以下の内容はhttp://horahorazoon.blog134.fc2.com/より取得しました。


【デレマス】千川ちひろ「アイドル風俗『しんでれらどりーむ→NEXT』」

2020-01-18 (土) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆q4ctS9nNro 2020/01/01(水) 22:01:04.07 ID:PpEaSeqBO

『……許可を得ずにサービスを伴う接客をさせていたとして☓☓☓区にある風俗店が摘発されました』

 テレビから流れるニュースに耳を傾けながら、俺は友人からもらったアヤシイ風俗店の会員カードを眺めていた。

「アイドル級の女の子か……」

 その会員カードをくれた彼はそう言っていた。だが電話番号もURLも書かれていない住所だけのカードに違和感を覚えていた。

「あぁ~」

 ムラムラする。その欲望がお店に行った理由だった。

──




P「メガネを失くした?」高山紗代子「はい……」

2020-01-17 (金) 22:40  アイドルマスターSS   0コメント  
1: ◆kBqQfBrAQE 2019/12/29(日) 16:30:11.76 ID:e5qNDatp0


ミリマスSSです。
プロデューサーはP表記。




2: ◆kBqQfBrAQE 2019/12/29(日) 16:31:42.04 ID:e5qNDatp0


レッスン場にて


P「これだけ探しても見つからないってのも、おかしな話だなあ......。レッスン中に失くしたの?」

紗代子「そうみたいです。すみません、プロデューサーにも探してもらって......」

P「それは大丈夫だけど。普段は眼鏡付けてレッスンしてるんじゃないのか?」

紗代子「より本番に近い形で練習しようと思って。それで、外してレッスンしてたら、いつの間にか」

紗代子「プロデューサーが来る前も、しばらく探してたけど、見つからなくて......」

P(紗代子は近眼だし、失くしたとなるとかなり難儀するよな......)





【アイマス 】真美「え?喧嘩の原因がわからない?」

2020-01-16 (木) 00:07  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/28(土) 20:04:42.93 ID:s/5oE0Nr0

真美「どゆこと?」

亜美「いや、ほら、さっきからあそこで2人がツンツンモードなんだけどさ…」

真「…」

雪歩「…」




【モバマス】凛「P、なんか怖い話知らない?」

2020-01-15 (水) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/28(土) 16:55:18.01 ID:+LxNex+P0

P「あぁ、今度の"白坂小梅のビクッとする話"のネタ探しか」

凛「そうそう、なんかないかな?」

P「あるにはあるけど、そんなに怖くはないぞ」

凛「まぁいいから話してみて」

P「これは大学のときの話なんだけど……」




輝子「やってみたいことが、あるんだ…」美玲「何だ?」

2020-01-15 (水) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/28(土) 14:06:42.73 ID:G9crktv10

輝子「乃々を5人集めて、スーパー森久保を、作ってみたいんだ…」

美玲「…は?」

輝子「スーパー森久保を作るのは、とても難しい…。でも、私なら、できると思う…」

美玲「…何言ってんだショーコ?」

美玲「ノノが5人ね…」

美玲「…見てみたいぞ!ノノが5人集まるんだもんな!」




セイバー「聖杯大喜利戦争 座布団十枚目!」イリヤ「おめでとーございまーす!」

2020-01-15 (水) 00:07  Fate SS   0コメント  
1: ◆8cB8K086lg 2019/12/25(水) 14:35:31.75 ID:VqN+vqBbo

Fateのメンバーに大喜利をしてもらうSSの十スレ目です。

・大喜利回答者のサーヴァントは五次鯖です。

・全編Fateネタバレ&キャラ・世界観・設定崩壊、オリ設定ありですが、「あくまで洒落」です。

前作
【Fate】大河「聖杯大喜利戦争」ジャガーマン「座布団九枚目だニャ」【大喜利】

一作目
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】


今回も前作の直後から始まるので、大喜利はしばらく後から始まります。




桃「朝起きたらシャミ子になってた」

2020-01-14 (火) 18:01  その他二次創作SS   0コメント  
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/26(木) 01:40:05.12 ID:2DOLTqfo0

ぱんだ壮 吉田家


良「お姉、起きてっ。朝だよっ。学校遅れちゃう」

シャミ子「……? あれ、良ちゃん、昨日うちに泊まったっけ?」

良「寝ぼけてる? はやく起きて。今日の朝ごはんは……」

清子「小麦粉を水に溶いて焼いた奴ですよ~。冷めると噛み千切るの大変です。優子は早く顔を洗っていらっしゃい」

シャミ子「清子さんまで……というか、な、なんでそんな飢饉みたいなご飯を……?」

清子「だってお米は昨日の時点でもう……あら、誰かが外の階段を凄い勢いで……」


ばたーん!


桃「桃ーーー! これはいったいどうなってますか!? 朝起きたら桃になってたんですけど!? 新手の精神攻撃ですか!?」

良「あっ、桃さん」

シャミ子「んん!? 私!? え、あ! 私がシャミ子になってる!」

桃「気づくの遅すぎかきさま! さすが私の身体! 朝からお寝ぼけのようだな!?」





夏葉「ラスト・クリスマス」

2020-01-14 (火) 12:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 23:25:36.18 ID:xVvfAwpH0


去年のクリスマスー
私たちが一緒になって、最初のクリスマス。

今年のクリスマスー
私たちがふたりで過ごす最後のクリスマス。




【ノラとと】ネコのお考え「ハッピークリスマス」【ノラと皇女と野良猫ハート2】

2020-01-14 (火) 02:53  その他二次創作SS ノラと皇女と野良猫ハート   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 22:58:12.19 ID:qkXvRyqo0

 

アイリス「ねぇ、ノラ。今日が何の日だか……知ってる?」

アイリス「勿論知ってるわよね!? だって、当然大切な日だし! 一年に一度きりだし! 恋人のノラが忘れる訳ないわよね!?」

アイリス「あははっ。私ったら、彼氏を疑うなんて悪い彼女さん♪」

アイリス「ね、ノラ♡」

ノラ「えー? 何ー? 聞こえなーい!(焼きそば作ってる)」

ノラ「もっと大きな声で言ってー!!」

アイリス「なんで私の部屋で焼きそば作ってるのー!?」

ノラ「なんでってー! 今日一緒にご飯食べたいって言ったのアイリスだろー!?」

アイリス「誰も焼きそば作ってなんて言ってないじゃーん!」

ノラ「えぇ……(火を止める)」

ノラ「でも、俺が作れるのなんて焼きそばくらいだしなぁ。それに美味いっていってくれてたじゃん」

アイリス「それは、美味しいけど……。でもでも! 今日は特別な日なのよ? 特別な日に焼きそばはないと思わない?」

ノラ「うちの母さん、特別な日はいつも焼きそば作ってくれてたんだよなぁ。恋の味がするーとか言って泣きながら作ってた。何度目の恋かしらないけど」

アイリス「あーはいはい。あなたのお母さんの特殊な恋愛話とかいいから」

ノラ「特殊なのかな」




【シャニマス】凛世「……にゃーん……」

2020-01-13 (月) 18:01  アイドルマスターSS   0コメント  
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/25(水) 21:31:32.26 ID:9/6j0Hxf0


ニャー

凛世「にゃん……」

ニャーオ ニャー

凛世「にゃーん……にゃあ……」

ニャー ニャーウ ニャー

凛世「にゃん、にゃー……ふふっ……」


P「凛世」

凛世「!」


凛世「プロデューサーさま……いつから……!」

P「凛世が猫と、ちょうど話し始めた時だよ。声をかけようと思ったら、ずいぶん楽しそうに会話してるもんだから」

凛世「……」カァァ…

P「ごめん。タイミングを失っちゃって」

凛世「いえ……お気になさらず……」

ニャー ニャー

P「ここの家、多くの猫を飼ってるんだよな。玄関に座ってるのを見かける。いつも来るのか?」

凛世「そういうわけでは……。以前、果穂さんたちから、ここの猫のことを教えていただいて……お買い物を終えた帰りに、ふと思い立ち……訪れたのです……」

P「そうだったのか。何を話してたんだ? もしよければ……」

凛世「……っ」

P「あ……そ、そうだよな。詮索しないよ、今の質問は忘れてくれ」







以上の内容はhttp://horahorazoon.blog134.fc2.com/より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13