! L_ ヽ, ヽニ'ノ、 // /  / |  |
   ┌- 、     \  \'ー-i~|` 一' /´ / f´ /    |; |
    |     ` ‐- 、 \    | | ̄´ /  /  ! '"     ヾ, |
    ー-      `゙'  \   | |   /  /          ' |


┌────────────────────┐
│  女装の変態が居ると大騒ぎした         │
│  騎士見習いのカイ=シデンさん十九歳     │
└────────────────────┘


┗──────────────────────────────────────────────┛
135 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:09:09 ID:mSGwP+4U
小10.
エンジュも別にカイを責めるつもりはない、
はっきりと聞いていなければ無理からぬ事なのだから。



         ヽl
           \  _ __ _ _
       ,  -‐ ,.'"´       、`ヽ、
     /   /   i    リ ヽ 、  \
        /    .:レ′   j  i !.:.   i
         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、    「彼女には私の方から謝罪しておく。
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|    キバヤシ、もう一度新人に伝達しておくようにな。
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/   業務中の彼女はあんなのだが、
          ヾ::、    ,        !/::/    実際は可憐なお嬢さんなのだと」
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、



                                   NヽN`              `゙、
                                 .、Nヾミ                i
                                  ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
                                   ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
    「しかし、魔法の仮面で変身しているなんて、       {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
    実際にそれを見ない限りはなかなか………」        l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
                                       `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
                                        i.u  ___     ,' |
                                         ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
                                        ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                                     _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



ガイ―――仮名であるのだが―――彼女の家系は代々、
魔法の仮面と共に王城の風呂警備の役目を負う一族であった。

体術によるそれなりの戦闘力を備え、かつ仮面の力による変身で強い膂力を得る彼女の先祖は、
『メイドガイ』の名と役割を実に百八十年も続けているのである。
136 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:10:09 ID:mSGwP+4U
小11.
小隊長であるキバヤシも別にカイに処罰を加えるつもりは無かったのだが、
自分達同様、城警護の一部を担っている彼女とぎくしゃくするのはよろしくない。



                     NヽN`              `゙、
                   .、Nヾミ                i
                    ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
                     ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
     「報告は以上です」        {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i
                         l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
                         `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'
                          i.   --一 、   ,' |
                           ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
                          ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                       _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



取りなしをお願いします、と報告を終えて執務室を出て行き、
エンジュも早速ガイに謝罪しに行こうと彼女を捜す事にした。



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {    「ご苦労」
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\
138 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:11:09 ID:mSGwP+4U
小12.



         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
            . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\
139 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:12:09 ID:mSGwP+4U
小13.
途中、廊下で第二騎士団長のギャブレットとすれ違う。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:./.:./:.:/.:.:.!:.:l:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: /.:./:.:/.:.:./!:.:l:.:.l:.:.:.l:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.l:.:.i
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: /:.:/.:./:.:.:/.:l!.:.l:.:.l:.:.:.l:.:.:.:. !.:.:.!:.:l.:.:!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:./.:./:.:/.:.:./:.:/!.:.l:.:.l:.:./:.:.:.:./.:.:/.:.:!:/    「…………」
:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:><;,/.://./ !/:./:./:.:.:/.:/://
:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ーャァ-`ーノノ ノ;.厶斗匕:/:/: 八
:::::::::::::::::::::::::::::::::::!    ` ̄   .: / ィfアニ /.:.:.:.:.:.:/
:::::::::::::::/:::::::::::::::::l          : i     /.:.:.:.:./
::::::::::::/::::::::::::::::::::l          : |/    /.:.:.:.:.:.:l
:::::::::/:::/::::::::::::::::i:!        、..,!    /.:.:.:.:.:.:.:.l
::::::/:::/:::::::::::::::::::lヘ        _     ,′.:.:.:.:.:.:.:l
:::::::::/::::::::::::::::::::::l \         ̄   , ′.:.:.:.:.:.:.:.:.l
::::::/:::::::::::::::::::::::::l    ヽ       ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
:::/:::::::::::::::::::::::::::j\    \     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.,
::i::l::::::::::::::::::.:.:.:/  ` 、_   ー ' |ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
::l::l:::::::::::::::.:.:.:.:l      ` ー  イ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧



だが騎士募集試験での結果が二人の立場に明暗を分けていた、
今では突っかかって来ない相手は視線を合わせないように通り過ぎるだけで



                    / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                   / // /       !   |    |       \丶   \  |
                  ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                   |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                   ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
   「おはよう、             l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
    ギャブレット殿」           l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
                         \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                          ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                              /                 /        V了\   り
                             └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                 `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                  ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                   `一'´/ ∧   / /    /   \
                                     , ィ  //!   ' /      /       \



エンジュは特に何も感じることなく、挨拶をする事が出来る。
140 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:13:09 ID:mSGwP+4U
小14.



   | #;;   _______________________      ,;    .
   |      | :|  。|。    ||:     。|。    |    。|。    |        |    ________
;;   |      | :|____.|._____||____|.___|_____.|._____|========|     ||         ||
   |    へ| :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧_∧  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ||         ||
   |      | :|  ┌==┐  :'。・゚ (・∀・ ) チャーハンツクルヨ!!       . |     ||         ||   .:,
   |      |/ ̄(XXXX) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|      |     ||[]       ||
   |      |王王王王王王王王王王王王王王王王王| .|  ::    |   #; ||         ||
   | ̄;;|_::|土土土土土土土土土土土土土土土土土|/   ,::    |___||_____||_____
 ;;/|_;;|                       , 旦旦旦、 ,;::
/           r∧∧ .     ∧∧、      ((・人・ ) )..:
         __|(*゚∀)___(Д゚*)|___  (⌒)  (  / ̄\彡"""""""""""""""""""""""
        /     ヽ)ヽ)              /|   ⌒ヽ_.)/  o∧ | _  ゙"゙         ゜
      /rェェェ、      .rェェェ、    ./ ,i|       /   (゚^ ゚*)> /|       ( ̄@) 。゚
    /_||_||_||____||_||_||___/ ノ|_」       /    ,j'y;:´J. / /  ゙"゛    爪, ‐)')
   :| .:.  ||_||_||_       ||_||_||_   |,ノ´        | ̄.\  0ィ O'/ /        /_ , j'
    `|_|^゙|___|7`"^⌒^`|___|7^'^1_|          |   |/  / /゙"゙  ,,彡    しし
                                    |___ ̄ ̄|/    彡

141 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:14:09 ID:mSGwP+4U
小15.
まずは厨房へ行ってみると、小麦粉まみれのランサーが麺棒片手に声をかけてきた、
どうやらまた何か料理をしていたらしい。



               /:/
       ノソ''ノ'ソ'ノノ/:/
     (`ミ巛彡彡,丿/
      λーイ个、,,,ヘ
      ! ヾ=i キ  Yゝ
       `'l_   /i !》           「おや、サクラダ殿。
    __/:/ヤノ .!ー-、_        厨房に来るなんて珍しいですね」
-ーー¨´::/:/へー -/::ノ:::::::::::::>、
:::::::::::/:/:::::::/! i /ゝ∨:::::::::::ノ:::::::\
二 勹/ミ:::::::::::ソ/ノ:::::::::::::::::::!::::::::::::::!
/:し   !:::::::::::|。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
:/    !:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::|
    丿:::::::::::|。:::::::::::::::::::::::::::::;!-ー┬!
    丿:::::::::::.|:::::::::(::::ヘ::::j:::::::!.  !
   /:::::::::::::::|。:::::::⌒::ヾ::::ゝノ:::!  !
   |_!:::::::::|:::::~、´ζ@~':::::!  !
     ヽ_|__!:ノ:::::∫:_ノ::!  !



                                 _ __ _ _
                             ,.'"´       、`ヽ、
                            /   i    リ ヽ 、  \
                           /    .:レ′   j  i !.:.   i
                            l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
                           ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
   「ああ、ちょっと。             彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
   ガイさんを見かけましたかな?」    |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                          ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                            ヾ::、    ,        !/::/
                             仆    :j 、      イ:/
                                `、   _ _     /i,ハ
                               ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                                `ト、 ___ /   !;;:/、
                                 /.::::| ヽ   /   l::::.:.L

142 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:15:11 ID:mSGwP+4U
小16.



                   /i、,,-ーフ,、__
                  iヽ/i/::::/∠_::::::::::::::`>__
                 |::ヽ:/:///::::::/::>::::::::::::ゝ
                |ヾ::V:::/:,彡ソハヘ;;;;;:::: ̄´\:ト
              γ升/`"ヘL,,___ヘ /`二ニ:::\
               !/≧ `"''i斤┬,r、 く;;:::ニ_\::>    「いやぁ、ここでは見てませんな。
                )fj)     、_ヒ;j ′ ミ::::::::::::\      それよりやらない夫に教わった『カルボナーラ』ってのを
               /フ            ミ>=-::ヘ一    作ってみたんですが、食べていきませんか?
               〈 ヽ      ,    γ´ヾラヘ
                  ',  ー '''"" ̄    ソノ/::/       これが美味いんですわ」
                 ',   `       ∧≦/
                i′       ´ l:l::::|
                |:lヽ __       l:l:l:::|
                L!   i       l !」ゞ
                    _/i!   _,、ー′ `ヘ、、,,,_
          , 、---┬=≦/   i!,、ー'′    /:.:.:.:.:.:.:.`>ー---、、,
        /´ !.  ;i:.:.:.:.:.:.;| /;;;;;;;;ヽ      /:.:.:.:.:.:.:.:/   , ' ´  ヽ
          /   `、. i:.:.:.:.:.:∧/ヘ、;;/ヘ   /:.:.:.:.:.:.:.:.::/  , '        ',
        /      } /:.:.:.:.:./  /;;;;;;i  ヽ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ,        ',
       /      /:.:.:.:.:.:.:', /;;;;;;;;;l    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    i        ',



                               / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                              / // /       !   |    |       \丶   \  |
                             ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                              |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                              ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
   「折角の申し出ですが、                 l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
   あいにく朝食は食べてきてしまいました。        l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
   また次の機会に是非」                    \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                     ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                         /                 /        V了\   り
                                        └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                            `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                             ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                              `一'´/ ∧   / /    /   \
                                                , ィ  //!   ' /      /       \

143 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:16:09 ID:mSGwP+4U
小17.
じゃあまた今度、と敬礼をするランサーに敬礼で答え、厨房を出たエンジュは階段を上がる。



        \                    /
         \_____________  /
            |.       | |____ ./|  _/
            |.       | |l二!l二l /   |_/
            |.       | |l二! / | _,/ |   _
            |.       | |`/|_/|´___,,,:|;==´ ̄
          _|______|_|_|,,;:l-‐"" ̄
        /i==============iヽ
       ./f───────┴iヽ
        ./ト────────┴iヽ
      /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::ヽ
     ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ヽ
      ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::ヽ
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:ヽ
   ./ | . . ..: .:: .::: ::::: :::::::::::::::::::;::;:;;;;;;|i;;;::ヽ
   /.i‐┴――――――――――'―‐┴―i::ヽ
  ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|ii;;::ヽ




と、上がりきった所で息子の世話をしているメイドとすれ違った。



                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// _i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/,ィ升rヘ  リリr=.く.ハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.|《 |::::::l!     |:::::::iト、 }l | } /!/    「サクラダ様。
           从i|ハハ|  `~´      `ー‐' // /_ノ //il      おはようございます」
             il  i lト、 ""  '    """// /// // ハ
             从 l V iヽ.  ー‐'     // /// //lイ. i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′
              ',               /             |
              ハ             i\           !
            i  i` ー --  . ____/´ ̄`ヽ.       l
            l  |    _. - ´               /
.            __/  l _,. -'´                    /
         /   /                  / \
        /   /`ヽ.                 /    \
144 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:17:15 ID:mSGwP+4U
小18.



                               / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                              / // /       !   |    |       \丶   \  |
                             ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                              |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                              ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
                                  l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
 「おはよう。                           l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
 うちのが迷惑をかけていないかな?」             \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                     ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                         /                 /        V了\   り
                                        └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                            `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                             ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                              `一'´/ ∧   / /    /   \
                                                , ィ  //!   ' /      /       \



                    _,......i ......,,,,,,,,,,、
                 ,..-'"゛  .!/ / , ┴┴-,,
             / ..-ー   "  .!'″  .',゙´.`゙''ヽ
            /'"                `''-、 ヽ
          __./              、  .ヽ .゙j
      ,, -'''''"゛ /   ./ /    i'、、   ''、 ヽ .  ヽ l^"'''''''ー、
      .l.    / / ./ │/ ,i i l !| 、   ヽ. l.!、  ! .!    .!
      .l   .!.i| .l゙ .,i"/ | l .l゙ |..l ヽ.!、 .ヽ.!U, │ .|    l   「とんでもございません。
       .l   .!,!! | l .l.! .i'!.ll| .l .|、 ゙t、ヽ、`、.l.ヽ l !   /    立派なお方に付かせて頂いて感謝しております」
       .,!   「.! ! .l |.! .|| |.!,!  .ヽ.|ヽ ゙Λ'.l'、.┤.! .!│  |
       .|    |.i.l  ゞ_にニi/   .゙'ゝ llヤ/'i-゙'i!│ .,! .!   !
       . l   !l゙|  .l″| |゙.!.|゙      l l | | .∥゙l .l |   .l゙
        ゙‐'''"`i|.!  l' !.!ゞ.|         |,,,゙_.′.! l | !゙゙''ー"
              |,.l  l ...'冖"       、.、  .! !│ li
          / | !  |゛゙     !       .,il  l│,!..l,
         │ l !  l-、    ‐--‐    ./ !  |/.i′..l
          l  .l.l  .! l`'i、          _ イ,!| .! !   .!
            !   l.l、 l . l ! .|゙'''-..,,__,../`! |/ l .//   .l
         !    ゙i.l.l,.! .|..l│       !l゙|.ノ!.r'レ゛    .!
        │   i‐、` ,;;l._, l!リ       l|,,!゙i ゙, " .i-、  ./
    ... -i__, .ゝ.._ ! .ヽ ミ / . | l         /│..l.゙''''"  l_/  _,.. -┬、,
   |  !  ゙゙''ー ,゙゙  .ン'l′ .ヽ.ヽ     / /  . l゙''ー..、,..-'"´   │ .!

146 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:18:09 ID:mSGwP+4U
小19.
どうやら上手くやれているようだな、と安心したエンジュはそれで
目的の彼女を知らないかと尋ねてみたのだが、



                               _ __ _ _
                           ,.'"´       、`ヽ、
                          /   i    リ ヽ 、  \
                         /    .:レ′   j  i !.:.   i
                          l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
    「時に、ガイさんを          ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
     見かけなかったかな?」     彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                        |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                        ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                          ヾ::、    ,        !/::/
                           仆    :j 、      イ:/
                              `、   _ _     /i,ハ
                             ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                              `ト、 ___ /   !;;:/、
                               /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



残念ながら目撃情報だけで今の所在を確定する回答ではない。



             , - ‐ - 、
         ,‐-v ´:.: : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: : : : |: ::|: : : :.:.: :| : : .|:.:.:.:.:ヾ゙:::‐ 、_
      /: : |: : :|:.l:||: |:l : l : :| : : :|、:.:.:.:.ヽ:::::::/
.      |: /::|: : :|: l:| |:|::ll:__l::.:.|:.:.: |ミ 、:.:.:.|::::<     「ガイさんなら三十分ほど前に
      |::/: |: l: _l,,_:| .|| ´l_ _`lト:.:.|ミミミ-:|:::::ノ      二階のリネン室で見かけましたよ。
      |/|:.:|:.:.l´ .`| .| ´l ::`lヽ:.:|:.:.゙゙ ´|ヽ|´
      | .l:.:|:.|:.:.:r‐‐ト   ヒ::ソ|:.:./゙):.:.:|:::l-      ただ、もう終わりかけだったので
       |: :|: :|ハ、 r ヽ  /::/ノ:.:.:.:|‐‐ゝ      城内清掃か休憩に入ってしまったかと思います」
       /|: ||: レ ゞヽ、_ イ::/: : : /::| .r‐i
      //;ゝイ ; ;.;.;.;.;.|///ム、:.:/:.| / /
     //; ; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.|´ / /\リ-.l .l
    /´; ; ; ;.;./;.;.;.;./;.;.;.;.| /;.;.;../:f´   ヽ
  /; ; ; ; /;.;./;.;.;.;.;/;.;., イ;.;. ;./  f し   )
/; ;|;.;.; ; ;./;.;/;.;.;.;.;//  ̄ー/  |  |ヽ  /
;,; ; ;|;.;.;.;.;./;.;.;.; ̄___>    //   | ./;.;.;\イ、
;.;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;/      ヽr   r‐゙;.; ; ; ;.\\
;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;./        | 丁 ̄;./;. ; ; ; ; ; ;.;.;.;.|
\;.;.;.;.;ヽ;.;./         > /ー;.;.;.;.;..;.;.; ; ; .;.;.;.|


147 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:19:09 ID:mSGwP+4U
小20.
それでも近辺に居るかも知れない、と頭を下げる彼女に別れを告げて
リネン室の方へ向かってみると、



     .ゞミ ノ"''ー-、,_i____,/''-,i_,ii__,i__________________,ii__,i ||
      |i |       ゙i,ミノ"'ー-,=ニ/-'---'---'---'---'---'---'--ニ- : |l: :|
      |i |      |i |.    ヽ;;i゙`::、:.:.:.:...:.:...:.:   .:.:.:..:.:.:.:.. ..イ::...: :.i ::|l ::|.
      |i |      | i|     | | ..:.`:.、:.:..;...:.; ,.____.__.....:イ: l..:.:..:.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;:::::::::.:.:.:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.;.;.;.;;:::::::::.:.::.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:..:.:..:.:.   : :._;.; ;:.::.l.:.:|.:.:. :.:| | |l ::|
      |i |      | i|    . :| |  ..i:.:l:..:..: ::.:.:..:.:.. . ̄ `  、:.|.:.::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | r゚..::|::.!.:.:.:. :: :.::.       `・i.:.... .| | |l ::|
      |i |  |⌒O ; |     | |  .l:.:'..::. :: :           :::::::| | |l ::|
      |i |      |; |     | | ,=' :.:...:.:..、.....:.,、,、....:.     .`..| | |l ::|
      |i |      |; |    /_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ハヽ|l ::|
      |i |      |i | ,_,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.........:::::::::::::::::        `|l ::|
      |i |      .ノ=ゝ":::::::................      ....:::::::::::::       ,|l ::| |
      |i |  _,,-''"::::::::::::......                ......::::::::::::::::::::,|l: :|
     ノ--ヽ''":::::::::::::...................                 .......:::::::::::ノno::

148 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:20:09 ID:mSGwP+4U
小21.
親衛騎士団長と曲がり角で出会したので、



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ   「サクラダ殿。
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/    おはようございます」
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,



周辺に誰も居ない事を確認してから一番の心配事項を問う。



                               _ __ _ _
                           ,.'"´       、`ヽ、
                          /   i    リ ヽ 、  \
  「これはアンデルセン殿、        /    .:レ′   j  i !.:.   i
  おはようございます。            l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
                         ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
  ………国王のお加減は?」      彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                        |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                        ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                          ヾ::、    ,        !/::/
                           仆    :j 、      イ:/
                              `、   _ _     /i,ハ
                             ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                              `ト、 ___ /   !;;:/、
                               /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



149 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:21:09 ID:mSGwP+4U
小22.
だが、表情を険しくしたアレクサンドの回答は、
最悪も想定する必要があるものだった。



  フ彡三ニ==-ミミミミミミWミW杉彡彡三ニ==彡W彡イN
 彡彳ニ彡''´ ̄ ̄ ̄¨`ー=≠=─''¨ ̄ ̄ ̄¨`'''ァ>ヾミシ
 Σ彡 イ ::::::::     、  i li           Zミミ三ミ
  彡 彳リ ::::::::   \  ヾ {;! } z= ,ィ  ,    ヾ彡 ,Zノ
  ゞ  /! -==ミ ー- ヽ } i!  //  /,ィ==-  }ィ ./    「芳しくない様子。
  Y⌒}! '':::::::>'' ̄ ̄`ヾ\|..i!../ ,z三≦─ 、   .レ⌒!     あるいは、リフ殿の懸念も覚悟した方が
   ! }ト|\__{{弋 ̄t__ァ-z}ハ;;;;;;;;;;Y x t__ァ ̄フ}}__/! il リ     良いやも知れません」
   ! i! i ::::人 `ー ==以 ノ ̄ {! ミ== ─''´ ノ   |! {!
   ヽ :::::: ゝ ___ /::    ト\ ___ /   | ノ
    ヾ! ::::::    ̄ ̄.::::::::i    ! ヽ  ̄ ̄     ,;/´
    ,从;;,,:::::     ...:::i . : |    ! ::..      .;∧
  /:::::ハ;;,, ::........::::::::::::ヽ::::i   .ィ..::        ,,;;;i::::::\



                          rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                        ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                  .    / イ                 \
                  .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                    ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                   / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
                  . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
  「何という事だ………」   .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
                    /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                  . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                     ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
                      `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                         /            ノく._〃-――   , イ   〉
                         ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                           \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                            ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                  }_______∧_
                                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                               ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                             /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ


151 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:22:10 ID:mSGwP+4U
小23.



 、-≦_ー‐  -=ニ`ー、ヾ,ヽヽト、ヾヨヽ'i Y,r‐'‐イ
  〉三_‐_´_ `ミ、_ヽ`ミト、ト_ミ;;W_ヽi リ∠'-三!,
 彡ラ'_´-_‐' -‐三ミー_-ミミr'    `"┴ミミミ≦
  〃彡-_ ,-__ヽ≡_-ヾミ{_        ト\、!
 ム,∠/-,-',,.-, |彡_/~~≡_      |ハ!ヾ'
  }三三{ /) ト'、'、   `ー‐-'_、  ,   !
 . f三三ム !r'(   ヽヽ、  、 r-、ミヾi|!|,-|    「残念ながら武官の私達が出来る事などありません。
  f三シ´ } y'/    \`ヽ,ヾ|!、 !ヽミリソ|Z!    今はただ、快方に向かわれる事を祈りましょう。
 ノ彡゙  ヽッ';:;;:、     \ `ヾ≧キ};==iリ
 :゙     /;:;:;;〃_,,、_    `ヽ{_ノ'-'   !     ところで―――」
 ヽ,  i  /;:;:;=、´,=ト、゙_      ,.-、.   i
 ヽヽ,i'  i',彡;:;,   ゙トy_`,ー-..、  ト、,._  〉
  ヽヽ,  \レ: .:,  `'ヽ'、'w,_ `ヽ、〉"
 、 ヽヽ,   `に;;::;   、 `ヽ_~)'r'´
 ヽ  ヽヽ   ヾrシ   ヾ_-ァ‐'
  ヽ  ヽヽ   ヾfシノ, , 〃/
   ヽ  ヽ\_,..-ヾカソノソシノ`ヽ、
    ヽ、_ソ/)、  `\´     `ヽ
    ヽミ_-' / ノ\   \      |
     ヽ  ̄ ´  \   \.



出来ない事は出来ない事、悩むのは意味のない事ですと
アレクサンドは話題を変えたのだが、



     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈   「やらない夫君。
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |   あれは何者ですか」
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \

152 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:23:09 ID:mSGwP+4U
小24.
問いかけの意味が分からなかったので聞き返すと



          _ __ _ _
      ,.'"´       、`ヽ、
     /   i    リ ヽ 、  \
    /    .:レ′   j  i !.:.   i
     l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
    ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、   「何者、とは?」
   彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
   |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
   ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
     ヾ::、    ,        !/::/
      仆    :j 、      イ:/
         `、   _ _     /i,ハ
        ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
         `ト、 ___ /   !;;:/、
          /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



今までに見た事がない表情の彼は
呆れたような嬉しいような、複雑な様子でとんでもない案を言ってくる。



                                              _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
                                              ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
                                             彡;.゙           ヾ, ミ
 「強いわ学はあるわ博識だわ                         .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
  雑学も強く―――ああ、女性には弱いようですが、            ;`7/゙r∥_,r=-, i|=|i´,r=ヘ`li,. ;彡>,
  他に弱点という弱点が見つかりません。                   彡l ,:/ヾ_゙ _ ._ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
                                            i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
  礼儀もしっかりとたたき込まれている様子、                 liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
  冒険者上がりにしておくのはもったいない。                 |l :.|  ,r ,_  ____  _, 7 ,i, y゙
                                              ヾ.l/ ゙ ` ゙̄ー===―` ̄ ´ ゙ lソ
  この際、真紅王女と結婚させてしまうってのはどうですかね」          i// , .          ヾ、゙,!
                                              ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
                                               _,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
                                           /゙ ,/゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
                                          /   l::::::::::::::::::::i,     i!:::::::::::::`il    \

153 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:24:09 ID:mSGwP+4U
小25.



                            _ __ _ _
                        ,.'"´       、`ヽ、
                       /   i    リ ヽ 、  \
                      /    .:レ′   j  i !.:.   i
   「王女と―――?」         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
                      ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
                     彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                     |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                     ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                       ヾ::、    ,        !/::/
                        仆    :j 、      イ:/
                           `、   _ _     /i,ハ
                          ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                           `ト、 ___ /   !;;:/、
                            /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



         ,;彡ミミミ;'""'''""'''""""'''''""''彡ミミ;,
         フ彡彡;;, ヽ、,, ,..:::..  ,.:'   ゞ;;,ミミゝ
         ';彡ミシ,;r==::;,,':.':::::::..,,,;r=ニニゝ;,,ミ7"'
         "'';;彡'",;;;;;;;;;;;;;;,ヽ:::....r;;;;;;;;;;;;;;;;;,,Y"'ヽ,
         /"'iシi,;;;;;;;;;;;;;;;;;;',l::::"''!;;;;;;;;;;;;;;;;;,ノl⌒"l,
         ,i /,;"ソヾ::;;;;;;;::ノ.l:::.."''ヾ:::::;;;;,''"::l ノ ノ    「ふふふ、私の勝手な思いつきなんですけどね。
         i., y 'l,  ....:::::::l',;'' ;,, ヽ、   l〆/     自分より強い者が部下にいる―――
          \ヽ;'i:.   "',;':::::::::....ゝ "'ヽ.,:l /"      気に入らないんですよ」
           \,'l..    "':::;;;'''""  ;''ゝ i''
            "l,::.. r‐,_,. -―''''''ニニノ ..:::l
             l:::..."'ヽ,二ニニ‐''",,; .::/l
             'lヽ、.::"'''''''""""""..:::/ .l
              l;;;;;ヽ、 . :.: :::. . : ..::../  l
            ,r'"l;;;;;;;;;ヽ,,;;,,;,;;;;;;;;;;;;;;/   l"';,
             l;(く;l..:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''"" ,;;l)):l
            l;;,"''ー-::;;;;;;;;;;''  _,,,...r'':::::::;;ー;,,
          i''"";ii;;:::::::::::::;i::i:ヽニニン,i,;:,:::::::::::,;l'::ヾ:'i_,,

154 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:25:09 ID:mSGwP+4U
小26.
どうですか、と笑っているやらない夫の上司に、
一度はそのことも考えた事があるエンジュは公人として答え、
個人としての別の回答には触れないでおく。



                             / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                            / // /       !   |    |       \丶   \  |
                           ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                            |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
   「国民として有りか無しかで言えば、    ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
   十分有りでしょうな。                 l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
                                 l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
   本人達の意向はともかく。                \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                   ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
   ところで風呂護衛のガイさんを                  /                 /        V了\   り
   知りませんか?」                         └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                          `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                           ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                            `一'´/ ∧   / /    /   \
                                              , ィ  //!   ' /      /       \



          _灸ヽヾヽi ヽ`´゙´´` r -,
          ,> ,r´ ̄`゙´ヅ´`´々, ´゙;,
         彡;.゙           ヾ, ミ
        .ミ . i! ,: =ニヽ、  ,r=ニ=;,. ゙;彡ソ
        ;`7/゙r∥     i|=|i´   `li,. ;彡>,   「いえ、私は見かけてませんね」
        彡l ,:/ヾ _ _ _ノ .|l|.ヾ=,. _ ノヾ`ミソ
        i!ヽヾ´   ̄ /∠_ヾ、  ̄ヽ` `;/!ミ
        liゝ|       |ソ |三|ヽゝ  ヽヾ|/.:i
        |l :.|  ,r,r============y;7 ,i, y゙
          ヾ.l/ ゙.`ー========―´ ゙ .lソ
           i// , .  ̄ ̄ ̄   ヾ、゙,!
          ト、// /,. .il||!. ,. liヾ i!イ
            ,r┤  > 、i!ll|||||||lli!l.|l/.i!ト:、
       ,r ゙ y´゙ ̄ ̄トミー―゙ノ ̄ヾ:y,,|  `ヽ、
     ,y¨  t´     i,     i!     `il   `゙゙ヽ,

155 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:26:09 ID:mSGwP+4U
小28.
残念ながらリネン室近辺にはもう居ないようだ。
ならば一階の風呂場の側であれば居るかも知れない、と
アレクサンドと別れたエンジュが西の階段へ向かうと―――



ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__]─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||::.__
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::.ΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::||||||||: | :||::.||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::.⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l:─────l二二二l──
__/___/___/___/___/___/___/___/___/___/
___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__
_/___/___/___/___/___/___/___/___/___/__

157 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:27:09 ID:mSGwP+4U
小29.
今度はやらない夫の世話をしているメイドとすれ違う。



              _r ´  \_/\
            /\: :\  : | : / \
         , . -<  : : : : : : : : : : : : : . :/|_
        /:. :./\: : : : :, - ― ‐ - 、: : : :/\
       /:. :. /: : : : : :/:. :. :. :. :. :. :. :.\ : : : :/|
       /:. :. :.| : : : :/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\: : /\
       |:. :. ;. l_/:. :. :. :. / :. :. :. :. :. :. :. :. :.\:/
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :.l:. :./:. :. :. :/:. /l:. :..l:. :. :. : ヽ
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :.|‐/-:.、:. :/:. / l:. :./l:. :. :. :. .ヽ    「サクラダ様、おはようございます」
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :,r―-、:`/:/ l:. / l:. :. :. :. :. ヽ
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :トj:::: /ヽ   「/ヽl:. :. ;. :. :, :.ヽ
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :ヾ メ     イj:ヽ/:. :. ;. ::. :, :. l
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :. |      ヾメ/:. :. :. ,.:. :. :l:. :|
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :. |    _ `  /:. ;. :. :ハ:. :. l l: |
       |:. :. ;. :. :, :. ;. :. |       イ:. :/:. :./ |:. :.l l:.|
       |ハ:. :, :. /ヽ:|:. : |> - <: /:. /:. :./  l:. :| l: l
        ハノ/ヾ; ; ; lハ: l:/lコヾ:. :./:. /:. :/  l:. / |:.l
       / ̄ \‐ - /;;;;;;;ll;;;;\ :.:/:./   l:/  l l
      /- 、   \/;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;\イ    〃  リ
     /::::::::::::\   ヽ;;;_;;;_;;;_||_;;_;;;/ ヽ\
    /:::::::::::::::::::::\  ..:::/;;;;;;|::::|;;;ヘ/:.: /::::ヽ



                                / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                               / // /       !   |    |       \丶   \  |
                              ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
   「おはよう。                     |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
   やらない夫とは上手くやってるかな?      ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
                                   l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
   彼は貴族ではない、                     l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
   他人を使う事に慣れていないので              \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
   やりづらい所もあるだろうが                  ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
   分かってやってほしい」                         /                 /        V了\   り
                                         └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                             `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                              ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                               `一'´/ ∧   / /    /   \
                                                 , ィ  //!   ' /      /       \


アキラの報告を受けているエンジュは実のところ、その辺りを気にしていたのだが―――
158 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:28:30 ID:mSGwP+4U
小30.
どうやら要らぬ心配だったようだ。
頬を染めて否定する彼女の、瞳の輝きと言ったらどうだ。
まるで恋する乙女そのままではないか―――



 \ |    |L -―-' L _   //   厶
   ヽ| _. '"´     __   ``' く       !
   /  ,. ‐ ¨ ̄     ``  、 \ _ (
  ./ /           /  /.i|  \ ∨「  `!
 _|/|       /  / / / !| |  iヽ Y__  >
   |      / ,// / ,' ./.| |  | Y'|    〉
   |    / // /./! / | |  |  l厶.r‐'
    |  / // /./,' /  |  |  | | | |      「とんでもございません!
    | / //  ,/.// /   | /|  | | } |      やらない夫様はとてもお優しくて、
  ¨丁  ̄¨≧=;x'// /   |_/_|_,| |,!  |      思いやりのある素敵な方です。
  ,ィ| '' 7iTイミk' /'´     'j,/-:| /|`メ、  |
  \  l:!:iJ::o' `      ,ガ!Tj,/>j/   |      私達メイドにも分け隔て無く接してくださいます、
   | ヽ!;仁.ソ           /'iJid / |    |      素晴らしい方だと思います。
   | /////        .ヽト_イ/ / l   i |
   |           i //// / i |   | |      この間の大雨の日に私達が
   |          '′   /  l |   | |      ばたばたしていたら、
   ト、      ―‐一    ,.イ  | |   | |      洗濯物の取り込みを手伝ってくれたり、
   | \           ,. イ | |.  | |   | |      食事の仕込みまで手伝ってくれたんです」
   |    `  . __ _ .イ  ,/ //  / /  /| |
  l.|         |ーvソ | |  / /|   / | |
  N ̄/ス  ,rit‐ ┴' リ // /!/./  / | /
 ヽ|.  |.| | ,/¨} |   ノ` く}_,// /  /  ,j/_.. -―- 、
    |.|  `   | |       ノフ`/_/丁 ̄          ヽ
  ̄ _フ「`ニ´ ̄ト、―――<厶.     |  /          \
  ̄  |      | \ ___)  |   |  /              ヽ
     |      |           |    | /             \
159 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:28:38 ID:mSGwP+4U

                             rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                           ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                     .    / イ                 \
                     .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                       ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                      / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
   「それは、やらない夫らしい  . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
   と言うか………」        .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
                       /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                     . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                        ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
                         `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                            /            ノく._〃-――   , イ   〉
                            ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                              \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                               ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                   ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                     }_______∧_
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                                  ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                                /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ


身分の上下に関わらず、相手をそのまま懐に受け入れるやり方は
城でも健在のようである。

『親衛騎士』ではなく、『やらない夫』としての立ち位置を築きつつある彼に
呆れるではなくさすがだな、と思ってしまうのも人柄のなせる技なのだろうか。

160 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:29:09 ID:mSGwP+4U
小32.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   私達が知らない地方の料理にも大変お詳しくて、
   東方料理の『オデン』や『ミソスープ』などの作り方も教わってしまいました。

┗──────────────────────────────────────────────┛



               _,. -―- 、
              「 ̄X   x   X\   ♪
              |X    ,.  X   x \       ♪
              |   / ノ  \ \i  ヽ
              | X |  (●)(●) | X } ))
              |   |  (__人__)  | x /        「東方料理は出汁が命。
              | x |   ` ⌒´   |  /         鎖国のせいで流通が少ないだろうけど、
           \. |         }x./  ノノ       生産方法は海沿いの国に伝わっているから
          /.  ヽ        }<     ♪    『カツオブシ』や『コンブ』、『ミソ』も市場に行けば
        _ >‐//ヽ     ノ  」          手に入るだろう」
       / i    | | i     / .| |   ̄ \
        r┤ |     | |  ` ̄ ̄´  l |      ヽ
      」 l |.    | |          | |   /
.      /  l |   ⊥L _____|_|  /     i
     / __  .|  / Q___       Q | i     __|
   / /  >‐ ´ ̄    \┐    l l / ̄   \
.  / / /         、\ _)      |ハ{  _   /
  ヽ .|  {      ‐、 \ \ )      | 〉´ ┐ヽ_/
.    |   ヽ-ァ‐ ´   ` ー`´o 。   ,ノ-<// /
    `ー‐ ´〈    (_) 。      / / ´/ i /
          }         O     ゝ'二´   |'
         {   ____ _ __//ヽ二´ /
.      _ r<二_____//_>)ー'
     |  }`┬――-----------―┬'- _)
       ̄`Y                T ´ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ |               | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        、_               _」 ヽ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  - '

162 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:30:16 ID:mSGwP+4U
小33.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   特に『ミソスープ』は、東方の流れを組む桂様が大変喜ばれて、
   実家の仕入れ経路をお城に紹介してくれるとまで言ってくださいまして。

┗──────────────────────────────────────────────┛



         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : ::l l:::: :\:ヽ: : : : : :\: : : : : :ヽ
       / : : : : : : : : : l : :::l ト-、;、v、:、: : ::: : :: ヽ: : :: : :::丶
     /: : : : : : : : : : : |: : ::i |    l: l::: : :ヽ: :: :ヽ::::::: ::::::ヽ
     /: : : : : : /: ;: : :::イ: ::::| |    | ::l、:::::::l:::::ヽ l:::::::::::i::::::i
    l :/: : : : : |: :l: : :/ | :::/| |     |::|ヽ::::::|:::i:::i::|:::::|:::::|:::::l
     | |: : |: : :::|: :|: ::/ |: / | |──- l_|_ |::::::|::::|::|::|::::|::::::|:::::|
     | | : :|: : :::| :.|/ /:/ | |  __ || ┼::l:::::|::||:|:::|:::::::l::::::l   「やらない夫君、何でも出来るんだね。
     | |: :::| l ::::|: l':/ //  |/  イ rェェ==xj、ソ|::::|::|:|::::|:::::::::l:::::|   凄いな、憧れちゃうな」
     | | ::::|: l ::::l V _ュエ__     " l家トイヌ-|:://::::::::|::::::l::::i::::|
     、| 、::::、:l :::::l、Vl家ヘ       O:::::::リ ///:::::::::::|:::::::l::::i:::|
      | ヽ:|ヽ:::::::lヽ、O::::l       vニ夕 イ:: ::::::::::::|::::::::l:::::i::|
     ヽ \:、\::ヽ vニj        ̄´  |::: :::::::::::::|:::::::::l::::::i::l
        \ |\\ "       ///  |:: /:::::::::::|:::::::::::l:::::::、l
          | : : 、 // ヽ         |: / ::::::::::|::::::::::::::i:::::::ヽ
          |: :i: : ゝ、   - -'     イl:/ :::::::::::|ヽ:::::::::::::i:::::::::ゝ
          | ::l : :::::::::::i:::、     / |/: :::::::::::lーゝ:::::::::::::i::::::::ヽ
          |: l: : :::::::::::|::::::|::>i___ .イ: : :::::::::::|  ヽ:::::::::::::i::::::::::\
          V: : ::::::::::::|:::::::/ フ´  //: : ::::::::::::l ヽ, ヘ:::::::::::i:::::::::::::\
          /: : :::::::::::::|::_:_l l   y: : ::::::::::::://   ヽ:::::::::i::::::::::::::::\
          /: : :::: ::::::l::レ / /   /: : :::::::::::::/        \:::i:::::::::::::::::::\



     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V   (誰かあの完璧超人の弱点を教えてくれっ!
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     ああでも、『オデン』も『ミソスープ』も超うめええ)
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:| 
   厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V
      \_!   ) ) _ ' ( (   !
        ヽ  ( ( /   `t ) ) /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!

163 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:31:09 ID:mSGwP+4U
小34.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   私の姉も最初は元冒険者の方、と言う事で偏見を持っていたのですが、
   最近は自分から料理を教わりに行くぐらいになってしまって―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |         「翡翠!
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|          どうしよう、やらない夫様がメイドのみんなにって
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||         東方お菓子の詰め合わせをこんなに!」
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
       |`ー- __,/ /,  |   \   /
       L_       '/  |    `r‐'´
       | `ヽ、       _」     |
       |    `ー‐'"´ ̄       |



        r────────────、
       ./ |_ ,.へ、__/l ____ /l._ /_____/.|
       / //.:ノ: :.}.///_゚___///,.⊥   / .l
      ./ / `゙ー‐' // |__ノ_ノ.」// {::::::...)/ ./
     /.-=======================/ ./
     /: i_.,. - 、___./l ,. - 、 __./l ,. - 、__/ ./
    ./ /./ `゚´ | // トi―イ! // {ミリソ} / ./
   / / `ー一'// `ー‐' //  `ー '/ ./
   i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~i ./
   |_____________,l/


165 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:32:09 ID:mSGwP+4U
小35.
心酔。あるいはベタ惚れか。



 \ |    |L -―-' L _   //   厶
   ヽ| _. '"´     __   ``' く       !
   /  ,. ‐ ¨ ̄     ``  、 \ _ (
  ./ /           /  /.i|  \ ∨「  `!
 _|/|       /  / / / !| |  iヽ Y__  >
   |      / ,// / ,' ./.| |  | Y'|    〉
   |    / // /./! / | |  |  l厶.r‐'
    |  / // /./,' /  |  |  | | | |
    | / //  ,/.// /   | /|  | | } |      「あのような方にお仕えできるなんて、
  ¨丁  ̄¨≧=;x'// /   |_/_|_,| |,!  |      私はとても幸せ者だと思います」
  ,ィ| '' 7iTイミk' /'´     'j,/-:| /|`メ、  |
  \  l:!:iJ::o' `      ,ガ!Tj,/>j/   |
   | ヽ!;仁.ソ           /'iJid / |    |
   | /////        .ヽト_イ/ / l   i |
   |           i //// / i |   | |
   |          '′   /  l |   | |
   ト、      ―‐一    ,.イ  | |   | |
   | \           ,. イ | |.  | |   | |
   |    `  . __ _ .イ  ,/ //  / /  /| |
  l.|         |ーvソ | |  / /|   / | |
  N ̄/ス  ,rit‐ ┴' リ // /!/./  / | /
 ヽ|.  |.| | ,/¨} |   ノ` く}_,// /  /  ,j/_.. -―- 、
    |.|  `   | |       ノフ`/_/丁 ̄          ヽ
  ̄ _フ「`ニ´ ̄ト、―――<厶.     |  /          \
  ̄  |      | \ ___)  |   |  /              ヽ
     |      |           |    | /             \


167 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:33:09 ID:mSGwP+4U
小36.
使命や仕事を超越した所に居る彼女の様子に微笑み、
また一人自分の仲間が出来たか、と心地よくすらあるエンジュは
心配する必要はなさそうだと改めて思い、



                             / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                            / // /       !   |    |       \丶   \  |
                           ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
   「はははは。                  |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
   君の話を聞いていると、           ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
   やらない夫が城の中心人物に           l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
   なりつつあるのが分かる気がするよ         l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |」
                                  \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                   ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                       /                 /        V了\   り
                                      └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                          `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                           ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                            `一'´/ ∧   / /    /   \
                                              , ィ  //!   ' /      /       \



            _,,_,,,__,r.、,,_
         ,r-、,f   i i   `7-、
        _,f,   ヽ,r―-..,,_ ,/  `;
 .      f  `>' ´_,,,,,,,,,,,,,,,,_ ` 、 ノ `;
       ,f.、_,/,r':´:,' :,' /! i: : :`i.、ヽ,__,フ
       i,___i/i : i:,i: ;i: i .i: i、: : :'i; `.i,__,!   「も、申し訳ございません!
        !:i ;!: :i:,!!:.ii ;! 'i;'iヽ,: :.'i,: :i: :i    私ばかり喋ってしまいまして………」
 .      !:i:.ト、;ii;!i,;,!_`  ヽ!,ゝ,;,;i!:.i :.i
       i i`'i ` i i::i i`  ´i i::i i `!´: :i
       i:.i: :'i. 」 `' ,!   .」 `' ,! .i: : :i
       i,:i : i:、  ̄      ̄ /i : :.,!
 .      i.ト、:i;::`.、  ―   /:;i: :N
        ` ヽト、i;;;;i` ー‐ イ;;;iレレi/
        _,,,,,,,,ノ:.`ー、 f'''''':.ヽ.___
     f''''''´::i---'---i-'-':、,---'-.v'''''''ー、
    /:::::::::::::ト:.:.r''フ'´ ̄ゝ;i_:.:.:.:.::.:.,!:::::::::::::::i
 .  /::::::::::::::::i、,;,;i i     .i,;,;____,;!i;;:::::::::::::'i,
   /:::::::::::::::::::i<;.:fヽ、   ,i,丿:.:`、 .,!;;;::::::::::::::i
   `、------、i `i;;::`ー ̄-;!'i,;r‐'''´ ,!;;;;r‐'''''ヾ;i
    `ヾ;;;;;;;;;;;;;`、f`::::::::;;;;;/    /;;::-:::、::::/
     `、`:::::::;;;;i::::::;;;;;;;:/    ,f´::::::::;;;;:::i'
168 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:34:09 ID:mSGwP+4U
小37.
ここに来た目的を告げる。



                                         _ __ _ _
                                     ,.'"´       、`ヽ、
                                    /   i    リ ヽ 、  \
                                   /    .:レ′   j  i !.:.   i
                                    l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
   「いや、良いさ。                       ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、
   ところでガイさんを見かけなかったか?」       彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
                                  |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
                                  ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
                                    ヾ::、    ,        !/::/
                                     仆    :j 、      イ:/
                                        `、   _ _     /i,ハ
                                       ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
                                        `ト、 ___ /   !;;:/、
                                         /.::::| ヽ   /   l::::.:.L



            ,r―┬‐- 、
         r〈 ̄ヽ  |  /`ヽ
        ヘ 〉―  ̄ ̄ ヽ、 /ヽ
        L__/ ,. '´ ̄ ̄`' ,ヽ_/}
       ゝ_イ´//ハヽヽ ' , `'ヽL,}
        Y i /i ヽヽヽ、ヽ i Y     「ガイさんなら―――」
         i Vハ! ヽiヽ、\、| !
         | i r┬v    r┬vV i
         |  iヽLソ   L ソ | i
         |  ij、   i.    /j |
         i', ', ヽ、 ‐一 , イリ i
         ヽヽヽ |`ー ´ | i/レレ
            「ヽ┐┌‐ `i
          _,.イヽ__」V L__ノヽ.,__
     / ̄',´/ ̄ ̄ ̄{^} ̄ ̄ Y // ̄ \
    /    ',ヽ   /T\    | V    \
   /      ;/ >-‐   ∧  `ー〈 i      ヽ、
.  /      i く ,'  /.,. i  ',  ゝ|       }
  ヽ .,,_     | \' /   L...v~´ i  __,.  ´/
169 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:35:09 ID:mSGwP+4U
小38.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   つい先程、自室に戻ると言っておりました。

┗──────────────────────────────────────────────┛



ようやく掴んだ情報を元に、一般のメイド達が住む離れへと向かう。
階段を降りきり、一階へ到着したエンジュは中庭を突っ切って



   |  |:;:::::::::.:.:.:.:...\_____/
   .|  |:::::::::.:.:.:.:...  |        |
   |  |:::::.:.:.:.:...     |        |
  .|  |:.:.:.:....      |        |
  |  |::.:.:.:.:...  .    |        |
  .|  |:::.:.:.:.:...      ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  |  |:::::.:.:.:.:...    .;≡≡≡≡≡≡_
/ /         ,;三三三三三三三、
| ̄|   : :   ;三三三三三三三三;_
|  |  : :    ,ニニニニニニニニニニニニニニニ、
|  |  ::   ,ニニニニニニニニニニニ、
|  |  :  ,───────────‐‐、
|  |   , 二二二二二二二二二二二二二、
|  |  /                      `、
|_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、
                          `、



彼女の部屋の扉をノックした。



       ______________
     | | ̄ ̄ ̄||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄|_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,|
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||:   メイドガイ  ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    | |  コンコン
     | |      ||           ||    |_|
     | | l| ̄l ||           |l    | :|
     | | l|: ; l ||           |l    |_,|
     | | l|(,0 ||           ||    | |
     | |   ̄  ||  _,.. -‐''"|  ||    | |
     | |      ||   |_,.. -‐''" .:||    | |
     | |      ||           ||    | |
     | |      ||           ||    |_|
     | |      ||           |l    | :|
     | |      ||           |l    |_,| _,.. -‐''"
     | |      ||           ||_,.. -‐''"
     | |      ||     _,.. -‐''"
     | |     _||,.. -‐''"
     |_|,. -‐''"
 _,.. -

170 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:36:09 ID:mSGwP+4U
小39.
数秒して、開けられたからドアから顔を覗かせた二十歳過ぎの娘。
それが変身前、仮面をかぶる前のガイの本来の姿と知っているエンジュは



          |   _, -‐‐v‐‐ 、_
          |/ ヽ_. 」 _/  `>、
          |ヽ/  -‐… ‐-``く  〉-、
          |//::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ   〉
          |/:::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヾ゙´}
          | :::/::::: ィ:::::: ィ::::/!::|::::| :::::::V    「はい?
          |::::l:::::/ |:::/_,|::/ .l :!::::|::::::::::.
          |::::|-┘ !:」 j/  lメ!::/!::::l :::}    ………ってサクラダ様!?
          |::::|圷ミx、    /://:::/::::,'    どうなさったんですか、こんな離れまで」
          |、::| 辷ソ     笊テァ>:/::::/
          |::l` ::::::::    弋ン, '.:/::::/
          |::ト     _ ' :::::/::::jヽ/
       (\ \  `_,. ィ:::::::ハ
         (ヽ ヽ フ`乏ハ |::::/  )
          lヽ Vニム / |::::!  〈
          | {  |三=Y   |:::j   ノ
          |: ', )ヽ=/  ./::/  )
          |ヽ/ |┴ v':::/ィ'T´



部下の無礼を詫び、



                                  / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                                 / // /       !   |    |       \丶   \  |
                                ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                                 |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                                 ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
  「昨日、私の部下が失礼をした。                l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
  私の指示が行き届いていなかったせいだ、          l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
  すまない」                               \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                                        ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                            /                 /        V了\   り
                                           └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                               `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                                ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                                 `一'´/ ∧   / /    /   \
                                                   , ィ  //!   ' /      /       \

172 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:37:09 ID:mSGwP+4U
小40.
見知らぬ相手ではない第一騎士団長からの謝罪に、
扉から出てきた彼女は恐縮した様子でぶんぶんと首を振った。



           -――- 、
.       /::::::::::::::::::::::::::::::`丶
    /:::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::\
    ′ :::::::::/ |::|::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::/::/  ',:ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::',
.   '::::::::: :!::l .ノ  トヽ:::::|!::::|:::::::::::|::::::i
  |:::::::::/|::|´   ヽ.-\l|:: |:::::::::::|::::::!   「そ、そんな!
  |:::::::::| l:t‐    シTラ弌ァ:::::::::::|:::::′   サクラダ様が謝られる事ではありません!
  ||:::::::ハiてハ       辷ノ´|::::::::::ハ:::i
  |!∨∧ 弋ソ        !:::::::::|ノ:::|    それに、慣れていますし………」
    | |:::', ,,      '''   |:::::::::l::::::|
    | |::ハ   r..‐ュ    |::::::::ハ_ ⊥
    |:斗::::> 、     イ:::::::::|/ ̄¨`ヽ
.    / |:::::::「 |>‐</ !::::::::/      |
   /   |:::::::| 1  .ィY、  !:::: // /   |
   |   |:::::::| | /i| ド∨|::::::レ' /       !
  |  |:::::::! V/l!||| ぃイ::::::! /       l
   Ⅳ  |ハ::|  !レ ||l|」|イ::::://   / 〈
.   !∨,、 |!l::! ヽイ トソ!|:::::レ''ニつ¬  ハ
  (` ┘\い!   !| |」|! |::/     イ  l::|



                                         _,   ~ ̄ ̄ ̄¨   、
                                     . -=ミ            \
                                   /           ⌒\    \
   「本当に済まない。                    /   /        ヽ  \ \   ‘,_
                               ー=彡' /   ′       八          ∨ミメ
   君は君にしか出来ない                / /   i      | l     \  \     |  ハ
   大変な役割を担っている。               ′   |l  |   リ ト   \   、 ヽ乂_ リ   リ
                           .       } i   | 八 |   '/ 八\ _   、\ 介廴'   /
   これからも私達第一騎士団と協力して、.     ノ人  戈トミ人 /_以rセ爪ヽ | \ 介ト /   {
   城の警護に当たって欲しい」             〃  } l  弋均ハ/ / 法功㌃ } |  爪ト /    、
                                    ノ人个ト /          ノ ノ /ノリ /     i|
                           .            }乂_ /         _彡イ厶ィ  {     j从
                                       八人 ヽ             / 乂从ハ }  |
                                          \`~`'       ,   /   ̄V八リ
                                           \    . イ   '`       ∨/
                                               `´ r‐ '"          '¨ ̄\、
                                             厶_..  -‐' '`         } :ヽ
                                            _,厶;_: : : : \         { : :lヘ
176 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:38:10 ID:mSGwP+4U
小41.



              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
             /.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
          .:.:.:.:.:.:: : | : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:.: /|::::::::|ヽハ : ::::::| .:.:.:.:|
            |.:.:.:.:.:.:.:. | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .:.:// |::::::::| | ∨ ::::|:.:.:.:.:.|
             |.:.:.:.:.:.:|.: | :.:.:.|:.:.:.:.:/.:.:.:/‐/‐-.! ::::::| | ∨ ::| : .:.:.:|   「はい、もちろんです!」
.           |.:.:.:.:.:.:|:.:.| :.:.:.|:.:.:.:.|::_::/ ./   │ ::::| |   V:」 :.:.:.:.:|
.            |.:.:.:.:.:.:|,ィ'| :.:.:.|:.:.:.:.| ゞ=≠ミ、 \ ::! !  ̄Y:.:.:.ト : |
          |.:.:.:.:.:.// | :.:.:.|:.:.:.:.| `ち少j    `  ,ィ=ミゝ、/ |:.:.|
           |.:.:.:.:.:.ゝ.〈|:.:.:.:.\ ::! .弋zン      ん::〉/ /::::::| : |
            |.:.:.:.:./::\|.:.:.:.:.:.:.:l`             ら;/ / :::::::| :/
            !.:.:.::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:|   ""     , `´. ,' : :::::::|/
            ,:.:.: /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.|           "".:::::ⅣⅣ
        /.:.:./.:.:.:.:/ : :.:.:.:.:.:.:.:ト、       `ー -     /:::::|::|
         /,;:::/.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| \        < : :::|::|
.        // Y.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:ハ :::ト、  > _  <:::::::::::::::::|::|
      // ./.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:./: :|::/  \ (\:::::::::::::::::::::::::::|::|
      ,'/ ./.:.:./ .:.:.:.:.:./: : :|ハ     ハハ: :ヽ- 、 :: ::::::::::|::|




どうやら本当に気にしていない様子なので、
彼女の強さに感謝したエンジュはそれで行く事にする。



                         / / / '         l     l       ヽ\   丶  \!
                        / // /       !   |    |       \丶   \  |
                       ‐十'′/ /       l  ト、   |     \  \     ヽ、 L
                        |l  { l  ,′   l  ハ |`、  ト、     ヽ <⌒ヽ、_   ∨厂`丶、
                        ヽ、ヽ|  l   l   | { l |   ヽ  、丶、 ヽ \\ l }  ̄二7′   l
                            l  |  |   | レ七ニ二 ̄\丶  }ヘ |\ ` / 厶   ハ !   |
  「それではこの辺で失礼する」         l ト、\ ヽ\=キtぞラ  }ノ/ j/  了/ ̄   /  }∧   l |
                              \ヽ`ヽ、 \__ ̄      /    -ヘ/レヘ /_,  l   | ト
                               ヽ}  `7ー一′          ,′     {´ ̄`ヽ、い |
                                   /                 /        V了\   り
                                  └-- 、     ,        l       ∨   〉
                                      `ーこ ̄     ,    |     /  ハ
                                       ヽ     , く     l   /   / ヽ
                                        `一'´/ ∧   / /    /   \



午後からは町の衛兵達の方を見に行かねばならないのに、
思わぬ時間を取られてしまい、すでに正午が近くなっているのだ。
177 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:39:10 ID:mSGwP+4U
小42.
午後四時。
カーディナル衛兵本部での仕事を終えたエンジュは帰宅がてら町を見回ろうと
町の中心の広場を通りがかっていた。



                                              │
                                              士
                                              |
                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、


と、人混みが見えたのでそちらに近づいてみると、
リュートの音と透き通った声が広場に響き、観客からのため息が漏れる。


┏──────────────────────────────────────────────┓

  ルナル―――七つの月のしろしめす大地。

┗──────────────────────────────────────────────┛
178 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:40:09 ID:mSGwP+4U
小43.
中心にはまだ若い詩人の娘が立っていた。
胸を張り、全身から声を上げる彼女は年齢らしからぬ堂々さで観客を魅了しており、
時々投げ込まれる小銭に軽く頭を下げている。



             >'"{
            /:::/:::::ヾニニ、ヽ  ノフ≠==、
           /::::::/::::;;;;:::\, ┤「 ̄ `¨" - ,,サ
         /:::::::::/::::::;;;;;L,,-` | .|:::::::::::::::::::::::::::` ー、
.         , '...::::::::::/::::::::;;;;i_,, --'"ノ:::::.....   ....:::::::::::ヽ   
.         /...::::::::/:::::::;;;;;l-‐‐''"./=/::::\::......,ィ:::::::::::::::::ヽ
      /.:::::::/:::::::;;;;;;;;;{.,:´ ̄¨.∀:::::::::::`〆//i l、:::::::::::::i、  「遙かなるは輪となりし白の月
      /..:::::/:::::::::::;;;;;;;;;l;;|「i「l.lヽi ;::::ト、∠_.// lトi、::::::::..l:l  惑いを映すは万色なる彷徨いの月
.     /::::::::/:::::::::::;;;;;;;;;;;l;;|ヒ'ヒi.ゝ'l:::::/`弋少´ .ノ i`::::::::l::l  眠れるは異貌なる銀の月
.     / ::::::/:::::::::::;;;::::;;;;;;|ゞ;ー―‐´i::イ      弋メl;;;;;;:::/l:l  静けきは緑の月
     i : /:::::.......;;::::::;;;;;;| ヽ、;;;;;;;l::::l    __ `  /;;;;;;;:/ l:l  歪みに誘うは黒き月
.     |: :: i ..::::::::::;;:::::::;;;;;;| /;;;;;;;ソ|:::l  (ヽ ノ ,.l;;;;;;;;;/ .|  人の守りは双子の月
    |:: : :l;; ::::::::::;;::::::::;;;;;;;;| ´ 7;;;;;i . l::l、  ` , イ;;l;;;;;/
.    l::::...l;;;::. :::::::;;:::::::::;;;;;;;l  /;;;;;;;} .l:l/`;;; :|ゞメ/i;;/      すなわち統べる青の月
   l::::::l;;;::::::.. :::;;::::::::;;;;;;;;;|‐'ー‐ソ--、ll=、ヽノ|///iヽ、     すなわち解放つ赤の月―――」
.   l::::::l;;;:::::....:::::;;::::::;;,/´  ̄ ̄/¨\\ ヘ V l l ト、.l
   l::::::l;;;::::::........;:::::::;;/    /    \\ヘ }     }.l
.  l::::::l;;;;;::::::...:::::::::::/     i     \` {     { |
  l:::::::;;;;;:::::::::::::::::::::i     l       . : ´\.   l |
.  l::::::;;;;;;;;::::::::::::::::::::l     l    . : ´     \.ノ ヽ

※謳っているのは「ルナル・サーガ(著:友野詳氏)」の導入です。

179 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:40:12 ID:mSGwP+4U


                                      rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                                    ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                              .    / イ                 \
                              .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                                ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                               / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
                              . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
   (詩人か。                     .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
    あれは異界の月の物語、だったか―――)   /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                              . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                                 ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
                                  `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                                     /            ノく._〃-――   , イ   〉
                                     ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                                       \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                                        ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                            ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                              }_______∧_
                                            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                                           ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                                         /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ
180 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:41:09 ID:mSGwP+4U
小44.



           /y/へ__ .. .. __   r‐‐、_
         /ソ/ ´: : .:::. : : : : : `///.: : ::`ヽ.
        //. : : :i:: : : : : : : : : : 〈/∧. : : : : : : :、
       /: :/. : : :: /{:: : : : : : : : : : :`ヽ`ヽ. : : : : : ::\
.      /: :/. : : :: / i:: ::ハ: : : ::}: : : : :.VニニL: : : : : : : :ヽ
     /: : :{ハ:: :/'⌒ V { ヘ‐-、i: : : :: : }|//イト、: : : : : : : :\         「―――されば聞け!
.    /. : : :i {:: :{ィ巧y V ィf7zL: : :: :/ レⅡⅡ〕: : : : : : : : :ヽ        かの大地に生きたる
    /. : : : : : :i:: :i 弋:j   弋じj 〉.:: ::://〔:::〕/ヽ:: : : : : : : : : : :、      一組の双子の物語―――」
.   /.: : : : : : : :V八 , , 、   , , ,ム} /》_/     ∨: : : :. : : : : : : : .
  /.: : : : : : : : : :ト、 ヽ マ フ  .. イ)/人       ∨: : : :: : : : : : : ::',
.  ′: : : : : : : : : :{ j/ ` - ィ ´ _ト、          ∨: : :: : : : : : : : : :.
  }:: : : : : : : : : : : ::ヽr-‐‐イv== ´ /ヽ.        }:: : :: : : : : : : : : :.',
  i: : : : : : : : : : : :__..イrュ_/ ハ  // ⌒ヽ.       |: : :: : : : : : : : : : ::',
  i: : : : : : :/iir '´ r'/ ィ⌒i 」 //     ヽ     |: : :: : : : : : : : : : : :',
  i:: : : : /| !!   ィ´ /ト イ ∨!!      i    |: : :: : : : : : : : : : : : ',
  i:: : ::///{ iir '´ii  / | |   ∨ ト、 01 i    |: : :: : : : : : : : : : : : :i
  i: : :////  !!  ii  {  } | t==7 ∨  ヽ___ 入    |:: :: : : : : : : : : : : : : :i
  i: :////  ヽy/ 人 / j      ∨ f´ ̄  `ヽ /.: : : : : : : : : : : : : : : i
  V∨_/    /  ./: :/ ::/ ヽ...:::::  `ヽ}     y'..: : : : : : : : : : : : : : : ::}
  ヽ     { /: :/  :::ト、       ヽ   /..:: : : : : : : : : : : : : : : : /



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {      (―――いつか。
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!       いつかこの詩人も、
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ       やらない夫を謳う時が来るのだろうか?)
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



しばらく聞き惚れ、彼女の前に置いてある箱の金貨を一枚投げ入れたエンジュは
観客の輪から外れて住宅地へと向かったのだが。
182 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:42:13 ID:mSGwP+4U
小45.
帰宅の途の閑静な住宅地。

平和を絵に描いたようなこの国に居る限りは、
やらない夫も何かに巻き込まれる事は無いだろうと先程の考えを修正し、



                                        /:::::::::::::::::,.;ゝ.
                                       /:::::::_,.-‐''~ ,、人
                              __        /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    /~~`ー'~~```` /           `ー、               ヽ;;;;;;;;;_.........
   ム        (              ` ヽ、



そのまま自宅へと帰り着いた。



              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  _____ |
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

184 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:43:09 ID:mSGwP+4U
小46.



           ヽ\イヽ ヽ l, - 、!|  , - 、    冫、_
          /ゝー\/  ,ヘヽ /,ヘ,  \_ ‐'/ \
      〟==ィ ̄冫 ̄゛  /  ヽ〃  ',  ヽヽ⌒ヽ  ヽ
    〃  /            |~ゝ〃~ーl ヽ     ヽ ヽ
   〃  イ           !       ! lヽ 、   ヽ ヽ
  /   イ /      ,ィ l | |       ! | ヽ l    ヽ  !
 l|   ///  l    / | 」 」 」       | / ヽ | 、  、 ヽ |     「お帰りなさい。
 l  // ! j  !   l ,イ´l |「 !|      ナ=-|、ハ |  |ヽヽ'     お仕事はいかがでしたか?」
   l |  | ||  ト、 彳 ゝ=从ヾ、    ,-二- |/|ト、|  | ヽ|
.   !|  l | ヽ ヽヽ、| ィ7てうゞ l __ / ,ィ⊂ゞト、 /〉 ,/  リ
    ヽ ヽ  ト、〈 |`ト7 l、`‐'_》 リ' ̄`lj  i| ゞ´》 ゞ/ノ-、 /
.        l ゝへ',  -ニ´ / ,  ヽ  ニニ´ '´ノr^ |/
           〃ヽ、ゝー---‐'  〈l   \_   _,/ヾ、〃
      , - -!|〈\`ーヽ     、― -,    ̄ /_, ィ |l、_
     ヽ、 || ヾ、>ー\    ` ´     /ゝ彡イ|| `ヽ、
       | ヾ、  |   `ヽ、  ´   ,.ィ ´ r '   ∥ ,  ,ゝ
     ヽ=ィ  ィ ,― '     | ` ー ' ´  ト、 `ー-、〃 ヽ〈_
       ヽ〈ヽゝ    , イ´l     / ヽ、  ノイ〉 ノ`ー ′
        ヽ    / /  l    /   / \  ヽ- '



                             rf( ̄ヽ -― ´ ̄ ̄ ` ヽ
                           ,へく入/ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、   \
                     .    / イ                 \
                     .、  ∠  /     } ヽ   `ヽ、       \
                       ̄.フ´./       /  ハ   V  \    ヽ.    ヽ
                      / /      /    {   ヽ、      ヽ    :.
    「なに、平和なものだ」    . '/{/         i {     \ \ \_.ノ   \   }
                     .八 }  /     ! V     \ }  ̄`  _ \.ヽ. l
                       /  ,イ.   i /\_ヽ_.、.   ヽ! _ ノ    、.、リ
                     . 厶.イ八  i | ,イ ̄ヽ.\\i ヽー―く ̄  ̄ ヽ、∨
                        ヽ{ ヽ. {八 { テt::: ァヾ. 、.!  }、 >) `ヽ___ ヾ{__
                         `  ヾ! ヽ、  ̄     ノハ ノ ) //      ̄`Y `ヽ
                            /            ノく._〃-――   , イ   〉
                            ヽ.          ´   / ̄フフツxz、/ .ノヽ  /
                              \ _ _       /: : : : : :   {ト、     ソ人
                               ヽ      ノ: : : : : :   ∧. }!   (’
                                   ヽ -― く´: : : : : : :    ∧ノ
                                     }_______∧_
                                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}
                                  ∠ ___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ.
                                /:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::ヽ


出迎えた長女にも替わらぬ毎日である事を答えたエンジュも―――
185 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:44:09 ID:mSGwP+4U
小47.
この国を蝕む危機が今そこに迫っているとは気がつかなかった。


┏──────────────────────────────────────────────┓

   そう、この国は平和なのだ―――

┗──────────────────────────────────────────────┛
                         ☆     。               ; ’
                                   ゜・。゜゜. .       ’
                                   。.       ;      ;  。
                                            ,.
                                   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜
                                       +  : ::.゜。 ゜・。゜゜.
                                             ☆
                                         ; ’
                                       ゜・。゜゜. .       ’
                                     ゜。.       ;
                             ☆        。
                                。  ☆   . ::゜.゜。・゜゜
                                ; ’
                           。 ゜・。゜゜. .       ’
                      。☆ ・゜゜゜。.       ;
       .゜。 ゜・。゜゜. . ★ ・゜゜゜ .                  ,.
    _______________   ☆   . ::゜.゜。・゜゜゜゜   。 ・
   ./\ \ \ \ \ \ \ \ \ \     +  : ::.゜。 ゜・。゜゜. .  .
   /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \  。    : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜゜... ゚
  ./  /  /\ \ \ \ \ \ \ \ \ \   .    .: ::.゜゜゜゜・゜   +
 /_/_/__. \ \ \ \ \ \ \ \ \ \



ローゼンをひっくり返さんばかりの、
後の王国歴史書に『賢王女内乱記』と記される事件の始まりまで、あと十日ばかり。

秋の夜空を窓から見上げた彼もまた、今はまだ仮初め平和に抱かれている―――



  ─────━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        小ネタ  仮初めの平和
              (安価エンジュ編)     END
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────



187 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:45:09 ID:mSGwP+4U
小48.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   おまけ―――



        _,. -、
      ,. 'i´  ヽ!‐-、
     /./!、i  l  ,.-\                \      i    ||        /   /
   //.,.、.ヽ '´¨l ̄  ,,.!',          \       X/.:::::∨::::i:::/.:::::::||::::::/:::::::/:::::::::::X//   /
 . / .//-, ', -¨`! ,..  ∠,ヘ           \    / /\:::∧::::i/:::::::::::||::::/::::::::::::::::::::::::::::::X   /
  ハ ヽ// i   l  `'  ",',            \ ′.::::::::/:::::::/::/ !::::::|l::/::::::::.::::::::::: /.::::::キ/
 . i. \_/、  .l    ・、. ',          \ ヽ′:l:::l::::、:::l/ {/ {::::::{ \:::::::::::::::/>''⌒ヽ:}  /  「蒸着!」
 . l-‐'...__  丶 '´l       i           丶 i`:::l:::l:::::::l`ト l  ゝ-:::::く´\:::::::::::/    }〆
  /´_  ,.`丶、!  l,,.. -‐'''"   l       ―       |:::::l:::l:::::x=jミ {   ヽ x≦==ミイ::′    j     ─
  i 、`ソ、.. ヽ.l 、jノ_,,.. -‐_/ .,'          ̄ ‐- |:::::l::::イ{{ んハ     ´´ん.::ハ〃:::i      ′-‐ ̄
 . l ヽ、...,,_ 丶 l  ,' 、__,,,..-ニ ,'       二二     i::::从∧ 弋:゚ソ     弋:::゚ソ /.:::|    ∧     二二
 . l._ゝヽニ=-、v-‐lィ'',.-‐アフ´ ,'       二二 -   Vイ:::::ハ ,、、 ,     、、 //::::!     /::::.   - 二二
 .. !   ト ̄i ̄/  ', '´ ̄ヽ_,イ          _ -‐   |:::::::::!    _       i:::::/    ヘ.__ ‐- _
  l-‐'`ヽ'´ .f-、..ノ‐、  ./.l        ―         |::::::人    {厂)     i:::,′ヽ /    `ヽ ‐- _―
  .', 〃   ヽ ノ,. '´  ノ  l                |::::::::::::`ト .      .イ |/   /    /   }_     ̄
 .  i     、-、〉、.-ァ/ < l              / |::::::::::::::::::::::::` ー ´ __ ノ   ′        ヽ  `  、
   ',    ', `'''´! ノ \.  l           //  |:::::::::∧::::::斗(´ ̄        {    /   /  } 、`丶、
    ',   ,ィ' -‐-   l /      .      / / イ::::::::/´ ̄∧  rー-=≦`ー- `ニ く. _,ノ  ..イ  \
    \/ヽ '   l  /       .       /  / !::://: : : /イ∨∥ |i∧  |::::::∧  `ヽ`ー‐く ノ\
        \   / /
       `¨¨¨"´

188 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:45:15 ID:mSGwP+4U
小49.
┏──────────────────────────────────────────────┓

  スターミー・ミラクルメイクアーーーーーップ!!!

┗──────────────────────────────────────────────┛


            O   (^^)                             (^^)   O
         °      `´       (⌒⌒)              (⌒⌒)    `´       °
                          \/    f´ ̄`Y´ ̄`!    \/
      '    \  /                 八      八                        '
              ×                     \   /                  |
    '     /  \           、        \/                 __人__      '
                       \  _ ..∠に之ぅx、                  `Y´
                      ⌒寸彡'⌒     `寸_ 、                     |
   °                      ミ辷____ . イ.:::.:. . V,心                         °
                  _人_  `寸¬彳 ー- 、 ,ノ::j:|:::.:.. }こ)i
  O               `Y´    ,辷 _j  =ミ アノリ:::::::勺 .:|  \/          ヽ         O
                          /{   ー=彡::个::,.イ┘.:::|  /\     \       :.
  (^^)                       / .:}「:::}   |:::::l '゙. ..:.:.::::::|           ヽ     } ',         (^^)
  `´    '⌒\           , . .:::.ー- 、   ´|:::::|::::::::::::::::::. 、     __j__     ‘, :.  / ′      `´
  (⌒⌒) ∠⌒  \        /. ..:.::/く V|   |:::::|/{ ̄\::..\    !         }  } , ′ ′    (⌒⌒)
  \/        ` ー---‐ ´ . .: イ  ,/}..<|:.:.:| 九_}ァx 廴:::..\         / /     }       \/
              >-=ニ二ニ=-< /ノ  ///////ノ.:.:ノ弋'///∧ _}::::.:...\       //       ,
  f´ ̄`Y´ ̄`! /        `丶、` ー---‐ ´ . イ   } ///∧:::.::.:.::.:..:..:...ー--‐ ´      /    f´ ̄`Y´ ̄`!
. 八      八           〈/7ァ‐---‐ ´  \く//////∧:.:.. ..:. .:.:.. .:. .. . _人_    /   八      八
    \   /             [〈   〈   ,. '^マア^'守二二}: .: . .: . : .: .. .`Y´ .         \   /
      \/         \/      |: \  > '゙   (⌒⌒) \ |: .: . .: . : .  :  .  /          \/
       (⌒⌒)      /\      | -‐ ´   .. - 、\/ イ  \| : .  :  .   .    /      (⌒⌒)
       \/             _八   xく     `^´ '圦    |` ー-      -‐ ´        \/
                       `Y ヽイ ‘,`      , `ヾ =介ァァァ 77アア寸_
            (^^)              ̄「 ̄∧       /    寸////////// V_}       (^^)
       |    `´             / ‘,    /     寸//////////廴       `´    \__/
    __人__              __「`√ ̄     ′  /         マ'/////////_丿                ) (
      `Y´           O ///〉 {          ′  /      }>'//////弋  O          / ̄ \
       |               {{///ア‘,             /     /〉/////////}
                   〉//>、!     \_ . イ       ∠}'////////∠}


189 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:45:20 ID:mSGwP+4U
小50.



                                                       |
                                                    _ 人 _
                                                      `Y
                                                       |
                                              /\
                                          「r\__} i \
                                        ___, ∨`ー‐┘ ノム.、
                                        | .iヘヽ\ー 、  `ー-ミi
                                        ? `  ̄ ′ 、_,.ノ
                \  ゚  o 。| 。   /  。  /   \ー―┐     ̄`ヽト __
                  ○  。 ゚  |゜ O / o  / 。゜    ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)
              ゜   。 \   o ゚ O ゚ 。 /゚  。   O       /{  //    廴_ ヽ
                ゚  。  \     |   ゚ o /  ゚  。      廴_ ノ      /.ノ nト、 ゜
               。 ゜  。   。 。 ゚      。o                ┌‐ ´ / }_}_}ハ               人 ゜
            __。___   ゚ 。   ゜  ―O―――                ̄´   _ /ノ            `Y´―
              ゜ o 。    o   ゚   。  ゚  。 ゚                  `¨´
              ゚ 。 O  /  。 |゜ 。゚ \゜  O  ゜              人
             ゜  。   / 。 /  ○゚   O \ 。 ゜                   `Y´
                 O ゜。 / ゚ | 。゜  ゚ 。 o
                /   o  。゜ |   o ゜    \
190 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/09/18 10:45:26 ID:mSGwP+4U
小51.


                  , ィ r─┐
                /  l l   l
                l   l l   l
   / \           l   l l   l
  \   \       /\l  l l  l
    \   \    /  /l  l l  l
     \   \/  /  l_l└ ┘
       \     /
       /   /
      /   /
     /   /
    /   /
   /   /
   l    l       /\      / ̄ ̄\                / ̄ ̄/
   l   l___ /  /    /      \              /  /
   \         /    く    /\   \    / ̄\    /  /
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       \/   \     ̄ ̄     /   /  /
                            \___/ ̄ヽ/  /  //\   __
                                        /  /   \/  /
                                       /    /\    /
                                      /   /     \/
                                      \/
                    _
                  __/:::::::::::::‐-......__
                    /::::::__r _フ_,勹ヘ::::::\
                /:::::ん,:'´    `ヽフ:::::<. rー- 、
                  /::::::ル' ト、 \_j__ マフ:/`)7  !、
                    /::;ィム.ヘr`⌒ヽ._ノ _,ク'_).   /  } |、      「お城の風呂の守り神、
    _          /::::::::::::::::::! ト,、 マi7´ /ヘi′    ,   〉、    仮面のメイドガイ―――推参ッ!」
  {>、:::::::::::::::::‐-..、 /::::::::::::::::::;ハ ド'ミニ=vチ::::l  ′   ′,/ ,ハ
  |:::::::::::`> 、::::::::::::ヾ:rハ:::/{::::::!小.    /:::::|     ′   ,/
  |::::::::/   `ヽ:::::::::::\ヾ、.|::::::! \ミ‐‐r'ヽ:::::!、         ,/
  |:::::/        \:::::::::::::Yハヘ::::|_,.ヘ⌒や、 !:::lr'=ー-..._   /::::::::::7
  \;        \::::::::::Yハ::ヾ{  ヽノ_.ノン´§|i|i|i|i|i}`ヾ':::::::::::/
.   i    ::.    `゙ミー`:::::::::Yハ:::::::>-(盆)ヽ:,广冖ーミ§/:::::::/ ̄ ̄ ̄}
    !   :::::...::::::/ \::::::::::} |::/   ヽ.l  /      `7:::::::ノ_,.:':! _」.   ト、
    ヽ.  ::::::::/    `¨ヾミ、ノ,′    }/      /{:::::「  `ソ  {/:::7 〉
      \:::::::/ 、       ヾ!     /      ./ Y::{  r'′  i::::/ ./,ハ



                                                      こんどこそ終わり

┗──────────────────────────────────────────────┛

195 名前: ◆FrtuoSIf66 [sage] 投稿日: 10/09/18 10:47:12 ID:mSGwP+4U
というわけで昨夜の安価のネタを投下してみました。
こんな時間からの乙と閲覧、本当にありがとうございます!

城に居る人で安価の候補に挙がっていたキャラを
なるたけ織り交ぜての展開はいかがだったでしょうか。

次回はまた本編、第五章その3になります。



第五章 動き出した流れ その3へ


スポンサーサイト



  1. 2010/09/18(土) 10:51:40|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫達は”日常”を戦い守るようです プレ・クライマックス | ホーム | やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです BACK_STAGEその5>>

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/960-02f01f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR




以上の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-960.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13