以下の内容はhttp://inzainewtown.blog.fc2.com/blog-entry-10273.htmlより取得しました。


834 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:37:45 Eble29UE0

投下します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              やる実が、後宮の女史になったようでス。

             【 第43回、花の歳月・竇猗房3 】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                      人
                     ( ::;;)
              ..      ヾi ̄;'7
                    /,厂ヽ\
                 _,.-'´/;;;::::: \`'-..,,_
            __,,...-‐'''´_,.-'´;;;;;:::::::::   `-、_ `゙'''-..,,__
    ハ ̄`''''''''''ー-‐ ‐ ''''´;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::    `'''' - --‐''''''''" ̄ハ
  /|゙``'''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´|\
  l,ィ'^゙``''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´^ゝ!
  `Y'i!| ̄ ̄ ̄ ̄l]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!iiiY´
   〈〈ヽ《ヽ三三三三三《ヘ三三三三三三三三/》三三三三三三/》/〉〉
    \\\゙三三三三`ヾ〉三[_後___宮_]三//'.三三三三三///
     _〕|.|_|エTTTTTTTT|_|iTTTTTTTTTTTTi|_|TTTTTTTTTエ|_|.|〔_,( ;)::),
    i´| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(;;;;;;;;;;)ゞ,;;:;;゙)
    f'l ̄|| ̄〕l ̄ ̄ ̄ ̄|~| ̄冂冂冂冂冂 ̄|~| ̄ ̄ ̄ ̄l〔..(;;;,, ソ,;;)、::;;::;゙゙)
 ;;::(;;;,,,, ,,,,,;;;;;;;;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)  ;;;;;;;        ;;;;;;;  ;;;;;;; :::::ゞ;;;;;;;;(;,,,;;,:::;;;;;;ゞ
 ゝ;;;l;;;;il人;;;,;;)::::)::) ,. ,,!!,,       ,. ,,             l:iil !!ヾ゙l:iilソ,,
   ii;l;l  !ii,|                             |:;|   |:;|_ 





836 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:38:46 Eble29UE0


   ~やる実は後宮の女史(記録係)。戦史では省略されがちな

   後宮や愛憎劇を、取材しちゃうお~。

MEMO───────────────────────────────────────

                  ______
                 r〃〃〃 f7⌒ろ
                l∥∥∥ ||   f灯 ヽ
                |∥∥∥ ||   | | 、 ヽ , -- 、
                 |儿儿儿._」∟⊥厶 ヾ´    <^ヽ
                /〔__o____o_≦、 ヽ    ノ }
                  /   ハ{ \  ヽ  ヽ   ',  / /        ☆これまでのあらすじ☆
               ' i  /     \__   ヽ   .ヒ -‐ ´
                  /  l ,レ'     ´\ ヽ  ヽノ  }、
              / 、 { ´|ィz、   '´孑ヽハ   \ リ\           今日も元気にニンハオ、やる実だお。
              /イ ハ   らハ    らハ } 〉 冫ヘ{   ヽ
              j 〉ヘ 代ソ    弋ソ リハ  / ヽ   \        竇猗房さん話、3回目だお。
                   / ⊂⊃  -‐y  ⊂⊃ ノソ   \  .\
                 / /__rf`‐- 、,´<`´i ~⌒〉     ヽ   i
             / / ,' |.{  乂   j }   }_    ',  }      前漢宮廷による宮女選考オーデションバトルで、
                {  ト {、/ヘ イ |ヽ、ノノiヘ__/イヽ     i リ
           f⌒ヽ| /リ / {ニ| }~'´ハ__   }- 、  }ノ       県の代表になった猗房さんは、ついに
          ハ  冫<.{´ { ̄  . ̄ i  i {  `只_ノ
           八  /j  {  乂 |   } j 乂   人            首都・長安で行われる全国大会に
             `´/ 八           _, ∧ヽ-<}\>
             /  、ィ ̄`i `T― ' ´ / /     八          出場したんだお。
           ヽ       ト、 |ヽィ}    / /      ヽ
             ∧     j `〈>リ_   ヾ      /
            \ >/ 、 .{<}     ィ ̄¨―-<
            /  ≧―’  >― '´        ミ 、
        r―-- ´ /                      \ / ̄}_ 


837 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:39:39 Eble29UE0
                       ______
                      r〃〃〃 f7⌒ろ
                     l∥∥∥ ||   f灯
                     |∥∥∥ ||   | | 、
                      |儿儿儿._」∟⊥厶         そこに待ち受けていたのは
                     , 〔__o____o_≦、
                      /      / ヽ  /ヽ ゝ       各県代表の千人ものライバル達!
                  /   /  /\   `/   ヽ
 /   __            ∠     { / ┃     ┃ヽ  ヽ
 | リ |!_>― 、ヽヽ        /       ┃     ┃  ヽ . i     そして奥義・側室バラバラ殺人事件で名を馳せた
 ! } {_{ o  \ヽヽ      {    |⊂⊃         ⊂⊃ ' |
  ゞヽ┐、   ヽ ゝヽ  「⌒!_ ィ   |   /⌒ヽ_     u   }|     前大会の王者・呂皇太后!!
  { ヽヽ¬ヽ   \ヽヽ .{ , - 、}ヽ i ヽ  {       フ    / }
  「  ヽヽ`‐\    ヽヽヽ へ ノ)ヽУ  ヽ>‐-<_  イVヽ/
  `   ヽヽヽV 、 o /`_/‐' , へ{  __,r<   イヽ         皇后の人相「至尊の色」を持つ猗房さんも
           弋/ /   ̄ ヽ ! ⌒ ´   }/ ノ  ヽ
              ト.          ヽ´,_,  ´ `¨¨´  ノ ヽ__      今回ばかりはガクブルの大ピンチに追い込まれたお。
             !  \  / ̄ヽヽ >‐-----‐ ' ヽ  /_
               \  ヽ(    '  /      }/<    \





       ______
      r〃〃〃 f7⌒ろ              そして開戦から3年後……
     l∥∥∥ ||   f灯
     |∥∥∥ ||   | |              最高審査員の恵帝による判定丸投げ&
     |儿儿儿._」∟⊥厶
     〔__o____o_≦             呂太后による血縁ごり押しツープラトンがさく裂!
      , '  /" `ヽ ヽ  ヽ, nミ/ レ 7
   , '  //, '/     ヽハ \ヽ! | /        猗房さんは負けてしまったお……。
   |i 〃 {_{ _ノ   ィヘ リ| ヾ!   {
    |i | | ( ー) (ー) 从!/  /
    |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/   /         その間に弟が行方不明になったり、後宮の怖い噂を
      |i从/、      /ノ{   l
       ヘ,、 __, イ   〉  ',          聞いて鬱になったりもしたけど、彼女の流転人生は
     r、、-::::|ヽ`ー'´,1ー::::: l   ',
   / V:::::::::∨yヽ/:::::::::::::i   '          これで終わらず。
   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::::::::r!    ',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:y    !
  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}    l         新たな出会いが彼女を待ち受けていたんだお。



838 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:40:30 Eble29UE0



                  「   ̄ ̄ ̄`ヽ
                  |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│                    解説役の宦官、やらない夫だろ。
                  |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│
       , -‐―- 、      |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|        , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、    |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│     //:: :: :: :: :: ::ヽ       まあぶっちゃけ主人公、前回も
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/      特に何もしていないけどな。
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /        それでも何とかなってしまう
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/          ラッキーマン系ヒロインなんだから
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/           やはり吉相の持ち主なんだろうなあ。
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::| 


839 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:41:18 Eble29UE0

               ______
              r〃〃〃 f7⌒ろ
             l∥∥∥ ||   f灯
             |∥∥∥ ||   | |  
             |儿儿儿._」∟⊥厶
      .r-、     〔__o____o_≦            やる実も「至尊の色」とかいう吉相が
     /て )     , '  /" `ヽヽ ヽ\     __
     ( _ノ  フ   , ' //, '/     ヽハ ヽ  「< \     欲しいお!
      ゝ、.〈   |i 〃 {_{ー-  -‐ リ| l``  つヽ__ )
       1 ヽ  |i | | ( ●) (●) 从!」  〉  ノ
        ヽ   ヽ、|i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」  /  ,'      ところで ”眉宇” って
.         \   !从ハヽ.  ヽ_ノ  ノノl  /  /
            \   /./.: :`...、 __  へ/r イ   /       どのあたり?
             Y l : : : lヽ.ー-´7 : : { {  /
              \〉: : : :ヽ./yV: : : .ヽ v '
                  /.: : : : : : : : : : : : : : Y
               {.: : : : : : : : : : : : : : : :}
                ゞ. : : : : : : : : : : : :.ィ
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛
          「   ̄ ̄ ̄`ヽ
          |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│  
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│        人相用語で言うなら印堂……つまり眉間だろ。
         ⌒´ ヽ、,_  \
            (●)(●.)    |         そこの色が尊い色の紫か黄色なのがいい。
         (_人___)    |  
            '、       │
              }       {         現代でもそこは「決定の場所」とされ、
          !、______ .ィ-ート、
            V/:::::::::::::::::ヽ       見る人が見れば吉凶、願望、快、不快なども
                {::::::::::::::::::::::::::::::.、
           /ー-:::::::::::::::::::::::::::::::,    分かると聞くな。
   「r'、     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
   } r'、 ヘ、 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
   i/ ム、} .{ i:::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::: |
   { い、{  Y::::::::::::::::\::::V:::::::::::::::::::: | 


840 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:42:03 Eble29UE0


                    「   ̄ ̄ ̄`ヽ
                    |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
                    |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│        ただ後天的にそこに色をつけるには
                    |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
                    |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│        ボディーペイントか、ぶつけて怪我するしか
                      _ノ  `ヽ、  \
                      (●).(● )     |         ないんじゃないか?
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、     あと日本だとそこに色つけていると
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                   _/___ ノ__::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、   大仏とか千●夫とかあだ名つけられるぞ。
              _/ ::::::::::ヽ‐-   V:::::::::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::j
             l :::::::::::::ヽ〈.‐    V:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/   それでもいいか?だろ。
             ,' .::::::::::::::::::}ー     lヽ、_:::::::::::::/:::::::::::::::::::::l
             ,' .::::::::::::::::::ハ`ヽ、__/ / ::::::\/:::/::::::::::::::v
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::;`,ー:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::/|
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛
    ______
   r〃〃〃 f7⌒ろ
  l∥∥∥ ||   f灯
  |∥∥∥ ||   | |  
  |儿儿儿._」∟⊥厶、         ウッ!
  〔__o____o_≦ ヽ
 / /  ハ/      \ハヘヘ
 | │ l |リilii⌒  ⌒ }_}ハヽ      女で男のあだ名がつくのはイヤだお。
 | |从liil( ○) (○)小N
. 丶(| | ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃
  \V j    (__ノ  丿
   > ヽ.   ij __...イ
   |  \     | \
   |\  \   |\__二⌒) 


841 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:42:47 Eble29UE0


        「   ̄ ̄ ̄`ヽ
        |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
        |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│
        |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
        |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│        では恒例の前置き漫才が済んだところで
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)       本編の始まりだろ~。
.           |    (___人__)       
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |       
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ


                  ------------

           ================================

      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ


            ~この時代前後の、おおまか年表~


   紀元前202年:楚漢戦争終結。前漢(西漢)王朝が興る。

   紀元前195年:劉邦、崩御。 恵帝・劉盈が即位。呂后が後見にあたる。
            全国に宮女の募集を行い、竇猗房がその一人に選ばれる。

   紀元前194年:竇猗房、長安に到着。侍女生活が始まる。

   紀元前192年:張嫣が劉盈の正妻として立后される。

   紀元前191年:劉盈が元服。大赦で焚書を終らせる。宮廷内で火災が続く。






842 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:43:15 Eble29UE0


――― 紀元前191年(恵帝四年)、夏。


     广´   ;;广 ̄て⌒Y⌒7ー<⌒フ《 f⌒介⌒Y⌒Y⌒ス); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;、 .: ; ;、 ; ; .
     ノ`¨´  '^.:.;;⌒'く⌒介く⌒)介く__込ノ“ 人ノソ⌒Y介く._,,jj); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ;ヾ ; ; : 、
   /"フ'小`゙`   ミテえrヘ  )んしヘノ  介ーヘr久n,,人んJン    ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ヽ ; ; :ヾ
 /       _,:=ミシ′   `´   `¨´  (丿   从
'’     ー=广¨´_               ん癶)
  ,,_  `ミラ′   _ _
  ⌒`ミミシ′   -  _
 "'ヽ、シ′           ‐ ‐       人        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
'  、シ′                 ( ::;;)       | おお、竇氏よ。  |
 〃            ..      ヾi ̄;'7       |            |
 ;′                  /,厂ヽ\      | 久しぶりだな。  .|
                 _,.-'´/;;;::::: \`'-..,,_   ヽ_______/
            __,,...-‐'''´_,.-'´;;;;;:::::::::   `-、_ `゙'''-..,,__
    ハ ̄`''''''''''ー-‐ ‐ ''''´;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::    `'''' - --‐''''''''" ̄ハ
  /|゙``'''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´|\
  l,ィ'^゙``''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´^ゝ!
  `Y'i!| ̄ ̄ ̄ ̄l]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!iiiY´
   〈〈ヽ《ヽ三三三三三《ヘ三三三三三三三三/》三三三三三三/》/〉〉
    \\\゙三三三三`ヾ〉三[_長楽宮_]三//'.三三三三三///
     _〕|.|_|エTTTTTTTT|_|iTTTTTTTTTTTTi|_|TTTTTTTTTエ|_|.|〔_,( ;)::), 


843 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:43:38 Eble29UE0

|' l|, ll ll-ll、|ト`'i-i:::!::.、:丶.,li;:! 、.、|r‐、────────────;ッ''ォl/'''.!:!.  ,. ;;'0;;;;:.イ゙>'"
|. ll ゙ll'-ll、ll,_!!:::ii:::l: トiト、゙丶、'o、. ゙'lト、 l二二二二二 r‐ュ 二二二二二l ,.ィ:!'゙  .|i|,. :'´;:.イr''!'!'"
l`''ll‐-ll.,_ll. ll. !!:::ll:::l: |.ll l l゙!ii;-ォ:、丶、 'ト、l--───>¨'¨<───--l,.ィr'゙ ||. ,. :o;:.イ.>'" !::!:!
| .,,ll..,_ll ll`li゙'lト{ll:::l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIi;゙丶、::!二二二二二二二二二二二二!,. 。'´:イィf"   ..|::l:|
|. ll. ll~゙ll"ll''l|::゙ll;;;l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIllil;||li;;'if::ヤ'f'i'if;三三向三三ヲ牙Tヲ不>if"  .|i|      |::l:|
|''‐ll‐-ll-.ll..ll,,ll ll;;;l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIllil;||li;;;lト.l'ii-.,,iニニニニニニニi.i,彳イ ll. ||   |i|      |::l:|

           ,. -‐''´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
          /             `ヽ、
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |      息災だったか?
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′      同じ長楽宮で暮らしていても
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::    / | |        ここは広い。 出会えぬ者には
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |       数年経っても会えないのはざらだからな。
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \

            【鷹の目の宦官】





844 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:44:02 Eble29UE0


       ///:::::::::::::::::::、:::::::::::::::、ヽ::ヽヽ
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'       あなたは鷹……じゃなく
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|       黎陽出身の宦官……さん?
       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::||
       .!!:::!.|ァ’/'    |      |:::::|:::||゙ ‐ ...__
  , -‐  ´|!|:::|.| _l. -―r‐ r‐- _ !::::|::::||     `  ‐、
  /     .!||::::l.l´   -‐L...ト、   `!|:::|:::::||      r   l

           【竇猗房(とういぼう)】

          趙の清河郡観津県の人。

           今の身分は侍女。



845 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:44:35 Eble29UE0

       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./        ああ、そうだ。
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l             だがお前も大人になったのなら
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、            私の冠を見て、掖庭令(えきていれい)どのと
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j               呼んで欲しかったな。
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i /
.∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞

      _,____
   ,.イ´:::::::::::::::::ヽ`:
  /:::::/::l:::::::::::::ヽ:::ヽ:::::ヾl      も、申し訳ありません。
  .リ!::::ir‐!::::::ト::、_|::::トヽ:::::V
  l! !:::|r:、lヽ:ム::::ノ!|::j:|l|:::::;イ゙
   ト::}'Li   {:::r!}:/:ノ:::::イ|      この3年で礼儀作法は覚えましたが、役職と冠までは
 c .|::i、  __   ̄/::::!:::::::::::|
 ´ .|l:::l`ir....`....∥::/:::::::::::::!      まだまだ勉強不足なので……。
   V!l::|::,r'ノ '/:::/ヽ、::::::::::!
      !:|::}/、.../:/ __j´:::::l::::l
    ノ:|:j | ,ノ'゙ |::::::|:::::l:::∧
    ゙〉:イ V´ヽ .|::::::|:::::|::::lヘ 


846 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:44:59 Eble29UE0

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |      その垢ぬけ無さは昔と変わらんな。
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′      息災なら良い、同郷の者がどうしているか
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::    / | |        少し気になったのだ。
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'      ( 掖庭令……確か講義で後宮の人事を司る
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|        お偉い管理職と習ったような…… )
       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::||
       .!!:::!.|ァ’/'    |      |:::::|:::||゙ ‐ ...__ 


847 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:45:58 Eble29UE0



                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈        あの……時間が宜しければ
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}        少し聞きたいことがあるのです。
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|
            |:.:.:.:从      !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   猗房はこの再会を好機と思った。 後宮に来てから疑問は尽きないものの、複雑な身分差を考えると

   うかつに周囲の宦官に声を掛けられない。 それが向こうから声を掛けてくれたのだから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l           ふむ?
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ           まあ丁度仕事の切れ目でもある、
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|            答えられる範囲でいいなら答えよう。
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |            ただし……
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


848 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:46:18 Eble29UE0


   「他言無用ぞ」 と付け加えて宦官は話す場所を変えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                |        ┗━━┷━━┛          ┗━━┷━━┛
                |      ______  ______  ______
         /|   |    /_____//_____//_____/|
       ../  |   |    || £ △ 〓 ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||llllllllllllllllllll||  |
      /   |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  |  ____
        ||     |   |    || §∇ Ω∧||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[[[[[[[[[[[[[[[[||  l/
        ||     |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  || ̄ ̄| ̄
        ||     |   |__||Α▲⊿凸Å||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[][][][][][][][]||  ||   [|]
        ||[]   | /   .||==========||/||==========||/||==========||/||__|_
        |l     /
        |l   /    
        |l /           / ̄ヽ
                  /:::::::::::.ヽ
                  {:::::::__〈
                  ッ/ ゚ー゚)
                  (  ̄)))~).
                  // _ハ__゙i
                  /ニニニニi 


849 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:46:53 Eble29UE0


         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l         ここなら良いだろう。
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ         雑談でも他の者に、私が君へ個人的に
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|          肩入れしていると見られると
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |          色々まずいのでな。
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |          
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
     { {:://::::/へ /:::::://::::/i:::::::::::::::: l‐、`ヽ-ヽ
     ゝ`′::/ ::::/ i::ハ::/::/ i::::::::::::::i:: l::: l:::: lへi        ……お手間かけてすいません。
     ヽ:: :::i :::::/ :i‐〉:!∨--|:::::::::::: l::ノi:: l:::: l:::: |
      { ::::_i :::/ :::下‐込下、 ヘi i::: /-/:::/:::: l::::: l
      i ::/'i ::i  :: i`、廴リ   /./下ミx i:: /::,: /        では、年頭に皇后さまが決まりましたが
      / ::トr| ::i/  i       / i 廴リ /:/: //
      /.:::::ヾ| ::::i  i           /    ムィ ' ´          選ばれなかった者たちは今後、
.    / ::::::::: | ::::l :: l        __     /:::: i
   /.::::::::::::::| ::::l :: l      ´_ `  /:::::: i            どうなるのでしょうか?
   /.::::::::::::::::| ::::l :: l` 、      / i:::::::: i
.  / ::::::::::::::::::| ::::l :: l    ` _ /: | i:::::::: i
 / : ::::::::::::::::::| ::::l :: ト 、 _ __ i´:::::: | l:::::::: l             家に帰されるのでしょうか?
./..:::::::::::::::::::::::| ::::l :: l` ‐-|| || |::::::: | l:::::::: l
::::::::::::::::::_/| ::::l :: l   `|| || l、::::: | l:::::::: l 


850 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:47:27 Eble29UE0

       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./       そのことか。
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l            確かにぬしらにとって今後の事は
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、           気になる所だろう。 この3年間が皇后の
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j              選考期間と思えば、もう結果は出た。
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l                 お役御免と思うのも無理はあるまい。
         \川  li'ー,- '
         \.  |i /
.∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈        はい……。
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}        離れて暮らしている家族が心配です。
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//| 
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|        家にはまだ帰れないというなら
            |:.:.:.:从      !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|        せめて信書(手紙)の一つでも
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\       故郷に送りたいのです。
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/}
      {: :|     |: l:. |   /¨7| rイ |:.:.:.:. | |       /: :/: | 


851 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:48:43 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| ふむ……疑問は二つか   |
ヽ___________/

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l         まず信書はダメだ。
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ         近日、火事があったばかりで犯人が
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|          見つかっておらん。 その様な凶事を
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |          外に知らされては困るし、お主がその一味と
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ         疑われたくなければ止めておけ。
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \




       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l     次におぬしらの今後は……
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /       まだ審議中だ。
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,           各国の王の上に君臨する皇帝という身分は
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉          出来て間もない。
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'              決まりを今、いろいろ作っている段階なのだ。
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i / 


852 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:49:26 Eble29UE0

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l         後宮も過去の国々の制度を真似てゆくのか、
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |         まったく新しい制度を打ち立ててゆくのか……
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::    / | |           皇太后さまと学者たちは日夜、方針を巡って
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |            頭を悩ませている。
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \




       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙              実はな……おぬしら県の代表が千人になったのは
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,                 始皇帝が集めたのが三千人、いにしえの周国で
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉                天子の妃としたのが百二十人ゆえ
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'    
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l                      その間を取って千人としたのだ。
         \川  li'ー,- '
         \.  |i / 


853 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:50:13 Eble29UE0

     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:、:ヽ
.    /:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:,                       はあ……そんな経緯があったのですか。
.   /:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ト、:.:.》:.:.f.ヽ
.   i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:iヾ:.l-‐リ.i:.:.| )
.   |:.:.:.:.:.:.乂;;バゝ リイヒア !:.::!イノ          _           では私たち残り者はみな
.    l:.:l:.:ヽ:|' zスァ     |:.:.:| \-─、 、-‐  ̄    ヽ
.    ヽ:\:.ヽ ゞ ' ヽ    |:.:.:i  i l  ヽヽ        i          天子様の側室となるのですか?
.     `ヾ:.:.ミ` 丶 _  '" |:.:.:.| ノノ   l |、 、 ′   \!
      |:.:.:.|     ̄ア|:.:.:.[] '     | |ヽヽ !     ヽ
       |:.:.:|     r ! リl:.:.|    / ! l   ゝ      i
.       l:.:.:l   / ヽヽ |:.|_ , `  //    ヽ     ヽ
          !:.:.!  '   ヽヽ リ     //     l  i _.... ..l
        |:.:.乂 ` 、 i   ヽヽ、 .::ノi l      │,!´    `
        ヽ弋i   寸   ヽ イ、. | |      !
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l         当初はそのつもりだったのだが……
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |         それは無くなりそうだ。
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|           ただでさえ侍女は、奴隷に等しい婢と違い
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |           衣食住を相応の待遇にせねばならない。
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ           妃に昇格すれば尚更だ。
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


854 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:50:54 Eble29UE0

       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./           建国間もない漢帝国には色々金がかかる。
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l                おぬしら全員を妃として養うとなると
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、               負担が図り知れんのだ。
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j                  天子様もこだわりが無い以上、先帝さまに習い
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l                     おそらく側室は数十名ほどになるだろう。
         \川  li'ー,- '
         \.  |i /
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
     . .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.}/.:/.:.:l /
      i:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|:.:.:.:.:.:.:l:.:|:.:.:.:.|!:.:.:/.:. /.:.:,'.:.:.:.:.:V^〈:.:.:.{
      {:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l、:.:.:.:.:{:.:|:.:.:.:.|}:./l:./i:.: /.:.:.:.:.:.:.i{_ }:.:.∧
.      v:.:{:.:、:.:.:.:.:{:.:.!ヘ.:.:.:.:.:Vi、:.:.ィナ≦|ィ|イ:.:.:.:.:.:.:.:{) ハ:.:.∧       はあ……。
     Vヘ:.:.\:.:.:V从ミ、:.:.:.ト! V´ヾtツ´ |:.:.:.:.:.:.:.:.l//.:.:i:.:.:.:∧
       \Vト斗ヾtツi\|         |:.:.:.:.:.:.:.:.|イ:.:.:.|:.:.:.:.:∧
.          `|:.:∧    }           |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:      ではまた選考があるのですか?
           |:.:.:∧   、         |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.:.:.\   ヽ` __   |:.:.:.:.:.:.:.:.|:l:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.:.:.:.:.:i丶 `´ー     ,|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.` 、    /_|:.:.:.:.:.:.:.:.{、:.:.:.:.、:.:.:.:.:.
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:`¨¨{ {/ |:.:.:.:.:.:.:.:.! \:.:.:.:\_:.:
           |:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ /]:.:.:.:.:.:.:.:.|_/_> ´
           |:.:.:.:.:.:.:.:|_, ´ ̄ ̄``] Ⅵ]:.:.:.:.:.:.:.:.|_/
           |:.:.:.:.:.:.:.:|′    /∧ Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.}′      '´ 


855 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:51:30 Eble29UE0

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l         いや、それも無い。
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ         側室は天子様のお手付きとなった者
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|          のみとなる。
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |          3年いて目もくれなかった者を妃に立てても
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ         お互い無駄にしかならないだろうからな。
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!         まあ……!
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ          それでは家に戻れるのですね?
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
.   ,'           i:::,'ヽ.   ,:|_」ト、  i::::::|      | 


856 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:51:49 Eble29UE0

       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l               ・・・・・・・・・。
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'          ……掖庭令さま?
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|          なぜ答えてくれないのですか?
       ゙|!:::::ヘ     . }     /!|:::l::|
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |          そこが一番知りたいのです。
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::|| 


857 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:52:47 Eble29UE0



       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }        そこが……悩ましい所だからだ。
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /         まず呂皇太后さまは先帝さまの側室たちを
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l              経費軽減と後継者争いの元を断つため各皇子さまと
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、             共に母国へ帰す事にした。
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'                 だがそれを恨みに思い、地元で力を蓄えている
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '                   輩がいると聞く。
         \.  |i /




         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l            君ら侍女にそこまでの力は無いとはいえ
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |            呂皇太后さまの傍にいた者は多かれ少なかれ
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′            中央の機密に触れているはずだ。
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |              そういう者を再び野に放つのは危険ではないか?
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ             という意見が出ている。
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


858 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:53:25 Eble29UE0

       /.::.::/.::.::.:/.::/.::/.::.::.::.:、::.::.::.::.::.l::.::!::.::.ハ::.::.::.::.ヽ::.::.::、::ヽ  |ヽ/|_
         '.::.::.'.::.::.::.j::.::{::.:j::.::.::.::.::!::.::.::.::.::.j::.:ハ::.::i:.!::.::.::.::.:|::.::.::.ハ::.:i  .\   /
      !::.:j::.::.::.::{:l::.ハ::l::|::.::.::.::l::.::.::.::.:/|::.l厶::.l:l::.::.::.::.::l::.::.::.l:l::.::!    |__>
       i::.::.:l{::.::.::_j」::{厶!:l:!::.::.::.|::.::.::.:厶jハ|Vヘ!|::.::.::.::.::.!::.::./::!::.:l
        |::.::.:ぃ::.::.:{厶!云メ!l::.!::.lハ::.::./≫=云¬ハ!::.::.::.::.::レく::.:l::.::|
        |::.::.::|ヘ::.::.:V´ r!いヘ|V }/    r!_ハ } |::.::.::.::.::.|/ V::.::,
        |::.::.::.::.::\儿__ヒン }     、_ゞ_ク!::.::.::.::.:jくヽ!:/       ああっ!
        |l::.::.::.::.::.::.:l      ,         l|l| ,::.::.::.::.::.::!} 〉 /:/
       }|::.::.::.::.::.::.:!   ノ          . :. :: /.::.::.::.::.::.:j´/:/         そんな……
        l::.::.::.::.:|::.:.l u  \  、         /.::.::./.::.::.::l´::.::/
       |::.::.::.::.j::.:八               /.::.::〃.::.::.:/!::.:/
       |l::.::./}:/.::.::.>.、  辷ニユ    厶∠/.::.::.::.ハレ'^!
       !l/ 〃.::.::/.::.::ヽ ` ̄       /.::.::.::./::.レヘ\
          /.::.::.:/.::.::.::.::,ヘ      ,  '´ /.::.::.::./::.:ハ::.::\丶
           ,′.::./.::.::.::.::/   `ーzr ´   /.::.::.::./.::./ {::.::.::.::ヽ::ヽ
         ,.::.::.::.'.::.::.::/   { { ,  ¬'.::.::.::./.::.::'  ハ::.::.::.ハ::.::ぃ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房は愕然とした。 そこまで深く考えていた訳じゃなかったが、積極的に呂太后に仕え、機密らしい

   呟きも聞いてしまっている。 もはや引き返せない深みに嵌っていたことに、今ようやく気が付いた。



859 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:54:08 Eble29UE0

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l            つまり中央の機密に遠かった者は
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |            家に帰れる可能性があるが
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′            そうでない者は難しい。
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |             難しい者たちの処遇として
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ             考えられているのは……
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \




       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l              天子さまからの贈り物として
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /               親族の王さまたちのもとへ
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l                   遣わされることだ。
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉                  侍女としてではなく妃としてな。
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'                      相手の優しさ次第では家に
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '                        帰れる日も来よう。
         \.  |i / 


860 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:54:46 Eble29UE0

          /                 ヽ
        |                      l        天子様の妻になれずとも、良縁が与えられるのだ
        |     ト、| ∥           |
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |        悪い話ではなかろう。
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|         その割り振り先が審議中なのだ。
         | | l、.       、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |         さて、お前は機密のどこにいた?
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
      ///:/:::::::/::::::_/__li_:、::、::ヽヽ::.Vi
      /7 (/__;::/-‐'´/ __,. L.._`l‐ヽ=ヽVVli
      | ! .l ..ィ!f:::7!::{「:::::::ト!|::::i::l.l:ヘ!:‐、 l |:||
      レ|r|「::::::|:|:::{|:::|!li:::::::|.||、::|:::|::::|:::i::|.ト|Y
      V|::l l::::::_:i_:|__:|_,i:::::::l、ムム:l-l:|!::|:l.|::レ
      V!ヘl::::|テrt:nミヾ!::::/'ノ'イ:でリj:ノ:リ:::|'        ・・・・・・・・・・。
       i||!:ヘ圦、V:Z   ノ   ゞ='ィシ::::::|
       ||!:::::トゝ       |       イ::::::::|
       ゙|!:::::ヘ     . }    u/!|:::l::|
        |!::::||'ヘ     __    , ' |.|::| |
        |、::l||  \  ´ニ`  ィヽ .| レ| |
        | V||   /|` 、  / .トi:V ' ,.|
        |.、 || ∧` ‐ 、`,´‐ ´ !:| ,.イ:||
         |!::l l! {;ノ!   V     V::::l:::|| 


861 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:55:26 Eble29UE0


   猗房は複雑な心境になった。 家にはもう帰れそうにないが、送られる相手によっては

   可能性がある。 これが幸か不幸かは分からない。 ただ猗房は思いついたことを口にした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             , '.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::./_::.::.::.::.::.\
               /.::.::.::.::.::.::.::.:,.'::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::,::.::.::.::.::.ハ
           /.::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::.::.::,:'.::.::.::./::j::.::、::.::!:i
           ,::.::.::.::.::.::.::.::〃.::.::.::.::.::.::./ .:/.::.::j::.:{::.::.:!::.::!:l
            l:|::.::./.::.:://.::.::.::.::.::.::.::ハ!::.!::.::.::!::.:l::.::.:l::.::|:i
              八::/.::/.::/.::.::.::.::.::.::.::.:|:!{::.|i::.::.:|、::|::.::.:}::.::!:|     おそらく私は……難しい者たちの中に
          {::.〃,:'::.::.:/!::.::.::.::.::.::.::.:_j」ム:lヘ::.:.!ハ:!::.::ハ:〃:!
             _V:j/.::.::.::{!::.::.::.::.::.::.:i::|¬r云V乂レ'//.:/     含まれると存じます。
         , ' ´::ハ!.::.::.::.::.〉!::.::.::.::.::.::.::.!:l i^′  ヽ::´.::/:V
.     /.::.::.::八 \_:/.::|::.::.::.::.::.::.ハト| !     _ ン<::.::.i
      /.::.::.::.::./.:/7フヘ:_:ノ!::.::.::.::.::.i:|      _,、r'´!  \|       良縁とは思いますが、蛮地である
    〃.::.::.::_厶⊥!く   \ !::.::.::.::.::.lヘ   ‘´ r'::.::.|
    !|::., '⌒丶、  丶、  `|::.::.::.::.::.l/`  ..__,ハ::.::i:l           南には死んでも行きたくありません。
.   ル'      \   \!::.::.::.::.::!     |:!::.:|:!
   /    {     ヽ    `V!:.::.::.::.:レヘ, -'^!¬:.ぃ
.   ′     '、     、 l  ハ::.::.::.::.廴_ノ _/  V!l
  !      ` 、     V   !::.::.::.::.! { '^′  ヘ| 


862 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:56:12 Eble29UE0

        ./::::_;::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _
       .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
      //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |        特に楚国は老子様が仕えた周国を
      f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /
      |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/          とことん虐めた仇の国!
       !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
        l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ
.         ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |        サルが服を着て人と称し、毒まみれな風土の
        V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ
        !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}       所と私は信じています!!
        |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉
         !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ
       /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
      /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |            ええー……。
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′            おぬし物凄い偏見の持ち主なのだな……。
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.  u    、;|:::    / | |             先帝の出身地をそこまで罵倒した人間は
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |             初めて見たぞ……。
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !            
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


863 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:56:51 Eble29UE0

           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\       人
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ     `Y´
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、          i
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.        __人__
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!        `Y´
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!        !      もしも……もし叶うなら私は北の国へ嫁ぎたい。
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ                そう、故郷の趙国の所へ……。
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |           ( こやつ……呂皇太后さまと同期の側室を
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ             地元に戻したら地元民と結託し、
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|              反意を翻してる話をしたばかりなのに……。
         | | l、.  u    、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |              意味が分かっていないのか? )
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


864 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:57:38 Eble29UE0

     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:、:ヽ
.    /:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:,                    掖庭令さまは後宮の人事を司る仕事と
.   /:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ト、:.:.》:.:.f.ヽ
.   i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:iヾ:.l-‐リ.i:.:.| )                    存じています。
.   |:.:.:.:.:.:.乂;;バゝ リイヒア !:.::!イノ          _
.    l:.:l:.:ヽ:|' zスァ     |:.:.:| \-─、 、-‐  ̄    ヽ
.    ヽ:\:.ヽ ゞ ' ヽ    |:.:.:i  i l  ヽヽ        i      どうか皇太后さまに口添えして下さいませんか?
.     `ヾ:.:.ミ` 丶 _  '" |:.:.:.| ノノ   l |、 、 ′   \!
      |:.:.:.|     ̄ア|:.:.:.[] '     | |ヽヽ !     ヽ
       |:.:.:|     r ! リl:.:.|    / ! l   ゝ      i
.       l:.:.:l   / ヽヽ |:.|_ , `  //    ヽ     ヽ
          !:.:.!  '   ヽヽ リ     //     l  i _.... ..l
        |:.:.乂 ` 、 i   ヽヽ、 .::ノi l      │,!´    `
        ヽ弋i   寸   ヽ イ、. | |      !
            `  lノ   ゙、     `、ヽヽ      !  , -―- 、
              / /   i.丶     \ \  -─| /
           > ″  l  \       ゝ エ   ゝ i
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l              いやいや、そういう手心はできん。
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉            話しかけた時に個人へ肩入れしていると
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'                見られたらまずいと申したではないか。
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i / 


865 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:58:20 Eble29UE0

     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:、:ヽ
.    /:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:,                    そこを何とかお願いします!
.   /:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ト、:.:.》:.:.f.ヽ
.   i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:iヾ:.l-‐リ.i:.:.| )
.   |:.:.:.:.:.:.乂;;バゝ リイヒア !:.::!イノ          _        謝礼は一切出せませんが、私を哀れに思うなら
.    l:.:l:.:ヽ:|' zスァ     |:.:.:| \-─、 、-‐  ̄    ヽ
.    ヽ:\:.ヽ ゞ ' ヽ    |:.:.:i  i l  ヽヽ        i      どうか……どうか……。
.     `ヾ:.:.ミ` 丶 _  '" |:.:.:.| ノノ   l |、 、 ′   \!
      |:.:.:.|     ̄ア|:.:.:.[] '     | |ヽヽ !     ヽ
       |:.:.:|     r ! リl:.:.|    / ! l   ゝ      i
.       l:.:.:l   / ヽヽ |:.|_ , `  //    ヽ     ヽ
          !:.:.!  '   ヽヽ リ     //     l  i _.... ..l
        |:.:.乂 ` 、 i   ヽヽ、 .::ノi l      │,!´    `
        ヽ弋i   寸   ヽ イ、. | |      !
            `  lノ   ゙、     `、ヽヽ      !  , -―- 、
              / /   i.丶     \ \  -─| /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   猗房は地面に頭を擦りつけて懇願した。 思い込みの強さもさることながら、こうと決断すれば

   後に引かない強情さも彼女は持ち合わせていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /          ・・・・・・・・・・・・・・。
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,           ( こやつ……かなり図々しいな。
 // /,i  ::l.!       l| u    ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉           民間でも親の決めた婚約者には従うもの。
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'               それをまして皇太后さまに対し己の願望を通そうとは…… )
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i / 


866 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:59:18 Eble29UE0

   /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l          承諾していただくまでここを動きません!
  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         若い娘の運命を弄ぶ者には老子様が
    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         天罰を下しますよ!
       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ./::::::::::::::::::l>'´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::/::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |        なんと……私を脅すのか!?
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′        ( 同郷というだけで、なぜ私がそこまでせねばならない?
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.  u    、;|:::    / | |           どうやら相当面倒くさい娘に
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |           話しかけてしまったようだ…… )
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


867 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 20:59:52 Eble29UE0

       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /      ( かくなる上は…… )
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,          分かった、分かった。 「北の方で趙国」だな?
 // /,i  ::l.!       l| u    ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉         一応、掛け合ってみよう。
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i /
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\       人
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ     `Y´
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、          i
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.        __人__
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!        `Y´
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!        !
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ             本当ですか!?
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ               ああ……なんて素敵なの。
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ 


868 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:00:17 Eble29UE0

            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ    ( この私が邯鄲に住む王さまの妃に
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ      なれるなんて……!
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙        故郷の近くの都に凱旋したらきっと
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/           家族は喜ぶでしょうし、将来は
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l            バラ色に違いないわ☆ )
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
 |  |    /::::::::/ l     l:.l./:.:.r ''´    !|!l::::!||::l:、ヽl
 |  |   /::::ィ::/  ヽ   |:.:/      |l:||::::!|::l:ヘ::ヽミヽ
 |  .l ノ::ノ::ノ    ゝ  /:/      ィj:||:::::!|:::::::ヽ‐、:`ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房の頭の中で趙国の王というのは、華やかな邯鄲に住んでいて、凛々しい若者王というのを想像した。

   まだ審議中というのに、宦官との口約束だけで猗房はもう希望が内定したものと思い込み、小躍りまで

   始めた。



869 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:00:57 Eble29UE0

         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |         では、私はもう行くぞ。
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ         後はみだりに私に話しかけないでくれ……。
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.  u    、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\       人
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ     `Y´
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、          i
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.        __人__
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!        `Y´
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!        !
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ             はい!
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ               二人だけの秘密ですね。
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ 


870 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:01:28 Eble29UE0

         |::::::::::::::::::::::::!.l:::::::::::::::::::|
.          |:::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|
        ト,::::::::::::::ー‐〈 ト-=:::::::;イ         そうだ、ではな……。
        |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::〉
        |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::〉|
        |::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::ノ::|
        |::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::|
        |:::::::::::::=-:,〈 レ::::::::::::::::|     ‐-、
       /::,r-ー--;;,、:.|〈::::::::::::::::::〉   ___,ノ -、
       レ ,,..;;-ー-;;..,,〈.ト`ー---イ     ___,ノ
       〈/:..:.::.:..:.:.:.::..ヽ.`-──-'
        |::.:.:.::.:..:.:.::..::..:|
        `ー-------'

       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            " 


871 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:04:40 Eble29UE0


       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l      ( ……しかし趙国が希望だとは……。
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /   
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙          今の趙王は呂一族の娘を正室にしているのに、
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,             朝廷に敵意を持っており、皇太后さまが危険視している。
 // /,i  ::l.!       l| u    ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉            そんな乱が起こりそうな所へ行きたいのか?
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l                  無知とは恐ろしいものだ…… )
         \川  li'ー,- '
         \.  |i / 


872 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:05:43 Eble29UE0


   猗房のような元庶民には分からなかったが、当時の趙国内部は既に劉氏と呂氏の派閥争いの

   真っ只中だった。 そんな事情を知る由のない猗房は、部屋に戻っても舞い上がったまま

   歌い踊り狂う始末だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 猗房たちの部屋 ]

  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//,|__|_|└──────┘|└──────┘|_|___
  |      |l//     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |___|/

             _ _
           /::::::::'::::::、:ヽ.
          /〃/_::_/::_ヘ::_::、',
             fl‐l:::i!::l!:i:::::i|::;::゙:トイ、,ヘ ))      あびゃびゃびゃ(^q^ 
   ((  ,ヘ,  .i!:::|l/-t{:リ:/!r-リ::l|:i/__/
        '、ノ、. l|::::! ○ ノ ○ !:{リ/ /
       ヽ ヽ.∨""r-‐¬"",!リ  }          これで家族に近づける、家族に会える!
        {  .l!:|ゝヽ、__,ノノi;:i   /
         ヽ、 !::i. ヽ_ヽr / .l::| 人          嬉しいなったら嬉しいなww
            /::州._  `T´  リ'´ヽ::ヽ
            /::::/:::弋._l__ !:::::::::}::::ヽ
         {::::::i:::::;ノー-,、―λ:::::::i:::::::::}
         !ハ;イ:;へ_ノ ヽ_ゝ;;イヽヘ;;i
         ./          丶, 


873 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:06:07 Eble29UE0


                   /⌒)/
                〈(__....-‐━━‐-..
                   /:.:.:.:ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、
                /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.U:.:.:.:.:.:\
                .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:ハ        ……猗房さん、どうしたの?
                |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  /|:.:|:.:.:.八:.:.:.:\_⌒ト:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
               |:.:.八__」⌒ー''´  ィ妄ぅk:.:.:.:.:.:.:.:.:八       良いことがあったんでしょうけど
               |:.:ハ:.:.: ィ妄ラ     .::::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
               ∨〈\ハ ::::..       /:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:}i     喜び方が尋常じゃないわよ。
               }:.:.込、   c  幺イ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.从
                  从:.:.:.:.>.... _,,  く{:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:〉    
                    乂r―ァ'⌒7水´丶冫-<:.:.:.:.:./:.:.人
                  j く   〈__人   \   \/:.:.:.:.:.:.:r¬-、
                 /__入  /⌒}     〉   ∨:.:.:.:.:.气⌒ ∨
              /   ア_-_∧___/  /  ∨:.:.:.:.:.:.:.:} ‘,

                【高莞(こうかん)】 

      徐州の人。春秋時代の斉国における大臣の家柄。

                猗房と同期の侍女。



874 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:06:37 Eble29UE0

                   _,........_ __
                ,ィ´::::::;:::::''´::::::::::::::`::‐..、
               /::::|:::/::::::::::::::::::::::::::,r::::::::`::.、
            , 、  l::☆'::/::::::::::::::/:::::::::::{::::::::::::::::::::ヽ_
             / /  !x/::/::::::::::::::/:::::::::::::::\::::::::::::::\::ヽ、
           / /   V::/::::::::::+x:::::::::ノ:::ノ!:::ヽ:::::|:::::::::ヽ ヽ、       いずれ分かるわよ、キラッ☆
         , ‐' ム、 x  |/::::::; ‐i::::::_:; ィ_.._''ヽ!::::::|::::|:::::::::::::ヽ ト
      ,. '´  / /ヽ_,〉☆ .イ:::::/ ィチi!}ハ! ノリ::/l:く|:::::::::::::|ヘ        私が喜んでいるわけが。
     /   _(.ィ_,..ィ´_,.xィ:´::::::::::/ ゞ:z'   '",rテリ:::::/:::::|:::ヘ
   /ヽ   ´ `   / /:::::::+:::::::/ :::::::      kィ' /ー':ノ_ノ:::::::ヘ
  /   `>‐- ...  ヽ /::::::::/☆∧   r 、  j :::∧:::::´::::::::|::::::i:l       可哀そうだけど秘密の話だから
/    /    `ヽ V::::::/::::::/j. ヽ ヽ__,)l>,.... イ,.. }:::ト、::::::::|::::::l:}
    /        〉'::/ノ:::::/:/゙'ー-ゝ、... ィ::::::/ ヽノ V:::::|:::::::|       高莞には教えてあげないwww
   /         /::://__;:イ/ `゙''''''''''''´r‐'''" rヽ .._j ̄ ハ::::|:::::::|
‐--〈     __/;:::r''´ ̄   / ヽ―-  '´ ヽ ./レ /ヽ、__ノ V:::::::l
  ナヽ ̄ ̄       、   /   l     /`'゙ .|ヘ-'ヘ i l .|:::::::|
             ヽ/'     l     ` {``' ∧ V  l |::::::l
              //      ヽ、____.ヽ   ヘ 〉  V:::::::::|
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
            /{::ヘ:::::,イ:: ̄::::::)-'::;:::--:`
           .::::::::ゝ:;_`_'_;;;::=‐::'゙|::;:l´ヽ:`ヽ::::::::\
          /::::::/::::/:::/:::::::::/::/ !:!::!:::::::',::::::ヘ::、:::::::..
            /::::::,':::::,'::://::_;;;/!_,'__|:l::l::::::::::l:::::::ハ:::::::::::ヘ
        ,'::/::::|::::::|::,':,'´::::,' |:/ .|゙!::|::::::::::l::::::::::',:::::::::::::::.         ええ?
          |/::::,ィ!::::::Ⅵ|__l| .|'  l|ヘ|::::::::l:l:::__:::::|:::::|::::::::::.
.      /:::::;//|::::::::::|.r┬ ===ュミ | .マ:::::l:|::::::`ヽ:::::!l::::::::::.
.      /::: イ:|:',.',|::::::::::| 弋ら劜ソ ゙   `' ‐'、::::::::l|:::::!:!::::::::::!        わたし貴女に色んな情報を教えて
.    ,イ:::;〃:'!:::||::ヽ|::::::::::l! 、、、、 `     芹ュ、ヽ/::::::!:l::::::l:::}
.  /:// :::::l、::::V:::Ⅷ::::l:ヘ         、 弋rソ'ヽ:::::::,':,':::::,'::,'        あげたじゃない。
  |イ .l:::::::::l:ヘ::::V::Ⅶ:::l!`ヘ         、、、,.ィ〈_/:':::::/:/
.   マゝ_!:::::::::l、:::\V:∨::ll、. u    'ニ    `"7l:::/:::r '´/          それなのに酷くない?
.    ` 、V:::::::ヘ::、::::::ヽi∨| \      ,、  ,.イ! ∨::/
   ,ィ:'::゙|、ヽ:::::ヘヽ:_;;;'斗`<ヾュ、 __  ,. {. `<:∧. V
.   |:::::::::{、:ヽ::`__丿      |ヘ`V、:::::::::>,、 `' ヘ _\
.   |:::::,イ ̄` ゙ヽ ` <.    /! !ー'、 `<` ゝ, >_、,,.  ∨ 


875 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:07:04 Eble29UE0

            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ         そんなの貴女が勝手にベラベラ
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ         喋っただけでしょう?
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙           私の真の幸運は今、ようやく始まったのよ!
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
 |  |    /::::::::/ l     l:.l./:.:.r ''´    !|!l::::!||::l:、ヽl
 |  |   /::::ィ::/  ヽ   |:.:/      |l:||::::!|::l:ヘ::ヽミヽ 


876 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:08:01 Eble29UE0


――― 紀元前190年(恵帝五年)ごろ。


   ついに猗房たちの処遇が決まった。 あの宦官の言う通り呂太后と縁遠かった者は里に帰され、

   呂太后の近くに仕えた者たち45名は各国の9人の王に嫁ぐ妃に選ばれ。

   竇猗房も侍女から竇姫へと昇格した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三    凹
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三  '´  ,、 ヽ─┐
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三  リノソノ )) i  │
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三  |l、ヮ゚ |l i  │
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三  ⊂i允(つリ ┌┴┐
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三 (( 〈|_ヽ> )) ┴─┤
           ||□■□■□■□■□■■□■□■□□■□■□□■□■   しヽ.)  ──┘

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

     / ̄ヽ                                    ,r' ゙̄i
    /:::::::::::.ヽ                                  ,r'.:::::::::::゙i
    {:::::::__〈                                 〉__:::::::}
    ッ/ ゚ー゚)                                 (゚ー゚ \ヾ
    (  ̄)))~).                                .(~((( ̄ )
    // _ハ__゙i                                 /__ハ_ ゙i゙i
    /ニニニニi                                 iニニニニ゙i

  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |                   | .(    )(    )(    )( 


877 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:10:02 Eble29UE0


   正確な日時は史書に記されていない。 しかしこの年の9月に長安の城壁工事が完了し、

   諸侯からお祝いされているため、その返礼とするなら前後の頃であろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                         ___
                      , "´.:::::::::::::::`   、
                       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /.::::::/.:::::::/.::::::::::::::::::{、:::::::::.。        ここに選ばれた者たちは5人1組となり
                    ,'.::::::/.:::::::/::::::/}:::::;イハ:::::::::.゚,
                   ,'.::::::::::::::::/i/斗‐// lヽ、}::/:::::::.       各王のもとへ嫁いでもらいます。
                     '::::j:::|:::::::,孑=ミ/   /!_〉/} ::::i::}
                  |::/::::|:::::::{ifっ゚} ` /ィf弍ィ/:::/}/
                  j/ ::::l ::::キ弋ツ ´/ fっ:ツ,::::/ /        中には難しい立場になる者もいるでしょうが
                 /.:::::::i ::::::{      ,.`~´// /
                   /リ::::::::|::::::∧、  ー-   イ:::::|{./         「私の期待」と漢王朝の未来を損なうことなく
               イノ:::::::::::i::::::::∧>。 _ ≦::i::::: |.!
            . ´ / :::::::::: ∧:::::::∧ ` : .ト≧=',::::::| i          勤めを果たしてきてください。
           ´   /::::::::::/  ∨:::::∧、 丶. V ゞ;_:! l
         /    /::::::::: :′   ` 、:::/ ̄ 丶、’,   ` <!
          ´    /:::::::::::: |      ; '     ーァ ヽ     ≧: .
     ,. ´     ./:::::::::::::: l     .′    ノ¨¨´:   V     ヽ
     '        .,'::::::::::::::::: {     l′ γ´     .',   V      :.
    ,        ,:::::::::::::::::::::}     V|:  ハ       l:  :.       从
   ,         .i::::::::::::::::::::::|    / :|   j|     .:   ′     :/
.  i           {:::::::::::::::::::: |:   /  |   :. |      ′ /    /
   i           !:::::::::::::::::::::|  /   :|   从.    /  /-=≦マ
   ‘        !::::::::::::::::: |/   | / .ム: :≧=‐ ≦::r=ム j V
    '.        !:::::::::::::::::::V     |:/ ム≧=-一: /: :}: ::Yヽ V

                  【呂雉(りょち)】

           山陽郡単父の人。前漢王朝、初代皇后であり

           現在は皇太后。



878 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:11:27 Eble29UE0


   呂太后のいう期待とは、各王を監視することであり、中央に有利な状況を作るための布石でもある。

   そして選ばれた妃候補たちの行方は、宦官たちによって発表された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                              ,r' ゙̄i
                             ,r'.:::::::::::゙i       斉王の妃筆頭は……高莞!
                             〉__:::::::}
                             (゚Д゚ \ヾ      他4名は前に出よ。
                            .(~((( ̄ )
                             /__ハ_ ゙i゙i       出発までの日程を説明する。
                            iニニニニ゙i


  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |                   | .(    )(    )(    )( 


879 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:13:36 Eble29UE0

      /:::/:::::::/::/!::l::::::::',::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::',:::::l::::::::::::::l:::::::!
.      ,:::::::!:::::::,'::::! |:::',:::::::∧::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::l::::!::::::::::::::!::::::l
     l:::|::l:::::::{:::::l マ ',::::::::∧:::::::'" ̄ヘ"'::::、::::!::l::::::::::::::l、:::::l!
      {:::|:::!:::::::',::::,ィーマ-:::::::::∧\:::::::::::ハ::l::::::::l::!::::::::::::::!::\::',
     l:::!:::!:l::::::V:l   ヽ!:::::::::∧ ヽ----'---=,l::::::::::::::l::::::::ヘ',            ふぅん……まあ故郷に近いところね。
.     l::|l:::',|、_V!      ̄ ̄  ,ィ ====ュ.,':::::::::::::,'.ヽ::::::::ヘ
.      !|.∨l|::::::∧ ,ィ==ミx      '  弋辷沙' ':::::::::::::,'7 }:::::::::::!
      ヽ .`―|:::::ヘ 戈ぅソ       、、、、 .,':.::;::::::::/ , ィ'::::::::::::l           けど斉王・劉肥さまは呂太后さまと
           >'!::::||::!、、、  '            ,'::/,::::::/':!::::l:::::::::::::,'
        /,.イ´.!::::|l::| u          ,    ,'://:::::/::::|::/::::::::::::/           ひと悶着あった殿方……。
.     lィ´  .∧::::!l:ヽ.    ヽ  '"   ・ /', ,':::::/!::::,'/::::::::::::/
.     |:{   ,':::!:!::::l!V::::>         <./::, ' .l:::/:::::::>/:}
.     マヘ  !::::!::',::::l:::::{::::::::l::::>- <}_ >//―+'、:::イ/:::/             板挟みで胃に穴が開いちゃうかも?
.       マヘ l::::l:::::V:lィ'"` ‐- =r '-.{´        ヽ>‐‐'- 、
       \\:!::/ ヽ    >'{_/`!      ,. ‐' ,ィ'      l
      ,イ::゛|\Y ./ , ィ'  //  ,':ト、, ィ' ´  /   '.      !
        {:::::::||:::/ '  /  ./: :/   !:.:|:.:./   /      .'.    .|
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                   _,........_ __
                ,ィ´::::::;:::::''´::::::::::::::`::‐..、
               /::::|:::/::::::::::::::::::::::::::,r::::::::`::.、
            , 、  l::☆'::/::::::::::::::/:::::::::::{::::::::::::::::::::ヽ_
             / /  !x/::/::::::::::::::/:::::::::::::::\::::::::::::::\::ヽ、
           / /   V::/::::::::::+x:::::::::ノ:::ノ!:::ヽ:::::|:::::::::ヽ ヽ、       あら、良かったじゃない高莞☆
         , ‐' ム、 x  |/::::::; ‐i::::::_:; ィ_.._''ヽ!::::::|::::|:::::::::::::ヽ ト
      ,. '´  / /ヽ_,〉☆ .イ:::::/ ィチi!}ハ! ノリ::/l:く|:::::::::::::|ヘ
     /   _(.ィ_,..ィ´_,.xィ:´::::::::::/ ゞ:z'   '",rテリ:::::/:::::|:::ヘ
   /ヽ   ´ `   / /:::::::+:::::::/ :::::::      kィ' /ー':ノ_ノ:::::::ヘ       私もきっと故郷の近くよ、そしてイケメン王と
  /   `>‐- ...  ヽ /::::::::/☆∧   r 、  j :::∧:::::´::::::::|::::::i:l
/    /    `ヽ V::::::/::::::/j. ヽ ヽ__,)l>,.... イ,.. }:::ト、::::::::|::::::l:}      老子様が目指した無為の王国を築くのよ―――☆
    /        〉'::/ノ:::::/:/゙'ー-ゝ、... ィ::::::/ ヽノ V:::::|:::::::|
   /         /::://__;:イ/ `゙''''''''''''´r‐'''" rヽ .._j ̄ ハ::::|:::::::|
‐--〈     __/;:::r''´ ̄   / ヽ―-  '´ ヽ ./レ /ヽ、__ノ V:::::::l
  ナヽ ̄ ̄       、   /   l     /`'゙ .|ヘ-'ヘ i l .|:::::::|
             ヽ/'     l     ` {``' ∧ V  l |::::::l
              //      ヽ、____.ヽ   ヘ 〉  V:::::::::| 


880 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:14:20 Eble29UE0


   しかし猗房の名前は読み上げられず。 最後の方の、朝廷的に割とどうでもいい王の所で

   ようやく名を読み上げられた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                              ,r' ゙̄i
                             ,r'.:::::::::::゙i      代王の妃筆頭は……竇猗房!
                             〉__:::::::}
                             (゚Д゚ \ヾ      その他残りは前に出よ。
                            .(~((( ̄ )
                             /__ハ_ ゙i゙i      出発までの日程を説明する。
                            iニニニニ゙i


  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
_∧ ∧_∧  ∧_∧   )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )  |                   | .(    )(    )(    )( 


881 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:14:40 Eble29UE0

       /.::.::/.::.::.:/.::/.::/.::.::.::.:、::.::.::.::.::.l::.::!::.::.ハ::.::.::.::.ヽ::.::.::、::ヽ
         '.::.::.'.::.::.::.j::.::{::.:j::.::.::.::.::!::.::.::.::.::.j::.:ハ::.::i:.!::.::.::.::.:|::.::.::.ハ::.:i
      !::.:j::.::.::.::{:l::.ハ::l::|::.::.::.::l::.::.::.::.:/|::.l厶::.l:l::.::.::.::.::l::.::.::.l:l::.::!
       i::.::.:l{::.::.::_j」::{厶!:l:!::.::.::.|::.::.::.:厶jハ|Vヘ!|::.::.::.::.::.!::.::./::!::.:l
        |::.::.:ぃ::.::.:{厶!云メ!l::.!::.lハ::.::./≫=云¬ハ!::.::.::.::.::レく::.:l::.::|      代……国?
        |::.::.::|ヘ::.::.:V´ r!いヘ|V }/    r!_ハ } |::.::.::.::.::.|/ V::.::,
        |::.::.::.::.::\儿__ヒン }     、_ゞ_ク!::.::.::.::.:jくヽ!:/
        |l::.::.::.::.::.::.:l      ,         l|l| ,::.::.::.::.::.::!} 〉 /:/        嘘……でしょ? どうして
       }|::.::.::.::.::.::.:!   ノ          . :. :: /.::.::.::.::.::.:j´/:/
        l::.::.::.::.:|::.:.l u  \  、         /.::.::./.::.::.::l´::.::/         趙国じゃないのォ……?
       |::.::.::.::.j::.:八               /.::.::〃.::.::.:/!::.:/
       |l::.::./}:/.::.::.>.、  辷ニユ    厶∠/.::.::.::.ハレ'^!
       !l/ 〃.::.::/.::.::ヽ ` ̄       /.::.::.::./::.レヘ\
          /.::.::.:/.::.::.::.::,ヘ      ,  '´ /.::.::.::./::.:ハ::.::\丶
           ,′.::./.::.::.::.::/   `ーzr ´   /.::.::.::./.::./ {::.::.::.::ヽ::ヽ
         ,.::.::.::.'.::.::.::/   { { ,  ¬'.::.::.::./.::.::'  ハ::.::.::.ハ::.::ぃ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房はわが耳を疑った。



882 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:15:38 Eble29UE0


   代は趙より北の最北端の国で、騎馬民族・匈奴の土地に近い辺境である。

   趙国と匈奴との戦いの歴史は古い、ゆえに老人たちの昔話で彼らの恐ろしさは聞かされている。

   よりにもよって何故そんな危険な所に? と思うと目の前が真っ暗になった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ≪匈奴≫                /
                      ◎単于庭                   /
                                              /
           ━━━━━━万里の長城━━━━━━━━━━━━/
           .、´                     ★代   、--、  _    (´
           ノ                         ノ  / /  ̄|   `ヽ
           ノ         .、´ `~ ̄`)      ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
         く´~           ノ    /       (_  ,‐-っ,     く   `|
       _ノ~´          ノ    .く    〇邯鄲/`‐´ /´     )  /
       ノ         く´~     (      . /     ./       レ´
,     ,ノ´      ッ-、__ノ~´       )    _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~○洛陽      \
       `ヽ,  ´‐‐―`      ◎長安                `>
        `ヽ,                           ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        | 


883 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:16:30 Eble29UE0

             /::::::::::::::::::/:::::!:::::::::::::::、:::` 、
           /:::::::::/:::i::::::ム斗匕1:::::::::::l!::::::::\
             /:::::::: ':::::::!:::/〃⌒ヾj∧:::::ハ、::::::::::ヽ          なんでよぉぉぉおおおおお~~~!?
           ′:::::::|::::::::∨      j;/ ィ=ミゝ:::::ハ
           |:::::::::::::|::::::::::| ヘ          ヤ:/::1:!         北が良いって言ったけど、
           |:::!:::::::::!::::::::::! U…’   ヽ 、___, 7从リ
           Ⅵ::::;r‐:::::::::::!          U i":ハ           最北端がいいって言ってないぃぃ~!!
             キ:::f ヘ :::::::::.     /二 7     |:::::::ヽ
           、弋_}:::::::∧   /   /     .イ::::::::::::\
           ォ≧x::::ハ::::::::∧ /   /   /` 、::::::::::::::\      これは何かの間違いよぉぉおおお~!!
        ィ::::::::::え少仆:::::::::∧ ̄ ̄   ´     \:::::::::::::::.
      イ::::::::::::斗''" ノ | ∨::::∧ 丁´≧x       ヽ::::::::::ハ
    /:::;:::::::/´    / ∧  ヽ::::∧仆  \ ` 、    ∨::::::::::!
  /::::::/:::: ハ   ./ 厶斗f⌒\::::ヽ \ハ.   \.    ∨:::::::i
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
            /: : : : : : : : : : : : : : : :..:j:..: : : : : : .:..、
              /: : : : : : : : /: : : :/} : : |~ヾi: : : : : : ∧
            .,' : :/.: : : : :./.: :./ /:.:j::j   i:.:i.: : : :..:.ハ
           .i : i.: :j.: : :./::/  /:.:/::/ゝ-‐'i:.:i:..:i : : i.:.:l
          i|.:j: : i.斗z≦テ  //j/ .,,,,_  l:..:i.:.i: : : i.:.}        何をぎゃあぎゃあ叫んでおる!!
          .,ノi.:i : : i《芹:::::::i ./´ /  示心,リ ,i.:.i: : : i'リ
          / j.:.i: : : iヾ∨::::d      ん:::::/’/:..:i.:..:.jリ
.     ./  .,':.:.i.: : :.i  `-‐'       之乂 /:..:.//i          妾が苦心して決めたことに不服が
.     /   /.::::.i : : ∧       '      /.:./i::::| i
   ./     /: : : i: : : : : ト     (⌒)     .イ:..: : : i: :.| i          あると言うのか!?
. /     ./.: : : :i.: : : :..:i.:`:...、      _. イ.:i.:..: : : :i: :.| .i
/      ./.: : : :..:i: : : : :i.: : :_:,j> -  ´'丶: : i.:..: : : i: : |. i
.      ./: : : : : : i.: : : :.i>. 〈.      |  V' i: : : : :i.: :.l i
      /: : : .> i.: : : :.ハ   ヽ.   j  } i: : : :∧: :| i
.     / : γ´   ∨ : : ∧ヾ:_:ノ ヽ /  ', ∨: : : :\! ',
    / : : .′    ∨ : : ∧ 、    `Y  |  \: : : : \. ,
.   /.:..:.V     } \: : ハ 丶   l    l    \: : : :ハ ,
  /.:..:., '      l./ .ハ : : }  ヽ  .:    l.      \: : : } , 


884 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:17:17 Eble29UE0

             , ‐'''´:::::::::::::::::::::::::::::::`: .、
             / :::::::::::::::::::::::: ';::::;ヘ::::::::::::: \
          / :::::::::::::::: /:::::::: lV:ヽヽ::ヽ::::::::ハ
          /::::::::::/::::::/ ::;ィ::::::::l ゙̄ヽ;:',::::ヽ::::::::ハ
          ,':;':::::::::|:::::/:; ´ |:::;!:::l    |:::!::',:::';:::::::: ',        ……妾をはじめ世の多くの女たちが
         .|::|::l:::::::|:::;ィ≧ーj:/j::::} 斗匕::}l:::l::::|::!:::::::!
        /!::{::l :::::レヽ{  ノ' /:;/   /:/:::::} ::!::! }: ,'        望みどおりにいかない運命を嘆きつつも
          / l::::',|!:::::ト;xホ示 /ノ   '示ホiv|/:;イ::|/|/
        ./ l::::::|';::: |' {r;:::;j}     {t;:::;リ゙メ:/ |:/|イ         面に出さずにいるというのにお前は……!
      /  j:::::::|ヽ;::从;沙'      之;ソ ,.イ::::|::::|ハ
       /  l:::::::::!::::ヾ;、.      '      /::|:::::|::::| ',
     ./  /! :::::::| ::::::::i\   - -  /!::::::::::|:::::!  ',
    /   / .!:::::::::.|::::::: i/{> .__ .イヽ:::!::::::::::|::::::!   ',       代王行きの人員が足りておったらこの場で
.   /   / j::::::: _..|::::::八 ヾ 、   //Y.l::::::::: |、::::l.   '.,
   /   / . -=   | :::::::∧ ヽ\ .//  |.!::::::::::|. \!    ヽ     そなたを処罰していた所よ!!
.  /   /.ィ´     .', :::::: ∧  \//   .lノ:::::::: j.  \     \
 /   / ノ       ゝ:::::::::ハ.、  ゙/  , ィ :::::::::::ノ /  \    `
./   / 〈      、r´::::::ノ}ノ \{  {:::::::::::::く.  { /  {ヽ
.  / r--}、     ゙,{::ト::〈.      }  `''<:::::ハ  丶_厶 '
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞




                              ,r' ゙̄i
                             ,r'.:::::::::::゙i      竇姫!
                             〉__:::::::}
                             (゚Д゚ \ヾ     この決定は絶対だ。異論は認められぬ!
                            .(~((( ̄ )
                             /__ハ_ ゙i゙i
                            iニニニニ゙i 


885 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:18:05 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 小声:皇太后さまに直言するなんて、  |    | 小声:間違い? なんか裏取引でもしていた  |
|                              |    |                              |
|     あの子、頭が変なのかしら?  |    |     ような口ぶりね……。           |
ヽ________________/    ヽ___________________/

                  ザワ                  ザワ
                    ザワ                  ザワ

Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
:::Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒:::Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人
:::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y::::::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y::::::::Y::::


         _  _
       _,ィ彡―Y―ミヽ,_,.、
    rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
   rク/::/::/:./:..::.:i:.:.:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ       ぐすっ、はい……申し訳ございません……。
.   {:/:./:./:../:..:.:..:.}:.:..:.:.i:.:.i:.:..:i:〈
   {イ: .|:..!::.ト:!.:..:.:/:.}.:从|.:.}:.:.:.}:.}
   ||:ヽ:{-'==∨ =='ソリ:イ.:/:.|      ( あの宦官ヤロウ~!! 私を騙したわね!!
.   》、::ミ | |、_,、_,  | |  彳|.:|::|
    |:ヽ|l | |. {  }  | |  /:.::|.::.:.!       見つけ出して訂正させてやるわ!! )
   |: :lr'⌒)、._ ̄_ (´ j /:.:.::|.::.:.!
   |:/ヾ三}  Y.r' {彡'´} :|.::.:.|
   |:l   ノ  l l l |   l .|.::.:.|
   |: ゝー' ∧ l l l∧__j |.::.:.| 


886 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:18:38 Eble29UE0



   猗房は発表が終了すると、宦寺へ殴り込むように駆け出して行った。 代国は遠いため行くとなれば

   即出発させられる。そうなる前に訂正させたかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 宦寺 ]


                    〕≡======≡〔
                   l"l l           l l"l
                 、__,.ノ.ィ l          l ト !.,__,.
               ヾ;;≦;;_''介             介''_;;≧彡
                    \¨''〒〒〒〒〒iii〒〒〒〒〒''¨/
                  `"¨ ≫≡≡≡≡≡≡≡≪.¨"´            _,,.., -=
              ミ=孑"´                   `"マ=ス,─────‐┴‐ッ ∠
- Ω.,, ______マミ丈二ニ≡=======≡ニ二孑チ才______,∠Ω===
n'´ ;;;`nrrrrt‐ェ‐ェ‐ェ‐ェ‐ァ、|干|,r;;TiTiiiiTTiTiiiliiiTTTiiiiTiT;;;y,|干レャ|;T|;T|;T|;T|;T|rrn'´ ;;;`n
|ii|ニ!ニ|ii|ililili|mlmlmlmlm}ニ{区}・{-l+liiiiiil;;|+liiiiliiiil;;l;;liiiiii|+|-}・{区}ニ{区区区区区|ililili|ニ!ニ|ii|
'ゞ、,;;;;ツ^"¨~~ ̄ ̄ ̄ ̄=],,[==Д======!=======!=====.Д.==];;[= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~"ゞ、,;;;;ツ''
  |;;;;;|           ''''''''       /       \       ''''''''             |;;;;;| 


887 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:18:54 Eble29UE0


.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | _/\/\/\/\/\/\/|_
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~____,,,,, |  | \                      /
====┐ .||/ .| | |l.      | | |     ,,,,,,,―'''''''''''´    |  | < 掖庭令を出しなさいよ!   >
    ||  ||/ .| | '! _,,,,,,,,,---''''''''''''´ ̄    ―――――|  | <                      >
    ||  || __,,,,-i''''´     _,,,,,,,,----''''''''''´ ̄ ̄ ̄ ̄\|  | < コンチクショウ!!      .>
――||―||ξ  ,Lィ-'''''´ ̄.| | |               |'.―|‐./                      \
    ||  ||  ̄"´.        | | |               |  | | ̄|/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,, 


888 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:19:15 Eble29UE0


|`''i:、:::゙丶、;;;;丶、 .!l::| 、\ ゙i;;三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;i   /,ィ!::!:!.     ,. ;'´;;;;
|、.ll ゙iト、::::゙丶、;;;丶, ! \\!ヽ---───────────────:---イ!//  !::!:!. ,. ;'´;;;;;;::イ
l ゙ll' 、ll、ll`ii、::::゙丶、0丶、 \i:ト., ヾ≦≦≦≦≦≦≦;;;≧≧≧≧≧≧≧彳 ,.:|ii/   |,. ;;'´;;;;;;:.イ´>'"
|' l|, ll ll-ll、|ト`'i-i:::!::.、:丶.,li;:! 、.、|r‐、────────────;ッ''ォl/'''.!:!.  ,. ;;'0;;;;:.イ゙>'"
|. ll ゙ll'-ll、ll,_!!:::ii:::l: トiト、゙丶、'o、. ゙'lト、 l二二二二二 r‐ュ 二二二二二l ,.ィ:!'゙  .|i|,. :'´;:.イr''!'!'"
l`''ll‐-ll.,_ll. ll. !!:::ll:::l: |.ll l l゙!ii;-ォ:、丶、 'ト、l--───>¨'¨<───--l,.ィr'゙ ||. ,. :o;:.イ.>'" !::!:!
| .,,ll..,_ll ll`li゙'lト{ll:::l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIi;゙丶、::!二二二二二二二二二二二二!,. 。'´:イィf"   ..|::l:|
|. ll. ll~゙ll"ll''l|::゙ll;;;l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIllil;||li;;'if::ヤ'f'i'if;三三向三三ヲ牙Tヲ不>if"  .|i|      |::l:|
|''‐ll‐-ll-.ll..ll,,ll ll;;;l: |.ll l.+l.!ll;l:|IIllil;||li;;;lト.l'ii-.,,iニニニニニニニi.i,彳イ ll. ||   |i|      |::l:|

           ,. -‐''´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
          /             `ヽ、
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |      そ、そなたか……。
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′      こんな所まで来てどうした?
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.  u    、;|:::    / | |
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


889 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:19:56 Eble29UE0

                 /  ,   /       !   l | V .     /厶ヽ
             /  i  l     . i !   !  l   }l !   /ハ   }
            〃,  亅  !      : l !  ハ  }  ハ}¦ V/} ハ_/}
            |{¦i {  ハ   、_l !_」 厶」イ /〃 i  |レ'  ∨      とぼけないでくださる!!
            |l||i '、_{厶 i  ] |7l厶xz弐/l/ i i  |{     l
            |!ハ|l、厶」xzえl、  ト|厂_]t'少'′ | l  V´ヽ  l
            }′ ヽ\Vヘtツ`}\!     U   | l   l   l  l      私は趙国を希望したのに
               |ト个゙´U ノ        _」 |   l  !
                    |i {    ヽ、、       { Vl    !   !       なんで代国になっているの?
, -、                  |l  '、   _,、-=ー、    i   l、  l  l
  }              |l  ヽ  `V    }    l、  、   !   !       貴方が口添えを間違えて伝えたんでしょう!
  |  , -、          |l   iヽ   ゙ー‐'′   /l| 、 丶   !   !  i
  | l  l          |!  :¦ i\  `    ´ __l| 、  丶 l  '、 !
  l !   l             |!  i | l {`゙r‐r'´ _/ |l  ト  ヽ }   Vj     今から訂正してきて、役目でしょ!!
  l!  l     , -、   -┤   | |、」_厶込_\_{  /|!  | '、  ゙′
  ! l  l     }   Y     |   | | { {  `y⌒゙く   l   | }
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /        ……それは無理な相談だ。
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,            皇太后さまの名のもとに決まったことを覆すのは
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉           私とて不可能なのだよ。
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
         \川  li'ー,- '
         \.  |i /
.、 ゙ヽ、       》 l, 


890 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:20:27 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| そもそも私の発言権など微々たるものだ  |
ヽ__________________/


      __,、-‐' '"´   ̄   ``"く
    _/                `ヽ、
  r'/                    ヽ
 _/                 ヽ ヽ  }| }
'´                 i  }  | .| / {              ,、-─/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             ヽヽ. | r_{ r'ヘレ' ``              /    | それでも南はイヤだというおぬしのため . |
             i ノ 人ゝ ___,,,,. ヽ       _   /   _,,、=|                          |
         j| | | ノ ト、{   `ヽ.l,;L  ` ー-v‐'"´  `゙7′  /  ,、| 私が尽力したからこそ、そういう結果と   |
        __川レ'ヽ`i`          , ノ  ノノ /     /   /'´|                          |
        l rァ`ヽ  `ヽ         ( ``ー‐'´     / /  /| なったのだよ。                     |
        ゙i, {´ (_\   ``'''ー-、      ,.〈 三ミ、___,/ /-‐''´  ヽ_________________/
        ヽ、__\        ヽ    r'ヾ二ニニニ、-'"   __,,、----- 、  `ヽ   `'''''"/
ヽ          `i | `i ̄ヽ、     ヽ.   ゙i, `ヽ、  ``ー─'ニ´__  -'"´   \  \ `=く
  ゙ヽ、 \    | |  |    \    ヽ. ノ`ヽ、 `ー─‐r'´    `ヽ、     `ー‐、\  \
    ヽ ヽ   |  ヽ l      \    \ミ、  _\  _,ノ        ヽ  --- 、   \ヽ  |
     }  }   |\  ヽ\____ヽ    ``"´   ̄           \_,   \   l } /′
    〈  |i   ヽ l|    | `ー─-ヽ               ,、-- 、___∠ー-、 \. l,-'´
     \ |   // |    |        \           /   ,、---- 、  ヽ ヽ  ヽ、`ーイ
       ヽ r//   /        |ヾ-、 ___   ,/==<´      ヽ ゙i  ` ´ ̄ ̄

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| あと代は昔は趙国の領地だったこともある。          .|
|                                        |
| つまり私は約束を違えていないと言えるのではないか?  |
ヽ________________________/




891 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:21:20 Eble29UE0

         _  _
       _,ィ彡―Y―ミヽ,_,.、
    rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
   rク/::/::/:./:..::.:i:.:.:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ        そんな昔話知らないし、詭弁だわぁあああああ!!
.   {:/:./:./:../:..:.:..:.}:.:..:.:.i:.:.i:.:..:i:〈
   {イ: .|:..!::.ト:!.:..:.:/:.}.:从|.:.}:.:.:.}:.}
   ||:ヽ:{-'==∨ =='ソリ:イ.:/:.|        騙された……私はなんて不幸なの?
.   》、::ミ | |、_,、_,  | |  彳|.:|::|
    |:ヽ|l | |. {  }  | |  /:.::|.::.:.!       宦官なんて信じるんじゃなかったああああ!!
   |: :lr'⌒)、._ ̄_ (´ j /:.:.::|.::.:.!
   |:/ヾ三}  Y.r' {彡'´} :|.::.:.|
   |:l   ノ  l l l |   l .|.::.:.|
   |: ゝー' ∧ l l l∧__j |.::.:.|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   有頂天だった猗房は、希望が叶わなかったことのショックで人目はばからず泣き続けた。

   猗房と同郷の宦官は、慰めようにも希望の叶わなかった侍女は彼女だけではないし、

   そもそも予備知識なしで言われて動揺している侍女も多いのに彼女だけ特別扱いはできない。



892 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:22:09 Eble29UE0

        ,r‐彡'   //          |
       //ニ,Y  ,彡'.ノ ,ィ' /       }
      //,.ニY   i〃7彡'/.ノ ノノ.      l
     /゙!〈ヽ/    l//  '´ ''ヾY / ./ / ./             おぬしも、もう大人なのだから運命を受け入れよ。
    //,ハ (;!     | |   i 、,,_ 'く彡 / /
     //l,  |    l }   ヽi;;ツ ::::i,イ彡'゙               任地は辛いが代王さまは大へん出来た方と聞く。
  / //イヽ、!    `i|    ゙   l
   // / :::|i     l        l,
 // /,i  ::l.!       l|      ゙、                  お前の信じる老子の言葉にも「災いと幸福は隣り合わせ、
   ///  i:l゙i     !|    -,、_,〉
 、彡'" ;  i::| !    j |   、__,j                     先の事は分からない」と言うではないか?
 :::::゙ヽ、 ;  ,j::i| |   i ./  >-'
 ::   ゙ヽ、:/|j| |   .j/  .l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| それが分かったら、もうこれ以上騒いでも時間の無駄と悟れ。 |
|                                            |
| 次の人生の事を考えるのだ                        |
ヽ__________________________/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
   /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l
  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         ・・・・・・・・・・・。
  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ./::::::::::::::::::l>'´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::/::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 


893 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:22:38 Eble29UE0

        7      .1 i;;;;;;;;;;;:;;;l      ヽ、;;;ソ;;;;;;;;;;;;;;i!     _/\/\/\/\/|_
       ゞ       }. i!;;;;;;;;;;;;;;i       ヽ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;i      \                 /
       `ヾ‐------‐'i  |:::::::::::::(        ソ{i!‐-___〕     < 何の騒ぎですか?  .>
.         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ_;;;;;;;;;;ノ.       ノ::::{..:::::::::::く     <                >
.         )::::::::::::::::::i    ̄~~        `--`ヽ:::::::::::ヽ    < 掖庭令さまー!   .>
.         /::::::::::::::::::::)                `‐----'    /                \
        /:::::::::::::::::.//                           ̄|/\/\/\/\/\/ ̄
.       {―--―-',/
        `--――'
       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            " 


894 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:23:05 Eble29UE0



     / ̄ヽ         / ̄ヽ        / ̄ヽ   ∧   狼藉者は……この娘ですか?
    /:::::::::::.ヽ       /:::::::::::.ヽ       /:::::::::::.ヽ  l.」
    {:::::::__〈       {:::::::__〈      {:::::::__〈..∥
    ッ/;゚Д゚)      ッ/;゚Д゚)     ッ/;゚Д゚)∥     掖庭令さまに無礼な口を
    (  ̄)))~).      (  ̄)))~).     ( つ ^N^⊃.
    // _ハ__゙i       // _ハ__゙i     // _ハ__゙i      きいているみたいですが……。
    /ニニニニi      /ニニニニi      /ニニニニi




           ,. -‐''´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
          /             `ヽ、
         /                ヽ
          /                 ヽ
        |                      l
        |     ト、| ∥           |     ……月のもので気が立っているのだろう。
        | j| | | L! |j || || ノ! /| | i j| | l | |
        | |〕|レ|ノ__j_レ_ミ|ハ|| |/,r土/レi/ リ
        ', V{l|/ `ゞ-┴`  r:彡,L⊥r´/ i′     やんわり外に連れ出してくれ、
        ',ヽ ゙!          |::      j./|
         | | l、.       、;|:::   / | |       後は何を喚こうが一切構わんでいいぞ。
            | | |ヽ     ,. -=、,   ,イ| | |
         | | |ヽ\   `ニ´ ./!| | | |
            || | || |  \     / /| | ∧ヽ
          |リ|| |     ` ''´  / ヽ|/ハ !
          |/.||  |       /  // /`ー 、L--───‐ 、
          | |! 川     / // /-‐'´ /           \ 


895 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:24:11 Eble29UE0


          _,....‐::‐::-r::‐:::-..、
        ./::::_;::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _         おのれ……宦官ごときが老子様を
       .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
      //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |        語って汚した上に
      f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /
      |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/         私を狂人扱いする気!?
       !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
        l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ
.         ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |
        V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ       お前ら末代に至るまで
        !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}
        |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉       呪いきってくれる!
         !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ
       /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
      /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
      / ̄iー、、|、/ / l ヽヽノi!リ: .:/´ ̄  └―'´  ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   宦官は彼なりの広い視野で猗房に便宜を図ったつもりだが、視野の狭い猗房には届かなかった。

   何の因果か宿命か、遥かのち猗房の子孫たちと宦官は、血みどろの殺し合いを繰り広げることとなる。

   その血の宿命の始まりであった。



896 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:24:51 Eble29UE0



   それはともかく猗房たちの処遇は、送り出した各県の役人たちの耳にも届いた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 観津県の庁舎 ]

           _ _ _                    _ _ _
         /| Ll  Ll | ̄ ‐-             -‐  ̄| Ll  Ll |\
       l  |____|.     |         |     :|____|  l
       |/|        | ̄ ‐-:l‐i_r‐i_r‐i_r‐i_r|:-‐  ̄|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |  |   [l  |  [l  |^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [l  |  [l  | ……帝都から竇氏を推挙した . |
       |  |____|     :「i∩∩∩∩∩|     :|___|                        |
 ___ ___  ;|≠|   /ハ  :| ̄ ‐-:|         |:-‐  ̄|:  /ハ | 褒美が届いたのだがな。     . |
 _l_lェ|_l_|ェ|;|  |   |土|  :| ∩  :|   l刕l    |  ∩ :|:  |土| ヽ_____________/
 朋_l_l_l_l_l|  |____|_ r‐i __:|         |:__ r‐i _|____|  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|=|        | ¥  :|  〃´ `ヽ  |:  ¥ |        |=|l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  |   /ハ  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  /ハ   |  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|  |   |土|  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  |土|   |  |l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  l二二二二二┃_:|_|l    l|_:|:_┃二二二二二l  |_l_LLl_Ll_l
 二二二二二土土土土土:┃/             \┃:土土土土土二二二二二
 土土土土土土土=¨¨ ̄                      ̄¨¨=土土土土土土土
 土土=¨¨ ̄                                    ̄¨¨=土土 


897 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:25:43 Eble29UE0

≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡

                         ___
                         fi^i^i^i^i^f      皇后に選ばれず、側室にも漏れ、
                         [二二二]
                        ('ハ ' ,,ぅj       地方王の妃となるらしい。
                        ,r'_゙iy、.:::i(,
                        jッ:元:フ::::)
                        |,i.........i∨(,       人相は案外、当てにならんなあ。

                      【県令(けんれい)】

                     観津県の最高責任者。





       、へ、        、へ、        、へ、
       >__∧        >__∧        >__∧        後から事情は聴きましたが、まったく何が
       (Д‐ ,,)        (ヘ、゚ ,,ミ        (Д‐メ).
       ハyハ^ヽ        ハyハ^ヽ        ハyハ^ヽ       皇后の相じゃ! 長安から出されるのでは
      <」う'Lヾ ヽ.     <」とL.ヾ ヽ.     <」つLヾ ヽ.
      ムツとL.,,ヽ__ゝ  . ムツとL.,,ヽ__ゝ   ムツとL.,,ヽ__ゝ     天子を生むなど不可能であろうが!
   旦          旦          旦

                          【郷父老ズ】

                        各郷の責任者たち。



898 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:26:36 Eble29UE0


   その日の会議には猗房を見出した郷父老もいた。 大言を吐いた分、周囲の非難は激しかったが

   彼は飄々として答えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



         /⌒V
        へ|   |/ ̄|
          ̄ ̄ ̄\_}             まあまあ皆さま方、そう結果を焦るものじゃ
    /           ハニ]
     | ニニ / ̄} / ハ| ̄|\          ないじゃぜ。
   | ̄ヽ} {/  ∠   〉 /⌒V/   |
    下・V Vイ_・_}  V 〈  | 〉 |
    |ニ/ ̄ ヽニ   /   ノ/ヘ 〈          皇后さまが順調に子を成すとは限りませぬし、
   ∧{∴_ノ⌒V イ //|  |  \
   | V __. |.  /   〈  〈   ∧       今は地方王でも将来はどう転ぶかも
   |/| | ―‐| |_∧    \ \/  ヽ
   ∧ Vヘ  ̄ヘV /  \  / ̄          分かりませぬ。 わしは信じておりますぞ。
  / V \|   | /\   X

        【郷父老(きょうふろう)】

      猗房の住む里の父老の上役。

      県令から見れば部下。



899 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:27:12 Eble29UE0



                 ___
                 fi^i^i^i^i^f     まあ、一応の成果がでたから不問にはする。
                 [二二二]
                ('ハ ' ,,ぅj      しかし、もうこのような妄言は
                ,r'_゙iy、.:::i(,
                jッ:元:フ::::)     1度きりにしておくれよ。
                |,i.........i∨(,






             /  ̄ /へ
           .へ|    |  /\
          く/  ̄ ̄ ̄ \_ノ             ……御意。
           / ―‐ / ̄ヽ l\\
        /⌒\} {/___ノ ト. \\
       / |へ._r'⌒ヽ┸┴   L}.  \\        ( 呂太后は猗房の吉相に何も
.       ///.二{ ゚ 。 ゚ 。}二   /⌒V    \\
      // ゝ /^‐‐‐‐^\ イ {_. | ̄ ̄ヽ. \\       感じなかったか……。
.     /∧  || r―――┐ |  r</\  }  ヽ ヽ
    // ./\|| ||´ ̄ ̄`|| |/ ̄|   | 〈   | |      それとも今は、吉相の者同士
.   // ./  /ヽ.へ   / レへ   |   〈   ヽ   | |
   // ./  /   |  |//  |  |  \   \  |  | |      並び立てぬ時期というのか )




900 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:27:54 Eble29UE0

                       人
                      ( ::;;)
                     ヾi ̄;'7
                     /,厂ヽ\
                 _,.-'´/;;;::::: \`'-..,,_
            __,,...-‐'''´_,.-'´;;;;;:::::::::   `-、_ `゙'''-..,,__
    ハ ̄`''''''''''ー-‐ ‐ ''''´;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::    `'''' - --‐''''''''" ̄ハ
  /|゙``'''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´|\
  l,ィ'^゙``''''''''''''ー‐‐‐‐‐‐‐‐‐-------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐''''''''''"´^ゝ!
  `Y'i!| ̄ ̄ ̄ ̄l]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|!iiiY´
   〈〈ヽ《ヽ三三三三三《ヘ三三三三三三三三/》三三三三三三/》/〉〉
    \\\゙三三三三`ヾ〉三[_長楽宮_]三//'.三三三三三///
     _〕|.|_|エTTTTTTTT|_|iTTTTTTTTTTTTi|_|TTTTTTTTTエ|_|.|〔_,( ;)::),
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   地方王のもとへ嫁ぐこととなった娘たちは、出発の日まで慌ただしかった。

   知らない風土の土地へ行くとなれば予備知識を仕入れたり、輿入れ道具の

   準備もある。



901 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:28:47 Eble29UE0


   しかし猗房は、代国行きにまったく関心を持てず。 無気力なまま日々を過ごしていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   [ 猗房たちの部屋 ]

  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//,|__|_|└──────┘|└──────┘|_|___
  |      |l//     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |___|/
/                        <⌒/ヽ___
                        /<_/____/
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /
             ,':l> '::::´:: ̄:::::≧:..、
            /{::ヘ:::::,イ:: ̄::::::)-'::;:::--:`
           .::::::::ゝ:;_`_'_;;;::=‐::'゙|::;:l´ヽ:`ヽ::::::::\
          /::::::/::::/:::/:::::::::/::/ !:!::!:::::::',::::::ヘ::、:::::::..
            /::::::,':::::,'::://::_;;;/!_,'__|:l::l::::::::::l:::::::ハ:::::::::::ヘ     あの……猗房さん?
        ,'::/::::|::::::|::,':,'´::::,' |:/ .|゙!::|::::::::::l::::::::::',:::::::::::::::.
          |/::::,ィ!::::::Ⅵ|__l| .|'  l|ヘ|::::::::l:l:::__:::::|:::::|::::::::::.
.      /:::::;//|::::::::::|.r┬ ===ュミ | .マ:::::l:|::::::`ヽ:::::!l::::::::::.    代国はとても寒い国らしいわ。
.      /::: イ:|:',.',|::::::::::| 弋ら劜ソ ゙   `' ‐'、::::::::l|:::::!:!::::::::::!
.    ,イ:::;〃:'!:::||::ヽ|::::::::::l! 、、、、 `     芹ュ、ヽ/::::::!:l::::::l:::}    防寒着とか用意しなくていいの?
.  /:// :::::l、::::V:::Ⅷ::::l:ヘ         、 弋rソ'ヽ:::::::,':,':::::,'::,'
  |イ .l:::::::::l:ヘ::::V::Ⅶ:::l!`ヘ         、、、,.ィ〈_/:':::::/:/
.   マゝ_!:::::::::l、:::\V:∨::ll、. u    'ニ    `"7l:::/:::r '´/
.    ` 、V:::::::ヘ::、::::::ヽi∨| \      ,、  ,.イ! ∨::/
   ,ィ:'::゙|、ヽ:::::ヘヽ:_;;;'斗`<ヾュ、 __  ,. {. `<:∧. V
.   |:::::::::{、:ヽ::`__丿      |ヘ`V、:::::::::>,、 `' ヘ _\ 


902 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:29:41 Eble29UE0

   /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l
  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l       ……今の私は姫なのよ。
  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      そんなの婢に命令すれば済むじゃない。
     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l      いちいち私に聞かないでくれる。
       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ./::::::::::::::::::l>'´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::/::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
      /:::/:::::::/::/!::l::::::::',::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::',:::::l::::::::::::::l:::::::!
.      ,:::::::!:::::::,'::::! |:::',:::::::∧::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::l::::!::::::::::::::!::::::l
     l:::|::l:::::::{:::::l マ ',::::::::∧:::::::'" ̄ヘ"'::::、::::!::l::::::::::::::l、:::::l!
      {:::|:::!:::::::',::::,ィーマ-:::::::::∧\:::::::::::ハ::l::::::::l::!::::::::::::::!::\::',
     l:::!:::!:l::::::V:l   ヽ!:::::::::∧ ヽ----'---=,l::::::::::::::l::::::::ヘ',     そ、そういえばそうよね……。
.     l::|l:::',|、_V!      ̄ ̄  ,ィ ====ュ.,':::::::::::::,'.ヽ::::::::ヘ
.      !|.∨l|::::::∧ ,ィ==ミx      '  弋辷沙' ':::::::::::::,'7 }:::::::::::!
      ヽ .`―|:::::ヘ 戈ぅソ       、、、、 .,':.::;::::::::/ , ィ'::::::::::::l    あの……もうすぐお別れだけど、
           >'!::::||::!、、、  '            ,'::/,::::::/':!::::l:::::::::::::,'
        /,.イ´.!::::|l::|            ,    ,'://:::::/::::|::/::::::::::::/     私の行く斉国は代国と、そこそこ
.     lィ´  .∧::::!l:ヽ. u  ヽ  '"   ・ /', ,':::::/!::::,'/::::::::::::/
.     |:{   ,':::!:!::::l!V::::>         <./::, ' .l:::/:::::::>/:}      近いのよね。
.     マヘ  !::::!::',::::l:::::{::::::::l::::>- <}_ >//―+'、:::イ/:::/
.       マヘ l::::l:::::V:lィ'"` ‐- =r '-.{´        ヽ>‐‐'- 、
       \\:!::/ ヽ    >'{_/`!      ,. ‐' ,ィ'      l
      ,イ::゛|\Y ./ , ィ'  //  ,':ト、, ィ' ´  /   '.      ! 


903 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:30:13 Eble29UE0

            /: . . . . . .        . . . .ヽ.\
           . : : : : : : ∧: : : : : : : : : : : :\: : : : : : .
         /:/: :/: : :,厶-: : : : :ハ: : :―- 、: : : : : : : :
           : : : : : //  ∨: : : :|: :ト、 : : : \: : : :|: :|      向こうに行っても音信を
          |: |: : |: : : |  _\: : |_:」 \: : : : : :|: |: :|
          |: |: : |: : : jィ妖旡ト ┘  妖旡トミ: :∧|: :|      交わしてくれるかしら?
          L从:八: 〈{ 弋r'シ     弋r'シ }〉/ 从: |
          /´\{: :\〉 〃    '     〃 仏: : :|: 八
.       _/: : : : |: : :人    v ̄`)    イ: : : :/ : : ハ     お互いの国の良かった探しをすれば
     /: :人: : : : |八: : :>...    n´  .イ:/: : : /: ∧ : |
.     /: :/: : :>-:ヘ: : : : \:::::〕≧j |≦〔:::∠ :_/}/ |: リ     きっといつか心も晴れるわよ。
    _j :/: : : : : : / ̄`⌒''ー'⌒ | / j>''`ア´ ̄`⌒\ノイ
 /: :V: : : : : : /        |   ∨ 〃 /       ∨
/: : : :/: : -=ニア|    \   |   /   ´ ̄“ア     /  |
: : :/: : : : / j      ∨ j_/   _,,二7    /  j
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
   /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l
  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       ・・・・・・・・・・・・・。
    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     ( 何が良かった探しよ!ふざけてるの? )
       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ./::::::::::::::::::l>'´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::/::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 


904 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:30:35 Eble29UE0


   高莞は別れの日まで猗房を励まし続けたが、怒りと絶望が上回るあまり

   その声は猗房の心に届かなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//l|   | |::|            |::|::|            |::| |
  |      |l//,|__|_|└──────┘|└──────┘|_|___
  |      |l//     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |___|/
/                        <⌒/ヽ___
                        /<_/____/
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                      o
        r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'〇'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
       (  貴方は故郷のそばだから気分良いでしょうけどね……。    )
        )                                        (
       (  お前も斉国で不幸になれ!                         )
.       丶~'⌒'~'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´




905 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:31:32 Eble29UE0

                 /
             ,':l> '::::´:: ̄:::::≧:..、
            /{::ヘ:::::,イ:: ̄::::::)-'::;:::--:`
           .::::::::ゝ:;_`_'_;;;::=‐::'゙|::;:l´ヽ:`ヽ::::::::\
          /::::::/::::/:::/:::::::::/::/ !:!::!:::::::',::::::ヘ::、:::::::..
            /::::::,':::::,'::://::_;;;/!_,'__|:l::l::::::::::l:::::::ハ:::::::::::ヘ       ( 今度は無視するなんて……困った人ね。
        ,'::/::::|::::::|::,':,'´::::,' |:/ .|゙!::|::::::::::l::::::::::',:::::::::::::::.
          |/::::,ィ!::::::Ⅵ|__l| .|'  l|ヘ|::::::::l:l:::__:::::|:::::|::::::::::.
.      /:::::;//|::::::::::|.r┬ ===ュミ | .マ:::::l:|::::::`ヽ:::::!l::::::::::.       まあ私も他人の心配ばかりして
.      /::: イ:|:',.',|::::::::::| 弋ら劜ソ ゙   `' ‐'、::::::::l|:::::!:!::::::::::!
.    ,イ:::;〃:'!:::||::ヽ|::::::::::l! 、、、、 `     芹ュ、ヽ/::::::!:l::::::l:::}       いられないかな……。
.  /:// :::::l、::::V:::Ⅷ::::l:ヘ         、 弋rソ'ヽ:::::::,':,':::::,'::,'
  |イ .l:::::::::l:ヘ::::V::Ⅶ:::l!`ヘ         、、、,.ィ〈_/:':::::/:/
.   マゝ_!:::::::::l、:::\V:∨::ll、. u    'ニ    `"7l:::/:::r '´/         何しろ私が嫁ぐはずの斉王様が
.    ` 、V:::::::ヘ::、::::::ヽi∨| \      ,、  ,.イ! ∨::/
   ,ィ:'::゙|、ヽ:::::ヘヽ:_;;;'斗`<ヾュ、 __  ,. {. `<:∧. V             危篤だって噂を聞いたから…… )
.   |:::::::::{、:ヽ::`__丿      |ヘ`V、:::::::::>,、 `' ヘ _\
.   |:::::,イ ̄` ゙ヽ ` <.    /! !ー'、 `<` ゝ, >_、,,.  ∨
.   |::::l   ,  __ ヽ.  マヽ./! l l ',ヘ   \ | Y_,,.. -  ∨-.、
.  ,ィヘ:::!  /  l ⅥV / ',:.:.:l l !  ! ヘ   /゙ト、L _    >' ゝ_ 


906 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:32:16 Eble29UE0



――― 同年10月(恵帝五年)。


       朝廷は楚漢戦争で失われた人口の回復のため、産め増やせや政策を実施。

       15歳以上で独身の者には600銭の増税を負わせるとした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   [ 長安 ]
                       _rzzzzzzzzzzzzzzォ_
                    tz≦////////////////≧=zァ
                  _,.。s≦フフフフフフフフフフフフフフフフフフ≧=-s。.,
                 />tttttttttttttttttttttttttttttttttttttttく
            tzz=≦//////////////////////////////////≧=zzzzzzァ
            _/^^^弌テ^^^弌テ^^弌_テ^^^^^^^弌_テ^^弌_テ^^弌テ^^^ア
            `弌二,イY⌒Y |:|:| ̄~:|:|:|~~|l]][[|| |]][|| ̄ ̄ |::|Y⌒Y:|:|ニア
          ...::::::::xi(/|:|弋_丿 |:|:|:(__):|:|:|::: ||::::: || |::: ||::(__):: |::|弋_丿|:|
‐┬‐┬‐┬ | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|─┴ュ__||_|‐┴┘ ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|┬┬┬┬
.       j{                   r┬┬┬┬┬ュ_                     j{:;:;
       j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::|──────────────j{:;:;:;
 ̄ ̄ ̄ ̄ j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~:|:::::___::::: :: ::|     _              j{:;:;:;
. ̄ ̄ ̄ ̄j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ /二二\ ̄ ̄ ̄|ィ㌻ ̄ ̄\::::::| ̄ ̄~,ィ㌻~\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄j{;:;:;:
 ̄ ̄ ̄ ̄j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ィダ;;;;;;;;;;;;;;;マ:, ̄ ̄~゙|:| ̄ヽ;;;;;;;;;; |:::::| ̄~゙,ィタ´ヾ;;;;;;、\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨j{;:;:;:;
 ̄ ̄ ̄~~j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:| ̄ ̄~゙|:|   |;;;;;;;;; |:::::| ̄~゙:|:|///|;;;;;;;゙|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~j{;:;:;:;:
゙ ̄ ̄ ̄~j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:| ̄ ̄~゙|:|   |;;;;;;;;; |:::::| ̄~゙:|:|///|;;;;;;;゙|:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ j{;:;:;:;:
───‐j{________|:|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:|ニ二 ┴─-- 。。.」;;;;;|─‐┴───┴──────‐'──
: : : : : : : : : : : : : :`゙''ミぅs。.,     ̄⌒゙''~‐-=ニ二_;';';';';';';';';';';';';';';';';' ̄⌒゙゙'''~ー‐-----
: : : : : : : : : : : : : : : : : :ミぅs。.,              ̄⌒"''~=ニ二_;';';';';';';';';';';';';';';';';'
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミぅs。.,                      ゙゙̄"'''~ー- 


907 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:32:56 Eble29UE0



   王が民衆の手本となるなら、猗房たちが各地へ送られ始めたのはこの頃ではないか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                     山
   ミ、                             屯屮     _,ハVハ
   Уミ、        j州{   _                 屯屮屮  ,ハVハVハV
  УミУミ、     j州州{  \/゛     / ̄ ̄ ̄ ̄\屯屮屮 ハVハVハVハ
 УミУミУミ、   j州州州{  _i{/^  /  _|_|_|_  ハ屮ナハVハVハVハVハ
 i i i i i i i i i i i i 州州州州 ´ ̄|l|‐   |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i i i ii|  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
 " " " " ""`     \          i_ |  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
  " " " " " " """    ヽ       | |二ニニニニ二二|⊂⊃ i i i i i i i i i i
 " " " " " " " """             r|_|二ニニニニ二二|_|__|_} i i i i i i i:i:i:i:i
 " " " " " " " """     i:      | ||二ニニニニ二二| |__|ノ  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  " " " " " " ""'"            | |==============| |      i:i:i:i:i:i:i:i: ガタガタガタ
  " " " " " """        ;l|     |_|              |_|       i;i;i;i;i;i;
 " " " " " ""´      /                |     \    i;i;i;i;
 " " " " ""´      /     /           }|       ヽ    i;i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   王たちが彼女ら呂太后からの贈り物をスパイと察知して遠ざけようにも、産め増やせや政策を無視すれば

   朝廷の方針に逆らう行為と難癖をつけることも可能である。



908 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:33:36 Eble29UE0


   そんな権力者たちの駆け引きなど、どこ吹く風とばかりに猗房は代国行きの馬車の中で

   ずっと己の運命を呪い続けていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ///:::::l|::::::::i:::_::〉 ‐..-::ヽヽ:::::::::||:::::::::::::::::::l:::::::::)
  /Li〈___lL -=|-:::::||::::::l:::ヽヽ::::::::||::::::::::::::::::|::::::f
  |r::| r::::|f::::::::|::::::::|ト::::j、::::| |::::::::::l|::::::::::::::|:::|;ノ
  |::::| |:::::|i::::::::|:::、:::|| !:j_|:|i:| |::::::::::||⌒:、:::::|:::|
  |:::::l i:::::|、:::::::|::| i::|ィ/_ノ」ノ |::::::::::|| 、´ l::::|::::|l         ( ……匈奴の地に近い辺境王なんて
  、ト::ヽ、:::i-、:::、〈´|r'戈_;}/'| |::::::::::||' ソ/:::|:::::::|l
  ヽヽヽ、代:ト ゝ  ´   | |:::::::::::||´,イ:::::|ヽ::::|l          きっと皆の嫌われ者で、粗野な蛮人に違いないわ。
    `'.|`l´ |       | |::::::::::||´::::::::::lヽヽ:l'、
      ||::〉 ノ       | |:::::l::::|||:::::::::::::|l:ヽヽヽ
        ||:::ヽ`   _   ! |:::::|::::||||:::::::::::::|l::::\i         そんな蛮王に孕ませられるの?
       ||::::::::::\ ‐    | |:::::l::::l||コ、::::::::::::l 、::::::
      ||:::::::::::::||ヽ__, ィ| |::::::l:::|||  廴:::::::::l 、:::::         ああ……なんておぞましい…… )
      ||:::::::::::::||:::::::::::::! |:::::l:::||:|   `_、-::_ゝ、:
      ||::::::::::::|| |::::::::_| |::::::l:::l|:|_,. -,´r‐ '' ´_ニ
      ||:::::::::::|r‐' ´ |l |:::::l:::l|:| ,/  ,. r '´ _,
      ||::::::::::||   ,f' |:::::l:::j:|/  ,/ , r '´
        ||:::::::::||  ,///::::::l::::/' / / 


909 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:34:11 Eble29UE0


   長安から代国への旅はかなり長いものだった。 時に黄河を渡り、猗房は生まれて初めて船に乗った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




        ┌┐
       /~'7;; |/~''7     ~~~
      (  ( ̄|  (                 ""~~~~  ~~~~~
    、___`t-'ーイゝ-i    ~~          ┌┐
     ヽ] ̄二二二7               /~'7;; |/~''7     ~~~
""~~~~  ~~~~~  ~       (  ( ̄|  (           ~~~~~
      ~                  、___`t-'ーイゝ-i    ~~
~~       ~~              ヽ] ̄二二二7
     ~~~        ~~ ""~~~~  ~~~~~  ~  ~~~ 


910 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:35:28 Eble29UE0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
.  |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|
.  |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|
.  |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|     |:|
─丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞──丞‐
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

        _           _           _           _        すごーい!
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)     初めて馬車に乗った時も
     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ゚∀゚ノヽ      / ノノ ゚∀゚ノヽ
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     感動したけど、船も同じくらい
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ    感動ものよー!

                       【代国行きの妃たち】

             .--- 、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>x __
         , ':.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:\
.        /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:ハ
       .':.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:./:.:/:.i:.:.:.ヽ:.:!:!
.        八:./:.:/j!:.:.:.:.:.:.:ハi:.!:.:.j:.:.!:.:i:.:l:.!    ・・・・・・・・。
       {:.:.〃':.:..ィ:.:.:.:.:.:.:.」jムト:.:.!ハ!:.ハ/:.!
      _.Vj/:.:.:.:{:!:.:.:.:.:.:.:.!{゙ r=ゝ乂///
    /:.:.八:.:.:.:./:|:.:.:.:.:.:.:.l:!    ヾ:./V
    ./:.:.:.:/:/ァ癶:.:ノ!:.:.:.:.:.iハ`    ,r:i^ヾj
  〃:.:__厶」<  ヽ|:.:.:.:.:.l!ゝ  ¨ィ:.:j
  ル ´   `ヽ. \ j:.:.:.:.:.:! ` ̄i:.l:.:.j
 ./    {    、   Ⅵ:.:.:.レ^ソ⌒ヾlト.
 i    ヽ.   V .ハ:.:.:.:.トf ノ  ヾ! 


911 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:36:53 Eble29UE0

               「゙ミl
               /!k>
             _/{|: !、
         ,. -'''",':ム!::|ヾ、、
     ,. -''"´   /,'::l |: !ヾ 、\、
 -''"´       / /ζ,!.!::| ヽヽ  \、
        / _/,,/r"」;;L,,,__ヽヽ   \、
       / r''"'''' ¨l!¨¨¨゙l!¨l!'''`''ー 、   \、
      /   λ: > '´ ,. ':: l! l! .: `))、    \、
   ,/     ハ :_、,∠`,,,/,,,,,:__: ..: V  ヽ
ー-≦,,,__     ,! r''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ   ヽ
¨T''‐f--三二┴≧;,;,;,;,;_;r''i;;;_;,;,,;,;.ィ゙     ヽ
: L:.:.:l: : l : : : :l¨''''lー-ッ-─,-、''ー- 、 ,,,,__   ヽ、
: : : ̄: : l : : : ;l: : :l : /'1 .:',nヽ ̄¨''''ー-二''''ー≧,,
: : : : : : :l: : : :,l : : l//: :| .::|, : ヽ: : l: : : : : : l ̄l¨゙l'''
: : : : : : :l: : : ;l: :/l:/: : :| .::|:',:: : ヽ: l: : : : : : !: └┤:
: : : : : : :!: : :;l/: ./: : : :|  ::!キ',: : : ヽ!: : : : : :l: : : l: :
: : : : : : :l: :/: : /:l : : : |  ::|:キ:',: : : :lヽ: : : : :l: : : :!: :
l : : : : : :/: : :./: :l: : : :|  ::|l:キ ', : : l: :ヽ: : : l: : : :l: :
:!: : : :./l : : :/: : :.l: : : ! ..::|l キ::',: : :l: : :ヽ: : l: : : :l: :


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| ……一人だけ何の反応もしない妃がおるのう。 |
|                                |
| あれで勤めを果たせるのか?               |
ヽ_  __________________/
   V

  l ̄| ̄∀l      l ̄| ̄∀l
  |二l二二|      |二l二二|    まあ代王はとても大人しいから頭数揃えには
  ( ・Д・)      (・Д・ )
  (  ̄)))~)     (  ̄)))~)   なるだろう。
   〉ヽノノノ/       〉ヽノノノ/
   / |Ж| |       / |Ж| |   
  /  |∬| |      /  |∬| |
  /ニニニニ|     /ニニニニ|

  【代国行きの付き添い役人】



912 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:37:37 Eble29UE0


   船を下り再び馬車で何日、何か月と北上を続けていると雪が降りだしてきた。 北国の冬は早い、

   そうなる前に到着しておきたかったが役人たちの到着予測より先に降られてしまった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   [ 代国太原郡界休県 ]……代国領、首都そばの県。

   。 o     ゜      . 。 o     ゜      .  。    ゚        o
 ○     ゚  。  ゜   ○     ゚  。  ゜     o              o
            o          ○      o          ○      。   .    ゜
 o   ゚   。         o   ゚   。                       o   。
             o     o     .   ゜ o     o     .   ゜    ゜
  。             ゚ 。             ゚     o      ○     o  ゚

  : :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. :.. .:. :: :  : :: : :: : : :: . :. :. . : :.:. :. : : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;: ;:;
 ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;: ::;;: ;:;:: ;:; /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\:.,' , ',' .', '.', .'',.''.,' ,','.','.',.'',.''., ',', '.','
   ::;;: ;:;: ;:;  : :; :;; ::; :;:  ;;:::;;::;l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\l:. :, :,; ., .: :, :,; .,.: :, :,; .,.: .,.: :, :,; .,.
  .','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','.',.'',.''.,',','.','..','.l/゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄\l,'... .,:,.,..... . ..,,,,, .、  .., ,,,, .、
  ;. ;.: .::; :., ::. :, :,; .,~.: :, :,; .,.: :, :,; .,.:..;. ;.l/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\l:  ; : . ' : ' ;;, ,,; : ' ;;, ,,;
  ... .,;: ;:. .... .,:,.,..... . ..,,,  .、 ,. ... ..... .l./´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\.l " `:;; :;:" ".'';;;" " " .'';; ;"
 . ;: ..., '' ;;:  ; : . ' : ' ;;, ,,;. ;: ...,. ;:;:.l /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\ l ;: ; ;: ;: """,   ."~
 ,, ;.;" .;. ".'';;;" ~, .;"’ .:.:".'';;;" ;./   _______   ヽ"' ; ~ ;;: ; ; "' ; ~ ;;: ; ; ~ ;;:
 ;: ; ; "' ; ~ ;;: ; ; ~; ~ ;;:         |  /´          .`ヽ  |     ,, ;.;" .;. ".'';;;"
:;; :;:" ".'';;;" "            | ̄||  |               |  || ̄|    ..., '' ;;:  ; : . '
  ".'';;;" "                |  ||  |               |  ||  |     ;. ".'';;;"
                   |_||  |               |  ||_|
                         |  |               |  |
                         |  |               |  |
                     | ̄| l二二二二二二二二二二二l | ̄|
                     |  |=|_|================|_|=|  |
                     |_|                  |_| 


913 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:38:14 Eble29UE0

    ゜    o   ゜            。                ○
゜    ○             o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ○    ゜          ゜             o
_\  _   ゜         。    。   ゜      o    _  ○ ̄ ̄
  ○ \    o    ゜               。       / /
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜     ゚     ○//。__| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l ゜           ゜    。 l l |  |   |○田 田
    |田 | 。| | l      ゜     ゜    。  ゜   l | |  | 田|    o
∃○|   |  | |。  ゜ . .. ... .. ... . ... ...゜ . .. .. ..    l |。|  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....     .....     -| |  | 田|
∃  |   |○― ....    o      ....   ○ ..... ―  |   | 田 田
   o.... 一      ....     ○    ...  o   ....  ー- | 。
―  ̄   o   ⌒                          ̄ ― -
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| あと少しだってのに、なんてこった!   |
|                              |
| 気にせず進むか?            |
ヽ_ ______________/
   V

  l ̄| ̄∀l      l ̄| ̄∀l
  |二l二二|      |二l二二|    いや、馬車の車輪が雪に取られたら危険だ。
  ( ・Д・)      (-Д- )
  (  ̄)))~)     (  ̄)))~)   強行軍は馬も潰れる。
   〉ヽノノノ/       〉ヽノノノ/
   / |Ж| |       / |Ж| |    今日の移動はこの県で止めておこう。
  /  |∬| |      /  |∬| |
⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒ 


914 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:38:50 Eble29UE0


   やむなく猗房たち一行は、界休県の亭長(ていちょう:役人向けの宿場の管理人兼、警察官)を訪ね。

   そこで早々と宿を取った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.____________________    ゜    o   ゜            。
|_________☆__________|     ○             o      o      o   ゜
  |  ○   |. 界休県 宿駅役場 |  日   |○  o ゜      .   ○    ゜          ゜
  | ___ |!| ̄//| ̄//| ̄//| ̄//||      |   ゜    o   ゜            。
  | |||||||||| .| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|      |    ○             o      o      o   ゜
  | |ロロ ロ| .| | ̄|.|       .|.| ̄| |      |o ゜      .   ○    ゜          ゜
  | |ロ ロロ| .| |_|.|  ____ |.|_| |      |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  | . ̄ ̄ . |    | ヽ亭長=/...|    |      | < 今夜はお楽しみですね? |
  |       |    | ( ,,,´w`) |    |      |  ヽ___________/
  |       |    | (  У ||) .|    |      |
  |       |    |  |=@=|  |    |      |
  |       |    | (__)_) .|    |      |
⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~

  i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i´ ̄`i
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |ニ二⊃                   ,、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |,, ゚Д)              _〈 i、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |'~フ∞、 _ ___ __ _    _、シ从ヾ、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |/_,ハ       _  ̄_,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|三}、_)./7   /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  |三三三三三三三三三三三三三三三}/ノ   ,イ{   ノ ||(   ,U
  |三/´|`ヾ三三三三三/´|`ヾ三三三レ'ニニニニニニニ0ニコ/
  └゙(─@─)========(─@─)=┘         /| |    } j{
     \._|_,ノ          \._|_,ノ          《_,ヒ}   《_,/_} 


915 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:42:06 Eble29UE0


   そして付き添い役人たちは、雪に足止めされた機会に界休県にまつわる話を

   妃たちに語りだした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     |l|   呂 ..|l|         | | ┏┯┯┯┯┳━━━━┓   |      |
     |l|   利 ..|l|         | | ┠┼┼┼┼┨        ┃   |      |
     |l|   満 ..|l|         | | ┠┼┼┼┼┨⊂⊃    ┃   |      |
     |l|   故 ..|l|         | | ┠┼┼┼┼┨    /\┃   |      |
     |.二二二二.|         | | ┠┴┴┴┴┨  /    ┃   |      |
     0      0       | | ┗━━━━┻━━━━┛   |      |
_____________|_|_____________|      |
___________________________._|      |
┰──┰┬┰──┰┐     ┌──┐┌──┐┌──┐  |      |
┃  []┃│┃[]  ┃|     └ -・'-┘└ -・'-┘└ -・'-┘  |      |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : |___|

  l ̄| ̄∀l    代国で暮らすようになる以上、今からする話は地元民の間では
  |二l二二|
  ( ・Д・)    とても有名である。
  (  ̄)))~)
   〉ヽノノノ/    ここ界休は別名「介休」という。 ここに生まれ、別名を姓に持ち
   / |Ж| |
  /  |∬| |     春秋時代に名を上げた烈士がおるのだ。
  /ニニニニ| 


916 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:42:49 Eble29UE0



  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|     その者は介子推(かい しすい)という。
  ( -Д-)
  (  ̄)))~)    彼の名を、生きざまを、知っている者はおるかね?
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |
  /  |∬| |
  /ニニニニ|


        _           _           _           _
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)  ??
     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ ゚ -゚ノヽ      / ノノ ゚ o゚ノヽ
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ 


917 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:43:50 Eble29UE0


   しかし、どの妃からも反応は無かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ( ⌒ )
  γ⌒   ⌒ヽ
  ゝ      ノ
    | l |

  l ̄| ̄∀l     嘆かわしい、諸君ら……美しいだけの人形か!?
  |二l二二|
  ( TДT)     介子推は晋国の文公に仕え、飢えた主君のためわが身を切り裂き
  (  ̄)))~)
   〉ヽノノノ/     己の肉を主に捧げた忠義の男なのだ。
   / |Ж| |
  /  |∬| |
  /ニニニニ|     これを知らねば地元民に物知らずと嗤われるぞ!! 


918 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:44:50 Eble29UE0


        _           _           _           _
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\     まあ……なんと痛々しい。
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ ゚ -゚ノヽ      / ノノ;゚ o゚ノヽ    殿方はそういう怖い話が
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ    好きなのかしら?
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ







   /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::l::::::::::::::::/ゝ、_,;;、_:::::::_;:::イ
  ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::|::::::::/:::::::::::/::::::::::::`´:::::::::l
  .l:::::::::::::::::::::ト::::::::i:::::::::::::::::::|::; ‐ 、::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l        ……私は知っていたけど、彼が烈士とは思わない。
  |:i::::::::::::::::::::| :|ヽ::i::::::::::::::::::r'/-__ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l
  .|'i:::::::::::::、:::::l,〉'´゙,j::::::::::::::::::|゙-、 } |:イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  !ヽ:、:::::::ヽi、:、j,イヽ::::::::::::::::| /,ィ r、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    ヽヽ:、ーヽ`' 〉`!:::::::::::::::|  ',ノ l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       だって介子推は、黙って忘恩の主に焼き殺された
     ` `゙ j    |::::::::::::::::| .|  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
       ノ    l::::::::::::::::l  '  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l       ただの匹夫ですもの。
       `ー、'  l:::::::::::::::::l   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ‐i7::::::::::::::::l ィ _,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ./::::::::::::::::::l>'´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
         /:::::::::::::::::/::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ 


919 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:45:36 Eble29UE0

             /  i  l     . i !   !  l   }l !   /ハ   }
            〃,  亅  !      : l !  ハ  }  ハ}¦ V/} ハ_/}      真の烈士というなら老子さまと同じくらい
            |{¦i {  ハ   、_l !_」 厶」イ /〃 i  |レ'  ∨
            |l||i '、_{厶 i  ] |7l厶xz弐/l/ i i  |{     l       私が愛してやまない
            |!ハ|l、厶」xzえl、  ト|厂_]t'少'′ | l  V´ヽ  l
            }′ ヽ\Vヘtツ`}\!         | l   l   l  l       荘子さまが称えた比干と
               |ト个゙´  ノ         _」 |   l  !
                    |i {    ヽ、、       { Vl    !   !        伍子胥しかいないわ!
, -、                  |l  '、   _,、-=ー、    i   l、  l  l
  }              |l  ヽ  `V    }    l、  、   !   !
  |  , -、          |l   iヽ   ゙ー‐'′   /l| 、 丶   !   !  i      介子推ごときが地元の英雄~?
  | l  l          |!  :¦ i\  `    ´ __l| 、  丶 l  '、 !
  l !   l             |!  i | l {`゙r‐r'´ _/ |l  ト  ヽ }   Vj      やはりここは蛮地なのね!
  l!  l     , -、   -┤   | |、」_厶込_\_{  /|!  | '、  ゙′
  ! l  l     }   Y     |   | | { {  `y⌒゙く   l   | }
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞



  l ̄| ̄∀l      な、何ぃ!?
  |二l二二|
  ( ;゚Д゚ )     お前……急に早口になって何を言い出す?
  (  ̄)))~)
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |
  /  |∬| |
  /ニニニニ| 


920 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:46:47 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| あのなあ……これは烈士の優劣の話ではなく、 |
|                                |
| 地元民の心を理解するための話なのだぞ。   |
ヽ_  __________________/
   V

  l ̄| ̄∀l      l ̄| ̄∀l
  |二l二二|      |二l二二|    ……説明するだけ無駄かもしれん。
  ( ・Д・)      (-Д-; )
  (  ̄)))~)     (  ̄)))~)   よく見ればこの妃、呂皇太后さまの御前で奇声を張り上げ、
   〉ヽノノノ/       〉ヽノノノ/
   / |Ж| |       / |Ж| |    他には宦寺に怒鳴り込んだという、あのヤバイ女だ。
  /  |∬| |      /  |∬| |
  /ニニニニ|     /ニニニニ|

∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ      物知らずの蛮人は、きっと老子様の
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ     素晴らしさを知らないのでしょうね。
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙        老子様の教えは弱者の側に立った
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/           大自然の怒り!
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 自然を顧みず、豊かさしか求めない愚か者どもには、天罰を下さなきゃいけないの!  |
ヽ____________________________________/



921 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:48:05 Eble29UE0


   予備知識の時間は老荘思想をしきりに勧めてくる猗房の活躍で、お開きになった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   .     。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',   ,:  ‘
        ,     .. '            ,:‘.     , ;   `
:: . ..                                 .. ' ,:‘.
  ,   ,:‘.         ..;               ',   ,:‘  ’‘   ,
      + , .. .+    ’。              .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。
   ,:‘. 。 .. . .    :::  ' ,:‘.  , .. . +
         .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。
|^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒⌒^~⌒^~⌒^~⌒^⌒^,|    ゜    o   ゜            。
|_________☆__________|     ○             o      o      o   ゜
  |  ○   |. 界休県 宿駅役場 |  日   |○  o ゜      .   ○    ゜          ゜
  | ___ |!| ̄//| ̄//| ̄//| ̄//||      |   ゜    o   ゜            。
  | |||||||||| .| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|      |    ○             o      o      o   ゜
  | |ロロ ロ| .| | ̄|.|       .|.| ̄| |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ゜
  | |ロ ロロ| .| |_|.|  ____ |.|_| |    | 大自然ってそんなに良い物かなあ……。    |
  | . ̄ ̄ . |    | ヽ亭長=/...|    |    |                              |
  |       |    | ( ;,´w`) .|    |   < 大雪で死にそうな国に暮らしていると      .|
  |       |    | (  У ||) .|    |    |                              |
  |       |    |  |=@=|  |    |    | 都会人の自然信仰はなんだかなあと思うよ。 |
⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒ヽ___________________/⌒^~⌒⌒^~⌒^~⌒^~⌒ 


922 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:48:52 Eble29UE0


   その夜、妃たちは猗房と距離を取って就寝し。 猗房は人肌の寂しさから、東の太行山脈を

   隔てて向こうにいる家族を想い、ひとり枕を濡らした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     <⌒/ヽ___        <⌒/ヽ___       <⌒/ヽ___     <⌒/ヽ___
    /<_/____/       /<_/____/      /<_/____/   /<_/____/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                      _____
                   ,  ' ´.::.::.::.::.::.::` 丶 、_
                  /.::.::.::.::.::.::.::.::,::.::.::.::.::.::.::.:>‐.、_
             , '.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::./_::.::.::.::.::.\
               /.::.::.::.::.::.::.::.:,.'::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::,::.::.::.::.::.ハ
           /.::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::.::.::,:'.::.::.::./::j::.::、::.::!:i
           ,::.::.::.::.::.::.::.::〃.::.::.::.::.::.::./ .:/.::.::j::.:{::.::.:!::.::!:l    ( ……私はいつも正しい話をしているのに
            l:|::.::./.::.:://.::.::.::.::.::.::.::ハ!::.!::.::.::!::.:l::.::.:l::.::|:i
              八::/.::/.::/.::.::.::.::.::.::.::.:|:!{::.|i::.::.:|、::|::.::.:}::.::!:|     なぜかみんな、うんざりした顔で離れていく……。
          {::.〃,:'::.::.:/!::.::.::.::.::.::.::.:_j」ム:lヘ::.:.!ハ:!::.::ハ:〃:!
             _V:j/.::.::.::{!::.::.::.::.::.::.:i::|¬r云V乂レ'//.:/
         , ' ´::ハ!.::.::.::.::.〉!::.::.::.::.::.::.::.!:l i^′  ヽ::´.::/:V      父さん……私は間違ってないよね?
.     /.::.::.::八 \_:/.::|::.::.::.::.::.::.ハト| !     _ ン<::.::.i
      /.::.::.::.::./.:/7フヘ:_:ノ!::.::.::.::.::.i:|      _,、r'´!  \|       間違っているのは老子様を軽んじる
    〃.::.::.::_厶⊥!く   \ !::.::.::.::.::.lヘ   ‘´ r'::.::.|
    !|::., '⌒丶、  丶、  `|::.::.::.::.::.l/`  ..__,ハ::.::i:l          世間の方だよね? )
.   ル'      \   \!::.::.::.::.::!     |:!::.:|:!    
   /    {     ヽ    `V!:.::.::.::.:レヘ, -'^!¬:.ぃ 




924 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:49:41 Eble29UE0


――― 翌朝。



         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',:
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',
    ゜    o   ゜            。                ○
゜    ○             o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ○    ゜          ゜             o
_\  _   ゜         。    。   ゜      o    _  ○ ̄ ̄
  ○ \    o    ゜               。       / /
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜     ゚     ○//。__| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l ゜           ゜    。 l l |  |   |○田 田
    |田 | 。| | l      ゜     ゜    。  ゜   l | |  | 田|    o
∃○|   |  | |。  ゜ . .. ... .. ... . ... ...゜ . .. .. ..    l |。|  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....     .....     -| |  | 田| 


925 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:51:18 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 一晩過ぎたが……吹雪だな。 積雪も膝の高さ近くまである。 .|
|                                            |
| これじゃもう馬車では進めまい。                      |
ヽ_  ________________________/
   V

  l ̄| ̄∀l      l ̄| ̄∀l
  |二l二二|      |二l二二|    そうだな……晴れている日を選んで雪中行軍しか
  (;・Д・)      (・Д・;)
  (  ̄)))~)     (  ̄)))~)   あるまい。
   〉ヽノノノ/       〉ヽノノノ/
   / |Ж| |       / |Ж| |    溶けるまで待っていたら到着期日を過ぎてしまう。
  /  |∬| |      /  |∬| |
  /ニニニニ|     /ニニニニ|





        _           _           _           _        そ、そんなあ!
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)     ただでさえ長旅で疲れているのに
     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     徒歩で行くだなんて……。
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ 


926 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:52:28 Eble29UE0

             /::::::::::::::::::/:::::!:::::::::::::::、:::` 、
           /:::::::::/:::i::::::ム斗匕1:::::::::::l!::::::::\
             /:::::::: ':::::::!:::/〃⌒ヾj∧:::::ハ、::::::::::ヽ
           ′:::::::|::::::::∨      j;/ ィ=ミゝ:::::ハ         無理に決まってるじゃないぃぃ~!!
           |:::::::::::::|::::::::::| ヘ          ヤ:/::1:!
           |:::!:::::::::!::::::::::! U…’   ヽ 、___, 7从リ
           Ⅵ::::;r‐:::::::::::!          iiU i":ハ          代国の首都は千里の果ての大辺境なのでしょう?
             キ:::f ヘ :::::::::.  u  /二 7     |:::::::ヽ
           、弋_}:::::::∧   /   /     .イ::::::::::::\        無いわー!
           ォ≧x::::ハ::::::::∧ /   /   /` 、::::::::::::::\
        ィ::::::::::え少仆:::::::::∧ ̄ ̄   ´     \:::::::::::::::.     ここから歩きで行けるわけ無いわー!!
      イ::::::::::::斗''" ノ | ∨::::∧ 丁´≧x       ヽ::::::::::ハ
    /:::;:::::::/´    / ∧  ヽ::::∧仆  \ ` 、    ∨::::::::::!
  /::::::/:::: ハ   ./ 厶斗f⌒\::::ヽ \ハ.   \.    ∨:::::::i
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞


  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|      泣きたいのは我々も一緒だ! だが地元民なら行ける距離らしい、
  (;-Д-)
  (  ̄)))~)     なら後学のため行ってみる他ない。
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |
  /  |∬| |      また期限を過ぎると我らが罰せられてしまうのだ。
  /ニニニニ| 


927 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:53:11 Eble29UE0


         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',:
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',
    ゜    o   ゜            。                ○
゜    ○             o      o      o   ゜    。

                ____
                 .:´::::::::::::::::::`:..、
          , -く::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         .ィf::::::::l}:::::::::::l:l::::::i:!::|!:::l:!:::::::.      私たちを蛮人と一緒にしないでくださる?
         {{:廴:::イ::::::::l!从{::从ハ从:l!::::ト
         爪:::::: |::::::i: ◯    ◯|ル丿     無理無理無理よ~!!
         //:::::/::|::::::l::|| |      | ||:::i
.        //:::::/::: |::::::l::|| |   ⊿ | ノ:::|
    _ イ::':::::イ:::::::|::::::ノ≧=====彡:‐┴┐
    >==::::":::::::::ノ:イ\    ノ/ : : >r‐'
    ≧==:::/:::/::/{: : :厶斗": :厂「|:::::::!
.       /:::::::_::/:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:イ:::::j !:::::ノ 




929 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:55:41 Eble29UE0


   それから晴れの日に改めて一行は前進を再開した。 妃たちは皆、憂鬱であったが

   付き添い役人に置いてけぼりにされては叶わない。 しぶしぶと後について行った。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   `ー 、_             彡      ゚
 .o 。 /´ ̄`ll´ ̄`ll ̄`ゝ
   r'~(   ノ ||. ノ ||   )     。    o    .О 彡
  ,|ヽ ヽ   .||   ||, -====-、
   \\\__,||__/n_j__j__j_i_,\_;
 ヽ, .,\ /~ヽ,.二二二(; ´Д`)  .`ー ,l ̄| ̄∀|    はあ……晴れてても寒い、寒い。
ガラガラ 、`| | |、二二ニソミリミミリソ_ア Z |二l二二|
  、    ヽ_ノ`〔=====`J=,==|」  .   (;´Д`)     南方行きの方が良かったなあ……。
  `ヽ、ガラガラ    リ;.し'^(_):'" o .rミリミミリソ、`ー 、_
     `ー 、_               ソQ   r_)   `ー 、_  О 彡
  ,"'.:.:;,`:;,' `ヽ、             (_)_/         `ー 、_
    ゚  ,゚ .。. ヽ、
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 大自然の怒りっ子さんよう、笑えよ。         .|
|                                |
| これがお前さんの大好きな自然の猛威だぜ?  |
ヽ____________________/




930 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:56:58 Eble29UE0


   一行は女たちの足に合わせてゆっくりと進み、夕方まで歩き続け。 界休から1つ県を越えた先にある

   古都・中都(ちゅうと)まで歩を進めた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


――― 紀元前189年(恵帝六年)。



                     ⌒⌒   アーアー
             ⌒⌒
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: ::⊂二⊃ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :⊂二⊃ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : :
                           , 'ニ ̄ニヽ
                           ( 二ニ ニ)
                       /~\ ヽニ_ニノ  ,/⌒ヽ
\     ~ 、      /⌒ヽ,,  /     \     /     ^ヽ、       ~ 、      /⌒ヽ,
  ヽ,,,/   \_ ,,,,,/     ''''        \,,,/         \    ,/   \_ ,,,,,/

                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
               |        ____.        ||
               |         | 中 都 |       ||
               |      l二i二i二i二i二il     ||
               |      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||
               |      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||
      、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~vir`===''´         `゙===''´^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^
               ,, vir ,, /             \wイv wイv wイv wイv 


931 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:57:47 Eble29UE0


                           , 'ニ ̄ニヽ
                           ( 二ニ ニ)
                       /~\ ヽニ_ニノ  ,/⌒ヽ
\     ~ 、      /⌒ヽ,,  /     \     /     ^ヽ、
  ヽ,,,/   \_ ,,,,,/     ''''        \,,,/         \   /




       -====-、     , -====-、      , -====-、      , -====-、    はあ……はあ……
      n_j__j__j_i_,     n_j__j__j_i_,       n_j__j__j_i_,      n_j__j__j_i_,
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)    代国の首都まであと……
     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ    どれぐらいなのかしら?
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ


  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|     あと少しだよ。あと少し……。
  (;-Д-)
  (  ̄)))~)
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |
  /  |∬| |
  /ニニニニ|

       / | ゙
           ニ /              / | ゙
           ̄     /ヽ             ニ /
               __/ ノ ヽヽ ________ ̄
        r─メ::::::::::::\ //           ./|    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         i:::/::/::/:::::::::::::ヽ.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |    | もう無理!足が痛すぎて動けないぃ~!  |
        ゝl:::i::::iwノ、::/、リ| i ̄ ̄ ̄ ̄i: (/) |  |    |                            |
          .ノ:::|::::| > <{ | l /i      |: 。 |  |   < 動きたくないわー!!何があと少しよ?   |
        /:::::::!::::!__i⌒i_,ィ! ト/厶ィ__.| [ ̄] |/|    |                            |
      く::::::::::xf⌒ネ二二二フ /三三三三三三:!    | 貴方も呪われるがいいわー!           |
      厶::::(_ノ: :ノノ:i:/ ∠  j  ¨i¨    | |  |    ヽ__________________/
         レイ: : `ヽ:/{   ∨   小     .! !  !
        〈: : : : : :ィ个、ヽ   | |__|___.| |/
.        \:_://Z/ヽソ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 


932 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:58:39 Eble29UE0


   猗房たちの足が止まりかけたころ、前方から積雪を物ともせずに向かってくる騎馬軍団があった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ┃┃―― ‐ ゙, :::ト、_、__( ,, イ-‐'', :::) 〔、,,,__゙、;;,,,,_,イ :::l::  ゙゙y'"
┣━   ―‐'''''''  ゙、 ::/    ゙l '' ::)  l :::i :::::ト ::::f゙   /  ::ハ  :::::γ个= ,,,__,イ
┃   --‐‐''''''"" ゙, :::l    j  ::/  | :::゙i ::::| :::|   ,'  :::/ l ::::::,'  l::::::::::」 ,'
   ┃ ┃┃    ゙、:::!、   ( :::i゙    ヾ-;;, ::!、 :::j、  ,' :::/   | :::::ノ   ゙,:::::/ ,'
 ..━╋━┓ ‐''"_,,  ゙、::|   l、 :::ト,    ""  ゙''‐''゙  i ::/  ( ::::イ   /:::/  ,'
   ┃  ┃ ‐''"_.  | ::|    ゙;;;;;'     \从/:  ,' :::,'   ゙i ::::|  (::::::>(´⌒;;)
   ┃  ┃―'''"    ゙;;;;'   \从/  ;'・,, ;:’    .,'::::,'    ,' ::::,'  (´⌒;;) ⌒;;)
     ┃ ┃┃       ;;∵.,"'  \从/    :::::: ┃ ┃┃ (´⌒;;) ;;;..,:⌒;;
   ..━╋━┓  \从/  / ('⌒;;)     / ;;(´⌒;;). ┣━━ ´⌒;;''⌒゙;; (´⌒;;
     ┃  ┃ ''"∴::. // (´⌒;;)⌒;;) (´⌒;;) ゙;;,.   ┃   (´⌒;; ⌒;; (´ ;;;
     ┃  ┃ ''"  ://    / (´⌒::/ ('⌒;; ⌒;   ┃ ┃┃  ,゙ ('⌒;;;
            // (´⌒;;)/(´⌒;;) / (´⌒;;) ⌒;;;    ┣━━
           // (;;;⌒`) / ;;;⌒`)' (´⌒;;);;;⌒;;;    ┃    ┃┃ ┃
                                                ┛ 




934 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 21:59:23 Eble29UE0


             /::::::::::::::::::/:::::!:::::::::::::::、:::` 、   |ヽ/|_
           /:::::::::/:::i::::::ム斗匕1:::::::::::l!::::::::\  .\   /
             /:::::::: ':::::::!:::/〃⌒ヾj∧:::::ハ、::::::::::ヽ   |__>
           ′:::::::|::::::::∨      j;/ ィ=ミゝ:::::ハ      
           |:::::::::::::|::::::::::| ヘ          ヤ:/::1:!          ひっ!?
           |:::!:::::::::!::::::::::! U…’   ヽ 、___, 7从リ
           Ⅵ::::;r‐:::::::::::!          iiU i":ハ
             キ:::f ヘ :::::::::.  u  /二 7     |:::::::ヽ          馬車じゃなく、粗暴にも直に馬に跨っている
           、弋_}:::::::∧   /   /     .イ::::::::::::\
           ォ≧x::::ハ::::::::∧ /   /   /` 、::::::::::::::\       なんて……あれは匈奴!?
        ィ::::::::::え少仆:::::::::∧ ̄ ̄   ´     \:::::::::::::::.
      イ::::::::::::斗''" ノ | ∨::::∧ 丁´≧x       ヽ::::::::::ハ
    /:::;:::::::/´    / ∧  ヽ::::∧仆  \ ` 、    ∨::::::::::!
  /::::::/:::: ハ   ./ 厶斗f⌒\::::ヽ \ハ.   \.    ∨:::::::i
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞



       -====-、     , -====-、      , -====-、      , -====-、
      n_j__j__j_i_,     n_j__j__j_i_,       n_j__j__j_i_,      n_j__j__j_i_,    ええっ!?
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ     / ノノ:゚ o゚ノヽ   あの恐ろしい騎馬民族の!?
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ


  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|     ……やれやれ、やっとお迎えか。
  (;-Д-)
  (  ̄)))~)
   〉ヽノノノ/ 





937 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:00:13 Eble29UE0


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    | 呂皇太后さまの使者方、お疲れさまでした! |
    |                              |
    | 我らは代王さまからの使いです。        |
    ヽ___________________/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      | ここからは我らの馬にお乗りください  .|
      巛∧ ∧(漢ヘ        _∧∧(oノヘ          ヽ________________/
     ./ ・ ヾ.(・ω・´R\     (_・ |(・ω・´L\
    (_/\ ⊂ ヽ三||        |\Ю ⊂)_|√ヽ
       冫´  | / ⌒ Y       (  ̄ ~∪ )^)ノ
     ,/  | ,.し_ 丿        ||` || ( | ( |
     \(/ /´ // /  ``) ::`)   '~ ~ '~ '~       巛∧ ∧(oノヘ        _∧∧(oノヘ
       / /   //_/ ; ;; ;;; `)⌒`)                 ./ ・ ヾ.(・ω・´R\     (_・ |(・ω・´L\
                                  (_/\ ⊂ ヽ三||        |\Ю ⊂)_|√ヽ
                                     冫´  | / ⌒ Y       (  ̄ ~∪ )^)ノ
                                   ,/  | ,.し_ 丿        ||` || ( | ( |
   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨          \(/ /´ // /  ``) ::`)   '~ ~ '~ '~
                                     / /   //_/ ; ;; ;;; `)⌒`) 




939 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:01:17 Eble29UE0


   騎馬軍団の正体は代王の使いだった。 まだ漢人で単独で馬を乗りこなせる者が少ない時代である。

   妃たちは驚きながらも馬に乗せられ、雪中行軍の辛さからようやく解放された。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  -====-、                -====-、              -====-、
                 n_j__j__j_i_,_,               n_j__j__j_i_,_,             n_j__j__j_i_,_,
                 ((从_从)i@《,              ((从_从)i@《,            ((从_从)i@《,
              lヽ/l ||从゚- ゚ ||/||           lヽ/l ||从゚- ゚ ||/||         lヽ/l ||从゚- ゚ ||/||
             / ・ ミニXニヾヽ||           / ・ ミニXニヾヽ||         / ・ ミニXニヾヽ||
            (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ.          (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ.        (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ.
              |  ̄ ミロ=〈  ヽ.           |  ̄ ミロ=〈  ヽ.        |  ̄ ミロ=〈  ヽ.
               |__ノl⌒ヽー 、,.ゝ          |__ノl⌒ヽー 、,.ゝ        |__ノl⌒ヽー 、,.ゝ
        ∧(漢ヘ   ( || || || L....」   r~  ∧(漢ヘ   ( || || || L....」   r~∧(漢ヘ   ( || || || L....」   r~
       ( ´∀`)')ノノーヽ ノ-し'、ヘ ノ    ( ´∀`)')ノノーヽ ノ-し'、ヘ ノ  ( ´∀`)')ノノーヽ ノ-し'、ヘ ノ
       (    ノヾ.、_   !.|    ヾl.l、_    (    ノヾ.、_   !.|    ヾl.l、_  (    ノヾ.、_   !.|    ヾl.l、_
       | | |  ヾノ  |.|    |.|ヾノ   | | |  ヾノ  |.|    |.|ヾノ | | |  ヾノ  |.|    |.|ヾノ
       (__)_)    l~」    l~」     (__)_)    l~」    l~」   (__)_)    l~」    l~」



  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|    ふぅ……これで引き継ぎは宜しいな。
  (;・Д・)
  (  ̄)))~)   では我らは近隣で一泊してから
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |    長安に帰らせてもらうよ。
  /  |∬| | 


940 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:02:19 Eble29UE0


          _,....‐::‐::-r::‐:::-..、
        ./::::_;::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _
       .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
      //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |
      f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /         な?何と無責任な!!
      |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/
       !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
        l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ         迎えが来たからってまだ首都に
.         ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |
        V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ        着いていないでしょう!!
        !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}
        |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉
         !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ        職場放棄も甚だしいわ!
       /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
      /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   付き添い役人の何気ない一言が、疲労していた猗房の怒りに触れ、彼女は眉を逆立てた。





942 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:03:03 Eble29UE0


  l ̄| ̄∀l
  |二l二二|     ・・・・・・。
  (;-Д-)
  (  ̄)))~)    最後までお主は面倒くさいのう、何も知らぬ娘よ。
   〉ヽノノノ/
   / |Ж| |     ここ中都が、代国の首都なんだよ。
  /  |∬| |
  /ニニニニ|


∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞

                  -====-、
                 n_j__j__j_i_,_,
                 ((从_从)i@《,
              lヽ/l ||从゚- ゚ ||/||
             / ・ ミニXニヾヽ||
            (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ.
              |  ̄ ミロ=〈 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               |__ノl⌒ヽ | そうですよ。 秦の頃まではもっと北の    |
        ∧(漢ヘ   ( || || || L....」|                            |
       ( ´∀`)')ノノーヽ ノ-し'< 晋陽が首都でしたけど匈奴対策のために  |
       (    ノヾ.、_   !.|    ヾ|                            |
       | | |  ヾノ  |.|    | 南の中都に遷都したんです。 OK?     .|
       (__)_)    l~」    lヽ__________________/ 





944 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:04:06 Eble29UE0

                  -====-、
                 n_j__j__j_i_,_,
                 ((从_从)i@《,
              lヽ/l ||从゚- ゚ ||/||
             / ・ ミニXニヾヽ||
            (_。/ ミノ{ミ]l[__ノヽ.
              |  ̄ ミロ=〈 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               |__ノl⌒ヽ | ここは田舎だから帝都・長安から来たのなら   .|
        ∧(漢ヘ   ( || || || L..<                                |
       ( ´∀`)')ノノーヽ ノ-し'、ヘ| 地味に見えるかも知れませんがね。         .|
       (    ノヾ.、_   !.|    ヾヽ____________________/
       | | |  ヾノ  |.|    |.|ヾノ
       (__)_)    l~」    l~」
^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^


              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|         ・・・・・・・・・。
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|
            |:.:.:.:从 u    !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ 


945 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:04:59 Eble29UE0

                     ゝェェェェェェェェノ
                 |>  ィ|o_o_o_o_o_o_ト、  |>
              n_n_h_n_n_r|_h_n_n_n_n_r|_n_n_h_n_n_
               |        ____.        ||
               |         | 中 都 |       ||
               |      l二i二i二i二i二il     ||
               |      |::r' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |     ||
               |      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||
      、、、、、、、、、|      | |::::::::::::::::::::::::::| |     ||、、、、、、、、、、
^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~vir`===''´         `゙===''´^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^~⌒^^~⌒^~⌒^
               ,, vir ,, /             \wイv wイv wイv wイv

             .--- 、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>x __
         , ':.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:.:.:\
.        /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:ハ
       .':.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:./:.:/:.i:.:.:.ヽ:.:!:!    ( 本当に……地味でみすぼらしい都だわ。
.        八:./:.:/j!:.:.:.:.:.:.:ハi:.!:.:.j:.:.!:.:i:.:l:.!
       {:.:.〃':.:..ィ:.:.:.:.:.:.:.」jムト:.:.!ハ!:.ハ/:.!
      _.Vj/:.:.:.:{:!:.:.:.:.:.:.:.!{゙ r=ゝ乂///      ここが私の骨を埋める所になるの?
    /:.:.八:.:.:.:./:|:.:.:.:.:.:.:.l:!l|l|l|  ヾ:./Vl|
    ./:.:.:.:/:/ァ癶:.:ノ!:.:.:.:.:.iハ`    ,r:i^ヾj       ぞっとしてしまうわ…… )
  〃:.:__厶」<  ヽ|:.:.:.:.:.l!ゝ  ¨ィ:.:j
  ル ´   `ヽ. \ j:.:.:.:.:.:! ` ̄i:.l:.:.jl|
 ./    {    、   Ⅵ:.:.:.レ^ソ⌒ヾlト.
 i    ヽ.   V .ハ:.:.:.:.トf ノ  ヾ!
 |      \.  ! i  i:.:.i:.:Yヘ    l 





947 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:05:37 Eble29UE0


   猗房たちは城内に通され代国の王宮へと迎えられた。 王宮の規模は観津県の庁舎より

   僅かに大きいぐらい。 長安を見慣れた目で見ると、こじんまりとした印象を受けた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 代国の王宮 ]

           _ _ _                    _ _ _
         /| Ll  Ll | ̄ ‐-             -‐  ̄| Ll  Ll |\
       l  |____|.     |         |     :|____|  l
       |/|        | ̄ ‐-:l‐i_r‐i_r‐i_r‐i_r|:-‐  ̄|        |\|
       |  |   [l  |  [l  |^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [l  |  [l   |  |_r‐t__ト‐t__
       |  |____|     :「i∩∩∩∩∩|     :|____|  |_l_LLl_Ll_l
 ___ ___  ;|≠|   /ハ  :| ̄ ‐-:|         |:-‐  ̄|:  /ハ   |≒|l_LLl_Ll_l_
 _l_lェ|_l_|ェ|;|  |   |土|  :| ∩  :|   l代l    |  ∩ :|:  |土|   |  |_l_LLl_Ll_l
 朋_l_l_l_l_l|  |____|_ r‐i __:|         |:__ r‐i _|____|  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|=|        | ¥  :|  〃´ `ヽ  |:  ¥ |        |=|l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  |   /ハ  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  /ハ   |  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|  |   |土|  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  |土|   |  |l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  l二二二二二┃_:|_|l    l|_:|:_┃二二二二二l  |_l_LLl_Ll_l
 二二二二二土土土土土:┃/             \┃:土土土土土二二二二二
 土土土土土土土=¨¨ ̄                      ̄¨¨=土土土土土土土
 土土=¨¨ ̄                                    ̄¨¨=土土
       -====-、     , -====-、      , -====-、
      n_j__j__j_i_,     n_j__j__j_i_,       n_j__j__j_i_,     うーん、王様の宮殿と言うより
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ ゚ -゚ノヽ     / ノノ;゚ -゚ノヽ    県令の庁舎と言った方が
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ     近いような……。
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ 


948 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:06:25 Eble29UE0


   しかし、妃たちを出迎えてくれた代王と代王太后は、城に似合わぬ大らかな人物だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡

                 _
               /  ヽ
             /  / ノ
     / ̄ヽ     \/ /
    /:::::::::::.ヽ    /\/      ============      , - 、へヘ , - 、
    {:::::::__〈 ../            |::::::::::::::|        斤リ/ ハハハ巛心
    ッ/ ´∀`)/             ( ´∀`)        廴ル(_リ´∀`)ノ
    (  ̄)))~)               ノi:::.、y/_ヽ         ( ̄|:|:| ̄)
    // _ハ__゙i              (::::フ:元:ヾj         /\|:|:|/|
    /ニニニニi               ノ∨i.........i,|         (,、,、,人、,、)


    /从从ヽ パチパチ                                      /从从ヽ パチパチ
   [二炉二]                                          [二炉二]
   [二二二]                                          [二二二]

        _           _           _           _
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\     代王さま、初めまして。
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ゚∀゚ノヽ     / ノノ ゚∀゚ノヽ    今後ともよろしく
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ    お願いいたします。
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ 


949 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:07:21 Eble29UE0



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 俺がここの城主、代国王・劉恒だ。 |
|                            |
| そして隣は俺の母親だ。          |
ヽ_______________/

               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|        遠路はるばる長安から代国へ
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 ヽヽイ. ∧|         ようこそ、美しい姫君たち。
                jハ ヘ(__                   jV
               |  }ハ u            ′           外は寒かっただろう?
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /
                  レ'|    丶、       , '´
                   N      >  ...__/               たくさん焚いた炉(ろ:火鉢)で
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _
             |         |   Ⅵ   }             身体を温め、ここを我が家のように
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\            思ってくつろいでくれ。
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、
./                       |                 ∧

               【劉恒(りゅう かん)】

             代国王。 劉邦の四男(庶子)。

                   14歳。



950 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:08:34 Eble29UE0

                       __
                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \       この宮殿は床暖房設備の
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }     炕(かん)も入れてありますからね~。
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /      すぐに温まってくるはずよ~。
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
        /    /  >、x======マノノ/////、  ,{\ ヽ |_ノ
       (       〈(xヘ    ∨ 〉{    /./__ {\ヽ }
         \     /`   }\    ∨ ヽ    {__,人`   ノ

                   【薄姫(はくき)】

            劉恒の母親。 代王太后。 諱は不明。

                  魏の王族の末裔。

                 もと劉邦の側室のひとり。





952 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:09:36 Eble29UE0

           ,..:.:´::::::::::::`´:::::::`::...
           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ        ( まあ……これが代王さま?
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.         とても優しそうな目をしているわ。
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ        代王太后さまは経産婦なのに
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ          とても若々しいし、優しそう。
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ           この方々なら私、好きになれそう…… )
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
.   ,'           i:::,'ヽ.   ,:|_」ト、  i::::::|      |
.   !  ヽ       |::i トヽ// i ヽ \i::::::|       / i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房は代王親子に好印象を抱き、身体が温まる思いがした。

   余談だが北の寒い地方には、近代にも通じる暖房設備が漢代から既にあったという。


炉の画像
ttp://niceattack.xyz/wp/wp-content/uploads/2016/07/daimeihin_kaidoku-img600x450-1469182813wvkakv28817.jpg?w=640

炕の画像
ttps://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_sigg6z_VJnOWRA10I6o3vDeYVw---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-333178962


954 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:11:24 Eble29UE0


   のん気に手のひら返しを始めた猗房とは逆に、代王親子の内心は穏やかでは無かった。

   彼女ら 「呂太后からの贈り物」 は朝廷からの駆け引きの道具であることは明白のため……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N      ( さて……どう扱ったらいいものか?
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|
             |ヘ ヤ! l|l|l|               |://!        もう俺には王氏という正室がいるんだよ。
             |:∧゙|        ゙        /∧|
             |' トヘ             u /7
              ∨ヘ                   /:ノ          新政策の難癖をつけられないためには彼女らと
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へu          イ:И           子作りしなきゃいけないんだろうが…… )
               ,,, - ‐| >     イ  |/
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、
  ,.....--<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ‐、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ー ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ 


955 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:12:32 Eble29UE0

       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |               ( 呂氏一族と縁が深すぎる女は
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{                 傍に置きたくないな……。
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._                   四六時中監視されていると思うと
         ',     _  - ´.∨ ’     u イ  }..|      _
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._          息が詰まりそうになる…… )
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   代王親子は中央との争いを避けて辺境に留まっているため、まずは猗房たちがどれほど

   中央寄りかを探りたかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \          ( 恒が困った顔をしているわね~。
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧            ここは私が探りを入れてみようかしら
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /            ~ )
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、 




957 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:13:29 Eble29UE0

                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ         5人の姫君たち~。
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }      貴方たちが暮らすことになる部屋も今
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/       温めている最中なのだけど
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\        もう少し時間が掛かりそうなの~。
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
        /    /  >、x======マノノ/////、  ,{\ ヽ |_ノ
       (       〈(xヘ    ∨ 〉{    /./__ {\ヽ }





           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,            それまで進隠(しんいん:なぞなぞ遊び)は
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,          どうかしら~?
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   '       <ァイ//  | ,|  /    /
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ
      >i  ,|/   ゝ )    、    (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
     | ` ‐--‐´/-‐-|  ヽ    /   | -‐‐{ し ´| |、 ヽ
     |     |,‐‐-|    `ヽ、_ ノ    |-‐‐ト--‐´ ハ ノ 


958 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:14:21 Eble29UE0


                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉        はあ……どうぞ。
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|
            |:.:.:.:从      !    u  //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|                   ザワ……
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i             _           _           _
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\          ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\       .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ / ノノ;゚ -゚ノヽ     / ノノ;゚ -゚ノヽ     / ノノ;゚ -゚ノヽ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/} ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      {: :|     |: l:. |   /¨7| rイ |:.:.:.:. | |       /: :/: |  / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   薄姫からの謎かけに、5人の姫たちの間で緊張が走った。 これがただの遊びでなく、代国内における

   今後の自分の立場を見定める問いであることは3年の宮廷ぐらしで察しが付く。



959 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:15:09 Eble29UE0

           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,        よいですか~?
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   '       <ァイ//  | ,|  /    /
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /      いにしえの名臣・太公望が龍に乗りました。
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ       はてさてこの先、太公望と龍はどうなりました
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ
      >i  ,|/   ゝ )    、    (   ノ  {/ / ハ }      でしょう~?
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
     | ` ‐--‐´/-‐-|  ヽ    /   | -‐‐{ し ´| |、 ヽ
     |     |,‐‐-|    `ヽ、_ ノ    |-‐‐ト--‐´ ハ ノ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 周王朝の建国伝説なら、むろん知っていますわ!  .|
ヽ______________________/
        _           _           _           _
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\     お隠れになった主君、周の文王を探しに
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ ゚∀゚ノヽ     / ノノ゚∀゚ノヽ     / ノノ ゚∀゚ノヽ    天上に昇り、そのまま帰らなかったと
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ    伝説では結ばれています。
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ 





961 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:15:57 Eble29UE0


   猗房を除く4人の姫たちは伝承通りに即答し、薄姫は彼女たちの博識を褒めたたえた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ         伝説では確かにそうなっていますね~。
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }      実際、太公望のお墓を掘り返した人が
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/       いたそうですが、中は空っぽだった
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\       そうですから、昇天したのかも
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ      知れません~。
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| けど……けれど別の見方は出来ないかしら?  .|
ヽ____________________/





963 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:17:12 Eble29UE0




       _,..........,r::::::::::::::::‐:::-=、
   ,..x:^:::´::::::::::::i'::::::::::::::::::::;::::::::::ヽ
  ノ/::/::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::ヾッ::::::::}
  〉::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::}
  {:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::〈     ( 別の見方? 伝説の丸暗記が
  ゝ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::ェ:::l:::::::::i::::}
  .{:::::::::::::::l:::l_:::ヾ::::::::::::::ノ=x.|:::::::::|::ハ      正解じゃ無いということなの? )
   V::::::::::::f':::;x=、:::::::::::/f::じ:vM::::::|:::ヘ
   V::::::::ヽVf:じ:ヽヽ'´ l::::::リ  |:::::|::::ヘ
    ト、:::::r 弋:_:リ  ,  `´⊂ ソ:::::|:::::ヘ
    |:::|::::::ヘ rっ    __   イ:|::::::|::::::ヘ             _           _       うーん……??
    |::::|:::::::::ゝ..._   ´  ィi::::::|:::::::|::::::::ヘ _         ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\
    |:::::|::::::::::(⌒ヽT=ニ´シi、:j:::::::::|--―i ト、        .ノ ノノ⌒ヾ)       .ノ ノノ⌒ヾ)    実は昇天していないとか?
    |::::::|:::::::::::ヘ >- 、(ヽ|j.ィ |/::::::::::|   ノ | ヽ      / ノノ;゚ぺノヽ     / ノノ;゚O゚ノヽ
    |:::;::」:::::::::::::ヘ   )( V |/__::::::::::|  //   \     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ    じゃ、無いわよね……。
    !:::| l |::::::::::::ィ{ ノヽ ノi l | |:::::::| /'´      ヽ     / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ



964 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:18:16 Eble29UE0


   ならばと猗房は直感で答えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             \   \  丶         i   |       ./    /           /
       ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
         ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
          ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \
          _,....‐::‐::-r::‐:::-..、
        ./::::_;::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _
       .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
      //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |
      f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /        太公望は龍から落ちて、死にました!
      |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/
       !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
        l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ
.         ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |       龍の背には、やはり龍の子こそ相応しいと
        V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ
        !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}      後には子供が乗りました!!
        |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉
         !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ
       /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
      /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
      / ̄iー、、|、/ / l ヽヽノi!リ: .:/´ ̄  └―'´  ̄
    「 ヽ .:l  .:}l  / .:  ヽ .||| .:/ 




966 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:18:58 Eble29UE0

                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }     ・・・・・・・・・・・・・・・。
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八 u        /  八 /
            { /  /       \丶、  - -  .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉             ( あ、あら?  無回答?
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|               それどころか私の顔をじろじろ見て
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|               どういうつもりかしら? )
            |:.:.:.:从      !    u  //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/} 


967 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:19:46 Eble29UE0


                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ        そ、そろそろ部屋が温まって
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ      来た頃ね~。
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/      それじゃあ臣下たちに案内させるから
          / /  /  \ハ八 u  , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\       そこで旅の疲れを癒してちょうだい~。
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   薄姫は猗房の回答をスルーし、王の間から彼女たちの退室を促した。



968 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:20:19 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| では、失礼します。  |
ヽ_________/

  | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|         | :::::::|    ::::::::     :::   |:  ::::::::|
  .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒         .| ::::::|    :::::::::    :::::  |:   i⌒
  !__::::::|    :::::::::    ::::::::  |--'''~           !__::::::|    :::::::::    ::::::::  |--'''~
     ̄i__,,,,,,--,,_ _,,--"i""~ |                 ̄i__,,,,,,--,,_ _,,--"i""~ |
        |   |~    |   i                    |   |~    |   i
        |,,,,,,,, |     !;==i                    |,,,,,,,, |     !;==i
        !'  ''i:|     i)   '!,                   !'  ''i:|     i)   '!,
        /   .i:|     ii___'!,                  /   .i:|     ii___'!,
       ./   .//!     'i,_  ノ                 ./   .//!     'i,_  ノ
      / ̄ ̄∨/''      ~'''                 / ̄ ̄∨/''      ~'''
     ./    //                         ./    //
     ゝ---='''                          ゝ---='''

       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            " 


969 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:21:05 Eble29UE0


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 猗房、貴方がまた変なこと言うから      |
|                            |
| 代王太后さまが気分を害したじゃない!  .|
ヽ__________________/
        _           _           _           _
      ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\       ..'´ ヽ\     伝説を改悪して太公望さまを
      .ノ ノノ⌒ヾ)     .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)      .ノ ノノ⌒ヾ)
     / ノノ;゚Д゚ノヽ     / ノノ;゚Д゚ノヽ    / ノノ;゚Д゚ノヽ    / ノノ;゚Д゚ノヽ     殺してしまうし、どういう神経
     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ     ヾノ/ヽヽyノノ
      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ      / /'ノ=ヾヽ       / /'ノ=ヾヽ    しているわけ~?
     /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ   /__/__)ヽゝ    /__/__)ヽゝ




                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈           これだからニワカは……。
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|           太公望は老子さまのパシリで、仙人の
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|           なり損ないだから昇天できるわけないのを
            |:.:.:.:从      !      //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|           マジレスしただけよ。
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\        むしろ自分の不勉強を恥じなさい。
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/} 


970 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:21:55 Eble29UE0


   _______________
  /
<  な!あなた何様のつもり!?×4
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          _______________
         /
       <   私? 私はお姫様よ。
         \
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N     …………行ったか。
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|
             |ヘ ヤ!                  |://!
             |:∧゙|        ゙        /∧|      ひとり凄い吉相を持っていたが
             |' トヘ             u /7
              ∨ヘ                   /:ノ        頭が残念美人がいたな。
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へ           イ:И
               ,,, - ‐| >     イ  |/           なんだったんだ? あれは。
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、
  ,.....--<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ‐、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ、 


971 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:22:52 Eble29UE0

                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ        彼女は敵じゃないことだけは
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ      分かったわ~。
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/      今の進隠でね~。
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|           そうなのか?
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|              俺も伝説の方しか知らないから
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._
         ',     _  - ´.∨ ’     u  イ  }..|      _      あの回答の意味が分からなかったよ。
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:| 


972 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:23:54 Eble29UE0


                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}         あの子は呂太后に不敬罪で処刑されても
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \       おかしくない回答をしたのよ~。
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧       太公望の姓は呂氏、龍に姓は無いから
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八          /  八 /      そのまま転じて劉氏。
            { /  /       \丶、  - -  .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ      あの問いかけは、貴方はこの二氏をどう見る?
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /      という暗喩だったのよ~。
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\





                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ         それで当てはめると……
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }      ”呂氏は一時、劉氏を抑え込むが
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/       いずれ劉氏に滅ぼされ。
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\        再び劉氏の子が跡を継ぐ”
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /       という意味になるわ~。
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\ 


973 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:24:56 Eble29UE0

                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ        子供を作るなら、あの5人の中では
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ      竇氏だけにした方が無難ね~。
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/      人数を増やせば危険が増えるわ、
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\       義理を果たすのは1人で良いはずよ~。
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|                  そうか……ならそうしよう。
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|                     母上の危険察知能力は
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._
         ',     _  - ´.∨ ’     u  イ  }..|      _             楚漢戦争を生き抜き、
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._       漢の宮廷世界をも
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧    生き抜いてきたほどだからな……。
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:| 


974 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:25:18 Eble29UE0


                       __
                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \     それほどの事じゃ無いわよ~。
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧     ただの女の勘よ、ただのね~。
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房の姑になる薄姫は、これまで波乱万丈の人生を歩んできた女性だった。



975 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:25:55 Eble29UE0


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   秦王朝末に生を受け、幼少期は魏国王族ゆえに残党狩りを避けて各地を逃げ回り。

   秦国打倒の大乱が始まると、戦火を避けてさらに逃げ惑う日々を過ごした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥ ─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥─┐∥
              ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘   ─┘  ─┘  ─┘  ─┘  ─┘

. ’・.. ’・.从人 ‘ ・.. ’・.. ’・.从人 ‘ ・. ’、′‘ ・. ’、 人人 ’、人人 ’、′‘ ・.ζ .・”; ’、
   \ γ   γへ从 ⌒从へ\ γ   γへ从 ⌒从へへ从・. ’、)  ・. ’、′)) ⌒  ) ) ”; ’、
爻  ヽ  γ ((  人    ))  ヽ  γ ((  人    ))   λ λ  ) ((  ( ( へ从へへ从へへへ从へへ从γ
kヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )ヽ Σ( ((   ⌒ ⌒ )    _)\_)\  人  从 ( ソ从へへ从/::\        /
、,\;;:: 人人キ,,  /)ζ へγ人へ从从へ['i']::::\へ、  / 、,\;;:: 人人キ,,  /)ζ へγ ̄从へへへ从::\へ、  /
ニヾ \ⅲⅲ Y从へへへ从  ′‘ ・. ’、::[];、\ Yy,,.. ニヾ \ⅲⅲ Y,/    人へ从从へ]:::[_,!_]::[];、\ Yy,,..
-‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_  -‐''`  `.、:,:/         /ii;[ i ]~~[_!_]~[l];:ヽ \_
_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ_,,、_,,,,/         ,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ > ̄ヽ
ハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホハハ从 /-―====r-===三'' 、-―――――――‐< 木ホYyy
(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥(⌒)イト爻------( tイ-‐'´::::::::,\__,,,....、___,,,_____`」¥ Y
 T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三T,::爻Ooト[iiii]<,,. 、 キ[]  i::::::::::::::::[]::::::::::::::[]=======|爻爻三三
ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-~~-―へ`~~ ー-  ''ー^ 二,, ー---┴, -‐へ-O-ー-~~-―へ`~~    ]、

    ヒィー
              ギャー
  /  ヽ     /  ヽ    /薄 ヽ  イヤー
 (Д` ;)   (Д` i||)   (Д` i||) 三.
⊂    つ   ⊂    つ  ⊂     つ   ⌒`)
  Y  人     Y  人    Y  人       ⌒`)
  (_) J 三  (_) J 三 (_) J 三 ≡≡≡;;;⌒`) 


976 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:26:45 Eble29UE0


   大乱が楚漢戦争へと移行すると、魏国の王族・魏豹(ぎひょう)が群雄の一人として立った。

   薄姫は彼のもとに保護され。その際、人相見に 「薄姫は天子を産む」 と予言されたのだが……

   それも新たな不幸の始まりだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
       ´:::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::'
     /::::::::::::::::::::::/::/   ' ::::::::::::::::::i          ふふ……どうやら俺は凄い女を
.     {::::/:::::::::::: / /::/     '::::::::::::::: |
.     i:/|::::::::::::::}ミ x′     _j::::::::::::::リ          手に入れたようだぜ。
..     {N::::::::「 r=tzミ}i{ztチ フ }:::::::::|
       L:::「 ヾ. `¨´ i `¨´ /^ヽノ
.          ` ー’u    j__ノ   ;`⌒            彼女の人相見パワーで天下を取る!!
         __」ト  `ニ´  彡 ^ ー=-  __
   -‐=ニ    / } ミミミ彡^/ ヽ        ニ=‐-
´        ト          〉          /-
   、 \     '  `ヾ 、_ 〃´ ′            ′  ヽ
.    \ \   ,          /      /     i ミミ   ,
.         \   丶  i{:  /     /    i| |     、

           【魏豹(ぎひょう)】

           魏王室の公子。

         楚漢戦争時は西魏王



977 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:27:38 Eble29UE0


   しかし、魏豹は天子の器では無かった。

   はじめ漢軍の劉邦に味方した魏豹は、彼の無礼さに切れて楚軍に鞍替えする。しかし

   漢軍に敗れて出戻りした。 薄姫はその時に戦利品として劉邦の後宮に入れられた。 

   ちなみに魏豹は最期、楚軍に敗れて死んだという。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、     ウソ……俺の戦績、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~     悪すぎ、ガクリ。
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "
              `’ `´   ~ 


978 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:28:46 Eble29UE0


   薄姫は、漢軍の当時の首都・櫟陽(れきよう)の後宮に入れられたものの、魏豹が散々

   鞍替えを繰り返したため妃という扱いではなく、奴隷同然の身分で機織の部屋へ送られる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


  [ 機織の部屋 ]      ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン

 .;     |    .;       ┬───┬───┬─╂─┬──╂┬───┬───
 .;     |       .;    |      |      |  ..┃:::::::|:::::::::::::┃..|      |
     .; |           .;|      |      |  ..┃:::::::|:::::::::::::┃..|      |
  .;    | .;          |ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニニニ   はあはあ……織っても
ニニニニニニニニ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\======|\======|\======|\======|\======
ニニニニニニニ/   ...│         .;  .|==\====|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\====   織っても間に合わない。
ニニニニニニ/     ...|;:.      .;     |====\==|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==
ニニニニニ/       ...|:;:;.       . ;   |======\|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\|   戦争で軍服使いすぎよ~。
ニニニニ/   >< . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄


   ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン

|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======
|==\====|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\====|==\====|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\==== 
|====\==|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==|====\==|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==
|======\|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\|======\|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ 




980 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:29:30 Eble29UE0


   そして同行していた薄姫の母は、ここの重労働で亡くなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ; :;: | ̄ ̄ ̄|;, :   ..:'' :|
   | ̄ ̄ ̄ ̄|;;.   '   |   :;;#
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;::.    |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;::.  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:..|
.; ; ,; ;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;;:::::' '' :: ::. ....,,, ,,,;; ,; :;;;::::,,.:::' '' :: ::. ....,,, ,,,;; ,; :;;;::::,,.:::' '' :: ::. ....,,, ,,,;; ,; :;;;::::,,.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               _/\/\/\/\/\/\/|_
               \                      /
               < 母さん!!            >
               <                      >
               < しっかりして、母さーん!  .>
          ,.-‐-.、  /                      \
         .{:::::::::ri    ̄|/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
        _ wyvr'      _, --- r_,
       'ーf/ f^i ̄ ̄ ̄       ゝ-- 、
         ./ | └-,、`ヽ ∴   / ̄`ヽ  ̄ ̄`丶_
        〈__フー1_y /    <{_、__.ノ^ー-- .__  _>- 、
         {' 、 ,ミ'`   `ー-- ._/二、ヽ       `ー^┴’
     ( )( )二)             ̄ 


981 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:30:40 Eble29UE0



   ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン ギー カタン

|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======|\======
|==\====|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\====|==\====|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\==== 
|====\==|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==|====\==|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==
|======\|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\|======\|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄



/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| はあ……来る日も来る日も機織りの繰り返し……。  |
|                                    |
| 一向にノルマは無くならないから、              |
|                                    |
| 終わりが全然見えてこないのよね~…         |
ヽ______________________/

           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',             ……好きで王族に生まれた訳じゃないのに
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ           戦争に巻き込まれ、いつの間にやら
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、     婢(奴隷)生活~……。
         'イハノ   '#      <ァイ//  | ,|  /    /
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /       手は荒れ放題だし、日の光を見なくなって
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ       もう何日経つかしら~……。
      >i  ,|/   ゝ )    、  # (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  ( 





983 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:31:40 Eble29UE0


   そんな彼女の運命を変えたのは当時、漢王だった劉邦の気まぐれだった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      |┃
      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \           どん底人生に悩む君たちに
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\
      |┃  |r┬-|     |⌒)       チャンスを与えに来たお!
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /           わしの軍に同行して慰めて欲しいお。
      |┃   つ   <
      |┃  (::)(::)   ヽ           ちなみに危険手当は出ないけど
      |┃/    >  )
      |┃     (__)           まあ許せお。

     【劉邦(りゅう ほう)】

   漢王。のちの漢王朝初代皇帝。



984 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:32:57 Eble29UE0



|\======|\======|\======|\======     殿下の寵愛を受けるチャンスだけど……
|==∧_∧|==\====|==∧_∧|==\====
|=(´Д`; )====\==|=(´Д`; )====\==     楚軍は強くて、漢軍が負けるときいつも
|=⊂  ⊂ )=====\|=⊂  ⊂ )=====\|
 ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__(__ ̄) ̄ ̄ ̄ ̄    全滅寸前まで追い込まれるって噂じゃない。

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| ここでいつか過労死するか、前線で即死するかを |
|                                  |
| 選べってこと? うわぁ……                 |
ヽ_____________________/





           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,         ・・・・・・・・・・・・。
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   '#      <ァイ//  | ,|  /    /
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ
      >i  ,|/   ゝ )    、  # (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  ( 





986 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:33:45 Eble29UE0


           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,          ( ここは……乗るしか無いじゃない~。
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、     人相見を信じる訳じゃないけど
         'イハノ   '#      <ァイ//  | ,|  /    /
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /       何も成せないまま死んだら
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ        私の人生が無意味になってしまうわ~ )
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ
      >i  ,|/   ゝ )    、  # (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   薄姫は危険を承知で劉邦に賭けた。 妃になってからも何度も楚軍に追われたり、他の妃との

   寵愛争いで幾度となく危険な状況に巻き込まれたが……






988 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:36:04 Eble29UE0

             / :::::::::::::::::::::::: ';::::;ヘ::::::::::::: \
          / :::::::::::::::: /:::::::: lV:ヽヽ::ヽ::::::::ハ
          /::::::::::/::::::/ ::;ィ::::::::l ゙̄ヽ;:',::::ヽ::::::::ハ
          ,':;':::::::::|:::::/:; ´ |:::;!:::l    |:::!::',:::';:::::::: ',
         .|::|::l:::::::|:::;ィ≧ーj:/j::::} 斗匕::}l:::l::::|::!:::::::!       ……ただ一度の寵愛で身ごもったようですが
        /!::{::l :::::レヽ{  ノ' /:;/   /:/:::::} ::!::! }: ,'
          / l::::',|!:::::ト;xホ示 /ノ   '示ホiv|/:;イ::|/|/        貴方は戚夫人のように
        ./ l::::::|';::: |' {r;:::;j}     {t;:::;リ゙メ:/ |:/|イ
      /  j:::::::|ヽ;::从;沙'      之;ソ ,.イ::::|::::|ハ         己の分を越えてはいけませんよ。
       /  l:::::::::!::::ヾ;、.      '      /::|:::::|::::| ',
     ./  /! :::::::| ::::::::i\   - -  /!::::::::::|:::::!  ',
    /   / .!:::::::::.|::::::: i/{> .__ .イヽ:::!::::::::::|::::::!   ',      殿下の正妻は私なのですから。
.   /   / j::::::: _..|::::::八 ヾ 、   //Y.l::::::::: |、::::l.   '.,
   /   / . -=   | :::::::∧ ヽ\ .//  |.!::::::::::|. \!    ヽ
.  /   /.ィ´     .', :::::: ∧  \//   .lノ:::::::: j.  \     \
 /   / ノ       ゝ:::::::::ハ.、  ゙/  , ィ :::::::::::ノ /  \    `
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }    はは~呂王妃さま。 心得ております~。
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /      私は元来、機織の部屋にいる卑しい卑しい奴隷です~。
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ    今でもそちらの方が馴染むので
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /     たまに手伝いに行ってますよ~。
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
        /    /  >、x======マノノ/////、  ,{\ ヽ |_ノ 





990 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:37:14 Eble29UE0

.              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::i:::::::::::i::::::::i::::::/:i∧::ヽ:::::`、
           |::::::::::::/::::::::::::!::::::::i:i:::::::i:::::/斗-|:::::i:::::::::i
            |::::::::::/::::::::i::::::!::::::i::i::::.i:::::/ 乂 |:::::i:::|::|:i
              l::::::: /:::::::::::i:::::::i:::i::::i::i:::::/   .'::::;:::/i|:}リ
           l:::::::/::::::::::::i::r‐i:i:::i:::::i::ii:/ z=ュ ,':::/::/ リ       それで良いのです。
             !::: /::::::::::::::i: | (i::i:::i::::i:乂     i /l:/
            l::::/:/i::::::::::i:::人i::i::::i::::|、::!     '´ヾ
.             l: /::/i::::::::::i::::i:::i::::i:::::i:::| ヾ、  、 _ '          その心がけを忘れないなら天下が治まった後
         j:/::/:i:::::::::::i:::i::i::::::::i::::::i::|     イ
.           j:/::/:i:::::::::::i:::i::i , ::::::i::::::i::| r‐-イ .;           あなたに安住の地が与えられるでしょう。
          イ::/::i:.:::::::::!::::::厂 ̄ !;:::从l:::::::::| i
        イ:::/:::i ::::::::i ::::::/   ̄ ヽ:::':,:::::::| i
       //::/::::i :::::: i:::〃       .∧:::':.,ヽ! _i
      / /::/::::i::::::::::::.V          ∧:::::'.,Yγ丶_
     / /::::/::::i::::::::::::::.′          ∧::::::',V´ - {
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,          勿体ないお言葉でございます~。
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   '       <ァイ//  | ,|  /    /    ( ……劉邦のおかげで安寧を得たけど
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /        あいつが魏豹に礼を尽くしていれば
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ        彼も、私の母も死なずに済んだのよね~…… )
      >i  ,|/   ゝ )    、    (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
     | ` ‐--‐´/-‐-|  ヽ    /   | -‐‐{ し ´| |、 ヽ
     |     |,‐‐-|    `ヽ、_ ノ    |-‐‐ト--‐´ ハ ノ 


991 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:38:49 Eble29UE0

                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }    ( そんな男のために争う気は
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/       無いわ~。
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ      やりたい人同士で勝手に潰しあってどうぞ~ )
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
        /    /  >、x======マノノ/////、  ,{\ ヽ |_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   結果、劉邦から1度しか寵愛されず。他の妃たちから嘲笑されたが、皇子・劉恒を無事に産み、

   呂皇太后からの憎しみを上手く買わずに今まで生きてきたのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 




993 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:39:30 Eble29UE0



――― 紀元前188年(恵帝七年)。


   [ 代国の王宮 ]

           _ _ _                    _ _ _
         /| Ll  Ll | ̄ ‐-             -‐  ̄| Ll  Ll |\
       l  |____|.     |         |     :|____|  l
       |/|        | ̄ ‐-:l‐i_r‐i_r‐i_r‐i_r|:-‐  ̄|        |\|
       |  |   [l  |  [l  |^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [l  |  [l   |  |_r‐t__ト‐t__
       |  |____|     :「i∩∩∩∩∩|     :|____|  |_l_LLl_Ll_l
 ___ ___  ;|≠|   /ハ  :| ̄ ‐-:|         |:-‐  ̄|:  /ハ   |≒|l_LLl_Ll_l_
 _l_lェ|_l_|ェ|;|  |   |土|  :| ∩  :|   l代l    |  ∩ :|:  |土|   |  |_l_LLl_Ll_l
 朋_l_l_l_l_l|  |____|_ r‐i __:|         |:__ r‐i _|____|  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|=|        | ¥  :|  〃´ `ヽ  |:  ¥ |        |=|l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  |   /ハ  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  /ハ   |  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|  |   |土|  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  |土|   |  |l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  l二二二二二┃_:|_|l    l|_:|:_┃二二二二二l  |_l_LLl_Ll_l
 二二二二二土土土土土:┃/             \┃:土土土土土二二二二二
 土土土土土土土=¨¨ ̄                      ̄¨¨=土土土土土土土
 土土=¨¨ ̄                                    ̄¨¨=土土
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   代王親子の信用を得た猗房は、代王・劉恒の寵愛を得て入国から1年後に

   長女の劉嫖(りゅうひょう)を出産した。



994 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:40:43 Eble29UE0

              _
   ,. -- 、     /   `ヽ
.  /     }_..   .._{        }
  {     /    `ヽ.     ,ノ
  ヽ.  /  。 _ o    ヽ_. ´           ゲームがやりたいぜ~、バブバブ。
   ` /        _...、ヘ
   /:大ーr┬n‐ァブヽ : \、
.  /: /  `  ̄´    i: : : :ヽ          他人の人生を手玉に取って破滅させる
  {: :{              |: : : : }}
  ヽ:}          ヽ:_:_;〃          楽しいゲームをなぁ~ww、バブバブ。
    \     __ _.  ''´
     ` -/   ヽ
       ,′    i
        レ | 、 N
          V V

    【劉嫖(りゅうひょう)】

      竇猗房の娘。

  のちの敬称は館陶公主(かんとうこうしゅ)



995 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:42:26 Eble29UE0

           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.        まあ……なんて可愛らしい赤ちゃん!
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ        きっと将来は美人になるわ☆
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |        え?あ、ああ。
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 ヽヽイ. ∧|
                jハ ヘ(__  u                jV          そうかもな……。
               |  }ハ              ′   
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /
                  レ'|    丶、       , '´            ( なんか将来、悪女になりそうな
                   N      >  ...__/
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _               面構えに見えるんだが…… )
             |         |   Ⅵ   }
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、 


996 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:43:03 Eble29UE0


   この年の初頭、皆既日食が起き、8月には恵帝が亡くなった。

   少帝恭が後を継いだが、朝廷は呂太后派閥が大いに幅をきかせ始めた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三ニニ==― ;:;:;:;:;:;:;:; :;:;:;:;:;:;:; .;:―==ニニ三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三ニニ==―;:;. :;. ;:;::;:;:;' ,:;:;:;:;:' ,:;:' ;:―==ニニ三三三三三三三三
三三三三三三三三ニニ==―:;., ';:;:;:,. ';  ';: ;:;:  ':' ;' ,:;' ,;:;' ,:;―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニニ==―;:;:' :;:;., '  ':;: ':;.  ';: ;  ; :' ;:' ' ,.;:;:―==ニニ三三三三三三三三
三三三三三三三ニニ==―;., ';:;:,. ;:, ':;.  _;__ ;  :' ,:;' ,:;':;―==ニニ三三三三三三三三
三三三三ニニ==―;:,.,.,''' :;:;::;:,.,. .,.,   ,ィ7///7ヽ   ,.,.,. ''' :;:;―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニニ==―:;:;.,.,.,''       l////////ハ    ,.,.;:;:'―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三三ニニ==―;:;:;.,.,.,.,.,.  {/////////j  ,.,.,.,.,.,.,..,.;:;:―==ニニ三三三三三三
三三三三三三三ニニ==―:;:;:;.,.,:;''   ヾ///////ノ   .,., ''':;:;―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニニ==― :;:;:;:;'''      `ー=‐''   :;., '':;:;:;―==ニニ三三三三三三三三
三三三三三三三ニニ==―:;:;'' .,.,'   ,:' :; . :;.  , ':;., ';:;.,.:;:;―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニニ==―:;:;:;:;:;:;:'' ,:;' ,.;:  ,: ; ;:;:,. ':;:. :;:;:,., '':;:;―==ニニ三三三三三三三
三三三三三三三ニニ==―'' ,.;:'' ;:;:;:;:  .,:; : :; ;:,. ';:;.,. :;:;:―==ニニ三三三三三三三三三
三三三三三三ニニ==―'',.,.;:;:'' ;:;:;:;:;:;:;: ;:;: :; ; ;:;:..:;:;:―==ニニ三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三ニニ==―:; ;:.;:;:,.,.;:;::;―==ニニ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三ニニ====ニニ三三三三三三三三三三三三三三
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   そんな不吉な年に産まれたせいか劉嫖こと館陶公主も、のちの宮廷で意図的に

   派閥争いを起こし、世を混乱させる謀略家に育ってしまうのであった。



997 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:43:49 Eble29UE0


――― 紀元前187年(少帝恭元年)。


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;
     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;
    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...
    ',                    ‐==-  、     ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :
.    ∨             ,,..-''"´          ヽ  i            i i: : //: : : :
      ∨            /                     .《              l l:/: : : : : : :
      ∨l       /                    l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :
      iハ       ,'                    l ∧:::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      l ∨      {.         ●       ● lハ ヽ| ボードゲーム大好きバブー。            |
     ∧ ヽ、_.    l     , , ,   (__人_)   、、、',、  |                            |
     / ∨    ̄` ' ー- 、                    ハ | 熱くなったら人殺しも止む無しだ、バブー。 |
    / , '´:∨         `ヽ             /´`ヽ  ヽ__________________/
.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..
.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :
   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙
     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨
       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   さらに翌年に、猗房は長男の劉啓(りゅうけい)を出産。 人相見通りならこの子が将来の

   皇帝になるはずである。



998 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:44:46 Eble29UE0


                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \      この子も可愛いわねえ~。
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧      けれど人相見の予言が
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /      私の時より条件が厳しいから
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ     外れよねえ~。
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|       まあ……。
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 ヽヽイ. ∧|
                jハ ヘ(__  u                jV          朝廷の混乱具合から俺が皇帝になる
               |  }ハ              ′
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /            チャンスはゼロじゃなさそうだが……。
                  レ'|    丶、       , '´
                   N      >  ...__/              この子は俺の側室の子だからなあ。
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _
             |         |   Ⅵ   }
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |             正室の子は4人もいるし。
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、
./                       |                 ∧ 





1000 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:46:22 Eble29UE0

                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈      ( 4人……いえ正室を含めれば
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}        5人も邪魔者がいるのね……。
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|        消えて無くならないかしら? )
            |:.:.:.:从      !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/}
      {: :|     |: l:. |   /¨7| rイ |:.:.:.:. | |       /: :/: |
     |: :{      |:.:l:.:ヽ / // / / |.:.:.:.: | |      ノ: :∧:/
     ∧:.ヽ    / |/:∧:.V // / ./  |_ : :.:.| |    r‐':_;/ 丶



8 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:49:31 221UHLp.


   代王の正室・王氏と4人の子たちが、なぜか相次いで病死。 猗房が王妃に格上げされ、

   劉啓が嫡男となった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        -=≦ ..
                      -=≦      |  >
                 |          .|    |
                 |          .|    |
                 |          .| _/\/\/\/\/\/\/\/|_
                 |          .| \                            /
                 |          .| < うっそだろぉぉぉ~?          >
                 |          .| <                            >
                    _,、         | < いくら寒い北国だからって      >
                ///_         | <                            >
                .' l l'/         | < こんな偶然あるかよぉぉ~~!! .>
                  {  _'     , -- 、 | /                            \
           _ -'、 /   , ´    ヽ|   ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
           _/ , '   `…´ ̄ ̄ヽ   :}.   .|     
       //        . '       \ リ.ri^!、 !    
        | :     劉恒           ヽrl l l l !
       }    '   ′          '、  :} .|
        /    /   .'       , '     |  { !
        ヽ -‐/   .'       {      ',‐-、 .|
        /           ',       l  '.  ̄ 





10 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:50:17 221UHLp.


   その後、猗房は次男の劉武を出産。彼女にとっては幸運の連続であった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               ..-─- ..
            ,イ////////ヽ
        /㍉く//{ハ//∧//ハ
          /  Y |/|≡∨≡ソ//|        いやー無為自然、無為自然。
         .′ .ノ |/l、 ワ ィ///!
         ゝ    ̄|/|>- </// :.
           ` ー|/| /ー一イ /V∧       私の老子さま信仰のおかげで
              |/|{    //  V∧
               川、`Y´{{{ i |//!      良いことばかり起こるわー♪
               }  |   | |//!
               |  |   ,l| l:川
                /≦ニ彡:/  V'′        ___        _____________
            /   /|  ゝ.__∧        /ノへゝ     /
              〈__/ l|   | |ハ       | \・ω・)ゝ  │ 皇帝ごっこ大好きバブー。
              / ̄´ ゝ===:| |! ∧      \__ ̄ ̄ヾ . <
          /          {___} .∧       \__/   │ 水差す奴はぶち殺すバブー。
                                       \
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 


11 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:51:25 221UHLp.


   入国前に恐れていた匈奴の襲来も、彼らはこの時期、西方の涼州狄道県の方面にしか現れず

   (というかこの頃、匈奴は西の大部族・月氏とメインに戦っている)、

   あと朝廷が結んだ停戦条約のおかげで、東方の代国への被害は無かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ≪匈奴≫                /
    月氏×              ◎単于庭                   /
                                              /
           ━━━━━━万里の長城━━━━━━━━━━━━/
           .、´                     ★代   、--、  _    (´
           ノ                         ノ  / /  ̄|   `ヽ
           ノ×        .、´ `~ ̄`)      ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
         く´~狄道        ノ    /       (_  ,‐-っ,     く   `|
       _ノ~´          ノ    .く    〇邯鄲/`‐´ /´     )  /
       ノ         く´~     (      . /     ./       レ´
,     ,ノ´      ッ-、__ノ~´       )    _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~○洛陽      \
       `ヽ,  ´‐‐―`      ◎長安                `>
        `ヽ,                           ノ~~~ ̄>
          |            _,,-―、,       ,ノ´      し、_
          |          _ノ    `ヽ、ノ~~`‐´        | 


12 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:52:27 221UHLp.


   将来の安定を得たとなると残る心配事は一つだけであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  /.::.::.::.::.::.::.::.::,::.::.::.::.::.::.::.:>‐.、_
             , '.::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::./_::.::.::.::.::.\
               /.::.::.::.::.::.::.::.:,.'::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::,::.::.::.::.::.ハ
           /.::.::.::.::.::.::.::.:/.::.::.::.::.::.::.::,:'.::.::.::./::j::.::、::.::!:i
           ,::.::.::.::.::.::.::.::〃.::.::.::.::.::.::./ .:/.::.::j::.:{::.::.:!::.::!:l
            l:|::.::./.::.:://.::.::.::.::.::.::.::ハ!::.!::.::.::!::.:l::.::.:l::.::|:i
              八::/.::/.::/.::.::.::.::.::.::.::.:|:!{::.|i::.::.:|、::|::.::.:}::.::!:|   ( 故郷の家族はどうしているのだろう?
          {::.〃,:'::.::.:/!::.::.::.::.::.::.::.:_j」ム:lヘ::.:.!ハ:!::.::ハ:〃:!
             _V:j/.::.::.::{!::.::.::.::.::.::.:i::|¬r云V乂レ'//.:/     出来ることなら会いたいわ……。
         , ' ´::ハ!.::.::.::.::.〉!::.::.::.::.::.::.::.!:l  ``  ヽ::´.::/:V
.     /.::.::.::八 \_:/.::|::.::.::.::.::.::.ハト|       _ ン<::.::.!
      /.::.::.::.::./.:/7フヘ:_:ノ!::.::.::.::.::.i:|      _,、r'´!  \|      ここに来て殿下の許可をもらい
    〃.::.::.::_厶⊥!く   \ !::.::.::.::.::.lヘ   ‘´ r'::.::.|
    !|::., '⌒丶、  丶、  `|::.::.::.::.::.l/`  ..__,ハ::.::i:l         信書を2度出したけど……1通も
.   ル'      \   \!::.::.::.::.::!     |:!::.:|:!
   /    {     ヽ    `V!:.::.::.::.:レヘ, -'^!¬:.ぃ         返事がなかったな…… )
.   ′     '、     、 l  ハ::.::.::.::.廴_ノ _/  V!l
  !      ` 、     V   !::.::.::.::.! { '^′  ヘ| 


13 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:53:14 221UHLp.



   猗房は他に連絡が取れそうな相手として、今度は伯父の家に信書を出した。 しかしその返答は

   良いものではなかった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         / ̄ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄,ヵ' ̄ヵ' ̄ヵ' ̄7
.  .     . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
.      . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /

              _,.-ニ三‐-、_
            _//    二=一
         /⌒  r,-、      ⌒ヽ
        //ハ=ニンゝ二ニニニ==ヽ ヽ              ……猗房よう。
          |{ 〉ヾ/  __,.=≡ヽ     \
          ヾ {`iユ> `ヽゝツ` 〉 r-、  ヾヽ
            !/ /    ̄ / レ 6 )   \}           8年もほったらかしにしておいて
           ハ !__     / リ__,ノ   、 ヽ
           |{ ! ー--‐一  / | |   i ハ |           家族を気に掛けるには全てが
           ヾ ! ー一   /  l  !-、 l | !/
           / ヽ__,,,._____ノ   l / `ーj、/           遅すぎたぜ。
         /`/          l  /  `ー---,.
    r‐‐‐< ̄ /           l /  /   /-、

         【猗房の伯父】





15 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:53:53 221UHLp.



                     __,,,,、ィ              お前の両親はもう亡くなった。
               .  ,、r‐:.v'::::::::::::`'‐ 、
                /.-ァ:::::::nn:::::::::::::::::`ニ=           兄弟の建と広も行方不明だ。
        ,、 ---<~`'‐.、 i::;z=-半==z:、:::::::ヽ
      ,.r.'´       \ ヽV!ヽ/  ,、ィ |:'`-:::::l
    /          .ヽ ヾ7フ / `''ー |:;r、::::::|           そんな訳だから家に田畑も他所の手に
.   /.          ,..rt┬i 'iゝ、 _,,、メ、l::l !::::::ヽ
.   /-‐-、        │|│|. |ハ, ̄ ノ/ ノ::|ノ:::::::::::ヽ         渡っちまったよ。
   {.    ヽ        | ! ! .! }'ー三ィ-:'"::::::|'"`''‐-、::ル‐ァ
   ヽ    ヽ     /   /::::::::::::::::::::::::::|__,、r'"/ /ヽ,
    \    ',    i゙   /::::::::::::::::::::::::::::| _,.ィ‐''l l.l   l      ったく飲まなきゃやってらんねぇよ!
     ヽ、_ ノ   ,.人-‐''"ヽ::::::::::::;r-:、-‐'"#####ヽヾ;‐イ
      |  `''''''''"´  ヽ `l!彡ヽ<´ \ \########`ーヲ!      コンチクショウ!
      ヽ       .∧ ヽ彡彡〉   .ヽ ヽ########//
       `ゝ--‐- 、_| λ 》彡゙.     ', ',######/./

 . /  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  //  /
 /_,ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'_ヵ'_ヵ'_,ヵ'___/
 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 'ーー' 'ーー'. 'ーー' 




17 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:55:34 221UHLp.

      !::.:j::.::.::.::{:l::.ハ::l::|::.::.::.::l::.::.::.::.:/|::.l厶::.l:l::.::.::.::.::l::.::.::.l:l::.::!
       i::.::.:l{::.::.::_j」::{厶!:l:!::.::.::.|::.::.::.:厶jハ|Vヘ!|::.::.::.::.::.!::.::./::!::.:l
        |::.::.:ぃ::.::.:{厶!云メ!l::.!::.lハ::.::./≫=云¬ハ!::.::.::.::.::レく::.:l::.::|       そ、そんな!
        |::.::.::|ヘ::.::.:V´ r!いヘ|V }/    r!_ハ } |::.::.::.::.::.|/ V::.::,
        |::.::.::.::.::\儿__ヒン }     、_ゞ_ク!::.::.::.::.:jくヽ!:/
        |l::.::.::.::.::.::.:l      ,         l|l| ,::.::.::.::.::.::!} 〉 /:/        どうして……どうしてこうなったと
       }|::.::.::.::.::.::.:!   ノ          . :. :: /.::.::.::.::.::.:j´/:/
        l::.::.::.::.:|::.:.l u  \  、         /.::.::./.::.::.::l´::.::/         いうの!?
       |::.::.::.::.j::.:八               /.::.::〃.::.::.:/!::.:/
       |l::.::./}:/.::.::.>.、  辷ニユ    厶∠/.::.::.::.ハレ'^!
       !l/ 〃.::.::/.::.::ヽ ` ̄       /.::.::.::./::.レヘ\
          /.::.::.:/.::.::.::.::,ヘ      ,  '´ /.::.::.::./::.:ハ::.::\丶
           ,′.::./.::.::.::.::/   `ーzr ´   /.::.::.::./.::./ {::.::.::.::ヽ::ヽ
         ,.::.::.::.'.::.::.::/   { { ,  ¬'.::.::.::./.::.::'  ハ::.::.::.ハ::.::ぃ
          /.::.::.::!::.::, '      }V!/  ,.::.::.::.::/.::.:::, _/ ヘ::.::.!:|::.::.jハ

三_―- .__                          ___fニニニ==;‐―-
ヽ.. ̄二_ニー- __               -ニ-_―ニ ̄  ... |......... /::.... /
:、:ヽ::::l    ̄ ‐- .L_     _,. -ー'―  ̄    .. |::::::::::::.l:::::::::/::::::::/
ヽヽ:ヽ::!:..      l:    !         ..:::::::::. !::::::::::::l:::::::/::::::::/
  \:ヽ::!::::.     l.   :|     ...::::::::::::::::::::.|::::::::::::!::::/::::::::/
   \ヽ:、::::.    l    l    ..::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::!::/:::::::/
    f^ーt、:::::::..   l.   l ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::;⊥.-―t
      `T¬ー-、:::::.  l   ∧ :::::::::::::::::::::::::::::__::r┴‐‐こュ  }
       `こー-t:::::::::.. !    ヽ:::::::::::::::::::::::::‘こ _` ー- 、 ` {
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   伯父からの返事は一家離散になったことと、何の手も打ってくれなかった猗房への恨み節だった。

   これを知ると猗房は、流石に居ても立っても居られなくなったが……。



18 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:56:25 221UHLp.


   代国に来てからもずっと老子や荘子の書物ばかり読む日々で、政治的なことは全く勉強

   しなかったため何をしていいか分からなかった。

   何しろ今までの成功は、ほぼ他人がしてくれたことばかりだったから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/.:/././.::.:/.::.:;.::.::.ヽ::.:、::.::ヽ::.::.`い
!/.::j:/.::.:/l::!::.|::.::.::.:}::.::}::.::.::}::.::.::.V}
>ァ七≪ムl_:.{::.j:l::.ハ_厶::-:ヘ::.::.::.〈
〃, -t_fヘ八:.:V.:乂yこメムj::.:!::.:}::.:}     ぐぬぬ……。
{ト!::::::} i   ヽlV ´{ト!:::「! }ハ}::.,::.:,'
ヽ`ニヅ      ヽニツ  /:イ.:/
:.:.:.::.:.:.      ,  .:.:.::.:. _jン:イ      気になるけど「道」の導きがあれば他に何もいらない。
               }::.l|
 u                  ノ::八      今度も私からは何もしないのが正解なのよ……。
、   辷‐--‐っ    ィi:!::.::.::.ヽ 



20 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:57:21 221UHLp.


   そんな嫁の苦悩を姑の薄姫は気が付き、問いただした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,        ……余計な事をしないのは良いけれど
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   'u      <ァイ//  | ,|  /    /     限度ってものがあるでしょう~。
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ       親族を取り立てすぎるのは問題だけど
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ
      >i  ,|/   ゝ )    、    (   ノ  {/ / ハ }      王妃が親の喪も行わず、兄弟も放置する
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
     | ` ‐--‐´/-‐-|  ヽ    /   | -‐‐{ し ´| |、 ヽ      不孝者と噂されても困るのよね~……。
     |     |,‐‐-|    `ヽ、_ ノ    |-‐‐ト--‐´ ハ ノ 


21 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 22:58:39 221UHLp.


                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \      代王と相談して、貴方の故郷へ
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }     臣下を派遣し、兄弟を探してあげるわ~。
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /      彼らが貴方に似ているなら信用できるでしょう。
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ     重く取り立てて構いませんよ~。
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、
         >'´  八    (___ ヽ /フつ、   r(二`ヽ\
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞


             _ _
           /::::::::'::::::、:ヽ.
          /〃/_::_/::_ヘ::_::、',           はい、そのようにお願いします~。
             fl‐l:::i!::l!:i:::::i|::;::゙:トイ、,ヘ ))
   ((  ,ヘ,  .i!:::|l/-t{:リ:/!r-リ::l|:i/__/
        '、ノ、. l|::::! ○ ノ ○ !:{リ/ /
       ヽ ヽ.∨""r-‐¬"",!リ  }         ( 来たっ!また来たわ!
        {  .l!:|ゝヽ、__,ノノi;:i   /
         ヽ、 !::i. ヽ_ヽr / .l::| 人           私の老子様信仰パワがー!! )
            /::州._  `T´  リ'´ヽ::ヽ
            /::::/:::弋._l__ !:::::::::}::::ヽ
         {::::::i:::::;ノー-,、―λ:::::::i:::::::::} 




23 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:00:08 221UHLp.


   兄弟探しは薄姫の弟が担当することとなった。 いかに王妃といえど、私的な人探しである以上

   第三者には任したくないという配慮ゆえの人選だった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             /⌒',
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ          山吹色のハンバーグには弱いけど
           ヽ、>"|⌒|⌒j ヽ'ノ
          ,,;'''  `ンヽ´  ヾ:.、          任せろでごじゃる!
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)     こう見えてわし、あの楚漢戦争に参加して高祖さまを
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久       間近で見たことがあるでごじゃるよ!!
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ
  | ``7    ヾ:、 `ヽ、/´   _......._,-< ̄ヽ     凄いでおじゃろ?な?
   ',   |...-ァ‐‐‐‐‐ヾ:、ー‐‐‐ァ-(_,,.  ヽ.ヽ.  ',
   ゝ'´ /     / ヾ:、 /  ( _,,..   } } ノ

        【薄昭(はく しょう)】

          薄姫の弟。

         官位は中大夫。





25 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:01:40 221UHLp.

                  _  _
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉     だから何?
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|      全く興味ないのだけど。
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|
            |:.:.:.:从      !       //:.|:.:.!
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ:\
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.:.:\
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´ ̄ ̄` ー┬‐ァ
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/       /: :/}
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
               i   i
              .l    l.
              |_,... .....,_|
       ,..、     / -○- `ヽ、    ,.. ┐        ・・・・・・・・。
       ! ヽ   /  / ̄.Y ̄ヽ uヽ / ./
       ヽヽヽ、|  /ヽ/,|,\.|´ヽ |//./ _
     ,.....,,  ヽヽ ヽ/ _ゝ/\ノ_ ├(_,../ /  ヽ      普通の者は高祖さまや、建国の名臣たちと顔なじみ
   /  、_,)   `>/  ./    \_\\_ヽ -´ )
   ヽ__,...---/ー--{      }_ ̄\ヽ ` ̄_´      って言うと尊敬の眼差しを向けるのに……
  ,.-ー 、   /,.. -ー'´´ヽー - ー '    ̄`\ヽ {´_,`ヽ
  .{  ー'´_,.. -/ ̄\         ,..- ´ ̄\ヘ.,_ _丿
  ヽ-ー'´ //  ,  ` ' - ............ /   ,..  | ヽ        戦争を知らない世代の子は苦手でおじゃるよ。
      / |.、  ヽ 、,_       _,..: "/  / | .|
      | | ヽ  ヽ  'i─┬-┬´  /  /  .} .}
      | |  ヽ   `、  `゙.┴ "   /  /  / ノ 





27 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:03:42 221UHLp.


   薄昭が趙国に調査に出向いてから2か月後。彼は代国へ戻り、結果を報告した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 趙国、清河郡観津県のとある里 ]

                        ミ               ,、,、
                  ハ    ミミミ  ミ      .:..    .:.:淡爻:,
     ,.,.,.           从ハ    ミミミミ ミミ     .:;';':.   .:淡淡戀ハ
 ^^'㍉'´.:.:.:ミx         从从   ミミミミVミミ ,.,.,.,. ,;;';';';';',, ,:淡淡戀淡
 .:.:.:.:.:シ.:.:.:.:ィzzzzzzzzzzzz/三三ヘzzzzzzzzzュミミミノ.:.:.:_㍉|// ,淡淡l戀l淡 ,;';', .....
-ミ;';';';';';';';'///气///////====ィ/////////∧∨.:.:/xヘ  ̄\Y淡戀鑾鑾淡;';';';',.: .: :..
:;.:,:;ヽ(:;.:,∨//:;.:,:;.:,ヽ´´´`ヽ7777∧///////  ∨</    \_\戀淡゙´``Y⌒ヽ.: .: , - 、
:;.:,:;.:ノ:;.:,:;.:,Y:;.:,j:;.:,:;.:ノ:;.:,:;.:,:;.:)─‐イ;';';';';';'; 厂|[] ,┴┴───┴‐:|鑾戀乂;';';';';'):;.:,:;.:,Y.:.:.:.:.:.:)
V/ヘ|//VΥ^Y´\|//─┐ |ヽ|/Yzzzzイ‐┬r┬── ┬イ|ァ─ーャヘV|/`|i'゚´‐``'|i|''´─
洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲州[|─|‐||‐┘|:::|___|_|′[]  Υ Y;';';';';';';';';';';';';';';';';'
:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙/¨ア^辷辷辷辷辷辷辷辷辷辷辷辷7,.:,.:,.:,.:,.:,.:,.:,.:,.:,.:,.:
~^"゛~^`~^゙~^"^^"`゛^`゙^`゙~~`゙~^`゙"`゙"`^~`"゙^~`"゙``゙"~^`"゙~~`"゙^~`^~゙"^7^ ヽ"゙~^`"~^`"`"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   猗房が住んでいた趙国は、まず暗殺された先代王・劉如意、当代の王・劉恢ともに呂太后に疎まれて

   いたため王宮の雰囲気はギスギスし、その乱れは国内の統治にも表れていた。



28 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:04:34 221UHLp.


   話が深刻になりそうなため、代王は薄昭の報告を猗房がいない所で行わせた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡

                 _
               /  ヽ
             /  / ノ
     / ̄ヽ     \/ /
    /:::::::::::.ヽ    /\/      ============      , - 、へヘ , - 、
    {:::::::__〈 ../            |::::::::::::::|        斤リ/ ハハハ巛心
    ッ/ ´- `)/             ( ´Д`)        廴ル(_リ´Д`)ノ
    (  ̄)))~)               ノi:::.、y/_ヽ         ( ̄|:|:| ̄)
    // _ハ__゙i              (::::フ:元:ヾj         /\|:|:|/|
    /ニニニニi               ノ∨i.........i,|         (,、,、,人、,、)

             /⌒',
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐          竇姫の父上の死因は病死だったでごじゃる。
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ
           ヽ、>"| ・ | ・ j ヽ'ノ           母上の方は……世を儚んでの自殺の
          ,,;'''  `ンヽ´  ヾ:.、
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,          疑いがあるでごじゃる。
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ 


29 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:06:12 221UHLp.

         ,⌒、
         ,'  ゙、
         !    ゙、
! ̄ヽ     ,,.-'‐'"ニoニヽ、. /⌒,                その原因は、趙国の重過ぎる賦税(ふぜい:
.、 ,ヘ\ ,'"   _,..、,. -、 )'/^/
. \ ゙、ヽ.ヽ,.-‐‐!,-‐、,-‐〈i i /                 公共工事に従事する税)でごじゃる。
   \_ヽ.ヽ// !! ≡i.≡iヽ'
     `゙V./  ヽ,..ノi゙ 、= \
      //    -‐イ  ` --‐`─‐- 、            趙王が中央との駆け引きに気をとられる
    /.'      -‐'"!          ヽ   _,,_
  _/./´    ,,. -‐l          ├‐-´ニ_,.)      あまり、税の管理が疎かになり、
/ ,(_'冫 ,,. -‐'" -‐''"゙、           /`゙、'‐ 、.,  (⌒',
!、.i L-‐ ",,.- '"     \.        ,. ',.-‐、ヽ  `'‐- '   働き手を工事に取られたまま帰されない
-.i .i ,. ''  ,. -─- 、.,__ `゙''─-‐''",. '  , 川
),〕/    i´  ,、_     `゙''─--‐'"  / /j.i         家が多数あったでごじゃる。
-'、 ゙、    ヽ   `゙'‐、.,        /   ///‐ 、
  \ヽ.   \     `゙''─‐--''"   / ,イ! , \
、/  \ \.,_  `゙''- 、 _        / / !i \二⊃




                ,. - 、
               i   i
              .l    l.                  竇姫の家も同じで、長男の建どのが
              |_,... .....,_|
       ,..、     / -○- `ヽ、    ,.. ┐         何年も郡の工事に駆り出された
       ! ヽ   /  / ̄.Y ̄ヽ  ヽ / ./
       ヽヽヽ、|  /ヽ/,|,\.|´ヽ |//./ _         ままになっていたでごじゃる。
     ,.....,,  ヽヽ ヽ/ _ゝ/\ノ_ ├(_,../ /  ヽ
   /  、_,)   `>/  ./    \_\\_ヽ -´ )
   ヽ__,...---/ー--{      }_ ̄\ヽ ` ̄_´
  ,.-ー 、   /,.. -ー'´´ヽー - ー '    ̄`\ヽ {´_,`ヽ
  .{  ー'´_,.. -/ ̄\         ,..- ´ ̄\ヘ.,_ _丿
  ヽ-ー'´ //  ,  ` ' - ............ /   ,..  | ヽ
      / |.、  ヽ 、,_       _,..: "/  / | .| 




31 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:08:16 221UHLp.



             /⌒',                 次男の広どのは、その前から行方不明
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐             だったそうでごじゃる。
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ
           ヽ、>"| ・ | ・ j ヽ'ノ
          ,,;'''  `ンヽ´  ヾ:.、             近所の者からは人身売買に両親が売ったとも
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,           さらわれたとも聞いたものの……
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´        真実はハッキリとしなかったでごじゃる。
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N    なるほど……おじ上、ご苦労様でした。
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|
             |ヘ ヤ!                  |://!
             |:∧゙|        ゙        /∧|     夫を失い、子供たちも全ていなくなり、
             |' トヘ             u /7
              ∨ヘ                   /:ノ       孤独と飢えに耐えかねて竇姫の
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へ           イ:И         母上は命を絶った……ということかな?
               ,,, - ‐| >     イ  |/
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、 





33 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:11:43 221UHLp.

           // /    //´ ⌒ヽヽ、ヽ
          /  /   ´   ,    ',   ',
         /  '   /  , ハ N ,i | \ ヽ、  ,
         / イ ,  / / | メ{ / | ,ハノ/   ヽ\ニノ           ……哀れな話ねえ~。
         |/ |/  | / tz‐ァ'   tz‐ラ'|  |  }  ヽr‐- ,
         /,  ハ,ハ    '    ノ /| / | ̄|  / `丶、
         'イハノ   '       <ァイ//  | ,|  /    /      賦税の管理は私たちも
         入´_, ィ  ,ゝ  ‐‐-  ィ/ '/ i /| | /    /
   ,-r-r'r、.  {/ |   ヽ、}, `>-< | {   { / / | |_/、   /        他人事じゃ無いから
 rーV l !`丶、 _ノl   /  ノ┘  / ヾ 、ハ ィ_,|_|ニ= ヽ、,ハ
   ̄丶、   ヽ ノ-ヤ´  r/  ̄    ̄ ヾゝ `ヽ  {ヤ  〉、ヘ        反面教師にしなきゃ~。
      >i  ,|/   ゝ )    、    (   ノ  {/ / ハ }
     rY  ̄  |、/(rイ\   Y   , ゝ/ノ \| /ヽ|  (
     | ` ‐--‐´/-‐-|  ヽ    /   | -‐‐{ し ´| |、 ヽ
     |     |,‐‐-|    `ヽ、_ ノ    |-‐‐ト--‐´ ハ ノ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
        イ .:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.              ああ……。
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{              我が王家の蔵が一時的に満ちても
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|                 民が飢えていなくなっては無意味だからなあ。
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._
         ',     _  - ´.∨ ’        イ  }..|      _
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._       あと竇姫の両親は、日を選んで弔ってやろう。
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._    
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
 ,....:'’三三三} ニ{     ,:'ニ `ミ:.、::L__ノ ̄三三三三三l   |/ ,.:'’ニニニ/ニ∧ 


34 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:13:20 221UHLp.


         ,⌒、
         ,'  ゙、                        左様でごじゃいますなあ。
         !    ゙、
! ̄ヽ     ,,.-'‐'"ニoニヽ、. /⌒,
.、 ,ヘ\ ,'"   _,..、,. -、 )'/^/                  あと話はこれで終わりで
. \ ゙、ヽ.ヽ,.-‐‐!,-‐、,-‐〈i i /
   \_ヽ.ヽ// !! ≡i.≡iヽ'                    ないでごじゃる。
     `゙V./  ヽ,..ノi゙ 、= \
      //    -‐イ  ` --‐`─‐- 、
    /.'      -‐'"!          ヽ   _,,_        竇姫の実家から誰一人も連れ
  _/./´    ,,. -‐l          ├‐-´ニ_,.)
/ ,(_'冫 ,,. -‐'" -‐''"゙、           /`゙、'‐ 、.,  (⌒     帰れないのは片手落ちと思い
!、.i L-‐ ",,.- '"     \.        ,. ',.-‐、ヽ  `'‐- '
-.i .i ,. ''  ,. -─- 、.,__ `゙''─-‐''",. '  , 川          見どころのありそうな子を親類の家から
),〕/    i´  ,、_     `゙''─--‐'"  / /j.i
-'、 ゙、    ヽ   `゙'‐、.,        /   ///‐ 、        連れ帰ったでごじゃる。
  \ヽ.   \     `゙''─‐--''"   / ,イ! , \
、/  \ \.,_  `゙''- 、 _        / / !i \二⊃
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
     冫、   / /          | ;''   l. |
    〈   ゙f==y'            |'     ,! }
      .`;. |ー一'!             |    i:|
    .:::... l| l.   {             i     l |
     .::::l| ヽ-―',::..             }:;;'     iノ
      .::ヾ、、__,ノ::::::::::..        ;'     -、|
      .:::::` ̄´:::::::::::::::::::.......     ,! ;       !
            : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::.....i'´     、';
              : :::::::::::::::::::::::::::::::::〈__,..-::ー-;、j
                 :::::::::::::::::::::::::::::::| ヾこニニ゙'、
                 :::::::::::::::::::::::::::'、、 ヽー一'ヽ、
                    ::::::::::::::::::::`"ヽ `.、    \
                         ::::::::::::::::\ヽ.    j';:..
                       :::::::::::ゝ.` ー '",ノ:::::..
                             ` ¨¨´
       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            " 


35 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:14:12 221UHLp.



            ,  ───-ー--.:.:.:.:./___
         ,.. . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.      ,-:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.フ     ……俺は老子なんぞ信じない、
      l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     l.:.:.:.:.::.:.:.:.:/|:.:.:.:|::.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_       運命を切り開くのは己の才覚だけさ。
.     l.:.:.:.::::|.:..:/ |:.:.:l l::.:.:.l::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.> 
     l.:.:.:.:::r|..:/  |.:.l l::.:l|:::.:.:.:..::.:.:.:::::.:.::::::::<
    /.::.::::::、|/ニ、  |:l/l:::l l::::.:.:.::.:.:./ヽ::::::::::::::::\
    /イ.:::::::::j弋ゥ  T  ''lイコ:::..:::l::.:.r l::::: 、  ̄ ̄       クソみたいな趙国から離れられるなら
.     |.::::::::/| ー     --l::::::::l::.://ゝ\:、
.     |.::::::/ ゝ  '-     l::::::/l:/'´   |           炊事洗濯なんでもやるぜ。
.     |.::::/  |>、. ー-  /:::/´/     エ
.     |.::/   \ ̄ ̄ ̄//       ̄\
.     レ     >       /      丶
           | \    /         丶
           | ヽ               i
           レ       :          |
          /        ::          |
          l        ::::         |

             【竇嬰(とうえい)】

            字は王孫。観津の人。

             8歳。竇猗房のいとこ。



36 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:15:04 221UHLp.

               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧      お、おう。
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 ヽヽイ. ∧|       随分と鼻っ柱が強い
                jハ ヘ(__  u                jV
               |  }ハ              ′         子供だな……。
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /
                  レ'|    丶、       , '´
                   N      >  ...__/
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _
             |         |   Ⅵ   }
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \      じゃあ君には~……
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }    春坊(とうぼう:皇子や王子の世話役)
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/     を任せようかしら~。
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ    イトコが世話役なら竇姫も安心よね~。
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、 


37 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:15:51 221UHLp.

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
   |:::::::ヽ:/;i:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::\
   |::::::::::;ixヘ::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::>
   |:::::::::|¨  ':,::::|  ',:::::::::::::::::::::├-ミ::::::::::::::::<__         ガキの子守りか……まあいいさ。
   |:::::::::!   ',::|/ ',:::::::::::::::::::::|`ヽ.}::::::::::::::::::::::/
   |:/l::::i,___   リ ィ弋;',:::::::::::::::::::|..:/ i::::::::::::::::::::/
    ′|::::ヽrt;ァ   `¨¨',:::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::<           俺のやり方はぬるくねぇ、
      |::::::::i`7       !::::::::::::::::| r':::::::::::::::::::::::\
      i:::::::::',〈  _,    i::::::::::::::::! }、::::::::::::::::::::厂          相手が王子だろうとビシバシやるぜ。
      |::::::::::':,`  ___  |:::::::::::/ .,′',::::::; -‐ ¨´ ̄|
      l::::::::::::i\´   ` !:::::::/  -‐ ¨´       ;
      |::::::::::,′ ヽ     !: -‐ ¨´         〈
      |::i::::/    _ゝ,f7¨´               `ヽ
     |/V   ‘, }{            -‐ ´  \
             ‘, }{       -‐          \
            \i{   -‐                 ‘,
             / }{             /         ', 


38 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:16:30 221UHLp.



   猗房にとって実家からの出発の日に会った赤子のイトコが、大きくなって再会できたことに

   当初は喜んだ。しかし二人は決定的にウマが合わなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               ..-─- ..
            ,イ////////ヽ
        /㍉く//{ハ//∧//ハ
          /  Y |/|≡∨≡ソ//|       長男の劉啓が次の代王になるでしょ~。
         .′ .ノ |/l、 ワ ィ///!
         ゝ    ̄|/|>- </// :.
           ` ー|/| /ー一イ /V∧      その次は何かあったら次男の武が
              |/|{    //  V∧
               川、`Y´{{{ i |//!     継げたらいいなあ。
               }  |   | |//!
               |  |   ,l| l:川
                /≦ニ彡:/  V'′        ___
            /   /|  ゝ.__∧        /ノへゝ
              〈__/ l|   | |ハ       | \・ω・)ゝ
              / ̄´ ゝ===:| |! ∧      \__ ̄ ̄ヾ
          /          {___} .∧       \__/ 


39 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:17:58 221UHLp.

.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
ー---ァ::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::{ヽ::::::::/{:::::::::::::::::′
.  /:::::::::/::::::::::::::::::::::::/|::::「`ー‐--|::::::::::::::::|
/:::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::/ :!::::|    |:::::/::::::::|        王妃さま……冗談でもそんな不吉なこと
 ̄ ̄/::::/|::::::::::::::ハ::::/ :|::/      |::/::/::::::!
.   /::::::| |::::::::::::::|‐Vト、 j/     j/|/::::::::|        言うんじゃない!!
  /::/ハ,|::::::::::::::|赱ヾ    斗-― {:::/::::|
 / |:::/|::::::::::::::|       赱フ ハ/::::::|
    |ハ::jハ:::::::::::|      |    /::::::::::::|        長子から長子への相続が古来からの常識だ。
.  ______|::|::|i::::::::::|     _ |     /:/:::::::::::!
. /{´ ̄ レl/ |:::::i::::!  _ _    .イ:/:::::::::::/        それを曲げれば天下の人々に笑われる。
/ V/,  ノ |:::::|V、       / }ハ::::::ハ/
   V/  |:::::|  \____ イ\   |::/           あんた8年も宮廷にいて、そんな常識も分からないのか?
   \   |:::/      /、   \ .j/
.     \ .|/ 、     /  \   }
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞

        ┛┗.‐::‐::-r::‐:::-..、
        .┓┏::::::::::::::'、::::::::::::`ヽ.              _
       .//::::/::::;::::/:/:::::ヘ:::、::ヽ::::::ヽ         /  i
      //_;:/ェ=l=-lェレ‐:::ヽ-.t-::〉、i::〉i        ./   |
      f/l:ー1:::::l!:::::|!::|::::::::l:|::::l:::`:i.トl、ィ'i       l    /       むっか―――!!
      |!::|!:::|!::l:l::::/l!:ハ:::::::ili|::::ハ:::::l|:l|:!:l.l       ./ . : ::/
       !:|!:::|!:/` ト、 { リ!::/| _孑iリ::リl|:l::il|   __  / . : ::/
        l:||:::::l| イ,.ノハ ノ ィ ,.ノ::ト/:l:::/リ rー' /  `.:/_`ヽ       子供のくせに儒者みたいな堅苦しい事を言って
.         ヾ::::| |::しリ   |::しりi::::;、{´ / / ---、'´.:: : ::  |
        V:::! ゞ= '  .  ゞ= ,l!:;リ/ ̄ヽ { |   : ::.ヽ:__  ヽ      この私に意見する気ー!?
        !:::l    , - 、   イ!' |': : .:.:.:} }\__:ノ::.. . . イ}
        |l:::ト、  l   l   |::!ll: : ./.:/丿 l└ -、`T:: . ̄丿 〉
         !:、l:i<:>―rt.‐<V:/リ: : l: :{└、 {.      ̄ ̄_rイ      何が常識よ!人を馬鹿にしてるの!!?
       /´.!::∧´ ̄|冂| ̄`//::i!: : : : :ー、L.i     r‐'こ ノ
      /: : :|l::ll ゝ、ノiTヘ、 ー'||:i|::. :.、: : :.::厶└ 亡二 ノr ┘
      / ̄iー、、|、/ / l ヽヽノi!リ: .:/´ ̄  └―'´  ̄ 


40 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:19:57 221UHLp.

     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
   |:::::::ヽ:/;i:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::\
   |::::::::::;ixヘ::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::>        ……失礼しました。 諫言がご不快でしたら
   |:::::::::|¨  ':,::::|  ',:::::::::::::::::::::├-ミ::::::::::::::::<__
   |:::::::::!   ',::|/ ',:::::::::::::::::::::|`ヽ.}::::::::::::::::::::::/        もう何も言いません。
   |:/l::::i,___   リ ィ弋;',:::::::::::::::::::|..:/ i::::::::::::::::::::/
    ′|::::ヽrt;ァ   `¨¨',:::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::<
      |::::::::i`7       !::::::::::::::::| r':::::::::::::::::::::::\        ( この女に正論を言っても無駄だな。
      i:::::::::',〈  _,    i::::::::::::::::! }、::::::::::::::::::::厂
      |::::::::::':,`  ___  |:::::::::::/ .,′',::::::; -‐ ¨´ ̄|
      l::::::::::::i\´   ` !:::::::/  -‐ ¨´       ;          こんな奴の出世を当てにしたばかりに全滅した
      |::::::::::,′ ヽ     !: -‐ ¨´         〈
      |::i::::/    _ゝ,f7¨´               `ヽ        伯父さん家族が哀れでならないよ )
     |/V   ‘, }{            -‐ ´  \
             ‘, }{       -‐          \
            \i{   -‐                 ‘,
             / }{             /         ', 


41 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:21:08 221UHLp.



――― 紀元前186年(少帝恭二年)~前182年(少帝弘二年)。



   [ 代国の王宮 ]

           _ _ _                    _ _ _
         /| Ll  Ll | ̄ ‐-             -‐  ̄| Ll  Ll |\
       l  |____|.     |         |     :|____|  l
       |/|        | ̄ ‐-:l‐i_r‐i_r‐i_r‐i_r|:-‐  ̄|        |\|
       |  |   [l  |  [l  |^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [l  |  [l   |  |_r‐t__ト‐t__
       |  |____|     :「i∩∩∩∩∩|     :|____|  |_l_LLl_Ll_l
 ___ ___  ;|≠|   /ハ  :| ̄ ‐-:|         |:-‐  ̄|:  /ハ   |≒|l_LLl_Ll_l_
 _l_lェ|_l_|ェ|;|  |   |土|  :| ∩  :|   l代l    |  ∩ :|:  |土|   |  |_l_LLl_Ll_l
 朋_l_l_l_l_l|  |____|_ r‐i __:|         |:__ r‐i _|____|  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|=|        | ¥  :|  〃´ `ヽ  |:  ¥ |        |=|l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  |   /ハ  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  /ハ   |  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|  |   |土|  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  |土|   |  |l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  l二二二二二┃_:|_|l    l|_:|:_┃二二二二二l  |_l_LLl_Ll_l
 二二二二二土土土土土:┃/             \┃:土土土土土二二二二二
 土土土土土土土=¨¨ ̄                      ̄¨¨=土土土土土土土
 土土=¨¨ ̄                                    ̄¨¨=土土
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   こうして親族間での冷戦は続いたが、中央の政争から距離を取っていた代国自体は平穏な

   年月を重ねていた。 そして、その内に……



42 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:22:14 221UHLp.


             /⌒',
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ           竇姫さま~。
           ヽ、>"|⌒|⌒j ヽ'ノ
          ,,;'''  `ンヽ´  ヾ:.、          ようやく兄上を発見したでごじゃる。
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)     賦税の任期切れを趙王に指摘して
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久      身元引き受けにかなり時間がかかったけど
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ
  | ``7    ヾ:、 `ヽ、/´   _......._,-< ̄ヽ    何とか連れて帰れたでごじゃるよ。
   ',   |...-ァ‐‐‐‐‐ヾ:、ー‐‐‐ァ-(_,,.  ヽ.ヽ.  ',
   ゝ'´ /     / ヾ:、 /  ( _,,..   } } ノ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
   { {:://::::/へ /:::::://::::/i:::::::::::::::: l‐、`ヽ-ヽ
   ゝ`′::/ ::::/ i::ハ::/::/ i::::::::::::::i:: l::: l:::: lへi
   ヽ:: :::i :::::/ :i‐〉:!∨--|:::::::::::: l::ノi:: l:::: l:::: |
    { ::::_i :::/ :::下‐込下、 ヘi i::: /-/:::/:::: l::::: l
    ヘ /'i ::i  :: i`、廴リ   /./下ミx i:: /::,: /    ま、まあ!!
     `トr| ::i/  i       / i 廴リ /:/: //
.     ヾ| ::::i  i           /    ムィ ' ´
        | ::::l :: l u      __     /:::: i        なんて有り難いことなの! あともしかしたら
        | ::::l :: l      ´_ `  /:::::: i
        | ::::l :: l` 、      / i:::::::: i        広の居場所も知っているかも……!
        | ::::l :: l    ` _ /  i:::::::: i
        | ::::l :: ト 、 _ __ i´     l:::::::: l
        | ::::l :: l圭圭;;| |;|.    l:::::::: l
 __ /| ::::l :: l   ` ̄´l、.   l:::::::: l 


43 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:22:51 221UHLp.

        7      .1 i;;;;;;;;;;;:;;;l
       ゞ       }. i!;;;;;;;;;;;;;;i
       `ヾ‐------‐'i  |:::::::::::::(          久しぶりだな……猗房。
.         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ_;;;;;;;;;;ノ.
.         )::::::::::::::::::i    ̄~~
.         /::::::::::::::::::::)
        /:::::::::::::::::.//
.       {―--―-',/
        `--――'
       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            " 


44 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:23:17 221UHLp.


     |:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::/
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_             お前は王妃になったのに
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:_::::::::::/
   「:::::::::/ 。 ̄ ̄ ̄ヲ  ̄  ヽ::::::l              俺はとことんツイてなかったよ……。
   l:::::::::::{ 。   ,r'tヘ     ,l:::::::l
   ,、::::::::ヽ_   ‐ヽー'   _ノ::::::;ヘ
    h::::トー-:ニ、二二二_,二-‐‐ヘ「' l              ただひたすら真面目に働いて来たのに
    lく!::{ r-t-ァ、Y´ r「'r t:;ァr |:h /
  _,,ゝl:::l `-‐'/  ヾ`ー'  l:「/‐、              任期が明けても騙されて働きどおし。
  / /ヘ::l u          }:f' \\
, イ /{l(イ:l    (_  _」     l:レノ // ト、_           この人に救われるまで両親が死んだことも
  l ヽ\'、:!_  r、__`´_,,.、ィ  ソr' r'´  l  `ヽ、
  ',  ',', ヾ;::\  -,r、-イV-'/l  ||   l     ヽ       知らなかったぜ……。
  ',  ',', l:\::::'':::::::::::::::l l:/:::l /| _/'

        【竇建(とうけん)】

        猗房の兄。長男。



45 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:24:13 221UHLp.

            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ   ああ、兄さん……こんなに痩せてしまって。
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ 
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙     でも……でも会えて何よりよ。
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/        ところで広は? 広と一緒ではないの?
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
;:;:;:;:;:;:;:;:;:/⌒Y
 .;:;:;:;:;:/ r‐‐//;:;:;:;:/ ̄ \  |    |
;:;:;:;:;:;:;:| Lノ/;:;:;:;:/     \\.  V
 /|/ヽ /;:;:;:;:/       ト、 ヽヽ_/
      ./;:;:;:;:/      |/ハ|L|        ・・・・・・・・・・すまん。
 ‐‐:、_ /;:;:;:;:/ u       〈
.:.:.:.:.:.:.:\;:;:;:;:|       /  l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ |     、   ヽ__ノ         広は……あいつは、お前が長安に行った日に
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄\    ヽ__/
.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__ン            さらわれちまったんだ……俺の不注意で……。
.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\;:;:| 


46 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:25:47 221UHLp.


   { {:://::::/へ /:::::://::::/i:::::::::::::::: l‐、`ヽ-ヽ  |ヽ/|_
   ゝ`′::/ ::::/ i::ハ::/::/ i::::::::::::::i:: l::: l:::: lへi  .\   /
   ヽ:: :::i :::::/ :i‐〉:!∨--|:::::::::::: l::ノi:: l:::: l:::: |    |__>
    { ::::_i :::/ :::下‐込下、 ヘi i::: /-/:::/:::: l::::: l
    ヘ /'i ::i  :: i`、廴リ   /./下ミx i:: /::,: /
     `トr| ::i/  i       / i 廴リ /:/: //      そ、そんな!!
.     ヾ| ::::i  i           /    ムィ ' ´
        | ::::l :: l u      __     /:::: i
        | ::::l :: l      ´_ `  /:::::: i         ああ……なんて運命は過酷なの? あの1日が
        | ::::l :: l` 、      / i:::::::: i
        | ::::l :: l    ` _ /  i:::::::: i         家族の明暗を分けてしまったなんて……!
        | ::::l :: ト 、 _ __ i´     l:::::::: l
        | ::::l :: l圭圭;;| |;|.    l:::::::: l
 __ /| ::::l :: l   ` ̄´l、.   l:::::::: l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   兄の建と母が、広とはぐれてしまったあの日。 けっきょく伝舎に広の姿は無かった。

   その後、責任を感じた建は何度も何日も県城へと出向き、ようやく

   人攫いの一団の中に広がいた……ところまで突き止めて、探索の限界を迎えたのだという。



47 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:26:32 221UHLp.


             /⌒',
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐             じゃあ弟君の行方を、今度は人攫いの一団の中から
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ
           ヽ、>"| ・ | ・ j ヽ'ノ              探してみるでごじゃる。
          ,,;'''u `ンヽ´  ヾ:.、
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,            ただ……天下でこういった行方不明者は数万人ぐらい
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´         いるから、今度も見つかると期待しないで欲しいでごじゃる。
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:、:ヽ
.    /:.:.:/:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.ヽ:.:.:,
.   /:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ト、:.:.》:.:.f.ヽ                    はい……それでもどうかお願いします。
.   i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:iヾ:.l-‐リ.i:.:.| )
.   |:.:.:.:.:.:.乂;;バゝ リイヒア !:.::!イノ          _        貴方だけが頼りですから。
.    l:.:l:.:ヽ:|' zスァ     |:.:.:| \-─、 、-‐  ̄    ヽ
.    ヽ:\:.ヽ ゞ ' ヽ    |:.:.:i  i l  ヽヽ        i
.     `ヾ:.:.ミ` 丶 _  '" |:.:.:.| ノノ   l |、 、 ′   \!
      |:.:.:.|     ̄ア|:.:.:.[] '     | |ヽヽ !     ヽ
       |:.:.:|     r ! リl:.:.|    / ! l   ゝ      i
.       l:.:.:l   / ヽヽ |:.|_ , `  //    ヽ     ヽ
          !:.:.!  '   ヽヽ リ     //     l  i _.... ..l
        |:.:.乂 ` 、 i   ヽヽ、 .::ノi l      │,!´    `
        ヽ弋i   寸   ヽ イ、. | |      !
            `  lノ   ゙、     `、ヽヽ      !  , -―- 、 


48 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:28:54 221UHLp.



   しかし、弟探しは何の進展も迎えないまま月日が過ぎ。 そして今更ながら猗房が長安にいたころに

   夢見た趙王の妃になる機会が巡ってきた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


――― 紀元前181年(少帝弘三年)。

≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡|:::|.≡≡≡|≡≡≡
≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡):::)≡≡≡)≡≡≡

                 _
               /  ヽ
             /  / ノ
     / ̄ヽ     \/ /
    /:::::::::::.ヽ    /\/      ============      , - 、へヘ , - 、
    {:::::::__〈 ../            |::::::::::::::|        斤リ/ ハハハ巛心
    ッ/ ´- `)/             ( ;´Д`)        廴ル(リ;´Д`)ノ
    (  ̄)))~)               ノi:::.、y/_ヽ         ( ̄|:|:| ̄)
    // _ハ__゙i              (::::フ:元:ヾj         /\|:|:|/|
    /ニニニニi               ノ∨i.........i,|         (,、,、,人、,、)



 ⌒ヽ     ドドドドドドド   伝     朝廷からの伝令――!! 趙王・劉恢さまの自決により
⌒⌒⌒人 ⌒      ヘ( `Д)ノ
ヽY⌒ヽ)⌒⌒ヽヽ  ≡ ( ┐ノ     趙国王位が空になりました!
  ヽ  ノ⌒ヽ  Y   /






50 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:30:35 221UHLp.



     Λ 伝           その後任に、呂皇太后さまは代王さまを推薦すると申しています!
     ( ・д・)
     /( )y|           ご返答は如何に?
   ⊂(_ノU |__)


∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
               /        \         `丶、
                 /      ハ   \     、 \ ̄   っ っ
.               ,′     /∧丶 {      } |   ヽ
             !  |    /二、ミヘ厶, │ / ハ   ∧
               |  八   ∧_・ヾ ヽ|\j斗-く i/  ト、|       ま、待ってくれ! 少し考えさせてくれ……。
               │ {. ハ. /  ̄ ̄`    ー’=' |  |
               │ '. ノ Ⅵ  ヽヽヽ    、 l|l|l|イ. ∧|
                jハ ヘ(__  u                jV          ( 自殺した兄弟、劉恢の後釜に俺を……だって?
               |  }ハ              ′
               レl. |      `ー-=ニ二フ   /
                  レ'|    丶、       , '´             趙国はずっと朝廷と揉めていたよな……
                   N      >  ...__/
             「 ̄ ̄ ̄二ニ=‐┐  厶 _               こりゃ罠の臭いがぷんぷんするぜ! )
             |         |   Ⅵ   }
          _∠⌒ニ=‐-   __|   Y   |
  x-───¬¨    \      `>ー┴─'⌒\
 /                    | (⌒)       ̄ ̄二ニ=-、
./                       |                 ∧ 


51 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:32:06 221UHLp.


   趙国は代国と比べれば中央に近い花の大都市である。 税収だけを考えるなら移るのが正しい。

   しかし趙王・劉恢の自殺には呂一族が絡んでいて、今の趙王室は劉氏にとって死地である。

   さらに呂太后は慎重な代王・劉恒に迷いを生じる罠を仕込み済みであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         _  _
       _,ィ彡―Y―ミヽ,_,.、
    rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐      殿下~~~~!
   rク/::/::/:./:..::.:i:.:.:ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ
.   {:/:./:./:../:..:.:..:.}:.:..:.:.i:.:.i:.:..:i:〈
   {イ: .|:..!::.ト:!.:..:.:/:.}.:从|.:.}:.:.:.}:.}      この話を受ければ弟の広を探しやすくなるし、
   ||:ヽ:{-'==∨ =='ソリ:イ.:/:.|
.   》、::ミ | |、_,、_,  | |  彳|.:|::|      私の昔の憧れを叶えられるわ~~!!
    |:ヽ|l | |. {  }  | |  /:.::|.::.:.!
   |: :lr'⌒)、._ ̄_ (´ j /:.:.::|.::.:.!
   |:/ヾ三}  Y.r' {彡'´} :|.::.:.|      ぜひ!ぜひ! お受けしてくださいませ~~!!
   |:l   ノ  l l l |   l .|.::.:.|
   |: ゝー' ∧ l l l∧__j |.::.:.| 


52 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:34:22 221UHLp.

            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l      ( そうか……ここで断れば竇姫の弟を
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N       探す当てを潰されるし
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|
             |ヘ ヤ! l|l|l|               |://!        竇嬰の家族も危険に晒すか……。
             |:∧゙|        ゙        /∧|
             |' トヘ             u /7     
              ∨ヘ                   /:ノ          呂太后はそこまで読んで俺を……。
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へu          イ:И           これはどうしたものか……? )
               ,,, - ‐| >     イ  |/
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
.      ,-:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.フ
      l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     l.:.:.:.:.::.:.:.:.:/|:.:.:.:|::.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_
.     l.:.:.:.::::|.:..:/ |:.:.:l l::.:.:.l::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.>
     l.:.:.:.:::r|..:/  |.:.l l::.:l|:::.:.:.:..::.:.:.:::::.:.::::::::<          ・・・・・・・・・。
    /.::.::::::、|/ニ、  |:l/l:::l l::::.:.:.::.:.:./ヽ::::::::::::::::\
    /イ.:::::::::j弋ゥ  T  ''lイコ:::..:::l::.:.r l::::: 、  ̄ ̄
.     |.::::::::/| ー     --l::::::::l::.://ゝ\:、            殿下、大義を知るならこの申し出は
.     |.::::::/ ゝ  '-     l::::::/l:/'´   |
.     |.::::/  |>、. ー-  /:::/´/     エ             蹴るべきだ。
.     |.::/   \ ̄ ̄ ̄//       ̄\
.     レ     >       /      丶
           | \    /         丶
           | ヽ               i 


53 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:35:25 221UHLp.


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| 小義のために全滅の憂き目を見たら . |
|                              |
| 誰も救われないぞ。              .|
ヽ________________/
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ
   |:::::::ヽ:/;i:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::\
   |::::::::::;ixヘ::::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::>         竇姫の怒りと憎しみは俺が被る。
   |:::::::::|¨  ':,::::|  ',:::::::::::::::::::::├-ミ::::::::::::::::<__
   |:::::::::!   ',::|/ ',:::::::::::::::::::::|`ヽ.}::::::::::::::::::::::/
   |:/l::::i,___   リ ィ弋;',:::::::::::::::::::|..:/ i::::::::::::::::::::/          どうせ俺は嫌われ者なのだ、これ以上
    ′|::::ヽrt;ァ   `¨¨',:::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::<
      |::::::::i`7       !::::::::::::::::| r':::::::::::::::::::::::\          嫌われても構いやしないさ。
      i:::::::::',〈  _,    i::::::::::::::::! }、::::::::::::::::::::厂
      |::::::::::':,`  ___  |:::::::::::/ .,′',::::::; -‐ ¨´ ̄|
      l::::::::::::i\´   ` !:::::::/  -‐ ¨´       ;
      |::::::::::,′ ヽ     !: -‐ ¨´         〈
      |::i::::/    _ゝ,f7¨´               `ヽ
     |/V   ‘, }{            -‐ ´  \ 


54 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:36:33 221UHLp.


   代王・劉恒は 「匈奴からの防衛の要である代国から離れるのは無責任なので」 という理由で

   辞退し、趙国の後任には呂太后の甥が座った。 それにより趙国はガチガチの呂一族の国になった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   [ 代国の王宮 ]

           _ _ _                    _ _ _
         /| Ll  Ll | ̄ ‐-             -‐  ̄| Ll  Ll |\
       l  |____|.     |         |     :|____|  l
       |/|        | ̄ ‐-:l‐i_r‐i_r‐i_r‐i_r|:-‐  ̄|        |\|
       |  |   [l  |  [l  |^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  [l  |  [l   |  |_r‐t__ト‐t__
       |  |____|     :「i∩∩∩∩∩|     :|____|  |_l_LLl_Ll_l
 ___ ___  ;|≠|   /ハ  :| ̄ ‐-:|         |:-‐  ̄|:  /ハ   |≒|l_LLl_Ll_l_
 _l_lェ|_l_|ェ|;|  |   |土|  :| ∩  :|   l代l    |  ∩ :|:  |土|   |  |_l_LLl_Ll_l
 朋_l_l_l_l_l|  |____|_ r‐i __:|         |:__ r‐i _|____|  |_l_LLl_Ll_l
 _l_l_l_l_l_l_l|=|        | ¥  :|  〃´ `ヽ  |:  ¥ |        |=|l_LLl_Ll_l_
 l_l_l_l_l_l_l_|  |   /ハ  :| ┃  :|  |l    l|  :|:  ┃ |:  /ハ   |  |_l_LLl_Ll_l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   代王と竇嬰は猗房に後から散々恨み事を語られたが、これにより身の安全を保ち続けられた。



55 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:37:21 221UHLp.



――― 紀元前180年(少帝弘四年)、7月。


              呂太后、死去。 建国の元勲や劉氏一族と派閥争いを繰り広げた女傑もついに

              老いには勝てなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             _r-------ヵ、_
           //       .∧',
           //,       ∧',
            //         ∧ム
.          //,'           .∧;ム
         /./,            ∧;ム
          /./,'              ∧iム
.       /;/,'     .r======ヵ   .∧;;ム
.        /l/,'    i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!   ∧i;ム
      /;;/,'    └===┘    .∧;;;ム
      /;;//                 ∧;;;;ム
   .  /;;/マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨∧
    /;;;;ム─────────────∨∧
   ..仏ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ
       ∨  r≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡7 /
       ∨ .∨ ,ィ<二二≧≦二二>、 ./ /
         ∨ .∨  _,/ ¥ ∨_  / /
.          ∨ .ヾ>_、__二二二__, ィ<./ /
.         ムニニニニニニニニニニニゝ 





57 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:40:43 221UHLp.



――― 同年、8月。


           呂一族の頭目の死をチャンスと見た劉氏一族は、この時とばかりに反撃を開始した。

           高祖・劉邦の取り決めによれば王になれるのは劉氏のみ、

           そこに呂一族が割り込み、暗殺や粛清を繰り返していたのだから、その恨みは深い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                           ≪匈奴≫                /
                      ◎単于庭                   /
                                              /
           ━━━━━━万里の長城━━━━━━━━━━━━/
           .、´                     〇代   、--、  _    (´
           ノ                         ノ  / /  ̄|   `ヽ
           ノ         .、´ `~ ̄`)      ,,_ノ   `′  (_,、  `ヽ
         く´~           ノ    /       (_  ,‐-っ,     く    `|
       _ノ~´          ノ    .く    〇趙 /`‐´ /´     )  /
       ノ         く´~     (      . / ★ 斉 ./       レ´
,     ,ノ´      ッ-、__ノ~´       )    _,,ノ´     く,,_
―-、__-‐‐、 ̄`ヽ、 `ヽ,           ´‐~´~○洛陽      \
       `ヽ,  ´‐‐―`      ◎長安                `>
        `ヽ,                           ノ~~~ ̄>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           いの一番に兵を上げたのは、西の大国・斉だった。





59 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:41:45 221UHLp.


       _,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、
       ..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、
         : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、
       : : : : : : : : : : `'i、               : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー-
       : : : : : : : : : : : `ヽ:      : : : : :   : : : : : : : : : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
       : .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 : :  : : : : : : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
          .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
        .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー
       、.ー'"′``゙ン 、丶、.,,;": 、ヽ、、: : : : : : : .゙: : : ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
       "、 : 、`.、'、``" ゙:: : 、`'':,、、:,,,v,、: : ::.`-ー'''--,,、: : : : : : :    : : : :
       .‐``'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',    ` `` `  '',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',゙゙゙゙''''''''''''"'"~''': `''ー- `: :`゙^'--

                      。__           。__                  。__
                 |斉|           |斉|                 |斉|
                 | ̄            | ̄                  | ̄
            ;;;'';;'';;;';';'';';;''';;          ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
          ;;;'';;'';;;';';'';';;'';;';';'';;           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;           ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
         ^~..^~.,^~.,^~、          ,.~^,.~^,.~^..~^         ,.~^,.~^,.~^..~^
      ,.vv⌒vy⌒vv⌒vy⌒vv            v⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、       v⌒yv⌒vv⌒yv⌒vv、
   ,r'´ ̄`' ,^- ,r'´ ̄`' ,^-              ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ  ....ヽ -^, '´ ̄`ヽ -^, '´ ̄`ヽ
,r'´ ̄`' ‐, ,r'´ ̄`' ‐, ,r'´ ̄`' ‐,                                 '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ ,‐ '´ ̄`ヽ
                               ザッザッザ  ザッザッザ
  ザッザッザ  ザッザッザ                                     ザッザッザ  ザッザッザ 


60 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:43:03 221UHLp.

                  > ―――ミ_____________
                     //      \  |   |
                 レ             \|   |、     __
                |     ――――‐>x, | \  /  \
                |   /  ∧        > ,__]]      \
                   ___| ./  /  V     \     ゞ _      \
                 / ∧/   {   ∨ \   ,\    __ノ         、
             /   /     !`>x\l\l/x==ミ   \ \       Y         ウチがいるから
               /   /     N ,x==ミ     Y んハ 个≦__> \     l|
                |    Y んハ     ∨リ ! |⌒Y         人         ここが主力部隊やね!
          /    | |    | ∨リ         レ   ノ∨   ‘,     \
         /    /r,人(\  li    '        _ イ  ∨   ‘, \    \
          /      /      \从     く   ノ  /             \    \
        / ′ /        /   >         /       \          _____  |    お父ちゃんの時代に
            | /        /       〕iト-__ {,ヘ/ニ〕__  \        ヽ\|
         { l/    >‐ ´   __〔二〕∧}∧   /  ′ /  `ヽ  丶        }      随分と領地を削り取られた
         {   //      / |  / / γ¨ヽV ./l /  / [二{三}ニl ~^^¨丶  /
         人   /{/        / .!  l  | 乂_ノ ∨/ /   ′  /∧丶       )/      恨み、晴らしたるでー!!
         \{       {二]  | (匚{三三三}ニ])   {   ノ/  ∨
                   厂    l  *匚匚匚匚,,,,,,|   {         \
                  '′       几           /~^>
           '′        ./  lXl             /      \     \
          '′       > '/   」坙      /   ′       ヽ      \
      〈   `冖宀¬Y´     /         /  Y          /         )

                 【劉襄(りゅう じょう)】

                 斉王。高祖劉邦の孫。

                   先王・劉肥の子。





62 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:44:42 221UHLp.


   そして劉襄の傍らには猗房のかっての知り合い、高莞が正室として治まっていた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      /:::/:::::::/::/!::l::::::::',::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::',:::::l::::::::::::::l:::::::!
.      ,:::::::!:::::::,'::::! |:::',:::::::∧::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::l::::!::::::::::::::!::::::l
     l:::|::l:::::::{:::::l マ ',::::::::∧:::::::'" ̄ヘ"'::::、::::!::l::::::::::::::l、:::::l!
      {:::|:::!:::::::',::::,ィーマ-:::::::::∧\:::::::::::ハ::l::::::::l::!::::::::::::::!::\::',
     l:::!:::!:l::::::V:l   ヽ!:::::::::∧ ヽ----'---=,l::::::::::::::l::::::::ヘ',            優秀な貴方ならきっと願いは叶うと
.     l::|l:::',|、_V!      ̄ ̄  ,ィ ====ュ.,':::::::::::::,'.ヽ::::::::ヘ
.      !|.∨l|::::::∧ ,ィ==ミx      '  弋辷沙' ':::::::::::::,'7 }:::::::::::!           信じていますわ。
      ヽ .`―|:::::ヘ 戈ぅソ       、、、、 .,':.::;::::::::/ , ィ'::::::::::::l
           >'!::::||::!、、、  '            ,'::/,::::::/':!::::l:::::::::::::,'
        /,.イ´.!::::|l::|            ,    ,'://:::::/::::|::/::::::::::::/           私たちはこの日のために兵を鍛え、
.     lィ´  .∧::::!l:ヽ.    ヽ  '"   ・ /', ,':::::/!::::,'/::::::::::::/
.     |:{   ,':::!:!::::l!V::::>         <./::, ' .l:::/:::::::>/:}             身を慎み、兵糧を蓄えてきたのですから。
.     マヘ  !::::!::',::::l:::::{::::::::l::::>- <}_ >//―+'、:::イ/:::/
.       マヘ l::::l:::::V:lィ'"` ‐- =r '-.{´        ヽ>‐‐'- 、            今こそ天下を……お取りくださいませ。
       \\:!::/ ヽ    >'{_/`!      ,. ‐' ,ィ'      l
      ,イ::゛|\Y ./ , ィ'  //  ,':ト、, ィ' ´  /   '.      !
        {:::::::||:::/ '  /  ./: :/   !:.:|:.:./   /      .'.    .| 


63 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:46:17 221UHLp.


   クーデターは外部からに加え、長安内部からも呼応し、呂一族はあっさり滅び去った。

   それと同時に傀儡に立てられていた皇帝も捕らえられて幽閉され、のちに処刑された。

   そして殊勲第一位に等しい劉襄が次期皇帝になるかと思われたが……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  [ 長安 ]
                (:::::)
                 ;;ゞ
        ヒ;;::;;::へ _  __.゙| '"
     i.L,r-'' i ̄ ̄i~~ i,:'::::/
      ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙  ヘヘ.        (:::::)
┴lt  ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー| ::;|_~"        (:::::)
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.へ        (:::::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|,''ヽ|        (:::(   (:::::)
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~       )::)    ;;ゞ
┴┬回ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;  l        (:(  rへヒ;;;7
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|//|       rソ(' |_._|__|~''i
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''ソハrへ,,  ::',|" ___ ^|
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~| p─r;:う:|,''ヽ|'"|_._|__|~.''| (:::(
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_  ::; ヒ;;:::ヘ|'"|_._|__|~.''| )::)
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|   |_~"'l'''' iー-i-.ニL ..|'"|_._|__|~''i| ;;ゞ
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l'' ーiー-ト::;.|" ___ ^.l ;;;;;ゞ 


64 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:47:07 221UHLp.


    ( ⌒ )
  γ⌒   ⌒ヽ
  ゝ      ノ
    | l |         劉襄めはこの戦いの初め、劉氏の最長老であるわしを

   劉沢          罠にはめて拘束し、恥をかかせおった!!
  γ――ヽ
  (##_`ハ´)        あときゃつの外戚には呂氏のような野心家が多い、
  /   ~)))~ )
  | |__|||_|        奴は皇帝に相応しくない!!
  人___ヽ





            _____
            /           ≧s。__
.           |            |i:i:iミメ
           斗---------- ミ _|___:i:.
     。sf〔_______厶斗匕ト------'i人
.     ¨¨¨7¨¨¨i7___|i:|\___i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト__i:i:i:i\         なんやてー!?
.        i{i:i:{i / __|iノ_\i:i:i{\i:i:i:i:':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
.       八i:i{/ ━━   ━━   \i:i}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
       /i:i小 ━━   ━━     ソ¨,ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:|       そないなこと言ったって緊急事態やったもん
.       ′i:i:i:|  ∪    ∪      ノ }i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
      |i:i:i:i:i:i{      _         r'´ ノ|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|       大目に見てくれんかー?
      |i:i:i:i:i込   /_ ヽ     イ¨¨´  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
      |i:i:i:i:i:i:i:i/ ≧s。   .。s≦   |   / i]|i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
      |i:i:i:i:i:i:/    .//}}ノ     ノ'ァ.〈_]|i:i:i:i:i:i:i:i:/
      |i:i:i:i:i/__ 斗匕 〉s≦  /./i/............≧s。′
.     八i:i:i:i/...............{/{ ( O ) // /i/................/.....} 


65 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:48:51 221UHLp.


   しかし大目に見てもらえなかった。 重鎮会議で劉襄の行動と外戚は問題視され、皇位継承から

   外され。 クーデターに一切関わらなかった代王が、皇帝の相続条件に沿うとされた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
      ≫                       ≪
      ≪    ナ ヽ /    ─ァ || ーレっ /7     ≫
        ≫   d、  /^、_ノ  (     |   O     ≪
      ≪                         ≫
      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
            ¨ ¨       フ ル フ ラ ッ ト!
     ¨ ¨ ¨ __r:i:i:i:i:i:ュ____       \
    彡==-マニム 寸:i:i:i:i:i:i寸=──: : :.....     \                ウチ、骨折り損のくたびれもうけや
    |    マニム )i'<:i:i:i:i:V: : : : : : : : : :\   \|
   :.|   「 ̄>≦ム   Y:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : \二二              ないかー!!
   :.|ー-ー(.   Vニム-ー|i:i:i:i:!: : : : : {|: : : : : : :/∧: : : :}  ぬ
   :.|   ハ   ヽ ̄Ⅶli{:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : 乂6,V| ̄)\  が
    |  .{  V彡ハ. :Ⅶム.i:i:i:|: : : : >' ⌒寸: : : :\  ーく Wム  あ       なんもしとらん代王が漁夫の利って
    .:匕¨弋  V   }  寸ll):i:iリ>'       \: : : :.\トトルY´二⊃ ぁ
   : V二ニ\ V ト、  ヾ彡'             \: : : :.ヽ⌒寸}} :   ぁ     ひどすぎるわー!!
   : V  (\\VニY\             : Y: : :.ム:i:i:ム「    ぁ
     ノ  ノ\\)|  |寸\:              : |: : : : |:i:i:i:ム :  ぁ     おどれらぶっ潰したろかー!!
   : `<.   \.|  |\寸) :           :[二二二]:i:i::ム :
      .: `' <ノ ーく  \ :            : ∟匕ソ:i:i:弋i : 





68 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/04(土) 23:52:55 221UHLp.


   しかし劉襄に更なる追い打ちが襲い。 劉襄の切り札の大将軍・魏勃が重鎮会議の結果、

   庶民に落とされてしまうと、もうぐうの音も出なかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   f  ̄ ̄ i!ミ、
               ィ}__  |  Y^ヽ
               {ノ  _ >-.={   ,      ……代王の豪運は化け物めいとるわ。
              T T {::ヽ{:\{、 { |   .',
                 |ヽ!リ------ >..|   i
                  ,  >-^-< ヽ|   |     もう余計な事せんと斉国に帰ろ……。
              /  / /| ら  i .|   |
                /  / | | __   }|   }
             {/{∧{  レヘ } r-'-ハ/V}/
                     レイ ゝ-イ
                    ノ T T T T ヘ
                 ー'ー'ー'ー'ー ’



            /{::ヘ:::::,イ:: ̄::::::)-'::;:::--:`
           .::::::::ゝ:;_`_'_;;;::=‐::'゙|::;:l´ヽ:`ヽ::::::::\
          /::::::/::::/:::/:::::::::/::/ !:!::!:::::::',::::::ヘ::、:::::::..
            /::::::,':::::,'::://::_;;;/!_,'__|:l::l::::::::::l:::::::ハ:::::::::::ヘ          なんて可哀そうな殿下……。
        ,'::/::::|::::::|::,':,'´::::,' |:/ .|゙!::|::::::::::l::::::::::',:::::::::::::::.
          |/::::,ィ!::::::Ⅵ|__l| .|'  l|ヘ|::::::::l:l:::__:::::|:::::|::::::::::.
.      /:::::;//|::::::::::|.r┬ ===ュミ | .マ:::::l:|::::::`ヽ:::::!l::::::::::.        私たちは劉氏を守ろうとしたのに
.      /::: イ:|:',.',|::::::::::| 弋ら劜ソ ゙   `' ‐'、::::::::l|:::::!:!::::::::::!
.    ,イ:::;〃:'!:::||::ヽ|::::::::::l! 、、、、 `     芹ュ、ヽ/::::::!:l::::::l:::}        劉氏に裏切られるなんて
.  /:// :::::l、::::V:::Ⅷ::::l:ヘ         、 弋rソ'ヽ:::::::,':,':::::,'::,'
  |イ .l:::::::::l:ヘ::::V::Ⅶ:::l!`ヘ         、、、,.ィ〈_/:':::::/:/         これじゃ一体なんのために
.   マゝ_!:::::::::l、:::\V:∨::ll、. u    'ニ    `"7l:::/:::r '´/
.    ` 、V:::::::ヘ::、::::::ヽi∨| \      ,、  ,.イ! ∨::/             頑張って来たのか分からないわ……。
   ,ィ:'::゙|、ヽ:::::ヘヽ:_;;;'斗`<ヾュ、 __  ,. {. `<:∧. V
.   |:::::::::{、:ヽ::`__丿      |ヘ`V、:::::::::>,、 `' ヘ _\
.   |:::::,イ ̄` ゙ヽ ` <.    /! !ー'、 `<` ゝ, >_、,,.  ∨ 


69 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 00:00:47 SrVrhUPM


   高莞夫婦の撤退と入れ違いに、猗房夫婦の登極が決まった。 かっての知り合いに再会と

   別れを告げるため高莞は猗房のもとを訪れた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              , -‐ー- 、─、─、-、
             / , ニニニ 、ヽ ' , ', ヽ
                  | l::::::::::::::::::l |   ;  ; |
            ∧,,∧ | l::::::∧,,∧ |   ;  ; |
         /・・ ヽ | l:::::/・・ ヽ |   ;  ; |
           (ω ノ ⌒ヽ (ω ノ  ⌒ヽ.,-‐'!
           /ヽ /  ノ ̄/ヽ /  ノ`i_.iイ
           ( へ /|.|:「~( へ /|.| |:{}|. !j
         ヽヽ| | .Uレ   ヽヽ| | .U i_ッ
               | |       | |
              U       U




  i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i⌒i´ ̄`i
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |ニ二⊃                   ,、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |,, ゚Д)              _〈 i、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |'~フ∞、 _ ___ __ _    _、シ从ヾ、
  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |/_,ハ       _  ̄_,,シ:'「|ヽ.・ヽヽ
  |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|三}、_)./7   /⌒  ̄||    |.|_ へ.、。_)
  |三三三三三三三三三三三三三三三}/ノ   ,イ{   ノ ||(   ,U
  |三/´|`ヾ三三三三三/´|`ヾ三三三レ'ニニニニニニニ0ニコ/
  └゙(─@─)========(─@─)=┘         /| |    } j{
     \._|_,ノ          \._|_,ノ          《_,ヒ}   《_,/_} 


70 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 00:08:13 SrVrhUPM

.        {::::{.':::::::`ヽ:::::::::::::`ヽ:::::::::::::::::\::::::::',:::::::::::::::
         ,ィゝ`=-‐::/:::::::::!:::::::::::::ヘ::::::::::::::::ヘ:::::::l::::::::::::::::::::::l
      /:::/:::::::/::/!::l::::::::',::::::::::::::::ヘ::::::::::::::::',:::::l::::::::::::::l:::::::!
.      ,:::::::!:::::::,'::::! |:::',:::::::∧::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::l::::!::::::::::::::!::::::l
     l:::|::l:::::::{:::::l マ ',::::::::∧:::::::'" ̄ヘ"'::::、::::!::l::::::::::::::l、:::::l!         悔しいけど……貴方たちには完敗だわ。
      {:::|:::!:::::::',::::,ィーマ-:::::::::∧\:::::::::::ハ::l::::::::l::!::::::::::::::!::\::',
     l:::!:::!:l::::::V:l   ヽ!:::::::::∧ ヽ----'---=,l::::::::::::::l::::::::ヘ',
.     l::|l:::',|、_V!  _!_        ィ 弐孑ア....,':::::::::::::,'.ヽ::::::::ヘ       私たち夫婦がどんなに努力しても持てなかった
.      !|.∨l|::::::∧..゙ィf==ミ       ゞ=ソ ' ':::::::::::::,'7 }:::::::::::!
      ヽ .`―|:::::ヘヾ 泛ソ`  :    、、、、 .,':.::;::::::::/ , ィ'::::::::::::l       人望を、貴方たち夫婦はどうやって
           >'!::::||::!゙, :::.:.::. '          ゙,'::/,::::::/':!::::l:::::::::::::,'
        /,.イ´.!::::|l::| u          ,    ,'://:::::/::::|::/::::::::::::/       手にしたのかしら?
.     lィ´  .∧::::!l:ヽ.    ヽ  '"   ・ /', ,':::::/!::::,'/::::::::::::/
.     |:{   ,':::!:!::::l!V:::> .   / }    .イ.../::, ' .l:::/:::::::>/:}
.     マヘ  !::::!::',::::l:::::{::::::゙≧' /--=≦ >//―+'、:::イ/:::/
.       マヘ l::::l:::::V:lィ'"`_ / ./ミ= -           ヽ>‐‐'- 、
       \\:!::/ ヽ..../ У /--、/ !      ,. ‐' ,ィ'      l
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                   _,........_ __
                ,ィ´::::::;:::::''´::::::::::::::`::‐..、
               /::::|:::/::::::::::::::::::::::::::,r::::::::`::.、
            , 、  l::☆'::/::::::::::::::/:::::::::::{::::::::::::::::::::ヽ_
             / /  !x/::/::::::::::::::/:::::::::::::::\::::::::::::::\::ヽ、
           / /   V::/::::::::::+x:::::::::ノ:::ノ!:::ヽ:::::|:::::::::ヽ ヽ、       老子さまの書物を読んでただひたすら
         , ‐' ム、 x  |/::::::; ‐i::::::_:; ィ_.._''ヽ!::::::|::::|:::::::::::::ヽ ト
      ,. '´  / /ヽ_,〉☆ .イ:::::/ ィチi!}ハ! ノリ::/l:く|:::::::::::::|ヘ        1日中ゴロゴロしていただけよ!
     /   _(.ィ_,..ィ´_,.xィ:´::::::::::/ ゞ:z'   '",rテリ:::::/:::::|:::ヘ
   /ヽ   ´ `   / /:::::::+:::::::/ :::::::      kィ' /ー':ノ_ノ:::::::ヘ
  /   `>‐- ...  ヽ /::::::::/☆∧   r 、  j :::∧:::::´::::::::|::::::i:l       貴方たちに足りなかったのは
/    /    `ヽ V::::::/::::::/j. ヽ ヽ__,)l>,.... イ,.. }:::ト、::::::::|::::::l:}
    /        〉'::/ノ:::::/:/゙'ー-ゝ、... ィ::::::/ ヽノ V:::::|:::::::|       老子様への愛と信仰心ね!
   /         /::://__;:イ/ `゙''''''''''''´r‐'''" rヽ .._j ̄ ハ::::|:::::::|
‐--〈     __/;:::r''´ ̄   / ヽ―-  '´ ヽ ./レ /ヽ、__ノ V:::::::l
  ナヽ ̄ ̄       、   /   l     /`'゙ .|ヘ-'ヘ i l .|:::::::|
             ヽ/'     l     ` {``' ∧ V  l |::::::l 







75 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 00:17:31 SrVrhUPM


     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     | ……そう、私たちは生き急いで失敗してしまったのね。 |
     |                                      |
     | 負けた気は全然しないけど、退いてあげるわ。      .|
     ヽ_______________________/
                                     山
   ミ、                             屯屮     _,ハVハ
   Уミ、        j州{   _                 屯屮屮  ,ハVハVハV
  УミУミ、     j州州{  \/゛     / ̄ ̄ ̄ ̄\屯屮屮 ハVハVハVハ
 УミУミУミ、   j州州州{  _i{/^  /  _|_|_|_  ハ屮ナハVハVハVハVハ
 i i i i i i i i i i i i 州州州州 ´ ̄|l|‐   |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i i i ii|  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
 " " " " ""`     \          i_ |  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
  " " " " " " """    ヽ       | |二ニニニニ二二|⊂⊃ i i i i i i i i i i
 " " " " " " " """             r|_|二ニニニニ二二|_|__|_} i i i i i i i:i:i:i:i  ガタ ガタ ガタ
 " " " " " " " """     i:      | ||二ニニニニ二二| |__|ノ  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  " " " " " " ""'"            | |==============| |      i:i:i:i:i:i:i:i:
  " " " " " """        ;l|     |_|              |_|       i;i;i;i;i;i;
 " " " " " ""´      /                |     \    i;i;i;i;
 " " " " ""´      /     /           }|       ヽ    i;i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   高莞夫婦は自信満々に語る猗房に、苦笑いを浮かべると斉国へ去っていった。

   代王から皇帝となった劉恒は呂氏に奪われていた城陽、瑯邪、済南郡を斉に返し、露払いの

   恩賞として皇帝になり損ねた劉襄を慰めた。






77 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 00:25:22 SrVrhUPM


――― 同年、(文帝元年)10月。


           劉恒が正式に即位し、前漢の黄金時代が幕を上げる。 が、当初はやはり漁夫の利を

           批判する者が朝廷内に多く、これから相互理解にしばらく苦労することになるのだが……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



             @__________________________@
           /777777777777777777              77777777777777777ヽ
           /7777777777777                 7777777777777\
   |\__/フフフフフフフフフフフフフフフフ                    フフフフフフフフフフフフフフフフ\__/|
   \┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬/
     └┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
         |::|::|:::|:::|:::||Φ  Φ  Φ Φ Φ Φ Φ Φ Φ Φ Φ Φ Φ  Φ  Φ||:::|:::|:::|::|::|
         |::|::|:::|:::|:::||        _                        _        ||:::|:::|:::|::|::|
         |::|::|:::|:::|:::||        l´||`l      ___       l´||`l         ||:::|:::|:::|::|::|
       (;l|l;)::|::|:::|:::|:::||     ∧∧ヾ||ノ     iii 恒 iii      ヽ||ソ∧∧,   ..||:::|:::|:::|::|::(;l|l;)
          || |::|::|:::|:::|:::||   ( ゚ -゚) i|      《 ・ω・ 》        ii| (゚- ゚ )   ||:::|:::|:::|::|::| ||
          || |::|::|:::|:::|:::||    ( (つつ||    こiζ y ζi,つ       ||⊂⊂ )    ||:::|:::|:::|::|::| ||
          || |::|::|:::|:::|:::||    (,,,,,,,,,) ||     iソ ノξヾii        || /,,,,,,,,,,,ゝ  ||:::|:::|:::|::|::| ||
          || |::|::|:::|:::|:::||    UU  ||      ノイヽ、§ヽ、       ||  UU    ||:::|:::|:::|::|::| ||
          || |::|::|:::|:::|:::|: ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄:|:::|:::|:::|::|::| ||
       △| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄△
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧                   ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧_
 (    )(    )(    )(    )                   (    )(    )(    )(
∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧  )                  (  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧ ∧
    )(    )(    )(    ) |                    | (    )(    )(    )( 


87 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:18:47 SrVrhUPM



       ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      /                                 /
      イ二二二二二二二二二∞∞∞∞二二二二二二二二二二イ
            |______________|
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|       ……これも何かの罠かと思って
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|        代国から出たくなかったんだが
             |ヘ ヤ!                  |://!
             |:∧゙|        ゙        /∧|        散々長老たちに説得されて
             |' トヘ             u /7
              ∨ヘ                   /:ノ          ついに押し切られてしまった……。
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へ           イ:И
               ,,, - ‐| >     イ  |/
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,          でも何もしなかった俺なんかが、
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、         本当に玉座に着いていいのか?
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、
  ,.....--<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ‐、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|. ー ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| やはり武勇、才覚ともに劉襄殿の方が   |
|                          |
| 相応しいんじゃないだろうか……     .|
ヽ_________________/ 


88 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:19:14 SrVrhUPM


               ..-─- ..
            ,イ////////ヽ
        /㍉く//{ハ//∧//ハ         ヒャッハー!
          /  Y |/|≡∨≡ソ//|
         .′ .ノ |/l、 ワ ィ///!        今回も私の老子さま信仰のおかげよ!
         ゝ    ̄|/|>- </// :.
           ` ー|/| /ー一イ /V∧
              |/|{    //  V∧       みなの者、儒学なんてやめて
               川、`Y´{{{ i |//!
               }  |   | |//!       老子様の本を読みなさい!!
               |  |   ,l| l:川
                /≦ニ彡:/  V'′
            /   /|  ゝ.__∧
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                        -/  >―‐ 、- 、
                   '´    /     Y⌒ヽ
                   / /   /       )⌒ヽ、
                /    /  /    /   、}
                 ,′  /        '´    }  ハ
                  | /  /           /   /     \      ……陛下。
               j/  /   /イ /`/ /}  7人 }    ヽ
         ト、 __/   ,'  / { ィテ万乂ノ  ィぅト∨   ト   }
            \__,_/ {.  / ハ弋ソ ∠ ´ ヒリ ノ   /∧      過去が心もとないなら、今と未来にむけて
               //  八 {  {       '  ∠  イ/ j/
          / /  /  \ハ八    , ―┐  /  八 /      実績作りをすればいいじゃない~。
            { /  /       \丶、 ∨ ノ .ィ     丶\
            /   (         丶>‐r<\`     ) ヽ     そうすればいつかきっと
       /      >―‐-、     )卜ヘー)   /   ノ
.        (         /     }ノ  /ヽ / ̄   /ヽ. /      誰しも陛下を認めるようになるわよ~。
        \   / {    /   (   (∠ ̄ ̄ ̄\ ∨、 





90 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:20:34 SrVrhUPM


       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |                   母上……。
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{                    そうか……そうだよな!
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._                    過去はもう取り戻せないが
         ',     _  - ´.∨ ’        イ  }..|      _
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._           未来はいくらでも作りようがある!
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧    俺は劉襄殿の熱意を無駄にしない
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
 ,....:'’三三三} ニ{     ,:'ニ `ミ:.、::L__ノ ̄三三三三三l   |/ ,.:'’ニニニ/ニ∧    国を作ってみせるぞ!!
 l`ヽ三三三7ニ:∧   ∧三ニニ∨○三三三三ニニニ|  / /三三三∨ニニニニ}
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   劉恒は転がり込んできた幸運に驕ることなく、より一層身を慎み政務に当たった。

   無理を避け、いつでも民衆第一の政策は後世の語り草にも謳われることとなる。



91 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:21:41 SrVrhUPM


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   その政策を箇条書きすると以下のとおりで、質素倹約を常とし豪華すぎる建造を取りやめ……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――― 紀元前179年(文帝元年)、1月:天下の貧窮者の老人、孤児たちへ布帛・米・肉を賜り救援する。


――― 紀元前179年(文帝二年)、12月:国軍内で余っていた軍馬を整理し、過剰分は各国間の
                         連絡のため常に使う駅舎の方へ回した。


――― 紀元前178年(文帝二年)、1月:古来からの儀礼書「周礼」に書かれている藉田(お田植の儀式)を
                        復活させ、天下に農業の促進をうながす。

                     9月:年貢を半分に減税する。


――― 紀元前168年(文帝十二年)、2月:恵帝の側室たちを解放し、自由の身にする。

                       3月:関所の廃止。年貢を15分の1までに減税する。


――― 紀元前160年(文帝二十年)、5月:官の奴婢を放免して庶人とする。



92 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:22:24 SrVrhUPM


   当時、裾が長いほど豊かさの象徴とされた後宮の女官たちへ。 ロングスカートは悪!

   ミニスカこそ絶対正義!を唱え、贅沢を許さなかった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                            /    /                 !
.        __   _          _`     、ー‐ッ    /               /  /                '
    , 彡へ\'.ノ    ,, - = ニ "    >  二´__ イ::::二ニ=-、.       / /                   '
     | /ヽヽ.> >./ : : : :\  ̄¨'' 、   , -─‐/_. -‐ _ . \     //
    }  ,へ.>イ/ : /:.: : : : : : : :\     \,:'      }/ | r '"_.,,  \.   /          |          '
    .}  ‐、」 .| : : { : : : : : : : : : : :\     ',    / : `Lr´,-、   !/                |             '
     ',     { : : ',.:: : : : : : : : : : : : \  | ./: : : : : : `ー゙: l、 /                 {               '
      ,    ', : : :ヽ : : : : : : : : : : : :∧ .人 /: : //: : : : : : リ /                ',             ,
       ,     ∨ : : }` :、:_: : : : : : :_> ',´  / <:" : : : : :_>"                   ∨             ',
       ,    ∨ : :'、: : : 二ニ三‐─‐:` / :/.: .二ニ二./                      ∧          ',
         ,.    ∨ミ、ヾ/; ; ; ; ; >─->={_}<_; ; ; ,                       /  '              ',
       ,.    Ⅶミ 、:\; ; /;:;:;:;:/;:;:;:/;:;:;:;:;\;:;:;:;/                     /   ∨            '
       {;,.      Ⅷ} :ヽ: :`{;:;:;:;>";:;:;:;:/;:};:;:;:;:;:;:;:ヽ/                     /      ∨          ∨
        |;|,      .}: :|:: : ',: :ゝ;"; ; ; ; ; ; ' ; |; ; >; /                     /        ∨        __',
.      |;|.'     |;:;:|: : : }: : ∨;:;:;:;:;:;:;:;> /;:;:;:;::;/                     /        l ,     <  ∧
.      |;|∧   リ ./: : : :| : : |;:;:;:;>;:;:\/;::;:;:; /                     /           |∧ ./     ∧
.      |;|: ∧   //: : : :}: :.∧/ ;:;:;:;:;:/ ;:;:;: /                    /         | ',.∨.         
.      ∨;; ; `ー; ; ;/ : : : :l/. /;:;:|;:;:;:;:;/;:;:;:;: /                    /             |:::;, ゝ.         
       \; ; ; ;:/. : : /  ./;:;:;:;|;:;:;:/ ;:;:;:;: '                         /            |:::∧ ∨      
          `ー´─‐ '"   /;:;:;:;:;:|;:;/;:;:;:;:;:;::l                       /           }:::: ∧ ∨      
                 〈;:;:;:;:;:;:; ,' ;:;:;:;:;:;:|                   /            ':::::::: ∧ ∨      
                    〉;:;:;:;:;:;{;:\;:;:;:;:;{                   /             ∧:::::::::::::〉 ∨    
                 /;:;:\;:;:;:\; \:;∧                  /            ,:::::::::::::::::/.  ∨   
                   /;:;:;:;:;:; \;:;:;:`<`:、;〉                  / ヽ、           /:::::::::::::::/ .   ∨   
                    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\;:;:;:;:;: /               <::::::::::::::::≧. = -- z≦:::::::::::::: /
                    ∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;∧            ...<::::::::|::::::::::::::::::r:"::::::::::::::::::::::::::::::::> ´ 


93 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:23:10 SrVrhUPM


   そのため漢王朝の国庫は大いに潤った。 余った食料が食べ切れずに腐り、蔵の中で銭を

   まとめる紐が腐るほどだったという。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                               ∧__∧
_。:゚:。 。:゚:。 。:゚:。_。:゚:。 。:゚:。 。:゚:。                  .,.'⌒ヽ三ヽ__,( ´∀)
ヽ ̄/ ヽ ̄/ ヽ ̄ /ヽ ̄/ ヽ ̄/ ヽ ̄ /                 /ゞ_ノ三ノ/ (   O
/  ヽ /   ヽ /   ヽ/  ヽ /   ヽ /   ヽ      _______    .=/⌒ヽ=───'Y
ヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノヽ_ノ ヽ_ノ ヽ_ノ   /;:k:;:;;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;::;:)    ヽ,゚_ノ   し'(_)
'"''''"''''"'''"''''"''''"''''"''''"''''"''''"''''"''''"''''"''''"''''lニ l          iニi"'''''"''''"''''"''''"''''"'''''''"''''"''''"'
                              〈_〉          |∧_
                         /l         .|、,k|
                     ┌──┘ :゚:。     └──┐
                  /┌─┘    :゚:。:゚:。:゚:。     └─┐
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                   |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                  |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                   |::||./:゚:。:゚:゚:。:゚:。:゚:。゚:。:゚:゚:。:゚::。:゚:。|k:/、
                 ヽk二lニl二lニl二lニl二lニl二lニl二lニl二lニl二ニl|ノV 


94 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:23:39 SrVrhUPM


   また余談になるが現在、日本のみしか残っていない元号のひな型は劉恒の時代から始まった。

   しかし、その切っ掛けはガッカリ逸話からであった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――― 紀元前165年(文帝十五年)。

                           / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
                          /  ___  ヽ
                    / \     |  ii 恒iiii    .||    / \
                   (゚Д゚ )    |  《´∀` 》)  ||   (゚Д゚ )
                     (VVV )   こψ y φl, )  ||    (VVV )
                      |VVV,|  _| iソ ノψヾi   ||__ |VVV|
                    し⌒J/ / ノイヽ、φヽ、 /  /|し⌒J_
                __/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   //   /|____
               / /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //  /|
             / /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄     // ./ /
            /  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ / /
          /          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / /
          |ニ二二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二二二|/
               ∧ ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              (   ´):| 皇帝陛下に進言します。  |
               (     )ヽ___________/ 


95 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:24:22 SrVrhUPM


                       __
                    /::/
                     |::L,. -  .
                 /:::::::::::::::::::::::`丶
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
                /::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::\::.
                ,::::::::::::∧:::::::::::::::::::',::::::::::::::\
                 :::::::::::/-‐V:::::::::::::::::',:::::::::::::::「\
.      _         l:::::::/| ィぅr \|\::::::|::|:::|:::::人        俺の言う通り長安の東北に伝説の
.     /∧_         |∧:::ゝ       \|ハハノ}
   〈/ / }_ _      Ⅵ      ' '     ┌ヘ         五帝(黄帝、顓頊、帝嚳、尭、舜)を祀る廟
.     ∨ / / }       └ヘ     r‐- 、   / ::::ト\
.    | ,/ / /┐      |:::::\   ̄ ̄   イ ::::::|         (宗教施設)を作れば王朝の開運間違いなし!
.          / :lハ      ノィハ:::::l\   / |:::::ハ|
.      \   /V       ┌∨|   ` ´   |∨
             ′┌─'  ̄\ \       厂\
.         ∧     }/\     \ \    / \ \        きっとめでたい瑞兆があるでしょう。
.        {_{\ __ノ}    \     \ \     ∨/,}\
.       |\}_}_ノ   \ \     \ \    }/ |
.       |     |     :}   \      ̄}  厶ィ__}、
.        |    │         ̄ ̄ ̄ ̄  ̄∨      \
.              |                   |         ,
        l      |\  //            {_}       V  ′
         |      |  ∨/               | |      l|

             【新垣平(しんえんぺい)】

               趙国の占い師。



96 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:25:39 SrVrhUPM

            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N     ……開運とか、めでたい瑞兆なんて
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|
             |ヘ ヤ!                  |://!     ハッキリしないものに予算出したくないなあ~。
             |:∧゙|        ゙        /∧|
             |' トヘ             u /7
              ∨ヘ                   /:ノ       具体的にどんな良い効果があるか
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ
                }∧:へ           イ:И         説明してくれよ?
               ,,, - ‐| >     イ  |/
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、
  ,.....--<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ‐、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ、
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!          開運に、めでたい瑞兆!?
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ            まあ!これ以上運を開くことができるの?
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!             陛下!さっそく作りましょうよ。
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|              私も、皇太后さまも人相見のおかげで
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
.   ,'           i:::,'ヽ.   ,:|_」ト、  i::::::|      |        運が開けたんですもの、信じなきゃ!!
.   !  ヽ       |::i トヽ// i ヽ \i::::::|       / i 


97 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:26:29 SrVrhUPM

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::、        そうそう!皇后さまの言う通りです。
     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::::::::!ヽ|  ヽ::::::::::::::::::::::::::、
    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ! \:::|    ! l::::::::::::::::::::::::::::::`>
    l::::::::::::::::;::::::::::::\:::::::! `  ヽ! //:::::::::::::::::::::::::\´      お二人の馴れ初めが神秘的なものでしたら
    ヽ::|\:::!`丶、、:::\ー丶       r ´ Y::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ヽ   )      ̄          !   !::::::::::::::::::::::::::::::!、:!     一つぐらいこういうのがあってもいいでしょう?
       く、             /  l:::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ
           `ヽ_ /         /    !::::::/ヽ::、:::::::::::::|_
           ヽ         /    ヽ::/、! ヾヽ/ ̄ ̄`!
            ヽ       _        ヽ,-‐'"´      ヽ__
                 丶_ , -‐'" ̄\    /      / ̄ ̄ ̄ ̄
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|              う―――――……む。
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|                 無駄遣いにならなきゃいいが、
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._
         ',     _  - ´.∨ ’     u  イ  }..|      _         まあ一つだけなら試してみるか……。
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
 ,....:'’三三三} ニ{     ,:'ニ `ミ:.、::L__ノ ̄三三三三三l   |/ ,.:'’ニニニ/ニ∧
 l`ヽ三三三7ニ:∧   ∧三ニニ∨○三三三三ニニニ|  / /三三三∨ニニニニ} 


98 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:27:19 SrVrhUPM


   無駄遣いを嫌う劉恒だったが、確かに不思議な運に守られたような存在が母親や嫁にいれば

   心が動いてしまうもの。 新垣平の言うとおり五帝廟を作らせたところ……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               .   Å
                  ヨ凬E
                //\\
               /∠^卉^\\
             //;;;::   :::;;;\\
            //;;;;::____::;;;;\\
         _,,.-''゙//__________ヘヾ-..,,_
    _,,..-‐''"んんんんんんんんんんんんんんん "''‐-..,,_
  匀劜んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん匀
       \| |丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗卍丗| |/
        | |;;;;;;;;;;;;;::::::::::::'''''''''''''''''':::::::::::::;;;;;;;;;;;;;| |
  _,Å、    | |;;;:::::::::::::;;       :::::::::::::::::::;;;;;;| |     ,Å、
  _]立[     | |;;:;;;;;:::::              ;::::::;;;;;| |     _]立[
  〉-〈    | |;;::;;;;;;;;:::           ;:::::::::::;;:| |    〉-〈
  〈  ,〉    | |;;::                ::::::;;| |    〈  ,〉
 .| ̄ ̄|   l二l  ;;;;;;;;;;;;;;;::::    :::::;;;;;;;;;;;;;   l二l    .| ̄ ̄|
_| ̄ ̄ ̄|   |  |  ;;;;;;;;;;;;:::::    :::,::::;;;;;;;;;   |  |   | ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄/ ̄ ̄/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヘ ̄ ̄ヘ, ̄ ̄ ̄ ̄
  /   /「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ̄lヘ,   ヘ,
 /   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヘ,   ヘ,
/   /「 ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ヘ,   ヘ, 


99 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:27:58 SrVrhUPM


                     ┌─────────────┐
                     │          ,========、  │
                     │        |i:.¨ ̄    ̄¨.:i|  . │
                     │         |i:  人主延壽 :i|  │
                     │         |i:          :i|   │
                     │        |i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i|  │
                     │        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  .│
                     │        \:;;;;;;;;;;;;;;;;;/   │
                     │         ,ヘ''r;,:;、<    │
           __       │         〈入( ヘ\ \  .│
           //   ヽ        .│          ∨(ヘ ヽ    ヽ │
          ,||| ___     .│            ヽ| i ヘ    | │              ∧
           |||| iiiii 恒ii     .│            | |',      i │                |__|
         ||||| (《 ;゚Д゚》    .└─────────────┘            ./ \ ||
         ||||| ≧つ§iつ ________                         (゚Д゚ )|!
         ||||| ,,| ̄|| l__)||           /|__                  (VVV ,0
         ||||| |  ||_)...||           / /  /|__ ∧ ∧           |VVV| ||
        /                 / /  / /  /|(´∀` )______ し⌒J ||_
      /                 / /  / /  / /(XXXX )        : : : : : : : : : : : :
      |器器器器器器器器器器器器|/  / /  / /  ( (__ J       
      /二二二二二二二二二二二/| ̄ ̄|/  / /
     |器器器器器器器器器器器器| .|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   /二二二二二二二二二二二./ / ̄ ̄ | 寿命が延びる効果がある玉杯が見つかったよ。   |
    |器器器器器器器器器器器器|/     |                                  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       | やったね!陛下。                    |
                            ヽ_____________________/ 


100 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:28:52 SrVrhUPM

          /: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : _\
          /,.-'": : : : : : : : :,イ: :::: : : ヽ: : : : : : : : : : : : : ::|`ヽ
           / : : : : : : : : : :/:/ | ::ト、:|: : |::、: : : : : :|: : : |: : : :ヽ
          /: : : :,i: : : : : :/|/`ヽ:::| ヽ!、::|::::ヽ!:: : :/:: : ::|: : : : ::';
          |: : : ::::|: : : : :/_/二ニミ、=-::|,.、:::|::: :/|::/|:/|:: : : :|、:';
          |: : :_:|:::: : :/〈   ・ ヾ   ヽハ:/彡-、 | : : ::| ヽ!      うおおお!?まじか?
        /: :/-、 |:::::: リ   ̄ ̄ ̄`      ´ ・ ノ |::: ::|: |
        |:: :| i ヽ|::ト、:|   从从        ̄`   リ:::: |: |        五帝廟の効果すげぇぇええ~!!
        |ハ::| ヽ}ヾヽ!           ゝ 从从 彡::/ヽ!  
        | ノ::ヽ {    u               |:::/
         |::::::::|`ー,                  ∧(          良い忠告をしてくれた新垣平には
         |:ハ::::|  ';   u             /
           |:::|  ヽ、    `ー==ニ二フ  /            上大夫の官位を授けるぞ!!
           |::,|    `ヽ、             /
           |/|!      ``ヽ、       /
         ,.-━┷==、      `ヽ、_/
         |::::::::::::::::::::::::::: ̄``ー┐   |、___
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   その後も新垣平は劉恒に 「周王朝の滅亡と共に紛失した、伝説の神器・九鼎が出土する」 等

   怪しげな事を吹き込み、信じ切った劉恒はこの年を記念する称号(元号) 「後元」 を作った。

   新垣平の話が本当なら、イイハナシダナーで終わったのだが……



101 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:29:33 SrVrhUPM

           i      i  i! ヽ、 _ノ
           'i      'i.   i!::::::::`i
            i      |   ヽ、..::i        _/\/\/\/\/\/\/|_
            ゝ     ,i    ー'         \                      /
            `i----―,'、             < 陛下に報告いたします!  >
            ノ:::::::::..... .i!i              /                      \
           /     //               ̄|/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
            i'     _//
           i`―---'_/
            ̄ ̄ ̄
            ┏┓    ┏┓    ┏┓
            ┣┫    ┣┫    ┣┫
.                 ┃ ッ     ┃ ッ     ┃ッ ・・・・・ ・ ・  ・ 


102 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:30:00 SrVrhUPM



 間者\             新垣平は地元では知るものぞ知る詐欺師で
 ~|/゚U゚|/
  / y⊂)            きゃつは先の玉杯を己で仕込み
  U〉  ⌒l 
/(__ノ ~U            第三者に拾わせ、陛下を欺いたようです!!

∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       /         /     /l ∧          ヽ
        ̄/   l        /   /.l /: :∨          ∨
         / .     l    /  /  /_  -=-、: :        _     .∨
         .7    l.∧ /  /-= ケ´   ゚ 广:     ./_ヽ    ∨
        /.   ∧l_ ̄_` /       -===´ : : l    ./ / l l  l\{        なん……だと?
          /     {i  ゚ . : . .    /: : : : :./ イ ./ /   l  l  `
         l .∧  `=-/: : : : \/: : : : : : /  | ./  〉.  /
         l/ . }ハ  〈 : : : : : : : : : : : : : : : : :}/: : : : ./   |          俺、まんまと騙されたって
         l     !   ヽ : : : : : : : : : : : :U: : : : : | ̄}    l
             .    ̄/: : : : : : ノ}: : : : : : : :./: :     ∧{          こと?
                ゚.   _ > -=   /: : : : : : /  }ヘ   l `
                  \ ヽ}-  _ /: : : : : : : : : : : : :.} .∧{
                 \ ` ̄>: : : : : : : : : : : : : : :ヘ{ `
                  '.  /: : /: : : : : : : : : : : : : : l
                   ` ̄´ Ⅵ : : : : : : : : : : : : : : .
                         l : : : : : : : : : : : : : __'. 


103 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:31:09 SrVrhUPM

     / .:.:.:.:.:. /}//     / , .:'’´ ̄ ̄`.、 }∧.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
    /.:.:.:.:/.:.:/ /_ \   _ /∠_ _ -≦    ',.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ   _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
. /  .イ.:.:.:.:.:l ./´¨`ヽ   -=  ̄≦=-  _      ',| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |   \                                  /
      l.:.:.:.:.:.:} {、_ 彡´ j                   | .:.:.:.:.:.: / .:.:.:.:.: |   < 新垣平は三族皆殺しだぁああああ~!! >
.      |.:.:./.:.:| E壬'’ j}       _ヽ         l.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.: |   <                            >
     l. イ.:.:.:.|       _ _-=≧ヘ        ,'.:.:.:.:.:.:./. `l.:.:.:|   <                            >
     / . |.:.:.: l   | _≧´        .ム      ,'.:| .:.:. //   .|.:.:.:|   < 15年前に妖言で族滅はしない法案を    .>
        }/.:.: |   |:{  ,.≦´三 ̄:≧、.ム.      / |.:.: / { _ - l .|.:.:.:l   <                            >
.       / |.:.:.!   |:ヘ 寸三三三三∧_ム    ´  |.:./ う   . l.:.:.,'   < 作りはしたが……                   >
        }∧l  、| ヘ 寸三三三三三ム|     }/  .l  ./ /.:./   <                            >
        ´   :.  ':i  ヽ/三三ニ/  ̄ :.}i:、       ,  し /.: /    < 奴だけは例外を適用するっ!!       >
          ∧  ':.   /     , : ' ’∧       / ヽ_./.:.:. /     <                            >
.            ∧ . ', /7   _ - ´ _/       ,/ ./.:.:.:.:.:.Ⅳ     <                            >
             ∧ ',∨ ̄  _ 彡 '’       シ , /.:.:.: ∧{      < 俺に無駄遣いさせやがって……        . >
            ':  `¨¨¨¨¨´       _.:≦’ Ⅳヘ.: /        <                            >
.               '!            _  -≦´    Ⅴ }/         < 絶っっ対に許さんぞ―――――!!!   >
             ':.、  _  -=≦´          ┝:―-    __   /                                  \
.                ̄ マ             _  -=≦三 ̄ニニ三|     ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
                 _≦}       _:ニ三 ̄三三三ニニニニニ|
              _ -ニ]|.∧     |三三三三三三三三三ニニ|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   劉恒は温厚な人柄で、少々他人に侮辱されても怒らないがこの時だけは我を忘れた。



104 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:33:45 SrVrhUPM


   劉恒の治世の間、重い刑罰を受けたのは元号の生みの親ともいえる新垣平ぐらいのものだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                 /\*
                                 / /
                                 | /
                                _|_|_         始皇帝を騙した方士・徐福の真似が
                                (ミ゙∧,,漢
              ∧_∧              (^(ω・´ )      したかったのか?
             (  `ω)     新垣平     丶_ノ )
             (    O\__(Д`; )     Y  人.      けど相手が悪かったな!
             | | |      (三三 )    (_)ヽJ
             (__)_)     (__(__ ̄)

∧∧ ∧_∧ ∧∧ ∧_∧∧_∧  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧∧_∧
(   )(    )(   )(    (    ) (    )(    ) (    (    )
(  .)(    .)   | |   (     | (    ) (    ) (     (     )
..|  | | | | |  |..| | .|  |  .| | | | | | |  |  |  |  |  |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 


105 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:34:57 SrVrhUPM



   他にも逸話はあるが、今作の主役は猗房なので時間を巻き戻し、文帝元年ごろの

   話に戻るとする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                           / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、
                          /  ___  ヽ
                    / \     |  ii 恒iiii    .||    / \
                   (゚Д゚ )    |  《´∀` 》)  ||   (゚Д゚ )
                     (VVV )   こψ y φl, )  ||    (VVV )
                      |VVV,|  _| iソ ノψヾi   ||__ |VVV|
                    し⌒J/ / ノイヽ、φヽ、 /  /|し⌒J_
                __/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   //   /|____
               / /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/    //  /|
             / /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄     // ./ /
            /  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ / /
          /          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / /
          |ニ二二二二二二|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二二二|/
             /⌒',
            /___',
           r:.、 ,.:'´ __O__`ヽ.,.:┐             陛下!竇皇后さま!吉報でごじゃる!
          { ヽヽ.イ⌒i⌒i゙ イ /ノ
           ヽ、>"| ・ | ・ j ヽ'ノ
          ,,;'''u `ンヽ´  ヾ:.、             皇后さまの弟を名乗る者が
    ,:‐:、,--、,(9__,(:.:.:.:.:.:)..._9';,
    {   |   } _,..-''"`ー‐'´゙`ヽ、   ;;,            現れたでごじゃるよ!
    ! ⊥ /丶、         >、;;;__(⊂:)
  ,-(´`y'⌒゙、 ,.< `` ー---‐ ' ´  > )}、 ̄´
  {ー'゙ー^   人_ `ー--t┬j--‐ ' ´ ノノ、久
  }ミー--ク' ヾ:゙`ヽ=‐----‐;:= '"´´  '; ヽ 


106 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:35:32 SrVrhUPM


           ,..:.:´::::::::::::`´:::::::`::...       _//
           /.:.::.::::::::::::::::::::.:.::::::::::::::\      // \/
.           /.:.:.:./.:::.:::::.::::.:::::::::.:.::.:::::::..:.:.:ヽ        /\
        ,'.:i.:::::i.::.::!.::::!.:::i.::::::::i.:!.:::!.:::::i.:::!:::.、
          i.:.:i.:::::!.::::i:::::i.:.::i:::::::::i::!::::!::::::i.:::!:::i::.          まああ!
          !.:.:!.::::i.:.:::!:!:ハ::∧:::::ノ::!、:i、:::::}::.!:::i:::!
.        |.:.:i::::::|.::/十‐リ )イ::ナ十)イ.::.!:::i:::!
          ∨.::::::i/'T::。Tヾ ノノ'T:。T; i::j:::::,' ノ          嬉しいことは続くものね、
            ヽ.:::::ゝ `¨¨   i   ¨¨´ノイ:!、i
             i.:.:::i :::::::::::   !  :::::::: ,'.:.:| ノ           やっと、やっと会えるのね……。
             |.:.:∧     '     /.:.:.|
             |.:.:i::::\   ` ニ´ /!.:.::::!
             |.:.:乂:::ri`  .. _ ..イ、 |.:.:::ノ
.           j.:.:::.::X| ̄`ヽ ,'´ ̄トj.:::イ
           ノ.:::i.:::::::iヽ   i,'  ∧!/::|
.   /´ ̄ ̄ ̄ ̄ノ.::::八 ___r=、___ノ:::::! ̄ ̄ ̄`ヽ
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|                 しかし……なあ。
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|                    朕らが偉くなってから急に姿を
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._
         ',     _  - ´.∨ ’        イ  }..|      _            現すなんて怪しい。
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._      騙りの詐欺師かもしれない。
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧   朕が対面して真贋を見極めよう。
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
 ,....:'’三三三} ニ{     ,:'ニ `ミ:.、::L__ノ ̄三三三三三l   |/ ,.:'’ニニニ/ニ∧
 l`ヽ三三三7ニ:∧   ∧三ニニ∨○三三三三ニニニ|  / /三三三∨ニニニニ} 


107 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:36:29 SrVrhUPM

            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|      君は物陰に隠れ、そこから彼の発言が正しいかを
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|       判断し、教えてくれ。
             |ヘ ヤ!                  |://!
             |:∧゙|        ゙        /∧|
             |' トヘ               /7         本物だったら臣下として召し抱えるが、偽者だったら
              ∨ヘ                   /:ノ
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ          不敬罪で処さなければならない。
                }∧:へ           イ:И
               ,,, - ‐| >     イ  |/            たとえ他人でも弟を名乗るものが、眼前で処刑される
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|          こととなったら好い気はしないだろう?
              ,....<ゝ、:::::::::::::::::|    |:::::::::::::::::::::ト、
           ,....:<´:::::::::::::::::::ゝ 、::::::::|__|::::,,, -‐ ' ´:::::>ュ、
  ,.....--<´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ‐、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>ュ、
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
  ///:::::l|::::::::i:::_::〉 ‐..-::ヽヽ:::::::::||:::::::::::::::::::l:::::::::)
  /Li〈___lL -=|-:::::||::::::l:::ヽヽ::::::::||::::::::::::::::::|::::::f
  |r::| r::::|f::::::::|::::::::|ト::::j、::::| |::::::::::l|::::::::::::::|:::|;ノ
  |::::| |:::::|i::::::::|:::、:::|| !:j_|:|i:| |::::::::::||⌒:、:::::|:::|
  |:::::l i:::::|、:::::::|::| i::|ィ/_ノ」ノ |::::::::::|| 、´ l::::|::::|l           ま、まあ……。
  、ト::ヽ、:::i-、:::、〈´|r'戈_;}/'| |::::::::::||' ソ/:::|:::::::|l
  ヽヽヽ、代:ト ゝ  ´   | |:::::::::::||´,イ:::::|ヽ::::|l          そこは陛下にお任せします。
    `'.|`l´ |       | |::::::::::||´::::::::::lヽヽ:l'、
      ||::〉 ノ       | |:::::l::::|||:::::::::::::|l:ヽヽヽ
        ||:::ヽ`   _   ! |:::::|::::||||:::::::::::::|l::::\i
       ||::::::::::\ ‐    | |:::::l::::l||コ、::::::::::::l 、::::::
      ||:::::::::::::||ヽ__, ィ| |::::::l:::|||  廴:::::::::l 、:::::
      ||:::::::::::::||:::::::::::::! |:::::l:::||:|   `_、-::_ゝ、:
      ||::::::::::::|| |::::::::_| |::::::l:::l|:|_,. -,´r‐ '' ´_ニ 


108 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:37:28 SrVrhUPM


   そして、対面の日が来た。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三  ,、, _ __,、,
      | 直言を許す。 |三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三 (,," " ヾ)
      ヽ______/三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三 (从,从)ミ〉
           ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三 .|l、゚ー ゚|!|"|
           ||三三三i三三三i三三三i三../ ̄ヽ、..三i三三三i三三三i三三 .,ツ|イ亦|イア、
           ||三三三i三三三i三三三i/ ___丶三i三三三i三三三i三三O〉j`介´',〈O
           ||三三三i三三三i三三 . |   ii 恒iiii  || .i三三三i三三三i三三´´ノ、ヒヒ!,、〉``
           ||三三三i三三三i三三 .|  《´∀` 》) || i三三三i三三三i三三
           ||□■□■□■□□ . | ψ y φl, )  || □■□■□□■□■
                        _| iソiソ ノψヾi  ||__
                       ____ / /:ノイヽ、φヽ、 /  /|_'/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      /  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/   // | 嘘偽りなく汝の名と出身、これまでの経緯。   |
                    /    |_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄|/   |                              |
                  /       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ ̄    /| そして姉について覚えていることを述べよ。  |
                  |二二二二 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 二二二二二|/ヽ___________________/
               ∧ ∧ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              (   ´):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.::..:.:.:./   ./漢\||
               (     ):.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    (゚Д゚ )|!
                (_○__):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./      (VVV ,0
            /:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/        |VVV| || 


109 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:38:12 SrVrhUPM

  |  |    | |゙.    |  |┃            .┃|  |    | |   |  |
゙ヽ|  |    | |゙.    |  |┃             .┃|  |    | |   |  |
'‐f|  |――| |f┬─‐|  |┃                ┃|  |ト─f┬| |──|  |
゙゙゙||  |    | ||..|...  |  |┃   ┌lf⌒tl┐    .┃|  |.   |..|..| |    |  |
゙゙゙||  |    | ||..|...  |  |┃    |┌Π┐|     .┃|  |.   |..|..| |    |  |
゙゙゙||  |    | ||..|  _,,-‐''´/三// 三三三ヘヘ三ヘ`¨゙''‐,,_  |..|..| |    |  |
゙‐||  |――!,,,,!  ,,''´   /三// 三三三三ヘヘ三ヘ   `¨゙',, !!,,!──|  |
.. ゙゙゙゙゙        ̄ ̄ ̄|三 | |三三三三三| |三.| ̄ ̄ ̄       ゙゙゙゙゙
                /_二二二二二二ヽ


                   , 、
                _ Jし:::いノ∠ ,
               _>_`-Y  -'<
               >  ,、フ 个 ヽヾ::∠       ははあ~。
               フノいr--ヘ}::::::と
                小___厄_」リ小^
             rイ⌒lリ t志x‐.f志テル
           / /   ハ7  _ {  「:ソハ、
           」  |    い、'ー::一 :/:::::::::::::>、     姓は竇、名は広国。
          / |  |__ lミぅ=イ :::::::/   l
        rイ  l   /  l  ∠_:::::/ /   }     趙国、清河郡観津県の
       _{ l  k::∠_ _ V   {:::{V   八
      { {  ヽ ):::::: ̄/      Y:V  /  |     生まれでございます。
      入  \ Vn::::::∠―――――:::::::l /   l
     /  ⌒ヽゝJ |::::::中:::::::::::::::::::::::::::::::V/   )
     〈_     \l:::::中:::::::::::::::::::::::l!:::::}/   ノ::)
    厂   \    >、;中:::::::::::::::::::::::l!::::ノ_,、-'゛ノ:ハ
   /     L)  /  VJL::::::::::::::::::::i!∠_,、- '´  :::)
   /.::   〈::l:::::`Vハ   V `――― マ∠_ :: ::∠//

            【竇広国(とうこうこく)】

            竇猗房の弟。16歳。



110 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:38:40 SrVrhUPM


                   r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'ヽ
                  (  わからない……十年以上も離れていると .)
                   )                            (
                  (  面影は当てにならないわ。            )
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ        丶~'⌒'〇'⌒'~⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´
| ・・・・・・・・・・・ |              O
ヽ______/              o

                              ||三三三i三三三i三三三i三三三i
                  _  _        ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、    ||三三三i三三三i三三三i三三三i
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉 ||三三三i三三三i三三三i三三三i
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            |:.:.:.:从      !    u  //:.|:.:.!  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ\||三三三i三三三i三三三i三三三i
              || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.||三三三i三三三i三三三i三三三i
     __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´||三三三i三三三i三三三i三三三i
      |: :|     |: l:. |.  \\|_|_,.イ:.:.:.:.:| ,/  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
      {: :|     |: l:. |   /¨7| rイ |:.:.:.:. | |  ||三三三i三三三i三三三i三三三i 


111 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:39:43 SrVrhUPM

     >     /              >
  <      /二二二二二| | |   <
   ∠  /V  ∠@フ   V\|    \      これまでの経緯は、12年間ものあいだ12回も
     |/  |______ |  \| ̄ ̄
     |/ \_}  |_/   \_|          人買いの間を転売させられました。
     r| | r==、}   , ===v  | /^}、
      |:| |へ ´       へ |/ |: :ヽ
     `レ|: : |  | _   |: : | 厶.人__|        けど今の主人にはとても良くしてもらっています。
       |: : | ____ |: :/ | ヽ
         \l └ ‐‐‐‐^ レ/.|V
____/V\ ___ /  / ヽ
     /   |       / 〈|   |\_
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| なんでも落盤事故を1人生き延びた俺の  |
|                            |
| 豪運に惚れた~とか、諸侯になる相だ、  .|
|                            |
| とか言われてね。                  |
ヽ__________________/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        |.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        l .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:. l/.: / :.:.:.: /|∧ .:.:.:.:.:.: |
        |.:.:.:.:.: , 、.:.:.| .:.:.:.:./:. /:.:.:.:.: - ニ_l.:.:.:.:.:.:.:.|                 ( この短髪とゴツイ身体付きから
        }∧ /  `_ ̄__フ.:.:.:.:.:.:.:/}/ _ ’ノ:.:.:.:.:∧{
.          ´  l〉  /´_./´ .}八{Ⅴ}/ ' `¨   ∧.:!ヘ{                    ……奴隷として肉体労働を
         j'’ ム'’ .ヽ/             .l.:|                    
          〈´ j   ,. : ' ’`ヽ   _       ,:.{:._                    してきたようだな。
         ',     _  - ´.∨ ’        イ  }..|      _            
         !       _ノ } _ ―-  ,.:'’.L ,勹|    //i:i≧:._
            i.      Ⅳ.ン´.、    / _ -=三ニ|=-  _//i:i:i:i:i:i:i:≧-...._       嘘を言う人間には見えんが、
          ',      |´:=- _` - ´ _-=三ニニソニニ7`:7:._i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>、
        _ .:≦}       l三三ニ|   「三三ニ ,.:'’三ニ:7 /ニ/  ,=-  _//i:i:i∧    肝心なのは次からだ )
    _ .:≦’:ニ/´l     /:._三三|   . lニニ_.: '’三ニニ7  |::7  ./三三ニ≧:. _i:|
 ,....:'’三三三} ニ{     ,:'ニ `ミ:.、::L__ノ ̄三三三三三l   |/ ,.:'’ニニニ/ニ∧
 l`ヽ三三三7ニ:∧   ∧三ニニ∨○三三三三ニニニ|  / /三三三∨ニニニニ} 


112 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:40:43 SrVrhUPM

            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
            / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
           /: : : : : :∧:∧l : : : : : : : : : : /l: /l: | : : : : l
           l/!: : : : :| ヤ^キ\ト、: : : : イ/‐|/-|∧: : : : :|      経緯はもういいから
               | : : : : |,r‐ ┰ -、 \l!ノ' ,r‐┰ -、l: |: : N
            ノ1 A: N`ー -‐ ´   ´  `ー -- '' И:ム|       姉について教えてくれ。
             |ヘ ヤ!                  |://!
             |:∧゙|        ゙        /∧|
             |' トヘ               /7        ここからは一言一句心して
              ∨ヘ                   /:ノ
               ∨ゝ、  -=ニニ=-    ノИ         答えるように。
                }∧:へ           イ:И
               ,,, - ‐| >     イ  |/            
                |`≧┴ - 、, ` ´ __ ,,,l二ニ-,
                 |:::::::::::::::::::::::l   f:::::::::::::::::::::|         
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
                   , 、            
                _ Jし:::いノ∠ ,
               _>_`-Y  -'<
               >  ,、フ 个 ヽヾ::∠        へえ。 姉との記憶は……そうそう、
               フノいr--ヘ}::::::と
                小___厄_」リ小^        幼いころ姉と一緒に桑の葉取りに行って
             rイ⌒lリ t志x‐.f志テル
           / /   ハ7  _ {  「:ソハ、        木から落ちました。
           」  |    い、'ー::一 :/:::::::::::::>、    
          / |  |__ lミぅ=イ :::::::/   l
        rイ  l   /  l  ∠_:::::/ /   }     あとは……姉が長安の宮殿に仕えるため
       _{ l  k::∠_ _ V   {:::{V   八
      { {  ヽ ):::::: ̄/      Y:V  /  |     私ども家族を残して西へ去る時、伝舎で
      入  \ Vn::::::∠―――――:::::::l /   l
     /  ⌒ヽゝJ |::::::中:::::::::::::::::::::::::::::::V/   )    髪を洗い、上等な食べ物をくれました。
     〈_     \l:::::中:::::::::::::::::::::::l!:::::}/   ノ::)
    厂   \    >、;中:::::::::::::::::::::::l!::::ノ_,、-'゛ノ:ハ
   /     L)  /  VJL::::::::::::::::::::i!∠_,、- '´  :::)
   /.::   〈::l:::::`Vハ   V `――― マ∠_ :: ::∠// 


113 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:41:26 SrVrhUPM

                              ||三三三i三三三i三三三i三三三i
                  _  _        ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              __,ィ'´彡―Y―-ミヽ,_,.、    ||三三三i三三三i三三三i三三三i
                rイ//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:マ┐  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            rク/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:i:.:.ヽ:.ヽ:.ヽ:ハ  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            {:/:.:/:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:i:〈  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
             /:.:.:{:.:.{:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.:ト:〉 ||三三三i三三三i三三三i三三三i
           {イ: :.|:.:.!:.:.ト:!:.:..:.:/:.}:.:从|:.:.}:.:.:.}:.}  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
               ||:.:い士辻弍.:.:.l/ナ仕辷|:.:.//|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
             》、:.:.弋伐ツ` ∨彳イ伐ソリ:イ/:.:|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            |:.:\ミ  ̄  :,    ̄ 彳|:|: :|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            |:.:.:.:从      !    u  //:.|:.:.!  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
            /:.:.:.: |:.:\  -_-   ,イ:/:.:.|:.:.|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              i:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:>、  `   イ_l/:.:.:∧:.i  ||三三三i三三三i三三三i三三三i
              |:.:.:.l: :|:.:.:.:.|{___`¨´_rリ|:.:.:/:.ハ\||三三三i三三三i三三三i三三三i
      。       || :.:l: :|:.:.:.:.|| ̄Y.r' ̄ ̄ |:.:.:|/:.:.:|:.:.||三三三i三三三i三三三i三三三i
    o __,..-┴r:.l.: |-rイ{、 || |   /:.:.:.ト--ァ'´||三三三i三三三i三三三i三三三i
~~O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         人
        `Y´
              i
            __人__
             `Y´
             !
                      やったあ! 馬臭いけど綺麗になったお。
        ,、‐‐‐‐,、
〃   /●   ● \   ミ      あと吐きすぎて、僕はらぺこなんだおー。
 /⌒ヽ|⊃ (_,、_,)  ⊂|/⌒i
 \ll|l     ヽ._)  l|lll  /
  人l||l       |l||l 从 パンパン
  ( ⌒ )      ( ⌒ ) 


114 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:42:02 SrVrhUPM


     ____
    /⌒  ⌒\   i ̄ ̄ ̄i    ウメーウメーお!!
  /  ●   ● \.ヽ____ノ
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|./⌒i      姉ちゃんここでこんなの食べてたの?
  ヽ    (_.ノ   ィ’  /
 .Y   v、 ..__             羨ましいお。
 .乂_   ).二ニ=
     . ̄
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:::::::/:::::::::::::/::::::::|:::|::/  .|:|:i::::::::::|:::::::::::::::::|::|   .i|           .i |:|
::::::::/::::::/::::::::::::|::|/   |::||:::::::::|::::::::::::::::|:::|   |!            |リ
::ム"::::::::/::::::::::::::|::|'    |:|:|::::::::|::::::::::::::::|::|  .|!            .{
/::::::::/::::::::::::::/|::i    |i|:|::::::::|::::::::::::::::|:|  .|!             .>
:::::/::::::::::::::::/ |:l    .|:|i::|::::::|::::::::::::::::|i   |!           ./    広……国……
/::::::::::::::::/  |:l     || |::|:::::|::::::::::::::::|   i !    _      /
::::::::::::::::/`ヽ、.|:l     || .|:|:::::|::::::::::::::|   {_j    `゙゙‐‐., --ィ
:::::::::::/三三 //ヽ、    || ',:',::::|:::::::::::::|        ./::::::::::|
:::::/三三三//三三`゙ 、 || .ハ:',::::::::::::::::|ヽ、     ィ"::::::::::::::|
/三三三 //三三三三三.||〈 .ヘ:',::::::::::::::|  `ヽ、 / .|:::::::::::::::i   ツウー
三三三//三三三三三 || }i ヘ:',:::::::::::|       |::::::::::::/
三二-"<三三三三三三 / X|  ヘヽ、::::::|       |::::::::::/
、三三三三三三三三三 ./ /:::|  ヘ::`ヽ::|       .|::::::::/
、ヽ三三三三三三三三__i_j:::::|i_   .ヘ:、:::ヽ、      |::::::/
 ヽヽ三三三三{      ノ)  ヽ  ヽ、:::',      |::::/
三 ヽヽ三三三 .l __,... -イ|.ハ`ヽ、i    ヽ、    /ム" 


115 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:42:30 SrVrhUPM
 
     /: .: .: .: .: . : ./    _,,.-‐''"    / /         / ̄||           |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: . _,,.-‐'': : : : :  三 二 ニ ―     /  ||   | ̄|| | || | || |: .: .: .: .
    /: .: .: .: .: .: .//:: : : : : : : : / /     三 二/  || ― |  || |_|| |_|| |: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : : : : : / /         /  ||    |  ||  .|   |: .: .: .: .: .
   /: .: .: .: .: .: .//: : : : ヽヾ`;;:} 三 二 ニ ―    /__||    .|  ||  .|   |: .: .: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .//: : : : Z::::Z,,, / /        = ̄     .|_|| 三 二 ニ ―: .: .: .
  /: .: .: .: .: .: .// : : : : <:::::::ヽ:::>'                       _ l   || ̄|| .: .: .:
 /: .: .: 三 二 ニ ― : : <:::::/ ̄,                       |_||   / // .: .: .
_/: .: .: .: .: .: .//: : : : : Z:::::{                        l  / // .: .: .
/ : .: .: . : .: .:,'/: :  _,,.-‐>::::::ヽ                       __/ //.: .: .: .: .
: .: .: .: . : .: //_,,.-‐''":  Z:::::}ヽ、::::{、                         |___// .: .: .: .: .
: .: .: .: . : .://: : : :  ノ/ /ー/ヽ                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: . : // : : : : : :  / /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: .: .: ,'/ : : : : : : : ./ /                        |   |: .: .: .: .: .
: .: .: . : .:l | : : ―二: : ./ /                         |   |: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .{ l: : : : : : : {  {                            |   |: .: .: .: .: .: .: .
: .: .: . : .| |: : : : : : : |  |                              |   |: .: .: .: .: .: . 


116 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:42:54 SrVrhUPM

                ____
                 .:´::::::::::::::::::`:..、
          , -く::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    _/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
         .ィf::::::::l}:::::::::::l:l::::::i:!::|!:::l:!:::::::.    \                              /
         {{:廴:::イ::::::::l!从{::从ハ从:l!::::ト   < 広国―――!!               >
         爪:::::: |::::::i: ◯    ◯|ル丿   <                        >
         //:::::/::|::::::l::|| |      | ||:::i    < 貴方は本物の広国だわ―――!! .>
.        //:::::/::: |::::::l::|| |   ⊿ | ノ:::|    /                               \
    _ イ::':::::イ:::::::|::::::ノ≧=====彡:‐┴┐    ̄\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
    >==::::":::::::::ノ:イ\    ノ/ : : >r‐'
    ≧==:::/:::/::/{: : :厶斗": :厂「|:::::::!
.       /:::::::_::/:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:イ:::::j !:::::ノ
   r─≦:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>─‐:∧::::/〈:イ
.   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.</{{_|:.:.:.:i }/
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
     >     /              >
  <      /二二二二二| | |   <
   ∠  /V  ∠@フ   V\|    \
     |/  |______ |  \| ̄ ̄     姉……上……いや、姉ちゃん!?
     |/ \_}  |_/   \_|
     r| | r==、}   , ===v  | /^}、
      |:| |U ´      Uへ |/ |: :ヽ      ずっと、ずっと会いたかったぜー!!
     `レ|: : |  | _   |: : | 厶.人__|
       |: : | ____ |: :/ | ヽ        みんなとはぐれて、ずっと寂しかったんだからな――!!
         \l └ ‐‐‐‐^ レ/.|V
____/V\ ___ /  / ヽ
     /   |       / 〈|   |\_ 


117 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:43:31 SrVrhUPM

               _                        ,--、
        _       .|// |  _                   ∠//´
      / //∧    __|// レ// ∧         , -‐‐-、     , '///
   -''´////レ⌒    |//////// ∧  |`ー‐‐///////   ////
   ∨//ノ´ _ -...、   レ|///レ⌒///   |/////>-‐、/    ////
     ̄ __ノ////ハ     l// |  |//   ゝ-‐ ̄         .// /__  ,、
      t‐////////|   ////|  il/               /////ミ  レ)
     ∨///>イ /|  (////|   レ                 //>、//Lノ/
      `  ̄  |/ |    |//|                  /∨  |///./
              |/ |     ー                ー'   (__/
              |/ |
             i//
            ー'
                 , -―- 、
                /: : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : :、
               {: : : : : : : : : : : : : : \
                  ',: \: : : : : : : : : : : : :.\
                Vヘ.)>、: : : : : : : : : : : : \
               ノ⌒^/  ヽ:ヽ: : : : : : : : : : :ヽ
              /´: :_: :{    ',: ',: : : :\: : : :.ヽ:ヽ
                j: : : : :_j    }: :',',: : : : ヽ: : : :}: |
              {: : :ト( 」    ハ_」レ-―'⌒ ーr'
                乂ゝ- /    /____ , -┐  {⌒!
             /`厂 ̄`   /:::::::::::::oo}} ⌒) └イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   司馬遷の「史記」によると、姉と弟の感動的な再会に周囲の官人たちも貰い泣きし、

   誰一人として顔を上げるものが無かった。



118 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:44:10 SrVrhUPM


   秦末の大乱に楚漢戦争、その後の政情不安で当時の中国で行方不明者は多数いたはず。

   貰い泣きした人々にとっても他人事ではなかったのだろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
 _/|  _/|    /  . |  |  ― / \/    |  ―――
   |    |  /    |   丿 _/  /     丿

   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ           /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |          i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |          |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|           i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.           iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、          .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.         丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi.
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ          /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ         'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ        ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \           ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ         /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ 


119 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:44:55 SrVrhUPM


   猗房たちのように再会できたのは極めて稀であった。 そういう意味では最初に見出された

   吉相も信じたくなってくる。 猗房はその後、さらに老子に傾倒していく。 周囲の迷惑など一切

   お構いなしに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            i/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ、::::::ヽ
          r´:'l:::::;ィ::;:ィ::;r::::;::::::::::::::::::::::`ヽ::::::ヽ:::::::ヽr::.、
           |!:::-:ァr-rニr-''/ニ_-::/_:::l:::::::::::::ヽ:::::ヽ::ヽ、!::、)
         /::::::::::':::::::::/:::/:::::::::://ヽ`_'' ::_:::i::::il:::::|l::::::::l::::ヽ
         ゝ:::::::::::i::::/::::i::::::::::::/:::::::|/::レ::..、 、!|l::|lL:ィノ::::ノ     ああ……やはり老子様は天から見ていたのね。
          |::::::l::_:|l::「l::fi::::|:::::::::::ィ:::リ::::::::::::| |ヽ| ' l::::::ィi::ヘヽ
          l:l::::|l:ff'た‐ミl:::l|:::::::/7:/ァr、::::::::l/::jj:l7レ'::/::::ノノ
          〉:l:::l ト弋:ヅ ll:|:::l://ムム.lノ`:/::::/://::::ィ:/::´}     敬虔な信者の私に、どんどん幸運を授けてくれる。
          l::||::|` `     V |´ f:':::::リ/>::::/:::ム/:イ:::ィ゙
         l:::|:|::l     ノ    `゙'''゙‐/:::ィ'::::/ l:::://''''゙      やはり相手が嫌なそぶりをみせようと
        ./:::|/::::i     l       ‐''゙//::::/ィ::::::l/
        /:::::/:::::l::〉   、..__`      //:::::/l:::l::::/         ドンドン布教しないといけないわ!
   ,r:::<:フ:::::/j、::::|/:::ヽ `_ー'''    _ィ/:::::::/|:|::|::::|
  ./´''''ヽ、__//::l V--‐' ヘ    _. ‐ ´:.:.:l|:l:::::l|l|:|::|:::l
 .l      /::::::}/    |:.|''''' ´...:.:.:_: ィ´|||レi||:|:::l:l:::|
 |  |    /::::::::/ l     l:.l./:.:.r ''´    !|!l::::!||::l:、ヽl
 |  |   /::::ィ::/  ヽ   |:.:/      |l:||::::!|::l:ヘ::ヽミヽ 


120 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:46:00 SrVrhUPM

 \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /:::::::::::::::/:::::::::::::::::::/|:::/|::::::::::::::: |
/:::::::::/ ⌒/:::::::::::::::::::/\|/ !::::::::::::::::|       ……ハア?
^ア:::::{ 〈 ./::::::::::::::::::/芹ラヽ、}::::∧:::::::|
/:::::::∧__{:::::::::::::::::/   ̄ /∠___}::::::}
┐:::::::/ |:::::::::::::::,′     {苡/:::::;′      これからは儀礼の徹底を勧める儒学の時代だぜ。
. !:::::/   |::::::::/|:,' u    _  } /:::::/
. }从!   .|:::::/ .レ  、__    ´ /:::::/        老子なんてほったらかし推奨の思想だろう?
 ′  │:/、     ` .> /∧/
     |/  \     /::::/           そんなんじゃ国の運営はやっていけねえよ。
   │ ;     >--イ::::/|/\
   |  |   /   / }:/}     \
\  |  |   ´   // ./      ∧
∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞∞∞∞∞∞○∞∞
  //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::、:::::ヽ;ノ
 f/l::::::::::::::::::::::::::::;::::i:::::::::i:::::::;:::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::/:::l゙ヽノ
 |' |::::::::::::::::::::::::::/:/l:::::::/l:::::/リ|:::i:l:::::::::::::::l::::::::::/:::l::::::|
 ' l:i:::::::::::::::::::::/l:/;/:::://_;/,/-:j‐l::::::::::::::::r 、/::::l:::::::|       ……竇嬰。
   .、ヽ::::::::::i、::r、l /l:/7´/≠=ナ=':::::::::::::::l- l:::::::l:::::::::l
     〉、:::::ト'弋jl ' " '  _辷_j/:::::::::::::::l'ノ ノ:::::l:::::::::::l
    /:::::ヽ:ヽ  l       /:::::::::::::::::l-',イ:::::::::::::::::::::l      貴方は孔子の悪い重力に引かれて
    /:::::::::::::l r'       /:::::::::::::::::r'l::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   /::::::::::::::::j、`ヽ '    ,イ:::::::::::::::::/ 、::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    しまっているようね……。
   /::::::::::::::::/ ヽ ‐- 、 ,イ:::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  //:::::::::::::/  |ヽ ` ,イ:::::::::::::::::::::/-‐ァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  //::::::::::::::/   l 、:>:'::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
  l/l:::::::::::::/   〉:'::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ 


121 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:47:06 SrVrhUPM


   彼女の人生はここからも結構長いが、シンデレラストーリとして美しいまま区切るにはここらにして

   おくのが花かも知れない。 流石の豪運もこの先はほぼ尽きてしまうのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   [ 長安 ]
                                        _/\/\/\/\/\/\/\/\/\/|_
                                        \                                  /
                       _rzzzzzzzzzzzzzzォ_      < 老子様を馬鹿にする儒者はイノシシの    >
                    tz≦////////////////≧=zァ  <                            >
                  _,.。s≦フフフフフフフフフフフフフフフフフフ≧=-s< 餌にするわよ!ゴルァ!!            .>
                 />tttttttttttttttttttttttttttttttttttttt/                                  \
            tzz=≦////////////////////////////////// ̄|/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/ ̄
            _/^^^弌テ^^^弌テ^^弌_テ^^^^^^^弌_テ^^弌_テ^^弌テ^^^ア
            `弌二,イY⌒Y |:|:| ̄~:|:|:|~~|l]][[|| |]][|| ̄ ̄ |::|Y⌒Y:|:|ニア
          ...::::::::xi(/|:|弋_丿 |:|:|:(__):|:|:|::: ||::::: || |::: ||::(__):: |::|弋_丿|:|
‐┬‐┬‐┬ | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|─┴ュ__||_|‐┴┘ ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|┬┬┬┬
.       j{                   r┬┬┬┬┬ュ_                     j{:;:;
       j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::|──────────────j{:;:;:;
 ̄ ̄ ̄ ̄ j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~:|:::::___::::: :: ::|     _              j{:;:;:;
. ̄ ̄ ̄ ̄j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ /二二\ ̄ ̄ ̄|ィ㌻ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ:
 ̄ ̄ ̄ ̄j{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ィダ;;;;;;;;;;;;;;;マ:, ̄ ̄~゙|:| ̄ヽ;;;;;;;;;; | ウワー逃げろ!竇皇后さまがまた  |
                                  |                            |
                                  | 狂乱しておられるぞー!         |
          ____i ̄i___              ヽ_______________/
           | _______  |
           |__|i----------i|__.|
           _,二二二二二,____
          └---┐ TT ┌---┘
             ノ ノ .| |  __
            / /  | └-┘ ノ
            ̄     ̄ ̄ ̄

   【 第43回、花の歳月・竇猗房3 】終わり。



122 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:48:32 SrVrhUPM

          ______
         r〃〃〃 f7⌒ろ
        l∥∥∥ ||   f灯
        |∥∥∥ ||   | |
        |儿儿儿._」∟⊥厶
         〔__o____o_≦、    前回の朱姫とほぼ同じ狂乱エンドかお!
       /   〃" `ヽ、 \ヽ
      / /  ハ/ :::::::::::::\ハヘヘ.
      |i │ l |リ _ノ ::::::::ー }_}ハヽ   しかも人生の途中で終わりー?
      |i| 从 ( ○)::::(○l小N
      (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
        VV j u |   、 ノ
        'Y/゙ヽ、 _` ̄イ
      r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
      {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛

          「   ̄ ̄ ̄`ヽ
          |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│     今回は小説の「花の歳月」と史記等の史書の合わせ技で
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
          |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│     作成してて、区切りは「花の歳月」の方に合わせただろ。
          /  ノ ヽ、\
         . |   (●)(●)|
         . |   (_人_)│     まあでも、弟の奴隷生活編は大幅カットしたけど。
          |  u  ` ⌒´  |
           |           |
         .  ヽ      /
            ∧...__   ヽ//>
         /  、i i!「Tiァ¬ト、__ 


123 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:50:06 SrVrhUPM

                      「   ̄ ̄ ̄`ヽ
                      |:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.│
                      |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│          んで当然、小説の後の部分を史書で
                      |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;|
                      |;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;│          確認したんだが……。
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |           文帝亡き後も延々と宮廷のトラブルメーカーに
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |           なる彼女を主役に据え続けるのは辛いだろ。
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__         精神的にまったく成長しないし、
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\ 誰も彼女を止められなくなるし。
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
| むしろ景帝、武帝視点で脇に回した方が映える |
|                                |
| 人物だからなあ                      |
ヽ____________________/
  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓  ┏━┓
  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃  ┗┛┃
━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛━━━┛
      ______
     r〃〃〃 f7⌒ろ
    l∥∥∥ ||   f灯
    |∥∥∥ ||   | |
    |儿儿儿._」∟⊥厶            人殺してないから悪人とは言えないけど
    〔__o____o_≦、  
      , '  /" `ヽ ヽ  ヽ, nミ/ レ 7     とにかく煩い電波系というのは
   , '  //, '/     ヽハ \ヽ! | /
   |i 〃 {_{ _ノ   ィヘ リ| ヾ!   {      分かったお。
    |i | | ( ー) (ー) 从!/  /
    |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃/   /
      |i从/、      /ノ{   l       いやーしかし、能力を運に全振りしてるから
       ヘ,、 __, イ   〉  ',
     r、、-::::|ヽ`ー'´,1ー::::: l   ',       なおさら老子を信じ込んじゃったのかなぁ。
   / V:::::::::∨yヽ/:::::::::::::i   '
   |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::::::::r!    ', 





125 : ◆FVgnd.HyPc :2017/02/05(日) 20:53:31 SrVrhUPM

            ______
           r〃〃〃 f7⌒ろ
          l∥∥∥ ||   f灯
          |∥∥∥ ||   | |
          |儿儿儿._」∟⊥厶
           〔__o____o_≦、        では今まで見てくださった皆さん、
            / /" `ヽ ヽ  \
        //, '/     ヽ 「i゙l ヽ        ありがとうだお☆
        〃 {_{ \   / .| l i l i|
        レ!小l( >) (●)|,-,「ト、i|
         レ⊂⊃ 、_,、_,   〈 〈 ``')
            ヽ、  ゝ._)   `-、  ゙、       このスレは1週間後ぐらいに過去ログ申請する予定。
           ヘ,、 __, イ~   \ \
        r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::ヽ、\ \    今度こそ本当にいつの日にか……再見(ツァイツェン)!
        {  V:::::::::∨yヽ/:::::::::/,1、_\ \
        |ノ''::"::::::::::ヽ/:::::::::: r"     `  ノ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`---------'

            ~登場人物キャスト~

[ 解説・進行 ]
やる実             女史(後宮の記録係)
やらない夫            宦官、敬事房(後宮担当の宦官)


[ 前漢時代 ]

民間人
  ☆竇猗房(とういぼう)=マリナ・イスマイール(機動戦士ガンダム00)
   竇広国(とうこうこく)=やる太(2ch)、犬塚キバ(NARUTO -ナルト-)
   竇建(とうけん)=猿飛アスマ(NARUTO -ナルト-)
   猗房の伯父=張飛(横山三国志)
   新垣平(しんえんぺい)=阿良々木暦(化物語)

役人・政治家・侍女
   受付の宦官=グリフィス(ベルセルク)
   呂雉(りょち)=桂言葉(SchoolDays)
   高莞(こうかん)=夕雲(艦隊これくしょん)
   郷父老(きょうふろう)=土影・両天秤のオオノキ(NARUTO -ナルト-)
   劉恒(りゅうかん)=高須竜児(とらドラ!)
   薄姫(はくき)=高須泰子(とらドラ!)
   薄昭(はくしょう)=ハクション大魔王(ハクション大魔王)
   竇嬰(とうえい)=うちはサスケ(NARUTO -ナルト-)

群雄
   劉襄(りゅうじょう)=龍驤(艦隊これくしょん)


[ 楚漢戦争時代 ]

  魏豹(ぎひょう)=ヤムチャ(ドラゴンボール)
  劉邦(りゅうほう)=やる夫(2ch)










関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



以上の内容はhttp://inzainewtown.blog.fc2.com/blog-entry-10273.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13