以下の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-1703.htmlより取得しました。


やらない夫は約束を守るようです 第四章 五人 第二話

575 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:00:00 KHv/Msrg
四108.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――
  グラナダを出ておよそ八十六時間―――
――――――――――――――――――――



┌─────────────────────┐
│  ダカールの丘までおよそ二十五キロ地点   ...│
└─────────────────────┘

       _ィ'⌒゙''ー-、,,_
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,,___
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. .,,.r-~''´ ̄   .. .. ..   ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,..,,_,. -─- 、..,,____,,.....,,,_.. ..                _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,____,,.....,,,_.._,..r-'''"´      .. . ..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...                                         ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. ..   . ... ...    ..::   .         ,ヘ
/ / '::... `:.\、                         ,ハ';'ヽ、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´\,ヘヘ,、 :.     ,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------- ,....へ.,.,.,,,,,,,.. ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、w:.、,、v、,、v、;. ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W゛j;yノw''" ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛' ~    彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj从リWv,ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 W:;,',:从シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'"゙:.:゙,;`彡ハノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjwv,:.:.、;..:...: ;:ノハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj":::",:.:.、;:...: `ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj从リ、从:'"゙:.:゙,:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:jリw",:.:.、;:...: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  休息らしい休息もとらず、四人は外敵の徘徊する危険地域を突き進んでいる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
576 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:01:14 KHv/Msrg
四109.
――――――――――――――――――――――――――――
  もちろん安全な平原地帯の移動とは訳が違う、
  これまでに何度か危険な魔獣や妖魔の類との接触があった。
――――――――――――――――――――――――――――

                        _,,、_
           _r='''''/゙iー--、ーー-、,,r='゙ii::i:::゙i,
        _,,,r'゙   ,/::::,)-'''゙⌒`'''゙⌒''-i,:::i:::゙i、
       / ./::  ,/i:::/ :::::::::/::::    \::::)\
      /::: ,i:::: :::/ 'Y:::  :::::::::i::::::::  ::   ゙i゙:::\\_
     /:;i:: ゙i:::  //i゙彡、;;;;;i / ::::::--、ミ  ,i:::  i:: ヘ\
    ,r-i::i:::  'i::: /. /<.(゚)、ノ .i (ノ<(゚)>-  i'::  )::::: ゙i、\
   /:: `-''i:: ::::/  /.i:: ゙彡゙    ミ:::::::彡  i::::: ,(:::::::: ゙i:: .゙i,
  ./::::  :::::)-、/:: |:゙i,::i:i::   、ミ:::ミ::::彡 ノ:::::/ i::::::: ゙i:::: .゙i,
 ,i゙::::i:::::::::::/ :::/::::: i゙i ::゙') i  :::: 、  ::::: /-' / ;::/ 彡ミ::: ,i:::::: |
 | :::::i::::::::/ :::::| ::::: .ノ:i :::\i--、,,,゙i  _ノノ::/'/:::'::::::彡:::: )::::  |
 |: :::: ::::::::i ::::::| :V i:i゙ ::::::\,___ソ_,,r'''゙゙゙<: ノ:::::/::::::ミ:::: .i:\/i゙   \_人_人∧从__∧__从//
 i:: :::: ::::::ノ ::::::i :::::\ /:::::::::::::::\     i::::'':::::   ゙i, / ::/ ,i    )               >
 い::: 7 ∧::::::i ::::::::::Y::::   、::::::)>  ノ \::::::::   ゙)/゙ ./    <  グルルル………! >
 ゙i,:::::::i /゙:: :::::: ゙i,::::::::::゙i:::  ::::::::ハ:::~''''''<::: ::ヽ,:::::   /::::: /     <              (
  ゙i,-ーい i:::  ノ>、:::::::゙i:: :::::::/゙::::::::)  i:::  ::::::\::::::  i゙:::::ノ     /^Y ̄∨ ̄∨^YY^YY^^Y
  ./ ノ:::i i::::,r'''i:::::iY::: `-==、::::::::::::: _人:: :::::::::::ノ:::::ノ /
  .i /::::i゙ i :i゙ .i:::::| i::::i, <:::イミ"'''''''゙~゙::::::`''=--ヲ'゙) Y:://゙i
  .i ::::::::: i::::ト-'゙:::ノi゙:::::::i :::::゙i\___人___,,、-゙/゙::::: //:: ゙i
  i:::::::::: .iン`-='゙ i::::::::i :::::i゙:::::: /       (::::::::∥:::: |
  ゙'、:::::: ノ     ゙i::::::::i ::::::i:::: /       .|::::::::i゙i:: /
.   \:::i゙      i::::::::i i::::|,r''゙         |::::り i゙ ./
    .i::::i,      ゙i ヽ i, /           i::::::: Y i
    i::::ハ       i ::::::i, i゙           i::://゙ i゙
    iハ i       i :::::::i/            i/ハ .i
   ( .゙i       i:::::::::i,            .V i :::|
   i゙  i゙       |:::::::::|            /::::i, :|
   /_i__ト、       ト:::i゙ )            i::::::iトi
  (゙゙ i  )       /人 i\           .)::: i .i
  `'''''''''゙       ,// ヽ iーー'          i,:::: i i,
            //-i'゙`i:i            i Y Y\

┌───────────────────────────────────┐
│【種族名】                                            ....│
│魔獣 ヘル・ハウンド                                        │
│                                                    │
│【怪物辞典より抜粋】                                     .....│
│遭遇した者に死をもたらすと言う魔界の犬。                        ..│
│荒れ地をまれに徘徊している事もあり、遭遇時は必ず敵対的な反応を見せる。    │
│目は業火のように赤く燃え、口からは硫黄の臭いを伴う灼熱の火炎を吐く。      .│
│大きさは子牛ほどもあり俊敏で、人の足で逃げることは難しいだろう。        ....│
└───────────────────────────────────┘
577 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:02:00 KHv/Msrg
四110.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  しかし懸念されていた戦闘による消耗、時間の浪費には繋がらない。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                        /´〉,、     | ̄|rヘ
                       l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
                   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
                   /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                                 (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,                                `ー-、__,|    `"
''''';;;;;;;,,,,,,,                ''';;,                     '''              '
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,                                       ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,                      ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;''''''
    ,,,;;;;'''    ''';;;''            ,, ‐――――‐‐ 、     '    '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''       ;'         ,,,,;;;,/           \     ,,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
            '       ,,,;;;'''''' /              \   '';;'       ';,    '''';;;;;''
     ''';;;,,,,,       .       /                 ヽ           ;,     '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''    /                     i
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''         |  二二二二 三 二二二二    i      ';,       ,;
                     |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |        ''''';;;; ,,,;;;''';;'
                     l   ___ ノ     ^ー―-   |            '''';;;;;    ,,,,;'';,
   ,;,,    ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'    l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l        ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''             !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l          ,;''   ;'  ''';;;;,,,
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';             l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ,,,,
      ;;;'';              ',   /    |    ヽ    /        |  邪魔だ。    |''';;,
                      ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /          乂______ ノ
                       ヽ   ` ー―― ´    ∧__
                        \            / / 〉::`丶、
                        /\         /  / /::::::::::::::丶、
                       /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _



       l.、
      ./ : :ヽ      /\|
     /: : : : :|____,,,,,,,___!: : :.|
     ,': : : : : : : : :`、`、: : : : !、  て
     l: : : : : : : : : : :`、 `、: : : :ヽ  そ
    .冫: : : : : : :,-ー'´l   l`ー-、!
    / : i: : : : :.i:::::●:::l   l:::●::|
    /.: : / : : : :l:::::::::::;;,!. _ 、 /
   l: : : l,: : : : :!::::::/  (::::::)丶  ビクッ
    |: : : :l.ヽ.: : : l:::/.     ̄   ヽ
   |: : : .!  ヽ: : /     , '´`、 l
   |: : : :!    i     /..,,,,,,,.i. /
   !: : :/    `ー--- ' ヽ  `.'

579 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:03:00 KHv/Msrg
四111.
―――――――――――――――――――――――――――――――――
  何しろ現れた敵の殆どは、やらない夫が睨み付けただけで逃げていくか
  敵対心を失ってしまうのだ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――



             ,:''゙ヾ;、
             ;:   ':;                 ,::'⌒ヽ、
               _,:'ヽ:.._〃´':.,              ,′ _{,  `' ,
           ,.:'       :.':;.,           .,:'⌒~     \
         .::´      c。 (  ,':.   .., .,,_._.....´^          ヾ.、
     ,:'¨´¨''´       ー´ ヽ  λ.'  ,; ,;゙゙     , ' `ヽ、  ::  ゛:;.
      ':.   .:;'   。    ,... ヽ n    :: ,;  ,;  .;' ,...:::'     :.   .:    ::
       ヽ、 ツ   じ゚   ;',;,;ノ _/{  ,イリ   ,;,'               :. .:    ,:'
        \:  .,_ _{   /ノ   // /    :.          i,イ     ::     \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
           ゙'ヽ.    `ー('´   // .:;     ::   ':., ':.,   ,:' :|     /      )                  >
            '`' :,..  .,.,.,  ,イ .:´゛     :,'        /  `ー .;′':,     <  キャイン!キャイン!   >
                 ¨~^ ⌒ヽ/У,.:′              / ヽ、    ヽ '::,     <                 (
                     )/      ,.::'´     .,: '´     ¨ー 、 ゙':; }     /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
            γミxへ.,....,,;^      ,,.:'⌒ーr.ー´           .:  ゙r'
            ∨シ つ,.      .:ー´    ,:'                ::  ゙:
                ヽ.:;' (_ノ :..::,,;:. ´ :i     ,:.'                ':, .,:'
              ¨¨  ゙'′     ::    ,;'               `´
                        i    ヾ、
                        ヾ、   ´' ,
                          `ヽ、__ ノ
581 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:04:06 KHv/Msrg
四112.



                ,. -、
               //⌒ヽ
              〃       ,r:、
              ,⊥.-.. ..、 ..,/.::.::|_
           , .::'".::.::.:;.::.::.::.::.::.::.::.::.:l.::.::.::`_`::‐-. .、
          , ' : : : ; :.'.: :: :: :: ,! /::.::.::.l.::.::.::. : :`ヽ ̄``丶
        /  ./ノ.::.::._::_::./.:;{:;!.::.::.|:.:;.::.::.:.ヽ:. . ヽ
.         i..:..:..//::.::.::´::.::/.;7 l'.::.::.:ハ:.:|、::.::.':;.:'、、:.`.、
        l.::.:/イ:.::.::.::.:;∠/∠ ,!:.::.:/ .!个l.::.::.::';:.:、ヾ::.:',
          |::/:/.::.::.:;:ィ「「示芥 /::.::/ _、|ハ:l.::.::.::.';.:i. ヾ:.i.
          /:/.::.:/::|:| ト-イ! /:.:;/ ^}≧ォ!|.::.::.::.:l.:!  ゙'}
       /,ィ;:イ`!.::.::.!! └-'' /, '   /ー/∧::.::.::.::.:!l
        /' l':;.:人.!.::.::.|   /'゛  , ヾ‐゙/::.j|::.:l!::.::.l!
       l:/::.::::::}.::.::.l    `ー、_,   i.::.:l !:/ !::.:;l
         !'.::.::::::ハ.::.::l`ト 、   _ .. イ.::.:l l/ |.:/    「楽ちん」
        ,'.::.:::::/:::::;l.::.:K、 乃「:::|::::::::||.::.:;!   l/
      /.::.:::::ム<. l::.:l \_ゝト、!::::::|l.::.:ハ
      /.::.:::/ニ、ヾミミ.l.::.i. ヽ | \:|'::./:::l
      /::.::::/′ `丶ヾ:!::l.、 `、l   /l::./::::::!
     ,:.:.:::::;'      |`ヾ:トミヾ、| //!∧::::::|



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  これまで決して仲間達に見せなかった殺気丸出しの眼光。

  コナタは深く考えずに楽だと思うだけだったが、
  普段の朗らかさからは全く想像も出来ない、
  冷たい表情を目の当たりにした雪華綺晶は少し背筋の寒くなる思いをしていたし、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧      (こんな顔をすることもあるんだ。
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \      ちょっと怖い、かな………)
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉
583 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:05:00 KHv/Msrg
四113.
―――――――――――――――――――――――――――
  アンマンからグラナダへの移動とは異なり、
  仲間達の体力を気遣う余裕すら無いやらない夫の背中に
  焦りが浮かんでいる事を、エルは敏感に感じ取っていた。
―――――――――――――――――――――――――――



                 ___
                 ∠,,,,,,,, ,,,,,,,ヽ
                  |:::::::::::,@,:::::::::|
                |~~~~'|人|'~~~|
                     |       |
               │       |,-'i,,_,,、
                 __、ヽ        /j .l,,ゞヽ\ .__
            ..ュ、|r‐ヒ‐クii,,_、  ┤! / l .ヽ.l, '、 /l
        ,..イ〈llィ'´\\ \ .''q ̄.´.,ノ'/ l 〔 .l .l \ !
        i′`-゙\ヽo.\   `ぐ㍉;;'゙_/  l |、 l.l  ゙;/     「……………」
       │.,    \ヽ ヘ   .\    ! l. l.′ |
       .,i         \ヽムヽ   ヽ   ! ..l. l /
      ,yハ、       ;;;; \ヾ i \   .ヽ, |  .l  リ
     ,,i' ヽ, .´`ー.、.;;;;/,  \ヽスヽ、、  ` ! !、 .!
     |、  `'、   .;;;;┤    \ヽ)`ヽ.゙、   l  .l
     l`-.、  ゙ニ;;;;;;;;ノ      \ ソヽ、   !、 ヽ
     ヽ、  .""ー ;;;;;;l′.         .\'くゝヽ'、、    ヽ
      》ゝ─‐ イ;;;:;;./;;          .   \マ 、ヽ、    ヽ



                                  ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                                   |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                                   /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                                     { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                       ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
   (鬼気迫る、とはこの事ですか。                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
    ですが、なぜ彼はこんなにも焦っている?)            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                                       ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                            |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                           リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                      __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                                  ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                             ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                                 l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                               | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                             、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、
584 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:06:00 KHv/Msrg
四114.



                          |:::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::::::i
                           |:::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::::::::::l
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
                      |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/        .,,,,,,  ,,..、 .,i、
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/         :| │ ! l,゙.l'"
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/        :l''''′゙‐'''" ゙''゙'j
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/         :!ーッ .r‐┐┌┘
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈           :| │ .l゙ !     ,,、 .r‐┐
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉          ‘'''"./ . l  ._,,-,'l″,!,/ /
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\           ./ /  ゙l、.゙l゙l-'ナ /
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉            .ヽ‐゛     ゙‐'` 丿 丿
                      .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′                  `冖'"
                   ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               ...:;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
            ...:;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  魔獣が逃げ去ったのを確認し、抜いていた剣を鞘に戻す。

  無言のやらない夫は皆の状態を確認しないままに歩を進めてしまい、
  てっきりそろそろ休憩が入ると思っていた雪華綺晶は驚いてその後を追いかけた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /     「あ、待ってよ」
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|
585 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:07:02 KHv/Msrg
四115.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  明け方から正午近い現在まで早足で歩きずくめであるし、
  そもそもグラナダを出てから四時間以上のまとまった睡眠すらとっていない。

  さすがに休憩しないと保たないかも、とコナタが進言するも、
  耳に入っていない様子のやらない夫が立ち止まろうとしないので、
――――――――――――――――――――――――――――――――――



              (:i′
              ヾ:、, . . .-:¬_,,.. -.―: : - : 、
          ,.-:':"´: : : : : : : : :!: : : : : :‐=、'''' ``
       /: : ハ : : : : : : : : : : | : . .     `ヽ
.     /.   (,ノ . . i : :! l : : : ;|、:ヽ    `ヾ 、\
     i: : : :!: . . . . ,l : :ハ:!: : : ;.|`、: !: : ヽ: : :.`、 `ヾ:、
     l.: : :.!: : : :_;ム:、/ .li: : :./j ,.x‐ト: : :゙!: : : : :.
.       l: : :.|: : : :./ |:/  |! : ;イ:!   ヽl゙、: : :!: 、: : :i
       !: : :l|: : /ェ土ニ、|:/ リ ,ニ≧ヵヽ: :l: : },: : l
      l.:/r|: ∧「代ル| |/    代り,!/l: :l: : j i.: j
      ,!',{ |/: : i ヾ上!     ヒシ l.:.!:.l: :.,' l :!     「そろそろ休まない?」
     /イ:ヽl: :、:.i          ・l: :lイ:./  リ
      |: : :l.: :マト.、  r_―ュ  _ , ィ゙|: : :l'
      |.: : :}: : V!r;ク`: ェ_<「:::::::,':lj: : :l
       |: : :.|:l: :ヘ''ハ    j  \:,'::;イ: : !
       |.: : :,:ヘ: :.V!ヾ´ ̄`l   ゙lト!: :/  l^i /)
        |: :,<\ヘ :Y ゙、   l   ll l: :/ /マ ノ'゛∠- つ
        !: iヘ.ヽ、`l: :! `、 ,!   ll ,l.:/ ∧ ヽ、 ‐'二 、
      l: :| `ヽ、゙l: :!  丶 l  〃 レ ∧`:、 \ ‐=ニ′



                               ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                         .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                         .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
     「……………。                 ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                    li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
      ダカールの丘までもう少しです、           ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
      そこまでは頑張りましょう」             ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                     ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                       ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                         l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                       ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                 ヽ ヽソ



―――――――――――――――――――――――――――
  やはり何かあるな、と察したエルが
  もう少しですから、と彼女の背を押して移動が再開される。
―――――――――――――――――――――――――――
586 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:08:00 KHv/Msrg
四116.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――自分で道を選び続けるやらない夫だからこそ、嫌う事がある。
  どれ程までにそれが悲しい事かを知っているからこそ、許せない事がある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         , ----- 、               / ヽ
                        / ___ \              /ヾ /
                         i.ノ/: : : : : : `ヽ;-,           /ヾ/
                     |:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ:|            /ヾ/
                        | ( ー) (ー ) |.、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--  、`弋 |
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \  ´     (助ける………
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i       今度は必ず助ける………)
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|
        |----- .!   .!\     ../:::::::::::::::::::∧     ../.|   .|-----|
       |     .i   .|  .\     /::::::::::::::::::::::::∧    ./ . . |   .|    |



―――――――――――――――――――――――――――――
  同行している三人の体力や消耗も忘れ、
  まるで一人で行動していた時の様に急ぐ彼の脳裏には―――
―――――――――――――――――――――――――――――
588 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:09:01 KHv/Msrg
四117.
――――――――――――――――――――――
  邪な者の企みによって未来を奪われた女性、
  自分を信じてくれた親友の父、
  見込んでくれた上司や仕事仲間など―――
――――――――――――――――――――――


   ―――もう、あんな思いはしたくないんだ―――



                             `ヽ:::Y:::/::::::::::::::::::::';::ヽ//
                              r─-'--=== 、..,,,_:|::::::i':/____
                             _,,!_:::!]:::::::lコ:::::::::r-、`"'':::::::::::::::`ゝ
                            /  `ヽ,.-、_;;:: -‐- 、::/〉:::::/::::::,'
                           /'     /::::::::ヽ.  `ヽ.`ヽ/::::::,'
                           i  ! /| ハ_;:::::::::::i   ',  ',  ',` ', ヽ
                           i /::/ |/´_ ',:::::i::::ハヽ、!_ i  i  i ',
                           i i:::ハ,r;ァ-!、ハ:::|/ ! ハ  |  |  | |
                           i レ|:::| ! r} |/  'ァ='-!、ハ   |  i |
      「………さようなら」          ヽヘ|:::!"  ̄      !__,r!/ i,へ!  |´ |
                             |从    ,       " /::::|  !  |
                             |:::::|\  r-、    .//:::;'  ,'   |
                            ノ|:::l:| .i`ヽ.,__ ,. イ |7:::::/ ./i  |
                           /_,.|:::l:|,.ァイ´ヽ、  _ |>':::::/  / |  |
                          /´  ';:::ヽ:;:ヘヽ、 `ハンi:::::i`ヽ/  !  |
                         /     〉::::i::ン\>7 ハ ',|:::/i` 7`ヽ!  |
                         〉ン、_   レ'Y:::ゝ-'/ / | 〉:::::Y    〉 |



                            ___
             _ -―――――-< ̄} }!
            ´      -――7  く.7./-、
        ,  ´      ̄  ,. -―/   Y´ \\
       /     ,   ,  イ   /        ヽ.` 、_.ノ
     /     ,/  /  ,/    {   {       \ ̄
     /    /        ,ノ    }  ハ  }     、ヽ.
     |!     /     _./ ,ィ / /   }  !      ヽ.}ヽ、
     |   /     `才  /:/ ,    / /    ヽ.  ヽ. }
      {   /  、 .___./ / / ,. __/ ハ  ハ   }! i {
.     Y /   ` .ナー-r七´ //7 :/二.!_/}! }  ハ ハ!
     | / , -― 〈 /  {!  ,イ | / ´tテ::ナ}ノ ./ / リ ノ
   ,イ⌒Y´ ̄ ̄  ハヽ (ヽ. i ヾ 、_    ̄ ノイ}/ 
  〈   人  ――- ヽゝxくヽ、        ∨       「ああ、信じているよ」
   }!  ∧_ ヽ. ,xxzrく⌒´ヽ!             /
  八 {〈   ,.イ}   `    {        ,   _ '´
    }ハリ {´ i       ヽ       /
   ノ'  }!  ヽ/        {ヽ. ___/
        _∠_____    ヽ.
     /: : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ ̄\
     入 _ _____   _厶、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄:.:.:.:.:.:.:\



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  護りたかったのに、自分の手からこぼれ落ちてしまった命の記憶が蘇っていた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……
590 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:10:00 KHv/Msrg
四118.
━━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――
  二時間半後。
  四人はようやくダカールの丘に到着していた。
―――――――――――――――――――――


┌──────────┐
│  ダカールの丘    .│
└──────────┘

        __ __,,...ノ⌒`ー==-- ..,,__
    ─=≡_三≡ニ二三 三 三二 ニ≡人__         __f≡二ー'二⌒ヽ
         `~^^''ー--==≡三三≡‐'''"" ̄  ̄ ̄      ̄`''(三三ノ⌒ヾ≡三ソ
                               __                 _____
                          ,イ´ヾ、: : ̄`ー-、     /_ _        `ー┬- 、
                      _/ |: : 〉、 : : : :\, .,/: : `ヽ        |!  \      _,,..
       _,,.. -‐──-  ..,,_     /|! l  |: :/ : \ : : : i三|: : : : :ト、          ∧,,..-‐''":.::.::
   _,,..-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`'''ー┤.!    i. : : : : : : : : |三l!: : : : /  \       / iト、:.:.:.:.:.:.::..:
,,.‐''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ \  .l: : : : / : 丶:  : |三|: : : /             ヾ;;\:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._」   |  |!: : //_: : : 〉: : |三|: :! |: :  〃    l!     〈   |_;;;;;;\:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._l ヽ  .l! . |!、 : : :| : : 〃 : :|三|:! | : /.{       :        lヾ、  ヾ、;;;;;\
:.:.:.:.:.:.:.:.,i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ノ     .ヾ\: : : :∧: : |三|:! |/   、   / \     ,!   、_∧;;;;;;;
:.:.:.:.:.:.:.彡ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,〈     / l    、 ` 、:/ l: : |三n.〃    ヾ       ,ゝ   \     } ヾ;;;;
:.:.:.:.:.彡三ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//   /   _!.从   `┬‐ 、: :  : |三l !|L     _ソ   《       从     \
:.:.:.:.彡三三ミ.:.:.:.:.:.:.., 、:/;;;,i!   ,..、   / .彡ミ.    !|   从 : :.|三l〃 \  , 、    ,i!   ,、     彡ミ.
:.:.:.:.彡三三ミミ:.:.:..彡ミ´;;;;;彡ミ 彡ミ 从 .彡ミミ   ,、 ,!::::::ヾ,,,,l/     .}.彡ミ  彡ミ 彡ミ 从 .彡ミミ   ,、
.:.:.彡彡三三ミミ:.:.彡::ミ;;;;;彡::ミ, 三 彡ミ 彡,il、ミ 彡ミ {!:::::::::l!   ,、    .彡::ミ  彡::ミ, 三 彡ミ 彡,il、ミ 彡ミ
:.:.彡彡三三ミミミ:.彡三ミl彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ  彡::ミ ゞ;;;;:ソ .彡ミ   彡三ミ 彡三ミ ::: 彡::ミ .彡ミ  彡::::ミ
彡彡三三三ミミミ. |li|.从从|li|W |i|.. |i| 彡三ミ.  |i| 从 |il| 从彡::ミ.,.,,.,.W |li|.从从|li|  |i|  |i| 彡三ミ.,  |i|
.: .ミ彡:.:.|!|l| ミ彡w、w|w,, .,, |li|., ..w,,...,|,r':":ゞ:ミヾ,....,,.Ww,,,...Ww..从从从 、 w|w,, 从, |li|从从 .,|r':":ゞ:ミヾ,....,,..Ww
: :从从.,|! f''≡ー‐-、 r''゙ゞ彡ミヾゞ ..., ゞミヾ彡ソ....,.,.,   .............,,,,  ...,.,.,.,               ゞミヾ彡ソ.
ww,,,..... | 《:彡:三:ミ:Y^彡巛ヾミミ》  """"      ,,,,....,.,..,,,    .,,,,,,,、Ww.,,    www,,,....... ....,.,  ,,,,....,.,..
    ノ,! ゞw、ww,,.W,,,,,,...Ww,,,.ww、ww,,.,,,,    ,....,,.ww,,,...w       



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  切り立ったテーブル状の丘には、人の手で作られた階段が道筋となっている。
  あれを上がれば祖王と女神との誓約が交わされたと場所、大地の祭壇があるはずなのだが。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
592 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:11:00 KHv/Msrg
四119.
―――――――――――――――――――――――――
  階段の手前に、明らかにこの場には似つかわしくない
  金属質の巨躯が立ちはだかっているではないか。
―――――――――――――――――――――――――



_____     :::....,,,,           """"        :::...,,,,
〈 ノ |::::j\           ゞ:::::::....                            :::....,,,,
;;ヽソ::::.〉 l .|""''--=_          _   ___,,....--=''''""''''=--、....,,,,_         :::....,,,,
::::| | ( ` .L:::: :::::| l ̄""'''==--'''"" ̄i:::ヽ /l/:::: .〈J  |::::l|| : |  .||:: ::::.|::::.i \...,,,,_  ___
::::|:〉 |||  |ll:::|::: ::l:::: lll  〉::: ::::::ヽ |::::``--]  |-== | :::::::: |::::::::::::|::.:J  |::::l|| : | :::: ::''""'';ヽソ::::::〉
::::〉::: :|||:::: l: ::::`i:::ヽl/:::: .〈 ::.:J  |::::l|| : | ::|  {:: ::::|::::::::::::|::::\::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|::::::::::lli
::::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::}  |::ill |:::::::::::|:::::::: |::: ::l::::::::lll:::: 〉::: ::::::ヽ |::::``---== |
::  |::::::::::::| \::::| | ( ` .L:::: :::::|:l|| : |::::|:::::|  {:::::lli:::|:〉 |||:::: |ll:::|::: ::l  lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---
|:::::::::::| :::: |::: ::l ::::lll  〉::: ::::::ヽ |::::``---== |::}  [::||  .||:: ::::.|::::.i |:: :::|::: ::: |:::: i:::: |::::|ll  .| .::::ill |
;;;;; ;;;;;l;; ;;;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;l i;;; ;;|;; ;;;; ;;;;;li;;;; ;;;l;}  |;;;;;;〉;i;;;;; ;;;i;;;;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;
;;;;;;;;;lli;;;;|;;〉;;;;;|||;;;;;;;;;;;ll;;;|;;; ;;l;;;;; lll ;;〉;;; ;;;;;ヽ;;;;;|:::|  {::;;;;;; |::::::::::::|;;;;;\::::| |;;;;;(;;;;` .L;;;; ;;;;;;;;;;|;l|| ; |;;;;|;
;;;;;l;;; ;;;;;;;;;; ;;;; ;;;i;;;;;;;;; ;;;;; ;;l;;;;;;;;;;; ;|;;;;;; ;;;;;;; lll ;;〉;;;]  [;;;;;ヽ;;;;;|::::::;;;;;; |:;;; ;;;i;;;i;;;l;;;;;;;l;; ;;;;i l;;;;;; ;;;;; ;;l;;;; ;|;;;;i;
;;:::i,,;;::::i;;  l:: Y::   ::l;;:::i,,;;::::i;;  l:: Y::   ::l;;:::i,,;}  |::::i;;  l:: Y::   ::l;;:::i,,;;::::i;;  l:: Y::   ::l;;:: l;::
;;::i..:::;;人,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i;;::i..:::;;人,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i;;::i..:::|  |;;人,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i;;::i..:::;;人,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i  リ;;:::
::::i;; l::  `Y::   ::l;;:::/,,;;::::i;;  ::l:: Y::   ::l;;:::i,,;;::::i}  |;  l:: Y::   ::l;;:::i,,;;::::i;;  l:: Y::   ::l;;:::i,,;;ノ;::
:::;;人,, ,, :: ト、,, ,,;;:i;;::i..:::;;人;;,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i;;::i..:::;;人|  |,i:: ト、,, ,。;;:i;;::i..:::;;人,, ,,i:: ト、,, ,,;;:i;;::i.. ト、:::
゙`--"゚~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~~~~::~~~~゚~~~~~~~~~~~~~~^~~~~~~~~~~~~~`ー
                                  ハ
                             」oL
                             匸[ュ r]コ
                            ○く兀」○
                             (_)_)
593 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:12:00 KHv/Msrg
四120.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  同じ人型でも岩塊や土から無造作に組み合わされたゴーレムとは全く異なる、
  機械的に設計されたと一目で分かる構造。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 rrヘ
                                  {{  〉
                        r{}]、       》 く
                       | │     / /  __
            /⌒ヽ、      l  ハ     / / ノ {二} \
           / {二}厶ィヘ、     「ト、|│   /  厂⌒L__    八
.            /   厂`⌒Y^ハ__ {」_j込二二二ノ  rュ   ヽ |  \
            / ム_/ /7  ヾ_」コ}  ノY7厂]疔ミ、_/  トj    ノY ⌒ヽ_〉
        〈/ 〈 〈7 _, / ィ==ァ _ノ /リ「|   _,ィニ ヘ、__/
.          \/7⌒厂7┐      r┬ュ  ⌒厂厂{  \ \ \
            / /} {「¨´ r一-、    ̄  「]「了Lハ    \、\ ヽ
              / / ノr八  !   ノ>         |川 ∨⌒「 |   \ノ
          / / 厂¨7 \仏rーK_厶ィー―‐rヘくー{ ノTLノァハヘ」_
            〈_.ノ /  厂{ (に(Zrュ二(ココココ广ヽ\\| [彡イ 「   |
             /   /,Lr厂7ーr冖f⌒「7ー'´ \ \  ヽ_ LL! |    |  
.            /   // / /  ト-ノ 亅|      ヽ、ヽ  |  厶ヘ_ l
.          厶ィ〈/  / /   !  !         ヽ 厂77≦厂ヽノ」
.         {{ァノ7  / /    !  !  | |        |止ヲ〈ー∠ミ、ノ
.            ヾ彡  / /   │ |  l     ,ィ} ]ト-く ヾニニフ
              〈  / 〈      i  L__」 !     くノ 厶ィミ、
            \{「 ̄ヽ,   |  l「⌒ヽL__/ヽ  /    ヽ
              ノ!L.__〉、 厶 lL__」 く_/ /      \
              厂ーr一ァハノ_} 厂 ̄ヾソ___/         ヽ
.             /   !        〈      l    「l          、
            /,ィ  /       ヽ     |    L!   _    ヽ
.           /〈/  /        ∧          - ニ - 、\  「
         /ハ-、_/           / L.    l  / rく    |   ¬L
            7’ /\       厶   |       | | ヽ   ハrf{ ̄ ̄ l
         「ヽ/   \     r弌ヽノ     ヽ」 L__Y⌒`Ⅵ__」
.           | |   /マー{厂 ハ       ` ̄厂 ̄L__/厂 ト、
.          /⌒ー≦く /  `⌒ヽ」ノ ト、      r-イ| 「]   〈7 i 厂ヽ
      /   /  /         | rf¬ }    ノ  | l           | 仄ァハ
     くー―‐く   / に二コ[二]_⊥ニ二フ    に(コ| ヽ、____ノ L厶「リ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



――――――――――――――――――――――――z________________________



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|
        !  (__人__)  |    「なんだあれは?
          , っ  `⌒´   |     ただのゴーレムには見えないな」
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  国王は祭壇に守護者が居るなどとは言っていなかったので、
  おそらくは妖術師が用意したものなのだろう。

  未知の敵が居るとは言え、少なくとも目的地に対する予測は間違っていなかった。
  それでまず一つ、胸のつかえが下りたやらない夫が
  注意を払いながら少しずつ距離を詰め始めた途端、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
594 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:13:00 KHv/Msrg
四121.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  草むらから開けた場所に出るなり、赤く光る双眸が四人を捕らえる。
―――――――――――――――――――――――――――――――



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\   ,!.i‐'''''''''''j;:;:;:;:;:;:;"            !;:;:l     ゙'‐
         . '、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|_,,,,_,..,' :!;:   .l ;:;:;:;:;:;:;\           |;:: `
           .`'、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:   l .l;:;:   . ', ;:;:;:;:;:;:;:;:.\  ,.----;;‐     . ,./
             ゙',;:;:;:;:;:;:;:;:   ,! ,!;:;:   : ;.! ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙ー !    !    ./ ;:;/
             .l;:;:;:;:;:;:./   ,!  !;:    : ;:', .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: .,'    .!    /  ./
              .!;:;:;: /   /  :!     ,ilーl"゙'i    ./     ヽ  ./ .;:,i′
              ! /    .!  .!-、  /! _,, レ''゛   l     ;: ヽ l ./
             ... ‐゙    !   '-.`'‐.'"´;::./     i′    ;: .,' .、 /
            .,/  ,, -一‐i . !   l   ;:;:;:.,'    ;:;:;:l゙ ..,,_    . ! : .\
          .-'"  ... -‐''   ゙'-..,,_ l'-,,,;:;:_../   : _ / .ヽ;:;:;:;:;:.,'  ;:} ,:、;\
              /   !             '―‐'´  l ゙゙"''''" .../ ./ .゙'、;:;:.\
              l   l                l゙    : ;:/  l   ゙ー'" "
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



――――――――――――――――――――――――z________________________



             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/       「カッコイイ」
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}



―――――――――――――――――――――――――――――――
  拠点防衛の指示でも与えられているのだろうか。
  一定の距離に近づくまでは動こうとしない相手を見て
  手のひら大のおもちゃなら欲しいなどとコナタが暢気なことを呟くが。
―――――――――――――――――――――――――――――――
598 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:14:15 KHv/Msrg
四122.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  遙か昔の記憶の中に、あれと符合する知識があったエルが警戒と後退を発す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                   ,
                                  ,r/ ,;-ー_
                                /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
                                ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
                                ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                             //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                       .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                              i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
                            l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
   「まさか魔導兵!?             !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
                              l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
    これ以上進んではいけない、        !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    戻って下さい!」              .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                               i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                          ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
                          /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
                         l   \      \  '     //          /    i



      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)          「全力で後退!」
     |      |r┬| .}
     |       | | | }
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  やらない夫も反応素早くそれを肯定し、四人は身を翻して距離をとり―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――
599 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:15:00 KHv/Msrg
四123.
――――――――――――――――――――――――――
  敵の視線が通らない林の中で向かい合った四人の内、
  厳しい表情の雪華綺晶が言った。
――――――――――――――――――――――――――



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧      「なんだっけ。
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \      どこかで聞いたことあるけど………」
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  おそらく出所は過去の伝説や逸話の中。

  しかもかなり良くない部類の話だったはず、と形の良い眉をしかめる彼女の隣でも、
  コナタが記憶に引っかかる単語だった事を確認して顎に手をやっている。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



           / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|       「えーっと………」
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く
     |:l l: l: : : l/ / `ーr-l∠ィ"^ヾ、ヽ
600 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:16:00 KHv/Msrg
四124.
―――――――――――――――――――――――――――
  しかしもったいぶるつもりの無いエルは
  名前ぐらいは聞いたことありますよね、と早速答えを告げた。
―――――――――――――――――――――――――――



                            ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                             |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                             /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                               { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                 ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                   |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
 「竜の戦士、シュウジ=クロスの話は            |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
  知っていますか?」                    ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                      |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                     リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                                __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                            ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                       ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                           l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                         | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                       、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (      「………DG事件の事?」
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|
602 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:17:00 KHv/Msrg
四125.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それはこの大陸に住む者であれば、九割以上の者が知る逸話。
  英雄ではなく武侠として名を馳せた、伝説の戦士の物語。
―――――――――――――――――――――――――――――



                                           , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                         _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                        _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                      ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                         ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                        〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                                        ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
    「それです。                               i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                            l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
     古代魔法文明が生み出した忌まわしき兵器に    .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
     魔界から喚び出した高位魔族を融合させた結果、          " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
     凄まじい攻撃能力や再生能力を備えた                   '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
     悪魔のようなゴーレムが生まれてしまった事件です」.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                                  !'i   j       ~ヽ
                                                  リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                                  / _冫'''~            ',
                                                / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                               l!~    /         ヽ. !
                                               ソ.    /   ン      、 ', l
                                               /    /   /          ', ', 'i
                                              /    '   /            i. ', l
603 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:18:00 KHv/Msrg
四126.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  今よりおよそ四百年前。
  デビル・ゴーレムと名付けられた絶望の化身は大陸北部の数国を滅亡直前に追い込みなお、
  その被害を拡大せんと破壊の限りを尽くしたと言う。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                       ____                ____
                           /¨¨~~|i         ____        |¨¨¨¨ ,
                      /\__/_   |l       / ̄∧      |   _ト、___/\、
     __            〈  /〈  ̄ …┴ ,  __f====ミ____   r┴…  ̄ 〉\  》            __
     ‘                 Y   ∧   {||||||l} |_/  /ニ二ニヽ  \」 {l|||||}   ∧   y’            ’
.      \   \   _______i{  イ ‘ …ー 一| ____]仁三三l[_  |ー 一… ’ ト、 廴________    /   /
         \   ヽ i{|  ̄ ̄|} 川 _        |_ト、ヽ  __  /x|__,!      ___ 川 }厂 ̄ ̄li /   /
         \  ‘廴_______i}_`¨\   ̄   …|ィ \\n//¨∨|…   ̄  / ¨’_j廴____ノ    /
.            \  \  ̄{八厂¨ト、___ ム| ー イヽ〔〕,‘ト 一|ミ廴 __...ィヘ ̄ヾ八厂 ̄, ‘  /
               \   ×⌒人 〈ソ /~~¨¨¨マ|_i|{トト羊テ}i|__|/ `¨¨¨\ ヾ〉  K  /   /
                Y’ ∠ _   ーく     _____「 ̄込ェ]{}!ェ升 ̄|!  __  〉__ 人 \   /
                   レ7 ’ ̄ \/  } / ⌒|r=ミ  ̄|| ̄/=ミ |! / ⌒ \{¨〉-‐… ミ、レ’
              ん’ ‐=ミ 、 Y_/  ∨  人ト}ミ廴_||__イテリ|」// ⌒   レ'7 ,二  ヾ}
                {{  rテぅ 》 /¨ \ ∨_//八}辷Ω三レ//八_   /{{l {_jミ}  }}
               人ヽ ヒ彡’ 人   ¨ </////}={二}ー{/////>”´ ト廴 ゞ=’ 丿
                    ≧ー==イ||\      ヾ///}‐{三}ー{///,     ×ー ==≦
                    |¨¨¨¨「i!//\   : . ∨/}={二}ー{/// . :   ///ヽ=={
                     乂///レ///\  \iY/¨¨¨¨¨¨¨Y//  ///////\}____
                  ___/'////////r=ヘ   l||   ||l  ,.r=ヘ///////> ¨¨¨iト、
                /i}¨¨¨¨¨ヾ////////∧三三\|||   ||l∠三三∧/////∧   弋}_
          _{i:i}     }レ//i///;八 ̄¨<三|ト \  /メ/三> ¨フ///i///∧   / i}
           _[=弋廴_____////l//////> ..   ヾ.__ Y∠ ノ ̄   イ/////l////∧∠ ̄ ̄|!
            i{ ̄ ̄ ̄ ̄{//////l///////> _>ー  ̄]|[ ̄ ー<_///////l/////li ̄    |!
            l{        [/////个///////厂'…一{¨¨¨¨¨}ー…勹//////个////廴_____,’
            廴____彡/////个///////]       ‘_TT_’    {///////个////}厂 ̄
.              ̄`¨¨¨{//////|///////∧     [彡| トミ}   ,}///////|/////}
                {//////|////////{l    [彡l_トミ}   ' l}///////|////リ
                  \////|////////{i_ 、 个ー‐一个 /_j}///////|///リ
                  ‐<|////////////,\|l  ̄ l|////////////j¨i二i
                     \///////> ¨⌒|!     l|⌒¨<///////
605 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:19:07 KHv/Msrg
四127.



       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |   「もちろん知ってる。
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨    それを伝説の戦士シュウジが
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/       仲間達と退治したんだよ。
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |         この大陸の中でも
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |         三本指に入る程有名な話だよね」
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  幼い頃は何度、伝説の戦士ゴッコを興じたかも分からないコナタの言うとおり、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    / ̄ ̄\
                                                  /  ヽ、_  \
                                                 (●)(● )   |
                                                 (__人__)     |
                                                 (          |
                        「竜の戦士、シュウジか………」  .    {          |
                                                 ⊂ ヽ∩     く
                                                  | '、_ \ /  )
                                                  |  |_\  “ ./
                                                  ヽ、 __\_/
607 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:20:00 KHv/Msrg
四128.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そのデビル・ゴーレムを仲間達と共に破壊したシュウジ=クロス―――

  女神の神剣ライトブリンガーを所持し、竜の力を操ったとされる伝説の戦士と言えば
  古代魔法文明の前と後を合わせても三指に数えられる有名人であった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   i          |              /       /
    i         |      /       /       /
    i         |      /       /
                  /            ,,,、、---、、,,,
                             、-'"/ .i.i //. /\
\    i        、-‐-、      /   / r /、、 i.i  /,,、='''ヽ
  \   i        i   .iヽ    /   |ミ//  "'''‐'''"" /"ヽ=|
       i      .| .i   i i    /    iミ.レ       /  ヽ|彡      ┌────────────────┐
    、'''""'i、      | i  .i i        ト、>、-、、,,__ .| | ,,、、-、<人      │  シュウジ=クロス           │
\  .(   i.ヽ    |.i 、,、-.i        |ト/| .-、,,、-"ト.|"-、、- ヽヽ)      │  (総歴1560年~1622年頃?)......│
  \ .ヽヽ   ヽ   .|i    i  /   / ヽ彡/ -‐'''ノ| .|"''‐-  / |".      └────────────────┘
   \ ヽヽ   ヽ  .i    i /   /   | へ   .ゝ| |.>   /|i|
      ヽ -''" .ヽ  .i .i  .i /       '"| |.|.、 、‐二二二‐、 /|人  .,,,、-‐''"
   、    ヽ   i ヽ、丿 i  ヽ、    、-   .|.|ト,_. ̄'-‐‐--' ̄.|、|ノ)''"
.   >-、\ヽ  .i    i、,,、 × ,,-''    ,,-''" ̄ヽ '''""''" / |ノ )
-、, /"  "ゝ''‐ヽ\.i .|  / / ヽ<  .,,,、‐'' ,,,、-‐'''人,,,,、、,,,,ノ‐─|ノ)
  ヽ、‐'  ) 丿、ヽヽ .|  /  /    ̄  、     /   |  |    |_人
   |  .,,,、\ヽ、\\| / ./  -‐''" ̄   \.,,,、-'''‐--|.  |、--‐''""  "'''‐--、,,,_,,,、、、、,,
─- \( )-)─ / >*<.i二_    、、,,,r二─''''"" ̄   .|、、,,,    ,,,,,,___      ヽ、
   r'''".ヽ、丿,,,、///|ヽ i "‐、,   、、,,_ノ   __,,,,,,,、、、、|                   ヽ
  ./,,、、ヽノ  -/ / | | i       /''‐|" ̄、,                           ヽ
-‐'< ─ --、// / .i. .|  フ'''‐--‐''"\二二| | "'''‐--、                  |    ヽ
  \─、-、\ /   r‐''" / /  ノ \|             ‐-、、          |     )
  /"\丿丿    ノ  /  ./  /|  .|                  "'''‐--      | ./   /
./    |''‐''"''''''<"‐'''"  i /  /二二二二|| -- "‐、                  | /   /
   / ヽ    / ヽ、i_、/  ./ |\ |        "‐、               .|./    >
 /   /\ ./   i     /   | \|          "‐、                 レ     ヽ
    /   "/''‐--┼┬-''"─   |   |\                        |      __>''"\
   /    /      .|.─ .i   .ヽ  ヽ     、-‐''"、-‐''''     ''‐、,,      ./     rソ 、''"\|
  /           .|   i    ヽ  ヽ .、-‐''"、、-''"           ''    /     r" ̄\  \
608 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:21:00 KHv/Msrg
四129.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな超越者の集団が多大な犠牲を払って退治した悪魔とは違うでしょうが、
  と前置きした上で続けたエルの声は少しかすれている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                     ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                               .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                               .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       「おそらくあれは、             .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
        その素体となった古代魔導兵でしょう。      ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                          li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
        もちろん魔族などは                      ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
        融合されていないようです、が………」          ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                           ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                             ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                               l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                             ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                       ヽ ヽソ



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /       「………が?」
  /,,_   }li ゝ、i, )).   __,,  lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\ 
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l
610 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:22:00 KHv/Msrg
四130.
―――――――――――――――――――――――――――――
  知っているのだ。
  あれを稼働させるための前提条件を。

  人を人とも思わない、部品として扱う工程が含まれている事を。
―――――――――――――――――――――――――――――



          ||: :|: :'.         /!::::::::ヽ
          リ', |:|: :ヽ  -―-  /:::::::::x:ヽ:\
           ' ヾ.!}: :|.>、.  ̄ ./:::l::::::/,ヾfヘ::|
             リメ!   . ̄::::::::::::::',::|、リ、 ヾ/
           ィ、―'   `:::::::::/::::::'ヾゝ、_
       _,,-‐'' ´ ヽ` 、.  ゝ:::::::' ,彡'´ ン   ``ー-、_
    ィ'.´       `.ト 、 __ x≠ '´       `ヽ
.    ノ                            ヽ
   /ァ                           ,  .|
   |, ヽ                        , シ  ..::!
   | \ヽ                       /,' ::::'' |
   |   \}                   :: シ´ ::::::::::::!
   {    {                  ..::::::::::::::::::::::::::::!    「母の研究資料を盗み見した中にはこうありました。
   |      }                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::|
   {   ::  ト、   , ..::::       ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     あれを動かすには知能ある生物を
.    }::. .::  :: |::::::::'´ ''::::'´     ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     部品として組み込む必要があり、
.   }     ::| ..::::  ::'   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::;、::::::::::::::::::::!     当時は理力魔法の使えない
.   |_,ノ  /'' '' , ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ !::::::::::::::::::|     下級民族と呼ばれた人間が使われていたと。
.   〈 ン  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ:::::::::::::::::::!
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ヾ:::::::::::::::::リ     そして魔導兵は部品の持つ技術を反映する、と………」
   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ノ:::::::::::::::::::|
.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::!
  {':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リ }':::::::::::::::::::::}
.  |,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /::::::::::::::::::::/
  リ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!':::::::::::::::::::::,'
.  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  '.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f‐'
   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
611 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:23:00 KHv/Msrg
四131.



                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.
                        ´ /
           /            `)
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′     「人を………
          ''-二ニ -=  `'`ソ /       部品にだと!?」
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿  ギリッ
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  息を呑む音が重なった。
  グラナダから感じていた嫌な予感はこれなのか、と歯を食いしばるやらない夫と―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'{  ヽ
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7Zマく_, ' | {八
  / }込八irくイ_ノ ノ     i.i゙;;;}j ハk   ! i  ヽ
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞ彡<././ .|i ゝ
.八 ∧    j:i     ノ    'イ./{  八 `ー
.  ヽ∧   八{_ノ , -.、    /rーミ八   `ー -    「じゃあ今は!?
   \ヽ.      ゝ:::ノ   .イハ  }vー 、`ー -     誰が入っているのよ!
 `ヽ  \>     /⌒´      ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ     まさか………」
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '



――――――――――――――――――――――――――――
  茂みから顔を出し、階段前の魔導兵を振り返った雪華綺晶。
――――――――――――――――――――――――――――
612 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:24:00 KHv/Msrg
四132.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  沈黙が満ちて、初めて聞こえた。

  巨大な身体のどこから音を出しているかも分からない、
  悲鳴とも、呪詛ともつかぬ声は機械的に拡声されているのだろうが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 rrヘ
                                  {{  〉
                        r{}]、       》 く
                       | │     / /  __
            /⌒ヽ、      l  ハ     / / ノ {二} \
           / {二}厶ィヘ、     「ト、|│   /  厂⌒L__    八
.            /   厂`⌒Y^ハ__ {」_j込二二二ノ  rュ   ヽ |  \
            / ム_/ /7  ヾ_」コ}  ノY7厂]疔ミ、_/  トj    ノY ⌒ヽ_〉
        〈/ 〈 〈7 _, / ィ==ァ _ノ /リ「|   _,ィニ ヘ、__/
.          \/7⌒厂7┐      r┬ュ  ⌒厂厂{  \ \ \
            / /} {「¨´ r一-、    ̄  「]「了Lハ    \、\ ヽ
              / / ノr八  !   ノ>         |川 ∨⌒「 |   \ノ
          / / 厂¨7 \仏rーK_厶ィー―‐rヘくー{ ノTLノァハヘ」_
            〈_.ノ /  厂{ (に(Zrュ二(ココココ广ヽ\\| [彡イ 「   |   ___ ___ ___ ___ ___
             /   /,Lr厂7ーr冖f⌒「7ー'´ \ \  ヽ_ LL! |    |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
.            /   // / /  ト-ノ 亅|      ヽ、ヽ  |  厶ヘ_ l   |  コロセ………       |
.          厶ィ〈/  / /   !  !         ヽ 厂77≦厂ヽノ」...  |   コロセ………    .|
.         {{ァノ7  / /    !  !  | |        |止ヲ〈ー∠ミ、ノ     |__ ___ ___ ___ __|
.            ヾ彡  / /   │ |  l     ,ィ} ]ト-く ヾニニフ        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              〈  / 〈      i  L__」 !     くノ 厶ィミ、
            \{「 ̄ヽ,   |  l「⌒ヽL__/ヽ  /    ヽ
              ノ!L.__〉、 厶 lL__」 く_/ /      \
              厂ーr一ァハノ_} 厂 ̄ヾソ___/         ヽ
.             /   !        〈      l    「l          、
            /,ィ  /       ヽ     |    L!   _    ヽ
.           /〈/  /        ∧          - ニ - 、\  「
         /ハ-、_/           / L.    l  / rく    |   ¬L
            7’ /\       厶   |       | | ヽ   ハrf{ ̄ ̄ l
         「ヽ/   \     r弌ヽノ     ヽ」 L__Y⌒`Ⅵ__」
.           | |   /マー{厂 ハ       ` ̄厂 ̄L__/厂 ト、
.          /⌒ー≦く /  `⌒ヽ」ノ ト、      r-イ| 「]   〈7 i 厂ヽ
      /   /  /         | rf¬ }    ノ  | l           | 仄ァハ
     くー―‐く   / に二コ[二]_⊥ニ二フ    に(コ| ヽ、____ノ L厶「リ
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
614 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:25:00 KHv/Msrg
四133.
――――――――――――――――――――――――――――――
  彼の、喉が潰れたようながらがら声をよく再現していたのである。
――――――――――――――――――――――――――――――



                      ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                       |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                       /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                         { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                           ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                             |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                             |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
                           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
「………キル夫、でしょう」                 |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                               リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                          __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                      ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                 ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                     l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                   | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                 、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



            r,/''"´ ̄`
          l::|          /!
            l:!      /.::/
          ヾ:.  _/.::.:∠-.-::.::ァ
             , ゝ´.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::<、
   .       /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヾー
.        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. .\
        /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: i . :.:.i__::丶、
       ,' : : .::.::.::.::.::.::.::.::..::. : . . : l.::.::.::.!  ̄
        i.::.::.::.::.; ,::.::.::.::.::. . : ::.::.::.:l:.::.:i:.::|
       l.::.::.;:;';';';';';';:,.::.::.::.::.::.::.::i::.::j、::.;{::.:|
.        l:.::;';';';';';';';';';';';.;';.::.::.::.::.l::.::l Υ|::.:|
         l.::;';';';';';';';';';';';';';'.::.::.:.:/:.::ハノ.::|ヾ|    「あのヤロウ………!」
          !.;';';';';';';';';';';';';';';.::.::./::.::| |::.:|
.          l.';';';';';';';';';';';';';';'::.::/.::.::|ノ|::.:|
        },';';';';';';';';';';';';';'::./::.::.::l !.::.|
.        l.:l.';';';';';';';';';';';';';/::.::,::.::!_|.::/
         l.::.!.';';';';';';';';';';';'/::.::.;;.::.:|l!ヾ、
       l.::|::.::';';';';';';';';';'/.::.::.;;';:.::.|l!l!|゙!
617 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:26:00 KHv/Msrg
四134.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ぶっ殺す、と呟いたコナタの頭の上をやらない夫の大声が通り過ぎていった。

  返事をしてくれ、と祈るような呼びかけはしかし、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):
           .:|   j(   (__人__)
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:         ヽ人_从人__从__从人_人_从人__从人__从人ノ
          ヽ     ゚  " }:         <                         >
            ヽ :j    ノ: i |i |     <   キル夫ォォォ!!!             >
         /⌒      ヽ  | || |  |   <   聞こえてるか、キル夫ォォォ!!!    >
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i   <                          >
    :: (「    `rノ ::      \   ||i      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒Y⌒W
     :: ヽ   ノ ::          \
       |   | r         「\   \
       |   | |       ノ  \   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,   `ヽ
     || i  /         | ||| |    (つと_ノ)
     || ||  |         | ||| |     ~~~ ~~



――――――――――――――――――――――――z________________________



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\   ,!.i‐'''''''''''j;:;:;:;:;:;:;"            !;:;:l     ゙'‐
         . '、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|_,,,,_,..,' :!;:   .l ;:;:;:;:;:;:;\           |;:: `
           .`'、,;:;:;:;:;:;:;:;:;:   l .l;:;:   . ', ;:;:;:;:;:;:;:;:.\  ,.----;;‐     . ,./
             ゙',;:;:;:;:;:;:;:;:   ,! ,!;:;:   : ;.! ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゙ー !    !    ./ ;:;/
             .l;:;:;:;:;:;:./   ,!  !;:    : ;:', .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: .,'    .!    /  ./
              .!;:;:;: /   /  :!     ,ilーl"゙'i    ./     ヽ  ./ .;:,i′
              ! /    .!  .!-、  /! _,, レ''゛   l     ;: ヽ l ./       「コロセ………
             ... ‐゙    !   '-.`'‐.'"´;::./     i′    ;: .,' .、 /        コロセ………」
            .,/  ,, -一‐i . !   l   ;:;:;:.,'    ;:;:;:l゙ ..,,_    . ! : .\
          .-'"  ... -‐''   ゙'-..,,_ l'-,,,;:;:_../   : _ / .ヽ;:;:;:;:;:.,'  ;:} ,:、;\
              /   !             '―‐'´  l ゙゙"''''" .../ ./ .゙'、;:;:.\
              l   l                l゙    : ;:/  l   ゙ー'" "
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  表情を変えることすら出来ない、金属の表面にぶつかって霧散するだけ。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
618 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:27:00 KHv/Msrg
四135.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その時、彼にだけには分かった。
  キル夫が執拗に繰り返す『殺せ』が、『殺してやる』ではなく『殺してくれ』だと言うことを。

  心や魂までは、邪悪な者の思い通りになりたくないとの抵抗だと言うことを。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                         ‐――――‐‐ 、
                    /           \
                  /              \
           .       /                 ヽ
                 /                     i
                 |  二二二二 三 二二二二    i
                 |   ― ― ― == ― ― ― ‐  |       \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
                 l   ___ ノ     ^ー―-   |        )                  >
                   l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l       <  くそおおおっ!!!!  >
                 !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l        <                 (
                 l.  ヽ ,  彡!!!!!!ゞミ、    /   '         /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
                   ',   /    |    ヽ    /
                  ヽ  ゝ _ /\ _ ノ     /
                   ヽ   ` ー―― ´    ∧__
                    \            / / 〉::`丶、
                    /\         /  / /::::::::::::::丶、
                   /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
                -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  その願いが、かつて目の前で自ら命を絶った女性にかぶって見えて仕方が無い。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 、   _, .} ,メ    l   ',::   ヽ::::.   ',:  ヽ
   ̄,´/F>`ミi_ i  i    ';::   ' ;:   ';::  ',
  ,⌒Yiー<⌒ハL  i     '::;    ',、   ';::  }
  ,イ冖!/てヾVYjヽ_, l、 ,  ',斗七  '.,ヽ 人,,リ
 从r'弋心ノ',イj从i   l....ヽ/ '; :::\  l ::/イ
.<  ゝ._`フノノハ、 .i  l::::''ゞ从_i⊥、;\j .i
  弋 _、.>√勿/ヽi. ハ   V{ィrャミ <  丶_
  )) /´  `.i`...'.,::、 '、 ハ  `.辻,ィ'}      ̄|
    l    :::   ::',::\ iヽ   |下乙     /
    l    ::     ;;; ::ヽ| ゞ         /    「ど………どうしたの?」
    ,'  ..::    ,:'::, :::|           (
    ,'   ::    .::  ::: ::|`(  Y ヽ、     /
   ,'  .::  .:: .::..  ::: :| ,ゝ‐イ .ノゝ___,,ノ
  ,'  .:::  ..::: .:::  ::: :::!" `丶、s ̄`)
  ,' .:::/  ::: .::    :: ::/   l  .l ヽ ̄)
 ,' ::; '  .:: :::    ノ,/ ヽ、 ヽ / /、ゝ
.  / ..::: :::   // `丶、`  '彡,廴`;;;;;
  ..,,,_::,,__.:,,,,::://‐-、__   `丶 .ヽ /∧/|
 Y        ̄ -  ,,,, ` ‐ - 、 .Y..∧/|
               `ヽ     ヽ|∧//|
620 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:28:01 KHv/Msrg
四136.
――――――――――――――――――――――
  あまりの豹変ぶりに驚き、
  落ち着かせようとする雪華綺晶の声も届かず、
――――――――――――――――――――――



    , r ' ⌒ ヽ、
.  /       ヽ,
  /      ,,ヽ、_ヽ
. |    __,ノ 彡(○ )
  |   (○ ) 彡  |
.  |        入,__)
  |.     ゙'ー'´         「どうすれば良い!
.  |      ゙ヽ、__ノ        どうすればキル夫を助けることが出来る!?
   ヽ、       ノ\.
  /::ヽ、_   /ノ:::::|       妖術師を斃せば良いのか!?」
. /:::::::,::::\ゝ、◇ノ::::i:::|
. |:::::::::|:::::::::\¶/::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|
. |:::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|:::|



                                            ,r':i::::、::::、:::::ヽ::::::::::::::ヽ、::ヾヽ::::::::、:::::::ヽ、、:::::::::::
                                           i:::i:::!::ヾヽ、::ヽ、::::::::::::::::::::::ヽ:::::、ヽ:::::::::ヽ、::::::::::::::
                                         i:::i::::',:::::::`'-.:::::ヽ、、::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::
   「いいえ。                                   !:、i::::ヽ:::::、:::::__ヾ::::`::::::::::::::::::、:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::
    すでに命令に対して自律行動を         .           l:! ki::、:ヽ::',ヽi,、`ikj、:::`:::::::::::::::ヽミ、::::::::::::::::::::::::::::
    とるようになっているはずです。                      i! ヾ:、:::::::::、 'J ;::" ゙ヽ::i、:::::::::::::ヽ9`i、:::::::::::::::::::
                                           !  ヾ ソ\::、 '"     ヾ!ヽ::i::、::::::;X".i`:::::::ヽ:::::::
    たとえライトを斃したところで、                          /   ヽ、       l! ';:iヽヾ:::'rヽ.`ヾ::::::、::::
    延々とあの場所を守り続けるだけでしょう」               '、_-‐       !  リ ヽヾ:', ::   ヾ:',`
                                               `i         ′ ソヾ; ';   ヾ',
                               .                'ー‐ァッ        ,:':  ヽ ',  //
   (強い怒りと、憎しみ………これは、自己嫌悪?)                ヽ、、      /::::    : //
                                                      i    ., '""'-、,,__.._ //
                                                    ゙ー-‐ "    〈'i ヾ:、:::i`/
                                                            |.  ヾ、:/



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  努めて冷静に答えるエルも、やらない夫がここまで取り乱すなんて信じられない、と
  精霊視力で彼の精神状態を確認せざるを得ず、
  そこに見えたのは外部―――妖術師―――ではなく内部へ、
  自分へと向けられた、溶岩のように熱く煮えたぎった感情だった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
621 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:29:02 KHv/Msrg
四137.



             -        ‐-、  ((__、__
          ,. '        ┏┓┏┓ \ ノ rミ<|
        /          ┏┛┃┃┗┓  マλ }7_
       /     l   l ┗━┛┗━┛   ヾニ/ヽ、
    ((   /  l l    l  l  ┏━┓┏━┓  . トイ) ∧
 r-、__))r7  l l  l l   l l┗┓┃┃┏┛l  l ∧((  ヘ
  マlフワ7   l l  l l   l l ┗┛┗┛  l  l  l    l
  7 L_| |   l l  l l   l l  l  l  l _.. l  l  l    l
  \r-f | |   l l  .__ ll   l l  l  、」ィi´ l l l ヘ  l   l
  l  l ll   l 、l  、_ ̄_、 ヘ マ  l  l  l!_!l lヘヘ  l   l
   l  l  l   ll  rノ r-、 ヘ \ V Ⅵ lf"だ;::狄l ヘヘ  l   l
   l  l  l l   l  マ/ミシ } /      込;;;;彡 l l   l∨  ∧
   l l   ll   ヘ f=--ノ !_}       ̄~   l l   l ∨  ∧      「そんな………」
  l  l  、 l   ヘ \ツ ))           !  l   l .∨   ∧
  l  l  ヘ マ   ヘ                   イ l  l   l  ∨   ∧
  l  l   l ヘ   .∧、     r:=:ァ    / l  l  l   l.  ∨  ∧
 l  7   l l ∨.  ∧`. 、.    ̄   /l l_..__ノイ l   l   ∨  ∧
 l  l    ll  ∨  ∧l l `  . _. イ r、 {   ノ  l   l   ∨  ∧
/  l     l    ∨  ∧-f⌒}_ r-ァ ム `'′  イ--'´゙ l   l   ∨ ∧
l   l    l l   } \  \\  {_.{   l        l   ト-i.  ∨ ∧
!  l    l l   イ- 、_\  \    \  \     l   l  l  _V ∧
  l    l  l )ー---テ \  \    \   ` >、_ノ ∨  f⌒`'´フ ∨ ∧
  l      l-!        _\  \   r-、  l-! l ( ∨  l   {  ∨ ∧



――――――――――――――――――――――――――――
  対照的に二人の娘は妖術師に対する怒りを募らせており、
  暗い表情のコナタが端的に、最善策と思われる提案を告げる。
――――――――――――――――――――――――――――



                 ,. ‐,ニニ丶、
            //´   `ヾ:
            j.:/
            {:{          _,.,
             ,. -:`: :": ̄:゙゙: :'':‐- :'": :|
         /: : /: : : : : : : : : : : ; : : : :「 ̄二: :_‐.、
       , ': : : :/:./: : : : :,: : :.ィ::!: : : : j: : : :`ヽ、``丶、
        ,': : : :./, ':::; : : : :./: :, ':|::!: : : : ;{: : . . 、 ` 、
       i: : .:: :,!':::::/: : : ;/: ; '::::::!l: : ; : :ハ: : : : :、: : .ヽ
        !: : :::/::::::/: : :7フア'‐::::::l!: /: :.,'_;;;j: l: : : ヾ::、: :゙:
      .|: ; /::::::;,': : :/_l/___::::::j.:/ : /::::::::i:.|: : :i: l`ヾ: :l
.      ,!',/:;:イ,': :./!{T示干':::::;!/: :/ィ夫ォキ|: : :l: :!  ヾ}
      /イj/:/_|:!: /::|::.!_ l|::::/イ:./::l_ l | lハ{: : :{: :|
     / !: :゙ ' ||;/::l:|:::ヽ-' .::::::::::!/:::::iー' :::!:l'|: : ハ:|
       .!: :: ゙l'||:::: i:|::  ̄    '′  ̄ ・l::l !: ,' ゙:,!     「早くあいつをぶっ殺そう。
       j: : : l::l :::: :i:ト,、      ,,  _,..ィ:.|. |/        それしか無いよ」
      /: : :/::;l ::: : iヘ. ` 7 、-‐ァ:'/|:l::::: :|
     /: : ;!く . l: :: : :i.゙:、 い`ヾ、/ |:|:: : :|
     /: :./\\.!; ; ; ;.i ゙:、-┤ || ト.||: : :.|
     /: :.{'^ヽ ヽ.ヾ: : : :l ゙:、 |  || |ハ|: : :.|
622 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:30:00 KHv/Msrg
四138.
―――――――――――――――――――――――――――――
  相手が単機で拠点防衛をしているのならば
  分散し引きつけての突破と、諸悪の根源への接触は可能だろう。
―――――――――――――――――――――――――――――



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|      「コナタの言うとおりだよ!
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|                       フライト
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!       今はやらない夫だけでも飛行の魔法で
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!       先に上がっていって!」
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  エルの口ぶりからしてキル夫はもはや助けられないと思った方が良い。
  むしろ、その為の時間を割くことが良くない展開に繋がると思った雪華綺晶はコナタに賛成し、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i           「そうです、一刻も早くライトを止めて下さい!
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.            ここは私達が!」
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/             (最悪、キル夫を殺す事になろうとも………)
              l     ` ̄´    l、
         ,. '´            ヽ、_
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ
      \                   /       /     ',
        `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
  /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !



―――――――――――――――――――――――――
  解放してやることが私達に唯一出来る事でしょう、と
  エルも現状からして当然の判断を下した。
―――――――――――――――――――――――――
623 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:31:01 KHv/Msrg
四139.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 だが。
 抜き身を構えて茂みから飛び出したやらない夫は一人、その案を突っぱねる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|
          |    ::::::::::::::::::|
          |   :::::::::::::::::::|ヽ
             ヽ       /_./|:\
               \__,-‐´~/:::::::\
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/         「駄目だ」
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
              ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
_________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
              | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                  ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ



                                       /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                    /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                      /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                    ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
 「何を言っているんですか!?                   /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                  /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
  やらない夫以外、                           i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
  ライトを止められる者は居ないんですよ!?」          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                         ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                       ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                            リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                ``ヽ、 //  〃         ヽ
625 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:32:00 KHv/Msrg
四140.



      ,. :'",,. -‐ァ'": : : : : : : : : : :|: : : : : ::::ヘ: : :.i : : : : : : : : 、: :`:、
   ,〆 ' ´  /: :,: : : : ; : : : : /: : |: : : : : :::|::|V: . :i.     `、丶: :ヽ
 /    , '   , ′  /  . . /: .::;イ: :l: : : : :l::| ∨: :.i:. : : .   丶`、: i         / ̄`丶、
     /   ./   .:i: : : :.::;': .::/|:::l: : : : l::! ∨: :i:::. : :ヽ: : : `、:. : !      | /⌒ヽ ゙!
    /  イ  . : :.::i: : : .::::i: :::i |::jl: : : ::l:!  V: :ト;::. : :゙i:. : : :.i::.i: |      `''′  ノ .ノ
    / , ' /. : : : :.:::i: : : ::::::!:.::i   !: | i: : : :{、、,,_ V: i_;ノ.: :.i:::. : :.i:::.i:|       ,.‐''"_/
    ,' , '  i: : j: : .:::::|: : : ::`ト-i-‐'゙ i::|. V: :|   ̄、:l ∨: : i::. : : ト ヽ      〈_,/´
   ,'/   !:.:;イ: : ::::::|: : :.::::i | l     !|  V: :!    ヾ ∨: :l:::. : :.l::、゙、    (__)
  /    .|: :i |: : :::::::l: : .::::i !|      ゙   ヾ: l. --‐―― V: :!::::. : l::!ヾ!
       |:::l. l: ::::::::::l: : ::::l --‐――    ヾl 三三三三 V:ト;:::. :.|l
.        l::l l: :::::::::::}.: ::::ト 三三三三     `       ・ハ:|::i::: :.{
       !j  i.::::::::::jヘ: ::|:::.                     l:::l|::|:i:: :!
       {.  ヾ:::::::|:`ト:::|:::l                      ノ:::::: |: i: |      「なんでそんなにキル夫を助けたいの?
             ヾ::::|: :!ヘ:l::::ト.、      '⌒     ,,..イ::l:::::: :|: :.N|      仲良かったっけ?」
            ト::l: :l: :ヾ:l:::::::``:::::-....,、,,__,,. ,-:::'"::::::::l:::l:::. : :!:: :|
           l::N.::l: : :::l::::::::::::::::/r|     !`ヾ::::::::::l::l: : : :j::: :|
               l:|: :::i: : : :l:::::::::;ノ  |'′    ゙|  \:::l:l: : : :j:::: :|
              l:!: ::::i: : : :l;、く     l'''""""'''j   //|: : : :j::::: :l
             ll: : :::i!: : : :トヽヽ   i.    j   // イ: : : ,{:::::. :l
              ,!: :.:::|ヘ: : : :iヽヽヽ   i.   i  // //l: : : ,〈l:::::: :.l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  むしろ、キル夫はやらない夫の事をとても嫌っていたと記憶している。

  当然、そんな相手を仲間と呼び、
  この状況でも助けようとするやらない夫の気持ちが分からなくてコナタが首を傾げ、
  エルと雪華綺晶も同様の視線を彼に向けた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――l
626 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:33:01 KHv/Msrg
四141.
―――――――――――――――――――――――――――
  三人の注目を集め、たっぷり十五秒はあった沈黙の後。
  握りしめた拳をかすかに震わせながら少年は答える。

  キル夫が敵の手に落ちたと聞いたときから思っていた事を。
―――――――――――――――――――――――――――



                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:
               :/:::.                 |:     「嫌、なんだ………」
                 :/:                  |:
            //:                |:
              //:                    |:
           :/:                  |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            ||
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄



        __    ,、 .((,、-―‐''''''''''―-、,    ((
      ,イ `'ィケ´vトr,,))         `ヽ, ,ィュ))-、
        l   ,ゞヘノフィ  ./      i       `、Yノ  l!
.       j    ゞ〃‐'´ /  /    |     |  ((ヽ、  i!
      /   //.((   /   / | |  |     |   )) ヽ .i!
.     /   //   )) :/   /. | |  |     |     i! |
    /   /   "  /   /   | |  |  | |  | |  i!| |
.    ′  .i  /  l .|  l! .))| | |.| l | |  | || |: /
   l   |  i!  .| |  ト、((ィュ, | l.| | | |  | || |: {
   V  i!i  |   |.i ,イ´ィY^ヤハ| i!|| | l:| |从| l:|! ||:ハ     「何、が………?」
    ヘ ノノ  |!   |! _Vゝ~ン'.ノ j`´ ` γテォ、// i!/ l ∧
    ,イ,イ .l  l!   l!ゝ_ゝ`´ンンゝ   込ソ.ノ/.| .〈ヽ,l:  \ 
  //| .リ  .|!  ヽ ((`ー'´`   '   ̄ / | .ヘ .ヽ   \
,ィ'´/  l / ,ィ  |!   ,、`、))  ,、, .ー.,、 _, ィ'   | | ゝ  \  :.
 /   ノ/ィ' _,、ィ'ヽノ,ハ、,` ノ´ イ,-‐ノ `ー'r-、 、.ヽ l  ヽ  ノ  }
 {_,、ィ´,ィ'´ ィ'´     __,ハ, ノ (__ -‐  '´ (,、‐-`、!  〉/   〉
627 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:34:00 KHv/Msrg
四142.
―――――――――――――――――――――――
  あまりにも美しく、そして見果てぬ夢物語―――
―――――――――――――――――――――――



              __
               /    \
          /         \
          |     : :::::::::::|
          |     :::::::::::::::|
          | ノし :::::::::::::::::|
          | ⌒ ::::::::::::::::::::|ヽ
             ヽ       /_./|:\
               \__,-‐´~/:::::::\
           ∠___ ,-‐'~.:::::::::::::::)
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/         _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
        //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/        __,ノ
        |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|          ). 嫌なんだ!
        ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|         ソ.  誰かの悪意で誰かが傷つくのはもうたくさんだ!
         |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._          ,)
          |::::\_::::::::::::::::::::\|:\      ⌒ヽ  ましてや、未来が失われてしまう事なんて
         〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|        ノ.  あってはならないんだ!
            /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\      )
            /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
           |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、
             \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ
            /__| ̄____/::::::::::::::::::::ヽ
              ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::::::::\
_________ヽ/|/   \___\:::::::::::::::ヽ
              | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \:::::::::::::ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::::::ヽ
          .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ:::::::::::ヽ
                  ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::::::ヽ



――――――――――――――――――――――――
  誰もが思いながらも抗えぬ現実に打ちのめされて、
  口には決して出すことのない青臭い理想を。
――――――――――――――――――――――――
628 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:35:00 KHv/Msrg
四143.



                           ,ハ :::: :::: :::::::::::.::::::::::::::::ヽ::::::::、::::::::::::ヽ ::::::..ヽ::::::`、 :. ::::::ヽ :::::.:.::`ヽ、
                            |/| ::: :::リ、:::rNヽ\::::ヽ、::::ヽ、::::::丶\ ::.\:::::ヽ .:. :::::`ヽ‐- 、_:::\
                            /  ハ ::.:.::! V /  \ヽ::i ヽ:::| `ヽ::、::`ヽ丶、:::丶、::、 :::::...、::::\ ``ヽゝ
                              { ヽ.: ::l   /     ヾ ヽ:i  i| ヽ::::ヽ\``'' ‐---::::ヽ:::\rヽ、
                                ';:: :!  〈  __     ヽ  |  ',::::::: :\:.::、`ヽ:\::::::ト 、::丶、
                                  |:: ハ  `              }:::::::. ::::ヽ::ヽ::.:\:ヽ、ヽ `` ー-
                                  |/l:ハ   、 __       ハ:::::.::| :i:.:ヽ.:i::: :、:ヽ} ``
 (………ああ、そう言う事ですか)           ノ ノ' l心  `ー‐一`      ,. '|:::::::| :| :.::.N :;、!`、ヽ
                                     |ハ         , '´ i!::::::| ::| :.ハ | \ヽ!
                                    リ ヽ      ,. '´   ,/!/ |: :::、 !  i|
                               __  __,.ノ/   ヽ __,,. '´      ノ l,イ:: ハ:{   |
                           ,..、,.ィ"r''"´  .:::    r         / / |、:! ヽ、
                      ,,.. -‐''"´ {   ヽ   r   i ヽ\       /   : ヾ丶、
                          l   |  ヽ \    l  \!     /       ヽ `ヽー-、_
                        | |      ヽ  \   ヽ        i           ノ /  ヽ、
                      、  | |       、   \          ノ        / / r   ``丶、



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  初めて垣間見えたやらない夫個人の欲求で、エルはなるほど、と深く頷いた。

  自分が両親や住む場所を失った時の喪失感、それに近いものを彼は経験している。
  ただ自分はそれを復讐心に変え、やらない夫は別のものに変えただけなのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
629 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:36:00 KHv/Msrg
四144.



       .:': :/: : : :/: : : : : : : : ::: : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : :. `ヽ
     /: :/: : :./    : : : : j::: : : : : : : :!: : : i:.. : : : : :  、   \
     ,': :/: : ; '  . . . : : : :!: :.j|::: : . . .   !: : : V::.     ヽ    ヽ
    ,': :.i: :,:'. . : : : : : : : : :i: :/ |::|: : : : : : : |ヘ: : :.V:::. . . i...   ヽ   `、
   .i: : i.:/: : : : : : : : :_;,,;/:_/ .!:|: : : : :.l: : | v‐'个-:.、: :V::. : :Vヘ丶、 `、
   j: : l/: : .::j: : : :':´: :./l:./`゙ !j: : : : :.!: : l`'゛V: :.!::::::. : :.V::.: : V:ヘ  \゙、
   l: :./: :.::::j: : : : : : :/.j:/   :||: : : : ハ: :.j  ∨:.|V::::. : :.i!:::. : :.!、:゙',   `
   !:./: .::;:イ: : : : : :/_/゙-―  |!: : : / !: !--- V:.| V::::. : :.!::::. : :!`、!
    !:l: :/_:l: : : : r主圭王羊 .|: : :/  :|:.E玉圭主ョ∨::. : j:::::. : :! Vi
    lj:/|:./ i: : : : :У.|:::::;;;;::::|  l: :./   !:,!|::::;;;;::::,!/ λ::: : :!:::::: : l   ゙}
    }': j: ヘ !: : : :∧ !V  С  !, '   j/ lV С  /:::i::: : l::::::: :.j
   l: :l: : :゙|: : :∧::l ヾ、__ツ /'      ヾ、_,ツ  ,'::::::i:: :ハ:::::: :,!
   .!:.!: : : |: :/:::ヘ::i  ‐''"´      、   ``'''‐ ・ i:::::::::!:/ !::: /    「未来………」
    !j: : : :.|∧: :::ヘ:j.、  ' '           ' ' ,ノ::::::: l/  |:::/
    li: : : : .::|ヘ: : ::ヘi:::;>:...,_    ´` _ ,,. ,-::''゙:|:|:::::: : :!   !/
    }: : : : : :|::ヘ: : : ヘ .   {'゛`` ''''' {´| `ヾ{::::::::::!|:: : : :.|   '′
   .!: : : : :,:-<゙、: : :.ヘ  l ー-、  ,-l    `フ7||: : : : l
   l: : :./   ヾ、: : :ヘ.  !'´ ̄ ̄ ̄|   // |l: : : : l



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  それがたとえ青臭い理想だとしても、
  グラナダでは窮地を救われ、実際に絆を繋いでもらったコナタは分かるよ、と頷いた。
  今は完全ではないのかも知れないが、それを目指して歩むことも尊いと思うから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
630 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:37:06 KHv/Msrg
四145.



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入      (ねえ、君はこれまでに何を………
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,     誰を失ったの?
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l     家族?友達?仲間?
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l    それとも―――)
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  また、目を伏せる雪華綺晶は知った。
  女性の冒険者が戦う事を嫌う考えを彼が持っている事から、その中に女性が含まれていたのだと。

  それが彼にとってどれだけ大切な人だったのだろうか、と考えるだけで胸がちくりと痛む。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
632 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:38:00 KHv/Msrg
四146.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  三人共に感じ入るものがあったのちに、この中で一番の大人が言った。
  それを言うのはやらない夫と正反対、暗い感情で歩む自分の役目だと分かったのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                           .  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
                            / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
                           ./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
                             |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
                             | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
                             | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
 「それがあなたの選択なのですね?       |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
                                |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
  最悪、ライトを取り逃がして              | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
  宝具を取り戻せなくなったとしても?」        |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.
                                  |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
                                    |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/
                                         l     ` ̄´    l、
                                    ,. '´            ヽ、_
                              __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
                           -‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
                               ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
                             ヽ  \                         / /       | ヽ
                                 \                   /       /     ',
                                   `'ー-  _         _  -‐ '´        /      l
                             /           `'ー----‐ '´         /    l     l   !
633 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:39:00 KHv/Msrg
四147.
――――――――――――――――――――――――――――――
  低く言い聞かせるような、語りかけるような問い。

  それで取り乱していたと気づいたやらない夫は目を閉じ、
  教えてくれたエルに内心頭を下げてからじっくりと考えを巡らせる。
――――――――――――――――――――――――――――――



                        __
                       _/_,,.......,,,,..ヽ_
                 .,,i_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ
                   /;;|   (ー)(ー)|
                     |;/|   (_人_)│
                      |     ` ⌒´  |
                  |          |
                      .  ヽ      /
                  / lヽ     /
             _/゙ヾヽノ_ヽ  ̄ノ ,r‐;=           「……………」
        ,r‐< ̄´、ヽ、 `ト-====ハ|   ,`v-, 、__
        /    ` ー-`、ー_`、 ,!'``'┴┴ヘ,|/.-'_´.-'  `ヽ
       l         r-ィヽ.}ヽ、__  _,.-ヘ´‐'r-ィ     |
       ノ 、        ヽ_ソ≠====:三===キヲ_ノ     |
       〉、 丶、 _    __,. ゝシ``ー---ll--‐‐ヘゞ‐′    ,. ヽ、
       !、 `丶--'丶、__,ノ  <^^> ||    ヽ,--、 -‐',. イ´
.      }、`_ー_'二フ7'、_}ヽュ__,.., Ⅴ ´ ̄`丶、_,ッ}:::ゝ-二._,.イ
.       〉、_ 二 -ィ′八ヽ ゙´Y          }リ::::::::{'ー--〈
     /ー--‐''´::::::/;;;;;ヽヽ、_>、  ,. -─‐- 、ノレi:::::::::ゝ、ーイ
.     l::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;〉}  Y´       l |;;|:::::::::::::: ̄l
      ゝ:::::::::::::::ノ;;;;;;;;;;;;く ノ   }        { l;;|::::::::::::::::丿
     ,〉:::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/ `ヾ丶ゝ、      ゝ'〈;ヽ、::::::::::`ヽ、
    {:::::::::::::::::く;;;;;;;;;;;;r'、   ,.、`丶` =--=''´'´ ,..ヽ、|::::::::::::::::::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  生体核とされたキル夫の状況だって分からない。
  すでに手遅れの可能性も決して小さくない。

  宝具を取り戻し、妖術師を斃すためにはこの場を通り抜ける事に専念し、
  後回しにするべきなのだろうとも思う。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
634 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:40:00 KHv/Msrg
四148.
――――――――――――――――――――――――――
  ところが、である。
  彼が答えを出す前にエルがその思考を遮った。

  質問をした理由は考えを改めて欲しかったのではない、
  やらない夫に冷静さを取り戻して欲しかっただけなのだ。
――――――――――――――――――――――――――



                                 ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                           .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                           .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
                                 ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
   「すみません、意地の悪い質問でした。        li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
                                    ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
    納得は出来ませんが、                   ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
    私はやらない夫の指示に従います」              ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                         ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                           l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                         ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                   ヽ ヽソ



          __
        / ̄`ヾ:`:.
       {     ゙!:.}
        /:\_,∠.._
   _,. _-_:‐:‐:|: : : : : : : : 、:`: .、
    /´: i.:,!: : :|:i!: 、: : :丶: : ヽ
   /ィ: : : ll. !: : |:!、ト、: : : : \: :i
  .//./: : : ;1! ∨: l|_、斗‐: : : :ド:、
 〃 !: : : {T¬ V:.{. __⊥:ヾ: : l: : !
 '′ |: :.;!:iハ_z=T ゙、:. T不l ハ: l: ;l
   .l :ハl:::i ヾツ  ` ゙ー:i::::ヘ:|/     「あいつはぶっ殺したいけど………
    V  ゙!::ト..,,_  ,、 _,、イ:::::バ'      人助けも悪くないよ」
       l::::|::::::;フフ .,!'゙'l: :/:::::i.
         l!::|//´>'゛_,!:./ュ::::::l
         l};.|i!.j /,,-''.イ/‐¬;::::l
      ./ ゙{、i!/''///     i::::!
      / _,,.-火゙、 '"i    i:::i
      ゙く  ィ、  \j    ,l:::|



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこにはどれほどの葛藤と、やらない夫への期待があったのかは分からない。
  ただ二人は自分達の目的である妖術師を目の前にしても、彼の気持ちを認めてくれた。

  もしも奇跡が起こせるのなら、見てみたい。
  少年が二つを手に入れられる存在になるのであれば、懸けてみたい。
  もしかしたらそんな思いがあったのかも知れない。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
636 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:41:00 KHv/Msrg
四149.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そして雪華綺晶はやらない夫の判断の一因として、
  辛い経験を繰り返したくないとの自己防衛と、傷ついてもなお―――

  否、傷ついたからこそ理想を抱いた性根がある事を見抜いた上で一つだけ注文をつける。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                   ,ィ          ({
              (( _ -=====- ._ ))  __
        _ィ爪ふ_,,,ィ }}  -= - - =-    {{Y ィf=ム
       从{己}))ソミ=〃    _ _    -=ミ{ 弋ソ人ヽ
      ,' と辷イr_ノ     /     ヽ 、__」ト、_ニ彳  }
       {  ノヾイ     /  /      \ ̄  Yハ   ヽ
      / / __ ノ     〃/  ,'     ヽ   ヽ  ハ     ',
    イ  77!    /  {  .i     i  i   |   i! }   }!
    /   // |    ,'  |i  |i   /  :|  | }  i   :| |!   ||
.   /  イ  !   i / |! .リ__ィ/i  リ 八 Ⅴ从  :| |!   リ
..  / / /   イ  i |!/-=≠=く /リ  /-/―-ヾ/   ;{ |   /     「どうなっても後悔だけは許さないよ?
  ,' イ 彡 ハ {i!  l |!r(Y⌒ミメ})  / ,ィチ示ァ_ }ソ  ハ!  i      いい?分かった?」
. / .{{  {リ.川,  | ト八ムzソノ    弋zzン /  i   i!  │
 {  乂  /   リ  i |ハ ゞ辷ツ       ̄ /イ |   |   !
 ヽ    /  /  | | ∧{{_     '     / ,.'z |   |   八     (自己嫌悪と失う事への恐怖心、か。
  \ 彡 /,'   |! !i{ ゝ、   - -_--  ./ /  リ   j ./  ヽ
    } / /   ∧ ヽ   }ト、      イ ,.'  /   八 {!    ヽ、   いつかもっと大きなものを失った時、
    i ,' .,'   /  ヽ  \⌒}r、>-< i ム{ ,イ     \     i   それでも誰かの為に君が立っていられるのなら………)
    / /  ./    } Y.) ⌒)__r- '^Y´ 7  i ヽ     `ヽ、  .!
   ,.'    ,.'  リ  ├ー'´     ))   ム ,∧  }       \,'
.  /    r=、_./_} !_     (  __   _ノ⌒i!   ヽ     Y
 /  /  /   ´ >i ̄`ーtt=''´ ̄`''tt=ーイ ⌒ヽ,, - 、ィ \   !
.,'  ,.'  /      | .!   jo!>Ⅹ<joi  } ト、   Y    V   ヽ. /
  {  /         ! ト、  ⊥ ヒニ=ニイ⊥r 人  .ノ     i     乂
  {!  i        | | `ー'⌒ヽ、__,ィ⌒ソ ,人        V     ヽ
  Ⅴ .|         | |   i   |!   / /⌒Vv/      }\    }



―――――――――――――――――――――――――――――――
  目の前の少年がいつの日か―――
  自分の為ではなく誰かの為に、真に英雄たる存在になると言うのなら
  必ず訪れるであろう黒い予感を感じながら。
―――――――――――――――――――――――――――――――
638 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:42:00 KHv/Msrg
四150.
―――――――――――――――――――――――――――
  エルとコナタにぺこり、と頭を下げ、
  雪華綺晶にはっきり頷いたやらない夫は強く心に刻み込む。

  この選択は自分の独りよがりでしかないのだ、と。
―――――――――――――――――――――――――――



                         , ----- 、
                        / ___ \
                         i.ノ/: : : : : : `ヽ;-,
                     |:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_:ヽ:|
                        | ( ー) (ー ) |
                     i  (__人__)  i
                      , -!   `⌒ ´   !-、           「ありがとう。
                     |、ヽヽ       / / |...           みんな………」
               ,  ―;;;;;;;―´ | |、` ――― ´.,| |  `-;;;;;--
             / ヽ   ▽  ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /  ▽/ \
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |       \  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´  <^ ^>  |         `ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´....   Ⅴ   |         ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i;;;;;ヽ. ヽ              /  ,/;;;;;;ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::/;;;;;;;;|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|;;;;;;;;i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|;;;;;;;/    |         |   ヽ;;;;;;;.!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i;;;;/\     !         !   /ヽ;;;;i――――‐ ´i
       .|------i   .|/   `ー―――――――― ´   .|   .r‐‐‐‐‐|
      .|    .|    .|         / :::::::::::::∧          |   .|    .|



―――――――――――――――――――――――――――
  その結果、どのような宿命が生まれ、どのような因果が巡り、
  どのような結末を迎えるのか―――

  今は誰にも分からないとしても。
―――――――――――――――――――――――――――
639 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:43:01 KHv/Msrg
四151.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  とにもかくにも方針は決まった。

  具体的な手段が短時間の内に出ない限り、
  やはり上を目指す方針に切り替えさせるつもりの雪華綺晶は剣を抜いて集中を高め、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



              ,.ィ ーュ.
           r=}7´ . : ハ∧
           l! //, . :l! 」l|i :∧
          } l rッハrt_j,k: :∧
          / :ゝゞ' _ /: :ヾ《            「で、どうするのかな?」
       __.「¨!彳> イハ_,、 : .`ヽ
    ‐=f」」」j| |三三三三三三三三三三三二>
         ⌒.:!_」ト.   ̄`7{ ,イ: :イ´
        _レ'.::::::}   ,イ .イ {: : : ヽ
       . ´ ..:ト-イ /´ (::::  i: : : r '  チャッ
     / . : /`ー=彳ハ  ヘi  l: : : L .
    《{: :く    _/   }  !: : : : : ハ
     ヾ: :ハ  /´     /、_ム : : : /
     ノ}/ }  \   ハヽー ': : : {
    / `ー=彳⌒ー1,ィ彳: : : : : : ノ
    `ヽ : : : :ト∨{:::::.  : : : : ; ´
        },イ: : | X |::::∧x ∨て
       ム,: :| X l::::::∧x:.∨{`ヽ
         ) l X |::::::::∧x為!
           | X i/´  ⅥIIi
          l X |     ⅥIi
          | X i     Ⅵi
         l x :|      Ⅵ
         |  i|      `
         ゞ彳



.  /,/;:;:;:;/;:;:;/;:;:;:;l;:、;:;ヽ;:;:;:;:ヽ;:;:;:ヽ;:;:;\;:;:;:;:;:;l;:;:;:;:;:!`'\
 / l;:;:;:/ //;:;:!;:;:;ヘヽ;:;:;:;\;:;:;:\;:;:;\;:;:ヽ;:;:;:;:!;、;:;:|
./ /;:;:;/ //;:;:;:|ヽ;:;:'、;:;\;:;:;l;:;ヽ;:;:\;:;:ヘ i',:;:;:;| ヽ:;:;i
  |;:;:/l;:l/;:;:l;:;:!ヽ\.\;:;:\ヽ、\;:;:\ ', | i;:;:;i':,::\|
  | /;:;:/l |;:l;:;:| i´ f::::j 、\;:\ ,rt:::j フl .! |ヽ:! !;:ヽi\
  | ヽ/ |、ヽヽ { `=‐' ヽ|`ー ゝ`ー=' l ! |;:;:;l !ヽ\- ゝ
  |  |;:;l ヽ\ ヽ                / | i;:;:;:!.|:;::|:;:!
     |;:;l |\ヽ_,ゝ     i         / ,! :;:! !;:;:l;/
     | ∧ |;:;:ヽ' 、      ` ´     /|/ l;:;:;ヘ;:;:i
     |/ ヽ ∧ヽ,\  ‐‐---‐‐   イ/;:;:;:|;:;:/ ヽ!.        「万に一つの可能性になりますが。
       |/ |∧| \         / .| / l/;:;:l
         |'  l   ヽ、   /   l'/ ヽ/           身体を動かす生体核とは別に、
              l     ` ̄´    l、               命令を与えられている制御核がどこかにあるはずです。
         ,. '´            ヽ、_             おそらく、こぶし大の大きさですが………」
   __ ,.. '' ´   ヽ          /   `'ー- ..__
-‐ '´ {´        ヽ       /         `}  ̄ 'ー- 、
    ヽ          ヽ       /          / /     ヽヽ
  ヽ  \                         / /       | ヽ



――――――――――――――――――――――――――
  可能性はゼロではないが、限りなく低いとエルが告げる。
――――――――――――――――――――――――――
640 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:44:28 KHv/Msrg
四152.



                         __
                    /    \
                      |\_   _ノ .|
                      |( ●) (●)|
                    _| (__人__) |
                ,-ヽ、ヽ `⌒´ />..、
                   r ´::::::,::-ヽlゝ  /ゝl:::::::`>、
.                /:::::::::::\::::∧ ∧ /ヽ|::::::::::::l           「制御核!
            / ::::::::::: 「´:::::/∨ `|:::<゙:::::::::::::\          動きを止めた後に
           /:::::::::,/| ::| ::::/ //  |::::::/:::::::,、::::::::::\         それを破壊すれば良いんだな!?」
           /:::::::::/   | ::|:::/ . |.| /|::::/::::::/ .\:::::::::\
.       /:::::::::/   /::::|/  |.| /|::/ :::: |     \:::::::::\
.       /:::::::::/     | :::/`  |.|   |/ :::::: |      \:::::::::\
    /:::::::::/    /´:::/    |.|   |::::::::::∧      \:::::::::\
.  /彡\ /     /:::::::::/:l.     |.|   |::::::::::::∧       \::/ ゝ、
  (/\)/      /::::::::::::/ ::|   // . ∠|::::::::::::::∧        | l, , , , |
  /ヽ/゙´     |:::::::::::/ ̄|    .|.| ―‐|::::::::::::::::∧        `' ̄ ̄
. / /        |::::::::/   〈   二|.|二´ ∨:::::::::::::::`\
/ /         .∨ /   ∠、_/l\__∨:::::::::/ ̄
 /         ∨   /::.::::::::::::::リ:::::::::::::::∨/


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  魔導兵の戦力は未知数だが、力尽くなら何とか出来るかも知れない。
  戦力の必要分はどのような消費、消耗を以てしても自分が支払ってみせる、と
  やらない夫は気合いを入れたのだが―――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/      「違います!
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ
         /\          /ヽ- '           魔導兵の破損が進むと
       /   ヽ、     _ イ               生体核として融合されているキル夫にも
      /      ヽ、  Y                 負傷や打撃が連動する可能性があります!
     /            ー┴、
.    /               |                魔導兵には極力被害を与えずに
   /            \     |、                制御核のみを破壊して下さい!」
    i   /        \     ハ



―――――――――――――――――――――――――
  勘違いしないで下さい、と強い声でそれを否定された。
―――――――――――――――――――――――――
641 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:45:19 KHv/Msrg
四153.



              (:i′
              ヾ:、, . . .-:¬_,,.. -.―: : - : 、
          ,.-:':"´: : : : : : : : :!: : : : : :‐=、'''' ``
       /: : ハ : : : : : : : : : : | : . .     `ヽ
.     /.   (,ノ . . i : :! l : : : ;|、:ヽ    `ヾ 、\
     i: : : :!: . . . . ,l : :ハ:!: : : ;.|`、: !: : ヽ: : :.`、 `ヾ:、
     l.: : :.!: : : :_;ム:、/ .li: : :./j ,.x‐ト: : :゙!: : : : :.
.       l: : :.|: : : :./ |:/  |! : ;イ:!   ヽl゙、: : :!: 、: : :i
       !: : :l|: : /ェ土ニ、|:/ リ ,ニ≧ヵヽ: :l: : },: : l
      l.:/r|: ∧「代ル| |/    代り,!/l: :l: : j i.: j
      ,!',{ |/: : i ヾ上!     ヒシ l.:.!:.l: :.,' l :!    「………いやそれ、無理だよ」
     /イ:ヽl: :、:.i          ・l: :lイ:./  リ
      |: : :l.: :マト.、  r_―ュ  _ , ィ゙|: : :l'
      |.: : :}: : V!r;ク`: ェ_<「:::::::,':lj: : :l
       |: : :.|:l: :ヘ''ハ    j  \:,'::;イ: : !
       |.: : :,:ヘ: :.V!ヾ´ ̄`l   ゙lト!: :/  l^i /)
        |: :,<\ヘ :Y ゙、   l   ll l: :/ /マ ノ'゛∠- つ
        !: iヘ.ヽ、`l: :! `、 ,!   ll ,l.:/ ∧ ヽ、 ‐'二 、
      l: :| `ヽ、゙l: :!  丶 l  〃 レ ∧`:、 \ ‐=ニ′



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  数秒空気が凍った後に、出来るわけないじゃん、とコナタがあきれ顔で言ったので、
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                      ,
                                     ,r/ ,;-ー_
                                   /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
                                   ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
                                   ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
                                //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
                          .       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
                                 i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
   「知ってますよ!                  l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
                               !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i
    だから『万に一つ』って                l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、     l::::!::::::::::;::i
    あらかじめ断ったじゃないですか!」       !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
                              .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
                                  i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
                                   _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
                             ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
                             /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
                            l   \      \  '     //          /    i



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  全く同感だったエルは、だから言いたくなかったんですと金切り声を上げる。

  言わなかっただけで彼も、味方の戦力と自分の持つ情報とを組み合わせ
  可能な限りの検討をしていたのだろう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
644 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:46:04 KHv/Msrg
四154.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そんな二人を余所に、やらない夫は諦めようとはしていなかった。

  制作者がひねくれ者でなければ、だが、
  人間の心理からして人型の制御をする部分であれば、頭部か胸部に配置する可能性が高い。

  最悪二択、或いは二回で仕留めることが出来れば、と
  その中心を見定めんと魔導兵を睨み付けている。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |      「何とか制御核のある場所を
              `               |       調べられないのか?」
                             |
                               |
               ヽ             |
               |             |
.人                /             |
646 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:47:00 KHv/Msrg
四155.



        ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./    「外見からは無理だね。
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /      キル夫自身が教えてくれれば良いんだけど」
  /,,_   }li ゝ、i, )).      .lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_. ⌒",./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  洗脳されているのと同じだろうし無理だよねぇ、と口をへの字に曲げた雪華綺晶に頷き、
  エルは盗み見の受け売りですがね、と母の研究から知り得た最後の知識を告げた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/       「魔導兵は理力魔法を強く遮断し、
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ        魔の戦技も殆ど効果がありません。
         /\          /ヽ- '
       /   ヽ、     _ イ                 他体系の魔法はそれほどでもないようですが………」
      /      ヽ、  Y
     /            ー┴、
.    /               |
   /            \     |、
    i   /        \     ハ
    |  /          ヽ   |
    |  ,'             }  |
648 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:48:00 KHv/Msrg
四156.



           / '´  `ヽ
         //
          !i     /:ヽ-.‐: : :ニ二=‐
        ゙、 ,. : ':": : : : : : 、: :、 _ .`.ヽ、
          ゝ゛: : : : : : : : . .:i、:ヽ: :`ヾ、_:.\
       , ':i: : /: : : : :ト、: i: : :.i x-゙i: : : :.ヽ ``
       /: :.!:/ . .,.-|:.| ∨!: : :l ヾ:i,: :ヾ:. `、
.       i  }l. : : /: i'| |  !|、: | _,,⊥!: : i;::: :`、
        !. : :l: : : : : :! |:|,,.、l|ヾ:| 彳ハ`ト、:.|`ヾ:.i
       l: : !: ;l: : : :!ッi"、ハ   リ  、_j! l ヾ!  ヾ
         V:|:/:.!: : :!ヘ' 、__j!    `゛ ・|i      「エル、制御核にも
       ヾ": : !: :,! i `''"   。  /:|       精神の精霊が居たりしない?」
          i: : !: l ハハ.___,./)|:: : |
        |: :!: : {: : :ヾ;| r く,/ ム:.!: : |
        j:/: : :∧: : : :\ヽ_ {.:ト: :.!
         l/: : /==`ー、: <!三ミミヾj Υ
        /: : : |====≧シl二`ヾミミ}|
         /: : : : !、     |   `ヾミ! !、
.       /: : : : : :}ヽ     |     ノ`ヽ`、
       !: /: : : :.∧」:、         /   ,l
      l: /: : : : ;': /.ハ \    ,/   /
.     l.:,!: i : : :i!:.(  \_〕ト、_ノl_,.ィ'「
     l:.!|: :!: : :.!|: ;>、    |`ァ''^ヽ |く



―――――――――――――――――――――――――――――――
  生体核を押さえつけ、命令に従うぐらいの知能があるのならば
  感情や精神があっても不思議じゃないかも、とのコナタの閃きには、
  すでに試していたエルが無念そうに首を振る。
―――――――――――――――――――――――――――――――



                                        ,' i l::::::入:::::::、:::::::ヽ::::::::ヾ ::',:::ミニ-、_::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  .     /,i! l:::ン ヽミ::::iヽミ::::、:::::::::ヽ::',:',::::`ー-`:.、::::::::::::::::::::::::
                                  .     iソl|./      `゙'、` ヾ::::ヽ:::::::'::',!',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  .      l!. l!ヽ、_ ー    ヽ \':,ヾ:::::::'!i'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-
     「試してみたのですが、全く分かりません。          ! 'i!; l|!゙i         ゙'ャ,\、:::::::::::::i::::::ャ::ヾ、:::::: //
                                         li、 l!:i           ヽ `゙Yi:::::::ili:::::i',ヾi;,'//
      あるいは読心の魔法のように、                   ゙!ヽ::`ャ-⊆=ッ-       i:!;:::::i! ',:::l ' ,Y /
      思考の流れに触れる事が出来れば………」           ヾ、,ヘ ァ'`           l!';::::i  ソ! /!
                                              ヽ、          ン'i:リ  リ'/!i
                                                ,'       _,.-'"' ソ   '/il _
                                                  l      _,_'"::::   ゙ ,r '  ̄  ` ヽ、
                                                ヽ、__、シ'゙'"マTミヽ /         `ヽ
                                                          ヽ ヽソ



――――――――――――――――――――――――――――
  そして。
  禁呪でも使えばあるいは、と言う何の気無しの呟きが―――
――――――――――――――――――――――――――――
649 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:49:09 KHv/Msrg
四157.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  ―――やらない夫と雪華綺晶の二人に、とある手段での可能性を思い描かせた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                  ―― 、
                                               / 〉´.,,,,,-----,,,,...ヽ_
                                              / /_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_|
                                           / //〉  ( ー) (ー )  l
                                            l  ´ イl   (___人___)  l
                                  .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
                                  .       /   ハ !.!          !
     (思考の流れに触れる?                   .        /  /  ' ヽ           /
                                         l   // 、ゝ       / ヽ_
      ………相手の心のあり方を感じ取れると言う        ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
      雪華綺晶の力なら、もしかして………)     .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                  .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                      / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                  .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                  .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                    /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



          ∠乂ニヅ´             ヽ、_((_
           /{{  (( /               ∨辷ヘY `丶
         ′ / )) ′  .′!    l |  `   弋ニツ` ヽ ヽ
        /  / / / ! |  | l| i l |l | !   l|  | ))ヽ  |  |
       ./  / ,   ′!  )) | l| i l |l | !   l|  | ((  l  !   |
      /  / /   l! | |{{ | l| i l |l | !   l|  |   il  l   |
.     /  / /    ! ⌒\ト| l| i l |l l /⌒l|  |   il  |   |
     ′ ,'  l  |  l|ィセニミベ}从八|ノ|lィ彡=ミ l|  |   il  l  |
    /  /  Ⅳ八从K( くノ 》       { ! } 》lN从   i  |   |
.   /   '     l   !ゝ二_ツ         :.=' 彡i|   !   :.  i   i
   ′ /    ノ  ∧ ((     .:i          l   i    l  l   |
  /  /   /   / ∧ ))             ハ  !   .|  l   |
  ,'  /   / , 〃 / i、     r―‐ュ      イ i |    {  ヽ ヽ
ノ  ノl   ,'  i /  /  l| ヽ    ` ̄    /_ ! i 八   丶  \
{ / l!   i  l./  /   i _{> 、     ィヘ /.i  ゞ ヽ
i,/  ノ  /( 〃 ノ    .i ト、` ̄} r'⌒ーレ7 イ ハ     \   ヽ
′    /  ゞ  (r‐、  / ノ  ̄不´>   / 〈  ヽ     ヽ
 / / √~ ゙̄ ̄’   ̄ ̄ `  {「ヽ√     `ー 、_, ,..-―‐¬,



――――――――――――――――――――――――――――――――――
  しかしやらない夫は見た。
  その瞬間ハッと息を呑んだ彼女の表情が、紛うことのない拒絶だった事を。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
651 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:50:05 KHv/Msrg
四158.
――――――――――――――――――――――――――――――――
  その能力が彼女にとって重荷だと知っているのに、頼めるわけがない。
  たとえこの状況を打破する可能性を秘めているとしても、
  雪華綺晶に負担をかけるような真似はしたくない。

  なんとか別の手段を考えようと、拳で顔をごしごしと擦って
  今の策を頭から追い出そうとした時、
――――――――――――――――――――――――――――――――



                                                    , ´  ̄ ̄ ` 、
                                                   /        ヽ
                                                     /    _,ノ_ `ヽ-、
                                                 /   (√丶丶´v 〉
                                                  ノ U   { )     j
                                               ,.イ 、    V     /
    (………やってもらう訳にはいかないだろ)               _,/(:::ヽ.ヽ   {     r
                                     _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
                                    /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
                                   丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ        r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
           |  良いよ、やるよ。  .|       / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
           乂_________ ノ       / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,



―――――――――――――――――――
  雪華綺晶の淡々とした声が割り込んだ。
―――――――――――――――――――



          .r-、_,, - ''´ ̄ ̄``'-、, _,,
        〆´__t=lニニ     ̄``'ー l .\
        l __,,fゝ }==-     --==--r-,  l
       l  /   i ,    、     i`ー'l  li
        l ./ | i i l i l i  l l .li l i  |、l l .l、
      / ./ l .l ll l l  l l  l .l l l l i /l l l/. }
       ノl 7 ll  l l.l l l _!_ l ((l l .l l l/ i  l l λ
     7λli  ` i lヽli.ノr-. 、=l))l .l l l / ./ l iλ .| `ー、
  . / i l l   i l lく レ` r′lⅥ V7l l  l li 入乂  l
   /  l/ヽヽ .! i (( F、,,i_/ '   ヽ{li l.i λ .|ヽ`l l      「私なら探れるかも、ね。
  l  ,  l  i l lヽ! !l.ゝ、   -  ,,イll./、.l.i   i  i .l .入      試してみるから接触出来るようにみんなで援護して?」
  .l  l l  l__l l } i i┌>- , イ´└l {./ } r-, .l l   `ヽ,
 λ  i .l、 入'´|Ⅵ λ、_)  つ   7l l / l-z,) !、 .l ヽ  l  l
..7 ` .7 l ../   フ / .l lーz )´乙__凡\ll .l   .ハλ l  l  l   (馬鹿だね、君は。
    { .Y    {.! l__.l l/´   \ .| .| .l } }   / 入.  .l  .l    今ここでそれを天秤にかけるなんて)
  /  \.\-、...._i .y L >i_f‐ァ< ,l、_f// /____ ./ ;  l  l  l
 i      l ゝ  ノ }     `'''゚と- /i l l   !、!l   ヽ ヽ 入
 !     l l  / /     て、ろ  !l l .l-- ,, 《 .l    ゝ, `  \
652 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:51:01 KHv/Msrg
四159.
――――――――――――――――――――――――――――――
  その声で、やらない夫は自分がどれだけ甘かったかを思い知って
  恥ずかしさに顔を覆う。
――――――――――――――――――――――――――――――



       ───- 、
    /      ,-‐- 、
   /       ,-`-- ヾ、
   |       ,-‐ー-、`ヽヾ
   |       `ー--、`ヾ' }
   |      .--‐一ー、’ " }       「ああ、くそ………!
   |      ゞ-一ヽ、   /        なんて俺は腰抜けなんだ………!」
ノへノ          ノ   i
、::\\       r´    ゝ,、       (なぜ自分から言わせた!?
ヽ:::::::\\ヽ __  ヽ、_  / |:::ヽ      どうして、俺が責任を負わなかったんだ!)
ヽヽ::::::::\ヾ   >´ヽ、/   ノ::::::\
::::\ゞ::::::::ヽ`>、√:::::::ヽ、 /:::::::::::::::: \
:::::::::::`‐ー-Y;;;_ヽゞ)、__ゝt__:::::::::::::::   \



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  他に選択肢があるわけが無い。
  なのに仲間に、特に女性に負担を負わせる事に怯えて言えなかった自分が情けない。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



    `ミレ_____/三ニ   -    ヾ ミヽ___
   _ _ >//K/f´               \ `ー`ヽ
   `゛=っノノ                   ヽ  `| |
    / >/        /    ;  ;      |ヘ  | |
   i´   /  ,     ,  / /   |  |  ;     | |  | |
   |   /| ; |     / / /  ; __ノ=+- 、|  ;   | |  | |
   | ; | || | ;___ . | | /i  / //_/__ ノ`ハ |  | | | |
   | |  | ヘi  ||`iレミヘiハli // //,=テ=ミノl ノ ノi l  | |      「君の手助けになるのなら、
   | |  i ミ  |ト i ilト哀ノ>イ´ ´f::::::ハ jメノハノ//i i  l l       キル夫を助ける事が出来るのなら………
   ;| |   | ヽlヾミfニ及彡ノ ,  弋:.:ソノ /y/イ l    |
   | ハ   ヾ  ト゛´-Z/        ノ l  i  ヽ   |      なんてこと無い、よ」
   |ノ i   |  | `>`)  ー -   /;;;ill  | | ヘ   |
   |  |l   |  | //ト=i-= 、_ _ イミノil l |  | |     |
   |  ||  |  |ソノ/ノつ= ≧≦三ハ_ム  ilY      |
   /i  . l  | | |-ミ彡ー-゜/ii iiヽ`、ミrル  ) li      |
  / li  l i  l ノ/   `/oフ> `´<l oヽ  ノ  il     |
 /  i il   //  ヽ -ノo/< <> >ioヘノ/       /



――――――――――――――――――――
  その笑顔に潜む覚悟がどれほどのものか、
  その言葉の重みはいかほどのものか。
――――――――――――――――――――
653 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:52:00 KHv/Msrg
四160.
―――――――――――――――――――――――――――――
  それを受け止め、自分の責とせずに何がリーダーか。

  時には仲間に負担を強い、傷つける事があったとしても―――
  選ばねばならない時がある。選ばねばならない事がある。
―――――――――――――――――――――――――――――



                ̄    、_
          ´     __....--‐'''"´: :\
       _/_....-一'''"./ : : : : : : : : /ヽ
  ,.x‐て/: : : : : : : / : : : : : : : : /: : : :ヽ
 /::,;:/そ|_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_:_:_/_:_:_:_:_:_:_|
./:/V   l              ,‐-,.._ ゞ
.V.     l              l 弋心 l
.     l              冫.ー く
.     l               l    ノ!
.      l               `ー‐ f r'   「すまん。
     l                  ノ'     そして、頼む」
     !                     /
     ,'                   /
   ̄ `ー -               /
          `  、        /
  :.:.:.:.:.:...        、      /
  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
  ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
      ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\



――――――――――――――――――――――――――――――
  それを刻み込んだやらない夫にゆっくりと首を振った雪華綺晶は、
  十分対価はもらっているよ、と言った。
――――――――――――――――――――――――――――――



                                    ,ィ'´ ̄ _  _ ̄ /⌒゙ー .、
                                   /,ィ==‐'    ̄    イ ヽ、ヽ ヽ  ≧ 、
                                  /ィュリ    /         ` 、 ヽ    \
                                / (弋ソ     '       ((_,、_ ` ー.、   \
                                 l  ))≧=‐'      ヽ   ゞ少 ̄`ー   \   ヽ.
                                / ((   i!  l    l ヽ ヽ ((ヽ  ヽ ヽ  ヽ    l
 「ううん。                         /  l.`l   i! l l!  l! l .ll lヽ ヽ.. )) ヽ  ヽ l   ヽ!   l
                              〈  .l .l! l l! l l!  l! l l l l l!  ヽ l ヽ  ヽ     l  l
  私にとっては、                     ∨ l l.l! ll l! l l!   l! l l l l l! l. ヽ.l  ヽ!  l     l  l
  君が覚えていてくれていた事の方が大きい。   ∨. l .l l! l!l l l! l l! l l l l li!.l! l   l!  l .l  l    l.  ∧
  信じてくれていた事の方が嬉しい」          l!. ∨.i! l从斗、 l l ll!l/!、!l l从l!   l /!  /  l   ヽ.  ∧
                            .   l l  ヘ!从イン仆、.l! l l l 、___, l l  /   /  l l    \ \
                            .   / .l  リ/`ハゞ薔ソ        ̄ |   /   /  / ヽ      \ ヽ
 (でもね。                         /  l /  ./_ゞУ `、_     |     / ./  ヽ     l  l
  そういう君だから、私は―――)        .  l.  l.l´ r‐、ノ `ー'`ー、、` ´ , ィ'.リ   /_,、 r―yヘ. ヽ     l  l
                            .  ∨ l l .|ヽ  | /  /  ̄,ィ  |/ ,イく.し'  ´  /  〉 \   l  ヽ
                            .  ヽ .〉ゝl   j   i./ゝ‐^ーッノ     ¨´         (_,、   \ !   ` ー
654 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:53:00 KHv/Msrg
四161.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
  そこへ、戦闘開始前なので二人の世界に浸るのはほどほどにして下さい、と
  空気を読んだのか読まなかったのか分からないエルが口を挟み、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                        /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                     /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                       /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                     ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                     /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
 「………自分達の事を話していない私達は、       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
  きっと事情を聞いちゃいけないんですね?」             i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
                                      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
                                          ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                 ``ヽ、 //  〃         ヽ



          _  、  _  __  ,r __
        ,.ィ´yヽノ)'´  `´    `'ゞ、イyヽ.ヽ、
       / 辷_ソ            辷ツ) ヽ
        /l  )) ゞ=-'/  l l  l l  、 (( 、ゝ=-' ヘ
     / l '´ l   l l l l l l l l! l  ヽヽ` 、 ヽ  ヘ
     ,'  /!  l   l l l l l l l l ll 、 ヽ l l! l',   ヘ
    ,'  / l  l _l l!(( l l l l l´l`l' 、 l l l! l.ヘ  ヘ
.     ,'  ,' .',.  l´ ̄/示´`ヽl从!ィョョュ、、l l /lヽl ヽ   ヽ    「分かってるじゃない」
.   ,'  ,'   l  l   〉jY リノソ   辷ツ' l! '´  ヽ ヽ  ',
.   l   l  ト、  ! ゝ-、ノ_ノ '    ̄ !l   l   ヽ. ',  ',
    !   ! / ヘ l.  ヘ、(( ー ‐ _ / l l  l    `ヘ  ヘ      __
    l   l /  ∧ ヽ ヽr‐`z,ィ'ー'´ノ`´〉.l l  l  ヽ    ヽ  ヽー‐‐ ' ´    `ヽ、 __
    l   l'  ./ ヘ ヽ ヽ ヽ /〉ノヽ___`〉、 ヽ、_  ヽ   ヽ   \ _, -‐-、 _, -‐ '´    `ー- 、
    l  l   / i´ ヽ   ヽ_ノ 〉__/。l、ノ´ ゝ--、-、ヽ ヽ   ヽ   \__, -‐'´ _, -―、―――-、 `ヽ
.   /l  l ./ r‐'‐t‐ヽ   ヽ><.l。l r‐/`ー‐十 ヽ ヽ     ヽ    \ -‐ '´    l      lヽ l
   l l  l / ヽ  /ヽヽ   ヽー'`ー'´ノ  l /`ー-、 ヽ   ̄ ヽ     `ー――----、_    / /
   l l  l'  /ノ  `/`/\  \ ヽ〈 ノ     /、  \    \      _, -―-、 \ //
   l l  l 〈   ゝ / 、 \  \ ノ /  ´t‐‐'     \    `ー― ' ´      ヽ l'´



――――――――――――――――――――
  くすり、と微笑む余裕が出来た雪華綺晶は
  話の見えない彼の追求をさらりとかわす。
――――――――――――――――――――
656 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:54:01 KHv/Msrg
四162.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  不満そうなエルが再び口を開く前に、時間がもったいないとコナタが行動を促した。
  こういう時に彼女の固執しない気質は非常に頼もしい。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――



     _____    _
    `ヽ、:_:.:.:.:.:`ヽ,ィ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
       `>: : : : : : : : :.:.:.:.:::.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
        /: :,ィ': : : : :/ : : : : : .:|::.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       /::;//:.:.:.:.::::/:.::::::::/:.:.:/|:.:.::::.:.:.:.:.::|:.:|:::::.:.:. ヘ: : : : `ヽ、.:.:.:.::ヘ
     j:;/ /:.:.:.:.::::/.:.:::::::/:.:.:/  |:.::::::.:.:.:.:.:|:.:|ヽ、::::.:.ヘ.:.:.: .: : ハ::.:.:.:.:ハ
      ´ /:.:.:.:.:.:::::|:.:::::::/::.::/   |.:::i|:.:.:.:.:.:|:.:|  \::::.:ヘ.:.:.:.::::.:.::ヘ:.:.:.:.:}
        j:.:.:.:.:.|:.::::|:.:::::::|:、/    |:::|:i :.:.:.:.:|::|    Χ:::.|::.:.:ヽ、:::.::ヘ:.:.::|
        |:.:.:.:.:.|:.::::|.:::::::::|:.;|\   |::| |:.:.:.:.:.|:|  /  |:.:.|.:.:.:.:.:.ヘ:::::::ヘ:::|
      |:.:.:.::/|: ::::|:.:::::/|;/__ヽ、|:| ∨:::ヽ|j/ ___.|:/.、.:.:.:.:.:.:.ヘ::::.:ヘ|
       |:.:.::/ |:.::::|:::::ハ. }テニ弍オ|:| ∨:.:.::|  テニ弍オ7|:\:.:.:.:.:.:..ト、::ヘ、
      |:.:/   |:.::::|/:::λi |o:tィ::;|`  ∨:::|  |o:tィ::;| '|:::::::|\:.:.:.|:::\::〉
      |:/   ヽ、::::|.|::ハ 、i込:沙     ヽ:|  !込:沙 |:::::::|ノ::`ヽ|::.:.:{`    「何でも良いから早く!
        i^ヽ    ヽ:|j::::::j       ,          ’ |:i::::.|:::::::::::.::.:.:.|     時間は無いんだよ!?」
       | ,|       |::::::::l、                 , ':|::|:::.:|:::::::::::::::.:.:|
        j. |       |: ::::::|:ヽ、     Δ     ィ´:::::|::|::::.:|::::::::::::::.: :|
     j^ヽ、.|/´j   |:.::.::::|::|  `>‐ ァ -- -‐ "/    |:'::::::.:|:::::::::::::::.:.:|
   /^ヽ ヽ_〉 /   |:.:.:.::::|::|ィ´   |       /    |:::::::.:.:|`‐-、_:::.: :|
   〈___,>-'´  } ,-‐|:.:.:.:.:::|:|      |-─‐-、/      |:::::::.:.:| ,/ / `ヽ::|
   `ヽ、   ,ノ /   |:.:.:.:.:::|:|      |    /     |::::::.:.:.|/ /   .ハ



        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |
     (`⌒ ´     |              「よし………!
      {        |                                 フライト
      {         /               俺が囮になる、雪華綺晶は飛行の魔法で上空へ!
       ヾ      /                エルとコナタは遠距離から撹乱してくれ!」
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ



―――――――――――――――――――――――――――――――
  改めて指示を出したやらない夫にも、らしさが戻りつつあるのを見て、
―――――――――――――――――――――――――――――――
658 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:55:00 KHv/Msrg
四163.
―――――――――――――――――――――
  三人の返事が一つになった時、
  五人目を取り戻すための戦いが幕を開ける。
―――――――――――――――――――――



         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, ))   、 __フ  lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l



                                    人人人人人
                                   <        >
                  \ー-- 、,,_ー=ミ‐-..、       <  了解!  >
             ___ミ::::::::::::::::`¨ミヽ、::::::ヽ.      <        >
          <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ      Y`Y`Y`Y`Y`
               ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、             /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           ー=ニ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::ハ             /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
        --─==ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾミ:::::::::::}      .       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
        ,,ィ彡:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡イハ::く             .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
      /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::l::::::::',          |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ
     /---─ァ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/:::リ:::::::}ハ         |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
          //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::ツ<彡'/:::;イ::::::::::l:::|             r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
        /::::ィ::::::::::::::::::::::::::,ィ/  ¨''=イ _,イ:::イテ ::::::::::ハj          |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       _,,イ//:::::::::::::::::::::イ/ |       ノ |¨ .::::::イ/           'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
           ∠ イ:::::::::ィ::/ .|          、 _」 イ:/.j'              /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
          /イ:/ .|イ   \   ‐--- /|:/              |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
            __ イ   j     \  ゙゙゙/  .ソ               {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
         /\          /ヽ- '                     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
       /   ヽ、     _ イ                  .      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /      ヽ、  Y                          /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
659 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:56:00 KHv/Msrg
四164.



    \\                      ___
     \\                  /     \
.       \\                    | \  / |
          \\                   | (● (●) |,,.____
           \\                 |  (._,、_,) jヾ/::::ヽ、,,,      ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人_人_从从人__ノ
.             \\              |  {:::::::} ム/:::::::::::∨/`ゝー....、<                               >
                \\           ヽ、 ̄//´::::::::::::::::j//::::::::::<  聞いてくれキル夫!俺はお前を助けたい!  >
                \\_,∠>        `/:::::::l!:::::::ヽ::ヾ::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;<  文句は後でいくらでも受け付ける!       >
                 ,>X;,;く、          /:::::::::j::::::::::::!:::::∧ノ´    <                               >
                  <;シべマ;ゝ、     ム-==¬、j;;;;/        Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒Y⌒WY⌒Y
                         `マ;;ゝ、r― 、  k:ノ:⌒:ヽ::/;;;く
                        `マ';} レ ヽく:::::::::::::::::::!;;;;;;<
                            `>ー/ /  ヾヽ:::::::::::j;;;;;;;;!
                      く__ ヘノ__ノ }}:}::::/L;;;;;(
                          `ヽ<>く;j::j/::ヽ   \
                         ノ´::::::::/::j;;ヽ:::`\_ノ::::ゝ
                             く:::::::::::/:::::人;;:::::::::::::::/\
                          /:::::\::::::::::/;;;;ヘ;;:::::::/::::::::::::ヘ.
                      /:::::::::::::::::ヽ/;;;;;;;;;;;;;ヽ∠:::::::::::::::::::::ヽ.
                  /:::::::::::::::::::::::::::>"´    `ヾ;:::::::::::::::::::::ヘ.
                 /:::::::::::::::::::::::>"´         \:::::::::::::::::::ト.、
                 ノ;;;;;;;;::::::::::::/              \:::::::::::::j;;;;`ゝ、
                    /;;;;;;;;;;::::::::j/                    `゙<;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                   /::::::::::::::::/                     ``ヾ、;;;;;;;;;;;ヘ
                  /::::::::::::::/                               ∨;;;;;;;;;ヘ
                /:::::::::::::::/                             };;;;;;;;;;;;;;\
              /::::::::::::::::/                            ``¬j三三r、
           /::::::::::::::::::l                                ヾ三三≧r、
              /:::::::::::::::::::::l                                 ``=ー"´
          ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
           ,ィj|三彡/
        ,、イ三三三!j
      ,イ三三三彡≠
      ヾ≡≡='''"´



―――――――――――――――――――――――――
  三〇メートルほど歩を進めての宣言。
  全ては命あっての物種だ、と言う英雄候補と―――
―――――――――――――――――――――――――
660 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:57:00 KHv/Msrg
四165.
――――――――――――――――――――――――――
  感情も感慨もなくただ、冷たく無機質に
  圏内に踏み込んだ存在を排除せんとする魔導兵の内、
――――――――――――――――――――――――――



         || .|.|
         | |.| .|      |\            ∧
   |ヽ    ||.| | | |.      \\           /∨
   | `,    | | | | | |        \\       /∨
   l  `、/ ! |j |j         \|      /∨
   l      |                      / /
 |` ,/  ,、/|  |                / /
 |  .,/   |  |                   / /
  \ \    |  !                / ,/   ,,r‐ 、
   \ ヽ,   | |              < _ /   |i!   j
..    \j   .| .|                      |i!,. イ
',        | .|.             fiヽ      ノ  .i
::',           | |               j i! ヽ     i   i
';::',          | |.            r″ ヽ     l   .i
_';::',        {j              」    ',   _|_   i
 ';::',           _, -‐f  ̄ ̄ j  f' ,fヽ /./ヽ  j!      ,,r‐‐‐‐‐‐、
  ';::',        r ´/ ⌒ ゙""¨ ̄.!  ', ヾ、く_7__V′    __,rfi 「l  ̄ ̄i',
  ';::',     /__ ノ ゝノ ィ"""¨ 7''ヽ ' ヾ、ト、¨ ‐-r─ ‐ァイ7i!:! l l ‐‐‐‐i;',
   ';::',      }___! ' ´ `', ヽ-_,イ  ヽ ',  iヾ!', ,.‐-j ,.ィ《_{77ゞ,! l l    l.',',   ___ ___ ___ ___ ___
   ';::',    ィ"´l| ,r,´ヘヽ‐〈/ ,!.   ', 、 j /__/ jィ"rfii{{ゞ、j l l─‐─...',.',   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
    ';::',  i´_   i〈rワ"´   /__/{    /__  /  /. 'jィ| ゙''i i〉イ´  ,l_l〃/´:::::::;r′ .|  コロセ………       |
   ヾゞ::i;リ    `r、"     i!_ i! >-‐ヾ_.ノ' ィ___./ i {,{ i、,,r"_,,, .,,,ffi,,ii .! :::::::::::¨i!  |   コロセ………    .|
   ヾ、;:Vt‐vr、"´ュュヽ、  〃 /^ 、Vゝ「_,V ィi_ .i! .i_,{i! _..ィ「 l iv  ´ ',',ヽゞ=彡i!  |__ ___ ___ ___ __|
     fヽ,,..ハi、r-'‐''"ー'_`ヾ! .〃 、`_""¨¨´/  /./  l゙i、  l ! i    ','r_-‐_彡r'   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    レr〉7ァj'i:|゙¨´⌒i´  {! i′ i'`'' -/   .,′ ,', ′  'i{_"」!ーr≦'¨¨',"_.フ⌒ヽ、j
     `ゞ亥ヌ'-‐…、!.-ァゝ、      ′  i  i′ し _ィ  “/^'rミ:i  _i_ノ
      ヽ 〉     / ヾ″       ____ ー‐ ´'^}  ノ)  ト=ヾ  ヽ
       `′   _,,.( -ァ ^ヽ.,,,_   ゝ-‐‐'    ィ"´  ヽ, ヾミ_ir 、'″
          r ´  _i´//´、ゝ._l>、,,,_,__,,....,zィ_)_)   /_》` 、   ヽ
       __   _ヽ '"‐''!´ /  / Vi._iーァ'ニァュ_7´ 〈V /'rィ'ィ'` 、 ヽ  i!
      ゝハ≦f<i,   V  ./  ∧_  l   l!「 ii.  ',V i>"'´    、ヽヽi!
       'J乏》、_ `  .ヽ/  /  /ヾl   l! l  'i   〉j¨´  ヽ   丶ヾ′
       ヾ゙くヽ ヾ>,、  `ヾ、/, .:r'f0)ll_  l! l  i、_,〃′    ゞ! ィ=⌒ヾr、
        ヽヽ' `^ヾュ.,,_/ク 、ゞz彡Vjベ、l、z=ニ>"    ,..,r 〈"´ i'"f`´i ', l
         ヽ´   /{_亡!fニコt!',、  ,,>ミ.._/´ '7'..  /,く> -i! ,fフ"ヽ',',i!. リ
          `""゙`ー ニ == -‐'`´       { 〉、/..ノイ ヾヽヽ   ヽソ ',
                            V_/`´.\\ ヽヽヽ  i  i!
                             ヽミ7/izュ', ‐- .__ヽ '  ,リ
                               ` ` ニ '_    /rァ '' ´
                                      ̄
661 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:58:00 KHv/Msrg
四166.
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  先手をとったのは魔導兵だった。
  まだ距離は八十メートル以上離れていると言うのに、地響きを立てて右足が踏み込まれたのだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



 ___ ___ ___ ___ _
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
 |  爆……裂……….....|    │  /                                  ヾ>
 |___ ___ ___ ___....|   ││/                      |        _____ ヾ_>
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ││                       |         /___   ./
           │     │││                      |            /   /
          ││    /,,,,,,,,,,,_                    |               /    \
          ││   /      `````'''‐-,,,,__            |               /  /\/^
         │││  /              `'''‐-、         |  │       ,/  /
              /                  `'''''-、     / ││      /  /
             /,,,,---‐――――---、          \   /  ││      ,^--'  _ ヾ>
             |             `ー--、        \/.   │││        /  /  ヾ_>
      ,r'      |     /          \       /─ヽ、               /  /
    ノl  ,》' /   |     |   /  /     \ │  /    ゙i           /    \
    |/   |lレ  │ ゙i     ゙i   |   |   /   ││ /       |    /       /  /\  \
      '     `││\    へ  ゙i   ゙i  |   /││ |  Ο   |   ,/       /  /  ´\/^
          ││  --‐'´  `ー----,,, 、  ゙i  | ││ │     /  /     /  /
         │││-‐'/ │// ‐'´‐'´`ー----,,, ゙i     ,r'     /\    ^--'       _
    ,r'l     / /≡││/≡//≡///≡/ーノl  ,》' / ̄ ̄  |   ,r'ノ    ___   /  /
   |/、   /´// ̄/ ││//≡///≡/ / |  |/   |lレ      |       /___/ ,/  /
 i   '  , i`ー-、   /│││  ̄ ̄/ ._ ̄  / |  |   '     `     |            /  /
 l|.  、   |   \//// /// //  /  i .,|   ,r'        |   /   ___/  /
 |,;   .  |    /`ー--、/`ー--、/   ̄ /    i  | ノl  ,》' /     |     /____/
、i :, |   ゙i    ゙i    |     |`ー--、 / ̄ ̄ ̄´  | |/   |lレ      | i  i i, ´ ノl.,  :l
 ; 丶i:、 .  ゙i   ゙i   |      |     |        |  '     `     | .    ´.  ,',i
i , ノ ;丶,r'  \   \  ゙i       |      |        |     ____....__‐‐''゙^´  /l'  |   ,:'. ,|
 l:   .\  .  ノ   ^ヽ |;、  ノ   ^ヽ、,.,ゝλ  ノ   ^ヽ、,.,ゝλ  ノ   ^ヽ、,.,ゝλ,v,v,v ,r'i´  ノi  / ´ ,i
、 ,.   、ヽ \r,∧,、. ノl,ノ \r,∧,、. ノl,/ .レゝ,\r,∧,、. ノl,/ .レ \r,∧,、. ノl,/ .レゝ,/ゝ,// ., ,:ゝ、 , .  ;,i
662 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 21:59:00 KHv/Msrg
四167.
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  アンマンで一度見ていたせいもあって、
  それが円周状に衝撃波を吹き上がらせる棍技だと感づいたエルが警告を発すが―――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



                                 , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                               _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                              _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                            ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                               ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                              〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
  |\     /\     / |   //  /      ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
_|  \/\/   \/\/ |∧/ ///         i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
\                     /            l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
∠  爆裂陣です!下がって!!  >   .       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
/_                 _ \           " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
 ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄               '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
  //   |/     \/     \|      .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                        !'i   j       ~ヽ
                                        リ 、 /  ―ー '''"""f,
                                        / _冫'''~            ',
                                      / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
                                     l!~    /         ヽ. !



                __
       .-――z^^7 ̄`((⌒ ._
    /    /   }(勾},ト、   `ー ._
   /    /     ((乂ミ=       ヾミ .   _
 /             _)}   .-‐        λ--__))
´     /7 /      /   -~ __     ゞ勾ハ
   / //  /     /    ((⌒' /    Ⅵ i
_ノ  '       イ /   //`).l /! / ,  Ⅶ !
.  /        /    //l\ レ'/ / } / //  :. !
 ̄´            {./ // r==>ミ / // 〃ル  i l
    /     /ス//{,// 7rッそ》}  八、/ } l  } |
   /     ∠ゝ、ン    _《 ゞト=ン γ=ミ / リ ./ ノ!   「せ………戦技まで使うの!?」
 /     /__.У::.     ((⌒ーv_ソ"  辷ソⅣ/ノ  l|
      / ト、_ ハ::.            、   ハ /|    l|
_   /   {   ̄ト、::.    , r‐=z 、 ′/ /i l|    l!
7} `ー- ._ノ   ム 丶:.    l  ヽ:/   イ:.   | l|    l!
/          {__ヽ、ヽ:.   `ゝ=ァ’ イ !:.  | l|r―-lト、
i           /}  ≧x.._ ィ~zリ √ ̄ ̄〃    ⌒ヽ‐z
663 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 22:00:00 KHv/Msrg
四168.
―――――――――――――――――――――――――――――――
  エルのベヒモス召喚も、雪華綺晶の防御魔法も間に合わず、
  全方位に爆散した土砂混じりの衝撃波に四人は飲み込まれてしまう。
―――――――――――――――――――――――――――――――



        .                                :;:.,':;":..,,,
                ヾ>                 /\
         _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
      ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
    : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
      .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
   ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
          ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
         / /  /                    /  /   キ  i^\
         ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
 ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
 ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
:. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,.,.... {il:::ii::li},.,...,   \    `   ,i|;iil ̄
   ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."  i'i l:]::::::[:l i'i  .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
..,.,;           `;; ":':....:... .:.   i^i,,[>-<],,i^i  ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
  " ';:. :,;':.:        '   ". ..: . ,く,_,ィ,__ゝ..: . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
              '       ...(,,_ノ ヽ_,,)...
                    :::::::::::   :::::::::::       ___ ___ _
                  .::::::::::::::.     .:::::::::::::.     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
                 .::::::::::::::::::::...:..:...:::::::::::::::::::.     | 陣………...|
                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   |___ ___ _..|
               ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
665 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 22:01:00 KHv/Msrg
四169.


┌────────────┐
│  大地の祭壇―――   ...│
└────────────┘

                      ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨………


              ,.=三三三三: \
         /三三三三三三三 ヽ
.         //三三三三三三三三:ヽ\、
        //三三三三三三三三三:ヾ三ト、
       ハ三三三三三三三三三三三三:ヾ:、
       ハ三三三三三三三三三三三三三ツリ
        i三三三三三三三三三三三三三/:/
        |:三三三三三三三三三三三三:/:/
        !:三三三三三三三三三三三:/:/
      ,!三三三三三三三三三三;:< :三{
      /l:三三三三三三三三:/   / 三!
     ハ三三三三三i三三三/   ァ' :三:!     「む………
     ハ三三l!三三三l!三三ハ>- ' :三:シ
    //:三://l:三三三:!l三三三ヾ/三/       もう来たのか」
   ハ三三/::i!:三三三:、ヾ三三三l三{
   .ハ三三'三!三三三ヾヽ:\三三ト、:i
   ハ:三:/:三三三三三:\ヾミ、 三三`ヽ
.   ハ三:/:三三三三三三:`ヽヾト、\三/
  ハ三/:三三三三三三三三三三:∨{:i



―――――――――――――――――――――――――――――――――
  大気を震わせる轟音が伝わってきたので、
  魔方陣の中央に立っていた妖術師は下方で戦闘が始まった事を知った。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
667 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. 投稿日: 2011/05/08(日) 22:02:01 KHv/Msrg
四170.
――――――――――――――――――――――――――――――――――
  こちらも可能な限り急いだと言うのに、儀式完遂の前に到着するとは驚きだ。
  やはりあの盗賊共とはひと味違う、と頭に入れておく必要がある。
――――――――――――――――――――――――――――――――――



       /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :::::::::ヘ
      /  :::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:.     :::::::::::ヘ
.      /  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ::.    ::::::::::::ヘ
    / :::::::::::/::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
    |  :::::::::/::::::::::::::::::::::::  ::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::|
.    | :::::::::/:::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|:::     :::::::::::::|
   | :::::::/::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::|:::     :::::::::::::::|
   | :::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
   | :::::/:::::::_,,..r-=77= ‐- = ≦ー=へ、_:::::::::::::i|::::    ::::::::::::::|
  ,/  :::::゙<´:::::::::::::::;;;;;;;;;:::::;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::\__}::::     :::::::::::|     「予想より半日ほど早いな。
   \ /::::::::::::::ハ  |;;;;;;小.:::::::: __ ,.   ∠._,'  /     :::::::::::::::/      つくづく面白い奴だ」
    \:::::::::::/::::::|  |;;;;;;;i;;;;ゝ.       _,.r- !/      :::::::::::::廴,
      / :::::/::::::::::::| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ._,. / :::::::::::::::::::::::::::::_,.;r=≠≦::::`ヽ
.     / ::::/ :::::::::,' ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  :::::::::::::::::::::::::::::/、:::::::::::::::::: ::::::::}
    / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;/___,.. -─ :::::::::::::::::::::: ~゙'-=  ̄::::::::/
.   / ::::/  :::::::,' /;;;;;;;;;;;;;;;;| ヽ-'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::〈
  /::::::/  :::::::/.、-───-ト、     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::/
. /::::::/  :::::::/.::::》      '{  ≦=≠ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::{
. /:::::/  ::::::::/ :::::::\_,.==≠、/二 ̄  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ::::j



―――――――――――――――――――――――――
  いまだ魔法で変化していると言うのだろうか。

  そんな風に魔法騎士の少年を認めるよう呟いた声は、
  老人のしゃがれ声ではなかった―――
―――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━……

668 名前: ショボン玉 ◆Shobon.2x. [sage] 投稿日: 2011/05/08(日) 22:02:19 KHv/Msrg
本日の投下は以上になります。
閲覧、合いの手ありがとうございました!

次回は第三話になります。




第四章 五人 第三話へ




スポンサーサイト



  1. 2011/05/09(月) 21:26:21|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<とりあえず世界が終わるまで 第9話前編 プリティ・ウーマン | ホーム | 鉄血宰相達が帰ってきたようです 第4話>>

コメント

やらない夫はどこまで英雄足りうるのか・・・
雪華綺晶との別れを示唆するかのような描写も気になる
英雄譚には付き物とは言え、離れ離れになって欲しくないなあ
  1. URL |
  2. 2011/05/13(金) 23:26:55 |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/1703-88e07765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR




以上の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-1703.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.14