以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/netacube/archives/cat_10023135.htmlより取得しました。


面接担当が最もイラつく言葉は? 「ら」抜き言葉

1: ベンガル(秋田県):2013/04/06(土) 23:21:13.28 ID:MGyypVbu0
新卒採用の面接が本格化する4月。今頃は多くの学生が、必死に面接対策を立てているところだろう。ただ、いくら完璧な志望動機や自己PRを準備しても、言葉遣いがなっていないと台無し。気をつけようと思っていても、緊張感漂う面接の場では地が出てしまい、ふだん友人とのあいだで使っている「若者言葉」をつい口走ってしまうかもしれない。

【画像や図表を見る】

そこで、面接経験豊富な30代40代の上司世代に、イラつく「若者言葉」を挙げてもらったところ、最も多かったのは「見れた」「食べれる」などのいわゆる“ら抜き言葉”や「見てる」などの“い抜き言葉”だった。

「ものすごく幼稚な印象を受ける」(41歳・デザイン会社)
「いちいち気になって、話の内容が頭に入ってこない」(35歳・出版社)

などと手厳しい意見が続出。ほかにも「語尾を伸ばす人。いいことを言っていても、バカっぽくて残念」(30歳・飲食店)、
「“めっちゃ”や“めちゃめちゃ”は気になる。めちゃめちゃ凄いんです! とか言われても、逆に“めちゃめちゃ”大したことなさそうに聞こえます(笑)」(45歳・通信事業)

もちろん「超」「マジ」「○○ッス」は問題外との声が圧倒的。ただ、そうした言葉遣いを「指摘したことがある」という上司は半分以下。口には出さず、内心あきれているケースが多いようだ。

また、少数派ながら次のような意見も。

「こっちの意見やアドバイスに対し『ですよね』と返すヤツ。本人自覚はないんだろうけど、なんか上から目線で腹立つ。そこは素直に『ハイ』だろう」(36歳・出版社)
「親身になってアドバイスしたのに『参考になりました』の一言で返されるとガクっとくる。ああ、おれの話ってその程度なのねって思ってしまいます」(39歳・不動産会社)

http://news.livedoor.com/article/detail/7569616/



鉄道会社「フラッシュや三脚などを使用した写真撮影を禁止する。勿論迷惑行為は禁止な」

1: ジャガー(福岡県):2013/03/16(土) 19:35:00.10 ID:Vr9nJdhk0
<駅構内や電車を撮影する際のお願い>

□他のお客さまへのご配慮のほどよろしくお願いいたします。

□写真撮影の際、運行中の列車には十分ご注意ください。

□写真撮影の際、運行中の列車に向けてのフラッシュ使用、立入禁止区域での撮影等、列車運行に影響をおよぼす行為について禁止します。

□三脚および脚立等の使用しての撮影は禁止します。

東京急行電鉄株式会社
http://www.tokyu.co.jp/osirase20130313.html



ついに生活保護受給者のパチンコが禁止される

1: アメリカンワイヤーヘア(北海道):2013/03/15(金) 22:25:02.84 ID:9UZha/sL0
生活保護費で過度のパチンコ禁止 兵庫・小野市の生活条例案可決へ
2013年03月15日21時36分

 生活保護費や児童扶養手当をギャンブルに過度に浪費することを禁じ、浪費を見つけた場合、市民に情報提供を求める兵庫県小野市の条例案は、議員の過半数が賛成する意向で、可決の見通しとなった。

http://news.livedoor.com/article/detail/7504384/



母親「無料の範囲でね」 息子にネットゲー許可する→課金20万円の請求書届く… オンゲートラブル急増!

1: コラット(家):2013/03/14(木) 10:59:31.39 ID:9Y5UOjOu0
オンラインゲームのトラブル急増 中学生に24万円請求

【小川直樹】インターネットを通じたゲームの利用で未成年者が高額な請求を受けるケースが増えている。
スマートフォンの急速な普及で子どもがオンラインゲームに接する機会が増える中、業界の自主規制などの対策は緒に就いたばかりだ。

千葉県の女性は昨夏、クレジットカード会社から届いた20万円超の身に覚えのない請求額に目を疑った。
小学生の息子にパソコンのオンラインゲームを「自分もしたい」とせがまれた。
「無料の範囲で」と約束し、クレジットカード情報を入力して利用者登録をした。
しかし、息子は夢中になり、アイテムの購入に手を出していた。「こんなにお金がかかるとは知らなかった」。

女性は相談した地元の消費生活センターに話したという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130314-00000016-asahi-soci



【画像】 元「奇跡の一本松」だった「何か」、大型クレーン車で元あった場所に帰る。

1:(*゚Д゚) ムホムホ ◆m.2MyuMuho (東京都):2013/03/02(土) 22:24:27.93 ID:lJw6LoDI0●
被災者の思い複雑 奇跡の一本松、元の場所へ

東日本大震災の津波に耐えた岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」の復元が大詰めを迎え、幹を元の場所に戻す作業が二日始まった。震災二年前日の十日までに立ち姿がよみがえる。復興のシンボルとして市の知名度はアップしたが、地元の思いは複雑だ。

 「一本松さんを遠く鹿児島から応援しています!」。一月、陸前高田市役所に鹿児島県さつま町立求名(ぐみょう)小学校の六年生十二人からメッセージボードが届いた。
 一本松の本を通じ、震災を学習。学校でフリーマーケットを開き、衣類や本の販売金一万一
千八百七十五円を寄付した。田中智代教諭(50)は「一本松が震災の悲惨さや家族の大切さを考える機会をつくってくれた」と感謝する。
 復元作業には一億五千万円が必要。市は募金を呼び掛け、九千万円近く集まったが、「枯れた松にお金をかけるのはおかしい」「復興事業の方が大切」とのメールや電話も全国から数百件あった。
 仮設住宅に住む無職男性(63)は震災前、津波で亡くなった妻と、七万本の松が茂る高田松原をよく散歩した。「残った松を見ても悲しみしかわかない」
 陸前高田市の案内をする「震災語り部」の新沼岳志さん(67)は「震災のシンボルとして必要」としながらも「元の場所に戻ったら、全国の人は復興したと勘違いしないか」と心配する。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013030202000227.html

1_1 


 (*゚Д゚)  これが! 俺が身を捨てて守ろうとした人間の正体か!
 (ヽノ)   ムホムホ
  >ω>







以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/netacube/archives/cat_10023135.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13