以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/netacube/より取得しました。


【悲報】観月ありさが劣化

1: リビアヤマネコ(WiMAX):2013/04/14(日) 11:20:55.90 ID:Ue4L0tuw0●
1_1 



飲み会断るのは「あなたと話す事に3000円の価値ないというのと同じ」新入生アドバイス巡りネット大論争

10138981848

1: オリエンタル(チベット自治区):2013/04/10(水) 19:19:57.93 ID:PgOhqDo8T●
「飲み会を『お金がない』との理由で断る人は、『あなたと話すことに3000円の価値もない』と言っているのと同義だということを自覚しろ」――
明大の新入生に向けたこんなアドバイスが、インターネット上で注目を集めている。

「本当にないんだよふざけんな」「そんな風に感じる奴にこそ3000円の価値がない」などと怒りのコメントが相次いで寄せられ、過去には未成年に飲酒を勧めるようなツイートをしていたことも発見されるなど、「炎上」状態になってしまった。

「2013明治大学新入生お役立ちbot」という名前のツイッターアカウントが2013年4月10日にこんな投稿をした。
「飲み会を『お金がない』との理由で断る人は、『あなたと話すことに3000円の価値もない』と言っているのと同義だということを自覚しろホー。交際費はある程度用意しておくものだホー。 まあ、そういう人はその内、声をかけてもらえなくなるから安心しろホー」

最近の大学生は、同じ大学の学生とツイッターでつながりをもち情報交換をするのが一般的だ。
このアカウントは、明治大学とは無関係の非公式なもので、有志の学生がつくったものとみられる。
明大への新入生向けに有用な情報を発信するという名目で、実際のフォロワーも明大1年生とプロフィールに書いている人がほとんどだ。

先のツイートは6000回以上ツイートされ、3000円を用意できないだけで「あなたと話すことに価値がない」ととられるのは不当だと、批判的な意見が相次いで寄せられた。

「ちげーよ!!!!マジで金ないの!!バイト戦士はマジできっついの!!!その3000円は数日分の生活費なの!!!!行ったら生活費なくなって死ぬの!!分かれよ!!」
「学生で一回3000円の飲み代って結構キビしいと思う。月一とかならまだしも、週一ペースとかはキツい」
「そもそも話をするという行動は、その3000円を払わなくとも可能ではないか」

また、「金がない」と断られただけで、自分は重視されていないと思ったり距離を置いたりするような考えの人とはそもそも付きあいたくないという見方もある。



面接担当が最もイラつく言葉は? 「ら」抜き言葉

1: ベンガル(秋田県):2013/04/06(土) 23:21:13.28 ID:MGyypVbu0
新卒採用の面接が本格化する4月。今頃は多くの学生が、必死に面接対策を立てているところだろう。ただ、いくら完璧な志望動機や自己PRを準備しても、言葉遣いがなっていないと台無し。気をつけようと思っていても、緊張感漂う面接の場では地が出てしまい、ふだん友人とのあいだで使っている「若者言葉」をつい口走ってしまうかもしれない。

【画像や図表を見る】

そこで、面接経験豊富な30代40代の上司世代に、イラつく「若者言葉」を挙げてもらったところ、最も多かったのは「見れた」「食べれる」などのいわゆる“ら抜き言葉”や「見てる」などの“い抜き言葉”だった。

「ものすごく幼稚な印象を受ける」(41歳・デザイン会社)
「いちいち気になって、話の内容が頭に入ってこない」(35歳・出版社)

などと手厳しい意見が続出。ほかにも「語尾を伸ばす人。いいことを言っていても、バカっぽくて残念」(30歳・飲食店)、
「“めっちゃ”や“めちゃめちゃ”は気になる。めちゃめちゃ凄いんです! とか言われても、逆に“めちゃめちゃ”大したことなさそうに聞こえます(笑)」(45歳・通信事業)

もちろん「超」「マジ」「○○ッス」は問題外との声が圧倒的。ただ、そうした言葉遣いを「指摘したことがある」という上司は半分以下。口には出さず、内心あきれているケースが多いようだ。

また、少数派ながら次のような意見も。

「こっちの意見やアドバイスに対し『ですよね』と返すヤツ。本人自覚はないんだろうけど、なんか上から目線で腹立つ。そこは素直に『ハイ』だろう」(36歳・出版社)
「親身になってアドバイスしたのに『参考になりました』の一言で返されるとガクっとくる。ああ、おれの話ってその程度なのねって思ってしまいます」(39歳・不動産会社)

http://news.livedoor.com/article/detail/7569616/



ナイナイ矢部浩之さん 父親が生活保護申請を試みると聞き、慌ててやめさせる

52142004

1: コラット(兵庫県):2013/04/05(金) 06:51:05.61 ID:nfQ5Wu2D0●
3月27日に入籍したナインティナインの矢部浩之(41才)と元TBSアナウンサーの青木裕子(30才)。
交際3年のなかで、何度も結婚寸前といわれてきたふたりだが、矢部が入籍に前向きでないため、破局危機を報じられたこともあった。彼が結婚に踏み切れなかった理由とは?

「それは家族に“爆弾”を抱えているからなんですわ」(矢部家の知人)

矢部は、トラック運転手の父親と専業主婦の母親を持ち、3人兄弟の次男として、大阪に生まれた。
ごく普通の家庭だったが、矢部の幼少時代、父親が知人の保証人となり、多額の借金を抱え、極貧生活に陥った。

「両親は心配をかけたくないと子供に借金のことを話さなかったんです。
クリスマスに、黒いスーツ姿の取り立て屋が自宅に来たとき、矢部さんは“黒いサンタが来た”と思ったそうです」(前出・矢部家の知人)

だが、父親本人は、「自分が作った借金じゃない」と、まったくの開き直り。

「父親は、矢部さんの子供時代のお年玉も高校時代のアルバイト代も借金の返済に当ててました。
息子の金にたかるのは、矢部家では当たり前だったようです…」(前出・矢部家の知人)

しかし、息子が有名になると、父親の“たかりグセ”はますますヒートアップしていったといわれる。
これまでも矢部は、父親のたかりエピソードを数多く披露してきた。たとえば、

●仕送りを断ったら、「勘当や!」と言われた。
●矢部の銀行口座から毎月30万円を勝手に引き出し、愛人に貢いでいた。

あまりにも現実離れしているが、どうやらネタだけではないようだ。矢部に仕送り額のアップの申し出を断られたときには、こんな暴挙に出たという。
「父親が生活保護申請をしようとしたそうです。その話を聞いた矢部は、慌てて父親にお金を送って、その行為をやめさせたんです」(芸能関係者)

こんな家族がいたため、矢部は結婚に二の足を踏んでいたのだ。
「結婚したら、父親が青木さんに無心したりして迷惑をかけてしまうのではないかと、ずっと悩んでいたようです」(前出・芸能関係者)


http://www.news-postseven.com/archives/20130404_180670.html



新しいスクール水着「ダブルフレアスカートワンピース」

1: ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2013/04/02(火) 20:08:50.75 ID:???0
水泳用品メーカーのフットマークは10日、個性を引き出す学校用水着「ダブルフレアスカートワンピース」を発売する。

同商品は、学校授業では水着の自由化が進んでおり、児童や生徒自身が水着を選べる状況が増えてきている一方で、色が紺色などに制限されている場合もあることから、
「既存の学校用水着や学校指定の色で、レジャー水着のようなかわいい水着を」という
発想から企画されたという。

*+*+ マイナビニュース +*+*
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/02/235/index.html






以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/netacube/より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13