以下の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/802413.htmlより取得しました。


やらない夫は人生のまとめに入るようです 第三話   カテゴリ:やらない夫シリーズ 


109 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:04:39 ID:wvzsPI8M


予定を延期してしまって申し訳ございませんでした。
本日の19:40〜から、第三話、投下開始致します。

もしよろしければ、お付き合い下さい。



110 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 19:11:50 ID:8s2cdi8w


了解



111 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:39:52 ID:wvzsPI8M






                        _,,,,,,,,,,,,,,,,.......::::::::::::::::::..................,,,,,,_
         .            ,,.:::'"~'''''''''''''''''''''''''''''''''''''ー--''"二--;;──;-'::;,
                  ,,.::'"               //   l.l    '; .';
                /                . /,:'l.l    .l.l   l'; _,,;
              /                 . / / .|.|.,-::::::., .l.l_,,.:::-''l~ ~l
           ,.:::'"~"'''ー--:::::......,,,,,,,,,_      . /. /  .|.|l,_,,,..)'' l   ''l  l|
        ,..::''"               ̄~"''''''''フ"  ./_,,.:-;‐'~    '"l    |,-; .l
      /                   ,..:::'"~       .l      |   /||_l l
     ,:'                   /            |      . |   .l|>;;;|,:'
    /'''ー:..,,,_              /          _  .|      . |,.::''~,|.l";l
   . l"ーll l~'''ー-:::...,,,_      /       __./─;ヽ .|   ,.:::'"~.::'ニ-'-'''
    l ヽヽ、ー:::...,_    ̄''''ー''/ー───┬''''''/  / | | .ヽl |,.:::'"~,..::''ニ''"
    l .ヽ:::._''ー-::二二_,,/----------'-‐''''"  /  | |/,.|''|_,:::''",:''"
   l ┌:::...,,|~''''ー-:::...,,,,,,..:::''"~ ̄ ̄ ̄        /lニニ o.<, .l''' _,::'"
   `ヽ、 、|    |_                 / l  //\//'"   
     `ー:二'ー-::.l_~'''ー-..,_  ,::::::::::::::::::::::..::::::'''"~l ヽ//  //
        `'''''ー二ー-...,,ヽ-(二'))------─'''"_l_~;;;;;;:'"'
              ̄''''':::::;;------------;;;::ニ"


やらない夫は人生のまとめに入るようです 第一話|第二話

112 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:40:11 ID:wvzsPI8M



        / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\    【泣きじゃくっている蒼星石と、車内に残された
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |    無数のバラバラな元人間達。】
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|
      !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ    「ひっく…うぐっ…!」
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ       【この二つの事柄から、おおよその流れは推測出来た。
         \:::::::ト、     _′   。/:::/|        おそらく、男達(…と、服装で判断)が外に出た蒼星石を
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_       薄汚い欲望の対象にしようと襲撃、それに抵抗した蒼星石が
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、     『不思議な力』で、男達を…と、いったところだろう。】
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
  .!/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',    【たかだが一月半程度の短い付き合いだが、彼女が、戯れに
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l    人を惨殺する様な人間でないことぐらい、俺にだって分かる。】
 ./.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      【だが、事の是非はともかく。
 |    ( ○)(○)      一刻も早くこの場を離れた方が良いと判断した俺は、
. |  U  (__人__)      震える声で何とか蒼星石をなだめ、】
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}      「おい、蒼星石! とりあえず落ち着け、なっ!」
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ       【正面から見れば血塗れだった服を脱がせ、
   /    く         申し訳程度に持ち歩いていた替えの服に
   |     \         着替えさせることにした。】
    |    |ヽ、二⌒)



113 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:41:04 ID:wvzsPI8M



       / ̄ ̄\
      /  \    \   【その過程で、呑気な顔で寝ているやる夫を
    .(●)(● )  u. |    叩きおこし、事情を手短に説明。】
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |   
     {         |    「おい、やる夫、起きろ! 蒼星石が、蒼星石がな――」
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ




           ____
         /      \      【やる夫は、特に驚く様子も見せず、俺の話に耳を傾け、】
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   「そうかお、そんな事があったのかお。…うん、分かったお」
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/   【それだけ言うと、無言でさっさと身支度を始めた。
      /     ー‐    \   …出会った時から冷めてる奴だと思っていたが、まさかこれ程とはな。】



114 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:41:57 ID:wvzsPI8M



         r-〈`,
         |  ', ',`,
           !  ', ', ',     【だが今はそんな事を気にしている
            l  ', ', ',      余裕など俺には無かった。】
   {`ヽ       }  ', ', ',
   ',´ ヽ     /     }   
    ',  ヽ、_/     /    「ううっ…南無三南無三…」
    ヽ        /
      `,       〃
      ゝ       ,'      【もう一度グロ死体の詰まったデスワゴンの】
      ヽ      !       ドアを開け、出来るだけ中を見ない様にしながら、
        l      l       その中に血塗れの蒼星石の服を投げ入れた。】
        |       !




              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、    「よ、よし! それじゃあ、すぐにこの場を離れるんだろ!」
           /,イ / (○)(○) .l i i i     とりあえず…え、駅! 駅に向かうんだろ!」
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./     【この時、蒼星石も含めて、彼らより10は年上の俺が
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ      一番動揺していたのだから、始末に終えない。
             ヽ     〈_ノ ノ      やる夫に至ってはいつもと殆ど変わらない様子。】
              |     ./       
               |    .   |        【…つくづく俺は凡人なんだと、今更ながらに痛感した。】



115 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:43:30 ID:wvzsPI8M



    【最寄り駅までの道中。夜はまだ明けておらず、冷たい空気が肌寒い。】
     会話らしい会話も殆ど無く、泥の様に重たい足取りで、とぼとぼと歩いていた。】


  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。



.


116 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:44:33 ID:wvzsPI8M



          ____
        /      \      【やる夫は時折、蒼星石に一言、二言、話しかけていた。】
       ─   ─    \
      (●)  ( ●)      \
      | (_人__)        |    「蒼星石…その糞共は何人いたんだお?」
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `




             _ __ __
         /´    .:.:.:.::::::::::ヽ
          l``ー-- ---- 一'1
          L_ __ __ _ |
       〈こL_ __/ _// _,ノ::7
.       ヽ     .:.:.:.:.:::::::,::;イ
         /.:::T:.;:ー-----‐:.:i::::|     「…3人、いや、4人…かな?
          i.:.::::l::-‐'、.::ヽjー-、|::::!      ごめん、あんまし覚えてないや…」
         |.:::::lヾ不` ``ネネ7::::,′
.         ト、:::::、  _'_  , イ::/
         ヽN>_-_<ィイ/      【いつもは無駄に明るく元気な蒼星石。
.         , ィ  ,r‐ 6-、``T :、     だが今は、肩をがっくりと落としてとぼとぼと歩き、
.        /.}j  <_,ィ介ト、_> i {::ハ     いつもの様な快活さなど微塵も感じられなかった。】
.         /.:::}j   |:!^}|:|   | {::ハ 
        /.:;.:::〉.  !:| j}!:|   |〈::::ハ   【そんな彼女はとても痛々しく、見ているだけで辛かった。】
.       /.:/!.:::〉,_ _j_j}_j _ _j〈:::.:::!
      /.:/::|.:::ゝニ7ニ7个!ニ7ニ7:::.::::l
.      V_::」.::::::::|:::.:.:.i|XiL.::::::::l/_:::」
       「 ̄ Y´二ヽiXノ二ニj  |



117 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:44:56 ID:wvzsPI8M



          ____
        /      \
       / ─   ─   \     
      /( ●)  ( ●)    \    「そうかお。で、何か変な事はされてないのかお?」
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /        




             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|    「…服を脱がされそうになった。
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|     そこからは、もう…」
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|



118 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:45:47 ID:wvzsPI8M



          ____
        /     \
       ‐   ─     \     「ならよかったお。ところで、忘れ物はないかお?」
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \




            ,. -── -
            , '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ヽ、
       /.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.\
        , '.:..:.:./:.:.:..:|.:.:.:.:.:.:..:..:..:..:.:.、:..:.:.:.:.:.:ヽ
      /:..:..:..:/:.:.:..:..:|:.:.:.:、.:.:.:...:..:...:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:i
    〃!.:..:.:/:.:.:.:.:.|:.:l!:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|    「多分…ないと、思う…
    || |:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.ハ、:.、:、\.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     …あっ、まだ半分くらい残ってた
    || |.:.:.:.|:.:.:.:.:/l7─‐ヾゝヽ\.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.}|     オレンジジュース忘れたかも…」
    ヽヘ:.{、:!.:|,イ ノ ァd尓7!:.:``.:.:.| }.:.:.:.:.:.:.:l
      ヽゞNハ〉.  ゞ-' |/:.:.:.:.:.:l:'.:.:.:.ノ/`′
          ハ'、    /'|:.:.:.:.:.:/:.:.:!/'′     【事件に関係ある事からまるで無さそうな事まで、ポツポツと。
           ノl:.:\っ   ||:.:.:.l/ `W         ただ一つ共通しているのは、彼女を気遣う言葉も様子も、
          |.:.:/リヽ_ ... -||:.:/|! ,..ゝ-、        まるでないという事だった。】
          ∨/ __ _ _,.ノ V ''´    ,_\__
           n}イ''"/〔!\  r‐┘_テvぅフ‐ァ
          / ){. / /|ヽ ヽrヘ/J´   ハ〉



119 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:47:37 ID:wvzsPI8M



           ____
         /      \      【だけどその間、やる夫はずっと、】
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    「おっ、そこにまだ中身が残っているペットボトルが落ちてるお。
      |      (__人__)     |    蒼星石、あれを飲めば良いお」
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \




                                  /        /
                                  /        /
                                  /        /
        \_                         /        /
          \_                    /         /
            \                   /        /
             \               /         /
                \_               /        /
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /
       \_                /          /
         \              ヽ    /    |
           `ヽ              \_ /       /
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---――ー'´
                   ヽ-'



120 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:47:48 ID:wvzsPI8M




             _____
            ┌<二三三三三≧
            ∨三三三三三三7
           ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
       r==ニ二ニ三三三三三二≧
          `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.          /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
         l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|   「…やだよそんなの、汚いじゃん」
          |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
          ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/
         }:l::.|:ゝ      u /:/:,′   【ずっと蒼星石の手を、握っていた。
          /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ     力強く、握っていた。】
        ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
          rt<   /ニ7弌ー、
         / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ
          /:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:|
.         /:.:/:.:.:.:.:.{ }   | |}{| L |}ヽ
        /:.:/:.:.:.:.:.:.:.{ 〉   | lXト 〉|}:.:.\
      く:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.; 匕ZュHXkzz|}〒´
         `7ー―r勹::..::..::..: }X{`:〈 |



.

121 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:49:43 ID:wvzsPI8M




                                  /        /
                                  /        /
                                  /        /
        \_                         /        /
          \_                    /         /
            \                   /        /
             \               /         /    【固く結ばれた手と手。そこに浮かぶは、
                \_               /        /      長い年月と強い信頼が産んだ、強固な絆。】
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /
       \_                /          /        【折れて壊れてしまいそうだった蒼星石の心が、
         \              ヽ    /    |         少しずつではあるが落ち着いていくのが、
           `ヽ              \_ /       /         後ろから着いて来ているだけの俺にも見てとれた。】
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---――ー'´
                   ヽ-'



.

122 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:50:10 ID:wvzsPI8M




                ―― 、
             / 〉 ´      \
            / /'  __ ノ   ゝ.__ ヽ          【だがそれは、彼らの様な『世界の主役』と、俺の様な凡人を分け隔てる、
         / //〉  ( ー) (ー )  l           努力なんかでは決して超えられない断裂の様にも思えて、】
          l  ´ イl   (___人___)  l
.        l    iYl    ` ⌒ ´   l
.       /   ハ !.!          !           【俺は少しだけ、悲しくなった。】
.        /  /  ' ヽ           /
       l   // 、ゝ       / ヽ_
      ´` ー‐ '`./  `ー、  ,−´  /   \
.     i      ii   / `:.i   i´ヽ.  /     `  、
.     , 'l     l.!  /   l   ! ハ /        \
    / ,:|     | ヽ/   !_'   V       ,  ,    ヽ
.  / / l     |     /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
.  !/  !      l\.   i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l
  /        !  ヽ.  !:.:.:.:.:. !      ´   !  /     !



.

123 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:50:29 ID:wvzsPI8M




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;。;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;:;;;::::::;;;;;;:::;;;;
;;;:::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;+;;;;:::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;:::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;。:;;;;::;:;;:::;;;;;;;;:::;;;
:::::;;;;;;;;;;;;;;:::::;.;.:.:.:.:.:...;:::;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:: :::::;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;::::;;;;::::+;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;:: :::::;;;;;;::::;;;
:::::;;;:゜:::::::::.:.:.:.; ○ ;.:.:.::;:::::;;;::::::::::*::;:;:::::::;::::::::;;;::゜::::::;:;:::::;;:::::::::::;;;:::::;;;::::::::::::;:;:::::::;:::::::::
:::::::::::::::::::::::::.::.:.:.:.:.:.:.::゜:::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::.::...::..:.:.::.::..::::....:::::......::::.....:::...::.:.:.:::::.::...::..:.:.::.::..::::....:::::......::::.....:::...::.:.:.:::::.::...::..:.:.::.::..:::::::
:: :: :: :: :: 。 :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :  ,,,.-‐=-:、 : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::
... . .............:..........:......:............:.........:..........:..........:..  ,,..-'"´..;;;;;;;;;;;::;:~ー- ...,,, .:............:.....:.
                    ,,...--'''"..:::;;;iiiiiiiilllllllllllliiiiiiiillllllllllliiiiiiii!!!!;;;;;,,,,
,.-‐-., ,.-ー-., ,.-‐-., ,.-ー-., ,.-‐-., ,.-ー-., ,.-‐-., ,.-ー-., ,.-‐-., ,.-ー-., ,.-‐-., ,.
iiiiii::::ヾiiiiii::::ゞiiiiii::::ヾiiiiii::::ゞiiiiii::::ヾiiiiii::::ゞiiiiii::::ヾiiiiii::::ゞiiiiii::::ヾiiiiii::::ゞiiiiii::::ヾi
|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZ
|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZZZZ|lZZ
"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"""゙"゙"゙""゙"~゛
  −=−  =−==−    −=  =−=     ==−= −−
   −−−  −−−     − −−− −−    −− − − −
:..::.....::...... .. . . .. . .. . . ..  . . :. ., :  : .,  . . _  . ,、 . . . . .. ...... .:..:.
〜w〜〜wヾ〜〜wv〜ゞ〜〜v〜〜w〜ッ〜〜ww〜〜ヾ,〜w〜ヾ〜,〜:~ww
::;;_::::;:;;;;;_;;:;;:;:-:;;;::_:::;-::;;;:..;:::...:ー−::::.::;;_::::;:;;;;;_;;:;;:;:-:;;;::_:::;-::;;;:..;:::...:ー−::::.:::::;;:
^;;;:〜::::;;~;;;;::;:〜^;;;:〜::::;;~;;;;::;:〜^;;;:〜::::;;~;;;;::;:〜^;;;:〜::::;;~;;;;::;:〜^;;;:〜::::;;~;;;;:::;;::



.

124 名前: ◆.9jeLz5xws[] 投稿日:2009/10/14(水) 19:51:23 ID:wvzsPI8M



     ____         【鈍行を行き先もロクに見ずに、乗り継ぎに乗り継ぎを重ね、
   /      \ ( ;;;;(     辿り着いたのは、とある寂れた無人駅。】
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)    
/    (─)  (─ /;;/     「もう何でもいいお、開いてる飯屋があったらそこに飛び込むお。
| u     (__人__) l;;,´|      こっちは腹はペコペコ、喉はカラカラなんだお」
./      ∩ ノ)━・'/     
(  \ / _ノ´.|  |       【降りた駅が悪かったのか、そこにあった待合室の中で、
.\  "  /__|  |        外が暗くなるまで寝入ってしまったのが悪いのか、
  \ /___ /        駅の周辺には、開いている売店も飯屋も全く見当たらなかった。】




             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ    「…うん、ボクも、それでいいと思うよ」
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|   【人間、例えどんな事があっても生理現象には勝てない。
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|    それは、特別な力を持つ彼らだって同じ事。
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!    落ち着きは何とか取り戻したが、相変わらず肩を落とし
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/    とぼとぼと歩いている蒼星石の腹からも、申し訳なさそうな
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l     栄養補給を求める音が鳴った。】
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
          …グゥ  ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|



129 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:51:14 ID:wvzsPI8M



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \   「しかし、本当に何もないなここは…」
    (●)(● )   |
    (__人__)     |   【飯はともかく、事件に関する情報収集ぐらいはしたかったのだが、
     (`⌒ ´    u |    この分だとネットカフェどころか、ホテルさえ見つけるのも難しいだろう。
.     {           |    その上、更に追い撃ちをかけるように、さっきから通行人の姿すら見えない。】
     {        ノ 
      ヽ     ノ     【蒼星石のこともあるし、他人と関わるのは出来るだけ避けたいのだが、
      ノ     ヽ      背に腹は変えられない。次に見かけた人にとりあえず声をかけて、
       /      |      食料が確保出来る場所など、色々尋ねてみようと決めた。】




       ____
     /     \       「…いざとなったら、あのシャッター閉じてた酒屋に――」
   /_ノ  ヽ、_   \      
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)      |    【…ただでさえ面倒な事態を、これ以上悪化させない為にも。】
  \ ヽ|r┬-| /   /     
  /   `ー'´      \



130 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:51:59 ID:wvzsPI8M



        .____
     ;/   ノ( \;       【…そう決意してから約1時間20分後、閉まっているパン屋を発見し、
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;       無理矢理シャッターをこじ開けようとするやる夫と、】
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;    「止めるなおっちゃん! あの中には、あの中には食料があるんだお!!」
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;




          ,.'´           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/
         く        ,.-────-、、、/
          \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、          【精も根の疲れ果てたのか、地面に座り込み、
            `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\         一歩も動こうとしない蒼星石をなだめていた時――】
             /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
          /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
          ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l         「ごめんね、やる夫、ない夫。
           |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l          ちょっとだけ、後ちょっとだけ、休ませてくれるかなぁ…」
          |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
             ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
                ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
                  l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
                    |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
                    |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\  `ヽ
                    l::.:) 7/l l」 !.::: .:.:.:.::::::::::l::::::i:::::::.:.ヽ ノ
                  (     |:l l:|_/.:: .:.:.:.:.::::::::l::::::l:::::::::.:. V
                  ト.、   |:| |:リ.::: .:.:.:.:.:.:.::::::l::::::l::::::::.:.:.:.\
                   /i 〉、   /.::: .:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|::::::::::::::::.:.:.
                  /.::|/:::(_ノ.:::: .:.:.:.:.:.:.:.:.::::::|:::::|:::::::::::::::.:.:.:
                   んュ、::::::::/::/.:.:::::,.-─‐- 、::::::|:::::|:::::::::::::.:.:.:.:



131 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:52:25 ID:wvzsPI8M



   タッ,タッ,タッ,タッ…

   l:.:.:.:.:./:. i:.: ,':.:.:.:.',:.:.:\ゝ.l:.:.:.!':l:.:./ l/   ゝ. _l:.:l:.:.:.:.:l
   /:.:.:,:.,':.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. i:',:.:.:.:lー-!:.:.:.:.:? .'      /l,イ:.:.、:.:.!      【向こうの方からのんびりと歩いてくる、
  ./:.:,ィ:.:i:.:.:.:.l:.:.:l:.:.:.:. l:.:.!:.:. !  l:.:.i:.:.:.:.l     _ ノ:.:':.:l:.:. i:. ',      女性らしき人影を発見した。】
 // {:.:.',:.:.:.:.!:.:.l:.:.:.:.:!:.:.l:.ハ:!  l:. l:.:.:.:.l      .冫:.:.:. l:.:.:.l: i ',     
/   !:.ハ:.:ハ:.:',:.:.:∧:.,!' '  ?:.:.:.,'      /:.:',:.:.: l:.:.:.l:.:ト、',    
     レ  ヾ ヽハ−-< _     l:.:.〃ト    .,':.:.:.:l:.:.:.!:.:./!:'  .'、    【その姿は、いよいよ明かりの点いている住宅の
        /::::::::::::::::::`::..、  .l:./ハハハ:.: ̄:.:.:.:./}:.:.'.:./ }'        インターホンでも押そうかと迷っていた俺にとって、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::\!' .l ' ' ノ:.:.:.:.:.:.:/./://         本当に救いの女神にすら思えた。】





            / ̄ ̄\     【だが、仮に彼女が救いの女神であったとして、
          / _ノ  ヽ、_\    脇目も振らず助けてと足にすがりつく訳にはいかない。】
          .|  (●)(●)  |   
          |  (__人__)  |    「あのー、ちょっとよろしいでしょうか…?」
          っ   `⌒´  u |   
         / ミ)       /    【このご時世だ。不審者と思われて通報、
        / ノヽ      /     なんて事になったら、それこそ目も当てられない。
        | |/      ヽ     俺は出来うる限り恐る恐る、彼女に声をかけてみた。】
        |  | /|     | |     心の中で、強く手を握って祈りながら。】



132 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:53:02 ID:wvzsPI8M




             _........-――.--..、_
         ,...:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー.、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.、
        /:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:i:.:.:.:.:.:.i',:.:.:.:. i:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    ./:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.ハ:.l:.:.:.:.:.:.:l ',:.:.:.:.l:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
    i:.:.:.:i:.:.:.:.,:.:.:.:.:.l:.:.! !:.',:.:.:.:.:.:.l ',:.:.:.:!: l:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:ゝ
    l:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.!‐l―!-!‐':.:.:.:.:!-‐,―!‐l‐-i:.:.:.:i:.l:.:.lヾ、    「ん…? 僕に何か用かい?」
    l:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:ハ:.l  ヾ! ',:.',:.:.:.!  ',:.:!N.!:.:l:.:.:.:.l:.:l:.:.l  \
    l:.:.:!:.:.:.:.: !:.:. ,'ィオテミ斥 ',:.',:.:.',ィテ≠ミx、!:.:.:.:.l:.l:',:.:l     
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:l ≪  し':ハ  ヾヽ:.', ん心 ≫:.:.:i:.l:.!:.',:.l     【彼女? は僕と一人称を名乗ったので、一瞬、すわ男と女を見間違える程
    l:.:.:.:.:.:.:.:rz:.:.i  .弋zソ    ヾ!弋zソ i i`):.!:.l:l:.:.l',:l      疲れていたのかと思ったが、女性特有のなめらかな流線型のボディラインは、
    /:.:.:.:.:.:.:.:{ ',:.', 、、     ,   丶 、、 .!/,.':!':.:!':.:.:l ':!      彼、いや彼女が女性であることを絶対的に主張していた。】
   ./:.:,イ:.i:.:.:.:.ゝ、ゝ',               从,ィ:.:.:.:i:.i:.l
  // .l:.:',:.',:.:.:i: ',¨ヽ     ' '     ,.イ:!/,':.:i:.:.i:.!:.l      【元男…いや、単に変わった人なのだろう。というかそう思う様にしよう。
  /'   l:.:.ハ ',:.:.',: ',:.:.',.>      ,..イ:./:. //:.:.,l:.:.!:ハ',      どの道、彼女? は俺達にとって救いの女神になるかもしれない存在なのだから。】
     l:.:ハ:.',:.:.',: ',:.:.', i  ` ー .i〃〃//イ:./l:/l:'  \
     .!'  .ヾ\lヾ',:.:.',.}     l/ /'  /' .}/ .}' !
          `  ',:.:','       ゝ..._____'
       ,.-‐‐┬、´ ヽ',          ,ヽ ̄`ヽ
      /::::::::::::::! ) -‐ヽ‐ 、    `´ ̄ ζ::::::::::::',
     .{:::::::::::、:::ヽゝ         ___ )::::〃::::::i
      !::::::::::::ヽ::::ゝゝー――‐‐ '´   `',:ヽ:::::::::l
      . i、::::::::::::i::::::',_          _ ,.',:::',::::::::',
        }:`:::::::::::!:::::::::: ̄`::::ー―‐': ̄::::::::::::::::}:::::::: ',
        i  ,.-‐‐−、,-..、::::::::::::::::::::::::::_,..-−-、i:::::::::::ヽ



.

133 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 20:53:31 ID:wvzsPI8M




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)      「あのー、つかぬ事をお聞きしますが――」
. |     (__人__)
  | u   ` ⌒´ノ       【俺は、極力丁寧に、この辺で食料が帰る所、
.  |         }       又は食事が出来る所、後泊まれる様な所は
.  ヽ        }        一体どの辺りまで行けばあるのかを尋ねた。】
   ヽ     ノ  mm   
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   【すると、彼女からの返答は――】
   |    | ̄ ̄ ̄     



.

134 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:05:28 ID:wvzsPI8M



          _,,.. -ー― -ー―- 、- 、
        ,.: ::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙':::`ヽ、
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    /:::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::lヽ:::::::、::::::::::::::::::::::::゙i、       「くつくつくつ…生憎、こっちからもちょっと
    /:::::::::::::::::::l:::!:::::::::::l::::l ゙、:::::i:::::::::::::::::::::::::::゙,        聞きたい事があるんだけど、いいかな?」
   ,':::::::::::::::::::::l:::i:::::::::::il:::i  ゙、::::i:::::::l:::::::::::::::::::i
    !:::::::::::::::!:::::li:,'i::::::::::,':l::, ̄``゙、::i::::::!::::::::::::::::::゙、
   イ:::::!:::::::::l_;;;l lj l:::::::,' l:'    ゙、:i,::::i:::::::::::::::::::::ヽ      【なんと、質問を質問で返された。俺が変な事態に困惑し、
  ,'/l:.:.i:.::.::.::l:.:.l i,' l:::::,'  l! ,,ィttーァ、-:.:l_,,.._:::.:.:.:.i:.:i:.゙、     提案を承諾する暇も無く、彼女は言葉を続ける。】
  / .l:.:.l:.:l:ヽli.:;ィftt-、'  '  弋'o;;ノ l:.l:.l -、゙,..:..:.l:.:.ト:.゙、
 '   l:.、!:.l:.:.:l.iヾ;or';ナ     ~´ .i::.:il _iノ.,':i:::l::li:::l `ヾ、
    l、,'、:li::::l,  `¨´  '      ,'::::l, - '::イ::.l゙:l.l:.l      「…おそらくあなた達は、この辺りの人間じゃない。
     l:.、:!゙、:l      _,    ./.:.:l::l::,i::/ l:,' j! ',i      そして、観光客でもない。更に言うと、何かしらの
     l:.:l、:、:.:l` 、,'^、.     /l::::::l:.i/l,'  i'         事情を抱えて、ここに辿り着いた…違う?」
.      l::l ゙、ヽ:.,-'-t, lー,- - '゙l´ ,':::::!l:_,,..-ー-、 
      l:!.  , ',_ーt ト'゙./,,-tー-'  jl::::,'、l:.:.:.:.:.:.:.:i
      .i' .l ._/l ,l.ノ. ,'::::::/、,,、_,,,_ l::,'::::`.:.:.:.:.:.:.i
       iト、゙-'´_,,-'゙ィ:./,XXXXXl'l::,'-:.:.:.:.:.:.:.i
       `、ヽ‐-‐´:.:|:':`゙ー--ー''゙:::i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
        i:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.i
        .i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::,:.:.:.:.:.:.:.:.:i
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:i
         ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'::.:.:.:.:.:.:.:.i


.

135 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:05:39 ID:wvzsPI8M



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     【何と彼女は、俺達の現在の状況を、
 |    ( ○)(○)     初対面にも関わらず、大方当ててしまった。】
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}     「な…!? な、なんで分かったんだろ!?」
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く       【それだけでも大変な事態なのに、更に俺は、
   |     \        それが事実であると自分から露呈してしまった。
    |    |ヽ、二⌒)   …まったく、本当に救い様がない。】




           /                                 ヽ
         /                                 ',     【すると彼女は、くつくつと、独特の笑い方で
         / /                /              ハ     笑いながら、種明かしをしてくれた。】
      .  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
       / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |     「まず、この周辺に店なんて殆ど無い、あってもこんな時間には
      ..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |     閉まっている事は、地元の人間なら当然知っている。
          !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |     よって、地元の人間、または出身で無い事は分かる」
          !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !     
         八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i     「次に、この辺りに観光スポットなんてないし、
      .   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !     ホテルだって、ここから3駅ほど行けば困る事はない。
      r‐ 、    'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',     よって、観光目当ての客でもない」
      ヽ ヽ    ./  从   '              i !   / |  |   ハ   
         ハ  V  /  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',   「後は…推測かな? こんな何も無い町に、訪ね人もおらず、
        |  |  ./  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ    未成年二人を連れて旅している男…なんて、何かしらの事情を
        |/ __\/´`! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )   抱えていると思っちゃうよね」
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    /  {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」        \  _」\         【すらすらと語る彼女の目には、不思議な事に、
     {    イーノ::  V ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、        邪気や敵意などまるで感じられなかった。
      \  `ヽ:::.   } /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ       そう、まるで推理ゲームを楽しむ子供の様に。】
       \   ヽ  ハ



136 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:05:50 ID:wvzsPI8M



                 ...:.‐:.:.:.:.:.: ̄:.:.:.:.‐:....
           ..:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     「…まあ、別にあなた達の事情を詮索する気は
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     さっぱり無いから安心して。」
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.
         li:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:.:.:.:,イ:.:'  ヽ:.:.:.:i:.:.:l:.:.:.:.:i    「それよりもあなた達は、今大変な事態に直面している。
          l:l:.:.:.ヽ:ィ:.:―l !:.:.:.:.:/// −- 、:.:.:l:i:.:l:.:.:.:.:l    この近くには店も泊まる所も無い…という事は、あなた達は
         l:ヽ:.:iヽ:l \:.! ヽ/./'       ',:. l:.!:l:.:.:.:.:l    しばらく食事や休憩にありつく事は出来ないと言う訳さ」
           、:ヽ:l:.:l ≡ ≡    ≡≡≡ lヽ!:.リ:.:.:.:.l
            l:.:.:ヽ:l                .':.:.:rx:.:.:.:.l
           l:.:i:.:八   、  ,、  ,   .':.:.:.'_ノ:.:.:.:l     【そうだった。今は何よりも食事、次に宿泊、というか情報収集だった。
            l:ハ:ハ:.≧:....... ̄   ̄  ......':.:./:.:.:.:ト、:.l     寝るのは最悪野外でも構わないが、情報収集はテレビや何やらが無いと出来ない。
            '  ヽ ヾ`ヽ从ノ:i ̄ t: :i从ハイイ:! ヾ     一応携帯電話は持っているが、充電が切れた今、それはただのゴミに過ぎなかった。】
                , : ´: : l__ .' : ` : 、
             ∧: : : : :l  / : : : : :/ヽ
              /:::::\ : : l /: : : : /::::::ヽ




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     「なるほど…ありがとうございました。
   |    ( ー)(●     うーむ、でもそうなったら、他の所に行くしかないな。
   |      (__人__)     電車はまだ動いているだろうか…」
.   |  u      ノ
    |      ∩ ノ ⊃    【と言っても、それはあまり良い判断とは言えなかった。
  /     ./ _ノ      憔悴しきった蒼星石を遠くまで歩かすのは酷だし、
  (.  \ / ./_ノ │     かと言ってやる夫を置いていけば、
  \  " /___|  |     今にも商店を荒らしかねない勢いだ。
.    \/ ___ /     ああ、本当にどうしたらいいんだろうか…】



137 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:06:04 ID:wvzsPI8M




              _____
           , <´      `  、
            /                 \
       /                 \       「くつくつくつ…もしあなた達が良ければ、僕の家に来ないかい?
        , '         メ、   `丶   ム       ここから割と近いし、生憎と、昨日カレーを作りすぎてしまってね。
     /  /    i     ハ\ト、 ヽ  \〉 ',       どう処理したものか思案したいたんだよ」
      / , /     l     i l  \   〉  ム ',       
      l ,イ  i   l     リ-―->、 f^ヽi_j  ,     「勿論、あなた達が良ければ、の話なんだけど…どうかな?」
      | l |   |    |    | iリ     刈rヘ \`ヽ!
      | l |   |  /ト、i  l   _fr‐マ_ ト、 `   ト、
      | l |   ト、从ハハハノ ,才代r'ツ,仆      |仆、    【その、あまりにも俺達に都合の良すぎる展開に、俺は、
      | |八_, |rヘ,ィf^ぃ     ´¨´.::::::. l       !州iト、   これは美人局の類か、とか、もしや少年趣味? 
    ノ  i | rへrヘ込r' ,         j    _之_     という事はやる夫か蒼星石を…とか、様々な悪い想像
     ,イ i  i l  Yiヘ   `  _   ,イ >、/    \   を頭に思い浮かべていた。】
  / | i  i l   i i iヘ.    `ー'  //,才´     r―`ー
     | l  i |   ,ハハハ >――‐く⌒ヽ∧_   / ̄`ヽ,'   i 
      乂l |l |VV^^^^^^^^レYVVレ'  /  〉 〈    i   i  【…今にして思えば、いくら頭の中だけでとは言え、
        乂N         〈i   〈  〈   〈   i     /i   本当に失礼な事を考えていたと思う。
                 |   ', ∧. ∧ J    / : :   俺なんかの下らない頭じゃあ、いくら下げても足りないだろう。】
                 |   Vゝ/V  |   /



.

138 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:06:15 ID:wvzsPI8M



           ∨三三三三三三三三三三ニ/
      __  lニ>‐ '´ ̄ ̄ ̄` ー<三三/
     〈三三二ニ―‐- 、 ___     `ヽ|
     ∨三三三三三三三三三三三三二二ニ¬
       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/     「…カレー?」
.       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|       【まず初めに、蒼星石が食いついた。
         !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./        こんな状況であっても、好物への興味や
       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′        執着は捨てられないらしい。】
       ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
           \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/  
            __,. '´_>v< `ヽ、′  ピクッ
       ┌イ  //了,ハ\\ヽ `┬ァ
       /7 |  { く/ノ/引ヽヽノノ  | }-、
.      /:.:.:.:{ |  `ー'´//l弓| |`ー′  | } :.:l
     /:.:.:.:.:.{ |     // ]弓ト、ヽ     |「 :.:.|




      ___
    /     \       「…腹が膨れるのならなんでもいいお」
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \    【次にやる夫が、蒼星石に乗る形で賛成に回った。
 |      (__人__)    |    こうなると俺には、多数決の論理を適用しなくても、
 \      ` ⌒´   /    反対する術など無かった。】



139 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:06:30 ID:wvzsPI8M



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \    「あの、すいません、それじゃあ、
       |    ( ⌒)(⌒)    お言葉に甘えても良いでしょうか…?」
          |     (__人__)  
        |   U  ` ⌒´ノ   
          ,|         }    【…まあいざとなったら、やる夫が『あの力』で
       / ヽ       }     何とかしてくれるだろうと、他力本願な安全策も
     く  く ヽ     ノ     ある事だしと、俺も提案に乗ってみる事にした。】
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




              _ ......-.―.-..、_
         ,..:.:,.:.: ̄:.:.:.:.:`:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:`ー..、
       . :':.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ        「くつくつくつ…僕としても助かるんだし、
     ':.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:.:.、:.:.:.:.:ヽ        礼なんていらないよ」
    /:.:.:.:.':.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:. ハ:.:.':.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:',
    .':.:.:.:.:i:.:.i:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.: ハ:.:l:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:'
    l:.:.i:.: l:.:.l:.: !:.:.:.:.:.:.:.:.: l _ヘ-‐―−:.:.:.:': l、:.:.:.:.:.',:.:.:.:.l       「ああそうだ、まだ名前を聞いてなかったね。
    l:.i:i:.:,l-┼‐-、:.:.:.:.:.:.: l  ヽ:.:.ト、:.:.:.:.:.l:.l:.',:.:.:.:.:.!:.:.:. l       僕は佐々木、あなた達は?」
    l:.i:i:.:.:l:.:.ヾ:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.! ,.ィ=≠ミメ:.:.:.:.:.ト:!:.:!:.:.:.:.':.:.:.:.:l
    l:.i:i:.:.ハ:.:.:.!ィテヽ:.:.:.:.:'  γ':::::::::!〉:.:.:.:l:.!:.:.!:.:./:.:.:.:.:.:!
    レl:.i、:.:丶〈 r'::::i \/  弋:::::シ.!i:.:.:.:'l:.:.:.:!:.':.:.:.:.:.:.:、ヽ     【こうやって互いに自己紹介(と言っても、
     !ハ:.、:.:.ヾ! ゞ'ノ  '    /// ':.!:.:/ }:.:.:.':.:.:.:':.:. i:.:.lゝ\    俺達はほぼ名前を言っただけだけど)を交わした後、
      ヾ\ハ〃ゝ        i:.:!/:.rl:i:.:.:.:.:,':.:.:∧:.:l       鼻歌混じりに夜道を歩く彼女の後を、
       i:.:.:.:.人  ―−ァ    l:.:':.:,:il l:.:.:.:/i:.:イ/ ヽ!       男一人と少年一人と少女一人は、
       !:.,:..:.:.:.:.ト  ` ー    /l:.:.:/!ハl:.:.:/< ̄`:.、        言葉も少なめに着いて行く運びとなった。】
       !ハ:.:.:.:.:i:::::`...、   イヽ !:./  l:./::::::::::::::::::::ヽ
         ヽ:.:.:',ヽ:、::::::T::::::ヾ 、>!'   ∧::::::::::::::::::::::::::',
          ヽヘ ヾ\:! ヾ`フ:.:.:.,'   /::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ
             `ヽ  `  {:.:.: i  i:::::::::,、::::::::::::::::::::::::::ヽ
                     ',:.:.l___l::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::
                   ヾ〃〃l:::::::::::::::丶:::::::::::::::::::::
                      l:ミ:ミ:ミ:l::::::::::::::::::丶:::::::::::::::::::
                      l〃〃l::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::
                      } ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::
                   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::
                       ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::
                     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::



140 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:06:42 ID:wvzsPI8M



        ____
       /    \      【彼女の家に辿り着くまでの道すがら、
.    /          \     やる夫はずっと、何かを考え込む様に下を向いていた。】
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |   「…………」
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●    「どうした、やる夫?」
   |      (__人__)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃    【その時の俺は、こいつも腹が減って力が出ないのかとか、
  /     ./ _ノ     この佐々木という女性の胸部が大きいから、いくらやる夫と言えど、
  (.  \ / ./_ノ │    あまり直視が出来ないのか、とか考えていたが…】
  \  " /___|  |
.    \/ ___ /



141 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:07:25 ID:wvzsPI8M



        ____
       /    \      「…なんでもないお。おっちゃんには関係ないお」
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (ー)  (●)  |   【今にして思えば、やる夫はこの時点で既に気付いていたのだろう。
.  \    (__人__)  /    そして、俺がこの先彼にとってどういう存在になるかも、
.   ノ    ` ⌒´   \    薄々感じ取っていたのかもしれない。】
 /´             ヽ




     /                                 ヽ
   /                                 ',
   / /                /              ハ
.  / .:/ /       /        〃ヽ    i           |
 / .:/〃     __// //   //,′ ヽ ! i           |    「さっ、もうすぐだよ。
..///7,′     ´「 7`ヽ/ .i  .://ム-‐‐‐',ハ|、           |     家に着いたらすぐ準備するから、
    !|   i     |/ |/j/! !:i .:.//'′     !ハ「     |        |     ちょっとだけ待っててね」
    !|   i !    ィ斧ミメノノ | //  ,ィf云ミメ、」   |       !
   八  i i i i i j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|    ト、     i
.   ハ. |ハj ヘ |仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ !     ! ハ       !    【佐々木はそんなやる夫の様子を気にする
     'j  ,ハ| :i                    ハ   j_ノ      ',     そぶりも見せず、陰気な雰囲気の俺達を照らす様に、
       /  从   '              i !   / |  |   ハ    明るい笑顔を自然に振りまいていた、】
      ./  / ヘ.  、   _,         从.  /    | !:ト、 ',
      /  /! i   \            .イ  i !/ヘ    i j i | ヽ
     .厶イi: ! | i i ヽ.       .イ ノ ノノノ  | i  ! !ハハ!  )
      八!`ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
                     )ハ    /  {
             ,.-‐''て  _」        \  _」\
      .〃 ̄ ̄´ .ゝー‐''"´ ノ          ̄ノ   ゝ.、
       / {  /  〈  ー 、   _____       〈   ノハ



                                                   …続く。



142 名前: ◆.9jeLz5xws[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:08:54 ID:wvzsPI8M


…以上で、第三話終了です。
色々とトラブルが多くて大変申し訳ございません。

次回に関しては、今週末か来週に投下したいと思います。
日時が確定したら、また当スレ及び案内所で告知しますので、
よろしくお願いいたします。

では、もし機会があれば、また会いましょう。



143 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:13:53 ID:07ya9GrU


本当にお疲れさま
トラブルと大変なんだよね



144 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:17:43 ID:DiGnJfbs


乙でした。
佐々木いいな、どう絡んでくるのか・・・



145 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:20:28 ID:mLJ.27A6


おつー
じっくりやってくれたまえ

やる夫の思惑が気になるところ



146 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:26:06 ID:kkiHw1Vo


お疲れ様でした



147 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 21:50:04 ID:o7dbm0g6


乙でした



148 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/14(水) 22:13:30 ID:ckzc9FNI


やらない切捨てフラグ!?
なーんつってー乙


第四話につづく






以上の内容はhttp://blog.livedoor.jp/aamatome/archives/802413.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13