以下の内容はhttp://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-1625.htmlより取得しました。


この世界には、なにかが足りないようです 第八話前編

210 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:15:18 ID:AXJCao/M


やっとできたんよ。

それでは投下開始。


この世界には、なにかが足りないようです


211 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:15:36 ID:17X5ujrQ

ktkr


212 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:15:42 ID:AXJCao/M



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                      /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
                                     //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
                                     !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
                                      /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
                                      /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
        反乱軍との交戦中に                /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
        ドールが停止したのは            _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
        故意か? 偶然か?             ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、 ``ー-
                               / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
                              ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
                              ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
                              、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
                             .  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
                             .   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
                                i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

213 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:16:03 ID:AXJCao/M



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ____
   /      \
  /   ~~ ~ \
/    (◎)―(◎) \       なにゆえ参謀本部は
|     (((__人__)))   |       反乱に加担していたのか?
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  |\ /___ /|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

214 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:16:49 ID:AXJCao/M


               _,.-――-、___
            ,.-''":::::::::::::::::::´:::::::::::::`''ー- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ
         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::;イ:::::l:!::::::::::::::::l
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;㍍;!/:/::/;イ:;'
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll       これらの事情を説明するには、
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /       まずこの世界の話をしなくてはならない。
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、     ──構わないな、ドラ?
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r-;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.-ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }





        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     君の好きにすればいい。
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l     今さら知られたところで問題は無いよ。
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

.

215 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:17:13 ID:AXJCao/M


:: . .:: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::: .: .:::::: :::::::::!:::::::::::::::. :::',
..:: : ::::::::::::::: :::: ::: ::::::::::::::l:::::::::!:.:::.:::::::::.::::::::ト;::::::::::::::.::::::'、
:::::. :::::::::::::::: ::. :. ::::::::::::!:::::::::!:::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::',
:::::::. :::::::::::::::::. :. :::. :::::::::::l::::::::ハ::::::::::::::::::::/r≦/::::::::::::::::::}
、::::::::..:::::::::::::::::..:::::..:::..::::::::ト、:::::! ヽ::::::::;:::::::lテ7ス::::::::::::::::::/
. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::!‐ゝ;!='、:::::ト、::::', ̄ l::::::::::::::::::!
.  }::::::::::::::;!:::::::::::::::::::';:::::::!‐rtテシ‐'ヽ::l ヽト'、 !::::::::::::::::::!
. ノ::::::::::::::{l:::::::::::::::::::::\:::ヾ ̄   `ヾ    ,l:;:::::::::::::::::!         ……ありがとう。
''´:::::;:::::::::::゙';::::::::::::::::::::::::::`r、::'、        イl`ヽ:::::::::::l\
:::::;:::::: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ``     _,.-/、ヽ_ ヽ:::::::', ヽ
:::::;:::: :. ::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ‐'´ -,'   ̄'、  ヽ::;:'、  \
:::::::;::::. :::::::::::::::;:::::::::::::.::::::::::::::::::',      !     \ ';l';!   }
:::::::`;、::.. :::::::::::::l丶、:::::::::、:::::::::::::::`f‐r―‐r''`ヽ     `ヾ、'   /
:::::::::! ヽ:::..::::::::::!  `ー::_`_''ー、::::゙ヾ、 |   \     ヽ  /
::::::::l   ヽ:::::::::::l`''ー-,,.._   ̄` `7´ヾ',/     ',      ', lノ
::::::::!    \::::::'、     `''-- '-- _      ヽ     l  /




:: . : : :::..:::: .::: : ::: :: ::::::::::::::::::::l::::::::::ヽ: : : .::. ::::::::::::::::::::::::::::::l
: : .: : ::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::l:::___!:. . ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::. :: ::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::!´     ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::.:..::::::ヽ::'、::ヽ::::::::::::::::::::::::!     ';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
::::::::::::::::::::::/ヽl'、:::ヽ::::::::::::::::::::|     '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、
:::::::::::::::::::/__ヽ:::ト、::::::::::::::::!  ,,..___ゝ、:::';:::::::::::::::::::::::::::::}
:::::::::::::::::::l   ̄`ヾ'、ヘ;l:::::::::::l〈/-―_―‐'''"゙ヾ::::::::::::::::::::::::::〈
::::::::::::::::::::l ‐'〒てフ〒ヾヽ::l、::',  彳_フ~〒ア/::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::、:::::::::::'、   ̄ ̄´   `i ヽ',   `-‐┴ /:/::::::::::::::::::::::::::l     では、語ろう。
: : :::::`ヽ、::::::'、           , ゙`      /‐7:::::::::::::::::::::::::/
:. : ::. ::. ::`r 、ヽ       '        /;ィ´:: ..:: .:::::/
:::::::...:. :. :.. :', `゙ヽ        ,       /'´ノ::: . ..:::::/
::::::ヽ:::::::::::::::ヽ、                   /::::. .:::::::::::',
:::::::::::ヽ;、::::::::::',、    ,.-- ニ--、     ,:'::::/:::::::::::::::::',
::::::::r‐「ヽヽ:::::::l ヽ、    ---     ,.イ ̄1::::/:::::::::::::'、
:::::::::l `ヽ、`、:::|   ヽ        /  l __!::/-7:::::::::::::\
: .::::::l   ``;::lヽ、   ヽ、    /,. -‐'',.-‐l:/ ./:::::::::::::::::::::`ヽ、

.

216 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:17:35 ID:AXJCao/M


:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、:・::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:::::::/               .:゙‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::
/~                  :`、:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::
                      ゙、:::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ゙、::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::
                       ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::
)  __                    ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::


──────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                                この世界──

                          「地球」という惑星で起きた出来事を。


______________________________________________
──────────────────────────────────────────────

.

217 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:18:21 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.

218 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:18:40 ID:AXJCao/M






     「カメラの準備は?」

                                                 「おっけー。 いつでもいけますよ」

  「やるなら早くやっちまいましょう」

                                          「ですね。 バレるとヤバそうですし」



.

219 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:18:59 ID:AXJCao/M


                         じゃ、行きますよ。




                             3

                             2

                             1


.

220 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:19:48 ID:AXJCao/M


     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、         /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-|     ( |;;lll|   '´,イ´
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ        皆さん、はじめまして。
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'         僕はリバース・サイエンス社の
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/           技術主任、成歩堂龍一といいます。
              ヽ、  `ヽ、     人
            `ヽ、  `>┬イ  `、




            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)         リバース・サイエンス社──
            'レ' ゙、.   -―-|          一言で申し上げれば、軍需産業に名を連ねる企業です。
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T             国連軍の兵士が着ている強化服。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、           あれを開発したのが、我が社です。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!

.

221 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:20:43 ID:AXJCao/M


                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |
               _  ;;・'   'ー` γ
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘          今回、このような形で記録を残すことに決めたのは、
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'            この映像を見た貴方がたに
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\           僕たちと同じ過ちを繰り返してほしくないためです。
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '













               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'        『彼女たち』のような犠牲は、
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../          二度と出すべきではありません。
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i

.

222 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:21:07 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |        それでは、本題に入りましょう。
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、          事の始まりは、西暦2052年
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_        ひとつの隕石の落下から始まります。
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ

.

223 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:21:47 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────────────────┐
│ 西暦2052年、アメリカ北西部オレゴン州の砂漠に一個の隕石が落下しました .....│
└──────────────────────────────────┘


 . . . . . . . . ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´. . . . .,.,.;'::':"".`""''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´        . . . . . . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"...:.:::;:;';':':::':'"´                         ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"´                        .,_.,::;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._                        .., . . .,;:;':"...:::::.;:;:';'"'''` .;:;'r-=´へ、;':'":'"  . .
::'".,:::;:':;''         ┌へ、        `゙"´ ´""''''""´     _,/ / ':..ヘ `.\、_
"´'"           _,/.::/.:::::;>‐''゙ ̄ ̄ハ .r─r--::;:-.:.、_:: ,<´_,::":/:':::::..`._..::;'".へ'´\/^
       _/`yヽ√\ヘヘ:/  ..:::. ...::/ ,::' ..ソ;:::;..i:.  . ::...` "_/へ.`ー-v::、,_...:,:_,/:/.:::
─'ー─´ー─----‐'ー-─'´ー-==;;:;'__,:::".::;';';:;';;;;;;;;;;;_ヾ.∠;;,,_:::__\:".::/'';;';';:;';;;;;;;;;';';
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ' :
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   '      :
    ::;__;;        ^   .    :.     ;    .  ;     ' :      ;    ~
  :;∠´... .. ̄\;,;,;::._; . '  :.......∠二ヽ.... .  ゚  .    '    ' ,  ; ^ : ;_;_:,.;_:_;_ :
  /´.::;:..\::.:、:...  <::.´ ̄`ヽ::.._ .    ' :  .     ;    ; ' :   _;∠,;;;;.:;::::;:、:;゙ヾ
/〉    ::.:ニ;;.. ,/ ̄\:::..ハ''´ .::::\.     ;  .  '   . ... .::.::;/べ;:::.::'.:. ̄ヾ::;:;;;,:;
,ノ.::.:::':::.:.:..;;.;;:;::.:./.::、:/´ ̄`\:-:ー:┴- 、 .     ;  .  ; ' :  .::/ .::;:.::::.:;:::::.;::':ヾ>ー-
:.:;:べ、___,,/ ̄`ヾ;:::.:..:;.:...::.:::;:.::/.:::.::......`ヽ::::::::..      r-、   .:└ヾ,;:::':::::;ィ;;;;;;;;:;;ツ::::::;;;;


┌─────────────────────────────┐
│ このこと自体は、それほど大きなニュースにはなりませんでした    .│
└─────────────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│ 隕石の大きさ自体、握り拳程度しかありませんでしたから .....│
└──────────────────────────┘

.

224 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:22:07 ID:AXJCao/M


   ┌───────┐
   │ 問題は──   │
   └───────┘

                               .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                             . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                          .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
                        .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
                        .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
                        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.
                        .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                        .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
                         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
                          .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                             . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                               .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....


               ┌────────────────────────────┐
               │  隕石の表面にアメーバ状の『なにか』が付着していたことです ....│
               └────────────────────────────┘

.

225 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:22:59 ID:AXJCao/M


                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |
               _  ;;・'   'ー` γ
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘       生命体かどうかも分からないが、
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'        貴重なサンプルであることに違いはない。
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ     それが当時の関係者の認識でした。
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '




          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! --、   |
         -=l|||'つ ''   r.u`' 〈
           '||l,,ミ',     、 ァ'                       それが初動の遅れに繋がったのでしょう。
            '|''’ヽ    -‐-/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -   研究所で保管されていたサンプルが
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´    「逃走」したときに出された命令は“捕獲”でした。
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ

.

226 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:23:31 ID:AXJCao/M


                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了       もし、このときの命令が“捕獲”ではなく、
                    / \     ′  _ _r┘       “処分”だったとすれば、この後の展開はなかったでしょう。
               _ イ \  `ー‐x\  r'
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |






                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |      アメリカ政府が重い腰を上げたのは、
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'       5人の民間人が殺された後でした。
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_       そして、そのときには……もう手遅れだったのです。
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ

.

227 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:24:15 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────────────────┐
│ 隕石に付着していたアメーバ状の『なにか』は驚くべき性質を持っていました    │
└──────────────────────────────────┘




                       〇     o  。
                      °。 ° _ _ _   。
                          /      \
                      /  ̄   (・)  (・)   ̄ \
                      \       ━      /
                         ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄




                      ┌───────────────────────────┐
                      │ 周囲の物質を取り込み、強制的に環境に適応する能力です   .│
                      └───────────────────────────┘

.

228 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:24:47 ID:AXJCao/M


          (⌒ヽ-―-/⌒)       ⊿
    E|`-,    ヽ/    ヽ/    ,_/ヨ|_|
    `'-, ,`―--- ( (^V^) )--―'' ,-'~ |_|
      `―-、,  ヽ `'^'~ / 、,-―'   |_|
         /:  _>、 ,<_ :ヽ     |_|.
         /:    /~\   :ヽ    / .|
        /: .          . :ヽ  _/`ソ
        /: . .  .  .  .  .  . :ヽ--', ソ
       (: ..: : : . . . . . : ..: :)l. ソ     ┌────────────────────────┐
       ,`-、:...: ....: ..: ..: ..: ..: ...: ,-', ̄       │  『なにか』はまず素早く逃げるために手足を生やし、   │
       t- ,`, ――-----――l~, 、j       └────────────────────────┘
         ̄~            ~`-~

                |
                |   進化
              \|/

             _,__,__
            ,/      \
            |\_,__,_/|
        ____|\|__|___|/|____
       /  ::::::\_|__|__|/::::::::::: \
      / ::::::::::::::::|(_)(_)|::::::::::::::::::: \
     /ヽ ̄ ̄ ̄| ̄|      | ̄| ̄| ̄ ̄| ̄|\
    /::::::::\::::::::::: ̄\____/::: ̄ ̄ ̄| ̄^/::::::ヽ
   /:::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::::::|:::::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄|/\/ ̄^\
 ,/ヽ__ノ、  \  ̄ ̄^| ̄| ̄|:::::::::::::::::/ ,/ ̄ ̄\|
|___/     ヽ:::::::::::::| ̄ ̄ ̄:::::::::::::::/ / ̄ ̄\_|/
|:::::::::::::::::/       ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄/⌒⌒⌒⌒ヽ
 | ̄| ̄^ヽ      / ヽ、_______/ヽ |  :::::::::::::入
 | |  |      |ヽ、______/| | ̄| ̄| ̄| ̄|ヽ
 \___ ̄/     ,人::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ | ̄| ̄| ̄| ̄| |
     ̄     /   ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ヽ ̄ヽ ̄ヽヽ/
          / ::::::::/          ヽ   ̄ヽ ̄ ̄ ̄
         / ̄ ̄ ̄ヽ          /ヽ、_ノヽ
        | ::::::::::::::::ヽ      
         ヽ ::::::::::::::::|            ┌───────────────────────────┐
         人___/|             │ 次に攻撃から身を守るため、強固な皮膚を手に入れました  ...│
        /::::::::::::::/ /                 └───────────────────────────┘
      /::::::::::::::::::/::::/       
      |\____/::::/        
      \|____|/

.

229 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:25:18 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────────────────┐
│ そしてニューヨークへ移動する頃、『なにか』――いえ、増殖した『彼ら』は   .│
│ 当時のMBT(主力戦車)となんら遜色ない戦闘力を有していました       │
└─────────────────────────────────┘



                                          ___ _rェt__
                                    =======iニiコi・((、___/l
        ___ _rェt__                       __l() ̄r^ュli ト-三三ニニ=臼_
  =======iニiコi・((、___/l                       ( l三〈-、(_((O)~~゚~~゚~~゚~~())
    __l() ̄r^ュli ト-三三ニニ=臼_                  .ヾ`ー===ヾ`、(OO(OO(OO/ノ;;⌒;;))
    ( l三〈-、(_((O)~~゚~~゚~~゚~~())      .;;⌒ )⌒ );;      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .ヾ`ー===ヾ`、(OO(OO(OO/,, .. ノ;;⌒;;)).⌒;;);; ;;)⌒;;)
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                   ___ _rェt__
                             =======iニiコi・((、___/l
                               __l() ̄r^ュli ト-三三ニニ=臼_     (´⌒;;;   
                               ( l三〈-、(_((O)~~゚~~゚~~゚~~())   .;;⌒ )⌒ );;
                                .ヾ`ー===ヾ`、(OO(OO(OO/;;⌒;;)).⌒;;);; ;;)⌒
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


          ┌───────────────────────────────┐
          │ しかも厄介なことに攻撃すればするほど、彼らは強化されていくのです   │
          └───────────────────────────────┘

.

230 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:25:49 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────┐
│ 『彼ら』のニューヨーク侵攻から一ヶ月後、       │
│ 北米大陸に我々人類の姿はありませんでした  .....│
└──────────────────────┘

._                                                    ___
 ‐i:::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___ ┌‐'' ̄
  ,|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::_,___-‐^ ̄`∟::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -⊂ニノ´ \\'─i
--'゙::::::::::::::::_/'''‐i、 _, -‐⌒´        ̄⌒ー‐---、___,   i‐‐‐ー-、‐‐ー-、-、--┐ ̄:::::::|_
::::::::::::::::::.匚__/フ'´               ____,,,__ノ ̄ .!、 ._,_      __ノ::::::::::::::::::::〕_ノ⌒
:::::::::::::: l>_ノ ̄                〈゛ ´ ´::::::::::::::::::´   \_     `\/'''\::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::_/_, 、_____,.--、            ___フ ,=::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       _,ノ:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::,,,,,,-‐ 、 二!厂           _l:::::::r イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     __/:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::/    ´ `´ 、 .‐-y 、_       丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|___ (⌒'::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::|        !ニ'´:::::::\/`ヽ_厂:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[_∠_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::`'‐‐'っ    ___/::::::::::::::::::::::::.t、 ィ┐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒` ._!'''''`'-.、:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::l     !:::::::::::::::::::::::::::::::┴ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「、     ゙'''ッ::::::
:::::::::::::::::::::::::l   r'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_/´ヽーヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒\    ./::::::::
::::::::::::::::::::::::::ヽ_,_r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i ____   7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,!  __/゙゛:::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄  `ー‐':::::::::,〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| /:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`′::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::____________,___:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、:::::::::::::::
:::::::::::, --‐-----'‐‐' ⌒─‐ '゙          ̄`ヽ--___::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,____   ,-ノ ヽ_:::::::::::
-‐‐'^                            i、_________,,-─-‐' ̄` ̄  ⌒ ̄    ヽ、:::::
                                                      `ヽ


               ┌───────────────┐
               │ その一週間後には        .....│
               │ 南米大陸とも音信不通に―― ......│
               └───────────────┘

.

231 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:26:42 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |     無論、国連軍も手をこまねいていたわけではありません。
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、      しかし、なにもかもが手遅れでした。
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
 '、         \          Y,- '     イ       ゝ
  \、    ,.. i'‐‐、..-、_  /     |!O    ノ  ヽ       \、




                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ      『彼ら』の巣窟となったアメリカ大陸へ攻め込む
                      __人_人_'    ー'了       第一次反攻作戦、
                    / \     ′  _ _r┘
               _ イ \  `ー‐x\  r'         このとき僕らは恐るべき現実を
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、          目の当たりにすることになります。
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |
       l /   ヽ                |()     ,′|

.

232 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:27:26 ID:AXJCao/M


  ,r'ニニニ゙ヽ、              //ニニニヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))          ((/ ̄ ̄`゙)
 |   rー< ノと)           (つ(_,,ア  |
 |      フ"/            _Y  |          ,.-‐'''"
  \   (/             / `  /       ,.-‐'''"
    \  \           /  /    ,.-‐'''"               ___,,,,,,--''''''
    / \  \       ,, ,/ /,  .-‐'''"              ____,,,,,,--''''''
  /   !\  ヽ\.ヽ'' //   ,.-‐'''"           ___,,,,,,--''''''
  |    l  ヾ、 ;'     ''''"        ___,,,,,,--''''''
  !   |      |―          ___,,,,,,--''''''    \\
   !  |     l  ;,,     ,;--''''''         /   ヽ \
   ヽ  l    / / '' ;; ,,.''\            |       ヽ |
    \ヽ    (、 /⌒ヽ、 )          ,ノ      V
     \  (_ノ   \_)    `ー―‐'´

┌────────────────────────┐
│ 『彼ら』が、高出力レーザーで超音速爆撃機を撃墜し  .│
└────────────────────────┘




                              ○
                             O .::::::::. ○
                             .:::::::::::::. ○
                           o .:::::::::::::::::.
                          /)/)/)::::::::::::: (⌒)
                        「////:::::::::::::::::: `~
    γ⌒           ⌒ ̄ ̄' ̄´  (:::::::::::::::::::::::r ⌒ヽ
     i  j            ___、__,、_`つ::::::::::::::::ゝ __ノ
     ヽ、 l           /′           。 :::::::::::::::::::::
   /つゝ、,,!             }          o :::::::::::::::::: (⌒)
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             O :::::::::::::: `~´
    ` ̄/            \          O :::::::: ○
    /     /´`\      \           Ο ○
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)

┌─────────────────────────────────┐
│ 強力な徹甲弾であるAPFSDSを素手で防御するという、恐るべき現実を   .│
└─────────────────────────────────┘

.

233 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:28:10 ID:AXJCao/M


                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |
               _  ;;・'   'ー` γ
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘         圧倒的な力を誇る『彼ら』に、
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'           人類はなんら痛撃を与えることができませんでした。
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '



          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! --、   |
         -=l|||'つ ''   r.u`' 〈
           '||l,,ミ',     、 ァ'                       唯一の切り札は核兵器ですが、
            '|''’ヽ    -‐-/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -  万が一にも『彼ら』が核攻撃に耐えた場合、
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /    次は人類に向けて核が降り注ぐことになります。
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ

.

234 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:28:48 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────┐
│ タイムリミットは『彼ら』が渡海能力を得るまで .....│
└─────────────────────┘


                  ,,,.ii..,
                ,,。..,ll::;;liii|,,..,,,
───ーー────ー-"───ー-─’──ー──ーー─────ーー─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    
" '”・' '.......:::::.:...,。,・'"" ””" '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""”:..., ,'""’’゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '”・' '”・'           '”・' '”・'      '”・'         '”・' '”・' '”・'
          .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.


                          ┌───────────────────────┐
                          │ それまでになんらかの解決法を見つけなければ、 ......│
                          │ 人類は『彼ら』によって皆殺しにされるでしょう     .│
                          └───────────────────────┘

.

235 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:30:19 ID:AXJCao/M


          ,.、r' '、, `、 l j'`ー、
        ,.ィ'´、`ヽ, \ゞヽ,!i ,lイ\
       / ,.-‐,r‐-、,,_ ,! ,.リ!,/,j'_,`、,ヽ
      ,! ,;::イ/      ̄``ー‐'"´ `ヾミ';,
      l _,.r;l  - 、            lミ|
        | ,;彡l::-‐-、 _,    -‐''"ヽ, !ミ!
        l ,ィイ,! _,,.、-‐-、_,j  _,,.ィ‐-、 j::,!
      }'ヽリ  ,-tェェ,`'; ,{,モュ-  lイ
       l彳カ    -‐'´ i |;,` ´  jリ        ┌───────────────────────┐
      '、ゝj,      ,/' j:、   .|!.        │ 政府の高官が僕たちの会社を訪ねてきたのは、   .│
       ヾ,j      ,,,..ヾ;;''゙.,,,,_   l          │ そんな切羽詰った状況の時でした            │
           !ト,   ,ィ´ -‐─‐- ! ,!         └───────────────────────┘
         |! ヽ,    ー一  ' ,イ、
          ,!\ \         ,イ´|,\
        /l  \ \_,_/  !.  \
     _,.ィ'´ |!    ,>-<´      /|    ,!\,_
  ' "´ /  | l   /   ∧    / ,!     l  ``ー

.

236 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:30:32 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.

237 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:31:05 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ     ──で、
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_    その『彼ら』というのが、
    |  / \./     |  ー-./ !      僕たちのご先祖様さ。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !



               /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
          /:|::',:ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´
         //:/:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\
        /!::|::l::::/|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄
        |/l::|::|::|:ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\
        |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄
        }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、
        |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\         ──は?
        / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
          .l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
          r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
        /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |

.

238 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:31:36 ID:AXJCao/M


         j::::::::::::.、:::`丶、 ::`::::.、::`:<´
         /:!::ヽ:::、:::`::::.、:::::丶、::::`::、:::::ヽ、
        /:::∧::::ヾ::::、::::::::`::.、:::`:::、:::ヽ:::ヾ\
       j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
       l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
       j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
        i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
       ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, - 、         それはつまり、
      ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /     \        私たちが「異人」と呼んでいる存在は、
        ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/ /    lヽ、      この星の原住民ということですか?
         /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /      | }〉、
     /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  !         | l! lヽ
―- 、 /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !       亅/ ! \
   V      ` 、    \/       }〈  / /  l     /,. -─‐-ヽ、
    !         ヽ,           )ノ_   /   |l  / /         \
    l        {\  {    / /{_,ノ       リ / /
    i!       \ `、  亅   / _,. - '´          K,/     jL/
     !       \、 ヽ    「           !  / /  / /⌒〈




         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ
   l |   三   |  三  |    その通り。
   | l \     |    / l
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /

.

239 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:31:37 ID:17X5ujrQ

──は?


240 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:31:39 ID:fepAGWOg

は?


241 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:32:04 ID:JZxve91o

つまり……


242 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:32:12 ID:AXJCao/M


     ____
   / ~~~\
  /  ~~~  \
/   -(◎)―(◎) \   ──わからんな。
|   ( ( (__人__)))  |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /




         ____
        / ~~~\
      /  ~~~  \     技術総監殿の話が事実なら、
     / -(◎)―(◎)  \    異人軍なぞ屁でもないはずじゃ。
     |  ( ( (__人__)))   |
     \    ` ⌒´    ,/    というか、ワシらが れーざー? とやらを出せるなぞ初耳じゃぞ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
    /    / r─--⊃、  |
    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

.

243 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:32:35 ID:fepAGWOg

侵略者はやる夫たちの方だった…?


244 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:32:54 ID:AXJCao/M


        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     そりゃ当然さ。
   l   /   二   |  二  |
   |  l     ─   |  ─  l     今の僕らは陛下の『御恩寵』を賜っていないんだから。
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ




      ____
    /_ノΞ ヽ_\
   / (◎)―(◎) \     御恩寵……?
 / ::::::(((__人__))):::::\
 |      ~~~      |
 \             /

.

245 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:33:28 ID:AXJCao/M


:: . .:: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::: .: .:::::: :::::::::!:::::::::::::::. :::',
..:: : ::::::::::::::: :::: ::: ::::::::::::::l:::::::::!:.:::.:::::::::.::::::::ト;::::::::::::::.::::::'、
:::::. :::::::::::::::: ::. :. ::::::::::::!:::::::::!:::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::',
:::::::. :::::::::::::::::. :. :::. :::::::::::l::::::::ハ::::::::::::::::::::/r≦/::::::::::::::::::}
、::::::::..:::::::::::::::::..:::::..:::..::::::::ト、:::::! ヽ::::::::;:::::::lテ7ス::::::::::::::::::/
. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::!‐ゝ;!='、:::::ト、::::', ̄ l::::::::::::::::::!
.  }::::::::::::::;!:::::::::::::::::::';:::::::!‐rtテシ‐'ヽ::l ヽト'、 !::::::::::::::::::!       “妙手”やる蔵。
. ノ::::::::::::::{l:::::::::::::::::::::\:::ヾ ̄   `ヾ    ,l:;:::::::::::::::::!
''´:::::;:::::::::::゙';::::::::::::::::::::::::::`r、::'、        イl`ヽ:::::::::::l\     なぜ貴族だけがリンカーを持っているか、
:::::;:::::: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ``     _,.-/、ヽ_ ヽ:::::::', ヽ    その理由を知っているかね?
:::::;:::: :. ::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ‐'´ -,'   ̄'、  ヽ::;:'、
:::::::;::::. :::::::::::::::;:::::::::::::.::::::::::::::::::',      !     \ ';l';!
:::::::`;、::.. :::::::::::::l丶、:::::::::、:::::::::::::::`f‐r―‐r''`ヽ     `ヾ、'
:::::::::! ヽ:::..::::::::::!  `ー::_`_''ー、::::゙ヾ、 |   \     ヽ
::::::::l   ヽ:::::::::::l`''ー-,,.._   ̄` `7´ヾ',/     ',      '




     ____
   / ~~~\
  /  ~~~  \    その口ぶりから察するに、
/   -(◎)―(◎) \
|   ( ( (__人__)))  |   ドールの制御、というわけではないようじゃな。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /

.

246 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:33:54 ID:AXJCao/M


       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i    当然さ。
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }    僕たちの “力” は、この木偶人形たちとは無関係だ。
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i



                             _,,,,_
                            f=‐ 、i
                          /  ./ノ  ,ヘ,,,、,x='ヽ、
                         /   _,/‐‐、f、ミ‐、-、 ヽリ》l‐- 、
                        /   r",、 -‐''ヾ、ヽハヽリiヾ《ノ ,, ヘ,
                      /__,,>''ノノ    ノ_ノ,,ノノ__l_ヽ)´  `ヽ     /⌒ヽ
                     ,fフ´   〈〈  ,, x''"゙' ヾ|i!/‐ ` ヽ,   ハ    /ニ、l |
                   /"l"     .〉〉",f/.// ̄ iヘヘヽ;ヘ´`iヽ  ハ   /  l l
                  r"/´_゙、    ,,| l// l/    ||l゙、lリ、ヽl、ヘl|   l /   l__ノ
                  、_ニ_ ` ー_''"/ イ /| ./ ハ |lリi|゙、l ゙、〉|ミi   |彡ミミヽ、
                     `゙ミ__r‐//i!.| | |/  |i!i iリ》〉リハ ゙i!)ベ、ミ彡   |`'i )
                  、     //// i!|l | i! | |i!ハ |巛_,》_゙、.i!/、ヘ  |   l ((     …………
                  i `‐-=,,///" /リ|i〈 ゙、 〉.||l 〉i!`:゙◎.:i》、| l/   |、 /  ))
                  _>''"彡''´<_,,fノ∥i! ゙i Y|l |i!|/バi! ´"i!,!》". /    l゙i/  ((_
                  _,x''"´=''¨"  l∥ノi i! |゙、|ノ|i'リハl  ノ |l /)゙、___,,ノ"    `‐``=‐、
                  //´     ///リ |. |.ノ"_゙ノ,i| || i!'"i 《 /(__,r=三三三三´
                  (     /,'// /l l /''",ニ_メ.| | | |_ _゙ヾヽ、ヘ ( ⊂´,,,,=-‐<_
                  、ゝ-==''"_,ノノ // .//ノ/   lリ/イ i"''''"|人\ヽ、`''"´,,--‐、`ー
                  ``=ニニ,,ソ" // // l ||    |l | | |.  /  ヽ ヾ、'ー''´
                      ̄   ノl // {l゙ヽ   |ノノ .ノ  l    ゙、`、ヽ、_,x"´`ヽv"
                        .//ハ/   {ゝ|、__ =l'" f゙゙'"´`‐、   ゝ、ヾ、=´‐ミヽ彡
                      ///ノ/    ~~|"´  ゙、/,、 、_ヽ`〉    \_彡"´`ヾ
                    ,,r'´,´ ///、.      |   .|´ ヽ_,`'-'

.

247 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:34:02 ID:5gZjq6zk

戦車に対抗できるって辺りでまさかと思ったが
これは予想GUYデース


248 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:34:36 ID:AXJCao/M


        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●     リンカーは本来、貴族同士で繋がるためのものなんだよ。
.   l        /    ──  |
   |      /      ──   |      国王陛下を頂点に、王族、領主、一般貴族の順にランク分けされていてね。
   l       /       ── └、    上位の貴族は、下位の貴族を操ることが可能なのさ。
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /



                  ,/´,:-ー ..::::::::::  ̄::::::::::::::::::ミ:::::::,:: !、_
                 ,,=‐':´::::::::,:::::,::::::::::,:::∠´:: ..:::::::::::::ハ:::::::::`=、
               -"´/::/:/::::´::〃..:::: ..::::::::::::::ノ:::!::i:ヾ::::::::i,`、
                ,i':::彡:::,::::::/:::/.::: .,::::::::::::://:::::::::::::::i:::::リ::',
              ン:::::::::/::::::/:::::: ..:::::::::::::::::::::::::ン'"/::::::::::: /:::::: :::i,
            __,.='''゙´,/::::::::::l/::::::::::::./::::::::/-//'/:::::ノ:: ∧:::::: l::i
               /' /::::::: .::::::: .ィ::::::::::ン''! (;;;)i,丶:::./;ノ./、'i::::::l:::|
              / ,/:::: /:::::::/::::::/:/ `'‐-=  /,.:シi.(;)i|:::::ノ::i
               ,/::/i::/:::::::〃::::::!:::∧|        '::: ヽ =ノl::::l:h::l
             /'´,!/::::://:::::::::i::::,'リ       :::: ' ノ  i:::::!! l:|     !?
             '  /::::/:::/:::::::::::::l::l             ,i::::|  !
                    / /::::::ハ::::h::::::::i゙l,      ‐=二7   /、::l' ´
              '",::::サ:::::::::::::リ,l:::ii::l ! ヽ、    '‐-   ,イ' '/
                 ,/: /::::/" 'i:l'l:::::!  :::::'i:、,     /!::i  !
          _,、=ー ,、''"´    !i ヾ:!   :::::::`'::、、,,,/  i!  '
       _,、=ニ、    ヽ\     ヾ丶    ::/!::/     '
      ,ノ    ヽ    \丶、         / !!i
    /     、 `i    丶  `ヽ,、__   /ヽ、 ' ! 
    /      \ ヽ    ヽ    ヽ`丶、_`  ヽ`ヽ、,

.

249 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:34:50 ID:zaijD602

ああそっか、ドールたちは地球人が開発した無人兵器なのか


250 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:35:23 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ      そう身構えることは無いよ。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_     今はもう失われた力だ。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\     貴族を従わせるほどの力を持っているのは、
    ヽ  X        ̄ ̄   /       国王陛下と王族ぐらいなものだろうね。
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !




     ____
   /      \
  /   ~~ ~ \
/    (◎)―(◎) \    なるほど、な。
|     (((__人__)))   |
/     ∩ノ ⊃   /    まさに“王国”というわけか。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  |\ /___ /|

.

251 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:35:37 ID:fepAGWOg

じゃあオプーナがやらない夫を操ったのが本来の使用法なのか


252 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:36:29 ID:AXJCao/M


          ____
       /     - 、 -、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ      建国以来、貴族が直接的な形で謀反を起こさなかったのも、
     / /    `- ●- ′  |      そのせいさ。
     | |    二二  | 二二. |
     | | |\ -─  | ─___)      僕らは国王陛下を守護する“兵器”だからね。
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)     たとえ陛下とのリンクが切れていようと、
    \   ━━━━6━━  /      その想いは魂に刻まれているんだ。
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |




            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     さながらドールマスターとドールの関係……
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ      ということですか。
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ

.

253 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:36:58 ID:MyYb4E2Y

本来ならやらない夫も使える能力なんだろうけど・・・バカだからなあww


254 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:37:15 ID:FHjmeMis

何となく、第二世代や第三世代とか
そういう単語を思い出した。進化的な意味で


255 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:37:21 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐    あんな汚らわしい存在と同列にして欲しくないね。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !     だいたいドールと陛下では得られるものが段違いだよ。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !




      ____
    /_ノΞ ヽ_\
   / (◎)―(◎) \     先ほど口にしていていた『御恩寵』とやらか。
 / ::::::(((__人__))):::::\
 |      ~~~      |
 \             /

.

256 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:38:22 ID:AXJCao/M


          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ     そう。 それだよ。
      | / , 二   |   二、ヽ
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ



        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●       さっきの話で疑問に思わなかったかい?
.   l        /    ──  |
   |      /      ──   |       いかに高い適応能力を持とうと、
   l       /       ── └、      最初の一撃で死んでしまっては意味が無い、って。
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ     その疑問を解く鍵が、リンカーだ。
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /

.

257 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:38:38 ID:5gZjq6zk

じゃあやる夫ってかなり異分子なんじゃあ


258 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:38:53 ID:AXJCao/M


     ∧△∧
     ( ・ω・)
      (∪ ∪     ┌──────────────────────────┐
      ノノ.         │ たとえば貴族の一人が、異人軍との戦いで死んだとしよう  .│
.      ~         └──────────────────────────┘




       _,,..,,,,_
        / ,' 3  `ヽーっ        ┌──────────────────┐
      l   ⊃ ⌒_つ.          │ その情報は一度、領主に集められ、   .│
      `'ー---‐'''''".          │ 貴族から貴族へと伝達し、陛下に届く ......│
        【領主】.           └──────────────────┘

.

259 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:39:32 ID:AXJCao/M


     ∧_∧
    ( ´∀`)
  _ (ψ _ つ_          ┌────────────────┐
  \           \       │ 陛下は対策を講じ、領主に返信   │
    \           \     └────────────────┘
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






            .,イ
          / |
    ,r‐、λ、_,、ノ  ゙i,、__
    ゙l   _,,..,,,,_  {!!! _ ヽ、
    {  ./ ;' 3  `ヽ ~ `、  \
    )  l      } , ‐'`  ノ
    ´  `'ーュ 丶ンぐ;'" ノ /             _
   ,-‐'⌒"´  `Y´ ̄`r '丿            ⊂/○jjjjニニニニニニ⊃
 γ' -、_,-ュ   ,j|  _,,ムン             / タ       {!!! _ ヽ、
 〈i 、丶ぐy ミ f  朮 ,j ゾ             ,/  ノ        ~ `、  \
  \ヘ ヽ、、丶_,艾 ン {             `、  `ヽ.  ∧_∧ , ‐'`  ノ
    ヽ、__ ヽ.=┬─┬〈              \  `ヽ(´Д` )" .ノ/
      〈J .〉、| ス |, |               `、ヽ.  ``Y"   r '
      /""  |: l |: |                 i. 、   ¥   ノ
      レ   :|: パ | リ                 `、.` -‐´;`ー イ
      /   ノ:L.⊥」 |                   i 彡 i ミ/
      | ,,  ソ  ヽ  )                  }    {
     .,ゝ   )  イ ヽ ノ                 /    ) `\
     y `レl   〈´  リ                /   /ヽ、  ヽ.
     /   ノ   |   |                /  ノ    ヽ.   )
     l  /    l;;  |                \  `ヽ    {   f
     〉 〈      〉  |                  \ \   |  i
    /  ::|    (_ヽ \、                  ノ  _>  j  キ
   (。mnノ      `ヽnmゎ               <.,,_/~  〈   `、

    ┌──────────────────────────────┐
    │ 返信を受けた領主および貴族には対策に応じた“強化”が施される .....│
    └──────────────────────────────┘

.

260 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:39:51 ID:R5G4CdOI

宇和ああすげえええぞくぞくするううううう


261 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:40:02 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ      その効果は絶大。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐     鋼の肉体はもちろん。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !      それこそ、
    、 ' l. /\_   | _/ /\      空を飛ぶことだって可能になる。
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !




         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ     秘匿兵器も、そうした産物のひとつでね。
   l |   三   |  三  |
   | l \     |    / l      陛下の『御恩寵』を賜った貴族の体内で
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_      作られたんだよ。
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /




       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i     もっとも資源的な問題から、
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }      二発しか作れなかったんだけどね。
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

.

262 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:40:44 ID:AXJCao/M


          ____
.         /´ /⌒ヽ ⌒ヽ`\
       /   , -|  >|< |-、 ヽ
      / /   `ー ●ー ′  ヽ ヽ
     l /  .二    |    二  ヽ l
 /⌒ヽ| l l  ─   |   ─  | | |      陛下がおられる限り、僕たちは無敵だ。
 〉、__ノl |  \      |       ノ   l 
 |   ヽヽ   ヽ、   |     /   /`ヽ    戦えば戦うほど、殺されれば殺されるほど、
 ヽ   ヽ       ̄ ̄ ̄ ̄   /   l    僕らは強くなる。
  ヽ    \ _______ /⌒ヽ  ノ
.    〉    `ー──◯──‐ヽ_ノイ
   l    /         \    |




               _,.-――-、___
            ,.-''":::::::::::::::::::´:::::::::::::`''ー- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ
         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::;イ:::::l:!::::::::::::::::l
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;㍍;!/:/::/;イ:;'
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /        しかし、それも
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_       陛下とのリンク接続があれば、の話だ。
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r-;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.-ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }

.

263 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:41:19 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐    …………………………そうだね。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !


















         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、:::::::::::::::::::::::::::::
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }::::::::::::::::::::::::
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::
   |Y     l|         ヽ          ドールなんて、
   |ノ〆    l|       ー-  |          ガラクタどもさえいなければ、
  /| /      l|       ー-  |
   l / r   」{,        ヽ  |          僕らは陛下とのリンクを維持することができたんだ。
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /
     ヘ   ===一       ノ
      ∧
       \≧≡=ニー   ノ

.


265 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:41:39 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.


267 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:42:11 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'        ……僕たちの前に現れた政府高官は
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、         恐るべき計画を打ち明けました。
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
 '、         \          Y,- '     イ       ゝ
  \、    ,.. i'‐‐、..-、_  /     |!O    ノ  ヽ       \、
     ヽ../''/ 'i,  'l   )、_'_    ./   l  l'   ゝ       _....ゝ_、
 ̄ ` '' `'´`´  '‐‐‐'-- '  i  、__.|___   .|  |     \     /´', ` ヽ_'ニ-、
‐‐‐---    、......... _____          ̄ ` ''   ‐‐`--- '´ `= 、...`‐_'_




                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ       その計画とは、
                  __,....i-/Y ´l.        |        精巧に作られた女性型人造人間を
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'        『彼ら』に与えるというものです。
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ

.


268 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:42:45 ID:AXJCao/M


                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了       『彼ら』の最も恐るべき点は、
                    / \     ′  _ _r┘       その進化、適応能力です。
               _ イ \  `ー‐x\  r'
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、          その管理をしているのが
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .       “国王”と呼ばれる存在であることは
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ       すでに判明していました。
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |




              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'        つまり“国王”を打倒するか、
                'r'´|.    ,..,_..´」'         “国王”との繋がりを断てば、
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,       人類にも勝機が見えてくるわけです。
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,

.

269 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:43:00 ID:5gZjq6zk

奪われたんじゃなくて与えたんだ・・・


270 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:43:40 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |     しかし偵察衛星をもってしても
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'      “国王”の所在は特定できず、
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_     また特定に成功したとしても、
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ    アメリカ大陸に近付いただけで『彼ら』の
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ   レーザー攻撃で撃墜、撃沈されるのが関の山です。
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,






          _,,j ニ¬-- ....,_
          '- = ,,´'''ヽ、,;;;゙'ミ'-、_
          ゙~ミゝy、゙'V‐ ベl、_,/フ
            ,!;l"i/" "ニ__ ゙l″
            ,l'"i   `″i'゛
         _.. il'!、ヽ、  __ r
   ,r¬;;――''゙};;;;ヽ `'-、丶_,/        ……残された手段は、一つだけでした。
_/ ;;;;;;; ヽ  ;:;:;|、,;;;;\  _/'',ヽ..,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ヽ   .,,ノ'"゛゙''ィ゙'ッ' l ゙l、 ゙'!i-、
;;;;;;;  ;:;;;;  ,!    \   `'、 ヽl,"l  ヽヽ
;;;;;;;;;;   , l;;;     ´'-、 `i, ゙} l   l l  
;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;    `''、 l,l,' ....... l; l  

.

271 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:44:04 ID:AXJCao/M


 ┌────────────────┐
 │ “貴族”と“国王”の繋がりを断つ    │
 └────────────────┘



                                                 ∧_∧
                                              Σ (´∀`;)
            ∧_∧                  ,∴             ⊂  ⊂)
            ( ´・ω・) ━━━━━━wwv━√ レ━ww━━━━━   ( ( .(
            (,_U_U                                (_(__)




             ┌───────────────────────┐
             │ これが人類のとれる唯一にして最後の手段でした  ..│
             └───────────────────────┘


.

272 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:45:25 ID:AXJCao/M


          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! --、   |
         -=l|||'つ ''   r.u`' 〈
           '||l,,ミ',     、 ァ'                       偵察衛星による綿密な調査の結果、
            '|''’ヽ    -‐-/           /  、_          『彼ら』がヒト型に進化していること
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´   そして、『彼ら』が原始的ではありますが、
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /     文明を築いていることが明らかになりました。
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ




            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)       この事実は、『彼ら』の精神構造が
            'レ' ゙、.   -―-|        我々人類と似たものであることを示しています。
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T          そこから導き出された結論が、
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、         女性型人造人間によるハニートラップ(色仕掛け)です。
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|

.

273 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:45:40 ID:k.sXnGXU

どうやってドールで断ち切るのかのぅ


275 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:46:05 ID:k.sXnGXU

ハニートラップってw


276 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:46:11 ID:sZYzfs8k

でも、ハニトラとしては効果が上がってるとは言い難いような…?


274 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:45:45 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────────────┐
│ しかし色仕掛けといっても、『彼ら』の世界には女性がいません  ......│
└─────────────────────────────┘


                                      _
                                      |ヽ\_//'|
                                      ∨     ∨
                                     ☆- { ー` O | 
                                      ヽ* ー ,ノ
                                       /     〈
     ∧_∧  ?                          /  f    \
    (,, ・∀・)                            /   |      \
    (    )                           (`     .l \     ` ̄ ̄ ̄`l
    | | |                           r'     ノ /:\    、ーァ  /
    (__)__,)                           ` ̄ ̄  / /  \  \   /


.

277 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:46:21 ID:AXJCao/M


,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll.      ┌────────────────────────┐ 為Ⅳ       Ⅶll
    {{        │ 政府高官──いえ、僕らが『彼女たち』に望んだのは  │'為ソ       Ⅶ
   ヘ_.       └────────────────────────┘ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk                             K               7
       !垈                            }代             ノ
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ     ┌──────────────────────────┐圭圭丞
圭i:洲{     │  好戦的な『彼ら』の嗜虐や支配欲を満足させることでした   │圭l圭l丞
圭i:刈       └──────────────────────────┘l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

.

278 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:46:46 ID:AXJCao/M


┌───────────────────────────────────────┐
│ 野獣の巣に放り込まれ、その身体と精神を貪られるのと引き換えにリンク接続を行う……  │
└───────────────────────────────────────┘


                     o
                      ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
                  ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
                  "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
                     〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                    ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                    (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
                    "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
                      (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                              ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                              ´  /;:ノ 。  。
                                  ()


                ┌──────────────────────┐
                │そのため『彼女たち』には、               ..│
                │支配欲を満足させるだけの高度な精神と       .│
                │頑丈な肉体、魅力的な容姿が必要とされました  ......│
                └──────────────────────┘

.

279 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:46:52 ID:fepAGWOg

スケープゴート…


280 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:08 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────────────┐
│ 人間とまったく変わらない存在を、生贄として異星人たちに差し出す  │
└──────────────────────────────┘


                                , ,i!.   ,;
                              ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
                    ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
                  .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
                 ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
                ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!
               ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
               /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
              ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
             /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
                     、   ∫     ノ./'、  |    .|
                     , .ゝ       //´  ヽ }    |


                     ┌──────────────────────────┐
                     │僕らはそのことに疑問を感じながら、                    ....│
                     │しかし手を止めることなく『彼女たち』の開発を続けました    .│
                     └──────────────────────────┘

.

281 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:18 ID:4TvfM1r6

あー・・・なるほどなるほど


282 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:23 ID:FHjmeMis

生物の本能に賭けたのか……


283 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:49 ID:MyYb4E2Y

ハニートラップか・・・やる夫みたいなタイプがドールに転んだのは製作者の狙い通りだったんだなw
ドラがドールを憎むのも理解出来た


284 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:54 ID:sZYzfs8k

肉食獣の前に餌を投げ込んだってことか。


285 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:47:55 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────┐
│ 僕らに唯一、可能だったのはこの極秘計画を   .│
│ マスコミにリークする事だけでした         .│
└─────────────────────┘


                            _______
                           /○  i三三三i  ○ヽ
                           〃二二二二二二二 , |
                           || ||           || | |
                             || ||          || | |
                              || ||         || | |
                   .          || ||            || | |
                          || ||           || | |
                          || ||          || | |
                          ゝ.二二二二二二..´__ノノ
                          { {    {  {    i⌒ヽ
                          ゝ.ゝ---- ゝ-ゝ----.ゝ__|
                         / (___), --;--、  (___) |lヨ| __
                         / (___) /‐( ̄)-} (___) .l |(_)__
                   .      /(ニニ)ゝ 二. ノ(ニニ)./ /‐(  ))
                       / (__1__) (__2__) (__3__)./ /:::/  ̄
                   .    / (__4__) (__5__) (__6__)./ /:::/


                        ┌────────────────────────┐
                        │たとえそれが人類に対する裏切りだとしても、       ..│
                        │僕はこの非人道的な計画に納得できなかったのです    .│
                        └────────────────────────┘

.

286 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:48:41 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ    マスコミに情報を流したのは、
                  __,....i-/Y ´l.        |      世論の声で計画が中止されることを狙った行動です。
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、       そして僕らの思惑通り、世論は沸きました。
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
 '、         \          Y,- '     イ       ゝ





                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了      しかしそれは、計画に対する非難ではなく、
                    / \     ′  _ _r┘
               _ イ \  `ー‐x\  r'         むしろ推進を求める声だったのです。
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |

.

287 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:49:21 ID:AXJCao/M


┌────────────────────────┐
│ 『彼ら』のうち一体でも海を越えることに成功すれば、   .│
│ それは人類の絶滅を意味します               │
└────────────────────────┘


              ::::::::::::::::::::::::......   ........::::::::::::::::::::::::::: ;;;;;;;::::::::::::::::::
                         γ ⌒ ⌒ `ヘ
                        イ ""  ⌒  ヾ ヾ
                      / (   ⌒    ヽ  )ヽ
                      (      、 ,     ヾ )
               ................... .......ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ........... ........
               :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、、ゝ.....|  |..., , ノソ::::::::::::::.......::::::
                _ _i=n_ ._ [l_ .._....,,. .-ー;''!  i;;;~-ヽ_ii_i=n_ [l h__
                /==H=ロロ-.γ ,~ー'''l ! |'''ーヾ  ヾ 「!=FH=ロロ
                ¶:::-幵-冂::( (    |l  |    )  )=HロΠ=_Π
                Π=_Π「Ⅱヾ、 ⌒~"""''''''⌒~'"´ ノ;;'':::日lTΠl:::....
               Д日lTl,,..:''''"   ""'''ー-┬ーr--~''""   :::Д日lT::::
               FH=n.:::::'            |   |         :::FL日l」:::::
               ロΠ=:::::.:.        ノ 从 ゝ        .::田:/==Д::
               口=Π田:::.                   .::::Γ| ‡∩:::::
               Γ| ‡∩Π::....                ...:::Eヨ::日lTlロ::::
               Д日lTlロ_Π::::.......            ...::::::::田:凵Π_=H:::
               =Hロ凵Π=_Πロ=HロΠ:::.................:::::::::::口ロロH「l.FFl


                         ┌─────────────────────────┐
                         │ その恐怖が、人々から冷静な判断力を奪ったのでしょう   │
                         └─────────────────────────┘

.

288 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:49:53 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────────┐
│ 世論の後押しを受け、計画は急ピッチで進められ── ......│
└─────────────────────────┘


                                 _.|.  ∨ _ ∧      ィ
                           / ¨` ー'´  \ }f;;;〉、!    / .}
               .            〃         `ー---─ヘ'´  .,′
                      ____/   / .:.     ..:\:::::...  、.__ヽ. ./
                      l      〃 ::::::.  :........:::::::::ヾ::::::::::::ヽヽ.!ニ=‐--‐ァ
                      }   .   い: :::::::::...:{` ,ニ=<:::}::::::::::::::ノ リ¨丁丁|´
                  ,.   |  .::.  ┬-、:::::::::::X.___,  ∨マ::::!:::/〒¨ /;;/ }
                  \_.ノ  ::::.  .::{,r= ヾ:::::::::<,r==、. }ソノ|.〈 《;;;/ 〈
                    ゝ-' l ::::::. .::込 __'─── '´   ィ〉!ヽヾ゙ !;;;| ./      ,r===、
                      / :.:::::::::::::\r''⌒  、       |ソ \ /;;/ ./     / ,r==、ヽ.
                      `¬、::::::::::::::::`::=‐'  __,. '   八  . ^v' {\ _ ノ .:ィ彡' ̄`X
               .  __,.      ∨:::{ ̄Y´    ̄     ∧ .:::::::::::::.`¨¨.::::::::::::::::::::::.     ハ
                 {/         `T`¬ ゝ ._       /!::::...:::::,==、:::.  .:::   .:::::::::.       !
                /l       // 丶 ::::::.フ-F¬´/ヌミ/   ヽ: .:::  .::::::       .::}
                { ゝ-------'´.::;′   ゙l∨()ソ _〉二、oヽ;ソ      }    ::::::::.    .:  .::丿
                ` ──-、___ .:::::!  __ ', .{ ヾ_《;;;;;;;;》〉_.∧ /,r‐‐ 、|    ::::::::::::::::::::::::::T´


                ┌─────────────────────────────────┐
                │ 予定よりも数週間早く、『彼女たち』はこの世に生を受けることになりました   │
                └─────────────────────────────────┘

.

289 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:50:25 ID:AXJCao/M


┌───────────┐
│ 作戦決行、当日── .....│
└───────────┘


                                 |i
                               {ニニニIニニニ}
____                          ヽiロi∨//
AirPort|                           |:::::|;;;;;||
ニニニニニニニニニニニニニニi                     |:::::|;;;;;||
                |            , '' ̄,r''"´⌒`"'ヽ、
[] [] [] [] [] [] [] [] [] [|__          r'´  r'´_____ ___ ヽ
ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ].................................| ̄ ̄:|:    ┌─┐  |
,','| | |,',',',',',',',',','| | |,',',','|卅卅卅卅卅卅卅卅卅ij|:    | :i:. |  .|卅卅
┌´ ̄`┐´ ̄`┐ ̄ ̄´´゜゜'""''´`''""''´´゜゜'""'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´`''""'"
 `´ `´ `´ `´


          ┌─────────────────────────────┐
          │ シャトルに向かう『彼女たち』に、多くの人々が称賛を送りました    .│
          └─────────────────────────────┘

.

290 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:50:45 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────┐
│ しかし、式典に参加した政府高官や        │
│ 軍上層部の将校の顔は沈痛そのものでした    │
└─────────────────────┘

                               , ‐'''"´ ̄ ̄`ヽ
                            ,.'"´       , イヽ  ヽ
                         ,、‐'´        l::ー氷j〉  :|
                      ,、‐'´.:.: . :. :. :  -─= |::; .V/L /
                      (;;:.:.:._, -‐ '¨´   _, -─≧ < 」レ′
                        ̄L _,ro==r‐r─ '''" ̄ ̄\
                       ,仁ニ7´ ,,,r=ゞヽ、、         ヽ
                       i!⌒リ  ,ゞー=rェテ≧;ー - ---‐ノ
                       Lい、   ¨´ ー=''´  `ヾ"`厂
                       `トマ  i      ,.ィ-、 ,,..イ 1
                       _」 .:i  ヽ   ,r'    `"´', l
                      / L,    |  j! "¨ニ二` ,l/
                      _」   `ヽ、.::::ヽ         /
                _ ,, 、-‐''"´ i!      \.:.\ _ _, .イ
                ::.:.:.:.:. . :.  `ヽ、      l「ヽ _,イイ L_
                ::::::.:.:.:.:.:.:.: .: .. . `ヽ、   ||::;:;:;;1 l|;;;|/   `¨`''ー
                ;:;:;:::::::::::::::.:.:.:.:.:. :. : . . \」|;:;;;;;;;;i ||;;/      . ..


                             ┌──────────────────────────┐
                             │ 自分たちが何をしているか、その自覚があったのでしょう ......│
                             └──────────────────────────┘

.

292 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:51:24 ID:AXJCao/M


┌───────────┐
│ 僕も、その一人でした   │
└───────────┘

                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!     (……すまない、みんな)
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!     (すまない……)
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
          、   ∫     ノ./'、  |    .|
          , .ゝ       //´  ヽ }    |

.

293 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:51:30 ID:FHjmeMis

割りきれんか……人形とは


294 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:51:40 ID:AXJCao/M


                  _.|.  ∨ _ ∧      ィ
             / ¨` ー'´  \ }f;;;〉、!    / .}
.            〃         `ー---─ヘ'´  .,′
        ____/   / .:.     ..:\:::::...  、.__ヽ. ./
         l      〃 ::::::.  :........:::::::::ヾ::::::::::::ヽヽ.!ニ=‐--‐ァ
       }   .   い: :::::::::...:{` ,ニ=<:::}::::::::::::::ノ リ¨丁丁|´       ……先生、今までありがとうございました。
    ,.   |  .::.  ┬-、:::::::::::X.___,  ∨マ::::!:::/〒¨ /;;/ }
    \_.ノ  ::::.  .::{,r= ヾ:::::::::<,r==、. }ソノ|.〈 《;;;/ 〈        ニアは、お嫁に行きます。
     ゝ-' l ::::::. .::込 __'─── '´   ィ〉!ヽヾ゙ !;;;| ./   
       / :.:::::::::::::\r''⌒  、       |ソ \ /;;/ ./    
         `¬、::::::::::::::::`::=‐'  __,. '   八  . ^v' {\ _ ノ
.  __,.      ∨:::{ ̄Y´    ̄     ∧ .:::::::::::::.`¨¨.::::::::::::::
  {/         `T`¬ ゝ ._       /!::::...:::::,==、:::.  .:::   .::
  /l       // 丶 ::::::.フ-F¬´/ヌミ/   ヽ: .:::  .::::::
 { ゝ-------'´.::;′   ゙l∨()ソ _〉二、oヽ;ソ      }    ::::::::.
  ` ──-、___ .:::::!  __ ', .{ ヾ_《;;;;;;;;》〉_.∧ /,r‐‐ 、|    :::::::


           ┌──────────────────────────┐
           │ 無数の自己憐憫と無責任な声援に背中を押されながら、  ..│
           │ それでも、『彼女たち』は笑顔で飛び立ちました       ......│
           └──────────────────────────┘

.

295 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:52:00 ID:AXJCao/M









             ┌─────────────────────────┐
             │ その後、偵察衛星から送られてきた情報によれば──  .│
             └─────────────────────────┘








.

296 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:52:17 ID:AXJCao/M


             /        l   :.:.:.:.:.:.:.:..  :.:|:.:.:.:.|_...z=\=―-.. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  \
            |         {   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:.:ト<:{     `ヽ、:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:.〉
         .     l     .:      \ :.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ,.`  _.. _   \.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:/
             V    :.:.:. :.  .:.:| >=弋:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\./ィテ示ミ<_ノ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:く
             ヽ.}   :.:.:.:.. :..  :/  ,. -\.:.:.:ト :.:__:>´トz└_ハ``厂}:.:.:.:.:.:.:.:.:/  i
              ノ   :.:.:.:.:.:.\:./:.:|  ,.ィz三ミ ー\      マ¨L〉.ノ   /イ:.:.:.:.:_ノ   } |
              {  ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.{ /イ__ルヘi         ` ̄    /.:.:.//  / .ノ
              ! .{ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{`_j{バ_ィ く}             ノ:.:.:./  {_   /
              Ⅵ \:.:.:.:、:.:.:.:.:.:\` `ー¨´   ′        ´ ̄ ̄   O /
               ヽ  \:_\、:__:.>     ヽ              /!`o:|
                     ハ:.:.:.: ド             .       /|:.:i:|:
                    /.:.:.:.:.:.:.:.|∧       - -‐ ´        '  l.:.:.ハ
           ノ^ヽ         {:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:\                  |.:.|f|
          / /⌒`      ヽ:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.ハi>...              /    .!:.:.:じ .:.
          | i           ヽ}:.:.:.:|:. :.:.|ノ|:.:.:.|:.>...        イ     |:.:..′.:
          l {           ノ  .′:.:.し'..:.:.|:.:.:.:.:.:.:`:...┬ ´      /|:.:./.:.:.:.:
          ヽ\       ,. -‐ ´   /   :.:.:.:.:. :.|     :.:.:.:.:.}    _... - ´  ∨:.:.:.:.:.:.
           \` ー‐ ´       /    :.:.:.: :.|.....:..  :.:.:.:ト-‐        /.:.:.:.:.:.:.:.:.


──────────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     『彼女たち』は三日間は生きていたそうです。

______________________________________________
──────────────────────────────────────────────

.


298 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:52:37 ID:fepAGWOg

三日…


300 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:53:15 ID:AXJCao/M










                その後も、僕らは定期的に『彼女たち』を送り込みました。



                 ──結果に、変化はありません。








.

301 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:53:37 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────┐
│ さらに数え切れぬほどの犠牲を積み重ね──    .│
└──────────────────────┘






┌───────────┐
│ 長い月日を経て── .....│
└───────────┘



















      _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
  \      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
  : : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
  : : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
  : : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
  : : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄
  : : : : : : : : ',               ', (


             ┌───────────────────────────┐
             │ ついに『彼女たち』は、『彼ら』とのリンク接続に成功しました  ..│
             └───────────────────────────┘

.

302 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:54:20 ID:fepAGWOg

ドールマスターの誕生か


304 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:54:27 ID:AXJCao/M


                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//
                 ̄`|δ|/ ー、  |       リンク接続成功後も、
               _  ;;・'   'ー` γ       僕らは『彼女たち』を送り続けました。
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'         そして“国王”の世代交代を待ち、
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\        入念な準備を行い、
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ      七度目となる反攻作戦を実施したのです。
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;
                               ̄   ― --- '



            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)     “国王”とのリンクが切れた状態でなお、
            'レ' ゙、.   -―-|      『彼ら』に勝てないとなれば、人類に対抗する手立てはありません。
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T         その意味で、この反攻作戦は人類の命運を賭けた戦いでした。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|

.


306 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:55:18 ID:AXJCao/M


     `ヽ、llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`ヽ、_,-,
    -―--`lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllノ
      `ヽ、lllllllllllllllllllllllllll, - 、ll、_ll、ヽlllllllllllllllノ-,
      ̄ヾllllllll/⌒l、lllllll--      `ヾシノ|彡
       _ノll/ ⌒l `|ll/´ -、         /
        `)ll| (`Y´     二`ヽ、_    |
       /lll`l`-|     ( |;;lll|   '´,イ´
     ,-'´/|`ヽ-┐     ` ̄'    ノ
__, -‐/;;;;;;/ |   |            l      ──結論から言いましょう。
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|  `l   l、          ` , -'
;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;|  `l、  `ヽ、   -――-/
              ヽ、  `ヽ、     人
            `ヽ、  `>┬イ  `、




          _,,j ニ¬-- ....,_
          '- = ,,´'''ヽ、,;;;゙'ミ'-、_
          ゙~ミゝy、゙'V‐ ベl、_,/フ
            ,!;l"i/" "ニ__ ゙l″
            ,l'"i   `″i'゛
         _.. il'!、ヽ、  __ r            人類の勝利です。
   ,r¬;;――''゙};;;;ヽ `'-、丶_,/
_/ ;;;;;;; ヽ  ;:;:;|、,;;;;\  _/'',ヽ..,,           僕らは初めて『彼ら』に打撃を与えることに成功しました。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ヽ   .,,ノ'"゛゙''ィ゙'ッ' l ゙l、 ゙'!i-、
;;;;;;;  ;:;;;;  ,!    \   `'、 ヽl,"l  ヽヽ
;;;;;;;;;;   , l;;;     ´'-、 `i, ゙} l   l l
;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;; l;;;;;;;;;;;    `''、 l,l,' ....... l; l
 ゙),;;;_,,../ ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` ll / ;:;;;;;|;;;: | 
;;;; ゙ヽ  `'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j;;;;;;;;;;;;;;;,!'O;;;;;;;、;;;l;; ヽ

.

307 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:55:45 ID:AXJCao/M


            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)      その日、地球人類が歓喜に沸きました。
            'レ' ゙、.   -―-|
               人. ` 、   /        9月2日を迎えるたび、
            _,/(  `' 、 _゙T          人々は人類の可能性を信じ、この時の喜びを思い出すことでしょう。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!



               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'         僕を除いて、ですが。
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i


308 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:56:24 ID:AXJCao/M


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  、,,,.` ' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |      ──あの日のことは、今でもよく覚えています。
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、        技術者の一人として、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_      僕も戦場にいましたから……
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
 !        く、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
 '、         \          Y,- '     イ       ゝ
  \、    ,.. i'‐‐、..-、_  /     |!O    ノ  ヽ       \、
     ヽ../''/ 'i,  'l   )、_'_    ./   l  l'   ゝ       _....ゝ_、
 ̄ ` '' `'´`´  '‐‐‐'-- '  i  、__.|___   .|  |     \     /´', ` ヽ_'ニ-、
‐‐‐---    、......... _____          ̄ ` ''   ‐‐`--- '´ `= 、...`‐_'_.



                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了
                    / \     ′  _ _r┘     最も印象に残っているのは、
               _ イ \  `ー‐x\  r'        焼け落ちた幕舎に残されていた『彼ら』の遺品です。
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |
       l /   ヽ                |()     ,′|

.

309 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:56:45 ID:AXJCao/M


           、_, -'"´:::::::::::/::::::::::::::\:::::::::::::::/
            ヽ:::/::/::::/::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
            /:::/::::/:::::::::/::::::::::::/::l:::::l::::ヽ           rトュヵ  .......
          -‐'´:::::/:::::/:::::::::;:イ::::/::::/l::;イ:::::l:::';:::ヽ        , -ヽイフス: : : :` ‐ 、
            ̄/:::::/:::::::////:::/,ィニ=l:::;イl::::i\',        : 入: :レヾノノィ: : : : : : : ' ,
            /::::::/::::/,ィユニヽ::/    l:/ li:::::l         : /::::' ,: : : : 7ノト: : : : : : : : ' ,
           // /::/l '"   l:/  j  ノ リ ';:l         :.,'::::::;'::'.,: : : :ィ-イノ: : : : : : : ',
             /イヽ-',      -─ァ  / 、 !           : l::;'::li:::::::'.,: : : :イヽス : : : : : :. ',
             / l;:イ l\  ヽ   / /ヽ   `  ‐- 、._   : l:イ::l イス.ァ: : : : ヽー' : : : : : :  ;
             / / lヽ `‐、  ー  /l  ヽ           `ヽ : !.ノヽリノl:::'.,: : : : : : : : : : : :  ;
           /  /  l \  ` ‐-イ l   l           ,イ : l   ヽ、l:::::::',: : : : : : : : : : :   ;
          /   /   l   ` ‐ 、/   l    l         / l : lー-  ,イ:::::::::',: : : : : : : : : :   ;
        /     /    l    ,イ  ト、 / l    l     l  / ト、: l  ノ l::::::::/:',: : : : : :        ;
      /      /     lヽ、./ 〉 イ   l  /     l /  ノ l : ',__ l:::::/'"´'.,             ;
     l        ` ‐、/ l   l  l  / l ` ‐ 、   l/ /  l  :   l::/ _  ' ,
     l ヽ        /   l \l  l /  l     l  //   ,  -‐ーノ/   `ヽ ' ,
     l  ヽ       く       l  \lノ   l    l   l-‐'´/ ニ二 ‐、 /        l' ,
     l    l        \     l   /o   l   /   l / , ー 、 ノ l        l ',
     /l    l         \    l  ',   l   /    l / -‐'rー '/ヽ   l       i l  '.,
    , -、\   l        \   l  l   l  /    il   ノ./ ' ;: : :',   l      il   ',
   /    \\  l         \  l  l   l  /    l l   l l    '; : : ',  l     l   ;
  /       \ヽl           \ l  lo / /     l l   l l  /  '; : : ',  l   , ー、!.ーァ ;
ノ         \            \l l / /    l l   l l/    '; : :',  l,-┘   i /  ;
       ヽ     \           ヽ/ /     l  l   l /      '; : :', ヽ ,ゝ-‐ー〈  ;
       ',\     \       / // //  l  l  /       ;:; -く ヽl     l   ;

──────────────────────────────────────────
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 そこにあったのは、一枚の絵でした。

                  どこにでもいるような恋人同士を描いた絵でした。

__________________________________________
──────────────────────────────────────────

.

310 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:57:04 ID:fepAGWOg

うわあああ


311 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:57:19 ID:AXJCao/M


┌────────────────────────────────┐
│ その後、僕は絵に描かれた二人のことを現地の士官に聞かされました  ....│
└────────────────────────────────┘


                              、   ,. -/
                           ___jヽ/ ∠___
                           ̄¨>   く      <¨ ̄
                          /   ┌ '        \
                         /-ァ  !l  i l i  ヽヽ ̄`
                       ヽ- 、/ /! トlム ㏍zK!.i l l !
          `丶、- 、__        `ヽl/! l朮拔 |:存ラ| l トN
             `丶::::::::´"''- 、____ リ八ト:::::::}!:::::::::ハ比L _
                 `丶、::::::::ー- ''"´ ̄了Yヽ、冖} ̄`ヽ::::::::..`!
                  `丶、:::::::::::::::::::::::::ハ::i`^コT「8=/‐''⌒ヽ!
                     `' ;‐::::::::::::::::::ヽ`7:)X(::ー‐'_,. - ''"⌒)_
                      /.....ー-‐----/{8=\___:::::::::/L/{_
           _,,. - - -─ '..::::::::::::::::::_,=ニ二二(^Lr‐-'^Tト-'´ ̄`ヽへ
              ̄ ̄´" '' ----;--''"::l|:::::::::⊂ー'′ヽ:::8=::l l`ヽ、_:::::::::::::::)
                        /:::_,.-::::/'l::::::::::::{ IIIIl= i}::::::::::l l>-、__/^
                   _j´ ̄/ ̄/  !::::::::::::`:rー‐'リ::8=:::リ ̄´
                 _/::::::::::::::::/   !::i::::::::::::l::::::::::: ̄丁^
                /:::::::::::_,r~'     j::、\:::::/8=/:::/::{
            __/:::::_,.-:'/      rく::::\::Y::/-‐':::⊥、
            」ヽ':- '"..:::/        /::/}::::ー:::!:(=‐-::::ト、:::ヘ
             〈ソ::::`==≧       7‐':::::::::/|:::::、:::::::::::`ーく


            ┌───────────────────────────┐
            │ 『彼』の方は無抵抗で、立ったまま蜂の巣にされたそうです    .│
            └───────────────────────────┘

          ┌───────────────────────────────┐
          │ その姿は後ろにいた『彼女』を守るかのようだった……そう聞きました .....│
          └───────────────────────────────┘


.

312 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:57:48 ID:AXJCao/M


┌────────────┐
│ 僕は士官に尋ねました ......│
└────────────┘

              __,.. ---‐===、‐-、.._
            .._=‐'_,...- ニミ_,..、_ミ-`ァ;
           .._-'=‐,...、_{、 -、_ `ヽイ'i
            `-、7⌒!'´  t_ァi'‐ ,:ノ´
             '|ゝ_'!.    ′ |'
                'r'´|.    ,..,_..´」'
             ノ、 ` 、. ゝ.`‐t,)         「彼女の――斗貴子くんの姿が見えないようですが?」
           ,ァイ `-、_ `‐-.ィ'‐--ヽ,
       ___,... .:ィ'  ヽ   .`‐ァイ',二ニ |
   ,r=-´.、_    '!.   \   /~Y 、,  ,!
  f      ヽ   '‐-y‐'^'、-、」't,.>!ノ  ' |ヾ'‐ 、
 ノ      '!    <´    ヽ  | Y!  ,}`!i,  'i
. j        !     ヽ、   \.! l'y!'--' ノ ヽ |
ノ       ;       \.  .ヽ, 'i`‐-‐'   ', '')
        j         ヽ、 ヽ'}、 O   ヽ,!,



     /              ヽ.
   ,r':::::            __ノ _ ,,
   /.::::::        _,、-‐''"´\ー_`ン゙~Y
  i゙:::::::   〈K〕   ,r'゙      `ヒ_,.ィ'タィ
  、ゝ:::::::::.....   ,r'゙         }ミ ーィ彡
  ミ `''ーr─''"´      ,ィ'゙´``  }ミミ三彡
  ミ  三{.-─-、,,__, ッ''゙r‐''_ア   }r''^Vf
   `ミ l~゙l ´ ̄-゙ラ゙i 、` ̄    リ,イ ,!′
   `ミ゙i,「l,     '; !      ノ ツノ/
    ``ゝト、   ィ、! , ,l` 、  , ' 「ノ      「…………」
      `'l, ';   `ニ゙    ;'  l|、
        ゙:,゙  ー''ニ''ー ;'  ,r'゙|_`ヽ.
      ,、-:^ト、  ´    ,' /, ,ノ,l:::::..|
     r''゙..::::::;:| ゙:、      / /ィッ'゙.::::::::l
     | ::::::::f゙ L...,ニ=、-‐ニ゙--fr'゙.:::::::/l:.`'-、,_
 ,、-─'゙.:::::::::|/ /   ,/´   リ.::::::::〈.o/.::::::::....
  .::::::::::::::::::l゙ '   〃    /.:::::::::::::V.::::::::::::::::

                       ┌──────────────────────────┐
                       │ 士官は固いモノでも飲み込んだかのように一瞬押し黙り、  .│
                       └──────────────────────────┘

.

313 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:58:01 ID:5gZjq6zk

ドラがアスランを嫌悪するわけだ


314 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:58:06 ID:AXJCao/M


      /. . :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:...ヽ
.   /.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::<カj::::::::::::::::::::::..:.:.j
   !.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'"´  ̄``ヾil|
   ゝ.:.::::::::::::::::::::::::::::::::,.'´        N
    ヾミ三三二ニy'"´ .._           リ
    ゙f二三三ニ/  ,、-ー-、,, .  _,  i!
     `ミ゙r‐、彡' ´ , -ェテ ,ニ´ <fェュ、 /
     `ミ! 〉、!リ       ′ i`   l      「……彼女は、自殺しました」
       ミ ゝ! '゙ `ヽ        l   /
      `ミ>、,   i    'ー-、 _j  ,!      「兵の持っていた拳銃を奪って……」
       Y'´     !      `´  ,'
       ,!  ゙、  ;  <ニニコ i  ,!
      /.:\  .ヽ、     ー‐   /
    _/.:.:.:.:.:.:.\',  `ヽ、.       ,イ、
 ''"´.:.:.:.::::::::::::::::::::\ー- 、``ー─イj.:.:\
 .:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::>、  ゝー'⌒ヽl::::::::/ヽ
 .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ヽ ト、ヽ  ヾ!:::/:.:.:.ゝ、



                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了
                    / \     ′  _ _r┘    「…………っ」
               _ イ \  `ー‐x\  r'
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |    ┌────────────────┐
                                        │ ──僕は、何も言えませんでした  .│
                                        └────────────────┘

.

315 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:58:36 ID:q9tVDFx.

うわあああああああああああ


316 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:58:59 ID:AXJCao/M


┌──────────────────────────────┐
│ 山向こうの前線では、あの時と逆の光景が繰り広げられていました .....│
└──────────────────────────────┘


            (               (;;、(,,,   、       (;; ;;''')) 、
  (;;((  ))      )   ノノ           ,,)    (
            ((   ,,,;)          ( (    ,;;)      (",)ソ;ソ ⌒)
.(;;、(;;⌒'')        )  ノ              ヽヽ  ,,ノ       ('"⌒;; ノ;;
,,,..   ;;⌒'')、    ( _ ⌒)               ) ))       ノ''⌒;;)⌒)..,,,
 (;(、(( .,,;;;;⌒),,     (  (             (,, (     (⌒;;;;,,.⌒)   )));)
::⌒;ソ⌒;;;;''')ノ,)ソ_,,,.....=) ノ--''''""""" ̄ ̄`゙゙ー‐-- ノ、,,,,,,,_,_ (;; `)⌒;;,,.⌒)  )));)
(;(((  (⌒.从从''"""^  )ノ        ....;;;;;;;::..         ""'''''从从,,,,,,'-、,,,  ,,,;;))
'';,,,,)_,'从从,,,,、     .'';;;"   ::::::;;;;;;,,,....              ;;;;;;:::::,,,' 从从,,,, )),)
,,,;;;;;;   ΛΛ   ,、...      ::::;;;;;           / ⌒・~
,,,;;;;   / ⌒  )  ::::;;;;;                  / ;・ ヽ;),、..
    / ;:/ つ.・.                   (   ) ∪:::::::::.
 ~(    )                         V V   ;;;;;;:::::::::,,,
    ~ ⊃

                              ┌──────────────────┐
                              │ いまや狩られるのは、『彼ら』の方です   .│
                              └──────────────────┘

.

317 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:59:22 ID:mIkZbVQQ

ある意味、ドラが一番正常なのか……


318 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 21:59:25 ID:AXJCao/M


       ,、
       ,r' ノ ,,..__
     /{ {  ' 、_ `丶、
    ,{ ハ 丶、__ノ}   ',
    ゝト_゙ヾ;           ',                         _,....,_
       ̄` ゝ- 、   ,'';, ヽ_/「\               、_    (( '、`
            丶、 '' '';; \_|  `丶、      __      ゙ヾ三;;ーァゞァ‐
              ゝ_  ,;  l     `ヽ,....,__ノ  `ー- __,,..-‐'''´_- ''"´
               `ヽ;, ノ       `ー―― '''ヽ、_,,..-―''´
                 ゙ヾ_                、゙ヽ、
                   ` ー―- -、          \ ヽヽ   、__
                          `ヽ、___       l ヽ   `ヽ
                                `ー- 、
                                    `  ̄ ̄ ̄`丶、


            ┌─────────────────────────────┐
            │ 『彼ら』の多くは囮や殿(しんがり)など、                 ..│
            │ 『誰か』を生き延びさせるための盾となり、命を散らしたそうです    .│
            └─────────────────────────────┘

.

319 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:00 ID:AXJCao/M


       ヽ
         い、――――――――――――――――――――‐-、__     , --、                   
       l ̄∬                                  `゙`フ‐‐'   `、                 _/
       ',                                      ∠,..-‐'^`‐-‐'"ヽ__          _,.-‐"〃
        l                                         /^゙ンヾ、 `゙‐、       /  ,.ノ 
        l                                         } r'  l  r'`´    / ̄ ̄ ̄  
       /                                         { ∫  ´`l┘   i`‐‐'´      r'´
       ',                                          い′   く_,.-‐'"´        __く,
       ノ                                                          /´ ゚ ‘
       ゝ                                                            γ
       弋                                                    、∫/
         入                                                   ≦
          !                                                    彡
          ヽ、_                                                   _彡
           =`‐-、                                           r‐'´
               ',―‐-、                                      /
                ',   `'‐-、___┌─、                            /
                ', ∧         \   _               _,-‐‐-、 __   (
    ┌──────────┐             弋_/´ ヽ       / ̄`゙‐-‐く    `´ ヽ  ',
    │r‐-、_            │                  ヽ   /               }  {
    │   `',  /`‐-┐_,-‐  | ヽ                 ',  (                 ',   ',
    │   ∧/ N    |´    | ヽ                   `┘                 ヽ !
    │ ‐'´   ≧    |      .|  ヽ                   |                   `´
    │      `>、〈⌒゙'‐-、   .|   ヽ                l
    │ ・..,イ´  `     ヽ .|
    └──────────┘


              ┌───────────────────────────┐
              │ 第七次反攻作戦による戦果は凄まじいもので、          .│
              │ 『彼ら』を北米大陸の一部に押し込めることに成功しました   .│
              └───────────────────────────┘

.

320 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:14 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.

321 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:15 ID:zaijD602

ま、でも戦略的には間違っていないよな
かわいそうだからって躊躇して人類滅亡しました、じゃ意味ないし


323 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:38 ID:FHjmeMis

愛した人を守ろうとする。人道的には正しい認識。

だからこそ、えげつねぇ


324 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:00:45 ID:AXJCao/M


        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●
.   l        /    ──  |
   |      /      ──   |        その押し込まれた領域というのが、現在の王国領さ。
   l       /       ── └、
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /




        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐    幸い、この辺りはドールによる「汚染」が届いてなくてね、
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !     陛下の『御恩寵』もあって異人軍の撃退に成功したそうだ。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

.

325 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:01:56 ID:E90.p.6I

汚染か……


326 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:02:00 ID:fepAGWOg

でもここまできたら、『彼ら』は人類と大して違わないようにも見える…


327 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:02:32 ID:WKnYBrJM

ウィルスに近いようなもんだし、かかると種族が死ぬもんな


328 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:02:33 ID:AXJCao/M


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ       押し込まれたと言いますが、
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ      当時の貴族は
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、      異人軍を圧倒していたのでは?
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ




         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ
.     i  /   `- ●- ′ |     ああ、説明してなかったね。
      |  i   三 | 三  |
.      | |.   __|___.)     陛下が代替わりされると、
      ヽヽ /      /      それまでの『御恩寵』はリセットされるのさ。
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

.

330 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:03:46 ID:AXJCao/M


           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ      事実、先王の貴族である“妙手”やる蔵と、
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |     現陛下に生み出された僕らでは、
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /      リンカーなどに細々とした点に違いがあるんだよ。
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ





        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |     おそらく、強化の方向性を偏らせないために
   |  l     ─   |  ─  l     そうなっているんだろうね。
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

.

331 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:03:47 ID:5gZjq6zk

共存共生は不可能なんだろーか・・・


335 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:05:19 ID:AXJCao/M


     ____
   / ~~~\
  /  ~~~  \
/   -(◎)―(◎) \    で、王国領まで押し込まれた後はどうなったんじゃ?
|   ( ( (__人__)))  |
/     ∩ノ ⊃  /     ここまで叩かれては、ドールを受け入れる理由なぞ
(  \ / _ノ |  |      見つからんのじゃが……
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●     そうだね。
.   l        /    ──  |     当時の王国軍も同じことを考えたらしい。
   |      /      ──   |
   l       /       ── └、    ドールは信用できない、とね。
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ   まあ、第7次防衛戦以後しばらくは
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿   ドールが姿を見せることも、なかったみたいだけど。
     |               /

.

336 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:06:25 ID:AXJCao/M


               _,.-――-、___
            ,.-''":::::::::::::::::::´:::::::::::::`''ー- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ヽ::ヽ、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::`:::ヽ
         i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::!
     i    ,l::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::l::/::::;イ:::::l:!::::::::::::::::l
      l'、___ノ:::::::::::::::::::::::/::::::::::::i:::l:!:::/_ ゙;::ノl::/::::::::::::j
   __ゝ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::l:::{r;‐;㍍;!/:/::/;イ:;'
  (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::;:::::;::;:', ̄  !::/、/j/ ll
.   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::;::ヾヾ、  j/::ヽ'、 /        ただ王国軍の損害は、かなりのものだった。
  _ノ::::::::::::::::;::ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::;、゙、  , -;=‐;ニァ;-、_
 ̄::::::::::::;:-''´ ヽ、:::::::、:::::::::::::::::::、::、::::、ヾヽr'_ノ_,ノ/ , -‐'、      当時の王国には平民がいなかったため、
::::::::::::/      `ヽ、::ヽ:::::::::::`r-;'i"::::∨ `  `"´, -― ヽ_    人的損害がそのまま国家維持に響いた。
::::::/          `ヾ、;:::::::::::`ヾ `7´ ̄ ̄`ヽ,   ̄`ヽ ヽヽ
/      _,.      ヽ::::i::::::::::∨       ヽ  、 ∨  }
  ,.-ニ_ ´        l ゙l:::l:::::i:::::j        厂 ̄l゙-'  l
 ̄7  `丶、` ー      | ハ::l;::::i:::/        j   ヽ  !
  !      `ー- 、    lメ j/l:::;::/       //    ヽ {
  {           ̄`ヾ、`ヽ j;イ/       /´!      ヽヽ
  ヽ        ー- 、 }, /´/       / ヽl       } }




        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |     まあ、当時は『国家』というよりも『集団』だったからね。
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /     行政組織はおろか、軍隊すら存在してなかったんだ。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

.

340 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:07:13 ID:AXJCao/M


       ____
     /⌒Ξ`ー\        なるほど、の。
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \     個人で王国軍12連隊に匹敵する力を有しておるなら、
  |     |r┬-/ '    |     集団ではかえって動きにくいじゃろうな。
  \      `ー'´     /




リ .r: ;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i /:: ;;;;;: ::   :::: ::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.|:::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i::::::::::::::::::::::|\::::::::::\::::::::::::\::::::::::::::::::\
i:::::::i:::::::i::::::iフ=ゝ._::::::::ヾ:::::iヾ\''>_::::__::::::::
i::::::i ::::::i::::::y i""i\::::::\: ヽ\ir".r"了\
.i::::i: ::::: ::::ハ:ヽ_ヽノ_..r\ヽ-:\ヽイ, _ヽ_ノ _/       そして組織の形成を怠ったため、
..i:::i .::::. ::: :iヾ::i'iiiiiii'' ' i \i \i ヽ'iiiiiiiii''"
. i::i i:::::i :::: i. ヾi     i   \  \            代替わりした貴族たちは弱体化しているにも関わらず、
'~i:i .i::::i i::::::i  \   . i
i .ii  i::i ハ::::リ.     ..                    自分たちの間違いに気付かなかった、と。
i ..i  .i:i" i::::i:.      ヽ ⌒
H    i  ハ;;:|ヘ
. |ヽ ヽ |:∨| ヽ. i-- .._ ___        /:::       ……ドールに頼っている身としては、身につまされる話ですね。
ヾi.. ヽ イ. .i.   :ヽi '  ヽ.__ ~     /::::
yi i /  i  ハi\  :::i   i~    /::::

.

341 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:07:49 ID:AXJCao/M


         , ─── 、
     /   /⌒ ⌒ヽ \
    /  , -|  ・|・  |‐、ヽ
   / /   `ー ●ー    ヽ    その反省を生かし、
   l |   三   |  三  |    当時の陛下は貴族の下に
   | l \     |    / l    量産性を重視した存在――平民を作られた。
   ヽヽ   ヽ、 ____|___/ /_
    >━━━,-、━━━ ( _ )
   /  /  ヽフ ヽ   /




        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐    この平民を生産する装置は、王国各地に存在していてね。
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !     資源さえあれば、いくらでも量産することが可能なんだ。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

.

342 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:08:18 ID:g2v5WR2k

ほう、便利だな


343 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:08:18 ID:AXJCao/M


     ____
    / ⌒ΞΞ⌒ \
  ./(ー)―(◎)   \    そうして生まれた子どもは、
  /::(((_人_))):::::  |    近くの村で保護されるというわけか。
  |    ー       .|
  \          /



       _,,,...-――-,,.._     
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\   
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i  
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i    ま、そういうことだね。
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }  
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

.

344 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:08:20 ID:qTi2oQYM

こんだけ知能あんなら共存可能だと思うけどなあ…… もしくはこのまま一箇所に押し止めるっていうのも有りだと思うし


346 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:09:19 ID:zaijD602

>>344 知能があっても価値観が違いすぎるでしょ


345 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:08:59 ID:AXJCao/M


   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::j::::::|
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;|::::i::::::::::::::::::::::::}:::::::|
   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ l::::l::::::::::::::::::::::;':::::::::',
、_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _ ';:::i;:::::::::::::/:::/::::::::::::',
、_::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::/-rミ、ヽl::l|:::::::::::/:;イ:::::::::::::::;'
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::{ ``''、ヾl/l:::::::ノj/_j:::::::::::;:::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::',     j::::ノf;ヘ/::::::::::/l:::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヾ、    ク'´ l _ノ:::::::/ ,j:/      被支配層という存在ができたことで、
::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::;::ヽ      _, 7:、::::::',         貴族たちには管理能力が問われるようになってきた。
::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ;、:::::ヾ;:ヽ `;:‐-_ァ/::::::ト;::::l'
::::::::::::::::::::::::::::::lヽ、ヾ';:::::',ヽヽ `",ィ::::::::::::::}ヽ:|         そこから平民を管理するための「領地」と
:::::::::::::::::::::::::::::::',`''=ヽ::::', `ヾ ,イ ヽ:::::::::::::| トj          領地を守るための「軍隊」という概念が生まれた。
::;ィ::::::::::::::::::::::::::::\  `7;::'iァ;r':::ヽ ヽ::i::::::j
´{:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ/:::ムメ/::::::::::\.リl:::/ 
 l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾi/:::::::::::::::::ヽj/ 



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::. ::::. :::::::::::':;:::::::::. . ヽ
:::::: .:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::::: .:::::::::::l::::::::::::. . :',
:: . .:: .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::: .: .:::::: :::::::::!:::::::::::::::. :::',
..:: : ::::::::::::::: :::: ::: ::::::::::::::l:::::::::!:.:::.:::::::::.::::::::ト;::::::::::::::.::::::'、
:::::. :::::::::::::::: ::. :. ::::::::::::!:::::::::!:::::::::::::::::::::::l ヽ;:::::::::::::::::',
:::::::. :::::::::::::::::. :. :::. :::::::::::l::::::::ハ::::::::::::::::::::/r≦/::::::::::::::::::}
、::::::::..:::::::::::::::::..:::::..:::..::::::::ト、:::::! ヽ::::::::;:::::::lテ7ス::::::::::::::::::/
. ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::!‐ゝ;!='、:::::ト、::::', ̄ l::::::::::::::::::!
.  }::::::::::::::;!:::::::::::::::::::';:::::::!‐rtテシ‐'ヽ::l ヽト'、 !::::::::::::::::::!         国家形成の道程は思いの他
. ノ::::::::::::::{l:::::::::::::::::::::\:::ヾ ̄   `ヾ    ,l:;:::::::::::::::::!         早かったらしい。
''´:::::;:::::::::::゙';::::::::::::::::::::::::::`r、::'、        イl`ヽ:::::::::::l\   
:::::;:::::: :::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::ヽ``     _,.-/、ヽ_ ヽ:::::::', ヽ  
:::::;:::: :. ::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    ‐'´ -,'   ̄'、  ヽ::;:'、  \
:::::::;::::. :::::::::::::::;:::::::::::::.::::::::::::::::::',      !     \ ';l';!   
:::::::`;、::.. :::::::::::::l丶、:::::::::、:::::::::::::::`f‐r―‐r''`ヽ     `ヾ、'  
:::::::::! ヽ:::..::::::::::!  `ー::_`_''ー、::::゙ヾ、 |   \     ヽ  /
::::::::l   ヽ:::::::::::l`''ー-,,.._   ̄` `7´ヾ',/     ',      ', lノ
::::::::!    \::::::'、     `''-- '-- _      ヽ     l 

.

347 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:09:26 ID:AXJCao/M


           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ     しかし、ここでひとつの問題が浮かび上がった。
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |     軍事力に関する問題だ。
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ




        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●
.   l        /    ──  |      さっきも言ったように、陛下が世代交代されるごとに
   |      /      ──   |      『御恩寵』がリセットされる。
   l       /       ── └、
    !     i      ______ ノ     数年だけど、
    ヽ   |   /    //⌒ヽ     僕らが弱体化してしまう時期が生まれるんだ。
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /

.

348 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:09:58 ID:AXJCao/M


          ____
         /-、 -、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ     異人軍のような強力な存在が攻めてくるのならば、
     l  三  |   三     ヽ   l     何の問題も無い。
    (___|___    |   l
     ヽ l    __ `ヽ  !   /     数名の犠牲は出るが、『御恩寵』を賜れば簡単にクリアできる。
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )




        ,  ────- 、
      /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
     /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
    /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
   l    /  ──   |   ─  |     問題は、平民が起こす反乱をどう捌くか、だ。
   |  /   ──   |   ─  |
   |  l    ──   |   ─   l
    l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /
    ヽ ヽ   (_____ノ /
      >━━━━━ O━━─( _ )
     /   /       ヽ  /

.

350 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:11:09 ID:AXJCao/M


       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i    平民と貴族の間には、生物学的な越えがたい隔絶がある。
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i     なにをどうしたところで、
    i::i、       、_,)    /     彼らは僕たちには勝てない。 単体同士ならば、ね。
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i



        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i      
    /        /    ヽ__ ●     しかし、無力な平民でも何百、何千と数で押されると
.   l        /    ──  |
   |      /      ──   |      さすがに分が悪い。
   l       /       ── └、
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /

.


352 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:12:09 ID:AXJCao/M


        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     これに対し、陛下が『御恩寵』として下賜されたのは、
   l   /   二   |  二  |     「戦術」という概念だった。
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /     正直、それ以上の対策は採りようがなかった。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ




           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ     なにせ平民も貴族も、陛下が創造された存在だ。
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |     まったく未知の存在というわけではないし、
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !     それどころか、充分すぎるほどの力の差がある。
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/      対策の施しようが無いんだよ。
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ

.

353 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:12:41 ID:AXJCao/M


         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ
.     i  /   `- ●- ′ |    王国に再びドールが現れたのは、
      |  i   三 | 三  |    ちょうどそんなときだったらしい。
.      | |.   __|___.)
      ヽヽ /      /
       ━━━━o━━
       /  /    \ |

.

354 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:13:00 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.

355 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:13:42 ID:AXJCao/M


                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了      第七次反攻作戦以後、
                    / \     ′  _ _r┘      我々にはひとつの問題が浮上しました。
               _ イ \  `ー‐x\  r'
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |
       l /   ヽ                |()     ,′|




                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |      『彼ら』に新しい種が現れ、
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'       なおかつ高度に組織化された「軍隊」を
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、        構築しているという事実です。
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ

.

356 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:14:45 ID:AXJCao/M


          _,,,,;;;;;;iillllll||||||||llllii;;,,,,,
        -`'!|||||||||||||||ll!'''' ''''''!!||li!,
        '''ニ!i|||||l!!!|||! --、   |
         -=l|||'つ ''   r.u`' 〈
           '||l,,ミ',     、 ァ'                       これは大きな脅威です。
            '|''’ヽ    -‐-/           /  、_
           ノ、_  ` 、_.  /             /    ` - 、__,  -   しかし、『彼ら』は『彼女たち』を
        __, -;;〈  ` -、__ l´            /          /´    受け入れないでしょう。
  _,,,;=;;;;;;;;;;;;';;;;;l;;;;;;;;:ヽ    ア,,ケ、_    i~ l、   ノ          /
./;;;;;;;;;;;;:::`::、::::::|、_:::::_,入、_ /:::::|l,:::l::、_  ,-|; |) /         ノ      いま、生き残っている『彼ら』は
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::l;;;;:::::::>:::::::ヽ`Y〉:::l`l;;_;〉;,ノ`ノ、. | l /       , /       『彼女たち』と手を取り合った同胞が
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::、::::::::`::、_::::::::::、_ |::::V;:o/ , ' ;ノ,//    ,-、__ / /        どうなったかよく知っているでしょうから。
.`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ:::::::::::`:、::::::\|::::::l_/_    ''/     -=_, `y'
 '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;:::::::::::::::`、:::::>´;;;;;`:ヾ、、_,ィ イ` -- 、__,-'フ'ヽ 丶
  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::`_、;;;;;::_,::-':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y、:l::::i    ノ-; `、 ,-'
   `、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,;;-:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::|::;l;;;;::|  ,ro(ニ -、,_)
    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,::-''´::/;;;::::、/l'(  `  ノ
       ト、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::,;;-';;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;_,/;;;、=-- 'l'ノ




            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)      この点に関しては、軍も同じ考えでした。
            'レ' ゙、.   -―-|
               人. ` 、   /        しかし、“国王”とのリンクを切断する以外に
            _,/(  `' 、 _゙T          有効な手段が無いのも事実です。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!

.

357 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:15:15 ID:AXJCao/M


               、‘li;,, `||i;;;|li;;.,,'i;
               `''l,!l|||li;||||||||||i;;|||i;,
               ''i;,!!|l||||||||||||||||||||||li;,.
                '||ll!''!||||''''|!'i||||||||||||i;;
                 /|σ'.!''' _ `´`!||||||<
              _,/'-'〉'    ヽ   /''       そしてそんな思惑とは別に、
             /l`ヽ、.i    `''`'’;-'
       ____,,,,,;;;<;;;;;;;ヽ  ヽ  、. ___,.../          僕自身は『彼ら』との戦争を避けたいと
   ,;;;;'::-::::、:;;;:::::::::::l::::::::::::i_  `、.....ィ´、_           考えるようになっていました。
   /;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::-::、_::'::::ト 、_ l::::::,!_:::、::::、___
  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;::::::l::::::::::::::<:::::::::::ヽ`'`l::::、i:`<_:::::::i:ヽ
  |;;;;;;;;;;;;:;:;:;:::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::、 |:::::'|:::゚::〉:::::::l:::i
,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::ヽ::::::l::::ノ::::::::::l:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::、:::|::/::::::::::::l::::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::y:/::-―:::、i::::|





       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;
          ̄||δ'   lii!i`γ'
          |l;=,     , 」        そこで僕は一計を案じ、軍に意見書を提出しました。
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/

.

358 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:15:43 ID:AXJCao/M


           ,,;;ニ''||lllllliiii;;;;;,,,,,_
           -''iii||||||||||||||||||||llli;;,,,_
           `'''iil||||!!l|||(''''i"'7''l||||<
             '||'δ|!' -_、  ´ノ
             lll〉キ   !iil!`' ノ
            _/  !   、_ 、 _,l        その提案とは、
         _,,,,;;;;;( ` 、_` 、  `メ         『彼女たち』に武装を施すというものです。
   ,,;';;;::::、::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;ヽ  ` 、ニトく
_,,,,;;';;;;;;;;;;;;;:::、::::::::::'::、;;;;;;;`>  /::::〉;ヽ、__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l::::::::::::::, -'  `:、`'':::l''トミ〉::::`、:ヽ
;;;;;;;;::::::;;;;;;;;::::::|::::::::::::`::、_:::::::::::、l::::l )::o〉::::::、::`、_
;;;;;;;;;;::::::::::::::::;ノ;;;;;::::::::::::::::::-、:::::ヽ::::y:::l::::::::::l;;;;::::;;、_
;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::`::_::::、:::|:/::::::::::::l;;;;;;;;::::`,_
;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、V/::::::::::::;;|;;;;;;;;::::::::ヽ
;;;;;;;;Z''''''''イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;YO;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;__:::::::ヽ
;;;;;;;;;;;;;、 `''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;l;;;;;|`;;;;;メ;;;::::::::::::l
;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;l 〉;;;;;;;;;;;;:::::::::)
;;;;;;;;;;::::::::::`:、 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;;;;l;;;;;;Y;;;;;:::::::::::;;;;;;ノ

.

360 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:16:01 ID:AXJCao/M





                         _________
                …… … ────────────── … ……
      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・




.

361 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:16:21 ID:wLQy4gIQ

国王ってどうやって生まれるんだろ。王族同士の結婚なのか
王族として生まれた者の中から選ばれるのか・・・・
とりあえず王国に対しての管理アカウントをもってることはわかった。


362 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:16:55 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ     国境に現れたのは、武装を施されたドール。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_    つまり、現行のものと同じタイプのドールがいた。
    |  / \./     |  ー-./ !
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !




           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ       無論、危険な存在ということで殲滅にかかったんだけど、
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l     いつかと同じで彼女たちはまったくの無抵抗だった。
 .     |  l   ─   |   ─    l  |
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !     ただ……
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ

.


364 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:17:54 ID:AXJCao/M


┌────────────────────────┐
│ その場にいた貴族の一人が、               ...│
│ 藁束のように殺されるドールに同情したみたいでね    .│
└────────────────────────┘


             / .   /´        :./:::: . : : : : : : : : : :::ヽ: \   /
           / : : : /: : . . .      /::      : : : : : : ::::::l  ヽ /
        /: : : :/ : : : : : : : : : . . . ./:: . .           :. ::::::l   ∨ /
          /: : : :/ : : : : : : : : : : : : /: : : : : : ,:イ: : : : . . . .  ::ヽ::::| :.  ::|/::
        /: : : :/ : : : : : : : : : : : : / : :/: //  }: : : : : :.:|: : : ::::::Ⅵ ::. : ::|::::
      /: : : :/: : : .: : : : : : : : : :/:: ./ : ://   //: : : :/ :|: : : ::::::::|:! ::::. .::!:::
.      /: : : :/ : : .:::| : : .:.. :一 7: 7¨¨77==/ー: : :/: .::l!: : :.::::::::リ.:::::::::::|::/
     /:/ : :/ :.::::/:|: : : ::. : : : |:.:/ : // ヽ /.l: :/ : l; :ト、i| : :.:::::::/ .:::::::::::l/:.
   /:/: : :/ .:/::: :|. : 、:::. ‐气ミ、:// _  V :l: :! : :l : .:::7ト、:::::/ .::::::::/:.:.:
.  // : : /イ .::::::: : ∧: : :lヽ:.. :|: `7テ=ミ. l: .:! :l: : :l : :::/ |: :\': .::::/:.:.:.:.:.:
  //: : : :   .:::::::i:  : :ヘ: ::l::∧:.|` '┘    ! ::l :l: .:、:、_::/ | .::/: .:/:.:.:.:::::.:.:.:
. //: :  /  .::/::::|:.  :::::\:| {ト|      └-L:!__「ミzz三ム:/_/:.:.:.:.::::::::.:.:.:.
//   / .:::/::::::∧:. .  ::::::::| |!        ,   _二 ┴'=ァ':|:.:.:.:.:.:::::::::::.:.:.:.
'′.. :/ .:::::/_:/_ノV:.. . ::::::| l{   ヽ- . _  / , イ´/:.:.:|:.:.:::::::::::::::::.:.:.:.
. : : /.:::/´      `V:.. : : :::トlj、   ` ー ´/ /  ,./:.:.:.:.:.:ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.
: : /:/        \::.. : :マ=ミ 、___./ /  //:.:.:.:.:.:.:.:::::\::::::::.:.:.:.:.
:.://           l\::.. \ノ′   /    //:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::\:.:.:.:.:.
/:.{              |:::::\::..:\  |/    ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::.:.:.ヽ:.:.:


                     ┌──────────────────────────┐
                     │ ドールの一体を保護して、自分の屋敷に連れ帰ったんだ  ...│
                     └──────────────────────────┘

.

365 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:18:21 ID:AXJCao/M


┌─────────────────────────┐
│ さすがに重大な命令違反という自覚はあったんだろうね   │
└─────────────────────────┘


/ // ////:.:.:.::.:.:.:.イ:.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.ヽ
 / /// .イ:.:.:.::__/// /:.:.:.:.:.}!:.:|:.:.:.:.:.ト::.:l
'  ´ ´/ ,.く::..:..::/::/`/ヽ./::.:.:::.:ム-|::.:::.:.:| ヽ!
ー‐- 、 / /::::.:::/::/≡≡/::.::イ:/ ≡ |::|!::.:.|   _人_
 /   {./|:イ:::/l/   /:/ j/   l!:l |::.:!   `Y´
ノ  ,. くヽj |/     7′   |   ∧ハ::l
´ ̄  ヽ:.廴..、         ′ .ハ  |′
     l:ト::::| }    rー- . _   ′                            __          ,. ---- 、
     | V| ヽ    ヽ ´ ̄ V /                         .. ァ: ¨:,∠:_:}  ,..、     く  ,. --- 、 \
       l|   \   ` ー‐′/                       ,. ´ (: /::: : : :`: く::::l:\    `´    \ \
         !    \       /         ,. ―― 、      /:⌒\ /\ : : : : : : : :::`l: : ヽ            }  }
-- 、__ ノ       ` ┬― ′       . /  __  ヽ     / : : : : : / \ ィヽ :_:, : : .::| : : :ヽ    /` ー‐ '  ノ
                          |  /    ヽ. l    / : : : : : : :/: : / /` :7 -/| 二 :|ー―‐ヘ   く__/`¨¨¨¨´
                          |  {    } ノ  / .....:: :.: : :/_:-/孑' / 、/ !: 十:ト---..、i i⌒ヽ
                          ヽ/   く  \ ム ‐ヘ::..:ト:. :|77ぅォミ_/ //`ト|:_: |:|: : : : : ! ー '
                                 \ > - 、ハ:{:入|{:{z:/    ̄`テぅト、:Ⅳ: : : : : : |
                                   {  ,l l : Y xx`¨′    {:{_n/`/: :.: : :..: : :|
                                   `¨¨ ト、人        xx`¨ ノ_.ノ.::.,.ィ::. |
                                      |ヽ\\ ___,       ̄ 厶イ.::∧: /
                                      l : \:.|/ ーく ___ .... </__: .:.:/:::.V|
                                       、: : ,⊥.  /ノ|ニ,ン′ ./-‐.:/:::: : l:|
                                        |V=7!i.`Y三!ブミ、/: .:/ 〉:::::: :|.|
                                        |/‐'└ミ/'`Y¨Yン: ,.ィ´/ |.::::: : |.|


                       ┌────────────────────────────┐
                       │ その一人と一体は、人目を避けるようにして暮らしていたらしい   │
                       └────────────────────────────┘

.

366 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:19:05 ID:AXJCao/M


        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●
.   l        /    ──  |       転機が訪れたのは、一緒に暮らすようになってしばらく経ったある日、
   |      /      ──   |      
   l       /       ── └、      その貴族の領地で反乱が発生した時のことだ。
    !     i      ______ ノ
    ヽ   |   /    //⌒ヽ
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /



           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ     反乱鎮圧のため出陣命令が下った彼を、
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l
 .     |  l   ─   |   ─    l  |     ドールがこっそり尾行した。
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く
     \    /   ヽフ   \   ヽ

.


367 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:19:30 ID:AXJCao/M


   ト、   _≧:::::::::::\.     /:::::::::::::::ハ:::::::/ / \:::::::::::∧:::::::::::::::::::::::}
   ゝ>‐ ,⌒ヽ ヽ:::::::::\   /::::::::::::/ }:::::/_∠   ',::::::/ }::::::::::::::::::::::::',
  〃   f r::::}  ヘ::::::::::ヾ//:::::::::/__,,....i:::/::::::::::ヾ\ }:::/   i:::::::::::::::::::::::::i
  《   ∧_ノ:::/  〉 ー ' /::::::/iY::::::::::i:/:::::,,..-―ヾ .レ'   |:::::::::::::::∧::::{
     .〈:::::::::/        /:::/  li_,,...- '' <         i::::::::::::∨ ヘ:i
    、,_ヽ-≠ ノ    //  / /⌒ハ  ヾ           /::::::::::∨   リ
 ―-- _       /  _   ハ.__ノ::i   L ,     /::::::::::::∨   |
  ./     、         =i:} {::::::::::/   「    /i:::::::::∧∨
 /       `゛`''‐- 、     〃 ヾー'  .ノ     /  i:::::::/  }7
 ト _          ー  ='  ー―二   /い /:::::/   /
 「//  ―--        `゛`''‐- 、   ヽヽ 〈 ノ  ./:::::/
 i// ///   `゛`''‐- 、     /       ',   イ:::::/
 L_//_,,.._ ///    ー-- 7    U      し i::::/     ┌────────────────────┐
 ∨       `'‐ 、―‐-..,// /           ',  |:/.     │ 彼女が目にしたのは、              ..│
  ヽ- .,___         ∨          ノ  イ.      │ 戦場で孤立し、反乱軍に囲まれる貴族の姿   │
 \       ̄ ̄`゛ ‐-.., /       ,. ‐ イ          └────────────────────┘
     ー- ,    ニニ二      ,.  ‐ィ≦
     \\:: ̄..‐- _ ァ::::´:::::::::/
     \\\::::::::::::::/::/i::/i:::/
        \\::::::/く  j/  j/
           \L_}
          に ̄  |

.

368 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:19:49 ID:k.sXnGXU

ふむふむ


369 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:19:59 ID:AXJCao/M


┌───────────────────────────────┐
│ 次の瞬間、ドールは危うい自分の立場も忘れ、敵陣に斬り込み──    .│
└───────────────────────────────┘


                                .. -―- .、
                              rー ´      ` ー‐- 、         r‐ァ
                 .イ          ノ`竺>ミー 、__     ∧        ノ´    |ヽ
      ,-‐ァ        / ,/          / ィz/::::::::::\\ミz、  爻ハ             ヽリ
     {{ /       /  {{     rz=― 《ぐ/::::::::::/  `ヾミz.>z、 ハ
      ヾ       /    》    `ー==ミ∨ :::::/ ,イ′    `\ミヽ  \
            {    {{  __. --__zzzZ/. .::::// //  / /| :|  Ⅵ   }
            `ー‐zヵノ彡‐ ¨ ̄    厶ィⅣV 77_、j/ /_.L斗   Ⅵ、 /`ヽ、            __ ノ{
  /\        |`ヽ / <く       _..//.:|∧トz《{_ト孔__「7i}〉   ∨ミーzzz、\            /´   / }
  'vr,.=_ー 、   .廴{ `>ー-`二ニニ壬<フ′. イ/ヘi|小::. ̄.j  `ブ-ケィト、|: V三三ミ、\         {   / ノ
   ソ/, -一` ー―-------<._ミマア/ /. /斗匕杉:::::::.‐- / 〃 .:小::. :: ∨三三三ミ.\      廴_//
   `{_{ rzz‐く               ハ ∨ / / :/Ⅵトミ三彡.>z/. ´.::::/厶::::..  ∨ミ三三三ミ.ヽ
     と^マZz.`く  ̄ >z- ...__/ リ/ /.:/ 仆\zⅥ7>テ////..::::/´ ̄ヽ:::.\ \z、`マ三ツ′
       ̄>、zッ^>彡'´ ,イィ彡/ // /::/./ } Ⅵトト/´ /_ム/´...//′   ∧  丶z_.`:<.._
        くく ` く \ _笏斗彡'´|/:/{.:{./ /jⅣ   / /.:/r彡≦     .∧ \  ミ _:::`:::ー- ._
       ノノ /_ z\. \‐ ´    .| {/ ヘ{ィ彡三{. / /.//ムァ'  ̄>、ーz、ミ∧  \ー 、...`¨ ー=―-二::_ー-....._
    /´ / _ -‐ ¨ 丶. \    Ⅵ _z刋杉ミ}`ヽ./.// ,ム-‐<¨ヽ. ヘ `マミ、\  \ \:::..   `ヽ、   ̄`ヽヽ
     / /´       \ \ __z爻7}州杉ィ厂Y,ィ/:/{ト}/ ,ァ'´⌒Ⅵ  { ,小 `マz、\::...ヽ. \:::...    \  __}ノ
    //      __.z==,ヘ、`マ //州杉{〈、 |V:/ ミ.Ⅳ//     }!.|! トトli∧  ``=ミーー== ¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ミヽ、
  /      ,ィ≦三=沙' ,ィ彡ヘ、`マ三彡}ヽ\{:{ .Ⅳ/l/    小 | |._丶N、      `>z ._          ヾヽ.
  /     /´       ./斗‐}州zヘ/ `'マーくヽ廴 ,//l/    ,ム州 | ト、`ミzN、 ミヽ、      - _        ヽ{
 .′  /       _,ィ才´  ムzく   `マZz`>´ ̄`くノ′   厶I利 } 人、  {ヽN、  ` `ミ.ー- .__    \        \
 !       _,ィマ/′ ,ィ利州小` ,} ノ `'ミ} / ,ィ ヽ   イ /z彡'/\:::...... ヽヾN、     ̄`¨ ミー_.__ ___          ヽ
 |    ,ィ≦三三シ   ,修杉州リツ ,/ l\ ヽ.{ / ノ _}/厶イz/    `ー―- ミ.`\      _..zz三ZZzミヽ、      ∧
 |   /´ ̄ ̄ マZzzz /刋杉沙'´ iイ′ ! }\ `^ァく./z`マ彡'/ハ          \: \z、___ィ彡ル三三z沙^ヾミヽ.     }
 ヽ/        `マz/利杉≦z.、 l{  |   >'´_.. - `マZz`く  |            ヽ }\ミ三/´  , イ  _.ィZZZZア  /
               /杉シ′ `ヾ.ミ、 |   | / /´   ,ィ/ _,`.マZ.ヘl.          _ノノ   ̄ ,. イ´ _.z≦三三三/_ノ

.

370 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:20:14 ID:AXJCao/M


         ,ィ彡’: : : :/ : : ` "ぐヾ:、
        ,.イ".: : : .:/" : : ,: : : : : :ヾ; ヘ
      _/ィ.: : : : .;イ彡_//ィ,ァ,: : : : .:i}: :‘,
     _フ"_.: : .: .:/彡ハノリ卞、'/ /.', ,ィ :i.: : :i
    `7 /入 ィ: トイィ云弍ミ///,イム、i;'.: : :l
      / /;∧ハ|: i |ゞxz/メイ/ム=ミ川.' : : }
.   /// 入:.:.: :Ⅳ   `く/fxツ〉リ’: :ィ i
   〃/ ;イ ,:ハ:.:.: :ヾ.   _  ,   `ィノ,ィ イ /
. //_;ノ // /ト、:..:丶  `  z彡イイ´l/
':/イ rく/:′:/.:,’ヾ:、_.:ヾーャ<氏"〃            ┌───────────────────┐
〃 ir-}-ト:、_/f/  ' ⌒ヾ.:`辷7 /゙y’,ィ)             │ 反乱軍の一部隊を撃滅してみせたらしい  │
. /:ヽ l ノ } ゞ!      i:、.:ミ{イノ`)/.             └───────────────────┘
": :/ 丶   ヾ、:      l `ヾ、ミ≦ァ
:イ: : : : \    ゙}i      レ ,:-=≦ヾ:、
.: .: : : ;.:イ ヽ  ∨    .!ィ≦==キ' ¨\
: : .://,ィ:.圦  ‘,   |三.-―≠==})
:/://:l:l:l:lト:、   ':.    |____...-‐ァ-/ンヽ
:/: :/:l:l:l:l:l:l:ハ    .   |-一=ニ¨フ彡'::人
: /:l:l:l:l:l:l:lト;ヘ     ヽ  !ァ≡≧彡7ス=ァ> ヽ
:./:l:l:l:l:l:l:l:l:入:ヾ`:、___>イ彡'∠彡イ"三:.1  !
〈l:l:l:l:l:l:l:l:/::::゙ミ:、`ー-彡ィ::::::":::;イ:l:l:l:l:l:l:l:I:|  ト、

.

371 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:20:17 ID:fepAGWOg

愛だ


372 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:21:06 ID:AXJCao/M


        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ     ──まあ、多少の誇張はされていると思うけどね。
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_    件の貴族も
    |  / \./     |  ー-./ !     充分な強さを持っていたと思う。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !



        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ     なにはともあれ、
   l   /   二   |  二  |    このときの活躍によりドールに
   |  l     ─   |  ─  l    「兵器としての可能性」があることが判明した。
    l  |        |   ) /
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

.

373 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:22:12 ID:AXJCao/M


       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i    これは平民の反乱という
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }    新たな難問を解決する、とても有効な手段だ。
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i




        , -───  、
      /          -ヽ
     /          , ─|  ・i
    /        /    ヽ__ ●
.   l        /    ──  |      が、ドールに対し不信感を持つ貴族は思いの他、多かった。
   |      /      ──   |
   l       /       ── └、     「また陛下とのリンク接続を遮断するつもりではないのか?」
    !     i      ______ ノ     「異人軍の兵器をこちらに向けるのではないか?」ってね。
    ヽ   |   /    //⌒ヽ
     |━━━━━━━━/ヽ、_丿
     |               /

.

374 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:22:46 ID:AXJCao/M


┌────────────────────────┐
│ そうした疑念を解消すべく、彼女が選んだのが――   │
└────────────────────────┘

                            , -‐ァ、 /、ー .
                          .∠:./´ ̄ ̄:\:> 、
                         /  /  ̄   ̄  ̄ ヽ  \
                        /--..//-/イ----..ト..┬:ヽ ̄:ヽ
                  .      /: : : :i_l_./L.L|: :|.-!l-l:┼ヽ!: : : ヽ
                      /: : : : |:.|..|.l |:.l: :l: :|| l :| : l!: : : : :l
                      ,′: : : :l_lォ‐テiV: :l: :l〒ォ‐ォ_} : : : : :l
                      レヘ ト.ヽ辷グ  ̄ ̄´辷グ/:..イ: :/、|
                        ト|:.:.「 ''''''       ''''''/イ:.:}イ: :|
                        ト,、人          |_,:.:| :|
                  .        トィi:.:.|:`>┬――ァ<´:!_.ィ/: :|
                         l : :.:|´   !―/   `.| :/_| : :|
                         ヽ : !_.. -,ニVニ.ー- .._j:/ {! :. !
                          ト、!イ  ヽ_:/´` ー,- / i、〈|: : |
                         l |/ ̄`/:.:.l´ ̄`{   |! i|:.:. :|
                         / `|  /:.:.:.|    l   |! lヽ:. :|
                        〈ー-.!   !:.:.:.:.|    |_.. ┘ト、〉 :|


                  ┌────────────────────────────────┐
                  │ 自我の放棄。 兵器としてマスターの命令に絶対服従するという道だった   │
                  └────────────────────────────────┘

.

375 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:22:47 ID:fepAGWOg

だから自我を、か


376 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:23:20 ID:AXJCao/M


      ____
    /_ノΞ ヽ_\
   / (◎)―(◎) \     そこまでして、マスターと共にあることを望むか。
 / ::::::(((__人__))):::::\
 |      ~~~      |    壮絶じゃの……
 \             /




       _,,,...-――-,,.._
      /::::::::::;' "Y'"ヽ_;;::\
    /::::::,. -‐i  ・l・_,ノ _,ヽ::i      壮絶?
   ,|::::/ー-  ` "●  _,,_`i
   |:::|-‐     |_,-、 、_  }      僕は、こちらに取り入るための演技だと思うけどね。
   |:::i,,,-'"       _,ノ  ` i
    i::i、       、_,)    /       あれが異人軍の兵器ってこと、忘れてない?
     ヾ >、_____,,,ィ.
     ,i :::: ̄ ̄,=(t)‐、'':::::i

.

377 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:23:34 ID:k.sXnGXU

自ら放棄したのか……


378 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:23:54 ID:qTi2oQYM

ドラはクールじゃねぇ


379 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:24:00 ID:5gZjq6zk

ドラは徹底的にリアリストだなぁ


380 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:24:29 ID:AXJCao/M


            /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
         /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
           /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
         ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
         /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、     しかし、自我を放棄しようと
       /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
            i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ     ドールとリンク接続してしまっては、
          'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
          'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、     意味が無いのでは?
              ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
            ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                 リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                     ``ヽ、 //  〃         ヽ




           ,  ────  、
       /    / ⌒ヽ ⌒ヽ   \
      /    , -|   ・|・  |- 、  ヽ       キミの言うとおりだよ。
       /  /   `ー ●ー ´  \ ヽ
      l  /   ─    |   ─   ヽ  l      ただ、第7次防衛戦以後は異人軍が
 .     |  l   ─   |   ─    l  |      めっきり大人しくなってね。
   , ─ 、l     ─    |   ─    |  !
   l    l     , ─┴─ 、      l /      それに合わせて、王国軍の戦闘教義も
   ヽ、__ ノヽ  /        \   l/       異人軍に備えたものから、
     ヽ   ヽ━━━,-、━━━━く       効果的な反乱制圧へとシフトしていったんだ。
     \    /   ヽフ   \   ヽ

.

381 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:24:49 ID:Cfc1HzI6

ここまで現実的なドラがかつて居ただろうか…


382 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:24:52 ID:MyYb4E2Y

結果として今の窮状があるんだからドラの気持ちも分かる


383 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:25:21 ID:AXJCao/M


         ___
      /   - 、 -、\
      /   , -|  ・|・ |-ヽ
.     i  /   `- ●- ′ |
      |  i   三 | 三  |    それはともかく……
.      | |.   __|___.)
      ヽヽ /      /
       ━━━━o━━
       /  /    \ |



        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |   これ以後、再びドールが王国を闊歩することになった。
   |  l     ─   |  ─  l
    l  |        |   ) /    ……憎たらしいことに、ね。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ

.

387 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:26:40 ID:AXJCao/M


       ____
    / ~~~\
   /   ~~~ \
 /    (◎)─(◎) \     しかし、不思議じゃの……
 |   ( ( (__人__) ) ). |
 \      ` ⌒´   /     造兵廠の技術総監が、なぜそこまでドールを嫌う?
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     いや、本当にドールが憎いと考えておるなら、
    |  \/゙(__)\,|  i |    いくらでも手の打ちようがあろうに。
    >   ヽ. ハ  |   ||



        , --───-  、
      /    / ⌒ヽ./⌒ヽ\
     /   , -{  / ハヽ  } 、 ヽ
    /  /  ゝ _ ノ, ‐ヽ-'  \ヽ
    / ‐┼──-   ゝ ノ  - ‐一!|‐     実に忌々しいことだけど、
    |   l.、, -一    |  ー─- lL_
    |  / \./     |  ー-./ !      これらの事実を知ったのは、ここ10年ほどのことなんだ。
    、 ' l. /\_   | _/ /\
    ヽ  X        ̄ ̄   /
     /、二二二二二二二二 く
    /      /  ( 〒)\ ヽ
    !  /  /         }   !

.

390 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:27:44 ID:AXJCao/M


                                     /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::
                                    │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
                                    /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                   /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
                                  │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
                                  │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::
                                  丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
                                     /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
                                    ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
                                   ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
                                       ||:::::ゝ                ∧|/
                     ここ10年……?         │入...___             /
                                        丶  \─ゝ          /   /
                                         |   |,           /| //
                                        /  |        ....////
                                       /= --┴-、    ...:::::::: /  /
                                     /       \<\:::::::/ /      ノ
                                    /   , ----= 、 \// /      //
                                   / >           /  /      /




          ______
        / / ̄ヽ ̄ヽ\
       / _|  / |ヽ |_\
      /  /  `ー ● -   ヽ      第7次防衛戦以降のドールは、
      | / , 二   |   二、ヽ      武装を施してあるという以外に、
      | | | ─    |   ─ ||
      ヽヽ .\    |    //      もう一つ、特徴があってね。
       \ヽ `'ー─┴─‐''" /
        (二二二(〒)二二)
        /  /     \|ヽ

.


392 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:29:11 ID:AXJCao/M


        ,  ───  、
     /   /⌒ヽ⌒ヽ\
    /     , ┤  ‘|‘  |、 ヽ
.   /   /  `ー ●ー´  ヽ
   l   /   二   |  二  |     彼女たちは
   |  l     ─   |  ─  |
    l  |        |   ) /     異人軍のメッセンジャーとしての役割を担っていたのさ。
    ヽヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ /
     〉━━,-、━━━━く
     / / ヽフ    \.   ヽ




         ____
       / ~~~\
      /  ~~~  \
    /   -(◎)―(◎) \    メッセンジャーということは、
    |   ( ( (__人__)))   |    なにか伝えたいことがあるということじゃな。
     \     ` ⌒´   ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      その内容を聞いても構わんかの?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

.

393 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:30:40 ID:AXJCao/M


          ____
         /-、 -、   `\
      / |  ・|・  |- 、   ヽ
     // `ー●ー ′ \   ヽ    いいけど、
     l  三  |   三     ヽ   l
    (___|___    |   l    異人たちの歴史や、価値観、
     ヽ l    __ `ヽ  !   /     文学作品や音楽……
     _ ヽ ヽ__(___)ノ /  /
   ( __)ー━━O━━━━━く      詰まっていたのは、よく分からないモノばかりだよ?
     \ |/ ____ ヽ /⌒i )



        ______
      /    / ⌒ヽ ⌒ヽヽ
     /     , ┤ /・|・\ |、 \
    /   /   ` ー ● ー ′\ヽ     全部ハズレなら、無視を決め込むんだけど、
   l    /  ──  |  ──  ヽ
   |  /    ──  |  ──  |     ときどき土木や工業など有用な知識を
   l  |    ──  |  ー─  l     持っていることがあるから、
    l   |        |        /
    ヽ ヽ   / ̄ ̄ ̄\   /      全てに目を通さなくちゃいけない。
     >━━━━━O━━━く
    /    /      ヽ  ヽ

.

394 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:31:21 ID:fepAGWOg

異文化コミュニケーションだー


395 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:32:05 ID:g2v5WR2k

なるほど、同化して共存しようというわけか


396 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:32:10 ID:SwM4zIcM

なかなかエグい教化作戦だな


397 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:32:12 ID:m3YtKWzU

鉄コミュニケーションか…


398 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:32:22 ID:FHjmeMis

生存するためとはいえ、人類も彼らもえげつねぇ。


399 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:32:28 ID:E90.p.6I

ヤックデカルチャー作戦か


400 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:33:11 ID:wLQy4gIQ

音楽すら通じないなら共存は無理、かなあ・・・


401 名前: ◆tkykoDx7DU[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:33:53 ID:AXJCao/M


で、唐突ですが、ここでネタ切れなんよ。

デュランダルの計画や
きらきーの末路はまた次回、2/20(土) 8:00からやるんよ。


402 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:34:23 ID:sZYzfs8k

文化系はともかく、工業系の知識や技術を与えるのは危なくない?


404 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:34:37 ID:Cfc1HzI6

な・・・なんだってー!?

しかし、待ったかいがあった
面白かったですぞ、乙


405 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:34:41 ID:SwM4zIcM

乙なんよ


406 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:34:46 ID:FHjmeMis

な、なんだってー!?
乙です!

ちなみに、それは午前でしょうか?


407 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:34:50 ID:E90.p.6I

ここでえええええええええええええええ!?

乙なんよ


408 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:09 ID:sZYzfs8k

乙一

焦らすのが上手いんよ。


409 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:09 ID:mIkZbVQQ

>>400
音楽と認識してるなら大丈夫じゃね?
はずれってのは、あくまでドラの認識だし。


410 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:21 ID:ualSeDlU

乙!
続きが気になる展開w
ところで8:00ってAMだよね?


411 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:48 ID:iBqVtg5M

>>402
そうしないとドラは見ないだろ?


412 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:55 ID:23sPgltw

乙でした
確かに、やる夫は異分子で、革命者なのかも知れないなあ


413 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/02/19(金) 22:35:59 ID:5gZjq6zk




なんか色々ショッキングな回だったなぁ
今までどおりやる夫たちがんばれって諸手をあげて応援できなくなっちまった



関連記事

コメントの投稿

9388 (´∀`) 2010-02-21 18:32
うおおおお
面白い面白いぞおおおお!!乙!

9389 (´∀`) 2010-02-21 18:57
ただでさえおもしれーのに
これ以上僕達をどうしようと言うんです

9390 (´∀`) 2010-02-21 19:22
ここにきて謎が一気にとけたな・・・

9391 (´∀`) 2010-02-21 19:34
なるほど、異様な世界観だと思っていたがそういうことか!
謎が解けてみると、タイトルの意味もより深く感じられる気がするね。

9392 (´∀`) 2010-02-21 19:43
やる夫たち=異世界の人類、とか思ってたけど、まったく違ったのか・・・
なんか「イレブンソウル」の世界に近いなぁ。南北アメリカを喪失とか、攻撃されればされるほど強くなるとか。
文化がない分、イレブンソウルのほうが救いようがないかもしれんけど。

9393 (´∀`) 2010-02-21 19:50
今回の話で今までの疑問がまるっと解消できそうだな。
しかし、価値観が違えど言葉が通用するならなんとかなりそうな気はするがなあ。
ドラが情報を情報として受け取れるという事は言語に関しても問題はないんだろうし…。
面白すぎるぜ!

9394 (´∀`) 2010-02-21 20:17
これは良い意味で裏切られた!!!
ああもう目が離せない……

9395 (´∀`) 2010-02-21 20:29
乙なんよ
ここで引きとかあざとすぎるんよ
次回も楽しみにまってるんよ

9396 (´∀`) 2010-02-21 21:06
今までも面白かったけど、違う方向で面白くなってきたなぁ。
共存を目指すのか、それとも無理なのか。
生物自体が違うと、人間同士よりもさらに価値観が異なってくるわけだしな。
今後も目が離せねえ。

9397 (´∀`) 2010-02-21 21:21
あー、いばらの王とかリバーズエンドとか
それにしても有性生殖をしない彼らに芽生える感情ってなんなんだろね

9398 (´∀`) 2010-02-21 21:57
なーる・・・面白いじゃないか

9399 (´∀`) 2010-02-21 21:58
小説化してくれ

9400 (´∀`) 2010-02-21 22:46
ドールの側だけに性愛の知識があることにこんな理由があった……だと…
作者の手落ちだろ、としか思っていませんでした
マジ申し訳ございません。これから日参させていただきます

9401 (´∀`) 2010-02-21 23:56
とりあえず人類が負けなくてよかった
フィクションでも人類が負けたり滅亡したりすると嫌な気分になる
共生とかいらないから宇宙生命体滅亡エンドを希望

9402 (´∀`) 2010-02-22 00:52
かつてこれほどまでに練り上げられたオリジナルがあったであろうか…

9403 (´∀`) 2010-02-22 01:41
ほあー、まさかこんな設定だったとは
そしてネタ切れワロタw
続きすげー期待!

9404 (´∀`) 2010-02-22 11:24
ウォッチメンのマンハッタン役のドラもかなりのリアリストだったが
彼にはこういう役があうのかもね

9405 (´∀`) 2010-02-22 12:15
なんだこのクオリティの高さは…

9406 (´∀`) 2010-02-22 12:26
うわすげえなコレ
バットで頭ぶん殴られたような衝撃だ

9407 (´∀`) 2010-02-22 15:35
ハニートラップまじ怖い

9408 (´∀`) 2010-02-23 00:13
すげぇ面白い・・・他にことばが出てこなぬ
次期国王には期待してる・・・手遅れになる前に気づいてくれー!

9409 (´∀`) 2010-02-23 00:54
ドールのこと以前に、
全体として個である生命群が、末端が自我を持ってしまった時点で滅亡は避けられない気もするけどな。
歴史や価値観、芸術を"よくわからないもの"と述べるドラの態度から、分かり合えないのかな、という感じがする。
根本が違うから、わからないのも仕方ないといえば仕方ないんだけどね。

9410 (´∀`) 2010-03-02 15:29
これすげえ……
一度は序盤のあまりの進度の遅さにエタると思って切ったのに

22876 (´∀`) 2012-02-11 21:04
異人側の描写がないから薄々考えていたが、やっぱりこちら側が異質な存在か。

27253 名無しさん@ニュース2ちゃん 2012-07-05 13:05
やらない夫がドールの代わりに突っ込むのは王族としては最悪で、人類の作戦に見事にはまってしまう選択肢だったわけだ
以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
Pagetop
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
記事一覧 (48)
完結作品一覧 (69)
やる夫が0からはじめるようです (326)
やる夫達は一攫千金を狙うようです (56)
シオニーちゃんと世界樹スレ (56)
鼠と猫と白饅頭と (105)
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです (59)
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです (7)
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話 (28)
できる夫は無垢な心に溶かされるようです (28)
勇者と隣の魔王さま (11)
勇者になりたい初音ミク (20)
彼らは友達が皆無 (44)
デカダンス、または崩壊するやらない夫 (7)
巣作り(できない)ドラゴン (42)
カナは王妃様 (25)
やる夫シリーズ (92)
やる夫達で遊ぶ世界のお話 (35)
やる夫は娘に全てを捧げられるようです (17)
怪盗紳士やらない夫 (58)
やらない夫はひどい奴らしいよ (21)
◆NdaE78waTE雑談所 (16)
やる夫が超能力者と戦うようです (20)
AAキャラで幻魔大戦 (57)
できる夫がバトロワに参加させられるようです (35)
金色のオプーナ (7)
【完結】やる夫、家を買う。 (20)
【完結】やる夫達はお嫁さんをもらうようです (67)
【完結】金糸雀と白饅頭な旦那様 (19)
【完結】この最終皇帝がボコボコにしてやんよ! (38)
【完結】やる夫の魔王の道 (82)
【完結】マミさんと世界樹スレ (60)
【完結】やる夫で学ぶ最強議論 (9)
【完結】やる夫は支援動画職人を目指すようです (14)
【完結】やる夫は旅の博打打ちのようです (4)
【完結】やるやらで学ぶゲームの歴史 (31)
【完結】雪華結晶と白饅頭なロボット (35)
【完結】やらない夫が自作PCを組み立てるようです (24)
【完結】やらない夫がくんくん探偵にひきずられるようです? (8)
【完結】巌窟剣士やる夫 (48)
【完結】マミさん(28)は喪女をこじらせたようです (8)
【完結】やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです (19)
【完結】やる夫と人狼の遊戯 (11)
【完結】伝説の勇者やる夫 (14)
【完結】ドクオラウンジ (16)
【R-18】キル穂がスレモンマスターを目指すようです。 (42)
【完結】翠星石と白饅頭な彼氏 (29)
【完結】やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです (25)
【完結】やる夫は悪魔に恋をする (15)
【完結】薔薇水晶と白饅頭な村人A (49)
【完結】やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです (9)
【完結】初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ (5)
【完結】キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール─── (16)
【完結】やる夫がノートを拾ったようです (14)
【完結】新城直衛と三匹の獣 (7)
【完結】カナは気まぐれ (33)
【完結】やる夫の友達はSNEGのようです (28)
【完結】やるやらのんびりツーリング (71)
【完結】やる夫で学ぶ東方入門 (29)
できる夫が正義の味方になりました (4)
【完結】やる夫がリアルで戦うようです。 (20)
【完結】やる夫がフラグと闘うようです (6)
【完結】やる夫と自堕落者ども (5)
【完結】ゴゴサンジは秘密の言葉 (13)
【完結】やる夫のママは大尉殿のようです (16)
【完結】やる夫で学ぶJリーグの旅 (44)
【完結】ローゼンメイデン第七ドールの物語 (8)
【完結】やる夫で学ぶ燻製 (4)
【完結】やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです (26)
【完結】やるやらホロナギが食べ歩くようです (10)
【完結】やらない夫と最後のデート (18)
【完結】ヤルオがレッドを継ぐようです (20)
【完結】やる夫はゴーストライターのようです (9)
【完結】ローゼン達は電車に揺られ (23)
【完結】やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです (5)
【完結】この世界には なにかが足りないようです (37)
【完結】やる夫は翠星石を忘れたいようです (5)
【未完】やる夫は恋人と過ごすようです (14)
【未完】キョン子と放課後の公園 (37)
【完結】やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです (25)
【未完】やる夫は開拓者で稼ぐようです (19)
【モンハン】やる夫が狩人として生きるようで (49)
【未完】白饅頭は人類絶滅の夢を見る (20)
【未完】やる夫はリアルで建国を見守るようです。 (4)
【未完】やる夫が逆襲するようです (11)
【未完】やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです (14)
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編 (2)
【未完】やる夫と彼女と見えないアイツ (58)
【未完】やる夫のクロノトリガー (5)
お知らせ (3)
支援絵 (28)
未分類 (13)
インポート (0)
ドルジ高校ファミレス部 (4)
そんな三十路のCOMPLICATION (11)
できる夫は合体に失敗したまま戦うようです (17)
やる夫が金を掴むようです (24)
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです (14)
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです (10)
やる夫はついたまを探すようです (15)
やる夫でドラクエモンスター物語 (37)
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです (40)
コトコト煮の短編をあなたに (16)
やる夫のダンジョン運営記 (1)
◆f6nzOA/5ZYと白饅頭な短編所 (1)
やらない夫とたくさんの矢印 (11)
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです (3)
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ


以上の内容はhttp://aamatome.blog31.fc2.com/blog-entry-1625.htmlより取得しました。
このページはhttp://font.textar.tv/のウェブフォントを使用してます

不具合報告/要望等はこちらへお願いします。
モバイルやる夫Viewer Ver0.13