以下の内容はhttp://applepolishing.blog.fc2.com/?no=723より取得しました。


魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 番外編 【いつか、やがて、きっと】

951◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:34:51 ID:n4tYWkF20



                                           , r '_´丶
                                      , r'´' ´ j ,'
                                         / '  , -.//-,            _
     ,A- 、                          /   / ', ', 'j .j            /./ヽ_ ,、
.    <  .ヽ  `丶 、                       /   /   ,.','___j ,'          _ ,ゝ‐' ´ / ヽ
     ヽ  '- 、    .`丶,-- .、_               /  ./   , //-‐ノノ ゙,   _, .---、' ._, --、 ,'  /
       ヽ__  丶 .'、ヽ、 ヽ', 、、.V,''''''.、,----, ,---,./ __ .// r‐.//'lj j ̄´/. .n  .,'r './  / V . ./
        \  ',  .', .',  .', `.' ノ.', ヘ.',.', .n__', .n l.l ',l .l /.i l/, ' / 丿ニ/ < --' , '/ / /ヽ, '
.           ',  .' ,  .', ',  .',  .n ヽ,' L,.',', .l , .ll .l.l .l.l  /'l ll / ,i / /_l ゝ'i  ,'τ' / ./ /
          ', .,ヘ   `-'  .ノ', .',', .',l ri__', _ノー-.',l/__l !_./ 、_/ / ‐‐,' '' / / /ヽ / /
           <  ',  _, --'/ ./'''/'''/ ̄./ /  jl /n l', l/r'/ ',/ / ̄ ‐' '---'  .j./, r ' ヽ./
           ', /´ / _ノ .ヽ- ''-.'--//フ/‐ / /¨ ` //.l / ──-、'、_  ノ',´   /
               レ -' `.´       l ',r───コ ./  r──‐コ        ´  ヽ./
                          >‐ ' ',   .', ´/  フ' /´
                       ,' ',//_ゝ   ',   // ./
                          丶__, -‐ ',   ',/ / ./
                       / l    _',   ', / ./
                       ', 丶-‐ ',- ',   ' /
                        `ー' ´   ',  /
                                  ',_/

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────

                              ~ 番外編 ~

                           【いつか、やがて、きっと】

   ───────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───────




.

952◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:05 ID:n4tYWkF20

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """



""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""





       |      '    u  |
    ,ィTl'ヽ\  ⊂つ    /`ヽー;、         ハァ……ハァ……
    kヒヒど,  u        {⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ      /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
       〈、    /
        \、__ノ


.

953◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:30 ID:n4tYWkF20


                               ,
      |:::|:::::::::;∨:::∧       '   ノ:::!     -
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧       。 ∠:::::!   `
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!             ……ん?
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}
     ゝ-";イ : : : : : : : : ̄:\::∧: :イ:.ノー―-、!
     {: : /::{ : : : : : : : /: : : : }ハ:」 :x"ヽ    几h
    /: :Y/:::::ヽ : : : :./: : : :_;r‐'"    i  .イ: :´: ヽ
. /: : : :./::::::::::入_/ : : : :.人_ゞ二  ̄ヽ'ー‐┐-、}
.ムヘ : :./:::::::::::ゝ- : : : : ;イ `ー-: : : : : : ): : : 〉  )




            ___       _人 ,
        /      \        て
       /⌒   ⌒  u. \      (´         っ……!
     / (○)  (○)    \  `Y⌒
     |      ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \





     \\          | |       /'!     /
       \\..        | |      ./ !    //
        \     |\   |     //| |___
         \    |  \ |    .// .l_   /
       ____| |\\/\//  / /
        \  ____|  \/\/ / /  _______
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\


.

954◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:35:45 ID:n4tYWkF20

           ./ ̄ ̄ ̄\
          /  _ノ  ヽ、_ \
         /   (>)  (<) ヽ n /^, /人
   人     |    u   __´___    | l  .^-,            ふぎゃっ!?
   \ ζ^ヽ \    (   /   / ゝ  えノ  /
    )  ヾ ど,              ̄  /   (
 - <    `´ ̄ヽ         ーー'       > -
    )        >      〈___     (
   /^      /   へ   f   ヽ    ^\
        __,∠   /   \ l   /
       〈、   /      `ー ’
        \、__ノ



           /:/::::::::/:::/::::::|:|::::::::::}::::::|:::::ヽ:::`:<: : : ミ}
          /.イ::/:::::::/:::/{:::::/|:|::::::::十::┼-::::::::::::::::::ヾ: ヽ
         〃 /::/:::::::/:::/7「`:{ l:l::::::::/}:::::ハ::::::::::i:::::::::::::∧ソ
          i{  .{:::{::::: /:::// x=ミ、l:| ::::/ i:::ノ }::::::::}:::::::ヽ::::::} _(:.\                い、いたたた……
            ヽL::::{::::{:ハ〈 ん:!  ̄  '´   〉::::::ハ::::::::ハ:::::廴:_:r-:.`---:、_
              ./::::/:::! じ'     z=-、/:::::::;'`|:i::::::::i:::::}:.  >===:、: : \      な、何ですか……いったい……?
           /::::/::::::::{     '     u /::::::/.) |:|::::::::}:::: r---`ー‐-:、: : : :ハ
    ___....:彡'::/::::::/込、   r-っ  /:::::::/-≦:|::::::/::/ `ー--:、: : : :.{: : : :.|、
 /   ̄ フ:::::::::/:::: /:::::::::::::>。.   /,':::::::/: : ://:  ̄:>、__  \_`_: : : :.ヽ
/    /::::::::/::::::/:::::::::::::/: :  ̄:/: :/::::::/:_://:/:/´: :/: : : : :`i    ヽ: : : : : : \
    ./::::::::/::::::/::::::::::::::::ミ:=: : : : x<//::::/: : :/: :./: /: /⌒ヽ-、    }: : : : : : : : 〉
   /::::::::::/::::::/:::::::::/:::r‐':`ー‐彡': :.//::::/: /: : : : /:./    / ゚/ ` ーミ: : : : : : : :/':.
  ./::::::::::::{/{(::::::: /:::ミ: >: \:_:彡'//::::/: : : : : : : /:./    / /    └----彡   ’,
 /::::::::::::::::::;::::::::/:::::::::/`ヽ: : : >-//::::/: :ー―‐:.彡'´-    {::...{       ヽ       '.
./::::::::::::::::::/:::::/:::::::: /    /´  .//::::/ ̄ ̄`¨´   .  --- ∨∧         `        }



           ____
           /_ノ 三ヽ_\
        /( ○)三(<)\         っ……に、人間……!?
      /      __'__  u \
       |  u   /___/     |       こ、こんな……こんな、時に……
       \     ,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

955◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:08 ID:n4tYWkF20

: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L,xf斥ミ<::_//::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《 ∧::(`   ̄ィ斥ミ:::/:::::::::/
:::::::/ /!::::::::::l  {:::::リ     爪,リく:::::::::/        だ、大丈夫ですか?
:::::::!  l:::::::::::!  ゞ゙'     {;;/.:::::::i⌒
::::::::ヽ l::::::::: | u     ′ ハ:::::::!            なんだかお急ぎのようでしたが……
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



             ___
        /      \
       /ノ三三ヽ_  u \           っ……う、ぅ……
     / (>)三(<)    \
     |      ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \









          ____
        /      \
       /   _,ノ三三ヽ\          き、来て下さい……!
     /     (○)三(○)\
      |      。゚  __'__   u |        助けて……僕の、仲間達を……!
     \      L::::ノ  /
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |














.

956◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:29 ID:n4tYWkF20















    ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,
 .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
   .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
 、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
 ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |                  __
   .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´                 / r'
   |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|        _,,--、_  イ  |
   ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ          r'    ヽ .i、  i、
    \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜       _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i
     ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|           ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l         …………
        _,.       _,.          _,.       __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
   、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.                 ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
         _,.       _,.                         /  | ヽ__,,イノ /
                                          i  .ヽ  ,- ‐、~<
                                       ト -、゙ーi    ノ
                                          <~_,-‐'^l-  '''ァ
                                        ~   ヽ-‐''''~










――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       や、やべえ……あいつ、俺達がここに逃げたって
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         勘付いてやがる……
        ` 、. ______,   '



         _
        / l
      _ノ  {
    ィ´ u  ヽ         首をつっこまれちまったらおしまいだ……
  /::::::::::::::::::: u ヽ
  {. r―- -、    j        頼む……早くどっか行……
  ヽ ` ニ二_ _ノ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


.

958◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:36:51 ID:n4tYWkF20

               {     u /::/::::::/ヽ/:::::::::::::::::::::/
              .      /::/::::::/ノ ノ::::::::::::::::::::/
            人 ̄) /イ:::::::/-イ::::::_:::::::::: {        ――待って!
          _ /:::: `ー'/::::::/」:::::{ ̄: : : :`ヽ:::ハ
      / フ:::::::r': : :〃::::::::/ ̄: \::\: : : : :ノ::::::}!
     // /:::::::::: {: : :./:::::::::/ : : : : : :\::\: : :}::::::ノi!
      {:{/:::::/ ̄ ヽ:/:::::://-―――; .:.\::\':/ |
     .}{::::/   〈: : : {:::::// : : / ̄; : : : : :.):::::}、  :!
      ノ Ⅵ   /ヽ: :|::::{:{ : ̄/ ̄: : : : :.:/:::::/ }__.ノ



                    __
                  / r'
          _,,--、_  イ  |
         r'    ヽ .i、  i、
    、  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i          ?
    -    ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
    ´   __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
       ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
           /  | ヽ__,,イノ /
          i  .ヽ  ,- ‐、~<
          ト -、゙ーi    ノ
          <~_,-‐'^l-  '''ァ
             ~   ヽ-‐''''~










         ∠: :∠: : :/: : : : : :∧
      /:二二二二二二二二: 〉
      ): : : : : : : : _:二二二:_{
      }:二二>'´:ハヾ:::|::::::::|:::i
      {:::::|l::::: |::::| |! }::|::::::::|:::|         そこのスライムさんから話は聞きました……!
      人::」L:メ:: 」ノ_,以<:::::|:::|
      !::ハ〈弋)`  弋リ 〉:l|:::|         その穴蔵の中にいるのはこの方のお友達です……!
        |:::|:込.   '_ u/⌒|ヽ
        |:::|:::/.:.≧=-< : : :.:i|: : 〉、         お願いだから、手を出さないであげて……!
        |:::|:::).:\: : : : : : : :.:.l|/〉:ハ
        |:::|:{: : : : >: :.:--<l| :/: : :}
        |:::l〈: : ̄: : : : : : : : :.l|.ノ: : :.{
        |:::l/`ー―――=彡'i!、: : : : \
        l::人  ヽ  `ー=ミ{.リ \: : : :.ヽ



          ____
        /     \
       /  u   _ノ \        …………
     /      u (○)  \
     |               ´ |
      \    u      ̄/
     ノ           \

959◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:04 ID:n4tYWkF20

           r'⌒'´ `ヽ、
            ヽ     ノ
     _,,--、_   、 ,   )
    r'    ヽ  //⌒ ー'
  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i
  ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l            フーッ!
 __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
  ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
.      /  | ヽ__,,イノ /
.     i  .ヽ  ,- ‐、~<
     ト -、゙ーi    ノ
.     <~_,-‐'^l-  '''ァ
      ~   ヽ-‐''''~





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       あ、あわわ……やっぱり無理だ……
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         獲物を見つけたガスミンクは、しつこいし……
        ` 、. ______,   '

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





    / :::::::::::::::::::::| ::::::|  u         ハ⌒'ヾ/:ノ
   ,/ :::::::::::::::::::::八:::::::>.:-:‐― 、`ヽ    !:|::ト、
   / .::::::::::::::::::::::::::::ヽ´: : : : : : : .:ヽ    ..イ:::|::| |              っ……!
  .' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : : : :\「::::::!:: |::|_|
  . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \: : : : : : : :∧::::::::: |::|
  l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\.: : : : : :.∧¨7::ハ:|
  l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\:_:_:_:_:):{ー:、}}
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\: : : : : 〉: }
  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\ニ/:}: |

960◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:15 ID:n4tYWkF20



                     ,iー-ィ'-、
             c     ヽ,,,   .`゙''ー ..,、
                  /./ヽ,_      .`''、
                      ゛ .゙/ /','i、,    `\
                     ''''  ∪\      \
                            ヽ      `'-,
                             ヽ       . \、
                              ヽ       " .`-、
                             ヽ       ゙‐ `'-








                    __
                  / r'
          _,,--、_  イ  |
         r'    ヽ .i、  i、
    、  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i         フギ?
    -    ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
    ´   __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
       ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
           /  | ヽ__,,イノ /
          i  .ヽ  ,- ‐、~<
          ト -、゙ーi    ノ
          <~_,-‐'^l-  '''ァ
             ~   ヽ-‐''''~



      r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|          あれはもっと美味しい餌ですよ……!
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
      . L ::」 ∧ ゞ' ,     u ! :::::|:ノ::::::::::        欲しければ、あげますから……
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ

961◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:28 ID:n4tYWkF20
               __
             / r'
     _,,--、_  イ  |
    r'    ヽ .i、  i、
  _,, ‐''''''‐ ,,_、 i、 l、  i^i           …………♪
  ゝ l'ovo'l ノ|.i~^ヽ i、 | l
 __ヽ.i ┬i-'__ノ ヾ_ノ l | |
  ‐'''゚'''''゚'''‐l r'^  ノ /./
.      /  | ヽ__,,イノ /
.     i  .ヽ  ,- ‐、~<
     ト -、゙ーi    ノ
.     <~_,-‐'^l-  '''ァ
      ~   ヽ-‐''''~



                /:フー―ミニニ二:_: : : : : : :\: : : :\
             /:://:::::::::/::|:::::::}::::}::::::::::::: \ : : : : :\ : : :/
            ./:://::::/::/:::┼:::ナ/::::::::::::::}::::::\ : :ヽ: :\:{
           {://{:::/::/,_ノ、:::://}:::::::::::::/:::::::::::::\: : \: :〉
            .i{ i八L/ f:} \' /::/::::::/::::::::::::::::::::::ヽ :./          巣から離れた……!
                 _.ノ  {(  //::/::::::/::::/:::::::::::::::::::::}_/
               {    ー   /::/::::::/ヽ/:::::::::::::::::::::/           中の人たち! 今のうちに逃げて!
              .      /::/::::::/ノ ノ::::::::::::::::::::/
            人 ̄) /イ:::::::/-イ::::::_:::::::::: {
          _ /:::: `ー'/::::::/」:::::{ ̄: : : :`ヽ:::ハ
      / フ:::::::r': : :〃::::::::/ ̄: \::\: : : : :ノ::::::}!
     // /:::::::::: {: : :./:::::::::/ : : : : : :\::\: : :}::::::ノi!
      {:{/:::::/ ̄ ヽ:/:::::://-―――; .:.\::\':/ |
     .}{::::/   〈: : : {:::::// : : / ̄; : : : : :.):::::}、  :!





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         _
        / l
      _ノ  {
    ィ´ u  ヽ
  /::::::::::::::::::: u ヽ        お、おい、どうする……?
  {. r―- -、    j
  ヽ ` ニ二_ _ノ



             }`ヽ、_
           -='     `   、
        , ´   u        ヽ
       /         ::::::::::::::::::::::::::::ヘ       な、なんだっていいさ! 逃げようぜ!
       {   u       , ― - _ ,:ュ
      ゝ           ゝ _ ノ/         こんなチャンスは二度とねえかもしれねえ!
        ` 、. ______,   '

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――














.

962◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:37:39 ID:n4tYWkF20










           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.         ……ふぅ。
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八         上手くいってよかった……
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ
   / ::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Ⅵハ::八



               ____
           /     \
           /        \          …………
         / _,ノ   \    \
          |  (●)   (●)     |
        \_   _´_    u  /
        /          ヽ



    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ伝ミハ::::::l   ,
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ::'xキミL::ノ !d {:ハ::ノ   -       ――あら?
      |:::i::::::∧:::::∧《!::::c}    ゞ'' Y::|   `
      |:::|:::::::::;∨:::∧乂_ソ    ′ ノ:::!            あなたは行かないんですか?
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧       。 ∠:::::!
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}

963◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:01 ID:n4tYWkF20
            ___
        /      \
       /ノ  \   u \         ぼ、僕は、その……
     / (ー)  (ー)    \
     |      ´       u    |     彼らとは、一緒にいられないというか……
      \ u.  ̄ ̄      /
      ノ           \



           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|           …………?
            //:::}::八      '      /:::::/.ノ:::::::!
        //:::::,'::::::l\   - 、  u . イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄









.

964◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:16 ID:n4tYWkF20



     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            僕は、その時出会った人間に事情を話した。
                   草原で不用意に歩いていた僕は、
            野生のガスミンクに目をつけられ追われていた。
     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,








            ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,
         .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、
           .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
         、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.
         ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |
           .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´
           |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
           ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ
            \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
             ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|

   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               逃げ切れるはずのなかった追いかけっこ。
            そんな僕を救ったのは、草原の隅にあった
           他のスライムの隠れ家だった。鼻の利くガスミンクの
           本来の活動範囲からはずれた場所に作られた、
         野生のスライムが隠れ家として作った場所だったのだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

965◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:38:52 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \         ガスミンクはその隠れ家に目を付け、僕は逃げ延びました。
  / (ー)  (ー)   \
  |      '      u |      だけど代わりに、同族の巣がガスミンクに見つかって……
  \    ⌒     /



          ____
        /     \
       /  u   _ノ \         あの二匹はもう、あの巣には帰れない。
     /      u (>)  \
     |               ´ |         こんな場所までガスミンクを引っ張ってきてしまった僕のせいで……
      \    u      ̄/
     ノ           \       合わせる顔なんかないですよ……



            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!/_ノ=ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ          ――それでもなんとか助けたくて、
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!       私に声をかけたんですね。姿形の全然違う
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .   人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(         私に話しかけるのは、怖かったでしょうに……
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ

966◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:08 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \            僕、弱くて……何もできなくて……
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     __´___      |       こうして、誰かの力を借りることしか……
  \     ` ⌒´     /










:::::::!  l:::::::::::!           {.:::::::i⌒
::::::::ヽ l::::::::: |         ′ ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {           ……私だって、そうですよ。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉
: : : : :.\.: : :.∨::::∧: : : : :/: : : /〉「`: : : : \
: : : : : : : ヽ: : :}::::::: i}: : /: : : :// :!: : : : : : : ヽ



             ___      ,
        /      \      -
       /ノ  \   u \   `         え?
     / (○)  (○)    \
     |  。゚   ´       u.    |
      \    ̄ ̄       /
      ノ           \

967◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:20 ID:n4tYWkF20

       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ l_ノ」|L::::::::」 L:::::: 」      あの……実はこの辺り不用意に歩き過ぎちゃって、
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!
        } ::::::{ (|:::: l 、、、       、、{:::::|        帰り道がわからなくなっちゃって……
       .':::::::::ヽ.!:::::| u   、 _ .   人:::|
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|        しゅ、修道院はどっちだったかなって……知りません?
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧



       ____
     /       \
    /  ⌒   ⌒ \          …………
  /   (○)  (○) ヽ
  |  u.    '      |
  \       - ―    /
   /            \









.

968◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:39:57 ID:n4tYWkF20



    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               人里のある方向は知っていたから案内をした。
            その人里――修道院を見つけた時のその人間は
          心の底からほっとした表情で、僕にお礼を言ってきた。
    ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───

                        ┼
                        |
                    /  ̄/ ̄ \
                   ∠. --┬-- ..,,\
                  /|      i    i i ヽ,
                  }::::i      i    i i  {
                  }::::i____l]____i_   ,,....!、! l]..{
               f'''''""゙ -‐―- 、    }{ ヽ、 i__,,,..._
               i f'"´ ̄i ̄ ̄i`'i  YY-´‐_――‐‐ ヽ
            r――| | i 0 |  ,. '"ニニ二二ィ'´ ̄  i {
         r―┴―i'''"゙i i r, .|   ,.r‐、      |  O  .i |ヽ、
         |     |r⌒i i |:|..|   |;;;;;;;|  _    !     .i |  `!
         |_  l].,.,..ヘ;::;!,.!_,. .,_!,..;';゙・;゙;';{  |:|   |   r,  i |  |
  r‐‐ '''''""゙´ ̄Y゙ヽ,.f   __  .___V;.;';'f;:'’;'},,.. |:|   |  .|:|  i |  | ,.,.,、
  }    ,;'゙;":.゙;;';, l:l `} f:::i Y l:::::l:;'・;;';,;';:;';'ミ;'.;ヽ   |  `  i |  |';゙:.;':;:゙:';;、
  {   ;'゙;:;゙;;゙;:';:.;.r '''''''' "" "゙゙   {;:'::。';,:;;';;'`}:.:,;’;;}、,._,, !...,,.___ } |  |:;':゙;::.;;:.';;:;'.,








                         .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
                         {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
                          l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
                          l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|:::::::: | }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
                          { ::八::: リL::」 ,ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|
                          Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄    、、l:::::::::|:::::::|
                          l'¨7:::::∧ 、、、   '    u l:::::::::|:::::::|
                          ./::l::::r'¨二つ  ` ´  イ|:::::::::|:::::::|
                         /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|
                         .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
                            { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
                         /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\
                        {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            感謝の言葉を受け取ることなんて、魔物で最弱と名高い
             スライムが経験できるようなことじゃない。
      初めて味わう心地にくすぐったかったけど、嫌な気分じゃなかった。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
         ____
       /     \
      /  _ノ   ー \
    /    (⌒)  (⌒) \
     |   、、、 、 ´   、、、 |
      \      ̄ ̄  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


.

969◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:13 ID:n4tYWkF20



───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        その人間は、お礼がしたいと言って僕を人里に連れ込んだ。
      初めて見る、数多くの人間がいる光景には思わず身構えたけど、
       その人間が手を繋いでくれていたせいか、不安は和らいだ。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           \_                         /        /
             \_                    /         /
               \                   /        /
                \               /         /
                   \_               /        /
      \_             \___        _/        /
        \_               `ー- 、/          /
          \_                /          /
            \              ヽ    /    |
              `ヽ              \_ /       /
                \                 ヽ_      /
                 `v-、            /    /
                 〈  〉__          /ヽ  /
                  ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                    `ー--く      ゝ一' ノ
                     (   ヽ---――ー'´





         / ̄ ̄ ̄\
       /        \          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     /  _ノ  ヽ、_     \               その夜、僕はその人間に自分の生い立ちを話した。
     |  ::::::::::::::::::::::::::::  u  |                周りのスライム達とは構造からして違う自分の体。
     \     ´      /                   この風体に同族からもなんだか警戒されがちで、
        /    ̄     \                        親しい仲間も殆どいなかった過去。
       |             )         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ


.

970◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:32 ID:n4tYWkF20



  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                 それを聞いた人間は優しく微笑んで、
                その夜僕を抱きかかえてベッドに潜り込んだ。
           細身の腕から伝わる、初めて誰かに優しく触れられる
        温もりは、昨日まで抱えていた寂しさを綺麗に拭ってくれた。
  ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
    。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
            。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
     。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
        ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
     。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
      .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
     ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
    ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
     。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚    ,     /     。   .   .
     ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   /
    ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .  ☆   .  .   。      ゚ .





    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ ハ:ハ:::::l       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ/ V L::ノ   {::ハ::ノ                  夜中にふと目を覚ませば、目の前に人間の
      |:::i::::::∧:::::∧    ,    ゞ='Y::|              柔らかそうな首元。人間は無防備に眠っている。
      |:::|:::::::::;∨:::∧ ,=彡´   ' "ノ:::!            僕が首に食らいつけば取り返しがつかないことに
      |:::{:::::::::ゝ∨::∧ ""    。 ∠:::::!              なるというのに、警戒心の欠片も見せずにだ。
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}
     ゝ-";イ : : : : : : : : ̄:\::∧: :イ:.ノー―-、!




       ____
     /      \             ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /  ─    ─\                 風貌だけで僕を信用することを拒む同族達の生き方は
  /   ::::::::::::::::::::::::::::: \               今でも間違ってないと思ってる。そんな日々を過ごしてきた
  |    |  '      |                自分に信を預け、寂しくないよう僕を抱きかかえて眠りにつく
  \    ι  ⌒    /                  人間の優しさは、その夜僕の心を温かく溶かした。
.  /⌒ヽ         ィヽ         ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.

971◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:43 ID:n4tYWkF20








        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                             翌朝のことだ。
              別れを告げる少し前、世間話をしていた時のこと。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───



       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \        僕もあなたのように強ければ、
  / (●)  (●)   \
  |      '        |        他人の手を煩わせることなく生きていけるんですが……
  \    ⌒     /



       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ |:::::」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!        あはは、私も昔は本当に弱かったですよ。
        } ::::::{ (|:::: |          {:::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::| u   r‐┐  人:::|       3匹のスライムに囲まれて、手も足も出なくて
      /:::::::::::::ハ:::::{> ... `__ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|       泣きそうになっちゃったり……
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧

972◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:40:58 ID:n4tYWkF20
       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \          ……嘘だぁ。あなた僕が100匹相手でも
  /   (ー)  (●) ヽ
  |  u.    '      |       負けないでしょ。見ればわかりますよ。
  \       - ―    /
   /            \



   .ノ.: _:/: :二二二二二二:ヽ.: : : : : :.〉
   .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
   {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
    l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
    l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|:::::::: | }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
    { ::八::: リL::」 ,ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|        だ、だから昔のことでして……
    Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄    、、l:::::::::|:::::::|
    l'¨7:::::∧ 、、、   '    u l:::::::::|:::::::|
    ./::l::::r'¨二つ  ´ `  イ|:::::::::|:::::::|
   /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|               思い出すと恥ずかしくなってくるなぁ……
   .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
.   { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
   /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\
  {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
   :. : : ||      !: : : : : : :./:}|:::::::|:| : : : : :八



          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|         ――あなたも鍛練を積めば、
.          //:::}::八 ""   '      u /:::::/.ノ:::::::!
.          //:::::,'::::::l\   ー  "" . イ::::/::::::::i:|:::|         きっと私ぐらいにはなれますよ。
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{         正直、私なんてそんな……
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ

973◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:13 ID:n4tYWkF20
       ____    ,
     /      \   -
    /  ─    ─\ `          たんれん?
  /    (●)  (●) \
  |        '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
          ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ            あれ、複雑な言葉だったかな。
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!         要するに、体を鍛えれば……
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.        u 人::::}::/:::!::::::::八
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、 _´ `__..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{



     ____
   /      \
  /  ─    ─\         きたえ、る……?
/    (●)  (●) \
|   u     ___'___    |        どういう意味ですか? それ。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ "  /__|  |
  \ /___ /



        /:l: : >'::/:::::::/::::::::/:/:::::>: : : : \: : :.(
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::;xf芹ミ< /:::::::::://}|:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}       ……………………
      !: : : : : ヽl:::::{         ∧;) 〉::::::/::::/::/
    _,l: : : : : : : |:::::| u      ' ゝ'".::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、   ヽ     ∠:/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/               もしかして、概念そのものが伝わってない?
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ
   \.)′ 、 ヽ:_:>!:::: |i\:_://`ヽ:∧  }
    /,    .    |::::::||ミニ彡′    \ .ノ









.

974◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:25 ID:n4tYWkF20



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
 /    ─   ─ ヽ                   その日僕は、体を鍛えて人間が強くなれることを聞いた。
 | u  (○)  (○)  |                種族の壁に万年泣かされてきた身としては目から鱗が
 \  ∩ __'__/777/             落ちるとともに、そんな都合のいい話があるのかと疑念も持った。
 /  (丶_//// \        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───





          ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
         〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
         /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
         |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
         l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨          困った顔を浮かべながらも、人間は指南してくれた。
          L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|              意味もなく、飛んだり跳ねたり走ったり、疲れるけど
          //:::}::八      '       /:::::/.ノ:::::::!               やってみれば何か変わるかも――と。
       //:::::,'::::::l\   - 、  u . イ::::/::::::::i:|:::|             最初はからかわれているようにしか思えなかった。
.      //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
     / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
    i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
     /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
      |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
     }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
     人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄


.

975◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:41:46 ID:n4tYWkF20



          / ̄ ̄ ̄\
       /ヽ_    _ノ  \            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      / (●)  (●)  ヽ                          それでもやってみた。
       |     ´     u |`ヽ                 "強くなれるのかもしれない"という言葉の響きは、
   ,ィTl'ヽ\   ̄ ̄     /`ヽー;、             たとえ騙されたってすがってみたくなる夢の言葉。
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ               世界最弱種のスライムにとって、それだけ重かった。
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー'        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
      〈、    /
       \、__ノ





      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               半日した頃に、ふと気付く。疲れているはずなのに、
            朝方の元気な時とあまり変わらない速さで走れている実感。
            自分の体の事は、細胞ひとつひとつまで細かく把握できている。
                      気のせいではなく、明らかに何かが違う。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───





         /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
          ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
       /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
        八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
         {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ              人間は『体の使い方を覚えるのが早いですね』と
   /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.            驚きの表情だった。自分に言わせれば全然違う。
  〃     ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!                人間に教えられて鞭打った自分の体が、
 //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八              明らかにその前よりも活性化した事実がある。
/{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(     ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
.\::ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
  `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
      /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
    /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
  / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ
./ :::::::::://::::/::::::/  !::::::::!      ̄ ´     :Ⅵハ::八


.

976◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:08 ID:n4tYWkF20



                                     |  '    ’
                                  \、_ノし//____
                                   _)r'⌒ /      \
                                _, 、 -'" ` ゝ    _,ノ    \
                               /_/    ,- (>)  (● )   u. \
                               >_ノ_l"  |    '          |
                                       \  ̄ ̄      /
                                        |         ヽ
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           翌日から毎日人間に頭を下げて、何をすればいいのか教えを請う。
      走ったり、石を運んでみたり、手加減した人間の攻撃をその身に受けてみたり……
                       提案されたことは全部やってみた。
        痛かったことも苦しかったことも多く、人間の方が心苦しそうな顔だった。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::::/ノ=ミ< /:::::::::://}l:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}
      !: : : : : ヽl:::::{         ∧;) 〉::::::/::::/::/
    _,l: : : : : : : |:::::| u      ' ゝ'".:::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、  ` 、   ∠:/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ










           _,,,,,__
          /   ゙ー、_
        /   ____ ヽ
       /  -‐"'' '' !r┬、_)       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
       l、_r'''l¨!    ゙l'' w_                 一週間もした頃に、人間の付添いのもと草原に繰り出す。
      _-^i,ノ‐ ,ィ。i。、, i ヽ'_キ                       そこで出会った一匹のお化けキノコ。      
      キ,、__ィ t _,--、_ i ゙l                奴は僕を見つけると、餌だと感じ突っかかって来る。
        / ,'  i .! i .、 l l        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        l_i ,, i `¨´ l i_ノ
        <ト~ー'r---、i‐''',>
         ~ ̄    ゙''ー'




           ___
         ,/      \           ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      ,,---、   ヽ_三三ノ\ ― 、                心配そうな人間を尻目に、お化けキノコに抗戦する。 
      l   l ( ○)三(○) \  |               この人間に出会う前なら、歯が立たないどころか
      |   | u  _´_    |  |            瞬殺されて丸呑みだった相手。それに一匹のスライムが
      |   |   |!!il|!|!l|  /  /                 無謀にも一対一で立ち向かっていった。
     ゝ        ` ⌒´     /        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      \          /
        /          |


.

977◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:36 ID:n4tYWkF20



        / ̄ ̄ ̄\_
       /:::/:::::::::::\( ;:;:;)       ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \               結局最後には、見かねた人間に助けられて 
    (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)                お化けキノコを撃退する形になった。
    ./ ||     `ー'´    ,/            予想はしてたけどやっぱり無茶だったみたいだ。
   / / |\/ /  /l |  ̄            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
   / /__|  \/ / | |
  ヽ、//////) /  | |
   /  ̄ ̄ /   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ








   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               それでも、あのお化けキノコに殴られながらも
        反撃を重ねていた1分間は、今思い返しても心が昂ぶる。
               お化けキノコに叩き潰され一撃でのされて、
            そのまま奴の胃袋に収まるスライムを何度も見てきた。
          それだけ、本来スライムというのは弱い生き物なのだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      |     |   .|    |
                        |ー |   l ー-  l
                /⌒ヽ   |    |   l   u .l
                l   l    |    |  |    |
                 |   l   | ー-  |   l   - l
                  |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
                |    l    |    |  |      l   |    ヽ
                  l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
              /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
              l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
             /  人 ヽ、 u                  ヽノ     |
               l     ヽ、\,          . / ノ/      l
             ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
              \    /        /            |
               ヽ、       /  /   l     ι       |
                ヽ、  /   /     |           l
                 ヽ、          l          /
                  ヽ、      ι    |          /
                   ヽ          l        /
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
         魔物だって人間のように"鍛練"を積めば強くなれるのだ。
                そう確信するには充分過ぎたあの日の経験。
               あの時、一寸先は闇だった僕の人生観に、
             眩しいぐらいに強い希望の光が差し込んだ。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


.

978◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:42:52 ID:n4tYWkF20









         ____
       /   u \
      /  ⌒  ⌒ \           はぁ……はぁ……ど、どうでしょう……?
    /    (⌒)  (⌒) \
     |  u      __´___    |        昨日の僕より、強くなれてますか?
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L::::/ .|::::::://::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《:/  └‐′  ̄ /:::::::/:::::::::/         えぇ、少しずつですが確実に。
:::::::/ /!::::::::::l  _        ̄ く:::::::::/
:::::::!  l:::::::::::! ´ ̄`     -‐ミ .:::::i⌒           あなたの成長の早さは、
::::::::ヽ l::::::::: |        ′  ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{     ー    ノ::::::: {           なんだか羨ましくも感じますよ。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



          ___
         /     \
       /         \        そ、そうなのかな……?
     /     \ , , /  \
      | u    (⌒)  (⌒)  |         よーし、それじゃ明日も……
     \  、、、  、 __'__   /
      ノ             \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

979◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:10 ID:n4tYWkF20

           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::l:::{:::/_ノミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨         ――頑張り屋さんですね、あなたは。
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
.          //:::}::八      '      u /:::::/.ノ:::::::!            あなたがそんな風に頑張る姿を見てると、
        //:::::,'::::::l\   ー    . イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|           私もしっかりしなくちゃ、って思います。
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄



       _/: : : : : _:_:\:_\: : :\
      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ l_ノ」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!         そのうち私なんか追い抜いて、
        } ::::::{ (|:::: |          {:::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::|.     、 _ .   人:::|        私よりも多くのことが出来るようになるんだろうな。
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|        そうなっちゃうと悔しいし、私も頑張らなきゃ……
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧
  .!:::{ |::{.: : : : : : : :._|::::i|/: : : : : : : : : :∧



          ____
        /      \
       _ノ  ー     \       流石にそんなことはないと思うけど……
      ( ●)  ( ●)     \
      | 、、  '    、、、    u |        だって、あなたの強さは僕なんかよりずっと……
       \  ̄`         /
        /          ヽ
       /

980◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:28 ID:n4tYWkF20

:::::::!  l:::::::::::!           {.:::::::i
::::::::ヽ l::::::::: |         ′ ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{       -   ノ::::::: {              ――できる夫。
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉
: : : : :.\.: : :.∨::::∧: : : : :/: : : /〉「`: : : : \



           ____
         /       \   ,
        /   ─   ― ヽ   -
      /    ( ●)  ( ●)'  `         うん?
      |         '     |
      \        ̄   ,/
      /           ヽ





           /: : : :/: :_,:--'": : : : : : : : : : :\: :〉
            ム≠: :':": : : : : : :_;≧七二`':ーx; ; :ヾ
         /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
          八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
           {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\            え、えっと……付き合いも長くなってきたので……
          ゞ、/:::{::::::i!/_ノ=ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
     /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.        そろそろ親しく呼び合える名前を、と……
     〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´u!::::::i/:::ハ::::::::::!
   //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ. ""  _ . ""人::::}::/:::!::::::::八      いつまでも"あなた"や"スライムさん"じゃ……
  /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
  Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
   \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
    `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
        /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
      /:::://::::/::::/::{:::::ハr‐--ミニニ≧:、: : : : :Ⅵ:、ー:.‐:{
    / ::::://:/::::/::::::人::::∧     ー‐" ` ー 、Ⅵハーイ

981◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:42 ID:n4tYWkF20
       ____
     /      \
    /  ─    ─\        僕に、名前を……?
  /    (●)  (●) \
  |  u      '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



       { :_二>-イ:::::::|:::|:::|::::::::::|::::::}::::::::::`ヽ: : : (
       ∨::::::::|:|::::|::::::::|:::|:::|:::::_!:::: |::::::::|:::::::::\_{
      ハ:/::::::|:|::::|::::::::|:::|:::ハ::::::::}::::::「:::::::|::::::::::::::::|
        {:::{::l:::::レ:::弋:::: |:::|::l,ィ千ゝ、イ:::::::::|::::::::::::::::|         あ、うぁ……ご、ごめんなさい……
        |:::|::|:::::l_ノ=ミ:::」::」:ノ うハ 》!:::::::::|::::::::::::::::|
        |:::|::|::: |〈 うハ     乂.ソ |:::::::::|::::::::::::::::{         やっぱり馴れ馴れし過ぎましたよね……
        |::ハ:{:::::! 弋リ       ~´  |:::::::::|:::::::::::::::::.
       !{ リー':ハ ` /////   u|:::::::::|::::::::::::::::∧         今のは忘れ……
         }::::∧    __   u |:::::::::|::::::::::::::::: ∧
          |::::l::::丶   /:.)--' イ |:::::::::|⌒ヽ:::::::::: ∧
          |::::| ::::::::{::7:/ー< /.:.|:::::::::|: : : {::::::::::::::∧
          |::::l::::::::::,:/:/:.x: :ニフ.: : :|:::::::::|: : /:〉-:.、::::::∧
          |::::l::::::://: レ': :厶-‐_:.7 |:::::::::|: /:/: : : :\:::::∧
          |::::l::::〈:.{: : : : : : ∠:__.: :.|:::::::::|: :/: : : : : : : :、:∧
          |:::,l:::::::`!: : : : : : :.r‐--' |:::::::::|:': :}: : : : : : : : \∧



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \      ……………………
 /    ─   ─ ヽ
 | u   (●)  (●) |
 \  ∩ __'__/777/          できる夫……どういう意味ですか?
 /  (丶_//// \



   .〉 :_:_;斗'「:::::i::::::::::::ヽ::}:::::ハ::`ーミ、.:_:.{
   {_/ ::|::::|::|::::::|::i:::::::::::|::|::::::::|::::::|:::::::::ハソ
    l :::::|::::|:」:::斗:|'::::::: ハ:lー:::十::::|:::::::::: !
    l :::::|:::ハ:|i:::::ハ|::::::u:| }ト、::::ハ::: |:::|:::::::|
    { ::八::: リl_ノ ヾ::::: ! ミ≠彡::ノ:::|:::::::|        うぅ……さ、最初は出来ることも少なかったけど、
    Ⅳ::;ハ::」`=彡  ̄   ///|:::::::::|:::::::|
    l'¨7:::::∧///   '    u|:::::::::|:::::::|        頑張り屋さんで……そのうち出来ることも
    ./::l::::r'¨二つ  cっ  イ|:::::::::|:::::::|
   /::: |:;' /'7、`≧=-=<⌒:|:::::::::|ヽ:::|        増えてくるだろうなって……だから、その……
   .' {:_::〈   ' /¨〉:/ ̄: : : :.:|:::::::i:|: :.〉}
.   { / : l:lヽ   }'.: : :.:≦三彡|:::::::|:!_/:ヽ
   /: : :|:|::〉 _.ノ.: : : : : : :.:/.:|:::::::|:| : : : :\            も、もういいでしょう……? 私が悪かったですから……
  {: : : |:/    {`ー-=彡'¨:.7|:::::::|:| : : : : : :}
   :. : : ||      !: : : : : : :./:}|:::::::|:| : : : : :八
   }: : : !!    」彡': :.:/:./:|:::::::|:| : : : :/: : ヽ

982◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:43:56 ID:n4tYWkF20

           , -――― 、
.       / ⌒   ⌒ \         ――できる夫、ですね。
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|          素敵なお名前です。頂けるんですか?
     \ ___   __ /
――──(____.)─(___)─ ──  ─



        /:l: : >'::/:::::::/::::::::/:/:::::>: : : : \: : :.(
.       l: :l.´:::::::/:::::::/:::::∠::::/::::/::::::::::\:\:\ ノ
      l: : : : !::/::::::/:::::/::::::/::メ:::::::::::;::/::::::\:\:{
       l: : , -、ヽ.:;イ:::;xf芹ミ< /:::::::::://}|:|::::::}::ヽ: :〉
.      l: : {l´`` l.:::!::::{;し∨ /::::::::::/メ/:|:|:::::,:::::}∨  ,
     l: : : ヽミ-:!::::L/ゞ-'   L::::::x=ミ、::刈::/::::/::}    -
      !: : : : : ヽl:::::{ 、、、    ∧;) 〉::::::/::::/::/   `         え……
    _,l: : : : : : : |:::::| u    ' ゝ'".:::::/::::/::/
.  , < :l: : : : : : : |、:::|、   `ヽ  、、 :/:::://
 幺.: : :l : : : : :ヽ ,|' ::l: `:---- ...イ::{::::T´/
く:へ:\l: : ヽ: ./::∨ハ: : `: :`ヽ:|:|:|:::|::::i|
, -‐= 、:l: : : :y': : : :∨∧:\ : : :}|:|:|:::|::::l{
´ ヽ   \: :.\.: : :.∨∧.: : : :.ノ`ヽ:::!::::!\
`ヽ. \  r \: :\:ヽ}::::::}i :<:_: : : }::|:::ハ  ヽ
   \.)′ 、 ヽ:_:>!:::: |i\:_://`ヽ:∧  }





            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )         これから僕のことを"できる夫"って呼んで下さい。
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3      そう呼ばれると、なんだか今より頑張れる気がします。
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



           ノ:x:‐――――<_ : : : : : : : : : : : : : : ∧
          〈/ :::::::::/:::/! |::|:::::::::::::ハ::::`<: : : : : :\: : : :}
          /:::::::::::/:::/十ト|:::::::::::::|」_::::|::|`ヽ: : : : ヽ: /
          |:::::::|:::{:::x==ミx∨:::::::::| }:::::::`l::|:::::/\: : : :.〉
          l:l:::::l::::〃んハ ` ∨:::: ィ7云刈:|::/::::/:ヽ: :/
           |:|:::::|::::i| ぅ::::!     ̄ んハ 》.':::::/::::::∨         ……………………
           L! :::L::」 `¨´     弋_ツ /:::::/ }::::::|
.          //:::}::八 ""   '      u /:::::/.ノ:::::::!
        //:::::,'::::::l\   - 、 ""  イ::::/::::::::i:|:::|
          //:::::::}:::::: !: : >。.. _ ...。<:/::::/:::::::::::i:|:::|                 で……できる、夫……?
       //{::::::/::::::: |:\: :.>ヘ<: : :/::::/: : 〉 ::::i:ト::{
      / x:〈://::::::: !: / -- 7: : /::::/: /{:::::::i:| ヾ:.、
     i{ /: : ://::::::::://   --┐:./::::/: : : : :ヽ:::i:|  \
      /: : ://::::::::/:/    --ミ:.,':::::,': : : : :/:\|    ヽ
       |: : 〃,:::::::/: {     r ノ {::::::{>=彡: : : : ヽ     }i
      }: : i{ {:::::::{: ri     /¨´: :.|::::::|: : : : : : : : : : }_ .ノ
      人: :.`:∨:::}∧`ニニア: : : ;ノ|::::::|: : : : : : : : : :.' ̄

983◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:44:46 ID:n4tYWkF20
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\        はい!
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |       これから毎日そう呼んで下さいね! ご主人様!
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |



      /二二ニ : : : : : : : : : : :ニ二{
       .}: : : :_:≦ニ二二二二ニミ:_:.}
      |__/::::::/::::::/::::::||:::::::::: ハ:::::::ヽ
       |::::::::::::{::::::ハ:::‐ナ':::::::: |`!-:::::::}
       |::::::::::::l::::::{ |:::::」|L::::::::」 L:::::: 」
        :::::::::::_:|:::: | x==ミ、   r=ミ.ハ:::!         …………
        } ::::::{ (|:::: | 、、、    、、 {::::|
       .':::::::::ヽ.!:::::|.     、 _ .   人:::|
       /:::::::::::::ハ:::::{> ..  __ . イ:::::::::|
     ./::/:::::::,r..:.Ⅵハ\_,⊥:::ノ}::::::::::|
    /::/:::::::/.: : .:.Ⅵハ: : :/.: :.⌒ヽ::::::|
   ./::/::::;r:':.ヽ: : : :Ⅵハ: : : : : : : :.:/ヽ::|
   /::/::::/ : : : : \:_:.}:::::}: : : : :_彡': : ∧
  ./::/{:::;' .: : : : : :._:.|::::i|`¨7´: : : : : : :∧




















.   /::,::::::::::,::,:::::::::::::::::::::!::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::::::::::::::
 /::/:::::::::/:/|::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::::::::::|::::::::::::::::::::::
//:::/ ::::::::::/:/ .|::::::::::::::::::|:L::::::::::」::::::::::::|:::::::::::::::::::::::  ,
/ '/ :::::::::::'::/==|::::::::::::::::::|:::|== .|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::   -
../ :::::::::::: :/===L|l:!:::::::::::|!::|=u=L::::::::::」:::::::::::::::::::::::::   `
i ::::::::::::::::/.___,リ|:::::::::::!==、_____|:::::::::::::::::::::::::            ……ん?
!/|:/:::::::::| | !)::! =L:::::::」== | !: :::::: : ; |::::::::::::::::::::::::::
 ' /:::::::::i l ノ::ノ ======== | i : ::: : ノ/;::::: :::::::::::::::::::             ご主人様?
  '7::/::::! ` ´ u       ` ー― '/:::: .::::: r‐、:::::
  '7::::::| 、、、          、、、 /::::: .::::::/ソ } :::::
.  /:::::: 人     ┌ -- ┐  u /:::/.:::::/// ::::::
 /::::::::::::::::\    ゝ, -‐⌒ ヽ/:::/::::::/ー ´ ::::::::::
/:::::::::::::::::::::::::`У´: : : : : : : : : ヽ<::::::/.:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽー、.::::::::::::::::::::::::::
::::::: rヘ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `: :ヽ::::::::::::::::::::::














.

984◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:04 ID:n4tYWkF20


                                            ___
                                           /     \
                                         /         \
                                       /     \ , , /  \
                                        | u    (●)  (●)  |
                                       \         '     /
                                        ノ      ̄ ̄  \
                                      /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
                                      |    l  ( l / / / l
                                       l    l  ヽ       /
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
          僕は強くなった、と過去を振り返るには早過ぎる。ご主人様は常に僕より
            強い魔物と戦い、その陰で僕が守られる日々は今でも変わってない。

                そんな日々もいつか変えていきたいから、毎日を走り続ける。
                 鍛練で身を鍛えるにしても成長の壁を感じることも多いし、
             伸び悩む頃にはいつだって焦燥感で胸がいっぱいになる。
   ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
            ノ: :二彡:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : \: :.八
           r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
           ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
           /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
             :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
           .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|
            { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
           . L ::」 ∧ ゞ' ,     |:::::::|:ノ::::::::::
              ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
          ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
      , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
     r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
     .  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
     . ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
       ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
       }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ
       |     .〈   '    ヽl::::::|    ⌒ヽ /゚/ \:}
       |     八  .:       |::::::|、 /   /: :(_/    \









         ___
       /      \
      /        \              ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    /     ヽ_    _ノ\                  ご主人様に字を教わり、本を読むようになる。
     |       (●)  (ー) |  __         "勉強"すれば、呪文を使えるようになるかもしれない。
    \ u       / ̄ ̄⌒/⌒   /            そうすれば今より、ご主人様の力になれるはず。
    (⌒      /     /     /      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)


.

985◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:19 ID:n4tYWkF20



                              /: :/: : : ;≧r‐'"::::::::ト:::ハ::::::`ーx_: : : {
                               八:,: :' : : :.;/:::_{::_;;ト::::::::| }:!弋::‐:ハハ::`ヽ: )
                                {: : : r":::::{´::∧:八Ⅵ::! リ--Ⅵ::::}::}:::::::\
                               ゞ、/:::{::::::i!Ⅵ≠ミゝヾゝイ示ミ、:」::|ヽ:::::::::ヽ
                          /    /:,:∨:メ 《う::::}    ら:::リ 》::::|::∧:::::::: :.
                          〃    ./::::/:::i:ヾ:::ゝゞ-''   ,  `~´ !:::::i/:::ハ::::::::::!
                        //      八;;_{ ::::!::::::}ヘ.     _ .  u 人::::}::/:::!::::::::八
                       /{::{        ( :_: ̄{::::::{~:.`:-、_ _ _ ..イ;;;;;{:::i!':ム孑": :.(
                       Ⅵ::.      r': : :'":.∨:ハミ:、: : : : :_;_;__;_;r:‐:.ヘ::i!: : :-彡'..:ノ
                        \:ゝ.   r'":7''>、; : i::::::}: : : `:-:、:_: : : : :.-:‐:}::{: :_;_彡'";_〉
                         `ー==≠彡'{  `>{:::::i!_: : : :\:\:_:≠:-:'Ⅵ、:/:_:_:.ヽ.._,
                             /::〃:::ハ/ ::;V::ハ::>‐、_:.ミ:、: : :`≧:<Ⅵ、: : : :_: /
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
              スクルトの呪文を初めて実戦で使い、ご主人様の身を守れた時は、
                    戦闘中だっていうのに胸が躍って仕方がなかった。

     戦う力に乏しい僕が、戦いの場でご主人様の力になれたと強く実感できた記念日だ。
───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ____
         /     \
        /  ⌒  ⌒ \
      /    (○)  (○) \
       |   、、、  、 ´  、、、 |
        \  u    ̄ ̄   ,/
        /⌒ヽ        ィヽ
        / rー'ゝ       〆ヽ
      /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
      | ヽ〆        |´ |








        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               やれば、出来る。人間社会ではありふれた言葉だそうだけど、
             これがご主人様に頂いた僕の信条だ。後に出来た妹にその言葉を
                 自慢気に話す自分は、後から客観的に見ると気恥ずかしい。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
               ____                        ,r' @  o @  ゙ヽ
              /     \                      i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
               /u _,ノ  ⌒ \                   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
           l^l^ln  (⌒)  (⌒) \                 (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
           ヽ   L、、 、 `   、、、 |                     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ
            ゝ  ノ    ̄ ̄    /                     ((i  r‐ァ ''  ハ::::ハ
          /   /             \                   Y'''f ^'il^''r' 'ノ .:y
         /   /             \                    .,' l  l  { 、
          /     /         -一'''''''ー-、.                  レ! ,ハ  '、〉
       人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))               `l`" `"1


.

986◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:36 ID:n4tYWkF20



          / ̄ ̄ ̄\
       /ヽ_    _ノ  \            ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
      / (●)  (●)  ヽ               自分の力に自信どころか卑屈にすらなっていた自分が
       |     ´     u |`ヽ               ここまで変われたのだ。変えてくれたのはご主人様だ。
   ,ィTl'ヽ\   ̄ ̄     /`ヽー;、               可能性を求めて行動に移り、夢を一歩ずつ叶えて行く
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ                楽しさを知った今の毎日は幸せに満ち溢れている。
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー'        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /
      〈、    /
       \、__ノ








      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                   自分で自分の身を守れる。誰かを守れる。
                あの頃の自分には夢に描くことすら出来なかった
                  今のこの手に握る力をもっと大きくしたい。
            やれば出来る、出来るはず。そんな誇らしい名前を貰ったのだ。
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
        ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
       。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
               。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
        。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
           ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  .
        。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .
         .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
        ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .
       ゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
        。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚    ,     /     。   .   .
        ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   /
       ゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .  .  ☆   .  .   。      ゚ .
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                      未だ叶えられない、大きな夢。
                   それに向かってこの身を磨く毎日。
              これを叶える日が来るまで、僕の挑戦は終わらない。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───









.

987◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:45:49 ID:n4tYWkF20










       ノ: :二彡:_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : \: :.八
      r‐:/::::::::,:::::::::::::::::::::::::`ーミ、:_: : :`ー{
      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|           ……ふうっ。
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|
      . L:::」 ∧ ゞ'  ,   u |:::::::|:ノ::::::::::         大丈夫ですか? できる夫。
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|            すぐにホイミを……
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ



           ____
         /       \
        /   ヽ_    _ノヽ        ……………………
      /    ( ー)  ( ー)'
      |  u         '     |
      \        ̄   ,/             いつか、僕だって……
      /           ヽ



    x':_:_;孑'" ー―彡' : : : : : : : : ;_:}
   ゞ: : : : : : :_:_:x-'": : : : : /: ;_:/:::::ヽ
   { : : : : /: : : : : : : : : :_:x-:":::x弋:::::::ハ
   ヾ ー― ": : : : ; _x-'"::::::::ハ::::ハ::ト、:::::::i
    { : : : : : ;x-'"::/:∧:::ハ::::::}ノ伝ミハ::::::l  ,
     `ー‐'":::{:::::::Ⅵ::'xキミL::ノ !d {:ハ::ノ  -        ――できる夫?
      |:::i::::::∧:::::∧《!::::c}    ゞ'' Y::|  `
      |:::|:::::::::;∨:::∧乂_ソ    ′ ノ:::!
      |:::{:::::::::ゝ∨:::∧ u     。 ∠:::::!
.      ハ八::::/ : : ∨::: >- ... イ八::::::!
    ノ  \:::〉、: : ∨:::∧`ー-": : ヾ:::ハ
     メ" : イ: ヽ: : ∨:::∧ :`¨¨´:ノ: :,ヾ:∧
   / :_:_:/:/\: :`ーヾ;:::::\ : イ: : /}: ヾ::\
   `ヽ: : : : :./!: : : `ー-、:.ヾ:::::∧ーイ/:!:`ー\}

988◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:00 ID:n4tYWkF20

            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )
    /     (>)  (●)ヽ           ……いいえ、何でもありません!
    |   u    、__',_,   | =3
    \            ,/         ご主人様のおかげでほら、今日もへっちゃらでした!
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´



: : >'::::/::::::::/::::::::::!:::::::::::::}:::::::::i::::`ヽ: : (
.´:::::::::: ::::::::::::::::-‐┼-::::::::ハ:::::: |::::::::::}\{
:::::::::::: |:::::::::{:::::::::/ |:::::::::://::::::ナ::、:::.'::::ハ
:::::::::::: |:::::::::L::::/ .|::::::://::::::://::::::/::::::: }
::::::: , -!:::::::: 《:/  └‐′  ̄ /:::::::/:::::::::/
:::::::/ /!::::::::::l  _        ̄ く:::::::::/
:::::::!  l:::::::::::! ´ ̄`     -‐ミ .:::::i⌒              ……よかった。
::::::::ヽ l::::::::: |        ′  ハ:::::::!
::::::::::::::{::::::::::{     ー    ノ::::::: {
∨⌒ヽ:::::::::::.>。.    . ≦二ミ: .、
: : : : : :∨::::∧  {`7´::::/::::/:::`>'´:`ー、_
: : : : : : :∨::::∧_!二二二二:r〈: /: : : :.{
: : : : \: :∨::::∧: :`ー‐―彡':} :〈:/: : : : }
: : : : : : :`¨∨::::∧: : : : : : : : : :し{:`ー=ァ :ノ
: : : : : : : : : ∨::::∧二ニ≠: : : : :ヽ : : : : :〉



           , -――― 、
.       / _ノ   ― \
.      /  (⌒)  (⌒)   ヽ            …………
      | ⊂⊃ 、__',_,   ⊂⊃|
     \ ___   __ /
――──(____.)─(___)─ ──  ─

989◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:11 ID:n4tYWkF20








          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                ご主人様はいつだって僕達を気遣ってくれる。
                    優しいご主人様、大好きなご主人様。
                そんなあなたに甘えるばかりの自分でない、
                    そんな自分にいつか変わっていきたい。
          ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                                       ロ
                                      []
                                   囗   []
                                     ロ ロ
                        , -――― 、          □
                       /  ヽ_   _ノ\    []  ロ
                         /  ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      ロ
                     |  u    ´    |
                     ヽ       ⌒    /      []
                      \_     _/
                      /          \   /⌒ヽ
                     /             \/   /
                   /   |             |      /
                    |    \           |\__/
                   \    ヽ        |
                    \_ノ        |
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
                    僕は男の子、ご主人様は女の子だ。
                やがて守られる自分でなく、僕自身の力でご主人様を
                守っていけるよう、僕は変わっていかなくちゃいけない。
              それが僕を、前向きに生きられる一匹のスライムに
              変えてくれたご主人様に報いるため、掲げた僕の到達点。
        ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───







.

990◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:36 ID:n4tYWkF20
         ____
       /     \
      /   ヽ_   _ノ\            ――ご主人様! 今日も一緒に鍛錬しましょう!
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |        僕だって、ご主人様に負けないぐらい強くなりたいです!
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



      ∨::::::/::::{:::|::::::::::|::L:::_::::!::::ヽ:::::\: : /
      /::::::::!:::::ハ::|::::::::::|::|!::::::`|:::::::}:::::::::::`!:}
        :::::::::::|:::丈}ハ:::::::::|l:|芹ミ;|:::::::!:::::::::::::f
      .{ハ:::::::!:::|x=ミ!::::::」.ノ b:::::》::::::レ、::::::::::|
       { |::::::ト:::《 b::}    弋ソ|:::::::|`!}:::::::::|       今日も張り切ってますね。
      . L ::」 ∧ ゞ' ,     |:::::::|:ノ::::::::::
         ,/八   、 ノ   .':::::::':::::::::::::::|        私も"できる夫"に追い抜かれないよう、頑張らなきゃ……!
     ,-、   //::::::>。、   .. イ::::::ム--、::::::|
 , -'¨ヽ }   //::::::::::::/>‐三≠/:::::/: : : : ノ ヽ|
r' 、ヽ  >'¨ヽ' .:::::::::::/: : : : : :/:::::/: : : : ': : : : 〉
.  \ Y_ イ/ l:::::::::::〉: : : : ,: /:::::/: : /: : : :彡': ヽ
. ヽー'`/  ノ  .!::::::/`ヽ-:': : .,:::::::' : :/: :  ̄:./: : : \
  ゝ-=  '{  r=ミト、 : ー三/:::::/彡': : : : :彡二二ミ: }
  }   ̄ ヽ /  >、:_三{::::::{'_:_:_:三二ニ--―ミ: :ヽ
  |     .〈   '    ヽl::::::|    ⌒ヽ /゚/ \:}















            ───━━━━━━━━━━━━━━───
                            きっと、必ず。
                 待っていて下さいね、ご主人様。
            ───━━━━━━━━━━━━━━───









.

991◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:47 ID:n4tYWkF20
これは一匹のスライムが一人の少女と出会い、
今日の決意に至るまでの日々のお話です。

992◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:46:58 ID:n4tYWkF20



    _,,..,,,,_ ___
  // ,' 3  `ヽーっ/\
/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\/     以下、このスレで登場した主要人物の紹介です。
  |            |/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

993◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:47:20 ID:n4tYWkF20

  , ⌒ハ              ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .:::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ⌒) (⌒::(___
.    ハ:::::ハ ,,  、 _ . リ) )__   )
     ) ) )/⌒,   ノくハ(/  /
    (,(.( '  /  い ノ:::)) /
    ノ/)/  /ヾ ソ ̄(( /
     ,' /  /   Y    Y
     l:  /......    .....  i
     |,/.. ::::::::   ::::: .ノ

【キメラ】 やらない子
テルパドール大陸の砂漠でリュカ達と出会い、旅を共にするようになった。
物憶えがよく、知識の使い方にも秀でており、リュカ達の中では最も頭がよく
聡明だといえる存在である。グランバニアへの道では、複雑な洞窟の道のりを
マッピングしながら進み、リュカ達にとっても大きな助けとなったのが記憶に新しい。
戦闘に転じても回復呪文や間接攻撃の技に長け、白兵戦以外の分野では
幅広く戦い方を選ぶことが出来る柔軟さを持つ。また、パーティの中で唯一
翼を持つため、そういった面でも仲間達に多く貢献しているようだ。

6名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 09:10:43 ID:t8iTkIvo0
あれ、できる子はドラキーだから彼女も翼があるんじゃ

11◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 15:32:30 ID:n4tYWkF20
     _,,..,,,,_
   ∩/ ,' 3 `ヽ_       >>6
   ∪l   ⊃ ⌒ヽ        しまった。
      `'ー---‐'') ))
         ヽ //
          ((

995◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:47:56 ID:n4tYWkF20

       /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',
       |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ
       }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___
    /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.
   / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\
 _/ /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\
<_/:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\
 |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/
 |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/
  ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/
  V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/
   V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/
    ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/
     、:\\     rl  |/ l:  | ,  ヽ.    >_./ /::::::::::::::/
     r、:::\\  /l ∨l   |  /    |___ ///:::::::┌_'__
     | \::ヽ ∨  | /: |.  |Dノ /   l  //::::::::::::: ̄:::::└、__
   l ̄:| ト、 \\\.l/  |    /   レ´/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

【ラインハット王子】 ルルーシュ
リュカとの出会いは幼少の頃、故郷のラインハットにて。ラプラスとともに
城に招かれたリュカと仲良くなるが、やがて祖国の陰謀とリュカを取り巻く
魔の宿命に導かれ、魔物に攫われ7年の奴隷生活をリュカと共に暮らす。
祖国を離れた頃は望郷の念も強く、今も祖国に対しての愛国心は強いが、
7年の苦難を共にしたリュカの存在は今の彼にとって、故郷と天秤にかけても
劣らぬほどには親しく、決して失いたくない人の一人なのではないだろうか。

996◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:07 ID:n4tYWkF20

        ノ/:::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::ー-:...._〉  \
      |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ヽ
      |│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      '.
      {└-  _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j      }
     -='/: : : : /{:丁 :{: :T: ┬:-  __/      ′
     /イ: {: ∧⌒l: ハ: :\{⌒ト:ハ: : : :\     |
      / 人ハ/ イ卞iト  \{ ィァ=ミj/∨ : ト:>   j
     {/  Y } 弋)ソ      ん刃ハレヘ:∨     /
.     {   | j    ,     ゞ.ン 〃:{V    ∧
     、   |人             /:.:厶     │
.       \ |i : \  ` ー    /: :/_人       |
.      `|i: : : : > ,__.. -=彡':/:::/ 〉      |
       ヾ;. :_:r-、:〈/: : : : :/::::::/        }
.       /「 /j__ノァレ-=ニ二  ̄/          ,′
.       { ト┘ ∧       /        ∧
        トイ__,/       {        / ハ
       7´ ̄入  、     i            |
       /::::/ 八  ヽ.   |        {    |
.      /::::/  〃{ ヘ.   \  |              |

【サラボナの賢商】 インデックス
娘の結婚式の参列を一般の民にも開き、それに参加したリュカと出会う。
大富豪の器と呼ばれて相応しいほどには気前もよく、心から気に入った
相手には、お金も労力も惜しまず手を差し伸べる器量を持っている。
記憶力においては天賦の才に恵まれ、その頭には膨大な知識が詰まっており、
その経験と知恵を武器に、多くの実績と富を築いた実力者である。
日頃は温厚で優しい女性だが、本気で怒らせると実はちょっと大変なことになる。

997◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:24 ID:n4tYWkF20

        /.: .: .: .: .:/: :/: : : : : : : : : /.:. .: .:/ : : : : : : : : : ‘, : : : \
.       / : : : : :/: :/.: .: : :/.: .: .:./: : : : : /.: .: .: .: : : : : : : : ‘: : :. :. :.ヽ
     .′: : : :/: : :/.: :,.: .: :/、: : :/.: .: : : : :/: : :/.: .: : : : : : : : : :i: : : : :. :.‘,
.    i : : //://.: :/.: .:./.: ://.: : :.. ´/: : :/.: : : : : : : : :/: : :|: :. :. :. :. :.‘,
.    |: ,:': :/'"{/.: :/.:. .:.:i,.ィr==ミ'く  ./://.: : : : : : : : :/.:.:.:./ i: : : : ‘,:. :‘
.    |/ i: : { /.: :イi: : : :i| .んハrヘ\/'" ./.: : : : : : : : :/.:.:/.: :|: :│: :‘.:.:.:|
        |: : ∨/}从: : :.i| 戈辷夕^ヽ`ー/.: .: : :/.:.:/:/ /: : :|: :│: : :i、:|
        |: :,/:、V ‘、:.i|  `¨¨ヽ   ./__彡イニ=彡イ.:.:./ : : /: : :|: .: .:|‘,:|
        |/: : : :`7   \|            んハ,∧ |: ,:′.:./: : : :|: .: │‘|
    _/.:_.:/l/:::.      へ、        戈タ ,ノ,ノイ.: : :厶、.:.:/|: .: │ :|
.     . -‐…・…‐- . /   \      l     /.: : : :/   ∨│ : / ,ノ
.               \.     \   ノ ____彡: : ://   /  |: :/
                  ヽ       >   ⌒ア⌒ア^/   /   .|:/
.                  ‘,、____/   . イ /:/    ‐-ミ ,ノ′
.                  ‘,   .       /'"/  /     \
.                  ‘¨¨´         /   /   、    \
                   i         i  ./ ̄ ̄ ̄\     }
                   |         | ∧          /

【猟師】 前原圭一
幼い頃、6歳のリュカと出会った。年齢はリュカよりも2つ年上。
やんちゃでわんぱくだった幼少時と心根は変わらず、今も童心を忘れぬ
生き様をしているが、一方で強い芯を持って何事にも取り組めるその
熱血漢ぶりは、婚約者が認め手を繋ごうと決心したほどの彼の魅力である。
並の魔物なら撃退できるほどには戦闘能力にも優れ、呪文もいくつか扱うため、
そろそろ山奥の村雛見沢では、村の筆頭と呼べるほどの猟師になりつつある。

998◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:48:35 ID:n4tYWkF20

        ',.::::::! !     / /.:::/
        ',:::::| |   ../ /:::/
         ',:::| |_ / /.::/
         ヽ!「 _ __V ./::/
          ',」 ___,)  レく
        "´ V      `ヽ
             ! , '      ヽ
          ! ' ,.ィ        ミ
           ',  `"  ,.  -‐┼ '
           /    ィ´,.  -‐十 ''
          〈    ノ´   ,. イ ')ヽ
           `ーく_   ,.イ ´   / ',-、,,,_
            _//`y'´    / .',  .`',:=‐‐ー-:、
         __,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
       ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
      ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
      r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l

【グランバニア先代国王】 ラプラス
リュカの父親であり、伝説の勇者の血を引くグランバニアの国王だった存在。
戦闘能力に非常に長け、数多くの呪文を扱い、国政を上手く回す手腕に優れ、
人柄もよく誠実で、でもつまみ食いが好きな程度にはいたずら心も持ち、
一方子供の躾にも厳しい一方その裏は愛に溢れ、おまけに嫁さんも可愛いし、
多くの国民に強く支持されたのも納得千万の、とっても凄い人だった模様。
彼の遺品である美しい宝玉は、今もリュカにとって大切な宝物である。

999◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:49:11 ID:n4tYWkF20

          |\    ___                    __
          |  \∠ _:. :. :. \                     /   /
          |  >:':.  ̄ ̄:.ヽ、:. :ヽ.             /     /
             j/:. :._:. :.--:. 、:. :. ヽ:. :.ー:. :.‐:.- 、      /       /
         /:., .: ¨:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. : \   /  /  /
          /:/  :. :. /:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ j /  /
        j〃    / :./:. :. /:/:. /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヾム.≦ _
        l   :. : , ' :. /:. :. . /. ./. ./.. ..j  i   ヽヽ  : : マj- _:. :. \
       /| :. :. / :. :/:{:. ; 斗:.十-j:、:. ハ:. , r‐-:.、!:.',:. :, :. } \  ヽ:. :. \
      /:. :.|:. :. :/l:. :. :,':. l:/ :/l: /l:. ∧:..l ヽ: l \::.iヽ}:. :.',: lヽ \. \:. :. \
    /: .:.:.:.∧:. :.l ハ:. :.lヽ:jl:. :.l l/ .j:/_ ヽj  ヽ!__ ',l:. l:. :. l:.j ヽ  ヽ   \:. :. ヽ
    /:. :. :./ ヽ:.j |.ム:. |,:. :.>、:j_r==ミ     z==.、j:./:. :.//\   l    ',:. :. :.',
.   {:. :. :./    レヘ:.!ヽ/: ハ´             ヽ/:. :〃  \  |    . l:. :. : :l
    .j:. :. :.l       `j l:. :i:ハ      _' _    ∠: イl     \j    j:. :.:.:.:.|
    l:. :. ハ           |:. l:小、   l    〉     /:. //            /:. :. :. :l
    ヽ:. :. ヽ          |:. l: |. 丶、 ヽ._ ノ   イ:. ,:./        _/:. :. :. :/
     \:_:, ゝ      ヽ l: |__ェ=i> _-_ <i=/:. :/         ̄フ:. :. :./
                ヽj  ̄ ̄ ̄   ̄ ¨/:./7       ∠  -
               ィ7.ゝ- 、   z― ,〃=く
             /// ヽ二ヽ  z― 、//  _ ヽ
           ,r≠ ┴'、     /   〈∠, /   ¨ マヽ

【グランバニア先代国王の娘】 リュカ
リュカが9歳の時の姿である。どこがどうしてああなった。
人格者であった父の教えをしっかりと心に刻み、素直で優しい女の子として
その半生を生きてきた。父親のことを誰よりも尊敬していたし、彼が無残に
世を去った時のショックは想像を絶するものだったに違いないが、それを超え
今も強く生きている彼女の姿に、父の強さは受け継がれていると言えるだろう。
唯一父に不満があるとしたらあの(もふもふした)毛深さであり、その血を引いた
自分もいつかあんなんになるんじゃないかと、この年頃まではずっと不安だったそうな。

17名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 21:51:06 ID:MP1iHAe20
毛深いってレベルじゃねーぞw

1000◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:49:33 ID:n4tYWkF20
バックナンバーです。

第8話  サラボナ・賢商インデックスとの出会い  ~誰もが夢見るそんな未来~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/88-210
第9話  山奥の村・幼馴染の前原圭一との再会  ~俺の私の大切な人~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/263-361
第10話 テルパドール・やらない子との出会い  ~はぐれキメラとの知恵比べ~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/383-486
第11話 ネッド・幼きリュカと父ラプラスとの追憶  ~今の日々、かつての日々~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/510-634
第12話 グランバニアへの道・父を失ったリュカの過去  ~失った家族、今ある家族~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/661-771
第13話 グランバニア①・ラーの鏡とリュカ  ~そこにいる私は私じゃない~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/804-911
番外編 リュカとスライムが出会った頃の物語  ~いつか、やがて、きっと~
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/951-991
主要登場人物紹介
      【http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/994-999





              。・゚・⌒)
     _,,..,,,,_  ,.rぅ━ヽニニフ ))     次スレですよ~。
    / ,' 3  ` 丿      彡
    l   ⊃ ⌒_つ                 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1347482038/
     `'ー---‐'''''"

.

1◆V/FGdX7aTo2012/09/13(木) 05:33:58 ID:n4tYWkF20
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ'"~~"'丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,i'  ,' 3    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,-~""";;;'''-;;;;__::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,.,;.,~-ー''''~ ̄:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
''''-,,、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
-ー'""::::::::::::::::::::::::::::::::::::,;´""'';,, ,,,`,-;;ー,,,,,__,;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'''''-ー''"""''-ーー''~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,-"""~"''- ,,  ,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミミミ:::::::::::::::::::
::::::::::::;;:::;:;;::;;:::::::::::::::::,,, -'"    ; ; ;,,-''"  ~"''- ,,,,_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ミミ::::::
__,,,, -(;);)(;);;)--'''""~               ; ; ; ;~'''-- ,,,,,,,, -'''''"ミミ~'⌒ヽ ,,,::ヽ::
    (;,(;,(;,(;,)     ; ; ; ; ; ; ; ; , , ,                    ⌒ヽ ⌒ヽ; ⌒
"''"''"ii:ii:ii::ii''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''"''ミミヽミミ'')"''"
",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';"`'l;",ミ'|;"ヽ
",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",';",'; \ヽ , '`i\ヽiヽ``

さすらいの旅人リュカと七匹の可愛い魔物の仲間達でお贈りする、
原作『ドラゴンクエストⅤ』の世界観をお借りした二次創作スレです。
近況報告としては、>>1がなんとなく禁煙を始めました。


【まとめて頂いているサイト】
 Apple‐Polishing Articles様:http://applepolishing.blog.fc2.com/


【過去スレ】
 #リュカQuest (豪快にスレタイを間違えた1スレ目)
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1343645151/
 【DQ5】魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫【2スレ目】
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1345123392/

2名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 05:35:51 ID:auA6EBag0
スレ立て乙。
真紅さんの正体がマジ気になるわー

4名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 07:13:54 ID:k7kscaPc0
たて乙ですー。

できる夫も男の子じゃのう。

9名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 14:23:16 ID:ZqyVlaiw0
スレ立て乙です

できる夫いいなあ。

10名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 14:29:00 ID:Z7UwgB020
スレ立て乙
>>1は毎度毎度謎の時間帯に投下するなwww

12名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 18:07:27 ID:w2p7JriA0
スライムはどこまでも強くなれるんだぜ!

13名無しのやる夫だお2012/09/13(木) 19:29:10 ID:eaofz9Kc0
女の子の服を溶かしたりな!

現行スレ:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1347482038/
関連記事

2012-09-13 | 魔物使いのリュカとブラウニーのやる夫 | コメント : 1 | トラックバック : 0 |

コメント

これは灼熱の炎使うタイプですわ

コメントの投稿

トラックバック

http://applepolishing.blog.fc2.com/tb.php/723-77335d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »




以上の内容はhttp://applepolishing.blog.fc2.com/?no=723より取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13