以下の内容はhttp://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-736.htmlより取得しました。


スポンサーサイト

カナは気まぐれ 幕前 ラブストーリーは突然に

349 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:04:12 ID:Qzyifhf.









      ―――― 彼女の性格と言うものは




                       よく理解しているつもりだったし




                                        事実、理解もしていた ――――







.

カナは気まぐれ まとめ

350 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:06:40 ID:Qzyifhf.



 ┌─────────────────┐
 │  ただ その言葉があまりに衝撃的で.   │
 │                            │
 │   胸を刺し穿つものだから       │
 │                            │
 │     忘れてしまっていただけで    │
 └─────────────────┘
                                                 ,イ: : : : : : l: l: : : : ヽ ヘヘ
                                         .       /:/: : : l: /.;': l;: : 、: : :ヘ i ヘ
                                               /:.i: /: ://:/j:./-V: :'; : : :ll ヘ
                      そ、そうですか・・・               'l: :l/l:.,ィュ、,'/'´ィョュ-、l: : :.:ll,ィ- ゝ
                                              ヾl: l'弋ノ   弋:リ l:/: //:l
                       よかったですぅ                   `トゝ  '__    /:..:/ i : :. ホッ
                                                ,':iヽ   ゝ'   ムイ /.: : :.
                                               ,: :l  l> _, ィ´l: : l !: : : :.
                                                ,: :.! l : ;ィヘ  ,.イ`¨l /、: : ∧
                                              ,: : :l l´ ,ィタ}ヾ、  /l':::ヘ : :∧
                                              ,: :./:l l 《〃ヾx_》 { !::::::ヘ: : ∧
                                         .    /: /::::l l  ',タ j{'{j  l l::::::::::ヘ: :.∧
                                             /: /:::::::l l ,タ j><{j  l l::::::::::::ヘ: :.∧




      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶
     │     /\     .|      でも、いいの?
     |    / ̄ ̄\    |
      \           /        気付かれないままで
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ          言わないままで
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
                                           ┌──────────────────┐
                                           │ そう、一つ冷静になって考えれば       │
                                           │                              │
                                           │   すぐにでも理解できたはずなのだ   │
                                           └──────────────────┘
.


351 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:07:55 ID:Qzyifhf.



                                   \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
                                    /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
                                   l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
                                   |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
                                   ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
        なっ、ななななっ、なんでですかっ!?         ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|
                                    /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|
                                   / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |
                                  ./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
                                   : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
                                   : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
                                   : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
                                   ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
                                  : /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶     なんでって、い、いやだって、ねぇ?
   │ /// /\ ///  .|
 . (⌒)   / ̄ ̄\   (⌒)      バレバレだよ、翠星石さん、入速くんのこと・・・
 ./ i\            /i ヽ

                                ┌──────────────────────────┐
                                │ 冷静に、落ち着いて考えていればよかったのだ          │
                                │                                        │
                                │    そうすれば、あんな無様を晒さないで済んだというのに   .│
                                └──────────────────────────┘

.


352 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:09:07 ID:Qzyifhf.










       ―――― 言葉というのは以外にも不自由なもので




                       その裏側に隠されている真実に、気付くことができなかった ――――












.

353 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:10:18 ID:Qzyifhf.



            ', ,. イ.::; .:.:.,     .:.:.::::::::::.`ゝ、
            V/.::/.:.:/      .:.:l:! .:.:::::::::.`ヽ _」 _
          /. .,.ィ.:.::/    .:.:::::::.:.  .l:! 、 .:.:.:::::::::.`、下 .!
            /.:/ .::l:!.:./   .:.:.:.:::::::〃.:/::!::::.:.、 .:.:.:::::::.`、 /
          ./.:/ .::::l:|.:.:.  .:.:.:.:::::::::〃.:/.:::ト、::::.:.ヽ .:.:.::::::::Vヽ
         /.:/ .:.:::::l:|.:.:. .:.:.::::::::://.:/.::::ハト、.:.:::::', .:.:.:::::::!.::.',
        ./.:/ .:.:.::::::i:|.:.:'"´ ̄`>' /.:/.:::/´ ̄`ヽ .:.:l .:.:.:::::!::::::',
       l:::ハ .:.:.:::::::リ.:.:.:.:::::/ ノ.::/.:::/´ ¨`   V:l .:.::::::j:::::::::
       |::| ',.:.:.:::::.ヽ` `Y⌒㍉ /:/ ,. ィ'⌒Y77 リ .:.:.:::/l.:::::::::     ち、ちち、違うですぅ!!
       |::|  ト、.:.:::::::.ヽ_ 辷_ソ       辷_ソノ ./ .:.:::/ リ::::::::::
       ヽ! {i \.:.::::V///// i     ///// /.:.::/ リ:::::::::::       な、なんで翠星石が、や、やるっ
          {i _」 _ハー--    `        /;:イ   リ.::::::::::::
         {i 下 j} 1.:::ト、   r‐---っ   ノノ_」 _  リ.:::::::::i::::        やる夫なんかに惚れないといけねぇんですかっ!!
         {i   j}. \.:.:::>.、  ̄ ̄   ノノ 下 ,.イ|::::::::::|::::
         {i   j}  ,.'´   ``ニニニ"´ノノ   ,.イ:::i:l::::::::::|::::         だ、断じてそんなことありえねぇですぅ!!
            {i  jレ' -米‐ 「:に>介フノ_」_  ,..イ.:.:l::::l:l::::::::::|::::
           \〈    ノノl::,.ィイ.:/  下イ .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
            ``~~´ ``フ.:::/ ,.'"´    .i.::::|::::l:l::::::::::|::::
                 /::/ ,.'´ ,r‐‐y‐─ ュ、::!::::l:l::::::::::!::::
                 /フ ^Y´ ,.r'".:.:.:.:::::::.:.:.`ヽ\:::l:l::::::::::!::::
              //シ'  j! ,〃.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.\\!:::::::::!::::
                //シ'  j! 〃.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:\\.:::!::::



354 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:11:29 ID:Qzyifhf.



  |     |      |
  |     |      |
  |      | ガンッ!!|.    ゴ
  /     l、     .|.    ミ
  ヽ     ヽ    |    箱
  |      l  从|
  〈    ヽ  、\__|
  i   、  \、_.|
  ヽ 、_-ヽ、_)_) \
   \   )-'       \



355 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:13:03 ID:Qzyifhf.



::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::||
::::::::::::::::::::|| ̄ ̄\
::::::::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
::::::::::::::::::::||●)(●), \     ・・・あ
::::::::::::::::::::||(__人__) ゚o |
::::::::::::::::::::||_,`⌒´  /
:::::::::::::::::::(_____ノ´
::::::::::::::::::::(_ノ /
::::::::::::::::::::||/   ゴトッ
::::::::::::::::::::||       ミ_ミ
::::::::::::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | 。
::::::::::::::::::::||  ゴミバコ   | |   .  .
::::::::::::::::::::||_____|_| ○ 。. 。 。
:::::::::::::::::::/
::::::::::::::::/
:::::::::::::/
::::::::::/
                            ______
                          /          \   て
                            /          :::::::::::::::\  そ
                            / / ∧     \:::::::::::::::|
                            |    /_ヽ       :::::::::::::|      えっ!?
                        |   /   \     ::::::::::::|
                            |          .....:::::::::::::::::::/       に、入速くん!?
                        ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
                        / ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
                        |            ::::::::::::::::::::::|
                       \___       ::::::::::::::::::::::|



356 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:13:58 ID:Qzyifhf.



    /  /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : |: : : :\   ヽ ,\  ∧
    \ /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : ::::l : : : ::、:\ ´ヽ ヘ  ∧
     /: : : ::::/: : : : : : : :/: : : : : : : :〃:/: :/:::l: : : : : :l  \    |  ∧   て
.      i: : : ::::/:i: : : : : : ::/: : : : : : /: ::イ:::/::::::|: : : : : : i: : : :ヽ   }   ∧    そ
    /: : : : :i: :|: : : : ::::/: : : : ::/: //:: /: :人ハ: : : : :::l: : : : : ヘ i_ } /  \
   ノ: : : :: : |k:|: : : : :/: : : :∠/:/ ./:::ノ: :/ Ⅵ: : : : : |: : : : : : :i不 レ    ヽ
....イ:/: : : : : : :|k:|: :ー/フ' ̄ /'´  /:/ /: 人_i:lヾ: : : ::|: : : : : : ::| ノ         へっ!?
: : :/∧: : : : : ::iミ: ::ハ/イ二二ヘ   / {/   = ミ>、::::::|: : : : : : : |/    _
::::// /ヾ: : : :\: ::iK/ /:(::)::ミ、 `    /   イ ̄=ミヾ:::|: :/: : : ::: |_...ィ'´        や、やる夫っ!?
://   >: : : : ヾi ` 弋::::::ソ /         r´(::):ヽ \У: : : : :://: : :∧
./    ∧: : : : : ハ  `ー='         i:弋::::ノ  ソ: : : : : :/ i: : : : :∧\        な、なんで・・・
 フ/、. / / \: : :ミ、_        i      ミ_イ /: /: : / ./: : : : : : :\:
 水ミ/ /:::{て \: iヾ       `        ̄/: /: : :/ ./: : : : : : : :\
   ./ /:::::}i{ ヽノ \     rー 、 _      /: :イ: : :イ //: : : : : : : : : : :
  / /::::::::::{ 人从} \   `ー _ )    ̄ ノ: :イll  /人: : : : : : : : : : :
 ノノ::::::::::::[乂ノ)}    \    ー      フ'´  ∧  | | >⌒ }: : : : : :
ニ彡:::::::::::::({ ili }}      >      ,  <´   〃 }  /r-イ ノ≦ ̄ケ}: :
:::::::::::::::::::::::::ヾ {{ヘ       ` ̄ ̄      /  ii  /{ { 人  } K}: :






          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;      え、えっと、あの・・・
      ;/   o゚((○) ((○)゚o 
      ;l        (__人__)   |;      ご、ごめんだお、覗くつもりはなかったんだお
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;



357 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:15:12 ID:Qzyifhf.



          / ̄ ̄ ̄\
       //    \  \三
      / (○)  (○)  ヽ          ご、ごめんおっ!!
       |::o'゚~(_人__)~o° |
   ,ィTl'ヽ\  `⌒´  ゚ /`ヽー三
    kヒヒど,           {⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ   ` /  三
            >   /ごノ
        __,∠     /    ダッ
      〈、    /
       \、__ノ




      \ /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : ::::l : : : ::、:\ ´ヽ ヘ  ∧
      :/: : : ::::/: : : : : : : :/: : : : : : : :〃:/: :/:::l: : : : : :l  \    |  ∧:
   .     i: : : ::::/:i: : : : : : ::/: : : : : : /: ::イ:::/::::::|: : : : : : i: : : :ヽ   }   ∧
     :/: : : : :i: :|: : : : ::::/: : : : ::/: //:: /: :人ハ: : : : :::l: : : : : ヘ i_ } /  \:
    ノ: : : :: : |k:|: : : : :/: : : :∠/:/ ./:::ノ: :/ Ⅵ: : : : : |: : : : : : :i不 レ    ヽ:
  :イ:/: : : : : : :|k:|: :ー/フ' ̄ /'´  /:/ /: 人_i:lヾ: : : ::|: : : : : : ::| ノ        や、やるっ!!
 : : :/∧: : : : : ::iミ: ::ハ/イ二二ヘ::::::::/:::{/:::::::: = ミ>、::::::|: : : : : : : |/    _
 ::// /ヾ: : : :\: ::iK/ {  ・ }ミ、 `:::::::::::/:::::::::イ==ミヾ:::|: :/: : : ::: |_...ィ'´:      ちょっ、まっ!!
 ://   >: : : : ヾi ` {==イ:::::::::::::::::::::::::r´({  ・ } ゝ \У: : : : :://: : :∧
::/    ∧: : : : : ハ  と つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:{==ノ  ソ: : : : : :/ i: : : : :∧\:
  フ/、. / / \: : :ミ、_ Uo      i     と つイ/: /: : / ./: : : : : : :\:
  水ミ/ /:::{て \: iヾ   ゚ _ __`___    ゚o /: /: : :/ ./: : : : : : : :\
    ./ /:::::}i{ ヽノ \   {------------} u /: :イ: : :イ //: : : : : : : : : : :
   / /::::::::::{ 人从} \  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    ̄ ノ: :イll  /人: : : : : : : : : : :
  ノノ::::::::::::[乂ノ)}    \  ̄ ̄ー ̄ ̄   フ'´  ∧  | | >⌒ }: : : : : :
 ニ彡:::::::::::::({ ili }}      >      ,  <´   〃 }  /r-イ ノ≦ ̄ケ}: :



358 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:16:09 ID:Da3ZDGgk

これは辛い
辛すぎる



359 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:16:11 ID:Qzyifhf.



   /   //        l     |    、    ヽ \
  /  . :/ ,.イ   l   |  l   | |     ヽ    l: .  \
  \. :: ::/ /.:l l  |   l  |   j l l   |    l: :: :: . /            ┏━━                      ━━┓
    ヽ/ / /| !   l   l  j}  /j ト l    l      iヽ: :/
     l /イ i l   !  l_/l   / | / ヽ| -- 、 |    l| V                         カナは気まぐれ
     l {:/ l l   ト. ´j / j / ノ'   l\   j|    l:|  |\
   /l !'   l l   l jノ}イ_/´       ィ-ヽム!   /l:|  ヽ \          ┗━━                      ━━┛
 ./  ハ|   ヽ ',  lY´{ ノ::ヽ       |ー':.:.:.l |  / j:|   l
'´  _」 、 l / ト、  ヘ |::::::::::l      l:.:.:.:.:_! ! :/ ノ'   ヽ
  /  --, 、一 ト、  、 、_ソ         ゝ-'://!  、l /
_/    / | ヽ /: : ト. ._>xx   _    xx /': : : }  - , 、一
           lr 、:, ィ| `ヽ―――‐ -<´:_:_: : : :|:  / |\
 \ | /    / ヽ〉  l   、 , -―- 、, -―-、杁: :}
 ―  ―   _〔入_i , -| i   { f´ ̄` ' ´ ̄ ヽ:}j |: :|
 / l n,ィ // ,.ィ ´  l l   { {   fjこス _j_} i: :|                  ┏┓                     ┏┓
   r//厶._: | .:/--   ヽ:|\ ゝ\ノ込'ソ\ /  l: :l  ヽ l /              ┗╋━                       ━╋┛
ヽヘ/\ヘヘ┘{ / _    \ \ く/-- '/_l_rz、_V|  ―,  、―             ┃                     ┃
-―――-、 ̄'|}V! ノ:i     ィーj、ー 、 ̄l 〈,ィ { {ヽ」  / | ヽ                  幕前:ラブ・ストーリーは突然に
 |  /  , ―'ソ |::::::l     l:::'::::lY {ヽ l r_'_} } | |                   ┃                     ┃
 l /  { /こソ  ゝ '      、:::::ノ   | , 〉 〈_  Y イ                    ┏╋━                       ━╋┓
 _  〈└  ̄{ Xxx        xxX 」 |イト/ヽ}/ヘへ/ヽヘ_            ┗┛                     ┗┛
{ イ /´>、._/\   c     _ -'_/ノ|, -‐ ' ´  ̄ `丶、 /



360 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:16:29 ID:FhWx4JZQ

ばかー



361 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:17:09 ID:Qzyifhf.




















                                       ┌─────────────────────┐
                                       │ どこをどう走って、その場所に辿りついたのか  │
                                       │                                    │
                                       │    もう記憶の彼方に薄れ、覚えてはいない    │
                                       └─────────────────────┘

.


362 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:18:07 ID:Qzyifhf.



 ┌─────┐
 │ 音楽室   │
 └─────┘
___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l            ______
.____/:/|   l/_____/:/|            \|        (___
___||/ !||    |||___||/ !||             |\            `ヽ、
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l                 |  \             \
/:/|   l/_____/:/|                 |   \             〉
/ !||    |||___||/ !||                 |       \          /
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l       _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  l/_____/:/|   l/_____/:/|     匚______ζ--ー―ーrー´
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||         ∥    ||       .||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l i||             ∥)   ◎      .||
.___/:/|   l/_____/:/|       .       ◎            .◎
__||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.
                                       ┌───────────────────┐
                                       │  泣き声を聞かれたくなかった          │
                                       │                                │
                                       │    それだけの理由でこの場所を選んだ  │
                                       └───────────────────┘

.



363 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:18:42 ID:8ipD4xmY

ああ、ここに繋がるわけな



364 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:19:16 ID:Qzyifhf.



____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(●)) (( ●))゚o  ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|       ┌────────────────────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|       │  ポッキリと折れてしまった心でも                       │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       │                                            │
                                       │    恥と外聞というものは理解できていたらしい               │
                                       │                                            │
                                       │     音楽室の片隅で小さく丸まって、ただひたすら泣いていた   │
                                       └────────────────────────────┘

.


365 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:20:07 ID:Qzyifhf.



┌────────────────────────────────────┐
│┌─────────────────┬┬───────────────┐│
││   ..::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:::::::::..................  ││     ......:::::::::::::::|::::::::::::::................  ..::::││
││     ......:::::::i::::::::l:::::::::......................     ││    l       .............................    .::││
││          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::.........││............!..|......::::::.........           ......││
││    ......ザ ア ア ア ァ ァ ァ ァ .....l.:::::...............::::││.....     |   ........::::::::...        ..││
││            .....................|...........:::::|:::::::││:::::::::::::::: l::::::...................   ....:::::|::   ..::..││
││   ..:::::...l.....      |    !...::::.........|.......││ !      .....:::l::::::::::::::::::::::::::...   ...::.││
││         ................|....::::::::::::::::::::::::::::!:::::::││:::::::|:::::::::... i..................................:::...   ....::::::││
││:::::::::::::|:::::::::::::.................... |.................. . l.................││.......|....    | ......::::..         ...││
││  ...::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::!::....................... .........::::││   l    .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..     ││
││                 .::::゚:::::::::::::::::::::::.................││......:::::::::::::!:::::::::::::::.............       ...:::││
││   ..::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:::::::::..................  ││     ......:::::::::::::::|::::::::::::::................  ..::::││
││   .:::::::::::::::::::..................::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::: ││::....................       |         ..││
││          |                ││ ...............................:::i::::::::::::::::::::        ││
│└─────────────────┴┴───────────────┘│
└────────────────────────────────────┘



366 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:21:12 ID:Qzyifhf.



____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |     ( もう・・・いやだお・・・ )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;o゚(一)) ((ー))゚o  ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|             ┌─────────────────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|             │  雨は小雨なれども未だ止まず                  │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             │                                      │
                                       │    防音の整ったこの部屋では雨音も聞こえないが     .│
                                       │                                      │
                                       │     その色味だけで気分はどんどんと落ち込んでいく   │
                                       └─────────────────────────┘
.


367 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:22:38 ID:Qzyifhf.



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  なにがいけなかったのか:::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: :::最初からダメだった::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              ::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   キモメタボなんか相手にされるわけがない
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      ::::::::::::::::: 思い違いも甚だしい
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::
.:::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::          :::::::::::::



368 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:23:28 ID:Qzyifhf.



::   :::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
: ┌─────────────────┐::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
: │  思い上がった罰だと謂わんばかりに  │::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
::: │                            │::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::: │    耳を塞ぎたくなるような言葉が    .│ :::::::::::           ::::::::::
::: │                            │  ::::::::          ::::::::   :::::::::::::::
::: │     頭の中を這うように行き交う     │:::::::         ::::::::    :::::::::::::::::::
::: └─────────────────┘:        ::::::::     ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::: ああ、そうだ、そうだろう?      :::::              ::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::           本当は何もかも上手く行くと
       :::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::こんなツラのクセに思っていたんだろう?::::::         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              :::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::          ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::          :::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ┌──────────────┐
:::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::     :::::::::::::::::       │  返す言葉もない           │
:::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::     │                      │
::::::::::::::::::::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::::::::::::::  │   すべてその通りである    │
:::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::└──────────────┘
::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::::::        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



369 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:24:19 ID:Qzyifhf.














                      なら、死んじまえばいいんじゃないかお?














.

370 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:25:07 ID:Qzyifhf.























.

371 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:26:06 ID:Qzyifhf.



┌─────────────────┐
│                            │
│   そんな言葉につい納得しかけた頃   .│
│                            │
└─────────────────┘








        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ       まったく、男の子がなにメソメソ泣いてるのかしら?
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |.
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|.           ┌─────────────────────────┐
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T            │ やけに可愛らしい音色が割り込んできた           │
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|.             │                                      │
         \: : :./.: └': :└' : : :..ヽ: . . .: .:.j :/.             │    その声でハッと我に返る、今、なにを考えていたのか  .│
          ̄/´.:::: .: : : : : :. :. :::..\: .: .:/、                └─────────────────────────┘
         /                ̄ ´  \



372 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:27:02 ID:Pzdf6I3o

knmjpt



373 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:27:09 ID:Qzyifhf.



         ,.-- 、 ,/  ,r‐,.-- 、ヽ`ヽ--、
            \  `   {. i    ,`´、⌒ヾス
          ./ \     ゝ、  ,.-{{薔}}-、i }
         / ./ .} 、  ヽ、У /ー''ヘ \}、
         .′/ ./  `ー- 、ーヘ、._, -'yv'  i
         {  /       ` ̄`ヽ'´  、 /!
            マ /,. -- 、       ´  ̄ `マ  i / }       メソメソ泣いてる男の子ほど
         マハ         ,    マ ,-v′
             ゙Y、   `       ー―'  Y` }         カッコ悪いものもないと思うかしら
         /!ハ.` ̄´     """ _ ノ ノ
        〃. `圦"""   _`_ {、「´    ̄`ヽ.
        {l ,.´ ̄ゝ、   ー‐ ′〉!_    /
         く´  _   > -  -./   `ヽ. /‐ヘ
         ,〉.1 _ `ンフ l__ト、r三ー、,/       \
        / r―'-,.ハ // .| ヒー、/        \          ┌───────────────────┐
      r'′  二ア/  / / ゚ .| Yミ}' /          ノ     .      │ 視線だけ上を向けてみると            │
      ',    `フ}/  / /。  .! .!"´/          /           │                                │
       ',    ラ{  `    "´ノ人    ム   / /              │   声音通りに可愛らしい女の子が      │
                                               │                                │
                                               │      ずんと胸を張って仁王立ちしていた  │
                                               └───────────────────┘
.


374 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:28:35 ID:Qzyifhf.



              _  __ __
             _j  ` ー   r_`r-、_
           , '´ ゝ,.      r r ⌒ 、jニ、ヽ
           /    / \   _j |   ,rr<ァ、ヾj
          '  ,  ノ   ` 、 ゝヽィ'ゝtテン'、ノ
          | //       ,`ニ`!ィ´ ` ~ヾ∧!
          レ/, ⌒        `LYz_ rく_ ノ
         | |    ヽ    "     ゞ\/      まったく、そんな大きい・・・
          ゞ. __ ,     、___  ,j_ ゝ|             .
         , ,=l'T',` ̄   、    ` ̄´  ト、 Y        そんな横に大きい体してるくせに
       i/  ゝヘ     、--,      ,r イ
       ゝ-'、⌒ゝ.    `       ィ=<´ノ          みっともないったらありゃしないかしら
        __{::::!_--、ゝ 、__   __ ィ' _  /::ヽ
     r' ´   ゝ=--<__r-z二=、ヘ_,ゞ::::ヾ:::::ノー 、
     '       {:::j_ノr::::_イ-fト、::ヽ)´ ̄!:ヾ    ヽ
     |::::/   r:::!  |! `'l::! ゚ |::! `ゝ─ 、ノ   r /
     ゝ::!::_   ゝァ"|! ,/::| 。 |::|  ゝ_,l::ノ  . ::::::/:::!
    /.. ヽ   ゝ=イ ゝ- 。 レ' 、 __j:)丶 _:::::::::::: \            ┌───────────────────────────┐
   /   , ー /  ゝ、 _ __ _  /  ト ー ´\    \        │ ただ、その言葉は可愛らしさの欠片もなかった             │
  /   ヽ    /   r:::::zl::j:::ヽ,   |     ゝ___    \     │                                          │
 /!     \r /    `´/\ー'   ヽ__   /      ノ       │    辛辣で、自分のことなど知りもしないくせに言いたい放題   │
                                             │                                          │
                                             │       あと、横に大きいとか言い直されたのも癪に障った     │
                                             └───────────────────────────┘
.


375 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:29:22 ID:Qzyifhf.



____________________./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      \: . :::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ノ   ヽ、_    .ヽ.:: |    ( ・・・ほっとこう )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::(ー) (ー )      ヽ|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_`⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\ .|::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   ヽ:|               ┌───────────────────────┐
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /  /  / \  ._ノ|               │ それに一々反応するのも馬鹿らしいと感じて         │
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄::::::::::::|               │                                  │
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|               │   膝を抱え直し、また自分の心と問答を繰り返す    │
                                         │                                  │
                                         │      しばらくしたらどこかに行くだろう             │
                                         └───────────────────────┘


















         , -「\‐- .._
       , - ´  ヽ \\ゝ=、,、
     /   //\、 :. :〉{ r;、ヘ
      /  ./ ./.:/   丶、::ゝイゝ}7
    i{. .:/ .//  、   `ニミヘ/ソ
    i:、::{ _{´ __\  ノ_Vソ     ちょっとー、イジイジメソメソしてるだけならまだしも
    ゝ:`{メ,   { 弋ツ   弋ノ /'
     ``i{、_ xxx      ,xx{= 、       なんでカナのこと無視するのかしらー?
      ,人、__メ      , -'、ノ   〉
    ,. ┴‐ < ̄ }、...  ィ'´`ヽ /
  r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、            ┌──────────────────────────┐
  i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr-」  \          │  などと考えていた自分が甘かった。                   │
                                   │                                        │
                                   │    自分のその態度が、却って彼女の逆鱗に触れたらしい   │
                                   └──────────────────────────┘

.


376 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:30:38 ID:Qzyifhf.



        ヾ;./彡    r、 ,' レ'ヽ'`Yゝソ´), イ`;
         /jヾ 、     { `j      ,.イミ:.、 ノ
       /   ,\ ミ  { ̄ _,:zニミr'チ≧Z/: ル}:.!:{
        /   /ヾ. \  ヽ,∨! : : くK込シ}}≧ージハ
      i   /  \ ヽ/´ トミ、,.イ;':ゞ=彡:、オ´ ソ´:,
      {.  ;'     \  ̄7 ゞ'`ー:|::.、,r、ヾ:.、 ヽ. !
     ∧ i       ` ミーチ ,  !:::.∨ ハ:.ヽ´.  l
       ハ {  ー-  、ゝ_,..< j彡'|:::::ノヽ、ノ'´    !    そりゃー、カナはあなたに何があったかなんて知らないかしら
      ハ! 、_         `´゙ <、 ノ>=.   ;
       , ヘ イ: : ,ミk,   彡-―ミ、  〃' /´`ハ. /      でもねー、いい年した男の子がグジグジしてるなんて
     ., '.  l|ゝソ     {: :i::::jうヽ /  {  ' j /
     /    | `ー'      ゞ、;;;ノ   i  .ノ  /`ヽ        世界中どこにいたって、見っとも無いって思われるに決まってるかしら
        .r=八〃〃`      〃〃,-=='´ヾミ:、ハ
      /≦彡、   ヽ       j三=-   >' ̄ヽ
     ノ三ミ、    > .    .  <」彡'´   /. : : : : : : \
    ヾ/´   三{: {{´,:z彡ヾ:、`jイ  彡'゙. : : : : : : : : : :ハ
     }彡'´   イ: : ヾ='/j i:| ゝ彡'  ノ. : : : : : : : : : : : : : ∧
     /く/ ´〃ハ: : : :i.:〃.:;'.|:::::{≦/. : : : : : : : : : : : : : : : : :.、
   /. : K彡'/: :!: : / ,' / .!:/ {: : :/`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :}





        ___
      /     \
    /        \
    /::::::           ヽ            ・・・・・・
    |:::::          i
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)



377 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:31:31 ID:Qzyifhf.



         ,.-- 、 ,/  ,r‐,.-- 、ヽ`ヽ--、
            \  `   {. i    ,`´、⌒ヾス
          ./ \     ゝ、  ,.-{{薔}}-、i }
         / ./ .} 、  ヽ、У /ー''ヘ \}、
         .′/ ./  `ー- 、ーヘ、._, -'yv'  i
         {  /       ` ̄`ヽ'´  、 /!
            マ /,. -- 、       ´  ̄ `マ  i / }       あ、もしかしてそうやって自分の世界に浸ってるのが
         マハ         ,    マ ,-v′
             ゙Y、   `       ー―'  Y` }         カッコイイとか思っちゃってるのかしら?
         /!ハ.` ̄´     """ _ ノ ノ
        〃. `圦"""   _`_ {、「´    ̄`ヽ.          そうだとしたら、おバカ丸出しかしらー
        {l ,.´ ̄ゝ、   ー‐ ′〉!_    /
         く´  _   > -  -./   `ヽ. /‐ヘ
         ,〉.1 _ `ンフ l__ト、r三ー、,/       \
        / r―'-,.ハ // .| ヒー、/        \
      r'′  二ア/  / / ゚ .| Yミ}' /          ノ
      ',    `フ}/  / /。  .! .!"´/          /
       ',    ラ{  `    "´ノ人    ム   / /




        ___
   ┘└/     \
   ┐┌        \
    /::::::           ヽ            ・・・・・・
    |:::::          i
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)



378 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:32:36 ID:Da3ZDGgk

これは流石にイラっとくるだろw
でもカナマジプリティ



379 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:32:58 ID:Qzyifhf.



                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l    まったくメソメソ、よくそんなに涙が出るものかしら
            lr‐1         》⌒! |   /
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /      そんなに泣いて、目玉まで飛び出すつもりかしら?
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |.
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |



       ___
   ┛┗/     \
   ┓┏        \
    /::::::           ヽ
    |:::::          i         ・・・うるせーお
    ヽ:::        __/
    /::::        \           頓珍漢な日本語喋ってる奴に言われたくねぇお
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)                   ┌────────────────────────────┐
                                │ どの言葉が自分のそれに触れたのかは分からない            │
                                │                                            │
                                │    ただ、いい加減、我慢の限界だったのは間違いない       │
                                │                                            │
                                │       気がつけば思ったままの言葉を口に出してしまっていた   │
                                └────────────────────────────┘
.


380 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:34:08 ID:Qzyifhf.



             ,/ ̄ヽ\
            //     V }
               { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
           /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
            / / ヽ \ \    i |、ヽ
          / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
          ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
        l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /    う、うるさいかしらー!
        !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
        ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <       この間までドイツに居たんだから
         {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
     _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ       日本語が変でも仕方ないかしら!
    rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
  <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
  匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
 (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
 / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
-; 、二}. ./!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
 |.|l   / |   / r‐--‐、||      }
 |.|  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈.                    ┌───────────────────────┐
 |.| ./  / /  <><>||  .   ヽ.                  │ あとはもう、売り言葉に買い言葉               │
 lノ.,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ                  │                                  │
  ./  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ                 │   二人して大声で喚き散らしたりなんかして       .│
                                        │                                  │
                                        │     音楽室じゃなかったら赤面ものだっただろう   .│
                                        └───────────────────────┘


             __
            -´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ
         /:::\::::::::<● >   `ヽ         だったら、もう口開くんじゃねぇお
    ((   / <●>::::::::::⌒      )
        |  ⌒(_人__)       ノ | |       やる夫が先に居たんだから、出てってくれお
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
           ヽ          \



381 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:35:45 ID:Qzyifhf.



  /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
  !|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
  亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
   ,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
   | : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
   ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
    V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/           ちょっとぉ、ここは音楽室かしら
     ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
       \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ             楽器を練習したりするところで
        入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
        {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄ ヽ            誰かさんがメソメソする為の場所じゃないかしら
        |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :  ',
        ,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :   '.
        /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :    ヘ
       ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:     ハ
        /´   : .ヽj ' 〈 V /ヘ  ゝr‐_'´: : .  . ,: ノ
       {    : :.rヘ  ', /´ ヽ  {|´ lr-、_, _‐'二. ヽ
     「`ー-、__ ノ しヘ._ ムフ /f⌒|  ハァ , r、ヽ _} |
     l └' / ん1    ノー '  }  __人1| l  rー┘        ┌───────────────────────────┐
       .ゝ / /  └‐-、ノ}   〈ー'´    ヽ! ヽ. |             │  怒りに任せ、思いついた言葉を端から並べる               │
     l / j    . : :/-、_ ‐¬ヘ    : :. ヽ }|             │                                          │
     L〈:.    . : :/ ァ ,-、 r┘:.ヽ    : : : l T           │    これが八つ当たりだということくらい、分かっている        .│
       l: . . : : -/.: l |: : l|: : :.}: .  : : } .:|.            │                                          │
         \: : :./.: └': :└' : : :..ヽ: . . .: .:.j :/.            │      それでも言葉は止まらず、口から漏れ続けていくのだ  .│
          ̄/´.:::: .: : : : : :. :. :::..\: .: .:/、             └───────────────────────────┘
         /                ̄ ´  \



::::::... ..丶
:::::::.... ...\
:::.' ──-.. \
:::::::... ⌒__丶 \            うるさいお、放っておけって言ってるじゃないかお
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ          下手糞なバイオリンでもなんでも、勝手に弾けばいいじゃないかお
:::::::::::...    ヽ   .ヽ
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶
::::::::::::::.... ..::ノ      .)
:::::::::::..   ../       .ノ
:::::::::.⌒ "       ..ノ                       ┌────────────────────────┐
:::::::::::::::::....    ....::::::../                        │ そう、どうして止めることが出来なかったのか        │
:::::::::::::::::::::.. ......::::./                          │                                    │
                                   │   まだ何も知らなかったとは言え              │
                                   │                                    │
                                   │      せめてこの台詞だけでも、留め置くべきだった  .│
                                   └────────────────────────┘
.


382 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:37:06 ID:Qzyifhf.



             >'   ´ ̄ ` <
          /           `ヽ、
.          /  /  ハ   !    {`ヽykL
         /  /.  /  \ ヽ     i /<乂}、
        ,'  〃/    \ ヽ   レ'ヽヒ__!
        i.  ///        \\  ヽ'⌒´/
         ,i 〃' __,ィ    'v--仆―'`ヽ/
        |ハi ,ィ伝气ゞ    仍 ̄廴 ! .| .|
         )!仆!i廴てツ    弋辷ツ)川!|               ぅ・・・・・・
        ノ彡ヽ、::::::::::::  ,   ::::::::::::>‐,Vi,
        ヒ=ニム          ,Tー-->
       ( 三三.> 、  ´ ̄`    (三三)
         レ' /{   i≧ ー t≦'´  > '//
.      / ̄!v.//_  r'⌒ ̄| ̄⌒t__レ//― 、
     /  i! Yi   >< ,√ロ弋、   | .〃   ヽ
.    /   ヽ, |     / /| |ハ \   !'./     ハ
.    /     'i   >-, / ,! !. |y‐、! ノ/      ',
   /      丿  / /)___|. |_/ヽ、\/       ハ
    i        /i ' /) O .}- 、  }         ,i
    ヘ      / / !   ' , }   !,__   ハ、     /
    }    ,イ  }y.  /-'  O ヽ、 .// `ヽ、   ヽ、
    !   / |  ハ /\     入 //    |    ハ





               __
       __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
   , -'"´:                 丿   ヽ
  /. : : :            _/  、 丶
/: : : :               / /::::::ヽ l   ヽ、
: : : : :               {  {:::::::::ノ !   ヽ            ( って・・・あ、あれ? )
: : :                  丶 ` ´ ノ       ヽ
                   `ー‐ ´ /       ヽ
                     !、     人ノ
            U            `i` ニ二-- i
                         `´       l
                                 /
                               /            ┌───────────────────────────┐
                                /           │  テンポよくやり取りしていた言葉が、不意に途切れた         │
                           /            │                                          │
                            /                 │    余計な事を言ってしまったと気付いたときには、もう遅い   .│
 .                      /                   │                                          │
  .                    /                    │      彼女の表情はもう既に陰ってしまっていた             │
  : : : :                  ヽ                  └───────────────────────────┘

.


383 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:38:06 ID:Qzyifhf.



         ____
       /   u \
      /  /    \\    あ、あの・・・
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /                     ┌─────────────────────┐
                                  │  八つ当たりで傷つけてしまった              │
                                  │                                    │
                                  │    謝ろうと思い口を開くと、それに重なる形で  │
                                  │                                    │
                                  │      彼女の言葉がそれを遮った           │
                                  └─────────────────────┘

.


384 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:39:06 ID:Qzyifhf.



                 /  || ィ\  \   \        ヽ
               ,'  , ' メ、ト'  \\  \   ' ,  _   ,へ ` 、
             { // .l l    \\   ' ,    { \/   vヘ'´!
             }/    ', i,     \\   ' , <二__'し'’`j v└'7     
            ぐ/      ' 、、_ノ    \\  〈::::::::;;;::::\ (_ '、ノ
          〈 ,'     ヽ、ー'        \\./::::::「フ,ヽ::::V ヌ  フ ,ヘ/}_     むー、そこまで言われたら
       , -‐/,l   >'=≠k', ヽ,        \|:::::::::\_,ノ;r=tュメ、"'  、 ノ
      / .//,| /ィ::::::::::::::Y            ノ\:::::::::::ンイニjヘ, 「t^し-て '       カナだって引き下がれないかしら
    イ /,イ.  | ' {弋;;;;と_, !           、  `ヽ  ̄ユ´{ くfェjイツ_    ) ;
     ,‐〉( ,イーヽ/  弋   _ソ          ー--く.   ハ ゞてツ_ヌ:::::\  ゝ          分かったわ
  , '"k'  、 ̄ ソ,      ̄        ,>チ≠kx,, 〉 |::/ ̄フ=i`フ:::ト;:::::::し^ 
. /: :<i´\  ̄  i  ""          ´ゝ:::::::::::::心く__,/::ト-ヽ_|::| .|::::| ):::ト ィ
/: : :<i   ー/  l,        '       i 弋:::く゛ヽ l. く|::// .|::|^|:::::し'/ゝ-'
: : : : : <ト   i  _i^ 、   へ       弋  `´> ノ  ノ::|^ヽシ|::トハー-'
: : : : : : <メヽ /| /;t=\.    `゛-、    ,,,,, `""´   .イ:::::|)  .|/
: : : : : : :i <xく lく_ニ====\         '"""" ,<_  |::::::\.  |\
\: : : : :l: : <メソヽヽ v'/:o >,,,, ____ _ ,,,, ィ、__/人,ィ ̄l  |::::::>
 |: : : |: : : ≧< `/,ヘ: : : : : /::| /|: :ハ: : : : / `-=て(_ノノ  } |;/
  ゝ: : :丶: : :<x/:/ ペ: : :/:::ノ/::|/::::!: :/ ! \     ̄   /




          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\           え? あ、あの・・・?
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/                 ┌───────────────────────┐
 |    l  |     ノ  /  )  /                │  どうやら勘違いであったらしい              │
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /                 │                                  │
  ヽ __     /   /   /                     │    自分は彼女を傷つけたのではなくて          │
                                         │                                  │
                                         │     なにやら押してはいけないスイッチを        │
                                         │                                  │
                                         │        思いっきり押し込んでしまったようであった . │
                                         └───────────────────────┘
.


385 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:40:08 ID:Qzyifhf.



                         _,.  ー- .
    __                   〃⌒X´ー-、\ヽ,__r、>┐
     {fT"                ∥  / ヾ\\ `ヽ { _,ムニ_}'´レi,、_ハ_
    |i!|                 }l  //ハ \\ r'r'ilr‐、iiッ-‐truvァ〈
    |i!|               { いj /  `ヾ、\ ラゞ:゙-={ィ{くィiゝニY´
    |i!|                  ヽYイ/     \ヽ`7 tf、 〉トr、イニ彡'
    |i!|              〈ミ> ⌒ヽ   `‐┴ァtz{ljz{lト、j´
    |i!|               ,Y}i rf子ミ、    ̄`ヾ {llレ'N》       しょーぶ、勝負するかしら!
    |i!|                _ゝf } 辷テ    ェ==、 j}、 /
    |i!|                 Xヾゞ」 '''  _'__   .,,`  /、_)´           カナのバイオリンで
    |i!|               く\ゝ`Yミゝ、 {   )   ,/'┘`フ
    |i!i               _>へ、ハ/>、___,. <_/⌒/て            あなたを笑顔にしてあげるかしらっ
    |i!|             /     Y:ヾ::::>'ヘ::ゞ、:::::>ヽ, r'ンヌ
    |i!|           ┌|        |: : Y   ∨ヘー''"ヘ ∠イ7
    |i!|         トミL!-一     ゞ. {{_   ∨巛、 r jュ⌒)ノ
    |i!|         ⊥ァx‐f‐.       {(人ゝ、_"ヽ 亥Nハf(
    |i!|      f´ ィ {  /  斤   {(二>、Y⌒ヽぅ キXx 弋
    |トi      ,r}/j }イj  勹   _n >从jト、='   》亥、 ヽ
.     ! |i ,ハ_,.-‐'   く ノ y' / { rfチ^´jノリ'イハ〉リヘ    XXx、 ノ}
    ノ)、乂ζ        ノ/rチ rfノ^:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.^} ゝ-= __ >Xxノ┐
   (r‐ヌ\ ζ         '"rfチ 从:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>tァ‐--+‐ヘX<_\
  (_ つ< ζ  ∧∨ rfチ ノ`:.:.:.-‐ヽ:.:.:.:.:.:./:.:\:. }ィ |ヘレハヘX<⌒ヽ
    ゝ+十< ζ  爪  rfチ、_ノ⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:T{斤'ヘノ7⊂ノ
.     |Ⅱ く ζ 爪ヘrfチ、ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: Ⅴ、⌒i__ノXヘ
      ~   レ{ξ  トイノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.ヽ:.:. ヘ,、br、)))
        __/j:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. <X/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\)、:.:.:>-r'、_
.       ∠/:.:.:.:{:.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.ト、:.く_
.         ム.ハ:.:. 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:Z:./
        ムイ:ハ:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:j-'´



           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ   ( あぁもう・・・人の話、聞かねぇし・・・
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)     あぁ、また面倒な子かお・・・ )
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\


386 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:41:06 ID:Qzyifhf.



                    ┌────────┐
                    │                │
                    │                │
                    │                │
                    │                │
                    │                │
                    │                │
                    └────────┘

                          ┌─────┐
                          │          │
                          │          │
                          │          │
                          └─────┘

                     ┌──┐
                     │    │
                     └──┘

                          ┌─────┐
                          │          │
                          │          │
                          │          │
                          └─────┘

                                    ┌──┐
                                    │    │
                                    └──┘


387 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:42:09 ID:Qzyifhf.



┌──────────────────────────────────────────┐
│┌───────────────────┬┬───────────────────┐│
││            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ││ . :::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              ││
││        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ノ││   :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             ││
││   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::': ││::...     :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ││
││  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(    ::::::::││:::::::....     :::::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ││
││;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    ::::││:.:.:.:.:.:.:....      :::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ││
││/⌒'''´ : :.:.:.   .:.:.     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:':      ::││:.::::::::::::::::::....        :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐ 、;;;;;;;;;;;; . ││
││.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.    ││::::::::::::::::::::::::::....         :::.:::.::.:::.:::.:::.:ノ;;;;;;;;;;;;;;;; ││
││ . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.::::::::..   ││:::::::::::::::::::::::::::::::::....          ::.::.::.:(;;;;;;;;;;;;::- : ││
││ : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. ::::::::::::..  ││ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: :  : ││
││: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. ::::::::::::.. ││    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....            : : : . ││
││.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.. ││      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....           ││
││    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : : :. : :: : : ││      .: .: .: .: .: .: .: .: .: : : : : :          ││
││ .   . . : : :.   :.:.:.       _,,..、-‐‐ー- . ││          : : : : : : : : : : : : : :         ││
││  :  . : : : _,,. -ー 、_,,..、-‐''"´..::::::::::::::::::::::::::::││ヽ、           : . .  : : : : : : : .        ││
││     _,,,,....:::''"´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::││:::::``::.. ....-ー- ....    .  :  . .   .     ││
││  _,,...,,_      """'' ‐ - ''''' """"´        ││"''''  `:... "´   ``                    ││
││"´::::::::::::::``::...,,                        ││                ┌───────────────────┐
││:::::::::::::::::::::::::::::::::``        ,,....-:::::-...,,    ││         .....-::│ フェルマータの付いた長い音色が        │
│└───────────────────┴┴────────│                                │
└──────────────────────────────│   雨上がりの青に跳ね返り          │
                                                  │                                │
                                                  │     余韻となって部屋に静けさを知らす  │
                                                  └───────────────────┘

.


388 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:43:28 ID:Qzyifhf.



              , -「\‐- .._
            , - ´  ヽ \\ゝ=、,、
          /   //\、 :. :〉{ r;、ヘ
           /  ./ ./.:/   丶、::ゝイゝ}7
         i{. .:/ .//'´ ̄`    `ニミヘ/ソ
         i:、::{ _{´    、    ,  Vソ
         ゝ:`{メ,  ==ミ     、_ /'          はい、それじゃあ、これでおしまい
          ``i{、_ ""  ,、 , ``゙{= 、
              人、__メ   { ソ   ノ   〉           ご清聴、どうもありがとうかしら
         ,. ┴‐ < ̄ }、...`" .ィ'´`ヽ /
       r'´     V⌒ヽ水コゝ‐<- 、
       i: 、: . .    ゝ ィl」 ヽヽr-」  \
       ヽ: :、: :__ . . :くく.ィ  o゙"ゝ_ゝ . r: }                  ┌───────────────────────┐
       /  /T: . : \ 、    ̄ }i:、 :i レノ                 │ そんな空気を惜しもうともせずに                   │
      /ー- v  |: : : : . . `丶、、゚_/ ト、  ヽ                 │                                        │
.     〈    \  ,レ. : : : :  く./i、\L_ヽ__ \                   │   彼女は明るい声を上げてこちらへと向き直った   .│
.     }: .    ヽ〉 _  _     ノi、`" ` 、-‐ \                  └───────────────────────┘
.      |: : : .    \V {   .ィ__r ヘヽ   \  : :}












          ____
        /_ノ   ヽ_\       えー、もう終わりかお?
       /( ●) ( ●)\
     / ::::::⌒(__人__)⌒::::\      今のでまだ三曲目だお?
     |        ̄      |
     \               /                    ┌──────────────────┐
                                      │ 自分はといえば                    │
                                      │                              │
                                      │    先程までの事など露と忘れ        │
                                      │                              │
                                      │     彼女のその言葉を惜しんでいた   │
                                      └──────────────────┘
.


389 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:44:26 ID:Qzyifhf.



              _ ___ _
         >',´`´     `ヽ
       ,イ 〃 、   \    \
      /  / ヾ:、 ヽ zrfz、_    :,
      ,'   ; \    _}}´`ヾソ'=れ .
      !ヽ/`ヽ. ` 、  }} _,rイ=ミ, ノ{{ :,
      !ヾ    `ー-=ミ!彡ソ`ゞK〃 i
      ヾ:i __ノ '   、 _´`ゞfzfヾミ  !       えーと、ね・・・その、ごめんなさいかしら
       ヾ! >=ミ    __`ー  } >、. ,'
     /ヾ. ゙、ゞリ   イ ,, Y  j゙{r ,ノ/
     !  ∧゚xx    ヾ= う  { ,イジ
     ヽ ヾj> . '   Xxx`'ノゞヽ `Y
       /. ヾミ`iー -- -<≦二ソ  ヽ.
      {__ _レ'゙´:!<ソiKゝ j≧彡'     :,                 ┌─────────────────────┐
     fz/  、--'⊂ニ < / ヾ' :.     ノj               │  いや 忘れたというのは正しくないか           │
     {{'   ノ| i´   Yー-、 | ::.  彡'、               │                                    │
   /ドzfzf{=={ ヽ.__ と}}.  \   〃'´`j}_                 │    結局、努めて忘れようとしていたのだ       │
.  /.::::j,'   /`ヾミz {{ヾヘ.ソ    \r'´`ヽ彡'                │                                    │
                                            │       彼女の演奏に酔ってしまうことによって   │
                                            └─────────────────────┘
.


390 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:45:15 ID:Qzyifhf.



           ____
         /      \
        /   _ノ ヽ、_.\        どうしてもかお?
      /    (●)  (●) \
      |       (__人__)    |
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |                   ┌───────────────┐
        \ /___ /                     │ そして思い出したくないから    .│
                                     │                        │
                                     │    彼女の演奏をせびる         │
                                     │     ユ メ                  │
                                     │       夢幻の続きを願うのだ     │
                                     └───────────────┘


      ,;′
      l|    ,.z==ー―‐zr‐ゞ、r、: ヽr¨≠ミ
      ',!  /        (_ fr=≡ミγ彡¨ヾ 7
       ヾ:K′       斗 チ   r=テ、x f }
       / /`ヽ、     辷 fz __<{ 込 } )二 ヽ
        i 〃、  `ー-   て <´<.〆ゝrヾ、\ソ
        |  ト、`ー=-  _`-´ ヽ_/ァハ:lェュヽ./
         |  | `ー=ミ三三≦てYヽz_≧'l:l  〉、:.、    ごめんなさいかしら
         i  |    ノ      〃≦三ミヽ, |:!ト;′ ヾj
        ゙、  i / _ニ        〈////j チi:::ヽ           そろそろ帰らないと
         ゙、 ', ,〃´ミ`.、     ゞ==' jゝ-`
         ヽ. 、|i ヾ// ソ      、、  ハリ`ヘ,          お父様に怒られちゃうかしら
           ||ゞ`゙'`゙´、、   '      ,.:仁≦三ソ
           〉≦,、        O  /ト'Kー==}
             〈彡`/≧=ー―--=' / ヾミネj.´\
          /`゙kミz〃//_`ヽ≦≡ミ、  `リ,    \
            /    `'/  ゾ´ヾ:、=〃        ヽ           ┌───────────────────┐
          /      ヾz〃゙ ゝンヾソ           〉        │ 彼女がこの日、どんな心持ちで          │
       {         X  ゝン 〉z          /            │                                │
      _/´ゞヽ        〈kー-='\          /          │    その場に来たのか、知りもしないから  .│
   /`k>彡'゙\         〉     `ミ≧z=z≦.j             └───────────────────┘

.


391 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:46:11 ID:Qzyifhf.



                (ヽ三/) ))
            __  ( i)))
           /⌒  ⌒\ \
         /( ●)  (●)\ )      あ、それじゃあ、今度でいいから聞かせてくれお
       ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
       |    (⌒)|r┬-|     |       バイオリン、初めて聴いたけど、凄かったおっ
       ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
       | | | |  __ヽ、    /
       レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
       `ー---‐一' ̄



        /           `ヽ、
.        /  /  ハ   !    {`ヽykL
       /  /.  /  \ ヽ     i /<乂}、
      ,'  〃/    \ ヽ   レ'ヽヒ__!
      i.  ///        \\  ヽ'⌒´/
       ,i 〃' __,ィ    'v--仆―'`ヽ/
      |ハi ,ィ伝气ゞ    仍 ̄廴 ! .| .|      ・・・そうね、機会があったら、ね
       )!仆!i廴てツ    弋辷ツ)川!|
      ノ彡ヽ、::::::::::::  ,   ::::::::::::>‐,Vi,
      ヒ=ニム          ,Tー-->
     ( 三三.> 、  ´ ̄`    (三三)
       レ' /{   i≧ ー t≦'´  > '//
.    / ̄!v.//_  r'⌒ ̄| ̄⌒t__レ//― 、            ┌───────────────────────────┐
   /  i! Yi   >< ,√ロ弋、   | .〃   ヽ              │ 何も知りえず、何も見えていなかった                     │
.  /   ヽ, |     / /| |ハ \   !'./     ハ.           │                                          │
.  /     'i   >-, / ,! !. |y‐、! ノ/      ',             │    そんなどうしようもない自分であったけど                │
 /      丿  / /)___|. |_/ヽ、\/       ハ         │                                          │
                                        │        この先に何があろうと、これだけははっきりと言える   │
                                        └───────────────────────────┘



392 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:47:06 ID:Qzyifhf.



         _
         /´  `ヽ
       |
        l    _,. -‐‐- 、
       ヽ、/ ̄     ヽ `ヽ
      ,イ´r |     |     ヽ  \
    イ  //ヽ  | ',  ,.-、  ヽ  ヽ
    / // /   ヽ  | >'´,.、,.、゙‐、_r‐v‐-、
   |/ ll /⌒ヽ  |ヽ | l }{}   ´}乂_  {{ 〉
   l/ ll | ,, 、  ', lヽ }{}─‐<´{}:}!〉 ̄| ,}
   ヽlV|/7::l   ヽVヽ`l ,.<´/`iT´ ̄/} |     それじゃあ、カナは帰るかしら
     / l:::/   -‐>.、ミ '‐、,、 //,.、,-、`ヽ
   l´|"" ,     l:::::::ヘ ||N/ `| |  / ∧ l      バイバイ、またね
   ', ヽ     ,,,ヽ:::ノ//V-‐、V\./  Ll
      ヽ゚__ _,.-‐‐‐-、、_'_'/ \/
     <////      \ {ミミミ>
       ヽ |   \    〉 (彡)`ヽ、
       L l       /  <ミ)   ヽ
         ∧      ヽ  )/     l _,.-‐ 、_
        /  ヽ     〉´ ̄ ̄/ヽ /    >
        ヽ_ / ヽ _,.⊥_,-‐┐ ,.-V _,.-‐'´ヽ
          `‐7l <_,.-|  |‐'´  `‐- ヽ ヽ             ┌───────────────────────┐
          / / ̄  / _,.イ    \   |   ヽ              │ なんにしても、この日 この時 この場所で        │
          /_|  /  /       \  |   ヽ               │                                  │
                                              │   彼女と出会えたことは、何よりの幸運だったと   │
                                              └───────────────────────┘



           ____
          /⌒  ⌒\
      (ヽ /( ●)  (●)\   /)       あ、その前に、一ついいかお?
     (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
    /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
    (___     `ー'´   ____ )
         |        /
         |       /
           |   r  /
         ヽ  ヽ/
          >__ノ;:::......



393 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:48:06 ID:Qzyifhf.



          ___
        /   ヽ、_ \
       /(● ) (● ) \      名前、教えてくれないかお?
     /:::⌒(__人__)⌒::::: \
     |  l^l^lnー'´       |      やる夫は入速 やる夫だお
     \ヽ   L        /
        ゝ  ノ
      /   /



        -――-  、
      , ヽ  \ \ ヽ
       / /ヘ 、 , _‐_-、, -_-、
     ,. /  ヘ  { l , rー┐、!}
     | l´`  \ く 人_人 >    そういえば、自己紹介まだだったかしらね
     l l      \ | |l |/!
      {!| O     O lL!L!.ノ}      君は入速くんね、覚えたかしら
      Yヽ" 、_  " .ノ{_.」
      「二} r― 、/ ̄」ー{_}        カナの名前はね・・・
      〔二!└‐ イl ̄ l  {._」
     ,ィ/`i {._/_|_.ノ r-、}ト、
    //!_ ,イ  / |   L   Y}ハ
     { ∟イ 」}   ハ      匕ノ_丿                     ┌──────────────┐
    廴_ノ'  / l     \                     │ この時、出会ったのが       │
      /   /   !       >                     │                      │
                                      │   彼女であってよかったと。  │
                                      └──────────────┘



394 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:49:06 ID:Qzyifhf.











                            カ ナ リ ア
                           金糸雀、かしら












.

395 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:50:07 ID:Qzyifhf.



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 ・
                                 ・
                                 ・
                                 ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


396 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:51:07 ID:Qzyifhf.



 ┌─────┐
 │ 音楽室   │
 └─────┘
___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l            ______
.____/:/|   l/_____/:/|            \|        (___
___||/ !||    |||___||/ !||               |. 、            `ヽ、
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l                 |  \             \
/:/|   l/_____/:/|                 |   \             〉
/ !||    |||___||/ !||                 |       \          /
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l       _| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
  l/_____/:/|   l/_____/:/|     匚______ζ--ー―ーrー´
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||         ∥    ||       .||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l i||             ∥)   ◎      .||
.___/:/|   l/_____/:/|       .       ◎            .◎
__||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.



397 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:52:29 ID:Qzyifhf.



         /  ̄ ̄ \
        /ノ  ヽ__   \     さて、翠星石のとこ
      /(―)  (― )   \
      |.  (_人_)   u |     行って来ないと・・・
.        \   `⌒ ´     ,/
       /         ヽ
      ./ l   ,/  /   i
      (_)   (__ ノ     l
      /  /   ___ ,ノ              ┌─────────────────────┐
      !、___!、_____つ              │  金糸雀さんを見送って一息つくと          │
                               │                                    │
                               │    ようやく自分のすべき事が見えてきた    │
                               └─────────────────────┘



         ____
       /      \
      /         \      行き辛いけど、しょうがねぇお
    /           \
    |     \   ,_   |       ちゃんと、いろいろ謝んねぇと・・・
    /  u  ∩ノ ⊃―)/
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /                    ┌────────────────────────────┐
                                  │ あの人のバイオリンは、とても不思議だった               │
                                  │                                            │
                                  │    スッと心が落ち着き、頭の中がクリアになる感覚           │
                                  │                                            │
                                  │       そんなものだから 余計に自分の失態が目に見えてくる    │
                                  └────────────────────────────┘



398 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:53:23 ID:Qzyifhf.



        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /       _/::::::\_ヽ
    |         ::::::::::::::  ヽ         ・・・・・・
     l  u    ( ●)::::::::::( ●)
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\                ┌──────────────────────────┐
                                 │ 兎角、意を決して行かなくてはいけない                │
                                 │                                              │
                                 │    覗いていたこと、逃げてしまったこと              │
                                 │                                              │
                                 │     少なくともそれだけはきちんと謝らなくてはいけない   .│
                                 └──────────────────────────┘
.


399 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:54:20 ID:Qzyifhf.



        _-─―─- 、._
      ,-"´          \
     /              ヽ
      /         __   _ ヽ      大丈夫だお・・・行こう
    |               ヽ
     l          ( ー)   (一)
    ` 、        (__人_)  /
      `ー,、_         /
      /  `''ー─‐─''"´\
                                  ┌──────────────────────┐
                                  │ そうでなくては、沈んでいた自分を             .│
                                  │                                │
                                  │    元気付けてくれた彼女に、申し訳が立たない  .│
                                  └──────────────────────┘
.


400 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:54:29 ID:B3316GaQ

すっごい気まずいだろうなw



401 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:55:24 ID:Qzyifhf.









                   だから、一言



                        ごめんと、そう謝った










.


402 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:56:06 ID:Qzyifhf.








             ただ、謝ったその先に




                     自分が見ていたのは果たしてなんであったのか









.

403 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 20:56:47 ID:Qzyifhf.









                    この晩に見た夢は



                           柔らかな音色が響いていた









                                                            つづく

.



405 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:58:55 ID:0hP5Y9ZM

おつ!

これはこじれるなぁ



406 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 20:59:17 ID:B3316GaQ

乙!
よく考えるとこの三角関係の皆一人称が
やる夫はやる夫って言うお
カナの名前はカナかしら
翠星石は翠星石はですぅ
( ゚д゚)

(゚д゚)



407 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:00:33 ID:Da3ZDGgk

おつっしたー
過去の話とは言えこれはキツイ
よく関係あそこまで戻せたな



408 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:02:34 ID:Qzyifhf.

乙、合いの手、いつもありがとうございます。


まずはいつものサブタイトル元ネタ紹介のお時間でございます

【ラブ・ストーリーは突然に】:小田和正
ttp://www.youtube.com/watch?v=CmYeQLRKdWQ

ドラマ、「東京ラブストーリー」より、「ラブ・ストーリーは突然に」です。
もう説明するほうが野暮ってものではないかと思います。
ラブソングの名曲中の名曲です。



409 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:02:50 ID:zNr13msI


でもカナ普通にうざくね?



410 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:03:06 ID:fvQErbBo


純愛ものだと思ったら寝盗られモノだったこの衝撃



412 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:07:11 ID:8ipD4xmY



そういう位置関係だったわけね
あとはどう転ぶか・・・



413 名前: ◆7N5y1wtOn2[] 投稿日:2010/12/12(日) 21:14:19 ID:Qzyifhf.

皆様、改めて乙ありがとう御座います。
修正も多分一段落・・・のはず。


>>405
しかもできる夫まで絡んできますからね
こじれないわけがないw

>>406
はっ!? 今まで気付かなかったww
雛苺追加してたら完璧だったのかもしれないw

>>407
その裏には、やる夫と翠星石の血の滲む様な努力が・・・
・・・むしろ周りの方が大変そうだw

>>409
ぶっちゃけ、ちょっとうざいと思います
でも、カナマジプリティー!

>>410
これ、寝取られの範疇なのかっ!?
やる翠が寝てないから、まだセーフだと思ってました・・・

>>412
ですー



414 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:20:54 ID:Qzyifhf.

あ、それで次回なんですが、幕前も一通り終わりましたので本編十一話となります。
またほぼ完成しましたら、投下前日までにお知らせいたしたいと思います。



415 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:35:07 ID:B3316GaQ

ういー



416 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 21:37:24 ID:r8YX5Zpc

乙です。
あー、あー、あー、と言ってしまうぐらい
過去の翠星石のやらかし具合が面白かったです。
当然、他の部分も面白かったですが。
次回も楽しみにしてます。



417 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:06:10 ID:Qzyifhf.

>>416
おつどもですー
自分で書いておいてなんですが、ホント、あーあ、としか言いようないですよね



418 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:35:11 ID:O7bBI3SM

おつかれさまです。
救われた感がとても素敵ですね。
これからどうなるの、というヤキモキも含めて
続きが楽しみです



419 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 22:45:59 ID:vxh35CKc

乙でした

まあ、言いたい放題言われてても、その相手が素晴らしい音楽奏でてくれれば、音楽に興味持ってる人なら180度評価変わるかも
(音楽は感情に直接的に働きかえるから・・・)
というわけでカナマジプリティ



420 名前: ◆7N5y1wtOn2[sage] 投稿日:2010/12/12(日) 23:43:09 ID:Qzyifhf.

おつどうもですー

>>418
やる夫が救われた感が伝わっているようで、安心しましたw
どうぞこれからもよろしくお願いします

>>419
耳がいい人ほど、そういうのにも敏感ですしね
まぁ、つまりあれです、カナマジプリティ


関連記事

コメントの投稿

以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
Pagetop
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
記事一覧 (48)
完結作品一覧 (69)
やる夫が0からはじめるようです (326)
やる夫達は一攫千金を狙うようです (56)
シオニーちゃんと世界樹スレ (56)
鼠と猫と白饅頭と (105)
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです (59)
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです (7)
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話 (28)
できる夫は無垢な心に溶かされるようです (28)
勇者と隣の魔王さま (11)
勇者になりたい初音ミク (20)
彼らは友達が皆無 (44)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
巣作り(できない)ドラゴン (42)
カナは王妃様 (25)
やる夫シリーズ (92)
やる夫達で遊ぶ世界のお話 (35)
やる夫は娘に全てを捧げられるようです (17)
怪盗紳士やらない夫 (58)
やらない夫はひどい奴らしいよ (21)
◆NdaE78waTE雑談所 (16)
やる夫が超能力者と戦うようです (20)
AAキャラで幻魔大戦 (57)
できる夫がバトロワに参加させられるようです (35)
金色のオプーナ (7)
【完結】やる夫、家を買う。 (20)
【完結】やる夫達はお嫁さんをもらうようです (67)
【完結】金糸雀と白饅頭な旦那様 (19)
【完結】この最終皇帝がボコボコにしてやんよ! (38)
【完結】やる夫の魔王の道 (82)
【完結】マミさんと世界樹スレ (60)
【完結】やる夫で学ぶ最強議論 (9)
【完結】やる夫は支援動画職人を目指すようです (14)
【完結】やる夫は旅の博打打ちのようです (4)
【完結】やるやらで学ぶゲームの歴史 (31)
【完結】雪華結晶と白饅頭なロボット (35)
【完結】やらない夫が自作PCを組み立てるようです (24)
【完結】やらない夫がくんくん探偵にひきずられるようです? (8)
【完結】巌窟剣士やる夫 (48)
【完結】マミさん(28)は喪女をこじらせたようです (8)
【完結】やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです (19)
【完結】やる夫と人狼の遊戯 (11)
【完結】伝説の勇者やる夫 (14)
【完結】ドクオラウンジ (16)
【R-18】キル穂がスレモンマスターを目指すようです。 (42)
【完結】翠星石と白饅頭な彼氏 (29)
【完結】やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです (25)
【完結】やる夫は悪魔に恋をする (15)
【完結】薔薇水晶と白饅頭な村人A (49)
【完結】やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです (9)
【完結】初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ (5)
【完結】キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール─── (16)
【完結】やる夫がノートを拾ったようです (14)
【完結】新城直衛と三匹の獣 (7)
【完結】カナは気まぐれ (33)
【完結】やる夫の友達はSNEGのようです (28)
【完結】やるやらのんびりツーリング (71)
【完結】やる夫で学ぶ東方入門 (29)
できる夫が正義の味方になりました (4)
【完結】やる夫がリアルで戦うようです。 (20)
【完結】やる夫がフラグと闘うようです (6)
【完結】やる夫と自堕落者ども (5)
【完結】ゴゴサンジは秘密の言葉 (13)
【完結】やる夫のママは大尉殿のようです (16)
【完結】やる夫で学ぶJリーグの旅 (44)
【完結】ローゼンメイデン第七ドールの物語 (8)
【完結】やる夫で学ぶ燻製 (4)
【完結】やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです (26)
【完結】やるやらホロナギが食べ歩くようです (10)
【完結】やらない夫と最後のデート (18)
【完結】ヤルオがレッドを継ぐようです (20)
【完結】やる夫はゴーストライターのようです (9)
【完結】ローゼン達は電車に揺られ (23)
【完結】やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです (5)
【完結】この世界には なにかが足りないようです (37)
【完結】やる夫は翠星石を忘れたいようです (5)
【未完】やる夫は恋人と過ごすようです (14)
【未完】キョン子と放課後の公園 (37)
【完結】やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです (25)
【未完】やる夫は開拓者で稼ぐようです (19)
【モンハン】やる夫が狩人として生きるようで (49)
【未完】白饅頭は人類絶滅の夢を見る (20)
【未完】やる夫はリアルで建国を見守るようです。 (4)
【未完】やる夫が逆襲するようです (11)
【未完】やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです (14)
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編 (2)
【未完】やる夫と彼女と見えないアイツ (58)
【未完】やる夫のクロノトリガー (5)
お知らせ (3)
支援絵 (28)
未分類 (13)
インポート (0)
ドルジ高校ファミレス部 (4)
そんな三十路のCOMPLICATION (11)
できる夫は合体に失敗したまま戦うようです (17)
やる夫が金を掴むようです (24)
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです (14)
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです (10)
やる夫はついたまを探すようです (15)
やる夫でドラクエモンスター物語 (37)
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです (40)
コトコト煮の短編をあなたに (16)
やる夫のダンジョン運営記 (1)
◆f6nzOA/5ZYと白饅頭な短編所 (1)
やらない夫とたくさんの矢印 (11)
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです (3)
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ


以上の内容はhttp://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-736.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13