以下の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-1098.htmlより取得しました。


やらない夫は約束を守るようです 第七章 成そうとする者達 その5 前編

122 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:00:07 ID:vv6YdVzd
七295.
━━━━━━━━━━……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

翌日、正午前の大部屋―――
主立った者が集まっての会議が始まるなり、腕を組んだやらない夫がキバヤシを促した。



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)           「じゃあ、みんなで現状を確認してから、
           |,      ` ⌒´ノ            作戦を詰めよう。
          │         }
           ヽ、      ソ             キバヤシさん、現時点での戦力について報告お願いします」
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}



       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉    「ハッ!
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /     今朝時点で王都内の防衛拠点で健在なのは、
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく      ここを含めて四カ所―――
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !     すなわち『花屋マイロード』、『雑貨屋キャオ』、
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ      『酒屋アム』、『金物屋アスフィー』になります」
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |



昨夜の時点で各拠点に霊薬を持った小隊長が散っており、
回復と『王女帰還す』の連絡が行われている。
123 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:01:06 ID:vv6YdVzd
七296.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   王城防衛の第一、第二小隊、王都防衛の第三から第七小隊はそれぞれの拠点に混在しており、
   私を含めた小隊長四名、騎士三十六名、衛兵百十九名の生存確認が取れています。

┗──────────────────────────────────────────────┛



            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7    「聞け!
      ,!ヘ. / ‐- 、._        |/     王女様が復権のために王都に帰還された!
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /      我々第一騎士団は
      /`゙i         ´    ヽ  !      親衛騎士のビップ殿、イトウ殿、サクラダ殿、
    _/:::::::!             ,,..ゝ!      宮廷魔術師長ロイ殿、
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /       宮廷司祭マゴット殿と共に
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /        王都奪還作戦に加わる!」
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /



             |\     /\     / |   //  /
           _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
           \     王女様万歳!         /
           ∠     親衛騎士殿万歳!    >
           /_    第一騎士団万歳!  _ \
            ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
             //   |/     \/     \|

      nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn
      l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l
     nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn  nハハn
     l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l   l(゚ワ゚*)l
   ∩∧∧∩∩∧∧∩ ∩∧∧∩∩∧∧∩   ∩∧∧∩∩∧∧∩
   ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ
  ∩∧∧∩∩∧∧∩ ∩∧∧∩∩∧∧∩   ∩∧∧∩∩∧∧∩
  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ  ヽ(゚ワ゚*)ノ ヽ(゚ワ゚*)ノ
   |   |   |   |    .|   |   |   |    .|   |   |   |
   |   )~ . |   )~   |   )~ . |   )~   |   )~ . |   )~
   し'`J    し'`J    し'`J   し'`J     し'`J   し'`J



どの拠点もそれまでは似たり寄ったり、
沈みに沈んだ絶望の淵にあったが王女の帰還、親衛騎士の合流に加え、
怪我の治癒、体力の回復に合わせて食料や水の備蓄も増え始めているとあって
どんどん士気を回復させていた。
124 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:02:06 ID:vv6YdVzd
七297.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   騎士団は、マゴット司祭のご尽力と
   ビップ殿が寄付してくださった霊薬により全員問題ない状況にまで回復しております。

   サクラダ殿の手配により食料、水なども少しずつではありますが供給があり、
   あと半日あればいつでも出撃可能な状況にまで回復するでしょう。

┗──────────────────────────────────────────────┛



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    「おいジュン、
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    一体どんな手品を使ったんだ?」
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



                                        >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
                                      /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
 「盗賊ギルドに依頼を出したんだ。                  〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
                                         |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
  彼らは国も不干渉だし、                        / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
  食料品は戒厳令下でも出回ってるしね。          / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
                                   ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
  もちろん一カ所への集中は怪しまれる、          レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
  神殿や学院、学級、その他の公共施設に rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>
  寄付する中の一部分だけが            ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
  こっちにちょろまかされるって寸法さ」    |  |                 ̄ヽ       ー‐      /
                           ..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
                           ´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
                             /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
                              ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
                           \   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.



不敵な笑みを浮かべたジュンは
もちろん出資者はやらない夫だけどね、と付け加える事も忘れない。

125 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:03:06 ID:vv6YdVzd
七298.
それを聞いて、マコトは心底驚いた。

やらない夫と比べてジュンは、いかにも良いとこ育ちの
純粋培養のお坊ちゃんとしか思っていなかったのだ。



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |    「なるほど。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     しかし意外だな、
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V     そう言う裏技を使うような奴にゃ見えなかったが」
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、




                          |:.:.:.:.∧:.:|    |:.::∧:.:.:.:.:.| ≧:.:L-\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:ヽ
                          }:.:.:.:.ヾ:.:.:',   |:./ .V:.:.:.:|ニ-====\:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.∧
                          >:.:.:.:.:.|ヾ:.V==/ニ  V:.:.:i{ ゞテ=ァ ||\:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.∧
   「そうかな?               /:.::V:.:.:.:レ'´>=ニ示 ヽ、_V:.||  {辷zり  .|| レr -、V:.:.:.:.:.:∧
                     .   /:.:.:.:.:V∧:.r'´ /ひョリ || ̄ .ヾ∧___ //  / .}:|:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    綺麗か汚いかで選ぶより、    /:.:.:.:.:.:.:..:/ヾ::>  ゞ' ´ || {     ̄ ̄ ̄ ̄   入 ソ/:.:.:.:.__/
    効果的かそうじゃないかで     ̄ ̄ ̄ |:.:.:∧ヽ_ -=''´ ヽ           / /:.:ヽ ̄
    選ぶべきだろう」               レ'´ ヽ |        _        /-'´/ ̄
                                ヽ       ̄_         / ̄゛゛
                                   \          _ ィ|
                                    `   、     イ   y入
                                       ニi ´    /  ヽ
                                      // }     /    |\
                                     / / ノ    /     |   ̄ ' - 、
                                    /  V'´ ̄ ̄ ../        |      ` ' - 、
                                 .//   /::::::::::::::/_==-、_ |         /ヽ



しかし必要であれば、ならず者の尻を蹴っ飛ばすぐらいの事をやってのける少年は、
父の教えを自分なりに解釈出来る賢さと、適切な臨機応変さを持ち合わせている。
126 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:04:06 ID:vv6YdVzd
七299.



           | ┌''´       ゞ=ノ        〉. 〉
           /l !        「 ̄|        / ./\
           { ',. ',.   __,,、-ー┘ └ー--、,,   j / /
.           l l |  「      _,   __    `i | .,'  |
           l | | └ー'''´ ̄ |  |   ̄`''ー┘j j /
            | ', ',      └ー┘      / / ,'     「でも、いきなり寄付と言われて、
            |,.-l }  __,,.、r─ー─tーァ-、,,_ | ト、.|      神殿や学院は怪しまなかったのでしょうか?」
             ! |,.ゝ''´ ://´|: :l : : :/: /``lヽ:j``、j、 !
            }'´l: : ! :V,z=ニ.ヽ:! : /: /=z、リ: : ,' i `i'
               ,'1: l: |:vイィぅ`ヽ ` Vリ' ;ぅ`ヽj:/:/ :| : }
           / j: :| :|':!{ {c::::::j       !c::: リ.}|/l: :|: : !
          ,.' ,': :}: :',:`:, ゞ-''    .  ゞ-'' ./: l : :l: : |
         ノ. /: : :ハ: \ト、    ,..、    ./|:/i: : |: : !
.             /: : /: :ヽ: `、: :> ,-,` ' ,. ィ ': :!':: l: ::! : :l
.          ,.': : :/ :/ : ヽ: ,、 ;_/ / `´.┤:l : : : l : ',: l: : :',
.         ,/ : : / :/:ヘヽ ̄ゞ./ `ニヽ.  `〃` ̄〃 : ', : : ',
       /ィ : : /: /,'  ヾ、  j   ニヽ彡’   〃 ヽ: :`、: : `、
   __,. ''´: :,.':: : : /:/ :{   ,. 》./    ィン┐   《、  }:',: `、 : :\
 _='-ー''´,'/: : : :, ' /: : }  ,' 〃'. `ー /.  !     l|ヽ ,': :`、: : ヽ : :ヽ,
´    // : : /: /: : :, 'l  { /.   /|   |     .||. }/: : : `、 : : :\: 丶,



                          ,//: :ヽ: : Y: /:、: : : : : : : :\: : : : : : : : \
                        /: :/: : : ∧: : ;′1: : : : : : : : : l: : : : : : : : : :∧
                       ∠二ィ: : : : l::∧: :!:::::l: : : : : : : : : :|: : :ヽ: : : : : : :∧
                          /.: : : : :|::::::∨::::::l: : : : : : : : : :l: : : : ∨: : : : : :∧
                        ,r': : : : : : 「¨¨`""¨1: : : : : : : : : l: : : : : ∨: : : : : :∧
                   .     |! : : : : : : l       l: :;ィ: : : :∧ : | : : : : : ∨: : :ヾ : ∧
  「そこは狙いがあります。      イ!: : : : :i: : !.      !:/ l: : :/ ヽ: ト、 : : : : ∨: : : :\;ハ
   やらない夫に言われた通り    /l: : : :,∧:厶-‐、  レ' !‐ナ―-ゞ! ヽ、: : : :i: : : : : :l ヾ
  『真紅王女より』としました」      !.:!: : ;ィ: : ト1===ミ:、   l.:/彡==`=ミ:、ヽ : : l.: : : : : |
                       .l.;イ : ;ハ イl:i゙ '乍ミ1L..../;」i ィ卞ぅx、 ! ヽト、:l: : : : : :|
                       .レ'l: :/  リ |:|  ヒ;リ |「 ̄"゙1l  ヒzリ` l l`ゞ- 、.: : :lヽ:.!
                        レ'’   ヾ ___ノ.'   ヾ: 、__.ノノ ´rハ !:、:| ヾ
                              i ̄ ̄ i       ̄ ̄ ̄  ムソ:.;ハノ
                               、             r彡;〃´
                               ヽ   ヾニフ       ノレ'´
                                \          ´ ,L. -‐ 、_
                                  ヽ . _ ,   , ィ´   ,.、二ミ:ォ
                                   ,.-‐=ニj,.ィ'´   / ̄ "¨ヾ\L、
                                 _r'´  レ"   _ニ=′    二ニ=   \



元々神殿や学院は国営の施設だ。
ならば王女の名であれば自然であるし、
王族を偽称すれば死罪確定である事も含め信頼性に問題は無いだろう。
127 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:05:06 ID:vv6YdVzd
七300.
単純な補給線の確保だけではなく、情報を利用する事で状況を有利に傾けようとする
やらない夫の考えに、ロイは内心舌を巻いていた。

情報の有効活用に長けている彼は
軍師や指揮官の才能にも恵まれているのではないだろうか。



    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|     「………成る程。
イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l     王女様達が帰還される際の戦闘で、
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ       何者かが王都に潜り込んでいるのはイチジョウ側も把握している。
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、
 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン       ならば民の期待を高めておく方が得策、か」
ノ ヽ='´'             /
く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ



                                    「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
                                    l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
                                    ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
                                  .  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
                                     |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
 「戒厳令のカーディナルに戻った王女が、           l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
  城に入りもせずに姿を消して民生援助をしていたら     〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
  麻呂と反目している、あるいは何かあると            |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
  思っても不思議じゃないって事ね?」           .   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
                                  .     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
                                      |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
                                  .   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
                                     j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
                                     /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
                                  .  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j



言われてみれば目的は推測出来るが、何もないところからその案を生み出す発想が凄い。
状況から麻呂の信頼度を失墜させようとする作戦に驚いていると、
128 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:06:06 ID:vv6YdVzd
七301.
簡単に頷いた彼は、指を一本立ててその通りだ、と肯定した。



                                                 / ̄ ̄\
 「不安定な代理政権に戻り、それを正すのではなく           rヽ  / ノ  \ \
  外側から手を出している………                      i !  |  (●)(●) |
                                           r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |
  つまり王女には戻れない理由がある、                  〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  |
  と言う事になるからな」                          l` ( ``/ .  |        }
                                          ヽ   l  .  ヽ       }
                                       |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|     (ああ、そうか。
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|      やらない夫は受け手に回った時も
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|      それだけの想定や可能性を常に考慮しているから、
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}       逆の立場になった時に
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|       同じだけの手を思いつく事が出来るんだ………)
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



幅広い視野、知識と知恵、そして情報収集能力と適切な判断力。
それら全てを兼ね備える彼と、ただの騎士である自分との差が悔しくもあり、羨ましくもある。

だが学ぼうと思えば学べるのではないか、そう思った。

全ては己の努力次第と体感させられたジュンにとって、
やらない夫と言う教師兼手本がある事は幸運だったとしか言い様がない。

自分に不足している物は何か。
彼にある物が何か。

それを知り、吸収しようと思う素直さも彼を成長―――
否、進化させるだけの素養であったのだ。
129 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:07:06 ID:vv6YdVzd
七302.



             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ
            |  (●)(●) |      「聞きつけたイチジョウ側は王城の守りを堅め、
            |  (__人__) |      俺達のあぶり出しに躍起になるだろう。
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }       しかしそれは逆効果だ。
          __,, -ヽ     ノ -、     解散させられたはずの第一騎士団と
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \ .   王女が結びついている、と
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }   国民の発想が向かってくれれば言う事無しだな。
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }  あとは具体的な奪還戦の作戦だが―――」
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"



国政を取り仕切る立場になった途端の、
イチジョウの無茶はすでに民衆に知れ渡っている事だろう。

そこへ正統王位継承者の帰還と潜伏と言う情報を付け加えてやれば、
民衆が希望的観測を持つ可能性は高い。

偽政権が焦り、厳しい態度を取り、
もがけばもがくほどカーディナルの人々は王女に期待を寄せていくに違いない。

状況はすでに麻呂に四分王女に六分―――
否、やらない夫の中では二分と八分にまで傾いている。

130 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:08:06 ID:vv6YdVzd
七303.
あとは仕上げをするだけだとアリアを指名して情報の公開を頼めば、



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l         「アリアさん、もう一度みんなの前で聞かせてください。
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!         あなたが知っている時点での城の状況を」
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



勢いよく立ち上がった彼女はまず、言葉の一応の無事を告げる。



                                                r'ニニニ二二二ニニニヽ
                                                | |      @     | |
                                              r ┤|           |├、
                                                |  | |     Π      | | .|
    「はい!                                     l  l l    lニ  コ    | | .|
                                                |  l l     |_|     | | .|
     まず親衛騎士の言葉ですが、                           l_l_l_______|_|_|
     彼女は東の塔の牢獄に囚われていると思います」             / ィ ,イ /   } !、 ヽ   ヽ
                                      .          / ./| / l/x'   l.ハ`x ヽ ! }
                                              { /| N レ;行ミ   ≠ミト、!、ト、!
                                              V |/ .!イ {r、::}    トィ,.:} 〉! l |
                                      .            l | .| ゞー'    弋ツ ハ ! |
                                               | ! ト、''''' { ̄j ''''' ィ'|l .| .l
                                                j l !_|_l ` r - ャ<_j_| ハ.|
                                              r'ニニYヽ ゞ、_,〃 /yニニヽ
                                              }、 ニニ! ヾ  ,ニ,  //ニニン

131 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:09:06 ID:vv6YdVzd
七303.
もちろん聞き捨てならなかったのはマコトだった。
椅子を蹴って立ち上がり、やらない夫を咎めるように問いただすが、



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V     「東の塔!?
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|      ってかやらない夫、お前知ってたのかよ!」
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::



                                          / ̄ ̄\
                                       /  ヽ、_  \
    「昨日、王都に来る最中に聞いた。             (●)(● )   |
                                      (__人__)     |
    ただ、昨夜の時点で言っても意味が無いと思って      (`⌒ ´     |
    伏せるよう頼んだんだ」                .      {          |
                                       {         ノ
                                    mm   ヽ      ノ
                                   (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                                       ̄ ̄ ̄|    |



抑えるように手を挙げた彼は、
昨夜は回復に集中して欲しかったし、とそれを認めるも、

133 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:10:09 ID:vv6YdVzd
七304.



         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ       「そりゃ、まぁ………
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>      聞いてたら眠れもしなかっただろうけどよ………」
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ ムーン
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\



                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::` 丶、:::`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::\
                         /:/:::::::::::::::::::::|ヽ::``丶、\`ヽ、>、:::::::::::::::ヽ`ヽ:::、ヽ
                         // /::::::::::::::::::|l::|  \   >'´, -‐ァ`丶、、::::::ヽ、 ';::',\
                         /' ':::::::::::::::::::::| ',|   \ /r'ヘzソ    ` \::ゝ, ',::',
                        /  |:::::::::::::::|:::::| ',                ヽ|ノ }::ヽ
                          |::l::::::::::::',',:::|  ヽ__               __/::::l
                          l::|;:::::::::::ヽヽ| '´= ヽ              ヽ:::::::;::|
                          ',:|',::|::::::::::ヽ メヾノ                |、:::::ト、
                          ヽ',::lヽ'、:::::\     、            l ヾ|
 「イトウ殿。                    ヽ '、\\:.ヽ、    └、´   ,. -      /  \ ,. - ' <:;;
  その反応が、ビップ殿の判断を         ヽ\ \`      , -'´        /  , - '    , 、
  肯定しているようなものだ」                 ヽ、              / , -'´    /::;;;;/
                                    ヽ、          /'´      /::;;;;;;;;;/:::
                                      `丶 、    ,.../´       /::;;;;;;;/:::;;;;
                                         `` ヾ´ ノへ      /::;;;;/:::::::;;;:::
                                         _ /,へトヽ',\    /::;/::;;;;:::::;::::;;
                                        / \ト、 '、 ',',:::\   |:::/:::;;;;;;;:::::::::;;;



王女達が帰還するまでの間、どれだけ言葉の無事に心を砕いていたかを知っているロイに言われ、
マコトはそれで分かったよと引き下がった。

134 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:11:06 ID:vv6YdVzd
七305.



.            |  |:::::::.:.:.:.:.:.!、;;,丿..........|.  |
.            !  |:::::.:.:.:.:.:.:ڪ.............|  |
.           ,,:┤  l::::::.:┌ー┘ └┐......l  |
.         ィ'.:.:.:.:!   |:::::::.└ー┐ ┌┘.....|  !
          !::::::::::!   !::::::::.:.:.:.:.:.:|  l............l  !   「彼女を逮捕するように依頼をしたのは、
.         |:::::::::::l  .|::::::::.:.:.:.:.:.:|.__」............! l    改革派の官僚である父親なのだと思います。
          !:::::::::::l  |::::::_;;;;;;;;;;;;;;;_::::::|.:.:|
        !;::::;;;;;;> ※アメ、_  .//ノ/,ク7ァ┤   しかし、何故か身柄は引き渡されずに投獄されたままで―――」
          Y´| ; |. |〃、_,,ニ''〃//、/ハ: !'
.           l:.l .::'λ !"`=''"    ゞ='',{:.l
          l:.| ,:〃.!:.゙、"""     ,"" ,!;.|
         !:.l; /'ゝ!、:ヽ    ,..  .ノ!l:.l
.         l:.:|〃!|:.lゞヾ>=┬-;<´|:. !|:.l
.           |:.:!/l{ {::.:..`ヾ;、.__゙ーπi、:.!;'|:.!.|
         !;:!l::!::l!ハ;::::. ヾ、 ̄´_ヾl |,'ノlリ|
        リィ'l|:::|l:!::{゙、:::. ヽ!::.ヽ ヽ\'.:,|: !
        ハ! lハi|:l::ヽヽ::.:. ゙、::.┘└ノ:ノ:丿



二十三歳のアリアと言葉は年齢も同じ幼なじみであり、
実家も近いとあって身分は違えど小さい頃は一緒によく遊んだ仲だった。

平民のアリアは神学校、貴族の言葉は貴族学級にそれぞれ進んだが
共に城に入ってから交流が復活したせいもあり、
その辺りの事情は把握しているのである。



                           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                           /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
                      .    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
                         /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
                         |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
                         |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
 「そっか、無事なのか………!     < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
                        <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
  無事なら良いんだ、            厶ヘ ハ   ( (    、  ) )  {ハ/ V
  無事で居てくれるなら………」         \_!   ) ) _ ' ( (   !
                              ヽ  ( ( /   `t ) ) /
                            ___,r| \  {    / /
                          /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
                        /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
                      /:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
                      ::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
                      ::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!



一方、言葉に思いを寄せてはいるが、
父親の溺愛っぷりや反対を押し切って騎士になった事などは教えて貰っていないマコトは、
捕らえられた言葉は麻呂か誰かの慰み者になっているかも知れない、と
嫌な想像しか出来ていなかったのだ。
135 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:12:06 ID:vv6YdVzd
七306.



       //  ィうヾ        \ヽ
       | j     >=彳       ::::l |
       | l  ___|   |__     ::::l|
        /l | |        |   .::::l l::\
      | .| | └─┐ ┌─┘  .:::::l l:::::::.\
       l ! |    :::|  |     .::::::j ,'::::::::::. l
      | l|  ::└ー┘    .::::::::j ,'::::::::::: ,'
        ', ', l _,;:ァ-rーヾー 、_.:::::::://::::::::::: ,'    「一般のメイドや王女様の侍女達は
       vイ´:/   !: : :!: : : :ヽ、`:x'/::::::::::: /     仕える相手が変わりながらも
       | l,'/> 、ヽ,: '、:ト、\:丶、:`l: 、: /      今まで通りに近い生活を送っているようでした。
       | ! i彳tぅミ ヽ!斗≦毛zミl: ! : ヾ
        l: ;イ}ゝ辷;j.    ´ トィ':::j"|: l: : : !      彼女らの協力が無ければ城の生活は成り立ちませんから、
.       j : 八 ,,,,  ,   ┴ー"'ォ ,': : : l       イチジョウ代理もどうこうしようと考えていないのでしょう」
.       ,'/ィ : : `..、  -   """ィ|:!/l : : :l
      //j : : : : : _´>┬_,≦ノ|㍉_: : :!
      ノ /: : : ァ´ {{:::{{ヾ-  〃:::〃ヾ,l
.       /: : :/  〃;;::::ゞ=三 彡':::〃  .}
.    , ': : : :イ  /'  ::/  /  ''〃/   j
    /イ: : : {  {  .::/ ./  .:!l/   ./l
.     l,': : : :i   l、;;;;;/  /;;;;;;;;;;;j'   ./: :!
     {,ヘ: : : ',   l ̄    ̄ ̄/   /: : :l
      i| ', : : |  'r┐ ┌--/   /: :l: :j
.     ヽ ヾ\!.  'v  |:::::/   /ノ丿ソ
         l  |  !:::/   / \



自身の権力に直結しない部分についてはある程度の保護をしている事も、
偽政権が何とか城での生活を保てている原因の一つだろう。

ただこれも、いざとなれば食事に毒を盛ったり、
戦いの際の人質にされる可能性があるといった、
お互いののど元に刃を突きつけたままの関係でしかない。



   r=イ: : : : : :∨: : : : : : : : /\_____
./⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :i
{: {¨: : : : : : : >  - - < : : : : : : : : ::∨ハ
廴: : : ::,. ´          ` <: : : :/: : :i
: : }ヽ, ',                \: : : : ´{
: : : /./               ヽ .ヽ: : : : ::}
:..:.:.i.,'                    ∨: :.{====、
八 |!      i|  li  ヽ  l     i:  ∨: ハ   }}    「エマ達も無事そうで
トム|!      i|  li    )ノ      |:   ∨ ノヽ=彳ヾ    聞いたときはほっとしたわ―――」
:ソ:::|!   i_|__i|__ 乂  /  / i:. |:   Ⅳ  i__}}
Y司!   _从___八 `  ヽ /_/_/_|!::. |::  i 爪  | ̄ ̄
:| ハ   <T芯トミ\ \ / ,∠_ム从 !::.. ノ 八 ) :|
:|:i ハ   Ⅵ込ツ      fモテミ爪 ノ::〃/}:::{   |
:|:i   ',  乂 ̄         ゞrケ ソイ イ/z}:::{',  !
:|:i   i  トヽ    j    ̄ /彡 彳/:/}:::{ ! :!
:|:i   |  !ト、   - -    , イ     | {_{ ム:j | :|
:|:i _| i:...| >  _  <___j   i  |  ノ:::ノ | :|
<: : : | i::::|: : :⊥r=ァ廴:_:_: : : |   ! :|.  ̄  | :|
:∨.:.:.:.| i::::|: : :辷zィ ノ-: : :.:.:.|   ! :|:     | :|
:::∨:.:.:| i::::|: : : フTT、: : : : : : :|   ! :|ト、    | :|
:::: ∨z| i::::|: :イ: : | |: \: : : :.:.|   ! :|::::::ヽ  | :|
:::::::::Ⅳ /:::/: :/: : ::| |: : .:.\ : ∧   ∨:::::::\  !
::::::: / /:::/: :/: : :.:.:| |: : : : : :ヽ::∧   ∨:::::::::::ヽ|



十何年も共に暮らして自分の世話をしてくれる侍女達は、
真紅にとって家族にも近しい大切な者達である。

心から安堵した様子の彼女に小さく微笑んだアリアは次に、
真面目な表情に戻って―――
136 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:13:06 ID:vv6YdVzd
七307.
申し訳ありません、と項垂れる。



:::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::└┐ ┌┘:::::::::::::||
:::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::||
:::::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::└ー┘:::::::::::::::::||
::::::::::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_____||
、:::::::::;: -''ゝヽ_;;;;--ァー7'''´ ̄ト、: : : : : : : \
.ヽ-´  ,. -''´: : : :/: : / : : : : : ! ヽ: : : : : : : : ヽ
 ゝ-´: : : : : : : : ,' : /: : : : : ハ } `、: : : ヽ: : ヽ:ヽ
  |: : : l: : : : :!: : l : ! : :,: :イ,' !:l ゝl l : :`、:ヽ : ヽヽ   「ですが、アンデルセン団長、アームストロング殿の
  |: : : l: : : : :', :斗匕´「:/:/ !l   !`!ト : !: :l: : :} }    お付きであったメイド達の事は耳にしておりません」
  !.: : : l : : : : ',:V!,≠キミ,'  |! ,f圷!,' : : }: :!: : ハ:j
. l: : : : ', : : ',ヽィイr'::ハ.!     {r'l!".}: : ,': :j : ,'. il
 l: : : : : ゙、: : ヽミ弋ゝ''リ     l以。'://:ハ ./ !
 !: : : : : : \ : `ミ゚''"~´'''    _`  ''彳:/!/ }:/
. l: : : : : :', : : ヽ: :ヽ.     ( ノ  /!:/:| ,'/
. !: : : : : : !: : : : ヽ |. > 、    ,. 1: : :l: :l
.l: : : : : : :ハ: : :ヽ: :!     `「: : ノ :ヽ: !: l
j: : : : : : /: ヽ : : ヽj__  ゝーrtヽ:ヽ: :l
: : : : : : , '⌒ヽ: : : ヽ、  `   }}::::ヾ、ヽ:!.
: : : : : /l   ヽ: : : ヽゞ===彡::::::::`:.、ヽ
: : : : :/ !     ヽ: : : ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:.、
: : : :/: :l       ヽ: : :ヽ:::::::::::、-ヽ-、::::::::::::::`:.、
: : :/: : :!     ! ,'ヽ: : :\::::::::ヽ ヽヽ::::::::::::::::::l
: :,': : : :l     l i  ヽ: : : :\::::::ヽヽ ヽ:::::::::::::::!
: ; : : : :l     l. ',  ヽ: : :ヽ:ヽ_:;ゝ   `-ーi::::!
: : : : : :!     !.  ゝ、 ヽ: : :ヽ:ヽ      l:::!



            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/    「無事で居てくれると良いけど………」
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
    /.: : : : : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ



それは司祭が気に病む事ではありませんと首を振ったジュンはしかし、
その身を案じて目を固く閉じた。

彼女たちが無事なら、絶対に助け出さなければならない。
でなければ二人が浮かばれないじゃないか、と思う事は容易く、状況を知るには難しく。
137 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:14:06 ID:vv6YdVzd
七308.
今は、分からない事に頭を悩ませる時間じゃない、と
眉をしかめながらのやらない夫の確認に、



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|    「ランサーとガイさんは見てないんですよね?」
        !  (__人__)  |
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |



丁寧に記憶を探ったアリアは不確定ですが、と前置きをして自分の予想を告げた。



           | ┌''´       ゞ=ノ        〉. 〉
           /l !        「 ̄|        / ./\
           { ',. ',.   __,,、-ー┘ └ー--、,,   j / /
.           l l |  「      _,   __    `i | .,'  |
           l | | └ー'''´ ̄ |  |   ̄`''ー┘j j /
            | ', ',      └ー┘      / / ,'
            |,.-l }  __,,.、r─ー─tーァ-、,,_ | ト、.|
             ! |,.ゝ''´ ://´|: :l : : :/: /``lヽ:j``、j、 !     「はい。
            }'´l: : ! :V,z=ニ.ヽ:! : /: /=z、リ: : ,' i `i'      フーリン殿はどこかで声を聞いたような覚えもあるのですが、
               ,'1: l: |:vイィぅ`ヽ ` Vリ' ;ぅ`ヽj:/:/ :| : }      定かではありません。
           / j: :| :|':!{ {c::::::j       !c::: リ.}|/l: :|: : !
          ,.' ,': :}: :',:`:, ゞ-''    .  ゞ-'' ./: l : :l: : |      ガイさんは全く分かりません。
         ノ. /: : :ハ: \ト、    ,..、    ./|:/i: : |: : !      素顔を知る者も少ないですし、
.             /: : /: :ヽ: `、: :> ,-,` ' ,. ィ ': :!':: l: ::! : :l      うまくメイドに紛れているのでは?」
.          ,.': : :/ :/ : ヽ: ,、 ;_/ / `´.┤:l : : : l : ',: l: : :',
.         ,/ : : / :/:ヘヽ ̄ゞ./ `ニヽ.  `〃` ̄〃 : ', : : ',
       /ィ : : /: /,'  ヾ、  j   ニヽ彡’   〃 ヽ: :`、: : `、
   __,. ''´: :,.':: : : /:/ :{   ,. 》./    ィン┐   《、  }:',: `、 : :\
 _='-ー''´,'/: : : :, ' /: : }  ,' 〃'. `ー /.  !     l|ヽ ,': :`、: : ヽ : :ヽ,
´    // : : /: /: : :, 'l  { /.   /|   |     .||. }/: : : `、 : : :\: 丶,
   /: ;/: : :/: /: : :ィ: : ! ,〈.    j┘ .└─┐ .l.|.ノ/: : ',: : :ヽ: : : `、: : ヽ
 /: , ' {: : /{: /: : :,'{ : l ' \_丿     |.〃 /:,i: : i: : : : ',: : l',: ト、: :`、
,´: : /  '、 { l ,' : : ハ: : \   ノ―┐. ┌ー┘〃 イノ }:/}: : : : :}: : l }: j ',: : :}

138 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:15:06 ID:vv6YdVzd
七309.



::::::/:::::::::::://:::::::::::::://::::::/::::/:::::i:::::::::i::::::::::::::::l:::::::::::|
/::::::::::::::::/::::::::::::::::/´:::::::::/::/::::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::!::::::::::l
::::::::/´i::/::::::::::::/::::::,,,、,/:::::::\,,∧:::::l::::::::,':::::::::::::::: ノ:::::::::;!
:::::/ ::::!/:://:::::::::/  /::::::::::/´ ∨/::::i:::::/::::::::::::::::/i::::::::::/
:::::`::::::/ ./::::::/   /::::/      メ::::::!::/::::::::::::::::/ l::::::/
::://  /::/    // ミk.,   /:::ヘ::/::::::ハ::::::/   l:::/
//'., ' , ∨     /    ゙ヾミk/:::::/)ノ:::/ /::::/   i:/     「おい、やらない夫。
/   ゝ                 /::/i //:::/ /:/   /      つまり………」
     ヘ            /´   ',///´
                     '、
                      _ゝ
、                     / ´
;;',   /` 、         , ′
;;;;', /     `` 、   , "
;;;;;ヾi           `´
;;;;;\\
;;;;;;;;;;;\\
;;;;;;;;;;;;;;∧ \



ここまで来ればマコトもさすがに気づく。



                                           ./ ̄ ̄\
                                          ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                                          |     ( ―)  λ   ヽ
                                        ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
                                      __,/   ` <     ⌒ノ  . r'-‐¬
   「推論でしかないが、                     /---‐――--.、ゝ\ |   」-‐>ヽ
    ランサーはイチジョウ側に与している。        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ._ ノ   /  ´   l
    理由は分からないがな………」           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
                               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
                              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
                              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l



眉間に指を当てて、渋い表情になったやらない夫が
おそらく正解であろう事を告げると、
139 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:16:06 ID:vv6YdVzd
七310.
思い当たる節は全く無かったが、
状況的には証拠が揃いつつあると解らされた真紅とジュンも、
裏切り者の存在に肩を落として言葉が無い。



                .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:..-‐- ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'ヘミx':〉
                .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ´   、 丶  `ヾ:.:.:.:.:.:.くミュ_ヾヽ 、   ____
                .:.:.:.:.:.:.:.:.:./   丶  \ ヾ:、  丶、.:.:.)厂`ヾ≠=彡’ ̄ ̄ `ヾ:、
                .:.:.:.:.:.:./   !  `ヽ.\  \ \ヽ  ゞノ`ヾ:、  \㍉、 `ー- .. _
                .:.:.:.:.:/  丶 |   ヽ ヾ:、、 ヽ \:.、ヾ:.、 ヾ:、\ \ `ー― -==._
                .:.:.:.:.′     i! ト、 ハ   ヾ:、   X ミヾ ヘ   辷x 丶ヾー=ミ
     「……………」  .:.:.:.:i 丶   | ヾ、ミxヾ:、\/ ヾ八㍉、{   ヾ:、 \ \\
                .:.:.:.:| i  \ i!\  \ヾ、xく.\.ィく`liト:.ヾヽ.   `ー=ミx `ー=ミ、
                .:.:.:ハ{:    1  \  ヾ ヾ`ぐツ リ }ハ ハ       `ー=.. __
                x:.:.:.:.i|ゞ \ ! 丶  ゙x ハ ト!     ,ィ:::}i } L..'´し,..∧_
                 > l|.:\  ゞハ、 /X j, <  、    〈::::::|l レ"  /:::/ }.: ̄三ニ=ミ
                  `ゞじ.:.:.ヾ、\Xヾハxぐツ   ‘′ )::ノ"イ/:::/ ,:ィ|.:.;ィ.:.:.:.:.:.:.:.
                   ヽ> ヾ ヽハミ㍉ャ‐ ._   _ r彡r7 / /:::/ / /:iリイ./.:.:.:.:.:.:.:ィ
                   `:くヾメヽ `ーx. ハ     ̄ /:::::Y_/ // ,.イ /// イ.:;ヘ:_,.イ7.:
                     i Y}iハ    } ix ヽ  rfチ::::::::::::::)〃/.:/ 〃7 /〃7ノ::::::〈
                     | iX  ‘,  | !、  \ レ`ーァ:::/〉:=彡::::://:::::/ ム才:':;:ィx::/
                     | |ハ  入 八ヾ:ヽ、 У /:::::/イ::::::::::::::::"ヽ、/..彡:::::{  `
                     | | ‘. ハ  ヽ \:/ /::::/ .ノ::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::>



            /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|:.:.\
        _ - ' ´:.:.::.:.:.:.:.:.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.::\   ,
       ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、:.:.:.:/ //
         >:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:レ:.:.:/
         /:.:.:.:.:.:./:.:.:.:._;,;,-‐''''´:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.-='´     「……………」
        ` -、:.:.:/:.// ゞ:.x 、-ー ''´|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.\
          レ、:レ´∧ / `  \ .ヾ|:.:/|:.:.:.:.:.|:.:.:r、_::ゝ
            ミ,;,;:.::|       `>ミ_.|:.:.∧|:.:.:.:}
     ,__ r‐─ v'´  ヽ     /ヾ∠.|:/|:./:.:.:.:.|
    /.: : : : : : \: : : :\   、   _ ヽ '´ |'' ´ レハ:.:./
  //\: : : : : : \: : :: :>v \  ヾ_ , -―
 .//: : : : :\: : : : : : V/: : K: : : ミ'´
../: : : : : : : : :\: : |: : V: ∨: V: 入
/: : : : : : : :: ::: : :V: : : : : : \//: :/ヽ

140 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:17:06 ID:vv6YdVzd
七311.



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●        「俺の想像だが、あの日―――
   |      (__人__)        葬儀の日、サツキを殺したランサーは
.   |        ノ        親衛騎士団の食事を作り、薬を盛った。
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ         食べた言葉さんは眠らされていたのか、そのまま逮捕され、
  (.  \ / ./_ノ │        一度は別の仕事に行っていた団長ととっつぁんは
  \  “ /___|  |        厳しいながらもメイド達を助けようと奮戦し………」
.    \/ ___ /



護る者が居なくなった待機所の階を、
素通りした賊が王族階層に攻め込んできた、とは考えすぎだろうか。



       /// // ///   ///
      //// // ////   ///
     //// // ////   ///
     / ̄ ̄´`ヽ _  // // //       ┏┓┏┳┓                      ┏┓
     (  ゝ/ ̄ ,   ̄ ̄ ̄ ̄      ┏┛┗┻╋┛ ┏┓  ┏┓           ┃┃
     (`ー‐|  /!                   ┗┓┏┓┃   ┗┛  ┃┃           ┃┃
     (`ー‐し'ゝL _                 ┃┃┃┃   ┏━━┛┃ ┏┳┳┓  ┗┛
     (--‐‐'´}    ;ー------       ┗┛┗┛   ┗━━━┛ ┗╋┛┃  ┏┓
      `ヾ-‐' ーr‐'"                                   ┗━┛  ┗┛
     )     て
    /^⌒`Y´^\
      レY^V^ヽ



                             ̄ヽ、
                         _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
                       ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                    , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ,/:::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
                   l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
「クソ野郎がっ!!!」     |/|:::::::::::::/::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                   |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
                   |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
                   |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
                   |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|
               .    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
                    |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
                        ゝ;八      ;      /イ
                          x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
                        〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
                       //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l



怒り任せに拳をテーブルに叩き付けたのは、もちろんマコトだった。
自分の目の前にも、毒入りの食事が置かれていたとあっては当然の反応だ。
141 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:18:06 ID:vv6YdVzd
七312.



   r=イ: : : : : :∨: : : : : : : : /\_____
./⌒/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :i
{: {¨: : : : : : : >  - - < : : : : : : : : ::∨ハ
廴: : : ::,. ´          ` <: : : :/: : :i
: : }ヽ, ',                \: : : : ´{
: : : /./               ヽ .ヽ: : : : ::}
:..:.:.i.,'                    ∨: :.{====、
八 |!      i|  li  ヽ  l     i:  ∨: ハ   }}      「やらない夫、どうしてランサーは………」
トム|!      i|  li    )ノ      |:   ∨ ノヽ=彳ヾ
:ソ:::|!   i_|__i|__ 乂  /  / i:. |:   Ⅳ  i__}}
Y司!   _从___八 `  ヽ /_/_/_|!::. |::  i 爪  | ̄ ̄
:| ハ   <T芯トミ\ \ / ,∠_ム从 !::.. ノ 八 ) :|
:|:i ハ   Ⅵ込ツ      fモテミ爪 ノ::〃/}:::{   |
:|:i   ',  乂 ̄         ゞrケ ソイ イ/z}:::{',  !
:|:i   i  トヽ    j    ̄ /彡 彳/:/}:::{ ! :!
:|:i   |  !ト、   - -    , イ     | {_{ ム:j | :|
:|:i _| i:...| >  _  <___j   i  |  ノ:::ノ | :|
<: : : | i::::|: : :⊥r=ァ廴:_:_: : : |   ! :|.  ̄  | :|
:∨.:.:.:.| i::::|: : :辷zィ ノ-: : :.:.:.|   ! :|:     | :|
:::∨:.:.:| i::::|: : : フTT、: : : : : : :|   ! :|ト、    | :|
:::: ∨z| i::::|: :イ: : | |: \: : : :.:.|   ! :|::::::ヽ  | :|
:::::::::Ⅳ /:::/: :/: : ::| |: : .:.\ : ∧   ∨:::::::\  !
::::::: / /:::/: :/: : :.:.:| |: : : : : :ヽ::∧   ∨:::::::::::ヽ|



悲しそうな真紅は、何か理由があるのでしょう、と縋るようにやらない夫を見る。

だが、さすがにそれは予測も付かない彼は
こめかみに手を当てて考え込んでしまい―――



                                                         ―― 、
                                                      / 〉 ´      \
  「そればかりは分からない」                                   / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ
                                                  / //〉  ( ー) (ー )  l
  (ただ―――                                         l  ´ イl   (___人___)  l
   毒の出所がギャブレットだとすると、                 .        l    iYl    ` ⌒ ´   l
   もっと即効性、致死性の毒を使ってもおかしくない。        .       /   ハ !.!          !
                                         .        /  /  ' ヽ           /
   ある程度の猶予があった事を考えると、                      l   // 、ゝ       / ヽ_
   薄めるか別のを使ったか?                            ´` ー‐ '`./  `ー、  ,-´  /   \
   ランサーなりに何か思うところがあるのかも知れないな)       .     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
                                         .     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
                                             / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
                                         .  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
                                         .  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
                                           /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !

142 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:19:06 ID:vv6YdVzd
七313.
凍った場を溶かすよう、ロイが続きの議題を振った。



    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|    「あとは城勤めの貴族、か」
イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、
 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
ノ ヽ='´'             /
く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ



                                 / ̄ ̄\
                               /  ヽ、_  \
  「それなんですが、                 (●)(● )   |
   他に殆ど人が居ないんじゃないかと        (__人__)     |
   思うんですよ」                      (          |
                          .    {          |
                              ⊂ ヽ∩     く
                               | '、_ \ /  )
                               |  |_\  “ ./
                               ヽ、 __\_/

143 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:20:07 ID:vv6YdVzd
七314.
顎に手をやり、話題に乗ったやらない夫の判断が疑問だったのでその理由を問うと、



           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::_:: /:::::::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::/>、/  i:::::::::l:::::∠⌒:::::::::|!:::::::|'リ    「何でだ?
        _ノ::::┌i:::/::::::/斤心ヘ i:::::::::i::::メ≦i::::::::::::i:!::::::!      いくら何でも貴族が居なきゃ
        >:::::{ レ' |:::::7レ升::} /:::/|:/辻:}l::::::::::ハ:::::!      国政が回らないだろう」
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ‐" //  ′ゞ‐' l:::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\     _     /  ′
             _{i      ´   ` /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_



腕を組んだ彼は、これまでの経緯と麻呂側の動きを鑑みて答える。



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ●)(●
.         |      (__人__)           「実際、回ってないんじゃないだろうか?
           |,      ` ⌒´ノ
          │         }             あれから十日も経っていないってのもあるが、
           ヽ、      ソ             軍の手配―――ギャブレットに任せているのだろうが、
          イ斗┴r┐` .;               第二騎士団の動き以外、まともに運営されているとは思えないんだ」
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}
144 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:21:06 ID:vv6YdVzd
七315.



   / ̄ ̄\        「おそらく、国王を毒殺する所までは予定通りだったんだろう。
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)      その後は………傀儡政権か共和制選挙か
. |     (__人__)      王女暗殺かは分からないが、速やかに実権を握りたかったはずだ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l    それから王国法を改定し、言う事を聞く子飼いの貴族で官僚を抑えて、
.  ヽ      |   ノ     騎士団も解体か弱体化、あるいはギャブレットに頭を任せる………
   ヽ    ヽ く      とでも思っていたんじゃないだろうか?」
   /     ヽ \



┏──────────────────────────────────────────────┓

   その頃の麻呂―――


  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;/;;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'            ,;'´ ,,  ァ'
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ニシ'   |、ニ'
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ      「ぶぇっくしょぃ!」
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´   っ ・っ
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_  、っ 。・
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、


┗──────────────────────────────────────────────┛


145 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:22:06 ID:vv6YdVzd
七316.



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',    「実際にはどうだ?
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l    権力に酔いしれたイチジョウは抑えようとする官僚達を粛清し、
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l    圧政と暴挙で無理を通しているに過ぎない」
        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



正統な王位継承者の死亡も確認されない時点で臨時政権から正規代表を名乗れば、
改革派の官僚だって理に適っていないと反発するだろう。

それを刃と血を以て粛清し、自身の協力者のみで周りを囲えば
まともな貴族達の協力が得られようはずもない。
146 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:23:06 ID:vv6YdVzd
七317.



                               .            |  |:::::::.:.:.:.:.:.!、;;,丿..........|.  |
                               .            !  |:::::.:.:.:.:.:.:ڪ.............|  |
                               .           ,,:┤  l::::::.:┌ー┘ └┐......l  |
                               .         ィ'.:.:.:.:!   |:::::::.└ー┐ ┌┘.....|  !
                                         !::::::::::!   !::::::::.:.:.:.:.:.:|  l............l  !
   「やらない夫さんの                 .         |:::::::::::l  .|::::::::.:.:.:.:.:.:|.__」............! l
   仰るとおりです………」                        !:::::::::::l  |::::::_;;;;;;;;;;;;;;;_::::::|.:.:|
                                       !;::::;;;;;;> ※アメ、_  .//ノ/,ク7ァ┤
                                         Y´| ; |. |〃、_,,ニ''〃//、/ハ: !'
   (私は愚かだ―――                .           l:.l .::'λ !"`=''"    ゞ='',{:.l
                                         l:.| ,:〃.!:.゙、"""     ,"" ,!;.|
    周りに目を向ければ                        !:.l; /'ゝ!、:ヽ    ,..  .ノ!l:.l
    これだけの事が行われていたと言うのに、  .         l:.:|〃!|:.lゞヾ>=┬-;<´|:. !|:.l
    どうしてオロナイン高司教の言葉を       .           |:.:!/l{ {::.:..`ヾ;、.__゙ーπi、:.!;'|:.!.|
    あれだけ簡単に信じ込めたのでしょう………)         !;:!l::!::l!ハ;::::. ヾ、 ̄´_ヾl |,'ノlリ|
                                       リィ'l|:::|l:!::{゙、:::. ヽ!::.ヽ ヽ\'.:,|: !
                                       ハ! lハi|:l::ヽヽ::.:. ゙、::.┘└ノ:ノ:丿



事実、国政に関わる事は殆ど行われていない事、
城には貴族達が殆ど勤めていない事を保証すると同時に、
神の代理を名乗る高司教の言葉を
疑いもしなかった自分が恥ずかしくて仕方が無い。

隠れ家に到着した時の騎士団の反応の事もあり、
この悩みはしばらくの間、アリアを苦しめる事になる。
147 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:24:07 ID:vv6YdVzd
七318.



             ____
            /     \
              /         ヽ
          l⌒   ⌒_     l   「そしてイチジョウの計画は、
         ( ⌒) ( ⌒ )     l   ここに居る皆の力で少しずつ狂い始めている。
         ( _ 人 __ )    l
            ( ` ⌒  ´      !   すなわち―――」
          ヽ           l
           {            l
           ヽ           l
            |  / ̄ ̄ ̄ ̄i
             j/  / ヽ ̄ ̄|
           /   /   ヽ   |
          /   / /    ',  l



ここに居てくれてありがとうございます、と
感謝の念を込めて彼らを見回した。

この状況で浮かべる事の出来る優しい笑顔も、
誰のどの努力によって事が成っているかを把握し、感謝を忘れない事も、
彼が万人から好かれ、支持される要因の一つに違いない。
148 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:25:06 ID:vv6YdVzd
七319.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   第一騎士団が残存しかつ、王都に潜伏した事による牽制―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、    「全てはエンジュ団長のお力です………」
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'      ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、



                                          .ィ
   !         ″    \, ヽ、                  //. -''" ̄ ̄ ̄`゙''ー-、                __
   |/                     ヽ               .へ}  ′          ヽ           . ‐'"´  ,. -‐` 'ー- 、
  /゙`                     '              /  `              ヽ         /    ∠-‐''''" ̄ ̄``ヽ.
 /         ―-              l            ノ                   .i       /  .       /~`´ヽ`、`、 ヽ
 |  ./   |                      |          / // / .イ .l|  ト、   、  、    l   .   l  .'   :  .' /    l l l l l
 |    .,,ノ                   │         ノッ′/. /./ |/ .|  | ヽ、 ヽ  l    l   .    l  i   i : i | {'" ̄` ヽト、} l |
 |  \                    ,l゙           | ./| /lイフ=、| |_,.=キ、 ト、 :|:::....  ヽ     l  i  rl l トl、レi´「`  ィTiレヘノ
 |.      ___               ,i°          |イ | /::::} l {゚j`ヽ | '´{゚jヽ| Y::yヘ::::::. 〉     |    l l l、 l  └'     U l
 ヽ_             _,,,-r'''''゙ ̄ ̄ ̄'丶      .     レ|/:::::::|  ̄   ヽ{   ̄  }:/^i |::::::::/     | :   :ヽl l `      、 ll
   \,,,           _,,r‐'"`          `ヽ、         `ヽ::::l,  〈         レ‐'ノ::::/   .   | l : i  | ト、     ー_‐´.イl
     ゙''--、,,,,,,.,-・'″               丶          `'ーヽ  ー ―    イT":::;∠-ッ'     | l i l i| l      /i |l
     _,,,―'''″                      ヽ          `'ミミヽ,   _,.. イ  |:::::::::;∠     ノ ノ l l l lヽl―‐┐ l二, l lノ
._,,,―'''゙^                            |       _. -―''''^'ーl「  ̄   l   .|ソ ̄`">   .  i ,' l _ノ-<`     、L_L ムL|_
″                              |       \、 、 jilil||リ     /.l __,.イ∠-z'〈   / ̄ `ヾ::::::ヽ      。`i/  `i::::i`ー、
                                                                  ヾ:::::ヽ     `i。  }:::l   i



イチジョウ達は、王国の騎士を侮った。
鋼の結束と忠誠心、用意周到なる歴代の計画、国守の遺伝子を。
149 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:26:06 ID:vv6YdVzd
七320.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   偽政権にとっては致命的とも取れる、王女の生存と王都への帰還―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



          ,...__
         イ::ゝ、r、`‐.-.-.-.‐ヘ‐-く:ヽィヽr、
          く´:::::::::::::ゝィゝ::::::::::::::::ヽミヽ:::::;;;;;;ヽニヽ_
           r':::::::;. '    `ヽィ;;;::::::::::ヽミヽ::;;;;;;〈―i 〉
         r'::::::/  ,.' /,.'   ゝ::::::::::::i|ミヽ;;;;;;ゝ〈〈
.         ,.ゝ::,' / / /,'    i ゞ〉::::::::i|彡};;;;;;:〉、ヽニニヽ
         //了! ! ,' ,' ! ,' ! .i   !ゞ〉:::::}彡};;;;;;ゝニニニニ〉〉、    「私がこうしてあるのも、
.       〈〈 ,メi i i i  ! !. i .i i i  ,'〉:::}彡};;;〈i i i  〈〈ヽヽ    やらない夫を始めとした皆のおかげです」
          ヾヽ'メⅣト、ヽ'''!ヘ i i i-!‐!‐/ ヽ::|三};;r' i i i   ヽ〉ヽ〉
.       〈〈/ヾ〉`ミミヽ乍ハヽ从ノ乍ハ/イハノミノ;ノ i i i i
          ,ヾ〉/// `ミ 之ノ   之ソ ノ,'Λ薔ノ| i i i i |
       ,////,' ,.イ ト、  ' __,   ィ /ノ'`´ | i i i i |
        ,'////, 《|i iミ≧r、 _ ,.ィエ/ /´     | i i i i |
       ,',',',',' , i 》| i iメ  メ《桜》  { !::`ヽ、,   | i i i i |
       il i i i iil〃 ヽ `ヽメ  メミ  ミ ヽ:::::::::ヽ、| i i i i i|
.      Ⅳi i i il《 ,ィ二彡'  イト  ミ、ヽ ヽ::::::::;;ハ ', ', ', ',',
      Ⅵミミミミ》`ミ二≧、メメヽ ミ〈二ニヽ 〉::::::;;;;ヘ ',',',',',','.,         ,.....    _
.        `ヽミミミハイ二彡' :::::: : ヽミ≧ミミヽ,:::::::;;;;;;;;`‐‐--イ》ヽ        ヽ::::ヽ-く;;ヽ
       r;;;;;;≧ム彡'´ゝ::: : ::;;; : : : :ヽヽイ》:: : : :;;;;; : : : : : : ゝミヽ       }:::{´  {;;メヽr..、
        ア;;;; ;;ム=ニ二ニ〉:: ;;;;;;; : : :::`ヽ〉: : : : : : ; ;: ;_:r'´アミミミヽ、   ,..ィ:::《ィヽ 》;;;;;;;;;r'彡二ム
        ゝ;;;; ;;イ:::::《,ィ´;; : : ;;_: :;; :_:_;; :; :; ; ;; ; ;; ;;,r': : : 〉ヽミミミ三三三ミ三三三三三三三彡彡〉
         ゝ;;;;;!: : ハ;;,イヽハ;r'::ヽィ: : :ヽィ`ヽノヽ/::::: : : ::ヽ、 `、ミ三三ミ三三三三三三,r'彡//
           ヽー'´ヽ: : : : : : : : : : : ;;;;; :ヽ、__ヽ:::: : : : : : :ヽイ: : : : : : : ;;;; ;;; : : : , イ彡/ノ/ _,r=‐、
           /: : : :::}: : : : : : : : : : : : : ::: ::: ::ヽ:::::: ヽ:::: : : : : r‐`- 、: : :;;; : : : : :, イ//,イ´,r≦三三ノヽ
          ,:: : : : ::}: ;; : : : : : ,,;;; ;;; : ;;;;; ;;; ;;; : :`::..、::ヽ::: : ,イ   `ヽヽ、: : :.:.,〃//'´,r'彡/〃ィ彡彡ノ
.            ,:: : : ::::メ.;; : ;; : : ,,;;; : : : : : ;;;; : ;;;;; : : : ;;;;,, ::`:..くノヽ、ヽ`ヽ〉〉〉::メノノノム彡/'´ヽ,r'´ノノ/
          イ;_;_;_::/ : : ;; : ;;;.. : : : : : : : ,;; ; ; ,;;;;;,, : : ;;;; ; : : : : : : :::´::. 、: ::,r'//////メメ´`ヽ,/彡''/
         イ   r' : : : : ;; : : : : : : : : :,,;;; ;; : ;;;;;;;;, : : :,,,, ,; : : : ;;; : : : : : : イ〃〃イ彡イ イ^^///
.          { 、 〈 : : : : : :.:.: : : : : : : : :;; : : : : ;;;;;;;,, : : : .::.: :: : : : : ;;;;;;;;;,, ; ; ヽ∠彡'´{ }///ハ
           | }、〉: : : : : : ;;; : : : : : : : : ;; : : : ;;;,;,;,;, : : : ::: :: : : : : : : ; ,;;;;;;;;,,, ; `:^:´::メ///::::::メ ,,,,r≦三三ヽ
.        /_ソ::: : :;;;;,, : : : : : : : : : : :;;; : : : : ;;;;;;;;;;;, : : :,;;;;;,;,;,; : : : : : : : ,,;;;;;;;;;;;,,;;:::// /〃::メニ彡彡三三,イ〃〉 ,r≦
     r-‐''´,ィニi:: :: : : :;;;;;;,,,, : : : : : : : :;; : : : : : ;;;;;;;;;;;;, : : : ;;;;, : ,, : : : : : : : : : .,;;;;;;;〃〃〃yr≦彡ィ´´  /// 〃彡ミ



イチジョウ達は、正統なる王位継承者の血脈を見誤った。

絶えた場合は容赦なくその座を追われるが、
絶えない限りは主権を託されるその血の重さを。
150 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:27:06 ID:vv6YdVzd
三321.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   神殿と異なり、協力する素振りを見せない魔法学院―――

┗──────────────────────────────────────────────┛



                ,.-ァ^''"´ ̄ ̄ ̄`"''ヽ、
                '.,:'.::.::::;:;::;:;:;::、:::::::::::::::::::::ヽ
                /;:::::::/!i.!ヽヽ,,..、ヽ::::::::::::...ヽ
               .//;::::::i_,!j i ´'-’ヽ ヽ::::r-、::i
                !'i::::::!か       ヾ;):ノ:;!          「我々はただ、『理想の導師』の教えに
                ' !'!'ii  i       ::i'":/           従っただけの事だ」
                  !、 .ー      .:::jィ'
                   ヽ  ''"~´  .:;/i::ト-、
                    ヽ ___,,,,...-''::;/;:-'.,:::ヽ
                   _,.-''ゝ、 :::::::::::iiヽ.:::::::::::ヽ
                   .!,ヽ.::!r'ヽ :::iヾ!!::ヽ、:::::::/==- .....,,,,,_
            _,.... --,-,ー:!i:::ヽj ;i´::::::/:i、!:::::::::`ー'::::      .:ヽ
           / .ヽ  /./:: ノ-‐::ヽ、ヽー!::!,-'::::::::::::::::::::..     .:::;':i
          / .:::ヽ/_,'-..,,,_    /:!/::::iヽ、:::::::::::::::::、::::..   .::::/:/
         .ノ _,.-‐"´:::::::::::::::::`i  .ノ../.::::/  ::ヽ、:::::::::::::、::::.. .:::::;';:(
       ,.;"-'..........:::.:::::::r_、:ヾ!::i、/::/: ..::/   :::::。ヽ:::;--‐、:、:::::;:;:;:;ヾ
      ,.;ニ-!:::::::::::::;;-::::::、ヽ、ヽj-'ii:::::/..:::::/    ::::/ニ i ̄´;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;
   _,..='"  ヽ:::::;r '`''ー''、jヽj― i.ii:::ノ::;;:-'     ::/:;:/:;:;:;:;::;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;
 rァ''" 'ーァ::::::;ヾ、:;:;:;:::;):::i ー-- 'ノ;/、     .::/;:;:/:;:;: ,.;:;:;:;:;';;;;;;;;;;;;;;
..r '  ...;:;(:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ::;;;ノ-/`:; ̄:;:´;/  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:/;:  ,.;:;:;:;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;



イチジョウ達は、魔法使い達の理を覆せなかった。

古代魔法文明の時代に道を誤り、その後迫害、差別された『魔力ある者』達の、
一二〇〇年かけて信用を取り戻してきた理念と努力を。
151 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:28:06 ID:vv6YdVzd
三322.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   協力関係にあるはずの、神殿からの離反者。

   しかも司祭長を含め四人しか居ない宮廷司祭のうち、
   民衆からの支持も高く、紅一点であるアリアさんが、だ。

┗──────────────────────────────────────────────┛



          //       ◎     \\
        //        / 7      .\\
.        | |    ┌─ー─' /_       \\
.       /| |   └─-ァ _   ̄7      / /
.       |  | | __ ,. rーy-/ /    ̄`''      / /
        |  |/: : : : :/: : :∨\へ        / /\
       |/:/: : :/: : : : : : :ヽ:\ \    ./ /  ./    「いえ、そんな………
      /: / : : : / : : : /ヽリ:',: ', : : : : ヽ //  ./     私なんて―――」
     /: :/ / : / /: : : :/   j ハ: ',: ', : : : ヽ/   /
.    //:/ : / : /,./ム--/  //_} : l: :! : : : :ヽ  /
    ハ!/: : ,' : ,ィ{ N: : :|  .// /`メ、:l: : ', : :ヘ/
.    !: : : l : :!|:,ィ云示  // /_:/|: :ハ: : ! : :ハ
.    l: : : :l : :l,ハz:::::リ     え圷ミ :! : :j: : : :!
     l: : : :', } ゞニニ´    弋z::::リ〉,': :,': :l : !
     ',: :,.A ハ ::::   .  ゝニン./: :/ : j : :l
      ∨. ヽ ゝ、.  ‘ '  :::: ノハ/: : :,': : :!
     /    { {  >、._,. <///`ヽ/: : : :|
    ヾ、    ヽヽ 、_   ,.-' //   ヘ : : !
     /ヾ、 i   ヽヽ      ノノ     ヘ: : l
    ,'  ∨    ゞニニニニニ彡    /  /〉 : |
    |  /               l  // : : :l
    l  {      ┌┐      .,'/. ',: : : :l
    l  .ゝ. ┌---┘└---┐  ノ   l: : : :!



イチジョウ達は、解らなかった。
人の心の光を信じ、神々を信仰する司祭の真摯さを。

あるいはアリアは、離反された場合に驚異になると考えられて、
騎士団の慰み者に回されようとしていたのではないか。
152 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:29:06 ID:vv6YdVzd
三323.
これだけ多くの要因がイチジョウの小さく浅い器からこぼれ落ちたのだ。

それらを受け止め、かき集めた偽政権にとっての異分子、
無限の器を持つ男が出来ると言うのだから、きっとそれは出来るに違いない。



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ     「地方領主、地方騎士団が動いていない今なら、
.   l              l 弋心 l     偽政権のおぼつかない足下を掬う事が出来るはずだ」
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



いつかエンジュは思ったのだろう。

大陸すら飲み込みそうな彼の器は、未だ形を成していない―――
入れようと思えば国など複数入ってしまうだろうが、
残念ながらローゼンの形には収まらないようだ、と。
153 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:30:12 ID:vv6YdVzd
七324.



      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉    「具体的にはどうされるので?」
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |



状況はよく分かった。
後は具体的な戦略をお聞かせ願いたい、と先を促したキバヤシに頷き、
やらない夫はずっと考えてきた策に、昨夜修正を加えた案を説明し始めた。



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)        「じゃあ、俺の案を聞いてくれ。
  |     (__人__)         まずもう少し王女の名を使った補給をすると同時に、
   |     `⌒´ノ         地方騎士団が王女に協力する準備をしているとの噂を流す」
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|
154 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:31:06 ID:vv6YdVzd
七325.



                                    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
                                ,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                                 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
                                /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                                ‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
  「民の期待を煽るのと同時に、            ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|
  イチジョウ側の目を内外に分散させるのか」    イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l
                                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ
                                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、
                                 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
                                ノ ヽ='´'             /
                                く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
                                ;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
                                ;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
                                ;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ



魔法学院が協力していない以上、
各町にある学院のみが緊急時に行える、封緘物や書簡の転移は出来ないだろう。

ならば実際に人を派遣して確認する必要があるため、
数日の間イチジョウ達は地方騎士団の離反と王女への協力に怯える事になる。



              / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \   ,.:┐
            .( ●)( ●)  ..| / |   「動くのは明明後日の午前零時、
            (__人__)     .|./   /    城のメイド達が寝静まった頃だ。
             i⌒ ´ .r-、  |/  /
             {     ヽ, ',. .,/ :/',      部屋に居てくれた方が後々やりやすいし、
             .ヽ   .|  l_/_, -‐、',      通いの貴族が居たとしても自宅に帰っているだろうしな」
              .ヽ . |   / , --'i|    
              /   {  V , --ヘ
              |   ヽ  L| r= |

155 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:32:06 ID:vv6YdVzd
七326.
それからテーブルの上に広げられたカーディナルの地図を見下ろした彼は、
赤丸が付いている隠れ家からそれぞれ、中央の広場までを指でなぞった。



┏──────────────────────────────────────────────┓

   四カ所の隠れ家から決起した騎士団は、夜闇に紛れて中央広場に集合。
   鬨の声を挙げて民に気づかせ、真紅が王座奪回を宣誓。

   ジュン、盗賊ギルドにもう一度依頼だ。
   明明後日の午前零時、真夜中に時計塔の鐘が十二回鳴るように仕組んで欲しい、とな。

┗──────────────────────────────────────────────┛



_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /                                                  \

156 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:33:06 ID:vv6YdVzd
七327.



                 .       /    /   .'    / /        |
                        i l   l  l     / ′          .′|
                        | |   |  | ‐、/| !        /   l
                        | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
                        ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
                         / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
   「分かったわ」           //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
                 .     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
                     /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /
                 .   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|
                    '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
                   l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
                   | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
                   | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
                 -‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
                        | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//



宣戦布告は出来るだけ派手に知らしめる必要があり、
その役目を担う真紅と、城攻めの合図を任されたジュンは真剣な表情で頷いた。



  、__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::/: /::/::::::\ヘ
   >::::::/::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::/::::V:::/:i::::::ヘ:::\
    /:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::: : |::::::::::::::ト::iト::┴<:::|:::i::::::\::\
   /:::::::::::::::::/:::::::: /::::::::::::::::::: ::イ::::::::::::::ハ::|    Vノ: |:::::::::ハ ̄   「派手な事考えるなぁ………
.  /:::::::ィ:::::::/::::::::: /::::::::::::::::::::::/-∠ヽ:::::', ヽ  .イ:::/:::::::::i::ヽ    了解、すぐ手配するよ」
 /:::/ |::::: {::::::::::::i:::::::::::::::::::/__≧:::::ハ  _∠:/:::::::::人:::::ゝ
.//  .}::::::i::::::::::::|::::::::::::/ ||' r ̄ (:::). Yヾ:::i  r===レi::::::/:}\i
     ノ::::::|::::::: : |::::::/|  .|| \ _ i ハト=イ(::)ヽ{:l:: /:::i
     ハ:::/i::::::::::ハ/ヽ/  ヾ___ノ   }、- i::./ハ.|
   /=\ レヘ::ハ ヽ {     ̄ ̄ ̄    ノ  |'´
  /'´   \\::::ヽ ヽi        _ _    /
  {       ̄\ ̄`ー 、      'ー-'   /
  ノ`ー ─ ミ、  .\\   ̄}     ` /┐
. ( /      \   \\  i  >──'´  ヽr-、
 .Y         \   \\廴r >'´   /   /
 /          ハ    ミ=V    //  イ

157 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:34:06 ID:vv6YdVzd
七328.



                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i    「その場での素早い小隊再編が必要となる。
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|    キバヤシさん達、小隊長に任せますよ。
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!     人数割りは後から一緒に詰めましょう」
      |         }/  .::::::::::::::::::::/
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
/ \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''



                  ,ィ, (fー--─‐- 、、
             .    ,イ/〃        ヾ= 、
                N {                \
               ト.l ヽ               l
    「ハッ!」     、ゝ丶         ,..ィ从    |
               \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
                `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
             .    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
                 ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
                   l     r─‐-、   /:|
                   ト、  `二¨´  ,.イ |
                  _亅::ヽ、    ./ i :ト、
               -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
                 ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
                ヽl \\‐二ニ二三/ / /



任せるべきところは任せ、何でも一人でやろうとしないのは
やらない夫が城に来てから身につけた考え方だった。

彼は知ったのだ。
信頼される事、任される事で能力を遺憾なく発揮し、満足する考え方の人も居ると。
158 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:35:06 ID:vv6YdVzd
七329.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   ジュンは一個小隊を率いて南に向かい、ギャブレー家を抑えろ!

   一般人には取り扱いが禁止されている毒物や王国法で禁止されている奴隷など、
   エンジュ様の濡れ衣をはらし、奴らを冷たい牢獄に叩き込むだけの証拠があるはずだ!

┗──────────────────────────────────────────────┛



159 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:35:10 ID:vv6YdVzd
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  ' ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     :::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....,:::::::::::::::::::::',':;'
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; ';::::::::::::::::::::::;'  ,
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; ' ,::::::::::::::::::;' ,..'::::::::::
  ';::::;'   , ,::::::;       ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; ' ,':::::::::::::::::::',.':::::::::::::::::::::
  ',:::',   ' ,:::::;     ,  ',:::',   '/|i三i三i三i三ii]\     /|i三i三i三i三i三i三i]\ '      ,...::':::; ',:::::::::::::;:::::::::
   ',:::,     ,::::;     ,   ',:::,  /i =|        |二|   \ /|二|      |二|     .|   \  ,....::'::::::::; ':' ,':::::; ' ,':::::::::
',   ' ;'     ;:::;     ',   ' /: |二|        |二|    /  |二|      |二|     .|  |ミ|\::::::::::::::::::;,..':::::;'   ,:::::::::::::
:::'.,         ,:::,     ,.:::'., ./    |二|        |二|  /    |二|      |二|     .|  |ミ|  |i\, '':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'
';::::',        ,:::,    ,::';:/i_________|二|____|二|/___|二|___|二|_______|  |ミ|.|ii.|i  |   ,.':::::::::::; '    ,..
 ';::',         ;::,   ,/|        |二|        |二|        |二|      |二|     .| ヽ |ミ| '' |i  |
  ' ',         ...  /i =|        |二|        |二|        |二|      |二|     .|  ヽ、....|i  |  , '
;:'..,  '       ;/i |二| __ _ |二| __ _ |二| __ _ |二|      |二|  _. |  |ミ| ヽ  |,.;;:。;:、;   ,....;' '
 ' '.,       / .   |ニ| |\| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ|      |二| |\| |  |ミ|  |i  |。;:;ii:;;;:、;____
    ' ,      |.   |ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ|      |二| |_| |  |ミ|.|ii.|i  | ∠∠∠∠∠∠∠i|:
     ' , __|___|二|____|二|____|二|____|二|___|二|_______|  |ミ|___.!_ , ∠∠∠∠/ |
      |        |二|        |二|        |二|        |二|        |二|     .|`゙'' /___/ \∠∠∠/   |
      |        |二|    [二二二二二二]`゙''ー、!.      |二|        |二|     .| : : : | |ii====||^|| ∩ ∩ |    :|
      | __ _ |二| __ ||゙''ー、____||二゙ト-ii __ _ |二| __ _ |二|  _. |  _. | |`゙' -| || ||: : : : : : : |: : : : :|
      | |\| |iヾ||ニ| |\| .||\||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |\| |\||ニ| |iヾ| |iヾ||ニ| |\| | | | | |:::: : :| || ||ー----------
      | |_| |_||ニ| |_| .||_||ニ| |:::::::||:: | | ニ| |_| |_||ニ| |_| |_||ニ| |_| | |_| | | _,,.-'.i|| !!
      |        |二|     || _  |二| |:::::::||:: | i二|        |二|        |二|     .|_,,. -‐ー'==-'" .:.::
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄... .||-‐''" ̄  ̄ . ||, - '"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:'"':,:'"': ̄,:'"': ̄,:'"'"':   "''   /
      ''"'"' "'''  _,,.-‐''"    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     ''"' "' "''  ';.;,,;、.ii:'; ;..;;イ;;  ;,ii.;;:'     /     ..:.:.
                                      ''"'"''.'
161 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:36:06 ID:vv6YdVzd
七330.
町の南方、貴族街の外れを指で指され、中央広場からの道筋を確認したジュンは
よくぞその役割を与えてくれた、と大きく頷く。



          > -:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ /:.:.:|
          >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_    //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|    「それは………僕の役目だ。
  ` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}      任せてよ、やらない夫」
      /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
      フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
      ´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
          ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
           /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
      /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
     /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
   ノ |      }ヽ::::    /_
 ̄ ̄  .|       \   { ヽ
     .|      / ` ー='´  \



エスメラルダでサクラからもたらされた情報では
ギャブレー家には未だ数人の奴隷が居り、
暗殺用の強毒であるデッドニードルを作る為に毒蜘蛛が飼われており、
薄暗い納屋では怪しいキノコが栽培されていたそうだ。

キノコについては最悪食用の可能性もあるが、
奴隷の存在やデッドニードルの所持、作成は確実に厳罰対象になるだろう。
162 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:37:06 ID:vv6YdVzd
七331.
次にやらない夫は、中央広場から王城南までの大通りを指でなぞった。



            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |     「残りの小隊は真紅、マコト、
          |   (__人/,〉.|     マスタング殿、アリアさんと共に城門へ進撃!」
          {   ´フ´ ./._ }
          ヽ  ./,二ニソ}
          _ヽ/  ,-― 、}ノ
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、
           ̄ ̄7:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l;:;::;ゝ、`ーj
             /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l:;:;:;:;:;:\~
         /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|ヾ:;:;:;/



                              _,,,..-.ー.─.-.-....、._
                         二ヽ,,..::"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                       /::::::::``:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::ヾ:::::\:::::::::',
      「お前は?」        /:::::::::::::::i:::::i!::::::::::::::::ヾ:::::,,∠,、 _:::::\::::\:::::',
                     i::::::::::::::::!:::::i i:::::::::l::::::::イ\\\:::::::::\:::\::',
                     l:::::::i::::::::!::::i,,ゞ;::::::::i:::::::::l  >≧r、\::::::ヾ\_::>
                     l::::::i!:::i::::l;/i ._,,\::::!、::::::l   辻ヾ〉 \:::ヾ)::::>
                     i:::::ハ::::|::::l:::i〈`(ヘ\! \:',   ゞ-′  ラ∨/"´
                       l:::i l:::|::::lヾ、 弋i;) ヽ  \      ┌::ソノ
                      ∨ l::::l::::l:::\ "           ヘ::::/
                         \|\!\  ′          ∨
                          ヾ ヾ 、    ‐-    ,   ゝ、
                              `  、      , ′  /  \_
                                  ` ー <  /´    /::::: ̄`ー-
                                   _ノ´∧_∧    /::::::::::::::::::::::
                              :::::´ ̄/ /〈::ヾ∧    /:::::::::::::::::::::
                              :::::::/  / ノ::::〈 ヽ  /::::::::::::::::::::



その中にやらない夫自身が含まれていなかったのでマコトは首を傾げるが、
頷いた彼は別行動を取る、と皆を見回して
堀の内側、城壁の角に視線を向ける。
163 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:38:06 ID:vv6YdVzd
七332.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   一足先に城に潜入している。

   決起前に言葉さんの救出、メイド達の安全確保、裏門の封鎖をして周り、
   零時には城門南の跳ね橋を下げるために制御室を制圧しておく。

┗──────────────────────────────────────────────┛



                          。
                     。  。     |     。  。
                      |.  |     |:|    |.  |
                   ||  ||    |.:.|    ||  ||
                     |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|
              。     |.:.|. |.:.|   ,.傘.,   |.:.|. |.:.|      。
               |       .|∧||∧| ,傘傘傘, |∧||∧|       |
     。  。       ||.     (VVVV).傘傘傘.(VVVV)       ||      。  。
     |.  |      |:|      {∽}{∽}}}傘傘傘{{{∽}{∽}      |:|      |.  |
    . ||  ||     |:.:|    ,傘|l~~|l~~|}}个个个{{|l~~|l~~|傘,    |:.:|     ||  ||
    |:|. |:|    lvvl .,.,傘傘|∩||∩|}::::/⌒ヽ :{|∩||∩|傘傘,.,. lvvl    |:|. |:|
    .|.:.|. |.:.|.     |∩|傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘|∩|     .|.:.|. |.:.|
   |∧||∧| ,.,.,傘||"||傘傘傘|| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l|傘傘傘||"||傘,.,., |∧||∧|
   (vVVVV)傘傘{∽}个个个{∽}{∽}}:|三ニ三|:{{∽}{∽}个个个{∽}傘傘 (VVVVv)        |
   山i!山i山傘傘|三|!|/⌒ヽ!|l~~|l~~|}:/个\ {|l~~|l~~|!/⌒ヽ|!|三|傘傘山i!山i山          ∧
   ||^^||^^|个l个{∽}!||:.  ||{∽}{∽}}:{ニi二iニ}:{{∽}{∽}||:.  ||!{∽}个l个||^^||^^|       /;;;;;ヽ
   || l|| l|::::::::::::|三|!|iニニニi||l~~|l~~|}::::/\::::{|l~~|l~~||iニニニi|!|三|::::::::::::|| l|| l|        | ∩ |
   || l|| l|/l\||: ||!|/l\||| l|| l|}:::|:   |:::{|| l|| l||/l\|!||: ||/l\|| l|| l|  /\  |ニニ|
   || l|| l|::l⌒l: ||: ||!|:Ii==iI:||| l|| l|}:::|ニニニ|:::{|| l|| l||:Ii==iI:|!||: ||::l⌒l: || l|| l|三三三三三三三三
   |∬||∬|::|___l: |§|!|:|l  l|:||∬||∬|}:::, '三`、::{|∬||∬||:|l  l|:|!|§|::|___l: |∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   {})({i})({}iニニニi{({})}!!.!|,,, l|:!{})({|})({}}::|皿l皿|::{{})({|})({}!:!|,,, l|:!!{({})}iニニニi{})({i})({}:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   || l|| l|鬥l鬥||: ||!|鬥l鬥||| l|| l|}|鬥轟鬥|{|| l|| l||鬥l鬥|!||: ||鬥l鬥|| l|| l|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   || l|| l|/⌒ヽ||: ||!|/⌒ヽ||| l|| l|}|iiiiiiiiiiiiiiii|{|| l|| l||/⌒ヽ|!||: ||/⌒ヽ|| l|| l|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::
   |∬||∬||:.  ||§|!||:.  |||∬|∬||}|iiiiiiiiiiiiiiii|{||∬|∬|||:.  ||!|§||:.  ||∬||∬|:=:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|=:=:
   |凶||凶|iニニニi|凶|!|iニニニi||凶||凶|}|二二二|{|凶||凶||iニニニi|!|凶|iニニニi|凶||凶|:::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::

165 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:39:06 ID:vv6YdVzd
七333.



           | ┌''´       ゞ=ノ        〉. 〉
           /l !        「 ̄|        / ./\
           { ',. ',.   __,,、-ー┘ └ー--、,,   j / /
.           l l |  「      _,   __    `i | .,'  |
           l | | └ー'''´ ̄ |  |   ̄`''ー┘j j /
            | ', ',      └ー┘      / / ,'    「安全確保ってどうするのです?」
            |,.-l }  __,,.、r─ー─tーァ-、,,_ | ト、.|
             ! |,.ゝ''´ ://´|: :l : : :/: /``lヽ:j``、j、 !
            }'´l: : ! :V,z=ニ.ヽ:! : /: /=z、リ: : ,' i `i'
               ,'1: l: |:vイィぅ`ヽ ` Vリ' ;ぅ`ヽj:/:/ :| : }
           / j: :| :|':!{ {c::::::j       !c::: リ.}|/l: :|: : !
          ,.' ,': :}: :',:`:, ゞ-''    .  ゞ-'' ./: l : :l: : |
         ノ. /: : :ハ: \ト、    ,..、    ./|:/i: : |: : !
.             /: : /: :ヽ: `、: :> ,-,` ' ,. ィ ': :!':: l: ::! : :l
.          ,.': : :/ :/ : ヽ: ,、 ;_/ / `´.┤:l : : : l : ',: l: : :',
.         ,/ : : / :/:ヘヽ ̄ゞ./ `ニヽ.  `〃` ̄〃 : ', : : ',
       /ィ : : /: /,'  ヾ、  j   ニヽ彡’   〃 ヽ: :`、: : `、
   __,. ''´: :,.':: : : /:/ :{   ,. 》./    ィン┐   《、  }:',: `、 : :\
 _='-ー''´,'/: : : :, ' /: : }  ,' 〃'. `ー /.  !     l|ヽ ,': :`、: : ヽ : :ヽ,
´    // : : /: /: : :, 'l  { /.   /|   |     .||. }/: : : `、 : : :\: 丶,
   /: ;/: : :/: /: : :ィ: : ! ,〈.    j┘ .└─┐ .l.|.ノ/: : ',: : :ヽ: : : `、: : ヽ
 /: , ' {: : /{: /: : :,'{ : l ' \_丿     |.〃 /:,i: : i: : : : ',: : l',: ト、: :`、
,´: : /  '、 { l ,' : : ハ: : \   ノ―┐. ┌ー┘〃 イノ }:/}: : : : :}: : l }: j ',: : :}



メイド達を城外に逃がす事も、どこかに集めて護らせる事も難しいのでは、
とアリアは首を傾げたが。

166 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:40:07 ID:vv6YdVzd
七334.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   部屋の扉を片っ端から魔法錠して回るのさ。
               ハード・ロック
   マスタング殿、後で硬質化施錠の魔符を作るの手伝ってください。

┗──────────────────────────────────────────────┛



                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |
                    /        \  |       |      |
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                                    \
     /
   /
  /



多くのメイドは離れに住んでいる。
そこの出入りを塞ぐだけで混乱や犠牲は殆ど避けられるだろう、とのやらない夫の考えに、
167 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:41:07 ID:vv6YdVzd
七335.                        ディスペル・マジック  アン・ロック
人力で突破する事はほぼ不可能、威力のより高い解呪の魔法か解錠の魔法が必要だと
知っていたロイが任せてくれと胸を指した。



                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                ,.イ:::::::::::::://!∧:ト、::::::::::.:.:.',
               ´〃::::::::://i/ l! ヽ',ヾ'、::、:::::::'、
                /l:::::::://rェr、i! < メィェヾ',!:::::ト!    「なるほど、それなら敵も味方も扉を力尽くで
                ハilr‐!′        `jr,ト!     破る事も簡単には出来はしまい。
.                 lト_l    l .     l)j!′    人質にされる事も無ければ、
                  ' l'l   r====、   lr'      変に出てこられて混乱する事もないだろう。
                   ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´
                   r-j->、_ ,.r<l_      魔石と白符をくれ、何枚でも作るぞ」
.                  l 、 ∧!-、r∧   l
                  ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
            ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.
         _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
        / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
       l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!
       l  l l l  _(r-)__  , '    ヾニy'´    ,.イ´T`l    l!
      r‐!  l l l   /‐/  /     ( r'クェニr几 l  ヾl___〃
      〉、ヽ  l! l   / ,イ  , '       `´〃  l!  ヽ、  /  >―---、


168 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:42:07 ID:vv6YdVzd
七336.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   跳ね橋が降りたら、その場に二個小隊を残して残りは中庭に突入。
   おそらくはそこで本格的にぶつかる事になるだろう。

┗──────────────────────────────────────────────┛



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......... . . . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::__,,,-―''''' ̄ ̄ ̄ ̄'''―-,,,__::::::::::::.......... . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-'' .       ____      '''-,,
;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::........ .   /    .__―''''l;;:: i  l;;:: i''''―__   \
_,,___.___,____,/    ,,-'''l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i''-,,   `、__,.____,,___
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    /   l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  ,`、  |;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;:
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;:
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_
_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::|    |,  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i   |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i
;;:,,..w:,_iiv;;::,_l;;:w:,_i;;w,.|    | ''''' l;;:: i'''`l;;:: i''""l;;:: i'''`l;;:: i ""''|  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,__

169 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:43:06 ID:vv6YdVzd
七337.



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ     「王女。
.   l              l 弋心 l     敵の騎士団に囲まれ、
.    l              冫.ー く     場合によってはリフやギャブレット、イチジョウも
   l               l    ノ!     姿を現すであろうそこで―――
   l               `ー‐ f r'
   l                  ノ'      貴女の真価が問われる。
   !                     /       誤った道に迷い込んだ正規兵達を正す事が出来るか、
   ,'                   /        正統な王位継承者の輝きを見せる事が出来るか、の」
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                       .       /    /   .'    / /        |
                              i l   l  l     / ′          .′|
                              | |   |  | ‐、/| !        /   l
                              | |   ト . |  |`ト、| .      〃  / /
                              ヽ.|\ l ヽト .xィ士.j ト.| /    //  / /,′
                               / / ヽ/ ハ.|ヽト辻}小∨j//./_/__,//_/__
     「………その場こそが、         //   // /ヽi|  ^冖^      ‐テ士</-‐ ´
      あなたの言う『演出』なのね」 .     〃   // /|!  |     ,       ト辻}小>‐ /
                           /′ // / |l ハ    ′      ^冖^ / /
                       .   /   // /  _!ヽ   \  r__,        / /|
                          '   / | i  /'| ',  | i\        / 厶イ|
                         l l   |,-l |‐厶-ヘ  }  V  >‐z――…/ /'   !
                         | l  / N´ ,. -‐ヽハ  |-く^Y´       ' /\  |!
                         | l<⌒ ‐-'---‐'_丿 小丕}|      |/   \.|l
                       -‐┴'´  \_ ̄  ̄ _/,小辻リ       l ! -――/.'
                              | ̄ ̄/ / ヽ{__ソ\   /!l,. -―//



気づいた真紅の声が自然に低くなる。

やらない夫と皆の協力で作り出される舞台と出番。
そこでどれだけ自分が演じきれるかが結果の分かれ目とあって、
緊張に手が少し震えて冷たくなるのも無理はない。
170 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:44:06 ID:vv6YdVzd
七338.
真紅が王者の威信を知らしめる事が出来れば、自分がイチジョウを討とうと
あくまで『王女の部下が活躍した』と言う認識になるだろう。



            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l     「そうだ。
        l      /    .!    ヽ       l      その時までは全面衝突は起こりづらいだろう。
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l      〈        〉       l      騎士団のにらみ合いに持ち込めれば、
       .l        `ー――― '         l      その間に俺が城に突入してイチジョウを討てる」
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //
  ,  ‐┬─‐'フ⌒ヽ` ー── ´ /
/    ̄ ̄     }  \     /
  /  ̄`ヽ/ ̄ ヽ   \
 /     /     | ̄`ヽ ̄ ̄/
./     . /      |    | ̄ヽ
      /     |   |   }



そうなれば、どれだけ無理な戦局をひっくり返した所で
民衆の期待は王女に向けられる―――
それこそがやらない夫の狙いであるのだ。
171 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:45:06 ID:vv6YdVzd
七339.



                          ,.-ァ^''"´ ̄ ̄ ̄`"''ヽ、
                          '.,:'.::.::::;:;::;:;:;::、:::::::::::::::::::::ヽ
                          /;:::::::/!i.!ヽヽ,,..、ヽ::::::::::::...ヽ
                         .//;::::::i_,!j i ´'-’ヽ ヽ::::r-、::i
                          !'i::::::!か       ヾ;):ノ:;!
                          ' !'!'ii  i       ::i'":/
 「中庭の部隊に私とマゴット司祭を       !、 .ー      .:::jィ'
 加えると言う事は………                 ヽ  ''"~´  .:;/i::ト-、
                              ヽ ___,,,,...-''::;/;:-'.,:::ヽ
 場合によっては激しい戦闘も           _,.-''ゝ、 :::::::::::iiヽ.:::::::::::ヽ
 あり得ると言う事だな?」              .!,ヽ.::!r'ヽ :::iヾ!!::ヽ、:::::::/==- .....,,,,,_
                      _,.... --,-,ー:!i:::ヽj ;i´::::::/:i、!:::::::::`ー'::::      .:ヽ
                     / .ヽ  /./:: ノ-‐::ヽ、ヽー!::!,-'::::::::::::::::::::..     .:::;':i
                    / .:::ヽ/_,'-..,,,_    /:!/::::iヽ、:::::::::::::::::、::::..   .::::/:/
                   .ノ _,.-‐"´:::::::::::::::::`i  .ノ../.::::/  ::ヽ、:::::::::::::、::::.. .:::::;';:(
                 ,.;"-'..........:::.:::::::r_、:ヾ!::i、/::/: ..::/   :::::。ヽ:::;--‐、:、:::::;:;:;:;ヾ
                ,.;ニ-!:::::::::::::;;-::::::、ヽ、ヽj-'ii:::::/..:::::/    ::::/ニ i ̄´;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;
             _,..='"  ヽ:::::;r '`''ー''、jヽj― i.ii:::ノ::;;:-'     ::/:;:/:;:;:;:;::;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;
           rァ''" 'ーァ::::::;ヾ、:;:;:;:::;):::i ー-- 'ノ;/、     .::/;:;:/:;:;: ,.;:;:;:;:;';;;;;;;;;;;;;;
          ..r '  ...;:;(:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ::;;;ノ-/`:; ̄:;:´;/  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:/;:  ,.;:;:;:;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;
          i´,.,.;:;:;:;:;:;:;:;ヽ;;:;:;:;:;;;ノ  ヽ_:;:;:;:;:;/:::;:;:;:;:;:;:;:ー;:、/;::: .!.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;';;;;;;;;;;;;;;
          ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;ン"     ./:;:;:;:;:;i`ヽ、:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;::i' ,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:';;;;;;;;;;;;;;;


172 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:45:09 ID:vv6YdVzd
               / ̄ ̄\
             / _ノ  .ヽ、\
             |  (●)(●) .|
.             |  (__人__) |      「避けたい所ですが、半々でしょう。
             ∧ .|   ` ⌒´ ノ       また、城壁や城上層からの弓矢や宮廷司祭の神聖魔法、
           /\ヽヽ      }       最悪敵側も魔符や精霊球を使ってくる可能性があります。
          ,r―''''''ヽ, ヽ    ノヾ、
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,   く  l      対抗手段はいくつか用意しておきますが、
     / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、    抗魔関連はマスタング殿とアリアさん頼りにならざるを得ません」
     j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
   /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
   /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
  ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
 .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::!



可能な限り犠牲を出したくない方針ではあるが、
相手の出方次第では戦いもあり得るだろう。

しかし戦いが起ころうとも、結果だけは譲るわけにはいかないと彼らに期待し、
173 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:46:06 ID:vv6YdVzd
七340.



            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,.イ:::::::::::::://!∧:ト、::::::::::.:.:.',
          ´〃::::::::://i/ l! ヽ',ヾ'、::、:::::::'、
           /l:::::::://rェr、i! < メィェヾ',!:::::ト!        「正当なる戦いの為になら
           ハilr‐!′        `jr,ト!         理力魔法を用いる事は辞さない。
            .lト_l    l .     l)j!′        その役目、任されよう」
             ' l'l   r====、   lr'
              ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´
              r-j->、_ ,.r<l_
.             l 、 ∧!-、r∧   l
             ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
       ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.
    _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
   / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
  l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!
  l  l l l  _(r-)__  , '    ヾニy'´    ,.イ´T`l    l!
 r‐!  l l l   /‐/  /     ( r'クェニr几 l  ヾl___〃
 〉、ヽ  l! l   / ,イ  , '       `´〃  l!  ヽ、  /  >―---、



 メイジ  プリースト   マジック・ユーザー
魔導師と司祭、二人の魔術師は任されました、と大役に武者震いを隠せない。



                            //  ィうヾ        \ヽ
                            | j     >=彳       ::::l |
                            | l  ___|   |__     ::::l|
                             /l | |        |   .::::l l::\
                           | .| | └─┐ ┌─┘  .:::::l l:::::::.\
                            l ! |    :::|  |     .::::::j ,'::::::::::. l
                           | l|  ::└ー┘    .::::::::j ,'::::::::::: ,'
                             ', ', l _,;:ァ-rーヾー 、_.:::::::://::::::::::: ,'
   「私の神聖魔法が              vイ´:/   !: : :!: : : :ヽ、`:x'/::::::::::: /
    お役に立てるのであれば、         | l,'/> 、ヽ,: '、:ト、\:丶、:`l: 、: /
    いくらでも―――!」            | ! i彳tぅミ ヽ!斗≦毛zミl: ! : ヾ
                             l: ;イ}ゝ辷;j.    ´ トィ':::j"|: l: : : !
                     .       j : 八 ,,,,  ,   ┴ー"'ォ ,': : : l
                     .       ,'/ィ : : `..、  -   """ィ|:!/l : : :l
                           //j : : : : : _´>┬_,≦ノ|㍉_: : :!
                           ノ /: : : ァ´ {{:::{{ヾ-  〃:::〃ヾ,l
                     .       /: : :/  〃;;::::ゞ=三 彡':::〃  .}
                     .    , ': : : :イ  /'  ::/  /  ''〃/   j
                         /イ: : : {  {  .::/ ./  .:!l/   ./l
                     .     l,': : : :i   l、;;;;;/  /;;;;;;;;;;;j'   ./: :!
                          {,ヘ: : : ',   l ̄    ̄ ̄/   /: : :l
                           i| ', : : |  'r┐ ┌--/   /: :l: :j
                     .     ヽ ヾ\!.  'v  |:::::/   /ノ丿ソ
                              l  |  !:::/   / \
174 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:47:06 ID:vv6YdVzd
七341.
決起してから打倒イチジョウまでの大まかな流れを聞かされ、
自分の中で吟味していたマコトは
おそらく現状では最良と思われるやらない夫の提案にそっと息を吐き出していた。



           /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/::::::::::::: /::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i::::::::: /_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l   「………聞く限りじゃ、その案が一番だな。
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ    というか、よくここまで具体的な案を出せたもんだよ」
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/
             \|\       _    /  ′
             _{i       ´   /
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_



                      NヽN`              `゙、
                    .、Nヾミ                i
                     ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
                      ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_
  「全くです。                 {F|!  ̄ ゙iニ{'´   ゙̄!r'-r,^、i
   そもそも私達は対抗案すら       l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/
   提示する事が出来ません」        `!  ̄ヽ '   ̄~´u ,'.,ィ'
                           i.u  ___     ,' |
                            ヽ、 ´ -- ``   ./  ト、
                           ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
                        _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



単純に戦って城を落とし、勝つ為の案なら出せたかもしれない。

だが、民や相手の騎士団に王女の威光を知らしめ、
かつ可能な限り犠牲を少なくする前提条件が加わると正直お手上げだ。
175 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:48:06 ID:vv6YdVzd
七342.
魔法や魔法の道具に付いての知識が殆ど無いジュンも同様に
具体的な案は出せなかったが、
やらない夫の方針は元から聞かされていた事もあって
この案がその全てを出来るだけ満たすよう、練りに練られた物である事だけは分かった。



             >'´ /   ∧    |    i| ヽ.      \
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉       ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./        「………上手くハマれば―――
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        殆ど犠牲者が出ないだろうね。
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>           そして、正しき騎士団の先頭に立ち、
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´             イチジョウ達の悪事を白日の下に曝した王女様に、
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /               民衆は納得するだろう」
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、
      |    .ト''      ! .| r―┐  | ,//      :. l  /       `ヽ、
     l      l、__       レ'  |  |  i/o’        :.:. ! |           ヽ、
      |     |/\     |    ̄´  / /         :.:.:.ヽ⊥_        ,.-<}
     ノ    |   ヽ.   l      {i∧         :.:.:.:.:.:.:.|\      /    \

176 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:49:09 ID:vv6YdVzd
七343.
ただ、一つだけ懸念があります、とアリアが口を開く。



       l l::::::::::└┐┌┘:::::::::::::::::| |::::::::::::::::::ヽ
        | |::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::!
        | |:::::::::::::└┘::::::::__|_|::::::::::::::::::::::|
        | |::::::::_;;;-ー''´ ̄: : ハ: : :``丶、::::::::|
        〉-'7:/: :/, : : /: / _l,.ム : : : : : ヽ/
        /: :/:/: /: /: : :/: ;ィ'´ノ !ハ: : : : : : !        「ですが………
       /: :,' / /: :/: : :/ /,ィ行气刊;=、: : : :l         真実を知る者は、やらない夫さんこそが
       ! : l: :!/丁クト!/レ'  V::::::リ"!lうリ : l : !        その立役者なのだときっと気づくでしょう。
        { : l: :l: !汽示     ゞ-'' !l1": : :!: :',
       | : l:ヽl: l` V:ハ  ,       从! : : : l : ヽ       その場合、民の期待があなたに集まる可能性もありますよ?」
         |: :゙、: ヽ:ト、.゙~’   _    / l : : : : ! : ヽ
          '、: :ヽ : : へ.. ___ ./__!_: : : : !: : `、
.         ヽ: : l ヽ: : : : : : : :「      {_ _,. ┴-、:ヽ
         ヽ: l : : >ー-'ヽ\   ̄ ̄ヽヽ`、   \ヽ
          l: :!: xヽ.\\: \\__ ノ丿:::\  ^ヽ
          l;イ  ヽヽ \\:::`ー--ー彡:::::::::::\  \
         / j    ヾ、 \\::::::::::::rー'ヽ;: - 、:ヽ  ヽ
         /{/     ヾ、. \\::::::::::ゝ      〉::j  /
         /∧        }}ヽ. ヽヽ::::<     r:'::::,'  /
.       /: X       〃ヽ  } }::::::〉 ┐ l:::::::/ ィ'
       /: :/ |       〃  〉/ /:::::::::::::::!  !:::::::::!.  〉
.      /: :/ /:\    〃  .{l |:::::::::::::::|  |:::::::::!.  ハ
      /: :/. /: /: :\_. {i    !l |:::::::_;レ┴ー┴ー< `、
    /: :/  /: / : :l: : :ヽ.{{.    廴レ'´          `ト-!、
 .   /: :/  /: /!: : :l : : : ヘ)}  -〃                〉 `ヽヽ
   /: :/  /: / ',: : ', : : :/,ヘ                 /  p 〉



もちろん、ミツカミでの経験もありその可能性も考慮してあるやらない夫は、
二つの解決案を思いついているのだが―――



          / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、.\
          |  (●)(●) .|     「ああ、その事なら考えてある。
        !  (__人__)  |      大丈夫だろ」
          , っ  `⌒´   |
       / ミ)      /
      ./ ノゝ     /
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |

177 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:50:06 ID:vv6YdVzd
七344.
そのうちの一つをマコトが口にしたので、



     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|     「そんときゃ、
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V      やらない夫と王女様が
  < : _: : : / 〈 {}   |/  .レ {}  } |:./ヽ: : |       結婚しちまえば良いんだよ」
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ   Tニー‐‐‐,‐''  /
      ___,r| \  `二二´ /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、



                                 /l
                              Λ/ 〈 へ、
                            ヘ|        ,>
                          ∠  /   〉ヽ   ̄\
   「なるほどなー」              / ノ〈 |^^| /\ト、  ト、l
                          |/| .ハ|__ |/___ ヽ  ヽ
                            l/  |‐|   |―ヽ_|
   (仕方ないか、                 |  ̄ c  ̄   6 l
    相手がやらない夫じゃぁ………)  .   ヽ (____  ,-′
                              ヽ ___ /ヽ
                              / \∨/ l ^ヽ
                              | |      |  |

178 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:51:06 ID:vv6YdVzd
七345.
先の事は分からないし、そう言うのはお互いの気持ちが大切だし、
まだ私十六歳だし、と真っ赤になって手を振ったのは当の王女である。



            └ヽ:::::::/::::::::::::/                ヽ  \__::::: |  | :::::::::ノヽ
              _j:::::::::::::::::: /         ,               ゙'、  ヾ:ト、:|  |::::/、  ヽ
              r::::::::::::::::::::/       /    ,          i _ノ::::::|  K_::::: |    |
              \:::::::::: /     /  ,      .i           .l |_::::_:: |  |:::::::ノ;    |
                ):::: .'      ,'   l     .l       i    | ソ:::::::|  l::::L    .|   「ちょ、ちょっと!?
                  ( .:::::i ,     l    |      .|        l!   i/´:::::::/ /:::::丿.   .|    マコト、それは飛躍しすぎです!」
   .                   ̄| i!    |    ト、!    .|     ィ     ヘ:::::::/ /::::∧      .|
                    | |     ,j__l_ |  . |!    _/_j_ /  / j:::/ /::::/ |      .|
                   レヾ   !ト、>≠=ミヘ|! i  l! ≠=ミlメヽ(_:::ノ_ /::::/   |      .|
                  |  \i、! ヽ,// んム \|ヽ/ _んム ヾヽY !7_ヽ::::ノ.  .|      .|
                  |  |  〉ゝj マ.弋zソ      弋zソ ' |  i ;lヒ ノ     | , 、  .|
                    ,.、  '  | ,'   i    ー‐        ー‐  /'|   Y´``i    .i/  ./  .|
        .{´ヽ     i ヽ i.│ !  i.i //////////|   |.l  l   /  /   |    ,. 、
          l  ヽ.    {  ヽ | |  |i ヘ       r―‐‐、      |   |.l   l   /  /    .|  / /
         ヽ  .ヘ    l   l. | |  || | \     └――'    ./   .|.l   l   /  /    .レ /
    i`ヽ    ヽ  ヘ   l  l | |  || |  >             /   / l  l /  /    / /
    \ \   ヽ.  \  l   l | |  || |‐ ´ヾ   >_-< 、、  ./   / ./   `'   {|  /  イ
     \ \    \  `´   ヽィ.|  || |/⌒>  .{〈.Zjィ{. \/  / ./  ヽ、    `´  ,<  |
       ` 、 ` ̄           \∧/  /.   .ゞt;_ソヽ  `ー―'     `ヽ、     l_.|_
  r―-- __コ    /´  ,      /  /       `ヽ      ヽ               ̄ つ

180 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:52:06 ID:vv6YdVzd
七346.
まるでおとぎ話のようだな、と笑ったロイは悪くない案ですと暗に賛成するが、



       /"  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::
         /,,ラ::::::::::::::::::::;:::::::::::::/ |:::::;::::::::::::::::::::::
        ///::::::::::::::::::イ:/!::/  l::::/|:::::、:::::::::::::::::::::
       -" ./::::;イ:::::::/>:/ //   !:::i .l::::|ヾ::::::::::::::::::::::::::::::
         /:/ l::::://'^X"    l:::/ |:::| ヾ::::::;:::::::::::lヾ::::::::
         /  /::イ  _ ヽ丶    l::i  |:::| i::::::::|ヽ::::::i,、        「救国の英雄が王女と結ばれて国王になる、か。
           レ|/ "⌒ヾ,,     |:l 一|::|ー-i::::::| ヽ::::::::::ヽ>::::     良くある英雄譚ではないか、ははは」
  _,,,,__       /     ~     i/ =--l:|  ヾ:::l^`ヾ::::::::::::::::::::
''". .'' .<三` =-.,,_/             | _,,-┿=、 ヾ:|  ヽ::::::::::::::::::::
ヽ.. . . .\ ゙゙̄'''=i     ,             ヾヾl   !:::::::::::::::::::::::::::::
 ゙. . . . .\ . .{     r"               |  i:::ヘ::::::::::::::::::::::
 . . . . . .). . ',   、_                     |;/ ヾ|)::::::::::
   . . . ./,-"  .',    ゙''-,,_               ノ  〉ノ::::::::
  . . . /" /. .'、     ゙゙'' ー- ,,_         ,/_//:::::/
  . . / /. . .//:'.、                ,=-- <:::::k"
   / /. . . //:: : ' 、       _,,,,,,, --─'''''"" ̄ ̄
    /. . . /// :.| l.ン- ,,_/⌒). . . . . . . . . .
  /: . . . ( ノ . . :.:i::t.K | /./::7 /. . :/'''""" ̄⌒
 /: . . . . . .  . :.:.l:) ) `// // /. ./. . . . . . . .



                                r'ニニニ二二二ニニニ、ヽ
                                | |     .@     | |
                             rー┤|           |├、
                             |   | |       Π    | | |
                             l    l l     lニ  コ  .| | |
                            |    l l      |_|    | | |
   「えっと………                   l__l_l______|_|__|   っ
    あのあの、王女様も               | /  ,イ,へ 丶、       ヘ
    困られているようですし………」        | ,' / //  \| \ ト、 ヽ ',   つ
                             !j./l /        ` ヽト、ヽ }
                       .     | | .!/.!  ○    ○ l l |ヽ,'    ⊃
                              l | | .l/////////////! | !.|
                              .| ! | ト、  ,-ー¬   .ィ| .| l
                               | l ! l l` r --.' <j ,' | |
                               | .l ', l |ャ-ミ≡彳ァトイ ,'! !
                             .| | ヽ| | l r´ )/ハy / | ',



出来れば落ち着いた後、もっとやらない夫と仲良くなりたいと思っていたアリアは態度を保留。
181 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:53:06 ID:vv6YdVzd
七347.
片方の案としてはあったものの、そちらを選ぶつもりは無いやらない夫は
どこか他人事のように、内心を押し隠すような表情で続きを促し、



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|              「やれやれ。
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|               皮算用が過ぎるだろ。
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l               それで、俺の案で良いのか?」
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



放っておくと何処まで行ってしまうか分からない、と
頬が赤いままのの真紅がそれに乗った。



                 / イィ’__:::::::::::::::::::::::::::::::-=ニヒ.
                イ '"ソ:.:.:. ,.   ` 、:::::::::::::::::-ニヒ
          ,ヒ'´`">ーf´' イイ´.:. ,イ      !  \:::::::::::::::ノ
          f ノニ-イ:::::| ,.ィイ:.:.:. :./   /   ,!   ゙,::::::f´
        f ヒニrヘイ:::::| 7:.:.:|:.:.イ{;イ::. /:   / ,!   lr-イ    「ゴホン!
        ム'ー'´Lィ{  { ,r'、:.:fテ‐ト、{i:. l:. :. /:. ,イ   }イ      で、では、決を採りましょう。
       イヒイL´ ゙!:::::゙!7イ:.:| ィテト、ヾ{ l|:.ム‐7"|:.  ! |!      詳細を詰める必要はありますが、
        ,/イ: :トヘ、 ゙!rべ{:.:.:| ゞ;:ン   `,ィセリ }::. / リ       やらない夫の案で良いでしょうか?」
      ム'| : :|:;ヘr、ヘテイ'〉:| ////    {;:ソ,.イィ,イ '
       7 l : : ト{f`个rヘ/.:.|、     ' //// ト{´
.      |! : :.! ゙! !: : / ィ !:ヽ.   ( )  ,.イ:. |l|
      |l : : | {' |: :/ /_l !ニ->ー-、 イ__,. !:. !ヘ
      !! : : i  | / /´ l |, {::::::::::.ヾイ:::::} |: | ゙,
.      || : : :|   く-イェ_ | {、 \:::::::: }ァヘ::| ! {   i
        !! : : :|  ,イ ヽ_: : ` ‐-. .、f-:. ト,トイ{ | !   }!
.       || : : ::| /    `ィー- 、: : ヽ::7イ::::::} ゞ〉 '´

183 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:54:06 ID:vv6YdVzd
七348.
それで重要な軍議の真っ最中だと思い出した彼らは気を引き締め直し、



         /|  , イ         ==‐
   `、    / { /             `丶、
    ヽ\  { |/                   ヽ
     乂ヽ { |      \             \ 、、
       /   、 |      ` 丶、       ヽ ヽヽ
    , ',/ //   \|、   `` ‐  `_ヽ、    、ヽ ゙.
    ノ / /// |i |``lヽ     \  `‐ `=-   \ヽ    「異議ありません」
     //|   レ! | 、ヾ 、ヤ \ ヾ\      ヾ }`
      i// /   | ヾ ヽぃ i iヽヽ\ヽ,,,\  \| | ハ!
      |//   H Aト-仆ヽぃ ヽ! xィ勿 }}\   `レ′
       /| ,,  キ,,x=≠=x, レ ヽ イ弋_歹 ! \ヽヽ.
        |/| | 代 勿 }}              ト ´|` ゝ
           | / ヽ `‐゛           ,′| | \
           ヾ!      ヽ     〃| |ヽ!  \
            ヽ\    -一  / /|/    _ ,-ン
             \ `ト 、_  _ / | /  _, ‐ ´  ノ
           /´`ヽ,.|     ̄ ____| )_-(_   , /
      ___∠Y ′ ∠,ヽ ヽ _,-‐ ´´  )‐}    ̄
   -‐ ̄   /   ̄_,´` ̄丶_  _/ /   , ヽ_
  // ̄\ /   <__/ .` ー´ ̄ /   //     ̄ト、
 ノ    /    ー 、 \   \ /  //     / \
ノ    ハ    ー- ...`ヽ`ヽ             /    \
    / 人_ノ_ノ ´ ヽ、_    ヘ____ /       ヽ



                     -─ 、  , -──- 、
                     , - ─`<::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::`- 、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /:.:.:.:.:.::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /: : : : : : ::::i: ::::ハ:: :::::::: : :::ト:::::::: : i: : :::::::::::ヽ
                 /: : /: /: ::::::|::::/ V::ト::::::: :::| \::: :V: : :::::::::::|
   「同じく」         |: :/: /: :/:::::|∠─ V| ヾ:::::::| ̄ V:::::i:::::::::::::::::}
                レ.|:.::::|:::i:::::/:/  .、ハi \:::レィ--V::ト::::::::::::::::ヽ
                  .|::::::|:::l::/|::レイ飛ゝ   ヾ| 'j及ァVハ::::::::::::::::ハ
                   |::::::|:::K .V 辻 tj}      弋 ソ ' ハ::::::::::::ト;;ゝ
                 |::::∧:r-、 ゞ- '´        ̄ i .ヒ V:ハ::::i::>
                 |::/ |:|レヽ      i       レイ/'リ::::::>
                 ヾ.  | ヽ∧     _     r‐ム::ハ/
                    V:::/ ヽ、         /'´
                     ヾi   }>     , イ
                           | ` - ´_ -┴┐
                         r‐'V/ ̄    /::\
                         / /:::::入     ./::::::::::|""\
                      /:/ /:::::::::::∧  /::::::::::::|::::::::::::" - 、
                    //:::::|V∧::::::/  \/::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                   /:::/:::::::|  /:=:::i    /::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
                  /:::::::::|::::::::| /::/::::|   /:::::::::::::::::/::::/:::::::::::::::::

184 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:54:36 ID:vv6YdVzd
七349.



                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                ,.イ:::::::::::::://!∧:ト、::::::::::.:.:.',
               ´〃::::::::://i/ l! ヽ',ヾ'、::、:::::::'、
                /l:::::::://rェr、i! < メィェヾ',!:::::ト!     「賛成です」
                ハilr‐!′        `jr,ト!
.                 lト_l    l .     l)j!′
                  ' l'l   r====、   lr'
                   ヽ、  `ー‐ '  ,ィ'´
                   r-j->、_ ,.r<l_
.                  l 、 ∧!-、r∧   l
                  ,/ 。ll i! l∧l/ l   ,.ヽ、____
            ,._、,;-‐''"´`ヾ'、/ ヾ./ ,.ゝ,.∠-- 、__r並ニヽr=r--、__,.
         _,.ィ'"´7./         r'ヘrfヽ 、,.、       `l    l!
        / l'´ //    _.     /. {l ! l,. ⌒!       l    l!
       l  ! //    //    , '.  }l.ヽ、`¨ソ  、_ノ  l    l!
       l  l l l  _(r-)__  , '    ヾニy'´    ,.イ´T`l    l!
      r‐!  l l l   /‐/  /     ( r'クェニr几 l  ヾl___〃
      〉、ヽ  l! l   / ,イ  , '       `´〃  l!  ヽ、  /  >―---、



       l;;:l i;;:::::└ー┐ ┌ー┘:::::;;;! l;;;;ヽ
       l;;:l i;;::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::;;;;! l;;;;;;;|
         l;;:l i;:::::::::::;;;;;l__!;;;;;:::::::::::;;;;! l;;;;;;;|
          l;;| i;;_;;ァア'/゙`゙'''""ヾミ丶、;! l;;;;;;;;l
         ゙y''7 /;'イl     _!l .! !`〈;;;;;;;;|   「異議ありません」
       ,;' ;'.!,.iイ'l"!`    ´ !l`!|、;';:ヽ;;;l
.        ;;' i .|'l .|ヾ_゙     __リソiノリ.: : Y
.      ,;l l .::!i゙;ャ''"゙`    " ̄ヾ;';'ト、; ,:!
      ,:' .l!l ::{ハ ゙、""  ,   """;'';: lリ' ;.:}
       ゙、';.:!ミゝ    、_ ,,.    ;ム' !;',';'ハ
         メ!|ヽ';:,`;.、  _,.、 ,,.ィ'",;' j',';'イ.! ゙、
        ,'ハ'; ';:.';,';::|シ./.j''´'"!,;';';,',;'' .;. '; `
       /,',:i_ヾ,jィ-ry././;`ハ ''y',',';_ハ ::',
       /´.:`i l;::::リ,' j .レ ,' ;'ノ';','';;;;;;;;'',ゝ、;
        ,'!.  ::l |;;:::;;|     ' i'''i',',';;;;;;;;;;l i  .:}
       ノ:l   ::! !;::::;;!    ノ:::i; {;;;;;;;;;;i l ..::!
185 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:55:06 ID:vv6YdVzd
七350.



       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \
.  N. {               ヽ
.  N.ヽ`               〉
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /   「第一騎士団、異論ありません」
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|
.   /   :ト、` ー-、 r--‐_'´/   |
  / _,..、-‐\  ̄! レ' 厂 /へ、  :|
  T´ ヽ\l.0|   V /   / /  \ |



全員一致である事を確認し、王女がそれを承認する。



                         __  __
                       r'⌒V´::.::.::`y'::.:::,:`¬、
                  __/⌒::_::j_:_:_::.:::/::.:/::.::/{_r、
                 __r-、/:::/7::; '´     ` <::.:/::/::.:_)
              {f〒う::://:::ノ/ / , '  〃 ,  ヽ/::.::.::{
               〉工{_://厂/ / // // / , / ∨:: ̄::フ
                / /r'::| |::)l| トx'/ // / / / / , !::.::.::r′
            / /:/ハl | ル'芹メ/ /,' / / / / //lー‐〈
              // 〈:/  〈l 川ヾジ  /ノ,厶ニくノ /‐z_/l         「では、真紅=L=ローゼンの名に於いて、
            /// /  _リ !|       礼jハ/ ノ::;人/         本作戦を承認します」
      , =='′ // / _{::.::/,小、 丶、′ `゙,.イ ハ^ー' |l |
    〃    / ′//: :〉//:::||:::>=、 --<// |l  |〉l
   //    / , ′〃: : ://::.:〃レ行」}::.::/,'/l  |l  l ヽ
  _」 {_ / / / : ; : 〈二ニ <:::〉キrく/::.:l |∧ |l  |   \
/ 」 l rv=ニ ̄: : : :/: : r ヱニ>、〕: |〉/:ヽ、_| | : :ヽ|l  |     ヽ
 / ! レ: : -‐': :/: : :.≧= \ ̄! : r――-ゝヽ: : :.\ |    \
'′ ヽヽ 弐ヘ、_rく: : : : : :\ ̄::.::.〈: : 匸二ニ=、ノ : : : : `>‐ァ    ト、
`ヽ、 \/: ` ̄`ヽ、: rr=- 〉 ̄T‐': : 仁二フ: ヽ : : : /ヽ}イ \   |l
、  ,>'´: : : : : :.:厶イレ》: : |:_:_:_:」==厶イ: : Y⌒ヽ、ノ/ヽ \ ヽ   | |
_,二{/: : : : : : : : /: : :l : : : : : : : : : : : : >ヘ:_:ノ: : :.ハ      \ ヽ \ } }
‐ヘYヽ、: : : : :/: : : :|: : : 、: : : : : : : : ':./: :|: : : : :l:ハ       ヽ`丶、j 「ヽ、
  VZハ:_:_/ : : : : : ヽ : : ヽ、:_: : : : : :/: : :ト、 : : :': : :ヽ、     `ヽ//\ ヽ
__,.ィ ∧/: : /: : : : : : : : : : : : : : :_:_; : '´: : : !: : :`ヽ、: : : : :}_   _,厶'´  ̄  }
: /:レ′: : :,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : l: : : \:ノ: |_〉/  ,  '´ ̄ ̄
: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,': :l : |: : : : : ヽ/ } ヽ_∠二二¨丶、
: : : : : : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : ! :|: : : : : : \    / `> /
: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :/: : :! : : : : : : : : ヽ、  !/ /


186 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:56:06 ID:vv6YdVzd
七351.


            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /    \         ノ      .',
        /     ,  ゞ.._,, ー "   、    ',
        l     l {::::::::} l  l {::::::::} l     l
      . l     ` ー ' '  ` ー ' '      l
        l      /    .!    ヽ       l    「では以降、本作戦は『ブルー・ローズ』と呼称する!」
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l      〈        〉       l
       .l        `ー――― '         l
        l                   l
       . l                   l
         . l                    l
        !                     !
        /!                    ,'^ヽ
       /{ |ヽ                 /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //


                        し,::.::.::.::.::.::.::.::\::.::`ヽ、
                    /`ヽ/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:i、
                      L__::.::.:\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::r‐':ハ
                       /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{::.::/ヘ
                       厂\::.::.::.::.::.::.,. - 、,. ´  ̄ `ヽ、::}、 _
                   l_::.::.::.::.::.::/ ,    ヽ \、 .ゝ::ヾ、::.:`⌒ヾー--┐
                        }::.::.::.::,.'  ./   i     '、 .!::.::.:ヾ、::.::.::.人 ̄7/
                     /::.::.::.:/    li   .|  ', 、 ヽヽヾ,::.:',;;、::.:└トミー/
ブルー・ローズ             '::.::.::.:.,'    .||   .!|  i! ,!  从 Y"::.:.i;;;;i::.::rヘ〈ヾ:〉
「『青薔薇』?」         〈::.::.::.::.     ト、 、 l  l!,ム‐ナl'!ヽ{::.::.::|;;;;|::.:゙┐ヾく
                     \::.::{  i l、!ヾ\ハl∨イfィt.`ト, i | 〕::,>=、::rヘ:', ヘヾ:、
                     ヾ:ヽ ゝ,ヾ、斗-、   弋zリ , ト、ゝ{薔}::.)、l:、 ヘ \\
                         `从ルヾ゙ 弋zリ         // .〉、ヾ"::ノ ',!:', .ハ  \:\
                       /   /∧   `__     ! |/:;ィ:>、〈   ゙!::| .ハ  \:`ヽ、
                         /   //  ゝ.    r‐'¨´7.//┐ ', ハ  .|::|  ハ   ヽ/
                     /   //   ,.-‐≧ 、∧  ,.| .!"::.:く  ', }  〈:」 i、   ヽ
                    ノ   //  /{   /{薇}、   | |::.::.::.::\} .!    ', i\ \
                   .'   / /::.::.:`フ  7介ト、 「ヾl::.::.::.:/ 人     ', ! \ \
                  /  ./  "::.::.::.::.〈___/::.ゝ一'::.::.::__∠-―" ̄`ー┐_!」__ \ \
                  /   ,/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.<     ,. -―--ァ、 |::.::.::.::`ヽ. \ \
               ,/  / ./:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ- '"´ ::.::.::.: //::.::.::.::.::.::.l   \ \



 ローゼン
『薔薇の王国』の名であるこの国は、多くの物が薔薇の品種から名付けられている。
町の名前しかり、河の名前しかり。

作戦名も薔薇に因んだ物で良いとは思うのだが、
見た事も聞いた事もない名に真紅が首を傾げると。
187 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:57:06 ID:vv6YdVzd
七352.
天界にのみ咲くと言う花の名を上げた男は、また気障に笑ってその理由を告げた。



                                 _ _ _
                                ´      丶
                             /         丶
                            /             丶
                             /             |
                          /           _..,,ノ   |
                           /          (● )   ノ
ヽ                        /           /   |ヽ    「花言葉が―――『奇跡』、なのさ」
:::::`ヽ、                       !           丶_ / /
_, ‐、:::::: ̄ )           | ̄ ̄ ‐ '─ !_               ノ ´
:::::::::::レ'  ̄            |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
:::::::::::|              |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、 _   /
:::::::::/       __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
:::::V        |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、 _:::::::::::::::::::::::::::>
::::::〈       __|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _:::::::::::::::/
::::::::}_r──´ ̄::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::´::::::::ヽ:::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::\:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
、_______|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐‐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: {:::::::::::-‐‐‐:::::::::::::::::::::::::/
_          l::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::`‐-、_     __ キ:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、
:::::::::::::::::__ >-‐´::::::::ヽ:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}



           |:::::::┌┘└┐::::::::::::::/l:::::::|
           |:::::::└┐ f::┘:::::::::::://:::::::l
           |::::::::::::::t__j:::::::::::::::::::l {_:::::::!
           |::::::/: ̄:l、: ̄、:`:ヘ-t:::`::'、
           ゝ': !: : :ハ:l },-+:ハ-: ヽ:\_/        「くすっ」
           !: :,+--/ lハ: ハj⊥、,:l: : :ト、
          ィ: : 少≠、ノ |:イ|r、_,|》|: : :ト、:\       (またご謙遜を。
        /: l: : : ヘヾ、ハ ノ ゝ--'/!: : :!从: :\       この復権劇が成功したらそれは、
   _ ..-一'´: : -1:|: :ヽt_`¨ ,   """'イ: : ,j:ヽ:丶、:.\     奇跡に寄る物ではなく―――)
 /: :, - フ´: : :!:ハ: : : ト、_ ー一'´/-|/}: : |!: :ヽ\:ヽ、
/: :/  /:/: : : レ: :\: ヘ、厂7アT ´  `7ヽ、__: : | リ:}: } l
l:./{  /: /: : : : : : : : :ノ|``/}::f |ヽ」 _,-/ /::://ヽ/: :丿 !
ヽ: :`:ー-,一': : : : : /: ハ/:´::ヘヽ___/メ:::// /:/ /
 ` ̄ |´:/: : : : ://: : : /:::::(`)┌┐一'::fヽー一' ´ //



ただ一人、天界の青薔薇の事を知っていたアリアは、
彼が何を思ったかを察して苦笑に近い笑みを浮かべる。
188 名前: ◆FrtuoSIf66 投稿日: 10/10/27 21:58:07 ID:vv6YdVzd
七353.
┏──────────────────────────────────────────────┓

   常に王女様の傍らにあり、
   復権の立役者になるであろうやらない夫さんと―――
   王国の騎士そのものであったサクラダ家の遺伝子の成せる業でしょう。

┗──────────────────────────────────────────────┛



              /    \
         /         \.
         |     : :::::::::::|
         |     :::::::::::::::|..
         |    ::::::::::::::::::|.
         |   ::::::::::::::::::::::|ヽ..
            ヽ       /_./|\.
              \__,-‐´~/:::::::\.
          ∠___ ,-‐'~.::::::::::::::)
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          /::::__::::::::::::::::.::::::::::::::/.
       //:::::::::::::\::::::::::::::::::::::/
       |:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::|
       ヽ:::::::::::::::::::::::::::\::::::::::|
        |\::::::::::::::::.:::::::::\:::::|._
         |::::\_::::::::::::::::::::\|:\           >:.-:.-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´:.:./
        〈:::::::::::\:::::::::::::::::::::::|::::::::|        r‐ ':.´:.:.:.:.:.:.:.:.::./:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|:::ヾ:.:./::|:.:.:.:.:.:.:/
           /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::\      /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| ̄`''- 、;i:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ヽ
           /:::::::::.::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::`|     /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.|      |∧:.:.:.:.:|:.:.:.:.:}
          |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::/、  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::V:.:.:./ -V:|_     //:::.:.:.:.:.:K:.:.:.:|
            \:::::::::::::|::::__/|_/:::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∠V:./={´rvミ、=、_,, ,/ |:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.|
           /__| ̄____/::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´\-;/ ̄ V ̄ | |イ≧ミ=、/   |:.:.:/:.:.:<´ヾ|
             ヽ::::::: ̄|   |::/\_:::::::` '' 'ー -ァ:.:.:/:::r::j::./:::::::.    | | 辷り` |}_ r-Vソ:.:∧}
.________ヽ/|/   \___\::::::::::::::: /:.:.:.:ヽ::::::::::i:::::::::::    ヽ廴_  <テ=/rァヾ:∧:.|
             | | | ̄〉 〉 〉〉〉_|  \::::::::::::フ/:.:.:.:.:.\::::::::::::::::      ̄ヾ=ノ  <-ン /:| .V
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ| ̄::´::´´´ヽ    \:::::::´''- 、:.:.:.:./::::::::::::::::          /=テヾ|
         .       ヽ:::::::::::::::::::ヽ      ヽ::::::::::: ヾ/:::::::\::::::..     ー -    /
                 ヽ::::::::::::::::::::ヽ     ヽ:::::::: /:::::::::::::::::::::::::...     -  ./
                             /\./::::::::::::::::::::::\:::::::::...    /
                            /   ∧:::::::::::::::   /` 'ー - ' ´
                          ノ |      }ヽ::::    /_
                        ̄ ̄  .|       \   { ヽ



だが、この後彼女は目の当たりにする。
やらない夫が仕込んでおいた、青い奇跡その物を―――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━……



第七章 成そうとする者達 その5 後編へ


スポンサーサイト



  1. 2010/10/27(水) 22:06:03|
  2. やらない夫は約束を守るようです
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やらない夫と呪われし姫君 第48話 | ホーム | キョン子がやる夫を護る用です 六匹目後日談>>

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
http://junkpaperforme.blog70.fc2.com/tb.php/1098-3efa0f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

俺裏の人

Author:俺裏の人
ウエストフレテレンを飲んできました。
うまい! ぱねぇ! 幸せ!!


junkpaperf@gmail.com

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

まとめ (98)
未分類 (0)
やらない夫は弓を引き絞るようです (7)
やらない夫のKANON (16)
やらない夫は学生映画を作るようです (119)
やらない夫は職探しをするようです (14)
やらない夫が破滅の剣を手にするそうです (41)
やる夫たちが薔薇の武具を集めるようです (123)
やる夫が七徳の宝玉を捜すようです【完結作品】 (31)
やらない・フォース (34)
やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです【完結作品】 (14)
やらない夫はCOOLに決めるようです (66)
やらない夫が聖剣を手にするようです (13)
やらない夫とエデンの戦士達【完結作品】 (67)
やらない夫は魔剣使いのようです (3)
やらない夫が流しの床屋になるようです【完結作品】 (17)
やらない夫と幻の大地【完結作品】 (73)
やらない夫は超能力に巻き込まれるようです【完結作品】 (3)
やらない夫達は“日常”を戦い守るようです (52)
やらない夫の死神は…… (8)
あっぱれやらない夫【完結作品】 (8)
やる夫と世界樹の迷宮3 (20)
やる夫たちの仮面ライダーと特撮な日常と感想 (169)
やらない夫は経済帝国の影を生きるようです (19)
やらない夫は騎士な義妹と仲良くなりたい (12)
やらない子が兄を探すようです (62)
やる夫は妖精の国を旅するようです【完結作品】 (49)
やらない夫はMTGをやらされるようです【完結作品】 (3)
やらない子でスレイヤーズ! (76)
お知らせ (4)
第5回 やらない夫ヒロイン短編祭り (11)
やる夫とやらない夫が、翼の少女と共に生きるようです (5)
やる夫が紅蓮の聖剣を継承したようです (25)
やる夫は世界を変えるようです (6)
やらない夫はロリコン呼ばわりされるそうです (23)
やらない夫達は塩の街で生きてるようです (23)
やらない夫が落とし物回収を手伝うようです (10)
やらない夫は約束を守るようです (139)
やらない夫と呪われし姫君【完結作品】 (67)
キョン子がやる夫を護るようです (49)
やらない夫は破壊神より強い化物と呼ばれるようです (54)
やらないファンタジー5 (28)
やらない夫は、悪魔の兵器にされたようです (28)
やらない夫がド田舎で警官をするそうです (10)
やる夫たちは五竜亭の常連客のようです (32)
やらない夫でリリカルなメモリアル (74)
やらない夫とみくるは命令されるようです (18)
できる夫は日記を書くようです (13)
やる夫達は友情破壊ゲーをするようです (5)
やらない夫とみゆきが白い季節を過ごすようです (5)
やらない夫と導かれし仲間達 (54)
できる夫は大きく欠けて歪んでいるようです (64)
とりあえず世界が終わるまで (33)
やらない夫はひとりぼっち (77)
第6回 やらない夫ヒロイン短編祭り (24)
やらない夫は欲望に囲まれて生きている (295)
やらない夫と天空の花嫁 (42)
やる夫のTRPGの軌跡 (14)
鉄血宰相達が帰ってきたようです (12)
もげるべき白饅頭と炎の軍勢 (26)
やらない夫のメタルサーガ (180)
六人の貧乏な冒険者たち (76)
彼らは結婚してからお互いを知る羽目になったようです (16)
俺が死神で君が神様で… (27)
ありがちな魔王と勇者物、おまけに世界観はわりかし現代 (7)
やらない夫は騎士な妹たちを救いたい (2)
2人なら全てを救えるようです (12)
やらない夫のドラゴンキラーあります (25)
DQ風ドラゴンキラーあります (29)
ヤルカイザー:ザ・クライムファイター (29)
やらない夫達が未知の存在と遭遇するようです (38)
やらない夫のドラゴンキラーいっぱいあります (18)
やらない夫とウーノさんは無人島にたどり着いたようです (3)
やらない夫はセレブになったようです (12)
やらない夫とフェイトが職場でイチャイチャする話 (30)
MM7 ―やらない夫が大破壊後の世界で歌うようです― (2)
やらない夫は紀元前の商人なようです (6)
阿部さんは、妹な兵器で挑むようです (8)
ドラゴンキラー・メタル・シティ (5)
エロゲーのシナリオ考えたwww (22)
やらない夫のブラインドエスケープ (4)
CHRONO TRIGGER ──やらない夫の不思議な冒険── (25)
やらない夫のドラゴンキラー売ります (26)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
やらない夫とさか奈の「おっぱいバレー!」 (15)
やらない夫は街角の占い師のようです (1)
ミクとやらない夫の徒然なるままに (31)
やらない夫と真紅が、小説を読むようです (10)
長靴をはいたねこ夫 (2)
やらない夫は、届かない手紙を届けるそうです。 (9)
三人が、夜の町を泳ぐようです (6)
やらない夫が嗣子問題に巻き込まれるようです (5)
ユーノは悪の科学者?のようです (24)
エロゲーのシナリオ考えたwww@れくいえむ (5)
やらない夫は昇山に付き合わされるようです (20)
ユーノは中学生で主夫のようです (26)
―ムゲン Dream or Phantom― (29)
やる夫はひきこもり探偵のようです (4)
やらない夫は別荘で悪夢を見るようです (0)
我ら金満冒険者! (8)
やらない夫は集われるようです (4)
やるおはカタンの開拓者 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR




以上の内容はhttp://junkpaperforme.blog70.fc2.com/blog-entry-1098.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13